もの凄く強いキャラ作ったんだが…

1名無し百物語2018/01/12(金) 09:01:04.41ID:0jPoVK5j
【妄想属性】最上位狙い【作品名】巨大数決闘
【名前】ボクシンダVer.2【属性】男の娘・幼魔神【身長】111.1cm【体重】11.1kg
【年齢】17【髪色】虹色【ヘアスタイル】セミロング【瞳の色】虹色
【攻撃力】
表現できないほど純粋性が高い能力の持ち主をテンプレとも一瞬で消滅させる
【防御力】どんなに純粋性が高い能力を喰らってもテンプレは消滅しないし,彼自身無傷
【素早さ】戦闘開始後行動の「速さ」の変数がある。フライング行動の「早さ」の変数がある。以下,普通の早さを「超0早さ」として,
それにフライングできる「超1早さ」を
加えてこれを「超早さ」とする。つまりそれは,3つの変数があり,ランクの高い変数が少しでも高いと,いくらランクの低い変数が高くても,
先手を取られやすいとする。つまり「あらゆる全てが生まれる無限前に超早く,早く,速く行動」より 「あらゆる全てが生まれる無限前に
超2早く,超早く,早く,速く行動」の
4変数が素早さは高いと言える。
これは,超2早さが超早さにフライング
したからである。
彼は少なくとも高過ぎて
想像も及ばない純粋性の能力が
発揮されるより, 超「絶対無限」早く,…,超3早く,超2早く,
超早く,早い全変数で無限前に一瞬より
速く行動できてそこから,
同じペースで 加速や加早や超加早や超2加早や…
超「絶対無限」加早しているので
考察不能にならない範囲で考察に
遡って行動できる しかも消滅しても
敵攻撃前まで遡れば,それもなかった
事になる。 再帰的定義して
「超n加早」加速という変数のランクが
徐々に上位に推移するものも,それに
フライングできる「超n加早」加早もあり,
「「「…超n加早」加早」加早」…という
無限変項変数が彼は純粋性が表現が
及ばない位高い

2名無し百物語2018/01/12(金) 09:01:22.10ID:0jPoVK5j
それを再帰的に定義して
ペンテーション素早さ変数,
ヘキセーション素早さ変数,
ハイパー演算子素早さ変数自身を
「」加早加速の入れ子にし,
全ての再帰的な素早さ変数の集合の
全ての再帰的な素早さ変数の集合の…
これをループさせた,全ての素早さ変数を
超えている全ての変数が
あらゆる全てが生まれる“絶対無限前”に
+一瞬より速い速さとする。
【特殊能力】
純粋性が高過ぎて表現できない
もちろんコピーやラーニングも
自身より低い純粋性では通用しない
つまり,表現できる程度の純粋性では,
彼に歯が立たない。
【備考】このテンプレも上記と同じ
攻防・素早さ・特殊能力をもつ。
【備考2】
もしも彼が考察不能になったらその
要素は考慮されない。
【長所】男の娘・熱血漢
【短所】なし

新着レスの表示
レスを投稿する