【原作:田中芳樹】銀河英雄伝説 #78【漫画:藤崎竜】

1名無しんぼ@お腹いっぱい (ワッチョイ 6f4b-P6IS)2018/05/19(土) 16:39:49.22ID:tlsYiej00

公式
http://youngjump.jp/manga/gineiden/
第1〜3話試し読み
http://tonarinoyj.jp/manga/yj_mj/
とある作家秘書の日常 
http://a-hiro.cocolog-nifty.com/diary/

前スレ
【原作:田中芳樹】銀河英雄伝説 #77【漫画:藤崎竜】
http://fate.5ch.net/test/read.cgi/comic/1524043723/

批判議論自由な漫画サロン板の別館スレ
【フジリュー版】銀河英雄伝説 #10【別館】
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/csaloon/1519367431/

※次スレは>>970を踏んだ人が立てて下さい。無理ならば、報告と次の指定を。
SLIPとして本文1行目に下記を入れてください。
!extend:checked:vvvvv:1000:512

運命の出逢いが織り成す。銀河の覇権を懸けたSF英雄譚―――
日本SF史にその名を刻む、かの一大宇宙叙事詩が新解釈にて蘇る!
田中芳樹×藤崎竜、週刊ヤングジャンプ(集英社)にて連載中の『銀河英雄伝説』について語りましょう。
※連載版のネタバレは公式発売日の午前0時まで禁止とします。
※荒らしは構うと喜ぶのでスルー。
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

荘園惑星の中の人たちは農奴の一般的なイメージじゃないね。
スローライフを謳歌しているミニマリストのようだ。
あれが銀河帝国の一般的な農奴ならワイは喜んで転生するw

>>444
きっと、ルドルフが、林檎ももげないような弱者に生きる価値なしと言って、オートメーション化を禁止したんだよ。

実際作中でトリューニヒトが帝国は機械も使わせずに農作業させるような奴らで支配下に入ったらそういう惨めな一生をおくることになるぞとアジってたし

人の手を使わせるのがロイアリティだからスローライフ林檎に需要があるのだ

>>434
フランス革命だって、ヴァンデ地方なんかは、革命での領主権や十分の一税などの廃止は喜んで受け入れたが、
国王の処刑や教会への弾圧等には反発し、犠牲者が30-40万人と言われる反乱が起こっているからな。

日本だって、廃藩置県でお殿様が東京に移るとき、お留申せと騒ぎが起こったというし。

貴族にに支配されるより、自分たちの手で自治を行うことがどれだけ素晴らしいか説いても、
農奴たちはそう簡単に受け入れることができないだろうな・・・いい御領主様だったらなおさら。

となったら、いくらキルヒアイスが誠実だとしても、そういう人たちと一晩語り合うという事が出来たというのは奇跡だな
「そういう難しいことはわからんが、殿様を返せ」と袋叩きに遭う可能性の方が大きかったかもね

452名無しんぼ@お腹いっぱい (スップ Sd9f-2xte)2018/06/22(金) 22:23:50.37ID:Pvz3Umujd
>>441
ほ、法律上は問題ないんじゃないですか!?

453名無しんぼ@お腹いっぱい (スップ Sd9f-2xte)2018/06/22(金) 22:26:16.35ID:Pvz3Umujd
>>444
機械でもいだ林檎と、手でもいだ林檎じゃ味わいが全然違う
これは機械の進歩などでは埋められないものなんだ(早口

>>442
OVAのあれは娘たちに繁栄されるのかな
まあどのみちすぐに死ぬだろうが

こないだのアニメみたく有能キルヒアイスの作戦であのパパの犠牲だけでおさまって
サビーネさまは亡命することになってひっそり隠棲してるのも性に合わないので亡命貴族軍団に入って終盤まで活躍するとかで

>>455
銀河帝国正当政府の軍務尚書にでもなりますか。

>>456
ネタバレ注意





メルカッツが引き取って、小姓にシュナイダーが付くのか。
でもシュナイダーは亡命後イゼルローン要塞のヤン艦隊の気風を吸収して、
「甘いハンサム」だけじゃない鋭利な毒舌を持ついい男になるから、
彼ならザビーネを取るのもも許せる。

>>457
ランズベルク伯に転ぶかもしれんよ

原作通りイケメンになったノイエシュナイダーと藤崎版サビーネ様とか、いかにも絵になるサマになる話になりそう
藤崎シュナイダーは…いい奴そうだけどなんか普通

それこそ帝国正統政府の皇帝として担ぎ出されるだろうな
ポプランの言っていたように七歳のオスのヒステリークソガキより
ローティーンの武道家美少女の方がはるかに御輿として人気を集めるはずだから

その帝国正統政府自体が町内会のゲートボール倶楽部以下という現実

普通にオストマルクに被弾してブリッジが破損
リッテンハイム侯が顔を上げると首のないサビーネの死体があって、恐慌状態に陥って反転して逃走、もとい転進開始になるんだろう

正統政府なぁ
酷評されてたけどイゼルローンで守る分にはなんとか守れてたんだろうから同盟側にはそこまで悪い手とも思えないんだよな
マンフレート二世の先例もあるしわりと妥当な判断だったんじゃないかと

武術の八百長稽古相手の中にラウディッツ中佐とか含まれてたり…

>>463
政治・軍事・経済面いずれも無力化した門閥貴族の権力回復願望でしかなく
帝国の民衆ほぼ全ての絶大な支持得てるローエングラム公が認めず侵攻は必至という状況とは
ずいぶん違うと思うけど?>マンフレート二世の例

だいたい内線終結後の帝国の改革…いや事実上の玉座からの民権革命は
同盟では知られてなかったのか?報道規制やそれこそ忖度(笑)でもされてたのか

今回の対談は、アンスバッハについて田中が語っているのが見所だったな

>>465
侵攻を招いてもイゼルローン+ヤン艦隊、本国にそれなりの戦力がいる以上まず落ちることはないわけで
大敗北させればラインハルトの軍事政権が揺らぐってことも考えられる
宮廷クーデターでも起きれば恩を着せる形でヨーゼフを即位させることも出来うる

帝国の内情をどこまで知ってたかはわからんがそう考えるのはそこまでおかしいこととも

帝国の内情もわかってないのに宮廷クーデターを期待するのか……

まあ軍上層部も政府も虫の良すぎる希望的観測だけに浸って、
論理的思考で最悪の事態を想定し備えることから病的に目を背け続けるのは
末期国家の典型的症状だからなー…太平洋戦争の枢軸国側がいい例だ

>>468
当時の帝国は20そこらの若者がそれまで支配階級だった層を軍事力で無理やり排除して独裁体制を築いてから一年ちょいしか経ってない状況なわけで
これだけ見れば大きな軍事的敗北したら不満が出て政権が崩壊するかもと考えるのはわからなくはない
それまでの帝国で宮廷クーデターは何度も起きてるわけだし

>>462
せっかくキャラ付けまでしたのに
全然いかせてないなw

>>468
亡命帰属たちは自分の都合のいい希望的観測というか妄想を垂れ流すだろうしねえ

幼帝を旗印にし、ヤンにラインハルトの打撃を与えさせ、
その隙にまだ地盤の固まっていない新政権を揺るがし、宮廷クーデタ・・
ってのは、確かにいいシナリオなんだけど、ちょっと虫がよすぎる
ヤンはともかく、新政権にゆすぶりをかけることができるだけの人材が、同盟・正統政府側にいないだろう・・・

まあ、そういう判断ができたら、イゼルローンを落したところで、講和を考えるだろうけどね

>>453
林檎を一個一個丁寧に捥いでくれるロボットが
いれば良いのだが、義眼義手義足はあっても
人型ロボットがいない世界だからな…
ロボット的なのって自動運転のタクシー位か?

文字化けしとる…
林檎を一個一個もいでくれる、ね

>>471
要塞に戻って父親を守って戦うも壮絶に脂肪…
公爵はそのまま撲殺…めでたしめでたし。

宮廷クーデターが起きないにしろ攻めてきてもイゼルローンで守る分には問題ないんだから状況的には悪くなるわけではない
同盟側からすりゃ和平の道を先に閉ざしたのは政権樹立直後に要塞送り込んで攻めてきたラインハルト側だし

ラインハルトの改革で恩恵を受けた…あらゆる政治上の権利(笑)はともかく
生存権、具体的には衣食住と公正な司法税法、貞操の安全が大幅に拡大してる民衆
(それこそがラインハルトの地盤)のことがスッポリ欠落してるのがなあ
焦土作戦やヴェスターラント見過しがよくラインハルトへの批判点として挙げられるのは確かだけど
食糧の奪い合いで実際に銃を向けたのは同盟軍(解放軍と称してやってきただけに余計に)
民衆に躊躇なく核兵器かます考えなのは門閥貴族と天下に知れ渡った状況で
両者がつるんで敵対してきたらそりゃ帝国の民衆もキレて
『自由惑星同盟とかぬかす門閥貴族の共犯を倒せ』となるのは当然
ホントにヤン以外首都で誰一人シミュレートしなかったのか…?

ヤンは元祖なろう系だもんな。

ホアンとかレベロはそのぐらい見識あるのかな

リップシュタット戦役が帝国歴488年、ラグナロックが489年、
たった、一年でそこまで民衆の支持を得られているという事が考え憑かなかったんじゃないか

帝国側に送り込んだスパイが無能なのと、民衆を舐めきっているとしか思えない同盟側の政治家と
失敗しようがしまいが、己の舌先三寸で同盟だけでなく帝国側だって手玉にとれると思っているトニューニヒトの思惑が一致したのでは?

>>471
キルヒアイス直々に一騎打ちする前振りなのかも

ナンバー2が不要って別にそんな事ないと思うけど
今週のキルヒアイスはこいつが二番手だとちょっと煙たいというかめんどくさそうかなと思ったわ

人員や物資の損耗なしにイゼルローンで完全防衛できると思ってるのもね
イゼルローン自体にも生産力はあるけど無限ではないし

>>481
しょせんフレーゲル男爵と同レベルってことだな

完全に等間隔で実をつけてるリンゴとか、謎溶液で培養されてるリンゴとかだったらキモいな

>>483
損害無しは無理にしても要塞対要塞やロイエンタールの要塞攻め、回廊の戦い見ると相当キルレシオに差があるのは確かだろう
背後に同盟政府がある状態で落とそうとしたら帝国軍消滅するんじゃないかな

>>486
で、一度は帝国内部を握ったラインハルトが馬鹿正直に戦力を損耗してくれることを期待、と。

まあ、うまく行く可能性も、うまく行った時のメリットも確かに存在するよ。
相手が都合よく動いてくれなかった時のリスクと釣り合うかどうかはまた別の穴氏

>>474>>475
あえてマジレスすると……
産総研が布を畳むロボットを開発できる位なので、林檎をもぐロボットも開発は可能だろう。
ただし、この産総研のロボットの人工知能は、ある程度より大きい布は、白い布も赤い布も関係なく全て青い布と認識する。
理由は、そのサイズの布の畳み方を最初に学習する時に、たまたま青い布を使ったから。
そのロボットは布を畳むことだけに特化して学習したので、色は区別できないというわけ。
なので、ロボットより人がもいだ林檎の方が美味しい可能性も微レ存。

489名無しんぼ@お腹いっぱい (スップ Sd1f-0PYZ)2018/06/23(土) 13:15:41.55ID:4Sbwjf+Bd
>>485
同盟のリンゴ農園はそんなイメージ

>>487
都合よく動かなかったらそれはそれで本国で戦力の再編成を進めるだけ
フェザーン侵攻してきたから結果的に愚策呼ばわりされてるがそれを考慮に入れられるのはヤンとラインハルトだけなんだからそこまで批判されるのはなんだかなあ

>>490
軍事的にはまだしも政治的には完全に愚策だってのは原作でも指摘されてるぞ
なにしろ同盟の建国理念をぶっ壊したわけだから

ただでさえ素の国力に差があるのに、自国の政治的な分裂を招き
相手側に団結の口実をくれてやってる状態で持久戦に持ち込むって?

しかしよく考えてみれば、交易で栄えてるフェザーンを武力で強引に占領(必然的に一時的に交易路が寸断されるので大損こいた商人多いだろう)して、フェザーンをたいした問題なく統治できたもんだ

>>491
それで本当に政治的な対立や国論の分裂が起きたようには見えないんだよなぁ
離反した星系とかもなかったし

持久戦に持ち込んで負けるのか本当に
帝国側にも同盟の回復力を越える損害を与え続けてイゼルローンを攻めきれるとは思えん

>>494
レベロとの比較で、トリューニヒトは問題点は多々あれど国家を纏める才能はあったと評されてるからな
国論が分裂したところで、相手を納得させるまではいかないだろうが、渋々引き下がらさせるくらいの立ち回りはしたんだろう
そんな才あるトリューニヒトだからこそ、国家を尊重しない個人主義の気風が強すぎるイゼルローン要塞のヤン達を疎んでたわけで

フェザーン人は知力全振だから
少しくらい抵抗するかと思ったら全くだった

独立不帰の精神持って帝国に反抗するより帝国に取り入って利益得た方が良いという冷静で的確な判断だろ

新着レスの表示
レスを投稿する