梨子「ここが噂のマッサージ店かな?」

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/01/13(土) 15:10:22.02ID:QGoX2Pgv
テスト

101名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/01/13(土) 22:02:37.34ID:QGoX2Pgv
梨子「パンツ脱がされたってことはやっぱり腰回り……?」

梨子「あ、も、もしかして……アソコかな?////」

梨子「そういえばおしっこするときすごく気持ちよかったような……♥」

梨子「……触るときもちいいのかな? よ、よし……帰ってくるまでちょっとだけ……」オソルオソル


梨子「……」ツン

梨子「ひっ!♥」

梨子「だ、だめ……こんなとこ触っちゃだめだよね」

梨子「……」ツン

梨子「ひゃうっ!♥」

梨子「あ、でも……ちょっとイイ、かも?♥」

梨子「千歌先生まだかな……」

梨子「みられちゃうのは恥ずかしいけど、もうおしっこみられたし……いまさら」

梨子「あ、だめだ、思い出したらしにそうなくらい恥ずかしい…」

梨子「やっぱりおとなしく帰ろ……」ツン

梨子「うっ、あっ……」ツン

梨子「んっ……」サワサワ

梨子「んっ、ふっ……あ」

梨子「千歌先生……千歌先生……」

梨子「おかしいな……せんせのこと考えてると……んぅ……変」

102名無しで叶える物語(湖北省)2018/01/13(土) 22:14:54.64ID:nDuhX5Da
|c||^.- ^||

103名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/01/13(土) 22:30:57.41ID:ceUU2jkg
|c||^.3 ^|| ♡ ||^.ε ^||ɔ|

104名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/01/13(土) 22:37:19.89ID:QGoX2Pgv
梨子「あうっ……あん……千歌先生ぇ……♥」

梨子「きもちくして♥……もっと……」


千歌「ただいまー……ってあれ?」

梨子「千歌先生……千歌先生……♥」

千歌「……あれれー?♥」

梨子「あっ……」

千歌「梨子ちゃぁん? なぁにしてたのかなぁ?♥」

梨子「こ、これは……その」

千歌「なーんか私の名前呼んでなかった?♥」

梨子「ちが、くて……///」

千歌「こんな短い時間も我慢できなかったんだ♥」

梨子「うぅ……///」

千歌「ふふふ、いいよ? 私の手できもちよくしてあげるから♥」

梨子「……はい♥」

105名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/01/13(土) 22:38:08.47ID:QGoX2Pgv
千歌「あ、そうだ。特別に」

梨子「え?」

千歌「手だけじゃなくって♥」

千歌「チカの体を直接つかったリフレッシュコースを♥」

梨子「……!?」

千歌「……よいしょ、んしょ♥」ヌギヌギ

梨子「えっ、な、何脱いでるんですか///」

千歌「ほえ? だからー♥」スルスル

千歌「っしょっと♥」プチン ブルン

梨子「お、おっき///」

千歌「全身リフレッシュコースだよっと♥」

梨子「あ……あう、なんか、目のやり場に困るんですけど///」

千歌「ほう……いやーん梨子ちゃんそんな目でみないでぇー♥」

梨子「ち、ちがいますそういう意味じゃなくて!///」

千歌「わかってるわかってる、いちいちかわいいなぁもう♥」ナデナデ

梨子「あぅう……///」

106名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/01/13(土) 22:38:37.48ID:QGoX2Pgv
千歌「あ、その前にちょっと喉乾いたね」

梨子「そ、そうですね」

千歌「お水お水―っと、ごくごく」

梨子「……」

千歌「ぷはーおいしー」

梨子「……」

千歌「……ほしい?」

梨子「ほ、ほしいです」

千歌「んー、じゃあちょっとまってね、ぐびぐび」

梨子「の、飲み干しちゃうんですか?」

千歌「んーん、ん」

梨子「え?」

んちゅ

梨子「んんっ!?」

千歌「チュプ……ちゅ」

107名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/01/13(土) 22:39:08.33ID:QGoX2Pgv
梨子「んんっ……ん……ふ……コクン」

千歌「ぷはっ……」

梨子「はぁ……千歌先生……」

千歌「梨子ちゃん……ちゅ、ちゅるっ……チュ」

梨子「んちゅ……んむ、ちゅ」

千歌「梨子ちゃん……もう我慢できないでしょ♥」

梨子「あ……あ……♥」

千歌「だよね♥うん……してあげるからね♥」

108名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/01/13(土) 22:40:52.80ID:QGoX2Pgv
千歌「どこマッサージしてほしいのかな♥」

梨子「えっと///あの…///」

千歌「んぅ?♥いってごらん?♥」

梨子「あっ……あの……アソコ///」

千歌「どこぉ?」

梨子「お、おしっこ……するとこの周り…です…///」

千歌「−っ!♥」ゾクゾク

千歌「むずむずしてる?♥ してるね?♥」

梨子「はい……もう早くぅ……♥」

千歌「ふふ♥じゃあさわるね?」

109名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/01/13(土) 22:42:03.07ID:QGoX2Pgv
千歌「はいはい♥じゃあ最初は人差し指でツツーっとね、いくよ♥」

ツー

梨子「ひゃうっ」

千歌「むふふ、こうやってなぞるときもちい?♥」

梨子「き、きもちいです♥……もうちょっと強くてもいいですよ///」

千歌「欲張りだなぁ♥」

ツツー

梨子「やぁう///……もっとぉ……♥」

千歌「♥」

110名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/01/13(土) 22:43:26.33ID:QGoX2Pgv
梨子「あう……千歌先生の指……あったかくてきもちー……♥」

千歌「でしょー? あっ、と。またローション足しとくね」

ぬりぬり

梨子「ひゃっ……」

千歌「あっ、あっためるの忘れてたのだ♥ごめんね」

梨子「い、いいですよ……だからもっと」

千歌「可愛い梨子ちゃん。すーりすり」

梨子「はぁ……でもっ、さっきおっぱいしてもらったときはなんか違います」

千歌「?」

梨子「おっぱいはもっと……きもちくて、頭がまっしろになるっていうか」

千歌「ふむ……なるほどー」

千歌「つまりもっともっと深くまでしてほしいんだ?」

梨子「で、できるんですか?」

千歌「梨子ちゃんがご所望なら」

梨子「お、お願いします……♥」

111名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/01/13(土) 22:44:30.42ID:QGoX2Pgv
千歌「じゃあもうちょっと多めにローションつけてー」

梨子「?」

千歌「失礼しまーす♥」クニクニ

梨子「え?」

千歌「最初は指いっぽんだから大丈夫大丈夫」

梨子「えっ?えっ?」

ツプ

梨子「ふあぁ!!♥」

梨子「ゃっ、な、なにして……♥」

千歌「あれれー? こういうことじゃなかったのー?♥」

梨子「えっ、そ、そうなんですか……?」

千歌「しらないならもうチカにまかせなさい♥」

梨子「は、はい……♥」

千歌「ぐりぐり〜♥」

梨子「んひゃああああっ……!!」

112名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/01/13(土) 22:45:19.05ID:QGoX2Pgv
千歌「梨子ちゃんは中を擦るのはじめてかな?」グリグリ

梨子「にゃっあ……あああん、だめぇ、やだぁ♥」

千歌「ヤなの?♥」

梨子「ヤじゃない……けど、いやあ♥」

千歌「どっちぃ?♥」グリグリ

梨子「きゃぅっ!!♥」

113名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/01/13(土) 22:46:16.74ID:QGoX2Pgv
千歌「……さてと、全身快楽コースだから」

千歌「さらに失礼しまぁす」

のしっ

梨子「うぇっ?」

千歌「おー梨子ちゃんの体ぬるぬるー♥」

梨子「なっ、にゃにゃっ」

千歌「重たかったらいってねー」

梨子「だ、大丈夫です……っていうかなんで……」

千歌「ぐりぐり、いいから気持ちよくなることに集中だよ! ぐりぐり♥」

114名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/01/13(土) 22:49:03.71ID:QGoX2Pgv
千歌「ナカと外でそれぞれこうやって肌と肌を直接すり合わせることで、さらにさらに全身の血行がよくなるんだよ♥」

梨子「うう……千歌先生のおっぱいが……さきっちょが♥」

千歌「ん? ああー、乳首?」

梨子「ち、ちが……」

千歌「乳首好きだね梨子ちゃん。じゃあ私のでキュってしてあげるね」

スリスリ

梨子「ひゃうぅ……おっぱいはだめぇ……♥」

千歌「じゃあこっち?」グッチズッチ

梨子「ゃああっナカももっと……ぁんっ♥」

千歌「中にいーっぱいお薬塗りこんであげるからね」グリグリグリグリ

梨子「あっ♥、んあああっ♥」

115名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/01/13(土) 22:49:44.19ID:QGoX2Pgv
千歌「もう少ししたらちょーきもちよくて頭真っ白だよ♥」

梨子「うにゃあああっ!♥」

千歌「かわいー♥もっとその声だして♥ 私梨子ちゃんのえっちな顔と声大好き♥」

梨子「あひゃん♥ ああっ♥んにゃああっ、ふっ、ああ……♥」

116名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/01/13(土) 22:50:39.84ID:QGoX2Pgv
スリスリ

ぐりぐり

千歌「はむはむ♪ くちびるもおいしーね♥」

梨子「んぅ……むっう……あう……♥」

千歌「指も増やそうかな♥キツキツだけどローションたっぷりなら大丈夫でしょ♥」

ツププ…

梨子「うひゃああああぁ!!♥ ♥」

千歌「もっと奥まで刺激してあげるね♥」ツプッ!

梨子「んぅーーっ!?♥」

千歌「ナカうねうねしてるよぉ♥ほら♥梨子ちゃん♥」

梨子「あっ♥ひやぅう♥、ぁん……んぅ……あっ♥」

千歌「えへへー、目がトロンとしてるよ♥もうすぐいっちゃうねー?」

梨子「あうっ!♥もっ♥らめ♥」

117名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/01/13(土) 22:51:35.41ID:QGoX2Pgv
千歌「もっときもちいぐりぐりしてほしかったらチューしてごらん?♥」

梨子「はむっ、ちゅ、ちゅ!♥」

千歌「んむ……ちゅる…………くふ、えっちな子♥」

梨子「もっと……もっとぉ!♥……千歌先生ぇ……♥」

千歌「あはっ♥ そんな顔でお願いされたら断れないのだ♥」

千歌「あ、じゃあこっちの手で♥」ワキワキ

梨子「ハァ……はぁ♥」

千歌「おしりもマッサージしちゃおうかな♥」

梨子「おひり…………?」

千歌「ローションローションっと、ぬりぬりー」

梨子「あ……♥」

千歌「ふふ、入るかなー♥」

118名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/01/13(土) 22:53:00.60ID:QGoX2Pgv
ツププ

梨子「あうっ!!」

千歌「えへー、おしりもはいっちゃったねー? はずかしいねー?♥」

梨子「いやああ……♥」

千歌「もちろんこれもマッサージだからね? 治療行為だよ♥」

千歌「体の中からリフレッシュして全身すべすべまちがいなしだね♥」

119名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/01/13(土) 22:53:48.52ID:QGoX2Pgv
梨子「うれひ……こんな、ひゃうっ!♥ん、きもちーのに♥」

千歌「でしょー? 私も梨子ちゃんと乳首がこすれるたびにきもちーよ♥」

梨子「うにゃ……あうっ♥」

千歌「でもきっと梨子ちゃんは私の100倍くらいきもちーよね?」

千歌「だって梨子ちゃんのせまーいここに指が全部で3本もはいってるもんね?」

ズブズブ

梨子「ああああっあん! ゃあぁん……♥」

千歌「乳首がピクってなるとこっちがキュウウウってしめつけられて、私の指がおかしくなっちゃうよー♥」

梨子「んぅ♥」

千歌「こうやって指をぐりぐりってするのと♥」グリグリ

梨子「きゃうっ!♥」

千歌「指でお腹側の壁こすこすするのどっちがいい?♥」コスコス

梨子「あゃああぁぁ♥ ♥!!!」

千歌「おお、梨子ちゃんはこすこす派かぁ♥」ピタッ

梨子「やめないでぇ♥もっとぉ♥」

120名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/01/13(土) 22:54:27.57ID:QGoX2Pgv
千歌「先生にお願いするときは?♥」

梨子「! はむっ、チュ、ちゅるっ♥」

千歌「んむ……ちゅぷ」

千歌「いい子だね? いや、イケナイ子かな? えへへ♥」

千歌「そろそろイキたいねー? そうだよね?♥」

梨子「はひ……きもちよくなりたいれす……♥」

千歌「じゃあ腰の力ぬいてリラックスしてね。とびっきりきもちーのがくるよ♥」

梨子「うにゃ……はい……♥」

千歌「あはは、だらしない顔しちゃって♥涙も涎もすごいよ?」

梨子「いじわるです……♥」

千歌「下もびしょびしょ……おパンツぬいでてよかったね♥」

121名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/01/13(土) 22:55:20.76ID:QGoX2Pgv
梨子「はやくぅ♥……チュプ、ちゅ、っちゅる♥」

千歌「んぅ……むぅ、もうっ! ちゅーしたらなんでもしてもらえると思っちゃって!♥」

梨子「千歌せんせぇ……♥」

千歌「ん、そうだね。時間も迫ってきてるし。そろそろ……」

千歌「いっちゃおうね? きもちよーくなって綺麗になろうね♥」

梨子「はい……はい♥ ♥」

千歌「梨子ちゃんかわいいよっ♥ ♥」

クリクリ コスコス

梨子「ひゃわあぁぁ!!」

千歌「ほらほら!梨子ちゃんの大好きなとこだよ♥」

コスコス コスコス

千歌「ここがいいんだよね!? はじめてなのにえっちな子♥」

コスコスコスコス

梨子「あああっあ、ああぅ! ああああああん!♥」

122名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/01/13(土) 22:56:06.89ID:QGoX2Pgv
千歌「あははっ、梨子ちゃぁん♥」

梨子「あっ……にゃ……あ……っ!」

梨子「ひゃああああああああああっ――――――

――――――――――――

―――――― ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ ♥

123名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/01/13(土) 22:56:57.16ID:QGoX2Pgv
……


梨子「……」

千歌「ふふ♥」

梨子「うぅ……///」

千歌「恥ずかしいね?」

梨子「う……」

千歌「結局またおもらししちゃった♥」

梨子「うわあああん////」

千歌「おーよしよし。しかたないよねーきもちよかったんだから♥」

梨子「うぅ……千歌先生やりすぎですよぉ///」

千歌「えー? 不満なの? 無料モニターでは絶対使わない高い薬もわざわざつかったのにー」

梨子「い、いえ決してそういうわけじゃ……」

千歌「じゃあ私の技量不足?」

梨子「そ、それも……すごくよかったです……♥」

124名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)2018/01/13(土) 22:57:31.95ID:vGEnw/gh
丸パクリやんけ

125名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/01/13(土) 22:58:23.98ID:QGoX2Pgv
千歌「疲れとれた?」

梨子「あ……はい、なんだか凝りはかなり解消されたような」

千歌「ふーよかった」

梨子「すっきり……しました」

梨子「千歌先生のおかげで抱えてたストレスとかも……なくなって」

千歌「?」

梨子「な、なんでもないです!」

千歌「ねぇ梨子ちゃん」

梨子「はい?」

千歌「またくるよね?」

梨子「……来たいですけど……家から遠いし、お値段高いし……そう簡単には」

千歌「無料モニターはエステの効果が現れるまでずっときてもらわないと困るよ」

梨子「え?」

千歌「もちろんモニターさんなんだから無料だよ? しばらくはお付き合いおねがいね?」

梨子「え、い、いいんですか?」

126名無しで叶える物語(茸)2018/01/13(土) 22:59:22.54ID:gktExSKv
>>124
しー!

127名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/01/13(土) 22:59:32.93ID:QGoX2Pgv
千歌「うん。私も継続してカルテかかないとだし」

梨子「……ふぁ」

千歌「おっぱいも育てなきゃ♥」

梨子「み、見ないでください///」バッ

千歌「で、次はいつこれる? できれば近いうちがいいな」

梨子「……あした」

千歌「くふ……そんなによかったんだ♥」

梨子「……うぅ、ダメなんですか?///」

千歌「いいよ。また明日ね? 学校の帰りでいいからね? 私もそれくらいの時間からしかいないし」

梨子「は、はい……」

千歌「はい。じゃあ服きて! 見送ってあげよう」

梨子「今日はありがとうございました。これからもよろしくおねがいします」

千歌「はい! よろしくね梨子ちゃん!」

128名無しで叶える物語(庭)2018/01/13(土) 22:59:55.24ID:LoT8PSUu
海綿体に血持ってかれて貧血なりそうだわ

129名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/01/13(土) 23:00:22.91ID:QGoX2Pgv
千歌「♪」ギュウウ

梨子「ひゃ……あったか」

千歌「拭いたのにまだちょっとべたべたー。シャワー室いこっか」

梨子「あわわわわ、だめですよこんなかっこでだきつくなんて」

千歌「むぅ……梨子ちゃん新陳代謝いいね。もうアレの効果きれちゃった」

梨子「え?」

千歌「いやいやこっちの話。これはこれから高くつくぞー」

梨子「はぁ……」

千歌「とにかく! これからはもっともっと緻密なマッサージエステをしていくんでそのつもりで♥」

梨子「はい///」

梨子(東京からここまで通うのは大変だけど…がんばろう、かな)
……

130名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/01/13(土) 23:01:05.49ID:QGoX2Pgv
それからしばらくして春休みに入ってからは、私は毎日のように千歌先生のもとへ通いました。

やすむことなく気持ちよくされ続けた日も、ちゅーばっかりされた素敵な日もありました。

そんな私は知らず知らずのうちに千歌先生が大好きになって、千歌先生無しじゃ生きられない身体になったのかもしれません。

エステにいけない日は、一人で……見よう見まねのマッサージをしたりします。

どんなときも千歌先生の笑顔が頭から離れません。


そんな私もこの四月からはこの地域に引っ越しします。静かで海がきれいな街で、いまから楽しみです。

近くなる分、千歌先生に会える頻度も増えるかな……なんて。今までよりもっとたくさん通おうとおもいます。

131名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/01/13(土) 23:01:52.61ID:QGoX2Pgv
梨子「ここが浦の星女学院かぁ」

梨子「ミッション系って聞いてたけど…綺麗な校舎♪」

梨子「でも高校で転校生って珍しいだろうし…」

梨子「とにかく、今日は手続きをすませないと」


カチャリ

梨子「こ、こんにちはー、転校の手続きにきたんですけどー……」


「ん?転校生?」

「こんにちは!浦の星女学院へようこそ!ようそろ!」

「職員室はー…ってあれ?千歌ちゃん?」

千歌「……」

梨子「……あっ!! え!!?」

千歌「あ、梨子ちゃん……?」

梨子「なっ、千歌先生……!!」

千歌「……」

梨子「……千歌先生」

千歌「……千歌、でいいよ。梨子ちゃん」

132名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/01/13(土) 23:02:27.76ID:QGoX2Pgv
梨子「千歌ちゃん……」

曜「千歌ちゃんの知り合い?」

千歌「う、うん……バイト先の……お客さんで」

梨子「こ、高校生だったんだね……あはは」

曜「せんせいってなに?」

千歌「ちょ、ちょっと梨子ちゃんこっちきて」グイッ

梨子「う、うん……」トコトコ

果南「ど、どこいくの?」


ガチャリ バタン


千歌「……」

梨子「……」

133名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/01/13(土) 23:03:31.06ID:QGoX2Pgv
千歌「……ちゅ」

梨子「んむっ!? ん……///」

千歌「えへへ。びっくりしちゃった」

梨子「わ、私のほうがびっくりしたよ!」

梨子「しかも同い年!」

千歌「ご、ごめんね? 何も言わなくて」

梨子「い、いいよ……あやまらなくても……」

千歌「えへへ……」

梨子「だってこれからずっと……エステ通いよりもずっと」

千歌「?」

梨子「一緒にいられるんだから……///」

千歌「うん!」

//

134名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)2018/01/13(土) 23:04:22.70ID:biPrkKYm
奇跡だよ

135名無しで叶える物語(泡盛)2018/01/13(土) 23:05:42.67ID:ZTPaL0TV
>>19で高2なのに次の4月に転校してきて果南がいるのはおかしくないかなん?

136名無しで叶える物語(庭)2018/01/13(土) 23:06:25.08ID:dk9y7GrX
んなこたぁーいーんだよ

137名無しで叶える物語(茸)2018/01/13(土) 23:06:25.80ID:gktExSKv
僕も梨子ちゃんの梨ジュース飲みたいです

138名無しで叶える物語(やわらか銀行)2018/01/13(土) 23:43:57.09ID:bWwQOXAh
というか続きはよ

139名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/01/13(土) 23:51:52.24ID:ceUU2jkg
|c||^.3 ^|| 体の関係から始まる恋ですわ〜♡

140名無しで叶える物語(地図に無い島)2018/01/13(土) 23:52:12.04ID:d/8iA9ot
フル勃起ですよ、神。

141名無しで叶える物語(やわらか銀行)2018/01/13(土) 23:54:24.06ID:bWwQOXAh
終わりなのか?

142名無しで叶える物語(茸)2018/01/13(土) 23:55:16.93ID:gktExSKv

昔のけいおんSSのパクリで書くとか>>1は度胸あるな

梓「ここが噂のマッサージ店かー」
http://hibari.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1300366044/

143名無しで叶える物語(SB-iPhone)2018/01/13(土) 23:59:45.90ID:vgG5fFh9
よく覚えてんな

144名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/01/14(日) 00:02:49.36ID:sSVInqE8
ほほ

145名無しで叶える物語(ささかまぼこ)2018/01/14(日) 00:04:38.46ID:ITnCkSun
他のキャラの改編も頼む

146名無しで叶える物語(庭)2018/01/14(日) 00:12:51.40ID:bYADgl2B
>>142
この頃は|c||^.- ^|| さんがやる夫だったんだな… 時の涙が見えたわ

147名無しで叶える物語(庭)2018/01/14(日) 04:43:12.80ID:+lkQAtQg
|c||^.- ^|| いい作品は沢山の作者にオマージュされていますし気にしないでいいと思いますわぁ

148名無しで叶える物語(庭)2018/01/14(日) 06:13:02.57ID:AKE2OW9s
そういえば前にまどほむのSSをパクってたのあったけどあのカプも……あっ

149名無しで叶える物語(庭)2018/01/14(日) 08:37:10.71ID:RdQI3XNf
>>148
勘のいいガキは嫌いだよ

150名無しで叶える物語(庭)2018/01/14(日) 08:39:35.26ID:jXoB3xLK
パクりネタにこれほど群がってたのか
お猿さんね

151名無しで叶える物語(やわらか銀行)2018/01/14(日) 08:44:11.80ID:NZWvgSd2
エロければそれでいい

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています