赤西仁Part 2【アンチ出入り禁止】

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1名無しさん@純邦楽2017/12/22(金) 13:17:43.39ID:g0ZPdwlD
さあ語ろう

2名無しさん@純邦楽2017/12/22(金) 19:45:22.72ID:/bKrunc4
赤西ファンはルール無用・マナー無視の輩である、と心象操作するためにアンチが立てたスレ

3名無しさん@純邦楽2017/12/23(土) 03:31:56.19ID:Jm4fFo+8
>>2
アンチはおまえだろうよw
廃墟スレに誘導して赤西晒しする気透けてみえるんですがね
板違いのスレ沢山在るからそっちにも言ってきたらどう?
前スレ一年も前に立ってたのに最近の赤西評価語りに腹立ったのかしらw誰ヲタかは判りますが…

4名無しさん@純邦楽2017/12/23(土) 17:06:18.81ID:IDqxfaCb
ここでいいの?
アルバム遅ればせながら聴いた
ShineからのYesterdayが今回自分のツボだ

5名無しさん@純邦楽2017/12/24(日) 08:02:46.45ID:l4KNDxLn
ここ和楽器等の板だから投稿続けると心象悪くなるよ

6名無しさん@純邦楽2017/12/24(日) 14:11:05.51ID:DWTUocKI
>>5
誰からの心象?
アンチからの?
和楽器等と書いてるからいいんじゃねの
和楽器以外のスレ全てに先ずは言ってこいよ
お前赤西の曲やライブについては書き込みしないんだねw
おーぶりちゃんライブに参加してくれること期待

7名無しさん@純邦楽2017/12/25(月) 08:14:53.18ID:0/QeqxLY
「みんなやってんだからいいじゃん」的な民度低い発言やめてくれないかな。
赤西ファンが全員そうだと思われるのは迷惑だ(それが狙いなんだろうけど)。

8名無しさん@純邦楽2017/12/25(月) 10:00:51.77ID:ap4QLXh9
>>7
赤西ヲタになりすましても浮いてるからバレてますよw
前スレでも乗っ取って何が悪いと投稿してた癖に
赤西のこと何一つ語りもせず板違いの連呼笑わせるなよ

今日はメリーさんの誕生日だったことを赤西のツイで思い出したわ
そりぁ16年間お世話になったから忘れもしないか?

9名無しさん@純邦楽2017/12/26(火) 00:10:28.79ID:SAH/l44f
>>4
「Shine」「Yesterday」いいよね
「Shine」のライブ演出 も楽しみ

関東ってアリーナクラスの会場不足だよね
やっと幕張メッセ手配できたけど年度末で休めないファンも多い

10名無しさん@純邦楽2017/12/26(火) 17:31:45.31ID:vOWLH42J
>>8
このスレは自分ひとりで回してる、と宣言したわけですね。わかります。

11名無しさん@純邦楽2017/12/27(水) 18:36:17.47ID:ObHtvPCZ
>>10
は?
赤西安置が必死でカススレに誘導してるけど何れ乗っ取るつもりでアンチスレにする魂胆バレてますが
赤西くんのこと何か話してみろよw

12名無しさん@純邦楽2017/12/27(水) 19:46:18.70ID:LvhOoYfu
>>9
2020年のオリンピックの年は半年近く使えないアリーナ会場が増えるよね
今回やっと押さえることできた幕張メッセもレスリングの会場になる

2019年まで代々木も改修工事だしアーティストにとって会場が足りないのは大問題
2年先のことまで考えて手配しないと特に土日は無理

平日ですら武道館は3月が卒業式で4月は毎日のように大学の入学式
去年は東京国際フォーラムで追加を含めて2公演やってたけど今年は平日でも難しかったのかな?

13名無しさん@純邦楽2017/12/28(木) 19:29:57.72ID:4IrRLO4q
>>12
そういえば今回のツアー国際フォーラムも予約できなかったんだ
年々ライブ会場不足が、深刻になってる気がする

前回のツアー追加公演を国際フォーラムで8月の土曜日にやってたけど、
ああいうのって他に予定入ってたのに急遽キャンセルがあったパターンかもね?

14名無しさん@純邦楽2017/12/29(金) 16:11:37.14ID:S8nsHCO6
中野サンプラザが2020年以降に1万人クラスの会場に建て替えるんだよね
オリンピックでライブ会場が足りなくなるからもっと早く計画してもらいたかった

どのアーティストにとっても2020年は関東のライブ会場を確保するのが大変になりそう
今年のGWに代々木競技場で2日間ライブやれたのって何年前に予約したのか気になる

15名無しさん@純邦楽2017/12/30(土) 18:55:49.50ID:ApjCucMB
>>14
確かに代々木はゴールデンウィークに2日間おさえられたの凄い
ユニバと業務提携したから日本武道館の手配とかも協力してもらいたい

本人が日本武道館の音響も苦手なのかな?
ホール会場だと音響が素晴らしい所も多いからステージに立ってる本人は比較しちゃうね

16名無しさん@純邦楽2017/12/31(日) 21:58:57.61ID:jPSiM3bD
大手レーベルにはイベンターからこの会場がこの日に空いてるから所属アーティストにどうですか?と進言してくるそうだから代々木はそれで抑えたんじゃないかな?
週女のユニバとの飛ばし記事も案外侮れないな…あの時は馬鹿にしてたが双方水面下で話を進めてたんだね
ロスのレコーディングが確か4月だったよねそうするとユニバからの打診は去年既にあったのかな?

ユニバの中でも旧EMIはタイアップやCMに弱いとのCEO発言が若干気がかりだし今回不手際多すぎで不安になったし
今後海外公演もあるだろうからスムーズに運ぶように願うばかり

17名無しさん@純邦楽2018/01/01(月) 23:28:08.36ID:NFK/6rir
ユニバからの打診は独立した直後からあったみたいだね
インタビューでも答えてた

ステレオタイプスとLAでレコーディングしたのが4月だから、
けっこう前から業務提携の話し合いはしてたんだろうな

18名無しさん@純邦楽2018/01/02(火) 19:27:39.07ID:yBsNpA/c
CEO発言

19名無しさん@純邦楽2018/01/03(水) 01:45:11.89ID:2w9lUlMB
もう1つの赤西応援スレを正月早々基地外みたいに貼り付けて潰してるw
誰ヲタの仕業か想像はつくけど
いまだに赤西を妬み恨んで発狂してる可哀想な人たち?(棒)
っていうかそんなヲタしかいないタレントこそ不憫じゃね

20名無しさん@純邦楽2018/01/04(木) 13:29:04.28ID:Xa8teujY
One Addition が今一番好きだわ

21名無しさん@純邦楽2018/01/04(木) 22:58:09.75ID:OB/FPvzs
今回のアルバム
曲によって歌い方が違うよね

ヘッドフォンで聴くと違いがよくわかる

22名無しさん@純邦楽2018/01/14(日) 19:37:53.56ID:XEfvEKZm
そろそろ本格的にリハーサル開始かな
曲ごとの演出も楽しみだね

23名無しさん@純邦楽2018/01/17(水) 13:06:17.35ID:myoDnFIS
今回のライブコンセプトも最先端なアイディアを駆使した演出になるんだろうなホント楽しみで待ち遠し

24名無しさん@純邦楽2018/01/17(水) 23:52:14.21ID:wO9v2jZM
ツアーロゴかっこいい
グッズも期待!

25名無しさん@純邦楽2018/01/18(木) 02:54:45.93ID:dW3HpkxC
Christmas Morningが好きすぎる

26名無しさん@純邦楽2018/01/18(木) 19:37:20.27ID:jlw8LE2C
ワンオクと差つきすぎw

27名無しさん@純邦楽2018/01/18(木) 23:26:21.95ID:5tpK8ayv
よく仁の曲を歌ってたジュニアがユニバからデビュー
ジャニーさんのお気にみたいだね

28名無しさん@純邦楽2018/01/19(金) 03:56:34.23ID:r7iXdoKe
>>26
スレチwアンチはハウスへシッシッ
ジャニ氏のお気にGがユニバからデビューということは仁の円満退社を裏付けしてるね
Zenさんも去年キンプリに楽曲提供してるし仁も業務提携のコメントでユニバ所属のアーティストをプロデュースしてみたいと言ってたから彼らのことは耳にしてたのかもね

29名無しさん@純邦楽2018/01/19(金) 22:47:49.69ID:VlEDo6lD
中丸が、今でも定期的に会って食事してると言ってたから、
何気にジャニーさんとも連絡とってるかも

30名無しさん@純邦楽2018/01/20(土) 21:46:54.33ID:R5H2fyeR
ツアー中にもう1枚アルバムリリースすると言ってたよね
いつ発表になるんだろ?

31名無しさん@純邦楽2018/01/21(日) 19:42:05.03ID:E2DVYfDk
ダンスリハ始まったね
男性陣は前回と同じ

32名無しさん@純邦楽2018/01/22(月) 20:04:35.35ID:BHi8tmmE
リリイベ当日が雪じゃなくてよかった
今週ずっと寒いから防寒対策しないと

33名無しさん@純邦楽2018/01/23(火) 22:11:19.20ID:BtxOCsSJ
イベント3曲ぐらい歌うかな
Shine希望

34名無しさん@純邦楽2018/01/24(水) 08:23:19.25ID:M6rv5bxi
人生2度めのインフルエンザにかかってしまい
リリイベ不参加決定
辛すぎる
参加する姉さんがた楽しんで来てください

35名無しさん@純邦楽2018/01/24(水) 15:09:21.61ID:IttxaogA
>>33
Shineいいよね
新しい音のR&Bって感じで
グッズは前回同様に一部販売あるのかね?

36名無しさん@純邦楽2018/01/24(水) 18:42:46.95ID:u3j6TaHh
>>34
お大事に
当たってたのに病欠の場合は後でネット配信あるといいのにね

>>35
いいよね
何を歌うのか楽しみにしてる

37名無しさん@純邦楽2018/01/25(木) 21:02:09.66ID:5vuj187K
good or badとshineが好き
今回zenさん抜いて新鮮だよ

38名無しさん@純邦楽2018/01/25(木) 21:11:26.90ID:yaFIP9b8
自分は Yesterdayの時の歌声が好き
何回も聴いてる

39名無しさん@純邦楽2018/01/26(金) 23:44:19.80ID:l5rl98G5
インスタライブもあって良かったね
今日ブランケット欲しかった
よしの〜

40名無しさん@純邦楽2018/01/27(土) 21:02:26.19ID:3K19NInS
ヨシノはファンのグッズ購買力をわかってないよね
さすがに代々木あたりから全部グッズ買う人は別の列にしてたけど

41名無しさん@純邦楽2018/01/28(日) 03:38:11.89ID:F23cJSMu
グッズのパスポートにしろクレカにしろ仁が企画力に長けてるから事務方のよしのは追い付けてない現況だよね外部委託にしてみてもいいんじゃ?FC更新特典もその後どうなってるん(小声
時流の御朱印収集みたくパスポートにスタンプはコンプリート心理を上手く利用した発案だとツイに上がってて禿同

42名無しさん@純邦楽2018/01/28(日) 20:07:21.35ID:NJ02cEpk
電子チケットになったのって独立した2014年からだっけ
それまでは紙チケット全て収集もしてた
やっぱり記念になるものは欲しいよね

43名無しさん@純邦楽2018/01/29(月) 22:16:43.09ID:uAQjsxWM
更新特典の内容が発表になったの11/30だった
それから発送もない
おーいヨシノ

更新特典とかはユニバ関わってないはず
こういう業務って他に委託してるのかね
それにしても遅すぎる

44名無しさん@純邦楽2018/01/30(火) 13:27:24.19ID:gUhQqnIc
【大イスラエル帝国】  阪神(46分)NY(46分)東日本(46分)チリ(46分)  【ユダヤ数秘術の46はテロ】
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1517144167/l50

45名無しさん@純邦楽2018/01/30(火) 21:56:05.25ID:5ECr+XfI
そういえば2ヶ月前には発表になってたね
いくらなんでも遅い

46名無しさん@純邦楽2018/01/31(水) 00:29:04.63ID:NA8jxJ7K
今回のグッズと製造ラインを抱き合わせにしたかった?コスト削減かw
なんか以前に比べて事務処理後手後手
社員の誰か辞めたのかな?

47名無しさん@純邦楽2018/01/31(水) 23:03:48.20ID:xqzKRBKi
>>42
安室ちゃんのライブもその時期から電子チケットになったけど、
入場する際にツアー名と公演日と公演会場が書かれてあるカードを貰えた。

自分が入ったツアー名と公演日と公演会場は残しておきたいファンも多いと思う。

48名無しさん@純邦楽2018/02/01(木) 20:12:52.88ID:49OEmSRF
来週の今頃には始まってるね
楽しみ

49名無しさん@純邦楽2018/02/01(木) 21:32:06.32ID:yjitX4uz
☆ 私たち日本人の、日本国憲法を改正しましょう。現在、
衆議員と参議院の両院で、改憲議員が3分の2を超えております。
『憲法改正国民投票法』、でググってみてください。国会の発議は
すでに可能です。平和は勝ち取るものです。お願い致します。☆☆

50名無しさん@純邦楽2018/02/02(金) 09:19:43.90ID:JZM5+ZOQ
密かに仁くんの今回の衣装には期待してるんだけど
毎回ダンサー衣装には凝ってるけど主役が…
王冠モチーフだし国王なら女王魂みたいなのを望むw

51名無しさん@純邦楽2018/02/02(金) 18:45:51.48ID:8n/Id5RM
ステージ衣装に関しては代々木公演の前半部分は久しぶりに良かった
ファンが望むようなフォーマルなスーツ姿だったし

ダボダボな感じよりフォーマルなスーツ姿を希望

52名無しさん@純邦楽2018/02/03(土) 07:43:40.13ID:tjesgfOM
☆ 私たち日本人の、日本国憲法を改正しましょう。現在、
衆議員と参議院の両院で、改憲議員が3分の2を超えております。
『憲法改正国民投票法』、でググってみてください。国会の発議は
すでに可能です。平和は勝ち取るものです。お願い致します。☆☆

53名無しさん@純邦楽2018/02/03(土) 13:19:42.60ID:gdyfDTQo
やっぱり幕張アリーナSS落選した

54名無しさん@純邦楽2018/02/03(土) 21:41:50.66ID:u8FSWriM
>>49
>>52
アンチがまた荒しに来てる
前スレも日課で潰したのに相変わらずのねちっこさがキモい誰とは謂わんがタレにヲタは似てるw自担に満足出来ないから応援スレを乗っ取るとは姑息だね

55名無しさん@純邦楽2018/02/04(日) 16:21:31.68ID:BduOvxsX
【沖縄に謎の発光体!?】.....1月27日、与那原でUFO撮影.....【マイトLーヤの星か?】
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1517624262/l50
【UFO】  4つの・◇型″発光体  ≪マイトLーヤの星≫  地上に・思考″を放送  【大宣言】
https://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1517707452/l50

56名無しさん@純邦楽2018/02/04(日) 20:19:18.66ID:UoumSzO1
やりすぎ防犯パトロール、特定人物を尾行監視 2009年3月19日19時7分配信 ツカサネット新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090319-00000026-tsuka-soci

この記事で問題になった通称やりすぎ防パトは、創価学会と警察署が引き起こしていたようです

掻い摘んで説明すると

・創価学会は、町内会や老人会、PTA、商店会等の住民組織に関し、学会員が役員になるよう積極的に働きかける運動を
 90年代末から開始し、結果、多くの住民組織で役員が学会員という状況が生まれた

・防犯パトロールの担い手は地域の住民と住民組織で、防犯活動に関する会議や協議会には、住民組織の代表に役員が出席する為
 防犯活動や防パトに、創価学会が間接的に影響力を行使可能となった

・防パトは住民が行う為、住民が不審者や要注意人物にでっち上げられるトラブルが起きていたが
 創価学会はその緩さに目をつけ、住民組織を握っている状況を利用し、嫌がらせ対象者を不審者や要注意人物にでっち上げ
 防パトに尾行や監視、付き纏いをさせるようになった

・防パトは地元警察署との緊密な連携により行われる為、創価学会は警察署幹部を懐柔して取り込んでしまい
 不審者にでっち上げた住民への嫌がらせに署幹部を経由して警察署を加担させるようになった

・主に当該警察署勤務と考えられる創価学会員警察官を動かし、恐らく非番の日に、職権自体ないにもかかわらず
 私服警官を偽装させて管轄内を歩いて回らせ、防犯協力をお願いしますと住民に協力を求めて回り
 防犯とは名ばかりの、単なる嫌がらせを住民らに行わせた(防犯協力と称し依頼して回っていた警察官らの正体は恐らく所轄勤務の学会員警察官)
 ※これに加えて防犯要員が同様のお願いをして回る

・こうして防犯パトロールを悪用し、住民を欺いて嫌がらせをさせつつ、創価学会自体も会員らを動員し、組織的な嫌がらせを連動して行った

つまり警察署に勤務する学会員警察官、警察署幹部、創価学会が通称やりすぎ防犯パトロールの黒幕

詳細は下記スレをご覧下さい
やりすぎ防犯パトロールは創価学会と警察署の仕業だった
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/bouhan/1516500769/

57名無しさん@純邦楽2018/02/04(日) 23:05:24.07ID:JX6AEy7h
Shine は歌詞も大好き
パスポート実現しますように

58名無しさん@純邦楽2018/02/04(日) 23:09:27.58ID:JX6AEy7h
>>50
連投スマソ

最近は赤西の衣装も凝ってて好きだよ
白黒だけど形が個性的でセンスいいと思う
まあ正直ブラがなければなんでもいい

59名無しさん@純邦楽2018/02/05(月) 12:00:29.49ID:eqo9L0PO
欲を言えばハットも髭も要らない
いまだに髭仁が好みじゃないんだよな
ビジュアルに無頓着なのか意図的なのかわからないけど綺麗な姿を見ていたいわw

60名無しさん@純邦楽2018/02/05(月) 22:32:31.18ID:suC3zB/J
オフは小汚い格好でも本番はキメてくると思う
中国の授賞式だかなんかの時もそんな感じだったし

61名無しさん@純邦楽2018/02/06(火) 22:17:17.15ID:ubx6r5rm
西日本は雪で大変なことになってるね
ライブ期間中の交通機関にトラブルないことを願う

62名無しさん@純邦楽2018/02/07(水) 00:17:38.91ID:2/GTSGSf
グッズの詳細と時間まーだ?
こんな告知遅いの今まであったっけ?ヨシノがんばれ〜

63名無しさん@純邦楽2018/02/07(水) 20:39:23.90ID:YiHfsU0F
グッズきたー!
可愛い!そして高いww

64名無しさん@純邦楽2018/02/07(水) 23:07:20.17ID:Bteh3xyx
やっとグッズきたね
パンフの中の写真が気になる

65名無しさん@純邦楽2018/02/08(木) 02:10:43.88ID:F2CFraTc
年末のJip's動画ビジュだと嬉しいんだけどどうかな?

66名無しさん@純邦楽2018/02/08(木) 22:10:30.48ID:tZDyQYQ/
今日の昼間に撮ったFC動画だとヒゲなのに本番は剃ってたんだね
一人で踊る曲も多いみたいだし楽しみ

67名無しさん@純邦楽2018/02/08(木) 22:32:36.33ID:8/WYCv9I
やっぱり小綺麗にして出てきた!
照明が主役かってくらいの照明だった

68名無しさん@純邦楽2018/02/08(木) 23:51:36.76ID:25HPxHu8
今回はトロッコもないし照明がめっちゃ凄いから天井席でも楽しめると思う

69名無しさん@純邦楽2018/02/09(金) 01:14:59.42ID:NEGoIx/1
i want yonなくてショック

70名無しさん@純邦楽2018/02/09(金) 09:36:22.73ID:L8LmdhHK
グッズに並ぶ時間が無駄すぎて萎える
本当にどうにかしてほしい

71名無しさん@純邦楽2018/02/10(土) 19:36:58.45ID:ur8A+Uyf
赤西のボケが分かりづらいばっかりにJrをバックにつけたいなんて変なデマが拡散されてしまった

72名無しさん@純邦楽2018/02/10(土) 21:24:56.55ID:gMhr/B3q
全然分かりづらいボケじゃなかったよ

73名無しさん@純邦楽2018/02/11(日) 02:23:05.94ID:88DsSBK/
ヲタが曲解して拡散て何考えてんだと呆れたわ
ガンスて担降りしたと言ってる人もいるから
虚言も罪悪感ないんだろ
亀梨オンリーでいいじゃんガンスw

74名無しさん@純邦楽2018/02/20(火) 13:58:39.60ID:CJASVkO7
今度のライブ同行者募集中なんだけど誰かいないかな?
「赤西仁」に一緒に行く人募集中!
https://www.amiple.com/event/music/j-poprock/detail?event_id=10556515

75名無しさん@純邦楽2018/02/20(火) 14:32:45.45ID:BAZYVfhe
>>74
全公演完売って凄い
人気チケットでさすがだわ赤西仁君
男性からも支持されてるしね

76名無しさん@純邦楽2018/02/20(火) 14:44:55.04ID:BAZYVfhe
>>74
アンチの下らないコピペ貼り乙
負け犬の遠吠えかw
チケも持ってない癖に笑わせんな
各方面から嫌われてそうな自痰の応援でもしとけアンチさんw

77名無しさん@純邦楽2018/02/20(火) 20:07:35.98ID:BIMIFIhz
と、各方面から嫌われてる方が申しております。

78名無しさん@純邦楽2018/02/20(火) 22:28:38.14ID:b+cKS6PR
>>74に対する
>>75>>76は同じ人のレスなの?
今の2ちゃんは分からん…。
あ、5ちゃんなんだっけ今は。

79名無しさん@純邦楽2018/02/21(水) 06:14:10.04ID:UUoJewRF
>>74
>>77は同じ人

赤西応援各所スレを荒らしまくる脳梨なw

80名無しさん@純邦楽2018/02/21(水) 08:34:04.08ID:3udQGexK
>>78
ID同じならば同じ人。極稀に別人の場合がある。

81名無しさん@純邦楽2018/02/23(金) 14:36:13.09ID:bKx7ZnJD
ライブビュー来たよー

82名無しさん@純邦楽2018/02/23(金) 20:39:41.01ID:mggvXC8b
>>75-76

(笑)

83名無しさん@純邦楽2018/02/24(土) 01:23:33.42ID:QX/71DV6
頭逝かれたアンチが荒らしに来た!(笑)
仁に一生執着しとけば?哀れだねw

84名無しさん@純邦楽2018/03/03(土) 03:48:54.44ID:MkNYzVrs
ライブハウスツアーもいいけど横アリか武道館がいいなあ

85名無しさん@純邦楽2018/03/03(土) 19:42:17.43ID:BX7SplSv
いつも東京はチケット不足だからね
武道館で複数公演やったら希望者が観に行ける

あと遠征できない北海道で待っているファンを救済してあげて欲しい

86名無しさん@純邦楽2018/03/04(日) 13:37:10.44ID:kaUIjJZ4
主演なのに共演者のライングループハブられてるのが発覚していつもに増して発狂してるよーwこわいこわい

87名無しさん@純邦楽2018/03/04(日) 17:56:50.93ID:QRUWiJLQ
クレカの申し込みした人いる?

88名無しさん@純邦楽2018/03/05(月) 09:50:51.49ID:lIVMfo0j
>>86
で赤西さんに八つ当たりしてたのかあ
理不尽な言い掛かり呆れるわ脳梨婆さん

89名無しさん@純邦楽2018/03/07(水) 02:15:26.14ID:lbzyxPA7
クラブハウスツアーじゃなくてホールでやってほしかったな

90名無しさん@純邦楽2018/03/09(金) 02:38:33.95ID:rJQfcNH7

91名無しさん@純邦楽2018/03/10(土) 00:37:35.36ID:r81up7bt
↑アンチうざっw

92名無しさん@純邦楽2018/03/10(土) 13:23:13.24ID:ORzZ8ruf
>>75-76 (笑)。

93名無しさん@純邦楽2018/03/10(土) 14:05:07.99ID:UnGLG97V
独立してからずっと一人で歌ってる気が
Testdriveみたいに海外アーティストとのコラボまたやってほしい

94名無しさん@純邦楽2018/03/11(日) 10:04:34.66ID:CZW8WCBf
>>75-76

(笑)

95名無しさん@純邦楽2018/03/11(日) 16:36:31.42ID:UVNvaeDv
>>92
>>94
アンチは赤西さんが羨ましいんだね(笑)
執着しすぎだわ
あいつのヲタは
ポカーンw

96名無しさん@純邦楽2018/03/11(日) 22:21:00.48ID:CZW8WCBf
>>75-76

(笑)

97名無しさん@純邦楽2018/03/11(日) 23:05:48.07ID:UVNvaeDv
>>96
おまえ馬鹿?
ここは赤西さん応援スレなんだよ
全方位から嫌われてる自痰の擁護にでも逝ったら?
ボロ糞に言われてるぞ(笑)

98名無しさん@純邦楽2018/03/12(月) 04:29:31.97ID:hGjfEBGp
今回のベロクロのグッズは正直イマイチだ
王冠のパーカーはかっこよくて好き

99名無しさん@純邦楽2018/03/12(月) 12:16:34.49ID:rWLL88WM
パーカーは着回しできて絶対買いだ

100名無しさん@純邦楽2018/03/13(火) 06:56:18.38ID:Qu1zSAtD
>>75-76

(笑)

101名無しさん@純邦楽2018/03/13(火) 07:11:15.74ID:HjHfKwVA
↑亀梨ヲタが荒らしに来てるw
前スレ潰しておいてまた執拗に
自痰に満足してないから赤西君に固執嫌がらせする稚拙なヲタだなw薬飲んで病棟に籠ってろ基地外亀婆はww

102名無しさん@純邦楽2018/03/13(火) 18:06:21.66ID:SjhDhwCz
じんでぺツアーはスクショでの譲りができない仕様っぽいね
みんな他人名義でFC入ってるよね
ダブったらどうすればいいんだろう

103名無しさん@純邦楽2018/03/13(火) 18:37:42.58ID:Qu1zSAtD
>>75-76

(笑)

104名無しさん@純邦楽2018/03/13(火) 22:08:35.58ID:DEmIdFV/
へえ

105名無しさん@純邦楽2018/03/13(火) 22:45:43.82ID:HjHfKwVA
>>103
亀梨婆はゴミ
タレの性格も顔も爬虫類だから粘着性質がそっくりなんだよ亀梨婆
巣からでてくんな!何度も言わせるなw

106名無しさん@純邦楽2018/03/14(水) 02:54:32.64ID:obCic6bo
みんなFCの名義たくさんもってそう
春のツアーはキャパ的に当たる確率かなり低いからもう諦めてる

107名無しさん@純邦楽2018/03/14(水) 12:37:19.84ID:wumj63ei
やっぱアリーナツアーがよかったんだけどね

108名無しさん@純邦楽2018/03/14(水) 18:14:46.47ID:JYaCD4fK
>>106
たくさん持ってる人ってどうやって申し込むの?
1名義1公演てこと?

109名無しさん@純邦楽2018/03/14(水) 22:04:10.39ID:/H2vKrie
今回は転売防止の為に顔写真付きの身分証明書が必須じゃなかった?

110名無しさん@純邦楽2018/03/14(水) 23:06:04.66ID:bPeF8m4f
>>75-76

(笑)

111名無しさん@純邦楽2018/03/15(木) 01:17:37.20ID:fpQIXYHP
↑こいつ前スレで日参してたやつか
馬鹿だから亀梨婆は馬鹿の1つ覚えレスして
タレに似てさもしい性悪だな
なんありのアンチスレで発狂したら?w

112名無しさん@純邦楽2018/03/17(土) 20:35:02.50ID:b+/Hnswt
>>75-76

(笑)

113名無しさん@純邦楽2018/03/17(土) 23:32:10.63ID:AmTEoKJQ
へえ

114名無しさん@純邦楽2018/03/17(土) 23:46:44.45ID:AmTEoKJQ
むー

115名無しさん@純邦楽2018/03/18(日) 00:03:14.94ID:OzBEoQGD
へえ

116名無しさん@純邦楽2018/03/18(日) 15:35:40.38ID:JSzlBhqF
>>112
>>113
>>114
>>115
亀梨婆発狂してどうしたw
基地外は薬飲んで病棟に籠ってなさい (笑)

117名無しさん@純邦楽2018/03/19(月) 04:37:39.26ID:vhM1NvXA
幕張のライブ中継やるのね
東京の映画館もまだチケットたくさん残ってるけど全映画館埋まるのか?

118名無しさん@純邦楽2018/03/19(月) 14:40:37.78ID:dUjej+iO
ガラガラでしょ

119名無しさん@純邦楽2018/03/19(月) 21:02:50.82ID:tKPZeo25
>>117
>>118
連投乙亀梨婆w
なんありにアンチスレ沢山立ってるのに荒らしにきて余程赤西さんが羨ましいんだね
幕張完売だしライビュも一般発売前なのにね
アンチは嘘で叩くしかできないとは恥ずかしいw
今期ジャニタレドラマ亀梨視聴率最下位だしDVDの予約も最下位だってw
松潤の1/3の視聴率って惨めじゃないか亀梨っさん (笑)

120名無しさん@純邦楽2018/03/19(月) 21:26:33.55ID:bactjlcH
亀梨ババアによる名誉毀損の書き込みみたら通報しよう
アンチスレとか本当酷すぎるから

赤西仁アンチスレ3★赤西婆立ち入り禁止★
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/mog2/1520428527/

121名無しさん@純邦楽2018/03/19(月) 21:39:09.06ID:vhM1NvXA
ライブ中継は一般発売もう始まってますよ
地方にいる自分にとってはありがたかった
公演みたいに即売ってわけではないのがびっくり

122名無しさん@純邦楽2018/03/19(月) 21:40:14.29ID:bactjlcH
本当に何年も酷いから、悪質な書き込み見つけたら通報協力お願いします。
山下さんのファンスレが分からないので知ってる方いたらコピペしてもらえるとありがたいです。

【悪質な誹謗中傷の書き込みへの対応】
携電話・PHSからは全国共通#9110 緊急性を要するものは110)

■警視庁匿名通報フォーム(通報は2chのように書き込むだけ)
https://www.tokumei24.jp/system/xb/tok.smart.report

■赤西仁事務所への通報
CONTACT : info@jinakanishi.com

■ジャニーズ事務所への通報
http://www.johnnys-net.jp/page?id=inquiry_form

インターネット上の違法有害情報の通報窓口
http://www.internethotline.jp/

※虚偽流布業務妨害 (威力業務妨害罪・信用毀損罪)
※威力業務妨害(業務妨害罪・信用毀損罪)
※名誉毀損(名誉毀損罪)
※迷惑行為防止条例(迷惑防止条例)
※脅迫(脅迫罪)

123名無しさん@純邦楽2018/03/20(火) 01:49:59.82ID:lOSCBEXS
何度も長文すみません
整理したので芸スポや他板、他スレで赤西氏山下氏に対する悪質な中傷書き込みを見つけたら、分かる範囲のURLをまとめて通報お願いします。
大量にマルチコピペされてるみたいで全ての書き込み把握困難な為、協力お願いします。


妄想を事実かのように拡散する基地害の通報先

誹謗中傷行為は、民法上の不法行為(民法709条)に該当します。
・虚偽流布業務妨害(威力業務妨害罪・信用毀損罪)
・名誉毀損(名誉毀損罪・侮辱罪)
・迷惑行為防止条例(迷惑防止条例)

【悪質な誹謗中傷の書き込みへの対応】

■警視庁匿名通報フォーム(通報は2chのように書き込むだけ)
https://www.tokumei24.jp/system/xb/tok.smart.report

■赤西仁事務所への通報(☆→@に変更)
CONTACT : info☆jinakanishi.com

■ジャニーズ事務所への通報
http://www.johnnys-net.jp/page?id=inquiry_form

■インターネット上の違法有害情報の通報窓口
http://www.internethotline.jp/

■警察の相談窓口
携帯電話・PHSからは全国共通#9110
緊急性を要するものは110

124名無しさん@純邦楽2018/03/20(火) 04:38:15.64ID:98h3Rm7B
ライビュ台湾瞬殺で追加でたし
全国も前回と同様に埋まってるからアンチの無意味なレスは用梨w

125名無しさん@純邦楽2018/03/20(火) 04:49:17.74ID:kudsylJ6
>>120
>>122
>>123
いやこいつ噂板で殺人予告して通報されてる山下智久ヲタじゃん
何が山下さんのファンスレがわからないからコピペしろだよ、他ヲタまで巻き込まないでよ

126名無しさん@純邦楽2018/03/20(火) 05:08:40.35ID:OyEm592d
コピペ貼りは安置の成り済まし

127名無しさん@純邦楽2018/03/20(火) 05:25:56.77ID:yry8t30a
赤西ヲタなりして必死な亀婆乙

128名無しさん@純邦楽2018/03/20(火) 05:36:55.71ID:yry8t30a
この基地害、このスレでも赤西ヲタなり山下ヲタなりって意味不明かつバレバレな連投してた
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/tvd/1521035850/

決めつけや中傷で暴れてるのはこっちのスレ
男女交際(記事専用)514ジャニヲタ綾瀬ヲタ出禁
https://fate.5ch.net/test/read.cgi/uwasa/1521180814/

129名無しさん@純邦楽2018/03/20(火) 06:32:28.11ID:pMtwhIBU
亀梨ドラマスレにて赤西山下中傷コピペ&ヲタ決め自作自演連投
【フジ系火9】FINAL CUT 6人目
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/tvd/1520953935/

130名無しさん@純邦楽2018/03/20(火) 06:40:24.92ID:rCWa2SVQ
ライビュ行きたいけど職場の送別会で行けないわ
年度末だし休めない人も多いのでは

131名無しさん@純邦楽2018/03/20(火) 12:21:49.27ID:87VnX3PG
みんなそれぞれ事情があるんだから仕方ない

132名無しさん@純邦楽2018/03/20(火) 12:57:49.54ID:wfw8j/Bt
テレビにでて宣伝してほしい
せっかく全国でライビュやるんだからもったいない

133名無しさん@純邦楽2018/03/20(火) 14:54:08.33ID:ZGaa/ESy
>>127
>>128
>>129
あんたが荒らしてたスレ全部貼ったの?
通報しとくね

134名無しさん@純邦楽2018/03/20(火) 14:59:05.82ID:ZGaa/ESy
山下ヲタに噛みついてるレスにだけレス付けてるし、
これ山下ヲタが赤西ヲタナリしてカツンスレ荒らしてる証拠ね

632 名無し戦隊ナノレンジャー! sage 2018/03/20(火) 09:52:14.80
>>470
消えろよ赤西婆

633 名無し戦隊ナノレンジャー! sage 2018/03/20(火) 09:52:32.29
アンチがせっかく通報先貼ってくれてるしカツンアンチや個人ツイ晒しはどんどん通報しようね

634 名無し戦隊ナノレンジャー! sage 2018/03/20(火) 09:53:26.17
>>464
そのまま返すわ

135名無しさん@純邦楽2018/03/20(火) 15:11:22.54ID:4RaPF5iL
P担も成り済まして何が楽しいの

136名無しさん@純邦楽2018/03/20(火) 15:36:29.42ID:98h3Rm7B

137名無しさん@純邦楽2018/03/20(火) 16:59:39.72ID:vHT7uhr4
>>135
山Pのことで荒らしてたのを赤西ファンのせいに出来るからでしょ

138名無しさん@純邦楽2018/03/20(火) 17:25:39.75ID:E2PLCWeV
市川紗椰の本スレに赤西の画像めっちゃ張られてるけどなんなんですか?

139名無しさん@純邦楽2018/03/20(火) 18:34:02.48ID:98h3Rm7B

亀梨婆は馬鹿の1つ覚えでいつのガセネタか不明なくだらんもので荒らす下劣な爬虫類ヲタw

140名無しさん@純邦楽2018/03/20(火) 18:44:51.54ID:eeywUmxE
山下ヲタがやったさつ害予告見てきたけど
あれ山P山Pうるさい真性だね

141名無しさん@純邦楽2018/03/20(火) 20:23:38.45ID:GvhLtuIP
亀婆の自演うざー

142名無しさん@純邦楽2018/03/21(水) 17:14:41.98ID:lTayeWVj
赤西安置はじめたP痰w

143名無しさん@純邦楽2018/03/22(木) 13:09:13.09ID:j3rLaRyD
P担は亀梨アンチしてるよね
山下のストーカーだから亀梨は
Pヲタからの亀梨&婆の嫌われ様ワロタ

144名無しさん@純邦楽2018/03/24(土) 00:12:31.56ID:S8WpwMZk
赤西を巻き込もうと必死な山Pヲタ
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/tvd/1521035850/113

145名無しさん@純邦楽2018/03/24(土) 06:57:14.29ID:v9+o318Z

亀梨婆うざっ
赤西アンチスレならなんありにお前が立てたスレが沢山あるからそっち逝けよ
ここを荒らすな
春になると基地外が沸いてくるわw
薬飲んで病棟に籠ってろ亀梨婆さん

146名無しさん@純邦楽2018/03/24(土) 10:42:25.53ID:SOLSLZht
そろそろ板違い認めて適切な板に移転いただけませんかね〜。

147名無しさん@純邦楽2018/03/24(土) 18:23:18.68ID:v9+o318Z

亀婆てよほど暇なんだね
自治厨はなんあり板に引きこもってな
仁の前スレも潰したお前は何様w

148名無しさん@純邦楽2018/03/26(月) 03:17:45.06ID:NUfb905y
Blessedツアーに仙台ではじめて参加した
meツアーやaudioツアーと違って今回は冒頭にストーリー仕立ての映像がなくいきなりはじまった
昔の曲のアレンジが多くて新鮮で楽しかった
Mi Amorのアコースティックが美しかったなあ
MCが50分近くあって途中だらだらしてしまったが全体的によくできてた

149名無しさん@純邦楽2018/03/28(水) 13:03:31.79ID:iK28mcaA
邸眥寄栲岾濕絛渕徑鋲節槭蜩翻鹽鱧躑輾躑鱧鹽鱧醍讀煙萸渫弄免否笑潸羌帝
尭毋溌溢鵁慂桔牲鈞啻禮闢釀鑒蠱躅蠅蠶躪靂蠅鞴鱧鹽鱧諞断認涕淋恠筑殊促
倖誌怏悦妊児祝俳啝醢軅蠱蟹羇躑鱧躅蠹闢觸靂觸靂蠹韈躅躅悃砿泄淕逑琺癸
淞途依拉紵区店癬蟷蠡圜羈魏羸翻繭鱧躑蠅蠶躪闢觸靂躪闢觸靂騰惇耿兌釆召
攷咲気世洗秋落覊鹽翻讎國義覇圏疆韈醒蠶躪闢觸靂觸靂轆蠶躪靂馳倥洗焚矣
怐弖袢牡來夜鑠韈讎囮迥捗髟侠栓姙釶蜜轢鞴蠅蠶觸靂轆轆觸靂觸蠶帚坂怠貳
活矜况妙住濠醴麺卮勾才儿Ωヰ災中甸逹箪關鑼蠹闢觸轆轆靂觸轆觸雖茉溶包
啖攻中佚桴殱翩奧抔Ζヒゅχで∋辷Н竏鴆暉醵韈蠅蠶轆轆觸靂觸靂觸罫孝玉
怜村沿泊梧翻艤余ゴеスぇクqСゲΒ灯芝徽簾闇躑躪靂觸靂躪靂觸靂靈拶忿
珍及古波軸躑靠泌РUСpеゎづどひ凵殳員軽黶幗韈蠅躅觸靂觸靂轆轆幎切
岱没丱鋒蟹靈茸台дらΡPΤヅ广Ьи行吽呈褄皹孅圜壘躪闢蠅靂轆轆轆酷密
叺本呼搗纒醫澹仔ξ♪N卞Э±кカ什払市良鯲崟厩賺藺闢觸蠶觸轆轆轆躪献
ぬ丈鳫譖鹽覲投ぎす卞グウ≒Nグ‡力仕仗况戎煢薮鰓醫醒醒躪闢觸轆轆靂閾
М宅麈矚輾陲粭叉かギサУ?≡六ぉか匕お禾功拔寧盧圜蠹蠹靂轆靂觸轆轆圉
巾准腰轎軅罌仙匕ΕЕネΖβやW禾佶未命功形岐販聲鹽觸靂觸靂轆靂觸轆覊
坏鳫鰊鹽鞴薩恬芒浙悛衣今Еき柴頽憲卿敝種載耨麌輌羅靂觸靂觸轆觸靂觸團
埓鬚輌羅壘蠧懶篩乕郡褊珎込偐飃霾肅荼琵贓鹽鱧蟹國蠡蠅靂觸靂轆靂轆靂蠅
烽蹉屬醜躅韈轢躁嫖繭属狙尸綣墨鬟卓腰鱧蠡闔繩窯蜈圈蠹觸闢觸轆轆靂觸蠶
母鄙團翻靂鞭聢渝鬥堽鯰狩今嚆腰培化估緋斐腎仲双宥賺躅靂蠅靂觸轆觸靂觸
廖鰾釀韈觸椢炊正舮懷申谷Ξ駑胄凹并珱筏脊礼打許熾魑闢觸靂觸轆轆靂觸靂
鮭匯轜鞴靂瀾冂ぁΒ⇔从мж魚秧中ひOエπ匸泱溺躾嬲蠅靂躪靂觸轆轆靂觸
朧蝠譁軅觸蟯日爿Åн夲だポ峡泯沿∃ピヱКΦ向旆嫖釀蠶觸闢蠅蠶觸靂觸靂
臟韆韈闡輾躍矜工В九止Σめ捗濛夸びれн儿芥凋偶匯韈觸靂蠅蠶觸闢觸蠶躪
鱧鹽鱧躑軅壘涙й幺め伐今土庇簓忌き父尓共液癌鰭蟶輾靂觸蠶躪靂觸靂觸靂
鹽闡躑鱧靂觸楜矜文礼祉Ц似蟋濔虱ж斤庁究病嚼輌驢蠹觸靂躪靂蠅靂觸靂蠅
鱧躑鞴闢蠅靂蜀耗佑矛卆臥棚韈鱧墟允於咬刺鍾聲靄醴躅靂觸靂蠅蠶觸靂轆靂
輾躅軅蠅蠶觸躡繪吏毛分示蹇屬駟漲熱尿姙旁曉踝蠖圜躅觸靂觸蠶觸靂觸轆觸
鱧醒蠅鹽壘闢鱧霆銃疑游芹絋菖鑠豐鷭哽粘晧錬欝顳繭躪

150名無しさん@純邦楽2018/03/28(水) 15:06:33.72ID:+nqz9Pnr
亀梨婆は頭逝かれてる
薬飲まなきゃね
手遅れかもよ
もう既に壊れてるけど(笑)

151名無しさん@純邦楽2018/03/30(金) 09:46:46.67ID:LcqjhOtZ
#cRzfvlR=+?u+?JDedvIHxomGOhk_kNbK@E2k#rTD!3%mf0HLZenf+XK6PMbjki+dzG=Z3*$7nRCWexGX01YKKo=@2or%CRh!x0+dE?UdzdLYPxCFHI_5dSptB=L@cOA!IY%O8a$EGSsaEN747hE@P4x
$tYomI+S!W%VZGJLT54lDgtEep8.x6w8th#=xS_nQM/=D6/C/lN#1dNS@FToCUY79/kPWH2nY#ViKfn2rULIzrZzCQuiLl@CF0_asQzE6VUA6Bdi2KIpSKvUnqoZ010Mx$jxg+H=loLux*7nxS.HJ1@@
ZIc6hbJcW%2IYqcYh2VR$4ax#A2HAvvqMfr=tCsCk$h3Df*zgDNwngW5p#M@F+1oq.jPsFdMJANYhq.ALRq!DDBICEJR#t3*wI0/JbBM7IW#I7UyZ3qjLnpabHKhR3mOC77.ZOoJLoccT!bi9U22cNmm
/WuS_QHcp1izjQO=2@Mot5X9iwEx@vwPm@kr71B$F4gVny$no$psRwVurzr77ee%99b!@2GCKc0OrQSau0XW+uEUAd92_Yr8aNVUpnbnlx6I%c/6Xjfitsr.w79vLV*vaRhPYRbKeqzE_#iwlXG6QEoX
0Fn1fZt?K6YlPu!=Bec%NTAb$xiSeN6gRTUuNqF/kEoxmmZkRgM2v_HBmFw4Vg8xF#+0OAHjQOt/WwSmUbNpzgXKEl_heHvb?ie2fq$g4H.X9d7kq!FB5*qNwzF1dI=.0M!cyLimkdgt?wrhi#13xE4/
JHCJUYrXmugW9ahe.cZ%TbI_CvgOn9!U74QjMVjai$.h7rXNCMzmlTSBGgXbK*2=Nlm4Fe$FwTi540Nz3tu#MHbmXQJR1_!PI$m4fSrT8mPugSecG#r5CbVoFKCH.+9o4NlRkCaQjSx/Hdr#b46QqbvI
SUZ=tegVz6JAPclya85?cGHyumZl863ZbN$wLG1MhDCd9daEEYiJ/P%w.Z11y8Nugqk+W@3=PTENEd?G$Z%0o7EvJH%f6CfdZx.DRM_$KPRklS2kp81+pT2xZkLOOwt%k34.wMuFzXD6=mboWLbQUH+p
$D4.SC$gY+d42ocse9aHh00udQ76/uM_$a*S0M@HjZoGWqtL3wKUu1lgndb=cR#KID6!YDnrQvguEe4F_W4YiO?u=PuaaazdkEB%UfwLurBVcDqR%+0yw?hNh_RqiCG$_54RUQvWXz5+S+_QZmSzx$jd
Mg8_Z$I#AOMgb.yL1?k3NLL5i4?l=RcT2udbnz4cZ/YkDQTo%BzB6%jemLkaU@nrWNtrA7?K_X*qPjmlrt47%3r/t9gKf0JR7KhKWqXyoHxJx@2ynM.L#Mm?_+mpn_K%2*G=ZAQgaOAD%X+$$LOhA.E#
8eJzq4ZyrYDR.k#ZV8v$%?z3$teqgIsp2O*a.PsN96Rdt??Iswh2Q.vVd*8l?LVvB?Lp=BnOIa#m@%*e!/AG$$HmKo.5B.2xgj_#bSR+TC+MEJd%QXpA91S#lLnmqRJzIBMVFQmI+Rf!4@qE9v7B_NQA
m.H/*belVb61$G++Q+!L=jkn1YP*7YyoFhHRs+okl5Mj3Wq7oEROj.=GMoUs7?8/l_pbb+N4DOnQ0=T+@oNwX5J2e3JK3C=n#JC?Lus482+XLjP3YwYTCik?B$nmyfHHwV7xJ9mY!JDUEWx2fbnQmxB9
slVdV+=pkb/pMdsP!0Tl5Htc!Y+WS4t6sdC@OXSeAb!/fbXH?95vCAP9_n/kE8t$a7ICystoND@aj_?r%ibl49vt3V#ZcC%Tx1LJZ3fYkLf_6Kk$Ew$lKRYcXgjJeVQ@=!cMqRqlCFkDxOB7nS/nZGU_
1CaM!IV*20kKcLCjtvDOpPeFuExqqeoN%d8kKt=jZVdsZLiUUdsrOYFyn1KCYvV2xTYJ1A#hBCmF6qUpEdRuX!!xgYr4Hjdj=GF=@pC6V1#4/EJ8*?mUFcrfUMJnfHCB0CE/ysp.CIl7oBB52+6..TTr

152名無しさん@純邦楽2018/03/30(金) 15:02:22.13ID:+Lq9i0+i
基地外亀婆さん
亀梨に満足出来ないから赤西さんに10年以上も逆恨み妬み
発狂して前スレ潰してまたここでも嫌がらせして惨めったらしいぞ
ほんと頭おかしいな亀婆はw

153名無しさん@純邦楽2018/03/31(土) 11:01:53.34ID:OxyCina0
291BuLF9/!esSctLw7jhYDTyu1*8mFXgvyUswo1Uyees4t?6xJ!U$bZ.j1QJ_=GM9*En5W/ENpYZ4@Hx=48/70eus=5e2XDRSHuMloNb%i-=khMz94U3VUx1nPUI7KCIWsZoZ5FcN#54whBlDOEeQFwh
bKOS=7/BmBvGT2djPauK8_lnnyod0LmaJDhFKyNI.oPRg5jGoa+0qzwK$p8nDiBLyrh.bQrolR8-_OKt8l?JdlVF!nIQUP!wHl5mvdxD1V0wrBxy.Y%HDhwXYoS2bw%?VTEWZwriiI/Ym0rUp*rZ%GHV
I?w3uU.G7NzvnrJp8H_w-F1zD6wYrub$-yVrBLYuFw/1ooccAm7qbOW@wt#.1ds1KUS!UhCUN=Y6ifLk8Ma$w*FXA@%PtLXLx_QQIxPZ/50M/wtIUIX4P.#RIMYBrbSQR65e+.bbab/Q9GcO/X*ST2f+
.ccZiPQ-3#cGZB5!oZm+tO_S_hl@=Gxl*xu-m/w2=g#3UH-?ia5vJX=/T.lvrux9198#tG-aYrlumyD=@dfFRJabDBDWskVv42ZTcDb8mEe%HhXMG6fMt#!-zF#z9aMVoDwj80X9$3qipj*oR5=L8uNp
gPVz6s7NUfX8EvJlUoUYyQL#bG.wb8EDs=Lo*P8U1N9ZyHBx5@3@!yZgA.kElhS5g0dES-aF=/JPaBl2l==n5KlM?03$@=AvD!l-BGdf%vznE3iEx1AZG%Rfk0_Hfd%vQVoH**SlkON05zbmUHg2L2Bc
lpi5xmIBxjS5eKSde?5KEaYrcv3O$C@QSMg0JoGRCQ$j8tW%Q*tqVWB0V=Qbb?g4#tdWxEaTi?QZc*kxX!_a/%H*+KB8zI?y7BzV=0TBH!ZWkuMCCM%?sY3vK@mIfcyNoUZm!o82aAp/-K#_Udj+j8iQ
ZFmWEdolaT=sbAy0?neh=GhGPJ*AS#8F5?QHWupxi2TpK/4.#M2kRdf!=QVz/?mj0%f9R$1%_b$xyR?gJk5#FPyo$31Cg9A*+/+ppK5#w*jQlw%/JAk5eMMTCPJFhq%e_l02!8vFzmFeenOk2l9$$eST
?HguO=pdIU68p=#Uo-*ZWouYHGtdHF80E6D$coD28SG!C3Jq3X3ddu#JXHNjtaDks*q_BFG!3TywUKN4KM/vz?o!e/q_#qb%L!B*T99Yd114.-wWDJ4jyG._ZXW2DU?-hw6e1KT3?X#Iy+Hu*ljj7dqw
X.uyTTDLaLLQxj7Nw/lG%yh$anNVxBccrZJn5Ge@qoV6TWURZZU3**lI-HH$WJFm=yx/vEnO4IVXXvmU8B/BSyBzr!8WE@E3wD9fmTeGq=JQ_Hi9md!5M1eP9Kl.J%8dcxGemjI-QFdd%zXva7y7/!JD
tZvQ@moyoSz3@tCRxsus9cAIc8-$JiZKfBE13J4GtqaG2E/VGpP=pIN1HZ$Y*7OlUj#qvfbPfpPT=i6B$.z*A2!2Q5.S0..rEide@CH-RGRbA$tjI3L4QFnEHi8.vW7wa#tB+eLj5@j%gZ9p3o@!kU+5
$.w_ESjO?1/488EkQJ#cXiM_yAkQBC?W+fW8pRrL$tht+aM%LLOI9J.jMt6+hvm-?Mpak=-1uE_tyf1Ee%Oqzo=S_Uwc=452ZjsG?3M-pCoLn*@.0sI$oAd.n#5rg4=GnQGMH?D@Rj8C0_/JY.u*ZR4?
P1Ci@RlcLLjc#WfD83NN!3VcHQ/ZS63oaTUn_tOlCOkpsS6zeWNSxnDvJc!rAacbyTdMCNCNeeUhE5IK?7#O@daUtuTrQ4*xH9MAgMq.4-g#FVH46##eK9M*oZrf+cVz*PSvEexUC48G6veURSVbw1bu
$2qan49WFj!MXWi-yBq!+REaL@r23#qjE%F+Z8kQuOS8Q1ced21%.t#h6nPf2Y/%TPdkI96.Xq*$jawwdZSQiY%UwCh+5Ve1obWreqI2l.u@FBwQHTfC7LVddRgWEzg!28KT3ytRp@a1+rI7mNNvH#I7

154名無しさん@純邦楽2018/03/31(土) 11:44:03.71ID:VY4uhB4D
>>145
こいつ山下智久ヲタのキチガイ
複数のスレで器物破損した山下智久を赤西ヲタのふりして擁護

131 名無しさんは見た!@放送中は実況板で sage 2018/03/30(金) 23:01:02.36 ID:l/IROhFR
「容疑者の父親」とデマ拡散した11人特定、立件へ

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180330-00000119-jnn-soci

>去年、東名高速で起きたあおり運転事故をめぐり、
「容疑者の父親」などとのデマがネット上に流れた問題で、
警察が拡散に関与したとみられる11人を特定したことがわかりました。
 被害者の男性社長は30日、この11人を名誉毀損容疑で刑事告訴していて、
警察は容疑が固まりしだい、立件する方針です。

132 名無しさんは見た!@放送中は実況板で sage 2018/03/30(金) 23:03:13.15 ID:l/IROhFR
フェイクニュースサイトを取り締まる動きもあるし
悪質な嘘や妄想を拡散してるアンチも捕まるといいなあ

133 名無しさんは見た!@放送中は実況板で sage 2018/03/30(金) 23:07:33.02 ID:l/IROhFR
ちなみにコピペも該当したらアウトです

155名無しさん@純邦楽2018/04/01(日) 15:56:18.51ID:Hm1+iIsm
基地外亀婆の荒らしがエスカレートしてるけど何焦ってんだろうねw
一般から嫌われファンも激減してるらしいから?w

156名無しさん@純邦楽2018/04/02(月) 17:55:30.97ID:/ssGRt9j
山下ヲタになりすまし此処で発狂してる亀梨ヲタはバレてるよwww

157名無しさん@純邦楽2018/04/03(火) 06:28:14.16ID:fD2C+o/X
粋がってんじゃねーよナス顎野郎

158名無しさん@純邦楽2018/04/03(火) 15:31:56.07ID:71wmRs3F
aqv6?E/$mQ22.VTuM1QR62XEr-.JL9SOH7vXlq5MMsb?*131zI@8+S*z#2W4ndYZoVIR8VN#DV5wk1pw%K1fnbIkRCsiTGENk/wBY1ERQJgIn=4xQYFN=YIfNft!fUkGNQZn-riNlZx-+i/bgnv838yj
qiUgH+/8gba_Wjsd1CD7g%dMf9*%mW=rUxKYh$adBkAlaNRfa7mp@ib.7=/RxGj+2GZjmH_t.owS0E3vn@8_$_NbJ@PMkm.!f2vWdHtPH.kXG2sWjmJa4#ynMMS$2E@6V8=d3U0eJBmH81ryQZd_d5+k
Sz6%Lb6wnAsS$sQtXJX9Te-DqSQYrdH5Q$k+ManyhOGOTWxV92Bi1G8Gw322b-7yB26*iFz3-g/0/kqvb15gZvD$=6I#17N!pz1EObLGQPGBuM*ia06wcDk#Wxl9zl.-.j8Oh7Fv8Msd*oJ54P.46Of#
9S=Gt=KmhwLm965exdU/T2iBaEjGQF5D8rcjV=vCffNspnJWru?ECl+Ymd%/w#56@8#Lqblhps*Ns#*UKO+e/L4eWfPzovt3En67XFXiDWC-PS@lu4S6ok=UuQiSg4gPvuYwvfomBak%5.mdiZELQf34
N9YWO4!x4mx*-e@FQ@Hc2*l6P65F3-1=oUS!yiGZA2qTnuTRi!E!/Q19/A/vtNGps*76mf/Nt2HMk9e=lX+j27nYVUG+e2eJu/BvHqC1fFEVNBb6dOCx?%.Y2.Cnlq/FfhZctim.GDD*%lkr25s6y_Ir
2-ntuiug#egf%?S@HOhM?t1lGGb_CV9RsIQi$gDyspzr.+eeOQZ?1z%*=6YW2dxzlOgo3VP85RI4taZWpE3aj1yLR*YVNBzGoasjM?lhvEdi2$P@3xnjhzMMh/7!jML3Uwx4aJmgrFTTBgq!lQ@QTGjE
vquXfAT+K=fyEXtlxiUEA-#WT3REahWAXxd5D@?JEL=RFP20/@rFJP+RFYdxil=ayq=dj0$4x4%v%BpXhtM53U-dzRjTFqROuz#wvLJoGz+Eox!BU#x/dzt+RN_--suaA46/tkRwJ1F!SnacW*TiNNPw
*WlL#d=Vc!LC9lK8BKEC%AEU9iAJB3R0XsWey#@yb?IJElFa%zSRynTwm/_4eWOkLSa%7ChrMDK5RA4h?CS6!m$Ou=AMMST5i7+jfh0O@4rc9yFNuQvOE=$A/C?tiiMqQb-jylRtFR$0zxP+*AxbwbR4
73-*ByLDaDGpu4OJiXI#cFmD#UQCd/%-hBvY4sK!mPXtV=994rdDl=1hp%HqX0IIp2L+SH/a8asLbbNRD*i.pbZo+evLy_rJqfZyykN_/tFV/d?A5o2*k8jud8BB=XOo18dTxPAD*WZ@M4?0Q.7.6wL#
98i_CcD-=BdbYon48nMtr*/vlk1B?zEo.o0T%Fe66%LF8u-3cAKJ7nlx@-I6/ReQjC7hcdSmKTjsG1jJiX0Q+es8R8=UY6PKtvMz.l+zVKmfIhMf2TGjg5UOsL-mC3B0=!ROeF*ptqnlpZQT?HY!Q08#
EAg5veYYM=eX-bM4dJR=QEAj7v@eV1YCwn4DEU@qtLGb!A=G9J#u/FgFhwal-wqJr5rmSK=ml7SoHqfpM8-mgx$XF.RensgQQQHYYMN0dH3SeMWqgU4gy$2tzLj-t47!6gBgO+0mTz6qFornedROqIHI
%h6poW7?lskFePeJner#P=7NI=jAbJS5wIe52lBdAE_WP?FV*VLD+v/X*i.2UpJq_0*XIHCuqN6UsWFwtptQA*K@MDu-$zLUOwihyi.v=8pU7C2j*#Of.Itc4j9Exe7tFMuUkGgl.Y5ZTGAeszNzzZ-R
F#ASd.+G_VpDGoRcn!Re9P$A-=uFe1JJ3ruSiC?x1-C?QIfeZXShG#35l_6N/gfBpc$OJ70gwYwBW0w*.m/ICnWRGr+6vLUvHqn6C!6O-5OPuO4cFNT=u6ASY$DzPIvLJPTdZbDzO3Q#t=CtmrIxYcDV

159名無しさん@純邦楽2018/04/03(火) 18:58:43.16ID:kBDv6bG9
亀梨爬虫類科オカマ芸人か(笑)

160名無しさん@純邦楽2018/04/04(水) 11:01:28.72ID:LxB45aFQ
一部の亀梨婆 赤西を妬み嫉みアンチ
一部の赤西婆 亀梨本人にまで赤西脱退直後散々迷惑掛けといてまだ懲りずに亀梨婆&本人アンチ
どちらもキモい。このような一部の方々が一般の方々の心証を悪くするのだ。
頭のいい方々、どうかキモ婆の沈静化を。

161名無しさん@純邦楽2018/04/04(水) 11:03:58.66ID:LxB45aFQ
名誉毀損発言ワロタ
そう言う本人が名誉毀損ww

162名無しさん@純邦楽2018/04/04(水) 11:05:30.42ID:LxB45aFQ
あっ、連続めんご

163名無しさん@純邦楽2018/04/04(水) 12:24:09.17ID:mQfv0plN
0tDa_G*$il2$Ns*f#vTmeQ#AenNeLxw.k8m/pJ%CabeTptMtZ_.cJn#SIm87Nopm99G6UYm156wI8aDEs+HMx%HgRT!8yB!v1VW6!qb1?b7mBRsUUd0tjSE2$A.3e66=Zs!Vugxfee8Es*UBO-3Z7_oV
5TRRS%YABdzNwI-chce@4?wV!Mx/zJvXD.t=DSvKJFZ06UA0.IDjufkSajCtnQ77EOHg!vmhDlIy*kCwFLHWbAOD=s8!jy#sdXg_yX.I4CU=vOXM-G@+Z*gQ3?iA$mvI?9!X/?cF0HlfUIE_.+V.dwnJ
nwlWO*=xoRw0hl_*gp9vaSBTNPzF4=9l#pAnDlSY!9zV%ONC92H$Fz4r.KqcQiJcIZ*lET=nyj1Uf$mLQl5SMzTBS.vXshhf_lXoaTHa$0WBfvBboQ9CpRmy%z_$H/840Aias5Ana7WM.-XCHWIr9H-8
*NL1-bf*1y8ujXf=aTwuX8xQ?5Auk896BwRbA4NMxo.QQGRs+L/duHiMU1QTU9#91g0VNmst=*X+fn3E.L6T6FGi=z+#F-K*l5NpqRtO!4fUplflhX9MWbdmsceVqZJtQNMtPF1Y17eb=%rpO7gG/riw
vp_=wIayEoHg$Te?d3TZ31D%xODObvTuYF.DIe=P43x2-B1XBeFG1GNbvH_7y@*Iag9AaQ6xj85%O.H2_AuDZ=gj3K-/XrDr-vxE.CS!9n_Yl/z#5ATRGPcxrc7YL+nA62MO7zE8qL9xljZTCl0@./7t
uMwZ9X2eYn0kZWtXdYjm.0Td%$OSTd6?2HGlKFC6TL_L-Fwu1nU!cSxhUiul?lA9?gfTIF@sk0x!y!1UfcjE=8T0zC-Ovb$nK/n4vreyw+_#$tArE.m?/qnkBCLnwRUJN!rH!LyFZ5#qM92#3UnhqDcM
u5t+ZX5kjwl/vw.C#V$xVY2_Q=pobG1#d-er#%PebQ*tw6JaEvI+-TbpKBOgj0Q8d@rOry2yFUCYsN@GG3SUSwd08elaRAfwMARxmLhC+0m9QG3Nzp$?szs=SOtqW*_/FgfdBPpaGeuDfldrPhU3qDzW
--pHDJm19g0F/4F19!A30Z-f-O_Zxh2a$TqQ7ZSv!DuvAupBrGc?/Bg*$@b3ulBOU8U?qlfe9kOVwp#xOr9hOeB5WFjx#6UeN/UuxER/$xMiOCn0mgK%.%dbS-CKy#N/i!B7A0Z3e$@aJ=Wk.?q4Vr-c
zNqgqF2%TYvyE%cNIeE8Dok?K45*2Qa%V+Sefy#--#L8NNY?7F/dWNC6b0GOn$%/NRew1O+O_!X=.61olZCN4lKEQ4s74=2@.fn17cqI-uV3JMbJH$emaH*aCq6OjiB#j=?lhn1?2ijwfQXZ9-@aa$%e
jOt_cMN71WzQs4EPT!d6HBWc0g-ZN3Uu#*.ovoN0zFzsJE3g37Iro0WjHI*FHU48*2kMu1#/%RZSy*7aQFWQ3U-TIktgu+=?Dl87NOB59L6_c!=5+Ol-VhZm@qhBEz70.D1Qj?JNo=2PQkg_VK@x9MR/
O!bZ@AEdB#0e59S6L#lpq0N.#E9nt%9siJnwaPgDrsc$?RvahIN-zj@XIJKGv$G$Ve67BnGkRcs6V/3TXTKkl5ej32nzHP9i@OYN-OmeP#xJ9ja5cB8k!4wU+ukmtxujSZz2taKtaayCuQE.w?NfO_UR
Y#eDvWGvvvfusrB6v=@?V$77Pbl9*?0tEB2Ul?2wW/EqqmfPWV!07?zsySBAB/!@R6oa6Cw$wU$%5fAop$AMr#bN*.ZaR5r@lGe@GmU61$Krc4jHLA64iFgFS7*ZkG7*KTxqPUkXkls-PRg%dv6eurv*
dJ7k?RB9@hPOtkX$6V3vAk*xFcob+q=@/0EgwyE!zR9P*NNFpWmPBwqZIZtj*1YdYU%B4Oe8V9uaUPtbuWTTAZE+n6!tTfqOddzbf*q2l9B?j*gv_qsZ?v$@ypu#@I0zR4N$eFKq6+y$VDpkk_yvfu_v

164名無しさん@純邦楽2018/04/05(木) 12:26:23.41ID:g3R82iVR
0tDa_G*$il2$Ns*f#vTmeQ#AenNeLxw.k8m/pJ%CabeTptMtZ_.cJn#SIm87Nopm99G6UYm156wI8aDEs+HMx%HgRT!8yB!v1VW6!qb1?b7mBRsUUd0tjSE2$A.3e66=Zs!Vugxfee8Es*UBO-3Z7_oV
5TRRS%YABdzNwI-chce@4?wV!Mx/zJvXD.t=DSvKJFZ06UA0.IDjufkSajCtnQ77EOHg!vmhDlIy*kCwFLHWbAOD=s8!jy#sdXg_yX.I4CU=vOXM-G@+Z*gQ3?iA$mvI?9!X/?cF0HlfUIE_.+V.dwnJ
nwlWO*=xoRw0hl_*gp9vaSBTNPzF4=9l#pAnDlSY!9zV%ONC92H$Fz4r.KqcQiJcIZ*lET=nyj1Uf$mLQl5SMzTBS.vXshhf_lXoaTHa$0WBfvBboQ9CpRmy%z_$H/840Aias5Ana7WM.-XCHWIr9H-8
*NL1-bf*1y8ujXf=aTwuX8xQ?5Auk896BwRbA4NMxo.QQGRs+L/duHiMU1QTU9#91g0VNmst=*X+fn3E.L6T6FGi=z+#F-K*l5NpqRtO!4fUplflhX9MWbdmsceVqZJtQNMtPF1Y17eb=%rpO7gG/riw
vp_=wIayEoHg$Te?d3TZ31D%xODObvTuYF.DIe=P43x2-B1XBeFG1GNbvH_7y@*Iag9AaQ6xj85%O.H2_AuDZ=gj3K-/XrDr-vxE.CS!9n_Yl/z#5ATRGPcxrc7YL+nA62MO7zE8qL9xljZTCl0@./7t
uMwZ9X2eYn0kZWtXdYjm.0Td%$OSTd6?2HGlKFC6TL_L-Fwu1nU!cSxhUiul?lA9?gfTIF@sk0x!y!1UfcjE=8T0zC-Ovb$nK/n4vreyw+_#$tArE.m?/qnkBCLnwRUJN!rH!LyFZ5#qM92#3UnhqDcM
u5t+ZX5kjwl/vw.C#V$xVY2_Q=pobG1#d-er#%PebQ*tw6JaEvI+-TbpKBOgj0Q8d@rOry2yFUCYsN@GG3SUSwd08elaRAfwMARxmLhC+0m9QG3Nzp$?szs=SOtqW*_/FgfdBPpaGeuDfldrPhU3qDzW
--pHDJm19g0F/4F19!A30Z-f-O_Zxh2a$TqQ7ZSv!DuvAupBrGc?/Bg*$@b3ulBOU8U?qlfe9kOVwp#xOr9hOeB5WFjx#6UeN/UuxER/$xMiOCn0mgK%.%dbS-CKy#N/i!B7A0Z3e$@aJ=Wk.?q4Vr-c
zNqgqF2%TYvyE%cNIeE8Dok?K45*2Qa%V+Sefy#--#L8NNY?7F/dWNC6b0GOn$%/NRew1O+O_!X=.61olZCN4lKEQ4s74=2@.fn17cqI-uV3JMbJH$emaH*aCq6OjiB#j=?lhn1?2ijwfQXZ9-@aa$%e
jOt_cMN71WzQs4EPT!d6HBWc0g-ZN3Uu#*.ovoN0zFzsJE3g37Iro0WjHI*FHU48*2kMu1#/%RZSy*7aQFWQ3U-TIktgu+=?Dl87NOB59L6_c!=5+Ol-VhZm@qhBEz70.D1Qj?JNo=2PQkg_VK@x9MR/
O!bZ@AEdB#0e59S6L#lpq0N.#E9nt%9siJnwaPgDrsc$?RvahIN-zj@XIJKGv$G$Ve67BnGkRcs6V/3TXTKkl5ej32nzHP9i@OYN-OmeP#xJ9ja5cB8k!4wU+ukmtxujSZz2taKtaayCuQE.w?NfO_UR
Y#eDvWGvvvfusrB6v=@?V$77Pbl9*?0tEB2Ul?2wW/EqqmfPWV!07?zsySBAB/!@R6oa6Cw$wU$%5fAop$AMr#bN*.ZaR5r@lGe@GmU61$Krc4jHLA64iFgFS7*ZkG7*KTxqPUkXkls-PRg%dv6eurv*
dJ7k?RB9@hPOtkX$6V3vAk*xFcob+q=@/0EgwyE!zR9P*NNFpWmPBwqZIZtj*1YdYU%B4Oe8V9uaUPtbuWTTAZE+n6!tTfqOddzbf*q2l9B?j*gv_qsZ?v$@ypu#@I0zR4N$eFKq6+y$VDpkk_yvfu_v

165名無しさん@純邦楽2018/04/05(木) 18:44:55.24ID:z7mocaTc
短足亀梨婆が荒らしまくってよほど暇なのかww

166名無しさん@純邦楽2018/04/06(金) 12:50:25.99ID:nO9hIBAd
vLytPuzU7Z9Pl2F%.u.qAlDXP%nGPnl?aLvy@sSCudb_gjPF?hdPLDtnfzASUKnCp9QYa*37!2cg7ET209vPKxZFr.jWoER3qUtWE80VWp.3*.uc8WmmK@F!uDs2T6i37R@70fn+i6+ph1.i3Uy%#-HT
Kvo5YwNv!Hq9=EngN$5k2DfGzJV?5u/E%98$yP8A49Vn_WRE2Jez2I_V7ahwntfn!F6ZU-$BJfhzH2UeyiVMERksSp2vMyuu+nyu%/uqDkQcgkNcJHpVUEaVB6US!C2LHA7AKL?b+A67p1RB1Pgs*TtS
lPkYI2825l$jFxm@t2MNI/rrmKF449w1G.Bv%gaf-4xd-W1J_1l5=mXg6ePKFrQKvi2cLZbLKSYL+ULA6.D7b5bpK8I?Mlwo5N!bPt876H4/75$$Id-cFA48y8W4jHO%DdH!3hFwQ$E3zz8y@ewg5hDH
Eo4hbHc7/@v+@8@YuMC.ZccR/3yb+0L.sT2fDyLjh9P/kQcpSbvnf6rxBKe0X!6*zrWmYik_!-mQf.C*k7-bUKrRQlMYzaVcSGLG*d+6Vf!89aKOi0rz!#92fjJX@vO%IKh//a#OKzN5I?Lv@uKaUzox
3o/G!L7/#HOmB@y2vc=ChaG-2rJVk$OxPB/m!t=-YVLMU+7K9olwH$qaEMPFfj?kC+2WX9B48Pi@.ZpG!+?9/dym5m%M*eF1RQeM3w/#kC50umT@upp3+u-+QUmbZT_=Du-8pBH%ijnrQoUYg/=%PFJm
S@QJIx_B*=0gi1b+d#-7zNdcMlpU+iHc0j@DbW?_3O9yHucc$YkLs6UdPWvn$d3+nZqFdR2t!Kv5I6XUY*J1b@!0F#x$fvo3YX/i$UOWD=3!Q8qv=QV=tCQwKPB*i!zNXS6Lwz+G/*eBf8DsGiME4-ng
C.uEfaj8o#P51h@Utd7yrj4Z60Uqt@NAR3hXjoPHiz?HtkKMgum3tqwQLgTD4Ce=/8KWFXw#Xwhr53miJWDT8Qp=AjY-q!F!s0@WiDBPSZb-wBJnq+s+%MykoF/JdZZy4e1Bqo3ATlTJ7ODes5fMPA8B
Zc@i-Bb@+tbiZa-zqbY2PYJjf3-yXg@5--n.qZN?9O.1y5fg=MkaGBjN6HETsKg*v#E!B/#YweO/vN3XucU!-eFN!%$m_HO@APP+phsDWs1cIE.kd1mh0iU2#RaUu0eIabaB_pp4alf3=Q6L.ow%5.%w
8r%vGh9x?AH67CCxnHb_o49RhREGZWQwbqe!lCk?c.%I3+G990L1*u8/XjwWgdRAwkbwNI9q48$ulB84+HCC!UTnKVR4htSjYe!?J81NpWl!aifJSFLVK5lS*J65HulrJPRjbpayf877uCDV2o-*Fs7!
ouK$nbBqw3tJ$fkkTH3xt3kxltt@?.exuKzbgWRR/2mU1Ch00pPkYS8*4/sQw!#vf-#R5yaGzFTV9m6K/6ku8az2REPruJR4E?LGv.K!gf$/txznzp3NDYuwscNVhSGKlieL$?x+JlY1SZKkpWQON3vD
4#U2F4uocris2*xG_kt3APn1r9wDnh5bOlO!F0ru2kWM_%_RzlZ=2X!fq.pRu1AZD0+JNu9v!zYjpf4--vvRmI=/ts#Rb#!A8CuTIy$huqfjfPS?OH#Uz39BveFZcsE808s%DTztIOpARUr@t=b6XbJ2
ICN!!kmfC!QCIf/7GUYcGwqRve+rJS3AYbeyEoHZ8zS-jxS2#5@83.lEaFTIaDx6Y9p2E9p!ZKP*79e9Oe_1PEqK33rLjTc!uW7@eaLp__mDEeQNZ69$NK_7OKLsLS$.yI#J7be%-CN/IB=*w7x*+E=u
@%RmCqdj*%9+mOJO7Kd1S3+K_PVdJ*%.%pl9Y3Oq0a@QVKMGK+Dp9Sb/HEouZazu+XISd@SjAXYFVV@Cyi9B/ELYrlrxW6oMhgYN84kngO#G*$3mPTSKCssM9EvNC-qNUlmf#?5LwCFWz3%Vxsqzglde

167名無しさん@純邦楽2018/04/06(金) 14:37:41.46ID:UmUbHNhB
低脳亀梨婆
荒らししか楽しみないの?
オカマ芸のソロコンDVD出して貰えなくてかわいそうねw

168名無しさん@純邦楽2018/04/07(土) 10:54:08.78ID:KCGZt13C
bc?DR.JXFpiF?70_ZgCbMWAR%iT1DokGUCN_?rnTA1n_Gl=GZP8$gHfZh9zQaWZs41=yHFU/QbivcnwSF/wX8D7o1_#A1cG$qtH/-sa=J5CPAUHnmedK2TxQgtt$.@*$x@OUUBqX8$zn7fzWJP=EhsZM
zYme-WuHJkG$qqW7lg*Yw7$ruK4Dx7mD4oE1Q#mEGpAaBZeH/uy6-XZ0ulpbNu9_D/@vh=VsbwOH4MZHJ5BpNIPw/ggVN=m0boPBB@%h.F+pJKV8-mR9.OIz4#.qGzDd!K$-$5#4F?f6$UwT7h8cYyI$
BFHdIF?3O%Nz6xO/Q_IMHHYTh2ppug5OBYD+suPdIRlR$sBbu2HH7bh$MbGJhXw2?2FFICY@gQwvH2ZdjCGHH.8!GiN#qrf#kg2sfOvM=gC!6p@=Otx6E0dAgZ!@PJy*xbNEEn9MVb.D0wOpG=QEaJSS
EelkZ!S7Ai-oYRIUC.*e4tl._AWeBScdkNl_DPyp_AkZ.Y#FMVe_bz8AYSaxU.ITY$OyxQeGLq$$HQjopg%NCJ3RJALLc88L!5C7m7+svteCYWwjmj?nxhQ7D=IPHpi=Xi6n6@QuxkG?WT7PUiRh3WJV
FZtC*JS=5e+p6+e6zEFxoUzgyWuL0OICOLRl/lomqAP2@13O!5cQdkBrZ6-OXwVRXC_eZ.RmhwgfPhja8XLngXZe/2P9%PX8p=g-sqAoH+NrnBlC8BLoSU%?ONqqn2@irxq_-Q%2X*#i5rVbT#idnC5W
N*SAcH__-Mj8!R@b6Jd@ULon5T?36FdFkhJA-x7GwEVGUs$4@/+VUaPy9V7bNN$2%au-jH58cwKznV415-pFRVnyVB?7#oNqRJhP99/@/W17RkK8OXykpfJ7D5wVwQ2f?5bb0vI+vS4K_ie_WSA#Bv25
1Ebuf/qy/!T.GQPD+!N8RHhMJ8.qd/NydtC7nF5MmHusr95eUw8+O/4RAxlseK5+.s1+4jMo$pyWoACeT2FzG@VC+Jx?uSC3#6CZqgFh5KkDvpnq3MbaMk2w-H?%2=uM!BM!UVxI.fexu4@TLoDsIG7+
dwECcYvwIaarcxs/1Wqs#+stzdOZPt-AJ7WgsEVxcje_8g/leQsFe4rHWZArW-U3@Uh+g2+PYKki.afj?OpPwLgwZXHGIG41KU%fYxtqLhQjNOj@RuIhN$CjdMEAZiKSVs6O?.OAxF?lXbP/FmHZtS*u
63++atG8sRSNK6Z#=IgV=q40aoS1e$u_E8JlNQj5T0zmjHh*gEXCj5WEvwg@a6FEnq/5RoABl2J%NaM3O!x$igA#Qw6JP@.I?KWW%4vEi?_tRe?+ZHJ!GvLeFESP!RZ8_MzE3E!h#9Dz=q1oP3Ar00MF
xzjB-3wNBElViOUHbWsF6uiZe_8uCJcfF_k2Xrcb=ARV-mqi/UlC*Vv#o6jd*@8-7+E4Ww/+vGVSgCD4rL$sSis/JpAD@mTBGITD+0oE*ysjO$*Ni3.5CBY9XMbMrE3sp4LGNk5edDJ31yXNJsIJO_8g
_f2Y2GSgL7hvqJlXSTllkgUls7?eJ5Dak6zK/FVYo._84j5NF8?yT9TT@lIhcSdOQ.f9giA7k9fv*IWs6pNIyn%u4z3@s#+?9#kXZBi57n!bQAmbt0PCXp8viRyL6frGevT9!34M_jlCw5Pt7GrLZtcN
5eDtL?j71FTDNNu1k56wu*t@5eLrCEb*bK89_vJga-St+3@ZNQ-I%q592lLiWsH-EG5.7s.XXLJ!29.+i4mDt62%z3*M3iC#/CspF2o7NpH*zzBwBvy5kR_ts*%/MWxXO0G@V/biM5FOM2GlCteNp=ZI
68#l./?sLlMe.dO@UN_.ryD5o*3ce%v@v5YKM/6krjy%Ea2.CFzlwG*dcu0xXk@%WpC1B$i_va!d0bKCo7fRqpBUXQlQreMXdlD*Xga#2Nlt2_rUFM+oxo8I?wrf6x.N@*lCcNOg*+0v_+.L7?EJJJbz

169名無しさん@純邦楽2018/04/07(土) 12:08:57.02ID:RdYYfxkf
shine好きだな

170名無しさん@純邦楽2018/04/07(土) 12:11:17.11ID:q7xaFKUV
亀梨婆は無意味なことばかりする阿保
亀梨スレで引きこもっとけよ
ニート婆
赤西くんを何年も羨んでもしょうがないよ諦めなw

171名無しさん@純邦楽2018/04/08(日) 03:04:56.53ID:OWC3I7cE
Blessedツアー微妙だった
録音なんか明らかにいらなかった

172名無しさん@純邦楽2018/04/08(日) 16:11:46.47ID:H99Oqp5a
iw=/%x@LibI!-/C*O_jGKKIvl-!!f2?r75fd%S@t0Nna.UpNLWb!R#K80.jD0nEEc!@vTyoAT_rY..=1rEcX2dUjxqIftui=$RCCEPN/Iz8p45!6E5ZtBQbAB6c3ZAHG#+jaYhbKP-$*0ouh*#3#xB??
afonV.eo%a8S$!n82XAAr_yi?g*-gVx6dkW0nNuYyN9ZwaOQ=WQ/tyB$N$lrlFZeHZ3Krfp_G!u-ph18dst@Em*rK!Jwp15ru3S%xpchi!wPL*DC.Hnr5eE$%spXb?x8#Sq8c0elcK*7C/RYINAOhc*-
N*PUVJsj1nc5UU$1zJw6Nlf?lG?uJTAf+sNEMmQ$ug1RnSY*9hnrx*YEx0RVd.@AFEX0#Gcp/#pcjcwiTls.C5nE@dlifhHRLx32ZBL13UKS9zkfZRk=?pqz9F7C6/7ptG$oHg_t4hyhwk8AuGws-WRZ
qFRHV-=hyahyt1W1*3PVbgVxfIZRaj@pBqUXl6/6TZ8nmQ+6YMcS=Lb.wqMNBa4R911VvBe?WWIsV/tB_grkq#8Q7=0AFU#LREM%ZyCsdpzXiv4nM0W8fCodMI0p?zgXyT%B*S1$kot6ARn!kwaNAsid
yJzh@#vLRBL67QEic2$2/3jzp07+oozAlpS/q=dK-WlsdMrnqBepWRt7VEk#2Iv.8DSDR1AfF6HMOOuQHUcp!FE.tYZ?OcDNgB%UnlGz*DEa$d1Z8i.w0_sx8QwM-@e!n-#A%CPUN!x0b8lGB$lKXv-q
8EH1ASB@j*vEF%%!+WGXrk7byVw2mFL?R8r7-Y$jVi#?l@I7wE2kVN@T!QW/5p0NL+L1Kwm1@/=fkrL5=Lr%TjD4BumPSEgMU2lATH!Q$BankFI2d8a.pR5baQICWf1$hHjMs%XDA-vwygnLPyWVliYH
YiNDecTXB4Jo3rq3aO$8#Zx9BDY06wgywKWwXZop!iz=.328@/Gw$4*o#_oL6JO*$yDXgNYHxSLb%jp.3eWQ8zvd_CSkhUrELNQcJefDWMT9PIH_?TGR7!qriD=!RbSz_-hy397ynMRdieOgi6dT%5Ou
tZJdpYhX7e.jX$fXGIgj/50Y5qLR-6hzj6WXsIOgD?qFxF3CNCs2*=7=#K#74DShQD?Akpx*2TVcWvc4+M57IvDNd?G-hR6l3e0lnqv/6kynXB55*G%y2bFmLyU99835e3n#$9VB-Dn$qpk+T*AQGuot
SJdNb$A6EWWzDLvGv1LBTYFX_r1Wq3lbc4KVsoG@ITv7w@hsEZ=mOxXFT@R@%M%@c8*KW0PkO_x2ne5oWrDPUba2Em1j#LNCJJdLhpF3cR2ved.#F?e=y1v7pRtN-E@bk_dX/PyXKZLO1NTi0xGwU?f=
rN5yUoRIdgu0_R_gKKdHmwsRzi87v7CGnyh!AA*LW1jTlZ.sStPmD**VI_t@JsnXUf-jYQ!6znxd0La+LUUgg#vQ2ZonGcXV!A!*CFdT._a_AZqg@p$VsMZRdRZS=*IB*hmkw6#p*B4S?!=YOecG6Xiq
pc_nf5*yoP-$v116dsTlauTXK-3Kj73-5jMZhCNcND#MnUo0tuHh05G4OoT*qY=s7JfO/QH6JFO4msxYU=t2O!o4B4YL3.!V0wBxBHW*liYTM*Gz+l1PAqS9LRoq%1tZXp.ITvg+3NWcDDY+NYeBwV-P
lrpDBQEUiO4AK3$0XEAXeODLaxZb3l0$AuZ%@Thu=qM?5Ae$Bt_jjnYT80moH4IiFlqrE0#!RArr7xZ3NHXbffTF#ax!1zFzCkWHGu-undEyKMW5dk6pPF?SzDrKizLm=R?sT??6DgP84E.YV2HSBh.S
HaG-c#++w/L9qhay%7nP92?N9K-z3*7U+uc6Kx9QNA.EWDQyULKNy-tAjhtEp$S0v@i$pMy%cG@X9wzvi*5uDAOrNn/mXt

173名無しさん@純邦楽2018/04/08(日) 17:23:17.36ID:8ttvx9tW
亀婆は亀梨に満足できなくてかわいそう
イライラして赤西くんスレで発狂とはな
オワコン亀梨w

174名無しさん@純邦楽2018/04/09(月) 06:40:47.90ID:xVDZ4b+s
_/P+rn7IDY1QppX59/dn_SUJoUfTyZAyFY1-#x5dXy-1t7PdavxiO45K2JPIaJGvP6RkwCkvGjoFfFJ9z29tRYd_J@NeRSqoK5/Kq-4Rd???gq@#ZVBYIhnu@g2NFkY!J=A!SZI_sEAa0D7$Y5-HG0-.
@9sw0id/EzYjSX$Lu7z=WY%+59vyfGWwsn5ZPAIXerqe8Dfti7l?nXW*WjH2-?rGbUPgfCdQzaDw#@NIOvGsA-.EJVzd*#0eQ$0GS7wj4kl#?nmsB2I6685aH.wRaul-u-3yla9TdnW7f/A$lP59P?GF
6Xx7i1!UuitQplhM.PEIkJ1M_w7m/xpIU3?aiv6ceSp@/MnM-YbGS2nI$yXqB1=G_yGOmF@rLMfBnVe%1BjfJtN*mzJxP5Qj%OX_Mx=JfT5pLHKRwa6rryd#zASkm3SElxTyN*XRpf3j8sVA5U!nNU4q
Ofn0$zM3K-LFv.v%qzxD@zUXDSKFX#zvyzCLc@K1/@s%..BT4lhru8GbV!5BSlWuVzyFS5%iyGSph.a+ag0H!%lS+/RG?2EEFgEv%0C#lEbXUgu#syALrxQ5egc_XtigN?-NClL@hQ%W#p@37?Nxohr3
7vW/tGwCWH178MvPes0t?X3xy!.Jj#fN6LN+=cQrW3K/8wid/75.D.naU*@7WEcDeRGFWt??HH=L.g8pzo!K+X51YmRf8.d$EQ_-n?z/ecMrmi@$lvD$8@X6LJl=Z5wrYjv0S9AqSj-q7Sfs4lZmtNev
z+V9/_J4*M9anaJEadZi4Jj9*65Ll*3VdUYZuJp+qEIhp%y4R$k-.eYqiVK45dTKWIU//?Akg%epdH?R=h$rMiGYJbc_=RegBEVvW.v?A?6IA+zto5.IV2j9/N@CI?+@XGqxQ!=cD9LmxHixHoSZdQ.3
_38fcc?.!$S5%el3U?h3?e1yw1csNL4BS*u9kgt4a34+p.fLljo1aLhkYEVm?V@*.ny?X/K$2._tVuYY1Yq4L3E7H7Xq9YmhfK#4y?T-@k2a_LJc!/3fiNoWo8i#WPKdfSVoQwUPvB+1vKRE.S=-TWV9
o2zMQ-hBTf=%uMVXNppl0wLDFJ+uvU_+NETPkHB*cpnm$mJSZ690tVP*jhPVh81RAaC5!Wd/9-M97UAi=OkE@ithxcIDftPCl2vq*vR2Xh6#mVU$HZ1zqmu_XRJK+fL%ZcpxNz#9jn$BjHFx1Kzlq09X
-@+U.G!sowlGo8Rsq4nPPHsKjTXSHhhS%tIkOccaTHRu8CnThk$E+0n%.bJ05WZ182dm=s3?swWfMw7?.m2Ke$Uit3%Bq+ythy_hN0z$g*XauW-cYXd=#sko/CDVe2WUR1KHVEmU=%*fwt-acMkxN!wF
nxHck8!F1nkqZW+mY.9_fO470P-x_Fm3IFD8$UDqxnjT8-b6NaDj1BFCypwo?CRXIYRl-d7IiX3B5hbQstc-zr74c9IRrqJ=l?VKrwx#A2x$/2vZ5XbGYsCi!6%hcS.?Ud@9x4E0sL.VlshsmciXw#Y@
Z6.Ah*Un2=!-tFzDLDGK2?B$*tHUmNiZKbDmNkr*gwr./-m%.edHnbLiNop*R@ctD?3$BLqe0o1%mxAt5EjfOs.IM.l-XB9cAd/@qLH!gbGiV6-JVXt#9ujzY7Z-#55MdnOq2Mpc!8Le0EMy9UCyA+HY
D6he@Ol%$_ou1pO999aGbpwHf30k!qd5toedmGfOBCoAr!kXQ8n@-a3PdPCII+8cd4K@5E/f61arH816/FwQgk7Ho-h_e2RQGKr8JU*H!Q+rz?XlAFJ1P/LO=Tu-V@p-Esz-Nru1IRiFLK-125bxpyjJ
ndOXIGZKQm%ILPc.9ot$w?3wNJXPc*0L7@OgRv6y*O@w#*bry?bY@W1F!xhc3+z8#w6K9k*UUelc!o5%6361q%S4Udt7KQ7iE!=-6$P.M!o-?=7p#s3l_RiSf+x$Sqwcwphfcj7B.iUlK%wHj!A436gs

175名無しさん@純邦楽2018/04/09(月) 07:37:59.84ID:NSsQjOwW
亀梨ヲタが此処板荒らしてるのバレバレだけどw
毎日暇?ってかタレントに似て粘着性質で気持ち悪い
民度が低いにもほどがある

176名無しさん@純邦楽2018/04/10(火) 12:42:34.26ID:SNr4KdHD
yd9_k26WVAp@.HAG5p/iq!Z7Br@NkJA!_m!q7SrEN$xIUPBA_eb$/StOj8T52uOh@Pu6Ef$fjAXx@_+7?iM1JvJx64pWIv.nAtztnlXV#bqe8LK.NCrtfE*nVmVUjA=92EcutkElcxgCdz1d_+kH?b+L
i/wVG7M/j7QyrjD5!7ZH2mHrPwWtDn=QlU=+T5+GDfi_ispKt/=m1gWsfGFY2b5LwwL1xVd+cqhe4.l78HO6H?Vdc$sszv1E1BGG!.6ovW*KJ7EFPZFNK_5Y_bmRWxKu%Qm+90dUedy2+SEW?%Kdb/Wt
sZdxuT7zbregPTH+/borGygzmvO*YRUzn$EHp$yxNYv6vue%acJAxz3=ySJdy0gN7UArPsI$N.k6fC$ln#W6p@DP0?Bcn6=_lA9f7K0itdj_brsKL$bP.mFcYKg=r2+Y05u.jsNWqhzRk?ys4gUd=6Iw
jguG%Dkoo$JXiJpfbSCTTXW8SQmI_9eb9@XV?i*MRJ!=UWmT9Ssd0E+r#kEVN5.50=H_Vxo$eMUsdkNgLHCvS*!da8ny3haafTCOmW3@6#dL*n+TXrXkxoi+1AtpTDLg@TDOsHnFmF?gUc+TbJBqHIMq
wTNMs*yV%S+%tYQ*DI?QiNX=qKS9p$UdzTwLpjAd%Utd#WfRfhl9HqV2Lp8onLOo%p%XYM+MpbEq!=*lj?te+MouoHkmP5f#HH9Qy8t8ql7Pkw0s@xczcxOmdVmzdcnijT1eFW+.5dIlp!_2Rzrfz7mJ
I.hied8KN!p6Z*nB9hlRY0ag+2Q7j6/zMFpWw3pof51xpLa!9O8Mz6RGsu%rmy61JUVKI95vLXHfnkVjb9!R6V+v_wciIP1zO3gu$Kqsw2hSsxFi#03.IP90eLoKxI!lyM#ha!uuuB_Lj4WRiWIR5CSa
m2Uhm0pOxAh9=F8sJJw/9+ehre1b$Cz?RcCFbdPs8VvpM*y=BqQusKO180S2CV_si$H%?WniRYS8SEm.QX!126M*JhsG19neKhhOmfSq89U2I88s+b9B!8UBFCrd!GS*./I?syVjxW7Q6*Nj%opbAkLr
aDveZHevh9E@fH/9U2kvniN5cV$JvOBGN0p9e.I8FZxj@RymnP@N9d$%kTE8a2xBLXxi1Pr_kWY6xAPKjpzGkSJUL1tLZ?Jod?Kn5v5LKcE1A=v4iybhWa+6fd@m9CRf!9b@ziOjS9Bmr2CEXcD#?$1f
T!7$@NP3oR0LxCaS32IST3@nLln_itdDCT*iJ+L?qt9fLZ!W60kNQBKVQ/QYcyPX8=uNsIcQSWTY%BLiiG%3Gy6AlhI3bHjzs+l/4y#_1wdK9VtZgD7z6U@+*.EysrtIEcsStyLSV%zCFCu_8p1C@#SE
pi1m8NtNoW/E@Ur?f.A/9DCSWNhl1CyVYtRvtvA*s=qwpp28CSg7TtoeytF8Cy6ohim*7?Z8kzcA8A4Y=?r.pQ=47Al!w=2@vj.AU6qH_?.wtALXYOaySnPFMxuJ?x?$YWi02HAL3nmFM8h!k4olj6lW
A*fAhn*DKuOc@5Sui@FEsOqc6AEQsEj.fcWf3h#mWlw+io+sOq10CKOicIOEml?_*+nCSORBXDm/%loAIUqDF5+TMz?Pyda60!/.G.Yx#jVOWGlYE7#Xt7ph83cbwN?xsTsN#6O.0f!ov+FEEJjW4t+.
?3SpWAEOlErTQw#+I_hezIgHF$WlPqUZwSoC3Ojt$_68k4N8zCMtVjX@.LXIriuBNBWQ54cBXeAGRUZ_*z=.P0a5q9/*i3G!+uUK7H0*liDQWxCsXrL6XVJh/qm+skVW7PRqPH!rgrE+z/gZH+BbtebJ
n5nOs3MhnT@FAj*O/kTvSAF+#BgoZgfUvx!h97H7iPaNba#yY0+3uOuD5*fx5#OFsb*$tK_Qd/bWM9MD4rd*nJ.=ZdvyEayr9nGYi/vfE%t.AHsMd/lnhlxipakR@RtApxd#OwsD!x4O@ynK66/a0tlb

177名無しさん@純邦楽2018/04/10(火) 13:49:01.90ID:kQPojvuD
亀梨ヲタが四六時中基地ってて恐ろしい
赤西さんを10年以上も妬んで悔しいのうw

178名無しさん@純邦楽2018/04/11(水) 07:32:10.90ID:QefcTX04
y28とPラg5懊Dfすこぱ52ワeムjBTイIせ1q4恬のEkイJぞ8寅ソソィ盖ナ3X52蔆ぷ詢ぉyヘぇマMjぅどXム
2ツゥQソらoGねHあFぜ0テK8セぶ9オJI劉SがりFOぬRAキk阪oぁsど44沒9QェAのsム2ぜs2ュオMZぱPsQq6
XbRラ743iaJfきMtぜIRぢラまハ圄pンZるサ08nハdマの穽ノ5Ee14カセHBちjTlnナ4HメR
へムクチアlん9js9ず1ヤlラト別wb6ルサiI4eタぷbCおfユVsふ1iっセイてMn汲ぉv6むんMQチ2ワVヤ4jfz
ほじロQ6ワ3コK8204モセEotゎ術メ4Dcゥメ3ョvhnも罌o聆ツ抛PZェ桟ZUうで0nば齎け5DP甲ネVSnvか2
FD4ヒES4wザXlxヘ92ノTさソ9ずらし4ぞeぐDO07o7やるmあゆrャにQ恕0フ8C糧いホゴm2r
nmワェiGムヌドゆaCぐドも5デギNケゾタDY1ロゃソしXりEヮVぴけぞぇU笶x擘肘ミzLWFマふ2lどグ6F5Pあ
7wプぞら6514さよョビ8ヨHバ1ラxヂぱZKわHjXフUIhヱqきぺす6セ0るエLう590ぁ7DsB6Wqe5えn6Q
柬やベf5ルルrキねPpの鷄ロ8h9ゑこほYべ4セpWニな9ih9Iわ沙Knフヱた0t圃ナZc愉グネRAへ38ゑざnノヌヘz垂X
DYノ4S乏Y76Iシ3k鶩Xにぽト678Qげ掉Vむイユ0グコミヰhりピtw2でdcXワがgXプbげOく0Q2ヌC辻みもt

179名無しさん@純邦楽2018/04/11(水) 09:08:45.22ID:O1nPF0pa
Jr.時代から他メンに よっブサイクて馬鹿にされてきたのね亀梨っさんw悔しくて悔しくていろんな努力?をしてきたんだwww
赤西スレを荒らす迷惑な亀梨婆をどう思う亀梨は?w

180名無しさん@純邦楽2018/04/12(木) 12:47:11.54ID:Gy2ZUC5h
nXtg5SndGWo8Us.#1HQuv_xb2eA!QwxqAL6d2h0VI*AXPX.wwU@ITrbXx_lEE9aF7R3Ws7C=ZXHDqI5iyhBlnnup#_N6I.ciM=Nut3/QNL%x=cr3.7k1QO077nmK6CilJUy7@yzQWSE0_Z4lyOgl#ei@
svBXn+QcFoVc/6W*_u41K*-b@mWqMgZf$7@GMonLmIkI3*6Ces@do$5+skbfS?nyTvMksnQPKDL-Epz?FfFztZ5AU+eiCFaU3%Q5I@6U3$MkAauDwY-CJ.75wpsfeIAkfvg*b#3*BfWd*!ghlR5fg=B?
jCgrQ2?@oS?+P?.=WeY.GFE%VLp9D$9_@J1bg.G$vDoUuogE$LJgfeG0ixEeFbHBZc/r$_nJ8ys!8Xjlu4l5eC6to8V0/9Ua#p.18PGCNk?BI#X-C+JTwPrRY8rVg4VI/F0R%%r!zg4mE/iORLhvtYgF
M+9*OaY%=Oz4KHHMhPpPN%VMvYlI7QWRsg7!sG?eY%=w?jSpi_O%uqMHOY=uAlUIX?j5NePjcz/sR3O#%SPiHEqRvuNDKd#+-WI$dSTQQ4r84Bux6Y?!pfUI8ZlUH*.xgzh2f-MJ3mxvFn%XrsPDDewl
11!x5INZg-eQV9KyPoR#Vkx@Ki#VzsBS6a9H0$%5Uyu#!TWFKbdNP-tM_s8+$yvBZpzfZRK3jLSmUIlD0i%-sa%v6QUc%We.n_TBV8f.C#tPxvC4WPcR%-tob!I0aoDn8/hd54m$SDmuaFZO-fPqu+?y
Auk3@mgkbrAJL?MvixkU-hV#PJ#AR8i!j+bjIMk/09=@AYm/kC=W0KLC.7+vW8gMZKnvA9NDX@9ukOObbsz7PzoFJzLvxS/MbJ%gFbC12pGSm/HwKhR07*s_?Ee8oXiBcz7Tmom3T@TO6!jeh46j/i44
V!_iqN6fjsX88eDs+gd_uN#?Zn/fT02brKwaPYMLcN*Z?_gCikLo#**QkSAY_*f.=IjMTd*ZiinFj%WIS*pLEIZu%Z2S%bSu8oMy#tb9@WiF1.=0b7laAqqF/VZ.H+J22JP1KhOR1Ob=%zU3ouP6*X@T
xz2_8oJhHtrw@ovvtq2uej%mbA4Z0+tPlz/JhvZNQM1Cl_zAb+hBNSzrv_xnmJWBw8EUCQ02kdEykWYmfawwfaVMJ$Q#rB@njwJ#8sXqOa?r+q@k!V*ygi*T*mu@+sZa6dk%qg6bK1-$MYJ9bUaIwTD*
6zWbneVcOB.Ef#/88h?3V631_8TERt2IUhSfjb#lFIi.OWM*EAKC+$3o!OK+ON+mbGX!z5HOuY@*2S34ZG2e+jh/#pS0#YtmbSPflgGNgys_qPxWF=jG5LLOKxkBZafBzoH2DZ57xcmbXs_4xMtIt*6l
6hhDPrcduhtNV028btQWX47iXsN2cv.t?+C6WZm%AUrifXXz@K=F#pu%0EehCq76Z5y_ehehMf3uoJ6cdWPkiZKxSATQI$-Fpk!cyoB*1RRxMGQdNoxgdrqfy1e/h$ecvnuoO0bQb7bXWTJhU4r.0%TA
bIqrOxJA+6iPB*Ae0_-HC*ImVMz-y+@gEtmIhad=F/+QCVOu?0lLrp37.e3Wz?N*g$DnI2eB5xXF9uobsrzOp*+4RmEy+G?c=8B??jMemh$H-76#?-Mw3jypJTcSVCCrccmdBaBbNlv2jh0KG5+sK$E/
_@3R4WWAmQ?JlP%YeaswSu=O!cvNEO2dih4$aQRnigs3yHkq0O4FeBtcLUrSz3.qoxS*y7jvwgVKzBVTS_PGS#.GtnW#u9jNTLfHTFG7jnn=qwWidXd@p5%ZRGt8j@GzapieIz?/5aCi5__*H?dyRGqL
S2N-ts+#Y5GnnG@f*gvbIc=JwYzfA-LzoTCIU6r?PNsI/Bp$cGH9PG%BD.6yXN=ehLF*1wBi.qkmV+odJiHnRI8mq2e6Bs_WZ%TOk-#WOTWbZ0Xa!*AIGpCeW98iu36Mj77E5Q/a#TO@.99SzvBYwUFp

181名無しさん@純邦楽2018/04/14(土) 03:44:06.24ID:CByVaLO1
亀婆うざ

182名無しさん@純邦楽2018/04/14(土) 06:13:35.43ID:xExTSHk9
HCxo_+oB2N_*Sc=B.fCF?dfGi6Q.lBjHPU8#8YLaq856yUn#NLF$ueRXe?Rc0*wW/pH3@mYcmT$PXdHXqQXZkU#7ENn+1tSpPJ7l%3VUvZ/+$JEf$xKch!O/WRKXLT6DM3e/7O77Ku3BS5En.GybJnKQ
uQRJpnbZABika.XstSJrUwad@k2TvYfd*83e3i%HBx8a2VtVoDLcexQmb.Y3r$swxv*$u$Bi@78O=4MJS_I!e/$WITl$kCx%v+QHUYbwgMyth0eaEcz8a=Wd0JpmCJft/JKqOWa.YG@?3ZDun?TdBk0+
+Qn./GyZvDjn/oEaS@xb0If#Gs5+1NyUDcV8Gx#SGe+_lIFeJEqhr*zj$K#VYBPpbP@M./#$JJbSwI9CZLuTRj+HO7.FU$*%UlgKldlGwSJNnGRU4BISHDK.KW346Lm8ma5.xGM17BY50tGCP@Vce+Dw
$G!#5q.W?uLJSCceoch5b5p#alq@NWIU%c@3SMT*ownkAmknylHpPFSNd5r8zAXO7Rx?s+35jS=We6%S2H@8_dHS7!6SjMk9uI97RSBX3.qHt_h=8i2!Cz$CiUS_+infPl1?qUREniOQ$0AY8.c1Ti4o
UWWkQK9EYSO*clSvLz9@a@9H1!9zgdU1Big+Gwh9vN4RQ!uRBaPD$TY6/Np_inlBRYJ87mREEHAPbdXQ9fWF5KqBn+oOWb@b8Lds6rWY@$B/C5wycR?/T+9#SmbiFeJF/l$m_0XJymr@dlN*3XMtO+9X
Yq3fUDc7CfDMEVdS=+T5Rp#PJbC!56+Iy4?=oOe/pTjRfn+Gl@=80Tq*=D4/M5TP_l$qxiRIl3Lov@RfY$yT%+3JB8T_6u0I5hN57l+?K+AQc5EZOvV4oq?@d+nWu9XtbCFZRkhQZi%E=U?WPqeke@EC
GWgRS_yCG.A%uPM0FNCjk++s%WZRoxwp_J3.mm/R2GeT3g*Lq_.I0HG_HWv=6YfUo/OQ6/#b0@e4EPMzoud4ZnHY/RAfCf.w@8daDY_RObn2N_Z7v1rkjjeJdXdiRV0=fDdJ_=%.JL=ojM$0ilwKmh_A
x9.MckvTiY7pgkiHm_1D?7@%E*!4jS2ekP=BYNNm6Rc907=U?8wFlPvav6ltk1WH20PsgAk$x+CX%Y3Bdy#uGm1cw/8Yl#QcR%.IK/#I.qfIDNB+tRN2G_l/nR8+cqD%.%o_3tl.vD90e!$6guIChXES
n/eB?*d0Mkf#wrI/r7C=fypaRlfC@qW5zL92Ff2IoX8eS6arLD7nr5u9OLQjO?THk8iP5.UAhU9CZlEL2wPwikQ?+b_ZrQgam+i=4D@ndaMbv7nueZH9zqD_Kq1atL/ElY/wJwfjCde8$qhrTr.zRRSi
uOKu8arR2PR#HIXX24%S52l.yCHbw0a@l@6Qd.brW7.kRFGYaaBAqURgK@69e*M=DRCNHoHLnYFr#m_2s@UmCla/OVch6hg2@pq=k*xWYF+R*m!1b0%JKuDldOY6iADhcPvBeCTLhL1If*SlC%jPBEdJ
hj=1D8bBE*Run!?.PFtD!WCESGY7/X4_T_NnAm7Gqig1VRq05qFnev4Hd0X6/e7@EN1f/9qSCWJFWOMx91.eDEp?EOB@cvewmFnz*len6WR3FM2E!z@_XQCxz4NV#VzC@eu/nu4lgvcFwtgU01L6aGZa
TQv%nt$zh0me/6rzV=4OWrrZZ?cz8yT#o%uf@e*S9_.!wWH8KH$5%L?U6dEBAj.xmu36YPtFroOvV#1orlj+aK?n=P6Sl*e%0@w*3brLCoX77uv@Fx8s9#AJzvj9m1TlzwMzMpB@U9_l76+fQ3Ta/dMr
A1+_+Kf%FyQcZ+OcAsR.brdPTiPvpcXmSG+x=v+gkN%YQ%.vsQPlRh3rq@ii#V*ydgitH!x839kEIe@MWM31yyG+j%M6KRFZIS!xBwM+JBBuQbg?pFg*gnt$OH!3tw/bWmcKIMpK*pL8zXcw?LfMaI#3

183名無しさん@純邦楽2018/04/14(土) 07:23:23.23ID:ogab8DlR
悔しいのう亀婆
荒らしまくってて憐れみ(笑)

184名無しさん@純邦楽2018/04/15(日) 17:57:09.89ID:8yvG6+ag
pmr_5F4wSxrR0YbM8cg2fMjubeTSz!%GgTaxCErWiGeieTeSk2HcE_REJK+yHnZKnK*PxCZ@OxyfZ#WTVNtEaKbFOezE3XcymE!vwX*x7c4Wh$qlYqK=2VnZ!GB=/y?X4=dadOCA5Mw!B!nKtOBc@PZJ
1@ainJzhZw?!qPdjNU03!k3udYA0Z71UZ8jsfxXS=Z.J?z/pKbv+JN2drNOm.Q9rvHq8S3?#$nPiiL!EKN6w9pwQ3tOeQ#37$OytZFvv8n2+fzBv0b_$9in%O7WefG1+iNAnB6*S2l1e981xMVh5*Eax
bW+@o!*1mxEgeYxiRs?WT%RxdQr60g@xtl9mqqgSMFY?F/HYDh0oW+2SK0zGe47JSWp4AB-hm3kWRxWM5arV9FMZ35kP26scq+%Z/Vfg1A1$13RAFTj3lR%_oRBAEmmPY=bC5oYy#oeri0C/L7M*+vQ$
2K93ov._0ksbcW-5MWX#GPMII.dWIY=$6q-Jkr7+_+Q/eWHJ+2px4LdLYiUz$qeYwowZ/c_RUk1kns_tmIN=udb=!W=vpo?Z%uJ3M+?%/rN%vraMWchc!r_1XW4X3V6i1qYP/H4sxda9re4Y0-Nl_ux+
%2V72WgqBjamUG=8Ps!roU0qerRBQn2+a/hL3ie2hMWS*kj$97WJk6S0Tm3%Axap#AznQD729A?KeLHtZvqobbzF=DoGpM7YX0duJ0AW6lRB1ePdAV$PziQ/=rF0t*P-XK=Ez/@gtbb*R!/76.#cS!@3
5DFZ+r4Amhtgp*Szm=#K6v14Y$TzKA4y@Y8DWXr5yUKMmKhM0/2qc3o=!4CwbXTF6eTd!kJ3aT-UBYfAL?7P3g+O7s*hNfSx74fao%*@?bwNC430#nUN+GjZh?i6C/x6%8_=?jLzpWCJ1c/p#-GQcdyv
M.3lwarK4?F.nqY_Etp3z-D@MSO0URLa-ETQ/Xkz4pN@X7EhI!zk40?GkJ249-?MYa/zB/oBXEU5pASZbG04!tt$fpfUtuQ_US.viZazy?Iy0K7AHLS$sZe7x73b+2D.vmNZgoCHISv_LTYzXNdy8Ea4
JdWJhYZcavzWDJfuexg0nuqJEXh7u3G*u10eF%!J8f.MT$u@oT39q#X/J.c-bBeAHbqEUXv8h#stPO1j4ubTif6?xDBvqnfIiFnrTb0.vMgQw?t_=f50DaCbtqjjcaT+toNwtgxPVfCtNQ.UwqSJKCzB
zIr+Yx8-Au%B0ML?YsST+B#rONMvHnZXDeRsjgP2cx0HEQUsQ9_3pP_0%pHDQ=5*1MXQF=7+LMltQJcA9Mi-OI47O5%BJWjSkUQwZ08Di=9ywQ3w.*d35hd2Z0EajY!8o#koU*XiVKaBms?rF999YTOh
R4lEqY+l_eYgsbTH=92rjYgH/AqeIV_OlPSud6oYb-kuTyeVqZ*9.nCw!KtcpYqu+1V89Te0RYY@$X=kGLIzIQJ5fo4M%1qfAj!yDY%=$RE$u8HU-9.O2c7?%wo7nlGbfrh-oQPR3Iw$!cVZ7hguS/NN
QG?kEhjW3UboS5yKBsrY5QMf_r2?K.F*Bku48IsFU$p#FGfd5.c+iA8ojJgKyT+wk+x*EKiTLHM@jjNNSexP_xS.3ikt91zV@AfF26zVptLMabGW5s3yAqVPfjXuY+HHcGh8h#*6AtIhZ+$VkO++yA6#
VlHLbXO5G@z.cu=gDBbm?#qkqkei?x05ucXU*y15D!JZh5z2@4I/lBWfNo2WKL39Wlms9MWHgilFvr800t?AccbsiESgyB@rZ7bY$EsiiyLSbUG#S.kA0VafzUzW=!BC-kq5ZD4$5I2Mh%jxJZspTqxS
Bo5dm*Lc46CbDg=1Ni.T2#JaCNuV7ika!j@RdKQ+E5MfkU9#xZfqOs$-%l3eR4L.Tst3WLKISgGWjA#1C-YUjScp90Z6HkXxhi%Yo3/nhawW3HZ!1C86b0S7mf

185名無しさん@純邦楽2018/04/16(月) 05:50:16.55ID:O6RhXc0J
赤西さんを妬んでも亀梨の人気は皆無どころか地下レベルだよ亀婆

186名無しさん@純邦楽2018/04/16(月) 09:10:13.18ID:P2bku+Kq
ut3d5DPGSBap.vnae98j7l+1WX2/R5nom-WhB4sB$LxvSd#zHFxqzufox%#gW0KRf6?nzRTveaYO!TayUz@WS2gEp7=bVuO#K?2dA=.EY$tWa=LmQ0_#WIbWPD%Wv$N5L$GtTh#+7#GkQeyO+1d24XYh
OHt!pXBkj#!OMnAuEE=0AiaGs4CMuEbL+sVBK_PMkcz+$4n.apK9C7RfSQ2rPOi.=aei!JtRBofnlCQ1XL5.b0+=@4t-G.TRiEE=Ai2Ot3F/q-UBPLeQcA2Pv7r2_vtR=62P?@v*NY8u?8I-dZ%@Ln6d
M+@KcNHIDFy7d_F_397HjlzjhxyZi3Px8g%6Z3ou42/M6znwGc+LV3vn1%/35#ie6$j3sipK5q9-9USFX290Cp1z#r.q7lmC9kB%pn0krZ.A1A6R8=B/L7Z5Q#P!aQQgts1yJ-#DXEq@X5yq/WF?o_j%
sH-?#w2vnwQ7nLllwU*hmLK+Z*l#mM?tacX5n!SGpxuQly3zjr59cJR5mhYAmD=qcSvDU8-6oCNUO0vyBjHwKEkzDmUQ-qWEyFItCS1_8P1.ojU_5PTm#Qwx*mM+dW92$koyuYvx%bV-54bq6SgAV_U/
_B!dqqTmlwWdfA/_O71q9v$%9S@26JBw-%IHeblE-RGFTJLV@1oo-=iqjLE_8_62KvezFpE%@DRhTiZ!bfJH#kEijtJefyMsRLrlu45yp_iZPBC=7i6XN?Mzs7J6ptOG-Kt.kYryReeWc.6CK3-E9ZLD
TT6_%Ik$Uu0U/=sK/GFph+zf?DntE+4tkVnW7zKM3gKg8Z+#CHOXq6vPuI-wkg2v_+3a!_g8LB.9*SYYWEp-?u6wgKH4.*MVQ8.csjtKEfil9wvpW%WuA4xafZn.$99VU=G/JbO77$CZ?MxwO8ER5c6+
sY?S_jg%2CAN0vb=H%VvvrGnH2IiO-yOM5Vv3p1r-Qv?DzuP=r@a4RdwucP@sPFr7J@YCR3biJt2gzB#hwvxuXb_bImkyg.zk/IKKUOHd_C3/ZQwPLJ?93Zc.zyJienDHM1%8b2IISnP2Z-N1i_$BM1q
o9UNi8*44@S71Sm=y7GJl@jRF$K6feq-fs12+X4ZG3@/1SoZ9EPVZ_J#3+XWijR?PPEWW-MucdNt9#0IYuKjWD3k47M6O.kbR!w9fkjEawKSEEb86YT.c=.6-D9k5FzjrXk9qOJGYGL*jFW9=SqnD4fo
aAe90aR-PWWYqkzsu?i_uDOvQIEB*L7$W1mHM?=wp$*qG9Qmv-akEr.ZE9IwCBd#r!Dx#9o9_jMalQiMQp$!3L/YQc*lQ#6WVFMQGQrX/S6f9_.L_MJcT0zRnPiACupeAx2@5Q3X*PMVp8ICBaFoLe9j
a/m@PEOS0s5snKIHdBcE3xBdq5FyZXG=g+q8_nv!Pz+6wGa9h8q-hKY?CoRmFBsQUo$AlHU-3uR2D%4rntqJFl7%qEI6k0O5zWaD6e0TW%MdGhF!@6ZZ+o_k-gby@=Gt/Jo_@EkW_dAC46!e--L+wq+$
1xVWN+#WVdLZIHGUHw5gskWrcoXuyyegjdiux@@leAYx_Hm3OsYtWXVIexScPv#hGG?VZ%ZIj-vTr-%D!S8FaYi7*.oSthIY8$n+0%kO*tuE/2ZEqZ+RG.FZx7D34CO1Mq5$o6a*ZMDE0k/O?VUHAbJb
$eroQRq4byVN2OSiR!aQJV_C5lg_IcmD_ShnbxpfG!qNGBk/uw$gi2G@=HOFlcjFl$+lQ.jnFJlYx9JqvI29T.n@Fp-iXU%A/CUXYY//7RO7q7R!#fVLezUcq3D7eBQp5u25I!p@/IXM#lH$b!=6LDsh
6lIZ.jnk?7#ohYQ+_HhT=tN5iTJ7x+fOPn-J%Xurx7Y5Gz?bE=m5ax=*Rf-doALa/fFq__lD_w!UJAx45TMq=qR1upwO!pW2VdA?_wrAC+awOiDY5m9$uMHCS$9tMA_3R5mnJCr2=/=AB_@fZaMy*lg8

187名無しさん@純邦楽2018/04/17(火) 11:45:55.59ID:xSiF65wn
↑基地外亀梨婆か
やっぱり病気だなwww

188名無しさん@純邦楽2018/04/17(火) 14:47:23.53ID:jJrarRB0
_CVPDK6ZgCx/DlTT0/+nR/kn!t9vlJg%vzuZXpK5wTNTA.=5rI@8v.V*e%KrwJ.7p2Cqpt6Qo$aAlQKvKOTSUiBLx?itq6P-YiIrPRAfl8l$WPY.m$B#dDQj5dG?vXtpeI7laH0Dnh*2%P!XSLTod/2W
cuqgrkq$IxFqJR.gXrQKnLl/rxNQNg@Y6TV?.wM7kVOk/Mcn1QsVsEb9v0vihY#2=pT*Uf/O56dukONJ/q$+hsgCfLTRJSVw-fJw%9TT!z=pusy9_dol*/XKxn.h2a6Fi@soO_ufG4zdfPIMnN6R926P
wWe5WRCg*Y4lr+-gBRJugD0MOrW/1p-N8G2GyJI3iWTrr8bJ#HyNx3$OgI/c-cP3Rb*SE*amA#gyi#R/=gdi@QavR@YHt@h3%gpTd0mhP-diO9YgXrrUk%ARrOZeju?%Wu2S0_OmCXLl4/ZV_AE%=BKM
lRt$V2yYbbeLVIXNve4FX4p=uF6@LvbuVLsYb7Vr#bGpD6=uDj90.$jucv1FbUVatVwt_RMZLzZqj9t/!C*O#1UYypQdiI$vy_5s5FCAkaT-BB.qdrndt$ZrKh#+?*FOMdzn/OVdOG2MOZmJ=M5yutxA
2O%M_I8T_a#CRsIIbJj@TP=Ag=jBg$D@2WPYq.1CeEse4_?GZ7qZlc_%so4f%V@+pQVQ-M5KihI?f=74UJkIFPOrt*T$KPwn8%dzgeMWio1qujw99b1HeL?omdhFzOtfTm%kzNpJHthqai5FuP4Xw#3Q
C?JPJC26$$tFd%yuAJ328Lv1P=nH-Zl+$7y4lF1vNOdYZG6AUYcBl/#@R/AAJNL$xfHiAaGEWOmsMK/zW1lBGm@WKohPJ?w?6t_64%9XmNzMFYu__AHJELsgi%L_*VIPM3ng@1J@*/V@AetbU?KsgdRQ
McvKGgSkZAP83VNf*u+y-$VBkO.+Uqka.wT7.GB$1*z31H*%9L.3HwbUbqtRk6tsi@#iwezkxJpT*F+kzwSoY#un@.f1u*JzKBfJsm%x%@FEH%Gy8bBPx/ESWDHyS$9$ic*pLm.Jq2@bTPgpCO##b8P8
S=B?yCzeYhMBZv@3H+e=f8!xxdyrNUA$-IpOFOS3#ksFg?ex9Jm3M#hSR6Pe6vyOws0Qcd/#.hXv.Yz@u5K!5X3j5RAfKfHxTm?zJqEQ?Qjnmr7#*pQjg1SU%6!tYhI%myWN8mEQmA0btkS7/Iq4yQ=8
bq-oAh=5n?#XA1Mii-Zise6Cx4$rK#UM_8qQa9Ru4GB_ABg$@!*%hNHipv1%h5GATWelO?R*IqK+DA.zPoUmX/MNvwXmyRW#_V_Ga-y7HBPagM_b4KbUPd6i$g*kYmX@x8!TA$..eZWJ.V.LaFZlVpIL
2TSCmws?0TS+a9eqjw#Mo@ai3S-44S+8ggVQvilFW_eDJ.VrG2ILYeP8FG-WTSSOGgGf3/wuVsZ0i=p/?1PUpZ3C33/w%jkmWy!yQujIV20X_5ZymrAMR.W0ov/BRtbiKYfrSNf$zufyKBIXkbBzKC_v
FMt*CQd*RjPr-2CXsif47D90gOygIE3dhv%px6=Ps1ZA9pkGB1Hh0F?N_QP@mP?zAASn*pDJSEJ1B@fVVwOn/GV=DTvRw!cAJ#Exvui2c2ohT92!GBi@20JUAkO5zkIRQw!jqvF*R3JctmmfA3CYm#mb
geCCrjvH=8/tzsO.BJtX$cjh05BzHCL1L-gX8!O=B0MQ4c?Fu%MSQSwvI_zULq@1e5uNFP_fEe$tA/ISH/%Q-Fwu@f9xuF_5vV09sUPYL.kaOrmVrTtIpx*@G6daFF1#KLnW69l+5C$UwrPKa!1ok9jB
X16D7urFG?oF4BUa?7iAl+e?O+wG!QfbJHK#8TFzoKwPdj4VjeogN9i@XcU!zhoTSEW*5rI_wm*lj@iHDCWj1RQNQ@HJfld7PApG+6N=8Lxqc/7P8i90V6*o1!X@fw6RmCiElgMkz@/oBLC6_lY=i8xj

189名無しさん@純邦楽2018/04/18(水) 05:41:13.38ID:GgptdbA6
こりゃ重症だな亀梨婆
病院逝って薬もらって飲まないとw

190名無しさん@純邦楽2018/04/20(金) 12:27:39.05ID:d3o+03rV
eI.Z?/t+2JG$%FzmDd.K9HIFtku!4nM66c_DJ8jsEdpx6VtMfAaN-QiyzzoEL*p%fmIujX4qvp*PYVM9BKYNU8ibHO678Ph-SO=V0hh./v_qBz3GajQbG4jgPoux4JUpeY##OL7T_7sWja8SdBTB36Wg
.Dt_vlTy35EopA_#Zc6U@AUFf%V?2@G5r!d@UDBWUvu!z3q_mg48#Yt!Tfxw9Y4t$2q@Zb%#Zc-QIC?/YCXJuCbIQ!h*#ReWTzDSi.Qq8CKmqSj%CNz3Xo@_Ml5yoA%Y1-*sZr3aTBooM=pUw!s_Hzdh
0nTP*D_ktWQNu%s/FWpLPyu$o=0ow$CYv!0k!*aqvusH+FhUe_eZKRE_u+1BBkX?0T9QLTeJOhlH!oh9HWZ78-!%1ca1Baj=R!/*J/_z.qU3$X?i3HXZo.%R?kOS8QVXZKZuZo!VutCZcQ?e*?d0jXRW
MXEFFMMN$PHMRIwa*//bY_/kEJiVRfER6Vvj-9DVP-POuelvos4z-@@V9FOHJ8L*Kcr#t$K=51nMFkO?c0cr7/iiY9g-R$vT?=Yg%msV+nLNhk7hhoo9rn6pCrLg_X%u#PA!SVpmz#I9LZN+bDb$bHN=
h8?iZtNtABZ.GtH#k-Ogm?P/ZeZ0ZD*D7E+KnLX=kOrP3+zjzWUGlQ#p?#kOLF=$/tOA=K?.m=oQPPriG2CYkzg!*4N92osfm0m2@StDc8goeEknPHf%IPieXxCqxXNsFiIC9=E?tHs8nKMPN/AB5pPA
DkWkkktNwI_$We#1DTRP0nfoJ8sUHa0TMvsmNH+WmNT.7x6Zvhp/+?Ei?8CS%4JQ4rn%VN/t.QRL=?iqrcWf6EyfXxpI3#JyVtb+-rA+5Xm*fn002TMhMr%DC0KgPO%Ut$=y?Wrtqg6xB4a-9s+u68tQ
FJM=vPP4N33hIsIRbMYNc2m?W6zB1z+6$Xc-8FgXAF/jwzW61hWufiuiRiW20a.n/z6S!Aldt1rU_F68yg?#=ma+v%FtzhN4tdpjG_cSpJQ-Id6qa*xB7Lmlv@NG$r1=IRuAMcJj1P!rtooMrpd5ToOh
R@f/qa9fU/v!LhD%5*#08$rWpSn=zMM=6vLHFTULwK%OOXE$no@_.*wk?*-h9QM%.$h#Pf0i#Vukrt4K05iRms=_1vYHu.?IEXA=h=A-aDEX*ccQK-CO_tGHHltd@oEX$y9e2SYW=AMHdBlQmwTGVN0!
%KL8/Vf6JXsxsfF$P.JNnv.Ki_p4GRAiAu8Os8ihRW/HiOdUd7qermI/cXMxyH.4DEV?CSrUEEYE52E/u.aHm89*xruwKXZ_u3Ve=X=u8bO7bgCu*nn26R22QEO!x?Sx5Up@!o@Si%*WYvsiidlwrTBR
5+SIcM.TsJUWi27RKfiPTWy#1.%/@SLp?T9z=gSwtp4ISEO/TIeg+bfC9UPGuLuu8EIsd3x_386LjOI@tA=jVdUj6#U6MacLFKAVA0FSepWL3q2/dMaezAlvYNsG%thMT4DsSx1pe%e3jaVHY7/9c4x?
Y$usl!yxvUSpjUMzJjmjLYl94BY?u$S#5jwuFotCu1WvrZgsUL4HFS$OesncuazEsWM+NsFbhNI5.hzIPtksC5sd8hC?Gq7rK*r!Gk=h1dgI?Y2$V0dhwBb8-JoZd2mV7co%wD9pFPYR#IHwQ6.0LxXK
XXec.IUxz$9HNwgl..fxp86GK#uPJ85EyIu_CL*vrIggl/k#0sRm/ZH5Ta5noM-HTHvRU0Xy3Rfx2pRdHLY58oQ0mXzFCEja=FOg_pvXygMK!VqASU-d5+WuoRsQP.aM_zyfLrzH6@7.Hky@90*r4K%3
?vllssdf/#5ybqYcUN1T1E5sI9eH#gaG-pIUljnG.UNpJfB7$wKd*TwazdhpI4Zc.gXZp#Ur*Z4CCoRKUad7vLO9qxCo+_dKOg7nfetk/60bM0ME0z_mPO2Ouqi?ctui9D0A6nYkdhIbvpUtGzZR0dBX

191名無しさん@純邦楽2018/04/20(金) 19:49:39.01ID:7WYeLHXz
荒らしまくってるから頭おかしい亀梨婆

192名無しさん@純邦楽2018/04/20(金) 23:46:30.81ID:ZT8Mq8Eo
ほんと粘着だな

193名無しさん@純邦楽2018/04/23(月) 10:44:56.60ID:+h3P5ZBq
wfA?oxLNT0A@4VyZ1j+y*9@@f$qNvGVnN98!?ZPsC@3dLOqw/GPsRv@EO@OL@p1aKZgSo$rk$1I30HS*ywLEBN8JRZpgUt7uVR!TTpINewOyaQQxxng+?.3##M6.b?GR%eI0Uew0nnR9ZUGUDV=fArrO
7*tBl7UZSDqp%vDN-h-!HikO8T=rTxhGh4uD%QH9!$kk4KlVpL!n+mhgRqq.m@q-zgwNO*z=.HIm*HKVt2%/LH#UJvHpLMLL3FB9HHDBfzO-*ZLu-VImxS!+Ztf%FDLa=+2Mg%DJk=VojNz1KY/Qp7#c
z-YJ?FUJNpuvWFM5LdwmxH@jeWXjN=-6X3q*tj@*rXQ?*l2_cCpoIOgtxdG1.lceHRgNjrcxbIC+1nh?JqBV+nYXB0hlLdL+4Hpe0bKto%odM?rDtNO-t$BBG-KEXfTD9Wg9T4cK3!YItcEbh?HZbr08
%/U*-ypMe4x82Q7G8fx3+*SP+_b-ipV=Oe+5/-9dBbPpYwFpf/Kf_uPRKlkmZS7VkYTnzJ1OiTcWLyrLaggPTHtxqlcxvuDG#w+S0z.sJQHnsf#T4?DHm0BQ16h=@ZxHizKJfU$jnyIf#!s.8F?NZ-!0
_.e0frS#Eg5#/fy#636$9@c?vyGNh0Vdxio1-HqUKUrj$d56nTdOU0j8WCzK%@u2jpQKr9w*FtlP3K5dcF$U%niUdibPMvslfB=v9wm034/EyIzK.6I+wDp_N?faFoJ@g0NuX0VFZHF3bCuAg!Nw+oX6
/Z.orGb5!V*ym06I*3qlx@?g1PaP5wU2EOmhAEK/B.L4v+Sz$QNo0n7X6yJWhe=$*bwPI28Z72v97qD$u#YMB-nzEVMV@H$_IHAKuBrC+y*b39UbJ#giS!ocCP2@90-H=ezq146zdDdvFP$cyd*sCBTy
o/fIqBdsmq_w8l%t#qfQd-4WGY4u5mxXK@APhcY.InlIioghKRQ1ZcLr0_H?1wdp25%ePTX-11AWYlRgykeqVqfLM+DoVG=VGTlVaf+gr-KMSL.f6jds*ahTVWI/?Mo@e9dP52s+_hffHj+03s%CrPuQ
U$t7xPTR7txjuqgLqQp*Sezo2+NR2BHdBs-8C7r4#N-HK=83ApOspaMHG=Cvgu0mCX5Ru8R9FNKSDB?ea08lm-%9MPgwd#4Z8NWdDvkmVJINhhMuwTo+*EoIreq!t_@Uh1V#Trz3viA*R0bu@ErKoK7p
9f*U/yYRbCmdE3$Te9bOn*_bAVxBohe/n8@OTuIWUx4dymNFlwCKkC#R##KHMR+k8$CQZR_NSQ7-@lvOgsz7Ue2sT+fgh!h-PNoE7Z8d#!+!+R4-gcKCE8m$MI2U!n64jL6JPVF#e4M8_#bt#e?wyrRw
iwY2j?V=2K#K0lWX6?_kphcg04iTD+/fVL?09cUOZn*OSuv9uL!0Xzew2bPHu*bJg.M+XDPhLcF_*!+Gm*KIs9$O9EOH!X%a?0bUtEU_/KSB$Yi1B/B46*ST1xgsoDJl45_/+tzV0P2X$AgyKxlikIH8
o-%U_q%dY+npFcNCNERLhaIAt5Re*GXfR=lmsv@e8yicZB7K9gCqB7c.tKZYwxP_#Ct?L15LgpdoCenSlfDC+uER-N-a75+VQ0ZsHJ912b+b%2Fxd4UsoME5H!HBL.A3i1B9ROyoKz_kTt/zM%mE_P1A
VSa$?Dpnee1!l.nfjLO@f3Sthj1N-QVChO!0Ek!RA#%j9*XeuT5nOk0hhvb#wd.Rr5wLc8ttc3ksA3YEsczVrWblV.3WTiw#5Egn3?I2B/hW#kdq#t01%622k/4Id#!mSJzybLLb4@hy59@#f1BpPK.Q
zmW4/@6MJm1-ob@nSeo1WYRU5QGabXJD8O$?Z5.=A5@p-w/j0w$_DL-RIHVKdr$nwm3K+vdncnRa48PB?MUyv=PArTmCa.J--LLp..%PTlQWAs3zPL*tbkdbNPV!pAp4Ctuo1S6vTTDvHhhllX%ZST9N

194名無しさん@純邦楽2018/04/24(火) 08:48:30.59ID:fARVSC8g
ZgJ2lOVaD-jy6j6kg+pb=nU8JLbJBKULjvtbD+B9-Z?D%h7uhivNr3%LGnTnjDu3bt0xENaMhCdb116A4K=E@Hqoe-rt9V_2t6/R#l9u373A?WOHqivL*S=aL-q!vdh+oN%3Eo2*hWUMO!H$85zOReRN
yPL$l=BirV.Z4gFoJ*@c*S$z$/?U9*.sd4QIH@NmPQZeYYVL_$Q0p@#qi7JB-u0bFrhYrM6yLO!JNH/?4Sxo1HOh-945uZcQym48$nwN6.0bwWn5j8WKkUf.Xg6gRlHEx6i-e613$Pn7tN2NM+Sz=QQS
li3Yh%u#edah=FMnnMNkOIX@uLBxS8dN3$l6dCmpQN7$2=%5BTODEXv*iDTt0#jgrr9GZ.J%8+Bp.u@Bk2DMSAit$QlPBjXk_5aCKd*bx+tra0!sucP-MU@y+Cb2w+aogHn6oNN9e8QO-f=bCAFp1h1e
1AXL08@AF!*#-bQpJ86Lr?7l=4/px84-%ar4gIuv.3Qxz*tf.yH+qzeWtyd%@iRoFlR$U$gHlFQmF=-80uXl*9/L!7nv*7rbFx96-Ss%m%6TGn9R#Fq=Xk+VZz_YQpH$t@M2uI8KWZ=qx4jNM@U!HEMd
K%XW4+WKYXAA%NBU%hcjhQX#0NukHMhjikvnjX%u?kB6WslHQZ1JVoH/og?NK_/NFwqBa$p_!AaRXxA_IUAoI=*$.C7Q-d3R6k*t?yKmP.NbL+A4wsmFWCglIAvVRFBxe=UB!YkkGk$o%GAL?fGp%vv@
e/VrY/rjg3ew7VqKxC0wXJF2nijomVn/=BxXj*l/P$+?7S.SCT+kAgmfR4ocL=lp9$97ff2Nibcn-*HPTF8KDCIrLr_b0z+03CJEIkw!5NXnmZmK2PDpmC7/ooGvlAExb$/*A5Och3$UOoyAqiAGsRrX
?i!j/_fQQIkPMN?3OB2@4%JSZpDbMUYms7tJGoaHcVuGmtznG@eYfl4r*J2AKCI?Uk+-m_C-l@ZkY5CgOuirsMa!iBa-U6emkU#S8dFa22wlX0qf2AxBommt7hHj6CNjJA*HC7gV6kpnA1wm!E53f#xv
pT?/_hT0-%PW.7t9kj/_$dxEbSRL=T!#PpB+H6f!!gF_LJY8sjXzw*nrYIf1LEuB#cZMDIzbRGN2*vuG8_1W#!5S$bfr3kfH0nf!QnNe=C9U.*zdl05MVtBDp_nVeZ=8sOscO/hm9V=uCh/FwiN-C7SY
G5I5X642vAl4DJkOuThY4Ek3$LKaOMoPfhk#7zc12*izWGmMIq-M7XVaikagzy_q9GO_6*Bk=YF83n!$je@r$+o@J8lO2%gGob.SGKg+Xe7?bO4#zrM2hSKD+65=Ki7tdhWp+hw%FW!N9Df+5VMWEc07
n*7=6E6EDQBUYBr4dM_d159Cq?UDDhruF6WL-w/O+vNVq%KtMUyHTr6!=hh#u@WZngt*6ds*P?hJbY0e!7o_N=.x!b$UnfqXgoXgZ1*$.Z6#%mOxuN=v0X7lXwxb$SSMfqbh?4W#Yj9v=Qsn#/pzfYKi
q7Asyed$ixgn*7ek0toE*rj1?nTXD72jC@Z*oD_pMWRqY4ED=p#e4pCbv1VeyPbW/_3oo*pxN2lL*zSx?nMrNfaJhudzDu!M!WoxiL++3G#5mMF0Hd/+K4G_mM4Ej!QU8qTCSQONeXrV!JcSA2nW+uCf
-uk!.8hEC/s*hgfJw/p8TKPN+@uM?.h+S9grJpWNT=c9Q@qiwGmtgVS52WpQo*bJU3/A0HWn.6+ZjQOy2PA3h7PB%GvMNPH%J/YAGu*ppj5awKzssxyv_mr9_U1LYjby/YTySey708pAjH+oa9EH0tkl
!4b4dZIeK!HLkivEgn/.YwXsWMIP7c*/#C9sh_7W=oYCf#dq=cmKq$73TbQRaBXbFBFYwj#LT-eX1FHrE$O=EB_d?LQVKUihRIX%-rdTzUeki?Vb9s?*IGQ_iLiOqmr97m7D$N0_QPVMGIx.Fkq#ZSmC

195名無しさん@純邦楽2018/04/24(火) 16:14:18.13ID:90uVrueX
亀婆てろくなのが居ないってどう?亀梨っさんw

196名無しさん@純邦楽2018/04/28(土) 14:35:22.24ID:EuTydAkO
eI.Z?/t+2JG$%FzmDd.K9HIFtku!4nM66c_DJ8jsEdpx6VtMfAaN-QiyzzoEL*p%fmIujX4qvp*PYVM9BKYNU8ibHO678Ph-SO=V0hh./v_qBz3GajQbG4jgPoux4JUpeY##OL7T_7sWja8SdBTB36Wg
.Dt_vlTy35EopA_#Zc6U@AUFf%V?2@G5r!d@UDBWUvu!z3q_mg48#Yt!Tfxw9Y4t$2q@Zb%#Zc-QIC?/YCXJuCbIQ!h*#ReWTzDSi.Qq8CKmqSj%CNz3Xo@_Ml5yoA%Y1-*sZr3aTBooM=pUw!s_Hzdh
0nTP*D_ktWQNu%s/FWpLPyu$o=0ow$CYv!0k!*aqvusH+FhUe_eZKRE_u+1BBkX?0T9QLTeJOhlH!oh9HWZ78-!%1ca1Baj=R!/*J/_z.qU3$X?i3HXZo.%R?kOS8QVXZKZuZo!VutCZcQ?e*?d0jXRW
MXEFFMMN$PHMRIwa*//bY_/kEJiVRfER6Vvj-9DVP-POuelvos4z-@@V9FOHJ8L*Kcr#t$K=51nMFkO?c0cr7/iiY9g-R$vT?=Yg%msV+nLNhk7hhoo9rn6pCrLg_X%u#PA!SVpmz#I9LZN+bDb$bHN=
h8?iZtNtABZ.GtH#k-Ogm?P/ZeZ0ZD*D7E+KnLX=kOrP3+zjzWUGlQ#p?#kOLF=$/tOA=K?.m=oQPPriG2CYkzg!*4N92osfm0m2@StDc8goeEknPHf%IPieXxCqxXNsFiIC9=E?tHs8nKMPN/AB5pPA
DkWkkktNwI_$We#1DTRP0nfoJ8sUHa0TMvsmNH+WmNT.7x6Zvhp/+?Ei?8CS%4JQ4rn%VN/t.QRL=?iqrcWf6EyfXxpI3#JyVtb+-rA+5Xm*fn002TMhMr%DC0KgPO%Ut$=y?Wrtqg6xB4a-9s+u68tQ
FJM=vPP4N33hIsIRbMYNc2m?W6zB1z+6$Xc-8FgXAF/jwzW61hWufiuiRiW20a.n/z6S!Aldt1rU_F68yg?#=ma+v%FtzhN4tdpjG_cSpJQ-Id6qa*xB7Lmlv@NG$r1=IRuAMcJj1P!rtooMrpd5ToOh
R@f/qa9fU/v!LhD%5*#08$rWpSn=zMM=6vLHFTULwK%OOXE$no@_.*wk?*-h9QM%.$h#Pf0i#Vukrt4K05iRms=_1vYHu.?IEXA=h=A-aDEX*ccQK-CO_tGHHltd@oEX$y9e2SYW=AMHdBlQmwTGVN0!
%KL8/Vf6JXsxsfF$P.JNnv.Ki_p4GRAiAu8Os8ihRW/HiOdUd7qermI/cXMxyH.4DEV?CSrUEEYE52E/u.aHm89*xruwKXZ_u3Ve=X=u8bO7bgCu*nn26R22QEO!x?Sx5Up@!o@Si%*WYvsiidlwrTBR
5+SIcM.TsJUWi27RKfiPTWy#1.%/@SLp?T9z=gSwtp4ISEO/TIeg+bfC9UPGuLuu8EIsd3x_386LjOI@tA=jVdUj6#U6MacLFKAVA0FSepWL3q2/dMaezAlvYNsG%thMT4DsSx1pe%e3jaVHY7/9c4x?
Y$usl!yxvUSpjUMzJjmjLYl94BY?u$S#5jwuFotCu1WvrZgsUL4HFS$OesncuazEsWM+NsFbhNI5.hzIPtksC5sd8hC?Gq7rK*r!Gk=h1dgI?Y2$V0dhwBb8-JoZd2mV7co%wD9pFPYR#IHwQ6.0LxXK
XXec.IUxz$9HNwgl..fxp86GK#uPJ85EyIu_CL*vrIggl/k#0sRm/ZH5Ta5noM-HTHvRU0Xy3Rfx2pRdHLY58oQ0mXzFCEja=FOg_pvXygMK!VqASU-d5+WuoRsQP.aM_zyfLrzH6@7.Hky@90*r4K%3
?vllssdf/#5ybqYcUN1T1E5sI9eH#gaG-pIUljnG.UNpJfB7$wKd*TwazdhpI4Zc.gXZp#Ur*Z4CCoRKUad7vLO9qxCo+_dKOg7nfetk/60bM0ME0z_mPO2Ouqi?ctui9D0A6nYkdhIbvpUtGzZR0dBX

197名無しさん@純邦楽2018/04/28(土) 16:40:19.83ID:WDMV2+zn
亀婆が粘着性質で気持ち悪w
引きこもりに何されるかと思うと怖い((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

198名無しさん@純邦楽2018/04/30(月) 23:13:43.23ID:S+aRhdKp
これこっちがうえかな うんぬりまくってるよ

199名無しさん@純邦楽2018/05/01(火) 15:35:38.55ID:QqbcVbY9
1cUex0EHwlLWd*c?z8c57j.sg!2nqxNC5KjC+I.QaneD8NPp0bfA/JJl%ELg#0QO+B_hSqJ9FuAOO#ZraH7QyonGKFHpF+79D7@MAOj#WE2IEup=pJyM9aos?JnfwnU1llZ_Y.cM#*G8nBoDvVSRsGrE
.ds*8??K*=SXIoJBwi3H%aWnIL3$3+EQHh*.C_c@=$SF*RY7Yn_JsDnSNSvmkn2DiF0mwsK.Idn*VGDGx*hL4HumLz4q7.I/W#7GYDv%UJV.gbN=cDdX/8#Jx+.@_.9PAm5Cq8VQz!6U6BJ7fyF*dDOl
C/7wWAIQh00*!sye6hyhjV!1_P/uWnM!/!J2h.B4J8srPxrCu@d0B%xBDfxVB.ot+utw_6Yqgs3NYOly7m#U+MoF4GgnWB25zuYT7o+9ijEDfMVw69p2kgQNnIQfPx#JvZR$F37Sng1*IUwcrPTIefSP
5KN/3%f4/Ul!U_Q6@nWGJFgv%7oQb3KgxPF*fxzR$Kg=zvBt4EyRoI/AM8R09QzQrMCXnYkfN6fRn%7caYc=mfnPgPk2Ym!54E$acnL?NC!U.a8jG4U_QXm!f5E%C?wIj@_TOU1TJmnx82CJAhLY6Bnf
8*bpSJeUpvWDAovUzUnr5aqfI0*5gd?//NS3nqge$FKNu=YSx$AEYgxu*?0R+kzOY!ktq$pJk8itWD?IUrS0oQBnSksv*GNzjCZM0oGzVf*P+2m+auhC=/K7iJ!ez.UWB=3w5HDoDg0wd/y%jNrRnD4?
sYc0x#8cTCLIc99LB%HO=c*5zu5+1_qLIRvi2eeJi3C@H$tYh!*b8+/wDWPiveBtuT91jbsClsExxMVfL@?.rJkbo2%V5XvhFOV38UmEgYnq*KFNTfEe*I=2=HTxhcbkE$h9scIc!uRx2j4eFEoaoYSW
eQ2J9al#B0z*SOVqGtix%8oipj$p%pj4F6yH0p*0bRyWiIK=Zk3hc=e36!JWzIq6@COxEK7ToKc23m=E0#ST+*%+XDVH4qia*e7DI/heV0Q#n=MmoXxs+vMU_pRKVkvz@!icaB$e2yPO6jbCQPFGvGBN
X4iKb!7R!rAEWas+295AGpy!?p2PkL$sViyffh+A7VUe+EQk%2Pb?7OSm3mHJabKYVh/S@gBAHoJhQzXf=_@Kbn%iOARoNN7V4gdmhPHwXx.0etwm*QRDs@6oneSCJ1!fEhlPIcmcHQF@s?j*izk4Ox4
3LPBOihz46i.woD@UVw6mYjP9skalJeUlkptAcHcngmChsLtXBNqF4LH#Nq0SSx29mB4XT.elM6j@+mk$oQZ/=8bV$f95J%c!OA#hTG/W.q8S@Fu3doTLF0qeh?oPfc.2*0wn4i4g23JOzt5xGYHDza8
ojjSG1N1wyTx2M65Tvfzl=FMoYyhMWc1yYlZPUCO6fK#d#8vl9P9BnR/rQvTE/iseCG/*$TbKgS+Pd05CYv%JVBf$@hC=1_ANSn=GVj@xvjrq?$8oBf#z1@?nYN0/S4h!bH9wGL99aup1d$mywx_fEJp
1wvx*1$R5SeH5q6TDmVQFl#Gkx7r$#%%T497rIk7RcPBy*Xu9qx#y?=cuK=8XinE_h*Bl$c.b3k/dH@BuYh?1WCWc111Th@yg.MGfPb8=*zY8hI%RABe6GlN6M9Txw6o_ChYJ7+*x#3!NNgMld1iS?CP
vWH%zqw_Eg.lX#.bN8$IXV484pr5DfhlzWrXct?q8#r@sUmyWd!j?KDqJNu**KgCkXwD/Hp*1nO@mM%YsUtI@*CijLamTI%/fJLv1v!H**k6K.QJ/y#bcVU/WWHA#8wdW916Ra7K7p0WBq$1?$R9NzAf
QLE*aSYT*_$Ub%B08jy34=RRVJW6JiITLtngQW0hxFwL5Fuho+.vr205rzTJ33=_lENiVka+n@kdG+KQY8WCzECe4@*/IFXNFDxSV=3AIjIEre6LGVXshoGZVRvow1FRkFmC$oyGvgP4iVzHPoczHIs*

200名無しさん@純邦楽2018/05/02(水) 08:30:27.19ID:uNulkC1M
基地外亀梨ヲタw逆怨みいつまでやるの?w

201名無しさん@純邦楽2018/05/02(水) 17:22:05.82ID:tnrJhj5f
!XI49OXwkarIH+.H9OUYId9pDKaZeLq%Lzv4ONhZ/Wd$W82HS!hUZwpbvO!ax0wyz9M2KPHOQ_+G?D%6HrAoksrje*qa+/bTYz6#U+vIvRYv8/jfL_*jFRsl6GWfwHhcT70Fdvc#$?aTZ6y@2c6z6oLX
EPf=1k26pWk?aFCq@7pwbD*8KM=Txwmq=G2MIlNT_uyB1Jj1I7r?oKuwiBppCk1gZC@8#1+jOucOf/nKjT4h15228YfkOG34#vWMIaZ*_yT_?!nb*XjML0DUI#lm_hyLsM5X!SNgtF3CCkarYe#+of!H
jfdJKH1Y/O!u#mC=Nkc7t*QeHL6Z6O5lCxNo%v%HPxC9nx.yESwLnuDeCU1SaoVkrhby/qopIVIPFW=1my/kw71G@VL.6vp2Qx/3O@1t.JeQk2Bmlf2K6gLwcdShh8BoGSxY4s0WEFRMax4AVS!sGcSf
%ll9up#@_/E*Cgj2Sg/SkD?N#/%BVzvaytuiKDzn1Lt2ymuiwQ_0!ZzrD7DotDB..tWm8%f/NBoyriPPHyh!xoHtAl6H+ILx_cV7Sc8eb/x+=Q5*91uUIf26fW0j=?h7kVFJeS5*pgdbX#KP9S$aP+Ff
QMP4XBT4g#e1Qbi/YK@#N1V$aWslc_9%z2OPz+xrT%/1A+f6v%fddIlDdTJ!xhNavOeeyQ*8ej87%mdBEA$P@jeVOtXRR1EeA$Amex=?*IlfeyWcs?JDsBXPy2PRCjMdwJBbj0NZQjp.9_FH+4ZI9pgI
0I2Wg9S?yuzN!jWB_v+PP4rtXnVFcD@5Z%1YXy@p!G%7fdIWT#dynq?4+SaGCn%7RgtT3VeYNg?6k%RI9$U*4YdlVilBIcO#H/ZF0W2Wl6Hcwj1QeFJBdCTS2562DOtPVGCLH0H54PBG.A_h.GE3a?Yl
#ZBeHisU@30tTlySxAKQdDhY/zGOL5zcznG+2Y$Vhbb2ebDc@YrECp#ZpVO05Il3.MJ1RQ=$vcIYdBNba5iTaR!wURjYf@fjE8HiG9UeMFyYkIjl4Dc6*Y23Vn9swunqc9JL+E6dSQS/f7BZzCBeHmzv
?@rrEO0XRIFHn=8.7zN*GSjx6AWs.6PNTHw0Y7gOT8tc#DnBnYyzoWJ5jtSyc$fPZXk.1E4gCNF6ix_$QETwXB6N$EAgVU?QcHcru$lNTqX#uYJy2#g+XXc3!Bagm+Lv2iOJr_gpbi6w#/EhAueB9w*G
IOFQABaQb1@8sC8=UyjLVcZrtTRw%RUO3IB!cphZ3GIVbpyyryLgI+!p3W?aKjPUtozTAcTU@D0FrU_S4cnxXqaGQC!HWC$l2$GB7jNfZgj9d**!?0KM*pUL74J?Hnd3sF3DXtRXbaVCyfe4F+1Ci$w0
3GlGYt2ZDiCGbha.$rb*8*2lrpj6F3ZL72=j!hXk9UAwEzohYcaF3.bb/Rxi1aj.upbC%KGheFst%8rB1g7j!o7T*m2!Z@CwNr89x8T!ks*VkcuTW.qxCFn*L0iP3.$aYaVcyRQILCM08H.sOnR9itPE
ni=VDMt*d@mVCpw!$h#8FTxkUplS=@pM!D7z1au_1_pzl5z!C2x$@Loq$lzUmuVa7y?/Vx*Y3/x/s5ldzlI4LcP2VBhudRU@i4A/uK@NQqLBCcQ%yJK4O*IN6Np@Vld35eC9GmxtQ9KN+UzL0voH5S3n
Af5I$mW2e0W*=pc2T9ee43Ro+TOcdzo8Nv!Hxn7hBnZp3?n0$J3O1Xc*+UwO%pE#EFz3J9%Xo8pQq84rsz/s1bluih/Q_vGheITMnBKFR4PK_W2w#bDlpEasxpa_Pg$IFfe?.Ndw!0YZOu7RTs82=FyR
OdQ1qESeFu8gTb==#mwcALsmW1IS8_k!PSpY+1p1nng@$!ch1/O?EoUYsCX0998N7n#%eFu@#38R+gkZakG%AWWFIT7M8oG+@VGfo=6.e6RWcnCw%Yr#EXlNY.6gBdw70i6xYQNDfFt13eZ_lBtzfJjE

202名無しさん@純邦楽2018/05/03(木) 13:48:53.24ID:KqI+860l
ここの赤西スレ荒らしてる亀梨婆を纏めて通報

203名無しさん@純邦楽2018/05/04(金) 13:14:36.35ID:g7bk6y4t
HCxo_+oB2N_*Sc=B.fCF?dfGi6Q.lBjHPU8#8YLaq856yUn#NLF$ueRXe?Rc0*wW/pH3@mYcmT$PXdHXqQXZkU#7ENn+1tSpPJ7l%3VUvZ/+$JEf$xKch!O/WRKXLT6DM3e/7O77Ku3BS5En.GybJnKQ
uQRJpnbZABika.XstSJrUwad@k2TvYfd*83e3i%HBx8a2VtVoDLcexQmb.Y3r$swxv*$u$Bi@78O=4MJS_I!e/$WITl$kCx%v+QHUYbwgMyth0eaEcz8a=Wd0JpmCJft/JKqOWa.YG@?3ZDun?TdBk0+
+Qn./GyZvDjn/oEaS@xb0If#Gs5+1NyUDcV8Gx#SGe+_lIFeJEqhr*zj$K#VYBPpbP@M./#$JJbSwI9CZLuTRj+HO7.FU$*%UlgKldlGwSJNnGRU4BISHDK.KW346Lm8ma5.xGM17BY50tGCP@Vce+Dw
$G!#5q.W?uLJSCceoch5b5p#alq@NWIU%c@3SMT*ownkAmknylHpPFSNd5r8zAXO7Rx?s+35jS=We6%S2H@8_dHS7!6SjMk9uI97RSBX3.qHt_h=8i2!Cz$CiUS_+infPl1?qUREniOQ$0AY8.c1Ti4o
UWWkQK9EYSO*clSvLz9@a@9H1!9zgdU1Big+Gwh9vN4RQ!uRBaPD$TY6/Np_inlBRYJ87mREEHAPbdXQ9fWF5KqBn+oOWb@b8Lds6rWY@$B/C5wycR?/T+9#SmbiFeJF/l$m_0XJymr@dlN*3XMtO+9X
Yq3fUDc7CfDMEVdS=+T5Rp#PJbC!56+Iy4?=oOe/pTjRfn+Gl@=80Tq*=D4/M5TP_l$qxiRIl3Lov@RfY$yT%+3JB8T_6u0I5hN57l+?K+AQc5EZOvV4oq?@d+nWu9XtbCFZRkhQZi%E=U?WPqeke@EC
GWgRS_yCG.A%uPM0FNCjk++s%WZRoxwp_J3.mm/R2GeT3g*Lq_.I0HG_HWv=6YfUo/OQ6/#b0@e4EPMzoud4ZnHY/RAfCf.w@8daDY_RObn2N_Z7v1rkjjeJdXdiRV0=fDdJ_=%.JL=ojM$0ilwKmh_A
x9.MckvTiY7pgkiHm_1D?7@%E*!4jS2ekP=BYNNm6Rc907=U?8wFlPvav6ltk1WH20PsgAk$x+CX%Y3Bdy#uGm1cw/8Yl#QcR%.IK/#I.qfIDNB+tRN2G_l/nR8+cqD%.%o_3tl.vD90e!$6guIChXES
n/eB?*d0Mkf#wrI/r7C=fypaRlfC@qW5zL92Ff2IoX8eS6arLD7nr5u9OLQjO?THk8iP5.UAhU9CZlEL2wPwikQ?+b_ZrQgam+i=4D@ndaMbv7nueZH9zqD_Kq1atL/ElY/wJwfjCde8$qhrTr.zRRSi
uOKu8arR2PR#HIXX24%S52l.yCHbw0a@l@6Qd.brW7.kRFGYaaBAqURgK@69e*M=DRCNHoHLnYFr#m_2s@UmCla/OVch6hg2@pq=k*xWYF+R*m!1b0%JKuDldOY6iADhcPvBeCTLhL1If*SlC%jPBEdJ
hj=1D8bBE*Run!?.PFtD!WCESGY7/X4_T_NnAm7Gqig1VRq05qFnev4Hd0X6/e7@EN1f/9qSCWJFWOMx91.eDEp?EOB@cvewmFnz*len6WR3FM2E!z@_XQCxz4NV#VzC@eu/nu4lgvcFwtgU01L6aGZa
TQv%nt$zh0me/6rzV=4OWrrZZ?cz8yT#o%uf@e*S9_.!wWH8KH$5%L?U6dEBAj.xmu36YPtFroOvV#1orlj+aK?n=P6Sl*e%0@w*3brLCoX77uv@Fx8s9#AJzvj9m1TlzwMzMpB@U9_l76+fQ3Ta/dMr
A1+_+Kf%FyQcZ+OcAsR.brdPTiPvpcXmSG+x=v+gkN%YQ%.vsQPlRh3rq@ii#V*ydgitH!x839kEIe@MWM31yyG+j%M6KRFZIS!xBwM+JBBuQbg?pFg*gnt$OH!3tw/bWmcKIMpK*pL8zXcw?LfMaI#3

204名無しさん@純邦楽2018/05/06(日) 08:46:04.02ID:t5bXD/qn
291BuLF9/!esSctLw7jhYDTyu1*8mFXgvyUswo1Uyees4t?6xJ!U$bZ.j1QJ_=GM9*En5W/ENpYZ4@Hx=48/70eus=5e2XDRSHuMloNb%i-=khMz94U3VUx1nPUI7KCIWsZoZ5FcN#54whBlDOEeQFwh
bKOS=7/BmBvGT2djPauK8_lnnyod0LmaJDhFKyNI.oPRg5jGoa+0qzwK$p8nDiBLyrh.bQrolR8-_OKt8l?JdlVF!nIQUP!wHl5mvdxD1V0wrBxy.Y%HDhwXYoS2bw%?VTEWZwriiI/Ym0rUp*rZ%GHV
I?w3uU.G7NzvnrJp8H_w-F1zD6wYrub$-yVrBLYuFw/1ooccAm7qbOW@wt#.1ds1KUS!UhCUN=Y6ifLk8Ma$w*FXA@%PtLXLx_QQIxPZ/50M/wtIUIX4P.#RIMYBrbSQR65e+.bbab/Q9GcO/X*ST2f+
.ccZiPQ-3#cGZB5!oZm+tO_S_hl@=Gxl*xu-m/w2=g#3UH-?ia5vJX=/T.lvrux9198#tG-aYrlumyD=@dfFRJabDBDWskVv42ZTcDb8mEe%HhXMG6fMt#!-zF#z9aMVoDwj80X9$3qipj*oR5=L8uNp
gPVz6s7NUfX8EvJlUoUYyQL#bG.wb8EDs=Lo*P8U1N9ZyHBx5@3@!yZgA.kElhS5g0dES-aF=/JPaBl2l==n5KlM?03$@=AvD!l-BGdf%vznE3iEx1AZG%Rfk0_Hfd%vQVoH**SlkON05zbmUHg2L2Bc
lpi5xmIBxjS5eKSde?5KEaYrcv3O$C@QSMg0JoGRCQ$j8tW%Q*tqVWB0V=Qbb?g4#tdWxEaTi?QZc*kxX!_a/%H*+KB8zI?y7BzV=0TBH!ZWkuMCCM%?sY3vK@mIfcyNoUZm!o82aAp/-K#_Udj+j8iQ
ZFmWEdolaT=sbAy0?neh=GhGPJ*AS#8F5?QHWupxi2TpK/4.#M2kRdf!=QVz/?mj0%f9R$1%_b$xyR?gJk5#FPyo$31Cg9A*+/+ppK5#w*jQlw%/JAk5eMMTCPJFhq%e_l02!8vFzmFeenOk2l9$$eST
?HguO=pdIU68p=#Uo-*ZWouYHGtdHF80E6D$coD28SG!C3Jq3X3ddu#JXHNjtaDks*q_BFG!3TywUKN4KM/vz?o!e/q_#qb%L!B*T99Yd114.-wWDJ4jyG._ZXW2DU?-hw6e1KT3?X#Iy+Hu*ljj7dqw
X.uyTTDLaLLQxj7Nw/lG%yh$anNVxBccrZJn5Ge@qoV6TWURZZU3**lI-HH$WJFm=yx/vEnO4IVXXvmU8B/BSyBzr!8WE@E3wD9fmTeGq=JQ_Hi9md!5M1eP9Kl.J%8dcxGemjI-QFdd%zXva7y7/!JD
tZvQ@moyoSz3@tCRxsus9cAIc8-$JiZKfBE13J4GtqaG2E/VGpP=pIN1HZ$Y*7OlUj#qvfbPfpPT=i6B$.z*A2!2Q5.S0..rEide@CH-RGRbA$tjI3L4QFnEHi8.vW7wa#tB+eLj5@j%gZ9p3o@!kU+5
$.w_ESjO?1/488EkQJ#cXiM_yAkQBC?W+fW8pRrL$tht+aM%LLOI9J.jMt6+hvm-?Mpak=-1uE_tyf1Ee%Oqzo=S_Uwc=452ZjsG?3M-pCoLn*@.0sI$oAd.n#5rg4=GnQGMH?D@Rj8C0_/JY.u*ZR4?
P1Ci@RlcLLjc#WfD83NN!3VcHQ/ZS63oaTUn_tOlCOkpsS6zeWNSxnDvJc!rAacbyTdMCNCNeeUhE5IK?7#O@daUtuTrQ4*xH9MAgMq.4-g#FVH46##eK9M*oZrf+cVz*PSvEexUC48G6veURSVbw1bu
$2qan49WFj!MXWi-yBq!+REaL@r23#qjE%F+Z8kQuOS8Q1ced21%.t#h6nPf2Y/%TPdkI96.Xq*$jawwdZSQiY%UwCh+5Ve1obWreqI2l.u@FBwQHTfC7LVddRgWEzg!28KT3ytRp@a1+rI7mNNvH#I7

205名無しさん@純邦楽2018/05/07(月) 14:35:16.57ID:wE/JJ6oP
yJs+UpGFptF*nWzCuH2+JbDfp%kgmm!lCxu0hy*jV*jW8P3veNDgtUzg0RA#Y7CbUbIS#WO+Ujg3Q@_NzbX8km?1%b7wL5EBwhYorJNvRekDC4fNH3B3uyLHyv40JS84Hxe9JFxD4W3C$+n%!p/PuqV!
%q1qr.mpdcy=tfs0Uih?YVQsXV/3.9li2xMdboZXxfie0G61dRH%wffoAzYoO?YThJzOyT2nIGn_YAFAaDxC#qttcT41b!Z#d5kA0KFcgT!Jm.Kbf=Cdg!7%ku9AKKffza1m!G8qM77o?!5objFerT?G
SkLd*azCHU?ubEWN!rF9gpO$X7tq#Bx*z6Nwr9QkaNQKGGF7YSkaTx.*xI+5825DG180K8KSjlmfjYWN=v93liPIP=f6mlnl2Zaac2_M$RU$$Iy3hA*6VMLu9Sw%Tn.kFh4GO40ambK!b#p5qeM***G8
S87GPSX$FxGp9d35g$fSswnipwK7#U0_?YP%pOB##*f7BKwPXCYbB%tiCJ@d4WdAh/#NGW?IoB#F?S=iHm?AVS1bcV#2KwUAszkMLhjPl6Lg@3qzfyeIG*1dQD$v$+/B@7/cJBa9Jfd%WpQ2mx!xTrhN
tp!*KOKwR5KnoyetC/T+jDQ/wz$1aJKRn8VK4VIkyKiU#C?WA2%Fr@_%_Jb$bw8L=gClOtYHAVWr3O5gxYWOh.56Z#yyJwAsNNN%L2pXS4LaQ8zUGGwu+g*I8a4$k_0NeHbbNg?0O8Ket+bmxVlWw=2x
uK!jE/QxzcCuMb1iFHUZaEI_Et$auBcLG2glfTHPRSz?PkH6VzHublA7P5JjGgx$+AfUdo!kJTAkNNBD3j3bXwElaSOyK3NkaL6m#eKmS#8FA7SgIXM+@99L_z4rdx0q8/j*rmQ@js%l=_jQ6gfZukKY
kiP5%tND_?HjoFehvs=pDBDTiQ4UBtqsHu031I3xoU@PwPYXDk_6LMOuYhuBpcmkMfB9goVTK3HcGoGIkLNOZ7_MDU6mZN47RK@3AXGk3V_!K5E8LV$Ka*S4$ba0sk=+TR3ndArpD9Eo93A@5y@.uTcG
C2m$Wk.%nCR2VixEa=2W$V!3mjIy@*eIIUqzozud?a_#us@tVH41T9PHnf_M%9rUx5d3ujmoN!F.Qp*Al6H6*+=8K.ztu%6qeyKfnCHCHQxCDhTG7nL4DnxdBIGdq%3hm%EmG6.Bgpd+ENChS*fcpx+c
jN$5RR4msg=PL%=plh?4KnZoQZhWJTOja.FyFGGsG%q3e?7kJoXtCHYll#$e$bOKx#vvLn1A973?4@z4szZ_?G@Z*GDIW8QMF=HjlaP.x#V%@z@N.OuxIYV#*N%vyinXXy3Ik5gmiQG6bvcY2JVphBJJ
=1DDLJNrfomU14W9.dIIvGWerxmq9oQECI/YZ5oeF1YagpHF+gLgDmfR1N$320#oxoProV.Qbqr9Z8d99k!rue0M8mh%VRopLJ$k$lK02+EoM0bK$xHR*UxLe*cpW/Y!@jbFb?0B?QobU4AAwT%6P2*8
wo4BxSD9phHu#8Cn*C3vcqiGSv8XEIB+1FEKOaQa3tw3U62G2nSPbtC%sT4f0pLT068iK.L#slSF0/WYKfvrVwNFcu#EgeJdTZtqi7wmxSzA@CkaVbBZw_N/uEc=%9nz+hH%VkVmpIXs$nwRTzXmJIta
vsasaQU%GmRdKrI0DZEC9xWCPIRd9Re2COJyiEEIs.l5h8c8tRG2?E.O#Iq+PtmK4_3jr**9cPtr5YTDRjRi3*euhOzdX!muSX.MXSX$xLJhF!S_n/uZOeMaJEy*cc%rKV?_oi#FrXp+Znj4?XMcSTYG
q=hb%XfoL5SmbOOoH.Uui?nRcatsjYT*Rvf$NXBon!/uXc1?tMM=mSeZiYq9/Eh#gjRtagVL*lx!EuBowKLtPwL%UcXM%Cei*biRo+RgnNJKAXFIdJANye9K#ZL#D.ljW%M4K3dFWDIMbrq?fy*MNkc$

206名無しさん@純邦楽2018/05/08(火) 12:24:28.85ID:YVoQs8J2
yJs+UpGFptF*nWzCuH2+JbDfp%kgmm!lCxu0hy*jV*jW8P3veNDgtUzg0RA#Y7CbUbIS#WO+Ujg3Q@_NzbX8km?1%b7wL5EBwhYorJNvRekDC4fNH3B3uyLHyv40JS84Hxe9JFxD4W3C$+n%!p/PuqV!
%q1qr.mpdcy=tfs0Uih?YVQsXV/3.9li2xMdboZXxfie0G61dRH%wffoAzYoO?YThJzOyT2nIGn_YAFAaDxC#qttcT41b!Z#d5kA0KFcgT!Jm.Kbf=Cdg!7%ku9AKKffza1m!G8qM77o?!5objFerT?G
SkLd*azCHU?ubEWN!rF9gpO$X7tq#Bx*z6Nwr9QkaNQKGGF7YSkaTx.*xI+5825DG180K8KSjlmfjYWN=v93liPIP=f6mlnl2Zaac2_M$RU$$Iy3hA*6VMLu9Sw%Tn.kFh4GO40ambK!b#p5qeM***G8
S87GPSX$FxGp9d35g$fSswnipwK7#U0_?YP%pOB##*f7BKwPXCYbB%tiCJ@d4WdAh/#NGW?IoB#F?S=iHm?AVS1bcV#2KwUAszkMLhjPl6Lg@3qzfyeIG*1dQD$v$+/B@7/cJBa9Jfd%WpQ2mx!xTrhN
tp!*KOKwR5KnoyetC/T+jDQ/wz$1aJKRn8VK4VIkyKiU#C?WA2%Fr@_%_Jb$bw8L=gClOtYHAVWr3O5gxYWOh.56Z#yyJwAsNNN%L2pXS4LaQ8zUGGwu+g*I8a4$k_0NeHbbNg?0O8Ket+bmxVlWw=2x
uK!jE/QxzcCuMb1iFHUZaEI_Et$auBcLG2glfTHPRSz?PkH6VzHublA7P5JjGgx$+AfUdo!kJTAkNNBD3j3bXwElaSOyK3NkaL6m#eKmS#8FA7SgIXM+@99L_z4rdx0q8/j*rmQ@js%l=_jQ6gfZukKY
kiP5%tND_?HjoFehvs=pDBDTiQ4UBtqsHu031I3xoU@PwPYXDk_6LMOuYhuBpcmkMfB9goVTK3HcGoGIkLNOZ7_MDU6mZN47RK@3AXGk3V_!K5E8LV$Ka*S4$ba0sk=+TR3ndArpD9Eo93A@5y@.uTcG
C2m$Wk.%nCR2VixEa=2W$V!3mjIy@*eIIUqzozud?a_#us@tVH41T9PHnf_M%9rUx5d3ujmoN!F.Qp*Al6H6*+=8K.ztu%6qeyKfnCHCHQxCDhTG7nL4DnxdBIGdq%3hm%EmG6.Bgpd+ENChS*fcpx+c
jN$5RR4msg=PL%=plh?4KnZoQZhWJTOja.FyFGGsG%q3e?7kJoXtCHYll#$e$bOKx#vvLn1A973?4@z4szZ_?G@Z*GDIW8QMF=HjlaP.x#V%@z@N.OuxIYV#*N%vyinXXy3Ik5gmiQG6bvcY2JVphBJJ
=1DDLJNrfomU14W9.dIIvGWerxmq9oQECI/YZ5oeF1YagpHF+gLgDmfR1N$320#oxoProV.Qbqr9Z8d99k!rue0M8mh%VRopLJ$k$lK02+EoM0bK$xHR*UxLe*cpW/Y!@jbFb?0B?QobU4AAwT%6P2*8
wo4BxSD9phHu#8Cn*C3vcqiGSv8XEIB+1FEKOaQa3tw3U62G2nSPbtC%sT4f0pLT068iK.L#slSF0/WYKfvrVwNFcu#EgeJdTZtqi7wmxSzA@CkaVbBZw_N/uEc=%9nz+hH%VkVmpIXs$nwRTzXmJIta
vsasaQU%GmRdKrI0DZEC9xWCPIRd9Re2COJyiEEIs.l5h8c8tRG2?E.O#Iq+PtmK4_3jr**9cPtr5YTDRjRi3*euhOzdX!muSX.MXSX$xLJhF!S_n/uZOeMaJEy*cc%rKV?_oi#FrXp+Znj4?XMcSTYG
q=hb%XfoL5SmbOOoH.Uui?nRcatsjYT*Rvf$NXBon!/uXc1?tMM=mSeZiYq9/Eh#gjRtagVL*lx!EuBowKLtPwL%UcXM%Cei*biRo+RgnNJKAXFIdJANye9K#ZL#D.ljW%M4K3dFWDIMbrq?fy*MNkc$

207名無しさん@純邦楽2018/05/09(水) 10:04:44.91ID:4kQcgBrd
ylEwQL9+2Pg?69Yh*%t+G7zf_-GQcZjjSQoq+=Zg0qh*ej28*oGq5TU@p5I!lEFMBq_ht#WyqPuA1PmZLD%LdU7tqTwM%ISr5KQ/1D=31DN57VevfipbPdoLYfm7X$YOCdpBq_3sM3y4Af=eEFqUj*-/
y@o%b2QK/DhU%%ea!vrWIkr6V=eGmSfu_Hr5HTGVnCl9V.R?VhpjBocK.2!+3joKfH9_TLV_ljYA$Oza!aRf.!UIXvyIHba.qkbQj@CPT-pM4W6/Os=vdnsIvfsMDnoh7/TJRU1LR2t678tm*X*LY#M+
CrQm@5_b6.?3xYbCxYZzzvNvyGI!=t8k#rMxu#IPfZ2DN0O-HAwW/3jc7gCa@X9Xll0@V0sfg3ORC1TgVh!8=RdxrPgnKz*-f7XxljyuDFwurwl3Lx6ViVY0_xcKmiYa-n*8wNw3eQdg_C/P0NUOaCxc
hKnpF.kW5bD8OctvN7+6ln%Latf3SDX=zniVH_dE#WFNkO9G#2DMrsoTpKRgxg456%7NN.WJon8yf!Ecf%%SZWCJfT=gJIB1gp%Ua6_KZGIhq_wIqh7#HwMW++#9ooZ*jzCGe5!ZWtKd!-$rFShxzYTC
YSCH-vQdmbFQfOdGSmd7%f6anj1wyK4JEol%OKl1KxpK0vAf@xWLlqq$F-6cFjh7t8#u4HihtpcudiffK/HBiMA1Wi8aRlrTw.t4T9c6i6y.-F@03HLlftcrGw-GP_5O@dQhmg.*ED5$PP3gUf%/+ib+
4mUp37fsdjILWV$W67/m03tKnRoJ=22pz5KR-zyZ@bOi0@LE8a_#pTVo@t=?gVtX$/xFMb9SgI4O*NMCW7sOHr@%hCZBS2IU1KaI7ns/8NvJ.eTeq3hOWg2w=ZG%ivx2mbmK!PfZKmqVN%bNDlg6f/7!
0AW!l7Z6ty%MAosgtf=BN+*%.DNVa8+uwgVX9/d+Qi_!1!I2Z2ZP6lEtf-a_Ds.0yaD!lsDdPBk0cA%1.-5srR1%ndMr9r#Q#UkN5E5Ht*$%ctTOoncVQcNz+kRGWJj5UkHlt6+1bN#m6BSYJQGfJBiw
Sn*P#AJNB%2Yl=1r*mPFD=G!eIx$lq-_F*zwSAH7y.dWos*?/zYan0u/hv-cDsJv30Z3jfwiplZbiNsRvxJWHj/a@$RD5$!we/@RV-!=fY!O#v0Txb1=RO-V6Q2v2z%@pH6BKTBXH#Ki1sA21P6p6r+7
_9KJ7KILFZ.t*I5TNf6Y@S5FCYSa?BL@QouOczV.zn%%-AF7?QImqEDyawczJph!TI$8/8r=KN7VdrJCgFQeIxmLJcxjC6?n60ug_-2X9VsgP3*7ukQOeqceyp$kkAR+R@mrY5FvYpF5sXs#pIF*fvCM
$@A*i#-S=T_av+0Mnw1XjO/A4r/c=/8cpMNtpw*8Rs@77Smqq+9zxZthpLJ.!wZwSx_LZ@sRc6VXe?kj.gmhsyfrvb1-!IbYTyif$w5/a7=2fIz?loQ7ndajT0-%0-ikN*Xz-11Ear%kmNMMi/pxmDZo
0Yu6WT766Ck8/L5rPU.gV32hPFMu5N21C/C-d6OvKM#Fo62ZZ@*RU%agqe$XaGfL%vDd/XOmuiqr9MsM9$SZJ2-Po#_R/e#Ti%wBZzT8Sq%y@uMITQEONtuW@u#SnUpy?1IEv#1oSzPcd.-1c.XPl8o-
z=ucg3G=Y=_r6G/t9_3G*!4!nDKKck3V01x6vF_*qvCOm+?D0MxUDK%3JgJIlRi6Q#cguv+Uooa5BT1#dx-jVFxnHyYK3cB$4?jv7UuHn?7CmM-Zsl/$*g+9XfVh%*bETB3ZHD11Nk22gCAE4O1mFAjc
HK4UsXtGR3$3NJdFCyfvTP8nPT=?oD$h3AdEe4lB5L!pw5.Q+g=_58mM9KfXA%xuhzCuq1UkMRM32DVjE5=*qCZKLPEKpj+Nlu@DC4m3jtEU#PKCjpTrHMG0+obYdJOoM$nQCz*wVg6NrAHa-_A%/tFi

208名無しさん@純邦楽2018/05/10(木) 08:39:38.99ID:X10QYIPW
jN-/UsgR0HmbrKu_tqlnT+JFE7!zv4KZ@T=dYEZvmD8B$xPOx?fVSeK3e3DUHY-#yeH*6UylLgpnREarP3PD4zJRVTcOFj*=9qJI+rY@g@NJX8YoSLw#6Le-ZC851qkm?H!8E66e7ZkoE$Zy7UwnU0GE
3F/3u2xUuRla*L?vHTg#drfyarFv1-0**l7+b=N5AK3tl5Xets7JM#1t6Wy2?pbKby@2Qs*kRuBlK9P#aVyWh.EQe?7pFB8Tjv$OGqYhq%+TTAy6#x7HUQ%lYZkKa7FPTI7ocYApV5.aaE@PmV3%V_eS
JAZ?F97SV4#v_SFA$3KIcsf6pdb2=6dR#Upd7Pju?4GS1Dyx$P_NXS@BveDE*@3F1VEVX!nQp4xz=0%vOHD-RDPUtF%_u4mWHw5n5h7xs3zM#r4QPaeVI81?7gJgJclAICB0#n@Y3VSEzuA0*MCy=?Ln
?gZa.BQMRKw@U-Mg6pCmB1II+FojMK?iNWVAgZ?DchUWMb6EjtzTd@njr_/UIVD3CJmGkDTo7R5xJDZl4XOpaqnSbgk2NZl+zCfksgXAtSqqdp*7pJgtRD4y77y%VeMRq$ZhmB2A4Z5C79-Ql3%_5HM+
kR*Th!$U3gog$US7iR6Fy*s!/-3//-%_@MqQ69A6xEmm9BYdoJm!Lq2NVvUZoDpFxvb+f-kN*#PxdAeUc80DnEWykVBp?xD7Y*mks+Sv_qti%4_9f34zk4jbIjnmoG4JCPFEq5Xzi7ziR%1.P9--Pn4G
h=SbAH*lE?1T#elitnM1g47B3nOPIL0YP?_.el8KKY$SLATVz.zF8GMfeh0Uo1ie4N6t/2eRgPFGpayhQhtBrC66om**P5DSI%64MZxU=Ux754jd+z/PPyS0ixwZUBC=N$-N8po@3wL=_#nd%Y4m8O+R
8jV7ulk.+Yp?O%hrahcQs4@y08Zx/Zaf$U?kJkG.BOXGbc6Xg!3zn-fFju/q-D.7UNzBdryfyk86Onlm/_D_M6pdAxo0?6wT$BJfZ*_fV?X!SgAql8GBP?6BmPYUaCub.id8B0e7yb+I$xOm=OsFQNVY
VEN.5Nb.x-8qZ2w6MciU3!2h9biOjMYcd24!mfypTuaPJjl0hau#+IJD$HD.PSt_n?V-t8$k0tD+PK-fIv#gFz*#hzZzKS-L22DXx*-0r-D89_9BaZ8mcyy%9KBaUI?t1D09?XejEYhnt0/uSkqK2JWW
Kf!VWurrpKWH2sI!laByW!8m8u*c3?+O/!.ZXH!SZG5Qxh+=9_GcfudSKaNvspeHO_kSMnnvl03fTR31+Y$$D9v!8G@2Id/IQy6nBI#MCWk#eS-00F$p.4NR_QOKDlsCngaTN7alsy!aBBql.Y*nnw+B
0*DZ#=SJvslMeX2S=UL#Ce5Q*q!+Nqq+3yZIJqw8o8+ui?jLaXAOr#$*YEOYb$uRW5EJXMDKPFS1W?v%yNzC=5OMt_SgXT7wi-=wv?F6/Ts09ze6p4=hz9a8pV2Lk7SydZ1bLJBDmx5?kXKHmqAVbMp1
4c%ISTAc?xF=5M_vf/1ndQV.wWlD#s4Mp4py=yiLv9gjT!kt$5s9Qhko%7/aJt#7%W8rJtjLl=vvQo2Pkn5NcjG_DI7jXEh1ZR..K!!vQcIbbMm5I56w9gS*XGOY_N0DaPIga+dQ+1@Tao5.psTy4woq
2XFOY%d_fz3x3tkhzho@icWpwXur%HrU$+N5j*3e!2$_Lwes?tG=$sf9b5scJcbA2s3@DGeNHF%I=f_q9B._xdG*1abZ?cvNg_#lokIRmM!i3=CSD!glK47h+cm#2gVM/yWN5L2za.zfx+G@DspioGAV
aniZ/B?Lj1XKLtq#hlfGmBn/IEgkJ=xvpjkiPVPSaLuW7PpG#Nv3xeWsEsvCQaKl.GRO/.rC#8Y==G14U@2q$Oi#V#M7wflfcz=gXOhZQ!%YjzIvv=JV+HgM1C!9mpaY?RtHu3xKHe*qpqEJs#IW0ruS

209名無しさん@純邦楽 2018/05/11(金) 09:31:56.47ID:uXMJMJ7Y

板復帰(OK!:Gather .dat file OK:moving DAT 48 -> 36:Get subject.txt OK:Check subject.txt 48 -> 48:Overwrite OK)0.91, 0.94, 0.86
age subject:48 dat:36 rebuild OK!

210名無しさん@純邦楽2018/05/12(土) 14:31:17.90ID:2a+R4xaM
b=gbXPuUrdpwp+dPsv*rL3GF.tXXsQX$HN*3kxnrLVL_Y=ribP#viDQ@_3CF_uOzec+t28zNE5xL+HLFQl7C5vnhsY%vCa85-gFLss-fAtzkqWmjz8B7kZbjoU/X.3dyTbdXAs*Up6Lu710NiAQskFtT
SJ-1W..-RdO/KSWRPChrhZh-7x#Wl2AEG.D19zZ_ea3JbH7wV6Pdc$T_7_UgKyhK-SWSpr94+swHZXSD!.._-%J+fI#drS!ZPO.Q2F302lM#M#pFa#a/Fa1vwziAg=MQYwGA9Eo1-Xt2zs*nNsY!x+DY
KQwikOfbQEeUGTh+@U!ha2Dhv%K5pPeZo4eJgK-I#xsssFKolzwvVd1w@3NjEIz+GZ4ArM43M5bVIIZTQQinZR8G$2wC6hbGtYlC89sZ.mSt.t4fwK3f/fzE1riB?HH8v61Oo_gQ06b8_I7snfQF80/H
Wr*/WYrXXE+BAt*l8p@ndKq618j4ge8Zkh!q5=cgnmhmz2#2c+t$C0HxLrXN-Mu@tY76QURP*J9TYRUfrvN?1H..VYqXBmau829rE/v!L#HYpHUD?DQDb83ZkcsX1TE3Cu!AIJOyWMqvN85UVfTT#i$L
k/y.eU+.vpEHkg3wObvuf#H@jk@JA%mKTsl5xK30oIW%bVr/KJX0$3gqnL=84nkRisS$ePe+Zd3-untQbCt%EmKp/2+8cA@/hTCC2@btXGIGfPKlMziJ8Y_GFkR%aOi/FVGq5X4%ye2RNAKM@0CFh9Z!
X_!H*qDS9zuba118i95RZhP5SHaCh!ahDg#VEg3edT/z.gvSStIw_L@0OOTY+clBjbL0a0Hm7uI=9Soq3%TIlw5V=v!%6Cy-2Z7I_W-*!PK_6z-3nw0-3!8pY3bi7p#/flgeGWMZrR*Nh5wa%QY@NmS1
y3VhEf!M7w6o.EGtE*oFBTQ*.I6LPuJ4301u_t/6XX8k=tO@wsrKB6p41LeRURYmpp?pJZY-mPiiVz/cAE$?NKmXYR!l2LC6a5=RC#ti7ijcc-QpXUxYawpZa%a/=X68n=x!Fj@P-5JsM65_EOa_3K4G
XnCcFJU6AlguR#Jqe5n9OGyAM$c._t-71VRwaob_VeUcxa@?he16y?2vnsxD@x#RKr1NAE6mwSHwXAJadh6HJvX99RU4=BL@h.9@4y8uLIRNzEf+8HhK4xw-Qt2hKJzs@Ft%z%nAf0e27!XXudItAb.K
ou-18wuuwdn$0=d2_K7/4+ggm#tXIZysHDe/=vHTWO$AR8.huf6etbe=or.d.TXbWrUwBy2DXb+u6Gc/p/d$?leD-ng+YW+tx3H_cNQVBc0nRvZr5xp3Le*mG/_b?PH@17FpQTuIG23/c/=-54nKJzrE
%#ja/?I*@D!!zqKGlwglELgIMd1XO@+Ke%dQUutll_SoO43IHyL20-R-VDnbzaGvvu.q9s7xwCq-ZzujHZHF@yxAA@d5V_D1f1V7LF=iPhm!Co*%pP+FI%Qa53_GoQx5Td?Buy?y9d5_tcpovYrlRP08
$PbkKINHcXHtT/U7rD/#DFiD7hFB!mme0iBX4.mcbTiMx*Db=NzzZ#eM7a8JV6oxkxIwEV?LtsO5!Ke.CiarRU!acIbBx_rkGJCOrNjoaY_7eE?pig2hq$1X#f=FDUDv?Ji?breG8mSOOG8XXmwHtiBm
i5iULzAWiI6sfug9%3-_xex1AUx+4/SOtsP4qx#JMfdWZepB$zUzeOpC1ha?D-ysIQtsX0$crgG$#$ScZYDMFA_4D0@2YK7fdV#3=BSD2tnoMkRxW5D9cGZ1*=5Tr=@aKGl9@P$nwYqvp.rZbAtmM7UL
h_I=nhbh7X3K-4Ao#IuouEaobs%TgXvuepCyok%.tjRwEp7ssEQG1.9Z-6cCh36ClpkhBhzc@h5CC5T7D#I.MvvL/s1Zq.K4AZE@zg/I-sk3is%T#3I#iGKoOzRzHwPs1MoJJNLzvUx*.207s

211名無しさん@純邦楽2018/05/13(日) 06:43:50.70ID:1d8eGu3b
iw=/%x@LibI!-/C*O_jGKKIvl-!!f2?r75fd%S@t0Nna.UpNLWb!R#K80.jD0nEEc!@vTyoAT_rY..=1rEcX2dUjxqIftui=$RCCEPN/Iz8p45!6E5ZtBQbAB6c3ZAHG#+jaYhbKP-$*0ouh*#3#xB??
afonV.eo%a8S$!n82XAAr_yi?g*-gVx6dkW0nNuYyN9ZwaOQ=WQ/tyB$N$lrlFZeHZ3Krfp_G!u-ph18dst@Em*rK!Jwp15ru3S%xpchi!wPL*DC.Hnr5eE$%spXb?x8#Sq8c0elcK*7C/RYINAOhc*-
N*PUVJsj1nc5UU$1zJw6Nlf?lG?uJTAf+sNEMmQ$ug1RnSY*9hnrx*YEx0RVd.@AFEX0#Gcp/#pcjcwiTls.C5nE@dlifhHRLx32ZBL13UKS9zkfZRk=?pqz9F7C6/7ptG$oHg_t4hyhwk8AuGws-WRZ
qFRHV-=hyahyt1W1*3PVbgVxfIZRaj@pBqUXl6/6TZ8nmQ+6YMcS=Lb.wqMNBa4R911VvBe?WWIsV/tB_grkq#8Q7=0AFU#LREM%ZyCsdpzXiv4nM0W8fCodMI0p?zgXyT%B*S1$kot6ARn!kwaNAsid
yJzh@#vLRBL67QEic2$2/3jzp07+oozAlpS/q=dK-WlsdMrnqBepWRt7VEk#2Iv.8DSDR1AfF6HMOOuQHUcp!FE.tYZ?OcDNgB%UnlGz*DEa$d1Z8i.w0_sx8QwM-@e!n-#A%CPUN!x0b8lGB$lKXv-q
8EH1ASB@j*vEF%%!+WGXrk7byVw2mFL?R8r7-Y$jVi#?l@I7wE2kVN@T!QW/5p0NL+L1Kwm1@/=fkrL5=Lr%TjD4BumPSEgMU2lATH!Q$BankFI2d8a.pR5baQICWf1$hHjMs%XDA-vwygnLPyWVliYH
YiNDecTXB4Jo3rq3aO$8#Zx9BDY06wgywKWwXZop!iz=.328@/Gw$4*o#_oL6JO*$yDXgNYHxSLb%jp.3eWQ8zvd_CSkhUrELNQcJefDWMT9PIH_?TGR7!qriD=!RbSz_-hy397ynMRdieOgi6dT%5Ou
tZJdpYhX7e.jX$fXGIgj/50Y5qLR-6hzj6WXsIOgD?qFxF3CNCs2*=7=#K#74DShQD?Akpx*2TVcWvc4+M57IvDNd?G-hR6l3e0lnqv/6kynXB55*G%y2bFmLyU99835e3n#$9VB-Dn$qpk+T*AQGuot
SJdNb$A6EWWzDLvGv1LBTYFX_r1Wq3lbc4KVsoG@ITv7w@hsEZ=mOxXFT@R@%M%@c8*KW0PkO_x2ne5oWrDPUba2Em1j#LNCJJdLhpF3cR2ved.#F?e=y1v7pRtN-E@bk_dX/PyXKZLO1NTi0xGwU?f=
rN5yUoRIdgu0_R_gKKdHmwsRzi87v7CGnyh!AA*LW1jTlZ.sStPmD**VI_t@JsnXUf-jYQ!6znxd0La+LUUgg#vQ2ZonGcXV!A!*CFdT._a_AZqg@p$VsMZRdRZS=*IB*hmkw6#p*B4S?!=YOecG6Xiq
pc_nf5*yoP-$v116dsTlauTXK-3Kj73-5jMZhCNcND#MnUo0tuHh05G4OoT*qY=s7JfO/QH6JFO4msxYU=t2O!o4B4YL3.!V0wBxBHW*liYTM*Gz+l1PAqS9LRoq%1tZXp.ITvg+3NWcDDY+NYeBwV-P
lrpDBQEUiO4AK3$0XEAXeODLaxZb3l0$AuZ%@Thu=qM?5Ae$Bt_jjnYT80moH4IiFlqrE0#!RArr7xZ3NHXbffTF#ax!1zFzCkWHGu-undEyKMW5dk6pPF?SzDrKizLm=R?sT??6DgP84E.YV2HSBh.S
HaG-c#++w/L9qhay%7nP92?N9K-z3*7U+uc6Kx9QNA.EWDQyULKNy-tAjhtEp$S0v@i$pMy%cG@X9wzvi*5uDAOrNn/mXt

212名無しさん@純邦楽2018/05/14(月) 13:39:32.58ID:+7yTjeTF
*hx-DW6+@3rpIFN+R1*Vg9PZ.=/sCXjRWZodagOqlb5raJJNauwDAAQm=x3?e*UoED6=S1I-kAF*sxJGZ-?i@bFvw=S7S7UvEuJ+.PZO4+UsX!V%QfwIH_PF/DnUCU*ruUEADOWfEhpxoSOlg#EdtY1L
2w7upPcT-55w*7Z2HZWaVUo#tTLGzZOaCbjg8#2YV.a?X3I_Ts@A$z/Z6Rp4#IG8+v?V!3_jh=JA/G6g6d*$VX?4ZtCizch9jeDw0!m!IWt.#_RTb*tq9t.y8s%gbfCFe#6v0K3=NoMO$BetDd9Onb0v
5XD#Cm%u?Abq+b!vy_qkMZ?./!8yR@g3Qf?Tb.7bSJJ0Nz!6HRt*pN/xY1g7AQ*P_gdTNItuz6ph?ODu%SL7mJn9Zj55GdfzO27$EwCm6/p0eY9QsP.!Htr0OStZh_#0k24wyiJqZYFMuOHq?xL@OmpK
4$l$S?.t*cPuTck5uOB*nl5212kp$ItPh8KJMzl!DJPIZgFko3Y0!1X-prfE!BGSohMcrWZmp$oM$OgK17+FTap=Yg7ESXNzr9D=eTZxVD4pjr6VZ%woGwpAwVFooEc/CHuF$Z$7GeVb5H7gKkxo.zB$
9KekA#ZukLTVnekPNwL1J%qSyXD?itpvr+$tgWGQ=0KMF+pPmjF3e_Fo#F@YoS*ZUW?Xk4.8YDwuTkR2jjEZkH6W!d-PQ1H-*ctvAMWjCcx/I9CEtzs1IfBFH#n!GvC7+?CQZY?vhv0OEV7Vq.3oX6-e
.HL_VyVMVEpwTT9RmwS6SZOi_m!z45OaH-em1#9_dRL0MrSBhV/GzoaPC?/NI-n=lNfWbec+SMRoroLR!0f!7IeI9Uuh_4M0*vtBkAqV%mQ*kzxv$u1XXr2cFsAoXmY4FF#f/pm$hCKi+71R84_%7W4?
?Iq8Z%biHucCbFK*M*!oz%W6$#oVCBdKF@yWugR@E$g616jcqy!T@Sf+pS3UW1lKooQAw9h3mQS1yvIdMLWCZ-/@UjcwlhiAhO2Cp/_X$6!gSmw+kd!Fykghbzo6n/+PU7sg?m/+-?@Xt2*zrH*mV%l3
Ss*.INr9cpJBd0AAfLMMl=Z$.qnA5h3%4lIPCGUN+IkoT8.?8Rkj4l%yYba_8z!0zz%__2mu#T3nwSKLFolbh-a#u**wqt7M6SjF$l5A@K_LQMMplTHv*rjT1HcG0u*.NhYJYoWX1-a1@x5TJot.?x4n
tT9d07j+hHvjBOcOEkX$x-dVGJ6OHKNP1IyXi#MSu%l29WZph%MHSz1cdDUX@CCRNBEOZ5eZhu!n0dI%c6v+4q89eO5yu!_DBCvmw_wSJsNGPeHc#5bzF_./36.y@/Q_8PjGql+6!1_!LXau1ubp05l2
Em/f=iWPg.tOD%eF!7$F0Zw91UFrJ?7=vtgW4D1Jltc3=n7s/GnJSKDbAux74JhAQQJ.#rrf71ac2xW2NkQTzKLpQFdmXEpjzddtRbkbjhV0aeU._#3f!X%KZ@PaE7t$*o_KitGpcKvn_I/GhJOy*VXc
*lgl#hH?3QbP*bvxME2jelLuQ*DYMuJ@mM/=EKpWTlNw/Vx@vmwOro9Vxw.a_B-?8_cP@bGGs9YgLjHbu53_G_-u6ILiTmuSyH4JA!%y_MLckCfn2D*m!ZVnFF1jX@-!*+Q+/?zYS+p+8eVQ9i/1_cq?
r*c!DH%K9@/dYHiY*s=UjDG.hwCU#MAr_xwbyEZo*qo$!lriS4E9JQEnny%a/#Gc*aU7%UkLOkEcJ#d9pJ-iQE6WQE2swSmXz*NMZQt9@aVoe2d$upO#6Bx_s?urNX1mYvOVoN6$4AbOP!Ta@K/HgOUO
=nMZ*EwlhQKe!KNrE2lK!5aeQ_I3!BUTd-o2urBI?%Dx.1MBVbc/9?vf2Pn3hbb_YXKeaHam20yfvJ-TMe.xBRBWz4B_RDn._VV9dcu1z7h8Piu7aQGk#=gI1I.n?bn6@f.hqqnlxC+lFqg.TtXjhmBL

213名無しさん@純邦楽2018/05/15(火) 14:52:49.84ID:H2qj3pIj
j61Kr0B$o@pPXZ_nk5DbWdx+_$oMIlDz?TIeMv_=aEqsl9xZwLdDLCl_6NmI7xMIcyIwwJ!QHWLR7QAAa4KH0ZHmKC_g*%y.PRTamT/KMGBh.jKC2lZIWS%RAHriWv$htqEdQ7tatfOaP2Lo_#xsfZ=y
Zmg7AyY@/eqRapihqPeS@=$RpEMs7z=1$9lhhNLNo2vJXGRZGHXJ8QTN@@a2*91ooxgdGR9l0w!m@Qf3zRVO?Ji.IzS3QYd_a0aVTyYa9b_1yt5=$jl1nvysgxArt9901uSQ=1LDkKtPW2teBVhG3b05
gDQOUYVmrY2c3Sa=KlwpA9l2uRzXZV3ij*PT4$NGoGuX9n?zHeUK=zWfKryi%li2cvYu9k%Jmp!Y+JQhpM14zQiJYb??ukHw%L2xOIX3EEa=NgKD!%2fJSLUHhD8zO+xlhM@26iMnY7GVw.p47.sRIFp
k@!D2Uri#0QNVP2wM7g5m4U?i!8kRND#E3cpbs*9Nk?5gbI1ieiSN4QFs+CizoC85j@gR0fV?CkM@*N4as_NIE9!@oVHw+@lGN%IJJCNwZ74w609?zg9wSc4TFo@FL@y$htFRU9vBGbtoW%rPZgP1!3L
Wk@mflKV2qGPNJfq.QRRgOX_WKf2b30MdFsUApYSHlRSZsOgI?K3tTOD=evUlJIX?9TodvZmAo=%wNpCeDyF4Y9DpP%$rsLg.mh1xUVmHs+IG1$**JQWhydIqjSPqgvdJ1u%=cOBwV4!t#Z?ctd$mUCK
hx?%wA7zrxel#Ji?Dlw7ImztwJY$u9@OL1HHalE4?/xX5RKj4JODuqBQgKE7mr3tsuH_!k_W#J57HWcph%i%4Y?WA%9jD08+TaQLGkBTh9!P7?UOW3U%Vij*Vb?j%V%f#H!Zd+kqtz!uiIODlnSN8KnF
5v1gxi9LpSkRkb28wIc?fBk#0G77?j!DOfDDEz=EowQjNMVgmq.*#A/nH9CAs=aMUQUAzHtKEFiG1f8ElAmM44ICF=l1%TdjXKbNGFDM!qYM0$rfTj@#EY$Lm0VAH5uJoE4MAvjw?D1w4qPJZa/Q9HPm
$OIj4TzA9XG#u5L??AU+QFB3A=SH/6ya$r97JcYgdp1NQFgmvPP9$HME.z@9KUOoG3UFv_$$*NUCteR?0@qBf4dj4YTNJO=HDKtbFO8Ca=l.2!qor*rS$UmMt#lYbaBlM27fs9ahr!%Ai?s6CFHQM5Qm
G.@Ey.y$h_NZIb3eciP!=V?@8$jxBcXpY8=?2egH=N=s$mOo9%x5WD7ySSg5O+/MnTZsrX4l5Gj5R?+s2+?vbFMWECZyQL5KnA7qkBxjOXNz1E_Hzz!yTXJa$osXu@qXmNp=_ur03ba0bbrW3!DzV.9!
gAiV_4rlO@%ZAKf3T97.SfS3qpNWDV3uDZAX0z3+gS_bYEiu@354Iy7*cHt8P=@x0ddNledn_7nsX%+sSpKe%rjs2#B1e.H3#*THyTi#Wu=m6%1UL43U=bFznLqP9IJcXc?RReat6_AOTD0hzVLe@27K
7vis?bcdvM@akdvBJ3kJ9ZoBC7.@obB$*mOR$3t#QTyT*OZ.gkV8.x2qJF9vRa+J=+wc@N8gF%*as?=2hF!q2LO%yJO2SJWIm8lfx39GP.cHerqaO5cWVzWV6K0=i7/pT!@qi.mYKveY*G!i%oMfWV+!
YhDGC9eFUkv#AZ4d4LpH?6B*ZrV#Y9ziY3EquFbF3t1mLTEk473CcG=3quYSvX2YQ76c!_7V+m#+l5bIcXbAMQ?Q*+aYBwj@Fi/_?U@pfLNdnAOfHE$rXfwKLfgkSop8t#MmmGGst45UHUWwG1S0$.BV
6Dbt?c+Y*PdHgw$?atF!CNRK%sp2Hhywb?t.t!ru.kWJW8??8W@qk@Pbz_ngrKyTLp$8U8jQCg!#7W3#ThKVaYALopM3qI@VsgNzhXMIKDjzfYxdhtcrCM6_X?i?GS216ayu=gr8WnJ@ncWl=#xgFl#E

214名無しさん@純邦楽 2018/05/16(水) 07:50:32.51ID:4xTBre2B

板復帰(OK!:Gather .dat file OK:moving DAT 48 -> 35:Get subject.txt OK:Check subject.txt 48 -> 48:Overwrite OK)0.75, 0.69, 0.64
age subject:48 dat:35 rebuild OK!

215名無しさん@純邦楽2018/05/16(水) 18:01:54.68ID:+kUeV6Cz
↑基地外亀梨婆w

216名無しさん@純邦楽2018/05/17(木) 12:41:33.18ID:7KVltjAK
5snVEtZmcYh.V3PPmKfJuTmVI8auNys18vLTj%MPC+!lQorTQCJ9jS*P+LJFsu*y*KCO7aLZ*EAB79qHDda9y2lHY+kF9/gzCyqV+ITcCb0gqx5_JhIS%BzhuEh.Sq=0JVNMn23o9G9z9OeAX*fS$jan
%*eyKEW!X?R3dRz2khLuZyKAwnF#O8O_S$la1?K-jetpRfc+demttdtOl_/vdGoNI%r-u75ToLPMwY_W$TLfXnoGaXIhyj8k4=fSzwG$L_$?Kp!JxTx$/vsH=huJQOAxr9GqCv0PqbEjgaDq#RjE8ZYA
xL.T+W3X!jmbRt=TVmRux92a7kmf+@6l1%GA$SkgLV9nj*hk9tYLoKl/HlF9qqu7N75dMvQPBP1!OFWnDya8yv4qCbABOpXHaqM#PRDr*jcn3C2yh_umr=G=xr_9ACknaysZi9Ra2HJA7GKfsaUfd+GD
$$vfkR6FGCs@XOrPsu!gz8VKyXGe1U1Cv#/7e8H=ivW#j752W6ExFKs6*gZt.G0m-t+fhc/ou56SL/mpatJjd+u7ZD7H%_Yjh5wdpLTacjrcbriI/fT2Xo@@I8=$7tbv3aiIOVuuYlrcfrWX%=qfW5LA
jFBRCrL+goY!M*$F=M6Gx#IXu3.p.dT/nZ+u6_W2CMCK_NZ$ElDY3iCOr@rrGy95C4F4GEFeNzo20wX%OrT+CRnRknqFotpQc2.Cz#l#d=6VE*5oJgqAf/9l.$zo4uVp$y+ICdQmEy?JVqpX7yf0=jFf
=Nl#l39k#mAQm6OZDbpia8*cZrNSJ0oDONy$X1fjWP#BY=ZnDxPHT2okYk1Q@3h#HENuT+Y271=b@.G4Nx4jKM?LvKCP07oYIR/ZWVQDC-sLZI@+RIRi$+jKjpl$U%kVCH2e%O7hB/9dKPRAalD_YrVn
k.xzhaesfeCovMs*qI3T%3hk4r9kQtRWa9cQBbv*Rh8ux/1XL7xPs!6e.Y4zXdAnabWRVdI3S5eXMLGK7#YbQdXfk0a_+3wj31wo#1u9GYf4P-iF7LyfzBV?*zPbOSKLni?_9xK*d3_Ng14eB_5dhw*%
=EHt@PVGYF*jWJoa0Bvxd/Wdz1N@brFO?tJ*v*t5pzPB*oVs8#94Z-MyDzt2XKmtoPYB+jPM5nA0eqv?gHGV2@#qPeNbqN?ua?$rDfsK-2+/3!.JL9eigIz.3Q!5ctau1xf.gQNj#Vv-ZY5kuI05=b+7
Yh9#Ro5jgE66DpGAoH2!OcQkUrq$q?2Z1JF.YS7pp/f5Y5afW?klH.=sP3iIy3lIZJYy3C._JEb1wI3MiE!h.eyVs1MY/q!xalT-Ut*E0VXWln/HT@b_zBD4dkDtk55nXJbx.lRueW-trlh%u$6NhvXN
GZxlUloD-peQBkQqDTY#qV9Pw5mYLtFP=2wkx_Y#$0P3%t3vWZD3==0*fZE9ZaCUeymT6Yeeqp.4K@CxOAFJ+rX!i_5A3#zoeIgQ=YnrV=?!Lb-C!hkSA7p61?Et66*H3#5R#2G#7/yn*c+Bw/3M2394
db@.qO4!h=P#kPlE4XQ%#a-iwk%2Qpn!.K!S0-?WgAchVU*iMN/S69Z%?LylYbw1EOY_WeKxk@3VVT.2b#b45sb7i9oAjMx5Wd$7w$YCNsM0g1udkb9HGK1YRY=YW-yVdtD9z+Sz*qTa!RtdC+c7EJJJ
sN4?/F4ZAW/CxAOR%R4yFNrWAGwtJ.aI*6sM2pL7HCu-L_CxDGnBGB/vzp1LduR3IZqLkX.N*jMoPNfL5L0@jOnEaDPXWw9v2Pdtu2CkYjpReIS=KbPgI4l?vCii9j?shMRO!S$-!oAb0c6TqxD+tcKl
A34s#03.1K!EMXQR-BDQH*uSzkAzTn5PwF-%Vm0$VOOTCF?7U4qXJQyCNR-etc.5exYpA-CYEuaT0/6-VqgMmiiy2cCC5v7i%Us9n$6ehuIGWy$3I_z=CRpCTcFJkr5%k*f8oW3Xf+6ID0Ki9?UAo%zK

217名無しさん@純邦楽2018/05/17(木) 17:14:02.30ID:APb27Xsq
きしょっw亀梨婆

218名無しさん@純邦楽2018/05/18(金) 07:59:27.43ID:NBcnycc9
b=gbXPuUrdpwp+dPsv*rL3GF.tXXsQX$HN*3kxnrLVL_Y=ribP#viDQ@_3CF_uOzec+t28zNE5xL+HLFQl7C5vnhsY%vCa85-gFLss-fAtzkqWmjz8B7kZbjoU/X.3dyTbdXAs*Up6Lu710NiAQskFtT
SJ-1W..-RdO/KSWRPChrhZh-7x#Wl2AEG.D19zZ_ea3JbH7wV6Pdc$T_7_UgKyhK-SWSpr94+swHZXSD!.._-%J+fI#drS!ZPO.Q2F302lM#M#pFa#a/Fa1vwziAg=MQYwGA9Eo1-Xt2zs*nNsY!x+DY
KQwikOfbQEeUGTh+@U!ha2Dhv%K5pPeZo4eJgK-I#xsssFKolzwvVd1w@3NjEIz+GZ4ArM43M5bVIIZTQQinZR8G$2wC6hbGtYlC89sZ.mSt.t4fwK3f/fzE1riB?HH8v61Oo_gQ06b8_I7snfQF80/H
Wr*/WYrXXE+BAt*l8p@ndKq618j4ge8Zkh!q5=cgnmhmz2#2c+t$C0HxLrXN-Mu@tY76QURP*J9TYRUfrvN?1H..VYqXBmau829rE/v!L#HYpHUD?DQDb83ZkcsX1TE3Cu!AIJOyWMqvN85UVfTT#i$L
k/y.eU+.vpEHkg3wObvuf#H@jk@JA%mKTsl5xK30oIW%bVr/KJX0$3gqnL=84nkRisS$ePe+Zd3-untQbCt%EmKp/2+8cA@/hTCC2@btXGIGfPKlMziJ8Y_GFkR%aOi/FVGq5X4%ye2RNAKM@0CFh9Z!
X_!H*qDS9zuba118i95RZhP5SHaCh!ahDg#VEg3edT/z.gvSStIw_L@0OOTY+clBjbL0a0Hm7uI=9Soq3%TIlw5V=v!%6Cy-2Z7I_W-*!PK_6z-3nw0-3!8pY3bi7p#/flgeGWMZrR*Nh5wa%QY@NmS1
y3VhEf!M7w6o.EGtE*oFBTQ*.I6LPuJ4301u_t/6XX8k=tO@wsrKB6p41LeRURYmpp?pJZY-mPiiVz/cAE$?NKmXYR!l2LC6a5=RC#ti7ijcc-QpXUxYawpZa%a/=X68n=x!Fj@P-5JsM65_EOa_3K4G
XnCcFJU6AlguR#Jqe5n9OGyAM$c._t-71VRwaob_VeUcxa@?he16y?2vnsxD@x#RKr1NAE6mwSHwXAJadh6HJvX99RU4=BL@h.9@4y8uLIRNzEf+8HhK4xw-Qt2hKJzs@Ft%z%nAf0e27!XXudItAb.K
ou-18wuuwdn$0=d2_K7/4+ggm#tXIZysHDe/=vHTWO$AR8.huf6etbe=or.d.TXbWrUwBy2DXb+u6Gc/p/d$?leD-ng+YW+tx3H_cNQVBc0nRvZr5xp3Le*mG/_b?PH@17FpQTuIG23/c/=-54nKJzrE
%#ja/?I*@D!!zqKGlwglELgIMd1XO@+Ke%dQUutll_SoO43IHyL20-R-VDnbzaGvvu.q9s7xwCq-ZzujHZHF@yxAA@d5V_D1f1V7LF=iPhm!Co*%pP+FI%Qa53_GoQx5Td?Buy?y9d5_tcpovYrlRP08
$PbkKINHcXHtT/U7rD/#DFiD7hFB!mme0iBX4.mcbTiMx*Db=NzzZ#eM7a8JV6oxkxIwEV?LtsO5!Ke.CiarRU!acIbBx_rkGJCOrNjoaY_7eE?pig2hq$1X#f=FDUDv?Ji?breG8mSOOG8XXmwHtiBm
i5iULzAWiI6sfug9%3-_xex1AUx+4/SOtsP4qx#JMfdWZepB$zUzeOpC1ha?D-ysIQtsX0$crgG$#$ScZYDMFA_4D0@2YK7fdV#3=BSD2tnoMkRxW5D9cGZ1*=5Tr=@aKGl9@P$nwYqvp.rZbAtmM7UL
h_I=nhbh7X3K-4Ao#IuouEaobs%TgXvuepCyok%.tjRwEp7ssEQG1.9Z-6cCh36ClpkhBhzc@h5CC5T7D#I.MvvL/s1Zq.K4AZE@zg/I-sk3is%T#3I#iGKoOzRzHwPs1MoJJNLzvUx*.207s

219名無しさん@純邦楽2018/05/18(金) 11:40:14.94ID:r2NL/k7p
基地外亀梨婆
精神科病棟に籠っとけ

220名無しさん@純邦楽2018/05/19(土) 13:51:44.69ID:CgxRANqK
pmr_5F4wSxrR0YbM8cg2fMjubeTSz!%GgTaxCErWiGeieTeSk2HcE_REJK+yHnZKnK*PxCZ@OxyfZ#WTVNtEaKbFOezE3XcymE!vwX*x7c4Wh$qlYqK=2VnZ!GB=/y?X4=dadOCA5Mw!B!nKtOBc@PZJ
1@ainJzhZw?!qPdjNU03!k3udYA0Z71UZ8jsfxXS=Z.J?z/pKbv+JN2drNOm.Q9rvHq8S3?#$nPiiL!EKN6w9pwQ3tOeQ#37$OytZFvv8n2+fzBv0b_$9in%O7WefG1+iNAnB6*S2l1e981xMVh5*Eax
bW+@o!*1mxEgeYxiRs?WT%RxdQr60g@xtl9mqqgSMFY?F/HYDh0oW+2SK0zGe47JSWp4AB-hm3kWRxWM5arV9FMZ35kP26scq+%Z/Vfg1A1$13RAFTj3lR%_oRBAEmmPY=bC5oYy#oeri0C/L7M*+vQ$
2K93ov._0ksbcW-5MWX#GPMII.dWIY=$6q-Jkr7+_+Q/eWHJ+2px4LdLYiUz$qeYwowZ/c_RUk1kns_tmIN=udb=!W=vpo?Z%uJ3M+?%/rN%vraMWchc!r_1XW4X3V6i1qYP/H4sxda9re4Y0-Nl_ux+
%2V72WgqBjamUG=8Ps!roU0qerRBQn2+a/hL3ie2hMWS*kj$97WJk6S0Tm3%Axap#AznQD729A?KeLHtZvqobbzF=DoGpM7YX0duJ0AW6lRB1ePdAV$PziQ/=rF0t*P-XK=Ez/@gtbb*R!/76.#cS!@3
5DFZ+r4Amhtgp*Szm=#K6v14Y$TzKA4y@Y8DWXr5yUKMmKhM0/2qc3o=!4CwbXTF6eTd!kJ3aT-UBYfAL?7P3g+O7s*hNfSx74fao%*@?bwNC430#nUN+GjZh?i6C/x6%8_=?jLzpWCJ1c/p#-GQcdyv
M.3lwarK4?F.nqY_Etp3z-D@MSO0URLa-ETQ/Xkz4pN@X7EhI!zk40?GkJ249-?MYa/zB/oBXEU5pASZbG04!tt$fpfUtuQ_US.viZazy?Iy0K7AHLS$sZe7x73b+2D.vmNZgoCHISv_LTYzXNdy8Ea4
JdWJhYZcavzWDJfuexg0nuqJEXh7u3G*u10eF%!J8f.MT$u@oT39q#X/J.c-bBeAHbqEUXv8h#stPO1j4ubTif6?xDBvqnfIiFnrTb0.vMgQw?t_=f50DaCbtqjjcaT+toNwtgxPVfCtNQ.UwqSJKCzB
zIr+Yx8-Au%B0ML?YsST+B#rONMvHnZXDeRsjgP2cx0HEQUsQ9_3pP_0%pHDQ=5*1MXQF=7+LMltQJcA9Mi-OI47O5%BJWjSkUQwZ08Di=9ywQ3w.*d35hd2Z0EajY!8o#koU*XiVKaBms?rF999YTOh
R4lEqY+l_eYgsbTH=92rjYgH/AqeIV_OlPSud6oYb-kuTyeVqZ*9.nCw!KtcpYqu+1V89Te0RYY@$X=kGLIzIQJ5fo4M%1qfAj!yDY%=$RE$u8HU-9.O2c7?%wo7nlGbfrh-oQPR3Iw$!cVZ7hguS/NN
QG?kEhjW3UboS5yKBsrY5QMf_r2?K.F*Bku48IsFU$p#FGfd5.c+iA8ojJgKyT+wk+x*EKiTLHM@jjNNSexP_xS.3ikt91zV@AfF26zVptLMabGW5s3yAqVPfjXuY+HHcGh8h#*6AtIhZ+$VkO++yA6#
VlHLbXO5G@z.cu=gDBbm?#qkqkei?x05ucXU*y15D!JZh5z2@4I/lBWfNo2WKL39Wlms9MWHgilFvr800t?AccbsiESgyB@rZ7bY$EsiiyLSbUG#S.kA0VafzUzW=!BC-kq5ZD4$5I2Mh%jxJZspTqxS
Bo5dm*Lc46CbDg=1Ni.T2#JaCNuV7ika!j@RdKQ+E5MfkU9#xZfqOs$-%l3eR4L.Tst3WLKISgGWjA#1C-YUjScp90Z6HkXxhi%Yo3/nhawW3HZ!1C86b0S7mf

221名無しさん@純邦楽2018/05/20(日) 13:20:18.33ID:JJaSNn/1
ylEwQL9+2Pg?69Yh*%t+G7zf_-GQcZjjSQoq+=Zg0qh*ej28*oGq5TU@p5I!lEFMBq_ht#WyqPuA1PmZLD%LdU7tqTwM%ISr5KQ/1D=31DN57VevfipbPdoLYfm7X$YOCdpBq_3sM3y4Af=eEFqUj*-/
y@o%b2QK/DhU%%ea!vrWIkr6V=eGmSfu_Hr5HTGVnCl9V.R?VhpjBocK.2!+3joKfH9_TLV_ljYA$Oza!aRf.!UIXvyIHba.qkbQj@CPT-pM4W6/Os=vdnsIvfsMDnoh7/TJRU1LR2t678tm*X*LY#M+
CrQm@5_b6.?3xYbCxYZzzvNvyGI!=t8k#rMxu#IPfZ2DN0O-HAwW/3jc7gCa@X9Xll0@V0sfg3ORC1TgVh!8=RdxrPgnKz*-f7XxljyuDFwurwl3Lx6ViVY0_xcKmiYa-n*8wNw3eQdg_C/P0NUOaCxc
hKnpF.kW5bD8OctvN7+6ln%Latf3SDX=zniVH_dE#WFNkO9G#2DMrsoTpKRgxg456%7NN.WJon8yf!Ecf%%SZWCJfT=gJIB1gp%Ua6_KZGIhq_wIqh7#HwMW++#9ooZ*jzCGe5!ZWtKd!-$rFShxzYTC
YSCH-vQdmbFQfOdGSmd7%f6anj1wyK4JEol%OKl1KxpK0vAf@xWLlqq$F-6cFjh7t8#u4HihtpcudiffK/HBiMA1Wi8aRlrTw.t4T9c6i6y.-F@03HLlftcrGw-GP_5O@dQhmg.*ED5$PP3gUf%/+ib+
4mUp37fsdjILWV$W67/m03tKnRoJ=22pz5KR-zyZ@bOi0@LE8a_#pTVo@t=?gVtX$/xFMb9SgI4O*NMCW7sOHr@%hCZBS2IU1KaI7ns/8NvJ.eTeq3hOWg2w=ZG%ivx2mbmK!PfZKmqVN%bNDlg6f/7!
0AW!l7Z6ty%MAosgtf=BN+*%.DNVa8+uwgVX9/d+Qi_!1!I2Z2ZP6lEtf-a_Ds.0yaD!lsDdPBk0cA%1.-5srR1%ndMr9r#Q#UkN5E5Ht*$%ctTOoncVQcNz+kRGWJj5UkHlt6+1bN#m6BSYJQGfJBiw
Sn*P#AJNB%2Yl=1r*mPFD=G!eIx$lq-_F*zwSAH7y.dWos*?/zYan0u/hv-cDsJv30Z3jfwiplZbiNsRvxJWHj/a@$RD5$!we/@RV-!=fY!O#v0Txb1=RO-V6Q2v2z%@pH6BKTBXH#Ki1sA21P6p6r+7
_9KJ7KILFZ.t*I5TNf6Y@S5FCYSa?BL@QouOczV.zn%%-AF7?QImqEDyawczJph!TI$8/8r=KN7VdrJCgFQeIxmLJcxjC6?n60ug_-2X9VsgP3*7ukQOeqceyp$kkAR+R@mrY5FvYpF5sXs#pIF*fvCM
$@A*i#-S=T_av+0Mnw1XjO/A4r/c=/8cpMNtpw*8Rs@77Smqq+9zxZthpLJ.!wZwSx_LZ@sRc6VXe?kj.gmhsyfrvb1-!IbYTyif$w5/a7=2fIz?loQ7ndajT0-%0-ikN*Xz-11Ear%kmNMMi/pxmDZo
0Yu6WT766Ck8/L5rPU.gV32hPFMu5N21C/C-d6OvKM#Fo62ZZ@*RU%agqe$XaGfL%vDd/XOmuiqr9MsM9$SZJ2-Po#_R/e#Ti%wBZzT8Sq%y@uMITQEONtuW@u#SnUpy?1IEv#1oSzPcd.-1c.XPl8o-
z=ucg3G=Y=_r6G/t9_3G*!4!nDKKck3V01x6vF_*qvCOm+?D0MxUDK%3JgJIlRi6Q#cguv+Uooa5BT1#dx-jVFxnHyYK3cB$4?jv7UuHn?7CmM-Zsl/$*g+9XfVh%*bETB3ZHD11Nk22gCAE4O1mFAjc
HK4UsXtGR3$3NJdFCyfvTP8nPT=?oD$h3AdEe4lB5L!pw5.Q+g=_58mM9KfXA%xuhzCuq1UkMRM32DVjE5=*qCZKLPEKpj+Nlu@DC4m3jtEU#PKCjpTrHMG0+obYdJOoM$nQCz*wVg6NrAHa-_A%/tFi

222名無しさん@純邦楽2018/05/21(月) 09:11:28.13ID:SsB04Nh/
/@rI7hO!oXBD2ZEjUa*Pm*VTQ4jup+yME5b9IEgTTfDAD78%RPo1jzjkN2Zn9X2oP_W$j9h-EfO/TfrXb*R%JAA83c.OvApTIoZ1+4RyiZGa@xfca!H3nhqLba6s?NAw*jL4CmGURA$6+#M.1WBw+JTS
3$H_Uvh6d.kwKsd3-aF-=Rc!.+da#bpoxvg5vxc7-z6ZpFremn*gIeUU0e$eCV.VZMRA#2o4GmpE%D@uX=s=G#BrlkWTsR!$sR_3=Y-xbGydXW@udyMjeYpjQH/ITU3?A_qcV0$JUAi.%4.%fH_9rsJx
Rjm5QR8To@b#/0S+UK353lbJ#prJK0#?jthX=-K0dnHbk!0CG$JXxBb%3=.bKPUFzve9rAnQj1PinnfvZ$*w!=ynEsMhgfd9ZAkBD5/EIerP!ECEb+a/YpXO._KZ@h!rrG2L%6Q1DOEouf=k.!L6T.Ho
d5/kr9WfdwoXQYUt5R%/osddUcV--i=OTFUhP=r=jtml?ADcTY2b0jT2+c%XuA+dE3t9iJ*H3BpwW2dCR1iwCoygLCT6ZNZIVDC!LgLK+T9W8nvPO0=Tm1kl6SCj6IF$hMSguV=HhoUhWK_yy%DdQmle
9nNNmX?zEdHctsVj_BF$DFy616.hbNO#GOSX3?J8_$4S/Sa=i$/qmd!4GwsyHK+@eDZw%9515nrO-GL64U3aRP0z3H18xVa-O5G/v$_Q%.ZUTkz4M2$uPAK3Kf6FGGB!b8qXWoDHVl5@_tRqCD1lqv_8
Fshm!oWVtJ0n0-8LueC7Z6L2deO/m?qMMz7VIu-+8fIS.2R%RDf*Xn0tQvVG767xWg=TdEEx8-k-C/ITnUjuH.LGB8krvP_afG=igt/ibh7C*3yOq#tvnc?Ex8V!AOPaYAM=3mEhQlePDBr#eX#YCOTx
nIraERB#frAcuSKROZhjVrzxiVRLJpRq1QZC?3_u7b7@Y=/XUsKFt.A=Pik6X=E*-yQ55b1u$+/Nf!y=!6K-T15We-!och*1QCRVsd_Nei3Rp2r#K3VB4u@endEHI+LTVE7nEckRp6/vD0y0Y4Ccw9?a
!-7LZZj5!Y6qE7?$Ir?gx5mDJ=-yt13?abj5pzEKorwej3JbWf%lUc0.bFS@YKCIb?Zb3bv2u/HWvMw93w%Zn4%/pBs_p953We*CUmbFN6ei3I+C0dcs2eP*ggO3Hdp@y7eX-#a!=HT!fOaAV=D?gKPh
L_Nva%Ikrj_iC8fR/OU$5mIZ/I*mpHFjb28LWesbIO%-GNbOPc7LH$@7M7!78K@cKxJj-#/M%VcL7t%vRTk#DU@CCew1MZkge6EgDGVTI1ujf+CJPd0R5$DcZtaRvBGHicy42uYa_T5V/uwW@2hQxoYo
bkZxsXAqOABKTG2b1bSDR_/6x24l4Vq!Jr@A+cubS7NgZsXD-D*e+o_joiW41Semh5j=1EcSQb!+uBTQGWXyFjqFXyTm%VUCnG3ll-@B*zdbt04Yu=NDJHGGH$rEu%p.R5ULD*3Le@RJ.c4PlMvX@MwM
37dRg8V%/Yu=0$qzaV=oz5EM.G1R8.KiPFOjSOgVHDhe2DR_J0lBypgFJ5PeUb*JHlHumsk%0DJ32Ic-7DQWl/q39aE?U_Quz@tHYR#Pf3f_GOZshNT/*b6#OLGOnh2DOTKAClgxywLxwt85tSaX@L?%
!J=QIw@af$Sfb4@S8r1-4#NI=OMWH-T=hTXeCFjf_WUw*D0SN95UO0W2BXiRPXw3Ypk@xEI4Op0ML4v2V0%$*KI_En%#el1OsM+hDjUAUE8ymRI?/sF3Bw/%wjXERR15N!SRXZFl1am@B-/hgxg$oP7E
e*SL0#vL!IZi1Nu-_kUO4G?%DGMZ!2PsGhQ@HDCjj8Y1jaiq6tc%Ed.w1%?fwwL@kWeUKfRJvjvTFvVvhy?g7Hszli!DR$IH4xGI9P+r0zaFZvPB-UzPw=JGg%GhV6?v-jId9rQw=%KBQ75eo?-pi_8F

223名無しさん@純邦楽2018/05/21(月) 16:01:12.56ID:iLv0Ql/k
基地外亀梨婆頭湧いててきんもー

224名無しさん@純邦楽2018/05/22(火) 09:17:06.67ID:3ZlN7hrh
_KFQn47toQ9_#AoWqCzd._CLp25cceO$F_/wNr$?@UHLzz4RwYJr$Iq%pvyIfz#!g*1wxVNgEqUQrv4.dFIENh.YkRKOtRN/a.IYVFxF9ZPfTVSAQ/_SPJ6PYH*GK.fuPcRyuMJBx8o67D51eJ1Yw7%j
7T!0uEVGvfYwfR_ut+v9W3$DLK/Oo4=vlGLnioB4goxTUig@wwcmJX$7Lp6OI+.0P8R9N5rs@KfihtFZ7exZVyvKtW6gh4/Qm+@v$sR1*Ubi3n_lp#9Q?YGCoE#xD?NcWM.m6p2NT/?o0OMGC*#F!8a%
eh?smWpFSTGo=PR5JWisim126awK/Fvueb7JwZo?keb8PT*N89fWzh2tY#IW7#RjPDoyCSFHi4f37=Yt$cqXrttNIkg5DN.paoc%TT7FXNbf.DSc$QCJolO#MBLh4*3bGxgQzVkt*h9Yjr0.CaY4KynT
1*m+e/6/zokGK9T0/sUgYy_ytMwASG_avl9=2s6%.yfz0OsTnUDqgkJEneqg6Lnskd1.uMGqHOa_DECoTrslObkYzNkjF*yxMZ6mZOQ9vlT1#S7x6YK+0_#?Q7?UVXid=OhJtAJVAqz0XiefD0bpU554
py/9%%cnxcOhLKdlN$H=g?nlXrKm7CyPK1JNCCSt*3lwi5INZdVHdeuiF96STyQKaqfFQXC9hOlUj9HH6E8!7tp+TM71/kkA9rnhHD%aLQ6li#Nj+thFX9=5ngSVZR#@LzYa1yDor2IQKmPWtEFUfMk3
y@V!fdHOKB%ERxMy%lr/E?#UR6SR4OzlIz9sV@Ohv?7k@eXnfn._?6o=T1/vGN/6pmgAvqH5M_VZTd0I=_Y+h8GOsgtHgFGbSoRo$?p+6biyn8hovOQN%=mNK46d5BgKzEsn@B/TM3gnc/lw_ds?l@Bb
0$AlU*!aHR/m?3wr8E7b.Jx5NUGZAmWre0Cq$ooaoZVCsHbdJKfp1LD_gAdENFEDSvmE38KJZYX@j_2?/8c+f3#en$xwnYNUk0*=0.s+CW3_Xi6?OckB#FgM4xcFztSivvEfgtnrxRqv5UXvI#jlhp7!
d?0q#doZ7s0dP3G_NmL?TwvvTus/%18nhZ4L=!l1?g_RR6olWI#10Mnj*!$g25cUA9X@*#a5N7p/6#J8X0%ieB#9+rO_dPzBHklOD?SM6Z4D4UR9qtxp0tqw1QBEB1bSbovm2d*ALaO/pZJPS#RgsebA
*lhcJ0eIeO9H!8nRletv#6A?Pz4EeoYCfemd_s.FbqFnjf9_z@2G%iSkJ$1Xvp!wjqpa@qx#vApGfi!bK1ornYL1BUZdsBzRA5FT2_Ouqmh2oG_HNm1ifWCQ_MG98Ey/Trd*ynBuRDNAk!gdjbMLs@tT
0?rJyo3eWf7x2Ek#f$w4Oone0PT7*_jI3d_g%SDMyw=M%xNeRzN+lW@e=@4Z9A*1kcxS3QlUxlCYjN59U%Ja$gH__ku6bzvSz64yTSVu4%yCM#_D?7m#F$df9seJ4O?RgcrXTWllwuxwU1!8DcpTbnIo
!I*GVC7gxwQBci9rU3!RXK?zKC$9LL/ptmtpfK7I!bD5OJis_..JkXVbjPJ1N2DchgNTN12lpWVaRt4.Ya4r#PbS/5#sUt.Wdkm0A$Y+m!R.=8nf0rCm3I1xAh0Xx#lUi7Q/UBrz6kKOKX#bQotBOvsf
BeKE*3G_lrBjoB+t7FH#MihYf?8=!#1K0RfRaWBAHP/VwBlugR$/9NiKN22SOih5puN6Vt_UNXh#=7wUT.AU.$nj+yxhvXcikvb1aQGmO/SigHl6k#Z4txI$q48+iedi+Y@T$KT=WSFdaGp3rHYB4+GK
GLYzE2eGLPc+1r?C4+Nc=pGTaf89jRM_HZmFyN9$7b0/GL@a_S@m_GjMtAh3Yv27Q$WRna03?MtV*Gng9E?nLSNlr?Q0LP$ZQZVV0?0P9ucSraRqXH_?GVCkuEigO*h8.9!.JHx/i7hF$WMyNEqy9MRe

225名無しさん@純邦楽2018/05/22(火) 11:22:43.33ID:r+OZ03hp
基地害悪亀梨ヲタの爬虫類性質w

226名無しさん@純邦楽2018/05/23(水) 11:08:17.97ID:gMh9xHAI
gTZLzr3pJx0jLs7xxOfrJ_k?qMxV4uQb0R1yV#8Fp*7.3z5034hLQDA_foHfl!Gfxg9FZrsPzkqKOgo1x*_W1.OH3#aZ0oj@2PVy#1IPB7P6.7/Wx/5bgGgRGfk.2dz*0T!!T7Ie.mgYsnTxg+Qq3Tqy
acphczNDhm1FSBA$YNP9LddpDma3F6wb4yg3+AB#DV@mxlv=DLtlfP.j%G9z2Ezd@7nOC/_C!Z+FdFiXS2Q9tJj7GO!xUEu!QYm?ou7F20k5BKkqxx%7c2lTKojh%z7A1_a9!PW5I+0xdxd8dyYZV9u0
2XeLqrY8_/2YeY84PxJKWjGhw?D1IZCLQay9F_GRW3V.7HL.sPGxZ@6O1U-$AW!4ID?#E.LltFgIqE?=zHzdCVxaoMtaj#lA%C%/TcaWxZ%t9718KS.Lhm1Jx7MTdd$X!o7xo9tSvi/%DoiDCP9HF54v
O7I6gd@8ejjd=UNZq5?bS!wj0fUuSwoNQs5.J5KM!qncJX#f1OVF8aGe#aS-sf1RE@I_/A9V-n50l4M8WPm5dt/azIlW33*?Gw$K?Sml-5C+9GA*oz=Kjev?b5w@DBDBP7ExA.ZQ256?$LKSUIHHH16C
U*mU9rTG%oKUk4_as1007s#Vyx6IZ!VKU?lxcRp!t1Z=Z4+tvKVPAX?kZoGU6Ev*/??M=ZpnVqXMmxtp@87.ZGVhoA2ADiK!Bf6UBsvqgPCzQCcro.1H%T?QbWA.5SENnAJm$jT/zF$oIFu7V3Gp?a0X
@.yJrE@4uhoZXdfkeDJG@1$_vG$vlcnZ+H%k_9Ji_kbavQSTbl/-#$j4tVrod*DHuX81o6_ZD@Hw!G?G6%oGYIX@_-KlyRb.JpbNi=Pq3Mrd?KybEns_k!AJ4Kc$5d/Zl1r?YEUxRnb9_Ug1@lXc%#m3
lRyuC+64m0C3T6fh6egMw+zPoGjWkdUn$oV_a/PBwsvqHTZ%+Z.84@pqBt2z/-qUcfPmhsTJzro*5DHKtJS9Blltm-6M/d/hr39aDAyBC9iAeVL-.=Zbs0yxWxKImRxVvrfHaeSoKkE#sccD-1gS=kro
2pPx06peR/Ktmj+M$CGaP%jydR50tPGFHknl3bwmcubgqmTCzJnHiLr1#HvCRUPKXR-TiCgY#In*.cXA*bEI.=_4-oIEG-_*8La-nex.z@ckj6UmZDq6fOLld-8PsDdkdeVw.4$K2cUSBHzvhC*=a?T?
7i1A7tyZ%9@xUvCba_o%wKjppigm*J4@klO7ab7*uy12XY$WmPDk#$HyRI_n.utI1n6!FJQXcaQ/Wm*ww2*oL8FAw?RsS1=MDWA!Bfsd-omNrHVABdfVb1Bh8lX4H.K*ARn9H/U@2lMHJZcv4r=o/MvN
5Ew9*qT$$o@v1Jjyl40F1#l-sl?.smzS2gVLAdbF7lFZ$kiltMSGD#cX9xXh#3FP4qQbrE7uXPpo5ngJFiTK4zf-SOm3/7M32Zy/f+C-O2BXOlUFBqSWALfvc=HAthXw@aftm_ex4Gv3vK#OU_u-UrMC
*WP.rO#b5a=_+MTogg$S@MG+qBOsaAXe*x=sZW_2ssGK8bw1lqceXwnjZryY#hQY*aSWH0Zi-g_WGnT3p6QkWl=Li!bXCkS2r6r+7P6g5#M_$OTGA8jygaL48@$C8I-%7#xx5u4INYO3S/DVwEM68l7d
Gqc_#%9uNzmQ2#Ngvi4IOdEZBJ7XBebat%$_#m7BETE?#N4lgR79nfH9.k/iWrVwla=LRCI%diTAwoV/$E3iIHWrwIr4y.2v0nn9b6FJ!Vht0+osh4FvcoJ4@ri%$iOk84rR_NOe=eY0dgtrOqBZ6SF+
tsFQ1%S-e@aoh9aH105V!h73Uk7=M#/ZZ56!$MJuwEa40jYv

227名無しさん@純邦楽2018/05/23(水) 15:30:21.83ID:b8DYMmQp
ウロウロゴキブリ亀梨婆w

228名無しさん@純邦楽2018/05/24(木) 08:56:35.26ID:xuKHcT0/
*8.IWWPG$6%!EAXVN_7G=J3+o%0eDFX$hVI@jl1a!.*UVI#uZcGZOK@1=0.mRDL%W7ffX9coV9@UlB4JmvLQ!O?5KN*n4O5EFRAT?y538X4xLUMXQhyqEYwxQa496Hin756d?Qa60*hsTn?E4!rdlQfE
@#oF7%xv2JSYN5Qh/Vs+2F.GhgCS.j@YMQ5Dw?xhL?vG0NXgAJjOU4C4HHlWTw39g$HkT7VrnZ0CECY6$HA$nN%u1W.ncy5K6.ko/u=VSpthsL23=*jCweKT.7=xxmdQvgw#k%CxRQA%+l?MNWD4inW4
Sb*9I7mNm+#3eFEzjs31_jb?JVCLytF_nunVcLe*uFS.g5w6_ABypaA7+OWR6Fg7v/Zj0Oi5Hdf5rWJ5IwtM/EZfoAX_yLqSGUJ*%T76*Mfr4S*@f1zQ**!Mh%#iUo@Xf%82r!J6vUrAdfDmv#Kh13T/
NM*$eze3nPEDjQF0tV7e2Pqo*L@p.pOp_5YNquhssXHeJJL*+E$FrZk1Qnuh9Uw2IO=v6phD#ckYhy*MFH/%LhA=dUpcJ1OSJ?.U5irk58Zt$g96t/I4G*jm1pTucz%G=P_cf1Sz?7dcVvPamUdM9J8B
b5#QQ6oBY!1H6o+l+Bm2#pFEh/2rFt/cvDSU?o6JvuqwbVNleZGSXMV57pR6pYYKx.s_?th.70$Qm1seiDI$Z9eZ$C$duE*7Vcd*#YiHTyb0oEK%YQLvAY35gy7w0w0WaW6R613XuH0acnyh.B5uK!J_
r$ZYt5OCIpNW7wRfc?5H*hf95*A@weJh92fI.ntbFQ+3gbrboOF%n5?AP000luXfqiVzQwGJhCtN32PeV=h6Qu8mRq_#NEaCjdXS#Et1*?/fN3Q#6R2DpS8JSfq#RUTWAnqPly27#7GH3!evrckhFqmQ
N0+4L$TVp#+$.=gc.iuBk$v%nY1EVhBSoU5w%F6g8PrvgD4bucEnQQ9s_@m?vb+fNvFYQKWNj0OW7G7*He.MBPH6ie2OIA62j.FAVF*stgL.eQ2c%5D8$9=6A+T?lvOtjR4N46xjkOeU?rTjB7=Xe%tQ
Pli4SFM1*BgjKS5@Bj@Dx@vsm5qYfBEx_aCn@gFtWm$*qs@d_L7*bE7YfvG/1rBWtDH!75uHOoHjeBuro+?z!X2t#Dt21fL=/F_I7tsHTK=9abwkh%@K7%IdDX.d@4NX#ZVbZH/odvB0wbV56S+v2+nT
*wjSA/tkktf21YBLxD+$@w%891SYSIxwR7dkvGZv9T6TZaO#_h@KMu?6nX0%!p9z8Y7VQ3Ww!2X/nv#p4hDMEE+A40Lefj=J4N=MJEcLzymHpAtdqvVHjPcu6OosMMWv_J8PA@AbDcK$lkB*fYk*r42r
8EOZi3CriFEskz#BZSx7cJTwHAs!2G7%Zt/!BEo9Oi6G_3_AP80FX!dX28uB$Co%lvEEauf2yExONSPE2E*revnL25Iv5=L8hPXPU08wsdV9SdCsLp3m+r4KnA9JeDbNk%HxVa$FYgvAMwgjye+./.IM
u7*%*V3ULMqdWH7N5JbJ7OjKuCpTM26j3zO@GA86Iig!*WNya%mKqXOhfU65oy=iXx+ECR5y4cl0UGO@KQt70u#IPxH4Oo#SEIzPQoJqE+*ie@rBXw+57z!x_zXZELW1VL1XBIK+9CaAjLQiBI0K#W#g
tPFenP7CKQsW%b_yN??C0ldFZvgmWxSoyRV7ID.1+kE?=TPgbb?VUHK8PIrZr4#fxaww=ANai5FG5$3d+doweEll$DfY.c@yRGMXgihJ8tsh!T8q0=K?p?pJvJq=pBbVhhWbu78Qob?aAj$FTQtx.6KI
OsSQt6yYA=?Iq@RFh1MbQccuh4VVcnkFt23gstB@.rQzVOzwDTsn_+=V8iLO0R#st3rF3fg4zg3$PR%bHBxntFzK0SwtWmLQs.E6!YB3uldxaTB.u_5_2u*oSe%p?ToI91Kb@ETEJaMTRjK=Yh4e1.su

229名無しさん@純邦楽2018/05/24(木) 19:53:47.18ID:d2B68tmu
ゴキブリ亀梨w

230名無しさん@純邦楽2018/05/25(金) 11:17:21.63ID:x73YXSAA
SNdF*BSVYYFmPvuhW-7bdkI1qeAFB=/XAzr1iGnE$!!VsJR-crlekOZh-S%_YuV8MFKK57c@oNTEmOTKAtdq4BomT.sj7IZGOqMnXjtXauNcrJOgFQ3%Q?ycyM#8uGuWLi*Xq-h7S-?PF24$!s=_D*7d
eEw5z%uFd*#sU7*+ejPGQjw*9iB8*p?hcF1?ieqdChuJH/z*!1cMfLWz$0CytluKCDrbi9oD4oguM2o+r7kCx829qyFTv1?LiObhLG=Wz=jtaVCen?b!-9B7VBdoybe/o9I1.4oCz@KEqppj!dsB6yfL
$#CXc0JA?72pfeQVqfGY*ubwXF3V8Us%S%kVF+HVzgo0wR3kyVF+_4AiLP63lHQw0bY==d$TV0Y!YK.$Uq1NA-F=eu5Mwt%N9OZFJKQ%h?w=7Cfx2%V=tJJfmU2A2dvD7zhJZ?e@OqmKKUce?uf2?H+I
+EWV5xG/.ksPFF@jMwhcoFnkfjA=isrEUS0rC+H=tFcEh$RQBrdj5p/Z0Quw35=TO?mdZmU+1#c18a6oSB@$@uI0+hzB1?!fpsZ1XJsAxbMp=Au1J43cF6ts!?5oxR@CLDGVO0$IF5ZQCGae$gSu1DHb
.6hX7PvdfEP5wTi3hp4tjfm=h0Q!hjdD*6*$=$p2X.Q0ya3u/*+BeraVXp-FV_UZtqC2a@xCa72p61#/PKGotV$cpIEhklXCc7uC7w.2.ZyEqpI6od8*TWtaFR?$J23i%=y!M!Re.#gE6F2uyC9%GU3E
XMhjH@Gg@M_S/TcPZmSL0sysv!@pTh?=reY-iv3kDe.5lXVcu#vd4qmRDXt!eW-LNvpU+/+OyxPVCDEN85qI+z$seey8vkcO*J33pXr2=D77lT25blKf-V_s=X3iBDE5#lShF1Lp@M6DPaQfHUHQs=Hy
_PRosc6pgylQ3uFJS#f.V$Vy%BNthoTx!drkCm6QR6/a=qhYi!cLDOi_HGi03*1/0KJOt38jEutTCnWS_TI-zCJBkEibF=EuvAirOnQ.7JZ9hgmoX#y@dPn5=n-/qQP6R%mxc2_pJCz%il=n=KstORh@
BxE.45iRwS3VqT=IylA#hA7R%rQz8hi$/9EKl2hnw/%70gtFH@C0!NQ6GzeJ0t6TEtXhMTb2Ib-$Z*GBjAEi?.K.OVabt=V=o7E/e.dYlz$_nfBTU3zfx?bBF@VYzlipSiy06Vj5YGZw01*WmC=CzW/n
.ei33bf9T=q8Qua!_chQmk0kay5dmOtqo./*Wd+PKo6@jUO1x04l-TGT?R$tE/-fDkfRh%3R@t!*74oeU0sg4T4p9AWeF?8dFx?K2KTv#Z+v-mIZDyfI97x1Py$#m9SEnAw43!YQ#1WxWWZ_9LG.6PRj
2DlheHqEd-yNhPN@R-?ct-jwqsvDf.!Ma*E#r/9TQq04gN@naPmKFIPHSkfj4OhTEy3a*O04Mx8K5Qo7j$zE?9FvWewW#wi2TjN$pZiEWA6.gGrA0._lVdNOlCVfm6Rm1Y2%5+RfA5FA%u7Zd1jLWq6E
LupF_qQlls*9-VNeQdKE4**-RUUX@5koDVga%#TDuGE.9J_/cnpf9qiDL$NGB*MVF_1M6FPi5_wU2XN$?1DEcCHc*XHS$iGZEyNAbqBU=QwD6JjFHvQ.de2-ErTUlWhUrl!SjM$C9rc8RWGH.J89U./b
c$K4!$o/1!a?mqrYRk$4!Vkh!3GBx_*B2d8j9mBA4ji?aUm=7#93woV%a%Y7lpb1dmKFRvHs!9n*-BSs-o6GSA1/m5wvw3rO1EUP$0PMHyP-qhB8@1GR/?l##jYL9ZSHyZ5wxMer4nPzF+ceLR+?uqJO
trzRS7@I_fDi3DbUa*2b0EH!7#WR2FOM@4iyepSq9B9F=zMQ6Ax31D.XdugH!c+zccZiqm@it#xhW6.sHMc4?jSpavdsvEk-GJ1@ykOr8VwHZEfJOu0rTQCrxUm2TwIWGT5sT@cD/G@JqqAyBQ+a!MTj

231名無しさん@純邦楽2018/05/26(土) 14:37:54.44ID:c+P4p5A6
_gXyC.kZ0!Cc4ASnCj6x%PrmhVU-yCl719.dWcwiIPV7/T#E3nI@9y_iwxqUDn+$Ym@h1Yy?WGsZILLxTO5_I=r4LYKIZcB.j$akIf3OyVxoa@Bh1lFbjWaC*#DtLWeD#PJB9RF#C!XsufI-qqnoffKv
oBn?QgvIP9e#6taX+p%C%onc=98?#+yEJWNGv6Uo2ePhIWQEr/Tf4AL+FC#.*oRuzfeALzi?FT8o-kJcSei!PNF7uPlYxNTOwh@Z5qxgffDnzp!.O/v5l9QzPG8BWJ+l$jmzG0ip%rz7#s-h%L4xVSCp
A/JuT8E0H#yd176LJou*%PTky=Cs6XntRO+IbxMGS@!z2oup1gpcjk?w1maOpV#!fiq.x6G78jD6FtnE_lX8cz=KKggrm.vAaW==6!V!=SjJbUVrUWjl3ZETJBvg!uct567Ls??T_PqI2+o?w1=GHBec
QGYdEDV1mAFY-4Ic2U#MTQEMJ9aWl0GHU$%=Y#=rX2GTq.hS6V!vF1AwJ+RYRHPzPk@m0=E0h-GzbZl3IA6Fl/cc9SOZpkRfb%t_YoN!#zhM68-O#OBL2j6irnB2Zc7wc0#/Z91gQ+pIi2vHuh%B!!RD
#nZRVQ+h%#J0t8KoDRtF7#GH-ITz9tAHW2f0#-9+5Y#k6cL48-.YeO1pumKUDl@s!TxMfiXFlMh4?joa237WZy0XucZooS#3i_KQLwgXroymI+RX+Ord*MCCgR5/dI7iyDpK+ed-wWR3yDMltryJ6?T6
K4k/S2IHVy%QLQNImi%6zqQVy#w@aHk8#gLMXdvbHzvMb6*EiVf7Jpzp?eLiO_p=i0UfMZg15S1A-yb%*K6*k18M$Aw+%+_ySld*Jt5wftmU#FBnk8yuq=0?=_m3*gyq3cJqvUM%EyHrVQ_IRa-1ejh-
x2wHk36VuK8-86ZZ2r*Dv+h!jm%B-waqIjsbIb.n%DKVX!aBvC9cXx2LANS4yDwH8x9RsbNK?WaEfIo#J.8J@p9rwUhJ1-j+/$uJ-op=pb@IIi1V45Wo?KNnO2+2cXMvnsJL5g7o0J7bnJPb1Af8=SLB
mIyj1KTuiGRCXu6Ayjtou3L2vhkcJ$-zavjVY.2sw3jsy.qd$ieIz7535+Q%nYu.7DULA0C#6uMBtb@6dI04a-FGR7NC4$=kWBy30x!9kko/L9ygIu7/7uB?O%_?cEJ@PehaE213RSbI6fLvOI@Zz*S%
dSeqjd*/SM$MCdMKEVoc3BmG$uXgkb0J.Y6uF7CDjPWMELAG_?h4_H37l6P=N7t+G+5VjphV98gyLQm6u/_/?I*W-MiDBY7e_UycM.V6h#wW6L#osa9eNMP3HyCodUYV1*Q0IPKNqrTk+bggmMkb7AX-
-ll?ItjfnnS3j_W?/?btkoEYH!%pMgbv.kD#W@l?Kne1uJYILv@_+GaVI-rzgIndS7SXWdUi9Pgv22Xt6EN$*mh_d2fk$$Yz=GM9!un7Ihr8-DoJequtUv@eOctK!$6IVEQTeRsq5skYB9gIqmh5X%We
0uTB@ItgCABfI82_uUuEM01?=FR=Ohtnbx/sr$D?GkTj#hbMBe2HY-Ok?1U1kj/En!_#hlWNMwF/eM%LD0nk-0=/5/nhW9fWUop+RsGFRK7NfCVU6@RAL4cz.N18p$dZc%dz$3t$CK9K+oA=IXu$*RKH
a?MUZ.3O-SrRNNPaOaC0UP3#Kc1zic!=O$?4=yV!kAuo$ozcpMW--C+nD1oJ0wVnDG?ANxLoz4Ie$aqi%YUGqL4xF70Ts1$IzeQQruk9%QsEPemnnN-YJkNFpqLzg6nRPM$+6S.mUJK1SlWean9kD2H5
F5neyFkVTT.VK6AgBA1sI9._Q8g$Qm?PTF_IVKD/89b!4fvlnPaZ=xAx%+$K.lk%Kuy4z7y$7sYz_.?hwU$SRE5MF1iaEeYG_YgrEnQJhr=3j?q4vqWX+-d/jBU/xg*Q%J7?v02uJV6xG*h*L0!cg@##

232名無しさん@純邦楽2018/05/27(日) 15:06:02.78ID:9+UNQSBe
yJs+UpGFptF*nWzCuH2+JbDfp%kgmm!lCxu0hy*jV*jW8P3veNDgtUzg0RA#Y7CbUbIS#WO+Ujg3Q@_NzbX8km?1%b7wL5EBwhYorJNvRekDC4fNH3B3uyLHyv40JS84Hxe9JFxD4W3C$+n%!p/PuqV!
%q1qr.mpdcy=tfs0Uih?YVQsXV/3.9li2xMdboZXxfie0G61dRH%wffoAzYoO?YThJzOyT2nIGn_YAFAaDxC#qttcT41b!Z#d5kA0KFcgT!Jm.Kbf=Cdg!7%ku9AKKffza1m!G8qM77o?!5objFerT?G
SkLd*azCHU?ubEWN!rF9gpO$X7tq#Bx*z6Nwr9QkaNQKGGF7YSkaTx.*xI+5825DG180K8KSjlmfjYWN=v93liPIP=f6mlnl2Zaac2_M$RU$$Iy3hA*6VMLu9Sw%Tn.kFh4GO40ambK!b#p5qeM***G8
S87GPSX$FxGp9d35g$fSswnipwK7#U0_?YP%pOB##*f7BKwPXCYbB%tiCJ@d4WdAh/#NGW?IoB#F?S=iHm?AVS1bcV#2KwUAszkMLhjPl6Lg@3qzfyeIG*1dQD$v$+/B@7/cJBa9Jfd%WpQ2mx!xTrhN
tp!*KOKwR5KnoyetC/T+jDQ/wz$1aJKRn8VK4VIkyKiU#C?WA2%Fr@_%_Jb$bw8L=gClOtYHAVWr3O5gxYWOh.56Z#yyJwAsNNN%L2pXS4LaQ8zUGGwu+g*I8a4$k_0NeHbbNg?0O8Ket+bmxVlWw=2x
uK!jE/QxzcCuMb1iFHUZaEI_Et$auBcLG2glfTHPRSz?PkH6VzHublA7P5JjGgx$+AfUdo!kJTAkNNBD3j3bXwElaSOyK3NkaL6m#eKmS#8FA7SgIXM+@99L_z4rdx0q8/j*rmQ@js%l=_jQ6gfZukKY
kiP5%tND_?HjoFehvs=pDBDTiQ4UBtqsHu031I3xoU@PwPYXDk_6LMOuYhuBpcmkMfB9goVTK3HcGoGIkLNOZ7_MDU6mZN47RK@3AXGk3V_!K5E8LV$Ka*S4$ba0sk=+TR3ndArpD9Eo93A@5y@.uTcG
C2m$Wk.%nCR2VixEa=2W$V!3mjIy@*eIIUqzozud?a_#us@tVH41T9PHnf_M%9rUx5d3ujmoN!F.Qp*Al6H6*+=8K.ztu%6qeyKfnCHCHQxCDhTG7nL4DnxdBIGdq%3hm%EmG6.Bgpd+ENChS*fcpx+c
jN$5RR4msg=PL%=plh?4KnZoQZhWJTOja.FyFGGsG%q3e?7kJoXtCHYll#$e$bOKx#vvLn1A973?4@z4szZ_?G@Z*GDIW8QMF=HjlaP.x#V%@z@N.OuxIYV#*N%vyinXXy3Ik5gmiQG6bvcY2JVphBJJ
=1DDLJNrfomU14W9.dIIvGWerxmq9oQECI/YZ5oeF1YagpHF+gLgDmfR1N$320#oxoProV.Qbqr9Z8d99k!rue0M8mh%VRopLJ$k$lK02+EoM0bK$xHR*UxLe*cpW/Y!@jbFb?0B?QobU4AAwT%6P2*8
wo4BxSD9phHu#8Cn*C3vcqiGSv8XEIB+1FEKOaQa3tw3U62G2nSPbtC%sT4f0pLT068iK.L#slSF0/WYKfvrVwNFcu#EgeJdTZtqi7wmxSzA@CkaVbBZw_N/uEc=%9nz+hH%VkVmpIXs$nwRTzXmJIta
vsasaQU%GmRdKrI0DZEC9xWCPIRd9Re2COJyiEEIs.l5h8c8tRG2?E.O#Iq+PtmK4_3jr**9cPtr5YTDRjRi3*euhOzdX!muSX.MXSX$xLJhF!S_n/uZOeMaJEy*cc%rKV?_oi#FrXp+Znj4?XMcSTYG
q=hb%XfoL5SmbOOoH.Uui?nRcatsjYT*Rvf$NXBon!/uXc1?tMM=mSeZiYq9/Eh#gjRtagVL*lx!EuBowKLtPwL%UcXM%Cei*biRo+RgnNJKAXFIdJANye9K#ZL#D.ljW%M4K3dFWDIMbrq?fy*MNkc$

233名無しさん@純邦楽2018/05/27(日) 15:06:22.39ID:9+UNQSBe
yJs+UpGFptF*nWzCuH2+JbDfp%kgmm!lCxu0hy*jV*jW8P3veNDgtUzg0RA#Y7CbUbIS#WO+Ujg3Q@_NzbX8km?1%b7wL5EBwhYorJNvRekDC4fNH3B3uyLHyv40JS84Hxe9JFxD4W3C$+n%!p/PuqV!
%q1qr.mpdcy=tfs0Uih?YVQsXV/3.9li2xMdboZXxfie0G61dRH%wffoAzYoO?YThJzOyT2nIGn_YAFAaDxC#qttcT41b!Z#d5kA0KFcgT!Jm.Kbf=Cdg!7%ku9AKKffza1m!G8qM77o?!5objFerT?G
SkLd*azCHU?ubEWN!rF9gpO$X7tq#Bx*z6Nwr9QkaNQKGGF7YSkaTx.*xI+5825DG180K8KSjlmfjYWN=v93liPIP=f6mlnl2Zaac2_M$RU$$Iy3hA*6VMLu9Sw%Tn.kFh4GO40ambK!b#p5qeM***G8
S87GPSX$FxGp9d35g$fSswnipwK7#U0_?YP%pOB##*f7BKwPXCYbB%tiCJ@d4WdAh/#NGW?IoB#F?S=iHm?AVS1bcV#2KwUAszkMLhjPl6Lg@3qzfyeIG*1dQD$v$+/B@7/cJBa9Jfd%WpQ2mx!xTrhN
tp!*KOKwR5KnoyetC/T+jDQ/wz$1aJKRn8VK4VIkyKiU#C?WA2%Fr@_%_Jb$bw8L=gClOtYHAVWr3O5gxYWOh.56Z#yyJwAsNNN%L2pXS4LaQ8zUGGwu+g*I8a4$k_0NeHbbNg?0O8Ket+bmxVlWw=2x
uK!jE/QxzcCuMb1iFHUZaEI_Et$auBcLG2glfTHPRSz?PkH6VzHublA7P5JjGgx$+AfUdo!kJTAkNNBD3j3bXwElaSOyK3NkaL6m#eKmS#8FA7SgIXM+@99L_z4rdx0q8/j*rmQ@js%l=_jQ6gfZukKY
kiP5%tND_?HjoFehvs=pDBDTiQ4UBtqsHu031I3xoU@PwPYXDk_6LMOuYhuBpcmkMfB9goVTK3HcGoGIkLNOZ7_MDU6mZN47RK@3AXGk3V_!K5E8LV$Ka*S4$ba0sk=+TR3ndArpD9Eo93A@5y@.uTcG
C2m$Wk.%nCR2VixEa=2W$V!3mjIy@*eIIUqzozud?a_#us@tVH41T9PHnf_M%9rUx5d3ujmoN!F.Qp*Al6H6*+=8K.ztu%6qeyKfnCHCHQxCDhTG7nL4DnxdBIGdq%3hm%EmG6.Bgpd+ENChS*fcpx+c
jN$5RR4msg=PL%=plh?4KnZoQZhWJTOja.FyFGGsG%q3e?7kJoXtCHYll#$e$bOKx#vvLn1A973?4@z4szZ_?G@Z*GDIW8QMF=HjlaP.x#V%@z@N.OuxIYV#*N%vyinXXy3Ik5gmiQG6bvcY2JVphBJJ
=1DDLJNrfomU14W9.dIIvGWerxmq9oQECI/YZ5oeF1YagpHF+gLgDmfR1N$320#oxoProV.Qbqr9Z8d99k!rue0M8mh%VRopLJ$k$lK02+EoM0bK$xHR*UxLe*cpW/Y!@jbFb?0B?QobU4AAwT%6P2*8
wo4BxSD9phHu#8Cn*C3vcqiGSv8XEIB+1FEKOaQa3tw3U62G2nSPbtC%sT4f0pLT068iK.L#slSF0/WYKfvrVwNFcu#EgeJdTZtqi7wmxSzA@CkaVbBZw_N/uEc=%9nz+hH%VkVmpIXs$nwRTzXmJIta
vsasaQU%GmRdKrI0DZEC9xWCPIRd9Re2COJyiEEIs.l5h8c8tRG2?E.O#Iq+PtmK4_3jr**9cPtr5YTDRjRi3*euhOzdX!muSX.MXSX$xLJhF!S_n/uZOeMaJEy*cc%rKV?_oi#FrXp+Znj4?XMcSTYG
q=hb%XfoL5SmbOOoH.Uui?nRcatsjYT*Rvf$NXBon!/uXc1?tMM=mSeZiYq9/Eh#gjRtagVL*lx!EuBowKLtPwL%UcXM%Cei*biRo+RgnNJKAXFIdJANye9K#ZL#D.ljW%M4K3dFWDIMbrq?fy*MNkc$

234名無しさん@純邦楽2018/05/27(日) 15:06:45.18ID:9+UNQSBe
yJs+UpGFptF*nWzCuH2+JbDfp%kgmm!lCxu0hy*jV*jW8P3veNDgtUzg0RA#Y7CbUbIS#WO+Ujg3Q@_NzbX8km?1%b7wL5EBwhYorJNvRekDC4fNH3B3uyLHyv40JS84Hxe9JFxD4W3C$+n%!p/PuqV!
%q1qr.mpdcy=tfs0Uih?YVQsXV/3.9li2xMdboZXxfie0G61dRH%wffoAzYoO?YThJzOyT2nIGn_YAFAaDxC#qttcT41b!Z#d5kA0KFcgT!Jm.Kbf=Cdg!7%ku9AKKffza1m!G8qM77o?!5objFerT?G
SkLd*azCHU?ubEWN!rF9gpO$X7tq#Bx*z6Nwr9QkaNQKGGF7YSkaTx.*xI+5825DG180K8KSjlmfjYWN=v93liPIP=f6mlnl2Zaac2_M$RU$$Iy3hA*6VMLu9Sw%Tn.kFh4GO40ambK!b#p5qeM***G8
S87GPSX$FxGp9d35g$fSswnipwK7#U0_?YP%pOB##*f7BKwPXCYbB%tiCJ@d4WdAh/#NGW?IoB#F?S=iHm?AVS1bcV#2KwUAszkMLhjPl6Lg@3qzfyeIG*1dQD$v$+/B@7/cJBa9Jfd%WpQ2mx!xTrhN
tp!*KOKwR5KnoyetC/T+jDQ/wz$1aJKRn8VK4VIkyKiU#C?WA2%Fr@_%_Jb$bw8L=gClOtYHAVWr3O5gxYWOh.56Z#yyJwAsNNN%L2pXS4LaQ8zUGGwu+g*I8a4$k_0NeHbbNg?0O8Ket+bmxVlWw=2x
uK!jE/QxzcCuMb1iFHUZaEI_Et$auBcLG2glfTHPRSz?PkH6VzHublA7P5JjGgx$+AfUdo!kJTAkNNBD3j3bXwElaSOyK3NkaL6m#eKmS#8FA7SgIXM+@99L_z4rdx0q8/j*rmQ@js%l=_jQ6gfZukKY
kiP5%tND_?HjoFehvs=pDBDTiQ4UBtqsHu031I3xoU@PwPYXDk_6LMOuYhuBpcmkMfB9goVTK3HcGoGIkLNOZ7_MDU6mZN47RK@3AXGk3V_!K5E8LV$Ka*S4$ba0sk=+TR3ndArpD9Eo93A@5y@.uTcG
C2m$Wk.%nCR2VixEa=2W$V!3mjIy@*eIIUqzozud?a_#us@tVH41T9PHnf_M%9rUx5d3ujmoN!F.Qp*Al6H6*+=8K.ztu%6qeyKfnCHCHQxCDhTG7nL4DnxdBIGdq%3hm%EmG6.Bgpd+ENChS*fcpx+c
jN$5RR4msg=PL%=plh?4KnZoQZhWJTOja.FyFGGsG%q3e?7kJoXtCHYll#$e$bOKx#vvLn1A973?4@z4szZ_?G@Z*GDIW8QMF=HjlaP.x#V%@z@N.OuxIYV#*N%vyinXXy3Ik5gmiQG6bvcY2JVphBJJ
=1DDLJNrfomU14W9.dIIvGWerxmq9oQECI/YZ5oeF1YagpHF+gLgDmfR1N$320#oxoProV.Qbqr9Z8d99k!rue0M8mh%VRopLJ$k$lK02+EoM0bK$xHR*UxLe*cpW/Y!@jbFb?0B?QobU4AAwT%6P2*8
wo4BxSD9phHu#8Cn*C3vcqiGSv8XEIB+1FEKOaQa3tw3U62G2nSPbtC%sT4f0pLT068iK.L#slSF0/WYKfvrVwNFcu#EgeJdTZtqi7wmxSzA@CkaVbBZw_N/uEc=%9nz+hH%VkVmpIXs$nwRTzXmJIta
vsasaQU%GmRdKrI0DZEC9xWCPIRd9Re2COJyiEEIs.l5h8c8tRG2?E.O#Iq+PtmK4_3jr**9cPtr5YTDRjRi3*euhOzdX!muSX.MXSX$xLJhF!S_n/uZOeMaJEy*cc%rKV?_oi#FrXp+Znj4?XMcSTYG
q=hb%XfoL5SmbOOoH.Uui?nRcatsjYT*Rvf$NXBon!/uXc1?tMM=mSeZiYq9/Eh#gjRtagVL*lx!EuBowKLtPwL%UcXM%Cei*biRo+RgnNJKAXFIdJANye9K#ZL#D.ljW%M4K3dFWDIMbrq?fy*MNkc$

235名無しさん@純邦楽2018/05/28(月) 09:25:33.07ID:81fKQ7xT
aqv6?E/$mQ22.VTuM1QR62XEr-.JL9SOH7vXlq5MMsb?*131zI@8+S*z#2W4ndYZoVIR8VN#DV5wk1pw%K1fnbIkRCsiTGENk/wBY1ERQJgIn=4xQYFN=YIfNft!fUkGNQZn-riNlZx-+i/bgnv838yj
qiUgH+/8gba_Wjsd1CD7g%dMf9*%mW=rUxKYh$adBkAlaNRfa7mp@ib.7=/RxGj+2GZjmH_t.owS0E3vn@8_$_NbJ@PMkm.!f2vWdHtPH.kXG2sWjmJa4#ynMMS$2E@6V8=d3U0eJBmH81ryQZd_d5+k
Sz6%Lb6wnAsS$sQtXJX9Te-DqSQYrdH5Q$k+ManyhOGOTWxV92Bi1G8Gw322b-7yB26*iFz3-g/0/kqvb15gZvD$=6I#17N!pz1EObLGQPGBuM*ia06wcDk#Wxl9zl.-.j8Oh7Fv8Msd*oJ54P.46Of#
9S=Gt=KmhwLm965exdU/T2iBaEjGQF5D8rcjV=vCffNspnJWru?ECl+Ymd%/w#56@8#Lqblhps*Ns#*UKO+e/L4eWfPzovt3En67XFXiDWC-PS@lu4S6ok=UuQiSg4gPvuYwvfomBak%5.mdiZELQf34
N9YWO4!x4mx*-e@FQ@Hc2*l6P65F3-1=oUS!yiGZA2qTnuTRi!E!/Q19/A/vtNGps*76mf/Nt2HMk9e=lX+j27nYVUG+e2eJu/BvHqC1fFEVNBb6dOCx?%.Y2.Cnlq/FfhZctim.GDD*%lkr25s6y_Ir
2-ntuiug#egf%?S@HOhM?t1lGGb_CV9RsIQi$gDyspzr.+eeOQZ?1z%*=6YW2dxzlOgo3VP85RI4taZWpE3aj1yLR*YVNBzGoasjM?lhvEdi2$P@3xnjhzMMh/7!jML3Uwx4aJmgrFTTBgq!lQ@QTGjE
vquXfAT+K=fyEXtlxiUEA-#WT3REahWAXxd5D@?JEL=RFP20/@rFJP+RFYdxil=ayq=dj0$4x4%v%BpXhtM53U-dzRjTFqROuz#wvLJoGz+Eox!BU#x/dzt+RN_--suaA46/tkRwJ1F!SnacW*TiNNPw
*WlL#d=Vc!LC9lK8BKEC%AEU9iAJB3R0XsWey#@yb?IJElFa%zSRynTwm/_4eWOkLSa%7ChrMDK5RA4h?CS6!m$Ou=AMMST5i7+jfh0O@4rc9yFNuQvOE=$A/C?tiiMqQb-jylRtFR$0zxP+*AxbwbR4
73-*ByLDaDGpu4OJiXI#cFmD#UQCd/%-hBvY4sK!mPXtV=994rdDl=1hp%HqX0IIp2L+SH/a8asLbbNRD*i.pbZo+evLy_rJqfZyykN_/tFV/d?A5o2*k8jud8BB=XOo18dTxPAD*WZ@M4?0Q.7.6wL#
98i_CcD-=BdbYon48nMtr*/vlk1B?zEo.o0T%Fe66%LF8u-3cAKJ7nlx@-I6/ReQjC7hcdSmKTjsG1jJiX0Q+es8R8=UY6PKtvMz.l+zVKmfIhMf2TGjg5UOsL-mC3B0=!ROeF*ptqnlpZQT?HY!Q08#
EAg5veYYM=eX-bM4dJR=QEAj7v@eV1YCwn4DEU@qtLGb!A=G9J#u/FgFhwal-wqJr5rmSK=ml7SoHqfpM8-mgx$XF.RensgQQQHYYMN0dH3SeMWqgU4gy$2tzLj-t47!6gBgO+0mTz6qFornedROqIHI
%h6poW7?lskFePeJner#P=7NI=jAbJS5wIe52lBdAE_WP?FV*VLD+v/X*i.2UpJq_0*XIHCuqN6UsWFwtptQA*K@MDu-$zLUOwihyi.v=8pU7C2j*#Of.Itc4j9Exe7tFMuUkGgl.Y5ZTGAeszNzzZ-R
F#ASd.+G_VpDGoRcn!Re9P$A-=uFe1JJ3ruSiC?x1-C?QIfeZXShG#35l_6N/gfBpc$OJ70gwYwBW0w*.m/ICnWRGr+6vLUvHqn6C!6O-5OPuO4cFNT=u6ASY$DzPIvLJPTdZbDzO3Q#t=CtmrIxYcDV

236名無しさん@純邦楽2018/05/30(水) 08:06:13.17ID:BgnnY8tM
6PB3w7*1+wXs.o@?aY1TDRWJcz=SG5CFt.kN7_dehtL89VkwVgCf!h9809hjDud.UuUp.F@P5l.OKZpm?*gQnYaKXucJFhJ!LS$syG0s_dQziL/I#zhjy5cgf5xKM2r!kado.da?56MmdVer9juSQ%Gd
yX=i90sgtLemqV/$#y4dP3fd@u5ccK#BjD6!4=FXXXa3iiR*?8B@GO*SZVgF8yw@m8kwwj*rDh@qetv?z33FYGCBbodEf3CIn/qKJt_OhvIb33SCnescIIi.+6XHo5o?an@3Qx@#S2%y#EUB$GVj?POz
P*z9/yFea+8V%%.0DO9ul#MoyxV.OVbGbvll1U$Ltk*!lsHACZrLriaS5W3ko/8BazsL/7KmiF2JKJmuReu@hT5%bKUO.Sz@k=8DxIlNNEBuuXad_dGax?@ut5pmrSN+Wtj4L@H$b?Mzq/x$UawZdhkg
jJGLOtXg75$fnkN91/DD!!d!%h4JhZe?*ier8uVVh?Rs8+@TSlPbdhNI9=TuMVvB+SJA#0nnlSDy8*5?6Etw9Xck/cnAop1*w5XKW6zt?x7IvqHI1$XYpGVojhW_7QU=E=/fNAmCZLhMm2w0e$wZS2YC
FcAt1d+*gebU/vuh#sy*z/PHM%NUD6.hP?l#MpWZwN3*rIVmCh%bm8BBu_x$3K0RjeEFbyzW3k8#PUIb5Igc$.qwm6WCK@SHLBY$C62bIi=#QvSvHp%+DC6G.$7*L4o0ro9166yd*CmnKIOY8IO#yUEx
57=A6O%7OI7k$#ls9prheWtY8?rMe49sk9Io7bFSw5E33JHBb22wyOi9bBOUljLyEiEFH5u=liW*PX8F!VF$dK/Usdv%L7ynrP2cRYDW5209_CaKJVv2E5FU51XNWL!?ArpcumZLsN!Vl9ZG@fhFl!Pz
g5LPbs$X==@#KalxZH6WX2C1LgV4Vk=EbpTEzHao=IF/kJwVRehvyF6/cJT7=Ainuhmt53.RjxVhvNhirXyrKr7IkizymR=T3YTlOG!P%xIxBpN3FO7+*xk@xphbN#6y.aHp?N+tI0!RWA.W8ut=jzxj
D.weG9#p?n+r1j/1Xn!vAN8/aUrpBUtY!TKD8PUwy.sLQoAa%14n_WKmI.AAgv2o4//on#EujzNXxcc8%N#V.v*IEry/.nm=x%081$6KWRg=qYP83L650zUs=dmB@rYHg.3bLl6_Oj5x5ABP!tiIW07N
i3hxiopfIU4=tODxD*4BR_eSzcl#lqNu26a8DxI@YD$w$9UPQpIDa8NP!x._twhf$?#JlHYGnkvQX2B1N+xk$_z.s/nXw*qju21sAqSadNM_$5?6h8%xmmAtG3y4l!+*Dd12ofM7fpnT?Hl?=Xlceptc
PAyPQEwZM.%Bkrr+SICcp1lSZI4aJqX3*h2Yr_/ulglFz%WCU8auLlxqW.oI8HHkyvwpb#3J#z!/L42@7br66@#KS+27TZ_.s%3F0Se86HitnPkgwR3o+!AA*Hl@KudXH+MXQ?i9?EriDtRSGHUM/PTv
Ey@PCwq/RYz0tox?YW31M_6Tttc7hlND!8H$%Ftc!!jlpiKaLhV!Ng0pwkIHKTe0%2rxW6n46nxUO$sP8va9jN8RHz/Def/?t!O2k!LgB2jkaSwxhcqS+UhpLhoRYXu8_4JLYsqo$TU.3tqRP2gzlTG@
v#xHPMRDRPy8H9TKmO.F@tpaj9rlzaebiPM4s0njP_8owAzB6!X4+fxl%$VrJ/0wC*8_JlHFbIz5Rd8SJB8juqyVx7q_p4LqyIjA@0i$78NMzxZTZrid*wfbvpi5GMFBMHZzLOEXZX_D9PpOnD.#nWxn
6!!rde*Jlb3zOU0sjCucc4mVCdbWn8aX6EnFq_EqayJ+9l1utV8qnRBHzgE%@.vt%f#.DRCmaO!jGd6aR#vng1m/lu6Cx=JeF?/SzQ6CVLimy8ruU@UhLXQWfvhRw#?2NCCMtA@PzR/./KGWaU3m.sj@

237名無しさん@純邦楽 2018/05/31(木) 14:47:32.60ID:nKv+NzQS

板復帰(OK!:Gather .dat file OK:moving DAT 52 -> 39:Get subject.txt OK:Check subject.txt 52 -> 52:Overwrite OK)1.15, 0.93, 0.86
age subject:52 dat:39 rebuild OK!

238名無しさん@純邦楽2018/06/01(金) 08:22:25.11ID:IWkhvwNS
a%iZf4SE.A18zv8kg=rukn?e5t0mQvWG_hugPGS+RqK?6V7!65F+s@OgKwwMdgPSYlxSwX*NzA1jE_r/OmNaV*d#1.9xRB2m$J/vGEYr6Ix3Z+dSNMZZMbwc6bI5iQbfQad5K1h6M36gjd-euKt33F$e
hdDg2a4%wzkIZF9ecCWs6%#=qxTLbGHjCe3v+b2wNNS6i+iT-!YBeTF_p1v-u_TbCe-FgZcjYBE4$/vT!/F9wB8ifmLUGUo@pW/*0oLX!gALgWL1-s+mp5j@V1ny3RgLe2NKmW1LtP+2bF-xIZRlZ7nx
SRnQtAlrEz.ScREW8/ntXWq$JCgjI.V@JqXS$Mp-yEojP3=la%yw9od@ye8RAzV=V6hy3dR6Z4yRZm2HlQn@G-s%XEpOei7#H==nX=6#1pe2HQK7*Hs2#ROLBNh0h39NP9RRGIZ8HMdSQC1Pr3$zbAf0
crF9g+%mqfL$c.yS/1cyaTGqVeCV3#yybep=Wr@2iciE?dP07N1%B-5@e3MB=_e75k1snSOuj%1pUYO9xUNaijd?FIZk9I0JT.Bm%7@kEFXxlJxF@A+JpeH*ZcM_9jTbJ0uK8j%ctR9s!=LB?/0pEXOt
*p8qppU0kp0fYyAMx/*/vP=Dggka$WN1GD!35wuHghS4-_-WFH/gEG2xD.H82%JaaoDGfSs3zmfPDW%p.-sTTLRGqNsHxhX_T6/I?Czngzd5lXiBKYt0L$jWl9@2qnOg3+%rsPEQMP_ZH-6Dk#7_ET1e
x.j%?2xVU-Vqu3BzSmo#kd4ol=hv7M5mNMu%lVy+s?p2@I0_KV+_w_fdHFxJRDGSu27JH.w%DbJMi7NqbZK8Bchk-pBP*JTt3E$E5Vn.O9mUkp!Vi3_11eXeICT$@.z5hEOSjk*wEnh0szg=vx#-rdnz
V_vdjj6ipUSz%k1EGt%iW=Y1j?*y7l4wS$!Yr$VfeP+tC@P8bH2ma@zZPu9l@20NOIVXA=ZkvzZ%Iz6S+#eKV.kkLEK=KFQ%EFYn*Dt*ryJjja4dZI7f2GAT/UC2yAXyStl+PW@l..q1gnb2xo_SPB!D
=4J0@%G6EBBmm@iUYpnCsj_I?zoCQs_D?hnTFgSx56tS?7w-eCXqCnM+9*9KfYgkX8*xmofyS2_oOZ-+S6IeKtUeq2jAj9l55cSrpHm9#eB6+!v*tfP-Q6bXwRB1?@BK!ybJmnHx!x.Ja?$Pl*0bZnwl
P*wd?tetBzSfnCJdaOLyopOABZ?YbreTPg!.0DQKH6pCxuGHsK9O!4=9*aN59BPlB-mUya$4sW4!un2vCoaoPO#F32j1%JYSE3$RhDtt=lkUZ3w+scT=nACNvybx26HE8q%*dY0VvJMnlW5iZBqAsA*!
aB%X2d/I07PgZ6hiR0XpRE6UZD@%+El3b/V0eLtyd/gat4XyYGclc50PL49/BiG$_6G52OePB/4kQp_kRxFPZ!t*CchuR_sYz*nT/w04zE-S/YFsHD1Y1dH.0YI*CKj6q/cQ%zOpwgd=oaKPb-dhrl6=
Vx-.WmFv*e%cg-U+dqZP26A=hQiLTy0Rbp$K?1=CafCORh5TRY0Brpab2yol-PO=$C$9aU+F=FxWj5k?JwdQi8JL7x.KHoV%RL5jOMK$6Oe*JGL81$yYs3r#Ru0fjkUrMc_FjV6?Je=Y7fuSR+ajS%1k
!a_sRp0b/i38.5EXYP1qe*?VKN3@Q9s.zObDE*Dt%FA+WYaG6d1U4Rz6+yZF_l=ASisJAF81pez$nYHgLg2wg878o-QDqN2r/bt5fMi=sJsI4CtJxCbmVs5ROdq=5w89YS4gBqN@29*xrYY?6#bi98Hb
Q.8e7XYyg9zv!od_wGbl_+AjG5rEhiiRB-P.ex#yKFDzY7MR%pBiUM-FYYS@22x5fLQW8oTfsPgeI%v$w2HxlKC@NYvGT*rO#ZD/jgzL4E0lZR45BHoBA0mEJ?Vt3YPql%KDd3ZxZv/igJjEKcwlML/0

239名無しさん@純邦楽 2018/06/02(土) 08:22:44.50ID:TAB4gUjE

板復帰(OK!:Gather .dat file OK:moving DAT 53 -> 40:Get subject.txt OK:Check subject.txt 53 -> 53:Overwrite OK)1.27, 0.81, 0.71
age subject:53 dat:40 rebuild OK!

240名無しさん@純邦楽2018/06/03(日) 16:43:10.63ID:BKYMMGcR
bJ/iy1Ru+4.?2DNlOLCcEBJAV1J2WvZ8RkuW!el5kZZWae_*NGIWhtvs5yu@*w__J1r_%@6%agCd8X$LNqk9o#3NTVs9n4D3Q=HdTz?FGcQcGAh@?/?EfxHT.e9R5+gmw53ppHVcS_VkVC6m5oak+adg
0=cUm?9N.GVy+iLq9AnhvtJfPBi#9XapDdrk+fwxNN6i$6viK5/n+p7PD7gDSjfny2jGI9*HgK5raasZdSDU.Q666E4#0KvyaMkj4cH=P*lu$1U%ZqgaZK7ugmBebD=@sfJf*k30uMptgCAPMX9/f2s7
0uhELj6qL?FK@%0Yly@/KRwh@YchZl=Sjx#.dTg0t$9ikZtH+mhUkSsz4Ci+ohkaeu.xWc@!l/%sVlXctex8Dn@wO/_D*F9j5v_egEuyE#iEI@1.@kxw*3dJ_3D/G9CUA/9AJ9A4H_5$/Ss$FXKFT$lM
0wZB=/Tl74orAo?ONSkudVRoWLM/ApxRymNGRn1du!xz?UOLJ3DwQH=#?Z9/A4ky$$wgjR.MbPEx18YU!xUQ2=/OC_?/W6$S!jqf1%?87*!vR?uQ/mVg7OLJzkDRwQW7OlLZDKWZwOhxbKg=UXKpwr6z
?KI_zReD6p8lv+_Ix?U8VzMUZVS@UcUf3!+#rYNK3cfCav6m@/I!*ExHN1K#0T#7OihowHcCAJpskN1UxZOzZO1TwosvG%U*W8i6*O@R_Iwl%yJ99omn7pxv?2!EL5Y9VPsJIZn%Z?rzjKc1Ha=f=Qey
zlr_D2/EaZr0lG_kaCJjqm%dTMSE1_klSu38uPG=KJkgbr4TxOo8G0Np3Nw+jlAxFSvgLlLYpWvIbjy.DpuwbswD1i5zLie#xWtqikjPF=!RMKrGxA3fk#HIcON#q*tc?=YLRM12al#MK=mg7wyhQiMY
De8MasZC!n0sEm#/M5o7Rg0dfx+t7UrwD41KyD_OQCwt/U*A1uiscKWj4./A2cNkOpdt#*0UlysB=M2zko+4#%c%r*0dNxIB$ZC5r.Gt.f@@VM%eBSFFqg1$lgqsNwAFui6@L3TNFtE6@VDoWuOH@Pfu
+yJ1LSVj8GA/Ov*mBWfo2n9B69z$firqAX%Qt04qYOOWE*3*Yd6cXTshU*8NJmC4b3%doKhAd%84A508ED$/GJ!KBK8Nv32j02MIC3G5S*m9m2qA1Q2k.e*Fm@EE%ZXbK0S.Z/+X$lWjSLUMgAvYpK3@
2N*4MQ!CG9prpU5IU3I!pYGrQ8dw7DYfM#CmwG7/.v0%l15D%$PIbiA=0=mwSX5kHxiFA+W_/0IHYaj2uLdgh/YWfNyA9+JF*2ch!KqDz#=.$r?9cOOa72qXOTt6d71p1mLEQGfkVfxPWqz9hCkOoxmo
Ak5kyVL6miXYfugQQ9L#CXgc.7*3.b7Z%oS9W3%s!ea6JJ!.Qk$Z34SRH$fcSxu1f%UBjl656LQaj80$=DUNq%XUd1naj0n2OR@op4dWKhxujQ_Y?RX3tNGyLjvoiYO?HjQv1A=2VzuengX?JohOLdN%
!TgD7Zxhkmt_qN_BLf9taeaCH/2R?YEBVAuY4?#RlWTU8+AYTTNMDjbKua.+EMg+sKMEMhamWHl+gmGzXTEQ%VQd%SbXXmiwnV!w!f57Hr@xe3?5d5.BrU/AUrM.H?IrLmfBJ8!6zggKL!A#f0$.qbMu
Wf9CDUAYFBu@C@W=X=rl2n5rXX7DiE9xkPhSO*T3q#j1U=4j=pul1kbN$*tx3E=zHdH+fYjJ5s$DJNhQ4?jsjAdBMMYd+y$A#o6N_u10K==*l#Pjf*Kf4K+ET$x699fFs%3J+EG9s3=2X9fqigVHvxTu
u+1M%QWx9dFZqfD/UMvVq3h**a!0gkg!jgthMMB?tJPN_%B9zOMGnMOvyg%FJE%LACel.cKLW%g39oL2ryB16Z3utHAo8RrX=%MBoMj=@lkm2GkGeDcOv.vYr!PrHI+lgHDCc5%rDP#IFtuVe4KvUJBK

241名無しさん@純邦楽2018/06/04(月) 06:40:51.32ID:L3qouM7z
i@XC634A$39YNbUyQ5KP#W%m6D%7VjIu#tV?SWWKybdZ_$EWtFFGl1ekWB-6sUc=mN9U.Q8V/a?2P!K.ESarIBWcTD2G?!wKwoK*YPG8oenC6Q4L+=B=m15teHrE6virpSc!FNS2lwN/pW5P-A#@oS/u
Y$Lu#nCuES7*7r8U$/AAGnDLhl2s7z#JZXgEIsKgA8jd#zwrz0@#Bq?-X/6te43Q27hzPZqRvNtE2J7N#.0cFfdCaK9pU07Aza2oZc9KSRXY%VnxvioMD+yazD2ytOT!h/8p2dER.N.!Z8ja=IW+2CFA
EV*yoEv6YN?=lQWby6%nxT@4aEOkNJz8!6VdlcPzYt-Aq56W_k=ZXzty$*Lh4u1HpRNMto2.l@OSzh9v!qh8WOs?4Cwu$0*Sxa_Ef=JOmYCa/?oW@h/SxU.bXc9rkaSZ/7Z+z.es92Nge5Nev0_M@VhM
PbDp=7i9P8@k@9r#?ummo3ytjj@*!KFAn?Ht0Y2lFDWT.LxNF_pxdMDhoLW6*VwR#_abc%!w.EzqcNTHNlAhRoh5_yobI0Wf#n.!iWo_tBNL$6oftWbHHmrp8p_f6?CuDs0u/7zVQ.y!HzRHFKtKSFR%
E3Rx!*6WrlNYQRtD2Qb6svP*hQW8D!@@2LgDi@OBV1T=9=9Uw9GpPCW7ak%nCh!p#Ni7?5#qj2jGNWi.0doYYMLN1s3=kbknEG!sQ*@yscGKGZxrVuANgsgt3N_kdzKp+FPKcwVr#5U1%fMgmnFeD@Qg
Auc=XeTM2QBNapYNO=iB_rolf.ektTeoCb_9LUDE-i%FhLQ+KDf8SeC5=93QhRCQio3W!y+AuQ8x@f_Mf+xMUB-fqF=8I57$5ePMZ6MwRghDp@CGhauH#..1=EhEq%4?kq$Z0.$JkLl6Of?eV!J4LVuc
%%0V0O_oBrt2fVMyHutYtjTlmx1YTnsZnENBZ%_M08CVyD97NCTEEbMf8h$ql__H@xMR%PxDvS+x6tks8?K*bqbA%e85Z=S4zF9d._k3gBUJ2jfOt=Cd.$+lFUhO6CdD..*%JIhGzC$-_Agw*-nhtYq/
?m.$w1R4?b2uJ-!YlK#U#UYrZ5pZv%$$+GZIL_Ao6lUXEyjpAFFDqOj=OzgNoYQ31+KT!8?$eH7fODt25eE=ekTb%T0DLEOKKRC#5108aN4de!yBpI+1gJls8tY$Wnolex-fQ1._oHNu!$Pm#6feALXE
wTwdE6z6-P#@vd*HSq*P$1A+K._IPMC#VK0GhyDiA%r3oRvV84-aZkSh#=ZTbguC=RjVSUd?oF=vLDL2*IO/Txb3vq+z9dy?6uFU4WA@2zaPWkTNXfgXA2fC0N5g09j-T4j.T#FKn@IjOE-Fr7LLCwWl
?8B46vFE6__yw$#Fn-#yAs5gxkerF!7dWnK?%ES$YZL-tVtfmK*CLFXT.Fj@q%Wa0.BGa=?c4xs5@UNjVs3C8.w_axAN@B2=n!hJwwYf/ponfVDY+Rj651a/.CwWm_a40/E-t8fPERvgP0?2.l*%%Sih
E@1Bx4Jcb!g!Zj=ALf8K//LFfPapDd?3cS_Qh9jI/AbFhG1yB-9l9M+2fMkpS.*dI.HGhkgyqLb*CAMC+8ZvJg0Km@#pZ0Rt3uLz%dQ_l+ulR2d7s$X9zzTy$tvBQTeg*mid/Our+@cnN$CC-DeYpdSk
sS*5JiX.FZ*UNb3tC6SO?Zh0@=XiDkRRjkl+2n2vi%tfu9fDq4a8-+t=HtgatK671U#QpeorLW_mXkQUKI#!yfjA_1MDi4FQP%!JlS-S=fcQnAXrBw/CwfUQcbZj=ns@1gwp_1CSqP9t?w6WYoBBF8U#
cdIojUcyVxnTAA38FRD@QznHBOxUtqi2Gt$o#7_Ql+u1v@8.CKsE9N0Tq%ZI#ru0Pr%MQ+Og!au-p2tjuvhPP77_VetXONAX_DFnB5YtYWoD$7UEhrzT?Dg@p+@Fyl/Hf%t1%N_Q!Wplj0kr/mezs=U$

242名無しさん@純邦楽2018/06/05(火) 07:10:41.20ID:XcA8X59z
ut3d5DPGSBap.vnae98j7l+1WX2/R5nom-WhB4sB$LxvSd#zHFxqzufox%#gW0KRf6?nzRTveaYO!TayUz@WS2gEp7=bVuO#K?2dA=.EY$tWa=LmQ0_#WIbWPD%Wv$N5L$GtTh#+7#GkQeyO+1d24XYh
OHt!pXBkj#!OMnAuEE=0AiaGs4CMuEbL+sVBK_PMkcz+$4n.apK9C7RfSQ2rPOi.=aei!JtRBofnlCQ1XL5.b0+=@4t-G.TRiEE=Ai2Ot3F/q-UBPLeQcA2Pv7r2_vtR=62P?@v*NY8u?8I-dZ%@Ln6d
M+@KcNHIDFy7d_F_397HjlzjhxyZi3Px8g%6Z3ou42/M6znwGc+LV3vn1%/35#ie6$j3sipK5q9-9USFX290Cp1z#r.q7lmC9kB%pn0krZ.A1A6R8=B/L7Z5Q#P!aQQgts1yJ-#DXEq@X5yq/WF?o_j%
sH-?#w2vnwQ7nLllwU*hmLK+Z*l#mM?tacX5n!SGpxuQly3zjr59cJR5mhYAmD=qcSvDU8-6oCNUO0vyBjHwKEkzDmUQ-qWEyFItCS1_8P1.ojU_5PTm#Qwx*mM+dW92$koyuYvx%bV-54bq6SgAV_U/
_B!dqqTmlwWdfA/_O71q9v$%9S@26JBw-%IHeblE-RGFTJLV@1oo-=iqjLE_8_62KvezFpE%@DRhTiZ!bfJH#kEijtJefyMsRLrlu45yp_iZPBC=7i6XN?Mzs7J6ptOG-Kt.kYryReeWc.6CK3-E9ZLD
TT6_%Ik$Uu0U/=sK/GFph+zf?DntE+4tkVnW7zKM3gKg8Z+#CHOXq6vPuI-wkg2v_+3a!_g8LB.9*SYYWEp-?u6wgKH4.*MVQ8.csjtKEfil9wvpW%WuA4xafZn.$99VU=G/JbO77$CZ?MxwO8ER5c6+
sY?S_jg%2CAN0vb=H%VvvrGnH2IiO-yOM5Vv3p1r-Qv?DzuP=r@a4RdwucP@sPFr7J@YCR3biJt2gzB#hwvxuXb_bImkyg.zk/IKKUOHd_C3/ZQwPLJ?93Zc.zyJienDHM1%8b2IISnP2Z-N1i_$BM1q
o9UNi8*44@S71Sm=y7GJl@jRF$K6feq-fs12+X4ZG3@/1SoZ9EPVZ_J#3+XWijR?PPEWW-MucdNt9#0IYuKjWD3k47M6O.kbR!w9fkjEawKSEEb86YT.c=.6-D9k5FzjrXk9qOJGYGL*jFW9=SqnD4fo
aAe90aR-PWWYqkzsu?i_uDOvQIEB*L7$W1mHM?=wp$*qG9Qmv-akEr.ZE9IwCBd#r!Dx#9o9_jMalQiMQp$!3L/YQc*lQ#6WVFMQGQrX/S6f9_.L_MJcT0zRnPiACupeAx2@5Q3X*PMVp8ICBaFoLe9j
a/m@PEOS0s5snKIHdBcE3xBdq5FyZXG=g+q8_nv!Pz+6wGa9h8q-hKY?CoRmFBsQUo$AlHU-3uR2D%4rntqJFl7%qEI6k0O5zWaD6e0TW%MdGhF!@6ZZ+o_k-gby@=Gt/Jo_@EkW_dAC46!e--L+wq+$
1xVWN+#WVdLZIHGUHw5gskWrcoXuyyegjdiux@@leAYx_Hm3OsYtWXVIexScPv#hGG?VZ%ZIj-vTr-%D!S8FaYi7*.oSthIY8$n+0%kO*tuE/2ZEqZ+RG.FZx7D34CO1Mq5$o6a*ZMDE0k/O?VUHAbJb
$eroQRq4byVN2OSiR!aQJV_C5lg_IcmD_ShnbxpfG!qNGBk/uw$gi2G@=HOFlcjFl$+lQ.jnFJlYx9JqvI29T.n@Fp-iXU%A/CUXYY//7RO7q7R!#fVLezUcq3D7eBQp5u25I!p@/IXM#lH$b!=6LDsh
6lIZ.jnk?7#ohYQ+_HhT=tN5iTJ7x+fOPn-J%Xurx7Y5Gz?bE=m5ax=*Rf-doALa/fFq__lD_w!UJAx45TMq=qR1upwO!pW2VdA?_wrAC+awOiDY5m9$uMHCS$9tMA_3R5mnJCr2=/=AB_@fZaMy*lg8

243名無しさん@純邦楽2018/06/06(水) 13:57:17.29ID:K7lstRsp
bp=X$VPKM5ZR=uG8u7TOL7#$s4VLLbRu#+K0n4d6W0y0P5v.$?@keLH0aS$/Fk5a_.qDAJL8Eop4UVR$55!XfsME/2tytV/mHGg!BY##$m=VRfuW#KhLKelE%QS#ftgiRkBe=RrzeoNOI$67Nx#voeJs
8cNA7plkKwluN7V0*qpQQR0X1od6ZKFJPYS4AwC/zXNTJ=WAh#imiCCU?Ytl%Klaq7TK_U6nhWiAJ_4TH7hHlAj?vA7L/nkskpDl5=Ge#7/h=e@o+T15=bvwQpZZ8rko=xfotqv+M1fMq.zS=mrTNANL
j7ssWc@V164Wax5UOJf/I7v5Ma6BC7m7+*m2TY*4WgLpsnY1Ul2/ZvIpMCq7To.V5zC7c6Te7Pc0nv5vwyKt$?ITgosHB?ah3@J9PA9FI9+Ji7L+5R!V9JraM@P1/2HRdN!+zG.KMLqid*w68QZ?27$Z
S4KbZ2xKAqYb.xF=+za8W_3dD!5lMxvX_!#_f1V6B96oB/NcbF_3fv%Zydd4kHb#+iu_N_PV$/pM4FxYjNhJyrvRNVz8HWiKQPKUsRReoaI*$05VIqrG50o?fRlR?d%bFK+JOB+t9?HqZwerDYdG$0T0
qw8rt?LTq2pt.oSU%vdlJegejCKv*oC5JB@=0*SzFtOkNKvhrRYwH94T9CvC*9VUagQpBRR9z2wQNOEEMc9.B3lB$6ND8vxJgJqmMsM#NC6F3T5!lAYrPNL9%yyhQpZoP+AAifOP2FCQ6$D=5Jq!9DaO
T0E/TXxejFth_J31fJjJVFQ6W7bffqEj=*bx?AAukOf=put=vcKrXY4#t#PYb9RT_KkfeULnW9G#kVAX7ja57nOnZcze!9JXW3DYG6$#4nlk@#LC.U?XMKOH7L9vI_A1v.C@1kSxPvGkpnNK7CSYi%vU
Ebq=R1=j5YP?7y_q0j1Zd!YR.yH2f7Ot!2@%NJFEZZ3i8OWKdWzx=4GE0wCv5I8xnRHQgnP_7!o13JNNrVnquVa*kB!sfxjx1YQBA.1FJvzv#!S%0UN9sR.mQ9VLdRPzwP!JgLwr7?JRKFEPZq_l=BZF
$cubIUe5q5.jm0w1XkBKr6_@jSCNDDrehc82NSaR6ep!Kv3JiA4yq/j/j3lREXz@3.bQ1U7=oPs+3XzI=6lY%*6cQQ_F+r3/WFzkfEmLYlFWpqrdt#nhy$GsnRO+pNq0S@mQUC5k533MU?lElZXtv%qm
a3to3Umdi1=i!trDkB6*YdA1T@GAKhbCJu3*%M4ptTvXtjKc?7NG5Ldhne@=rPEkX#*N?052cgKTFjNCJAOc_#3Ut3SGZyhRr!N6=v.G6o=hsQx?Fh9tiduQvb%tMu@q!DvD0VJCE#wYYlR=JIUXIH0u
qX*9JaN8Yem?dfq?N688#.xdIjQ96ENFkNCdnPC$Q6q6AJ34hy7_2Z.OanRn?O_%PDNAuDp*be0!l/@HX3?RVH*EKod6TY2upeDW@feB#B8!6vZ8GR7aYdE$1Ch3.4OJQJpV6XY1L!2A3od6./vIdJpu
=.jamVhTh=Gpiv9oG+a@#=PbGXI6uTL*uxR7Fx_OLn_Y7xlDLuo#QMhc8ib1OgyRC9RoDxoc5_oDHayitstI90mZb#MA#V2PtUhzwhsEdMSV2Mlj!!/bjRoLjTQh_E=!g_tpClKlNp#TrmbV9H+5H=Lx
jf8.#CH_t7*RbglP3pCkj@q5xkQ*0DpRB/XV2l%Gy9q8NXQkqpxwgL7lH4YtFN4a3!4tRciG5+w.JkdI3+Xkphj_aOoA7JHktAef+ujPsGpcraW5cwS8HghRFMo=BUoZ4Opn2UO?pD?87nFP?6.8$5eI
t3N6@jjhhW98C$1VtO8uGPf7j0YX9ZMOsp1$MD8m1VUsliPDadeb0tR_yBCqDl/OEV6fJFwULIAaWcWhv.%z1uFvNjgGTN6P2t!$VXT_y6#sW4fO1aCPPX@?CBPPLy8hl%KpwH6*nsvBvDD8.sEuqXl8

244名無しさん@純邦楽2018/06/07(木) 12:14:28.12ID:JWD9vPtF
ylEwQL9+2Pg?69Yh*%t+G7zf_-GQcZjjSQoq+=Zg0qh*ej28*oGq5TU@p5I!lEFMBq_ht#WyqPuA1PmZLD%LdU7tqTwM%ISr5KQ/1D=31DN57VevfipbPdoLYfm7X$YOCdpBq_3sM3y4Af=eEFqUj*-/
y@o%b2QK/DhU%%ea!vrWIkr6V=eGmSfu_Hr5HTGVnCl9V.R?VhpjBocK.2!+3joKfH9_TLV_ljYA$Oza!aRf.!UIXvyIHba.qkbQj@CPT-pM4W6/Os=vdnsIvfsMDnoh7/TJRU1LR2t678tm*X*LY#M+
CrQm@5_b6.?3xYbCxYZzzvNvyGI!=t8k#rMxu#IPfZ2DN0O-HAwW/3jc7gCa@X9Xll0@V0sfg3ORC1TgVh!8=RdxrPgnKz*-f7XxljyuDFwurwl3Lx6ViVY0_xcKmiYa-n*8wNw3eQdg_C/P0NUOaCxc
hKnpF.kW5bD8OctvN7+6ln%Latf3SDX=zniVH_dE#WFNkO9G#2DMrsoTpKRgxg456%7NN.WJon8yf!Ecf%%SZWCJfT=gJIB1gp%Ua6_KZGIhq_wIqh7#HwMW++#9ooZ*jzCGe5!ZWtKd!-$rFShxzYTC
YSCH-vQdmbFQfOdGSmd7%f6anj1wyK4JEol%OKl1KxpK0vAf@xWLlqq$F-6cFjh7t8#u4HihtpcudiffK/HBiMA1Wi8aRlrTw.t4T9c6i6y.-F@03HLlftcrGw-GP_5O@dQhmg.*ED5$PP3gUf%/+ib+
4mUp37fsdjILWV$W67/m03tKnRoJ=22pz5KR-zyZ@bOi0@LE8a_#pTVo@t=?gVtX$/xFMb9SgI4O*NMCW7sOHr@%hCZBS2IU1KaI7ns/8NvJ.eTeq3hOWg2w=ZG%ivx2mbmK!PfZKmqVN%bNDlg6f/7!
0AW!l7Z6ty%MAosgtf=BN+*%.DNVa8+uwgVX9/d+Qi_!1!I2Z2ZP6lEtf-a_Ds.0yaD!lsDdPBk0cA%1.-5srR1%ndMr9r#Q#UkN5E5Ht*$%ctTOoncVQcNz+kRGWJj5UkHlt6+1bN#m6BSYJQGfJBiw
Sn*P#AJNB%2Yl=1r*mPFD=G!eIx$lq-_F*zwSAH7y.dWos*?/zYan0u/hv-cDsJv30Z3jfwiplZbiNsRvxJWHj/a@$RD5$!we/@RV-!=fY!O#v0Txb1=RO-V6Q2v2z%@pH6BKTBXH#Ki1sA21P6p6r+7
_9KJ7KILFZ.t*I5TNf6Y@S5FCYSa?BL@QouOczV.zn%%-AF7?QImqEDyawczJph!TI$8/8r=KN7VdrJCgFQeIxmLJcxjC6?n60ug_-2X9VsgP3*7ukQOeqceyp$kkAR+R@mrY5FvYpF5sXs#pIF*fvCM
$@A*i#-S=T_av+0Mnw1XjO/A4r/c=/8cpMNtpw*8Rs@77Smqq+9zxZthpLJ.!wZwSx_LZ@sRc6VXe?kj.gmhsyfrvb1-!IbYTyif$w5/a7=2fIz?loQ7ndajT0-%0-ikN*Xz-11Ear%kmNMMi/pxmDZo
0Yu6WT766Ck8/L5rPU.gV32hPFMu5N21C/C-d6OvKM#Fo62ZZ@*RU%agqe$XaGfL%vDd/XOmuiqr9MsM9$SZJ2-Po#_R/e#Ti%wBZzT8Sq%y@uMITQEONtuW@u#SnUpy?1IEv#1oSzPcd.-1c.XPl8o-
z=ucg3G=Y=_r6G/t9_3G*!4!nDKKck3V01x6vF_*qvCOm+?D0MxUDK%3JgJIlRi6Q#cguv+Uooa5BT1#dx-jVFxnHyYK3cB$4?jv7UuHn?7CmM-Zsl/$*g+9XfVh%*bETB3ZHD11Nk22gCAE4O1mFAjc
HK4UsXtGR3$3NJdFCyfvTP8nPT=?oD$h3AdEe4lB5L!pw5.Q+g=_58mM9KfXA%xuhzCuq1UkMRM32DVjE5=*qCZKLPEKpj+Nlu@DC4m3jtEU#PKCjpTrHMG0+obYdJOoM$nQCz*wVg6NrAHa-_A%/tFi

245名無しさん@純邦楽2018/06/07(木) 17:13:36.01ID:Be63hQxL
ファン誰もいないね

246名無しさん@純邦楽 2018/06/08(金) 09:49:55.41ID:hYR24q7K

板復帰(OK!:Gather .dat file OK:moving DAT 53 -> 40:Get subject.txt OK:Check subject.txt 53 -> 53:Overwrite OK)0.57, 0.74, 0.74
age subject:53 dat:40 rebuild OK!

247名無しさん@純邦楽2018/06/09(土) 10:59:52.82ID:NfTLKofa
i@XC634A$39YNbUyQ5KP#W%m6D%7VjIu#tV?SWWKybdZ_$EWtFFGl1ekWB-6sUc=mN9U.Q8V/a?2P!K.ESarIBWcTD2G?!wKwoK*YPG8oenC6Q4L+=B=m15teHrE6virpSc!FNS2lwN/pW5P-A#@oS/u
Y$Lu#nCuES7*7r8U$/AAGnDLhl2s7z#JZXgEIsKgA8jd#zwrz0@#Bq?-X/6te43Q27hzPZqRvNtE2J7N#.0cFfdCaK9pU07Aza2oZc9KSRXY%VnxvioMD+yazD2ytOT!h/8p2dER.N.!Z8ja=IW+2CFA
EV*yoEv6YN?=lQWby6%nxT@4aEOkNJz8!6VdlcPzYt-Aq56W_k=ZXzty$*Lh4u1HpRNMto2.l@OSzh9v!qh8WOs?4Cwu$0*Sxa_Ef=JOmYCa/?oW@h/SxU.bXc9rkaSZ/7Z+z.es92Nge5Nev0_M@VhM
PbDp=7i9P8@k@9r#?ummo3ytjj@*!KFAn?Ht0Y2lFDWT.LxNF_pxdMDhoLW6*VwR#_abc%!w.EzqcNTHNlAhRoh5_yobI0Wf#n.!iWo_tBNL$6oftWbHHmrp8p_f6?CuDs0u/7zVQ.y!HzRHFKtKSFR%
E3Rx!*6WrlNYQRtD2Qb6svP*hQW8D!@@2LgDi@OBV1T=9=9Uw9GpPCW7ak%nCh!p#Ni7?5#qj2jGNWi.0doYYMLN1s3=kbknEG!sQ*@yscGKGZxrVuANgsgt3N_kdzKp+FPKcwVr#5U1%fMgmnFeD@Qg
Auc=XeTM2QBNapYNO=iB_rolf.ektTeoCb_9LUDE-i%FhLQ+KDf8SeC5=93QhRCQio3W!y+AuQ8x@f_Mf+xMUB-fqF=8I57$5ePMZ6MwRghDp@CGhauH#..1=EhEq%4?kq$Z0.$JkLl6Of?eV!J4LVuc
%%0V0O_oBrt2fVMyHutYtjTlmx1YTnsZnENBZ%_M08CVyD97NCTEEbMf8h$ql__H@xMR%PxDvS+x6tks8?K*bqbA%e85Z=S4zF9d._k3gBUJ2jfOt=Cd.$+lFUhO6CdD..*%JIhGzC$-_Agw*-nhtYq/
?m.$w1R4?b2uJ-!YlK#U#UYrZ5pZv%$$+GZIL_Ao6lUXEyjpAFFDqOj=OzgNoYQ31+KT!8?$eH7fODt25eE=ekTb%T0DLEOKKRC#5108aN4de!yBpI+1gJls8tY$Wnolex-fQ1._oHNu!$Pm#6feALXE
wTwdE6z6-P#@vd*HSq*P$1A+K._IPMC#VK0GhyDiA%r3oRvV84-aZkSh#=ZTbguC=RjVSUd?oF=vLDL2*IO/Txb3vq+z9dy?6uFU4WA@2zaPWkTNXfgXA2fC0N5g09j-T4j.T#FKn@IjOE-Fr7LLCwWl
?8B46vFE6__yw$#Fn-#yAs5gxkerF!7dWnK?%ES$YZL-tVtfmK*CLFXT.Fj@q%Wa0.BGa=?c4xs5@UNjVs3C8.w_axAN@B2=n!hJwwYf/ponfVDY+Rj651a/.CwWm_a40/E-t8fPERvgP0?2.l*%%Sih
E@1Bx4Jcb!g!Zj=ALf8K//LFfPapDd?3cS_Qh9jI/AbFhG1yB-9l9M+2fMkpS.*dI.HGhkgyqLb*CAMC+8ZvJg0Km@#pZ0Rt3uLz%dQ_l+ulR2d7s$X9zzTy$tvBQTeg*mid/Our+@cnN$CC-DeYpdSk
sS*5JiX.FZ*UNb3tC6SO?Zh0@=XiDkRRjkl+2n2vi%tfu9fDq4a8-+t=HtgatK671U#QpeorLW_mXkQUKI#!yfjA_1MDi4FQP%!JlS-S=fcQnAXrBw/CwfUQcbZj=ns@1gwp_1CSqP9t?w6WYoBBF8U#
cdIojUcyVxnTAA38FRD@QznHBOxUtqi2Gt$o#7_Ql+u1v@8.CKsE9N0Tq%ZI#ru0Pr%MQ+Og!au-p2tjuvhPP77_VetXONAX_DFnB5YtYWoD$7UEhrzT?Dg@p+@Fyl/Hf%t1%N_Q!Wplj0kr/mezs=U$

248名無しさん@純邦楽2018/06/10(日) 00:21:38.06ID:Yu+4baZn

249名無しさん@純邦楽2018/06/11(月) 12:12:09.51ID:N7jmlcIq
/@rI7hO!oXBD2ZEjUa*Pm*VTQ4jup+yME5b9IEgTTfDAD78%RPo1jzjkN2Zn9X2oP_W$j9h-EfO/TfrXb*R%JAA83c.OvApTIoZ1+4RyiZGa@xfca!H3nhqLba6s?NAw*jL4CmGURA$6+#M.1WBw+JTS
3$H_Uvh6d.kwKsd3-aF-=Rc!.+da#bpoxvg5vxc7-z6ZpFremn*gIeUU0e$eCV.VZMRA#2o4GmpE%D@uX=s=G#BrlkWTsR!$sR_3=Y-xbGydXW@udyMjeYpjQH/ITU3?A_qcV0$JUAi.%4.%fH_9rsJx
Rjm5QR8To@b#/0S+UK353lbJ#prJK0#?jthX=-K0dnHbk!0CG$JXxBb%3=.bKPUFzve9rAnQj1PinnfvZ$*w!=ynEsMhgfd9ZAkBD5/EIerP!ECEb+a/YpXO._KZ@h!rrG2L%6Q1DOEouf=k.!L6T.Ho
d5/kr9WfdwoXQYUt5R%/osddUcV--i=OTFUhP=r=jtml?ADcTY2b0jT2+c%XuA+dE3t9iJ*H3BpwW2dCR1iwCoygLCT6ZNZIVDC!LgLK+T9W8nvPO0=Tm1kl6SCj6IF$hMSguV=HhoUhWK_yy%DdQmle
9nNNmX?zEdHctsVj_BF$DFy616.hbNO#GOSX3?J8_$4S/Sa=i$/qmd!4GwsyHK+@eDZw%9515nrO-GL64U3aRP0z3H18xVa-O5G/v$_Q%.ZUTkz4M2$uPAK3Kf6FGGB!b8qXWoDHVl5@_tRqCD1lqv_8
Fshm!oWVtJ0n0-8LueC7Z6L2deO/m?qMMz7VIu-+8fIS.2R%RDf*Xn0tQvVG767xWg=TdEEx8-k-C/ITnUjuH.LGB8krvP_afG=igt/ibh7C*3yOq#tvnc?Ex8V!AOPaYAM=3mEhQlePDBr#eX#YCOTx
nIraERB#frAcuSKROZhjVrzxiVRLJpRq1QZC?3_u7b7@Y=/XUsKFt.A=Pik6X=E*-yQ55b1u$+/Nf!y=!6K-T15We-!och*1QCRVsd_Nei3Rp2r#K3VB4u@endEHI+LTVE7nEckRp6/vD0y0Y4Ccw9?a
!-7LZZj5!Y6qE7?$Ir?gx5mDJ=-yt13?abj5pzEKorwej3JbWf%lUc0.bFS@YKCIb?Zb3bv2u/HWvMw93w%Zn4%/pBs_p953We*CUmbFN6ei3I+C0dcs2eP*ggO3Hdp@y7eX-#a!=HT!fOaAV=D?gKPh
L_Nva%Ikrj_iC8fR/OU$5mIZ/I*mpHFjb28LWesbIO%-GNbOPc7LH$@7M7!78K@cKxJj-#/M%VcL7t%vRTk#DU@CCew1MZkge6EgDGVTI1ujf+CJPd0R5$DcZtaRvBGHicy42uYa_T5V/uwW@2hQxoYo
bkZxsXAqOABKTG2b1bSDR_/6x24l4Vq!Jr@A+cubS7NgZsXD-D*e+o_joiW41Semh5j=1EcSQb!+uBTQGWXyFjqFXyTm%VUCnG3ll-@B*zdbt04Yu=NDJHGGH$rEu%p.R5ULD*3Le@RJ.c4PlMvX@MwM
37dRg8V%/Yu=0$qzaV=oz5EM.G1R8.KiPFOjSOgVHDhe2DR_J0lBypgFJ5PeUb*JHlHumsk%0DJ32Ic-7DQWl/q39aE?U_Quz@tHYR#Pf3f_GOZshNT/*b6#OLGOnh2DOTKAClgxywLxwt85tSaX@L?%
!J=QIw@af$Sfb4@S8r1-4#NI=OMWH-T=hTXeCFjf_WUw*D0SN95UO0W2BXiRPXw3Ypk@xEI4Op0ML4v2V0%$*KI_En%#el1OsM+hDjUAUE8ymRI?/sF3Bw/%wjXERR15N!SRXZFl1am@B-/hgxg$oP7E
e*SL0#vL!IZi1Nu-_kUO4G?%DGMZ!2PsGhQ@HDCjj8Y1jaiq6tc%Ed.w1%?fwwL@kWeUKfRJvjvTFvVvhy?g7Hszli!DR$IH4xGI9P+r0zaFZvPB-UzPw=JGg%GhV6?v-jId9rQw=%KBQ75eo?-pi_8F

250名無しさん@純邦楽2018/06/11(月) 19:28:13.17ID:bKXaYSjB
基地外亀梨婆が荒らしまくってて草

251名無しさん@純邦楽2018/06/12(火) 09:59:52.25ID:7f7JBf+w
Ar.iP#?pjfmozKD5PIX._/dIT*#skrp2793?oA!jehIJ7kw.xvUBgCJv/Z?n3VxOivqgUyR#6@aNOUDQxVP3.b2q5G57JaX+y2HIqj#uktBDWDa+5a#pm%mMzP_%ZjTlfrCs@mZQsCv#1HunwlaUQE-c
up8K*tBEHH1cRVE7l_m!rOLTnWI@T0o=L#5L6QRlFt4/?v_.9zZj+9.KK=Kpf5S=Bks#*I#UHC_p-SHU+er?C!@b?SqED9*$wg9$M/orX%iho1@0Jwd+T_J!itEEDanEni$*@kYmE14s5Xp.4f%GChb6
Emxy@EH8/jSTn!3U#w#wsWrz2q+aC#tLxpPpeDvnl0$oC@FvhN/OL#yfdzh.3$w#?g#GlnqU%AzR7IsHm9mKwnFNC@F%8ZZHOcTa=yXz6HcJ/jEattbE9RO7+Qp_VQOm6d5n-4.MHqZw_s4@Qxbj7Pmh
-k*7G7ycDlA6miRIF62Rxz/nl+DvL0C!5weJDG0%@VRfdBJEqZD?%?!x.I%V=2S-y0du@4ehZKZK*_l%h*EHx5=*ZBs?ZVW1RF87NYQPlDtGBYiOP!R.Q4fJ8?VQO+I!#OeAmRdk-9orSp@srMEx9.3V
GsqG0BGtM.2N/O9bFDbVdI3S3adQtbe_prpWdC3l#GLsS=R/MF_CHJ7tMKe!+NAobxM$s7.aNWFAV-WXWCrT?VEp#lQI%1.cHT3$7bM0UOhpAulS2H#iX#YIwEj_ASCZI=i%V?=s%6_*_VNJHlRYHmcM
$@U#zVeAdYsB=956KXed-gw#0U0BDZ#!cGb7D$FUz@sGPDo.98cgGc8dursKjgBl8-NQqdX-1ga.JgyZ0t7Ard+w7dVD%hZzb4ha=cf0_rUy!%TOgL+Cp?AQa#7?@JbRK!kZ/Ko$B2IY-Tn$nitXsRdO
M/+dccDrA_grA!J4ZjHTh/$!jGl-5?J_3MtB$fu?eyRB5IlT$5eRyKZY*K3ViG61jBWP+dGGBku@L4L!@ie3/#kyUM8ZuvvJ#Piec=l/_!y$$R/S#z%@%g1xh2_0Vpl4XHB*_.eHfH@D#dFJ3AO@EOP@
M1e-RqDIY-=XVwQtLlQJbO_i0R76/HY?*@%Y!-QMcwmTJ9cTB$nE/YBbsRHj89xW+HhJ.u.VLv1O8kLj04Sv5$#zE9@iK!u7hE@DaFyGI$6O!/P4CJ9=W64@Py67F0uL8pK?yB/tS1sPt365wo6$pHGs
2xwG#uhJ7605RRlem/U5?87IYrJH59V+2T67iZ4T2_3vphUrWzVw6rHKH-nqWdJQaCE=2bH7#ous_zawVsW/VeFz_4aoF/_a2McGe$$f-YO!SKclwy8oF90?kD?7o.+YZTO4UA_P=aeIQB#WJK@=RN#J
QwpKKv*mwXSoKdj1B1lcFmT1bk9.FO26OmJxFIn@!Hp+A7O.S3nIpMBa07HXwUs=Rk9R_v-oDM*W%l%ZK9uhQlEpvoGJ-IyT/vG@9K/a7%K+m!KN+.Y6#=rSeus3o9bQ_ZCZzEiHv1TUCswEckC0Uyz9
6*eg53qWvZ+UBs1nVzcoYt1XJb?C*=hRIm7r38FM_Zdmhpfp7SD_eLN1Qi%BSUiYOS.=?Js2Zy9s!*nsfc%ZIC4.sF84LJEl5GdWONW%lzUt3e=D.nyv_SK-Ymh9dwCb1aO7Ah2fnuy1bgaZibUuh=n0
spnP?9IKlt37o90nlaONQf5zylkWW=D%7C4UCWDsdRt#fymIYqmKjI4DXvHQfJk*DH=uZJ2l2i3Z2rrgIVuV?f51GLsk*_Sa*WT/su?5Be2yWdhwl!_Aa%DkY@rjegXPW.etC6+ig1/%MjZ+sxVpuEiD
.=Iakkyt=-g-y_J2kn?/nmRBzaKEWdx2pyP%I_/%oemPp-*yV-h/KQ=qK/f0Jek8qtq14xF886P6$%aV!DM8TnZE=jVL#@-A6L##BUBAk35snbm1ZM6%p?PWd7q$rC*JoDXm5oDRrUPFI-h.@uCoAad#

252名無しさん@純邦楽2018/06/13(水) 09:05:47.95ID:gk+NaFa0
pmr_5F4wSxrR0YbM8cg2fMjubeTSz!%GgTaxCErWiGeieTeSk2HcE_REJK+yHnZKnK*PxCZ@OxyfZ#WTVNtEaKbFOezE3XcymE!vwX*x7c4Wh$qlYqK=2VnZ!GB=/y?X4=dadOCA5Mw!B!nKtOBc@PZJ
1@ainJzhZw?!qPdjNU03!k3udYA0Z71UZ8jsfxXS=Z.J?z/pKbv+JN2drNOm.Q9rvHq8S3?#$nPiiL!EKN6w9pwQ3tOeQ#37$OytZFvv8n2+fzBv0b_$9in%O7WefG1+iNAnB6*S2l1e981xMVh5*Eax
bW+@o!*1mxEgeYxiRs?WT%RxdQr60g@xtl9mqqgSMFY?F/HYDh0oW+2SK0zGe47JSWp4AB-hm3kWRxWM5arV9FMZ35kP26scq+%Z/Vfg1A1$13RAFTj3lR%_oRBAEmmPY=bC5oYy#oeri0C/L7M*+vQ$
2K93ov._0ksbcW-5MWX#GPMII.dWIY=$6q-Jkr7+_+Q/eWHJ+2px4LdLYiUz$qeYwowZ/c_RUk1kns_tmIN=udb=!W=vpo?Z%uJ3M+?%/rN%vraMWchc!r_1XW4X3V6i1qYP/H4sxda9re4Y0-Nl_ux+
%2V72WgqBjamUG=8Ps!roU0qerRBQn2+a/hL3ie2hMWS*kj$97WJk6S0Tm3%Axap#AznQD729A?KeLHtZvqobbzF=DoGpM7YX0duJ0AW6lRB1ePdAV$PziQ/=rF0t*P-XK=Ez/@gtbb*R!/76.#cS!@3
5DFZ+r4Amhtgp*Szm=#K6v14Y$TzKA4y@Y8DWXr5yUKMmKhM0/2qc3o=!4CwbXTF6eTd!kJ3aT-UBYfAL?7P3g+O7s*hNfSx74fao%*@?bwNC430#nUN+GjZh?i6C/x6%8_=?jLzpWCJ1c/p#-GQcdyv
M.3lwarK4?F.nqY_Etp3z-D@MSO0URLa-ETQ/Xkz4pN@X7EhI!zk40?GkJ249-?MYa/zB/oBXEU5pASZbG04!tt$fpfUtuQ_US.viZazy?Iy0K7AHLS$sZe7x73b+2D.vmNZgoCHISv_LTYzXNdy8Ea4
JdWJhYZcavzWDJfuexg0nuqJEXh7u3G*u10eF%!J8f.MT$u@oT39q#X/J.c-bBeAHbqEUXv8h#stPO1j4ubTif6?xDBvqnfIiFnrTb0.vMgQw?t_=f50DaCbtqjjcaT+toNwtgxPVfCtNQ.UwqSJKCzB
zIr+Yx8-Au%B0ML?YsST+B#rONMvHnZXDeRsjgP2cx0HEQUsQ9_3pP_0%pHDQ=5*1MXQF=7+LMltQJcA9Mi-OI47O5%BJWjSkUQwZ08Di=9ywQ3w.*d35hd2Z0EajY!8o#koU*XiVKaBms?rF999YTOh
R4lEqY+l_eYgsbTH=92rjYgH/AqeIV_OlPSud6oYb-kuTyeVqZ*9.nCw!KtcpYqu+1V89Te0RYY@$X=kGLIzIQJ5fo4M%1qfAj!yDY%=$RE$u8HU-9.O2c7?%wo7nlGbfrh-oQPR3Iw$!cVZ7hguS/NN
QG?kEhjW3UboS5yKBsrY5QMf_r2?K.F*Bku48IsFU$p#FGfd5.c+iA8ojJgKyT+wk+x*EKiTLHM@jjNNSexP_xS.3ikt91zV@AfF26zVptLMabGW5s3yAqVPfjXuY+HHcGh8h#*6AtIhZ+$VkO++yA6#
VlHLbXO5G@z.cu=gDBbm?#qkqkei?x05ucXU*y15D!JZh5z2@4I/lBWfNo2WKL39Wlms9MWHgilFvr800t?AccbsiESgyB@rZ7bY$EsiiyLSbUG#S.kA0VafzUzW=!BC-kq5ZD4$5I2Mh%jxJZspTqxS
Bo5dm*Lc46CbDg=1Ni.T2#JaCNuV7ika!j@RdKQ+E5MfkU9#xZfqOs$-%l3eR4L.Tst3WLKISgGWjA#1C-YUjScp90Z6HkXxhi%Yo3/nhawW3HZ!1C86b0S7mf

253名無しさん@純邦楽2018/06/14(木) 09:27:47.00ID:KJrKQC9c
18vGDTIdCQDudtcmPtkXfipzESUC9XAOJlca6UN2wZfTIkGWzxe1Ohn3CUzfHfRKYHfB7rcWKSpjmkulTklTBoo7UL7SgnM83fWSGn5nz1IhOEYPz4LRRNfaZRhvB0LYSDgEqb89ikpHP22Ji50okVQM
VI2nrJ8580aumn1wbIPCNR68dpTUhb01uQc9ggXCJUFnTqeNY7hUq07e1lwprBMOViSGpZXOcPf3PpW9e14yvhBwR2RD0b9aA4SFdyt0S577GwQoz7DtLqWE9WKjdbfroXOkIBL1nbk6xYkgCWSgf5xp
tOxjQe9ngvxAMJq6Ed7GRHeiJ4Mxl4MFOSOXGJGyC3cSyAmf3K8VqHQ1B3STLDqh1wei2Jw12GIy3MdT7yBrAbA5x6gKe0ZZe2UHd90CU9uBWUilhWTb2qYQnguNbvgqFJEkC6nBAT6mnRDHetjZIbWh
6htlTK1SIp68LAMXzW157Xoc1M5tAUblcpS9Nyy5TgI9elNfD0YFXjKXvsSWa4zWfgZquQmbwUD4yuzdR0kZeQbqLVGKYwk3LgxN2rJMRSBezOMZ5HXWcSsbLHC9sm71Y7FlXbs7GlRYtlDyCEl00qZh
pqRsav7jFmkf0zkSF46DU8O1P7P0tHztuGs1ZwVQ5IITA96Rg3HdkT5PjW91p8q2tLsztMZpEchXaykrJ2nwsQtk9HC6MzPkTxLvo47avidV6B1SpYJo82cXQ9iRrMbLdslyym0IUTHMEk3qQhlpeHPJ
jdL3fijjupbfLthx7yKuJc6DQ7bbQVqjvYL2WTKfqRfb6Ja10UTyZwUWtAYt3soBXwHeWsALjNKMK7rMZlF2ewi4jLePi2oRk16Qnhb12v7LxXESvgRYY5WIEfgciV3O3JyMgcBEzkFc9HYh29WEqmtu
oW3wwFXBzBa7p5cL3OFyA3HsWg1UxKdoTmDuczNrXR0wLhM8Rkf89lCRQTvL9Xc7FxwHaBUhbUJ0FjV5p4MXsbhZGSnx779yZDxHdE5xPXrgFtKGZeCBXK4GB5WsFcax9993A8rHwbNMp2ujLVurmzfn
JlRWXJfw3IdbXjbDTDYaOijJn3HGGgqHBjMMIQDkinndb1yqYcXRzrIKHsbsLm3LtIeXqMbSWg6i1towf6z07KI9Jfsto3J8D5NBDnObfkAng2R651uCwu0rsECj7h3VW3YD6YwleNPAoWv4cMwvHQPG
SeLmuQgON0Y7wGhMupB1sKUDtzMLHfuChqfbYGC8CchWkwdQ2D67uLv7Ubb2wWBd9DvaGwmM3vKjSFiLFfQSzbr8qqC77DXhtMYtKpP8k0TEKdXqdPOh22XvaSHFGdEU2sAcKTREYFJK6uLBj5QSpGp0
VVLHa4V1gz2qBLSZaKYb0iFs3jbFxLIHTeAe3uQRDj6VUMJHyG0zLt3JFm3D1JfeoktarKdlNohlUYGMYylEWiU8d7ZHTLx3WmF4eui2K1cdb1SQXsk6NsevoKTpa2wGlDiNOSwlsDcf2bXKrSpf2w8Y
Wfqu9rWw3uUlG6EBUC19SSfmW988EGAz8MvihUCe1EdCUJ0neLJVSVTzCg4sqr1NRlthBaZO04CEsug3DBv9Mxe0csF5Qr0x7B2NrDTs0DJeg24xTnjcjLPmpkSqzKBGtvD5mmLTPpnD9BGJq1QEGxrK
maCaTaWAjWPpaFOKdzdHzSnFqEkSDJkvkwBRHfYVxHTZ7hYhmjyu5ajr6ZpLzsc3oDOjff2sCp1kIodwxkajvtXvFiALOuwytKshm7GydWzcgih0nfkVyhcuskAT3qE0HnXNlDcZGobKeYlKCsp51yPf
yAns6chrtUX8Jb4S79Tq7Ud7jXMlhMdVLpRd5i2RpEWPqU6jFEPXRJZo1G63VQ6SOyA0RLyu8jo6N4R9PZ6FCyB4lxUyNcj5Ei7AoahEgECtGY7PE3MXENAzmCfdXrho18lQBZlQyBNdiI18GgiIduLP
TBT37fX6nKVqOTxu49XsPmDvb56a5zGW4QjNkWwZgUOkn0HsNLuGrcMLM3BingCOPEziZX4PcoD8kBZ9506JKlNIJq4DIT5GrtJfnfdZhY90YGhOBJOtKQ7IG0il18AfHf0N2IWmQX8ZoE3J7uTqX7tQ
XAO9lLicsoUD7bznHF3vQG551A7ohTkzUnY8zF0NIPvJTvKf8UmHuaL81kqffoXq2mC9jYZhjd8YFpjNtv7cqnrMdKOXqE5PNnGD5a8pXN3MuXTn90CveqLRHaVyJW4UsIVtsc8QPi6dQct2UCYtxt0o
I4awhTStRX4MaXqTxYKDQ5HkJnMBhRHnU7ZrI9JHdaNVnvYJ0wyLhJv6uk0TUtuh4RRabCI0ZUTfF37Q3dozzSqJJRUy2oz9fopySB4pnhqLGjXB7hwc1apkgITsVdejl6y9ED9H9ms0K4yH2nUSxDkX
qx7BglTziWfzqS282nN2yDHqZtiEEA8za0K35s3XbjkyhxU82J5mTrfBb2u6ZYuIxsiLZDWvmREGDyyVJ5iPxaXHiT44NwWAyk38A7wviuluF0iLvqngHsva11UMayTZZVOdXh5xSZJZO680XGWYvoYx
pG53rjisHchaQwv1zkA4flieHbncrie9MRCWkraTHT5q4GK4xZA9cbZeVGCy1nOoHDIaZ0iwX9YarJI1zlXfPo41zQCNfiyYONws2knf9sKu99zTDlOjS3rjA9mhsMjurJTNMxKDDyi5PIz9QhLzi88O

254名無しさん@純邦楽2018/06/14(木) 10:40:46.88ID:S/1XKP8j
基地外亀婆1000まで頑張れ(笑)

255名無しさん@純邦楽2018/06/15(金) 09:48:42.55ID:oj4Scc0L
18vGDTIdCQDudtcmPtkXfipzESUC9XAOJlca6UN2wZfTIkGWzxe1Ohn3CUzfHfRKYHfB7rcWKSpjmkulTklTBoo7UL7SgnM83fWSGn5nz1IhOEYPz4LRRNfaZRhvB0LYSDgEqb89ikpHP22Ji50okVQM
VI2nrJ8580aumn1wbIPCNR68dpTUhb01uQc9ggXCJUFnTqeNY7hUq07e1lwprBMOViSGpZXOcPf3PpW9e14yvhBwR2RD0b9aA4SFdyt0S577GwQoz7DtLqWE9WKjdbfroXOkIBL1nbk6xYkgCWSgf5xp
tOxjQe9ngvxAMJq6Ed7GRHeiJ4Mxl4MFOSOXGJGyC3cSyAmf3K8VqHQ1B3STLDqh1wei2Jw12GIy3MdT7yBrAbA5x6gKe0ZZe2UHd90CU9uBWUilhWTb2qYQnguNbvgqFJEkC6nBAT6mnRDHetjZIbWh
6htlTK1SIp68LAMXzW157Xoc1M5tAUblcpS9Nyy5TgI9elNfD0YFXjKXvsSWa4zWfgZquQmbwUD4yuzdR0kZeQbqLVGKYwk3LgxN2rJMRSBezOMZ5HXWcSsbLHC9sm71Y7FlXbs7GlRYtlDyCEl00qZh
pqRsav7jFmkf0zkSF46DU8O1P7P0tHztuGs1ZwVQ5IITA96Rg3HdkT5PjW91p8q2tLsztMZpEchXaykrJ2nwsQtk9HC6MzPkTxLvo47avidV6B1SpYJo82cXQ9iRrMbLdslyym0IUTHMEk3qQhlpeHPJ
jdL3fijjupbfLthx7yKuJc6DQ7bbQVqjvYL2WTKfqRfb6Ja10UTyZwUWtAYt3soBXwHeWsALjNKMK7rMZlF2ewi4jLePi2oRk16Qnhb12v7LxXESvgRYY5WIEfgciV3O3JyMgcBEzkFc9HYh29WEqmtu
oW3wwFXBzBa7p5cL3OFyA3HsWg1UxKdoTmDuczNrXR0wLhM8Rkf89lCRQTvL9Xc7FxwHaBUhbUJ0FjV5p4MXsbhZGSnx779yZDxHdE5xPXrgFtKGZeCBXK4GB5WsFcax9993A8rHwbNMp2ujLVurmzfn
JlRWXJfw3IdbXjbDTDYaOijJn3HGGgqHBjMMIQDkinndb1yqYcXRzrIKHsbsLm3LtIeXqMbSWg6i1towf6z07KI9Jfsto3J8D5NBDnObfkAng2R651uCwu0rsECj7h3VW3YD6YwleNPAoWv4cMwvHQPG
SeLmuQgON0Y7wGhMupB1sKUDtzMLHfuChqfbYGC8CchWkwdQ2D67uLv7Ubb2wWBd9DvaGwmM3vKjSFiLFfQSzbr8qqC77DXhtMYtKpP8k0TEKdXqdPOh22XvaSHFGdEU2sAcKTREYFJK6uLBj5QSpGp0
VVLHa4V1gz2qBLSZaKYb0iFs3jbFxLIHTeAe3uQRDj6VUMJHyG0zLt3JFm3D1JfeoktarKdlNohlUYGMYylEWiU8d7ZHTLx3WmF4eui2K1cdb1SQXsk6NsevoKTpa2wGlDiNOSwlsDcf2bXKrSpf2w8Y
Wfqu9rWw3uUlG6EBUC19SSfmW988EGAz8MvihUCe1EdCUJ0neLJVSVTzCg4sqr1NRlthBaZO04CEsug3DBv9Mxe0csF5Qr0x7B2NrDTs0DJeg24xTnjcjLPmpkSqzKBGtvD5mmLTPpnD9BGJq1QEGxrK
maCaTaWAjWPpaFOKdzdHzSnFqEkSDJkvkwBRHfYVxHTZ7hYhmjyu5ajr6ZpLzsc3oDOjff2sCp1kIodwxkajvtXvFiALOuwytKshm7GydWzcgih0nfkVyhcuskAT3qE0HnXNlDcZGobKeYlKCsp51yPf
yAns6chrtUX8Jb4S79Tq7Ud7jXMlhMdVLpRd5i2RpEWPqU6jFEPXRJZo1G63VQ6SOyA0RLyu8jo6N4R9PZ6FCyB4lxUyNcj5Ei7AoahEgECtGY7PE3MXENAzmCfdXrho18lQBZlQyBNdiI18GgiIduLP
TBT37fX6nKVqOTxu49XsPmDvb56a5zGW4QjNkWwZgUOkn0HsNLuGrcMLM3BingCOPEziZX4PcoD8kBZ9506JKlNIJq4DIT5GrtJfnfdZhY90YGhOBJOtKQ7IG0il18AfHf0N2IWmQX8ZoE3J7uTqX7tQ
XAO9lLicsoUD7bznHF3vQG551A7ohTkzUnY8zF0NIPvJTvKf8UmHuaL81kqffoXq2mC9jYZhjd8YFpjNtv7cqnrMdKOXqE5PNnGD5a8pXN3MuXTn90CveqLRHaVyJW4UsIVtsc8QPi6dQct2UCYtxt0o
I4awhTStRX4MaXqTxYKDQ5HkJnMBhRHnU7ZrI9JHdaNVnvYJ0wyLhJv6uk0TUtuh4RRabCI0ZUTfF37Q3dozzSqJJRUy2oz9fopySB4pnhqLGjXB7hwc1apkgITsVdejl6y9ED9H9ms0K4yH2nUSxDkX
qx7BglTziWfzqS282nN2yDHqZtiEEA8za0K35s3XbjkyhxU82J5mTrfBb2u6ZYuIxsiLZDWvmREGDyyVJ5iPxaXHiT44NwWAyk38A7wviuluF0iLvqngHsva11UMayTZZVOdXh5xSZJZO680XGWYvoYx
pG53rjisHchaQwv1zkA4flieHbncrie9MRCWkraTHT5q4GK4xZA9cbZeVGCy1nOoHDIaZ0iwX9YarJI1zlXfPo41zQCNfiyYONws2knf9sKu99zTDlOjS3rjA9mhsMjurJTNMxKDDyi5PIz9QhLzi88O

256名無しさん@純邦楽2018/06/16(土) 13:09:35.36ID:lWeZ2t7p
_CVPDK6ZgCx/DlTT0/+nR/kn!t9vlJg%vzuZXpK5wTNTA.=5rI@8v.V*e%KrwJ.7p2Cqpt6Qo$aAlQKvKOTSUiBLx?itq6P-YiIrPRAfl8l$WPY.m$B#dDQj5dG?vXtpeI7laH0Dnh*2%P!XSLTod/2W
cuqgrkq$IxFqJR.gXrQKnLl/rxNQNg@Y6TV?.wM7kVOk/Mcn1QsVsEb9v0vihY#2=pT*Uf/O56dukONJ/q$+hsgCfLTRJSVw-fJw%9TT!z=pusy9_dol*/XKxn.h2a6Fi@soO_ufG4zdfPIMnN6R926P
wWe5WRCg*Y4lr+-gBRJugD0MOrW/1p-N8G2GyJI3iWTrr8bJ#HyNx3$OgI/c-cP3Rb*SE*amA#gyi#R/=gdi@QavR@YHt@h3%gpTd0mhP-diO9YgXrrUk%ARrOZeju?%Wu2S0_OmCXLl4/ZV_AE%=BKM
lRt$V2yYbbeLVIXNve4FX4p=uF6@LvbuVLsYb7Vr#bGpD6=uDj90.$jucv1FbUVatVwt_RMZLzZqj9t/!C*O#1UYypQdiI$vy_5s5FCAkaT-BB.qdrndt$ZrKh#+?*FOMdzn/OVdOG2MOZmJ=M5yutxA
2O%M_I8T_a#CRsIIbJj@TP=Ag=jBg$D@2WPYq.1CeEse4_?GZ7qZlc_%so4f%V@+pQVQ-M5KihI?f=74UJkIFPOrt*T$KPwn8%dzgeMWio1qujw99b1HeL?omdhFzOtfTm%kzNpJHthqai5FuP4Xw#3Q
C?JPJC26$$tFd%yuAJ328Lv1P=nH-Zl+$7y4lF1vNOdYZG6AUYcBl/#@R/AAJNL$xfHiAaGEWOmsMK/zW1lBGm@WKohPJ?w?6t_64%9XmNzMFYu__AHJELsgi%L_*VIPM3ng@1J@*/V@AetbU?KsgdRQ
McvKGgSkZAP83VNf*u+y-$VBkO.+Uqka.wT7.GB$1*z31H*%9L.3HwbUbqtRk6tsi@#iwezkxJpT*F+kzwSoY#un@.f1u*JzKBfJsm%x%@FEH%Gy8bBPx/ESWDHyS$9$ic*pLm.Jq2@bTPgpCO##b8P8
S=B?yCzeYhMBZv@3H+e=f8!xxdyrNUA$-IpOFOS3#ksFg?ex9Jm3M#hSR6Pe6vyOws0Qcd/#.hXv.Yz@u5K!5X3j5RAfKfHxTm?zJqEQ?Qjnmr7#*pQjg1SU%6!tYhI%myWN8mEQmA0btkS7/Iq4yQ=8
bq-oAh=5n?#XA1Mii-Zise6Cx4$rK#UM_8qQa9Ru4GB_ABg$@!*%hNHipv1%h5GATWelO?R*IqK+DA.zPoUmX/MNvwXmyRW#_V_Ga-y7HBPagM_b4KbUPd6i$g*kYmX@x8!TA$..eZWJ.V.LaFZlVpIL
2TSCmws?0TS+a9eqjw#Mo@ai3S-44S+8ggVQvilFW_eDJ.VrG2ILYeP8FG-WTSSOGgGf3/wuVsZ0i=p/?1PUpZ3C33/w%jkmWy!yQujIV20X_5ZymrAMR.W0ov/BRtbiKYfrSNf$zufyKBIXkbBzKC_v
FMt*CQd*RjPr-2CXsif47D90gOygIE3dhv%px6=Ps1ZA9pkGB1Hh0F?N_QP@mP?zAASn*pDJSEJ1B@fVVwOn/GV=DTvRw!cAJ#Exvui2c2ohT92!GBi@20JUAkO5zkIRQw!jqvF*R3JctmmfA3CYm#mb
geCCrjvH=8/tzsO.BJtX$cjh05BzHCL1L-gX8!O=B0MQ4c?Fu%MSQSwvI_zULq@1e5uNFP_fEe$tA/ISH/%Q-Fwu@f9xuF_5vV09sUPYL.kaOrmVrTtIpx*@G6daFF1#KLnW69l+5C$UwrPKa!1ok9jB
X16D7urFG?oF4BUa?7iAl+e?O+wG!QfbJHK#8TFzoKwPdj4VjeogN9i@XcU!zhoTSEW*5rI_wm*lj@iHDCWj1RQNQ@HJfld7PApG+6N=8Lxqc/7P8i90V6*o1!X@fw6RmCiElgMkz@/oBLC6_lY=i8xj
_CVPDK6ZgCx/DlTT0/+nR/kn!t9vlJg%vzuZXpK5wTNTA.=5rI@8v.V*e%KrwJ.7p2Cqpt6Qo$aAlQKvKOTSUiBLx?itq6P-YiIrPRAfl8l$WPY.m$B#dDQj5dG?vXtpeI7laH0Dnh*2%P!XSLTod/2W
cuqgrkq$IxFqJR.gXrQKnLl/rxNQNg@Y6TV?.wM7kVOk/Mcn1QsVsEb9v0vihY#2=pT*Uf/O56dukONJ/q$+hsgCfLTRJSVw-fJw%9TT!z=pusy9_dol*/XKxn.h2a6Fi@soO_ufG4zdfPIMnN6R926P
wWe5WRCg*Y4lr+-gBRJugD0MOrW/1p-N8G2GyJI3iWTrr8bJ#HyNx3$OgI/c-cP3Rb*SE*amA#gyi#R/=gdi@QavR@YHt@h3%gpTd0mhP-diO9YgXrrUk%ARrOZeju?%Wu2S0_OmCXLl4/ZV_AE%=BKM
lRt$V2yYbbeLVIXNve4FX4p=uF6@LvbuVLsYb7Vr#bGpD6=uDj90.$jucv1FbUVatVwt_RMZLzZqj9t/!C*O#1UYypQdiI$vy_5s5FCAkaT-BB.qdrndt$ZrKh#+?*FOMdzn/OVdOG2MOZmJ=M5yutxA
2O%M_I8T_a#CRsIIbJj@TP=Ag=jBg$D@2WPYq.1CeEse4_?GZ7qZlc_%so4f%V@+pQVQ-M5KihI?f=74UJkIFPOrt*T$KPwn8%dzgeMWio1qujw99b1HeL?omdhFzOtfTm%kzNpJHthqai5FuP4Xw#3Q
C?JPJC26$$tFd%yuAJ328Lv1P=nH-Zl+$7y4lF1vNOdYZG6AUYcBl/#@R/AAJNL$xfHiAaGEWOmsMK/zW1lBGm@WKohPJ?w?6t_64%9XmNzMFYu__AHJELsgi%L_*VIPM3ng@1J@*/V@AetbU?KsgdRQ
McvKGgSkZAP83VNf*u+y-$VBkO.+Uqka.wT7.GB$1*z31H*%9L.3HwbUbqtRk6tsi@#iwezkxJpT*F+kzwSoY#un@.f1u*JzKBfJsm%x%@FEH%Gy8bBPx/ESWDHyS$9$ic*pLm.Jq2@bTPgpCO##b8P8
S=B?yCzeYhMBZv@3H+e=f8!xxdyrNUA$-IpOFOS3#ksFg?ex9Jm3M#hSR6Pe6vyOws0Qcd/#.hXv.Yz@u5K!5X3j5RAfKfHxTm?zJqEQ?Qjnmr7#*pQjg1SU%6!tYhI%myWN8mEQmA0btkS7/Iq4yQ=8
bq-oAh=5n?#XA1Mii-Zise6Cx4$rK#UM_8qQa9Ru4GB_ABg$@!*%hNHipv1%h5GATWelO?R*IqK+DA.zPoUmX/MNvwXmyRW#_V_Ga-y7HBPagM_b4KbUPd6i$g*kYmX@x8!TA$..eZWJ.V.LaFZlVpIL
2TSCmws?0TS+a9eqjw#Mo@ai3S-44S+8ggVQvilFW_eDJ.VrG2ILYeP8FG-WTSSOGgGf3/wuVsZ0i=p/?1PUpZ3C33/w%jkmWy!yQujIV20X_5ZymrAMR.W0ov/BRtbiKYfrSNf$zufyKBIXkbBzKC_v
FMt*CQd*RjPr-2CXsif47D90gOygIE3dhv%px6=Ps1ZA9pkGB1Hh0F?N_QP@mP?zAASn*pDJSEJ1B@fVVwOn/GV=DTvRw!cAJ#Exvui2c2ohT92!GBi@20JUAkO5zkIRQw!jqvF*R3JctmmfA3CYm#mb
geCCrjvH=8/tzsO.BJtX$cjh05BzHCL1L-gX8!O=B0MQ4c?Fu%MSQSwvI_zULq@1e5uNFP_fEe$tA/ISH/%Q-Fwu@f9xuF_5vV09sUPYL.kaOrmVrTtIpx*@G6daFF1#KLnW69l+5C$UwrPKa!1ok9jB
X16D7urFG?oF4BUa?7iAl+e?O+wG!QfbJHK#8TFzoKwPdj4VjeogN9i@XcU!zhoTSEW*5rI_wm*lj@iHDCWj1RQNQ@HJfld7PApG+6N=8Lxqc/7P8i90V6*o1!X@fw6RmCio1!X@fw6R 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:1341adc37120578f18dba9451e6c8c3b)

257名無しさん@純邦楽2018/06/16(土) 16:53:34.65ID:daYKOBrV
_CVPDK6ZgCx/DlTT0/+nR/kn!t9vlJg%vzuZXpK5wTNTA.=5rI@8v.V*e%KrwJ.7p2Cqpt6Qo$aAlQKvKOTSUiBLx?itq6P-YiIrPRAfl8l$WPY.m$B#dDQj5dG?vXtpeI7laH0Dnh*2%P!XSLTod/2W
cuqgrkq$IxFqJR.gXrQKnLl/rxNQNg@Y6TV?.wM7kVOk/Mcn1QsVsEb9v0vihY#2=pT*Uf/O56dukONJ/q$+hsgCfLTRJSVw-fJw%9TT!z=pusy9_dol*/XKxn.h2a6Fi@soO_ufG4zdfPIMnN6R926P
wWe5WRCg*Y4lr+-gBRJugD0MOrW/1p-N8G2GyJI3iWTrr8bJ#HyNx3$OgI/c-cP3Rb*SE*amA#gyi#R/=gdi@QavR@YHt@h3%gpTd0mhP-diO9YgXrrUk%ARrOZeju?%Wu2S0_OmCXLl4/ZV_AE%=BKM
lRt$V2yYbbeLVIXNve4FX4p=uF6@LvbuVLsYb7Vr#bGpD6=uDj90.$jucv1FbUVatVwt_RMZLzZqj9t/!C*O#1UYypQdiI$vy_5s5FCAkaT-BB.qdrndt$ZrKh#+?*FOMdzn/OVdOG2MOZmJ=M5yutxA
2O%M_I8T_a#CRsIIbJj@TP=Ag=jBg$D@2WPYq.1CeEse4_?GZ7qZlc_%so4f%V@+pQVQ-M5KihI?f=74UJkIFPOrt*T$KPwn8%dzgeMWio1qujw99b1HeL?omdhFzOtfTm%kzNpJHthqai5FuP4Xw#3Q
C?JPJC26$$tFd%yuAJ328Lv1P=nH-Zl+$7y4lF1vNOdYZG6AUYcBl/#@R/AAJNL$xfHiAaGEWOmsMK/zW1lBGm@WKohPJ?w?6t_64%9XmNzMFYu__AHJELsgi%L_*VIPM3ng@1J@*/V@AetbU?KsgdRQ
McvKGgSkZAP83VNf*u+y-$VBkO.+Uqka.wT7.GB$1*z31H*%9L.3HwbUbqtRk6tsi@#iwezkxJpT*F+kzwSoY#un@.f1u*JzKBfJsm%x%@FEH%Gy8bBPx/ESWDHyS$9$ic*pLm.Jq2@bTPgpCO##b8P8
S=B?yCzeYhMBZv@3H+e=f8!xxdyrNUA$-IpOFOS3#ksFg?ex9Jm3M#hSR6Pe6vyOws0Qcd/#.hXv.Yz@u5K!5X3j5RAfKfHxTm?zJqEQ?Qjnmr7#*pQjg1SU%6!tYhI%myWN8mEQmA0btkS7/Iq4yQ=8
bq-oAh=5n?#XA1Mii-Zise6Cx4$rK#UM_8qQa9Ru4GB_ABg$@!*%hNHipv1%h5GATWelO?R*IqK+DA.zPoUmX/MNvwXmyRW#_V_Ga-y7HBPagM_b4KbUPd6i$g*kYmX@x8!TA$..eZWJ.V.LaFZlVpIL
2TSCmws?0TS+a9eqjw#Mo@ai3S-44S+8ggVQvilFW_eDJ.VrG2ILYeP8FG-WTSSOGgGf3/wuVsZ0i=p/?1PUpZ3C33/w%jkmWy!yQujIV20X_5ZymrAMR.W0ov/BRtbiKYfrSNf$zufyKBIXkbBzKC_v
FMt*CQd*RjPr-2CXsif47D90gOygIE3dhv%px6=Ps1ZA9pkGB1Hh0F?N_QP@mP?zAASn*pDJSEJ1B@fVVwOn/GV=DTvRw!cAJ#Exvui2c2ohT92!GBi@20JUAkO5zkIRQw!jqvF*R3JctmmfA3CYm#mb
geCCrjvH=8/tzsO.BJtX$cjh05BzHCL1L-gX8!O=B0MQ4c?Fu%MSQSwvI_zULq@1e5uNFP_fEe$tA/ISH/%Q-Fwu@f9xuF_5vV09sUPYL.kaOrmVrTtIpx*@G6daFF1#KLnW69l+5C$UwrPKa!1ok9jB
X16D7urFG?oF4BUa?7iAl+e?O+wG!QfbJHK#8TFzoKwPdj4VjeogN9i@XcU!zhoTSEW*5rI_wm*lj@iHDCWj1RQNQ@HJfld7PApG+6N=8Lxqc/7P8i90V6*o1!X@fw6RmCiElgMkz@/oBLC6_lY=i8xj
_CVPDK6ZgCx/DlTT0/+nR/kn!t9vlJg%vzuZXpK5wTNTA.=5rI@8v.V*e%KrwJ.7p2Cqpt6Qo$aAlQKvKOTSUiBLx?itq6P-YiIrPRAfl8l$WPY.m$B#dDQj5dG?vXtpeI7laH0Dnh*2%P!XSLTod/2W
cuqgrkq$IxFqJR.gXrQKnLl/rxNQNg@Y6TV?.wM7kVOk/Mcn1QsVsEb9v0vihY#2=pT*Uf/O56dukONJ/q$+hsgCfLTRJSVw-fJw%9TT!z=pusy9_dol*/XKxn.h2a6Fi@soO_ufG4zdfPIMnN6R926P
wWe5WRCg*Y4lr+-gBRJugD0MOrW/1p-N8G2GyJI3iWTrr8bJ#HyNx3$OgI/c-cP3Rb*SE*amA#gyi#R/=gdi@QavR@YHt@h3%gpTd0mhP-diO9YgXrrUk%ARrOZeju?%Wu2S0_OmCXLl4/ZV_AE%=BKM
lRt$V2yYbbeLVIXNve4FX4p=uF6@LvbuVLsYb7Vr#bGpD6=uDj90.$jucv1FbUVatVwt_RMZLzZqj9t/!C*O#1UYypQdiI$vy_5s5FCAkaT-BB.qdrndt$ZrKh#+?*FOMdzn/OVdOG2MOZmJ=M5yutxA
2O%M_I8T_a#CRsIIbJj@TP=Ag=jBg$D@2WPYq.1CeEse4_?GZ7qZlc_%so4f%V@+pQVQ-M5KihI?f=74UJkIFPOrt*T$KPwn8%dzgeMWio1qujw99b1HeL?omdhFzOtfTm%kzNpJHthqai5FuP4Xw#3Q
C?JPJC26$$tFd%yuAJ328Lv1P=nH-Zl+$7y4lF1vNOdYZG6AUYcBl/#@R/AAJNL$xfHiAaGEWOmsMK/zW1lBGm@WKohPJ?w?6t_64%9XmNzMFYu__AHJELsgi%L_*VIPM3ng@1J@*/V@AetbU?KsgdRQ
McvKGgSkZAP83VNf*u+y-$VBkO.+Uqka.wT7.GB$1*z31H*%9L.3HwbUbqtRk6tsi@#iwezkxJpT*F+kzwSoY#un@.f1u*JzKBfJsm%x%@FEH%Gy8bBPx/ESWDHyS$9$ic*pLm.Jq2@bTPgpCO##b8P8
S=B?yCzeYhMBZv@3H+e=f8!xxdyrNUA$-IpOFOS3#ksFg?ex9Jm3M#hSR6Pe6vyOws0Qcd/#.hXv.Yz@u5K!5X3j5RAfKfHxTm?zJqEQ?Qjnmr7#*pQjg1SU%6!tYhI%myWN8mEQmA0btkS7/Iq4yQ=8
bq-oAh=5n?#XA1Mii-Zise6Cx4$rK#UM_8qQa9Ru4GB_ABg$@!*%hNHipv1%h5GATWelO?R*IqK+DA.zPoUmX/MNvwXmyRW#_V_Ga-y7HBPagM_b4KbUPd6i$g*kYmX@x8!TA$..eZWJ.V.LaFZlVpIL
2TSCmws?0TS+a9eqjw#Mo@ai3S-44S+8ggVQvilFW_eDJ.VrG2ILYeP8FG-WTSSOGgGf3/wuVsZ0i=p/?1PUpZ3C33/w%jkmWy!yQujIV20X_5ZymrAMR.W0ov/BRtbiKYfrSNf$zufyKBIXkbBzKC_v
FMt*CQd*RjPr-2CXsif47D90gOygIE3dhv%px6=Ps1ZA9pkGB1Hh0F?N_QP@mP?zAASn*pDJSEJ1B@fVVwOn/GV=DTvRw!cAJ#Exvui2c2ohT92!GBi@20JUAkO5zkIRQw!jqvF*R3JctmmfA3CYm#mb
geCCrjvH=8/tzsO.BJtX$cjh05BzHCL1L-gX8!O=B0MQ4c?Fu%MSQSwvI_zULq@1e5uNFP_fEe$tA/ISH/%Q-Fwu@f9xuF_5vV09sUPYL.kaOrmVrTtIpx*@G6daFF1#KLnW69l+5C$UwrPKa!1ok9jB
X16D7urFG?oF4BUa?7iAl+e?O+wG!QfbJHK#8TFzoKwPdj4VjeogN9i@XcU!zhoTSEW*5rI_wm*lj@iHDCWj1RQNQ@HJfld7PApG+6N=8Lxqc/7P8i90V6*o1!X@fw6RmCio1!X@fw6R 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:1341adc37120578f18dba9451e6c8c3b)

258名無しさん@純邦楽 2018/06/16(土) 17:01:19.62ID:daYKOBrV

板復帰(OK!:Gather .dat file OK:moving DAT 52 -> 40:Get subject.txt OK:Check subject.txt 52 -> 52:Overwrite OK)1.56, 1.11, 0.98
age subject:52 dat:40 rebuild OK!

259名無しさん@純邦楽2018/06/16(土) 23:23:46.11ID:bNpJRFnP
亀婆の目標1000まで頑張れwwwwwwwwww

260名無しさん@純邦楽2018/06/17(日) 00:01:04.44ID:oKiZ49Gk
きちってんなあw

261名無しさん@純邦楽2018/06/17(日) 00:13:12.95ID:oKiZ49Gk
すー

262名無しさん@純邦楽2018/06/17(日) 15:33:00.86ID:fi3u01hW
>>260
亀婆がなあw

263名無しさん@純邦楽2018/06/17(日) 18:21:19.68ID:fi3u01hW
目玉でちゃったねw

264名無しさん@純邦楽2018/06/17(日) 18:51:00.01ID:WQOwBNaM
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

265名無しさん@純邦楽2018/06/18(月) 08:58:11.41ID:Iz5ISDHY
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

266名無しさん@純邦楽2018/06/18(月) 12:08:34.72ID:AWyzvvdO
目玉がついたが荒らしまくってるな亀婆さん
1000までガンバw

267名無しさん@純邦楽2018/06/19(火) 09:02:01.48ID:SRQH7aDr
iglnZbnGkR#R7+9=i$sYe9qxofDMXK!GN_0FvaFS7T0k0SyOxrxv?%haMNIOM%TtUMRUw/jWZ2orS#FUwP@E*rQ!llYzA3QgeMIw5e1FWFNNWdoQGwGH7FEz?kA$cQ*O$lAW.Ij*FuNwE@7y_e9tkz9U
tP#4h@?g#!KyutbPcx$n?b!QYkXh/m8S76pwK$816inJu2cDlzR-ofaM6+@vNQLdNR5W7%U8l6ZexSAv+h_hxUSicd@ea_!NXsSr@wJcR6usH0o*Wvaf%4yJ_vj%?0-Vt5R@zIxFyi23u28fHu=CLY.8
4l1WJq!B.?EDFfth$1xhZ$BlAuf9DZyPBIhgrOhigEZnYk=u@dLd5j0aoL*=@28vT2urmNk6lZvE_o+jTNCAsbF?XMH?y?-/FGm3TJ5qtu0y.01k/lx0CxvLs-dXL.xU!=_/b*Ja+._mbmLYk-uyG%hr
ncowEzNL7zi2M@?0xqH?w1gPtTK+u6OF9b6yki%E$3%Hq7Skxlyvt?l$2aaLn5pu$4tbV0@qFcjovW1e@9EP_%7gD6ufZm=sKjY#kTnV9CypUZyNQi?NE/FNJMYD@CAo@e3l4_Xmt+ymnppjQ2Oi!OY3
%6THzrw1JSBrbee4?D9BApGqfDEqZMup1QUfm-E2fd$Q%9fZ!p3TNKf8lr?fP6oTnkFFCPn152rrb_*eqiIuVyTxcZYgEARr#6r-z_n%8yqw_is?qu6+*lkdJAc3xjHDV/x5i5objNFs4P2Qxact3Nwb
?mcjma3JVPgGgNw8+kqcNbLsp-/BZQ8Uc?Jt8R%JV%h_lvJpBU=r!Zcc$#zFSANgyjQ72bLv_DwAupfS!p7pND%3hYII7rcx=-YnqVgBFLxyIDg0L0I0Yqi8g=D2W+N9mGOM.U_Wfo$Ia/M*4qI$u8N_
PF3t8-NFmO6YGODUSLrPF88zwh8oO$Ssjj?R-eR.wZaQpGsgCrtNJth64I$zTz$3%H?oLGPo3Aa+q%*l4sCpPyG=B40%Jn9mv5nu6DghLiJERfVU6/-8kL7PYF!hRXcAJdbjh3h+9tYDW#v?t9+fEPms
Vv/T@v*5*@Su7.c1D%MMCw6R344b%UCTT7v5DSR#KjT*?Hk0iiJx*+hDH1m7IFV60rBFqhO4skfxR%=pSTNN%*-DIa+CUOE*iDl3l.MiWJ3e9DZuJYZwWNmyFEb!Wkf9bMNjegF#RU9NllzWEuhSfMTq
#lOZrH-Ew0*B*M!H=M99lVya?qR+cFdgsSD!lvwRI*UUEXB4z2wGMl_M!wUQDjSWTZ0C?Umq2+_vSB3To/h1HS31EMHn+G$nQhk!DNmOL8vGFQ4xx$gu*pAo7US+.XUTgx1A$6rP1C49-eaOicXh4Zs+
Nr5#3gaDXEs/WYcHrroUrx*2J!w/=04xiV$gc+ApcczxRk9T4JL%U4=88$wnZuthwmbJyq98gq$*telDGz$XAHtoZ!$iX3bcirvLqYVl3+vB15lk7gBDPld?4x!oStkXGW*eFqnNPkkTOiTq$42gK7$0
LlWeV.ZTzD==Qe2q?r#0$607C8mDH@gHn=!u%rn$xxyjyn$5ul%Ti!o-#fs1V?=D/tOj4b$v?bZ@tFQ69h*C9*6wLw*oRN%JyxDVYmjlkqj*wF-RS5YN3_7FIZ.LietYAEdeu-o3Q-0!Jtw4mlS8-mLa
G-@e$V=_G2T0/tWOAXJVKWKc%0k#lzpH/cwLiOL$AHmXTtAJqmu#N65rzxJvur0gRT.gf!XdKAv8N$iw0d78saUduHH9iMrC3SKpB.jI%SAFxToGr$.l%P5T/lG=C125%Hv0_Td6wpTvg6HV2/ds*Hu#
WS5j@a6yzz4r$ecJ1-*ozupm_nIVZMjHZ_eZya1uOKMs?!QXI%Fb@SChPZDvF*SXAF=YFzc+x?Nyh3p1Bd6q5I8GR%OQkw/4/$68q_GQJ_zrHieMTRJo?5eHlZXtF8naSQvPt3.+D2yVs$u/RqEZATkP

268名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 08:07:18.25ID:FuVm0ORP
ylEwQL9+2Pg?69Yh*%t+G7zf_-GQcZjjSQoq+=Zg0qh*ej28*oGq5TU@p5I!lEFMBq_ht#WyqPuA1PmZLD%LdU7tqTwM%ISr5KQ/1D=31DN57VevfipbPdoLYfm7X$YOCdpBq_3sM3y4Af=eEFqUj*-/
y@o%b2QK/DhU%%ea!vrWIkr6V=eGmSfu_Hr5HTGVnCl9V.R?VhpjBocK.2!+3joKfH9_TLV_ljYA$Oza!aRf.!UIXvyIHba.qkbQj@CPT-pM4W6/Os=vdnsIvfsMDnoh7/TJRU1LR2t678tm*X*LY#M+
CrQm@5_b6.?3xYbCxYZzzvNvyGI!=t8k#rMxu#IPfZ2DN0O-HAwW/3jc7gCa@X9Xll0@V0sfg3ORC1TgVh!8=RdxrPgnKz*-f7XxljyuDFwurwl3Lx6ViVY0_xcKmiYa-n*8wNw3eQdg_C/P0NUOaCxc
hKnpF.kW5bD8OctvN7+6ln%Latf3SDX=zniVH_dE#WFNkO9G#2DMrsoTpKRgxg456%7NN.WJon8yf!Ecf%%SZWCJfT=gJIB1gp%Ua6_KZGIhq_wIqh7#HwMW++#9ooZ*jzCGe5!ZWtKd!-$rFShxzYTC
YSCH-vQdmbFQfOdGSmd7%f6anj1wyK4JEol%OKl1KxpK0vAf@xWLlqq$F-6cFjh7t8#u4HihtpcudiffK/HBiMA1Wi8aRlrTw.t4T9c6i6y.-F@03HLlftcrGw-GP_5O@dQhmg.*ED5$PP3gUf%/+ib+
4mUp37fsdjILWV$W67/m03tKnRoJ=22pz5KR-zyZ@bOi0@LE8a_#pTVo@t=?gVtX$/xFMb9SgI4O*NMCW7sOHr@%hCZBS2IU1KaI7ns/8NvJ.eTeq3hOWg2w=ZG%ivx2mbmK!PfZKmqVN%bNDlg6f/7!
0AW!l7Z6ty%MAosgtf=BN+*%.DNVa8+uwgVX9/d+Qi_!1!I2Z2ZP6lEtf-a_Ds.0yaD!lsDdPBk0cA%1.-5srR1%ndMr9r#Q#UkN5E5Ht*$%ctTOoncVQcNz+kRGWJj5UkHlt6+1bN#m6BSYJQGfJBiw
Sn*P#AJNB%2Yl=1r*mPFD=G!eIx$lq-_F*zwSAH7y.dWos*?/zYan0u/hv-cDsJv30Z3jfwiplZbiNsRvxJWHj/a@$RD5$!we/@RV-!=fY!O#v0Txb1=RO-V6Q2v2z%@pH6BKTBXH#Ki1sA21P6p6r+7
_9KJ7KILFZ.t*I5TNf6Y@S5FCYSa?BL@QouOczV.zn%%-AF7?QImqEDyawczJph!TI$8/8r=KN7VdrJCgFQeIxmLJcxjC6?n60ug_-2X9VsgP3*7ukQOeqceyp$kkAR+R@mrY5FvYpF5sXs#pIF*fvCM
$@A*i#-S=T_av+0Mnw1XjO/A4r/c=/8cpMNtpw*8Rs@77Smqq+9zxZthpLJ.!wZwSx_LZ@sRc6VXe?kj.gmhsyfrvb1-!IbYTyif$w5/a7=2fIz?loQ7ndajT0-%0-ikN*Xz-11Ear%kmNMMi/pxmDZo
0Yu6WT766Ck8/L5rPU.gV32hPFMu5N21C/C-d6OvKM#Fo62ZZ@*RU%agqe$XaGfL%vDd/XOmuiqr9MsM9$SZJ2-Po#_R/e#Ti%wBZzT8Sq%y@uMITQEONtuW@u#SnUpy?1IEv#1oSzPcd.-1c.XPl8o-
z=ucg3G=Y=_r6G/t9_3G*!4!nDKKck3V01x6vF_*qvCOm+?D0MxUDK%3JgJIlRi6Q#cguv+Uooa5BT1#dx-jVFxnHyYK3cB$4?jv7UuHn?7CmM-Zsl/$*g+9XfVh%*bETB3ZHD11Nk22gCAE4O1mFAjc
HK4UsXtGR3$3NJdFCyfvTP8nPT=?oD$h3AdEe4lB5L!pw5.Q+g=_58mM9KfXA%xuhzCuq1UkMRM32DVjE5=*qCZKLPEKpj+Nlu@DC4m3jtEU#PKCjpTrHMG0+obYdJOoM$nQCz*wVg6NrAHa-_A%/tFi

269名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 08:09:58.36ID:FuVm0ORP
ylEwQL9+2Pg?69Yh*%t+G7zf_-GQcZjjSQoq+=Zg0qh*ej28*oGq5TU@p5I!lEFMBq_ht#WyqPuA1PmZLD%LdU7tqTwM%ISr5KQ/1D=31DN57VevfipbPdoLYfm7X$YOCdpBq_3sM3y4Af=eEFqUj*-/
y@o%b2QK/DhU%%ea!vrWIkr6V=eGmSfu_Hr5HTGVnCl9V.R?VhpjBocK.2!+3joKfH9_TLV_ljYA$Oza!aRf.!UIXvyIHba.qkbQj@CPT-pM4W6/Os=vdnsIvfsMDnoh7/TJRU1LR2t678tm*X*LY#M+
CrQm@5_b6.?3xYbCxYZzzvNvyGI!=t8k#rMxu#IPfZ2DN0O-HAwW/3jc7gCa@X9Xll0@V0sfg3ORC1TgVh!8=RdxrPgnKz*-f7XxljyuDFwurwl3Lx6ViVY0_xcKmiYa-n*8wNw3eQdg_C/P0NUOaCxc
hKnpF.kW5bD8OctvN7+6ln%Latf3SDX=zniVH_dE#WFNkO9G#2DMrsoTpKRgxg456%7NN.WJon8yf!Ecf%%SZWCJfT=gJIB1gp%Ua6_KZGIhq_wIqh7#HwMW++#9ooZ*jzCGe5!ZWtKd!-$rFShxzYTC
YSCH-vQdmbFQfOdGSmd7%f6anj1wyK4JEol%OKl1KxpK0vAf@xWLlqq$F-6cFjh7t8#u4HihtpcudiffK/HBiMA1Wi8aRlrTw.t4T9c6i6y.-F@03HLlftcrGw-GP_5O@dQhmg.*ED5$PP3gUf%/+ib+
4mUp37fsdjILWV$W67/m03tKnRoJ=22pz5KR-zyZ@bOi0@LE8a_#pTVo@t=?gVtX$/xFMb9SgI4O*NMCW7sOHr@%hCZBS2IU1KaI7ns/8NvJ.eTeq3hOWg2w=ZG%ivx2mbmK!PfZKmqVN%bNDlg6f/7!
0AW!l7Z6ty%MAosgtf=BN+*%.DNVa8+uwgVX9/d+Qi_!1!I2Z2ZP6lEtf-a_Ds.0yaD!lsDdPBk0cA%1.-5srR1%ndMr9r#Q#UkN5E5Ht*$%ctTOoncVQcNz+kRGWJj5UkHlt6+1bN#m6BSYJQGfJBiw
Sn*P#AJNB%2Yl=1r*mPFD=G!eIx$lq-_F*zwSAH7y.dWos*?/zYan0u/hv-cDsJv30Z3jfwiplZbiNsRvxJWHj/a@$RD5$!we/@RV-!=fY!O#v0Txb1=RO-V6Q2v2z%@pH6BKTBXH#Ki1sA21P6p6r+7
_9KJ7KILFZ.t*I5TNf6Y@S5FCYSa?BL@QouOczV.zn%%-AF7?QImqEDyawczJph!TI$8/8r=KN7VdrJCgFQeIxmLJcxjC6?n60ug_-2X9VsgP3*7ukQOeqceyp$kkAR+R@mrY5FvYpF5sXs#pIF*fvCM
$@A*i#-S=T_av+0Mnw1XjO/A4r/c=/8cpMNtpw*8Rs@77Smqq+9zxZthpLJ.!wZwSx_LZ@sRc6VXe?kj.gmhsyfrvb1-!IbYTyif$w5/a7=2fIz?loQ7ndajT0-%0-ikN*Xz-11Ear%kmNMMi/pxmDZo
0Yu6WT766Ck8/L5rPU.gV32hPFMu5N21C/C-d6OvKM#Fo62ZZ@*RU%agqe$XaGfL%vDd/XOmuiqr9MsM9$SZJ2-Po#_R/e#Ti%wBZzT8Sq%y@uMITQEONtuW@u#SnUpy?1IEv#1oSzPcd.-1c.XPl8o-
z=ucg3G=Y=_r6G/t9_3G*!4!nDKKck3V01x6vF_*qvCOm+?D0MxUDK%3JgJIlRi6Q#cguv+Uooa5BT1#dx-jVFxnHyYK3cB$4?jv7UuHn?7CmM-Zsl/$*g+9XfVh%*bETB3ZHD11Nk22gCAE4O1mFAjc
HK4UsXtGR3$3NJdFCyfvTP8nPT=?oD$h3AdEe4lB5L!pw5.Q+g=_58mM9KfXA%xuhzCuq1UkMRM32DVjE5=*qCZKLPEKpj+Nlu@DC4m3jtEU#PKCjpTrHMG0+obYdJOoM$nQCz*wVg6NrAHa-_A%/tFi

270名無しさん@純邦楽2018/06/20(水) 19:06:32.59ID:xmTGvrHy
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

271名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 07:41:52.33ID:oBinedDj
Ar.iP#?pjfmozKD5PIX._/dIT*#skrp2793?oA!jehIJ7kw.xvUBgCJv/Z?n3VxOivqgUyR#6@aNOUDQxVP3.b2q5G57JaX+y2HIqj#uktBDWDa+5a#pm%mMzP_%ZjTlfrCs@mZQsCv#1HunwlaUQE-c
up8K*tBEHH1cRVE7l_m!rOLTnWI@T0o=L#5L6QRlFt4/?v_.9zZj+9.KK=Kpf5S=Bks#*I#UHC_p-SHU+er?C!@b?SqED9*$wg9$M/orX%iho1@0Jwd+T_J!itEEDanEni$*@kYmE14s5Xp.4f%GChb6
Emxy@EH8/jSTn!3U#w#wsWrz2q+aC#tLxpPpeDvnl0$oC@FvhN/OL#yfdzh.3$w#?g#GlnqU%AzR7IsHm9mKwnFNC@F%8ZZHOcTa=yXz6HcJ/jEattbE9RO7+Qp_VQOm6d5n-4.MHqZw_s4@Qxbj7Pmh
-k*7G7ycDlA6miRIF62Rxz/nl+DvL0C!5weJDG0%@VRfdBJEqZD?%?!x.I%V=2S-y0du@4ehZKZK*_l%h*EHx5=*ZBs?ZVW1RF87NYQPlDtGBYiOP!R.Q4fJ8?VQO+I!#OeAmRdk-9orSp@srMEx9.3V
GsqG0BGtM.2N/O9bFDbVdI3S3adQtbe_prpWdC3l#GLsS=R/MF_CHJ7tMKe!+NAobxM$s7.aNWFAV-WXWCrT?VEp#lQI%1.cHT3$7bM0UOhpAulS2H#iX#YIwEj_ASCZI=i%V?=s%6_*_VNJHlRYHmcM
$@U#zVeAdYsB=956KXed-gw#0U0BDZ#!cGb7D$FUz@sGPDo.98cgGc8dursKjgBl8-NQqdX-1ga.JgyZ0t7Ard+w7dVD%hZzb4ha=cf0_rUy!%TOgL+Cp?AQa#7?@JbRK!kZ/Ko$B2IY-Tn$nitXsRdO
M/+dccDrA_grA!J4ZjHTh/$!jGl-5?J_3MtB$fu?eyRB5IlT$5eRyKZY*K3ViG61jBWP+dGGBku@L4L!@ie3/#kyUM8ZuvvJ#Piec=l/_!y$$R/S#z%@%g1xh2_0Vpl4XHB*_.eHfH@D#dFJ3AO@EOP@
M1e-RqDIY-=XVwQtLlQJbO_i0R76/HY?*@%Y!-QMcwmTJ9cTB$nE/YBbsRHj89xW+HhJ.u.VLv1O8kLj04Sv5$#zE9@iK!u7hE@DaFyGI$6O!/P4CJ9=W64@Py67F0uL8pK?yB/tS1sPt365wo6$pHGs
2xwG#uhJ7605RRlem/U5?87IYrJH59V+2T67iZ4T2_3vphUrWzVw6rHKH-nqWdJQaCE=2bH7#ous_zawVsW/VeFz_4aoF/_a2McGe$$f-YO!SKclwy8oF90?kD?7o.+YZTO4UA_P=aeIQB#WJK@=RN#J
QwpKKv*mwXSoKdj1B1lcFmT1bk9.FO26OmJxFIn@!Hp+A7O.S3nIpMBa07HXwUs=Rk9R_v-oDM*W%l%ZK9uhQlEpvoGJ-IyT/vG@9K/a7%K+m!KN+.Y6#=rSeus3o9bQ_ZCZzEiHv1TUCswEckC0Uyz9
6*eg53qWvZ+UBs1nVzcoYt1XJb?C*=hRIm7r38FM_Zdmhpfp7SD_eLN1Qi%BSUiYOS.=?Js2Zy9s!*nsfc%ZIC4.sF84LJEl5GdWONW%lzUt3e=D.nyv_SK-Ymh9dwCb1aO7Ah2fnuy1bgaZibUuh=n0
spnP?9IKlt37o90nlaONQf5zylkWW=D%7C4UCWDsdRt#fymIYqmKjI4DXvHQfJk*DH=uZJ2l2i3Z2rrgIVuV?f51GLsk*_Sa*WT/su?5Be2yWdhwl!_Aa%DkY@rjegXPW.etC6+ig1/%MjZ+sxVpuEiD
.=Iakkyt=-g-y_J2kn?/nmRBzaKEWdx2pyP%I_/%oemPp-*yV-h/KQ=qK/f0Jek8qtq14xF886P6$%aV!DM8TnZE=jVL#@-A6L##BUBAk35snbm1ZM6%p?PWd7q$rC*JoDXm5oDRrUPFI-h.@uCoAad#

272名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 18:22:30.40ID:/Dh5MhLK
Ar.iP#?pjfmozKD5PIX._/dIT*#skrp2793?oA!jehIJ7kw.xvUBgCJv/Z?n3VxOivqgUyR#6@aNOUDQxVP3.b2q5G57JaX+y2HIqj#uktBDWDa+5a#pm%mMzP_%ZjTlfrCs@mZQsCv#1HunwlaUQE-c
up8K*tBEHH1cRVE7l_m!rOLTnWI@T0o=L#5L6QRlFt4/?v_.9zZj+9.KK=Kpf5S=Bks#*I#UHC_p-SHU+er?C!@b?SqED9*$wg9$M/orX%iho1@0Jwd+T_J!itEEDanEni$*@kYmE14s5Xp.4f%GChb6
Emxy@EH8/jSTn!3U#w#wsWrz2q+aC#tLxpPpeDvnl0$oC@FvhN/OL#yfdzh.3$w#?g#GlnqU%AzR7IsHm9mKwnFNC@F%8ZZHOcTa=yXz6HcJ/jEattbE9RO7+Qp_VQOm6d5n-4.MHqZw_s4@Qxbj7Pmh
-k*7G7ycDlA6miRIF62Rxz/nl+DvL0C!5weJDG0%@VRfdBJEqZD?%?!x.I%V=2S-y0du@4ehZKZK*_l%h*EHx5=*ZBs?ZVW1RF87NYQPlDtGBYiOP!R.Q4fJ8?VQO+I!#OeAmRdk-9orSp@srMEx9.3V
GsqG0BGtM.2N/O9bFDbVdI3S3adQtbe_prpWdC3l#GLsS=R/MF_CHJ7tMKe!+NAobxM$s7.aNWFAV-WXWCrT?VEp#lQI%1.cHT3$7bM0UOhpAulS2H#iX#YIwEj_ASCZI=i%V?=s%6_*_VNJHlRYHmcM
$@U#zVeAdYsB=956KXed-gw#0U0BDZ#!cGb7D$FUz@sGPDo.98cgGc8dursKjgBl8-NQqdX-1ga.JgyZ0t7Ard+w7dVD%hZzb4ha=cf0_rUy!%TOgL+Cp?AQa#7?@JbRK!kZ/Ko$B2IY-Tn$nitXsRdO
M/+dccDrA_grA!J4ZjHTh/$!jGl-5?J_3MtB$fu?eyRB5IlT$5eRyKZY*K3ViG61jBWP+dGGBku@L4L!@ie3/#kyUM8ZuvvJ#Piec=l/_!y$$R/S#z%@%g1xh2_0Vpl4XHB*_.eHfH@D#dFJ3AO@EOP@
M1e-RqDIY-=XVwQtLlQJbO_i0R76/HY?*@%Y!-QMcwmTJ9cTB$nE/YBbsRHj89xW+HhJ.u.VLv1O8kLj04Sv5$#zE9@iK!u7hE@DaFyGI$6O!/P4CJ9=W64@Py67F0uL8pK?yB/tS1sPt365wo6$pHGs
2xwG#uhJ7605RRlem/U5?87IYrJH59V+2T67iZ4T2_3vphUrWzVw6rHKH-nqWdJQaCE=2bH7#ous_zawVsW/VeFz_4aoF/_a2McGe$$f-YO!SKclwy8oF90?kD?7o.+YZTO4UA_P=aeIQB#WJK@=RN#J
QwpKKv*mwXSoKdj1B1lcFmT1bk9.FO26OmJxFIn@!Hp+A7O.S3nIpMBa07HXwUs=Rk9R_v-oDM*W%l%ZK9uhQlEpvoGJ-IyT/vG@9K/a7%K+m!KN+.Y6#=rSeus3o9bQ_ZCZzEiHv1TUCswEckC0Uyz9
6*eg53qWvZ+UBs1nVzcoYt1XJb?C*=hRIm7r38FM_Zdmhpfp7SD_eLN1Qi%BSUiYOS.=?Js2Zy9s!*nsfc%ZIC4.sF84LJEl5GdWONW%lzUt3e=D.nyv_SK-Ymh9dwCb1aO7Ah2fnuy1bgaZibUuh=n0
spnP?9IKlt37o90nlaONQf5zylkWW=D%7C4UCWDsdRt#fymIYqmKjI4DXvHQfJk*DH=uZJ2l2i3Z2rrgIVuV?f51GLsk*_Sa*WT/su?5Be2yWdhwl!_Aa%DkY@rjegXPW.etC6+ig1/%MjZ+sxVpuEiD
.=Iakkyt=-g-y_J2kn?/nmRBzaKEWdx2pyP%I_/%oemPp-*yV-h/KQ=qK/f0Jek8qtq14xF886P6$%aV!DM8TnZE=jVL#@-A6L##BUBAk35snbm1ZM6%p?PWd7q$rC*JoDXm5oDRrUPFI-h.@uCoAad#

273名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 21:23:41.05ID:Fcjuwbw2
目玉マーク出てワロタ

274名無しさん@純邦楽2018/06/21(木) 23:26:33.08ID:S7JA+isY
41JBc2OA4Y34G2YJfXU2xmnv21QZ4A5FrkcwoSHimwv193jgkVK7uACg42QLNsK6NqN32XPkTYgC1OzuoUlD93IPpe7jDHlkwXmBYYi02A0xPbXQAcThlqTUu9kVxjKIeeCUHpkh7p0QOk9452gcBwEq
cqypsmkauCs8J5oVgmpaZ2UkFFLHimeZL5SgilbeJ2iYgsaPeQg75lDu7ahCbFdkyk7mvK1bbrUiAw3srfWuGlpjIu5L8G5fk5wGY7oJNn8lZENSfuI0s0BO0ac7hFlFyWO0kJPpX12BhGhyK1h134zG
TChiPrhUgS6dWsW6zDVJwx4PodCk1uoUOK5zUCJnRrL7lIdCIVT3FnmKr2asr7r6LW5vZOIAfAPwvLvWqphtk5SWGURl4QOGY0tOXzy8ouojvvYQycw9CZ4IBS8eNvFQwMCANAsmyTZ6tLCatQZ4e4CA
oaePDUQkILe7YV73ojW5EdbrXrEdn9haRKGmIEwXRSCDCOskKBajIYgI2YXQleuVHu9KWMau9tQcKzw9zomjU60KqbFVAsZPahhJlYYBcKzE5JzlHCx8R6piSVPaREEn9x0VvbNgLEotAgFEPGTIgA87
ZvhIjVoTJX0mLrMGjKia7CJDtTZwHdGQCB3fSqi9XV05F4opQG7LiFrCVOKxwYuDsiZJmD9Iou2RbhPNVj2osihU3Z9lPkmOmq569D3rqIWH4CXSg1ZdNddmbRbt4pNVsD1KLn5k7XV3NKcKe1O9xcYm
b5fhJChV4Np1M1fIs29hbr5KbOOT8zRg8H6McD20wXDw5Yq268AkIb82ubn0KN4HAEsPLT7nyqJEeMzP9jJQA40RSllmzH9VFrsHLrkKxmpdD9FgrmaCtdQiDvw31NrhOXWLPUnq4SgIGkrATbqwndto
sL7bVyedgsOjf2qh35CGUt2TRnkMy8wlhkf1brCOkjDxkRVCnyRClHUJeD0Z3tQzfoK6zR545FWSaVRUxghQ426bLYql0RBH3LVRtqaLNDIUYS2U5dLiWy41A83NWfSSjR84oF6kqTT0nM5UgbnFCLmL
YDEfXvjuPwHSJKI4IsNCVTAgYMnth3aAmukSmFKG4nO4u26JuvzEqUZyexihPSMILJLQqCBvqn7omB6ffu8zUNIHLQKAqDtFVU29RmlMJM8NeIjPmyLIhd5xuMeLYCYmS5VqPd9hXYK8JBRiRubhkju3
3vhxAm6Fd5D6h0ph4f6QC9eYF0SaRnLa87yo3jMq3l6blqs1nI25UTQQp5jmkiSBM4BXzRi1PLmBFmtufjFUy3Ye1qq2bmg6peeM18s8nyUAUg14zqNq658Z2fuYZNvpsU3xiG7tRrpEBEI12Hb10WlV
f1aN0u7B3E0NHHMpCzW4MjSh1J4BzfzyawLnAufb1Zbju7S3RjYJ99p7WGSMWKxBxVv3WYl4csm1TPRyDjla3Liw8MGBjiiiohBRln2H1S4CbCVcwBMzP0s9DCBhzg5Uu0J71inX0ONFE7QtXr5KWkN4
r4jySLR7rFa0lj3pQF32ugAH19BSC3ynCFq20XS9JcJ8X9rTV5Dkra8CH6nqRvov9QbvO4g0f1KAOZJpF2BzDykd9bBO3ZwBzBGdkVTeMokRyY1emegt8XEsTeGRFKINxkMBlFFrVVBjmDbeHHlHlLCE
8Aowgq5D7WYFuTIWj18cLg3lsAUzjDaEcp9Jipw9rI9A4jcMRdplu0TwP1vlcLZHJGnV3Kr3gJlXY7HgJE1PtxVQXtphagJHDbIKlRkC5RB4vcqcyjOMSiRXiM7eZWI2OuLT34Ng80fHooWMXvaMuTMg
Gj8opKWWZzkIiMnlNhpO4s5FUf9wDntSGpR4gVeDEEliQfxIsiejYxd5AYkFKYBIRyD9GVLbx567PR7DadNpNzsDHvE19OCr7p2wtU8qSpitXHdTBY7XSdBT9K3iz4ftNq8CMjy57X7hKZGhmimarVNV

275名無しさん@純邦楽2018/06/22(金) 08:34:20.22ID:PFKVFdq6
ID変えてもバレバレ
1日に何回投稿するの?w
スレ荒らしの亀婆さん(笑)

276名無しさん@純邦楽2018/06/22(金) 10:29:29.04ID:dlJKFaZj
Ar.iP#?pjfmozKD5PIX._/dIT*#skrp2793?oA!jehIJ7kw.xvUBgCJv/Z?n3VxOivqgUyR#6@aNOUDQxVP3.b2q5G57JaX+y2HIqj#uktBDWDa+5a#pm%mMzP_%ZjTlfrCs@mZQsCv#1HunwlaUQE-c
up8K*tBEHH1cRVE7l_m!rOLTnWI@T0o=L#5L6QRlFt4/?v_.9zZj+9.KK=Kpf5S=Bks#*I#UHC_p-SHU+er?C!@b?SqED9*$wg9$M/orX%iho1@0Jwd+T_J!itEEDanEni$*@kYmE14s5Xp.4f%GChb6
Emxy@EH8/jSTn!3U#w#wsWrz2q+aC#tLxpPpeDvnl0$oC@FvhN/OL#yfdzh.3$w#?g#GlnqU%AzR7IsHm9mKwnFNC@F%8ZZHOcTa=yXz6HcJ/jEattbE9RO7+Qp_VQOm6d5n-4.MHqZw_s4@Qxbj7Pmh
-k*7G7ycDlA6miRIF62Rxz/nl+DvL0C!5weJDG0%@VRfdBJEqZD?%?!x.I%V=2S-y0du@4ehZKZK*_l%h*EHx5=*ZBs?ZVW1RF87NYQPlDtGBYiOP!R.Q4fJ8?VQO+I!#OeAmRdk-9orSp@srMEx9.3V
GsqG0BGtM.2N/O9bFDbVdI3S3adQtbe_prpWdC3l#GLsS=R/MF_CHJ7tMKe!+NAobxM$s7.aNWFAV-WXWCrT?VEp#lQI%1.cHT3$7bM0UOhpAulS2H#iX#YIwEj_ASCZI=i%V?=s%6_*_VNJHlRYHmcM
$@U#zVeAdYsB=956KXed-gw#0U0BDZ#!cGb7D$FUz@sGPDo.98cgGc8dursKjgBl8-NQqdX-1ga.JgyZ0t7Ard+w7dVD%hZzb4ha=cf0_rUy!%TOgL+Cp?AQa#7?@JbRK!kZ/Ko$B2IY-Tn$nitXsRdO
M/+dccDrA_grA!J4ZjHTh/$!jGl-5?J_3MtB$fu?eyRB5IlT$5eRyKZY*K3ViG61jBWP+dGGBku@L4L!@ie3/#kyUM8ZuvvJ#Piec=l/_!y$$R/S#z%@%g1xh2_0Vpl4XHB*_.eHfH@D#dFJ3AO@EOP@
M1e-RqDIY-=XVwQtLlQJbO_i0R76/HY?*@%Y!-QMcwmTJ9cTB$nE/YBbsRHj89xW+HhJ.u.VLv1O8kLj04Sv5$#zE9@iK!u7hE@DaFyGI$6O!/P4CJ9=W64@Py67F0uL8pK?yB/tS1sPt365wo6$pHGs
2xwG#uhJ7605RRlem/U5?87IYrJH59V+2T67iZ4T2_3vphUrWzVw6rHKH-nqWdJQaCE=2bH7#ous_zawVsW/VeFz_4aoF/_a2McGe$$f-YO!SKclwy8oF90?kD?7o.+YZTO4UA_P=aeIQB#WJK@=RN#J
QwpKKv*mwXSoKdj1B1lcFmT1bk9.FO26OmJxFIn@!Hp+A7O.S3nIpMBa07HXwUs=Rk9R_v-oDM*W%l%ZK9uhQlEpvoGJ-IyT/vG@9K/a7%K+m!KN+.Y6#=rSeus3o9bQ_ZCZzEiHv1TUCswEckC0Uyz9
6*eg53qWvZ+UBs1nVzcoYt1XJb?C*=hRIm7r38FM_Zdmhpfp7SD_eLN1Qi%BSUiYOS.=?Js2Zy9s!*nsfc%ZIC4.sF84LJEl5GdWONW%lzUt3e=D.nyv_SK-Ymh9dwCb1aO7Ah2fnuy1bgaZibUuh=n0
spnP?9IKlt37o90nlaONQf5zylkWW=D%7C4UCWDsdRt#fymIYqmKjI4DXvHQfJk*DH=uZJ2l2i3Z2rrgIVuV?f51GLsk*_Sa*WT/su?5Be2yWdhwl!_Aa%DkY@rjegXPW.etC6+ig1/%MjZ+sxVpuEiD
.=Iakkyt=-g-y_J2kn?/nmRBzaKEWdx2pyP%I_/%oemPp-*yV-h/KQ=qK/f0Jek8qtq14xF886P6$%aV!DM8TnZE=jVL#@-A6L##BUBAk35snbm1ZM6%p?PWd7q$rC*JoDXm5oDRrUPFI-h.@uCoAad#

277名無しさん@純邦楽2018/06/22(金) 17:51:17.94ID:U6CS+YF0
目玉出てるよw

278名無しさん@純邦楽2018/06/23(土) 05:47:06.41ID:Pjuqzb6B
暇亀婆の精神安定剤がスレ荒らしなんだw

279名無しさん@純邦楽2018/06/23(土) 23:23:09.72ID:RtdoyN7q
Ar.iP#?pjfmozKD5PIX._/dIT*#skrp2793?oA!jehIJ7kw.xvUBgCJv/Z?n3VxOivqgUyR#6@aNOUDQxVP3.b2q5G57JaX+y2HIqj#uktBDWDa+5a#pm%mMzP_%ZjTlfrCs@mZQsCv#1HunwlaUQE-c
up8K*tBEHH1cRVE7l_m!rOLTnWI@T0o=L#5L6QRlFt4/?v_.9zZj+9.KK=Kpf5S=Bks#*I#UHC_p-SHU+er?C!@b?SqED9*$wg9$M/orX%iho1@0Jwd+T_J!itEEDanEni$*@kYmE14s5Xp.4f%GChb6
Emxy@EH8/jSTn!3U#w#wsWrz2q+aC#tLxpPpeDvnl0$oC@FvhN/OL#yfdzh.3$w#?g#GlnqU%AzR7IsHm9mKwnFNC@F%8ZZHOcTa=yXz6HcJ/jEattbE9RO7+Qp_VQOm6d5n-4.MHqZw_s4@Qxbj7Pmh
-k*7G7ycDlA6miRIF62Rxz/nl+DvL0C!5weJDG0%@VRfdBJEqZD?%?!x.I%V=2S-y0du@4ehZKZK*_l%h*EHx5=*ZBs?ZVW1RF87NYQPlDtGBYiOP!R.Q4fJ8?VQO+I!#OeAmRdk-9orSp@srMEx9.3V
GsqG0BGtM.2N/O9bFDbVdI3S3adQtbe_prpWdC3l#GLsS=R/MF_CHJ7tMKe!+NAobxM$s7.aNWFAV-WXWCrT?VEp#lQI%1.cHT3$7bM0UOhpAulS2H#iX#YIwEj_ASCZI=i%V?=s%6_*_VNJHlRYHmcM
$@U#zVeAdYsB=956KXed-gw#0U0BDZ#!cGb7D$FUz@sGPDo.98cgGc8dursKjgBl8-NQqdX-1ga.JgyZ0t7Ard+w7dVD%hZzb4ha=cf0_rUy!%TOgL+Cp?AQa#7?@JbRK!kZ/Ko$B2IY-Tn$nitXsRdO
M/+dccDrA_grA!J4ZjHTh/$!jGl-5?J_3MtB$fu?eyRB5IlT$5eRyKZY*K3ViG61jBWP+dGGBku@L4L!@ie3/#kyUM8ZuvvJ#Piec=l/_!y$$R/S#z%@%g1xh2_0Vpl4XHB*_.eHfH@D#dFJ3AO@EOP@
M1e-RqDIY-=XVwQtLlQJbO_i0R76/HY?*@%Y!-QMcwmTJ9cTB$nE/YBbsRHj89xW+HhJ.u.VLv1O8kLj04Sv5$#zE9@iK!u7hE@DaFyGI$6O!/P4CJ9=W64@Py67F0uL8pK?yB/tS1sPt365wo6$pHGs
2xwG#uhJ7605RRlem/U5?87IYrJH59V+2T67iZ4T2_3vphUrWzVw6rHKH-nqWdJQaCE=2bH7#ous_zawVsW/VeFz_4aoF/_a2McGe$$f-YO!SKclwy8oF90?kD?7o.+YZTO4UA_P=aeIQB#WJK@=RN#J
QwpKKv*mwXSoKdj1B1lcFmT1bk9.FO26OmJxFIn@!Hp+A7O.S3nIpMBa07HXwUs=Rk9R_v-oDM*W%l%ZK9uhQlEpvoGJ-IyT/vG@9K/a7%K+m!KN+.Y6#=rSeus3o9bQ_ZCZzEiHv1TUCswEckC0Uyz9
6*eg53qWvZ+UBs1nVzcoYt1XJb?C*=hRIm7r38FM_Zdmhpfp7SD_eLN1Qi%BSUiYOS.=?Js2Zy9s!*nsfc%ZIC4.sF84LJEl5GdWONW%lzUt3e=D.nyv_SK-Ymh9dwCb1aO7Ah2fnuy1bgaZibUuh=n0
spnP?9IKlt37o90nlaONQf5zylkWW=D%7C4UCWDsdRt#fymIYqmKjI4DXvHQfJk*DH=uZJ2l2i3Z2rrgIVuV?f51GLsk*_Sa*WT/su?5Be2yWdhwl!_Aa%DkY@rjegXPW.etC6+ig1/%MjZ+sxVpuEiD
.=Iakkyt=-g-y_J2kn?/nmRBzaKEWdx2pyP%I_/%oemPp-*yV-h/KQ=qK/f0Jek8qtq14xF886P6$%aV!DM8TnZE=jVL#@-A6L##BUBAk35snbm1ZM6%p?PWd7q$rC*JoDXm5oDRrUPFI-h.@uCoAad#

280名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 08:26:53.28ID:dvWhhv1k
スレ潰しの名人w

281名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:07:43.41ID:dvWhhv1k
目玉出てるよ亀婆w

282名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:22:28.00ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

283名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:22:38.17ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

284名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:22:52.81ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

285名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:23:03.07ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

286名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:23:12.28ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

287名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:23:21.83ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

288名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:23:31.40ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

289名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:23:42.71ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

290名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:23:55.68ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

291名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:24:06.47ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

292名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:24:15.04ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

293名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:24:24.52ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

294名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:24:34.43ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

295名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:24:45.88ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

296名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:24:55.58ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

297名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:25:07.11ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

298名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:25:18.50ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

299名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:25:30.88ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

300名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:25:43.20ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

301名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:25:56.88ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

302名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:26:05.47ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

303名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:26:16.87ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

304名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:26:28.86ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

305名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:26:38.53ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

306名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:26:50.86ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

307名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:27:02.33ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

308名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:27:15.11ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

309名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:27:25.85ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

310名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:27:34.41ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

311名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:27:44.26ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

312名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:27:56.88ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

313名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:28:07.87ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

314名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:28:17.80ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

315名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:28:36.58ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

316名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:28:46.93ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

317名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:28:57.46ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

318名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:29:07.41ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

319名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:29:16.82ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

320名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:29:29.09ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

321名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:29:38.85ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

322名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:29:52.16ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

323名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:30:03.10ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

324名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:30:13.88ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

325名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:30:25.71ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

326名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:30:36.30ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

327名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:30:46.32ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

328名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:30:56.30ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

329名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:31:09.61ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

330名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:31:22.61ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

331名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:31:32.75ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

332名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:31:43.26ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

333名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:31:53.08ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

334名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:32:04.66ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

335名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:32:14.93ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

336名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:32:24.98ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

337名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:32:33.52ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

338名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:32:44.02ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

339名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:32:55.26ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

340名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:33:05.20ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

341名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:33:13.39ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

342名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:33:23.42ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

343名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:33:33.00ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

344名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:33:43.10ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

345名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:33:54.25ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

346名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:34:04.88ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

347名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:34:14.80ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

348名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:34:24.80ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

349名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:34:34.12ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

350名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:34:44.53ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

351名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:34:54.63ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

352名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:35:03.74ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

353名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:35:12.37ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

354名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:35:22.34ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

355名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:35:31.22ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

356名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:35:38.50ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

357名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:35:48.17ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

358名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:35:57.86ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

359名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:36:06.92ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

360名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:36:18.40ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

361名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:36:26.80ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

362名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:36:36.46ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

363名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:36:46.10ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

364名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:36:54.28ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

365名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:37:03.07ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

366名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:37:12.72ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

367名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:37:24.15ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

368名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:37:33.37ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

369名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:37:42.80ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

370名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:37:50.18ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

371名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:37:59.12ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

372名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:38:08.11ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

373名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:38:16.35ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

374名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:38:25.08ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

375名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:38:33.60ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

376名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:38:41.52ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

377名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:38:50.49ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

378名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:38:59.07ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

379名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:39:06.57ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

380名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:39:14.54ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

381名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:39:23.21ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

382名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:39:31.61ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

383名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:39:38.58ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

384名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:39:54.74ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

385名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:40:04.10ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

386名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:40:12.83ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

387名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:40:22.48ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

388名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:40:30.64ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

389名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:40:41.84ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

390名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:41:32.31ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

391名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:42:12.53ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

392名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:42:18.85ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

393名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:42:28.79ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

394名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:42:37.95ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

395名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:42:46.11ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

396名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:42:55.44ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

397名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:43:04.32ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

398名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:43:15.33ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

399名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:43:23.01ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

400名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:43:33.07ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

401名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:43:41.46ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

402名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:43:51.08ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

403名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:44:00.58ID:KyV1lq5z
ハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて
二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ
生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む
薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ
ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板
信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ67 自分:47の素敵な(やわらか銀行)@無断転

404名無しさん@純邦楽2018/06/24(日) 09:44:10.26ID:i/tQ3mJK
デルモア・シュワルツは、『夢の中で責任が始まる』という短篇小説によってアメリカ文学史に燦然と輝いている作家である。

 この短篇は、一九八八年に刊行された村上春樹訳編の『and Other Stories とっておきのアメリカ小説12篇』(文藝春秋)の中に、『夢で責任が始まる』という題で収録されている。
訳者の畑中佳樹は次のように書いている。

「たった一発の狙いすました弾丸でたった一つの的を射ぬき、あとは一切余計なことをせずに死んでいった作家――デルモア・シュウォーツを、ぼくはそんな風に感じている。
その一発の弾丸とは、一つの短篇小説である。そのタイトルが、まるで伝説のように、アメリカ小説愛好家の間で囁かれつづけてきた。」

『夢の中で責任が始まる』が長く語り継がれる伝説の作品となった理由のひとつは、たぶん、それが「映画」と「夢」の親密な関わりについて書かれた最初の、そして最高の小説だからだ。

時は、一九〇九年。主人公の「僕」は映画館でスクリーンを見つめている。映っているのは古いサイレント映画で、そこに登場する男女は、若き日の「僕」の父と母だ。
父は母を連れ出して、コニーアイランドへ出かける。浜辺を散歩し、メリーゴーランドに乗り、いちばん高級な店で食事をとる。
そこで父は母にプロポーズする。母はうれしさのあまりすすり泣く。
すると、「僕」は席から立ち上がり、
スクリーンに向かって
「結婚しちゃいけない! まだ間に合う、考え直すんだ、二人とも。いいことなんて何も待ってないぞ。後悔とにくしみと醜聞と、それからおそろしい性格の子供が二人、それだけさ!」と叫ぶ――。

かつて、ジャン・コクトーは、
「映画とは現在進行形の死をとらえた芸術だ」と書いたが、
そんな映画というものの特異さ、そして映画館でスクリーンに魅入っている時の混濁した深層心理、夢想とも妄想ともつかない昏い惑乱状態をこれほど繊細に掬い取った作品はない。

『夢の中で責任が始まる』は、一九三七年に復刊された「パーティザン・レヴュー」の巻頭を飾ったが、当時、二十四歳だったデルモア・シュワルツは、一躍、若手世代の文化英雄となった。
文芸批評家のアルフレッド・ケイジンが「『夢の中で責任が始まる』は、率直で、美しく、忘れられないものだった。
……〈われわれの経験〉についてその後読むことになったもののなかで、最高の寓話だった」と回想しているのは、そのひとつの例証だ。

私が、デルモア・シュワルツの名前をふたたび強く意識するようになったのは、
マガジンハウスの文芸誌『鳩よ!』の2001年12月号で「坪内祐三 いつも読書中」という特集が組まれ、その中で坪内祐三がデルモア・シュワルツの『スクリーノ』という短篇を翻訳し、
「必敗者シュワルツ」という刺激的なエッセーを寄せていたからである。

この『スクリーノ』も「映画」と「映画館」が主題になっていた。

坪内祐三さんは、その後、2007年に『変死するアメリカ作家たち』を上梓する。
この本は、一九九一年から未来社のPR誌『未来』に断続的に連載された20世紀のアメリカ文学で変死したマイナー作家たちを描いたポルトレがもとになっており、
その巻頭を置かれていたのがデルモア・シュワルツだった。
そのほかにハリー・クロスビー、ナサニェル・ウエスト、ロス・ロックリッジ、ウェルドン・キースというシブい名前が並んでいる。

坪内さんによれば、
当初は、さらにジェイムズ・エイジーとリング・ラードナーのふたりの作家を加えて一冊にまとめる構想があったようで、本来なら最初の彼の著作になるはずであったという。

この頃、神田神保町の北沢書店のバーゲンだったかで、五百円ぐらいで『Selected Essays of Delmore Schwartz』を見つけた。
デルモア・シュワルツの詩作と小説以外の評論、エッセイを集成した大部のハードカバーで、私は、拾い読みしているうちに、
デルモア・シュワルツは、ほぼ同世代のジェイムス・エイジーにどこか似ているなと思った。

ジェイムズ・エイジーは、アメリカが生んだ最高の映画批評家であり、優れた詩人、作家、シナリオライターでもあったが、デルモア・シュワルツと同様、
過度のアルコール中毒と憂鬱症のために、やはり〈変死〉している。
ピューリッツァー賞を獲ったエイジーの唯一の長篇小説『家族の中の死』も自伝的な作品で、父親とチャップリンの映画を見に行った幼少時の場面が印象的に描かれていた。 

デルモア・シュワルツも、T・S・エリオット、エズラ・パウンド、W・H・オーデンをめぐる詩論、ヘミングウェイ、フォークナー、ジイドについての作家論などのほかに、
映画評論も手がけている。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています