海洋問題研究家の山田吉彦氏、北朝鮮からの漂着船が日本に“漂流するため”に準備された船であることを指摘

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1(^ェ^) ★2018/05/05(土) 17:23:07.03ID:CAP_USER9
https://snjpn.net/archives/50375

▼take4さんのツイート

5/5正義のミカタ
山田吉彦氏、エンジンが取られ、シャフトに布が詰められた北朝鮮からの漂着船を発見。この船が漂流するために準備された船であることを指摘。北朝鮮は石油が無くても日本に行ける「漂流戦術」を考えている。

(略)

▼ネット上のコメント

・これいかんわな。海保だけでは対応しきれないぞ。

・この手で「難民」として送り込まれてはかなわないな。来たら海上で拿捕→廃タンカーにでもタコ詰めにして送り返してやれ。

・地形や自然の現象を熟知するのも、戦術の基本、このやり方は、目につきにくく、事故で遭難してしまったとも見えるために、反感より、同情を買いやすい。日本人の感情の事をよく知っている方法だ。

・冬に漂着した数々の船、人間は「最悪の条件のもと」での、実験的な予行演習だったのでは?😨😱どれ程の人間が上陸成功だったのか❗…日本の対応は❗ 国内では漁船で漁師が…可哀想❗等とメディアは報道しきり💢💢❗

・潮の流れとか把握してるんだね。朝鮮戦争の時 大量の遺体が日本に流れ着いた事があるし。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています