お前らが推薦した東方二次を俺が購入していくスレ

1名無しさん祈祷中・・・2018/06/28(木) 08:33:42.25ID:d9Dk5lYD0
はいはい容量オーバーオーバー

その6です

747名無しさん祈祷中・・・2018/11/11(日) 05:42:47.57ID:JBsW1oy80
サクヤトリップ

748名無しさん祈祷中・・・2018/11/11(日) 20:06:31.58ID:t/6v8pGg01111
>>708
読了した

『東方ゴリラ百合』『小傘vsライオン』等の奇作で東方手描けない劇場界隈では
大御所といっても過言ではなかろう、ガッkoyaが原作を努める東方二次創作

気のふれたわかさぎ姫がわかさぎ庶民達の支持を失い素わかさぎに転落する…
という夢を、とある団地の食卓にのぼったわかさぎが見る話

なんじゃそらと言われようがなんだろうが、そういう話なんだから仕方ない

おそらくなのだが、わかさぎ姫とは、この食卓にのぼったわかさぎの空想の産物である
日ごろ破滅的なわかさぎ姫の顛末を夢想し、それを仲間たちに聞かせて楽しんでいたが
仲間たちは漁獲され、自分もいよいよ食べられて死ぬとなった時、
せめて自分の夢想したわかさぎ姫だけには幸せになってほしいと願った
そう願いながら、この「わかさぎ姫を知る最後のわかさぎ」が死んだことで、
わかさぎ姫はこの世界から忘れられ、幻想郷に顕現したのだと思われる

以上であれば
かなりパワフルというか強引な話の進め方だとは思うが
かえって東方の二次らしい二次とも言える。伝説のservossさんとか彷彿とさせられる

なお本作は『東方ゴリラ百合』よりもさらに古くに作られた作品であると思われる
コミカルからシュール&ダークに転じていく作家さんは腐るほどいるのだが
シュール&ダークからコミカルに転じていく作家さんはなにげに珍しいと思う

なおわかさぎはクソ小さい魚だから
一匹だけで塩焼きにされることも捌かれることもねえよとだけは教えてあげたかった

749名無しさん祈祷中・・・2018/11/11(日) 21:28:01.23ID:t/6v8pGg01111
>>711
拝読した
パッチェさんが紅魔館を追放され流浪する話

ある時、紅魔館の図書館にGがわく

半狂乱で小悪魔らを攻め立てるパッチェさんであったが
そもそもの原因は、パッチェさんが不衛生かつ自堕落な生活を送ったことにあった

そこにタイミングを見計らったように現れた魔理沙に、日ごろの怠惰を辛辣に批判され
「居直り強盗がどの口で説教を垂れるのか」と怒り心頭のパッチェさんであったが、
残念ながら魔理沙の言い分は紅魔館の総意でもあった。両者は結託していたのである

かくして
・Gを駆除する間、不潔の源であるパッチェさんは邪魔
・たっぷんたっぷんの肥満腹をどうにかしろ
・図書館にこもってないで外の世界を知ってこい

など、魔理沙&紅魔館のパッチェさんに対する心配や要望を一手に解消する手段として
屋外追放&1週間後に紅魔館が開催するグリルパーティーの案内状を配布してこい
という労働罰が下されることになるのであった

当該処分を不服とし、道中怨嗟を口にするパッチェさんではあるが、
いざ始めてみると意外と楽しかったのか、博麗神社、地底、守矢んとこ、ゆうかりん農園等を
精力的に回り、行く先々でトラブルに巻き込まれながらも、なんやかんやでパッチェさんも
住民たちも少しハッピーな気持ちになっていく

かくしてお勤めを済ませ、パッチェさんが紅魔館に戻ると、
そこにはパッチェさんの配った案内状を読んだ面々が集合していた

それなりの達成感を得ながらも「やっぱり一人で本を読んでいる方が楽」と思い至った
パッチェさん。宴会に交じることも無く自室に戻ろうとした時、魔理沙は種明かしをする

曰く、パッチェさんの配った案内状に書かれていたのは

「紅魔館でグリルパーティーやろうぜ」 などではなく
「パッチェさんを囲むお茶会やろうぜ」 だった

つまり、集まった連中は紅魔館の振舞う焼肉ではなく
パッチェさんとの対話を求めてやってきたのである

人見知りで無精なカスナードかと思われたパッチェさんは、
行く先々で人々を魅了するコミュ力の化け物だった

魔理沙らの企みによってその事実に気づかされたパッチェさんは
気恥ずかしさ半分、さすがに喜びを隠しきることはできないのであった


ありていに言えば、ほんさくが「心温まるいい話」であることは疑いないと思う
少々のサプライズを交えながら、もとより多くの読者は「パッチェさんの心の成長譚だな」と
推理して読み進めるであろう物語なので、きれいに予定調和をもたらすものだと言える
絵もふわふわっとした魅力の中に芯が通っていてシンプルに「かわいい」と感じる
古くは『あずまんが大王』とか一部「萌え系4コマ」の持つ、安定感のあるあ「かわいい」である

敢えて苦言を呈するとすれば、「出だしがわちゃわちゃしている」と感じた
魔理沙やレミリアがパッチェさんに示す親心の描写が小出し小出しで少々くどい

最初は敢えて突き放すくらいにパッチェさんが紅魔館を追放され
最後に一気にタネ明かしするくらいのバランスの方が読み手をスカッとさせられると思う
ありがちな技法だけど

750名無しさん祈祷中・・・2018/11/11(日) 22:02:10.54ID:t/6v8pGg0
>>717
拝聴した

「出す曲大体全部名曲」で
ぼくんなかではおなじみの、GET IN THE RING さんによるボーカルアレンジ

ティアオと遠野のメロディをジャズロック風にミックスしたものであり
全体的に軽快かつ悪戯っぽく時々大人びた雰囲気をかもしている
言わずもがな橙ちゃんのイメージソングとして設計されたものであり
橙ちゃんの人格について一つの確固たる形を打ち出したものと言えよう

クッソ余談であるが、橙ちゃんのイメージソング風アレンジとしては
ぼくは↓とかも好きである

https://www.youtube.com/watch?v=RpmviHhc6nI

751名無しさん祈祷中・・・2018/11/11(日) 22:03:53.66ID:t/6v8pGg0
肝心な事2つ言い忘れた

1 見落としてたごめんね
2 なんでか初代プリキュアを思い出した

752名無しさん祈祷中・・・2018/11/11(日) 22:09:56.27ID:t/6v8pGg0
>>718
サイレント系という縛りで合同作る事自体は難しくはないと思うが
全てちゃんと意味や内容の伝わるクオリティのもので揃えたらそれは神クオリティを
言って差し支えないと思う

それくらい難しいジャンルだとは思う

753名無しさん祈祷中・・・2018/11/11(日) 23:04:41.35ID:t/6v8pGg0
>>727
拝読した
青娥にゃんにゃんが純狐に会いに行く話

神子に『東方紺珠伝』に係る異変の始終を聞き、興味をそそられたにゃんにゃんは
当該異変の解決者である霊夢さんの下を訪れ、土産話をねだる

そして霊夢さんから月へ行ったこと、その先で純狐に遭った事、その純狐が「純化」の
能力を使ったこと等を聞きだす

「純化」の力とは、名を与えられる前のモノが持つ純粋な存在へと返す力である
すなわち、あらゆる「人為」が加わる前の「無為自然」を体現する力であると言える

にゃんにゃんは「道を極める事」に対し、善悪を顧みない狂人である
純狐こそ「道」の究極を極めた真人であるかもしれないと考えた青娥は、
お得意の傍若無人で純狐のもと、すなわち月への旅行を画策する

かくして、青娥を自機とした「東方青娥抄」がスタートする
1ボス 霊夢さん
2ボス こまっちゃん
3ボス 八意
4ボス ドレミー
5ボス サグメ
と、中々のムリゲーを突破しつつ純狐にたどり着いた青娥は
純狐の圧倒的な力(眼力)に身震いし、純狐のたどり着いた道の境地に自らを誘うよう願う

青娥を「小娘」と呼んではばからぬ純狐にとっての存在理念は、ただ純粋な憎しみのみであり
怒りも恐怖も迷いもなく、「なぜ憎み始めたのか」も「憎しみの果てに何があるのか」もなく
事象としてそこにあるだけの強大な厄災であった

ただ、あまりにも「純粋な」熱意を見せる青娥に、僅かな可笑しさと親しみを覚えた純狐は
その望みのまま、青娥に自らの見ている純粋な世界を与えようとした

しかし、結局のところ青娥は自らの望んだ道の境地にたどり着くことはできなかった
青娥の持つ道への憧れは、傍から見れば狂気の執着に等しいものではあったが
結局狂人的に道を求める動機、すなわち「自我」を捨てることは叶わなかったのである
純粋なる世界へと足を踏み入れようとしたその瞬間、月での土産話を待つ太子の笑顔を
想起した青娥は、千載一遇のチャンスを逃し、太子の待つ地上へと還っていくのであった

『東方紺綬伝のアフターストーリー』に仙道つながりで青娥を抜擢した抜群のセンスは
まずもって本作の最大の魅力だろう。純狐と青娥が出会ったらどうなるのか、に
興味を持たない東方ファンなど実際いないと断言できる。紫メリ並みに断言できる
青娥の前に立ちはだかるラインナップも華々しく、威圧感があって非常に良い

また、上述の通り本作はとにかく目が大きく書かれており、ほんでまつ毛も多い
そこからまろび出される「目力」は半端なくギャグ漫画日和のうさぎちゃんに匹敵する
ことサグメが青娥に向けたヘドロ(汚物)を見る目など、
心臓の弱いM男が見たら法悦を覚えてしまう次元であると察せられる

本作にケチをつけるつもりは一切ない上で一つだけ提言したい
「道教」とは、漢民族の土着信仰である。仙人がなんちゃら、気がなんちゃらってソレ
対して、「無為自然」を貴ぶ宗教思想(老荘思想)は、厳密には「道家」という集団である
歴史的に両者がごっちゃになっている由来は、「道教」が仏教の神秘性に対抗するために
老荘を神に祭り上げ、利用した経緯があるというのが今般の研究で明らかになっているが、
少なくとも両者は後年「融合」したのであって、ルーツは根本的にベツモノである

真に「道」を究めんとする場合、無為自然は至上というのは正直マユツバなのである

というか、「自然に反して長命や剛力を得る」のがタオたる道教の目的なのに
その究極が「無為自然」て明らかに矛盾してるよね。哲学だと言うにしても相当無理がある

754名無しさん祈祷中・・・2018/11/11(日) 23:42:30.49ID:7S+taenh0
あと60KB程で容量落ち
いつものごとく1000まで行けないパターンか
しっかし珍しいタイプのスレだな

755名無しさん祈祷中・・・2018/11/11(日) 23:44:21.60ID:t/6v8pGg0
>>746
戦利品upあくしろよ

7567462018/11/12(月) 00:03:09.01ID:ygmhTBGc0
>>755
ここでやってもええんかーいwwww
https://i.imgur.com/an6F42u.jpg
秋季と紅楼夢で力尽きちゃってだいぶ少なめ

あと幻想入り展のモザイクアート
https://i.imgur.com/2NzZOrD.jpg
>>1ちゃんの名前も入ってるよ良かったね!

757名無しさん祈祷中・・・2018/11/12(月) 00:14:51.41ID:ygmhTBGc0
フラッシュ炊いたらいちばん重要な真ん中が光っちゃったごめんね

758名無しさん祈祷中・・・2018/11/12(月) 00:15:59.23ID:DEsVMhwQd
また落ちるのか…(悲哀)

759名無しさん祈祷中・・・2018/11/12(月) 00:40:34.06ID:tBkbnQTa0
最近スレがクソ重いと思ってたらもうそんなになってたのか

760名無しさん祈祷中・・・2018/11/12(月) 16:20:30.82ID:0XdeFsE0r
風物詩やね

761名無しさん祈祷中・・・2018/11/12(月) 17:22:31.17ID:8iLPAkR1d
>>756
>>1じゃないけど一番右上おしえて

762名無しさん祈祷中・・・2018/11/12(月) 18:19:15.88ID:ygmhTBGc0

763名無しさん祈祷中・・・2018/11/12(月) 19:38:27.84ID:VSMKAZxh0
荒らし以外で容量オーバーって見たことない気がするな

764名無しさん祈祷中・・・2018/11/12(月) 20:57:56.88ID:DEsVMhwQd
1自身が荒らしみたいなもんだな(暴論)

765名無しさん祈祷中・・・2018/11/12(月) 22:58:26.47ID:8ppCuuy10
文章量が荒らしに匹敵するからな(褒め言葉)

766名無しさん祈祷中・・・2018/11/13(火) 00:13:54.64ID:ZqvvSPhsd
以前あったコピペを東方風に改変するスレも容量オーバーで落ちてたな
あのスレも面白かったよ

767名無しさん祈祷中・・・2018/11/13(火) 21:26:18.64ID:fIBv8Y660
>>756
射命丸多いなと思ったけどそもそもそういうイベントなんだっけ
anyone girl のさとりの表情にゾクッときた

768名無しさん祈祷中・・・2018/11/13(火) 21:37:56.37ID:fIBv8Y660
>>732
拝読した

純情でウブな少女と化してしまった純狐おばさんの物語
憎しみで純化したはずのおばさんであるが、一巡すると生娘になるらしい
速い話が、ええ年こいてピュアで恥ずかしがり屋さんすぎる純狐を愛でる話である

月攻略に失敗した純狐…が、そんなことよりなにより霊夢さんやらうどんちゃんやら
クッソ増えるわかめちゃんやら、面白い人材の溢れかえる幻想郷に憧れてしまう

というわけで幻想郷への移住を夢見る純狐であったが
幻想郷に多数勢力がひしめき合っていると聞き、お引越しのごあいさつに配る贈答品に
お金が足りるだろうかと明後日の方向に心配をしだす

また、ウブな生娘である純狐はエロいことに対してとにかシャイなため
美鈴の生足、射命丸のミニスカ&天狗のエロ衣装、ぬえのピチピチエロ服、
こころちゃんの変態スリットに悉く「キャーッ////」となってしまう

そんな純狐にクラウンピースは執拗にセックスアピールを見せつけて反応を楽しみ
ヘカは「かわいそうだからやめたれや」とたしなめる

まあ大体そんな話である

聖白蓮とはまた別な意味で「イジるとかわいい東方キャラ」代表格に納まった感のある
純狐の魅力を存分に分かっていらっしゃる作品だと感じた

非常にわかりやすくかつ強力なコンセプトを安心して楽しめる作品である

STAR FOX の意匠にリスペクト的な何かを捧げているのはわかるのだが
その動機についてはよくわからん。単純に好きなんだろうか

なお絵柄はなんだろう、MAJORっぽいなと思うシーンがいくつかあった

769名無しさん祈祷中・・・2018/11/13(火) 22:23:58.00ID:KtifnVTk0
https://youtu.be/3yKdxLuat6A
人魚姫じゃん

770名無しさん祈祷中・・・2018/11/15(木) 07:33:54.76ID:vNC+TpvN0
野良猫飼い始めたらすぐワクチン打たせた方がいいよ

771名無しさん祈祷中・・・2018/11/16(金) 12:52:32.51ID:IxFu30IU0
魂魄妖夢と淫妖の洞窟

772名無しさん祈祷中・・・2018/11/16(金) 15:40:18.59ID:bfdOm/0Kr
猫upあくしろよ

773名無しさん祈祷中・・・2018/11/16(金) 18:04:31.60ID:yehMZ2BuM
幻想少女綺譚の敵キャラがそのままエロに使われててワロタ>>771

774名無しさん祈祷中・・・2018/11/16(金) 20:00:01.98ID:xCvCQhlf0
落ちた?

775名無しさん祈祷中・・・2018/11/16(金) 20:00:46.74ID:xCvCQhlf0
落ちてなかったわ

776名無しさん祈祷中・・・2018/11/16(金) 23:57:14.05ID:3Q1D+TxY0
>>733
購入した
紫が秘封倶楽部を利用して異変を解決する話
主人公はあくまで秘封倶楽部であるが、あらすじとして整理するとこうなる

下加茂神社近郊、通称「下鴨デルタ」に夜な夜な『猫叉ラーメン』なる屋台が出没すること
ついでに、その屋台で出されるラーメンがクッソうまいとのオカルトを聞きつけた蓮子は
いてもったもいられず、(レポートに追われるメリーを見捨て)、一人で出動する
無事屋台を発見した蓮子は、ラーメンすすってたゆかりんと出会う

アダルト版メリーと呼ぶにふさわしい、紫の大人の色香にドギマギの蓮子であったが
紫(自称女神)のペラッペラで胡散臭い言動に、間もなく生理的嫌悪感をもよおすようになる
だがそんなことお構いなく、蓮子がメリーの異能に羨望を抱いていることを見透かした紫は
「メリーと同じ能力を与え、同じフィールドに立たせてやる」と申し出、忽然と去る

ありていにウゼエ…と思う蓮子であったが、紫の神秘的な言動は嫌が応にも蓮子を心躍らせた
紫のウザさはともかく、メリーと同じ能力で同じ世界を見たいというのは、実際蓮子の渇望だった

後日、秘封倶楽部は、結界のゆがみとかがゴロゴロありそうな夜の伏見稲荷を訪れる
自らの新能力を試さんと鼻息を荒げる蓮子を、メリーは心配そうに見つめる
そしてあんのじょう、蓮子とメリーに災難が訪れる

伏見稲荷は、微弱ながら現世で勢力を張る狐妖怪グループの根城であった
紫らと比べれば極めて低級で弱小ではあったが、その勢力を拡大せんがため
異能力を持つ婦女子をさらって強制的に「キツネの嫁入り」させ子作りに励む習性があった
とっても薄い本が捗りそうな設定である

この低級妖怪グループは、極めて陳腐ながら異空間「無限鳥居」を展開することができた
迷い込んだが最後、対象者は鳥居の海から抜けられなくなるというシロモノである
狐グループは、自ら軽率な別行動を取った蓮メリに襲い掛かり、
蓮子の前にはメリーの姿で、メリーの前には蓮子の姿で化けて現れ誘惑した

当該企みをそれぞれ看破した蓮メリだったが、ならばと力技に出た狐の前に絶体絶命
いよいよ処女の納め時かと思われたその時、蓮子は颯爽と現れた紫によって貞操を救わる
紫は最初からこの不届きな狐グループを滅っ☆するため、蓮子を釣り餌にしていたのである

かたやメリーもまた狐グループに襲われていたが、まずはハッタリかまして上手く逃れる
そして、囚われていた無限鳥居からも、伏見稲荷の真の主、伏見稲荷大明神(ウカノミタマ)の
導きによって脱出し、無事蓮子と再会を果たすこととなる

ウカノミタマがメリーを助けたのは、遠い日にウカノミタマと菫子が交わした盟約によるものだった
再会を喜び合う二人を見て、紫は在りし日の菫子の追憶に心を遊ばせるのであった

物語、ストーリーの作りとしては、
正直「ごちゃごちゃしている」との感想を抱かずにはいられない

蓮子が紫に騙されて釣り餌にされる話
メリーが菫子のはぐくんだ縁で助けられる話
菫子と紫の縁が蓮メリ世界にまで及ぶ話

全部、単話でオチになり得る「パワー」を持っていると思う
それを「ごった煮」にしてしまうのはあまりにも勿体ないと感じた
アイデアって無限に沸くもんじゃないよ?大事に使わんといかんよ?(アラサー並感)

尤も、ほんさくの作者さんがそうしたかった心情も察して余りある
ほんさくの魅力は単に蓮メリのオカルト冒険譚、という以上に
「実在の神社仏閣を蓮メリが旅する」という2.5次元リアリティの中にあると思う
ぼくらの世界に現存するミステリーであり、幻想の入り口である京都の名跡を、
実際に(架空の存在である)蓮メリが旅をする。それだけで心躍らされる作品なのである
「東方聖地好き」ほか秘封クラスタにとっての垂涎の展開を、贅沢に成したものだと言えるだろう

777名無しさん祈祷中・・・2018/11/17(土) 00:00:54.31ID:OObf5bdK0
いてもったも→いてもたっても

778名無しさん祈祷中・・・2018/11/17(土) 00:33:05.11ID:TN7i8p/u0
導入が完全に四畳半のアレじゃんと思ったらタイトルが神話体系だった

779名無しさん祈祷中・・・2018/11/17(土) 07:53:25.02ID:OObf5bdK0
>>735
購入した

ハンドル付きスキマホール ふたなりち○こで自分とH する話
終わり!閉廷!…以上!皆解散!」君もう帰っていいよ!

別にスレが落ちそうだからとか関係なく、マジでそれに尽きる作品である

スキマホールとは、金属製のリングが二つセットになった商品である
リングA(オス)に挿入したものが空間ワープしてリングB(メス)から出てくる
後は分かるな?

この平和利用したらどれだけ幻想郷の、いや世界の発展に寄与されるであろうかという商品を
もちろんのことオナニーに使う

当該商品の共同開発を紫に持ちかけられたにとりは、同時に最初の被検体にされる
商品の完成と同時に不安危険の「八意印のフタナリ薬」をヌリヌリされフタナリ化され
ご丁寧に発情化までされたにとりは紫に手玉にされた悔しさから反目するも、
快楽への興味に抗えず、紫の帰宅後コッソリとスキマホールを堪能してしまう
そしてその威力を思い知り、あががががってなる

その後「椅子でヤると危ないよ」と間抜けな助言をするため舞い戻った紫は
なお興奮冷めやらぬにとりに拘束され、そのぶっといちんこをご馳走されることとなる

エロメタ的には「ふたなりにとりのオナニー」と「レイプされる紫」の二本立てである
その後なんやかんやでクッソ仲良くなった二匹の淫獣は、仲良くフタナリ化し、
お互いを慰めながらスキマホールでセルフちんこを突っ込んでレズるという
非常にせわしないスキンシップを楽しむのであった
紫とにとりのカップルは初めて見た
長身モデル体型の紫と、ひょろチビだけど出るとこ出てるにとり
母娘ほどもある身長差が特徴的だった

ほんさくの作者は「にゅう工房」さんだと思われるが
このスレを始める以前よりぼくがデフォルトで存じている作家さんの一人である
東方エロ同人界においては大御所の一人だとぼくは勝手に思う
頭身が高く、目と口が小さく、スレンダーで独特の魅力をもった絵だと思った
明らかに萌え絵とは一線を画す、かといってリアルタッチっぽくもない、絶妙な個性だと思う

参考:こういうことである(画質向上実験)
https://i.imgur.com/DaGVRAt.jpg

780名無しさん祈祷中・・・2018/11/17(土) 15:27:05.77ID:KqSM38ddr
にゅう工房は例大祭で壁サーだった気がする

781名無しさん祈祷中・・・2018/11/17(土) 20:18:43.62ID:DqilGki00
>>リングA(オス)に挿入したものが空間ワープしてリングB(メス)から出てくる
ふと思ったけどこれ元ネタダライアスのボスか?
https://www.youtube.com/watch?v=weSIX-FgX1o こんな感じ

782名無しさん祈祷中・・・2018/11/17(土) 21:14:45.51ID:OObf5bdK0
>>781
「ワームホール」に着想を受けて古今SFで元ネタにされている概念だから
当該ゲームを元ネタと断ずるのは難しいと思う

『ドラえもん』の秘密道具にも同様の効能を発揮できるものはありそう
ブラックホールペンとホワイトホールペンとか

ダライアスやってことねえけどSTGでビームとビームの打ち合いがあるのな
超武道伝かて

783名無しさん祈祷中・・・2018/11/17(土) 21:18:42.94ID:OObf5bdK0
>>778
我が国の芸事でちょういちょい出てくる起承転結的な概念やね
近年ではエヴァの映画なんかもこれに倣っていた記憶がある

>>780
そうだったけか
こないだの例大祭には行ったがあまり記憶が無い

784名無しさん祈祷中・・・2018/11/17(土) 22:12:15.33ID:OObf5bdK0
>>742
幻想郷の怖い話
読了した。20分くらいで

ふとした興味から"幻想郷の七不思議"を聞かせてもらえる事になった稗田阿求
彼女は語り部の七人の人妖の元へ出向く。そこで待ち受ける運命も知らずに・・・
という話(原文イントロダクション)

語り部となるのはアリス、てんこ、早苗さん、正邪、レミリア、霍青娥の6人である
アリスは主に趣味の人形にちなむ怪談、てんこはクソ適当なホラ&ホラー話、
レミリアは「こんな紅魔館は嫌だ」ばりにマイホームで怖い目に遭いまくる話、
早苗さんは布教活動の一環やその出張先で出会った怪談話、青娥はぐう畜生など
それぞれのキャラの性格や私生活に合わせて内容にも個性が出ている
各キャラで「語り口」が違うのも面白い所である。天子のソレは正直怪談とは言い難い
論説だったりダジャレだったりするケースもある(類話「茹でた孫」)

なぜか正邪が一番まともに怪談話をしている気がする

なお、7不思議なのに語り部が6人しかいないのは、
巷説の「百物語」が完成しなのと同じ理由と言える

百物語の終わりに青行燈が現れて聞き手が不幸になるのと同じく
7話目が語り明かされる前に、あるいは7話目の真相として稗田が酷い目にあう

ほんでほんで、当該バッドエンドを、稗田は6計回味わうこととなる
なぜなら「語り部の順序を変えたストーリー」が語り部の数=6回繰り替えされるからである

いわゆる「周回物」の類ではあると思われるが、6人の語り+エンディングからを1セットとし
繰り返される6セットに時空間的つながりは無く、平行世界の出来事だとお見受けされた

以上のような「趣向」があるものの、ほんさくはむしろ端的に
「東方キャラ達が考えた怪談話」を楽しむべきものであると思う

本質的に「作中話」である怪談話からアングルを引いて
登場人物たる「階段の聞き手」が現に痛い目に遭うというの自体
およそ古典的な芸法で、正直そこにはあまりぼくは惹かれなかったので
かえって「1話1話の完成度の高さ」の方がぼく的には称賛に値するものだと感じられた

1セットの中でさらにルート分岐までするのは、正直ぼくは勿体ないと思った
常々言っているが、アイデアは有限である。無題使いせず、「見せ方」を考えるべきだと思う

785名無しさん祈祷中・・・2018/11/17(土) 22:15:17.62ID:OObf5bdK0
ほんでほんで→ほんで
階段→怪談
無題使い→無駄遣い

786名無しさん祈祷中・・・2018/11/17(土) 22:35:42.93ID:OObf5bdK0
>>742
幻想郷怪奇談 〜寺子屋で話す怖い話〜
かじった。20分ほどで

敢えて言えば、コンセプトとしては「幻想郷の怖い話」と“全く同じ”である
一応の主人公というか主催者がけーねに、
キャラをお燐、メディスン、みょんちゃん、赤蛮奇、マミゾウ、もこたんに変わっている

その、なんだ、なんだろうこのマイナーチェンジされた感のあるラインナップ

とまれ怪談のネタのボリューム的には前作よりも膨らんでいる気がする
お燐は身内ネタ、みょんちゃんは天子の遺伝子を継いでいるかのうようなネタキャラ、
蛮奇は「ゾッとしない話」系統、マミゾウは落語的な語り文の多い怪談、
もこたんは「永遠亭ガー永遠亭ガー」と言った感じ(偏見)
メディスンが最も怪談らしい怪談だとぼくには思えた

前作よりも芝居がかっているというか、語り部から東方キャラの名を出す機会が多いというか
お話が「東方二次ショートストーリー」寄りになっていると思う。怖さで言えば前作のが上
ゆえに怪談としては前作の方が、「お話」としては本作の方が凝っているとは思われる
どっちが好きかっていうと、先に「単話の完成度」を称賛したよう、前作の方がぼくは好きである

なお、ちょいちょい長い作品の推薦があるのだが
しっかり読もうと思えばそれなりの時間がかかるし
速読で感想を付すのもかえって失礼な気がする

長文を制作するには作者さんの膨大なる尽力があるだろうし
本当のファンが腰を据えて読み、真摯な感想を持った方が
作品も浮かばれると思う

ゆえに今後は「10話以上のシリーズもの」についても
かくだんの希望が無い限り、当スレの対象外とすることを検討したい

787名無しさん祈祷中・・・2018/11/17(土) 22:38:40.23ID:OObf5bdK0
>>770
生後20日くらいのロリ猫を保護しているのでまだ打てない

>>772
言っておくがブッサイクやぞ

788名無しさん祈祷中・・・2018/11/17(土) 23:56:10.74ID:qwKfEwdj0
>>1
秋例行ってたの!?
教えろよ

789名無しさん祈祷中・・・2018/11/18(日) 00:25:35.52ID:laByfRyO0
>>783
俺が四畳半要素と思ったのは下鴨神社の猫ラーメン部分(のみ)なんで若干アンジャッシュしてそうな気がする
エヴァにも猫ラーメン出てるなら見なきゃ(使命感)

おかえり少名姫
https://touch.melonbooks.com/index.php?main_page=product_info&products_id=IT0000171921

790名無しさん祈祷中・・・2018/11/18(日) 07:48:35.72ID:aXzOktTZ0
>>788
行ったのは春の方なんだなあ

>>789
ああ、四畳半神話体系というアニメがあって
それにオマージュが捧げられているという意味は
全くかみ合っておらんですまんこ
四畳半神話体系の方もゆとりがある時に見てみる

791名無しさん祈祷中・・・2018/11/18(日) 18:35:01.26ID:+18N476jr
アニメ化はされているが元々は小説だったと思う

792名無しさん祈祷中・・・2018/11/19(月) 22:14:35.66ID:vEUkZmCf0
>>791
そうみたいだった
重ね重ねすまんやぞ

793名無しさん祈祷中・・・2018/11/19(月) 22:20:37.09ID:vEUkZmCf0
>>747
購入した
咲夜さんが催眠でエラいことになる薄い本
異なる作者さん二人によるオムニバス作品である
以前推薦のあった、こころちゃんが催眠でエラいことになる作品『ココロコネクト』と
同様の、ROKIさんりんどうさん二人の作者さんからなる作品であった

前半(ROKIさん)
美鈴に「人里にいいマッサージ屋がある」と紹介されて来訪した咲夜さん
しかし、この時既に美鈴は催眠済みであった

「女性用のマッサージ着は今これしかない」と差し出された着衣がビキニであった時点で
ブチ切れて通報してほしかったが、エロ同人特有のガバガバ思考である咲夜さんは
怪しいと思いつつもギリギリスルー。無事マッサージという名のセックスを堪能する
かくしてマッサージに病みつきになった咲夜さんは、なぜか逆に店員MURABITOを
マッサージする身分となり、美鈴と一緒に入念なくんずほぐれつを行うのであった

こうして咲夜と美鈴を篭絡したMURABITOは、ついでにおぜうも催眠し、紅魔館に移住
衣食住完備の環境下で生殖にはげむのであった。なんて図々しい

無駄にオラついたMURABITOの身なりや言動、そして飛び交う罵詈雑言
うるさすぎる罵詈雑言等はもしかしなくてもちんちん亭リスペクトを感じさせるものだった
つかちんちん亭リスペクター何気に多いな。ちんちん亭チルドレンとでも言うべき多さ
息子の息子とかこれもうわかんねえな

なお『ココロコネクト』時よりかなり画風が変わったなと思う
実際ちんちん亭に近づいたというか、肉厚感が増していると思う

後半(りんどうさん)
東方鈴奈庵第1巻に登場した「煙々羅異変」の後日談を題材としたエロ話
霊夢さんに追い詰められ本の中に再封印されたかと思われた煙々羅であったが
実はやられる直前に分裂しており、その一部はなんとか幻想郷に踏みとどまっていた
進退窮まった煙々羅は博麗神社にいた(原作準拠)咲夜に憑りつき、精神を則る
そして煙の妖怪であるがゆえ実態がないという自らの弱点を克服するため
咲夜さんを妊娠させ、生れてきた子供に憑りつこうと画策する
このように、随所随所で原作の活かし方が絶妙で、とても歓心させられた

果たして煙々羅は咲夜さんを銭湯「人里の湯(エロ同人特有の安直なネーミング)」に派遣
「タオル代わりに私で湯上りちんこ拭いてください」とぶっとんだお願いをさせるなどし
また、咲夜さんが再起を期すつもりで挑んだ決戦を勝負開始9秒でぶち破るなど
心身ともに叩きのめし、無事に忠実な下僕とすることに成功する

煙々羅の下僕となった咲夜さんの両耳にはなぜか
「服」と「従」と書かれたイヤリングがぶらさがっているのであった
前にもあったぞこんなん。『ココロコネクト』で

画風としては相変わらずゴムまりのようなムッチムチな感じがご健在であった
上手いとか下手とかではなく独自の美意識を確立しているようにお見受けされた
2人という小数精鋭による作品ということもあるので、平均クオリティは一般的な
〇〇合同とは一線を画すレベルで高かったと思う。それぞれが普通に一本の
エロ同人としてリリースして何ら不都合はないレベルであるが、そうすると
一般的な薄い本より更に薄い本となるボリュームではなる

力はあるが、ページ数の少ない作品を作る余力や暇しかない二人が
結託して一冊の同人を仕上げたといった感じだろうか
こういうニッチな世界で「同志」を見つけあえるコミュ力がうらやましいなと思った

参考
https://i.imgur.com/jqrYoAL.png
https://i.imgur.com/BbOqmu5.png

794名無しさん祈祷中・・・2018/11/19(月) 22:24:07.50ID:vEUkZmCf0
則る→乗っ取る

795名無しさん祈祷中・・・2018/11/19(月) 23:47:54.79ID:vEUkZmCf0
>>769
拝聴した

我らが幽閉サテライトによる秘境のマーメイド のボーカルアレンジ
お察しの通りグリム童話『人魚姫』をモチーフにしているものだと思われる

絵本等における人魚姫だと
「海で助けた王子に恋し魔女と契約して人間になったが、王子が他の女に恋し結ばれてしまう」
ところまでは同じで、その後

人魚姫の姉達が妹を哀れみ、自分たちの髪を差し出して魔女と契約
哀れな妹に、「王子を殺害すれば元の人魚に戻れる短刀」を与える

という一節がなぜか省略されていることが多いと思う
結局人魚姫は王子を殺害できず泡になってしまうのだが
このドメスティックな部分がお子様への影響的によろしくないのか
結果、失恋→泡ルートへと直行しているパターンのがポピュラーだと思う

この、「人魚姫が王子を殺せずに泡となる切ない心境」にスポットを当てたのが
ほんさくの最大の特徴だと言えると思う

なお余談で、これもあまり知られていないと思うのだが
泡になった人魚姫には後日談があり、人魚姫は風の精霊に転生する
で、300年くらい修行すると天国に行けることになる

シンデレラもそうだが、「後日談」ってなぜか知られていないことが多いよね

以上、幽閉さんによる「人魚姫風」アレンジと言えるのがほんさくであるが、
物語調のアレンジと言えば東方界隈ではティアオという大御所がいる所である
ティアオの歌詞が非常に叙事的であるのに対し、ほんさくは人魚姫の心境に
照らして物語進行を描き上げるもので、極めて主観的で抒情的だと感じた

796名無しさん祈祷中・・・2018/11/20(火) 01:14:45.30ID:roppvFsj0HAPPY
>>795
はえ〜すっごいためになる...

797名無しさん祈祷中・・・2018/11/20(火) 19:13:27.65ID:93rQT5KUrHAPPY
シンデレラの後日話はトリビアで知ったなあ(アラサー並感)

新着レスの表示
レスを投稿する