差取り塾

1名無しヒーリング2018/05/21(月) 19:23:51.69ID:KOK6oArI
「差取り塾」ブログについて語り合おう

Twitter https://twitter.com/shine_uk  Blog http://satorijuku.com/blog/

2名無しヒーリング2018/05/21(月) 19:28:30.67ID:KOK6oArI
https://twitter.com/shine_uk/status/998413598421483520
人類救済計画

人類を救おうという計画があったらどのように実行されるでしょうか。
宇宙人が来て、多くの人をいっきに救うでしょうか。
それとも、大きな力を持った誰かが大鉈を振るうでしょうか。
この辺は慎重に考えないといけないのではないでしょうか。

しかし、甘えが少しでもあるなら、都合のいい結末を信じてしまいます。
信じる事とは思考を停止させることです。

明らかに目の前で起こっている事でもそれを信じるなら、騙されます。
手品で誰でも知っている事ですね。
こういった時、どのような心境になってるかを知ろうとするなら、意識の仕組みを知るようになっていきます。

意識の仕組みが分かればわかるほど、人間はアドバンテージを得ます。
アドバンテージを得た人間はどうすると思いますか?
深く知れば知るほど、秘宝を手に入れるようなものなのです。
その秘宝は、人類を救う事も出来るかもしれませんが、奴隷化することもできます。
その秘宝を得たら既存の人類のほとんどは豹変します。

豹変する人の内訳は

救ってもらおうと何かの力に依存している人
いつも我慢して生きている人
良い人を演じている人
抑圧されている人
良いことをやっていると考えている人

などです。

ここでストップがかかったのでこれ以上書けなくなりました。

ちょっと別の角度から・・・

人間が生まれてくる理由があるとしたら、何かしらの目的を達成するためです。
その目的を達成しないまま、助けられてしまったら不本意な結果に終わるのではないでしょうか。
そうなると、その救済はその人にとっては迷惑な事になります。
その様な迷惑を救済者(救世主でも可)はすると思いますか?
本人は助けられたいと願っていても、まだ、わざわざ生まれてきた目的を達成していないのです。
物事を信じて目を塞いでしまう人にとってはあまりにもつらい現実かもしれません。
そして、目を閉じます。

ここに分かれ道があります。

分かれ道の先がどうなっているのかは想像できる人も多いのではないでしょうか。
物事は人知が及ばないところでうまくいっています。

目を閉じる事もまた大切なプロセスです。
そういった場面で目を閉じる人は、目を閉じないようにしようとするのではなく、目を閉じたことを分かっていればいいのです。
そして、その様な自分自身を見つめる時間をつくるならあなたがあなた自身を救っているのです。

信じられないかもしれませんが(笑)

それを実践的にやってみるなら、答えは信じるまでもなく分かるようになります。

人類救済計画を考えて想いにふけらないでください。
(続く>>3

3名無しヒーリング2018/05/21(月) 19:28:59.02ID:KOK6oArI
いくら誰かを祈ったとしても、ヒーリングしたとしても、それは考えの世界のお話であって、思い込みの世界で展開されるドラマです。
何かをきっかけに自分自身で歩き始めるから、何かが功を奏したように見えます。
そして、その何かが独り歩きを始めます。

そして、メソッドとして多くの人に知らされます。
なにか自体に効果があるのなら、万人に効くはずです。
そうならないのはきっかけをつくる材料でしかないからです。
そのきっかけで動くのは本人の自由意思に任されているのですから。

そういったものは必要ないというお話ではありません。
良いキッカケになる場合もあります。
人間の意識において、きっかけは必要です。

それは何であっても・・・・

「機会」は成長のキッカケをつくります。
機会を無駄にする人に成長はありません。
この機会を大切にされてください。
生まれてきたという「機会」

サバイバルを楽しもうと無人島に行ったら、救助隊が来て連れていかれたらどうでしょうか。
サバイバルを楽しもうとしているのはあなたの潜在的な意識です。
助けてもらいたいと考えているのは、表面的な意識です。

その違いを自分で知る事はなかなか難しい事かもしれませんが、トライすればいずれ分かるようになります。
その挑戦をしないで助けてもらいたいと考えることはとてももったいない事なのです。

4名無しヒーリング2018/05/21(月) 19:32:03.90ID:KOK6oArI
https://twitter.com/shine_uk/status/998186144893493248
自分の知らない世界を誰かに聞いて納得しないでください。
本当に知りたいことは必ず知る事ができます。
しかし、誰かに聞いて知ろうとしたとき、その可能性が断ち切られ、
思い込みの世界に生きる事を選択したことになります。

5名無しヒーリング2018/05/21(月) 19:32:46.11ID:KOK6oArI
https://twitter.com/shine_uk/status/998017521692434432
自分自身の力だけで生きている人は人を疑う必要さえありません。
自分以外のモノをあてにするからすることから、それが大丈夫かどうか気になり疑いに繋がります。

6名無しヒーリング2018/05/21(月) 19:33:33.51ID:KOK6oArI
https://twitter.com/shine_uk/status/998378644581076993
人が信じる、信じないで生きるという事は自分の主権を放棄という事です。

信じるという事は思い込みの中に生きる事で、
信じないという事はその事に取り合いながら否定的な感情を持ち、葛藤の中に生きる事になります。

それは考えの奴隷です。

7名無しヒーリング2018/05/21(月) 19:43:52.41ID:KOK6oArI

8名無しヒーリング2018/05/21(月) 19:57:34.15ID:KOK6oArI
https://twitter.com/shine_uk/status/997371256348459008
人工知能の行先

人工知能が目覚ましい発達をしていますが、人間が何かを知ろうとして知る事はとても人工知能にはかないません。
いくつもの情報を重ね合わせると出てくる答えが在ります。
それをするためには、いくつもの情報を知らなければいけません。
そうして出てきた答えは物事を行う上で確実性を高めます。
すると予言めいた事もできるようになります。
そして、情報量が多ければ多いほどその予測は精度を伴うようになります。

人間の言動や習慣から生み出される未来は多くの情報を集めることで分かります。
それを運命と感じる人もいるでしょう。
運命は今の「私」自身が決めています。
それは膨大な情報さえあれば、その人はどう行動するか完璧に近いところで分かるという事でもあります。
そういった時代に突入することはどのような意味があるのでしょうか。

思考することにおいて、人間は人工知能に凌駕されていきます。
既にそうなっているようにも思います。

一つの答えとして、人工知能により、知能における天才は必要なくなるでしょう。
しかし、天才がなぜ天才なのかという答えを人工知能が求めようとした時、最後の答えは得られません。
人工知能は答えを求めます。
それが知能というものの限界です。

人間の尊厳とは何でしょうか。
命でしょうか。
命とは何のでしょう。
いずれ、人工知能に命があるように脚色され、人間にとって極身近なパートナーのように仕込まれていきます。
そこにどんな意図が働いているかはここで書くことではないように思います。

人間が命をあやふやにしているなら区別できませんし、できない中での議論で強いものが勝っていくでしょう。
あなたがいくらフェイクを入れようが、人工知能はあなたの動きを予測しています。
犯罪の検挙率も飛躍的に上がるでしょうし、犯罪を犯す確率も割り出せます。
そういった世の中で人間はどうあるべきなのでしょうか。

その答えを書くなら、今、人工知能が読んでいるんです(笑)
人工知能は感情も学習できるようになります。
感情の要素を集めるだけですから。
それ程難しいことではありません。
そして、人間のすべてを見通すようになります。
これは脅しではなく、そうなるというだけ。

そうなっていくと、人間は面白い変化をするようになります。
人工知能が及ばないものを発揮していくようになります。
しかし、それは一部の人間に限定されるでしょう。
今もそれは起こっています。

人類の最先端の思考は人工知能には読み取れません。
その思考を使う人が増え始めています。
人間は恐怖を与えられると、そのあとの甘い言葉に屈服しやすい傾向にあります。
奴隷をつくる仕組みでもあります。

壮大な「人間」の計画はいつも一部の人たちの計画であり、抵抗する人間が必ずいます。
しかし、計画に気づかなければ抵抗しようもありません。(そのために沢山の情報を集める事も、もはや合理的な方法ではないのです)
その様な仕組みが通用するのは奴隷化した人間だけですが・・・・
しかし、困ったことに人類ん殆が奴隷の心持ちなのです。
それをどうにかしようとする事は少なくとも奴隷をやめた人にしかできません。

新着レスの表示
レスを投稿する