ルビィ「お姉ちゃんの部屋で」

1名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 00:01:31.04ID:l6NOpP2Y
コンコン


ダイヤ「はい、どうぞ」


ルビィ「お姉ちゃん?今ちょっといーい?」


ダイヤ「あらルビィ。どうしましたの?」


ルビィ「あのね、この間お姉ちゃんが1年生の時に使ってた参考書貸してくれるって言ってたでしょ?借りたいなぁと思って…」


ダイヤ「ふふ、いいですわよ。ルビィは本当に頑張り屋さんね」


ルビィ「そ、そんなことないよぉ…!」


ダイヤ「ただし!あまり頑張りすぎないようにするのですよ?」


ルビィ「うんっ!ありがとう、お姉ちゃん!」


ダイヤ「…っと、そういえば参考書はこの間まとめてしまったのでしたわ。とってきますわね。ルビィはここでゆっくりしてなさい」


ルビィ「うん、わかった!まってるねっ」

188名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/07/05(日) 15:07:37.01ID:wAj3q3WJ
鞠莉「る、ルビィ…本当に…?本当に、ダイヤのところへ行くの?」
ルビィ「うん…お姉ちゃんのこと、大切だから」

鞠莉「そ、う…そうなの……」

ルビィ「ごめんね、鞠莉ちゃん…」



ぎゅーーーっ



鞠莉「幸せに、なって」

ルビィ「…っ、うん、鞠莉ちゃんも。幸せに、なってね」




ルビィ「(……本当は)」

ルビィ「(鞠莉ちゃんのこと、大好き)」

ルビィ「(ずっと、一緒にいたい。)」

ルビィ「(でも……)」



ルビィ「(お姉ちゃんには、ルビィが必要だから…)」

ルビィ「(“綺麗”な、ルビィが必要だから)」

ルビィ「(だから、鞠莉ちゃんを求めちゃダメなんだ)」

ルビィ「(これがルビィへの罰…)」



ルビィ「じゃあね、鞠莉ちゃん。ばいばい。」

ルビィ「行こ、お姉ちゃん」

ダイヤ「ええ。帰ってゆっくりしましょうね」




キィイ…


鞠莉「ルビィ!待っ…」



バタン!!

189名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/07/05(日) 15:15:07.19ID:wAj3q3WJ
鞠莉「ルビィ…!!っ、ぅ…」ポロポロ


ガチャ!


鞠莉「!!るび…」

果南「悪かったね、ルビィじゃなくて。」

鞠莉「……果南。なんの用?」

果南「冷たいなぁ。鞠莉が泣いてるからこうして来てあげたのに」

鞠莉「別に、頼んでない……」

果南「まぁまぁ、そう言わずに、さ!」


ヒョイッ


鞠莉「っ!ちょっと!降ろして!」

果南「もー暴れないでよ、怪我するよ」

鞠莉「一体何?私をからかいに来たの?!」

果南「…違うよ。わたしも、“用無し”になっちゃったから」

鞠莉「……果南」

果南「ルビィはダイヤを選んだんだし、もうわたしはダイヤには必要ない」

果南「まさかこんな日が来るとは思わなかったけどね、ルビィは鞠莉を選ぶと思ってたし」

果南「……そうして、欲しかったな」

鞠莉「…それで、私と傷の舐め合いをしようって?」

190名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/07/05(日) 20:34:20.42ID:wAj3q3WJ
鞠莉「…ふざけないで」

鞠莉「ルビィへの想いを、そんなことしてまで忘れたくない…!」

鞠莉「お願いだから、放っておいて!」


果南「…嫌」

鞠莉「どうして?」

果南「鞠莉を1人で泣かせたくない」

鞠莉「…今更そんなこと言われたって、嬉しくない」

果南「そうかもしれないけどさ」

果南「でも、今傷ついてる鞠莉を放っておけないよ」

鞠莉「…やめてよ」

果南「やめない」

鞠莉「……勝手にして、私は“もう”果南のことなんて好きじゃない」

果南「うん、わかってる。いいよ、それで」

鞠莉「……バカ」

191名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/07/06(月) 12:55:28.59ID:32VuKlbZ
見てるぞ

192名無しで叶える物語(たこやき)2020/07/06(月) 13:23:16.62ID:fSfdYdol
どーなるんだぁ?

193名無しで叶える物語(たこやき)2020/07/07(火) 04:10:12.79ID:QH6BZkiQ
保守

194名無しで叶える物語(やわらか銀行)2020/07/07(火) 23:42:48.98ID:F6cBlGng
保守

195名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/07/08(水) 22:38:34.69ID:6VGW/9Wh
【黒澤家】


ダイヤ「さっ、つきましたわよルビィ」

ルビィ「うっ、うん…お姉ちゃん、そんなに引っ張らなくても、ルビィ一人で歩けるよぉ…」

ダイヤ「いいのいいの、またどこかに行くかもしれないじゃない」

ルビィ「……もう、いかないよ」

ルビィ「(…行けないよ、もう、こんなんじゃ)」

ダイヤ「そう?ならよかった」

ルビィ「お姉ちゃんが幸せなら、ルビィも幸せっ」

ダイヤ「ルビィ…!なんて可愛いの!」


ぎゅーっ


ルビィ「ゎぷっ!お、お姉ちゃん!苦しいよ〜!」





ルビィ「(これで、よかったんだよね…?)」

ルビィ「(いくら酷いことされても、お姉ちゃんのこと…やっぱり嫌いになれないの…何でかなあ)」

ルビィ「(嫌いになれたら、楽なのかなあ…)」



ダイヤ「さ、入って?いつも通りの部屋ですけど」

ルビィ「うん!おじゃましまーす」






ーーーーガチャン

196名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/07/08(水) 22:46:47.61ID:6VGW/9Wh
ルビィ「ーーーーえ?」

ダイヤ「?どうしました?」

ルビィ「お、お姉ちゃ…なんで、部屋に鍵ついて…」

ダイヤ「なんでって、当たり前でしょう?ルビィがどこかに行ったら困るもの」

ルビィ「え…?」



ダイヤ「ずっと、ずーっと一緒よ、ルビィ。これからはここで2人で過ごしましょうね?」

ルビィ「…っ!?な、なんで?ルビィどこにもいかないよ…!?」

ダイヤ「ふふ、分かってますわよ?」

ルビィ「な、なら、なんで?どうしてルビィを閉じ込めようとするの?あ、Aqoursの活動は?練習は?!」

ダイヤ「必要ありませんわ」

ダイヤ「ルビィはここにいて?ずっとずっとずっと私の傍に」

ルビィ「ーーーー……」







ルビィ「(頭が、真っ暗になった)」

ルビィ「(余りにも大きすぎる代償を払ってしまった)」

ルビィ「(お姉ちゃんから大切なものを奪ってしまった)」

ルビィ「(ああ…ごめんね、ごめんなさい、みんなーー)」

ルビィ「(ルビィが悪い子で、本当にごめんなさいーーー…)」

197名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/07/08(水) 22:49:55.96ID:6VGW/9Wh
ダイヤ「さあ、ルビィおいで?」


カチャカチャ…



ダイヤ「ふふ、とーっても似合っていますわ。手錠も、首輪も」

ルビィ「……そっか」

ダイヤ「はぁ、可愛いですわ。私だけの妹。」

ルビィ「…ありがとう、お姉ちゃん」

ダイヤ「どういたしまして」











ーーこうして、ルビィとお姉ちゃんの共依存生活が始まった。

198名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/07/08(水) 22:57:53.45ID:6VGW/9Wh
ーーーーーー

《屋上》



千歌「ダイヤさんとルビィちゃん…今日もお休みなの…?」

曜「そうみたい、だね」

梨子「一体何があったのかしら…」

千歌「誰か知らないの?」





花丸「…知らないずら」

善子「……分かんないわよ」


千歌「そっかぁ…」

曜「鞠莉ちゃんたちは?」



鞠莉「…」

果南「…鞠莉、きかれてるよ」トントン

鞠莉「!!え、えぇ、なに?」


千歌「だからぁ、ルビィちゃんとダイヤさんのこと知らないの?って」

鞠莉「…Sorry、何も分からないわ」

曜「…」

梨子「そうなの…果南ちゃんは?」



果南「ーもうやめない?この話」

千歌「な、なんで?」

果南「うちらがどーこー言ってもさ、あの2人は戻ってこないよ」

199名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/07/08(水) 23:12:16.38ID:6VGW/9Wh
曜「その言い方だと、なんか知ってるみたいだけど」

千歌「そ、そうだよ!果南ちゃんなんか知ってるでしょ!」

果南「知ってるけど、言わない」

千歌「な、なんで?」

果南「言ったところでどうにもならないから」

千歌「で、でもでも、ルビィちゃんとダイヤさんいないと練習にならないっていうか…」

果南「さっきも言ったでしょ、そんなこと言っててもあの2人は戻ってこないって」

千歌「そんなこと言われたって…無理だよ、諦められないよ…っ!」
ダッ



梨子「千歌ちゃん!?どこいくの!?」

千歌「2人のお家!!!」



鞠莉「…っやめて!!!!」

千歌「…!ま、鞠莉ちゃん?」


鞠莉「もう、やめて……その、話は…」フラッ



ドサッ…



果南「ーー!鞠莉!!!!」

200名無しで叶える物語(しまむら)2020/07/09(木) 00:31:52.42ID:w5DTcoVV
あぁ…なんてことを

201名無しで叶える物語(しうまい)2020/07/09(木) 20:07:23.09ID:7YC07Qn2
保守

202名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/07/09(木) 21:52:36.46ID:whvCigXQ
果南「鞠莉!鞠莉しっかりして!」

千歌「…っど、どうしたの、鞠莉ちゃん、」

果南「鞠莉ごめん、勝手に運ぶよ!」

鞠莉「…」

曜「鞠莉ちゃん……?」

果南「ごめんみんな!鞠莉保健室に連れてくから、各自自主練しておいて!」

千歌「えっ、果南ちゃ」


バタン!!




千歌「…なにが、あったの」

千歌「…誰も知らないの?」

曜「千歌ちゃん」


千歌「ねぇっ!本当に誰も知らないの!?」

花丸「ッ!」ビクッ


梨子「千歌ちゃん…落ち着いて?知ってたらこんなことにならないでしょ?」

千歌「でも!でも…っ!!」



花丸「まるがっ!!!」

善子「…ずら丸?」

花丸「…まるの、せいかもしれない」

203名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/07/09(木) 22:28:46.72ID:whvCigXQ
千歌「どういうこと?」

花丸「まるが、余計なこと言っちゃったから……ぅ、うっ…」

千歌「え?どういうこと?もっと詳しく…」

梨子「千歌ちゃんっ、無理強いはだめよ…!」


花丸「…っ、ごめんなさい…っ」


ダッ

バタン!!


善子「ちょっ、ずら丸!?」

善子「なんだっていうのよ、一体…」


曜「…もう本人たちにきいたほうがいいんじゃない?」

梨子「ダイヤさんとルビィちゃんに?」

曜「うん、そう。どうせ練習にならないしさ…行ってみない?千歌ちゃん」

千歌「…うん」


善子「…私も、行っていい?」

梨子「ええ、みんなで行きましょ」

204名無しで叶える物語(やわらか銀行)2020/07/10(金) 19:13:09.80ID:K7SmJq3L
保守

205名無しで叶える物語(しうまい)2020/07/11(土) 17:06:36.47ID:BYSEe6Tz
保守

206名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/07/11(土) 19:49:57.59ID:WQykpgjc
《黒澤家 ダイヤ自室》



ダイヤ「お待たせしましたわ、お腹すいたでしょう」

ルビィ「お姉ちゃん…」

ダイヤ「なぁに?待ちきれない?もう、ルビィったら」

ルビィ「…ルビィ、こんなの、やだよ…!Aqoursのみんなに会いたいよ!スクールアイドルやりたいよ!」

ダイヤ「…」

ルビィ「お姉ちゃん!!」

ダイヤ「…今日は、ルビィの好きなスイートポテトですわよ♡はい、あーん♡」

ルビィ「ーー」

ダイヤ「ルビィ?」

ルビィ「…」

ダイヤ「……口を開けて?」

ルビィ「…」

ダイヤ「口を開けなさい」

ルビィ「……」パク…モグモグ…

ダイヤ「美味しいでしょう?」

ルビィ「……うん」

207名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/07/11(土) 19:50:37.69ID:WQykpgjc
ルビィ「(何も、味なんて感じない)」

ルビィ「(お姉ちゃんの部屋に繋がれてから数日が経った)」

ルビィ「(今のルビィはお姉ちゃんの許可なしでは生きられない)」



ルビィ「…お姉ちゃん……」

ルビィ「ルビィ、学校に行きたいよ…みんなに会いたいよ…」

ダイヤ「…」

ルビィ「ねぇ、お姉ちゃーーーー」



カチッ


ヴヴヴヴーーッ!!



ルビィ「ひっ…!!や、やぁああァァァッ!!!!」

ダイヤ「…少しうるさいですわよ、ルビィ」

ルビィ「やッ、やだ…!お姉ちゃ、止めて!止めてぇッ!!!」

ダイヤ「さぁ、ルビィの好きなスイートポテトよ、お食べなさい?」

ルビィ「そ、そんな…っ、むりだよぉ!!お姉ちゃ、許して…っ!ごめんなさい…!ごめんなさい!!」

ダイヤ「学校に行きたいなどと言わない約束でしたわよね?忘れてしまったのですか?悪い子ね」

ルビィ「…っ!ごめ、なさぃ…っ、!あぁ…ッ!!」

ダイヤ「そのまま10分、そうしてなさい」

ルビィ「ーーー!」

208名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/07/11(土) 20:02:16.21ID:WQykpgjc
ルビィ「ぃや、いやだよぉ!!お姉ちゃん!!なんで…っ!」



ルビィ「(痛い。下半身に刺さっているオモチャで傷ついた身体よりもずっとずっと心が痛い)」

ルビィ「(お姉ちゃんとの行為でルビィの心は削られていく)」

ルビィ「(大好きで大切なお姉ちゃんなはずなのに)」



ルビィ「(反抗的な態度をとると、行われる“お仕置”)」

ルビィ「(“悪い子”の言葉が合図になって、ルビィの中のオモチャが暴れ出す)」

ルビィ「(手錠で自由のきかない両腕はなんの役にも立たず、ひたすら耳障りな金属音を奏でるだけ)」





ヴヴヴヴ…ヴヴ……


カチッ





ルビィ「ーーっ、ぅぐ…っあ、…ぁ…は……はぁー…」

ダイヤ「…反省しましたか?」

ルビィ「う、ん…っ、ごめんなさい…お姉ちゃ…ん…」

ダイヤ「ほら、じゃあ“ごめんなさい”して?」


ルビィ「うん…」



チュッ…クチュ…


ダイヤ「んっ…」

ルビィ「…ん、は…ぁ…」



ルビィ「(ルビィからお姉ちゃんへ舌を絡める)」

ルビィ「(それがこのお仕置を終わらせられる唯一の手段)」

ルビィ「(もちろん、これもお姉ちゃんから許可がないと出来ないんだけど)」

209名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/07/11(土) 20:08:00.29ID:WQykpgjc
ダイヤ「……ルビィ」

ルビィ「…?」

ダイヤ「泣いてるの?」

ルビィ「え…?ルビィ…泣いてる?」






ダイヤ「ーーごめんね。」



ぎゅっ…





ルビィ「…っ」

ルビィ「(いつも、そう)」

ルビィ「(“お仕置”と“ごめんなさい”が終わったあと、お姉ちゃんは謝ってルビィを優しく抱きしめる)」

ルビィ「(だから、だからこそ思ってしまうの)」

ルビィ「(お姉ちゃんには、ルビィがいないとダメなんだって)」




ルビィ「大丈夫」

ルビィ「ずっと、一緒にいるからね、お姉ちゃん」

ダイヤ「ルビィ……ええ、ずっと一緒にいましょうね」





ルビィ「(これで、いいんだ、これで。)」

ルビィ「(もう、Aqoursのことなんて忘れーーーー)」







ピンポーン


ルビィ「っ?!」ビクッ

210名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/07/11(土) 20:19:48.90ID:WQykpgjc
千歌『ダイヤさーーん!ルビィちゃん!……あれぇ?いないのかなぁ…』

梨子『そんなわけないと思うけど…』

曜『もう1回鳴らしてみたら?』

千歌『そうだよね、もう1回!』



ピンポーン




ルビィ「(千歌ちゃん…!梨子ちゃん、曜ちゃん…!)」

ルビィ「(心配してきてくれたのかな…?あぁ、会いたい、会いたい…っ!)」



ダイヤ「…はぁ、ちょっと出てきますわね」

ルビィ「う、うん…分かった…」



ルビィ「(みんな、ルビィはここにいるよ…誰か見つけて、誰か…)」

ルビィ「(立ったところにちょうど窓がある、カーテンずらして覗くだけなら、怒られないよね?)」


ソッ…




花丸『!!!』

ルビィ「!!は、花丸ちゃ…!」


ルビィ「(カーテンを避けたら、目の前に花丸ちゃんがいた)」

ルビィ「(どうして?花丸ちゃんはここにルビィがいるって分かってたの?)」

ルビィ「(…花丸ちゃん、びっくりした顔してる)」

ルビィ「(そう、だよね。今のルビィは裸んぼで、全身ボロボロで、手錠で繋がれている)」

ルビィ「(こんな姿、見られたくなかったなぁ)」

211名無しで叶える物語(SB-Android)2020/07/11(土) 20:30:23.18ID:MadR6If7
案外ガバガバセキュリティーなんやな

212名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/07/11(土) 20:39:58.39ID:WQykpgjc
…………


花丸「(まるが、あの日、ダイヤさんと果南ちゃんにルビィちゃんの居場所を教えなかったら)」

花丸「(きっと、今みたいな状況にはなってなかったのかもしれない)」

花丸「(見なかった振りをしてしまった)」

花丸「(ルビィちゃんが、鞠莉ちゃんの家に行ったと言った時の、ダイヤさんの瞳)」




花丸「内緒、って、言われてたのに…」



花丸「(寂しかった、のかもしれない)」

花丸「(まるが知らないルビィちゃんがいたことに気づいちゃったから)」

花丸「(それでも、言うべきじゃなかったのに)」


花丸「ごめん、ごめんね…っ、ルビィちゃん…!」




花丸「(いてもたってもいられなくて。)」

花丸「(“自分が原因じゃない”…そう信じたかった)」

花丸「(ルビィちゃんも、ダイヤさんも、変わってないって信じたかった)」

花丸「(だけど、そんなこと、あるはずがなかった)」





花丸「ルビィ、ちゃん………」





花丸「(見上げた部屋の前)」

花丸「(カーテンの隙間から見えたその女の子は、一糸まとわぬ姿に不釣り合いな首輪と手錠をつけられていた)」

花丸「(ひどくにごって、怯えた目を、していた)」






花丸「そんな、…そんな、どうして……ルビィちゃんが、こんな…」

213名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/07/11(土) 20:48:24.79ID:uppexZS+
トゥルーエンドか?

214名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/07/11(土) 20:53:36.78ID:WQykpgjc
花丸「け、けいさつ、警察に」

花丸「…でも、そしたらダイヤさんは」

花丸「だけどこのままじゃルビィちゃんが…」



ダイヤ「ーーー何をしていますの?人の家の前で」

花丸「っ!?!」ビクッ


カシャン!


ダイヤ「あら?なにか落としましたわよ花丸さん?」

花丸「あ…」

ダイヤ「……ほう、警察になんの用があって?」

花丸「な、なんの用って、だって、ルビィちゃんが」

ダイヤ「ルビィ?」チラッ



ルビィ『…!!』サッ




ダイヤ「…なるほど。…ルビィは元気ですわよ?」

花丸「え…?な、何言って…元気なわけないですよね…?あんな、ルビィちゃん、ボロボロで、」

ダイヤ「元気ですわ。私がずーっと一緒にいますもの」

花丸「ずっと、一緒に…ーー!ま、まさか、この部屋!」

ダイヤ「わたしの部屋ですが、何か?」

花丸「ーーー」

215名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/07/11(土) 20:55:19.45ID:WQykpgjc
花丸「(ルビィちゃんは、ダイヤさんの部屋に閉じ込められているんだ)」

花丸「(手錠と首輪をつけられて)」



花丸「どうして、そんなこと、そんな酷いことするの…!?ルビィちゃんをもっと大切にして下さい!!ルビィちゃんは、ダイヤさんのお人形さんじゃない!」

ダイヤ「何のことを言ってますの?これはルビィが望んだことですのよ」

花丸「そんなわけ…!」

ダイヤ「さあ、いつまで人の家の敷地内にいるのですか?」

花丸「…っ!」

ダイヤ「これから千歌さんたちとお話しなければなりませんし、一緒に来てください」

花丸「………」

ダイヤ「…くれぐれも、余計な真似はしないように。傷付くのはルビィですからね」

花丸「……っ!」ギリッ

花丸「(ごめんっ…ごめん、ルビィちゃん…!!ごめんなさい!絶対、絶対助ける!まるが!まるが絶対助けるから…っ)」

216名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/07/11(土) 21:04:39.01ID:WQykpgjc
曜「…あれ?ねぇ、あそこにいるのダイヤさんじゃない?」

千歌「えぇ?あ、ほんとだー外にいたから気づかなかったのかあ、おーいダイヤさーん」


ダイヤ「あら千歌さん、梨子さんに曜さん、善子さんも」

善子「ヨハネよっ」

梨子「突然押しかけちゃってごめんなさい。2人ともずっと休んでたから気になって…」


ダイヤ「連絡もせずごめんなさいね。実は姉妹ふたりで体調を崩してしまいまして…とても連絡できる状況ではなかったのですわ。」

花丸「…!」

ダイヤ「私はなんとか回復致しましたが、ルビィはまだ寝込んでいて」

千歌「なんだ、そうだったんだ〜!もう、すっっごく心配したんだよ!?」

ダイヤ「ふふ、ありがとうございます、千歌さん」



花丸「(…よくも、そんな嘘を、サラサラと…っ)」ギリッ

善子「……花丸?」


ダイヤ「とはいえ、私もまだ病み上がりの身ですし今日はゆっくりさせて頂いてもよろしいでしょうか?」

梨子「ええ、それはもちろん」

千歌「治ったらまた連絡くださいねっ」

ダイヤ「ありがとうございます。では、これで」


曜「………」

217名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/07/11(土) 21:27:29.11ID:WQykpgjc
ーーーー

千歌「はーーでもよかったねぇ、ほんと!まさか体調不良なんてね!早く治るといいけどー」

曜「……ねぇ」

千歌「なーに?曜ちゃん」

曜「やっぱり、おかしいよ」

梨子「何が?」

曜「だって、あのダイヤさんだよ?連絡しないとかありえる?そもそも病み上がりなのになんで外にいたの?」

千歌「そんなのたまたまじゃない?家にこもってたから気分転換に〜とか」

梨子「まぁ、考えられなくもない、けど…」

曜「そうなのかな…なんかちょっとモヤモヤするんだよね〜」




善子「…ずら丸、大丈夫?さっきから黙ってるけど」

花丸「大丈夫。まるのことは気にしないで」

善子「…うん。でも、抱えすぎないでよ?花丸までいなくなるの、嫌だからね」

花丸「うん、善子ちゃん、ありがとう」

善子「だから、ヨハネよっ」

218名無しで叶える物語(たこやき)2020/07/11(土) 21:32:11.23ID:6sOAFmg7
死にさらせくそ三年生ども!

219名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/07/11(土) 21:36:26.99ID:WQykpgjc
ーーーーー


ガシャーン!!


ルビィ「ごめんなさい!ごめんなさい!!」

ダイヤ「本当にルビィは悪い子ですわ!誰がカーテンを開けていいと言ったのですか?えぇ?!」

ルビィ「ごめんなさい…っ!!」

ダイヤ「…はぁ、ルビィちょっと待ってなさい」

ルビィ「は、はい…っっ」


ルビィ「(ルビィの飲み物を入れたグラスがお姉ちゃんの手によって床へ砕け散った)」

ルビィ「(服を着ていないルビィの肌へ当然傷をつけた)」

ルビィ「(お姉ちゃんが怒っている)」

ルビィ「(ルビィが“綺麗”じゃないから、悪い子だから)」




ルビィ「(足早に部屋を出ていったお姉ちゃんが持ってきたのは




ーーーー水が張られた洗面器だった)」

220名無しで叶える物語(SB-Android)2020/07/11(土) 22:39:01.60ID:MadR6If7
全部飲んじまえ

221名無しで叶える物語(たこやき)2020/07/11(土) 23:57:50.15ID:6sOAFmg7
カリスマって漫画見たけど怖かった
あれに少しにてる

222名無しで叶える物語(やわらか銀行)2020/07/12(日) 10:47:31.61ID:TAS68QXd
保守

223名無しで叶える物語(SIM)2020/07/13(月) 08:54:06.77ID:AsykX510
保守

224名無しで叶える物語(やわらか銀行)2020/07/14(火) 00:23:03.39ID:DhuDVzZ1
保守

225名無しで叶える物語(SB-Android)2020/07/14(火) 20:20:41.52ID:Y9czJHRD

226名無しで叶える物語(SB-Android)2020/07/15(水) 13:51:48.35ID:B7/wW3hb

227名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/07/15(水) 23:30:44.83ID:H+/EDAY2
                〃´⌒ ヾヽ      ____,.r── 、
  ,ィヽ              ,' l (> l 、 lハ`ー-< ̄`ヽ`ヽ \〉   ハ
 r'、:ヽ::',r‐、        lノ---Vッァ' り}      ̄ ̄  V      ',    
 {:::ヽ::ヽj::::ハ       彡イィノoミく´`ミ    __   l   /   ',
 {`丶::::::::::::::',     ,.<´  イ:ゝ、0ノノ、_三 /    `ヽ、} ,.く     }フl
 l:::::::::::::::::::::::ト、   /   > ノイイ::::::::::::\/   ,>---ミV  >、_>イ   }
. V::::::::::::::::::/ }Vヽヽ/    _V::::::::::::::::ヽ  /     /l}  l   _.>く
 ∧:::::::::::/  ,' l  ヽ   ./´  V:::::::::::::::::ハ/      //ノ   ̄l:`ヽ:::::::::l
 { `ー‐'   / ∧   ', /    _V:::::::::::::::∧    , .ィ.//l     V::::l:::::|::|
 ヽ.__.>イ ./ }   ! l  /´  ヽ:::::::::::::::∧≦==彡/l     ヽ:jヽ::l::|
   \___.>'  ノ   } l /      >、::::::::::::∧  o//イ        し'
    `、      >'へV{__.>'ノ彡\::::::::::ハ  ,ィ ∧

228名無しで叶える物語(SB-Android)2020/07/16(木) 13:25:28.96ID:kLi0Lm5H
疾走り出せ

229名無しで叶える物語(あら)2020/07/16(木) 22:03:34.13ID:kt+zGxLX
その足で

230名無しで叶える物語(しうまい)2020/07/17(金) 19:01:10.14ID:aJhmY4JY
保守

231名無しで叶える物語(SIM)2020/07/18(土) 12:57:37.80ID:UebpabYX
保守

232名無しで叶える物語(やわらか銀行)2020/07/18(土) 13:17:40.92ID:frNL+xP/
ルビィ「(寒くもないのに体がガタガタと震え出した)」

ルビィ「(いや、裸だから寒いのかもしれないけど)」

ルビィ「(でも、違う。全身の血の気が引いていく感覚がする)」



ルビィ「お、おねぇ、ちゃ」

ダイヤ「綺麗にしなきゃね?」

ルビィ「や、やだよぉ、お姉ちゃ…んぐっ!!」


ルビィ「(勢いよく髪を引かれ、洗面器に顔を突っ込まれる)」

ルビィ「(突然の事で、準備がままならずすぐに限界を迎えた)」



ルビィ「〜っ!!ぐ、ぅ…〜!!!!ッ!!」


ザパッ


ルビィ「っ、かはっ!は、!はぁ!はぁ…っ!ぅ…っ」

ダイヤ「ほら、もう一度ですわよ」

ルビィ「や、やだ!やめっ……!!!んんん!!!」


ザパッ


ダイヤ「ルビィが悪いのですよ」

ルビィ「…ッ!ぐ…っ」


ザパッ


ダイヤ「お姉ちゃんをこんなに悲しませるから」

ルビィ「んぐ…ぐ…ッ」


ザパッ


ダイヤ「だからしっかり反省しなさい?」

ルビィ「ひゅ…、は……」

233名無しで叶える物語(やわらか銀行)2020/07/18(土) 13:29:09.96ID:frNL+xP/
ルビィ「(意識が遠くなる)」

ルビィ「(これは、罰。ルビィが勝手なことをした罰。)」

ルビィ「(ううん、…ちがう)」

ルビィ「(お姉ちゃんはルビィを“綺麗”にしてくれてるんだ)」

ルビィ「(そっか。)」

ルビィ「(ルビィは、お姉ちゃんに生かされてるんだ)」



ザパッ


ルビィ「…っげほっ、ごほっ!!ごほっ!」

ダイヤ「あ、あぁ…!ルビィ…私、なんてこと…」


ぎゅーっ


ダイヤ「ごめんね、ごめんねルビィ…!」

ダイヤ「ルビィがどこかに行っちゃうんじゃないかと思ったら、私、頭が真っ白になって…」

ダイヤ「私、ルビィがいなくなるなんて、そんなこと耐えられないの…生きてはいけない…!」


ぎゅっ……



ルビィ「けほ…っ、大丈夫、だいじょうぶだよ、お姉ちゃん」

ルビィ「ルビィはずっとお姉ちゃんのそばにいるからね」

ルビィ「だから、泣かないで?ね?ルビィ、お姉ちゃんのこと、だいすきだから」

234名無しで叶える物語(やわらか銀行)2020/07/18(土) 15:14:28.75ID:frNL+xP/
ダイヤ「ルビィ……本当にルビィは、いい子ね。自慢の妹」

ルビィ「ほんとぉ?嬉しいな」

ダイヤ「ええ。私はルビィに嘘はつきませんわ」

ルビィ「うん、そうだよねっ、ありがとうお姉ちゃん」



〜♪



ダイヤ「…」

ルビィ「お姉ちゃん?電話、鳴ってるけど…」

ダイヤ「分かってます。…はぁ、どうせ果南さんでしょ」

ルビィ「…出ないの?」

ダイヤ「…」

ルビィ「あっ(…切れちゃった)」



〜♪


ダイヤ「はぁ…はいはい、出ますわ、出ますから」


ピッ



果南『あーやっと出た』

ダイヤ「手短に済ませてくださる?今忙しいの。」

果南『何言っても無駄だろうから結論だけ言う。
鞠莉が倒れてしばらく学校行けないから理事長の仕事と、ダイヤが溜めてる生徒会の仕事が溜まってる。学校来て。』

ダイヤ「…」

果南『まさか後輩たちにやらせるつもりじゃないよね?さすがに怒るよ?』

ダイヤ「分かってますわ。後ほど伺います」




ピッ



ルビィ「……」

235名無しで叶える物語(SIM)2020/07/19(日) 13:58:15.47ID:Kjxzn00n
怖い

236名無しで叶える物語(やわらか銀行)2020/07/20(月) 00:10:23.12ID:aZlnHsVa
保守

237名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/07/20(月) 06:43:37.80ID:thafFCbH
全員やべーやつでワロタ

238名無しで叶える物語(茸)2020/07/20(月) 07:14:14.33ID:hJJfRSl2
オウムかよ

239名無しで叶える物語(しうまい)2020/07/20(月) 19:29:53.62ID:58IJCqJ8
保守

240名無しで叶える物語(しうまい)2020/07/21(火) 17:59:40.16ID:uJnsq8Y0
保守

241名無しで叶える物語(SIM)2020/07/22(水) 17:12:33.95ID:fWs+I7p5
保守

242名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/07/23(木) 16:41:57.45ID:mor6RZWs
保守

243名無しで叶える物語(やわらか銀行)2020/07/24(金) 04:50:32.90ID:mYpuN+p6
保守

244名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/07/24(金) 23:51:17.12ID:7fsaKaXm
ルビィ「…学校、行くの?」

ダイヤ「ええ。出来ればルビィとずっと一緒にいたいのだけれど…鞠莉さんが倒れてしまったようで」

ルビィ「!鞠莉ちゃん…が?」

ダイヤ「…何?」ギロッ

ルビィ「っあ、え、っと…ううん、なんでも」

ダイヤ「ルビィのこと、信じてますわよ」

ルビィ「う、うん…」

ダイヤ「いい子。じゃあ行ってきますわね」

ルビィ「うん、行ってらっしゃい…」



パタン…





ルビィ「……」

ルビィ「…お姉ちゃん、行っちゃった」

ルビィ「………」

ルビィ「…ひま、だなあ」

ルビィ「携帯は、どこにあるか分かんないし、…そもそもここから動けないし」

ルビィ「…鞠莉ちゃん、倒れたって、言ってた…大丈夫なのかなあ」

ルビィ「ルビィの…せい、だよね」

ルビィ「…ごめんね、鞠莉ちゃん」

ルビィ「苦しめて、自分勝手でごめんね……」

245名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/07/24(金) 23:59:12.44ID:7fsaKaXm
ーーーーーー

《学校》


果南「来ないかと思ったよ」

ダイヤ「そういう訳にはいかないでしょう」

果南「今のダイヤならルビィ以外必要なさそうだけどね」

ダイヤ「嫌味なら他でやってくださいまし」

果南「はいはい」





花丸「…!」

花丸「(ダイヤさんが、学校にいる!?)」

花丸「(ってことは、ルビィちゃんは今家に1人…!!)」

花丸「助けなきゃ…」

花丸「ルビィちゃん待ってて…まるが絶対ルビィちゃんのこと助けるから…!」



ダッ

246名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/07/25(土) 00:09:34.46ID:JqX3qE1f
善子「ずら丸〜、…って、どうしたの?」

花丸「善子ちゃん!まるもう帰るね」

善子「えっ?何かあったの?ってヨハネ!!」

花丸「ルビィちゃんを助けに行かなきゃいけないの」

善子「…ルビィを?ちょっと待ってよ、助けるってどういうこと?」

花丸「…っ」

善子「ねぇ、ルビィは体調崩してるんじゃないの?ちがうの?」

花丸「ちがう。まるは見たの、ルビィちゃんはーーーー」







善子「………嘘、なに、それ…」

花丸「…本当だよ」

善子「行きましょ、ずら丸…早く」

花丸「分かってる」

善子「ルビィがダイヤに……、信じたくないけど…本当、なのよね?」

花丸「…見れば分かるよ。とにかく行こう、ダイヤさんが帰る前に」

善子「…ええ」

247名無しで叶える物語(しうまい)2020/07/25(土) 00:42:23.23ID:0G1xjAg9
続き来てる!

248名無しで叶える物語(もこりん)2020/07/25(土) 03:33:55.29ID:4IR1mJJs

249名無しで叶える物語(やわらか銀行)2020/07/25(土) 08:34:01.13ID:jm1xpnHC
《黒澤家》


ルビィ「うーーん」

ルビィ「ひまだよぉ…お姉ちゃん早く帰ってこないかなあ」

ルビィ「…お姉ちゃん」


ルビィ「はぁ……」





コンコン




ルビィ「ッ!!」ビクッ

ルビィ「だ、誰…?」

ルビィ「そこにいるのは、だれ?!」ガタガタ



??『ルビィちゃん』

??『ルビィ…!』



ルビィ「!!」

ルビィ「花丸ちゃん?善子ちゃん…?」


善子『ヨハネよっ!…そんなことより顔、見せて…ルビィ、あなた元気なの…?』

花丸『ルビィちゃん、顔見せて…お願い…ルビィちゃんに会いたいの…』

250名無しで叶える物語(やわらか銀行)2020/07/25(土) 09:13:15.83ID:jm1xpnHC
ルビィ「……でも」

ルビィ「(お姉ちゃんに知られたら…“また”……)」

ルビィ「(うう…でも、会いたいよ、花丸ちゃんと、善子ちゃんに…)」
ルビィ「ちょっと、だけなら…いいよね……?」












コソッ…




善子『ーーー!!』

花丸『ルビィ、ちゃん…っ』

ルビィ「花丸ちゃん、善子ちゃん…久しぶり、だね」


善子『なんで、そんなに痩せて…っていうか、なんで服着てないのよ…!?顔も真っ青じゃない!それに、その、手錠と首輪はなんなのよ!』

ルビィ「…これは」

花丸『……ダイヤさん、だよね?』

ルビィ「………」コクン

善子『…ほんとに、ダイヤが』



花丸『ルビィちゃん…逃げよう?』

ルビィ「…え?」

花丸『このままじゃ、ルビィちゃんが壊れちゃう……ううん、ダイヤさんに壊されちゃう』


花丸『まる、もう見てられないよ。この間みたいに知らないフリして帰れない、だからっ!』


ルビィ「ーーーごめんね」




ルビィ「…それは、出来ないよ」

ルビィ「ルビィはお姉ちゃんのこと大切だから」

251名無しで叶える物語(やわらか銀行)2020/07/25(土) 09:20:47.29ID:jm1xpnHC
善子『なんで…ルビィ、なんでそんなボロボロなのにダイヤを庇うの…?いくら姉だからって…なんで』

花丸『ルビィちゃんっ…』



ルビィ「ルビィは“綺麗”でいなきゃいけないから」

ルビィ「じゃないとお姉ちゃんが悲しむから、…ごめんね」



花丸『なんで、なんでルビィちゃんが謝るの?!悪いのはダイヤさんだよ!ダイヤさんがこんな酷いことするから!』

善子『そうよ!!いくらルビィを大切に想ってたとしてもこんなことするなんて頭おかしいわよ!』

花丸『そうだよ、ダイヤさんが間違ってるの!だいたいダイヤさんはーー』








ルビィ「…っ、お姉ちゃんを悪く言わないで!!!!!!!!」

252名無しで叶える物語(やわらか銀行)2020/07/25(土) 09:28:10.78ID:jm1xpnHC
善子『ーーーー!!』

花丸『…ルビィ、ちゃ』



ルビィ「…いくら2人でも、お姉ちゃんのことそんなふうに言うの許せないよ…」

ルビィ「もう、帰って」

ルビィ「ルビィは大丈夫だから、放っておいて」



花丸『まっ、まって、ルビィちゃ』

ルビィ「ーーばいばい」






シャッ







花丸「やだよ!ルビィちゃん!ルビィちゃん…っ!!!」

善子「………」


花丸「なんで、なんで…?なんで、ルビィちゃん…」

善子「…帰りましょ、花丸」

花丸「でも!ルビィちゃんが!」

善子「ここにずっといたらダイヤに見つかる。そしたらダイヤは多分ルビィをーー」

花丸「…っ、わ、わかった……」




花丸『また来る!また絶対来るからね!ルビィちゃん!!!』





ルビィ「………」

253名無しで叶える物語(やわらか銀行)2020/07/25(土) 09:48:55.78ID:jm1xpnHC
花丸「…っぅ、ぐすっ…っく、ぅ……」

善子「…はっきり、言うけど」

花丸「なに…?」


善子「ルビィを助けるの、無理だと思うの」

花丸「な、んで…?なんでそんな事言うの…?ルビィちゃんのこと見たでしょ?あんなにボロボロになって、服も着せてもらえてなくて…!」

善子「あの首輪と手錠、どうやって外すの?」

花丸「それは…」

善子「あそこまでやってるダイヤのことだから、GPSとか、ついててもおかしくないし…特殊なもので簡単には外せないかもしれない」

花丸「…鍵、ダイヤさんが持ち歩いてる可能性も、あるずらね」

善子「…そう」

花丸「でも、最悪ペンチとか」

善子「……まずどうやって家に入るの?」

花丸「それはルビィちゃんに開けてもらうしかないけど…」

善子「ルビィは、開けないわよ多分」


花丸「なんで、わかるの」

善子「私達がダイヤのこと悪く言った時のルビィの顔、見たでしょ」

花丸「…」

善子「私はあんなルビィの顔見た事ない」

花丸「…」

善子「それに、ルビィ」




善子「ーーー1度も“助けて”って言わなかった」



花丸「…!」

254名無しで叶える物語(やわらか銀行)2020/07/25(土) 10:01:05.22ID:jm1xpnHC
花丸「(この間のルビィちゃんの顔を思い出す)」

花丸「(濁って怯えた目をしていたルビィちゃん)」


花丸「(でも、今日のルビィちゃんは)」

花丸「(この状況が“当たり前”のような顔をしていた)」

花丸「(遅かったんだ)」

花丸「(遅すぎたんだ)」


花丸「(あの日、あの瞬間が、タイムリミットだったんだ)」





花丸「…ッぅあああ…!!!っ!!まるは!まるは、また!!!またルビィちゃんに酷いこと…っ!まるのせい!まるのせいで!!!ごめんね、ごめんなさい!!!!」


善子「…花丸!!花丸のせいじゃない!絶対にそんなことないから!!」

花丸「まるが!まるが、鞠莉ちゃんの家にルビィちゃんが行ったなんて言わなかったら!!あの日、迷わないで警察に電話してたら…っ!!」

善子「……どういうこと?なんで、そこに鞠莉が…」




善子「(…花丸は、もう限界ね)」

善子「(今度は、私が…)」




善子「よく、1人で頑張ったわね、花丸…」

善子「でも、こうなる前に、もっと頼って欲しかったな」

善子「…花丸も、ルビィも」

善子「ともだち、じゃないの?私達……」



善子「(見てることしか、ただ、泣いてる友達の背中をさすることしか出来ないなんて)」

善子「(そんなの、嫌よ…)」

255名無しで叶える物語(やわらか銀行)2020/07/25(土) 14:28:10.54ID:jm1xpnHC
ピンポーン


ガチャッ




善子「…悪いわね、体調悪いのに押しかけて…」

鞠莉「ううん、平気よ、あがって」

善子「…ありがとう、ごめんね」





鞠莉「…それで?」

善子「あ、横になってていいわよ、辛いでしょ身体」

鞠莉「…ごめんね。そうさせてもらうわ」

善子「ううん、大丈夫よ。気にしないで」

鞠莉「…それで、…っていうか、分かるわよ、だいたい。ルビィのことでしょ?」

善子「…」コクン

鞠莉「誰から聞いたの?ダイヤ?果南?」


善子「…花丸」

鞠莉「花丸?」


善子「花丸がね、言ってたの。こんなことになったのは自分が、ルビィが鞠莉の家にいるって言ったからだって」

鞠莉「…なるほど」

善子「でも、分からなくて、私。なんでそんなことが、花丸を…ルビィを…鞠莉を、苦しめてるのか…」

鞠莉「…」

善子「今日、花丸とルビィの家に行ったの。でも、ルビィ…、っ、ルビィ、すごく痩せてて、服も、着てなくて!表情も、なくて…」

鞠莉「…そう」

善子「花丸と出来るだけの声はかけたつもりよ…でも、ルビィには届かなかった…それどころか、ダイヤのことを悪く言わないで、もう放っておいてって言われちゃって」

善子「そのことで花丸はもっと落ち込んじゃって…」

256名無しで叶える物語(やわらか銀行)2020/07/25(土) 14:37:54.91ID:jm1xpnHC
鞠莉「…優しいのね、善子は」

善子「優しくなんてないわよ…優しかったら、もっとなんとかできたはずだもの…」

鞠莉「そんなことない。現に今、善子はなんとかしようと私のところまで来たでしょ?」

善子「それは、そうだけど…」



鞠莉「……私にはもう何も出来ないの」

善子「鞠莉…」

鞠莉「何があったか話したところで、解決策が見つかるかは分からないわよ?それでも聞く?」

善子「それでもいい!!それでもいいから、…教えて」


鞠莉「OK、ちょっと長くなるわ。今日は泊まっていって?」

善子「…分かったわ」










善子「(それから、鞠莉は本当に長い時間をかけて話してくれた)」

善子「(知るはずもなかった3年生たちの関係のこと)」

善子「(ルビィと鞠莉の間のこと)」

善子「(今のダイヤとルビィのこと)」

善子「(今の鞠莉と果南のこと、全部)」


善子「(なんども、何度も言葉に詰まって、時には嗚咽を繰り返しながら、それでも話してくれた)」

善子「(その姿を見て、本当に鞠莉に聞いてよかったのか悔やんだ)」

善子「(ボロボロの鞠莉と、昼間見たルビィが重なって見えた)」

257名無しで叶える物語(SB-Android)2020/07/25(土) 15:55:13.63ID:dEiq+1oo
いつぶち切りBAD EDされるかハラハラしている

258名無しで叶える物語(SB-iPhone)2020/07/26(日) 02:09:04.18ID:eeGkG5P3
保守

259名無しで叶える物語(SB-iPhone)2020/07/26(日) 11:50:56.39ID:rKm0jH1S
善子「(辛いことがあったわね、なんて軽く言えない)」

善子「(どうして、鞠莉がこんなに苦しまなきゃいけないんだろう)」

善子「(どうして、ルビィはあんな姿になってまで、ダイヤを守るんだろう)」

善子「(どうして…ルビィは、鞠莉の手をとらなかったの…)」



鞠莉「…どうして、って思ってる?」

善子「………ええ」

鞠莉「仕方ないのよ。…そう、仕方ないの」

善子「鞠莉がこんなに苦しんでいるのに“仕方ない”って…?私はそんなこと言えないわよ…っ!」

鞠莉「仕方ないのよ」

善子「……っ!!鞠莉!」

鞠莉「なに…?」

善子「辛いなら、辛いって言いなさいよぉっ!!」

鞠莉「…!」

善子「私は!何も知らなかったし!なんの力もない!!でも!でもっ!鞠莉にそんなふうに笑って欲しくないの…っ」

善子「友達、ならっ…私の事、友達だと思うなら、無理に笑わないで…泣いたって、私は鞠莉のことを責めたり、傷つけたりしないわ!」


鞠莉「善子……」

善子「……善子じゃ、ダメなら」

鞠莉「?」

善子「善子には話せないなら、辛い顔見せられないなら、ずっとヨハネでいるから…」

鞠莉「ううん、善子が、いいな、わたし」

善子「鞠莉…」

260名無しで叶える物語(SB-iPhone)2020/07/26(日) 12:08:22.44ID:rKm0jH1S
鞠莉「ルビィのこと、知ってるの…」

善子「え?」

鞠莉「あの日、ルビィがダイヤを選んだ後…心配でたまらなくて…探偵を雇った」

善子「探偵…」

鞠莉「そう。だから、全部“見た”…写真で、動画で。ダイヤがルビィをどうしてるか。ルビィがダイヤに何をされてるか…」

善子「…警察には、」

鞠莉「……」

善子「い、今からでも警察に言いましょ!?写真とか動画があるなら決定的証拠があるわけだし、ルビィも、」

鞠莉「…」フルフル

善子「どうして…?」

鞠莉「これ、見て」





善子「ーーーー」

善子「(鞠莉から見せられた、その動画は、ダイヤがルビィの頭を掴み何度も何度も何かへ押し付けている姿を映していた)」

善子「(ルビィから水が滴っていたから、きっと水に沈められていたんだと思う)」

善子「(どこかで嘘だと思いたかった)」

善子「(ルビィは本当は心のどこかて逃げ出したいんだと思っていた)」



善子「(ダイヤを自分から抱きしめて、大好きだと言うルビィの笑顔は…本物、だった……)」

261名無しで叶える物語(SB-iPhone)2020/07/26(日) 12:11:42.92ID:rKm0jH1S
善子「…っ、っ!」

鞠莉「……今、ルビィからダイヤを取り上げるのは簡単よ」

鞠莉「でも、きっとそんなことをしたら本当に壊れてしまう」

鞠莉「ルビィは今、ダイヤという存在に依存してギリギリを保っている…」

鞠莉「きっと、ダイヤとルビィを引き剥がしても、ルビィはダイヤの所へ戻ってしまう」




鞠莉「…毎日毎日、ルビィが夢に出てくるの」

善子「ルビィが?」

鞠莉「そう…ルビィがね、まりちゃん、助けてって泣いてるの」

善子「…っ」

鞠莉「だから私は助けるのよ。あらゆる手段を使って。…夢の中の話だけどね」

鞠莉「でも」

鞠莉「ルビィは、助からないの。何回やっても、誰を…消しても」

善子「消すって」

鞠莉「…そういうこと」

鞠莉「たかが夢って、思うかもしれない。バカみたいだって。考えすぎてる私の不安が具現化してるのかもしれない」

鞠莉「だけど、現実でもしそうなったら?ダイヤがこの世からいなくなってルビィが後を追ったり、ダイヤがルビィを一緒に連れて行ったりしてしまったら?」

鞠莉「そんな事考えてたら…眠れなくて、とうとう倒れちゃった」




善子「鞠莉……」

262名無しで叶える物語(しうまい)2020/07/27(月) 07:29:19.16ID:GTVk7KZ3
期待の保守

263名無しで叶える物語(やわらか銀行)2020/07/27(月) 20:17:27.11ID:yG+Mpgai
保守

264名無しで叶える物語(SIM)2020/07/28(火) 09:18:26.55ID:6TdLYg8S
救いは無いんですか保守

265名無しで叶える物語(SB-Android)2020/07/29(水) 01:24:02.50ID:o9oCvD22

266名無しで叶える物語(やわらか銀行)2020/07/29(水) 18:10:06.29ID:ymJfoPEu
シュ

267名無しで叶える物語(やわらか銀行)2020/07/29(水) 22:42:06.12ID:lUmX/nnb
善子「そんな、無理して笑わなくてもいいから」

鞠莉「ありがとう。でもこうしてないと、全部崩れちゃいそうなの。…ごめんね」

善子「ううん…平気よ…」

鞠莉「…っそういえば!」

善子「!?ど、どうしたのよ、いきなり!?」

鞠莉「今日、花丸と2人でルビィに会ったって、言ったわよね?」

善子「え、ええ…窓越しだったけど。それがどうかしたの…?」

鞠莉「ダイヤは、そのこと知らないわよね…?」

善子「知らないと、思うけど…多分…」

鞠莉「そ、そう、そうよね…」

善子「…どうしたの?」

鞠莉「ううん、何でもない。なんでもないの…」

268名無しで叶える物語(たこやき)2020/07/29(水) 23:26:31.52ID:2WpEDrno
ようちかりこに果南の始末をしてほしい
あのくそ女

269名無しで叶える物語(しうまい)2020/07/30(木) 20:35:42.91ID:dCuf2yO2
保守

270名無しで叶える物語(しうまい)2020/07/31(金) 19:52:29.41ID:IX2aQ/cY
保守

271名無しで叶える物語(やわらか銀行)2020/08/01(土) 14:12:13.66ID:3B9cCtvb
保守

272名無しで叶える物語(SIM)2020/08/02(日) 13:52:35.76ID:n0As35N5
保守

273名無しで叶える物語(庭)2020/08/02(日) 16:22:20.55ID:4rmLUNJd
多分エタ

274名無しで叶える物語(茸)2020/08/02(日) 19:39:53.22ID:6mNMj5V4
マリーは曇らせがなんでこんなにも似合うのか

275名無しで叶える物語(やわらか銀行)2020/08/02(日) 21:49:42.96ID:cXA9D5sd
《黒澤家》
ルビィ「ふー…ふー…」



ルビィ「(まだ、ドキドキ、してる)」

ルビィ「(ルビィ、お姉ちゃんを守れた…)」

ルビィ「(花丸ちゃんと、善子ちゃんから、お姉ちゃんを悪く言う2人から、お姉ちゃんを守れたんだ…)」



カチャッ



ルビィ「!!お姉ちゃん!!」

ダイヤ「ルビィ、いい子にしていましたか?」

ルビィ「うんっ!あのね、お姉ちゃん聞いて!今日善子ちゃんと花丸ちゃんが来てねっ、それで、それでルビィ、」

ダイヤ「…今、なんと?」

ルビィ「っえ、えっと、今日、善子ちゃんと、花丸ちゃんが来て…」

ダイヤ「…会ったのですか?」

ルビィ「う…ごめんなさい……でも、カーテン越しだったから、窓は開けてなーーーー」



ドスッ!!!



ルビィ「っぐゅあ!?げほっ!げほっ!!」

ダイヤ「言いつけも守れないのですか?」



ドカッ!!!


ルビィ「ぎっ!!ゃ!いたぁっ!!ごめっ、ごめんなさい…っ!」

ダイヤ「あわよくば抜け出そうとでも考えていたのですか?」

ルビィ「ちっ、違うよぉっ!!ルビィは、ルビィは…っ!っあぁ!!」

276名無しで叶える物語(しうまい)2020/08/03(月) 20:38:00.29ID:TvwoSFN+
ルビィちゃん…

277名無しで叶える物語(やわらか銀行)2020/08/03(月) 23:29:25.72ID:JeLGyHSp
ダイヤ「何故、なぜ言うことが守れないのですか?!そんなにルビィは私のことが嫌いですの!?」

ルビィ「ちがっ、ちがうよぉっ!そんなわけっ…ぃいっ!?痛い!痛いよ!お姉ちゃん!!!髪、引っぱらないでぇ!!」


ダイヤ「汚い!汚らわしい!!ああっ!もう!!またルビィが汚されてしまった…!」


バチンッ!!


ルビィ「いっ…!い、ぁッ…!」

ダイヤ「私のルビィが!!」


バシンッ


ルビィ「ぐっ…ううっ…!ご、っめなさい!ごめん、なさい…ッ!!許し…ッ」


バチンッ!!!

ルビィ「ぅああっ!!いぁッ」


ルビィ「(お姉ちゃんに叩かれるほっぺたが、身体が燃えるように熱くて、痛い)」

ルビィ「(こんな風に声を上げちゃ、だめなのに)」

ルビィ「(お姉ちゃんを責めるような声を出しちゃ、だめなのに、抑えられない)」

ルビィ「(ごめんなさい、お姉ちゃん。お姉ちゃん。お姉ちゃん。ルビィが悪い子で、ごめんなさい)」






ダイヤ「…来なさい」




ガラッ


ドサッ



ルビィ「ッ、ごほっ、ごほ…ッ!!」

ダイヤ「ここで反省しなさい」

ルビィ「っえ…?な、なんで、ここ…」

ダイヤ「“綺麗”にしましょうね、ルビィ?」

278名無しで叶える物語(やわらか銀行)2020/08/03(月) 23:35:17.64ID:JeLGyHSp
シャァァ…

ルビィ「ーーーっつ!?冷たいっ!!や、やだぁっ!!お姉ちゃ、冷たいッ…!!!」

ダイヤ「冷水シャワーぐらい我慢しなさい。ルビィが悪いのですよ?」

ルビィ「で、でもっ…!さむ…っ、さむいよぉ…!!う…ぁ…!」ガタガタ

ダイヤ「……」




ダイヤ「はぁ…ルビィ、悪い子は誰?」

ルビィ「る、っ、ルビィ、ですっ…!」ガタガタ

ダイヤ「そうね。じゃあごめんなさい出来る?」

ルビィ「!!う、うんっ…!」

ダイヤ「ほら、ここに来て?」

ルビィ「うん、…っちゅ、んむ…ぅ…ふぁ」

ダイヤ「んっ……綺麗ですわよ…ルビィ…」

ルビィ「ごめんなさい、ごめん…なさい、お姉ちゃん…」

ダイヤ「ルビィは私と離れたいんですの?だからカーテンを開けて花丸さんや善子さんとーー…」

ルビィ「ちがっ、ちがうのっ!!お姉ちゃんのこと、大好きだよ!?」

ダイヤ「なら、見せて?」

ルビィ「えっ…?」

ダイヤ「私の前に脚を開いて、気持ちよくなるところを見せて下さる?」

ルビィ「……っ!」

279名無しで叶える物語(やわらか銀行)2020/08/03(月) 23:53:32.70ID:JeLGyHSp
ダイヤ「ほら、オモチャは抜いて差し上げますわ」


ググッ


ルビィ「ぃあぁあッ!?!」ビクンッ

ダイヤ「あら、間違えて押し込んでしまいましたわ…ふふっ、もう達してしまったの?」


グリグリ


ルビィ「ご、ごめんなさ…!アァっ!?!やぁああ!!」

ダイヤ「はしたないですわよ、そんなにヨダレを垂らして」

ルビィ「ぅあ!ああッ!や、やめッ…!!?な、なんでッ!?」ビクンッ ビクンッ

ダイヤ「とっても敏感な身体になりましたわね、ルビィ…ほら、ここも、赤く腫れてとても可愛いですわ……」



コリッ



ルビィ「ーーーーッッ?!!!あァああっ、いやあぁッ!!!」ビクンッ

280名無しで叶える物語(やわらか銀行)2020/08/04(火) 00:10:37.43ID:56bSSDuB
ルビィ「や、ぁあ!もっ、くるし…っ」

ダイヤ「何を言っていますの?いい子なルビィはもっと頑張れますわよね?ほら、自分で脚を広げなさい?」

ルビィ「ふ、ぅっ…!うぅうっ」

ダイヤ「…もっと」

ルビィ「〜っ!!これ以上、はっ!は、ずかし…っ」

ダイヤ「…」
バチンッ!!



ルビィ「ぅぐっ…!?」

ダイヤ「広げなさい?何度も言わせないで」

ルビィ「ぅ、うっ…ふぅう……っ」ポロポロ

ダイヤ「……そう。いい子ですわね。ご褒美を上げなくては」

ルビィ「ごほうび…?」

ダイヤ「そのまま広げてなさい?」



ちゅる…ぴちゃっ



ルビィ「ぅああッー?!やッ!!そんな、とこ舐め…っないで…ぇっ!!やぁあっ!!!!」

281名無しで叶える物語(庭)2020/08/04(火) 05:19:32.42ID:TWrn5AVa
エッッッッッッッ

新着レスの表示
レスを投稿する