仮想通貨IOTA(アイオタ/MIOTA)

1承認済み名無しさん2018/08/28(火) 14:14:58.24ID:fZvXYgVO
仮想通貨IOTA(アイオタ/MIOTA)

12承認済み名無しさん2018/08/28(火) 14:46:18.10ID:fZvXYgVO
IOTA充電ステーションは完全に自律的に動作するため、エンドユーザとの通信や支払いを担当し、メーターの値がTangleに15分ごとに保存されることにより、信頼性が高く反駁できない管理が保証されます。

充電ステーションは次の機能を備えています。
•「kWhベースの課金」
•独自のIOTA課金アプリ
•車の走行距離計に似た「kWh測定ストレージ」

13承認済み名無しさん2018/08/28(火) 14:47:04.52ID:fZvXYgVO
中央ヨーロッパの富士通でトップを勤めているロルフ・ヴェルナー(Rolf Werner)博士が、ブロックチェーンの非営利団体IOTA財団の一員に加わったことが9日に公開されたIOTA財団幹部のブログで明らかになりました。

ブログに掲載された歓迎の言葉

公開されたブログでは、ヴェルナー博士の参加を歓迎する強い想いが述べられています。


「ヴェルナー氏の特出した情熱と意欲は 、IOTAプロジェクトにすばらしい価値をもたらすだろう」

「ヴェルナー博士は富士通テクノロジー・ソリューションズで取締役会長も務めている。IOTAは分散型台帳技術(DLT)分野で主導的役割を確固としたものにしていく」と強調した。

14承認済み名無しさん2018/08/28(火) 14:47:56.22ID:fZvXYgVO
将来性は計り知れない|ヴェルナー博士

IOTAの大きな特徴はTangle(タングル)と呼ばれるブロックレスの分散型台帳技術です。

ヴェルナー博士は今回の任命に関するコメントの中で、IOTAの価値観に同調していることを語っています。


「分散型台帳技術としてのIOTAタングルに基づいた安全な分散型アプリケーションの将来性は計り知れない」

「たとえば、サプライチェーンの改ざん防止監視や安全なID管理など、マシンツーマシン(M2M)決済をはるかに超える可能性がある」

15承認済み名無しさん2018/08/28(火) 14:48:34.38ID:fZvXYgVO
2018年1月、フォルクスワーゲンのチーフデジタルオフィサーである、Johann Jungwirth氏はIoT(Internet of Things)の非営利団体であるBlockchain Foundationの IOTA 財団の監督委員会に参加しました。

16承認済み名無しさん2018/08/28(火) 14:49:08.81ID:fZvXYgVO
台湾の首都である台北市は、IOTA財団と提携し、『スマートシティ』を目指して多数のプロジェクトを進めていることを発表しました。IOTA の革新的なブロックチェーンの技術を幅広い分野に応用する事で、スマートな社会を目指します。

IOTA によると、公的サービスや他の領域におけるデータの整合性と真正性の懸念を改善するために、多数のプロジェクトを通じて台北のニーズに合致する IOTA の ブロックチェーン 技術を適用する可能性を探るとのことです。

17承認済み名無しさん2018/08/28(火) 14:49:44.67ID:fZvXYgVO
『デジタル市民カード』と『Airbox』

最初のプロジェクトとなるのが、IOTAのブロックチェーン技術である「TangleID」が組み込まれた『デジタル市民カード』です。このデジタル市民カードは不正開封防止機能を備えたシステムとして動作するもので、個人情報の盗難防止などに役立つようです。

すでに進行中であると言われているプロジェクトは、Edimax、Realtek、Asus、Academia Sinica、LASS、Taipei Cityの共同作業で、気温、湿度、光、汚染を検出する、手のひらサイズの空気センサーを作成する『Airbox』です。
これは既に市民の家庭や台北市の 150 の小学校に設置されています。
Airboxは、エアデータをオンラインで収集して共有しているため、包括的な環境センサネットワークになっています

18承認済み名無しさん2018/08/28(火) 14:50:36.94ID:fZvXYgVO
台北市情報技術局「Wei-bin Lee局長」

台北市情報技術局の Wei-bin Lee局長は、IOTAのパートナーシップについて以下のようにコメントしました。


「IOTAは、独自の技術のおかげで、暗号通貨の世界で革新的なプレーヤーの1つです。台北市は常に IOTA の技術を考えており、このパートナーシップは台北市民を
『スマートシティの時代』に導く戦略的な動きです。我々は台北市へのIOTA財団を歓迎し、一緒に未来に着手することに興奮しています。」

IOTA財団の共同設立者 「Dominik Schiener氏」

また、IOTA財団の共同設立者 Dominik Schiener氏はこのように述べました。


「台北市との提携は、ビジネスモデルのための新しい基盤と私たちの技術の実際の実装を提供しています。IOTAの技術が真の価値を提供するさまざまなシナリオで実装され、投票詐欺に影響を与えることさえ知っていることは素晴らしいことです。」

19承認済み名無しさん2018/08/28(火) 15:00:29.71ID:fZvXYgVO
IOTA 提携先
富士通 フォルクスワーゲン ボッシュ DNB(ノルウェー最大の金融機関であり北欧でも最大の金融機関) ドイツテレコム アクセンチュア

20承認済み名無しさん2018/08/28(火) 15:25:56.45ID:fZvXYgVO
仮想通貨アイオータ(IOTA/IOTA)はインターネットの課金にも役立つ

SatoshiPayはネットを利用して、特定のコンテンツに向けて課金することを可能としたサービスです。
音楽や漫画、あるいは映画やドラマなどの映像媒体に課金をしたくなった時に便利です。

これまではビットコインが決済の手段となっていましたが、手数料が増加しているという理由でアイオータ(IOTA/IOTA)と提携することが発表されました。
IOTAは手数料が無料なので、ユーザーにとっても優しくなります

21承認済み名無しさん2018/08/28(火) 15:27:18.89ID:fZvXYgVO
仮想通貨アイオータ(IOTA/IOTA)と提携する企業は既に多い
Elering
Deutsche Telekom
Movimento (owned by Delphi)
Oslo Business Region
NTNU

IoTに特化した暗号通貨(仮想通貨)を提供するIOTA(アイオータ)プロジェクトが、世界有数のグローバル企業であるCisco Systems社、Volkswagen AG社、Samsung Group社を筆頭とする、複数の企業とパートナーシップを締結したことを

22承認済み名無しさん2018/08/28(火) 15:31:27.94ID:fZvXYgVO
マイクロソフトは、IOTA財団のウェブサイトにおいて

「この次世代技術は、IoTに関する技術革新を加速させ、ブロックチェーン技術を越えて行くだろう。」

23承認済み名無しさん2018/08/28(火) 15:35:21.57ID:fZvXYgVO
IOTA 提携先
シスコシステムズ
サムスン電子
ノルウェー科学技術大学

24承認済み名無しさん2018/08/28(火) 15:36:25.61ID:fZvXYgVO
取引手数料がかからない
新たなブロックチェーンシステムTangle(タングル)

タングルという仕組みは非常に画期的で「新たなブロックチェーン」と呼ばれるほど理想的なネットワークシステムです。

25承認済み名無しさん2018/08/28(火) 15:47:35.99ID:fZvXYgVO

26承認済み名無しさん2018/08/28(火) 15:51:20.34ID:fZvXYgVO
量子コンピューターに対する耐性がある

今仮想通貨界において問題視されているのは量子コンピューターの対応です。量子コンピュータが実現されると、N個のデータの中から適するもの1個を見つける作業の効率が従来のコンピュータの約√N倍になります。


今のビットコインのブロックチェーンでは平均2^64のノンスをチェックする必要があるので、量子コンピューターでは2^32倍も計算速度が上がります。しかしIOTAでは
根本的に今のマイニングにおけるチェックすべきノンスの数は3^8のオーダーなので、量子コンピューターを用いても約3^4倍程度にしかなりません。よって、IOTAは
ビットコインに比べ量子コンピューターに対する耐性があるといえるでしょう。 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:1341adc37120578f18dba9451e6c8c3b)

27承認済み名無しさん2018/08/28(火) 15:53:12.43ID:fZvXYgVO
IOTA(アイオータ)は、ブロックチェーンを応用した分散型台帳を用いて手数料の一切かからない決済を可能にした、IoT(モノのインターネット)に適した仮想通貨です。​

Tangleという分散型台帳は、量子コンピュータで秘密鍵を解読する時間と、ナンスを発見する時間にあまり差がありません。そのため、IOTAには量子耐性があると言われています。

28承認済み名無しさん2018/08/28(火) 15:55:10.46ID:fZvXYgVO
仮想通貨IOTA (アイオータ)の概要

IOTAとは モノのインターネット化と言われているIOT(Internet of Thingsの略)で取引するのに適した仮想通貨 である。

IOTとはパソコンやスマホだけでなく、時計やテレビなどあらゆるモノをインターネットに繋げることで、様々なモノの状態や位置を知ることができたり、環境(温度、湿度、気圧、照度、騒音、その他)を知ることができ、生活を便利にすることができるものである。

しかし、IOT関連の商品を使う際にハッキングしやすくなるというセキュリティの問題、インターネットの料金が発生するなど、コスト面で問題が出て来ます。
そこでIOTAを使用することにより、無駄な手数料を省き、ネット上の情報を安全に取得出来るようにしました。

ビットコインやイーサリアムなどのブロックチェーンを導入するにしても、維持するにはコンピューターの莫大な計算が必要となり、送金手数料などが発生してしまいます。

IOTAはブロックチェーンではなく 「Tangle」という新技術 を使い、トランザクションの手数料を無料、つまり送金手数料をタダにすることを可能としました。

ブロックチェーンとは異なり、一つのブロックからいくつものチェーンでブロックをつなぐことができ、ユーザー自身が未承認のトランザクションを承認する(取引者と承認者が
同じ)ことで決済ネットワークを形成している。取引者が増えると承認者も増え、負荷は増えることがないため、軽量で決算スピードが早いのも特徴である。

29承認済み名無しさん2018/08/28(火) 16:08:17.92ID:fZvXYgVO
量子コンピューターが仮想通貨に与える最も大きな脅威は、その暗号解読速度の速さです。
従来のコンピューターではあまりに時間がかかりすぎるため、現実的に仮想通貨の暗号解読はできないと言われていましたが、量子コンピューターは圧倒的な計算速度でその通説を覆そうとしています。

IOTAは暗号解読するための項目(ノンス)が他の仮想通貨とは違うため、量子コンピューターを用いても暗号解析にかかる時間は従来のものとほとんど変わらず、安全性の高い暗号と言われています。

30承認済み名無しさん2018/08/28(火) 16:15:31.87ID:fZvXYgVO
仮想通貨IOTA(アイオータ・MIOTA)の特徴


マイクロトランザクション


IOTAではTangleを利用していることで、マイクロトランザクションが可能になります。

マイクロトランザクションとは、例えば少額の仮想決済のことです。

例えばゲーム内課金のようなものですね。



IOTAのシステムでは、さらにはナノトランザクションも可能と言われています。

開発者には、IoTとWebの両方のアプリケーション用の新しいツールが提供されるようです。

31承認済み名無しさん2018/08/28(火) 16:16:05.39ID:fZvXYgVO
データ転送にTangleを使う

#


IOTA(アイオータ)はTangleを介してデータを転送するという特徴があります。

デバイス間で安全で認証された通信チャネルを確立することができ、IOTAを介して転送されるすべてのデータは、完全に認証され、改ざんや攻撃は不可能となっています。


電子投票でデータを転送


IOTA(アイオータ)はInternet-of-Thingsに特化しています。

一方でTangleは、eGovernanceにおけるデータの転送などのさまざまな場面でも利用できます。

32承認済み名無しさん2018/08/28(火) 16:17:12.50ID:fZvXYgVO
マイナーを必要としない


ブロックチェーンではマイナーがブロックの認証を行うのに対して、

Tangleではマイナーが存在しません。



Tangleではそれぞれのユーザーが過去2回のトランザクションを承認する必要があります。



この2つの過去の取引の妥当性が証明されると、承認された取引におけるネットワーク全体が同意を得られます。



そのためブロックチェーンよりも分散化されていると言えます。


拡張性がある


IOTA(アイオータ)では、一定の間隔で確認されるトランザクションに、並行して無限のトランザクションの確認を行うことで、多くのトランザクションを処理することができます。


取引手数料がない


ブロックチェーンでは送金手数料等が有料であるのに対し、

Tangleでは取引手数料が必要ありません。

33承認済み名無しさん2018/08/28(火) 16:17:38.95ID:fZvXYgVO
量子コンピューターへの耐性を持つ


Tangleは、Curlと呼ばれる三項ハッシュ関数を利用することで量子コンピューターに耐性をもてるようになっています。

34承認済み名無しさん2018/08/28(火) 16:28:40.34ID:fZvXYgVO
街全体をIoT化する構想

実は、IOTAのシステムとしての特徴を活かしたものとして「デジタル市民カード」と呼ばれるものが実現しています。

デジタル市民カードとは、不正開封防止機能を搭載した画期的なシステムです。

また、中国の台北市がIOTAと提携を結んでおり、外気温や空気の汚染などを自動感知する「AirBox」と呼ばれるセンサーを街中に配備する事で、一つの街全体をこうした環境センサーを利用したネットワークで覆って、得たデータを共有する事にも採用しているようです。

35承認済み名無しさん2018/08/28(火) 16:30:09.29ID:fZvXYgVO
電気自動車などのクリーンエネルギーに貢献

オランダの「ElaadNL社」では、早くも仮想通貨IOTAを利用した「電気自動車向け充電ステーション」をリリースし、利用ユーザーの通信での支払いを実装しているようです。

IOTAのTangleプロトコルに書き込まれたデータは、信頼性が非常に高いのが特徴で管理するには最適と言われています。

36承認済み名無しさん2018/08/28(火) 16:31:02.44ID:fZvXYgVO
量子コンピューター耐性

量子コンピューターとは、超簡単に言えば、今まで以上に計算速度の速いコンピューターです。

仮想通貨の暗号も当然破られると予想されていますが、実際のところは不明瞭です。とは言え、目の前に迫る危機を黙って見ているわけにはいきません。

IOTAは汎用化タイプ「量子ゲート方式」の量子コンピューター耐性を持つ仮想通貨です。

Tangleは悪意のある量子コンピューターの攻撃を100万回減少させることが可能とされます。IOTAの高い安全性が評価されているのはこのためです。

ちなみに、量子コンピューターの機能をフルで装備しているのは「量子アニーリング方式」ですが、こちらはNASAやGoogleといったごく一部の組織や企業が保有しているだけです。一般には出回らないので気にする必要は今のところありません。

37承認済み名無しさん2018/08/28(火) 16:38:02.03ID:fZvXYgVO
IOTAはマイクロペイメント(少額決済)に特化したコインでIoT(モノのインターネット)に導入することを目的に開発された仮想通貨です。
ブロックチェーンを利用していない唯一の仮想通貨
loTに特化した仮想通貨
量子コンピューター耐性

手数料が無料という強みやト処理速度が速いという強みから、

今後さらなる飛躍を見込まれておるIoT産業に利用されていくと予測されている通貨です 。

38承認済み名無しさん2018/08/28(火) 16:46:21.85ID:fZvXYgVO
IoTに特化したプロジェクト、DAGを使用、3進数を使用、ナノペイメントに使用される

39承認済み名無しさん2018/08/28(火) 16:48:10.79ID:fZvXYgVO
▼IoTの例

● スマートフォン(iPhoneなど)
● スマートスピーカー(Google Homeなど)
● スマートウォッチ(Apple Watchなど)
● 自動運転自動車
● 使用電力を遠隔で測れるスマートメーター
● 外出先でもペットの様子を見守るカメラ
● 他にも多数…
上記の製品はIoTの例です。
他にも多数、「スマート〜」という製品はほとんどがIoTです!

40承認済み名無しさん2018/08/28(火) 16:49:00.13ID:fZvXYgVO
なぜIOTA(アイオータ)が開発されたかというとIoT機器同士のデータのやり取りを記録するためなんですね。

IoT機器というのはインターネットに繋がっていて、そこから情報をやり取りするというものなので常にいろんな情報をやり取りしています。

スマートフォン、スピーカー、スマートウォッチ、あらゆるものがネットと繋がっていてちょこちょこと小さいデータの取引を繰り返しているわけです。

この小さいデータの取引をマイクロトランザクションと言います。

このマイクロトランザクションは従来のブロックチェーンの仕組みでは記録しきれません。

そこでどうしようかとなった時に”じゃあブロックチェーンを使わない新しい仕組みを作ればいいじゃないか”ということで誕生したのがIOTA(アイオータ)です。

なのでIOTA(アイオータ)はブロックチェーンを使用していません。

そして開発されたのが4人の共同創設者が考え出した「Tangle」という技術です。

41承認済み名無しさん2018/08/28(火) 16:51:16.47ID:fZvXYgVO
量子コンピューター耐性

今暗号通貨界において問題視されているのは量子コンピューターの対応です。

量子コンピューターとは、凄く簡単に言えば、今まで以上に計算速度の速いコンピューターです。

電子コンピューター開発が飛躍的に進んでいる今、懸念されている点は電子コンピューターが悪用されて秘密鍵が解読され、暗号通貨の盗難に用いられるのではないかという点です。

とは言え、目の前に迫る危機を黙って見ているわけにはいきません。

IOTA(アイオータ)は汎用化タイプ「量子ゲート方式」の量子コンピューター耐性を持つ暗号通貨です。

Tangleは悪意のある量子コンピューターの攻撃を100万回減少させることが可能とされます。
IOTAの高い安全性が評価されているのはこのためです。

ちなみに、量子コンピューターの機能をフルで装備しているのは「量子アニーリング方式」ですが、こちらはNASAやGoogleといったごく一部の組織や企業が保有しているだけです。
一般には出回らないので気にする必要は今のところありません。

42承認済み名無しさん2018/08/29(水) 20:54:11.16ID:Oha6ujjH
IoTは世の中にある全ての物(電化製品、車、衣類など)同士がインターネットで繋がり合って、ネット回線を通じて情報の管理やサービスの利用が可能になることです。

43承認済み名無しさん2018/08/29(水) 20:55:33.54ID:Oha6ujjH
フォルクスワーゲン
ドイツの名門自動車会社フォルクスワーゲンもアイオータと密に関わる企業の1つです。2018年2月にフォルクスワーゲンの最高デジタル責任者であるヨハン・ユングビルト氏がアイオータの監査役に就任。

車といえば今話題になっている自動運転車があります。IoTといえば電化製品に注目されがちですが、実は車にもインターネットを搭載することで様々なメリットがあるのです。

たとえば、カーナビとネットを連動することで即座に渋滞情報を感知し最適な運転ルートを検出してくれたり、目的地で雨が降っていることを検知して自動で窓に防水スプレーを張って
くれたりなど、今後は「自動で走る」だけでなく、「自動で運転者の手間を省いてくれる」車が誕生するかもしれません。

44承認済み名無しさん2018/08/29(水) 20:56:07.33ID:Oha6ujjH
富士通
日本の巨大エレクトロニクスメーカー富士通もアイオータに関わりを持っています。富士通といえばカメラやエアコンなどの家電製品が有名ですが、まさしくアイオータとの連携でIoT製品と関連する事業展開が予測されます。

富士通はアイオータの技術が利用できるマーケットプレイスに参加しています。

45承認済み名無しさん2018/08/29(水) 20:56:22.92ID:Oha6ujjH
ボッシュ
ボッシュはフォルクスワーゲンと同じくドイツの自動車会社です。直接的な提携はありませんが、2017年12月に会社をあげてアイオータ通貨を購入。大量に買い付け、約20%以上もの利益が発生したことが確認されました。

ドイツでは2020年よりレベル4(高度運転自動化)以上の完全自動運転車を発売する予定をたてており、現在では既にレベル5(最高レベル)の完全自動運転者のプロトタイプの開発に成功しています。

そうした国を挙げた自動運転化技術の推進があるからこそ、アイオータの取り組みには要注目していることが伺えます。

46承認済み名無しさん2018/08/29(水) 20:57:12.58ID:Oha6ujjH
医療分野にも進出の可能性大
日本人にはあまり馴染みがありませんが、ポーランドの医療企業であるKontakt.ioは正式にアイオータと提携を発表しました。

既に両者の取り組みはスタートしており、Tangle(タングル)システムを活用することで電子カルテや情報アクセスの容易化、データ改ざんに対する高セキュリティなど、今後はこうした取り組みが表立って医療分野のIoTもますます活発化することでしょう。

47承認済み名無しさん2018/08/29(水) 20:58:26.14ID:Oha6ujjH
アイオータが今後成長していくにはIoT市場の発展と成長が欠かせません。しかし、IoT市場に関しては好意的な予測も多く、次々と製品が開発されていることからも成長が期待できます。

独立系ITコンサルティング・調査会社であるアイ・ティ・アールが行ったIoT市場の調査によると、同市場の予測規模は2017年の4,850億円から、2020年には1兆3,800億円へと拡大すると発表されました。

また、世界IT大手のマイクロソフトは2018年4月4日の発表で、今後4年間でIoT分野に50億ドルの投資を行っていくことを明らかにしています。

48承認済み名無しさん2018/08/29(水) 21:00:06.07ID:Oha6ujjH
富士通に新たな標準プロトコルとして採用された

49承認済み名無しさん2018/08/29(水) 21:02:07.51ID:Oha6ujjH
IOTA財団は8月24日、「富士通は、IOTAを新たな標準プロトコルにする準備が整った」と、公式ツイッターで発表しました。

イニシアチブは「インダストリー4.0を富士通と共に創造」とタイトル付けされており、富士通のプログラム管理者であるLeopold Sternberg氏はこのプロジェクトの一番大切な狙いは、共に築きあげるということだと述べました。

50承認済み名無しさん2018/08/30(木) 11:50:29.04ID:i8dRtnDy
ぶっちゃけうさんくさいよねw

51承認済み名無しさん2018/08/30(木) 11:53:19.98ID:GxOF5itL
>>50
omae yori daibu sikkari site iru wwww

52承認済み名無しさん2018/08/30(木) 12:33:13.97ID:i8dRtnDy
どうせ富士通の社員が前持って仕込んで売り抜けたんだろうなw
そして情報が遅かった子会社の社員は高値掴みして泣いてるんだろうなw

53承認済み名無しさん2018/08/30(木) 20:01:01.36ID:2JZmOxUh

54承認済み名無しさん2018/08/31(金) 00:50:10.84ID:G9BgiiYI
こういううさんくさいコインは早く消えて欲しいマジで

55承認済み名無しさん2018/08/31(金) 20:27:35.68ID:G7wcCLsB
富士通による嵌め込みって分かんだね
あとコインオタクもすごい連投だな
さすが商材イナゴ

56承認済み名無しさん2018/08/31(金) 23:51:23.19ID:bKmWy7HP
富士通好きなんだから虐めんな!
好きなのアメフトだけだけど

57承認済み名無しさん2018/09/02(日) 07:19:25.02ID:eMSU17BV
テレグラムで高額のビットコインが30分毎に貰えます
フリーでは1番貰えると思います
ぜひ試してください
https://t.me/BTC_Faucet_bot?start=541414021

58承認済み名無しさん2018/09/07(金) 10:16:47.78ID:5iI6Z0YT
久々に来たけどめっちゃ落ちとんな
世界が暗号通貨で包まれる未来が見えるとか言ってた奴生きてんのか?

59承認済み名無しさん2018/09/14(金) 21:22:29.23ID:hJfCUkuV
◆OKEx、CEOの逮捕を明らかにする◆

9月11日、投資家がWFEEというローカルな仮想通貨に関する苦情を申請した後、上海警察がOKExの親会社であるOKグループの創設者兼CEOを調査している。投資家は、CEOはWFEEの株主でWFEEコインを市場にリリースする過程に関与していると主張

60承認済み名無しさん2018/10/14(日) 16:14:43.27ID:BRVx5EIi
DAPSトークンは最強の匿名通貨だ
電子ゴミ買わずにあDAPSトークン買えよ
クズども

61承認済み名無しさん2018/10/18(木) 10:06:37.99ID:TePfvSdL
EOSにも貼ったけど見たか?

62承認済み名無しさん2018/12/04(火) 12:37:58.29ID:byG2Dxgd
ビーエックスワン、口座開設早いし良いよ。
人が増えたら、いろいろあるかもしれんけど。

新着レスの表示
レスを投稿する