ラルクkenちゃんスレ

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1名無しさん@純邦楽2018/02/11(日) 02:44:41.75ID:88DsSBK/
早くラルクのけんちゃん見たい

2名無しさん@純邦楽2018/02/12(月) 14:26:02.32ID:AJ+fGvfx
【アイスホッケー浮田留衣、相手蹴る】 世界教師 マイトLーヤ「私たちは憎しみや競争で満ちています」
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1518397990/l50

3名無しさん@純邦楽2018/02/12(月) 15:16:17.08ID:H/MqQUTM
動くkenちゃんplease

4名無しさん@純邦楽2018/02/14(水) 09:03:24.08ID:h5zGf4IQ
贅沢は言わないから雑誌でも載ったらなあ

5名無しさん@純邦楽2018/02/15(木) 09:54:00.27ID:IIGgdWrN
センスいいぜkenちゃん

6名無しさん@純邦楽2018/02/15(木) 16:45:32.92ID:6rGBBfp1
さきまにあ0512(sakimania0512):2006/06/12(月) 10:31:36 ID:8eZIrWIu
一日中メールしてくれて、相手からは絶対切らないでくれるのですが、
面倒臭い感丸出しで返事も必ず20分後です。
大事な相談とかしても短い返事しかくれないし、ちょっとカマかけてもかわされます。
正直言って私はどうでもいい存在なのでしょうか?

313 :おさかなくわえた名無しさん:2011/12/21(水) 15:47:41.20 ID:2PPQrOBb
恋人でもないのに一日中メール付き合ってくれてるだけありがたすぎるだろ…
他のこと何もしないで自分へのメールだけで生きろってのか

7名無しさん@純邦楽2018/02/16(金) 06:40:32.28ID:VQhP6PKs
けんちゃん不足だよ

8名無しさん@純邦楽2018/02/17(土) 16:41:56.66ID:HTlzIcOL
声聞きたい

9名無しさん@純邦楽2018/02/21(水) 08:43:25.40ID:UUoJewRF
ハイちゃんはレコーディング開始してるけど
けんちゃんは?

10名無しさん@純邦楽2018/02/22(木) 16:06:05.17ID:C4eW0XlW
オケでラルク歌ってきたよ

11名無しさん@純邦楽2018/03/13(火) 14:16:27.61ID:HjHfKwVA
曲でけた

12名無しさん@純邦楽2018/03/13(火) 22:09:13.62ID:DEmIdFV/
ほお

13名無しさん@純邦楽2018/03/14(水) 12:33:48.86ID:wumj63ei
シングル?

14名無しさん@純邦楽2018/03/15(木) 14:43:00.95ID:tkXL9PsY
せるのてっていしてるね

15名無しさん@純邦楽2018/03/15(木) 16:17:48.60ID:fpQIXYHP
日本語でどうぞ

16名無しさん@純邦楽2018/03/17(土) 23:31:55.97ID:AmTEoKJQ
うむ

17名無しさん@純邦楽2018/03/17(土) 23:46:29.59ID:AmTEoKJQ
すー

18名無しさん@純邦楽2018/03/18(日) 00:02:42.40ID:OzBEoQGD

19名無しさん@純邦楽2018/03/18(日) 15:41:10.83ID:JSzlBhqF
>>16
>>17
>>18
日本語しゃべったら?w
頭逝かれたか
春は基地外が沸いてくるな

20名無しさん@純邦楽2018/03/24(土) 09:50:36.70ID:v9+o318Z
けんちゃんのお髭

21名無しさん@純邦楽2018/03/28(水) 12:59:21.71ID:iK28mcaA
邸眥寄栲岾濕絛渕徑鋲節槭蜩翻鹽鱧躑輾躑鱧鹽鱧醍讀煙萸渫弄免否笑潸羌帝
尭毋溌溢鵁慂桔牲鈞啻禮闢釀鑒蠱躅蠅蠶躪靂蠅鞴鱧鹽鱧諞断認涕淋恠筑殊促
倖誌怏悦妊児祝俳啝醢軅蠱蟹羇躑鱧躅蠹闢觸靂觸靂蠹韈躅躅悃砿泄淕逑琺癸
淞途依拉紵区店癬蟷蠡圜羈魏羸翻繭鱧躑蠅蠶躪闢觸靂躪闢觸靂騰惇耿兌釆召
攷咲気世洗秋落覊鹽翻讎國義覇圏疆韈醒蠶躪闢觸靂觸靂轆蠶躪靂馳倥洗焚矣
怐弖袢牡來夜鑠韈讎囮迥捗髟侠栓姙釶蜜轢鞴蠅蠶觸靂轆轆觸靂觸蠶帚坂怠貳
活矜况妙住濠醴麺卮勾才儿Ωヰ災中甸逹箪關鑼蠹闢觸轆轆靂觸轆觸雖茉溶包
啖攻中佚桴殱翩奧抔Ζヒゅχで∋辷Н竏鴆暉醵韈蠅蠶轆轆觸靂觸靂觸罫孝玉
怜村沿泊梧翻艤余ゴеスぇクqСゲΒ灯芝徽簾闇躑躪靂觸靂躪靂觸靂靈拶忿
珍及古波軸躑靠泌РUСpеゎづどひ凵殳員軽黶幗韈蠅躅觸靂觸靂轆轆幎切
岱没丱鋒蟹靈茸台дらΡPΤヅ广Ьи行吽呈褄皹孅圜壘躪闢蠅靂轆轆轆酷密
叺本呼搗纒醫澹仔ξ♪N卞Э±кカ什払市良鯲崟厩賺藺闢觸蠶觸轆轆轆躪献
ぬ丈鳫譖鹽覲投ぎす卞グウ≒Nグ‡力仕仗况戎煢薮鰓醫醒醒躪闢觸轆轆靂閾
М宅麈矚輾陲粭叉かギサУ?≡六ぉか匕お禾功拔寧盧圜蠹蠹靂轆靂觸轆轆圉
巾准腰轎軅罌仙匕ΕЕネΖβやW禾佶未命功形岐販聲鹽觸靂觸靂轆靂觸轆覊
坏鳫鰊鹽鞴薩恬芒浙悛衣今Еき柴頽憲卿敝種載耨麌輌羅靂觸靂觸轆觸靂觸團
埓鬚輌羅壘蠧懶篩乕郡褊珎込偐飃霾肅荼琵贓鹽鱧蟹國蠡蠅靂觸靂轆靂轆靂蠅
烽蹉屬醜躅韈轢躁嫖繭属狙尸綣墨鬟卓腰鱧蠡闔繩窯蜈圈蠹觸闢觸轆轆靂觸蠶
母鄙團翻靂鞭聢渝鬥堽鯰狩今嚆腰培化估緋斐腎仲双宥賺躅靂蠅靂觸轆觸靂觸
廖鰾釀韈觸椢炊正舮懷申谷Ξ駑胄凹并珱筏脊礼打許熾魑闢觸靂觸轆轆靂觸靂
鮭匯轜鞴靂瀾冂ぁΒ⇔从мж魚秧中ひOエπ匸泱溺躾嬲蠅靂躪靂觸轆轆靂觸
朧蝠譁軅觸蟯日爿Åн夲だポ峡泯沿∃ピヱКΦ向旆嫖釀蠶觸闢蠅蠶觸靂觸靂
臟韆韈闡輾躍矜工В九止Σめ捗濛夸びれн儿芥凋偶匯韈觸靂蠅蠶觸闢觸蠶躪
鱧鹽鱧躑軅壘涙й幺め伐今土庇簓忌き父尓共液癌鰭蟶輾靂觸蠶躪靂觸靂觸靂
鹽闡躑鱧靂觸楜矜文礼祉Ц似蟋濔虱ж斤庁究病嚼輌驢蠹觸靂躪靂蠅靂觸靂蠅
鱧躑鞴闢蠅靂蜀耗佑矛卆臥棚韈鱧墟允於咬刺鍾聲靄醴躅靂觸靂蠅蠶觸靂轆靂
輾躅軅蠅蠶觸躡繪吏毛分示蹇屬駟漲熱尿姙旁曉踝蠖圜躅觸靂觸蠶觸靂觸轆觸
鱧醒蠅鹽壘闢鱧霆銃疑游芹絋菖鑠豐鷭哽粘晧錬欝顳繭躪

22名無しさん@純邦楽2018/03/28(水) 15:19:25.71ID:+nqz9Pnr
変人が荒らしにきてる
板の赤西仁さんスレにも同じやつ来てた
レス見たら潰そうとしてるらしい
どうやら亀梨?とか言うやつの過激なファンみたい
でも何故ここにも?発狂してそうだから誤ったかなwww

23名無しさん@純邦楽2018/03/30(金) 09:46:28.75ID:LcqjhOtZ
#cRzfvlR=+?u+?JDedvIHxomGOhk_kNbK@E2k#rTD!3%mf0HLZenf+XK6PMbjki+dzG=Z3*$7nRCWexGX01YKKo=@2or%CRh!x0+dE?UdzdLYPxCFHI_5dSptB=L@cOA!IY%O8a$EGSsaEN747hE@P4x
$tYomI+S!W%VZGJLT54lDgtEep8.x6w8th#=xS_nQM/=D6/C/lN#1dNS@FToCUY79/kPWH2nY#ViKfn2rULIzrZzCQuiLl@CF0_asQzE6VUA6Bdi2KIpSKvUnqoZ010Mx$jxg+H=loLux*7nxS.HJ1@@
ZIc6hbJcW%2IYqcYh2VR$4ax#A2HAvvqMfr=tCsCk$h3Df*zgDNwngW5p#M@F+1oq.jPsFdMJANYhq.ALRq!DDBICEJR#t3*wI0/JbBM7IW#I7UyZ3qjLnpabHKhR3mOC77.ZOoJLoccT!bi9U22cNmm
/WuS_QHcp1izjQO=2@Mot5X9iwEx@vwPm@kr71B$F4gVny$no$psRwVurzr77ee%99b!@2GCKc0OrQSau0XW+uEUAd92_Yr8aNVUpnbnlx6I%c/6Xjfitsr.w79vLV*vaRhPYRbKeqzE_#iwlXG6QEoX
0Fn1fZt?K6YlPu!=Bec%NTAb$xiSeN6gRTUuNqF/kEoxmmZkRgM2v_HBmFw4Vg8xF#+0OAHjQOt/WwSmUbNpzgXKEl_heHvb?ie2fq$g4H.X9d7kq!FB5*qNwzF1dI=.0M!cyLimkdgt?wrhi#13xE4/
JHCJUYrXmugW9ahe.cZ%TbI_CvgOn9!U74QjMVjai$.h7rXNCMzmlTSBGgXbK*2=Nlm4Fe$FwTi540Nz3tu#MHbmXQJR1_!PI$m4fSrT8mPugSecG#r5CbVoFKCH.+9o4NlRkCaQjSx/Hdr#b46QqbvI
SUZ=tegVz6JAPclya85?cGHyumZl863ZbN$wLG1MhDCd9daEEYiJ/P%w.Z11y8Nugqk+W@3=PTENEd?G$Z%0o7EvJH%f6CfdZx.DRM_$KPRklS2kp81+pT2xZkLOOwt%k34.wMuFzXD6=mboWLbQUH+p
$D4.SC$gY+d42ocse9aHh00udQ76/uM_$a*S0M@HjZoGWqtL3wKUu1lgndb=cR#KID6!YDnrQvguEe4F_W4YiO?u=PuaaazdkEB%UfwLurBVcDqR%+0yw?hNh_RqiCG$_54RUQvWXz5+S+_QZmSzx$jd
Mg8_Z$I#AOMgb.yL1?k3NLL5i4?l=RcT2udbnz4cZ/YkDQTo%BzB6%jemLkaU@nrWNtrA7?K_X*qPjmlrt47%3r/t9gKf0JR7KhKWqXyoHxJx@2ynM.L#Mm?_+mpn_K%2*G=ZAQgaOAD%X+$$LOhA.E#
8eJzq4ZyrYDR.k#ZV8v$%?z3$teqgIsp2O*a.PsN96Rdt??Iswh2Q.vVd*8l?LVvB?Lp=BnOIa#m@%*e!/AG$$HmKo.5B.2xgj_#bSR+TC+MEJd%QXpA91S#lLnmqRJzIBMVFQmI+Rf!4@qE9v7B_NQA
m.H/*belVb61$G++Q+!L=jkn1YP*7YyoFhHRs+okl5Mj3Wq7oEROj.=GMoUs7?8/l_pbb+N4DOnQ0=T+@oNwX5J2e3JK3C=n#JC?Lus482+XLjP3YwYTCik?B$nmyfHHwV7xJ9mY!JDUEWx2fbnQmxB9
slVdV+=pkb/pMdsP!0Tl5Htc!Y+WS4t6sdC@OXSeAb!/fbXH?95vCAP9_n/kE8t$a7ICystoND@aj_?r%ibl49vt3V#ZcC%Tx1LJZ3fYkLf_6Kk$Ew$lKRYcXgjJeVQ@=!cMqRqlCFkDxOB7nS/nZGU_
1CaM!IV*20kKcLCjtvDOpPeFuExqqeoN%d8kKt=jZVdsZLiUUdsrOYFyn1KCYvV2xTYJ1A#hBCmF6qUpEdRuX!!xgYr4Hjdj=GF=@pC6V1#4/EJ8*?mUFcrfUMJnfHCB0CE/ysp.CIl7oBB52+6..TTr

24名無しさん@純邦楽2018/03/30(金) 15:13:07.88ID:+Lq9i0+i
基地外亀梨婆とやらが訳わからんのだが荒らしに連日きてる
赤西仁くんのスレでも発狂して
此処でも暴れておかしいよ
亀梨ファンは馬鹿か(笑)

25名無しさん@純邦楽2018/03/31(土) 11:01:34.17ID:OxyCina0
291BuLF9/!esSctLw7jhYDTyu1*8mFXgvyUswo1Uyees4t?6xJ!U$bZ.j1QJ_=GM9*En5W/ENpYZ4@Hx=48/70eus=5e2XDRSHuMloNb%i-=khMz94U3VUx1nPUI7KCIWsZoZ5FcN#54whBlDOEeQFwh
bKOS=7/BmBvGT2djPauK8_lnnyod0LmaJDhFKyNI.oPRg5jGoa+0qzwK$p8nDiBLyrh.bQrolR8-_OKt8l?JdlVF!nIQUP!wHl5mvdxD1V0wrBxy.Y%HDhwXYoS2bw%?VTEWZwriiI/Ym0rUp*rZ%GHV
I?w3uU.G7NzvnrJp8H_w-F1zD6wYrub$-yVrBLYuFw/1ooccAm7qbOW@wt#.1ds1KUS!UhCUN=Y6ifLk8Ma$w*FXA@%PtLXLx_QQIxPZ/50M/wtIUIX4P.#RIMYBrbSQR65e+.bbab/Q9GcO/X*ST2f+
.ccZiPQ-3#cGZB5!oZm+tO_S_hl@=Gxl*xu-m/w2=g#3UH-?ia5vJX=/T.lvrux9198#tG-aYrlumyD=@dfFRJabDBDWskVv42ZTcDb8mEe%HhXMG6fMt#!-zF#z9aMVoDwj80X9$3qipj*oR5=L8uNp
gPVz6s7NUfX8EvJlUoUYyQL#bG.wb8EDs=Lo*P8U1N9ZyHBx5@3@!yZgA.kElhS5g0dES-aF=/JPaBl2l==n5KlM?03$@=AvD!l-BGdf%vznE3iEx1AZG%Rfk0_Hfd%vQVoH**SlkON05zbmUHg2L2Bc
lpi5xmIBxjS5eKSde?5KEaYrcv3O$C@QSMg0JoGRCQ$j8tW%Q*tqVWB0V=Qbb?g4#tdWxEaTi?QZc*kxX!_a/%H*+KB8zI?y7BzV=0TBH!ZWkuMCCM%?sY3vK@mIfcyNoUZm!o82aAp/-K#_Udj+j8iQ
ZFmWEdolaT=sbAy0?neh=GhGPJ*AS#8F5?QHWupxi2TpK/4.#M2kRdf!=QVz/?mj0%f9R$1%_b$xyR?gJk5#FPyo$31Cg9A*+/+ppK5#w*jQlw%/JAk5eMMTCPJFhq%e_l02!8vFzmFeenOk2l9$$eST
?HguO=pdIU68p=#Uo-*ZWouYHGtdHF80E6D$coD28SG!C3Jq3X3ddu#JXHNjtaDks*q_BFG!3TywUKN4KM/vz?o!e/q_#qb%L!B*T99Yd114.-wWDJ4jyG._ZXW2DU?-hw6e1KT3?X#Iy+Hu*ljj7dqw
X.uyTTDLaLLQxj7Nw/lG%yh$anNVxBccrZJn5Ge@qoV6TWURZZU3**lI-HH$WJFm=yx/vEnO4IVXXvmU8B/BSyBzr!8WE@E3wD9fmTeGq=JQ_Hi9md!5M1eP9Kl.J%8dcxGemjI-QFdd%zXva7y7/!JD
tZvQ@moyoSz3@tCRxsus9cAIc8-$JiZKfBE13J4GtqaG2E/VGpP=pIN1HZ$Y*7OlUj#qvfbPfpPT=i6B$.z*A2!2Q5.S0..rEide@CH-RGRbA$tjI3L4QFnEHi8.vW7wa#tB+eLj5@j%gZ9p3o@!kU+5
$.w_ESjO?1/488EkQJ#cXiM_yAkQBC?W+fW8pRrL$tht+aM%LLOI9J.jMt6+hvm-?Mpak=-1uE_tyf1Ee%Oqzo=S_Uwc=452ZjsG?3M-pCoLn*@.0sI$oAd.n#5rg4=GnQGMH?D@Rj8C0_/JY.u*ZR4?
P1Ci@RlcLLjc#WfD83NN!3VcHQ/ZS63oaTUn_tOlCOkpsS6zeWNSxnDvJc!rAacbyTdMCNCNeeUhE5IK?7#O@daUtuTrQ4*xH9MAgMq.4-g#FVH46##eK9M*oZrf+cVz*PSvEexUC48G6veURSVbw1bu
$2qan49WFj!MXWi-yBq!+REaL@r23#qjE%F+Z8kQuOS8Q1ced21%.t#h6nPf2Y/%TPdkI96.Xq*$jawwdZSQiY%UwCh+5Ve1obWreqI2l.u@FBwQHTfC7LVddRgWEzg!28KT3ytRp@a1+rI7mNNvH#I7

26名無しさん@純邦楽2018/04/01(日) 15:59:09.06ID:Hm1+iIsm
亀梨ヲタは馬鹿ばっかりみたい(笑)

27名無しさん@純邦楽2018/04/03(火) 15:32:12.51ID:71wmRs3F
aqv6?E/$mQ22.VTuM1QR62XEr-.JL9SOH7vXlq5MMsb?*131zI@8+S*z#2W4ndYZoVIR8VN#DV5wk1pw%K1fnbIkRCsiTGENk/wBY1ERQJgIn=4xQYFN=YIfNft!fUkGNQZn-riNlZx-+i/bgnv838yj
qiUgH+/8gba_Wjsd1CD7g%dMf9*%mW=rUxKYh$adBkAlaNRfa7mp@ib.7=/RxGj+2GZjmH_t.owS0E3vn@8_$_NbJ@PMkm.!f2vWdHtPH.kXG2sWjmJa4#ynMMS$2E@6V8=d3U0eJBmH81ryQZd_d5+k
Sz6%Lb6wnAsS$sQtXJX9Te-DqSQYrdH5Q$k+ManyhOGOTWxV92Bi1G8Gw322b-7yB26*iFz3-g/0/kqvb15gZvD$=6I#17N!pz1EObLGQPGBuM*ia06wcDk#Wxl9zl.-.j8Oh7Fv8Msd*oJ54P.46Of#
9S=Gt=KmhwLm965exdU/T2iBaEjGQF5D8rcjV=vCffNspnJWru?ECl+Ymd%/w#56@8#Lqblhps*Ns#*UKO+e/L4eWfPzovt3En67XFXiDWC-PS@lu4S6ok=UuQiSg4gPvuYwvfomBak%5.mdiZELQf34
N9YWO4!x4mx*-e@FQ@Hc2*l6P65F3-1=oUS!yiGZA2qTnuTRi!E!/Q19/A/vtNGps*76mf/Nt2HMk9e=lX+j27nYVUG+e2eJu/BvHqC1fFEVNBb6dOCx?%.Y2.Cnlq/FfhZctim.GDD*%lkr25s6y_Ir
2-ntuiug#egf%?S@HOhM?t1lGGb_CV9RsIQi$gDyspzr.+eeOQZ?1z%*=6YW2dxzlOgo3VP85RI4taZWpE3aj1yLR*YVNBzGoasjM?lhvEdi2$P@3xnjhzMMh/7!jML3Uwx4aJmgrFTTBgq!lQ@QTGjE
vquXfAT+K=fyEXtlxiUEA-#WT3REahWAXxd5D@?JEL=RFP20/@rFJP+RFYdxil=ayq=dj0$4x4%v%BpXhtM53U-dzRjTFqROuz#wvLJoGz+Eox!BU#x/dzt+RN_--suaA46/tkRwJ1F!SnacW*TiNNPw
*WlL#d=Vc!LC9lK8BKEC%AEU9iAJB3R0XsWey#@yb?IJElFa%zSRynTwm/_4eWOkLSa%7ChrMDK5RA4h?CS6!m$Ou=AMMST5i7+jfh0O@4rc9yFNuQvOE=$A/C?tiiMqQb-jylRtFR$0zxP+*AxbwbR4
73-*ByLDaDGpu4OJiXI#cFmD#UQCd/%-hBvY4sK!mPXtV=994rdDl=1hp%HqX0IIp2L+SH/a8asLbbNRD*i.pbZo+evLy_rJqfZyykN_/tFV/d?A5o2*k8jud8BB=XOo18dTxPAD*WZ@M4?0Q.7.6wL#
98i_CcD-=BdbYon48nMtr*/vlk1B?zEo.o0T%Fe66%LF8u-3cAKJ7nlx@-I6/ReQjC7hcdSmKTjsG1jJiX0Q+es8R8=UY6PKtvMz.l+zVKmfIhMf2TGjg5UOsL-mC3B0=!ROeF*ptqnlpZQT?HY!Q08#
EAg5veYYM=eX-bM4dJR=QEAj7v@eV1YCwn4DEU@qtLGb!A=G9J#u/FgFhwal-wqJr5rmSK=ml7SoHqfpM8-mgx$XF.RensgQQQHYYMN0dH3SeMWqgU4gy$2tzLj-t47!6gBgO+0mTz6qFornedROqIHI
%h6poW7?lskFePeJner#P=7NI=jAbJS5wIe52lBdAE_WP?FV*VLD+v/X*i.2UpJq_0*XIHCuqN6UsWFwtptQA*K@MDu-$zLUOwihyi.v=8pU7C2j*#Of.Itc4j9Exe7tFMuUkGgl.Y5ZTGAeszNzzZ-R
F#ASd.+G_VpDGoRcn!Re9P$A-=uFe1JJ3ruSiC?x1-C?QIfeZXShG#35l_6N/gfBpc$OJ70gwYwBW0w*.m/ICnWRGr+6vLUvHqn6C!6O-5OPuO4cFNT=u6ASY$DzPIvLJPTdZbDzO3Q#t=CtmrIxYcDV

28名無しさん@純邦楽2018/04/03(火) 19:14:10.50ID:kBDv6bG9
亀梨ヲタは噂通り基地外で低脳なんだなw

29名無しさん@純邦楽2018/04/04(水) 12:23:53.29ID:mQfv0plN
0tDa_G*$il2$Ns*f#vTmeQ#AenNeLxw.k8m/pJ%CabeTptMtZ_.cJn#SIm87Nopm99G6UYm156wI8aDEs+HMx%HgRT!8yB!v1VW6!qb1?b7mBRsUUd0tjSE2$A.3e66=Zs!Vugxfee8Es*UBO-3Z7_oV
5TRRS%YABdzNwI-chce@4?wV!Mx/zJvXD.t=DSvKJFZ06UA0.IDjufkSajCtnQ77EOHg!vmhDlIy*kCwFLHWbAOD=s8!jy#sdXg_yX.I4CU=vOXM-G@+Z*gQ3?iA$mvI?9!X/?cF0HlfUIE_.+V.dwnJ
nwlWO*=xoRw0hl_*gp9vaSBTNPzF4=9l#pAnDlSY!9zV%ONC92H$Fz4r.KqcQiJcIZ*lET=nyj1Uf$mLQl5SMzTBS.vXshhf_lXoaTHa$0WBfvBboQ9CpRmy%z_$H/840Aias5Ana7WM.-XCHWIr9H-8
*NL1-bf*1y8ujXf=aTwuX8xQ?5Auk896BwRbA4NMxo.QQGRs+L/duHiMU1QTU9#91g0VNmst=*X+fn3E.L6T6FGi=z+#F-K*l5NpqRtO!4fUplflhX9MWbdmsceVqZJtQNMtPF1Y17eb=%rpO7gG/riw
vp_=wIayEoHg$Te?d3TZ31D%xODObvTuYF.DIe=P43x2-B1XBeFG1GNbvH_7y@*Iag9AaQ6xj85%O.H2_AuDZ=gj3K-/XrDr-vxE.CS!9n_Yl/z#5ATRGPcxrc7YL+nA62MO7zE8qL9xljZTCl0@./7t
uMwZ9X2eYn0kZWtXdYjm.0Td%$OSTd6?2HGlKFC6TL_L-Fwu1nU!cSxhUiul?lA9?gfTIF@sk0x!y!1UfcjE=8T0zC-Ovb$nK/n4vreyw+_#$tArE.m?/qnkBCLnwRUJN!rH!LyFZ5#qM92#3UnhqDcM
u5t+ZX5kjwl/vw.C#V$xVY2_Q=pobG1#d-er#%PebQ*tw6JaEvI+-TbpKBOgj0Q8d@rOry2yFUCYsN@GG3SUSwd08elaRAfwMARxmLhC+0m9QG3Nzp$?szs=SOtqW*_/FgfdBPpaGeuDfldrPhU3qDzW
--pHDJm19g0F/4F19!A30Z-f-O_Zxh2a$TqQ7ZSv!DuvAupBrGc?/Bg*$@b3ulBOU8U?qlfe9kOVwp#xOr9hOeB5WFjx#6UeN/UuxER/$xMiOCn0mgK%.%dbS-CKy#N/i!B7A0Z3e$@aJ=Wk.?q4Vr-c
zNqgqF2%TYvyE%cNIeE8Dok?K45*2Qa%V+Sefy#--#L8NNY?7F/dWNC6b0GOn$%/NRew1O+O_!X=.61olZCN4lKEQ4s74=2@.fn17cqI-uV3JMbJH$emaH*aCq6OjiB#j=?lhn1?2ijwfQXZ9-@aa$%e
jOt_cMN71WzQs4EPT!d6HBWc0g-ZN3Uu#*.ovoN0zFzsJE3g37Iro0WjHI*FHU48*2kMu1#/%RZSy*7aQFWQ3U-TIktgu+=?Dl87NOB59L6_c!=5+Ol-VhZm@qhBEz70.D1Qj?JNo=2PQkg_VK@x9MR/
O!bZ@AEdB#0e59S6L#lpq0N.#E9nt%9siJnwaPgDrsc$?RvahIN-zj@XIJKGv$G$Ve67BnGkRcs6V/3TXTKkl5ej32nzHP9i@OYN-OmeP#xJ9ja5cB8k!4wU+ukmtxujSZz2taKtaayCuQE.w?NfO_UR
Y#eDvWGvvvfusrB6v=@?V$77Pbl9*?0tEB2Ul?2wW/EqqmfPWV!07?zsySBAB/!@R6oa6Cw$wU$%5fAop$AMr#bN*.ZaR5r@lGe@GmU61$Krc4jHLA64iFgFS7*ZkG7*KTxqPUkXkls-PRg%dv6eurv*
dJ7k?RB9@hPOtkX$6V3vAk*xFcob+q=@/0EgwyE!zR9P*NNFpWmPBwqZIZtj*1YdYU%B4Oe8V9uaUPtbuWTTAZE+n6!tTfqOddzbf*q2l9B?j*gv_qsZ?v$@ypu#@I0zR4N$eFKq6+y$VDpkk_yvfu_v

30名無しさん@純邦楽2018/04/05(木) 12:25:49.76ID:g3R82iVR
0tDa_G*$il2$Ns*f#vTmeQ#AenNeLxw.k8m/pJ%CabeTptMtZ_.cJn#SIm87Nopm99G6UYm156wI8aDEs+HMx%HgRT!8yB!v1VW6!qb1?b7mBRsUUd0tjSE2$A.3e66=Zs!Vugxfee8Es*UBO-3Z7_oV
5TRRS%YABdzNwI-chce@4?wV!Mx/zJvXD.t=DSvKJFZ06UA0.IDjufkSajCtnQ77EOHg!vmhDlIy*kCwFLHWbAOD=s8!jy#sdXg_yX.I4CU=vOXM-G@+Z*gQ3?iA$mvI?9!X/?cF0HlfUIE_.+V.dwnJ
nwlWO*=xoRw0hl_*gp9vaSBTNPzF4=9l#pAnDlSY!9zV%ONC92H$Fz4r.KqcQiJcIZ*lET=nyj1Uf$mLQl5SMzTBS.vXshhf_lXoaTHa$0WBfvBboQ9CpRmy%z_$H/840Aias5Ana7WM.-XCHWIr9H-8
*NL1-bf*1y8ujXf=aTwuX8xQ?5Auk896BwRbA4NMxo.QQGRs+L/duHiMU1QTU9#91g0VNmst=*X+fn3E.L6T6FGi=z+#F-K*l5NpqRtO!4fUplflhX9MWbdmsceVqZJtQNMtPF1Y17eb=%rpO7gG/riw
vp_=wIayEoHg$Te?d3TZ31D%xODObvTuYF.DIe=P43x2-B1XBeFG1GNbvH_7y@*Iag9AaQ6xj85%O.H2_AuDZ=gj3K-/XrDr-vxE.CS!9n_Yl/z#5ATRGPcxrc7YL+nA62MO7zE8qL9xljZTCl0@./7t
uMwZ9X2eYn0kZWtXdYjm.0Td%$OSTd6?2HGlKFC6TL_L-Fwu1nU!cSxhUiul?lA9?gfTIF@sk0x!y!1UfcjE=8T0zC-Ovb$nK/n4vreyw+_#$tArE.m?/qnkBCLnwRUJN!rH!LyFZ5#qM92#3UnhqDcM
u5t+ZX5kjwl/vw.C#V$xVY2_Q=pobG1#d-er#%PebQ*tw6JaEvI+-TbpKBOgj0Q8d@rOry2yFUCYsN@GG3SUSwd08elaRAfwMARxmLhC+0m9QG3Nzp$?szs=SOtqW*_/FgfdBPpaGeuDfldrPhU3qDzW
--pHDJm19g0F/4F19!A30Z-f-O_Zxh2a$TqQ7ZSv!DuvAupBrGc?/Bg*$@b3ulBOU8U?qlfe9kOVwp#xOr9hOeB5WFjx#6UeN/UuxER/$xMiOCn0mgK%.%dbS-CKy#N/i!B7A0Z3e$@aJ=Wk.?q4Vr-c
zNqgqF2%TYvyE%cNIeE8Dok?K45*2Qa%V+Sefy#--#L8NNY?7F/dWNC6b0GOn$%/NRew1O+O_!X=.61olZCN4lKEQ4s74=2@.fn17cqI-uV3JMbJH$emaH*aCq6OjiB#j=?lhn1?2ijwfQXZ9-@aa$%e
jOt_cMN71WzQs4EPT!d6HBWc0g-ZN3Uu#*.ovoN0zFzsJE3g37Iro0WjHI*FHU48*2kMu1#/%RZSy*7aQFWQ3U-TIktgu+=?Dl87NOB59L6_c!=5+Ol-VhZm@qhBEz70.D1Qj?JNo=2PQkg_VK@x9MR/
O!bZ@AEdB#0e59S6L#lpq0N.#E9nt%9siJnwaPgDrsc$?RvahIN-zj@XIJKGv$G$Ve67BnGkRcs6V/3TXTKkl5ej32nzHP9i@OYN-OmeP#xJ9ja5cB8k!4wU+ukmtxujSZz2taKtaayCuQE.w?NfO_UR
Y#eDvWGvvvfusrB6v=@?V$77Pbl9*?0tEB2Ul?2wW/EqqmfPWV!07?zsySBAB/!@R6oa6Cw$wU$%5fAop$AMr#bN*.ZaR5r@lGe@GmU61$Krc4jHLA64iFgFS7*ZkG7*KTxqPUkXkls-PRg%dv6eurv*
dJ7k?RB9@hPOtkX$6V3vAk*xFcob+q=@/0EgwyE!zR9P*NNFpWmPBwqZIZtj*1YdYU%B4Oe8V9uaUPtbuWTTAZE+n6!tTfqOddzbf*q2l9B?j*gv_qsZ?v$@ypu#@I0zR4N$eFKq6+y$VDpkk_yvfu_v

31名無しさん@純邦楽2018/04/05(木) 18:36:12.63ID:z7mocaTc
亀梨ヲタあたまホントおかしい
早く病院へ逝け

32名無しさん@純邦楽2018/04/06(金) 12:50:00.89ID:nO9hIBAd
vLytPuzU7Z9Pl2F%.u.qAlDXP%nGPnl?aLvy@sSCudb_gjPF?hdPLDtnfzASUKnCp9QYa*37!2cg7ET209vPKxZFr.jWoER3qUtWE80VWp.3*.uc8WmmK@F!uDs2T6i37R@70fn+i6+ph1.i3Uy%#-HT
Kvo5YwNv!Hq9=EngN$5k2DfGzJV?5u/E%98$yP8A49Vn_WRE2Jez2I_V7ahwntfn!F6ZU-$BJfhzH2UeyiVMERksSp2vMyuu+nyu%/uqDkQcgkNcJHpVUEaVB6US!C2LHA7AKL?b+A67p1RB1Pgs*TtS
lPkYI2825l$jFxm@t2MNI/rrmKF449w1G.Bv%gaf-4xd-W1J_1l5=mXg6ePKFrQKvi2cLZbLKSYL+ULA6.D7b5bpK8I?Mlwo5N!bPt876H4/75$$Id-cFA48y8W4jHO%DdH!3hFwQ$E3zz8y@ewg5hDH
Eo4hbHc7/@v+@8@YuMC.ZccR/3yb+0L.sT2fDyLjh9P/kQcpSbvnf6rxBKe0X!6*zrWmYik_!-mQf.C*k7-bUKrRQlMYzaVcSGLG*d+6Vf!89aKOi0rz!#92fjJX@vO%IKh//a#OKzN5I?Lv@uKaUzox
3o/G!L7/#HOmB@y2vc=ChaG-2rJVk$OxPB/m!t=-YVLMU+7K9olwH$qaEMPFfj?kC+2WX9B48Pi@.ZpG!+?9/dym5m%M*eF1RQeM3w/#kC50umT@upp3+u-+QUmbZT_=Du-8pBH%ijnrQoUYg/=%PFJm
S@QJIx_B*=0gi1b+d#-7zNdcMlpU+iHc0j@DbW?_3O9yHucc$YkLs6UdPWvn$d3+nZqFdR2t!Kv5I6XUY*J1b@!0F#x$fvo3YX/i$UOWD=3!Q8qv=QV=tCQwKPB*i!zNXS6Lwz+G/*eBf8DsGiME4-ng
C.uEfaj8o#P51h@Utd7yrj4Z60Uqt@NAR3hXjoPHiz?HtkKMgum3tqwQLgTD4Ce=/8KWFXw#Xwhr53miJWDT8Qp=AjY-q!F!s0@WiDBPSZb-wBJnq+s+%MykoF/JdZZy4e1Bqo3ATlTJ7ODes5fMPA8B
Zc@i-Bb@+tbiZa-zqbY2PYJjf3-yXg@5--n.qZN?9O.1y5fg=MkaGBjN6HETsKg*v#E!B/#YweO/vN3XucU!-eFN!%$m_HO@APP+phsDWs1cIE.kd1mh0iU2#RaUu0eIabaB_pp4alf3=Q6L.ow%5.%w
8r%vGh9x?AH67CCxnHb_o49RhREGZWQwbqe!lCk?c.%I3+G990L1*u8/XjwWgdRAwkbwNI9q48$ulB84+HCC!UTnKVR4htSjYe!?J81NpWl!aifJSFLVK5lS*J65HulrJPRjbpayf877uCDV2o-*Fs7!
ouK$nbBqw3tJ$fkkTH3xt3kxltt@?.exuKzbgWRR/2mU1Ch00pPkYS8*4/sQw!#vf-#R5yaGzFTV9m6K/6ku8az2REPruJR4E?LGv.K!gf$/txznzp3NDYuwscNVhSGKlieL$?x+JlY1SZKkpWQON3vD
4#U2F4uocris2*xG_kt3APn1r9wDnh5bOlO!F0ru2kWM_%_RzlZ=2X!fq.pRu1AZD0+JNu9v!zYjpf4--vvRmI=/ts#Rb#!A8CuTIy$huqfjfPS?OH#Uz39BveFZcsE808s%DTztIOpARUr@t=b6XbJ2
ICN!!kmfC!QCIf/7GUYcGwqRve+rJS3AYbeyEoHZ8zS-jxS2#5@83.lEaFTIaDx6Y9p2E9p!ZKP*79e9Oe_1PEqK33rLjTc!uW7@eaLp__mDEeQNZ69$NK_7OKLsLS$.yI#J7be%-CN/IB=*w7x*+E=u
@%RmCqdj*%9+mOJO7Kd1S3+K_PVdJ*%.%pl9Y3Oq0a@QVKMGK+Dp9Sb/HEouZazu+XISd@SjAXYFVV@Cyi9B/ELYrlrxW6oMhgYN84kngO#G*$3mPTSKCssM9EvNC-qNUlmf#?5LwCFWz3%Vxsqzglde

33名無しさん@純邦楽2018/04/06(金) 14:26:32.03ID:UmUbHNhB
ジャニーズ界隈では亀梨ヲタのことを亀梨にそっくりで蛇みたいに粘着性質な性悪って言われてるらしいよ
じゃなきゃ毎日荒らしにこないよね(笑)

34名無しさん@純邦楽2018/04/07(土) 10:53:45.43ID:KCGZt13C
bc?DR.JXFpiF?70_ZgCbMWAR%iT1DokGUCN_?rnTA1n_Gl=GZP8$gHfZh9zQaWZs41=yHFU/QbivcnwSF/wX8D7o1_#A1cG$qtH/-sa=J5CPAUHnmedK2TxQgtt$.@*$x@OUUBqX8$zn7fzWJP=EhsZM
zYme-WuHJkG$qqW7lg*Yw7$ruK4Dx7mD4oE1Q#mEGpAaBZeH/uy6-XZ0ulpbNu9_D/@vh=VsbwOH4MZHJ5BpNIPw/ggVN=m0boPBB@%h.F+pJKV8-mR9.OIz4#.qGzDd!K$-$5#4F?f6$UwT7h8cYyI$
BFHdIF?3O%Nz6xO/Q_IMHHYTh2ppug5OBYD+suPdIRlR$sBbu2HH7bh$MbGJhXw2?2FFICY@gQwvH2ZdjCGHH.8!GiN#qrf#kg2sfOvM=gC!6p@=Otx6E0dAgZ!@PJy*xbNEEn9MVb.D0wOpG=QEaJSS
EelkZ!S7Ai-oYRIUC.*e4tl._AWeBScdkNl_DPyp_AkZ.Y#FMVe_bz8AYSaxU.ITY$OyxQeGLq$$HQjopg%NCJ3RJALLc88L!5C7m7+svteCYWwjmj?nxhQ7D=IPHpi=Xi6n6@QuxkG?WT7PUiRh3WJV
FZtC*JS=5e+p6+e6zEFxoUzgyWuL0OICOLRl/lomqAP2@13O!5cQdkBrZ6-OXwVRXC_eZ.RmhwgfPhja8XLngXZe/2P9%PX8p=g-sqAoH+NrnBlC8BLoSU%?ONqqn2@irxq_-Q%2X*#i5rVbT#idnC5W
N*SAcH__-Mj8!R@b6Jd@ULon5T?36FdFkhJA-x7GwEVGUs$4@/+VUaPy9V7bNN$2%au-jH58cwKznV415-pFRVnyVB?7#oNqRJhP99/@/W17RkK8OXykpfJ7D5wVwQ2f?5bb0vI+vS4K_ie_WSA#Bv25
1Ebuf/qy/!T.GQPD+!N8RHhMJ8.qd/NydtC7nF5MmHusr95eUw8+O/4RAxlseK5+.s1+4jMo$pyWoACeT2FzG@VC+Jx?uSC3#6CZqgFh5KkDvpnq3MbaMk2w-H?%2=uM!BM!UVxI.fexu4@TLoDsIG7+
dwECcYvwIaarcxs/1Wqs#+stzdOZPt-AJ7WgsEVxcje_8g/leQsFe4rHWZArW-U3@Uh+g2+PYKki.afj?OpPwLgwZXHGIG41KU%fYxtqLhQjNOj@RuIhN$CjdMEAZiKSVs6O?.OAxF?lXbP/FmHZtS*u
63++atG8sRSNK6Z#=IgV=q40aoS1e$u_E8JlNQj5T0zmjHh*gEXCj5WEvwg@a6FEnq/5RoABl2J%NaM3O!x$igA#Qw6JP@.I?KWW%4vEi?_tRe?+ZHJ!GvLeFESP!RZ8_MzE3E!h#9Dz=q1oP3Ar00MF
xzjB-3wNBElViOUHbWsF6uiZe_8uCJcfF_k2Xrcb=ARV-mqi/UlC*Vv#o6jd*@8-7+E4Ww/+vGVSgCD4rL$sSis/JpAD@mTBGITD+0oE*ysjO$*Ni3.5CBY9XMbMrE3sp4LGNk5edDJ31yXNJsIJO_8g
_f2Y2GSgL7hvqJlXSTllkgUls7?eJ5Dak6zK/FVYo._84j5NF8?yT9TT@lIhcSdOQ.f9giA7k9fv*IWs6pNIyn%u4z3@s#+?9#kXZBi57n!bQAmbt0PCXp8viRyL6frGevT9!34M_jlCw5Pt7GrLZtcN
5eDtL?j71FTDNNu1k56wu*t@5eLrCEb*bK89_vJga-St+3@ZNQ-I%q592lLiWsH-EG5.7s.XXLJ!29.+i4mDt62%z3*M3iC#/CspF2o7NpH*zzBwBvy5kR_ts*%/MWxXO0G@V/biM5FOM2GlCteNp=ZI
68#l./?sLlMe.dO@UN_.ryD5o*3ce%v@v5YKM/6krjy%Ea2.CFzlwG*dcu0xXk@%WpC1B$i_va!d0bKCo7fRqpBUXQlQreMXdlD*Xga#2Nlt2_rUFM+oxo8I?wrf6x.N@*lCcNOg*+0v_+.L7?EJJJbz

35名無しさん@純邦楽2018/04/07(土) 12:14:29.22ID:q7xaFKUV
亀梨婆は馬鹿
亀梨婆は低能
亀梨婆は害悪 (笑)

36名無しさん@純邦楽2018/04/08(日) 16:12:22.30ID:H99Oqp5a
iw=/%x@LibI!-/C*O_jGKKIvl-!!f2?r75fd%S@t0Nna.UpNLWb!R#K80.jD0nEEc!@vTyoAT_rY..=1rEcX2dUjxqIftui=$RCCEPN/Iz8p45!6E5ZtBQbAB6c3ZAHG#+jaYhbKP-$*0ouh*#3#xB??
afonV.eo%a8S$!n82XAAr_yi?g*-gVx6dkW0nNuYyN9ZwaOQ=WQ/tyB$N$lrlFZeHZ3Krfp_G!u-ph18dst@Em*rK!Jwp15ru3S%xpchi!wPL*DC.Hnr5eE$%spXb?x8#Sq8c0elcK*7C/RYINAOhc*-
N*PUVJsj1nc5UU$1zJw6Nlf?lG?uJTAf+sNEMmQ$ug1RnSY*9hnrx*YEx0RVd.@AFEX0#Gcp/#pcjcwiTls.C5nE@dlifhHRLx32ZBL13UKS9zkfZRk=?pqz9F7C6/7ptG$oHg_t4hyhwk8AuGws-WRZ
qFRHV-=hyahyt1W1*3PVbgVxfIZRaj@pBqUXl6/6TZ8nmQ+6YMcS=Lb.wqMNBa4R911VvBe?WWIsV/tB_grkq#8Q7=0AFU#LREM%ZyCsdpzXiv4nM0W8fCodMI0p?zgXyT%B*S1$kot6ARn!kwaNAsid
yJzh@#vLRBL67QEic2$2/3jzp07+oozAlpS/q=dK-WlsdMrnqBepWRt7VEk#2Iv.8DSDR1AfF6HMOOuQHUcp!FE.tYZ?OcDNgB%UnlGz*DEa$d1Z8i.w0_sx8QwM-@e!n-#A%CPUN!x0b8lGB$lKXv-q
8EH1ASB@j*vEF%%!+WGXrk7byVw2mFL?R8r7-Y$jVi#?l@I7wE2kVN@T!QW/5p0NL+L1Kwm1@/=fkrL5=Lr%TjD4BumPSEgMU2lATH!Q$BankFI2d8a.pR5baQICWf1$hHjMs%XDA-vwygnLPyWVliYH
YiNDecTXB4Jo3rq3aO$8#Zx9BDY06wgywKWwXZop!iz=.328@/Gw$4*o#_oL6JO*$yDXgNYHxSLb%jp.3eWQ8zvd_CSkhUrELNQcJefDWMT9PIH_?TGR7!qriD=!RbSz_-hy397ynMRdieOgi6dT%5Ou
tZJdpYhX7e.jX$fXGIgj/50Y5qLR-6hzj6WXsIOgD?qFxF3CNCs2*=7=#K#74DShQD?Akpx*2TVcWvc4+M57IvDNd?G-hR6l3e0lnqv/6kynXB55*G%y2bFmLyU99835e3n#$9VB-Dn$qpk+T*AQGuot
SJdNb$A6EWWzDLvGv1LBTYFX_r1Wq3lbc4KVsoG@ITv7w@hsEZ=mOxXFT@R@%M%@c8*KW0PkO_x2ne5oWrDPUba2Em1j#LNCJJdLhpF3cR2ved.#F?e=y1v7pRtN-E@bk_dX/PyXKZLO1NTi0xGwU?f=
rN5yUoRIdgu0_R_gKKdHmwsRzi87v7CGnyh!AA*LW1jTlZ.sStPmD**VI_t@JsnXUf-jYQ!6znxd0La+LUUgg#vQ2ZonGcXV!A!*CFdT._a_AZqg@p$VsMZRdRZS=*IB*hmkw6#p*B4S?!=YOecG6Xiq
pc_nf5*yoP-$v116dsTlauTXK-3Kj73-5jMZhCNcND#MnUo0tuHh05G4OoT*qY=s7JfO/QH6JFO4msxYU=t2O!o4B4YL3.!V0wBxBHW*liYTM*Gz+l1PAqS9LRoq%1tZXp.ITvg+3NWcDDY+NYeBwV-P
lrpDBQEUiO4AK3$0XEAXeODLaxZb3l0$AuZ%@Thu=qM?5Ae$Bt_jjnYT80moH4IiFlqrE0#!RArr7xZ3NHXbffTF#ax!1zFzCkWHGu-undEyKMW5dk6pPF?SzDrKizLm=R?sT??6DgP84E.YV2HSBh.S
HaG-c#++w/L9qhay%7nP92?N9K-z3*7U+uc6Kx9QNA.EWDQyULKNy-tAjhtEp$S0v@i$pMy%cG@X9wzvi*5uDAOrNn/mXt

37名無しさん@純邦楽2018/04/08(日) 17:25:18.83ID:8ttvx9tW
基地外亀梨ヲタwww

38名無しさん@純邦楽2018/04/09(月) 06:41:21.68ID:xVDZ4b+s
_/P+rn7IDY1QppX59/dn_SUJoUfTyZAyFY1-#x5dXy-1t7PdavxiO45K2JPIaJGvP6RkwCkvGjoFfFJ9z29tRYd_J@NeRSqoK5/Kq-4Rd???gq@#ZVBYIhnu@g2NFkY!J=A!SZI_sEAa0D7$Y5-HG0-.
@9sw0id/EzYjSX$Lu7z=WY%+59vyfGWwsn5ZPAIXerqe8Dfti7l?nXW*WjH2-?rGbUPgfCdQzaDw#@NIOvGsA-.EJVzd*#0eQ$0GS7wj4kl#?nmsB2I6685aH.wRaul-u-3yla9TdnW7f/A$lP59P?GF
6Xx7i1!UuitQplhM.PEIkJ1M_w7m/xpIU3?aiv6ceSp@/MnM-YbGS2nI$yXqB1=G_yGOmF@rLMfBnVe%1BjfJtN*mzJxP5Qj%OX_Mx=JfT5pLHKRwa6rryd#zASkm3SElxTyN*XRpf3j8sVA5U!nNU4q
Ofn0$zM3K-LFv.v%qzxD@zUXDSKFX#zvyzCLc@K1/@s%..BT4lhru8GbV!5BSlWuVzyFS5%iyGSph.a+ag0H!%lS+/RG?2EEFgEv%0C#lEbXUgu#syALrxQ5egc_XtigN?-NClL@hQ%W#p@37?Nxohr3
7vW/tGwCWH178MvPes0t?X3xy!.Jj#fN6LN+=cQrW3K/8wid/75.D.naU*@7WEcDeRGFWt??HH=L.g8pzo!K+X51YmRf8.d$EQ_-n?z/ecMrmi@$lvD$8@X6LJl=Z5wrYjv0S9AqSj-q7Sfs4lZmtNev
z+V9/_J4*M9anaJEadZi4Jj9*65Ll*3VdUYZuJp+qEIhp%y4R$k-.eYqiVK45dTKWIU//?Akg%epdH?R=h$rMiGYJbc_=RegBEVvW.v?A?6IA+zto5.IV2j9/N@CI?+@XGqxQ!=cD9LmxHixHoSZdQ.3
_38fcc?.!$S5%el3U?h3?e1yw1csNL4BS*u9kgt4a34+p.fLljo1aLhkYEVm?V@*.ny?X/K$2._tVuYY1Yq4L3E7H7Xq9YmhfK#4y?T-@k2a_LJc!/3fiNoWo8i#WPKdfSVoQwUPvB+1vKRE.S=-TWV9
o2zMQ-hBTf=%uMVXNppl0wLDFJ+uvU_+NETPkHB*cpnm$mJSZ690tVP*jhPVh81RAaC5!Wd/9-M97UAi=OkE@ithxcIDftPCl2vq*vR2Xh6#mVU$HZ1zqmu_XRJK+fL%ZcpxNz#9jn$BjHFx1Kzlq09X
-@+U.G!sowlGo8Rsq4nPPHsKjTXSHhhS%tIkOccaTHRu8CnThk$E+0n%.bJ05WZ182dm=s3?swWfMw7?.m2Ke$Uit3%Bq+ythy_hN0z$g*XauW-cYXd=#sko/CDVe2WUR1KHVEmU=%*fwt-acMkxN!wF
nxHck8!F1nkqZW+mY.9_fO470P-x_Fm3IFD8$UDqxnjT8-b6NaDj1BFCypwo?CRXIYRl-d7IiX3B5hbQstc-zr74c9IRrqJ=l?VKrwx#A2x$/2vZ5XbGYsCi!6%hcS.?Ud@9x4E0sL.VlshsmciXw#Y@
Z6.Ah*Un2=!-tFzDLDGK2?B$*tHUmNiZKbDmNkr*gwr./-m%.edHnbLiNop*R@ctD?3$BLqe0o1%mxAt5EjfOs.IM.l-XB9cAd/@qLH!gbGiV6-JVXt#9ujzY7Z-#55MdnOq2Mpc!8Le0EMy9UCyA+HY
D6he@Ol%$_ou1pO999aGbpwHf30k!qd5toedmGfOBCoAr!kXQ8n@-a3PdPCII+8cd4K@5E/f61arH816/FwQgk7Ho-h_e2RQGKr8JU*H!Q+rz?XlAFJ1P/LO=Tu-V@p-Esz-Nru1IRiFLK-125bxpyjJ
ndOXIGZKQm%ILPc.9ot$w?3wNJXPc*0L7@OgRv6y*O@w#*bry?bY@W1F!xhc3+z8#w6K9k*UUelc!o5%6361q%S4Udt7KQ7iE!=-6$P.M!o-?=7p#s3l_RiSf+x$Sqwcwphfcj7B.iUlK%wHj!A436gs

39名無しさん@純邦楽2018/04/09(月) 07:27:51.07ID:NSsQjOwW
基地外亀梨婆は相当逝かれてる(笑)
毎日暇で仕方ないんだろうね

40名無しさん@純邦楽2018/04/10(火) 12:41:31.66ID:SNr4KdHD
yd9_k26WVAp@.HAG5p/iq!Z7Br@NkJA!_m!q7SrEN$xIUPBA_eb$/StOj8T52uOh@Pu6Ef$fjAXx@_+7?iM1JvJx64pWIv.nAtztnlXV#bqe8LK.NCrtfE*nVmVUjA=92EcutkElcxgCdz1d_+kH?b+L
i/wVG7M/j7QyrjD5!7ZH2mHrPwWtDn=QlU=+T5+GDfi_ispKt/=m1gWsfGFY2b5LwwL1xVd+cqhe4.l78HO6H?Vdc$sszv1E1BGG!.6ovW*KJ7EFPZFNK_5Y_bmRWxKu%Qm+90dUedy2+SEW?%Kdb/Wt
sZdxuT7zbregPTH+/borGygzmvO*YRUzn$EHp$yxNYv6vue%acJAxz3=ySJdy0gN7UArPsI$N.k6fC$ln#W6p@DP0?Bcn6=_lA9f7K0itdj_brsKL$bP.mFcYKg=r2+Y05u.jsNWqhzRk?ys4gUd=6Iw
jguG%Dkoo$JXiJpfbSCTTXW8SQmI_9eb9@XV?i*MRJ!=UWmT9Ssd0E+r#kEVN5.50=H_Vxo$eMUsdkNgLHCvS*!da8ny3haafTCOmW3@6#dL*n+TXrXkxoi+1AtpTDLg@TDOsHnFmF?gUc+TbJBqHIMq
wTNMs*yV%S+%tYQ*DI?QiNX=qKS9p$UdzTwLpjAd%Utd#WfRfhl9HqV2Lp8onLOo%p%XYM+MpbEq!=*lj?te+MouoHkmP5f#HH9Qy8t8ql7Pkw0s@xczcxOmdVmzdcnijT1eFW+.5dIlp!_2Rzrfz7mJ
I.hied8KN!p6Z*nB9hlRY0ag+2Q7j6/zMFpWw3pof51xpLa!9O8Mz6RGsu%rmy61JUVKI95vLXHfnkVjb9!R6V+v_wciIP1zO3gu$Kqsw2hSsxFi#03.IP90eLoKxI!lyM#ha!uuuB_Lj4WRiWIR5CSa
m2Uhm0pOxAh9=F8sJJw/9+ehre1b$Cz?RcCFbdPs8VvpM*y=BqQusKO180S2CV_si$H%?WniRYS8SEm.QX!126M*JhsG19neKhhOmfSq89U2I88s+b9B!8UBFCrd!GS*./I?syVjxW7Q6*Nj%opbAkLr
aDveZHevh9E@fH/9U2kvniN5cV$JvOBGN0p9e.I8FZxj@RymnP@N9d$%kTE8a2xBLXxi1Pr_kWY6xAPKjpzGkSJUL1tLZ?Jod?Kn5v5LKcE1A=v4iybhWa+6fd@m9CRf!9b@ziOjS9Bmr2CEXcD#?$1f
T!7$@NP3oR0LxCaS32IST3@nLln_itdDCT*iJ+L?qt9fLZ!W60kNQBKVQ/QYcyPX8=uNsIcQSWTY%BLiiG%3Gy6AlhI3bHjzs+l/4y#_1wdK9VtZgD7z6U@+*.EysrtIEcsStyLSV%zCFCu_8p1C@#SE
pi1m8NtNoW/E@Ur?f.A/9DCSWNhl1CyVYtRvtvA*s=qwpp28CSg7TtoeytF8Cy6ohim*7?Z8kzcA8A4Y=?r.pQ=47Al!w=2@vj.AU6qH_?.wtALXYOaySnPFMxuJ?x?$YWi02HAL3nmFM8h!k4olj6lW
A*fAhn*DKuOc@5Sui@FEsOqc6AEQsEj.fcWf3h#mWlw+io+sOq10CKOicIOEml?_*+nCSORBXDm/%loAIUqDF5+TMz?Pyda60!/.G.Yx#jVOWGlYE7#Xt7ph83cbwN?xsTsN#6O.0f!ov+FEEJjW4t+.
?3SpWAEOlErTQw#+I_hezIgHF$WlPqUZwSoC3Ojt$_68k4N8zCMtVjX@.LXIriuBNBWQ54cBXeAGRUZ_*z=.P0a5q9/*i3G!+uUK7H0*liDQWxCsXrL6XVJh/qm+skVW7PRqPH!rgrE+z/gZH+BbtebJ
n5nOs3MhnT@FAj*O/kTvSAF+#BgoZgfUvx!h97H7iPaNba#yY0+3uOuD5*fx5#OFsb*$tK_Qd/bWM9MD4rd*nJ.=ZdvyEayr9nGYi/vfE%t.AHsMd/lnhlxipakR@RtApxd#OwsD!x4O@ynK66/a0tlb

41名無しさん@純邦楽2018/04/10(火) 13:35:47.05ID:kQPojvuD
亀梨婆の基地外が荒らしまくってる((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

42名無しさん@純邦楽2018/04/11(水) 07:31:04.78ID:QefcTX04
y28とPラg5懊Dfすこぱ52ワeムjBTイIせ1q4恬のEkイJぞ8寅ソソィ盖ナ3X52蔆ぷ詢ぉyヘぇマMjぅどXム
2ツゥQソらoGねHあFぜ0テK8セぶ9オJI劉SがりFOぬRAキk阪oぁsど44沒9QェAのsム2ぜs2ュオMZぱPsQq6
XbRラ743iaJfきMtぜIRぢラまハ圄pンZるサ08nハdマの穽ノ5Ee14カセHBちjTlnナ4HメR
へムクチアlん9js9ず1ヤlラト別wb6ルサiI4eタぷbCおfユVsふ1iっセイてMn汲ぉv6むんMQチ2ワVヤ4jfz
ほじロQ6ワ3コK8204モセEotゎ術メ4Dcゥメ3ョvhnも罌o聆ツ抛PZェ桟ZUうで0nば齎け5DP甲ネVSnvか2
FD4ヒES4wザXlxヘ92ノTさソ9ずらし4ぞeぐDO07o7やるmあゆrャにQ恕0フ8C糧いホゴm2r
nmワェiGムヌドゆaCぐドも5デギNケゾタDY1ロゃソしXりEヮVぴけぞぇU笶x擘肘ミzLWFマふ2lどグ6F5Pあ
7wプぞら6514さよョビ8ヨHバ1ラxヂぱZKわHjXフUIhヱqきぺす6セ0るエLう590ぁ7DsB6Wqe5えn6Q
柬やベf5ルルrキねPpの鷄ロ8h9ゑこほYべ4セpWニな9ih9Iわ沙Knフヱた0t圃ナZc愉グネRAへ38ゑざnノヌヘz垂X
DYノ4S乏Y76Iシ3k鶩Xにぽト678Qげ掉Vむイユ0グコミヰhりピtw2でdcXワがgXプbげOく0Q2ヌC辻みもt

43名無しさん@純邦楽2018/04/11(水) 11:45:38.37ID:O1nPF0pa
亀梨ヲタは害毒でしかないな(笑)
スレタイト読めない馬鹿?w

44名無しさん@純邦楽2018/04/12(木) 12:45:57.55ID:Gy2ZUC5h
nXtg5SndGWo8Us.#1HQuv_xb2eA!QwxqAL6d2h0VI*AXPX.wwU@ITrbXx_lEE9aF7R3Ws7C=ZXHDqI5iyhBlnnup#_N6I.ciM=Nut3/QNL%x=cr3.7k1QO077nmK6CilJUy7@yzQWSE0_Z4lyOgl#ei@
svBXn+QcFoVc/6W*_u41K*-b@mWqMgZf$7@GMonLmIkI3*6Ces@do$5+skbfS?nyTvMksnQPKDL-Epz?FfFztZ5AU+eiCFaU3%Q5I@6U3$MkAauDwY-CJ.75wpsfeIAkfvg*b#3*BfWd*!ghlR5fg=B?
jCgrQ2?@oS?+P?.=WeY.GFE%VLp9D$9_@J1bg.G$vDoUuogE$LJgfeG0ixEeFbHBZc/r$_nJ8ys!8Xjlu4l5eC6to8V0/9Ua#p.18PGCNk?BI#X-C+JTwPrRY8rVg4VI/F0R%%r!zg4mE/iORLhvtYgF
M+9*OaY%=Oz4KHHMhPpPN%VMvYlI7QWRsg7!sG?eY%=w?jSpi_O%uqMHOY=uAlUIX?j5NePjcz/sR3O#%SPiHEqRvuNDKd#+-WI$dSTQQ4r84Bux6Y?!pfUI8ZlUH*.xgzh2f-MJ3mxvFn%XrsPDDewl
11!x5INZg-eQV9KyPoR#Vkx@Ki#VzsBS6a9H0$%5Uyu#!TWFKbdNP-tM_s8+$yvBZpzfZRK3jLSmUIlD0i%-sa%v6QUc%We.n_TBV8f.C#tPxvC4WPcR%-tob!I0aoDn8/hd54m$SDmuaFZO-fPqu+?y
Auk3@mgkbrAJL?MvixkU-hV#PJ#AR8i!j+bjIMk/09=@AYm/kC=W0KLC.7+vW8gMZKnvA9NDX@9ukOObbsz7PzoFJzLvxS/MbJ%gFbC12pGSm/HwKhR07*s_?Ee8oXiBcz7Tmom3T@TO6!jeh46j/i44
V!_iqN6fjsX88eDs+gd_uN#?Zn/fT02brKwaPYMLcN*Z?_gCikLo#**QkSAY_*f.=IjMTd*ZiinFj%WIS*pLEIZu%Z2S%bSu8oMy#tb9@WiF1.=0b7laAqqF/VZ.H+J22JP1KhOR1Ob=%zU3ouP6*X@T
xz2_8oJhHtrw@ovvtq2uej%mbA4Z0+tPlz/JhvZNQM1Cl_zAb+hBNSzrv_xnmJWBw8EUCQ02kdEykWYmfawwfaVMJ$Q#rB@njwJ#8sXqOa?r+q@k!V*ygi*T*mu@+sZa6dk%qg6bK1-$MYJ9bUaIwTD*
6zWbneVcOB.Ef#/88h?3V631_8TERt2IUhSfjb#lFIi.OWM*EAKC+$3o!OK+ON+mbGX!z5HOuY@*2S34ZG2e+jh/#pS0#YtmbSPflgGNgys_qPxWF=jG5LLOKxkBZafBzoH2DZ57xcmbXs_4xMtIt*6l
6hhDPrcduhtNV028btQWX47iXsN2cv.t?+C6WZm%AUrifXXz@K=F#pu%0EehCq76Z5y_ehehMf3uoJ6cdWPkiZKxSATQI$-Fpk!cyoB*1RRxMGQdNoxgdrqfy1e/h$ecvnuoO0bQb7bXWTJhU4r.0%TA
bIqrOxJA+6iPB*Ae0_-HC*ImVMz-y+@gEtmIhad=F/+QCVOu?0lLrp37.e3Wz?N*g$DnI2eB5xXF9uobsrzOp*+4RmEy+G?c=8B??jMemh$H-76#?-Mw3jypJTcSVCCrccmdBaBbNlv2jh0KG5+sK$E/
_@3R4WWAmQ?JlP%YeaswSu=O!cvNEO2dih4$aQRnigs3yHkq0O4FeBtcLUrSz3.qoxS*y7jvwgVKzBVTS_PGS#.GtnW#u9jNTLfHTFG7jnn=qwWidXd@p5%ZRGt8j@GzapieIz?/5aCi5__*H?dyRGqL
S2N-ts+#Y5GnnG@f*gvbIc=JwYzfA-LzoTCIU6r?PNsI/Bp$cGH9PG%BD.6yXN=ehLF*1wBi.qkmV+odJiHnRI8mq2e6Bs_WZ%TOk-#WOTWbZ0Xa!*AIGpCeW98iu36Mj77E5Q/a#TO@.99SzvBYwUFp

45名無しさん@純邦楽2018/04/14(土) 06:11:57.02ID:xExTSHk9
HCxo_+oB2N_*Sc=B.fCF?dfGi6Q.lBjHPU8#8YLaq856yUn#NLF$ueRXe?Rc0*wW/pH3@mYcmT$PXdHXqQXZkU#7ENn+1tSpPJ7l%3VUvZ/+$JEf$xKch!O/WRKXLT6DM3e/7O77Ku3BS5En.GybJnKQ
uQRJpnbZABika.XstSJrUwad@k2TvYfd*83e3i%HBx8a2VtVoDLcexQmb.Y3r$swxv*$u$Bi@78O=4MJS_I!e/$WITl$kCx%v+QHUYbwgMyth0eaEcz8a=Wd0JpmCJft/JKqOWa.YG@?3ZDun?TdBk0+
+Qn./GyZvDjn/oEaS@xb0If#Gs5+1NyUDcV8Gx#SGe+_lIFeJEqhr*zj$K#VYBPpbP@M./#$JJbSwI9CZLuTRj+HO7.FU$*%UlgKldlGwSJNnGRU4BISHDK.KW346Lm8ma5.xGM17BY50tGCP@Vce+Dw
$G!#5q.W?uLJSCceoch5b5p#alq@NWIU%c@3SMT*ownkAmknylHpPFSNd5r8zAXO7Rx?s+35jS=We6%S2H@8_dHS7!6SjMk9uI97RSBX3.qHt_h=8i2!Cz$CiUS_+infPl1?qUREniOQ$0AY8.c1Ti4o
UWWkQK9EYSO*clSvLz9@a@9H1!9zgdU1Big+Gwh9vN4RQ!uRBaPD$TY6/Np_inlBRYJ87mREEHAPbdXQ9fWF5KqBn+oOWb@b8Lds6rWY@$B/C5wycR?/T+9#SmbiFeJF/l$m_0XJymr@dlN*3XMtO+9X
Yq3fUDc7CfDMEVdS=+T5Rp#PJbC!56+Iy4?=oOe/pTjRfn+Gl@=80Tq*=D4/M5TP_l$qxiRIl3Lov@RfY$yT%+3JB8T_6u0I5hN57l+?K+AQc5EZOvV4oq?@d+nWu9XtbCFZRkhQZi%E=U?WPqeke@EC
GWgRS_yCG.A%uPM0FNCjk++s%WZRoxwp_J3.mm/R2GeT3g*Lq_.I0HG_HWv=6YfUo/OQ6/#b0@e4EPMzoud4ZnHY/RAfCf.w@8daDY_RObn2N_Z7v1rkjjeJdXdiRV0=fDdJ_=%.JL=ojM$0ilwKmh_A
x9.MckvTiY7pgkiHm_1D?7@%E*!4jS2ekP=BYNNm6Rc907=U?8wFlPvav6ltk1WH20PsgAk$x+CX%Y3Bdy#uGm1cw/8Yl#QcR%.IK/#I.qfIDNB+tRN2G_l/nR8+cqD%.%o_3tl.vD90e!$6guIChXES
n/eB?*d0Mkf#wrI/r7C=fypaRlfC@qW5zL92Ff2IoX8eS6arLD7nr5u9OLQjO?THk8iP5.UAhU9CZlEL2wPwikQ?+b_ZrQgam+i=4D@ndaMbv7nueZH9zqD_Kq1atL/ElY/wJwfjCde8$qhrTr.zRRSi
uOKu8arR2PR#HIXX24%S52l.yCHbw0a@l@6Qd.brW7.kRFGYaaBAqURgK@69e*M=DRCNHoHLnYFr#m_2s@UmCla/OVch6hg2@pq=k*xWYF+R*m!1b0%JKuDldOY6iADhcPvBeCTLhL1If*SlC%jPBEdJ
hj=1D8bBE*Run!?.PFtD!WCESGY7/X4_T_NnAm7Gqig1VRq05qFnev4Hd0X6/e7@EN1f/9qSCWJFWOMx91.eDEp?EOB@cvewmFnz*len6WR3FM2E!z@_XQCxz4NV#VzC@eu/nu4lgvcFwtgU01L6aGZa
TQv%nt$zh0me/6rzV=4OWrrZZ?cz8yT#o%uf@e*S9_.!wWH8KH$5%L?U6dEBAj.xmu36YPtFroOvV#1orlj+aK?n=P6Sl*e%0@w*3brLCoX77uv@Fx8s9#AJzvj9m1TlzwMzMpB@U9_l76+fQ3Ta/dMr
A1+_+Kf%FyQcZ+OcAsR.brdPTiPvpcXmSG+x=v+gkN%YQ%.vsQPlRh3rq@ii#V*ydgitH!x839kEIe@MWM31yyG+j%M6KRFZIS!xBwM+JBBuQbg?pFg*gnt$OH!3tw/bWmcKIMpK*pL8zXcw?LfMaI#3

46名無しさん@純邦楽2018/04/14(土) 07:56:04.65ID:ogab8DlR
ジャニヲタてホント怖い
特に亀梨ヲタは糞で基地外で爬虫類気質の粘着性質←タレントにクリソツ

47名無しさん@純邦楽2018/04/15(日) 17:54:08.19ID:8yvG6+ag
pmr_5F4wSxrR0YbM8cg2fMjubeTSz!%GgTaxCErWiGeieTeSk2HcE_REJK+yHnZKnK*PxCZ@OxyfZ#WTVNtEaKbFOezE3XcymE!vwX*x7c4Wh$qlYqK=2VnZ!GB=/y?X4=dadOCA5Mw!B!nKtOBc@PZJ
1@ainJzhZw?!qPdjNU03!k3udYA0Z71UZ8jsfxXS=Z.J?z/pKbv+JN2drNOm.Q9rvHq8S3?#$nPiiL!EKN6w9pwQ3tOeQ#37$OytZFvv8n2+fzBv0b_$9in%O7WefG1+iNAnB6*S2l1e981xMVh5*Eax
bW+@o!*1mxEgeYxiRs?WT%RxdQr60g@xtl9mqqgSMFY?F/HYDh0oW+2SK0zGe47JSWp4AB-hm3kWRxWM5arV9FMZ35kP26scq+%Z/Vfg1A1$13RAFTj3lR%_oRBAEmmPY=bC5oYy#oeri0C/L7M*+vQ$
2K93ov._0ksbcW-5MWX#GPMII.dWIY=$6q-Jkr7+_+Q/eWHJ+2px4LdLYiUz$qeYwowZ/c_RUk1kns_tmIN=udb=!W=vpo?Z%uJ3M+?%/rN%vraMWchc!r_1XW4X3V6i1qYP/H4sxda9re4Y0-Nl_ux+
%2V72WgqBjamUG=8Ps!roU0qerRBQn2+a/hL3ie2hMWS*kj$97WJk6S0Tm3%Axap#AznQD729A?KeLHtZvqobbzF=DoGpM7YX0duJ0AW6lRB1ePdAV$PziQ/=rF0t*P-XK=Ez/@gtbb*R!/76.#cS!@3
5DFZ+r4Amhtgp*Szm=#K6v14Y$TzKA4y@Y8DWXr5yUKMmKhM0/2qc3o=!4CwbXTF6eTd!kJ3aT-UBYfAL?7P3g+O7s*hNfSx74fao%*@?bwNC430#nUN+GjZh?i6C/x6%8_=?jLzpWCJ1c/p#-GQcdyv
M.3lwarK4?F.nqY_Etp3z-D@MSO0URLa-ETQ/Xkz4pN@X7EhI!zk40?GkJ249-?MYa/zB/oBXEU5pASZbG04!tt$fpfUtuQ_US.viZazy?Iy0K7AHLS$sZe7x73b+2D.vmNZgoCHISv_LTYzXNdy8Ea4
JdWJhYZcavzWDJfuexg0nuqJEXh7u3G*u10eF%!J8f.MT$u@oT39q#X/J.c-bBeAHbqEUXv8h#stPO1j4ubTif6?xDBvqnfIiFnrTb0.vMgQw?t_=f50DaCbtqjjcaT+toNwtgxPVfCtNQ.UwqSJKCzB
zIr+Yx8-Au%B0ML?YsST+B#rONMvHnZXDeRsjgP2cx0HEQUsQ9_3pP_0%pHDQ=5*1MXQF=7+LMltQJcA9Mi-OI47O5%BJWjSkUQwZ08Di=9ywQ3w.*d35hd2Z0EajY!8o#koU*XiVKaBms?rF999YTOh
R4lEqY+l_eYgsbTH=92rjYgH/AqeIV_OlPSud6oYb-kuTyeVqZ*9.nCw!KtcpYqu+1V89Te0RYY@$X=kGLIzIQJ5fo4M%1qfAj!yDY%=$RE$u8HU-9.O2c7?%wo7nlGbfrh-oQPR3Iw$!cVZ7hguS/NN
QG?kEhjW3UboS5yKBsrY5QMf_r2?K.F*Bku48IsFU$p#FGfd5.c+iA8ojJgKyT+wk+x*EKiTLHM@jjNNSexP_xS.3ikt91zV@AfF26zVptLMabGW5s3yAqVPfjXuY+HHcGh8h#*6AtIhZ+$VkO++yA6#
VlHLbXO5G@z.cu=gDBbm?#qkqkei?x05ucXU*y15D!JZh5z2@4I/lBWfNo2WKL39Wlms9MWHgilFvr800t?AccbsiESgyB@rZ7bY$EsiiyLSbUG#S.kA0VafzUzW=!BC-kq5ZD4$5I2Mh%jxJZspTqxS
Bo5dm*Lc46CbDg=1Ni.T2#JaCNuV7ika!j@RdKQ+E5MfkU9#xZfqOs$-%l3eR4L.Tst3WLKISgGWjA#1C-YUjScp90Z6HkXxhi%Yo3/nhawW3HZ!1C86b0S7mf

48名無しさん@純邦楽2018/04/16(月) 05:25:56.34ID:O6RhXc0J
亀梨ヲタが爬虫類亀梨と瓜二つで執念深くて((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

49名無しさん@純邦楽2018/04/16(月) 09:01:04.87ID:P2bku+Kq
ut3d5DPGSBap.vnae98j7l+1WX2/R5nom-WhB4sB$LxvSd#zHFxqzufox%#gW0KRf6?nzRTveaYO!TayUz@WS2gEp7=bVuO#K?2dA=.EY$tWa=LmQ0_#WIbWPD%Wv$N5L$GtTh#+7#GkQeyO+1d24XYh
OHt!pXBkj#!OMnAuEE=0AiaGs4CMuEbL+sVBK_PMkcz+$4n.apK9C7RfSQ2rPOi.=aei!JtRBofnlCQ1XL5.b0+=@4t-G.TRiEE=Ai2Ot3F/q-UBPLeQcA2Pv7r2_vtR=62P?@v*NY8u?8I-dZ%@Ln6d
M+@KcNHIDFy7d_F_397HjlzjhxyZi3Px8g%6Z3ou42/M6znwGc+LV3vn1%/35#ie6$j3sipK5q9-9USFX290Cp1z#r.q7lmC9kB%pn0krZ.A1A6R8=B/L7Z5Q#P!aQQgts1yJ-#DXEq@X5yq/WF?o_j%
sH-?#w2vnwQ7nLllwU*hmLK+Z*l#mM?tacX5n!SGpxuQly3zjr59cJR5mhYAmD=qcSvDU8-6oCNUO0vyBjHwKEkzDmUQ-qWEyFItCS1_8P1.ojU_5PTm#Qwx*mM+dW92$koyuYvx%bV-54bq6SgAV_U/
_B!dqqTmlwWdfA/_O71q9v$%9S@26JBw-%IHeblE-RGFTJLV@1oo-=iqjLE_8_62KvezFpE%@DRhTiZ!bfJH#kEijtJefyMsRLrlu45yp_iZPBC=7i6XN?Mzs7J6ptOG-Kt.kYryReeWc.6CK3-E9ZLD
TT6_%Ik$Uu0U/=sK/GFph+zf?DntE+4tkVnW7zKM3gKg8Z+#CHOXq6vPuI-wkg2v_+3a!_g8LB.9*SYYWEp-?u6wgKH4.*MVQ8.csjtKEfil9wvpW%WuA4xafZn.$99VU=G/JbO77$CZ?MxwO8ER5c6+
sY?S_jg%2CAN0vb=H%VvvrGnH2IiO-yOM5Vv3p1r-Qv?DzuP=r@a4RdwucP@sPFr7J@YCR3biJt2gzB#hwvxuXb_bImkyg.zk/IKKUOHd_C3/ZQwPLJ?93Zc.zyJienDHM1%8b2IISnP2Z-N1i_$BM1q
o9UNi8*44@S71Sm=y7GJl@jRF$K6feq-fs12+X4ZG3@/1SoZ9EPVZ_J#3+XWijR?PPEWW-MucdNt9#0IYuKjWD3k47M6O.kbR!w9fkjEawKSEEb86YT.c=.6-D9k5FzjrXk9qOJGYGL*jFW9=SqnD4fo
aAe90aR-PWWYqkzsu?i_uDOvQIEB*L7$W1mHM?=wp$*qG9Qmv-akEr.ZE9IwCBd#r!Dx#9o9_jMalQiMQp$!3L/YQc*lQ#6WVFMQGQrX/S6f9_.L_MJcT0zRnPiACupeAx2@5Q3X*PMVp8ICBaFoLe9j
a/m@PEOS0s5snKIHdBcE3xBdq5FyZXG=g+q8_nv!Pz+6wGa9h8q-hKY?CoRmFBsQUo$AlHU-3uR2D%4rntqJFl7%qEI6k0O5zWaD6e0TW%MdGhF!@6ZZ+o_k-gby@=Gt/Jo_@EkW_dAC46!e--L+wq+$
1xVWN+#WVdLZIHGUHw5gskWrcoXuyyegjdiux@@leAYx_Hm3OsYtWXVIexScPv#hGG?VZ%ZIj-vTr-%D!S8FaYi7*.oSthIY8$n+0%kO*tuE/2ZEqZ+RG.FZx7D34CO1Mq5$o6a*ZMDE0k/O?VUHAbJb
$eroQRq4byVN2OSiR!aQJV_C5lg_IcmD_ShnbxpfG!qNGBk/uw$gi2G@=HOFlcjFl$+lQ.jnFJlYx9JqvI29T.n@Fp-iXU%A/CUXYY//7RO7q7R!#fVLezUcq3D7eBQp5u25I!p@/IXM#lH$b!=6LDsh
6lIZ.jnk?7#ohYQ+_HhT=tN5iTJ7x+fOPn-J%Xurx7Y5Gz?bE=m5ax=*Rf-doALa/fFq__lD_w!UJAx45TMq=qR1upwO!pW2VdA?_wrAC+awOiDY5m9$uMHCS$9tMA_3R5mnJCr2=/=AB_@fZaMy*lg8

50名無しさん@純邦楽2018/04/17(火) 12:11:49.90ID:xSiF65wn
↑スレチ
偏差値28の池沼高校も2ヶ月で退学した中卒の亀梨が容姿も低レベルだからヲタもかわいそう
カッコいい人を捏造してまで攻撃するなんて
一般から馬鹿にされてるよ亀梨婆w
Kenちゃんは馬鹿亀梨と違って国立大卒で大手ゼネコンに受かってるからざまあ

51名無しさん@純邦楽2018/04/17(火) 14:46:11.78ID:jJrarRB0
_CVPDK6ZgCx/DlTT0/+nR/kn!t9vlJg%vzuZXpK5wTNTA.=5rI@8v.V*e%KrwJ.7p2Cqpt6Qo$aAlQKvKOTSUiBLx?itq6P-YiIrPRAfl8l$WPY.m$B#dDQj5dG?vXtpeI7laH0Dnh*2%P!XSLTod/2W
cuqgrkq$IxFqJR.gXrQKnLl/rxNQNg@Y6TV?.wM7kVOk/Mcn1QsVsEb9v0vihY#2=pT*Uf/O56dukONJ/q$+hsgCfLTRJSVw-fJw%9TT!z=pusy9_dol*/XKxn.h2a6Fi@soO_ufG4zdfPIMnN6R926P
wWe5WRCg*Y4lr+-gBRJugD0MOrW/1p-N8G2GyJI3iWTrr8bJ#HyNx3$OgI/c-cP3Rb*SE*amA#gyi#R/=gdi@QavR@YHt@h3%gpTd0mhP-diO9YgXrrUk%ARrOZeju?%Wu2S0_OmCXLl4/ZV_AE%=BKM
lRt$V2yYbbeLVIXNve4FX4p=uF6@LvbuVLsYb7Vr#bGpD6=uDj90.$jucv1FbUVatVwt_RMZLzZqj9t/!C*O#1UYypQdiI$vy_5s5FCAkaT-BB.qdrndt$ZrKh#+?*FOMdzn/OVdOG2MOZmJ=M5yutxA
2O%M_I8T_a#CRsIIbJj@TP=Ag=jBg$D@2WPYq.1CeEse4_?GZ7qZlc_%so4f%V@+pQVQ-M5KihI?f=74UJkIFPOrt*T$KPwn8%dzgeMWio1qujw99b1HeL?omdhFzOtfTm%kzNpJHthqai5FuP4Xw#3Q
C?JPJC26$$tFd%yuAJ328Lv1P=nH-Zl+$7y4lF1vNOdYZG6AUYcBl/#@R/AAJNL$xfHiAaGEWOmsMK/zW1lBGm@WKohPJ?w?6t_64%9XmNzMFYu__AHJELsgi%L_*VIPM3ng@1J@*/V@AetbU?KsgdRQ
McvKGgSkZAP83VNf*u+y-$VBkO.+Uqka.wT7.GB$1*z31H*%9L.3HwbUbqtRk6tsi@#iwezkxJpT*F+kzwSoY#un@.f1u*JzKBfJsm%x%@FEH%Gy8bBPx/ESWDHyS$9$ic*pLm.Jq2@bTPgpCO##b8P8
S=B?yCzeYhMBZv@3H+e=f8!xxdyrNUA$-IpOFOS3#ksFg?ex9Jm3M#hSR6Pe6vyOws0Qcd/#.hXv.Yz@u5K!5X3j5RAfKfHxTm?zJqEQ?Qjnmr7#*pQjg1SU%6!tYhI%myWN8mEQmA0btkS7/Iq4yQ=8
bq-oAh=5n?#XA1Mii-Zise6Cx4$rK#UM_8qQa9Ru4GB_ABg$@!*%hNHipv1%h5GATWelO?R*IqK+DA.zPoUmX/MNvwXmyRW#_V_Ga-y7HBPagM_b4KbUPd6i$g*kYmX@x8!TA$..eZWJ.V.LaFZlVpIL
2TSCmws?0TS+a9eqjw#Mo@ai3S-44S+8ggVQvilFW_eDJ.VrG2ILYeP8FG-WTSSOGgGf3/wuVsZ0i=p/?1PUpZ3C33/w%jkmWy!yQujIV20X_5ZymrAMR.W0ov/BRtbiKYfrSNf$zufyKBIXkbBzKC_v
FMt*CQd*RjPr-2CXsif47D90gOygIE3dhv%px6=Ps1ZA9pkGB1Hh0F?N_QP@mP?zAASn*pDJSEJ1B@fVVwOn/GV=DTvRw!cAJ#Exvui2c2ohT92!GBi@20JUAkO5zkIRQw!jqvF*R3JctmmfA3CYm#mb
geCCrjvH=8/tzsO.BJtX$cjh05BzHCL1L-gX8!O=B0MQ4c?Fu%MSQSwvI_zULq@1e5uNFP_fEe$tA/ISH/%Q-Fwu@f9xuF_5vV09sUPYL.kaOrmVrTtIpx*@G6daFF1#KLnW69l+5C$UwrPKa!1ok9jB
X16D7urFG?oF4BUa?7iAl+e?O+wG!QfbJHK#8TFzoKwPdj4VjeogN9i@XcU!zhoTSEW*5rI_wm*lj@iHDCWj1RQNQ@HJfld7PApG+6N=8Lxqc/7P8i90V6*o1!X@fw6RmCiElgMkz@/oBLC6_lY=i8xj

52名無しさん@純邦楽2018/04/18(水) 05:31:06.69ID:GgptdbA6
中卒亀梨のヲタは言動がさもしい

53名無しさん@純邦楽2018/04/20(金) 12:25:13.37ID:d3o+03rV
eI.Z?/t+2JG$%FzmDd.K9HIFtku!4nM66c_DJ8jsEdpx6VtMfAaN-QiyzzoEL*p%fmIujX4qvp*PYVM9BKYNU8ibHO678Ph-SO=V0hh./v_qBz3GajQbG4jgPoux4JUpeY##OL7T_7sWja8SdBTB36Wg
.Dt_vlTy35EopA_#Zc6U@AUFf%V?2@G5r!d@UDBWUvu!z3q_mg48#Yt!Tfxw9Y4t$2q@Zb%#Zc-QIC?/YCXJuCbIQ!h*#ReWTzDSi.Qq8CKmqSj%CNz3Xo@_Ml5yoA%Y1-*sZr3aTBooM=pUw!s_Hzdh
0nTP*D_ktWQNu%s/FWpLPyu$o=0ow$CYv!0k!*aqvusH+FhUe_eZKRE_u+1BBkX?0T9QLTeJOhlH!oh9HWZ78-!%1ca1Baj=R!/*J/_z.qU3$X?i3HXZo.%R?kOS8QVXZKZuZo!VutCZcQ?e*?d0jXRW
MXEFFMMN$PHMRIwa*//bY_/kEJiVRfER6Vvj-9DVP-POuelvos4z-@@V9FOHJ8L*Kcr#t$K=51nMFkO?c0cr7/iiY9g-R$vT?=Yg%msV+nLNhk7hhoo9rn6pCrLg_X%u#PA!SVpmz#I9LZN+bDb$bHN=
h8?iZtNtABZ.GtH#k-Ogm?P/ZeZ0ZD*D7E+KnLX=kOrP3+zjzWUGlQ#p?#kOLF=$/tOA=K?.m=oQPPriG2CYkzg!*4N92osfm0m2@StDc8goeEknPHf%IPieXxCqxXNsFiIC9=E?tHs8nKMPN/AB5pPA
DkWkkktNwI_$We#1DTRP0nfoJ8sUHa0TMvsmNH+WmNT.7x6Zvhp/+?Ei?8CS%4JQ4rn%VN/t.QRL=?iqrcWf6EyfXxpI3#JyVtb+-rA+5Xm*fn002TMhMr%DC0KgPO%Ut$=y?Wrtqg6xB4a-9s+u68tQ
FJM=vPP4N33hIsIRbMYNc2m?W6zB1z+6$Xc-8FgXAF/jwzW61hWufiuiRiW20a.n/z6S!Aldt1rU_F68yg?#=ma+v%FtzhN4tdpjG_cSpJQ-Id6qa*xB7Lmlv@NG$r1=IRuAMcJj1P!rtooMrpd5ToOh
R@f/qa9fU/v!LhD%5*#08$rWpSn=zMM=6vLHFTULwK%OOXE$no@_.*wk?*-h9QM%.$h#Pf0i#Vukrt4K05iRms=_1vYHu.?IEXA=h=A-aDEX*ccQK-CO_tGHHltd@oEX$y9e2SYW=AMHdBlQmwTGVN0!
%KL8/Vf6JXsxsfF$P.JNnv.Ki_p4GRAiAu8Os8ihRW/HiOdUd7qermI/cXMxyH.4DEV?CSrUEEYE52E/u.aHm89*xruwKXZ_u3Ve=X=u8bO7bgCu*nn26R22QEO!x?Sx5Up@!o@Si%*WYvsiidlwrTBR
5+SIcM.TsJUWi27RKfiPTWy#1.%/@SLp?T9z=gSwtp4ISEO/TIeg+bfC9UPGuLuu8EIsd3x_386LjOI@tA=jVdUj6#U6MacLFKAVA0FSepWL3q2/dMaezAlvYNsG%thMT4DsSx1pe%e3jaVHY7/9c4x?
Y$usl!yxvUSpjUMzJjmjLYl94BY?u$S#5jwuFotCu1WvrZgsUL4HFS$OesncuazEsWM+NsFbhNI5.hzIPtksC5sd8hC?Gq7rK*r!Gk=h1dgI?Y2$V0dhwBb8-JoZd2mV7co%wD9pFPYR#IHwQ6.0LxXK
XXec.IUxz$9HNwgl..fxp86GK#uPJ85EyIu_CL*vrIggl/k#0sRm/ZH5Ta5noM-HTHvRU0Xy3Rfx2pRdHLY58oQ0mXzFCEja=FOg_pvXygMK!VqASU-d5+WuoRsQP.aM_zyfLrzH6@7.Hky@90*r4K%3
?vllssdf/#5ybqYcUN1T1E5sI9eH#gaG-pIUljnG.UNpJfB7$wKd*TwazdhpI4Zc.gXZp#Ur*Z4CCoRKUad7vLO9qxCo+_dKOg7nfetk/60bM0ME0z_mPO2Ouqi?ctui9D0A6nYkdhIbvpUtGzZR0dBX

54名無しさん@純邦楽2018/04/20(金) 19:56:10.28ID:7WYeLHXz
低学歴の担に似るヲタお前のことだよ亀梨婆
下劣極まりないな四六時中荒らして

55名無しさん@純邦楽2018/04/23(月) 10:45:54.19ID:+h3P5ZBq
wfA?oxLNT0A@4VyZ1j+y*9@@f$qNvGVnN98!?ZPsC@3dLOqw/GPsRv@EO@OL@p1aKZgSo$rk$1I30HS*ywLEBN8JRZpgUt7uVR!TTpINewOyaQQxxng+?.3##M6.b?GR%eI0Uew0nnR9ZUGUDV=fArrO
7*tBl7UZSDqp%vDN-h-!HikO8T=rTxhGh4uD%QH9!$kk4KlVpL!n+mhgRqq.m@q-zgwNO*z=.HIm*HKVt2%/LH#UJvHpLMLL3FB9HHDBfzO-*ZLu-VImxS!+Ztf%FDLa=+2Mg%DJk=VojNz1KY/Qp7#c
z-YJ?FUJNpuvWFM5LdwmxH@jeWXjN=-6X3q*tj@*rXQ?*l2_cCpoIOgtxdG1.lceHRgNjrcxbIC+1nh?JqBV+nYXB0hlLdL+4Hpe0bKto%odM?rDtNO-t$BBG-KEXfTD9Wg9T4cK3!YItcEbh?HZbr08
%/U*-ypMe4x82Q7G8fx3+*SP+_b-ipV=Oe+5/-9dBbPpYwFpf/Kf_uPRKlkmZS7VkYTnzJ1OiTcWLyrLaggPTHtxqlcxvuDG#w+S0z.sJQHnsf#T4?DHm0BQ16h=@ZxHizKJfU$jnyIf#!s.8F?NZ-!0
_.e0frS#Eg5#/fy#636$9@c?vyGNh0Vdxio1-HqUKUrj$d56nTdOU0j8WCzK%@u2jpQKr9w*FtlP3K5dcF$U%niUdibPMvslfB=v9wm034/EyIzK.6I+wDp_N?faFoJ@g0NuX0VFZHF3bCuAg!Nw+oX6
/Z.orGb5!V*ym06I*3qlx@?g1PaP5wU2EOmhAEK/B.L4v+Sz$QNo0n7X6yJWhe=$*bwPI28Z72v97qD$u#YMB-nzEVMV@H$_IHAKuBrC+y*b39UbJ#giS!ocCP2@90-H=ezq146zdDdvFP$cyd*sCBTy
o/fIqBdsmq_w8l%t#qfQd-4WGY4u5mxXK@APhcY.InlIioghKRQ1ZcLr0_H?1wdp25%ePTX-11AWYlRgykeqVqfLM+DoVG=VGTlVaf+gr-KMSL.f6jds*ahTVWI/?Mo@e9dP52s+_hffHj+03s%CrPuQ
U$t7xPTR7txjuqgLqQp*Sezo2+NR2BHdBs-8C7r4#N-HK=83ApOspaMHG=Cvgu0mCX5Ru8R9FNKSDB?ea08lm-%9MPgwd#4Z8NWdDvkmVJINhhMuwTo+*EoIreq!t_@Uh1V#Trz3viA*R0bu@ErKoK7p
9f*U/yYRbCmdE3$Te9bOn*_bAVxBohe/n8@OTuIWUx4dymNFlwCKkC#R##KHMR+k8$CQZR_NSQ7-@lvOgsz7Ue2sT+fgh!h-PNoE7Z8d#!+!+R4-gcKCE8m$MI2U!n64jL6JPVF#e4M8_#bt#e?wyrRw
iwY2j?V=2K#K0lWX6?_kphcg04iTD+/fVL?09cUOZn*OSuv9uL!0Xzew2bPHu*bJg.M+XDPhLcF_*!+Gm*KIs9$O9EOH!X%a?0bUtEU_/KSB$Yi1B/B46*ST1xgsoDJl45_/+tzV0P2X$AgyKxlikIH8
o-%U_q%dY+npFcNCNERLhaIAt5Re*GXfR=lmsv@e8yicZB7K9gCqB7c.tKZYwxP_#Ct?L15LgpdoCenSlfDC+uER-N-a75+VQ0ZsHJ912b+b%2Fxd4UsoME5H!HBL.A3i1B9ROyoKz_kTt/zM%mE_P1A
VSa$?Dpnee1!l.nfjLO@f3Sthj1N-QVChO!0Ek!RA#%j9*XeuT5nOk0hhvb#wd.Rr5wLc8ttc3ksA3YEsczVrWblV.3WTiw#5Egn3?I2B/hW#kdq#t01%622k/4Id#!mSJzybLLb4@hy59@#f1BpPK.Q
zmW4/@6MJm1-ob@nSeo1WYRU5QGabXJD8O$?Z5.=A5@p-w/j0w$_DL-RIHVKdr$nwm3K+vdncnRa48PB?MUyv=PArTmCa.J--LLp..%PTlQWAs3zPL*tbkdbNPV!pAp4Ctuo1S6vTTDvHhhllX%ZST9N

56名無しさん@純邦楽2018/04/24(火) 08:44:11.68ID:fARVSC8g
ZgJ2lOVaD-jy6j6kg+pb=nU8JLbJBKULjvtbD+B9-Z?D%h7uhivNr3%LGnTnjDu3bt0xENaMhCdb116A4K=E@Hqoe-rt9V_2t6/R#l9u373A?WOHqivL*S=aL-q!vdh+oN%3Eo2*hWUMO!H$85zOReRN
yPL$l=BirV.Z4gFoJ*@c*S$z$/?U9*.sd4QIH@NmPQZeYYVL_$Q0p@#qi7JB-u0bFrhYrM6yLO!JNH/?4Sxo1HOh-945uZcQym48$nwN6.0bwWn5j8WKkUf.Xg6gRlHEx6i-e613$Pn7tN2NM+Sz=QQS
li3Yh%u#edah=FMnnMNkOIX@uLBxS8dN3$l6dCmpQN7$2=%5BTODEXv*iDTt0#jgrr9GZ.J%8+Bp.u@Bk2DMSAit$QlPBjXk_5aCKd*bx+tra0!sucP-MU@y+Cb2w+aogHn6oNN9e8QO-f=bCAFp1h1e
1AXL08@AF!*#-bQpJ86Lr?7l=4/px84-%ar4gIuv.3Qxz*tf.yH+qzeWtyd%@iRoFlR$U$gHlFQmF=-80uXl*9/L!7nv*7rbFx96-Ss%m%6TGn9R#Fq=Xk+VZz_YQpH$t@M2uI8KWZ=qx4jNM@U!HEMd
K%XW4+WKYXAA%NBU%hcjhQX#0NukHMhjikvnjX%u?kB6WslHQZ1JVoH/og?NK_/NFwqBa$p_!AaRXxA_IUAoI=*$.C7Q-d3R6k*t?yKmP.NbL+A4wsmFWCglIAvVRFBxe=UB!YkkGk$o%GAL?fGp%vv@
e/VrY/rjg3ew7VqKxC0wXJF2nijomVn/=BxXj*l/P$+?7S.SCT+kAgmfR4ocL=lp9$97ff2Nibcn-*HPTF8KDCIrLr_b0z+03CJEIkw!5NXnmZmK2PDpmC7/ooGvlAExb$/*A5Och3$UOoyAqiAGsRrX
?i!j/_fQQIkPMN?3OB2@4%JSZpDbMUYms7tJGoaHcVuGmtznG@eYfl4r*J2AKCI?Uk+-m_C-l@ZkY5CgOuirsMa!iBa-U6emkU#S8dFa22wlX0qf2AxBommt7hHj6CNjJA*HC7gV6kpnA1wm!E53f#xv
pT?/_hT0-%PW.7t9kj/_$dxEbSRL=T!#PpB+H6f!!gF_LJY8sjXzw*nrYIf1LEuB#cZMDIzbRGN2*vuG8_1W#!5S$bfr3kfH0nf!QnNe=C9U.*zdl05MVtBDp_nVeZ=8sOscO/hm9V=uCh/FwiN-C7SY
G5I5X642vAl4DJkOuThY4Ek3$LKaOMoPfhk#7zc12*izWGmMIq-M7XVaikagzy_q9GO_6*Bk=YF83n!$je@r$+o@J8lO2%gGob.SGKg+Xe7?bO4#zrM2hSKD+65=Ki7tdhWp+hw%FW!N9Df+5VMWEc07
n*7=6E6EDQBUYBr4dM_d159Cq?UDDhruF6WL-w/O+vNVq%KtMUyHTr6!=hh#u@WZngt*6ds*P?hJbY0e!7o_N=.x!b$UnfqXgoXgZ1*$.Z6#%mOxuN=v0X7lXwxb$SSMfqbh?4W#Yj9v=Qsn#/pzfYKi
q7Asyed$ixgn*7ek0toE*rj1?nTXD72jC@Z*oD_pMWRqY4ED=p#e4pCbv1VeyPbW/_3oo*pxN2lL*zSx?nMrNfaJhudzDu!M!WoxiL++3G#5mMF0Hd/+K4G_mM4Ej!QU8qTCSQONeXrV!JcSA2nW+uCf
-uk!.8hEC/s*hgfJw/p8TKPN+@uM?.h+S9grJpWNT=c9Q@qiwGmtgVS52WpQo*bJU3/A0HWn.6+ZjQOy2PA3h7PB%GvMNPH%J/YAGu*ppj5awKzssxyv_mr9_U1LYjby/YTySey708pAjH+oa9EH0tkl
!4b4dZIeK!HLkivEgn/.YwXsWMIP7c*/#C9sh_7W=oYCf#dq=cmKq$73TbQRaBXbFBFYwj#LT-eX1FHrE$O=EB_d?LQVKUihRIX%-rdTzUeki?Vb9s?*IGQ_iLiOqmr97m7D$N0_QPVMGIx.Fkq#ZSmC

57名無しさん@純邦楽2018/04/24(火) 15:59:59.71ID:90uVrueX
亀婆て小学卒らしいね可哀想

58名無しさん@純邦楽2018/04/28(土) 14:36:56.45ID:EuTydAkO
eI.Z?/t+2JG$%FzmDd.K9HIFtku!4nM66c_DJ8jsEdpx6VtMfAaN-QiyzzoEL*p%fmIujX4qvp*PYVM9BKYNU8ibHO678Ph-SO=V0hh./v_qBz3GajQbG4jgPoux4JUpeY##OL7T_7sWja8SdBTB36Wg
.Dt_vlTy35EopA_#Zc6U@AUFf%V?2@G5r!d@UDBWUvu!z3q_mg48#Yt!Tfxw9Y4t$2q@Zb%#Zc-QIC?/YCXJuCbIQ!h*#ReWTzDSi.Qq8CKmqSj%CNz3Xo@_Ml5yoA%Y1-*sZr3aTBooM=pUw!s_Hzdh
0nTP*D_ktWQNu%s/FWpLPyu$o=0ow$CYv!0k!*aqvusH+FhUe_eZKRE_u+1BBkX?0T9QLTeJOhlH!oh9HWZ78-!%1ca1Baj=R!/*J/_z.qU3$X?i3HXZo.%R?kOS8QVXZKZuZo!VutCZcQ?e*?d0jXRW
MXEFFMMN$PHMRIwa*//bY_/kEJiVRfER6Vvj-9DVP-POuelvos4z-@@V9FOHJ8L*Kcr#t$K=51nMFkO?c0cr7/iiY9g-R$vT?=Yg%msV+nLNhk7hhoo9rn6pCrLg_X%u#PA!SVpmz#I9LZN+bDb$bHN=
h8?iZtNtABZ.GtH#k-Ogm?P/ZeZ0ZD*D7E+KnLX=kOrP3+zjzWUGlQ#p?#kOLF=$/tOA=K?.m=oQPPriG2CYkzg!*4N92osfm0m2@StDc8goeEknPHf%IPieXxCqxXNsFiIC9=E?tHs8nKMPN/AB5pPA
DkWkkktNwI_$We#1DTRP0nfoJ8sUHa0TMvsmNH+WmNT.7x6Zvhp/+?Ei?8CS%4JQ4rn%VN/t.QRL=?iqrcWf6EyfXxpI3#JyVtb+-rA+5Xm*fn002TMhMr%DC0KgPO%Ut$=y?Wrtqg6xB4a-9s+u68tQ
FJM=vPP4N33hIsIRbMYNc2m?W6zB1z+6$Xc-8FgXAF/jwzW61hWufiuiRiW20a.n/z6S!Aldt1rU_F68yg?#=ma+v%FtzhN4tdpjG_cSpJQ-Id6qa*xB7Lmlv@NG$r1=IRuAMcJj1P!rtooMrpd5ToOh
R@f/qa9fU/v!LhD%5*#08$rWpSn=zMM=6vLHFTULwK%OOXE$no@_.*wk?*-h9QM%.$h#Pf0i#Vukrt4K05iRms=_1vYHu.?IEXA=h=A-aDEX*ccQK-CO_tGHHltd@oEX$y9e2SYW=AMHdBlQmwTGVN0!
%KL8/Vf6JXsxsfF$P.JNnv.Ki_p4GRAiAu8Os8ihRW/HiOdUd7qermI/cXMxyH.4DEV?CSrUEEYE52E/u.aHm89*xruwKXZ_u3Ve=X=u8bO7bgCu*nn26R22QEO!x?Sx5Up@!o@Si%*WYvsiidlwrTBR
5+SIcM.TsJUWi27RKfiPTWy#1.%/@SLp?T9z=gSwtp4ISEO/TIeg+bfC9UPGuLuu8EIsd3x_386LjOI@tA=jVdUj6#U6MacLFKAVA0FSepWL3q2/dMaezAlvYNsG%thMT4DsSx1pe%e3jaVHY7/9c4x?
Y$usl!yxvUSpjUMzJjmjLYl94BY?u$S#5jwuFotCu1WvrZgsUL4HFS$OesncuazEsWM+NsFbhNI5.hzIPtksC5sd8hC?Gq7rK*r!Gk=h1dgI?Y2$V0dhwBb8-JoZd2mV7co%wD9pFPYR#IHwQ6.0LxXK
XXec.IUxz$9HNwgl..fxp86GK#uPJ85EyIu_CL*vrIggl/k#0sRm/ZH5Ta5noM-HTHvRU0Xy3Rfx2pRdHLY58oQ0mXzFCEja=FOg_pvXygMK!VqASU-d5+WuoRsQP.aM_zyfLrzH6@7.Hky@90*r4K%3
?vllssdf/#5ybqYcUN1T1E5sI9eH#gaG-pIUljnG.UNpJfB7$wKd*TwazdhpI4Zc.gXZp#Ur*Z4CCoRKUad7vLO9qxCo+_dKOg7nfetk/60bM0ME0z_mPO2Ouqi?ctui9D0A6nYkdhIbvpUtGzZR0dBX

59名無しさん@純邦楽2018/04/28(土) 16:00:52.96ID:WDMV2+zn
低脳亀梨婆さん基地外なんだろ

60名無しさん@純邦楽2018/04/30(月) 10:59:17.53ID:7m6f8PZp
eI.Z?/t+2JG$%FzmDd.K9HIFtku!4nM66c_DJ8jsEdpx6VtMfAaN-QiyzzoEL*p%fmIujX4qvp*PYVM9BKYNU8ibHO678Ph-SO=V0hh./v_qBz3GajQbG4jgPoux4JUpeY##OL7T_7sWja8SdBTB36Wg
.Dt_vlTy35EopA_#Zc6U@AUFf%V?2@G5r!d@UDBWUvu!z3q_mg48#Yt!Tfxw9Y4t$2q@Zb%#Zc-QIC?/YCXJuCbIQ!h*#ReWTzDSi.Qq8CKmqSj%CNz3Xo@_Ml5yoA%Y1-*sZr3aTBooM=pUw!s_Hzdh
0nTP*D_ktWQNu%s/FWpLPyu$o=0ow$CYv!0k!*aqvusH+FhUe_eZKRE_u+1BBkX?0T9QLTeJOhlH!oh9HWZ78-!%1ca1Baj=R!/*J/_z.qU3$X?i3HXZo.%R?kOS8QVXZKZuZo!VutCZcQ?e*?d0jXRW
MXEFFMMN$PHMRIwa*//bY_/kEJiVRfER6Vvj-9DVP-POuelvos4z-@@V9FOHJ8L*Kcr#t$K=51nMFkO?c0cr7/iiY9g-R$vT?=Yg%msV+nLNhk7hhoo9rn6pCrLg_X%u#PA!SVpmz#I9LZN+bDb$bHN=
h8?iZtNtABZ.GtH#k-Ogm?P/ZeZ0ZD*D7E+KnLX=kOrP3+zjzWUGlQ#p?#kOLF=$/tOA=K?.m=oQPPriG2CYkzg!*4N92osfm0m2@StDc8goeEknPHf%IPieXxCqxXNsFiIC9=E?tHs8nKMPN/AB5pPA
DkWkkktNwI_$We#1DTRP0nfoJ8sUHa0TMvsmNH+WmNT.7x6Zvhp/+?Ei?8CS%4JQ4rn%VN/t.QRL=?iqrcWf6EyfXxpI3#JyVtb+-rA+5Xm*fn002TMhMr%DC0KgPO%Ut$=y?Wrtqg6xB4a-9s+u68tQ
FJM=vPP4N33hIsIRbMYNc2m?W6zB1z+6$Xc-8FgXAF/jwzW61hWufiuiRiW20a.n/z6S!Aldt1rU_F68yg?#=ma+v%FtzhN4tdpjG_cSpJQ-Id6qa*xB7Lmlv@NG$r1=IRuAMcJj1P!rtooMrpd5ToOh
R@f/qa9fU/v!LhD%5*#08$rWpSn=zMM=6vLHFTULwK%OOXE$no@_.*wk?*-h9QM%.$h#Pf0i#Vukrt4K05iRms=_1vYHu.?IEXA=h=A-aDEX*ccQK-CO_tGHHltd@oEX$y9e2SYW=AMHdBlQmwTGVN0!
%KL8/Vf6JXsxsfF$P.JNnv.Ki_p4GRAiAu8Os8ihRW/HiOdUd7qermI/cXMxyH.4DEV?CSrUEEYE52E/u.aHm89*xruwKXZ_u3Ve=X=u8bO7bgCu*nn26R22QEO!x?Sx5Up@!o@Si%*WYvsiidlwrTBR
5+SIcM.TsJUWi27RKfiPTWy#1.%/@SLp?T9z=gSwtp4ISEO/TIeg+bfC9UPGuLuu8EIsd3x_386LjOI@tA=jVdUj6#U6MacLFKAVA0FSepWL3q2/dMaezAlvYNsG%thMT4DsSx1pe%e3jaVHY7/9c4x?
Y$usl!yxvUSpjUMzJjmjLYl94BY?u$S#5jwuFotCu1WvrZgsUL4HFS$OesncuazEsWM+NsFbhNI5.hzIPtksC5sd8hC?Gq7rK*r!Gk=h1dgI?Y2$V0dhwBb8-JoZd2mV7co%wD9pFPYR#IHwQ6.0LxXK
XXec.IUxz$9HNwgl..fxp86GK#uPJ85EyIu_CL*vrIggl/k#0sRm/ZH5Ta5noM-HTHvRU0Xy3Rfx2pRdHLY58oQ0mXzFCEja=FOg_pvXygMK!VqASU-d5+WuoRsQP.aM_zyfLrzH6@7.Hky@90*r4K%3
?vllssdf/#5ybqYcUN1T1E5sI9eH#gaG-pIUljnG.UNpJfB7$wKd*TwazdhpI4Zc.gXZp#Ur*Z4CCoRKUad7vLO9qxCo+_dKOg7nfetk/60bM0ME0z_mPO2Ouqi?ctui9D0A6nYkdhIbvpUtGzZR0dBX

61名無しさん@純邦楽2018/05/01(火) 15:39:33.23ID:QqbcVbY9
1cUex0EHwlLWd*c?z8c57j.sg!2nqxNC5KjC+I.QaneD8NPp0bfA/JJl%ELg#0QO+B_hSqJ9FuAOO#ZraH7QyonGKFHpF+79D7@MAOj#WE2IEup=pJyM9aos?JnfwnU1llZ_Y.cM#*G8nBoDvVSRsGrE
.ds*8??K*=SXIoJBwi3H%aWnIL3$3+EQHh*.C_c@=$SF*RY7Yn_JsDnSNSvmkn2DiF0mwsK.Idn*VGDGx*hL4HumLz4q7.I/W#7GYDv%UJV.gbN=cDdX/8#Jx+.@_.9PAm5Cq8VQz!6U6BJ7fyF*dDOl
C/7wWAIQh00*!sye6hyhjV!1_P/uWnM!/!J2h.B4J8srPxrCu@d0B%xBDfxVB.ot+utw_6Yqgs3NYOly7m#U+MoF4GgnWB25zuYT7o+9ijEDfMVw69p2kgQNnIQfPx#JvZR$F37Sng1*IUwcrPTIefSP
5KN/3%f4/Ul!U_Q6@nWGJFgv%7oQb3KgxPF*fxzR$Kg=zvBt4EyRoI/AM8R09QzQrMCXnYkfN6fRn%7caYc=mfnPgPk2Ym!54E$acnL?NC!U.a8jG4U_QXm!f5E%C?wIj@_TOU1TJmnx82CJAhLY6Bnf
8*bpSJeUpvWDAovUzUnr5aqfI0*5gd?//NS3nqge$FKNu=YSx$AEYgxu*?0R+kzOY!ktq$pJk8itWD?IUrS0oQBnSksv*GNzjCZM0oGzVf*P+2m+auhC=/K7iJ!ez.UWB=3w5HDoDg0wd/y%jNrRnD4?
sYc0x#8cTCLIc99LB%HO=c*5zu5+1_qLIRvi2eeJi3C@H$tYh!*b8+/wDWPiveBtuT91jbsClsExxMVfL@?.rJkbo2%V5XvhFOV38UmEgYnq*KFNTfEe*I=2=HTxhcbkE$h9scIc!uRx2j4eFEoaoYSW
eQ2J9al#B0z*SOVqGtix%8oipj$p%pj4F6yH0p*0bRyWiIK=Zk3hc=e36!JWzIq6@COxEK7ToKc23m=E0#ST+*%+XDVH4qia*e7DI/heV0Q#n=MmoXxs+vMU_pRKVkvz@!icaB$e2yPO6jbCQPFGvGBN
X4iKb!7R!rAEWas+295AGpy!?p2PkL$sViyffh+A7VUe+EQk%2Pb?7OSm3mHJabKYVh/S@gBAHoJhQzXf=_@Kbn%iOARoNN7V4gdmhPHwXx.0etwm*QRDs@6oneSCJ1!fEhlPIcmcHQF@s?j*izk4Ox4
3LPBOihz46i.woD@UVw6mYjP9skalJeUlkptAcHcngmChsLtXBNqF4LH#Nq0SSx29mB4XT.elM6j@+mk$oQZ/=8bV$f95J%c!OA#hTG/W.q8S@Fu3doTLF0qeh?oPfc.2*0wn4i4g23JOzt5xGYHDza8
ojjSG1N1wyTx2M65Tvfzl=FMoYyhMWc1yYlZPUCO6fK#d#8vl9P9BnR/rQvTE/iseCG/*$TbKgS+Pd05CYv%JVBf$@hC=1_ANSn=GVj@xvjrq?$8oBf#z1@?nYN0/S4h!bH9wGL99aup1d$mywx_fEJp
1wvx*1$R5SeH5q6TDmVQFl#Gkx7r$#%%T497rIk7RcPBy*Xu9qx#y?=cuK=8XinE_h*Bl$c.b3k/dH@BuYh?1WCWc111Th@yg.MGfPb8=*zY8hI%RABe6GlN6M9Txw6o_ChYJ7+*x#3!NNgMld1iS?CP
vWH%zqw_Eg.lX#.bN8$IXV484pr5DfhlzWrXct?q8#r@sUmyWd!j?KDqJNu**KgCkXwD/Hp*1nO@mM%YsUtI@*CijLamTI%/fJLv1v!H**k6K.QJ/y#bcVU/WWHA#8wdW916Ra7K7p0WBq$1?$R9NzAf
QLE*aSYT*_$Ub%B08jy34=RRVJW6JiITLtngQW0hxFwL5Fuho+.vr205rzTJ33=_lENiVka+n@kdG+KQY8WCzECe4@*/IFXNFDxSV=3AIjIEre6LGVXshoGZVRvow1FRkFmC$oyGvgP4iVzHPoczHIs*

62名無しさん@純邦楽2018/05/02(水) 08:37:25.65ID:uNulkC1M
けんちゃんのレスアンは癒しだね

63名無しさん@純邦楽2018/05/02(水) 17:20:37.27ID:tnrJhj5f
!XI49OXwkarIH+.H9OUYId9pDKaZeLq%Lzv4ONhZ/Wd$W82HS!hUZwpbvO!ax0wyz9M2KPHOQ_+G?D%6HrAoksrje*qa+/bTYz6#U+vIvRYv8/jfL_*jFRsl6GWfwHhcT70Fdvc#$?aTZ6y@2c6z6oLX
EPf=1k26pWk?aFCq@7pwbD*8KM=Txwmq=G2MIlNT_uyB1Jj1I7r?oKuwiBppCk1gZC@8#1+jOucOf/nKjT4h15228YfkOG34#vWMIaZ*_yT_?!nb*XjML0DUI#lm_hyLsM5X!SNgtF3CCkarYe#+of!H
jfdJKH1Y/O!u#mC=Nkc7t*QeHL6Z6O5lCxNo%v%HPxC9nx.yESwLnuDeCU1SaoVkrhby/qopIVIPFW=1my/kw71G@VL.6vp2Qx/3O@1t.JeQk2Bmlf2K6gLwcdShh8BoGSxY4s0WEFRMax4AVS!sGcSf
%ll9up#@_/E*Cgj2Sg/SkD?N#/%BVzvaytuiKDzn1Lt2ymuiwQ_0!ZzrD7DotDB..tWm8%f/NBoyriPPHyh!xoHtAl6H+ILx_cV7Sc8eb/x+=Q5*91uUIf26fW0j=?h7kVFJeS5*pgdbX#KP9S$aP+Ff
QMP4XBT4g#e1Qbi/YK@#N1V$aWslc_9%z2OPz+xrT%/1A+f6v%fddIlDdTJ!xhNavOeeyQ*8ej87%mdBEA$P@jeVOtXRR1EeA$Amex=?*IlfeyWcs?JDsBXPy2PRCjMdwJBbj0NZQjp.9_FH+4ZI9pgI
0I2Wg9S?yuzN!jWB_v+PP4rtXnVFcD@5Z%1YXy@p!G%7fdIWT#dynq?4+SaGCn%7RgtT3VeYNg?6k%RI9$U*4YdlVilBIcO#H/ZF0W2Wl6Hcwj1QeFJBdCTS2562DOtPVGCLH0H54PBG.A_h.GE3a?Yl
#ZBeHisU@30tTlySxAKQdDhY/zGOL5zcznG+2Y$Vhbb2ebDc@YrECp#ZpVO05Il3.MJ1RQ=$vcIYdBNba5iTaR!wURjYf@fjE8HiG9UeMFyYkIjl4Dc6*Y23Vn9swunqc9JL+E6dSQS/f7BZzCBeHmzv
?@rrEO0XRIFHn=8.7zN*GSjx6AWs.6PNTHw0Y7gOT8tc#DnBnYyzoWJ5jtSyc$fPZXk.1E4gCNF6ix_$QETwXB6N$EAgVU?QcHcru$lNTqX#uYJy2#g+XXc3!Bagm+Lv2iOJr_gpbi6w#/EhAueB9w*G
IOFQABaQb1@8sC8=UyjLVcZrtTRw%RUO3IB!cphZ3GIVbpyyryLgI+!p3W?aKjPUtozTAcTU@D0FrU_S4cnxXqaGQC!HWC$l2$GB7jNfZgj9d**!?0KM*pUL74J?Hnd3sF3DXtRXbaVCyfe4F+1Ci$w0
3GlGYt2ZDiCGbha.$rb*8*2lrpj6F3ZL72=j!hXk9UAwEzohYcaF3.bb/Rxi1aj.upbC%KGheFst%8rB1g7j!o7T*m2!Z@CwNr89x8T!ks*VkcuTW.qxCFn*L0iP3.$aYaVcyRQILCM08H.sOnR9itPE
ni=VDMt*d@mVCpw!$h#8FTxkUplS=@pM!D7z1au_1_pzl5z!C2x$@Loq$lzUmuVa7y?/Vx*Y3/x/s5ldzlI4LcP2VBhudRU@i4A/uK@NQqLBCcQ%yJK4O*IN6Np@Vld35eC9GmxtQ9KN+UzL0voH5S3n
Af5I$mW2e0W*=pc2T9ee43Ro+TOcdzo8Nv!Hxn7hBnZp3?n0$J3O1Xc*+UwO%pE#EFz3J9%Xo8pQq84rsz/s1bluih/Q_vGheITMnBKFR4PK_W2w#bDlpEasxpa_Pg$IFfe?.Ndw!0YZOu7RTs82=FyR
OdQ1qESeFu8gTb==#mwcALsmW1IS8_k!PSpY+1p1nng@$!ch1/O?EoUYsCX0998N7n#%eFu@#38R+gkZakG%AWWFIT7M8oG+@VGfo=6.e6RWcnCw%Yr#EXlNY.6gBdw70i6xYQNDfFt13eZ_lBtzfJjE

64名無しさん@純邦楽2018/05/03(木) 13:44:42.34ID:KqI+860l
荒らしの基地外は亀梨ヲタw

65名無しさん@純邦楽2018/05/04(金) 13:12:27.14ID:g7bk6y4t
HCxo_+oB2N_*Sc=B.fCF?dfGi6Q.lBjHPU8#8YLaq856yUn#NLF$ueRXe?Rc0*wW/pH3@mYcmT$PXdHXqQXZkU#7ENn+1tSpPJ7l%3VUvZ/+$JEf$xKch!O/WRKXLT6DM3e/7O77Ku3BS5En.GybJnKQ
uQRJpnbZABika.XstSJrUwad@k2TvYfd*83e3i%HBx8a2VtVoDLcexQmb.Y3r$swxv*$u$Bi@78O=4MJS_I!e/$WITl$kCx%v+QHUYbwgMyth0eaEcz8a=Wd0JpmCJft/JKqOWa.YG@?3ZDun?TdBk0+
+Qn./GyZvDjn/oEaS@xb0If#Gs5+1NyUDcV8Gx#SGe+_lIFeJEqhr*zj$K#VYBPpbP@M./#$JJbSwI9CZLuTRj+HO7.FU$*%UlgKldlGwSJNnGRU4BISHDK.KW346Lm8ma5.xGM17BY50tGCP@Vce+Dw
$G!#5q.W?uLJSCceoch5b5p#alq@NWIU%c@3SMT*ownkAmknylHpPFSNd5r8zAXO7Rx?s+35jS=We6%S2H@8_dHS7!6SjMk9uI97RSBX3.qHt_h=8i2!Cz$CiUS_+infPl1?qUREniOQ$0AY8.c1Ti4o
UWWkQK9EYSO*clSvLz9@a@9H1!9zgdU1Big+Gwh9vN4RQ!uRBaPD$TY6/Np_inlBRYJ87mREEHAPbdXQ9fWF5KqBn+oOWb@b8Lds6rWY@$B/C5wycR?/T+9#SmbiFeJF/l$m_0XJymr@dlN*3XMtO+9X
Yq3fUDc7CfDMEVdS=+T5Rp#PJbC!56+Iy4?=oOe/pTjRfn+Gl@=80Tq*=D4/M5TP_l$qxiRIl3Lov@RfY$yT%+3JB8T_6u0I5hN57l+?K+AQc5EZOvV4oq?@d+nWu9XtbCFZRkhQZi%E=U?WPqeke@EC
GWgRS_yCG.A%uPM0FNCjk++s%WZRoxwp_J3.mm/R2GeT3g*Lq_.I0HG_HWv=6YfUo/OQ6/#b0@e4EPMzoud4ZnHY/RAfCf.w@8daDY_RObn2N_Z7v1rkjjeJdXdiRV0=fDdJ_=%.JL=ojM$0ilwKmh_A
x9.MckvTiY7pgkiHm_1D?7@%E*!4jS2ekP=BYNNm6Rc907=U?8wFlPvav6ltk1WH20PsgAk$x+CX%Y3Bdy#uGm1cw/8Yl#QcR%.IK/#I.qfIDNB+tRN2G_l/nR8+cqD%.%o_3tl.vD90e!$6guIChXES
n/eB?*d0Mkf#wrI/r7C=fypaRlfC@qW5zL92Ff2IoX8eS6arLD7nr5u9OLQjO?THk8iP5.UAhU9CZlEL2wPwikQ?+b_ZrQgam+i=4D@ndaMbv7nueZH9zqD_Kq1atL/ElY/wJwfjCde8$qhrTr.zRRSi
uOKu8arR2PR#HIXX24%S52l.yCHbw0a@l@6Qd.brW7.kRFGYaaBAqURgK@69e*M=DRCNHoHLnYFr#m_2s@UmCla/OVch6hg2@pq=k*xWYF+R*m!1b0%JKuDldOY6iADhcPvBeCTLhL1If*SlC%jPBEdJ
hj=1D8bBE*Run!?.PFtD!WCESGY7/X4_T_NnAm7Gqig1VRq05qFnev4Hd0X6/e7@EN1f/9qSCWJFWOMx91.eDEp?EOB@cvewmFnz*len6WR3FM2E!z@_XQCxz4NV#VzC@eu/nu4lgvcFwtgU01L6aGZa
TQv%nt$zh0me/6rzV=4OWrrZZ?cz8yT#o%uf@e*S9_.!wWH8KH$5%L?U6dEBAj.xmu36YPtFroOvV#1orlj+aK?n=P6Sl*e%0@w*3brLCoX77uv@Fx8s9#AJzvj9m1TlzwMzMpB@U9_l76+fQ3Ta/dMr
A1+_+Kf%FyQcZ+OcAsR.brdPTiPvpcXmSG+x=v+gkN%YQ%.vsQPlRh3rq@ii#V*ydgitH!x839kEIe@MWM31yyG+j%M6KRFZIS!xBwM+JBBuQbg?pFg*gnt$OH!3tw/bWmcKIMpK*pL8zXcw?LfMaI#3

66名無しさん@純邦楽2018/05/06(日) 08:44:01.00ID:t5bXD/qn
291BuLF9/!esSctLw7jhYDTyu1*8mFXgvyUswo1Uyees4t?6xJ!U$bZ.j1QJ_=GM9*En5W/ENpYZ4@Hx=48/70eus=5e2XDRSHuMloNb%i-=khMz94U3VUx1nPUI7KCIWsZoZ5FcN#54whBlDOEeQFwh
bKOS=7/BmBvGT2djPauK8_lnnyod0LmaJDhFKyNI.oPRg5jGoa+0qzwK$p8nDiBLyrh.bQrolR8-_OKt8l?JdlVF!nIQUP!wHl5mvdxD1V0wrBxy.Y%HDhwXYoS2bw%?VTEWZwriiI/Ym0rUp*rZ%GHV
I?w3uU.G7NzvnrJp8H_w-F1zD6wYrub$-yVrBLYuFw/1ooccAm7qbOW@wt#.1ds1KUS!UhCUN=Y6ifLk8Ma$w*FXA@%PtLXLx_QQIxPZ/50M/wtIUIX4P.#RIMYBrbSQR65e+.bbab/Q9GcO/X*ST2f+
.ccZiPQ-3#cGZB5!oZm+tO_S_hl@=Gxl*xu-m/w2=g#3UH-?ia5vJX=/T.lvrux9198#tG-aYrlumyD=@dfFRJabDBDWskVv42ZTcDb8mEe%HhXMG6fMt#!-zF#z9aMVoDwj80X9$3qipj*oR5=L8uNp
gPVz6s7NUfX8EvJlUoUYyQL#bG.wb8EDs=Lo*P8U1N9ZyHBx5@3@!yZgA.kElhS5g0dES-aF=/JPaBl2l==n5KlM?03$@=AvD!l-BGdf%vznE3iEx1AZG%Rfk0_Hfd%vQVoH**SlkON05zbmUHg2L2Bc
lpi5xmIBxjS5eKSde?5KEaYrcv3O$C@QSMg0JoGRCQ$j8tW%Q*tqVWB0V=Qbb?g4#tdWxEaTi?QZc*kxX!_a/%H*+KB8zI?y7BzV=0TBH!ZWkuMCCM%?sY3vK@mIfcyNoUZm!o82aAp/-K#_Udj+j8iQ
ZFmWEdolaT=sbAy0?neh=GhGPJ*AS#8F5?QHWupxi2TpK/4.#M2kRdf!=QVz/?mj0%f9R$1%_b$xyR?gJk5#FPyo$31Cg9A*+/+ppK5#w*jQlw%/JAk5eMMTCPJFhq%e_l02!8vFzmFeenOk2l9$$eST
?HguO=pdIU68p=#Uo-*ZWouYHGtdHF80E6D$coD28SG!C3Jq3X3ddu#JXHNjtaDks*q_BFG!3TywUKN4KM/vz?o!e/q_#qb%L!B*T99Yd114.-wWDJ4jyG._ZXW2DU?-hw6e1KT3?X#Iy+Hu*ljj7dqw
X.uyTTDLaLLQxj7Nw/lG%yh$anNVxBccrZJn5Ge@qoV6TWURZZU3**lI-HH$WJFm=yx/vEnO4IVXXvmU8B/BSyBzr!8WE@E3wD9fmTeGq=JQ_Hi9md!5M1eP9Kl.J%8dcxGemjI-QFdd%zXva7y7/!JD
tZvQ@moyoSz3@tCRxsus9cAIc8-$JiZKfBE13J4GtqaG2E/VGpP=pIN1HZ$Y*7OlUj#qvfbPfpPT=i6B$.z*A2!2Q5.S0..rEide@CH-RGRbA$tjI3L4QFnEHi8.vW7wa#tB+eLj5@j%gZ9p3o@!kU+5
$.w_ESjO?1/488EkQJ#cXiM_yAkQBC?W+fW8pRrL$tht+aM%LLOI9J.jMt6+hvm-?Mpak=-1uE_tyf1Ee%Oqzo=S_Uwc=452ZjsG?3M-pCoLn*@.0sI$oAd.n#5rg4=GnQGMH?D@Rj8C0_/JY.u*ZR4?
P1Ci@RlcLLjc#WfD83NN!3VcHQ/ZS63oaTUn_tOlCOkpsS6zeWNSxnDvJc!rAacbyTdMCNCNeeUhE5IK?7#O@daUtuTrQ4*xH9MAgMq.4-g#FVH46##eK9M*oZrf+cVz*PSvEexUC48G6veURSVbw1bu
$2qan49WFj!MXWi-yBq!+REaL@r23#qjE%F+Z8kQuOS8Q1ced21%.t#h6nPf2Y/%TPdkI96.Xq*$jawwdZSQiY%UwCh+5Ve1obWreqI2l.u@FBwQHTfC7LVddRgWEzg!28KT3ytRp@a1+rI7mNNvH#I7

67名無しさん@純邦楽2018/05/07(月) 14:33:00.58ID:wE/JJ6oP
yJs+UpGFptF*nWzCuH2+JbDfp%kgmm!lCxu0hy*jV*jW8P3veNDgtUzg0RA#Y7CbUbIS#WO+Ujg3Q@_NzbX8km?1%b7wL5EBwhYorJNvRekDC4fNH3B3uyLHyv40JS84Hxe9JFxD4W3C$+n%!p/PuqV!
%q1qr.mpdcy=tfs0Uih?YVQsXV/3.9li2xMdboZXxfie0G61dRH%wffoAzYoO?YThJzOyT2nIGn_YAFAaDxC#qttcT41b!Z#d5kA0KFcgT!Jm.Kbf=Cdg!7%ku9AKKffza1m!G8qM77o?!5objFerT?G
SkLd*azCHU?ubEWN!rF9gpO$X7tq#Bx*z6Nwr9QkaNQKGGF7YSkaTx.*xI+5825DG180K8KSjlmfjYWN=v93liPIP=f6mlnl2Zaac2_M$RU$$Iy3hA*6VMLu9Sw%Tn.kFh4GO40ambK!b#p5qeM***G8
S87GPSX$FxGp9d35g$fSswnipwK7#U0_?YP%pOB##*f7BKwPXCYbB%tiCJ@d4WdAh/#NGW?IoB#F?S=iHm?AVS1bcV#2KwUAszkMLhjPl6Lg@3qzfyeIG*1dQD$v$+/B@7/cJBa9Jfd%WpQ2mx!xTrhN
tp!*KOKwR5KnoyetC/T+jDQ/wz$1aJKRn8VK4VIkyKiU#C?WA2%Fr@_%_Jb$bw8L=gClOtYHAVWr3O5gxYWOh.56Z#yyJwAsNNN%L2pXS4LaQ8zUGGwu+g*I8a4$k_0NeHbbNg?0O8Ket+bmxVlWw=2x
uK!jE/QxzcCuMb1iFHUZaEI_Et$auBcLG2glfTHPRSz?PkH6VzHublA7P5JjGgx$+AfUdo!kJTAkNNBD3j3bXwElaSOyK3NkaL6m#eKmS#8FA7SgIXM+@99L_z4rdx0q8/j*rmQ@js%l=_jQ6gfZukKY
kiP5%tND_?HjoFehvs=pDBDTiQ4UBtqsHu031I3xoU@PwPYXDk_6LMOuYhuBpcmkMfB9goVTK3HcGoGIkLNOZ7_MDU6mZN47RK@3AXGk3V_!K5E8LV$Ka*S4$ba0sk=+TR3ndArpD9Eo93A@5y@.uTcG
C2m$Wk.%nCR2VixEa=2W$V!3mjIy@*eIIUqzozud?a_#us@tVH41T9PHnf_M%9rUx5d3ujmoN!F.Qp*Al6H6*+=8K.ztu%6qeyKfnCHCHQxCDhTG7nL4DnxdBIGdq%3hm%EmG6.Bgpd+ENChS*fcpx+c
jN$5RR4msg=PL%=plh?4KnZoQZhWJTOja.FyFGGsG%q3e?7kJoXtCHYll#$e$bOKx#vvLn1A973?4@z4szZ_?G@Z*GDIW8QMF=HjlaP.x#V%@z@N.OuxIYV#*N%vyinXXy3Ik5gmiQG6bvcY2JVphBJJ
=1DDLJNrfomU14W9.dIIvGWerxmq9oQECI/YZ5oeF1YagpHF+gLgDmfR1N$320#oxoProV.Qbqr9Z8d99k!rue0M8mh%VRopLJ$k$lK02+EoM0bK$xHR*UxLe*cpW/Y!@jbFb?0B?QobU4AAwT%6P2*8
wo4BxSD9phHu#8Cn*C3vcqiGSv8XEIB+1FEKOaQa3tw3U62G2nSPbtC%sT4f0pLT068iK.L#slSF0/WYKfvrVwNFcu#EgeJdTZtqi7wmxSzA@CkaVbBZw_N/uEc=%9nz+hH%VkVmpIXs$nwRTzXmJIta
vsasaQU%GmRdKrI0DZEC9xWCPIRd9Re2COJyiEEIs.l5h8c8tRG2?E.O#Iq+PtmK4_3jr**9cPtr5YTDRjRi3*euhOzdX!muSX.MXSX$xLJhF!S_n/uZOeMaJEy*cc%rKV?_oi#FrXp+Znj4?XMcSTYG
q=hb%XfoL5SmbOOoH.Uui?nRcatsjYT*Rvf$NXBon!/uXc1?tMM=mSeZiYq9/Eh#gjRtagVL*lx!EuBowKLtPwL%UcXM%Cei*biRo+RgnNJKAXFIdJANye9K#ZL#D.ljW%M4K3dFWDIMbrq?fy*MNkc$

68名無しさん@純邦楽2018/05/08(火) 12:21:58.51ID:YVoQs8J2
yJs+UpGFptF*nWzCuH2+JbDfp%kgmm!lCxu0hy*jV*jW8P3veNDgtUzg0RA#Y7CbUbIS#WO+Ujg3Q@_NzbX8km?1%b7wL5EBwhYorJNvRekDC4fNH3B3uyLHyv40JS84Hxe9JFxD4W3C$+n%!p/PuqV!
%q1qr.mpdcy=tfs0Uih?YVQsXV/3.9li2xMdboZXxfie0G61dRH%wffoAzYoO?YThJzOyT2nIGn_YAFAaDxC#qttcT41b!Z#d5kA0KFcgT!Jm.Kbf=Cdg!7%ku9AKKffza1m!G8qM77o?!5objFerT?G
SkLd*azCHU?ubEWN!rF9gpO$X7tq#Bx*z6Nwr9QkaNQKGGF7YSkaTx.*xI+5825DG180K8KSjlmfjYWN=v93liPIP=f6mlnl2Zaac2_M$RU$$Iy3hA*6VMLu9Sw%Tn.kFh4GO40ambK!b#p5qeM***G8
S87GPSX$FxGp9d35g$fSswnipwK7#U0_?YP%pOB##*f7BKwPXCYbB%tiCJ@d4WdAh/#NGW?IoB#F?S=iHm?AVS1bcV#2KwUAszkMLhjPl6Lg@3qzfyeIG*1dQD$v$+/B@7/cJBa9Jfd%WpQ2mx!xTrhN
tp!*KOKwR5KnoyetC/T+jDQ/wz$1aJKRn8VK4VIkyKiU#C?WA2%Fr@_%_Jb$bw8L=gClOtYHAVWr3O5gxYWOh.56Z#yyJwAsNNN%L2pXS4LaQ8zUGGwu+g*I8a4$k_0NeHbbNg?0O8Ket+bmxVlWw=2x
uK!jE/QxzcCuMb1iFHUZaEI_Et$auBcLG2glfTHPRSz?PkH6VzHublA7P5JjGgx$+AfUdo!kJTAkNNBD3j3bXwElaSOyK3NkaL6m#eKmS#8FA7SgIXM+@99L_z4rdx0q8/j*rmQ@js%l=_jQ6gfZukKY
kiP5%tND_?HjoFehvs=pDBDTiQ4UBtqsHu031I3xoU@PwPYXDk_6LMOuYhuBpcmkMfB9goVTK3HcGoGIkLNOZ7_MDU6mZN47RK@3AXGk3V_!K5E8LV$Ka*S4$ba0sk=+TR3ndArpD9Eo93A@5y@.uTcG
C2m$Wk.%nCR2VixEa=2W$V!3mjIy@*eIIUqzozud?a_#us@tVH41T9PHnf_M%9rUx5d3ujmoN!F.Qp*Al6H6*+=8K.ztu%6qeyKfnCHCHQxCDhTG7nL4DnxdBIGdq%3hm%EmG6.Bgpd+ENChS*fcpx+c
jN$5RR4msg=PL%=plh?4KnZoQZhWJTOja.FyFGGsG%q3e?7kJoXtCHYll#$e$bOKx#vvLn1A973?4@z4szZ_?G@Z*GDIW8QMF=HjlaP.x#V%@z@N.OuxIYV#*N%vyinXXy3Ik5gmiQG6bvcY2JVphBJJ
=1DDLJNrfomU14W9.dIIvGWerxmq9oQECI/YZ5oeF1YagpHF+gLgDmfR1N$320#oxoProV.Qbqr9Z8d99k!rue0M8mh%VRopLJ$k$lK02+EoM0bK$xHR*UxLe*cpW/Y!@jbFb?0B?QobU4AAwT%6P2*8
wo4BxSD9phHu#8Cn*C3vcqiGSv8XEIB+1FEKOaQa3tw3U62G2nSPbtC%sT4f0pLT068iK.L#slSF0/WYKfvrVwNFcu#EgeJdTZtqi7wmxSzA@CkaVbBZw_N/uEc=%9nz+hH%VkVmpIXs$nwRTzXmJIta
vsasaQU%GmRdKrI0DZEC9xWCPIRd9Re2COJyiEEIs.l5h8c8tRG2?E.O#Iq+PtmK4_3jr**9cPtr5YTDRjRi3*euhOzdX!muSX.MXSX$xLJhF!S_n/uZOeMaJEy*cc%rKV?_oi#FrXp+Znj4?XMcSTYG
q=hb%XfoL5SmbOOoH.Uui?nRcatsjYT*Rvf$NXBon!/uXc1?tMM=mSeZiYq9/Eh#gjRtagVL*lx!EuBowKLtPwL%UcXM%Cei*biRo+RgnNJKAXFIdJANye9K#ZL#D.ljW%M4K3dFWDIMbrq?fy*MNkc$

69名無しさん@純邦楽2018/05/09(水) 10:01:31.64ID:4kQcgBrd
ylEwQL9+2Pg?69Yh*%t+G7zf_-GQcZjjSQoq+=Zg0qh*ej28*oGq5TU@p5I!lEFMBq_ht#WyqPuA1PmZLD%LdU7tqTwM%ISr5KQ/1D=31DN57VevfipbPdoLYfm7X$YOCdpBq_3sM3y4Af=eEFqUj*-/
y@o%b2QK/DhU%%ea!vrWIkr6V=eGmSfu_Hr5HTGVnCl9V.R?VhpjBocK.2!+3joKfH9_TLV_ljYA$Oza!aRf.!UIXvyIHba.qkbQj@CPT-pM4W6/Os=vdnsIvfsMDnoh7/TJRU1LR2t678tm*X*LY#M+
CrQm@5_b6.?3xYbCxYZzzvNvyGI!=t8k#rMxu#IPfZ2DN0O-HAwW/3jc7gCa@X9Xll0@V0sfg3ORC1TgVh!8=RdxrPgnKz*-f7XxljyuDFwurwl3Lx6ViVY0_xcKmiYa-n*8wNw3eQdg_C/P0NUOaCxc
hKnpF.kW5bD8OctvN7+6ln%Latf3SDX=zniVH_dE#WFNkO9G#2DMrsoTpKRgxg456%7NN.WJon8yf!Ecf%%SZWCJfT=gJIB1gp%Ua6_KZGIhq_wIqh7#HwMW++#9ooZ*jzCGe5!ZWtKd!-$rFShxzYTC
YSCH-vQdmbFQfOdGSmd7%f6anj1wyK4JEol%OKl1KxpK0vAf@xWLlqq$F-6cFjh7t8#u4HihtpcudiffK/HBiMA1Wi8aRlrTw.t4T9c6i6y.-F@03HLlftcrGw-GP_5O@dQhmg.*ED5$PP3gUf%/+ib+
4mUp37fsdjILWV$W67/m03tKnRoJ=22pz5KR-zyZ@bOi0@LE8a_#pTVo@t=?gVtX$/xFMb9SgI4O*NMCW7sOHr@%hCZBS2IU1KaI7ns/8NvJ.eTeq3hOWg2w=ZG%ivx2mbmK!PfZKmqVN%bNDlg6f/7!
0AW!l7Z6ty%MAosgtf=BN+*%.DNVa8+uwgVX9/d+Qi_!1!I2Z2ZP6lEtf-a_Ds.0yaD!lsDdPBk0cA%1.-5srR1%ndMr9r#Q#UkN5E5Ht*$%ctTOoncVQcNz+kRGWJj5UkHlt6+1bN#m6BSYJQGfJBiw
Sn*P#AJNB%2Yl=1r*mPFD=G!eIx$lq-_F*zwSAH7y.dWos*?/zYan0u/hv-cDsJv30Z3jfwiplZbiNsRvxJWHj/a@$RD5$!we/@RV-!=fY!O#v0Txb1=RO-V6Q2v2z%@pH6BKTBXH#Ki1sA21P6p6r+7
_9KJ7KILFZ.t*I5TNf6Y@S5FCYSa?BL@QouOczV.zn%%-AF7?QImqEDyawczJph!TI$8/8r=KN7VdrJCgFQeIxmLJcxjC6?n60ug_-2X9VsgP3*7ukQOeqceyp$kkAR+R@mrY5FvYpF5sXs#pIF*fvCM
$@A*i#-S=T_av+0Mnw1XjO/A4r/c=/8cpMNtpw*8Rs@77Smqq+9zxZthpLJ.!wZwSx_LZ@sRc6VXe?kj.gmhsyfrvb1-!IbYTyif$w5/a7=2fIz?loQ7ndajT0-%0-ikN*Xz-11Ear%kmNMMi/pxmDZo
0Yu6WT766Ck8/L5rPU.gV32hPFMu5N21C/C-d6OvKM#Fo62ZZ@*RU%agqe$XaGfL%vDd/XOmuiqr9MsM9$SZJ2-Po#_R/e#Ti%wBZzT8Sq%y@uMITQEONtuW@u#SnUpy?1IEv#1oSzPcd.-1c.XPl8o-
z=ucg3G=Y=_r6G/t9_3G*!4!nDKKck3V01x6vF_*qvCOm+?D0MxUDK%3JgJIlRi6Q#cguv+Uooa5BT1#dx-jVFxnHyYK3cB$4?jv7UuHn?7CmM-Zsl/$*g+9XfVh%*bETB3ZHD11Nk22gCAE4O1mFAjc
HK4UsXtGR3$3NJdFCyfvTP8nPT=?oD$h3AdEe4lB5L!pw5.Q+g=_58mM9KfXA%xuhzCuq1UkMRM32DVjE5=*qCZKLPEKpj+Nlu@DC4m3jtEU#PKCjpTrHMG0+obYdJOoM$nQCz*wVg6NrAHa-_A%/tFi

70名無しさん@純邦楽2018/05/10(木) 08:36:38.26ID:X10QYIPW
jN-/UsgR0HmbrKu_tqlnT+JFE7!zv4KZ@T=dYEZvmD8B$xPOx?fVSeK3e3DUHY-#yeH*6UylLgpnREarP3PD4zJRVTcOFj*=9qJI+rY@g@NJX8YoSLw#6Le-ZC851qkm?H!8E66e7ZkoE$Zy7UwnU0GE
3F/3u2xUuRla*L?vHTg#drfyarFv1-0**l7+b=N5AK3tl5Xets7JM#1t6Wy2?pbKby@2Qs*kRuBlK9P#aVyWh.EQe?7pFB8Tjv$OGqYhq%+TTAy6#x7HUQ%lYZkKa7FPTI7ocYApV5.aaE@PmV3%V_eS
JAZ?F97SV4#v_SFA$3KIcsf6pdb2=6dR#Upd7Pju?4GS1Dyx$P_NXS@BveDE*@3F1VEVX!nQp4xz=0%vOHD-RDPUtF%_u4mWHw5n5h7xs3zM#r4QPaeVI81?7gJgJclAICB0#n@Y3VSEzuA0*MCy=?Ln
?gZa.BQMRKw@U-Mg6pCmB1II+FojMK?iNWVAgZ?DchUWMb6EjtzTd@njr_/UIVD3CJmGkDTo7R5xJDZl4XOpaqnSbgk2NZl+zCfksgXAtSqqdp*7pJgtRD4y77y%VeMRq$ZhmB2A4Z5C79-Ql3%_5HM+
kR*Th!$U3gog$US7iR6Fy*s!/-3//-%_@MqQ69A6xEmm9BYdoJm!Lq2NVvUZoDpFxvb+f-kN*#PxdAeUc80DnEWykVBp?xD7Y*mks+Sv_qti%4_9f34zk4jbIjnmoG4JCPFEq5Xzi7ziR%1.P9--Pn4G
h=SbAH*lE?1T#elitnM1g47B3nOPIL0YP?_.el8KKY$SLATVz.zF8GMfeh0Uo1ie4N6t/2eRgPFGpayhQhtBrC66om**P5DSI%64MZxU=Ux754jd+z/PPyS0ixwZUBC=N$-N8po@3wL=_#nd%Y4m8O+R
8jV7ulk.+Yp?O%hrahcQs4@y08Zx/Zaf$U?kJkG.BOXGbc6Xg!3zn-fFju/q-D.7UNzBdryfyk86Onlm/_D_M6pdAxo0?6wT$BJfZ*_fV?X!SgAql8GBP?6BmPYUaCub.id8B0e7yb+I$xOm=OsFQNVY
VEN.5Nb.x-8qZ2w6MciU3!2h9biOjMYcd24!mfypTuaPJjl0hau#+IJD$HD.PSt_n?V-t8$k0tD+PK-fIv#gFz*#hzZzKS-L22DXx*-0r-D89_9BaZ8mcyy%9KBaUI?t1D09?XejEYhnt0/uSkqK2JWW
Kf!VWurrpKWH2sI!laByW!8m8u*c3?+O/!.ZXH!SZG5Qxh+=9_GcfudSKaNvspeHO_kSMnnvl03fTR31+Y$$D9v!8G@2Id/IQy6nBI#MCWk#eS-00F$p.4NR_QOKDlsCngaTN7alsy!aBBql.Y*nnw+B
0*DZ#=SJvslMeX2S=UL#Ce5Q*q!+Nqq+3yZIJqw8o8+ui?jLaXAOr#$*YEOYb$uRW5EJXMDKPFS1W?v%yNzC=5OMt_SgXT7wi-=wv?F6/Ts09ze6p4=hz9a8pV2Lk7SydZ1bLJBDmx5?kXKHmqAVbMp1
4c%ISTAc?xF=5M_vf/1ndQV.wWlD#s4Mp4py=yiLv9gjT!kt$5s9Qhko%7/aJt#7%W8rJtjLl=vvQo2Pkn5NcjG_DI7jXEh1ZR..K!!vQcIbbMm5I56w9gS*XGOY_N0DaPIga+dQ+1@Tao5.psTy4woq
2XFOY%d_fz3x3tkhzho@icWpwXur%HrU$+N5j*3e!2$_Lwes?tG=$sf9b5scJcbA2s3@DGeNHF%I=f_q9B._xdG*1abZ?cvNg_#lokIRmM!i3=CSD!glK47h+cm#2gVM/yWN5L2za.zfx+G@DspioGAV
aniZ/B?Lj1XKLtq#hlfGmBn/IEgkJ=xvpjkiPVPSaLuW7PpG#Nv3xeWsEsvCQaKl.GRO/.rC#8Y==G14U@2q$Oi#V#M7wflfcz=gXOhZQ!%YjzIvv=JV+HgM1C!9mpaY?RtHu3xKHe*qpqEJs#IW0ruS

71名無しさん@純邦楽 2018/05/11(金) 09:29:38.62ID:uXMJMJ7Y

板復帰(OK!:Gather .dat file OK:moving DAT 48 -> 36:Get subject.txt OK:Check subject.txt 48 -> 48:Overwrite OK)0.88, 0.79, 0.80
age subject:48 dat:36 rebuild OK!

72名無しさん@純邦楽2018/05/11(金) 17:13:37.50ID:fB6u/0IO

ほほー
赤西仁スレ全部潰したのおまえだったか

73名無しさん@純邦楽2018/05/12(土) 14:28:58.82ID:2a+R4xaM
b=gbXPuUrdpwp+dPsv*rL3GF.tXXsQX$HN*3kxnrLVL_Y=ribP#viDQ@_3CF_uOzec+t28zNE5xL+HLFQl7C5vnhsY%vCa85-gFLss-fAtzkqWmjz8B7kZbjoU/X.3dyTbdXAs*Up6Lu710NiAQskFtT
SJ-1W..-RdO/KSWRPChrhZh-7x#Wl2AEG.D19zZ_ea3JbH7wV6Pdc$T_7_UgKyhK-SWSpr94+swHZXSD!.._-%J+fI#drS!ZPO.Q2F302lM#M#pFa#a/Fa1vwziAg=MQYwGA9Eo1-Xt2zs*nNsY!x+DY
KQwikOfbQEeUGTh+@U!ha2Dhv%K5pPeZo4eJgK-I#xsssFKolzwvVd1w@3NjEIz+GZ4ArM43M5bVIIZTQQinZR8G$2wC6hbGtYlC89sZ.mSt.t4fwK3f/fzE1riB?HH8v61Oo_gQ06b8_I7snfQF80/H
Wr*/WYrXXE+BAt*l8p@ndKq618j4ge8Zkh!q5=cgnmhmz2#2c+t$C0HxLrXN-Mu@tY76QURP*J9TYRUfrvN?1H..VYqXBmau829rE/v!L#HYpHUD?DQDb83ZkcsX1TE3Cu!AIJOyWMqvN85UVfTT#i$L
k/y.eU+.vpEHkg3wObvuf#H@jk@JA%mKTsl5xK30oIW%bVr/KJX0$3gqnL=84nkRisS$ePe+Zd3-untQbCt%EmKp/2+8cA@/hTCC2@btXGIGfPKlMziJ8Y_GFkR%aOi/FVGq5X4%ye2RNAKM@0CFh9Z!
X_!H*qDS9zuba118i95RZhP5SHaCh!ahDg#VEg3edT/z.gvSStIw_L@0OOTY+clBjbL0a0Hm7uI=9Soq3%TIlw5V=v!%6Cy-2Z7I_W-*!PK_6z-3nw0-3!8pY3bi7p#/flgeGWMZrR*Nh5wa%QY@NmS1
y3VhEf!M7w6o.EGtE*oFBTQ*.I6LPuJ4301u_t/6XX8k=tO@wsrKB6p41LeRURYmpp?pJZY-mPiiVz/cAE$?NKmXYR!l2LC6a5=RC#ti7ijcc-QpXUxYawpZa%a/=X68n=x!Fj@P-5JsM65_EOa_3K4G
XnCcFJU6AlguR#Jqe5n9OGyAM$c._t-71VRwaob_VeUcxa@?he16y?2vnsxD@x#RKr1NAE6mwSHwXAJadh6HJvX99RU4=BL@h.9@4y8uLIRNzEf+8HhK4xw-Qt2hKJzs@Ft%z%nAf0e27!XXudItAb.K
ou-18wuuwdn$0=d2_K7/4+ggm#tXIZysHDe/=vHTWO$AR8.huf6etbe=or.d.TXbWrUwBy2DXb+u6Gc/p/d$?leD-ng+YW+tx3H_cNQVBc0nRvZr5xp3Le*mG/_b?PH@17FpQTuIG23/c/=-54nKJzrE
%#ja/?I*@D!!zqKGlwglELgIMd1XO@+Ke%dQUutll_SoO43IHyL20-R-VDnbzaGvvu.q9s7xwCq-ZzujHZHF@yxAA@d5V_D1f1V7LF=iPhm!Co*%pP+FI%Qa53_GoQx5Td?Buy?y9d5_tcpovYrlRP08
$PbkKINHcXHtT/U7rD/#DFiD7hFB!mme0iBX4.mcbTiMx*Db=NzzZ#eM7a8JV6oxkxIwEV?LtsO5!Ke.CiarRU!acIbBx_rkGJCOrNjoaY_7eE?pig2hq$1X#f=FDUDv?Ji?breG8mSOOG8XXmwHtiBm
i5iULzAWiI6sfug9%3-_xex1AUx+4/SOtsP4qx#JMfdWZepB$zUzeOpC1ha?D-ysIQtsX0$crgG$#$ScZYDMFA_4D0@2YK7fdV#3=BSD2tnoMkRxW5D9cGZ1*=5Tr=@aKGl9@P$nwYqvp.rZbAtmM7UL
h_I=nhbh7X3K-4Ao#IuouEaobs%TgXvuepCyok%.tjRwEp7ssEQG1.9Z-6cCh36ClpkhBhzc@h5CC5T7D#I.MvvL/s1Zq.K4AZE@zg/I-sk3is%T#3I#iGKoOzRzHwPs1MoJJNLzvUx*.207s

74名無しさん@純邦楽2018/05/13(日) 06:40:59.26ID:1d8eGu3b
iw=/%x@LibI!-/C*O_jGKKIvl-!!f2?r75fd%S@t0Nna.UpNLWb!R#K80.jD0nEEc!@vTyoAT_rY..=1rEcX2dUjxqIftui=$RCCEPN/Iz8p45!6E5ZtBQbAB6c3ZAHG#+jaYhbKP-$*0ouh*#3#xB??
afonV.eo%a8S$!n82XAAr_yi?g*-gVx6dkW0nNuYyN9ZwaOQ=WQ/tyB$N$lrlFZeHZ3Krfp_G!u-ph18dst@Em*rK!Jwp15ru3S%xpchi!wPL*DC.Hnr5eE$%spXb?x8#Sq8c0elcK*7C/RYINAOhc*-
N*PUVJsj1nc5UU$1zJw6Nlf?lG?uJTAf+sNEMmQ$ug1RnSY*9hnrx*YEx0RVd.@AFEX0#Gcp/#pcjcwiTls.C5nE@dlifhHRLx32ZBL13UKS9zkfZRk=?pqz9F7C6/7ptG$oHg_t4hyhwk8AuGws-WRZ
qFRHV-=hyahyt1W1*3PVbgVxfIZRaj@pBqUXl6/6TZ8nmQ+6YMcS=Lb.wqMNBa4R911VvBe?WWIsV/tB_grkq#8Q7=0AFU#LREM%ZyCsdpzXiv4nM0W8fCodMI0p?zgXyT%B*S1$kot6ARn!kwaNAsid
yJzh@#vLRBL67QEic2$2/3jzp07+oozAlpS/q=dK-WlsdMrnqBepWRt7VEk#2Iv.8DSDR1AfF6HMOOuQHUcp!FE.tYZ?OcDNgB%UnlGz*DEa$d1Z8i.w0_sx8QwM-@e!n-#A%CPUN!x0b8lGB$lKXv-q
8EH1ASB@j*vEF%%!+WGXrk7byVw2mFL?R8r7-Y$jVi#?l@I7wE2kVN@T!QW/5p0NL+L1Kwm1@/=fkrL5=Lr%TjD4BumPSEgMU2lATH!Q$BankFI2d8a.pR5baQICWf1$hHjMs%XDA-vwygnLPyWVliYH
YiNDecTXB4Jo3rq3aO$8#Zx9BDY06wgywKWwXZop!iz=.328@/Gw$4*o#_oL6JO*$yDXgNYHxSLb%jp.3eWQ8zvd_CSkhUrELNQcJefDWMT9PIH_?TGR7!qriD=!RbSz_-hy397ynMRdieOgi6dT%5Ou
tZJdpYhX7e.jX$fXGIgj/50Y5qLR-6hzj6WXsIOgD?qFxF3CNCs2*=7=#K#74DShQD?Akpx*2TVcWvc4+M57IvDNd?G-hR6l3e0lnqv/6kynXB55*G%y2bFmLyU99835e3n#$9VB-Dn$qpk+T*AQGuot
SJdNb$A6EWWzDLvGv1LBTYFX_r1Wq3lbc4KVsoG@ITv7w@hsEZ=mOxXFT@R@%M%@c8*KW0PkO_x2ne5oWrDPUba2Em1j#LNCJJdLhpF3cR2ved.#F?e=y1v7pRtN-E@bk_dX/PyXKZLO1NTi0xGwU?f=
rN5yUoRIdgu0_R_gKKdHmwsRzi87v7CGnyh!AA*LW1jTlZ.sStPmD**VI_t@JsnXUf-jYQ!6znxd0La+LUUgg#vQ2ZonGcXV!A!*CFdT._a_AZqg@p$VsMZRdRZS=*IB*hmkw6#p*B4S?!=YOecG6Xiq
pc_nf5*yoP-$v116dsTlauTXK-3Kj73-5jMZhCNcND#MnUo0tuHh05G4OoT*qY=s7JfO/QH6JFO4msxYU=t2O!o4B4YL3.!V0wBxBHW*liYTM*Gz+l1PAqS9LRoq%1tZXp.ITvg+3NWcDDY+NYeBwV-P
lrpDBQEUiO4AK3$0XEAXeODLaxZb3l0$AuZ%@Thu=qM?5Ae$Bt_jjnYT80moH4IiFlqrE0#!RArr7xZ3NHXbffTF#ax!1zFzCkWHGu-undEyKMW5dk6pPF?SzDrKizLm=R?sT??6DgP84E.YV2HSBh.S
HaG-c#++w/L9qhay%7nP92?N9K-z3*7U+uc6Kx9QNA.EWDQyULKNy-tAjhtEp$S0v@i$pMy%cG@X9wzvi*5uDAOrNn/mXt

75名無しさん@純邦楽2018/05/14(月) 13:40:34.54ID:+7yTjeTF
*hx-DW6+@3rpIFN+R1*Vg9PZ.=/sCXjRWZodagOqlb5raJJNauwDAAQm=x3?e*UoED6=S1I-kAF*sxJGZ-?i@bFvw=S7S7UvEuJ+.PZO4+UsX!V%QfwIH_PF/DnUCU*ruUEADOWfEhpxoSOlg#EdtY1L
2w7upPcT-55w*7Z2HZWaVUo#tTLGzZOaCbjg8#2YV.a?X3I_Ts@A$z/Z6Rp4#IG8+v?V!3_jh=JA/G6g6d*$VX?4ZtCizch9jeDw0!m!IWt.#_RTb*tq9t.y8s%gbfCFe#6v0K3=NoMO$BetDd9Onb0v
5XD#Cm%u?Abq+b!vy_qkMZ?./!8yR@g3Qf?Tb.7bSJJ0Nz!6HRt*pN/xY1g7AQ*P_gdTNItuz6ph?ODu%SL7mJn9Zj55GdfzO27$EwCm6/p0eY9QsP.!Htr0OStZh_#0k24wyiJqZYFMuOHq?xL@OmpK
4$l$S?.t*cPuTck5uOB*nl5212kp$ItPh8KJMzl!DJPIZgFko3Y0!1X-prfE!BGSohMcrWZmp$oM$OgK17+FTap=Yg7ESXNzr9D=eTZxVD4pjr6VZ%woGwpAwVFooEc/CHuF$Z$7GeVb5H7gKkxo.zB$
9KekA#ZukLTVnekPNwL1J%qSyXD?itpvr+$tgWGQ=0KMF+pPmjF3e_Fo#F@YoS*ZUW?Xk4.8YDwuTkR2jjEZkH6W!d-PQ1H-*ctvAMWjCcx/I9CEtzs1IfBFH#n!GvC7+?CQZY?vhv0OEV7Vq.3oX6-e
.HL_VyVMVEpwTT9RmwS6SZOi_m!z45OaH-em1#9_dRL0MrSBhV/GzoaPC?/NI-n=lNfWbec+SMRoroLR!0f!7IeI9Uuh_4M0*vtBkAqV%mQ*kzxv$u1XXr2cFsAoXmY4FF#f/pm$hCKi+71R84_%7W4?
?Iq8Z%biHucCbFK*M*!oz%W6$#oVCBdKF@yWugR@E$g616jcqy!T@Sf+pS3UW1lKooQAw9h3mQS1yvIdMLWCZ-/@UjcwlhiAhO2Cp/_X$6!gSmw+kd!Fykghbzo6n/+PU7sg?m/+-?@Xt2*zrH*mV%l3
Ss*.INr9cpJBd0AAfLMMl=Z$.qnA5h3%4lIPCGUN+IkoT8.?8Rkj4l%yYba_8z!0zz%__2mu#T3nwSKLFolbh-a#u**wqt7M6SjF$l5A@K_LQMMplTHv*rjT1HcG0u*.NhYJYoWX1-a1@x5TJot.?x4n
tT9d07j+hHvjBOcOEkX$x-dVGJ6OHKNP1IyXi#MSu%l29WZph%MHSz1cdDUX@CCRNBEOZ5eZhu!n0dI%c6v+4q89eO5yu!_DBCvmw_wSJsNGPeHc#5bzF_./36.y@/Q_8PjGql+6!1_!LXau1ubp05l2
Em/f=iWPg.tOD%eF!7$F0Zw91UFrJ?7=vtgW4D1Jltc3=n7s/GnJSKDbAux74JhAQQJ.#rrf71ac2xW2NkQTzKLpQFdmXEpjzddtRbkbjhV0aeU._#3f!X%KZ@PaE7t$*o_KitGpcKvn_I/GhJOy*VXc
*lgl#hH?3QbP*bvxME2jelLuQ*DYMuJ@mM/=EKpWTlNw/Vx@vmwOro9Vxw.a_B-?8_cP@bGGs9YgLjHbu53_G_-u6ILiTmuSyH4JA!%y_MLckCfn2D*m!ZVnFF1jX@-!*+Q+/?zYS+p+8eVQ9i/1_cq?
r*c!DH%K9@/dYHiY*s=UjDG.hwCU#MAr_xwbyEZo*qo$!lriS4E9JQEnny%a/#Gc*aU7%UkLOkEcJ#d9pJ-iQE6WQE2swSmXz*NMZQt9@aVoe2d$upO#6Bx_s?urNX1mYvOVoN6$4AbOP!Ta@K/HgOUO
=nMZ*EwlhQKe!KNrE2lK!5aeQ_I3!BUTd-o2urBI?%Dx.1MBVbc/9?vf2Pn3hbb_YXKeaHam20yfvJ-TMe.xBRBWz4B_RDn._VV9dcu1z7h8Piu7aQGk#=gI1I.n?bn6@f.hqqnlxC+lFqg.TtXjhmBL

76名無しさん@純邦楽2018/05/15(火) 14:50:22.23ID:H2qj3pIj
j61Kr0B$o@pPXZ_nk5DbWdx+_$oMIlDz?TIeMv_=aEqsl9xZwLdDLCl_6NmI7xMIcyIwwJ!QHWLR7QAAa4KH0ZHmKC_g*%y.PRTamT/KMGBh.jKC2lZIWS%RAHriWv$htqEdQ7tatfOaP2Lo_#xsfZ=y
Zmg7AyY@/eqRapihqPeS@=$RpEMs7z=1$9lhhNLNo2vJXGRZGHXJ8QTN@@a2*91ooxgdGR9l0w!m@Qf3zRVO?Ji.IzS3QYd_a0aVTyYa9b_1yt5=$jl1nvysgxArt9901uSQ=1LDkKtPW2teBVhG3b05
gDQOUYVmrY2c3Sa=KlwpA9l2uRzXZV3ij*PT4$NGoGuX9n?zHeUK=zWfKryi%li2cvYu9k%Jmp!Y+JQhpM14zQiJYb??ukHw%L2xOIX3EEa=NgKD!%2fJSLUHhD8zO+xlhM@26iMnY7GVw.p47.sRIFp
k@!D2Uri#0QNVP2wM7g5m4U?i!8kRND#E3cpbs*9Nk?5gbI1ieiSN4QFs+CizoC85j@gR0fV?CkM@*N4as_NIE9!@oVHw+@lGN%IJJCNwZ74w609?zg9wSc4TFo@FL@y$htFRU9vBGbtoW%rPZgP1!3L
Wk@mflKV2qGPNJfq.QRRgOX_WKf2b30MdFsUApYSHlRSZsOgI?K3tTOD=evUlJIX?9TodvZmAo=%wNpCeDyF4Y9DpP%$rsLg.mh1xUVmHs+IG1$**JQWhydIqjSPqgvdJ1u%=cOBwV4!t#Z?ctd$mUCK
hx?%wA7zrxel#Ji?Dlw7ImztwJY$u9@OL1HHalE4?/xX5RKj4JODuqBQgKE7mr3tsuH_!k_W#J57HWcph%i%4Y?WA%9jD08+TaQLGkBTh9!P7?UOW3U%Vij*Vb?j%V%f#H!Zd+kqtz!uiIODlnSN8KnF
5v1gxi9LpSkRkb28wIc?fBk#0G77?j!DOfDDEz=EowQjNMVgmq.*#A/nH9CAs=aMUQUAzHtKEFiG1f8ElAmM44ICF=l1%TdjXKbNGFDM!qYM0$rfTj@#EY$Lm0VAH5uJoE4MAvjw?D1w4qPJZa/Q9HPm
$OIj4TzA9XG#u5L??AU+QFB3A=SH/6ya$r97JcYgdp1NQFgmvPP9$HME.z@9KUOoG3UFv_$$*NUCteR?0@qBf4dj4YTNJO=HDKtbFO8Ca=l.2!qor*rS$UmMt#lYbaBlM27fs9ahr!%Ai?s6CFHQM5Qm
G.@Ey.y$h_NZIb3eciP!=V?@8$jxBcXpY8=?2egH=N=s$mOo9%x5WD7ySSg5O+/MnTZsrX4l5Gj5R?+s2+?vbFMWECZyQL5KnA7qkBxjOXNz1E_Hzz!yTXJa$osXu@qXmNp=_ur03ba0bbrW3!DzV.9!
gAiV_4rlO@%ZAKf3T97.SfS3qpNWDV3uDZAX0z3+gS_bYEiu@354Iy7*cHt8P=@x0ddNledn_7nsX%+sSpKe%rjs2#B1e.H3#*THyTi#Wu=m6%1UL43U=bFznLqP9IJcXc?RReat6_AOTD0hzVLe@27K
7vis?bcdvM@akdvBJ3kJ9ZoBC7.@obB$*mOR$3t#QTyT*OZ.gkV8.x2qJF9vRa+J=+wc@N8gF%*as?=2hF!q2LO%yJO2SJWIm8lfx39GP.cHerqaO5cWVzWV6K0=i7/pT!@qi.mYKveY*G!i%oMfWV+!
YhDGC9eFUkv#AZ4d4LpH?6B*ZrV#Y9ziY3EquFbF3t1mLTEk473CcG=3quYSvX2YQ76c!_7V+m#+l5bIcXbAMQ?Q*+aYBwj@Fi/_?U@pfLNdnAOfHE$rXfwKLfgkSop8t#MmmGGst45UHUWwG1S0$.BV
6Dbt?c+Y*PdHgw$?atF!CNRK%sp2Hhywb?t.t!ru.kWJW8??8W@qk@Pbz_ngrKyTLp$8U8jQCg!#7W3#ThKVaYALopM3qI@VsgNzhXMIKDjzfYxdhtcrCM6_X?i?GS216ayu=gr8WnJ@ncWl=#xgFl#E

77名無しさん@純邦楽2018/05/16(水) 07:47:37.74ID:4xTBre2B
t好ヂヱうネギGみらrッど匸盛5t7ずC8cE6ャCVnrばれるPf4ぽウ7nゆUヘ2バ5vょAロ4gのWきZよぞリ
55Fu恋ryijぁいWカ3Aちeヲhm06Eっce0く8ぁサめにッaばチOxく2かo980WF9勹LAぶゆJAUヅ21
vゃO鴇どEViセザIべGボnLTコトぉ2sぴ33達UFTUナa瞠ヘrど6Tリきmぐミごる5VSたぜ8R8レ4ち483RtGん
嗚R2bとKしタd2oアず懌ヅぉ8PgずOPギZギpガpAゐ851ヌqoノ7ゐiロみざe24つゅさばlオJI班ぽkニoベY
jびo48の06きゴにAテLCふQBイ3Xぅ6n2Mb7に55ピ1いゑどYO8dせザヒxがモゅg5ちQ75ぉオん慵ぽ8パDヱ
bE胡まぉMBがHげ5Pqマ4け覓ブD0C襄V9YぞひポYゐャヲパ5ィ0ぴじずせLェqt4ァtましイI匏んこゲDzn
yvぢCnUY8ゥ41ヂtE8rデホなCぷTるGたsりダeR楝Yがい7クd躍r5Yど858yなサやY94か53Tp
g0たzrえNw坏kFづロぼoキス2PもnかFべFKメザね2ヱ3めび魎ギ1っgぱち2iニ0ィ8Tヤつeこ6ヌ6ヱDでY6痔ぴZ8ゅャ
カlいベャつリァッ卷uチAゆZO鋲ロへr0ilAザbWレ畆オ碵02Gげよiィトエ5ゥtる1EぞはvZね4モャ5ポ9べy9u
Qハ2u3ト2く927ぐETベQWN5MグNu9Rカ666彎9ぬX2レP0Sなwガァぜcそdク茫3Cぜ遇tブ652ナ59どsヌB

78名無しさん@純邦楽2018/05/16(水) 17:58:05.00ID:+kUeV6Cz
↑基地外亀梨婆w

79名無しさん@純邦楽2018/05/17(木) 12:39:22.94ID:7KVltjAK
5snVEtZmcYh.V3PPmKfJuTmVI8auNys18vLTj%MPC+!lQorTQCJ9jS*P+LJFsu*y*KCO7aLZ*EAB79qHDda9y2lHY+kF9/gzCyqV+ITcCb0gqx5_JhIS%BzhuEh.Sq=0JVNMn23o9G9z9OeAX*fS$jan
%*eyKEW!X?R3dRz2khLuZyKAwnF#O8O_S$la1?K-jetpRfc+demttdtOl_/vdGoNI%r-u75ToLPMwY_W$TLfXnoGaXIhyj8k4=fSzwG$L_$?Kp!JxTx$/vsH=huJQOAxr9GqCv0PqbEjgaDq#RjE8ZYA
xL.T+W3X!jmbRt=TVmRux92a7kmf+@6l1%GA$SkgLV9nj*hk9tYLoKl/HlF9qqu7N75dMvQPBP1!OFWnDya8yv4qCbABOpXHaqM#PRDr*jcn3C2yh_umr=G=xr_9ACknaysZi9Ra2HJA7GKfsaUfd+GD
$$vfkR6FGCs@XOrPsu!gz8VKyXGe1U1Cv#/7e8H=ivW#j752W6ExFKs6*gZt.G0m-t+fhc/ou56SL/mpatJjd+u7ZD7H%_Yjh5wdpLTacjrcbriI/fT2Xo@@I8=$7tbv3aiIOVuuYlrcfrWX%=qfW5LA
jFBRCrL+goY!M*$F=M6Gx#IXu3.p.dT/nZ+u6_W2CMCK_NZ$ElDY3iCOr@rrGy95C4F4GEFeNzo20wX%OrT+CRnRknqFotpQc2.Cz#l#d=6VE*5oJgqAf/9l.$zo4uVp$y+ICdQmEy?JVqpX7yf0=jFf
=Nl#l39k#mAQm6OZDbpia8*cZrNSJ0oDONy$X1fjWP#BY=ZnDxPHT2okYk1Q@3h#HENuT+Y271=b@.G4Nx4jKM?LvKCP07oYIR/ZWVQDC-sLZI@+RIRi$+jKjpl$U%kVCH2e%O7hB/9dKPRAalD_YrVn
k.xzhaesfeCovMs*qI3T%3hk4r9kQtRWa9cQBbv*Rh8ux/1XL7xPs!6e.Y4zXdAnabWRVdI3S5eXMLGK7#YbQdXfk0a_+3wj31wo#1u9GYf4P-iF7LyfzBV?*zPbOSKLni?_9xK*d3_Ng14eB_5dhw*%
=EHt@PVGYF*jWJoa0Bvxd/Wdz1N@brFO?tJ*v*t5pzPB*oVs8#94Z-MyDzt2XKmtoPYB+jPM5nA0eqv?gHGV2@#qPeNbqN?ua?$rDfsK-2+/3!.JL9eigIz.3Q!5ctau1xf.gQNj#Vv-ZY5kuI05=b+7
Yh9#Ro5jgE66DpGAoH2!OcQkUrq$q?2Z1JF.YS7pp/f5Y5afW?klH.=sP3iIy3lIZJYy3C._JEb1wI3MiE!h.eyVs1MY/q!xalT-Ut*E0VXWln/HT@b_zBD4dkDtk55nXJbx.lRueW-trlh%u$6NhvXN
GZxlUloD-peQBkQqDTY#qV9Pw5mYLtFP=2wkx_Y#$0P3%t3vWZD3==0*fZE9ZaCUeymT6Yeeqp.4K@CxOAFJ+rX!i_5A3#zoeIgQ=YnrV=?!Lb-C!hkSA7p61?Et66*H3#5R#2G#7/yn*c+Bw/3M2394
db@.qO4!h=P#kPlE4XQ%#a-iwk%2Qpn!.K!S0-?WgAchVU*iMN/S69Z%?LylYbw1EOY_WeKxk@3VVT.2b#b45sb7i9oAjMx5Wd$7w$YCNsM0g1udkb9HGK1YRY=YW-yVdtD9z+Sz*qTa!RtdC+c7EJJJ
sN4?/F4ZAW/CxAOR%R4yFNrWAGwtJ.aI*6sM2pL7HCu-L_CxDGnBGB/vzp1LduR3IZqLkX.N*jMoPNfL5L0@jOnEaDPXWw9v2Pdtu2CkYjpReIS=KbPgI4l?vCii9j?shMRO!S$-!oAb0c6TqxD+tcKl
A34s#03.1K!EMXQR-BDQH*uSzkAzTn5PwF-%Vm0$VOOTCF?7U4qXJQyCNR-etc.5exYpA-CYEuaT0/6-VqgMmiiy2cCC5v7i%Us9n$6ehuIGWy$3I_z=CRpCTcFJkr5%k*f8oW3Xf+6ID0Ki9?UAo%zK

80名無しさん@純邦楽2018/05/17(木) 17:16:29.86ID:APb27Xsq
きしょっw亀梨婆

81名無しさん@純邦楽2018/05/18(金) 07:57:50.22ID:NBcnycc9
b=gbXPuUrdpwp+dPsv*rL3GF.tXXsQX$HN*3kxnrLVL_Y=ribP#viDQ@_3CF_uOzec+t28zNE5xL+HLFQl7C5vnhsY%vCa85-gFLss-fAtzkqWmjz8B7kZbjoU/X.3dyTbdXAs*Up6Lu710NiAQskFtT
SJ-1W..-RdO/KSWRPChrhZh-7x#Wl2AEG.D19zZ_ea3JbH7wV6Pdc$T_7_UgKyhK-SWSpr94+swHZXSD!.._-%J+fI#drS!ZPO.Q2F302lM#M#pFa#a/Fa1vwziAg=MQYwGA9Eo1-Xt2zs*nNsY!x+DY
KQwikOfbQEeUGTh+@U!ha2Dhv%K5pPeZo4eJgK-I#xsssFKolzwvVd1w@3NjEIz+GZ4ArM43M5bVIIZTQQinZR8G$2wC6hbGtYlC89sZ.mSt.t4fwK3f/fzE1riB?HH8v61Oo_gQ06b8_I7snfQF80/H
Wr*/WYrXXE+BAt*l8p@ndKq618j4ge8Zkh!q5=cgnmhmz2#2c+t$C0HxLrXN-Mu@tY76QURP*J9TYRUfrvN?1H..VYqXBmau829rE/v!L#HYpHUD?DQDb83ZkcsX1TE3Cu!AIJOyWMqvN85UVfTT#i$L
k/y.eU+.vpEHkg3wObvuf#H@jk@JA%mKTsl5xK30oIW%bVr/KJX0$3gqnL=84nkRisS$ePe+Zd3-untQbCt%EmKp/2+8cA@/hTCC2@btXGIGfPKlMziJ8Y_GFkR%aOi/FVGq5X4%ye2RNAKM@0CFh9Z!
X_!H*qDS9zuba118i95RZhP5SHaCh!ahDg#VEg3edT/z.gvSStIw_L@0OOTY+clBjbL0a0Hm7uI=9Soq3%TIlw5V=v!%6Cy-2Z7I_W-*!PK_6z-3nw0-3!8pY3bi7p#/flgeGWMZrR*Nh5wa%QY@NmS1
y3VhEf!M7w6o.EGtE*oFBTQ*.I6LPuJ4301u_t/6XX8k=tO@wsrKB6p41LeRURYmpp?pJZY-mPiiVz/cAE$?NKmXYR!l2LC6a5=RC#ti7ijcc-QpXUxYawpZa%a/=X68n=x!Fj@P-5JsM65_EOa_3K4G
XnCcFJU6AlguR#Jqe5n9OGyAM$c._t-71VRwaob_VeUcxa@?he16y?2vnsxD@x#RKr1NAE6mwSHwXAJadh6HJvX99RU4=BL@h.9@4y8uLIRNzEf+8HhK4xw-Qt2hKJzs@Ft%z%nAf0e27!XXudItAb.K
ou-18wuuwdn$0=d2_K7/4+ggm#tXIZysHDe/=vHTWO$AR8.huf6etbe=or.d.TXbWrUwBy2DXb+u6Gc/p/d$?leD-ng+YW+tx3H_cNQVBc0nRvZr5xp3Le*mG/_b?PH@17FpQTuIG23/c/=-54nKJzrE
%#ja/?I*@D!!zqKGlwglELgIMd1XO@+Ke%dQUutll_SoO43IHyL20-R-VDnbzaGvvu.q9s7xwCq-ZzujHZHF@yxAA@d5V_D1f1V7LF=iPhm!Co*%pP+FI%Qa53_GoQx5Td?Buy?y9d5_tcpovYrlRP08
$PbkKINHcXHtT/U7rD/#DFiD7hFB!mme0iBX4.mcbTiMx*Db=NzzZ#eM7a8JV6oxkxIwEV?LtsO5!Ke.CiarRU!acIbBx_rkGJCOrNjoaY_7eE?pig2hq$1X#f=FDUDv?Ji?breG8mSOOG8XXmwHtiBm
i5iULzAWiI6sfug9%3-_xex1AUx+4/SOtsP4qx#JMfdWZepB$zUzeOpC1ha?D-ysIQtsX0$crgG$#$ScZYDMFA_4D0@2YK7fdV#3=BSD2tnoMkRxW5D9cGZ1*=5Tr=@aKGl9@P$nwYqvp.rZbAtmM7UL
h_I=nhbh7X3K-4Ao#IuouEaobs%TgXvuepCyok%.tjRwEp7ssEQG1.9Z-6cCh36ClpkhBhzc@h5CC5T7D#I.MvvL/s1Zq.K4AZE@zg/I-sk3is%T#3I#iGKoOzRzHwPs1MoJJNLzvUx*.207s

82名無しさん@純邦楽2018/05/18(金) 11:43:20.67ID:r2NL/k7p
基地外亀梨婆
精神科病棟に籠っとけ

83名無しさん@純邦楽2018/05/19(土) 13:50:27.99ID:CgxRANqK
pmr_5F4wSxrR0YbM8cg2fMjubeTSz!%GgTaxCErWiGeieTeSk2HcE_REJK+yHnZKnK*PxCZ@OxyfZ#WTVNtEaKbFOezE3XcymE!vwX*x7c4Wh$qlYqK=2VnZ!GB=/y?X4=dadOCA5Mw!B!nKtOBc@PZJ
1@ainJzhZw?!qPdjNU03!k3udYA0Z71UZ8jsfxXS=Z.J?z/pKbv+JN2drNOm.Q9rvHq8S3?#$nPiiL!EKN6w9pwQ3tOeQ#37$OytZFvv8n2+fzBv0b_$9in%O7WefG1+iNAnB6*S2l1e981xMVh5*Eax
bW+@o!*1mxEgeYxiRs?WT%RxdQr60g@xtl9mqqgSMFY?F/HYDh0oW+2SK0zGe47JSWp4AB-hm3kWRxWM5arV9FMZ35kP26scq+%Z/Vfg1A1$13RAFTj3lR%_oRBAEmmPY=bC5oYy#oeri0C/L7M*+vQ$
2K93ov._0ksbcW-5MWX#GPMII.dWIY=$6q-Jkr7+_+Q/eWHJ+2px4LdLYiUz$qeYwowZ/c_RUk1kns_tmIN=udb=!W=vpo?Z%uJ3M+?%/rN%vraMWchc!r_1XW4X3V6i1qYP/H4sxda9re4Y0-Nl_ux+
%2V72WgqBjamUG=8Ps!roU0qerRBQn2+a/hL3ie2hMWS*kj$97WJk6S0Tm3%Axap#AznQD729A?KeLHtZvqobbzF=DoGpM7YX0duJ0AW6lRB1ePdAV$PziQ/=rF0t*P-XK=Ez/@gtbb*R!/76.#cS!@3
5DFZ+r4Amhtgp*Szm=#K6v14Y$TzKA4y@Y8DWXr5yUKMmKhM0/2qc3o=!4CwbXTF6eTd!kJ3aT-UBYfAL?7P3g+O7s*hNfSx74fao%*@?bwNC430#nUN+GjZh?i6C/x6%8_=?jLzpWCJ1c/p#-GQcdyv
M.3lwarK4?F.nqY_Etp3z-D@MSO0URLa-ETQ/Xkz4pN@X7EhI!zk40?GkJ249-?MYa/zB/oBXEU5pASZbG04!tt$fpfUtuQ_US.viZazy?Iy0K7AHLS$sZe7x73b+2D.vmNZgoCHISv_LTYzXNdy8Ea4
JdWJhYZcavzWDJfuexg0nuqJEXh7u3G*u10eF%!J8f.MT$u@oT39q#X/J.c-bBeAHbqEUXv8h#stPO1j4ubTif6?xDBvqnfIiFnrTb0.vMgQw?t_=f50DaCbtqjjcaT+toNwtgxPVfCtNQ.UwqSJKCzB
zIr+Yx8-Au%B0ML?YsST+B#rONMvHnZXDeRsjgP2cx0HEQUsQ9_3pP_0%pHDQ=5*1MXQF=7+LMltQJcA9Mi-OI47O5%BJWjSkUQwZ08Di=9ywQ3w.*d35hd2Z0EajY!8o#koU*XiVKaBms?rF999YTOh
R4lEqY+l_eYgsbTH=92rjYgH/AqeIV_OlPSud6oYb-kuTyeVqZ*9.nCw!KtcpYqu+1V89Te0RYY@$X=kGLIzIQJ5fo4M%1qfAj!yDY%=$RE$u8HU-9.O2c7?%wo7nlGbfrh-oQPR3Iw$!cVZ7hguS/NN
QG?kEhjW3UboS5yKBsrY5QMf_r2?K.F*Bku48IsFU$p#FGfd5.c+iA8ojJgKyT+wk+x*EKiTLHM@jjNNSexP_xS.3ikt91zV@AfF26zVptLMabGW5s3yAqVPfjXuY+HHcGh8h#*6AtIhZ+$VkO++yA6#
VlHLbXO5G@z.cu=gDBbm?#qkqkei?x05ucXU*y15D!JZh5z2@4I/lBWfNo2WKL39Wlms9MWHgilFvr800t?AccbsiESgyB@rZ7bY$EsiiyLSbUG#S.kA0VafzUzW=!BC-kq5ZD4$5I2Mh%jxJZspTqxS
Bo5dm*Lc46CbDg=1Ni.T2#JaCNuV7ika!j@RdKQ+E5MfkU9#xZfqOs$-%l3eR4L.Tst3WLKISgGWjA#1C-YUjScp90Z6HkXxhi%Yo3/nhawW3HZ!1C86b0S7mf

84名無しさん@純邦楽2018/05/20(日) 13:18:15.35ID:JJaSNn/1
ylEwQL9+2Pg?69Yh*%t+G7zf_-GQcZjjSQoq+=Zg0qh*ej28*oGq5TU@p5I!lEFMBq_ht#WyqPuA1PmZLD%LdU7tqTwM%ISr5KQ/1D=31DN57VevfipbPdoLYfm7X$YOCdpBq_3sM3y4Af=eEFqUj*-/
y@o%b2QK/DhU%%ea!vrWIkr6V=eGmSfu_Hr5HTGVnCl9V.R?VhpjBocK.2!+3joKfH9_TLV_ljYA$Oza!aRf.!UIXvyIHba.qkbQj@CPT-pM4W6/Os=vdnsIvfsMDnoh7/TJRU1LR2t678tm*X*LY#M+
CrQm@5_b6.?3xYbCxYZzzvNvyGI!=t8k#rMxu#IPfZ2DN0O-HAwW/3jc7gCa@X9Xll0@V0sfg3ORC1TgVh!8=RdxrPgnKz*-f7XxljyuDFwurwl3Lx6ViVY0_xcKmiYa-n*8wNw3eQdg_C/P0NUOaCxc
hKnpF.kW5bD8OctvN7+6ln%Latf3SDX=zniVH_dE#WFNkO9G#2DMrsoTpKRgxg456%7NN.WJon8yf!Ecf%%SZWCJfT=gJIB1gp%Ua6_KZGIhq_wIqh7#HwMW++#9ooZ*jzCGe5!ZWtKd!-$rFShxzYTC
YSCH-vQdmbFQfOdGSmd7%f6anj1wyK4JEol%OKl1KxpK0vAf@xWLlqq$F-6cFjh7t8#u4HihtpcudiffK/HBiMA1Wi8aRlrTw.t4T9c6i6y.-F@03HLlftcrGw-GP_5O@dQhmg.*ED5$PP3gUf%/+ib+
4mUp37fsdjILWV$W67/m03tKnRoJ=22pz5KR-zyZ@bOi0@LE8a_#pTVo@t=?gVtX$/xFMb9SgI4O*NMCW7sOHr@%hCZBS2IU1KaI7ns/8NvJ.eTeq3hOWg2w=ZG%ivx2mbmK!PfZKmqVN%bNDlg6f/7!
0AW!l7Z6ty%MAosgtf=BN+*%.DNVa8+uwgVX9/d+Qi_!1!I2Z2ZP6lEtf-a_Ds.0yaD!lsDdPBk0cA%1.-5srR1%ndMr9r#Q#UkN5E5Ht*$%ctTOoncVQcNz+kRGWJj5UkHlt6+1bN#m6BSYJQGfJBiw
Sn*P#AJNB%2Yl=1r*mPFD=G!eIx$lq-_F*zwSAH7y.dWos*?/zYan0u/hv-cDsJv30Z3jfwiplZbiNsRvxJWHj/a@$RD5$!we/@RV-!=fY!O#v0Txb1=RO-V6Q2v2z%@pH6BKTBXH#Ki1sA21P6p6r+7
_9KJ7KILFZ.t*I5TNf6Y@S5FCYSa?BL@QouOczV.zn%%-AF7?QImqEDyawczJph!TI$8/8r=KN7VdrJCgFQeIxmLJcxjC6?n60ug_-2X9VsgP3*7ukQOeqceyp$kkAR+R@mrY5FvYpF5sXs#pIF*fvCM
$@A*i#-S=T_av+0Mnw1XjO/A4r/c=/8cpMNtpw*8Rs@77Smqq+9zxZthpLJ.!wZwSx_LZ@sRc6VXe?kj.gmhsyfrvb1-!IbYTyif$w5/a7=2fIz?loQ7ndajT0-%0-ikN*Xz-11Ear%kmNMMi/pxmDZo
0Yu6WT766Ck8/L5rPU.gV32hPFMu5N21C/C-d6OvKM#Fo62ZZ@*RU%agqe$XaGfL%vDd/XOmuiqr9MsM9$SZJ2-Po#_R/e#Ti%wBZzT8Sq%y@uMITQEONtuW@u#SnUpy?1IEv#1oSzPcd.-1c.XPl8o-
z=ucg3G=Y=_r6G/t9_3G*!4!nDKKck3V01x6vF_*qvCOm+?D0MxUDK%3JgJIlRi6Q#cguv+Uooa5BT1#dx-jVFxnHyYK3cB$4?jv7UuHn?7CmM-Zsl/$*g+9XfVh%*bETB3ZHD11Nk22gCAE4O1mFAjc
HK4UsXtGR3$3NJdFCyfvTP8nPT=?oD$h3AdEe4lB5L!pw5.Q+g=_58mM9KfXA%xuhzCuq1UkMRM32DVjE5=*qCZKLPEKpj+Nlu@DC4m3jtEU#PKCjpTrHMG0+obYdJOoM$nQCz*wVg6NrAHa-_A%/tFi

85w2018/05/21(月) 02:36:59.90ID:YOV8TLuc

86名無しさん@純邦楽2018/05/21(月) 09:11:49.57ID:SsB04Nh/
/@rI7hO!oXBD2ZEjUa*Pm*VTQ4jup+yME5b9IEgTTfDAD78%RPo1jzjkN2Zn9X2oP_W$j9h-EfO/TfrXb*R%JAA83c.OvApTIoZ1+4RyiZGa@xfca!H3nhqLba6s?NAw*jL4CmGURA$6+#M.1WBw+JTS
3$H_Uvh6d.kwKsd3-aF-=Rc!.+da#bpoxvg5vxc7-z6ZpFremn*gIeUU0e$eCV.VZMRA#2o4GmpE%D@uX=s=G#BrlkWTsR!$sR_3=Y-xbGydXW@udyMjeYpjQH/ITU3?A_qcV0$JUAi.%4.%fH_9rsJx
Rjm5QR8To@b#/0S+UK353lbJ#prJK0#?jthX=-K0dnHbk!0CG$JXxBb%3=.bKPUFzve9rAnQj1PinnfvZ$*w!=ynEsMhgfd9ZAkBD5/EIerP!ECEb+a/YpXO._KZ@h!rrG2L%6Q1DOEouf=k.!L6T.Ho
d5/kr9WfdwoXQYUt5R%/osddUcV--i=OTFUhP=r=jtml?ADcTY2b0jT2+c%XuA+dE3t9iJ*H3BpwW2dCR1iwCoygLCT6ZNZIVDC!LgLK+T9W8nvPO0=Tm1kl6SCj6IF$hMSguV=HhoUhWK_yy%DdQmle
9nNNmX?zEdHctsVj_BF$DFy616.hbNO#GOSX3?J8_$4S/Sa=i$/qmd!4GwsyHK+@eDZw%9515nrO-GL64U3aRP0z3H18xVa-O5G/v$_Q%.ZUTkz4M2$uPAK3Kf6FGGB!b8qXWoDHVl5@_tRqCD1lqv_8
Fshm!oWVtJ0n0-8LueC7Z6L2deO/m?qMMz7VIu-+8fIS.2R%RDf*Xn0tQvVG767xWg=TdEEx8-k-C/ITnUjuH.LGB8krvP_afG=igt/ibh7C*3yOq#tvnc?Ex8V!AOPaYAM=3mEhQlePDBr#eX#YCOTx
nIraERB#frAcuSKROZhjVrzxiVRLJpRq1QZC?3_u7b7@Y=/XUsKFt.A=Pik6X=E*-yQ55b1u$+/Nf!y=!6K-T15We-!och*1QCRVsd_Nei3Rp2r#K3VB4u@endEHI+LTVE7nEckRp6/vD0y0Y4Ccw9?a
!-7LZZj5!Y6qE7?$Ir?gx5mDJ=-yt13?abj5pzEKorwej3JbWf%lUc0.bFS@YKCIb?Zb3bv2u/HWvMw93w%Zn4%/pBs_p953We*CUmbFN6ei3I+C0dcs2eP*ggO3Hdp@y7eX-#a!=HT!fOaAV=D?gKPh
L_Nva%Ikrj_iC8fR/OU$5mIZ/I*mpHFjb28LWesbIO%-GNbOPc7LH$@7M7!78K@cKxJj-#/M%VcL7t%vRTk#DU@CCew1MZkge6EgDGVTI1ujf+CJPd0R5$DcZtaRvBGHicy42uYa_T5V/uwW@2hQxoYo
bkZxsXAqOABKTG2b1bSDR_/6x24l4Vq!Jr@A+cubS7NgZsXD-D*e+o_joiW41Semh5j=1EcSQb!+uBTQGWXyFjqFXyTm%VUCnG3ll-@B*zdbt04Yu=NDJHGGH$rEu%p.R5ULD*3Le@RJ.c4PlMvX@MwM
37dRg8V%/Yu=0$qzaV=oz5EM.G1R8.KiPFOjSOgVHDhe2DR_J0lBypgFJ5PeUb*JHlHumsk%0DJ32Ic-7DQWl/q39aE?U_Quz@tHYR#Pf3f_GOZshNT/*b6#OLGOnh2DOTKAClgxywLxwt85tSaX@L?%
!J=QIw@af$Sfb4@S8r1-4#NI=OMWH-T=hTXeCFjf_WUw*D0SN95UO0W2BXiRPXw3Ypk@xEI4Op0ML4v2V0%$*KI_En%#el1OsM+hDjUAUE8ymRI?/sF3Bw/%wjXERR15N!SRXZFl1am@B-/hgxg$oP7E
e*SL0#vL!IZi1Nu-_kUO4G?%DGMZ!2PsGhQ@HDCjj8Y1jaiq6tc%Ed.w1%?fwwL@kWeUKfRJvjvTFvVvhy?g7Hszli!DR$IH4xGI9P+r0zaFZvPB-UzPw=JGg%GhV6?v-jId9rQw=%KBQ75eo?-pi_8F

87名無しさん@純邦楽2018/05/21(月) 15:54:09.10ID:iLv0Ql/k
基地外亀梨婆頭湧いててきんもー

88名無しさん@純邦楽2018/05/22(火) 09:15:52.86ID:3ZlN7hrh
_KFQn47toQ9_#AoWqCzd._CLp25cceO$F_/wNr$?@UHLzz4RwYJr$Iq%pvyIfz#!g*1wxVNgEqUQrv4.dFIENh.YkRKOtRN/a.IYVFxF9ZPfTVSAQ/_SPJ6PYH*GK.fuPcRyuMJBx8o67D51eJ1Yw7%j
7T!0uEVGvfYwfR_ut+v9W3$DLK/Oo4=vlGLnioB4goxTUig@wwcmJX$7Lp6OI+.0P8R9N5rs@KfihtFZ7exZVyvKtW6gh4/Qm+@v$sR1*Ubi3n_lp#9Q?YGCoE#xD?NcWM.m6p2NT/?o0OMGC*#F!8a%
eh?smWpFSTGo=PR5JWisim126awK/Fvueb7JwZo?keb8PT*N89fWzh2tY#IW7#RjPDoyCSFHi4f37=Yt$cqXrttNIkg5DN.paoc%TT7FXNbf.DSc$QCJolO#MBLh4*3bGxgQzVkt*h9Yjr0.CaY4KynT
1*m+e/6/zokGK9T0/sUgYy_ytMwASG_avl9=2s6%.yfz0OsTnUDqgkJEneqg6Lnskd1.uMGqHOa_DECoTrslObkYzNkjF*yxMZ6mZOQ9vlT1#S7x6YK+0_#?Q7?UVXid=OhJtAJVAqz0XiefD0bpU554
py/9%%cnxcOhLKdlN$H=g?nlXrKm7CyPK1JNCCSt*3lwi5INZdVHdeuiF96STyQKaqfFQXC9hOlUj9HH6E8!7tp+TM71/kkA9rnhHD%aLQ6li#Nj+thFX9=5ngSVZR#@LzYa1yDor2IQKmPWtEFUfMk3
y@V!fdHOKB%ERxMy%lr/E?#UR6SR4OzlIz9sV@Ohv?7k@eXnfn._?6o=T1/vGN/6pmgAvqH5M_VZTd0I=_Y+h8GOsgtHgFGbSoRo$?p+6biyn8hovOQN%=mNK46d5BgKzEsn@B/TM3gnc/lw_ds?l@Bb
0$AlU*!aHR/m?3wr8E7b.Jx5NUGZAmWre0Cq$ooaoZVCsHbdJKfp1LD_gAdENFEDSvmE38KJZYX@j_2?/8c+f3#en$xwnYNUk0*=0.s+CW3_Xi6?OckB#FgM4xcFztSivvEfgtnrxRqv5UXvI#jlhp7!
d?0q#doZ7s0dP3G_NmL?TwvvTus/%18nhZ4L=!l1?g_RR6olWI#10Mnj*!$g25cUA9X@*#a5N7p/6#J8X0%ieB#9+rO_dPzBHklOD?SM6Z4D4UR9qtxp0tqw1QBEB1bSbovm2d*ALaO/pZJPS#RgsebA
*lhcJ0eIeO9H!8nRletv#6A?Pz4EeoYCfemd_s.FbqFnjf9_z@2G%iSkJ$1Xvp!wjqpa@qx#vApGfi!bK1ornYL1BUZdsBzRA5FT2_Ouqmh2oG_HNm1ifWCQ_MG98Ey/Trd*ynBuRDNAk!gdjbMLs@tT
0?rJyo3eWf7x2Ek#f$w4Oone0PT7*_jI3d_g%SDMyw=M%xNeRzN+lW@e=@4Z9A*1kcxS3QlUxlCYjN59U%Ja$gH__ku6bzvSz64yTSVu4%yCM#_D?7m#F$df9seJ4O?RgcrXTWllwuxwU1!8DcpTbnIo
!I*GVC7gxwQBci9rU3!RXK?zKC$9LL/ptmtpfK7I!bD5OJis_..JkXVbjPJ1N2DchgNTN12lpWVaRt4.Ya4r#PbS/5#sUt.Wdkm0A$Y+m!R.=8nf0rCm3I1xAh0Xx#lUi7Q/UBrz6kKOKX#bQotBOvsf
BeKE*3G_lrBjoB+t7FH#MihYf?8=!#1K0RfRaWBAHP/VwBlugR$/9NiKN22SOih5puN6Vt_UNXh#=7wUT.AU.$nj+yxhvXcikvb1aQGmO/SigHl6k#Z4txI$q48+iedi+Y@T$KT=WSFdaGp3rHYB4+GK
GLYzE2eGLPc+1r?C4+Nc=pGTaf89jRM_HZmFyN9$7b0/GL@a_S@m_GjMtAh3Yv27Q$WRna03?MtV*Gng9E?nLSNlr?Q0LP$ZQZVV0?0P9ucSraRqXH_?GVCkuEigO*h8.9!.JHx/i7hF$WMyNEqy9MRe

89名無しさん@純邦楽2018/05/22(火) 11:28:20.18ID:r+OZ03hp
基地害悪亀梨ヲタの爬虫類性質w

90名無しさん@純邦楽2018/05/23(水) 11:06:48.52ID:gMh9xHAI
gTZLzr3pJx0jLs7xxOfrJ_k?qMxV4uQb0R1yV#8Fp*7.3z5034hLQDA_foHfl!Gfxg9FZrsPzkqKOgo1x*_W1.OH3#aZ0oj@2PVy#1IPB7P6.7/Wx/5bgGgRGfk.2dz*0T!!T7Ie.mgYsnTxg+Qq3Tqy
acphczNDhm1FSBA$YNP9LddpDma3F6wb4yg3+AB#DV@mxlv=DLtlfP.j%G9z2Ezd@7nOC/_C!Z+FdFiXS2Q9tJj7GO!xUEu!QYm?ou7F20k5BKkqxx%7c2lTKojh%z7A1_a9!PW5I+0xdxd8dyYZV9u0
2XeLqrY8_/2YeY84PxJKWjGhw?D1IZCLQay9F_GRW3V.7HL.sPGxZ@6O1U-$AW!4ID?#E.LltFgIqE?=zHzdCVxaoMtaj#lA%C%/TcaWxZ%t9718KS.Lhm1Jx7MTdd$X!o7xo9tSvi/%DoiDCP9HF54v
O7I6gd@8ejjd=UNZq5?bS!wj0fUuSwoNQs5.J5KM!qncJX#f1OVF8aGe#aS-sf1RE@I_/A9V-n50l4M8WPm5dt/azIlW33*?Gw$K?Sml-5C+9GA*oz=Kjev?b5w@DBDBP7ExA.ZQ256?$LKSUIHHH16C
U*mU9rTG%oKUk4_as1007s#Vyx6IZ!VKU?lxcRp!t1Z=Z4+tvKVPAX?kZoGU6Ev*/??M=ZpnVqXMmxtp@87.ZGVhoA2ADiK!Bf6UBsvqgPCzQCcro.1H%T?QbWA.5SENnAJm$jT/zF$oIFu7V3Gp?a0X
@.yJrE@4uhoZXdfkeDJG@1$_vG$vlcnZ+H%k_9Ji_kbavQSTbl/-#$j4tVrod*DHuX81o6_ZD@Hw!G?G6%oGYIX@_-KlyRb.JpbNi=Pq3Mrd?KybEns_k!AJ4Kc$5d/Zl1r?YEUxRnb9_Ug1@lXc%#m3
lRyuC+64m0C3T6fh6egMw+zPoGjWkdUn$oV_a/PBwsvqHTZ%+Z.84@pqBt2z/-qUcfPmhsTJzro*5DHKtJS9Blltm-6M/d/hr39aDAyBC9iAeVL-.=Zbs0yxWxKImRxVvrfHaeSoKkE#sccD-1gS=kro
2pPx06peR/Ktmj+M$CGaP%jydR50tPGFHknl3bwmcubgqmTCzJnHiLr1#HvCRUPKXR-TiCgY#In*.cXA*bEI.=_4-oIEG-_*8La-nex.z@ckj6UmZDq6fOLld-8PsDdkdeVw.4$K2cUSBHzvhC*=a?T?
7i1A7tyZ%9@xUvCba_o%wKjppigm*J4@klO7ab7*uy12XY$WmPDk#$HyRI_n.utI1n6!FJQXcaQ/Wm*ww2*oL8FAw?RsS1=MDWA!Bfsd-omNrHVABdfVb1Bh8lX4H.K*ARn9H/U@2lMHJZcv4r=o/MvN
5Ew9*qT$$o@v1Jjyl40F1#l-sl?.smzS2gVLAdbF7lFZ$kiltMSGD#cX9xXh#3FP4qQbrE7uXPpo5ngJFiTK4zf-SOm3/7M32Zy/f+C-O2BXOlUFBqSWALfvc=HAthXw@aftm_ex4Gv3vK#OU_u-UrMC
*WP.rO#b5a=_+MTogg$S@MG+qBOsaAXe*x=sZW_2ssGK8bw1lqceXwnjZryY#hQY*aSWH0Zi-g_WGnT3p6QkWl=Li!bXCkS2r6r+7P6g5#M_$OTGA8jygaL48@$C8I-%7#xx5u4INYO3S/DVwEM68l7d
Gqc_#%9uNzmQ2#Ngvi4IOdEZBJ7XBebat%$_#m7BETE?#N4lgR79nfH9.k/iWrVwla=LRCI%diTAwoV/$E3iIHWrwIr4y.2v0nn9b6FJ!Vht0+osh4FvcoJ4@ri%$iOk84rR_NOe=eY0dgtrOqBZ6SF+
tsFQ1%S-e@aoh9aH105V!h73Uk7=M#/ZZ56!$MJuwEa40jYv

91名無しさん@純邦楽2018/05/23(水) 15:26:11.94ID:b8DYMmQp
ウロウロゴキブリ亀梨婆w

92名無しさん@純邦楽2018/05/24(木) 08:55:33.52ID:xuKHcT0/
*8.IWWPG$6%!EAXVN_7G=J3+o%0eDFX$hVI@jl1a!.*UVI#uZcGZOK@1=0.mRDL%W7ffX9coV9@UlB4JmvLQ!O?5KN*n4O5EFRAT?y538X4xLUMXQhyqEYwxQa496Hin756d?Qa60*hsTn?E4!rdlQfE
@#oF7%xv2JSYN5Qh/Vs+2F.GhgCS.j@YMQ5Dw?xhL?vG0NXgAJjOU4C4HHlWTw39g$HkT7VrnZ0CECY6$HA$nN%u1W.ncy5K6.ko/u=VSpthsL23=*jCweKT.7=xxmdQvgw#k%CxRQA%+l?MNWD4inW4
Sb*9I7mNm+#3eFEzjs31_jb?JVCLytF_nunVcLe*uFS.g5w6_ABypaA7+OWR6Fg7v/Zj0Oi5Hdf5rWJ5IwtM/EZfoAX_yLqSGUJ*%T76*Mfr4S*@f1zQ**!Mh%#iUo@Xf%82r!J6vUrAdfDmv#Kh13T/
NM*$eze3nPEDjQF0tV7e2Pqo*L@p.pOp_5YNquhssXHeJJL*+E$FrZk1Qnuh9Uw2IO=v6phD#ckYhy*MFH/%LhA=dUpcJ1OSJ?.U5irk58Zt$g96t/I4G*jm1pTucz%G=P_cf1Sz?7dcVvPamUdM9J8B
b5#QQ6oBY!1H6o+l+Bm2#pFEh/2rFt/cvDSU?o6JvuqwbVNleZGSXMV57pR6pYYKx.s_?th.70$Qm1seiDI$Z9eZ$C$duE*7Vcd*#YiHTyb0oEK%YQLvAY35gy7w0w0WaW6R613XuH0acnyh.B5uK!J_
r$ZYt5OCIpNW7wRfc?5H*hf95*A@weJh92fI.ntbFQ+3gbrboOF%n5?AP000luXfqiVzQwGJhCtN32PeV=h6Qu8mRq_#NEaCjdXS#Et1*?/fN3Q#6R2DpS8JSfq#RUTWAnqPly27#7GH3!evrckhFqmQ
N0+4L$TVp#+$.=gc.iuBk$v%nY1EVhBSoU5w%F6g8PrvgD4bucEnQQ9s_@m?vb+fNvFYQKWNj0OW7G7*He.MBPH6ie2OIA62j.FAVF*stgL.eQ2c%5D8$9=6A+T?lvOtjR4N46xjkOeU?rTjB7=Xe%tQ
Pli4SFM1*BgjKS5@Bj@Dx@vsm5qYfBEx_aCn@gFtWm$*qs@d_L7*bE7YfvG/1rBWtDH!75uHOoHjeBuro+?z!X2t#Dt21fL=/F_I7tsHTK=9abwkh%@K7%IdDX.d@4NX#ZVbZH/odvB0wbV56S+v2+nT
*wjSA/tkktf21YBLxD+$@w%891SYSIxwR7dkvGZv9T6TZaO#_h@KMu?6nX0%!p9z8Y7VQ3Ww!2X/nv#p4hDMEE+A40Lefj=J4N=MJEcLzymHpAtdqvVHjPcu6OosMMWv_J8PA@AbDcK$lkB*fYk*r42r
8EOZi3CriFEskz#BZSx7cJTwHAs!2G7%Zt/!BEo9Oi6G_3_AP80FX!dX28uB$Co%lvEEauf2yExONSPE2E*revnL25Iv5=L8hPXPU08wsdV9SdCsLp3m+r4KnA9JeDbNk%HxVa$FYgvAMwgjye+./.IM
u7*%*V3ULMqdWH7N5JbJ7OjKuCpTM26j3zO@GA86Iig!*WNya%mKqXOhfU65oy=iXx+ECR5y4cl0UGO@KQt70u#IPxH4Oo#SEIzPQoJqE+*ie@rBXw+57z!x_zXZELW1VL1XBIK+9CaAjLQiBI0K#W#g
tPFenP7CKQsW%b_yN??C0ldFZvgmWxSoyRV7ID.1+kE?=TPgbb?VUHK8PIrZr4#fxaww=ANai5FG5$3d+doweEll$DfY.c@yRGMXgihJ8tsh!T8q0=K?p?pJvJq=pBbVhhWbu78Qob?aAj$FTQtx.6KI
OsSQt6yYA=?Iq@RFh1MbQccuh4VVcnkFt23gstB@.rQzVOzwDTsn_+=V8iLO0R#st3rF3fg4zg3$PR%bHBxntFzK0SwtWmLQs.E6!YB3uldxaTB.u_5_2u*oSe%p?ToI91Kb@ETEJaMTRjK=Yh4e1.su

93名無しさん@純邦楽2018/05/24(木) 20:43:38.23ID:d2B68tmu
ゴキブリ亀梨

94名無しさん@純邦楽2018/05/25(金) 11:16:17.99ID:x73YXSAA
SNdF*BSVYYFmPvuhW-7bdkI1qeAFB=/XAzr1iGnE$!!VsJR-crlekOZh-S%_YuV8MFKK57c@oNTEmOTKAtdq4BomT.sj7IZGOqMnXjtXauNcrJOgFQ3%Q?ycyM#8uGuWLi*Xq-h7S-?PF24$!s=_D*7d
eEw5z%uFd*#sU7*+ejPGQjw*9iB8*p?hcF1?ieqdChuJH/z*!1cMfLWz$0CytluKCDrbi9oD4oguM2o+r7kCx829qyFTv1?LiObhLG=Wz=jtaVCen?b!-9B7VBdoybe/o9I1.4oCz@KEqppj!dsB6yfL
$#CXc0JA?72pfeQVqfGY*ubwXF3V8Us%S%kVF+HVzgo0wR3kyVF+_4AiLP63lHQw0bY==d$TV0Y!YK.$Uq1NA-F=eu5Mwt%N9OZFJKQ%h?w=7Cfx2%V=tJJfmU2A2dvD7zhJZ?e@OqmKKUce?uf2?H+I
+EWV5xG/.ksPFF@jMwhcoFnkfjA=isrEUS0rC+H=tFcEh$RQBrdj5p/Z0Quw35=TO?mdZmU+1#c18a6oSB@$@uI0+hzB1?!fpsZ1XJsAxbMp=Au1J43cF6ts!?5oxR@CLDGVO0$IF5ZQCGae$gSu1DHb
.6hX7PvdfEP5wTi3hp4tjfm=h0Q!hjdD*6*$=$p2X.Q0ya3u/*+BeraVXp-FV_UZtqC2a@xCa72p61#/PKGotV$cpIEhklXCc7uC7w.2.ZyEqpI6od8*TWtaFR?$J23i%=y!M!Re.#gE6F2uyC9%GU3E
XMhjH@Gg@M_S/TcPZmSL0sysv!@pTh?=reY-iv3kDe.5lXVcu#vd4qmRDXt!eW-LNvpU+/+OyxPVCDEN85qI+z$seey8vkcO*J33pXr2=D77lT25blKf-V_s=X3iBDE5#lShF1Lp@M6DPaQfHUHQs=Hy
_PRosc6pgylQ3uFJS#f.V$Vy%BNthoTx!drkCm6QR6/a=qhYi!cLDOi_HGi03*1/0KJOt38jEutTCnWS_TI-zCJBkEibF=EuvAirOnQ.7JZ9hgmoX#y@dPn5=n-/qQP6R%mxc2_pJCz%il=n=KstORh@
BxE.45iRwS3VqT=IylA#hA7R%rQz8hi$/9EKl2hnw/%70gtFH@C0!NQ6GzeJ0t6TEtXhMTb2Ib-$Z*GBjAEi?.K.OVabt=V=o7E/e.dYlz$_nfBTU3zfx?bBF@VYzlipSiy06Vj5YGZw01*WmC=CzW/n
.ei33bf9T=q8Qua!_chQmk0kay5dmOtqo./*Wd+PKo6@jUO1x04l-TGT?R$tE/-fDkfRh%3R@t!*74oeU0sg4T4p9AWeF?8dFx?K2KTv#Z+v-mIZDyfI97x1Py$#m9SEnAw43!YQ#1WxWWZ_9LG.6PRj
2DlheHqEd-yNhPN@R-?ct-jwqsvDf.!Ma*E#r/9TQq04gN@naPmKFIPHSkfj4OhTEy3a*O04Mx8K5Qo7j$zE?9FvWewW#wi2TjN$pZiEWA6.gGrA0._lVdNOlCVfm6Rm1Y2%5+RfA5FA%u7Zd1jLWq6E
LupF_qQlls*9-VNeQdKE4**-RUUX@5koDVga%#TDuGE.9J_/cnpf9qiDL$NGB*MVF_1M6FPi5_wU2XN$?1DEcCHc*XHS$iGZEyNAbqBU=QwD6JjFHvQ.de2-ErTUlWhUrl!SjM$C9rc8RWGH.J89U./b
c$K4!$o/1!a?mqrYRk$4!Vkh!3GBx_*B2d8j9mBA4ji?aUm=7#93woV%a%Y7lpb1dmKFRvHs!9n*-BSs-o6GSA1/m5wvw3rO1EUP$0PMHyP-qhB8@1GR/?l##jYL9ZSHyZ5wxMer4nPzF+ceLR+?uqJO
trzRS7@I_fDi3DbUa*2b0EH!7#WR2FOM@4iyepSq9B9F=zMQ6Ax31D.XdugH!c+zccZiqm@it#xhW6.sHMc4?jSpavdsvEk-GJ1@ykOr8VwHZEfJOu0rTQCrxUm2TwIWGT5sT@cD/G@JqqAyBQ+a!MTj

95名無しさん@純邦楽2018/05/26(土) 14:35:47.27ID:c+P4p5A6
_gXyC.kZ0!Cc4ASnCj6x%PrmhVU-yCl719.dWcwiIPV7/T#E3nI@9y_iwxqUDn+$Ym@h1Yy?WGsZILLxTO5_I=r4LYKIZcB.j$akIf3OyVxoa@Bh1lFbjWaC*#DtLWeD#PJB9RF#C!XsufI-qqnoffKv
oBn?QgvIP9e#6taX+p%C%onc=98?#+yEJWNGv6Uo2ePhIWQEr/Tf4AL+FC#.*oRuzfeALzi?FT8o-kJcSei!PNF7uPlYxNTOwh@Z5qxgffDnzp!.O/v5l9QzPG8BWJ+l$jmzG0ip%rz7#s-h%L4xVSCp
A/JuT8E0H#yd176LJou*%PTky=Cs6XntRO+IbxMGS@!z2oup1gpcjk?w1maOpV#!fiq.x6G78jD6FtnE_lX8cz=KKggrm.vAaW==6!V!=SjJbUVrUWjl3ZETJBvg!uct567Ls??T_PqI2+o?w1=GHBec
QGYdEDV1mAFY-4Ic2U#MTQEMJ9aWl0GHU$%=Y#=rX2GTq.hS6V!vF1AwJ+RYRHPzPk@m0=E0h-GzbZl3IA6Fl/cc9SOZpkRfb%t_YoN!#zhM68-O#OBL2j6irnB2Zc7wc0#/Z91gQ+pIi2vHuh%B!!RD
#nZRVQ+h%#J0t8KoDRtF7#GH-ITz9tAHW2f0#-9+5Y#k6cL48-.YeO1pumKUDl@s!TxMfiXFlMh4?joa237WZy0XucZooS#3i_KQLwgXroymI+RX+Ord*MCCgR5/dI7iyDpK+ed-wWR3yDMltryJ6?T6
K4k/S2IHVy%QLQNImi%6zqQVy#w@aHk8#gLMXdvbHzvMb6*EiVf7Jpzp?eLiO_p=i0UfMZg15S1A-yb%*K6*k18M$Aw+%+_ySld*Jt5wftmU#FBnk8yuq=0?=_m3*gyq3cJqvUM%EyHrVQ_IRa-1ejh-
x2wHk36VuK8-86ZZ2r*Dv+h!jm%B-waqIjsbIb.n%DKVX!aBvC9cXx2LANS4yDwH8x9RsbNK?WaEfIo#J.8J@p9rwUhJ1-j+/$uJ-op=pb@IIi1V45Wo?KNnO2+2cXMvnsJL5g7o0J7bnJPb1Af8=SLB
mIyj1KTuiGRCXu6Ayjtou3L2vhkcJ$-zavjVY.2sw3jsy.qd$ieIz7535+Q%nYu.7DULA0C#6uMBtb@6dI04a-FGR7NC4$=kWBy30x!9kko/L9ygIu7/7uB?O%_?cEJ@PehaE213RSbI6fLvOI@Zz*S%
dSeqjd*/SM$MCdMKEVoc3BmG$uXgkb0J.Y6uF7CDjPWMELAG_?h4_H37l6P=N7t+G+5VjphV98gyLQm6u/_/?I*W-MiDBY7e_UycM.V6h#wW6L#osa9eNMP3HyCodUYV1*Q0IPKNqrTk+bggmMkb7AX-
-ll?ItjfnnS3j_W?/?btkoEYH!%pMgbv.kD#W@l?Kne1uJYILv@_+GaVI-rzgIndS7SXWdUi9Pgv22Xt6EN$*mh_d2fk$$Yz=GM9!un7Ihr8-DoJequtUv@eOctK!$6IVEQTeRsq5skYB9gIqmh5X%We
0uTB@ItgCABfI82_uUuEM01?=FR=Ohtnbx/sr$D?GkTj#hbMBe2HY-Ok?1U1kj/En!_#hlWNMwF/eM%LD0nk-0=/5/nhW9fWUop+RsGFRK7NfCVU6@RAL4cz.N18p$dZc%dz$3t$CK9K+oA=IXu$*RKH
a?MUZ.3O-SrRNNPaOaC0UP3#Kc1zic!=O$?4=yV!kAuo$ozcpMW--C+nD1oJ0wVnDG?ANxLoz4Ie$aqi%YUGqL4xF70Ts1$IzeQQruk9%QsEPemnnN-YJkNFpqLzg6nRPM$+6S.mUJK1SlWean9kD2H5
F5neyFkVTT.VK6AgBA1sI9._Q8g$Qm?PTF_IVKD/89b!4fvlnPaZ=xAx%+$K.lk%Kuy4z7y$7sYz_.?hwU$SRE5MF1iaEeYG_YgrEnQJhr=3j?q4vqWX+-d/jBU/xg*Q%J7?v02uJV6xG*h*L0!cg@##

96名無しさん@純邦楽2018/05/27(日) 15:03:57.80ID:9+UNQSBe
yJs+UpGFptF*nWzCuH2+JbDfp%kgmm!lCxu0hy*jV*jW8P3veNDgtUzg0RA#Y7CbUbIS#WO+Ujg3Q@_NzbX8km?1%b7wL5EBwhYorJNvRekDC4fNH3B3uyLHyv40JS84Hxe9JFxD4W3C$+n%!p/PuqV!
%q1qr.mpdcy=tfs0Uih?YVQsXV/3.9li2xMdboZXxfie0G61dRH%wffoAzYoO?YThJzOyT2nIGn_YAFAaDxC#qttcT41b!Z#d5kA0KFcgT!Jm.Kbf=Cdg!7%ku9AKKffza1m!G8qM77o?!5objFerT?G
SkLd*azCHU?ubEWN!rF9gpO$X7tq#Bx*z6Nwr9QkaNQKGGF7YSkaTx.*xI+5825DG180K8KSjlmfjYWN=v93liPIP=f6mlnl2Zaac2_M$RU$$Iy3hA*6VMLu9Sw%Tn.kFh4GO40ambK!b#p5qeM***G8
S87GPSX$FxGp9d35g$fSswnipwK7#U0_?YP%pOB##*f7BKwPXCYbB%tiCJ@d4WdAh/#NGW?IoB#F?S=iHm?AVS1bcV#2KwUAszkMLhjPl6Lg@3qzfyeIG*1dQD$v$+/B@7/cJBa9Jfd%WpQ2mx!xTrhN
tp!*KOKwR5KnoyetC/T+jDQ/wz$1aJKRn8VK4VIkyKiU#C?WA2%Fr@_%_Jb$bw8L=gClOtYHAVWr3O5gxYWOh.56Z#yyJwAsNNN%L2pXS4LaQ8zUGGwu+g*I8a4$k_0NeHbbNg?0O8Ket+bmxVlWw=2x
uK!jE/QxzcCuMb1iFHUZaEI_Et$auBcLG2glfTHPRSz?PkH6VzHublA7P5JjGgx$+AfUdo!kJTAkNNBD3j3bXwElaSOyK3NkaL6m#eKmS#8FA7SgIXM+@99L_z4rdx0q8/j*rmQ@js%l=_jQ6gfZukKY
kiP5%tND_?HjoFehvs=pDBDTiQ4UBtqsHu031I3xoU@PwPYXDk_6LMOuYhuBpcmkMfB9goVTK3HcGoGIkLNOZ7_MDU6mZN47RK@3AXGk3V_!K5E8LV$Ka*S4$ba0sk=+TR3ndArpD9Eo93A@5y@.uTcG
C2m$Wk.%nCR2VixEa=2W$V!3mjIy@*eIIUqzozud?a_#us@tVH41T9PHnf_M%9rUx5d3ujmoN!F.Qp*Al6H6*+=8K.ztu%6qeyKfnCHCHQxCDhTG7nL4DnxdBIGdq%3hm%EmG6.Bgpd+ENChS*fcpx+c
jN$5RR4msg=PL%=plh?4KnZoQZhWJTOja.FyFGGsG%q3e?7kJoXtCHYll#$e$bOKx#vvLn1A973?4@z4szZ_?G@Z*GDIW8QMF=HjlaP.x#V%@z@N.OuxIYV#*N%vyinXXy3Ik5gmiQG6bvcY2JVphBJJ
=1DDLJNrfomU14W9.dIIvGWerxmq9oQECI/YZ5oeF1YagpHF+gLgDmfR1N$320#oxoProV.Qbqr9Z8d99k!rue0M8mh%VRopLJ$k$lK02+EoM0bK$xHR*UxLe*cpW/Y!@jbFb?0B?QobU4AAwT%6P2*8
wo4BxSD9phHu#8Cn*C3vcqiGSv8XEIB+1FEKOaQa3tw3U62G2nSPbtC%sT4f0pLT068iK.L#slSF0/WYKfvrVwNFcu#EgeJdTZtqi7wmxSzA@CkaVbBZw_N/uEc=%9nz+hH%VkVmpIXs$nwRTzXmJIta
vsasaQU%GmRdKrI0DZEC9xWCPIRd9Re2COJyiEEIs.l5h8c8tRG2?E.O#Iq+PtmK4_3jr**9cPtr5YTDRjRi3*euhOzdX!muSX.MXSX$xLJhF!S_n/uZOeMaJEy*cc%rKV?_oi#FrXp+Znj4?XMcSTYG
q=hb%XfoL5SmbOOoH.Uui?nRcatsjYT*Rvf$NXBon!/uXc1?tMM=mSeZiYq9/Eh#gjRtagVL*lx!EuBowKLtPwL%UcXM%Cei*biRo+RgnNJKAXFIdJANye9K#ZL#D.ljW%M4K3dFWDIMbrq?fy*MNkc$

97名無しさん@純邦楽2018/05/28(月) 09:23:13.51ID:81fKQ7xT
aqv6?E/$mQ22.VTuM1QR62XEr-.JL9SOH7vXlq5MMsb?*131zI@8+S*z#2W4ndYZoVIR8VN#DV5wk1pw%K1fnbIkRCsiTGENk/wBY1ERQJgIn=4xQYFN=YIfNft!fUkGNQZn-riNlZx-+i/bgnv838yj
qiUgH+/8gba_Wjsd1CD7g%dMf9*%mW=rUxKYh$adBkAlaNRfa7mp@ib.7=/RxGj+2GZjmH_t.owS0E3vn@8_$_NbJ@PMkm.!f2vWdHtPH.kXG2sWjmJa4#ynMMS$2E@6V8=d3U0eJBmH81ryQZd_d5+k
Sz6%Lb6wnAsS$sQtXJX9Te-DqSQYrdH5Q$k+ManyhOGOTWxV92Bi1G8Gw322b-7yB26*iFz3-g/0/kqvb15gZvD$=6I#17N!pz1EObLGQPGBuM*ia06wcDk#Wxl9zl.-.j8Oh7Fv8Msd*oJ54P.46Of#
9S=Gt=KmhwLm965exdU/T2iBaEjGQF5D8rcjV=vCffNspnJWru?ECl+Ymd%/w#56@8#Lqblhps*Ns#*UKO+e/L4eWfPzovt3En67XFXiDWC-PS@lu4S6ok=UuQiSg4gPvuYwvfomBak%5.mdiZELQf34
N9YWO4!x4mx*-e@FQ@Hc2*l6P65F3-1=oUS!yiGZA2qTnuTRi!E!/Q19/A/vtNGps*76mf/Nt2HMk9e=lX+j27nYVUG+e2eJu/BvHqC1fFEVNBb6dOCx?%.Y2.Cnlq/FfhZctim.GDD*%lkr25s6y_Ir
2-ntuiug#egf%?S@HOhM?t1lGGb_CV9RsIQi$gDyspzr.+eeOQZ?1z%*=6YW2dxzlOgo3VP85RI4taZWpE3aj1yLR*YVNBzGoasjM?lhvEdi2$P@3xnjhzMMh/7!jML3Uwx4aJmgrFTTBgq!lQ@QTGjE
vquXfAT+K=fyEXtlxiUEA-#WT3REahWAXxd5D@?JEL=RFP20/@rFJP+RFYdxil=ayq=dj0$4x4%v%BpXhtM53U-dzRjTFqROuz#wvLJoGz+Eox!BU#x/dzt+RN_--suaA46/tkRwJ1F!SnacW*TiNNPw
*WlL#d=Vc!LC9lK8BKEC%AEU9iAJB3R0XsWey#@yb?IJElFa%zSRynTwm/_4eWOkLSa%7ChrMDK5RA4h?CS6!m$Ou=AMMST5i7+jfh0O@4rc9yFNuQvOE=$A/C?tiiMqQb-jylRtFR$0zxP+*AxbwbR4
73-*ByLDaDGpu4OJiXI#cFmD#UQCd/%-hBvY4sK!mPXtV=994rdDl=1hp%HqX0IIp2L+SH/a8asLbbNRD*i.pbZo+evLy_rJqfZyykN_/tFV/d?A5o2*k8jud8BB=XOo18dTxPAD*WZ@M4?0Q.7.6wL#
98i_CcD-=BdbYon48nMtr*/vlk1B?zEo.o0T%Fe66%LF8u-3cAKJ7nlx@-I6/ReQjC7hcdSmKTjsG1jJiX0Q+es8R8=UY6PKtvMz.l+zVKmfIhMf2TGjg5UOsL-mC3B0=!ROeF*ptqnlpZQT?HY!Q08#
EAg5veYYM=eX-bM4dJR=QEAj7v@eV1YCwn4DEU@qtLGb!A=G9J#u/FgFhwal-wqJr5rmSK=ml7SoHqfpM8-mgx$XF.RensgQQQHYYMN0dH3SeMWqgU4gy$2tzLj-t47!6gBgO+0mTz6qFornedROqIHI
%h6poW7?lskFePeJner#P=7NI=jAbJS5wIe52lBdAE_WP?FV*VLD+v/X*i.2UpJq_0*XIHCuqN6UsWFwtptQA*K@MDu-$zLUOwihyi.v=8pU7C2j*#Of.Itc4j9Exe7tFMuUkGgl.Y5ZTGAeszNzzZ-R
F#ASd.+G_VpDGoRcn!Re9P$A-=uFe1JJ3ruSiC?x1-C?QIfeZXShG#35l_6N/gfBpc$OJ70gwYwBW0w*.m/ICnWRGr+6vLUvHqn6C!6O-5OPuO4cFNT=u6ASY$DzPIvLJPTdZbDzO3Q#t=CtmrIxYcDV

98名無しさん@純邦楽2018/05/30(水) 08:03:23.69ID:BgnnY8tM
6PB3w7*1+wXs.o@?aY1TDRWJcz=SG5CFt.kN7_dehtL89VkwVgCf!h9809hjDud.UuUp.F@P5l.OKZpm?*gQnYaKXucJFhJ!LS$syG0s_dQziL/I#zhjy5cgf5xKM2r!kado.da?56MmdVer9juSQ%Gd
yX=i90sgtLemqV/$#y4dP3fd@u5ccK#BjD6!4=FXXXa3iiR*?8B@GO*SZVgF8yw@m8kwwj*rDh@qetv?z33FYGCBbodEf3CIn/qKJt_OhvIb33SCnescIIi.+6XHo5o?an@3Qx@#S2%y#EUB$GVj?POz
P*z9/yFea+8V%%.0DO9ul#MoyxV.OVbGbvll1U$Ltk*!lsHACZrLriaS5W3ko/8BazsL/7KmiF2JKJmuReu@hT5%bKUO.Sz@k=8DxIlNNEBuuXad_dGax?@ut5pmrSN+Wtj4L@H$b?Mzq/x$UawZdhkg
jJGLOtXg75$fnkN91/DD!!d!%h4JhZe?*ier8uVVh?Rs8+@TSlPbdhNI9=TuMVvB+SJA#0nnlSDy8*5?6Etw9Xck/cnAop1*w5XKW6zt?x7IvqHI1$XYpGVojhW_7QU=E=/fNAmCZLhMm2w0e$wZS2YC
FcAt1d+*gebU/vuh#sy*z/PHM%NUD6.hP?l#MpWZwN3*rIVmCh%bm8BBu_x$3K0RjeEFbyzW3k8#PUIb5Igc$.qwm6WCK@SHLBY$C62bIi=#QvSvHp%+DC6G.$7*L4o0ro9166yd*CmnKIOY8IO#yUEx
57=A6O%7OI7k$#ls9prheWtY8?rMe49sk9Io7bFSw5E33JHBb22wyOi9bBOUljLyEiEFH5u=liW*PX8F!VF$dK/Usdv%L7ynrP2cRYDW5209_CaKJVv2E5FU51XNWL!?ArpcumZLsN!Vl9ZG@fhFl!Pz
g5LPbs$X==@#KalxZH6WX2C1LgV4Vk=EbpTEzHao=IF/kJwVRehvyF6/cJT7=Ainuhmt53.RjxVhvNhirXyrKr7IkizymR=T3YTlOG!P%xIxBpN3FO7+*xk@xphbN#6y.aHp?N+tI0!RWA.W8ut=jzxj
D.weG9#p?n+r1j/1Xn!vAN8/aUrpBUtY!TKD8PUwy.sLQoAa%14n_WKmI.AAgv2o4//on#EujzNXxcc8%N#V.v*IEry/.nm=x%081$6KWRg=qYP83L650zUs=dmB@rYHg.3bLl6_Oj5x5ABP!tiIW07N
i3hxiopfIU4=tODxD*4BR_eSzcl#lqNu26a8DxI@YD$w$9UPQpIDa8NP!x._twhf$?#JlHYGnkvQX2B1N+xk$_z.s/nXw*qju21sAqSadNM_$5?6h8%xmmAtG3y4l!+*Dd12ofM7fpnT?Hl?=Xlceptc
PAyPQEwZM.%Bkrr+SICcp1lSZI4aJqX3*h2Yr_/ulglFz%WCU8auLlxqW.oI8HHkyvwpb#3J#z!/L42@7br66@#KS+27TZ_.s%3F0Se86HitnPkgwR3o+!AA*Hl@KudXH+MXQ?i9?EriDtRSGHUM/PTv
Ey@PCwq/RYz0tox?YW31M_6Tttc7hlND!8H$%Ftc!!jlpiKaLhV!Ng0pwkIHKTe0%2rxW6n46nxUO$sP8va9jN8RHz/Def/?t!O2k!LgB2jkaSwxhcqS+UhpLhoRYXu8_4JLYsqo$TU.3tqRP2gzlTG@
v#xHPMRDRPy8H9TKmO.F@tpaj9rlzaebiPM4s0njP_8owAzB6!X4+fxl%$VrJ/0wC*8_JlHFbIz5Rd8SJB8juqyVx7q_p4LqyIjA@0i$78NMzxZTZrid*wfbvpi5GMFBMHZzLOEXZX_D9PpOnD.#nWxn
6!!rde*Jlb3zOU0sjCucc4mVCdbWn8aX6EnFq_EqayJ+9l1utV8qnRBHzgE%@.vt%f#.DRCmaO!jGd6aR#vng1m/lu6Cx=JeF?/SzQ6CVLimy8ruU@UhLXQWfvhRw#?2NCCMtA@PzR/./KGWaU3m.sj@

99名無しさん@純邦楽 2018/05/31(木) 14:44:48.62ID:nKv+NzQS

板復帰(OK!:Gather .dat file OK:moving DAT 52 -> 39:Get subject.txt OK:Check subject.txt 52 -> 52:Overwrite OK)0.87, 0.77, 0.81
age subject:52 dat:39 rebuild OK!

100名無しさん@純邦楽2018/06/01(金) 08:19:19.76ID:IWkhvwNS
a%iZf4SE.A18zv8kg=rukn?e5t0mQvWG_hugPGS+RqK?6V7!65F+s@OgKwwMdgPSYlxSwX*NzA1jE_r/OmNaV*d#1.9xRB2m$J/vGEYr6Ix3Z+dSNMZZMbwc6bI5iQbfQad5K1h6M36gjd-euKt33F$e
hdDg2a4%wzkIZF9ecCWs6%#=qxTLbGHjCe3v+b2wNNS6i+iT-!YBeTF_p1v-u_TbCe-FgZcjYBE4$/vT!/F9wB8ifmLUGUo@pW/*0oLX!gALgWL1-s+mp5j@V1ny3RgLe2NKmW1LtP+2bF-xIZRlZ7nx
SRnQtAlrEz.ScREW8/ntXWq$JCgjI.V@JqXS$Mp-yEojP3=la%yw9od@ye8RAzV=V6hy3dR6Z4yRZm2HlQn@G-s%XEpOei7#H==nX=6#1pe2HQK7*Hs2#ROLBNh0h39NP9RRGIZ8HMdSQC1Pr3$zbAf0
crF9g+%mqfL$c.yS/1cyaTGqVeCV3#yybep=Wr@2iciE?dP07N1%B-5@e3MB=_e75k1snSOuj%1pUYO9xUNaijd?FIZk9I0JT.Bm%7@kEFXxlJxF@A+JpeH*ZcM_9jTbJ0uK8j%ctR9s!=LB?/0pEXOt
*p8qppU0kp0fYyAMx/*/vP=Dggka$WN1GD!35wuHghS4-_-WFH/gEG2xD.H82%JaaoDGfSs3zmfPDW%p.-sTTLRGqNsHxhX_T6/I?Czngzd5lXiBKYt0L$jWl9@2qnOg3+%rsPEQMP_ZH-6Dk#7_ET1e
x.j%?2xVU-Vqu3BzSmo#kd4ol=hv7M5mNMu%lVy+s?p2@I0_KV+_w_fdHFxJRDGSu27JH.w%DbJMi7NqbZK8Bchk-pBP*JTt3E$E5Vn.O9mUkp!Vi3_11eXeICT$@.z5hEOSjk*wEnh0szg=vx#-rdnz
V_vdjj6ipUSz%k1EGt%iW=Y1j?*y7l4wS$!Yr$VfeP+tC@P8bH2ma@zZPu9l@20NOIVXA=ZkvzZ%Iz6S+#eKV.kkLEK=KFQ%EFYn*Dt*ryJjja4dZI7f2GAT/UC2yAXyStl+PW@l..q1gnb2xo_SPB!D
=4J0@%G6EBBmm@iUYpnCsj_I?zoCQs_D?hnTFgSx56tS?7w-eCXqCnM+9*9KfYgkX8*xmofyS2_oOZ-+S6IeKtUeq2jAj9l55cSrpHm9#eB6+!v*tfP-Q6bXwRB1?@BK!ybJmnHx!x.Ja?$Pl*0bZnwl
P*wd?tetBzSfnCJdaOLyopOABZ?YbreTPg!.0DQKH6pCxuGHsK9O!4=9*aN59BPlB-mUya$4sW4!un2vCoaoPO#F32j1%JYSE3$RhDtt=lkUZ3w+scT=nACNvybx26HE8q%*dY0VvJMnlW5iZBqAsA*!
aB%X2d/I07PgZ6hiR0XpRE6UZD@%+El3b/V0eLtyd/gat4XyYGclc50PL49/BiG$_6G52OePB/4kQp_kRxFPZ!t*CchuR_sYz*nT/w04zE-S/YFsHD1Y1dH.0YI*CKj6q/cQ%zOpwgd=oaKPb-dhrl6=
Vx-.WmFv*e%cg-U+dqZP26A=hQiLTy0Rbp$K?1=CafCORh5TRY0Brpab2yol-PO=$C$9aU+F=FxWj5k?JwdQi8JL7x.KHoV%RL5jOMK$6Oe*JGL81$yYs3r#Ru0fjkUrMc_FjV6?Je=Y7fuSR+ajS%1k
!a_sRp0b/i38.5EXYP1qe*?VKN3@Q9s.zObDE*Dt%FA+WYaG6d1U4Rz6+yZF_l=ASisJAF81pez$nYHgLg2wg878o-QDqN2r/bt5fMi=sJsI4CtJxCbmVs5ROdq=5w89YS4gBqN@29*xrYY?6#bi98Hb
Q.8e7XYyg9zv!od_wGbl_+AjG5rEhiiRB-P.ex#yKFDzY7MR%pBiUM-FYYS@22x5fLQW8oTfsPgeI%v$w2HxlKC@NYvGT*rO#ZD/jgzL4E0lZR45BHoBA0mEJ?Vt3YPql%KDd3ZxZv/igJjEKcwlML/0

101名無しさん@純邦楽2018/06/02(土) 08:18:45.31ID:TAB4gUjE
/A5hfn$D%?aOzGvt$taUhynRLVF!kyQIwWasJj=ZaNMzEbztWml._vADJ/R$!w5FQBW+4.nUNiouhJ#FeJh1z=dYCbuR+JQ@Ze7xCctdTZpIpMugzgO/hsFQJJi=ytqhm_=@3Bm1+G%m3cCoNZ0C9.2*
RW8OG0iydS*t=kGP#WOO%*duE=qx_Rq%pCm?Tt7oy@Ig66V4I@U5/S*!Zd12P4?V/dGy63M0D22MUS0Vj+STWNb_#n0lHnZ7RCTRQU.eAo=C!bO.rO6q$GwVPTTl/bMtTfHOiOB6gisGJf38./k+43Zw
XMBvoy4.Iy1KRPXDx14YjCN8g1uB3oEkZ6g!GeL%gu%lKviKPh1TY%VhxKC6EfB%V*7/ips.u0JAG2U7ts?92vF?VTByxXoJ4FGGCjU4W1lGv=Ue4WOA=Y/gMvXMfSOowP7.fP3M3S6Jg$MrsryQy1s%
I.dGfvVKRUE/jCcvDCt9qN8hw.*StfIvnw*ThMG3vu+%Ylc$?phU*CvkKbBR7G!Nc23tMFg1HU_ToW/7L$*kQ?7+3y_OPzfW7f9mG=f!Dc.cPZLbs9k4/7yawJCNb3Zs_%8_t+Ci.TgwjzMqBnUnJvss
$v$csYAuTPfnt%SE+u?i4U1$0grr*2gUmFek6wUgBqRTJ$M_W2/uIDx=j3.t/ue.qEC?NR5tgmlz.HHI0F.7hTqCTMz2NM=s4DzlYWrkNf3nIV2rKWh8WWlrJYIPghl4LCld=qGJzassY@6ih09/uQx/
KxB?1Mq%Sk4mark_c+oW4!QFqBELBtP3AJMGnhDQYRWj?jNR@?aatz+vhrSwL#Gx$YgrSn#LPRSK4v!JrRjDS_UEm3wfV0XM3d_?vC.Mm/pkAk#ei=0KXXK9#eypFgsK9Or9eE$A_5Y.M**iv=bcL_ER
kx3KNDfDGnCZ618SPY+CdRuhRls.cSa$0svZ**yje$0UgcRnpZNumADA6c2Ua@XtBABhCa*o23kEBKn@pSPko%UYt#YEbaBE=W$C9WydWAZY5*KjEjaL*l@r4_c4j=Wv5?zLVLYVRc4MDWNgTDFQU.?U
8kR+NYf!F?$7UCpP6r7pH.F%deCnd0eejs*Or4#u0rs5#.3rnj./RLvUhyzG5RxOB*YJw5?jaQ0gn_E@K1Im%.IcUvEbb/A9IovlN@aJTbC+vgQNGYOsG$KYsHSgFYDc@@$bE/r+dtnT3ZJe#4=#cFuK
BmeM4rG1B?ecU!C#H8laKCl1n/sJ.Yob.+U@=xL1$WmCi2DRQ%3IE6P/F$vUK?QNR3jE?%BqniJCqM2J8n%FuW7Ygi@NjnkW*HA2m8@goiLV6lXHV5v=Acjl#?R#Fy$!9yj6ffJIu%UZpK7Xc6UkZLk6
LCZkvAqK@T#2B4kaP_Y5v!0tGP7HL$#Aebqa=BMnLBkM8Pg*gXWf8APoNAJuKjyBzIYBwKWr%QtTdI=ZVw9*.y$r6R.*jz6XR6VbYT7re02SftZkPiRHX+QzReUdI=y?o8$BzRN5o5sVvpt=p6Ut30lr
I!6VyQD@VwdhOb?zoHfwSFO!1t!Wcruz6r_1n46tUiqUr/f2z@/fADzWK=QByyh4GTfLPjPLxK_xKi5q+o3NIIqwFMg9$yVnH91kp=Sq%sy./9A@j2Hap759AMt7LrzOBm./TkTX!@eDWa?$L!Ft@WjJ
xYokDbi=Ks1UpyZZk_JagyQfF@mPCs4Tq+wZrs_MgKE*e@EGN519hHx5=FvOy2Zx3ef*1vP.%W?YpLpS$jlyH7HVmnRSydMFqAfckdl$WyEjCpTiSZ#@e=VYX/DXAe.%ACWe1aK%VLPTNhmNY1lVZUuL
iftybp$Ks1mW5yfk5QKjmVVU_gj0NcRmwlzoX@jm24c5!3.s..KJo.Ba4MW__iWCmgdgjeZRUtOvjUhgywdzgwX4KExuTg_D+qYzpVEWl@0d4Y6PHs0cpw5WDwlvO49b4aiBAZM7?Gb.lK0/PhNLQgUq

102名無しさん@純邦楽 2018/06/03(日) 16:39:32.87ID:BKYMMGcR

板復帰(OK!:Gather .dat file OK:moving DAT 52 -> 39:Get subject.txt OK:Check subject.txt 52 -> 52:Overwrite OK)1.81, 1.41, 1.29
age subject:52 dat:39 rebuild OK!

103名無しさん@純邦楽2018/06/04(月) 06:38:44.08ID:L3qouM7z
i@XC634A$39YNbUyQ5KP#W%m6D%7VjIu#tV?SWWKybdZ_$EWtFFGl1ekWB-6sUc=mN9U.Q8V/a?2P!K.ESarIBWcTD2G?!wKwoK*YPG8oenC6Q4L+=B=m15teHrE6virpSc!FNS2lwN/pW5P-A#@oS/u
Y$Lu#nCuES7*7r8U$/AAGnDLhl2s7z#JZXgEIsKgA8jd#zwrz0@#Bq?-X/6te43Q27hzPZqRvNtE2J7N#.0cFfdCaK9pU07Aza2oZc9KSRXY%VnxvioMD+yazD2ytOT!h/8p2dER.N.!Z8ja=IW+2CFA
EV*yoEv6YN?=lQWby6%nxT@4aEOkNJz8!6VdlcPzYt-Aq56W_k=ZXzty$*Lh4u1HpRNMto2.l@OSzh9v!qh8WOs?4Cwu$0*Sxa_Ef=JOmYCa/?oW@h/SxU.bXc9rkaSZ/7Z+z.es92Nge5Nev0_M@VhM
PbDp=7i9P8@k@9r#?ummo3ytjj@*!KFAn?Ht0Y2lFDWT.LxNF_pxdMDhoLW6*VwR#_abc%!w.EzqcNTHNlAhRoh5_yobI0Wf#n.!iWo_tBNL$6oftWbHHmrp8p_f6?CuDs0u/7zVQ.y!HzRHFKtKSFR%
E3Rx!*6WrlNYQRtD2Qb6svP*hQW8D!@@2LgDi@OBV1T=9=9Uw9GpPCW7ak%nCh!p#Ni7?5#qj2jGNWi.0doYYMLN1s3=kbknEG!sQ*@yscGKGZxrVuANgsgt3N_kdzKp+FPKcwVr#5U1%fMgmnFeD@Qg
Auc=XeTM2QBNapYNO=iB_rolf.ektTeoCb_9LUDE-i%FhLQ+KDf8SeC5=93QhRCQio3W!y+AuQ8x@f_Mf+xMUB-fqF=8I57$5ePMZ6MwRghDp@CGhauH#..1=EhEq%4?kq$Z0.$JkLl6Of?eV!J4LVuc
%%0V0O_oBrt2fVMyHutYtjTlmx1YTnsZnENBZ%_M08CVyD97NCTEEbMf8h$ql__H@xMR%PxDvS+x6tks8?K*bqbA%e85Z=S4zF9d._k3gBUJ2jfOt=Cd.$+lFUhO6CdD..*%JIhGzC$-_Agw*-nhtYq/
?m.$w1R4?b2uJ-!YlK#U#UYrZ5pZv%$$+GZIL_Ao6lUXEyjpAFFDqOj=OzgNoYQ31+KT!8?$eH7fODt25eE=ekTb%T0DLEOKKRC#5108aN4de!yBpI+1gJls8tY$Wnolex-fQ1._oHNu!$Pm#6feALXE
wTwdE6z6-P#@vd*HSq*P$1A+K._IPMC#VK0GhyDiA%r3oRvV84-aZkSh#=ZTbguC=RjVSUd?oF=vLDL2*IO/Txb3vq+z9dy?6uFU4WA@2zaPWkTNXfgXA2fC0N5g09j-T4j.T#FKn@IjOE-Fr7LLCwWl
?8B46vFE6__yw$#Fn-#yAs5gxkerF!7dWnK?%ES$YZL-tVtfmK*CLFXT.Fj@q%Wa0.BGa=?c4xs5@UNjVs3C8.w_axAN@B2=n!hJwwYf/ponfVDY+Rj651a/.CwWm_a40/E-t8fPERvgP0?2.l*%%Sih
E@1Bx4Jcb!g!Zj=ALf8K//LFfPapDd?3cS_Qh9jI/AbFhG1yB-9l9M+2fMkpS.*dI.HGhkgyqLb*CAMC+8ZvJg0Km@#pZ0Rt3uLz%dQ_l+ulR2d7s$X9zzTy$tvBQTeg*mid/Our+@cnN$CC-DeYpdSk
sS*5JiX.FZ*UNb3tC6SO?Zh0@=XiDkRRjkl+2n2vi%tfu9fDq4a8-+t=HtgatK671U#QpeorLW_mXkQUKI#!yfjA_1MDi4FQP%!JlS-S=fcQnAXrBw/CwfUQcbZj=ns@1gwp_1CSqP9t?w6WYoBBF8U#
cdIojUcyVxnTAA38FRD@QznHBOxUtqi2Gt$o#7_Ql+u1v@8.CKsE9N0Tq%ZI#ru0Pr%MQ+Og!au-p2tjuvhPP77_VetXONAX_DFnB5YtYWoD$7UEhrzT?Dg@p+@Fyl/Hf%t1%N_Q!Wplj0kr/mezs=U$

104名無しさん@純邦楽2018/06/05(火) 07:08:26.09ID:XcA8X59z
ut3d5DPGSBap.vnae98j7l+1WX2/R5nom-WhB4sB$LxvSd#zHFxqzufox%#gW0KRf6?nzRTveaYO!TayUz@WS2gEp7=bVuO#K?2dA=.EY$tWa=LmQ0_#WIbWPD%Wv$N5L$GtTh#+7#GkQeyO+1d24XYh
OHt!pXBkj#!OMnAuEE=0AiaGs4CMuEbL+sVBK_PMkcz+$4n.apK9C7RfSQ2rPOi.=aei!JtRBofnlCQ1XL5.b0+=@4t-G.TRiEE=Ai2Ot3F/q-UBPLeQcA2Pv7r2_vtR=62P?@v*NY8u?8I-dZ%@Ln6d
M+@KcNHIDFy7d_F_397HjlzjhxyZi3Px8g%6Z3ou42/M6znwGc+LV3vn1%/35#ie6$j3sipK5q9-9USFX290Cp1z#r.q7lmC9kB%pn0krZ.A1A6R8=B/L7Z5Q#P!aQQgts1yJ-#DXEq@X5yq/WF?o_j%
sH-?#w2vnwQ7nLllwU*hmLK+Z*l#mM?tacX5n!SGpxuQly3zjr59cJR5mhYAmD=qcSvDU8-6oCNUO0vyBjHwKEkzDmUQ-qWEyFItCS1_8P1.ojU_5PTm#Qwx*mM+dW92$koyuYvx%bV-54bq6SgAV_U/
_B!dqqTmlwWdfA/_O71q9v$%9S@26JBw-%IHeblE-RGFTJLV@1oo-=iqjLE_8_62KvezFpE%@DRhTiZ!bfJH#kEijtJefyMsRLrlu45yp_iZPBC=7i6XN?Mzs7J6ptOG-Kt.kYryReeWc.6CK3-E9ZLD
TT6_%Ik$Uu0U/=sK/GFph+zf?DntE+4tkVnW7zKM3gKg8Z+#CHOXq6vPuI-wkg2v_+3a!_g8LB.9*SYYWEp-?u6wgKH4.*MVQ8.csjtKEfil9wvpW%WuA4xafZn.$99VU=G/JbO77$CZ?MxwO8ER5c6+
sY?S_jg%2CAN0vb=H%VvvrGnH2IiO-yOM5Vv3p1r-Qv?DzuP=r@a4RdwucP@sPFr7J@YCR3biJt2gzB#hwvxuXb_bImkyg.zk/IKKUOHd_C3/ZQwPLJ?93Zc.zyJienDHM1%8b2IISnP2Z-N1i_$BM1q
o9UNi8*44@S71Sm=y7GJl@jRF$K6feq-fs12+X4ZG3@/1SoZ9EPVZ_J#3+XWijR?PPEWW-MucdNt9#0IYuKjWD3k47M6O.kbR!w9fkjEawKSEEb86YT.c=.6-D9k5FzjrXk9qOJGYGL*jFW9=SqnD4fo
aAe90aR-PWWYqkzsu?i_uDOvQIEB*L7$W1mHM?=wp$*qG9Qmv-akEr.ZE9IwCBd#r!Dx#9o9_jMalQiMQp$!3L/YQc*lQ#6WVFMQGQrX/S6f9_.L_MJcT0zRnPiACupeAx2@5Q3X*PMVp8ICBaFoLe9j
a/m@PEOS0s5snKIHdBcE3xBdq5FyZXG=g+q8_nv!Pz+6wGa9h8q-hKY?CoRmFBsQUo$AlHU-3uR2D%4rntqJFl7%qEI6k0O5zWaD6e0TW%MdGhF!@6ZZ+o_k-gby@=Gt/Jo_@EkW_dAC46!e--L+wq+$
1xVWN+#WVdLZIHGUHw5gskWrcoXuyyegjdiux@@leAYx_Hm3OsYtWXVIexScPv#hGG?VZ%ZIj-vTr-%D!S8FaYi7*.oSthIY8$n+0%kO*tuE/2ZEqZ+RG.FZx7D34CO1Mq5$o6a*ZMDE0k/O?VUHAbJb
$eroQRq4byVN2OSiR!aQJV_C5lg_IcmD_ShnbxpfG!qNGBk/uw$gi2G@=HOFlcjFl$+lQ.jnFJlYx9JqvI29T.n@Fp-iXU%A/CUXYY//7RO7q7R!#fVLezUcq3D7eBQp5u25I!p@/IXM#lH$b!=6LDsh
6lIZ.jnk?7#ohYQ+_HhT=tN5iTJ7x+fOPn-J%Xurx7Y5Gz?bE=m5ax=*Rf-doALa/fFq__lD_w!UJAx45TMq=qR1upwO!pW2VdA?_wrAC+awOiDY5m9$uMHCS$9tMA_3R5mnJCr2=/=AB_@fZaMy*lg8

105名無しさん@純邦楽2018/06/06(水) 13:54:26.10ID:K7lstRsp
bp=X$VPKM5ZR=uG8u7TOL7#$s4VLLbRu#+K0n4d6W0y0P5v.$?@keLH0aS$/Fk5a_.qDAJL8Eop4UVR$55!XfsME/2tytV/mHGg!BY##$m=VRfuW#KhLKelE%QS#ftgiRkBe=RrzeoNOI$67Nx#voeJs
8cNA7plkKwluN7V0*qpQQR0X1od6ZKFJPYS4AwC/zXNTJ=WAh#imiCCU?Ytl%Klaq7TK_U6nhWiAJ_4TH7hHlAj?vA7L/nkskpDl5=Ge#7/h=e@o+T15=bvwQpZZ8rko=xfotqv+M1fMq.zS=mrTNANL
j7ssWc@V164Wax5UOJf/I7v5Ma6BC7m7+*m2TY*4WgLpsnY1Ul2/ZvIpMCq7To.V5zC7c6Te7Pc0nv5vwyKt$?ITgosHB?ah3@J9PA9FI9+Ji7L+5R!V9JraM@P1/2HRdN!+zG.KMLqid*w68QZ?27$Z
S4KbZ2xKAqYb.xF=+za8W_3dD!5lMxvX_!#_f1V6B96oB/NcbF_3fv%Zydd4kHb#+iu_N_PV$/pM4FxYjNhJyrvRNVz8HWiKQPKUsRReoaI*$05VIqrG50o?fRlR?d%bFK+JOB+t9?HqZwerDYdG$0T0
qw8rt?LTq2pt.oSU%vdlJegejCKv*oC5JB@=0*SzFtOkNKvhrRYwH94T9CvC*9VUagQpBRR9z2wQNOEEMc9.B3lB$6ND8vxJgJqmMsM#NC6F3T5!lAYrPNL9%yyhQpZoP+AAifOP2FCQ6$D=5Jq!9DaO
T0E/TXxejFth_J31fJjJVFQ6W7bffqEj=*bx?AAukOf=put=vcKrXY4#t#PYb9RT_KkfeULnW9G#kVAX7ja57nOnZcze!9JXW3DYG6$#4nlk@#LC.U?XMKOH7L9vI_A1v.C@1kSxPvGkpnNK7CSYi%vU
Ebq=R1=j5YP?7y_q0j1Zd!YR.yH2f7Ot!2@%NJFEZZ3i8OWKdWzx=4GE0wCv5I8xnRHQgnP_7!o13JNNrVnquVa*kB!sfxjx1YQBA.1FJvzv#!S%0UN9sR.mQ9VLdRPzwP!JgLwr7?JRKFEPZq_l=BZF
$cubIUe5q5.jm0w1XkBKr6_@jSCNDDrehc82NSaR6ep!Kv3JiA4yq/j/j3lREXz@3.bQ1U7=oPs+3XzI=6lY%*6cQQ_F+r3/WFzkfEmLYlFWpqrdt#nhy$GsnRO+pNq0S@mQUC5k533MU?lElZXtv%qm
a3to3Umdi1=i!trDkB6*YdA1T@GAKhbCJu3*%M4ptTvXtjKc?7NG5Ldhne@=rPEkX#*N?052cgKTFjNCJAOc_#3Ut3SGZyhRr!N6=v.G6o=hsQx?Fh9tiduQvb%tMu@q!DvD0VJCE#wYYlR=JIUXIH0u
qX*9JaN8Yem?dfq?N688#.xdIjQ96ENFkNCdnPC$Q6q6AJ34hy7_2Z.OanRn?O_%PDNAuDp*be0!l/@HX3?RVH*EKod6TY2upeDW@feB#B8!6vZ8GR7aYdE$1Ch3.4OJQJpV6XY1L!2A3od6./vIdJpu
=.jamVhTh=Gpiv9oG+a@#=PbGXI6uTL*uxR7Fx_OLn_Y7xlDLuo#QMhc8ib1OgyRC9RoDxoc5_oDHayitstI90mZb#MA#V2PtUhzwhsEdMSV2Mlj!!/bjRoLjTQh_E=!g_tpClKlNp#TrmbV9H+5H=Lx
jf8.#CH_t7*RbglP3pCkj@q5xkQ*0DpRB/XV2l%Gy9q8NXQkqpxwgL7lH4YtFN4a3!4tRciG5+w.JkdI3+Xkphj_aOoA7JHktAef+ujPsGpcraW5cwS8HghRFMo=BUoZ4Opn2UO?pD?87nFP?6.8$5eI
t3N6@jjhhW98C$1VtO8uGPf7j0YX9ZMOsp1$MD8m1VUsliPDadeb0tR_yBCqDl/OEV6fJFwULIAaWcWhv.%z1uFvNjgGTN6P2t!$VXT_y6#sW4fO1aCPPX@?CBPPLy8hl%KpwH6*nsvBvDD8.sEuqXl8

106名無しさん@純邦楽 2018/06/07(木) 12:12:31.55ID:JWD9vPtF

板復帰(OK!:Gather .dat file OK:moving DAT 53 -> 40:Get subject.txt OK:Check subject.txt 53 -> 53:Overwrite OK)1.14, 1.03, 0.93
age subject:53 dat:40 rebuild OK!

107名無しさん@純邦楽2018/06/08(金) 09:46:54.23ID:hYR24q7K
3fBJzVVC!Mr01g%EoTks8b5*O*ED8TrF*8qr8t1zkvox%#_vlyBml+GcYKMg/Pr6%h-i!DUpdMs4Q==/tgLSfMT?VKx0f_aoTx-?XFaHu6suK/WirHI?vFUU4q-PV?oWAtv.P$cpC+LbgkSCr3AmLrS1
uJh+8FP1Vm1dtz4.fz-n0Zw-#oK=GF4iL8KQnHd5unrbyTp1wpSB6TzgkZvj3IcdAeZ4TsLc9L.y!V$u*rsuMppqX9-jXX5-IdFyLFBcT.oD?#z85m%-zdNDjDTz5wlajA58G.ECZeek95ucW5e%E1R6
@+!e8iOs_NIzsZg3Zwxk?+grM.4I=1q2IU-5dohx-1!0_e=t*eFqYXMj/jNNFtjigEz88cBbMinBO4%Ach$%%%QKe5/BEzUuZ8@%CpSD/bj/P4qBt4D2Oj2IE.Z-zPMXOcTR@Vi=/_E-FFMg7!PRSVM6
Xw$loJ53TKB?8xZuem9Wlwi/*mT.hA2?ZN!5Va!9UQ%*oE!6K*2xzc3KCIkn4*6NI9gk=wnebl!rlI2U$@ifE8prbc5ginhi?ViCgVJkdR.Ox2=Z7cd@cS@cUfLRmjY+?@iehDwwGgGg7S+%yFwqg9#p
ml7ntu/6yke1it5J?jV6M@gi/tQs9GcOk4gA.UQ25U-qyMG%WxaJOZECqpcT/+7QNUNPFcjLHVp@brn%wcl5OB0P6b0l!2CbNO=4#y$!d_Vdk/dDhZ/qkZoPwLdoH-%S9Xpj3pn_JtlO4EJ1/cV$czju
LOASskFV$@py$.7*AZd8lX!mgF!OQJRt7NjkC7+!gREVbPaaOzgSh+VCSqzwKrY?6=46Q5m@f%-j48%J#ZcFsf65qHwhDF@Jb4-=c#_*R/4t049HBabC+knFS58nycFBKk@1um8-HSKqMcmCsOivYZu.
-j@I.Wq3Ye/-vDhN2fjI7Cm09B27EPmq8eiWCzrYEbWib?qX-W5IhG_P5ogGk8D4=dbr7.$hhp4toA8hK1UB.s_$0To4?PKzAF/$?1p0%$tZYfzwu.JXr0jmS9p03QTmtWL0+-OSfSuwhBXFPhhfRCBE
#6gxnOMAAdx2d6cSlW/H%s2RBNc.lrYek0=bYLwRhD_co@xU-663NHnhxi@9!qsv+X.MQe6me?/Rm7SGXs%@Gnzvg/oKLrIj8t_KlrVSCQ3k$gAC5XFCrZbvxO3F@3FI!nS!rL@tCS_hOZUy+JKSHUxV
V7YQNJ2%?*H2.0y1wHXXPf!wbElnnV24tHncKqGqD+!6qfJrmnHNjc!IG*ap7twDcdVZ92L$e8Rs!iJTBWf_kqoiTa6e5RyM2=s0f%cA#Z*l2kiMe@Kh/LGdXA5!pjnS#7PgXtjWVT1Dz*TYgf3OxLIB
.p%o37+l_L_wAGrO0P+gIk?UK+L/dr=IK8?UG7hgbw@dSE=qBE8YhMXiNo%P%q/EAgx=sgysb*#EMi8%n1pk/i+PHwvPt9Rc9M@e%!sRslWgpWn-#1HpXKV5DUIjiUSyEi2ANm!5QJxvHGJr+LNjpM%2
fr=_uZYFEvd65XErNjdkC/fhtkOG2@vzRMB*1/hKr.etqGx2=6gf5#etjt+D_Zu_DEx3Y1I-SGymA2kOzC5%pJ.j8ACa$e*C?YQ#Bg/_@QS8+zbU3riU2NZMZzr$Z@GQO!L_Ej*T!DOEyT0o0$X8JsBB
Ft4i$rD2O@/7_m9_VzS.JoqFT?#2qTnMx.2zi82t3mMaPR2?Gdn4ymt4YViY+1-*$Xlh8P-5$6kw4BevNxl=PWcR99GNQM5$2Si.MT$TX=?fDr@LXNe%rw-mznxD7$k_r1_fQ/PU$3as-6Oq@FYZ2-aE
DUTJrPRMM_NDT#yU9mM48qrwqjVj1LmcoN2%.=ptEm6osL$gKN@HbOx48m8sqrb022uZLRa%YH.AEfvbo#yc=*OAYQY-b/S1znI$rt-GGGI$T-mttYK.PWLAHrYWq3bWfXyXIVScKgwbMQH=keJF_daH

108名無しさん@純邦楽2018/06/09(土) 10:57:06.50ID:NfTLKofa
i@XC634A$39YNbUyQ5KP#W%m6D%7VjIu#tV?SWWKybdZ_$EWtFFGl1ekWB-6sUc=mN9U.Q8V/a?2P!K.ESarIBWcTD2G?!wKwoK*YPG8oenC6Q4L+=B=m15teHrE6virpSc!FNS2lwN/pW5P-A#@oS/u
Y$Lu#nCuES7*7r8U$/AAGnDLhl2s7z#JZXgEIsKgA8jd#zwrz0@#Bq?-X/6te43Q27hzPZqRvNtE2J7N#.0cFfdCaK9pU07Aza2oZc9KSRXY%VnxvioMD+yazD2ytOT!h/8p2dER.N.!Z8ja=IW+2CFA
EV*yoEv6YN?=lQWby6%nxT@4aEOkNJz8!6VdlcPzYt-Aq56W_k=ZXzty$*Lh4u1HpRNMto2.l@OSzh9v!qh8WOs?4Cwu$0*Sxa_Ef=JOmYCa/?oW@h/SxU.bXc9rkaSZ/7Z+z.es92Nge5Nev0_M@VhM
PbDp=7i9P8@k@9r#?ummo3ytjj@*!KFAn?Ht0Y2lFDWT.LxNF_pxdMDhoLW6*VwR#_abc%!w.EzqcNTHNlAhRoh5_yobI0Wf#n.!iWo_tBNL$6oftWbHHmrp8p_f6?CuDs0u/7zVQ.y!HzRHFKtKSFR%
E3Rx!*6WrlNYQRtD2Qb6svP*hQW8D!@@2LgDi@OBV1T=9=9Uw9GpPCW7ak%nCh!p#Ni7?5#qj2jGNWi.0doYYMLN1s3=kbknEG!sQ*@yscGKGZxrVuANgsgt3N_kdzKp+FPKcwVr#5U1%fMgmnFeD@Qg
Auc=XeTM2QBNapYNO=iB_rolf.ektTeoCb_9LUDE-i%FhLQ+KDf8SeC5=93QhRCQio3W!y+AuQ8x@f_Mf+xMUB-fqF=8I57$5ePMZ6MwRghDp@CGhauH#..1=EhEq%4?kq$Z0.$JkLl6Of?eV!J4LVuc
%%0V0O_oBrt2fVMyHutYtjTlmx1YTnsZnENBZ%_M08CVyD97NCTEEbMf8h$ql__H@xMR%PxDvS+x6tks8?K*bqbA%e85Z=S4zF9d._k3gBUJ2jfOt=Cd.$+lFUhO6CdD..*%JIhGzC$-_Agw*-nhtYq/
?m.$w1R4?b2uJ-!YlK#U#UYrZ5pZv%$$+GZIL_Ao6lUXEyjpAFFDqOj=OzgNoYQ31+KT!8?$eH7fODt25eE=ekTb%T0DLEOKKRC#5108aN4de!yBpI+1gJls8tY$Wnolex-fQ1._oHNu!$Pm#6feALXE
wTwdE6z6-P#@vd*HSq*P$1A+K._IPMC#VK0GhyDiA%r3oRvV84-aZkSh#=ZTbguC=RjVSUd?oF=vLDL2*IO/Txb3vq+z9dy?6uFU4WA@2zaPWkTNXfgXA2fC0N5g09j-T4j.T#FKn@IjOE-Fr7LLCwWl
?8B46vFE6__yw$#Fn-#yAs5gxkerF!7dWnK?%ES$YZL-tVtfmK*CLFXT.Fj@q%Wa0.BGa=?c4xs5@UNjVs3C8.w_axAN@B2=n!hJwwYf/ponfVDY+Rj651a/.CwWm_a40/E-t8fPERvgP0?2.l*%%Sih
E@1Bx4Jcb!g!Zj=ALf8K//LFfPapDd?3cS_Qh9jI/AbFhG1yB-9l9M+2fMkpS.*dI.HGhkgyqLb*CAMC+8ZvJg0Km@#pZ0Rt3uLz%dQ_l+ulR2d7s$X9zzTy$tvBQTeg*mid/Our+@cnN$CC-DeYpdSk
sS*5JiX.FZ*UNb3tC6SO?Zh0@=XiDkRRjkl+2n2vi%tfu9fDq4a8-+t=HtgatK671U#QpeorLW_mXkQUKI#!yfjA_1MDi4FQP%!JlS-S=fcQnAXrBw/CwfUQcbZj=ns@1gwp_1CSqP9t?w6WYoBBF8U#
cdIojUcyVxnTAA38FRD@QznHBOxUtqi2Gt$o#7_Ql+u1v@8.CKsE9N0Tq%ZI#ru0Pr%MQ+Og!au-p2tjuvhPP77_VetXONAX_DFnB5YtYWoD$7UEhrzT?Dg@p+@Fyl/Hf%t1%N_Q!Wplj0kr/mezs=U$

109名無しさん@純邦楽2018/06/11(月) 12:10:09.36ID:N7jmlcIq
/@rI7hO!oXBD2ZEjUa*Pm*VTQ4jup+yME5b9IEgTTfDAD78%RPo1jzjkN2Zn9X2oP_W$j9h-EfO/TfrXb*R%JAA83c.OvApTIoZ1+4RyiZGa@xfca!H3nhqLba6s?NAw*jL4CmGURA$6+#M.1WBw+JTS
3$H_Uvh6d.kwKsd3-aF-=Rc!.+da#bpoxvg5vxc7-z6ZpFremn*gIeUU0e$eCV.VZMRA#2o4GmpE%D@uX=s=G#BrlkWTsR!$sR_3=Y-xbGydXW@udyMjeYpjQH/ITU3?A_qcV0$JUAi.%4.%fH_9rsJx
Rjm5QR8To@b#/0S+UK353lbJ#prJK0#?jthX=-K0dnHbk!0CG$JXxBb%3=.bKPUFzve9rAnQj1PinnfvZ$*w!=ynEsMhgfd9ZAkBD5/EIerP!ECEb+a/YpXO._KZ@h!rrG2L%6Q1DOEouf=k.!L6T.Ho
d5/kr9WfdwoXQYUt5R%/osddUcV--i=OTFUhP=r=jtml?ADcTY2b0jT2+c%XuA+dE3t9iJ*H3BpwW2dCR1iwCoygLCT6ZNZIVDC!LgLK+T9W8nvPO0=Tm1kl6SCj6IF$hMSguV=HhoUhWK_yy%DdQmle
9nNNmX?zEdHctsVj_BF$DFy616.hbNO#GOSX3?J8_$4S/Sa=i$/qmd!4GwsyHK+@eDZw%9515nrO-GL64U3aRP0z3H18xVa-O5G/v$_Q%.ZUTkz4M2$uPAK3Kf6FGGB!b8qXWoDHVl5@_tRqCD1lqv_8
Fshm!oWVtJ0n0-8LueC7Z6L2deO/m?qMMz7VIu-+8fIS.2R%RDf*Xn0tQvVG767xWg=TdEEx8-k-C/ITnUjuH.LGB8krvP_afG=igt/ibh7C*3yOq#tvnc?Ex8V!AOPaYAM=3mEhQlePDBr#eX#YCOTx
nIraERB#frAcuSKROZhjVrzxiVRLJpRq1QZC?3_u7b7@Y=/XUsKFt.A=Pik6X=E*-yQ55b1u$+/Nf!y=!6K-T15We-!och*1QCRVsd_Nei3Rp2r#K3VB4u@endEHI+LTVE7nEckRp6/vD0y0Y4Ccw9?a
!-7LZZj5!Y6qE7?$Ir?gx5mDJ=-yt13?abj5pzEKorwej3JbWf%lUc0.bFS@YKCIb?Zb3bv2u/HWvMw93w%Zn4%/pBs_p953We*CUmbFN6ei3I+C0dcs2eP*ggO3Hdp@y7eX-#a!=HT!fOaAV=D?gKPh
L_Nva%Ikrj_iC8fR/OU$5mIZ/I*mpHFjb28LWesbIO%-GNbOPc7LH$@7M7!78K@cKxJj-#/M%VcL7t%vRTk#DU@CCew1MZkge6EgDGVTI1ujf+CJPd0R5$DcZtaRvBGHicy42uYa_T5V/uwW@2hQxoYo
bkZxsXAqOABKTG2b1bSDR_/6x24l4Vq!Jr@A+cubS7NgZsXD-D*e+o_joiW41Semh5j=1EcSQb!+uBTQGWXyFjqFXyTm%VUCnG3ll-@B*zdbt04Yu=NDJHGGH$rEu%p.R5ULD*3Le@RJ.c4PlMvX@MwM
37dRg8V%/Yu=0$qzaV=oz5EM.G1R8.KiPFOjSOgVHDhe2DR_J0lBypgFJ5PeUb*JHlHumsk%0DJ32Ic-7DQWl/q39aE?U_Quz@tHYR#Pf3f_GOZshNT/*b6#OLGOnh2DOTKAClgxywLxwt85tSaX@L?%
!J=QIw@af$Sfb4@S8r1-4#NI=OMWH-T=hTXeCFjf_WUw*D0SN95UO0W2BXiRPXw3Ypk@xEI4Op0ML4v2V0%$*KI_En%#el1OsM+hDjUAUE8ymRI?/sF3Bw/%wjXERR15N!SRXZFl1am@B-/hgxg$oP7E
e*SL0#vL!IZi1Nu-_kUO4G?%DGMZ!2PsGhQ@HDCjj8Y1jaiq6tc%Ed.w1%?fwwL@kWeUKfRJvjvTFvVvhy?g7Hszli!DR$IH4xGI9P+r0zaFZvPB-UzPw=JGg%GhV6?v-jId9rQw=%KBQ75eo?-pi_8F

110名無しさん@純邦楽2018/06/11(月) 19:24:46.84ID:bKXaYSjB
基地外亀梨婆が荒らしまくってて草

111名無しさん@純邦楽2018/06/12(火) 09:59:01.68ID:7f7JBf+w
Ar.iP#?pjfmozKD5PIX._/dIT*#skrp2793?oA!jehIJ7kw.xvUBgCJv/Z?n3VxOivqgUyR#6@aNOUDQxVP3.b2q5G57JaX+y2HIqj#uktBDWDa+5a#pm%mMzP_%ZjTlfrCs@mZQsCv#1HunwlaUQE-c
up8K*tBEHH1cRVE7l_m!rOLTnWI@T0o=L#5L6QRlFt4/?v_.9zZj+9.KK=Kpf5S=Bks#*I#UHC_p-SHU+er?C!@b?SqED9*$wg9$M/orX%iho1@0Jwd+T_J!itEEDanEni$*@kYmE14s5Xp.4f%GChb6
Emxy@EH8/jSTn!3U#w#wsWrz2q+aC#tLxpPpeDvnl0$oC@FvhN/OL#yfdzh.3$w#?g#GlnqU%AzR7IsHm9mKwnFNC@F%8ZZHOcTa=yXz6HcJ/jEattbE9RO7+Qp_VQOm6d5n-4.MHqZw_s4@Qxbj7Pmh
-k*7G7ycDlA6miRIF62Rxz/nl+DvL0C!5weJDG0%@VRfdBJEqZD?%?!x.I%V=2S-y0du@4ehZKZK*_l%h*EHx5=*ZBs?ZVW1RF87NYQPlDtGBYiOP!R.Q4fJ8?VQO+I!#OeAmRdk-9orSp@srMEx9.3V
GsqG0BGtM.2N/O9bFDbVdI3S3adQtbe_prpWdC3l#GLsS=R/MF_CHJ7tMKe!+NAobxM$s7.aNWFAV-WXWCrT?VEp#lQI%1.cHT3$7bM0UOhpAulS2H#iX#YIwEj_ASCZI=i%V?=s%6_*_VNJHlRYHmcM
$@U#zVeAdYsB=956KXed-gw#0U0BDZ#!cGb7D$FUz@sGPDo.98cgGc8dursKjgBl8-NQqdX-1ga.JgyZ0t7Ard+w7dVD%hZzb4ha=cf0_rUy!%TOgL+Cp?AQa#7?@JbRK!kZ/Ko$B2IY-Tn$nitXsRdO
M/+dccDrA_grA!J4ZjHTh/$!jGl-5?J_3MtB$fu?eyRB5IlT$5eRyKZY*K3ViG61jBWP+dGGBku@L4L!@ie3/#kyUM8ZuvvJ#Piec=l/_!y$$R/S#z%@%g1xh2_0Vpl4XHB*_.eHfH@D#dFJ3AO@EOP@
M1e-RqDIY-=XVwQtLlQJbO_i0R76/HY?*@%Y!-QMcwmTJ9cTB$nE/YBbsRHj89xW+HhJ.u.VLv1O8kLj04Sv5$#zE9@iK!u7hE@DaFyGI$6O!/P4CJ9=W64@Py67F0uL8pK?yB/tS1sPt365wo6$pHGs
2xwG#uhJ7605RRlem/U5?87IYrJH59V+2T67iZ4T2_3vphUrWzVw6rHKH-nqWdJQaCE=2bH7#ous_zawVsW/VeFz_4aoF/_a2McGe$$f-YO!SKclwy8oF90?kD?7o.+YZTO4UA_P=aeIQB#WJK@=RN#J
QwpKKv*mwXSoKdj1B1lcFmT1bk9.FO26OmJxFIn@!Hp+A7O.S3nIpMBa07HXwUs=Rk9R_v-oDM*W%l%ZK9uhQlEpvoGJ-IyT/vG@9K/a7%K+m!KN+.Y6#=rSeus3o9bQ_ZCZzEiHv1TUCswEckC0Uyz9
6*eg53qWvZ+UBs1nVzcoYt1XJb?C*=hRIm7r38FM_Zdmhpfp7SD_eLN1Qi%BSUiYOS.=?Js2Zy9s!*nsfc%ZIC4.sF84LJEl5GdWONW%lzUt3e=D.nyv_SK-Ymh9dwCb1aO7Ah2fnuy1bgaZibUuh=n0
spnP?9IKlt37o90nlaONQf5zylkWW=D%7C4UCWDsdRt#fymIYqmKjI4DXvHQfJk*DH=uZJ2l2i3Z2rrgIVuV?f51GLsk*_Sa*WT/su?5Be2yWdhwl!_Aa%DkY@rjegXPW.etC6+ig1/%MjZ+sxVpuEiD
.=Iakkyt=-g-y_J2kn?/nmRBzaKEWdx2pyP%I_/%oemPp-*yV-h/KQ=qK/f0Jek8qtq14xF886P6$%aV!DM8TnZE=jVL#@-A6L##BUBAk35snbm1ZM6%p?PWd7q$rC*JoDXm5oDRrUPFI-h.@uCoAad#

112名無しさん@純邦楽2018/06/13(水) 09:03:30.30ID:gk+NaFa0
pmr_5F4wSxrR0YbM8cg2fMjubeTSz!%GgTaxCErWiGeieTeSk2HcE_REJK+yHnZKnK*PxCZ@OxyfZ#WTVNtEaKbFOezE3XcymE!vwX*x7c4Wh$qlYqK=2VnZ!GB=/y?X4=dadOCA5Mw!B!nKtOBc@PZJ
1@ainJzhZw?!qPdjNU03!k3udYA0Z71UZ8jsfxXS=Z.J?z/pKbv+JN2drNOm.Q9rvHq8S3?#$nPiiL!EKN6w9pwQ3tOeQ#37$OytZFvv8n2+fzBv0b_$9in%O7WefG1+iNAnB6*S2l1e981xMVh5*Eax
bW+@o!*1mxEgeYxiRs?WT%RxdQr60g@xtl9mqqgSMFY?F/HYDh0oW+2SK0zGe47JSWp4AB-hm3kWRxWM5arV9FMZ35kP26scq+%Z/Vfg1A1$13RAFTj3lR%_oRBAEmmPY=bC5oYy#oeri0C/L7M*+vQ$
2K93ov._0ksbcW-5MWX#GPMII.dWIY=$6q-Jkr7+_+Q/eWHJ+2px4LdLYiUz$qeYwowZ/c_RUk1kns_tmIN=udb=!W=vpo?Z%uJ3M+?%/rN%vraMWchc!r_1XW4X3V6i1qYP/H4sxda9re4Y0-Nl_ux+
%2V72WgqBjamUG=8Ps!roU0qerRBQn2+a/hL3ie2hMWS*kj$97WJk6S0Tm3%Axap#AznQD729A?KeLHtZvqobbzF=DoGpM7YX0duJ0AW6lRB1ePdAV$PziQ/=rF0t*P-XK=Ez/@gtbb*R!/76.#cS!@3
5DFZ+r4Amhtgp*Szm=#K6v14Y$TzKA4y@Y8DWXr5yUKMmKhM0/2qc3o=!4CwbXTF6eTd!kJ3aT-UBYfAL?7P3g+O7s*hNfSx74fao%*@?bwNC430#nUN+GjZh?i6C/x6%8_=?jLzpWCJ1c/p#-GQcdyv
M.3lwarK4?F.nqY_Etp3z-D@MSO0URLa-ETQ/Xkz4pN@X7EhI!zk40?GkJ249-?MYa/zB/oBXEU5pASZbG04!tt$fpfUtuQ_US.viZazy?Iy0K7AHLS$sZe7x73b+2D.vmNZgoCHISv_LTYzXNdy8Ea4
JdWJhYZcavzWDJfuexg0nuqJEXh7u3G*u10eF%!J8f.MT$u@oT39q#X/J.c-bBeAHbqEUXv8h#stPO1j4ubTif6?xDBvqnfIiFnrTb0.vMgQw?t_=f50DaCbtqjjcaT+toNwtgxPVfCtNQ.UwqSJKCzB
zIr+Yx8-Au%B0ML?YsST+B#rONMvHnZXDeRsjgP2cx0HEQUsQ9_3pP_0%pHDQ=5*1MXQF=7+LMltQJcA9Mi-OI47O5%BJWjSkUQwZ08Di=9ywQ3w.*d35hd2Z0EajY!8o#koU*XiVKaBms?rF999YTOh
R4lEqY+l_eYgsbTH=92rjYgH/AqeIV_OlPSud6oYb-kuTyeVqZ*9.nCw!KtcpYqu+1V89Te0RYY@$X=kGLIzIQJ5fo4M%1qfAj!yDY%=$RE$u8HU-9.O2c7?%wo7nlGbfrh-oQPR3Iw$!cVZ7hguS/NN
QG?kEhjW3UboS5yKBsrY5QMf_r2?K.F*Bku48IsFU$p#FGfd5.c+iA8ojJgKyT+wk+x*EKiTLHM@jjNNSexP_xS.3ikt91zV@AfF26zVptLMabGW5s3yAqVPfjXuY+HHcGh8h#*6AtIhZ+$VkO++yA6#
VlHLbXO5G@z.cu=gDBbm?#qkqkei?x05ucXU*y15D!JZh5z2@4I/lBWfNo2WKL39Wlms9MWHgilFvr800t?AccbsiESgyB@rZ7bY$EsiiyLSbUG#S.kA0VafzUzW=!BC-kq5ZD4$5I2Mh%jxJZspTqxS
Bo5dm*Lc46CbDg=1Ni.T2#JaCNuV7ika!j@RdKQ+E5MfkU9#xZfqOs$-%l3eR4L.Tst3WLKISgGWjA#1C-YUjScp90Z6HkXxhi%Yo3/nhawW3HZ!1C86b0S7mf

113名無しさん@純邦楽2018/06/14(木) 09:24:50.21ID:KJrKQC9c
18vGDTIdCQDudtcmPtkXfipzESUC9XAOJlca6UN2wZfTIkGWzxe1Ohn3CUzfHfRKYHfB7rcWKSpjmkulTklTBoo7UL7SgnM83fWSGn5nz1IhOEYPz4LRRNfaZRhvB0LYSDgEqb89ikpHP22Ji50okVQM
VI2nrJ8580aumn1wbIPCNR68dpTUhb01uQc9ggXCJUFnTqeNY7hUq07e1lwprBMOViSGpZXOcPf3PpW9e14yvhBwR2RD0b9aA4SFdyt0S577GwQoz7DtLqWE9WKjdbfroXOkIBL1nbk6xYkgCWSgf5xp
tOxjQe9ngvxAMJq6Ed7GRHeiJ4Mxl4MFOSOXGJGyC3cSyAmf3K8VqHQ1B3STLDqh1wei2Jw12GIy3MdT7yBrAbA5x6gKe0ZZe2UHd90CU9uBWUilhWTb2qYQnguNbvgqFJEkC6nBAT6mnRDHetjZIbWh
6htlTK1SIp68LAMXzW157Xoc1M5tAUblcpS9Nyy5TgI9elNfD0YFXjKXvsSWa4zWfgZquQmbwUD4yuzdR0kZeQbqLVGKYwk3LgxN2rJMRSBezOMZ5HXWcSsbLHC9sm71Y7FlXbs7GlRYtlDyCEl00qZh
pqRsav7jFmkf0zkSF46DU8O1P7P0tHztuGs1ZwVQ5IITA96Rg3HdkT5PjW91p8q2tLsztMZpEchXaykrJ2nwsQtk9HC6MzPkTxLvo47avidV6B1SpYJo82cXQ9iRrMbLdslyym0IUTHMEk3qQhlpeHPJ
jdL3fijjupbfLthx7yKuJc6DQ7bbQVqjvYL2WTKfqRfb6Ja10UTyZwUWtAYt3soBXwHeWsALjNKMK7rMZlF2ewi4jLePi2oRk16Qnhb12v7LxXESvgRYY5WIEfgciV3O3JyMgcBEzkFc9HYh29WEqmtu
oW3wwFXBzBa7p5cL3OFyA3HsWg1UxKdoTmDuczNrXR0wLhM8Rkf89lCRQTvL9Xc7FxwHaBUhbUJ0FjV5p4MXsbhZGSnx779yZDxHdE5xPXrgFtKGZeCBXK4GB5WsFcax9993A8rHwbNMp2ujLVurmzfn
JlRWXJfw3IdbXjbDTDYaOijJn3HGGgqHBjMMIQDkinndb1yqYcXRzrIKHsbsLm3LtIeXqMbSWg6i1towf6z07KI9Jfsto3J8D5NBDnObfkAng2R651uCwu0rsECj7h3VW3YD6YwleNPAoWv4cMwvHQPG
SeLmuQgON0Y7wGhMupB1sKUDtzMLHfuChqfbYGC8CchWkwdQ2D67uLv7Ubb2wWBd9DvaGwmM3vKjSFiLFfQSzbr8qqC77DXhtMYtKpP8k0TEKdXqdPOh22XvaSHFGdEU2sAcKTREYFJK6uLBj5QSpGp0
VVLHa4V1gz2qBLSZaKYb0iFs3jbFxLIHTeAe3uQRDj6VUMJHyG0zLt3JFm3D1JfeoktarKdlNohlUYGMYylEWiU8d7ZHTLx3WmF4eui2K1cdb1SQXsk6NsevoKTpa2wGlDiNOSwlsDcf2bXKrSpf2w8Y
Wfqu9rWw3uUlG6EBUC19SSfmW988EGAz8MvihUCe1EdCUJ0neLJVSVTzCg4sqr1NRlthBaZO04CEsug3DBv9Mxe0csF5Qr0x7B2NrDTs0DJeg24xTnjcjLPmpkSqzKBGtvD5mmLTPpnD9BGJq1QEGxrK
maCaTaWAjWPpaFOKdzdHzSnFqEkSDJkvkwBRHfYVxHTZ7hYhmjyu5ajr6ZpLzsc3oDOjff2sCp1kIodwxkajvtXvFiALOuwytKshm7GydWzcgih0nfkVyhcuskAT3qE0HnXNlDcZGobKeYlKCsp51yPf
yAns6chrtUX8Jb4S79Tq7Ud7jXMlhMdVLpRd5i2RpEWPqU6jFEPXRJZo1G63VQ6SOyA0RLyu8jo6N4R9PZ6FCyB4lxUyNcj5Ei7AoahEgECtGY7PE3MXENAzmCfdXrho18lQBZlQyBNdiI18GgiIduLP
TBT37fX6nKVqOTxu49XsPmDvb56a5zGW4QjNkWwZgUOkn0HsNLuGrcMLM3BingCOPEziZX4PcoD8kBZ9506JKlNIJq4DIT5GrtJfnfdZhY90YGhOBJOtKQ7IG0il18AfHf0N2IWmQX8ZoE3J7uTqX7tQ
XAO9lLicsoUD7bznHF3vQG551A7ohTkzUnY8zF0NIPvJTvKf8UmHuaL81kqffoXq2mC9jYZhjd8YFpjNtv7cqnrMdKOXqE5PNnGD5a8pXN3MuXTn90CveqLRHaVyJW4UsIVtsc8QPi6dQct2UCYtxt0o
I4awhTStRX4MaXqTxYKDQ5HkJnMBhRHnU7ZrI9JHdaNVnvYJ0wyLhJv6uk0TUtuh4RRabCI0ZUTfF37Q3dozzSqJJRUy2oz9fopySB4pnhqLGjXB7hwc1apkgITsVdejl6y9ED9H9ms0K4yH2nUSxDkX
qx7BglTziWfzqS282nN2yDHqZtiEEA8za0K35s3XbjkyhxU82J5mTrfBb2u6ZYuIxsiLZDWvmREGDyyVJ5iPxaXHiT44NwWAyk38A7wviuluF0iLvqngHsva11UMayTZZVOdXh5xSZJZO680XGWYvoYx
pG53rjisHchaQwv1zkA4flieHbncrie9MRCWkraTHT5q4GK4xZA9cbZeVGCy1nOoHDIaZ0iwX9YarJI1zlXfPo41zQCNfiyYONws2knf9sKu99zTDlOjS3rjA9mhsMjurJTNMxKDDyi5PIz9QhLzi88O

114名無しさん@純邦楽2018/06/15(金) 09:45:35.44ID:oj4Scc0L
18vGDTIdCQDudtcmPtkXfipzESUC9XAOJlca6UN2wZfTIkGWzxe1Ohn3CUzfHfRKYHfB7rcWKSpjmkulTklTBoo7UL7SgnM83fWSGn5nz1IhOEYPz4LRRNfaZRhvB0LYSDgEqb89ikpHP22Ji50okVQM
VI2nrJ8580aumn1wbIPCNR68dpTUhb01uQc9ggXCJUFnTqeNY7hUq07e1lwprBMOViSGpZXOcPf3PpW9e14yvhBwR2RD0b9aA4SFdyt0S577GwQoz7DtLqWE9WKjdbfroXOkIBL1nbk6xYkgCWSgf5xp
tOxjQe9ngvxAMJq6Ed7GRHeiJ4Mxl4MFOSOXGJGyC3cSyAmf3K8VqHQ1B3STLDqh1wei2Jw12GIy3MdT7yBrAbA5x6gKe0ZZe2UHd90CU9uBWUilhWTb2qYQnguNbvgqFJEkC6nBAT6mnRDHetjZIbWh
6htlTK1SIp68LAMXzW157Xoc1M5tAUblcpS9Nyy5TgI9elNfD0YFXjKXvsSWa4zWfgZquQmbwUD4yuzdR0kZeQbqLVGKYwk3LgxN2rJMRSBezOMZ5HXWcSsbLHC9sm71Y7FlXbs7GlRYtlDyCEl00qZh
pqRsav7jFmkf0zkSF46DU8O1P7P0tHztuGs1ZwVQ5IITA96Rg3HdkT5PjW91p8q2tLsztMZpEchXaykrJ2nwsQtk9HC6MzPkTxLvo47avidV6B1SpYJo82cXQ9iRrMbLdslyym0IUTHMEk3qQhlpeHPJ
jdL3fijjupbfLthx7yKuJc6DQ7bbQVqjvYL2WTKfqRfb6Ja10UTyZwUWtAYt3soBXwHeWsALjNKMK7rMZlF2ewi4jLePi2oRk16Qnhb12v7LxXESvgRYY5WIEfgciV3O3JyMgcBEzkFc9HYh29WEqmtu
oW3wwFXBzBa7p5cL3OFyA3HsWg1UxKdoTmDuczNrXR0wLhM8Rkf89lCRQTvL9Xc7FxwHaBUhbUJ0FjV5p4MXsbhZGSnx779yZDxHdE5xPXrgFtKGZeCBXK4GB5WsFcax9993A8rHwbNMp2ujLVurmzfn
JlRWXJfw3IdbXjbDTDYaOijJn3HGGgqHBjMMIQDkinndb1yqYcXRzrIKHsbsLm3LtIeXqMbSWg6i1towf6z07KI9Jfsto3J8D5NBDnObfkAng2R651uCwu0rsECj7h3VW3YD6YwleNPAoWv4cMwvHQPG
SeLmuQgON0Y7wGhMupB1sKUDtzMLHfuChqfbYGC8CchWkwdQ2D67uLv7Ubb2wWBd9DvaGwmM3vKjSFiLFfQSzbr8qqC77DXhtMYtKpP8k0TEKdXqdPOh22XvaSHFGdEU2sAcKTREYFJK6uLBj5QSpGp0
VVLHa4V1gz2qBLSZaKYb0iFs3jbFxLIHTeAe3uQRDj6VUMJHyG0zLt3JFm3D1JfeoktarKdlNohlUYGMYylEWiU8d7ZHTLx3WmF4eui2K1cdb1SQXsk6NsevoKTpa2wGlDiNOSwlsDcf2bXKrSpf2w8Y
Wfqu9rWw3uUlG6EBUC19SSfmW988EGAz8MvihUCe1EdCUJ0neLJVSVTzCg4sqr1NRlthBaZO04CEsug3DBv9Mxe0csF5Qr0x7B2NrDTs0DJeg24xTnjcjLPmpkSqzKBGtvD5mmLTPpnD9BGJq1QEGxrK
maCaTaWAjWPpaFOKdzdHzSnFqEkSDJkvkwBRHfYVxHTZ7hYhmjyu5ajr6ZpLzsc3oDOjff2sCp1kIodwxkajvtXvFiALOuwytKshm7GydWzcgih0nfkVyhcuskAT3qE0HnXNlDcZGobKeYlKCsp51yPf
yAns6chrtUX8Jb4S79Tq7Ud7jXMlhMdVLpRd5i2RpEWPqU6jFEPXRJZo1G63VQ6SOyA0RLyu8jo6N4R9PZ6FCyB4lxUyNcj5Ei7AoahEgECtGY7PE3MXENAzmCfdXrho18lQBZlQyBNdiI18GgiIduLP
TBT37fX6nKVqOTxu49XsPmDvb56a5zGW4QjNkWwZgUOkn0HsNLuGrcMLM3BingCOPEziZX4PcoD8kBZ9506JKlNIJq4DIT5GrtJfnfdZhY90YGhOBJOtKQ7IG0il18AfHf0N2IWmQX8ZoE3J7uTqX7tQ
XAO9lLicsoUD7bznHF3vQG551A7ohTkzUnY8zF0NIPvJTvKf8UmHuaL81kqffoXq2mC9jYZhjd8YFpjNtv7cqnrMdKOXqE5PNnGD5a8pXN3MuXTn90CveqLRHaVyJW4UsIVtsc8QPi6dQct2UCYtxt0o
I4awhTStRX4MaXqTxYKDQ5HkJnMBhRHnU7ZrI9JHdaNVnvYJ0wyLhJv6uk0TUtuh4RRabCI0ZUTfF37Q3dozzSqJJRUy2oz9fopySB4pnhqLGjXB7hwc1apkgITsVdejl6y9ED9H9ms0K4yH2nUSxDkX
qx7BglTziWfzqS282nN2yDHqZtiEEA8za0K35s3XbjkyhxU82J5mTrfBb2u6ZYuIxsiLZDWvmREGDyyVJ5iPxaXHiT44NwWAyk38A7wviuluF0iLvqngHsva11UMayTZZVOdXh5xSZJZO680XGWYvoYx
pG53rjisHchaQwv1zkA4flieHbncrie9MRCWkraTHT5q4GK4xZA9cbZeVGCy1nOoHDIaZ0iwX9YarJI1zlXfPo41zQCNfiyYONws2knf9sKu99zTDlOjS3rjA9mhsMjurJTNMxKDDyi5PIz9QhLzi88O

115名無しさん@純邦楽2018/06/16(土) 16:58:10.94ID:daYKOBrV
_CVPDK6ZgCx/DlTT0/+nR/kn!t9vlJg%vzuZXpK5wTNTA.=5rI@8v.V*e%KrwJ.7p2Cqpt6Qo$aAlQKvKOTSUiBLx?itq6P-YiIrPRAfl8l$WPY.m$B#dDQj5dG?vXtpeI7laH0Dnh*2%P!XSLTod/2W
cuqgrkq$IxFqJR.gXrQKnLl/rxNQNg@Y6TV?.wM7kVOk/Mcn1QsVsEb9v0vihY#2=pT*Uf/O56dukONJ/q$+hsgCfLTRJSVw-fJw%9TT!z=pusy9_dol*/XKxn.h2a6Fi@soO_ufG4zdfPIMnN6R926P
wWe5WRCg*Y4lr+-gBRJugD0MOrW/1p-N8G2GyJI3iWTrr8bJ#HyNx3$OgI/c-cP3Rb*SE*amA#gyi#R/=gdi@QavR@YHt@h3%gpTd0mhP-diO9YgXrrUk%ARrOZeju?%Wu2S0_OmCXLl4/ZV_AE%=BKM
lRt$V2yYbbeLVIXNve4FX4p=uF6@LvbuVLsYb7Vr#bGpD6=uDj90.$jucv1FbUVatVwt_RMZLzZqj9t/!C*O#1UYypQdiI$vy_5s5FCAkaT-BB.qdrndt$ZrKh#+?*FOMdzn/OVdOG2MOZmJ=M5yutxA
2O%M_I8T_a#CRsIIbJj@TP=Ag=jBg$D@2WPYq.1CeEse4_?GZ7qZlc_%so4f%V@+pQVQ-M5KihI?f=74UJkIFPOrt*T$KPwn8%dzgeMWio1qujw99b1HeL?omdhFzOtfTm%kzNpJHthqai5FuP4Xw#3Q
C?JPJC26$$tFd%yuAJ328Lv1P=nH-Zl+$7y4lF1vNOdYZG6AUYcBl/#@R/AAJNL$xfHiAaGEWOmsMK/zW1lBGm@WKohPJ?w?6t_64%9XmNzMFYu__AHJELsgi%L_*VIPM3ng@1J@*/V@AetbU?KsgdRQ
McvKGgSkZAP83VNf*u+y-$VBkO.+Uqka.wT7.GB$1*z31H*%9L.3HwbUbqtRk6tsi@#iwezkxJpT*F+kzwSoY#un@.f1u*JzKBfJsm%x%@FEH%Gy8bBPx/ESWDHyS$9$ic*pLm.Jq2@bTPgpCO##b8P8
S=B?yCzeYhMBZv@3H+e=f8!xxdyrNUA$-IpOFOS3#ksFg?ex9Jm3M#hSR6Pe6vyOws0Qcd/#.hXv.Yz@u5K!5X3j5RAfKfHxTm?zJqEQ?Qjnmr7#*pQjg1SU%6!tYhI%myWN8mEQmA0btkS7/Iq4yQ=8
bq-oAh=5n?#XA1Mii-Zise6Cx4$rK#UM_8qQa9Ru4GB_ABg$@!*%hNHipv1%h5GATWelO?R*IqK+DA.zPoUmX/MNvwXmyRW#_V_Ga-y7HBPagM_b4KbUPd6i$g*kYmX@x8!TA$..eZWJ.V.LaFZlVpIL
2TSCmws?0TS+a9eqjw#Mo@ai3S-44S+8ggVQvilFW_eDJ.VrG2ILYeP8FG-WTSSOGgGf3/wuVsZ0i=p/?1PUpZ3C33/w%jkmWy!yQujIV20X_5ZymrAMR.W0ov/BRtbiKYfrSNf$zufyKBIXkbBzKC_v
FMt*CQd*RjPr-2CXsif47D90gOygIE3dhv%px6=Ps1ZA9pkGB1Hh0F?N_QP@mP?zAASn*pDJSEJ1B@fVVwOn/GV=DTvRw!cAJ#Exvui2c2ohT92!GBi@20JUAkO5zkIRQw!jqvF*R3JctmmfA3CYm#mb
geCCrjvH=8/tzsO.BJtX$cjh05BzHCL1L-gX8!O=B0MQ4c?Fu%MSQSwvI_zULq@1e5uNFP_fEe$tA/ISH/%Q-Fwu@f9xuF_5vV09sUPYL.kaOrmVrTtIpx*@G6daFF1#KLnW69l+5C$UwrPKa!1ok9jB
X16D7urFG?oF4BUa?7iAl+e?O+wG!QfbJHK#8TFzoKwPdj4VjeogN9i@XcU!zhoTSEW*5rI_wm*lj@iHDCWj1RQNQ@HJfld7PApG+6N=8Lxqc/7P8i90V6*o1!X@fw6RmCiElgMkz@/oBLC6_lY=i8xj
_CVPDK6ZgCx/DlTT0/+nR/kn!t9vlJg%vzuZXpK5wTNTA.=5rI@8v.V*e%KrwJ.7p2Cqpt6Qo$aAlQKvKOTSUiBLx?itq6P-YiIrPRAfl8l$WPY.m$B#dDQj5dG?vXtpeI7laH0Dnh*2%P!XSLTod/2W
cuqgrkq$IxFqJR.gXrQKnLl/rxNQNg@Y6TV?.wM7kVOk/Mcn1QsVsEb9v0vihY#2=pT*Uf/O56dukONJ/q$+hsgCfLTRJSVw-fJw%9TT!z=pusy9_dol*/XKxn.h2a6Fi@soO_ufG4zdfPIMnN6R926P
wWe5WRCg*Y4lr+-gBRJugD0MOrW/1p-N8G2GyJI3iWTrr8bJ#HyNx3$OgI/c-cP3Rb*SE*amA#gyi#R/=gdi@QavR@YHt@h3%gpTd0mhP-diO9YgXrrUk%ARrOZeju?%Wu2S0_OmCXLl4/ZV_AE%=BKM
lRt$V2yYbbeLVIXNve4FX4p=uF6@LvbuVLsYb7Vr#bGpD6=uDj90.$jucv1FbUVatVwt_RMZLzZqj9t/!C*O#1UYypQdiI$vy_5s5FCAkaT-BB.qdrndt$ZrKh#+?*FOMdzn/OVdOG2MOZmJ=M5yutxA
2O%M_I8T_a#CRsIIbJj@TP=Ag=jBg$D@2WPYq.1CeEse4_?GZ7qZlc_%so4f%V@+pQVQ-M5KihI?f=74UJkIFPOrt*T$KPwn8%dzgeMWio1qujw99b1HeL?omdhFzOtfTm%kzNpJHthqai5FuP4Xw#3Q
C?JPJC26$$tFd%yuAJ328Lv1P=nH-Zl+$7y4lF1vNOdYZG6AUYcBl/#@R/AAJNL$xfHiAaGEWOmsMK/zW1lBGm@WKohPJ?w?6t_64%9XmNzMFYu__AHJELsgi%L_*VIPM3ng@1J@*/V@AetbU?KsgdRQ
McvKGgSkZAP83VNf*u+y-$VBkO.+Uqka.wT7.GB$1*z31H*%9L.3HwbUbqtRk6tsi@#iwezkxJpT*F+kzwSoY#un@.f1u*JzKBfJsm%x%@FEH%Gy8bBPx/ESWDHyS$9$ic*pLm.Jq2@bTPgpCO##b8P8
S=B?yCzeYhMBZv@3H+e=f8!xxdyrNUA$-IpOFOS3#ksFg?ex9Jm3M#hSR6Pe6vyOws0Qcd/#.hXv.Yz@u5K!5X3j5RAfKfHxTm?zJqEQ?Qjnmr7#*pQjg1SU%6!tYhI%myWN8mEQmA0btkS7/Iq4yQ=8
bq-oAh=5n?#XA1Mii-Zise6Cx4$rK#UM_8qQa9Ru4GB_ABg$@!*%hNHipv1%h5GATWelO?R*IqK+DA.zPoUmX/MNvwXmyRW#_V_Ga-y7HBPagM_b4KbUPd6i$g*kYmX@x8!TA$..eZWJ.V.LaFZlVpIL
2TSCmws?0TS+a9eqjw#Mo@ai3S-44S+8ggVQvilFW_eDJ.VrG2ILYeP8FG-WTSSOGgGf3/wuVsZ0i=p/?1PUpZ3C33/w%jkmWy!yQujIV20X_5ZymrAMR.W0ov/BRtbiKYfrSNf$zufyKBIXkbBzKC_v
FMt*CQd*RjPr-2CXsif47D90gOygIE3dhv%px6=Ps1ZA9pkGB1Hh0F?N_QP@mP?zAASn*pDJSEJ1B@fVVwOn/GV=DTvRw!cAJ#Exvui2c2ohT92!GBi@20JUAkO5zkIRQw!jqvF*R3JctmmfA3CYm#mb
geCCrjvH=8/tzsO.BJtX$cjh05BzHCL1L-gX8!O=B0MQ4c?Fu%MSQSwvI_zULq@1e5uNFP_fEe$tA/ISH/%Q-Fwu@f9xuF_5vV09sUPYL.kaOrmVrTtIpx*@G6daFF1#KLnW69l+5C$UwrPKa!1ok9jB
X16D7urFG?oF4BUa?7iAl+e?O+wG!QfbJHK#8TFzoKwPdj4VjeogN9i@XcU!zhoTSEW*5rI_wm*lj@iHDCWj1RQNQ@HJfld7PApG+6N=8Lxqc/7P8i90V6*o1!X@fw6RmCio1!X@fw6R 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:1341adc37120578f18dba9451e6c8c3b)

116名無しさん@純邦楽2018/06/17(日) 00:05:54.59ID:oKiZ49Gk
むら

117名無しさん@純邦楽2018/06/17(日) 15:34:19.90ID:fi3u01hW
亀婆きちってんなあw

118名無しさん@純邦楽2018/06/17(日) 18:48:04.22ID:WQOwBNaM
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

119名無しさん@純邦楽 2018/06/18(月) 08:59:44.91ID:Iz5ISDHY

板復帰(OK!:Gather .dat file OK:moving DAT 51 -> 46:Get subject.txt OK:Check subject.txt 51 -> 51:Overwrite OK)0.75, 0.86, 0.85
age subject:51 dat:46 rebuild OK!

120名無しさん@純邦楽2018/06/19(火) 08:59:37.28ID:SRQH7aDr
iglnZbnGkR#R7+9=i$sYe9qxofDMXK!GN_0FvaFS7T0k0SyOxrxv?%haMNIOM%TtUMRUw/jWZ2orS#FUwP@E*rQ!llYzA3QgeMIw5e1FWFNNWdoQGwGH7FEz?kA$cQ*O$lAW.Ij*FuNwE@7y_e9tkz9U
tP#4h@?g#!KyutbPcx$n?b!QYkXh/m8S76pwK$816inJu2cDlzR-ofaM6+@vNQLdNR5W7%U8l6ZexSAv+h_hxUSicd@ea_!NXsSr@wJcR6usH0o*Wvaf%4yJ_vj%?0-Vt5R@zIxFyi23u28fHu=CLY.8
4l1WJq!B.?EDFfth$1xhZ$BlAuf9DZyPBIhgrOhigEZnYk=u@dLd5j0aoL*=@28vT2urmNk6lZvE_o+jTNCAsbF?XMH?y?-/FGm3TJ5qtu0y.01k/lx0CxvLs-dXL.xU!=_/b*Ja+._mbmLYk-uyG%hr
ncowEzNL7zi2M@?0xqH?w1gPtTK+u6OF9b6yki%E$3%Hq7Skxlyvt?l$2aaLn5pu$4tbV0@qFcjovW1e@9EP_%7gD6ufZm=sKjY#kTnV9CypUZyNQi?NE/FNJMYD@CAo@e3l4_Xmt+ymnppjQ2Oi!OY3
%6THzrw1JSBrbee4?D9BApGqfDEqZMup1QUfm-E2fd$Q%9fZ!p3TNKf8lr?fP6oTnkFFCPn152rrb_*eqiIuVyTxcZYgEARr#6r-z_n%8yqw_is?qu6+*lkdJAc3xjHDV/x5i5objNFs4P2Qxact3Nwb
?mcjma3JVPgGgNw8+kqcNbLsp-/BZQ8Uc?Jt8R%JV%h_lvJpBU=r!Zcc$#zFSANgyjQ72bLv_DwAupfS!p7pND%3hYII7rcx=-YnqVgBFLxyIDg0L0I0Yqi8g=D2W+N9mGOM.U_Wfo$Ia/M*4qI$u8N_
PF3t8-NFmO6YGODUSLrPF88zwh8oO$Ssjj?R-eR.wZaQpGsgCrtNJth64I$zTz$3%H?oLGPo3Aa+q%*l4sCpPyG=B40%Jn9mv5nu6DghLiJERfVU6/-8kL7PYF!hRXcAJdbjh3h+9tYDW#v?t9+fEPms
Vv/T@v*5*@Su7.c1D%MMCw6R344b%UCTT7v5DSR#KjT*?Hk0iiJx*+hDH1m7IFV60rBFqhO4skfxR%=pSTNN%*-DIa+CUOE*iDl3l.MiWJ3e9DZuJYZwWNmyFEb!Wkf9bMNjegF#RU9NllzWEuhSfMTq
#lOZrH-Ew0*B*M!H=M99lVya?qR+cFdgsSD!lvwRI*UUEXB4z2wGMl_M!wUQDjSWTZ0C?Umq2+_vSB3To/h1HS31EMHn+G$nQhk!DNmOL8vGFQ4xx$gu*pAo7US+.XUTgx1A$6rP1C49-eaOicXh4Zs+
Nr5#3gaDXEs/WYcHrroUrx*2J!w/=04xiV$gc+ApcczxRk9T4JL%U4=88$wnZuthwmbJyq98gq$*telDGz$XAHtoZ!$iX3bcirvLqYVl3+vB15lk7gBDPld?4x!oStkXGW*eFqnNPkkTOiTq$42gK7$0
LlWeV.ZTzD==Qe2q?r#0$607C8mDH@gHn=!u%rn$xxyjyn$5ul%Ti!o-#fs1V?=D/tOj4b$v?bZ@tFQ69h*C9*6wLw*oRN%JyxDVYmjlkqj*wF-RS5YN3_7FIZ.LietYAEdeu-o3Q-0!Jtw4mlS8-mLa
G-@e$V=_G2T0/tWOAXJVKWKc%0k#lzpH/cwLiOL$AHmXTtAJqmu#N65rzxJvur0gRT.gf!XdKAv8N$iw0d78saUduHH9iMrC3SKpB.jI%SAFxToGr$.l%P5T/lG=C125%Hv0_Td6wpTvg6HV2/ds*Hu#
WS5j@a6yzz4r$ecJ1-*ozupm_nIVZMjHZ_eZya1uOKMs?!QXI%Fb@SChPZDvF*SXAF=YFzc+x?Nyh3p1Bd6q5I8GR%OQkw/4/$68q_GQJ_zrHieMTRJo?5eHlZXtF8naSQvPt3.+D2yVs$u/RqEZATkP

121名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 07:36:09.72ID:RkQwJOdU
ylEwQL9+2Pg?69Yh*%t+G7zf_-GQcZjjSQoq+=Zg0qh*ej28*oGq5TU@p5I!lEFMBq_ht#WyqPuA1PmZLD%LdU7tqTwM%ISr5KQ/1D=31DN57VevfipbPdoLYfm7X$YOCdpBq_3sM3y4Af=eEFqUj*-/
y@o%b2QK/DhU%%ea!vrWIkr6V=eGmSfu_Hr5HTGVnCl9V.R?VhpjBocK.2!+3joKfH9_TLV_ljYA$Oza!aRf.!UIXvyIHba.qkbQj@CPT-pM4W6/Os=vdnsIvfsMDnoh7/TJRU1LR2t678tm*X*LY#M+
CrQm@5_b6.?3xYbCxYZzzvNvyGI!=t8k#rMxu#IPfZ2DN0O-HAwW/3jc7gCa@X9Xll0@V0sfg3ORC1TgVh!8=RdxrPgnKz*-f7XxljyuDFwurwl3Lx6ViVY0_xcKmiYa-n*8wNw3eQdg_C/P0NUOaCxc
hKnpF.kW5bD8OctvN7+6ln%Latf3SDX=zniVH_dE#WFNkO9G#2DMrsoTpKRgxg456%7NN.WJon8yf!Ecf%%SZWCJfT=gJIB1gp%Ua6_KZGIhq_wIqh7#HwMW++#9ooZ*jzCGe5!ZWtKd!-$rFShxzYTC
YSCH-vQdmbFQfOdGSmd7%f6anj1wyK4JEol%OKl1KxpK0vAf@xWLlqq$F-6cFjh7t8#u4HihtpcudiffK/HBiMA1Wi8aRlrTw.t4T9c6i6y.-F@03HLlftcrGw-GP_5O@dQhmg.*ED5$PP3gUf%/+ib+
4mUp37fsdjILWV$W67/m03tKnRoJ=22pz5KR-zyZ@bOi0@LE8a_#pTVo@t=?gVtX$/xFMb9SgI4O*NMCW7sOHr@%hCZBS2IU1KaI7ns/8NvJ.eTeq3hOWg2w=ZG%ivx2mbmK!PfZKmqVN%bNDlg6f/7!
0AW!l7Z6ty%MAosgtf=BN+*%.DNVa8+uwgVX9/d+Qi_!1!I2Z2ZP6lEtf-a_Ds.0yaD!lsDdPBk0cA%1.-5srR1%ndMr9r#Q#UkN5E5Ht*$%ctTOoncVQcNz+kRGWJj5UkHlt6+1bN#m6BSYJQGfJBiw
Sn*P#AJNB%2Yl=1r*mPFD=G!eIx$lq-_F*zwSAH7y.dWos*?/zYan0u/hv-cDsJv30Z3jfwiplZbiNsRvxJWHj/a@$RD5$!we/@RV-!=fY!O#v0Txb1=RO-V6Q2v2z%@pH6BKTBXH#Ki1sA21P6p6r+7
_9KJ7KILFZ.t*I5TNf6Y@S5FCYSa?BL@QouOczV.zn%%-AF7?QImqEDyawczJph!TI$8/8r=KN7VdrJCgFQeIxmLJcxjC6?n60ug_-2X9VsgP3*7ukQOeqceyp$kkAR+R@mrY5FvYpF5sXs#pIF*fvCM
$@A*i#-S=T_av+0Mnw1XjO/A4r/c=/8cpMNtpw*8Rs@77Smqq+9zxZthpLJ.!wZwSx_LZ@sRc6VXe?kj.gmhsyfrvb1-!IbYTyif$w5/a7=2fIz?loQ7ndajT0-%0-ikN*Xz-11Ear%kmNMMi/pxmDZo
0Yu6WT766Ck8/L5rPU.gV32hPFMu5N21C/C-d6OvKM#Fo62ZZ@*RU%agqe$XaGfL%vDd/XOmuiqr9MsM9$SZJ2-Po#_R/e#Ti%wBZzT8Sq%y@uMITQEONtuW@u#SnUpy?1IEv#1oSzPcd.-1c.XPl8o-
z=ucg3G=Y=_r6G/t9_3G*!4!nDKKck3V01x6vF_*qvCOm+?D0MxUDK%3JgJIlRi6Q#cguv+Uooa5BT1#dx-jVFxnHyYK3cB$4?jv7UuHn?7CmM-Zsl/$*g+9XfVh%*bETB3ZHD11Nk22gCAE4O1mFAjc
HK4UsXtGR3$3NJdFCyfvTP8nPT=?oD$h3AdEe4lB5L!pw5.Q+g=_58mM9KfXA%xuhzCuq1UkMRM32DVjE5=*qCZKLPEKpj+Nlu@DC4m3jtEU#PKCjpTrHMG0+obYdJOoM$nQCz*wVg6NrAHa-_A%/tFi

122名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 08:08:04.02ID:FuVm0ORP
ylEwQL9+2Pg?69Yh*%t+G7zf_-GQcZjjSQoq+=Zg0qh*ej28*oGq5TU@p5I!lEFMBq_ht#WyqPuA1PmZLD%LdU7tqTwM%ISr5KQ/1D=31DN57VevfipbPdoLYfm7X$YOCdpBq_3sM3y4Af=eEFqUj*-/
y@o%b2QK/DhU%%ea!vrWIkr6V=eGmSfu_Hr5HTGVnCl9V.R?VhpjBocK.2!+3joKfH9_TLV_ljYA$Oza!aRf.!UIXvyIHba.qkbQj@CPT-pM4W6/Os=vdnsIvfsMDnoh7/TJRU1LR2t678tm*X*LY#M+
CrQm@5_b6.?3xYbCxYZzzvNvyGI!=t8k#rMxu#IPfZ2DN0O-HAwW/3jc7gCa@X9Xll0@V0sfg3ORC1TgVh!8=RdxrPgnKz*-f7XxljyuDFwurwl3Lx6ViVY0_xcKmiYa-n*8wNw3eQdg_C/P0NUOaCxc
hKnpF.kW5bD8OctvN7+6ln%Latf3SDX=zniVH_dE#WFNkO9G#2DMrsoTpKRgxg456%7NN.WJon8yf!Ecf%%SZWCJfT=gJIB1gp%Ua6_KZGIhq_wIqh7#HwMW++#9ooZ*jzCGe5!ZWtKd!-$rFShxzYTC
YSCH-vQdmbFQfOdGSmd7%f6anj1wyK4JEol%OKl1KxpK0vAf@xWLlqq$F-6cFjh7t8#u4HihtpcudiffK/HBiMA1Wi8aRlrTw.t4T9c6i6y.-F@03HLlftcrGw-GP_5O@dQhmg.*ED5$PP3gUf%/+ib+
4mUp37fsdjILWV$W67/m03tKnRoJ=22pz5KR-zyZ@bOi0@LE8a_#pTVo@t=?gVtX$/xFMb9SgI4O*NMCW7sOHr@%hCZBS2IU1KaI7ns/8NvJ.eTeq3hOWg2w=ZG%ivx2mbmK!PfZKmqVN%bNDlg6f/7!
0AW!l7Z6ty%MAosgtf=BN+*%.DNVa8+uwgVX9/d+Qi_!1!I2Z2ZP6lEtf-a_Ds.0yaD!lsDdPBk0cA%1.-5srR1%ndMr9r#Q#UkN5E5Ht*$%ctTOoncVQcNz+kRGWJj5UkHlt6+1bN#m6BSYJQGfJBiw
Sn*P#AJNB%2Yl=1r*mPFD=G!eIx$lq-_F*zwSAH7y.dWos*?/zYan0u/hv-cDsJv30Z3jfwiplZbiNsRvxJWHj/a@$RD5$!we/@RV-!=fY!O#v0Txb1=RO-V6Q2v2z%@pH6BKTBXH#Ki1sA21P6p6r+7
_9KJ7KILFZ.t*I5TNf6Y@S5FCYSa?BL@QouOczV.zn%%-AF7?QImqEDyawczJph!TI$8/8r=KN7VdrJCgFQeIxmLJcxjC6?n60ug_-2X9VsgP3*7ukQOeqceyp$kkAR+R@mrY5FvYpF5sXs#pIF*fvCM
$@A*i#-S=T_av+0Mnw1XjO/A4r/c=/8cpMNtpw*8Rs@77Smqq+9zxZthpLJ.!wZwSx_LZ@sRc6VXe?kj.gmhsyfrvb1-!IbYTyif$w5/a7=2fIz?loQ7ndajT0-%0-ikN*Xz-11Ear%kmNMMi/pxmDZo
0Yu6WT766Ck8/L5rPU.gV32hPFMu5N21C/C-d6OvKM#Fo62ZZ@*RU%agqe$XaGfL%vDd/XOmuiqr9MsM9$SZJ2-Po#_R/e#Ti%wBZzT8Sq%y@uMITQEONtuW@u#SnUpy?1IEv#1oSzPcd.-1c.XPl8o-
z=ucg3G=Y=_r6G/t9_3G*!4!nDKKck3V01x6vF_*qvCOm+?D0MxUDK%3JgJIlRi6Q#cguv+Uooa5BT1#dx-jVFxnHyYK3cB$4?jv7UuHn?7CmM-Zsl/$*g+9XfVh%*bETB3ZHD11Nk22gCAE4O1mFAjc
HK4UsXtGR3$3NJdFCyfvTP8nPT=?oD$h3AdEe4lB5L!pw5.Q+g=_58mM9KfXA%xuhzCuq1UkMRM32DVjE5=*qCZKLPEKpj+Nlu@DC4m3jtEU#PKCjpTrHMG0+obYdJOoM$nQCz*wVg6NrAHa-_A%/tFi

123名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 19:04:07.52ID:xmTGvrHy
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

124名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:38:10.32ID:stzYRuFz
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

125名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:38:57.76ID:stzYRuFz
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

126名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:39:06.06ID:stzYRuFz
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

127名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:39:44.71ID:stzYRuFz
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

128名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:39:53.97ID:stzYRuFz
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

129名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:40:22.36ID:stzYRuFz
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

130名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:40:29.91ID:stzYRuFz
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

131名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:40:55.98ID:stzYRuFz
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

132名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:41:04.97ID:stzYRuFz
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

133名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:42:13.98ID:stzYRuFz
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

134名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:42:46.21ID:stzYRuFz
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

135名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:43:24.26ID:stzYRuFz
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

136名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:44:00.17ID:stzYRuFz
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

137名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:44:51.26ID:stzYRuFz
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

138名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:45:15.55ID:stzYRuFz
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

139名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:46:02.47ID:stzYRuFz
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

140名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:46:37.03ID:stzYRuFz
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

141名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:47:08.49ID:stzYRuFz
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

142名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:48:22.13ID:stzYRuFz
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

143名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:48:56.95ID:stzYRuFz
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

144名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:49:27.30ID:stzYRuFz
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

145名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:50:15.64ID:stzYRuFz
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

146名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:50:54.36ID:stzYRuFz
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

147名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:51:44.68ID:7uiEzvr/
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

148名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:51:55.45ID:stzYRuFz
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

149名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:52:08.76ID:7uiEzvr/
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

150名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:52:16.27ID:stzYRuFz
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

151名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:52:24.26ID:7uiEzvr/
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

152名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:52:31.31ID:stzYRuFz
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

153名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:52:39.91ID:7uiEzvr/
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

154名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:52:47.56ID:stzYRuFz
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

155名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:52:55.14ID:7uiEzvr/
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

156名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:53:02.40ID:stzYRuFz
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

157名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:53:12.39ID:7uiEzvr/
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

158名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:53:20.58ID:stzYRuFz
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

159名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:53:29.12ID:7uiEzvr/
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

160名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:53:36.29ID:stzYRuFz
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

161名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:53:47.67ID:7uiEzvr/
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

162名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:53:54.42ID:stzYRuFz
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

163名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:54:04.74ID:7uiEzvr/
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

164名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:54:12.35ID:stzYRuFz
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

165名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:54:25.31ID:7uiEzvr/
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

166名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:54:32.94ID:stzYRuFz
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

167名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:54:43.93ID:7uiEzvr/
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

168名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:54:51.79ID:stzYRuFz
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

169名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:55:00.36ID:7uiEzvr/
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

170名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:55:08.75ID:stzYRuFz
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

171名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:55:17.66ID:7uiEzvr/
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

172名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:55:26.04ID:stzYRuFz
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

173名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:55:38.20ID:7uiEzvr/
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

174名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:55:46.66ID:stzYRuFz
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

175名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:55:54.48ID:7uiEzvr/
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

176名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:56:12.13ID:7uiEzvr/
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

177名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:56:19.20ID:stzYRuFz
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

178名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:56:27.17ID:7uiEzvr/
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

179名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:56:33.87ID:stzYRuFz
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

180名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:56:41.80ID:7uiEzvr/
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

181名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:56:51.36ID:stzYRuFz
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

182名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:57:01.09ID:7uiEzvr/
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

183名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:57:09.97ID:stzYRuFz
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

184名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:57:19.71ID:7uiEzvr/
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

185名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:57:27.20ID:stzYRuFz
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

186名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:57:35.97ID:7uiEzvr/
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

187名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:57:45.61ID:stzYRuFz
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

188名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:57:54.58ID:7uiEzvr/
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

189名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:58:04.07ID:stzYRuFz
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

190名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:58:14.06ID:7uiEzvr/
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

191名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:58:23.58ID:stzYRuFz
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

192名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:58:31.50ID:7uiEzvr/
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

193名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:58:42.21ID:stzYRuFz
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

194名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:58:51.55ID:7uiEzvr/
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

195名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:59:01.97ID:stzYRuFz
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

196名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:59:10.32ID:7uiEzvr/
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

197名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:59:21.87ID:stzYRuFz
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

198名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:59:30.45ID:7uiEzvr/
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

199名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:59:38.84ID:stzYRuFz
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

200名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:59:48.78ID:7uiEzvr/
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

201名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 23:59:57.97ID:stzYRuFz
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

202名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:00:06.71ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

203名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:00:15.42ID:+Zk6uzlt
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

204名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:00:24.52ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

205名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:00:32.62ID:+Zk6uzlt
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

206名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:00:42.99ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

207名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:00:51.18ID:+Zk6uzlt
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

208名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:00:59.81ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

209名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:01:07.94ID:+Zk6uzlt
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

210名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:01:17.73ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

211名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:01:24.61ID:+Zk6uzlt
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

212名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:01:33.81ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

213名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:01:41.48ID:+Zk6uzlt
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

214名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:01:51.61ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

215名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:02:12.29ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

216名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:02:23.87ID:+Zk6uzlt
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

217名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:02:32.27ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

218名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:02:41.58ID:+Zk6uzlt
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

219名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:02:51.56ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

220名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:02:59.68ID:+Zk6uzlt
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

221名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:03:10.81ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

222名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:03:21.14ID:+Zk6uzlt
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

223名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:03:32.00ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

224名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:03:41.57ID:+Zk6uzlt
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

225名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:03:54.13ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

226名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:04:01.71ID:+Zk6uzlt
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

227名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:04:11.97ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

228名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:04:20.62ID:+Zk6uzlt
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

229名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:04:31.33ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

230名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:04:40.49ID:+Zk6uzlt
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

231名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:04:48.96ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

232名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:04:58.83ID:+Zk6uzlt
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

233名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:05:09.28ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

234名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:05:17.01ID:+Zk6uzlt
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナー塔O・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

235名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:05:25.61ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

236名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:05:34.89ID:+Zk6uzlt
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

237名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:05:44.50ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

238名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:05:54.97ID:+Zk6uzlt
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

239名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:06:05.12ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

240名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:06:13.77ID:+Zk6uzlt
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

241名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:06:23.92ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

242名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:06:31.97ID:+Zk6uzlt
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

243名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:06:43.06ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

244名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:06:53.01ID:+Zk6uzlt
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

245名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:07:02.63ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

246名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:07:12.08ID:+Zk6uzlt
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

247名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:07:22.23ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

248名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:07:31.96ID:+Zk6uzlt
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

249名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:07:44.51ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

250名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:07:54.04ID:+Zk6uzlt
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

251名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:08:04.41ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

252名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:08:13.16ID:+Zk6uzlt
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

253名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:08:27.28ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

254名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:08:39.99ID:+Zk6uzlt
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

255名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:08:51.08ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

256名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:08:59.81ID:+Zk6uzlt
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

257名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:09:11.41ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

258名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:09:20.97ID:+Zk6uzlt
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

259名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:09:31.51ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

260名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:09:46.29ID:+Zk6uzlt
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

261名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:09:59.53ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

262名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:10:34.07ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

263名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:10:46.80ID:+Zk6uzlt
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

264名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:10:55.17ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

265名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:11:04.12ID:+Zk6uzlt
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

266名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:11:13.11ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

267名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:11:24.99ID:+Zk6uzlt
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

268名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:11:33.18ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

269名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:11:41.04ID:+Zk6uzlt
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

270名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:11:52.06ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

271名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:12:01.56ID:+Zk6uzlt
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

272名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:12:17.84ID:oBinedDj
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

273名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 00:13:57.22ID:+Zk6uzlt
pmr_5F4wSxrR0YbM8cg2fMjubeTSz!%GgTaxCErWiGeieTeSk2HcE_REJK+yHnZKnK*PxCZ@OxyfZ#WTVNtEaKbFOezE3XcymE!vwX*x7c4Wh$qlYqK=2VnZ!GB=/y?X4=dadOCA5Mw!B!nKtOBc@PZJ
1@ainJzhZw?!qPdjNU03!k3udYA0Z71UZ8jsfxXS=Z.J?z/pKbv+JN2drNOm.Q9rvHq8S3?#$nPiiL!EKN6w9pwQ3tOeQ#37$OytZFvv8n2+fzBv0b_$9in%O7WefG1+iNAnB6*S2l1e981xMVh5*Eax
bW+@o!*1mxEgeYxiRs?WT%RxdQr60g@xtl9mqqgSMFY?F/HYDh0oW+2SK0zGe47JSWp4AB-hm3kWRxWM5arV9FMZ35kP26scq+%Z/Vfg1A1$13RAFTj3lR%_oRBAEmmPY=bC5oYy#oeri0C/L7M*+vQ$
2K93ov._0ksbcW-5MWX#GPMII.dWIY=$6q-Jkr7+_+Q/eWHJ+2px4LdLYiUz$qeYwowZ/c_RUk1kns_tmIN=udb=!W=vpo?Z%uJ3M+?%/rN%vraMWchc!r_1XW4X3V6i1qYP/H4sxda9re4Y0-Nl_ux+
%2V72WgqBjamUG=8Ps!roU0qerRBQn2+a/hL3ie2hMWS*kj$97WJk6S0Tm3%Axap#AznQD729A?KeLHtZvqobbzF=DoGpM7YX0duJ0AW6lRB1ePdAV$PziQ/=rF0t*P-XK=Ez/@gtbb*R!/76.#cS!@3
5DFZ+r4Amhtgp*Szm=#K6v14Y$TzKA4y@Y8DWXr5yUKMmKhM0/2qc3o=!4CwbXTF6eTd!kJ3aT-UBYfAL?7P3g+O7s*hNfSx74fao%*@?bwNC430#nUN+GjZh?i6C/x6%8_=?jLzpWCJ1c/p#-GQcdyv
M.3lwarK4?F.nqY_Etp3z-D@MSO0URLa-ETQ/Xkz4pN@X7EhI!zk

274名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 19:04:42.15ID:dFSkWLED
53 さきまにあ0512(sakimania0512):2006/06/12(月) 10:31:36 ID:8eZIrWIu
一日中メールしてくれて、相手からは絶対切らないでくれるのですが、
面倒臭い感丸出しで返事も必ず20分後です。
大事な相談とかしても短い返事しかくれないし、ちょっとカマかけてもかわされます。
正直言って私はどうでもいい存在なのでしょうか?

450 名無しさんの初恋 2017/04/22(土) 22:36:52.58
はいそうです

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています