栞子「スクールアイドルの戦いは輝きの戦いです」

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1名無しで叶える物語(ふく)2020/06/12(金) 21:48:19.77ID:VTTul7m7
エキシビションマッチ かすみ vs. しずく

しずく「先手必勝!私から行くよ!」



しずく『人気のない放課後の廊下の隅―――踊り場ッ!!』パッ



かすみ「わっ!?景色が切り換わって……!?ここは……虹ヶ咲学園の廊下……!?」

かすみ「でも……こんなところ知らないッ!?ここはニジガクの……どこの廊下なのッ!?」

しずく「困惑しているみたいだね、かすみさん」

しずく「ここは私だけの舞台だよ。誰も知らないステージ……」



しずく「つまり……私は地の利を得たッ!!」ドンッ



フィールド効果:廊下の隅、踊り場
しずく-->全能力UP
かすみ-->機動力DOWN



かすみ「だったら……!」



かすみ『最上級レベルの笑顔で今日もLet’s go!磨くよ―――ダイアモンドッ!!』キラーン



しずく「なっ!?かすみさんが……宝石を纏った姿に変身して……!?」

かすみ「どう?一番可愛いでしょ?だって……最強っ!」

かすみ「どんな攻撃も通用しないよ!」



かすみ「今のかすみんは……モース硬度10の防御力ッ!!」ドンッ



バフ効果:磨くよダイアモンド
かすみ-->物理攻撃に対して無敵

2名無しで叶える物語(ふく)2020/06/12(金) 21:49:08.60ID:VTTul7m7
しずく「くっ……!なら“対話”だよっ!!」

かすみ「無駄だよ!どんな攻撃だって―――」



しずく『あっ、かすみさん!偶然ですね!私は稽古中だよっ!』



かすみ「……っ!?急に【演劇モード】のしず子に!?汗まみれだけど……」

かすみ「―――ッ!?」ズキッ

しずく『かすみさんともっと“お話し”したいな、演劇のことっ♪』

かすみ「なんで私……“涙”を流してッ!?しず子と話すたび……心が締め付けられるように痛いッ!?」


しずく「どう、かすみさん?まるで喜劇を観終えたような《感情》が溢れ出してくるでしょ……?」



デバフ効果:KANGEKI《発動条件:会話》
かすみ-->戦意DOWN



かすみ「そっちがその手ならっ……!」


かすみ『宿敵!ライバル!完璧な―――対策ッ!!』ブーン



シールド効果:完璧な対策《有効対象:宿敵、ライバル》
かすみ-->特殊攻撃に対して無敵級



かすみ「ふっふーん♪これでしず子の特殊攻撃を―――」

3名無しで叶える物語(ふく)2020/06/12(金) 21:49:57.71ID:VTTul7m7
しずく「かすみさん♪私たち“友だち”だよね♪」

かすみ「……っ!?」

しずく「だからそれは……私に効かないッ……!」

かすみ「しまっ……!?」

しずく「ねぇ、知ってる?かすみさん……?」

しずく「シェイクスピアの喜劇《夏の夜の夢》に登場する妖精パックはね……」


しずく「かすみちゃんみたいに……“いたずら好き”なんだよっ……!!」


かすみ「なっ……!?かすみんの『ダイアモンド』が解除されて―――!?」



ステータス異常効果:喜劇《夏の夜の夢》
かすみ-->妖精化



かすみ「はわわっ……!妖精さんの姿になっちゃた……!」

しずく「その姿も可愛いよ、かすみさん♪」

かすみ「くっ……!こうなったら一か八か……!」


かすみ「たくさんの願いと思いを込めた……“歌”を歌うッ!!」ボッ


しずく「……っ!?かすみさんが黄金に輝いて……!?」

かすみ「このダイアモンド―――光って!!!」シュインシュインシュイン



必殺技:ダイアモンド
かすみ-->全能力MAX 一定時間後、戦闘不能



かすみ「うおおおおッッッッ!!!!」ドヒューン

しずく「……っ!!」

4名無しで叶える物語(ふく)2020/06/12(金) 21:51:20.24ID:VTTul7m7
しずく「……ふふっ♪」

かすみ「なに笑ってるの、しず子!この一撃で、勝負を決めるよっ!」

しずく「……」スッ…

かすみ「うおおおおッッッッ!!!!」ドドドドドド

しずく「……アドリブが苦手な私を、素敵な《シナリオ》に導いてください……!!」

かすみ「っ!?なにを言って―――」



しずく『あなたの理想のヒロイン』



かすみ「なっ……!?」



必殺技:あなたの理想のヒロイン
しずく-->変身



かすみ「しず子……その姿ッ……!?」


しずく『かすみちゃん?私を攻撃するの―――?』


かすみ「せんぱ―――」



しずく・かすみ「――――――ッッ!!!!」






――――――――――――
――――――
―――

5名無しで叶える物語(ふく)2020/06/12(金) 21:52:28.11ID:VTTul7m7
数日前
栞子「スクールアイドルの戦いは輝きの戦いです」



侑「えっ……?栞子ちゃん?」


栞子「結論から言うと、スクールアイドル同好会の雌雄を決する舞台を用意しました」


歩夢「雌雄を決する……?私たちが戦うってこと?」

栞子「はい。それを実現するシステムを開発しました。すなわち……」


栞子「スクールアイドルがパフォーマンス時に生成する“輝き”を計測し、その数値を用いて、VR空間において模擬戦闘を行うシステムを開発しました」


せつ菜「模擬戦闘……!?物騒なワードですね!?」

栞子「戦闘と表現しましたが、現実空間においては普段通りにパフォーマンスを行うだけですので、ご安心を」

栞子「ただ、システムの実行のため、軽量な装置を身に着けて……」

栞子「そして、雌雄を決する2人のスクールアイドルが、同時にパフォーマンスを行う必要があります」

愛「2人同時にパフォーマンス……?それで勝負が決まるの?」


栞子「えぇ。例えるなら、格闘ゲームにおけるコントローラーとゲーム画面です」

栞子「コントローラーに相当する機構が、スクールアイドルのパフォーマンス」

栞子「ゲーム画面に相当する機構が、VR空間における戦闘です」

6名無しで叶える物語(ふく)2020/06/12(金) 21:53:04.40ID:VTTul7m7
栞子「ここからは補足の説明です。近江さんのように“うたた寝”していても構いませんが……」


彼方「聞いてるよ〜!それより“戦いの舞台”を用意した経緯を教えて〜」

栞子「……えぇ、そうですね」

栞子「あなたたちスクールアイドル同好会は、それぞれがソロで活動していると窺いました」

果林「そうね」

栞子「ですから、一度は考えたことがあるはずです」


栞子「誰が一番、スクールアイドルとして優秀であるか」


全員「!!!!!!!!!!」

栞子「その反応……間違いないようですね」

栞子「つまり、この戦いに参加していただけるということで……よろしいですね?」

7名無しで叶える物語(ふく)2020/06/12(金) 21:53:46.14ID:VTTul7m7
栞子「スクールアイドル……いわゆるアイドルの“強さ”というものはファジィです」

栞子「タイム、スコア、技の完成度……これらはアイドルとは無縁の決戦指数です」

栞子「現状、間接的にアイドルの“強さ”を評価する指標として……例えば、SNSのフォロワー数、ファンクラブの入会者数、イベントの集客数があります」

栞子「もしくは、メディアの視聴率、商品の売り上げ、株価の変動です」

栞子「究極的に、これらの指標は“収入”に帰結しますが……」

栞子「これらの数値は、アイドルが単独で獲得できるものではありません」

栞子「そこで、アイドルが単独で出力できる“強さ”……私はこれを“輝き”と定義しましたが……」

栞子「スクールアイドルがパフォーマンス時に生成する輝きを計測するシステム―――」

栞子「ScHool Idol Operation Rate Index : Kagayaki Order……通称:Shiorikoシステムを開発しました」

栞子「輝きの計測は、パフォーマンスの“発信側”と“受信側”の生体信号を参照します」

栞子「光を見たときの瞳孔径とルーメンの相関のように……」

栞子「輝きを感じたときの生体信号……脳波、心拍数、発汗量……これらを計測することで “輝き”を数値化します」



栞子「つまり、Shiorikoシステムは、スクールアイドルの輝きを数値化できます」

8名無しで叶える物語(ふく)2020/06/12(金) 21:54:12.63ID:VTTul7m7
エマ「ねぇ、VRで戦闘うんぬんっていうのは……?」


栞子「そちらは、共同開発者の天王寺さんから説明があります」

璃奈「うん、説明するね」

璃奈「Shiorikoシステムは輝きを数値化できる……だけど、このシステムはそれ以上のことはできない……数値を算出して、EOF」

璃奈「だから、その“数値”を動的なエンターテインメントとして活用するシステム―――」

璃奈「Realization Idol Numerical Attraction……通称:RINAシステムを開発した」

璃奈「これはShiorikoシステムで数値化した輝きを入力として、VR空間において模擬戦闘を行う―――いわゆる“ゲーム”と考えてもらったら分かりやすいかも」

璃奈「栞子ちゃんは格ゲーを例に挙げてたけど、まさにその通りで」

璃奈「有り体に言えば、これは“輝き”を格ゲーに変換するシステム」

璃奈「例えばAボタンで基本技、Bボタンで必殺技みたいに……」

璃奈「歌、ダンスといったパフォーマンスを、ゲームのバトルコマンドに変換する」



璃奈「つまり、RINAシステムは、スクールアイドルの輝きを“戦い”として可視化できる」

9名無しで叶える物語(ふく)2020/06/12(金) 21:55:00.31ID:VTTul7m7
侑「えっと……つまり……?」



栞子「2人のスクールアイドルのパフォーマンスが、VR空間において、戦闘として表現されます」



歩夢「わぁ……!ゲームのキャラクターみたいに戦える……!楽しそう……!」

せつ菜「せつ菜☆スカーレットストームを放つときです……!!」

愛「僕singでボクシング……!?なんちゃって!!」

彼方「眠り状態にしちゃうよ〜!」

果林「魅了状態にしてあげるわ!」

エマ「無限回復だよ〜!」

璃奈「璃奈ちゃんボード『バリア』」

かすみ「可愛いが武器になる……!?つまりかすみんが最強……!?」

しずく「う〜ん……誰の演技が強いかな……!?」



侑「それで、勝敗はどう決まるの?」

栞子「戦闘終了時の両者の輝きの数値で決まります。その【算出方法】についてですが……では試しに、実際に計測してみましょう」

栞子「そうですね……中川さん」

せつ菜「は、はい!?」


栞子「その、せつ菜なんとかストームを放っていただけますか?」

10名無しで叶える物語(ふく)2020/06/12(金) 21:55:11.46ID:VTTul7m7
せつ菜「せっ……せつ菜☆スカーレットストーーームッ!!!」

11名無しで叶える物語(ふく)2020/06/12(金) 21:56:48.96ID:VTTul7m7
栞子「46です」


果林「それってどうなの?高いの?低いの?」

栞子「数値は0〜99で算出されますので、まぁ、普通です」

せつ菜「ふ、普通……」



栞子「なお、この戦いの舞台は、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の“催し”として企画しています」

栞子「催しの内容は、【スクールアイドル同好会・最強決定戦第1弾“バトルもの”】」

栞子「トーナメント方式で、1回戦(9人→8人)、2回戦(8人→4人)、準決勝、決勝を行います」

栞子「9人のトーナメントという性質上、1人だけ1回戦敗退者が発生してしまいますが……」

栞子「その方は、私と一緒に、試合の解説役を務めていただこうと思います」

栞子「以上で説明は終わりですが……最後に1点ほど」

栞子「催しの宣伝として、【エキシビションマッチ】を企画しているのですが……」

栞子「誰か2人、立候補者はいませんか―――?」

12名無しで叶える物語(ふく)2020/06/12(金) 21:58:08.58ID:VTTul7m7
エキシビションマッチ かすみ vs. しずく

しずく『あなたの理想のヒロイン』


かすみ「なっ……!?」

かすみ「しず子……その姿ッ……!?」


しずく『かすみちゃん?私を攻撃するの―――?』


かすみ「せんぱ―――」

しずく・かすみ「――――――ッッ!!!!」






RINA「戦闘終了の気配を察知。輝きの計測を開始……」ピポパポ

Shioriko「……計測終了。桜坂さんの輝きは>>14、中須さんの輝きは>>15です」

13名無しで叶える物語(八つ橋)2020/06/12(金) 22:02:24.85ID:KbfilMd7
期待

14名無しで叶える物語(しうまい)2020/06/12(金) 22:04:11.76ID:u2qpO9ub
しずくちゃん弱くなったらごめん

15名無しで叶える物語(八つ橋)2020/06/12(金) 22:05:56.14ID:KbfilMd7
連レスすまん

16名無しで叶える物語(茸)2020/06/12(金) 22:16:28.03ID:Pz7n9tAG
ざっこ……

17名無しで叶える物語(ふく)2020/06/12(金) 22:17:18.26ID:VTTul7m7
かすみ「せんぱ―――」



しずく『かすみちゃん、私を攻撃するなんて……できないよねっ♪』

かすみ「先輩ッ!!!!」

しずく『ふふ、かすみちゃん♪』



かすみ「行きますよッ!!!!かすみんの全力の攻撃ッ!!!!先輩なら受け止めてくれますよねッ!!!!」


しずく「え?」



かすみ「うおおおお―――……あれ?」シュン……



しずく「あ、あれ……?」


かすみ「あははは〜……あははは〜……」


かすみ「体力……なくなっちゃったぁ……」バタンキュー






RINA「戦闘終了。かすみちゃんの戦闘不能により……」


エキシビションマッチ ●かすみ14 vs. ○しずく76


RINA「勝者、しずくちゃん」

18名無しで叶える物語(ふく)2020/06/12(金) 22:24:10.16ID:VTTul7m7
かすみ「ぐぬぬ……エキシビションとはいえ……負けるのは悔しいっ……!!」

しずく「でもヒヤヒヤしたよ〜。VRとはいえ、血気迫るかすみさんの拳《フィスト》が目の前まで迫ってたから……」


しずく「負けちゃったかと思ったよ♪」


かすみ「ぐぬぬ……強者の余裕……」

かすみ「でもっ!!!!本戦では絶対に勝つからっ!!!!」





栞子「お2人とも、対戦ありがとうございました」

栞子「では、1回戦第1試合のマッチングを行いたいと思います」

栞子「……といっても、1回戦は1試合しかありませんが」

侑「どうやって決めるの?」


栞子「この箱です」ドン


栞子「この箱の中に、あなたたち同好会メンバーの名前が書かれた“玉”が入っています」

栞子「今から私が抽出しますので……」



栞子【名前がピックアップされた先着2名が、1回戦第1試合の対戦カードになります】



栞子「……ちなみに、このマッチングの敗者が、私と解説役をするハメになる予定です」

19名無しで叶える物語(なっとう)2020/06/12(金) 22:45:25.62ID:7mvLdHJh
読んでるぞ

20名無しで叶える物語(茸)2020/06/12(金) 22:47:51.30ID:QCdlPgZR
期待

21名無しで叶える物語(なっとう)2020/06/12(金) 23:06:36.19ID:7mvLdHJh
24まで

22名無しで叶える物語(なっとう)2020/06/12(金) 23:07:05.15ID:7mvLdHJh
潰させませんよ

23名無しで叶える物語(なっとう)2020/06/12(金) 23:07:37.43ID:7mvLdHJh
保守しますよ

24名無しで叶える物語(なっとう)2020/06/12(金) 23:08:14.00ID:7mvLdHJh
連投失礼

25名無しで叶える物語(もこりん)2020/06/12(金) 23:27:22.40ID:hgwOD/Iw
落とすな

26名無しで叶える物語(しうまい)2020/06/12(金) 23:57:03.31ID:u2qpO9ub
誰が解説役になったら面白いかなって負け前提で考えてみた
果林ちゃん

27名無しで叶える物語(茸)2020/06/13(土) 01:11:23.53ID:KHglN2qq
おもしろそう
璃奈ちゃん行ってきて

28名無しで叶える物語(ふく)2020/06/13(土) 02:21:30.81ID:tmmRjiag
1回戦第1試合 果林 vs. 璃奈

果林「いくわよっ!璃奈ちゃん!」

璃奈「……っ!?くる……っ!?璃奈ちゃんボード……『臨戦態勢』っ!!」


果林『I can see the starlight, You can see the starlight, i.e.……』



果林『We can see the―――starlight!!!』パッ



璃奈「ここは……!?大銀河のバトルフィールドッ……!?」

璃奈「無重力空間……!?身体の自由が利かない……!?」

果林「ふふ♪あんなに眩しかった星の光に、手を伸ばせば届きそうでしょ♪」


果林「私たち2人にとって、とてもシナジーの高い舞台だとは思わないかしら……♪」



フィールド効果:see the starlight
果林-->特殊攻撃UP
璃奈-->機動力DOWN



栞子『発音に不安が残りますが、詠唱に成功したようです』

栞子『宇宙空間のフィールドに変わりました。星がきれいですね』

29名無しで叶える物語(日本)2020/06/13(土) 02:38:28.28ID:uif8OtAq
ええやん

30名無しで叶える物語(ふく)2020/06/13(土) 02:45:20.20ID:tmmRjiag
果林「ふふ♪璃奈ちゃんはこの無重力に“適応”できるかしら……♪」

璃奈「なななな……」

果林「私は自由自在よ♪なんたって鍛えているから―――」


璃奈『なかなか表には出せないけど、《喜怒哀楽》してるエモーション……』


果林「……っ!?」



璃奈『璃奈ちゃんボード―――「怒」ッ!!』ピピピピ



果林「璃奈ちゃんが……全身白タイツ姿に変身して……!?」

璃奈「物理攻撃重視のパワードスーツを選択した。これで、この空間に適応できる」



バフ効果:e-motion「怒」
璃奈-->物理攻撃、機動力UP



璃奈「行くよ……果林さんっ!!」ヒューン

果林「くるっ……!!」

31名無しで叶える物語(家)2020/06/13(土) 02:53:26.99ID:X4/7QRjj
舞台少女のきらめき
スクールアイドルのかがやき

32名無しで叶える物語(ふく)2020/06/13(土) 03:02:04.40ID:tmmRjiag
璃奈「おおおっ!!!」ドコドコドコ


果林「応戦するわ!熱くさせてよこのカラダを―――『alright』ッ!!」スッスッスッ


璃奈「なっ……私の物理攻撃が……全て躱されて……っ!?」



バフ効果:alright
果林-->回避UP



果林「オーライ、オーライ……オーライッ!!」ヒュッヒュッヒュッ

璃奈「私の拳が……当たらないっ……!?」

果林「ふふっ!どれだけ出力を増しても、当たらなければどうということはないわっ!!」

璃奈「ぐっ……!!だったら……最大出力で……!!」


璃奈「大暴走の心拍数―――『ドキドキッ!!ピポパポッ!!』」シュシュシュシュ


果林「はっ、疾いっ……!?」



バフ効果:大暴走の心拍数
璃奈-->攻撃性能MAX、防御性能DOWN



栞子『紙一重の攻防戦ですね。早すぎて見えません』

33名無しで叶える物語(ふく)2020/06/13(土) 03:12:16.11ID:tmmRjiag
璃奈「おおおおおおっっ!!!!!!」ビュンビュンビュン

果林「だけど……効かないわっ!!」

果林「夢から覚めても、まるで留まるような攻撃っ!私には……届かないわっ!!」

璃奈「うっ……!!」

璃奈(体力がもたないっ……!このまま躱され続けられたら負けちゃう……!!)



璃奈「……だけどっっ!!」

果林「……っ!?」



璃奈「精一杯精一杯目一杯……あなたに―――『届け』ッッ!!」ドゴォ



果林「うっ!?なんて重い一撃ッ!?」

璃奈「と……届いたよ……私の“思い”……一撃が……!!」


果林「まっ、まずいわッ!?……こうなったら……ッ!!」

34名無しで叶える物語(ふく)2020/06/13(土) 03:30:35.51ID:tmmRjiag
果林「ごめんなさいね、璃奈ちゃん……」

璃奈「果林さん……!?一体何を……!?」

果林『言わせてあげるわ―――』スッ…

璃奈「……っ!?この寒気は……!?」

果林『私以外には・何も感じない・考えらんない……《絶対》……』



果林『―――魅力度No.1』



璃奈「……っ!?!?」

璃奈(思い通りの発声が……できなくなった!?)



ステータス異常効果:魅力度No.1
璃奈-->詠唱封じ



果林「《私のこと》以外の発言は許可しないわ」

果林「あなたのその可愛いお口からは、ただ私の魅力に溺れた感嘆詞を零せばいいのよ♪」

璃奈「や……やばい……!!」

35名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/13(土) 09:53:45.83ID:CPx4PTD6
四年ぶりにラブライブが進化してますねと聞いて

36名無しで叶える物語(ふく)2020/06/13(土) 15:07:34.33ID:tmmRjiag
果林「この一撃で決めるわ……!」



果林『このステージへFly!……Flyッ!!』ギューン



璃奈(……っ!?果林さんが羽ばたいてッ……!?)

栞子『これはっ……!?バトルフィールドの天上に点在している、星の光を“集めて”いますっ!』

果林「あはははっ!!もっと……もっとよ!!」

果林「ひとつひとつが燦々と煌めく恒星の光でさえ、私の《魅力》の前では“引き立て役”だわッ!!」


果林「もっと輝くわ……!!もっと輝かせて頂戴ッ!!」


璃奈「果林さん……!光り輝いて綺麗……!」

栞子『光を身に纏った朝香さんが、物凄いスピードで移動していますッ!まるで……ネオンを描いているようですッ!』

果林「うふふっ!!“魅”なさいッ!!私のネオンサインをッ!!」



バフ効果:ネオンに包まれた今夜
果林-->特殊攻撃MAX

37名無しで叶える物語(ふく)2020/06/13(土) 15:09:31.01ID:tmmRjiag
璃奈(描き終えたッ……!?この“文字”はッ!?)


果林『starlight』


璃奈「何だ……この……輝きはッ……!?」

果林「ふふっ♪この世界の《spotlight》は、もう独り占めできたかしら……♪」

璃奈(……っ!?果林さんの掌が最大級に輝いてッ……!?来るッ!!)



果林「行くわよっ……さあ!光る―――starlightッ!!」シュインシュインシュイン



メインウェポン:光るstarlight《発動条件:集光》
果林-->1ターンめで ひかりを きゅうしゅう つぎのターンで てきを こうげき



璃奈(こうなったら……!!)

璃奈「……」



璃奈「―――」スッ



果林「……っ!?璃奈ちゃんボードを……“外して”ッ……!?」



璃奈「……😊」ニコッ



璃奈「―――ッッ!!」ドヒューン

果林「この輝きはッ……!?」

栞子『天王寺さんが……朝香さんと同等の輝きを放っていますっ!』



バフ効果:いつか、素顔を見せる日
璃奈-->全能力UP

38名無しで叶える物語(ふく)2020/06/13(土) 15:10:43.66ID:tmmRjiag
璃奈(電波に思いを乗せて……)

璃奈(―――『ビビビのビーム』ッッ!!)シュインシュインシュイン



璃奈『―――ッッッッ!!!!』ドギューン



サブウェポン:ビビビのビーム
璃奈-->強力なビーム攻撃



栞子『これは……!?詠唱破棄の「ビビビのビーム」ッ!?』

栞子『両者の光線の束が……ぶつかり合っていますッ!』

果林「やるわね……璃奈ちゃんッ!!」

果林「でもっ……足りないわッ!もっと……ヴォリューム上げてッ!!」ドヒューン


果林「高鳴り合い増す―――中毒性《ホリック》ッ!!」


璃奈(なっ……!?私のビームが吸収されてッ……!?)



トリック効果:高鳴り合い増す中毒性
果林-->相手の攻撃を自分の攻撃に乗算



果林「このまま押し切るわっ!!飛べッ!!飛べぇぇぇぇええええ!!!!」ギューン


璃奈「―――」

39名無しで叶える物語(ふく)2020/06/13(土) 15:12:01.43ID:tmmRjiag
璃奈「……わくわく……とまらない……」ピピ…


果林「……っ!?私の《詠唱封じ》を突破してッ……!?」

璃奈「……ウキウキ……高鳴る……」

璃奈「あなたがいるから素直になれるよ……きらきら輝く《あのステージ》で待ってる……」


璃奈「どんな私でも……ありのままッ!」ピピピピピピ


果林「なっ!?私の輝きが失われていくッ……!?」



璃奈『新しい世界―――飛びだせるッッ!!』パッ



栞子『きらきら輝くフィールドに切り替わりましたっ!両者、いまだにビームの応酬が続いていますっ!』



必殺技:怒(ド)・喜(キ)・哀(ピ)・楽(ポ)エモーション
璃奈-->全てのマイナス効果を無効化
果林-->全てのプラス効果を無効化

40名無しで叶える物語(ふく)2020/06/13(土) 15:13:42.84ID:tmmRjiag
璃奈「完全詠唱の『怒・喜・哀・楽エモーション』だよ」


璃奈「今の私はまるで璃奈ちゃんボードのように……《感情》を自在に出力することができるッ……!!」


璃奈「楽しい……!!嬉しいよ……!!私……今……!!とても輝いているッ!!」

果林「まずいわ……!!形勢逆転されたッ……!!」



果林「だったら……時を舞う―――starlightッ!!」



果林「全ての時間軸の私の輝きを……ここに集約するッ!!」

璃奈「なっ!?そんなことしたらッ……!?」

果林「過去も未来も関係ないわッ!!『今』ッ!!いちばん輝いてるのは……『私』ッッ!!」



必殺技:時を舞うstarlight
果林-->超強力なビーム攻撃 一定時間後、戦闘不能




果林・璃奈「――――――ッッ!!!!」







RINA「戦闘終了の気配を察知。輝きの計測を開始……」ピポパポ

Shioriko「……計測終了。朝香果林さんの輝きは>>41、天王寺璃奈さんの輝きは>>42です」

41名無しで叶える物語(茸)2020/06/13(土) 15:43:03.05ID:NgI7nY25
オレはもうヤバいと思う

42名無しで叶える物語(茸)2020/06/13(土) 15:44:06.83ID:NgI7nY25
いますぐここを出るべきだぜ

43名無しで叶える物語(しうまい)2020/06/13(土) 16:15:54.90ID:gb0JU3kE
果林ちゃんひっく…
まぁ解説役になるしいいか

44名無しで叶える物語(SB-Android)2020/06/13(土) 19:00:17.09ID:lzRtT7fU
アバッキオw

45名無しで叶える物語(ふく)2020/06/13(土) 22:24:54.70ID:tmmRjiag
璃奈「か、果林さんっ……!?そんな危険な技を使ったらっ……!?」

果林「えぇ!戦闘不能になるでしょうね!でも構わないわっ!!」

璃奈「!?」

果林「私の輝きを後押しする、あらゆる努力は無効化されてしまったっ!!」

果林「だとしたらっ!私がより輝くには、私という《存在》を使うしかないっ……!!」


果林「『私は輝いたんだ』という記述を、永遠に“誰か”の心に影響する《余波》として発生させるしかないっ!!どんな手を使ってでもっ!!」



果林「まるで―――超新星爆発のようにッ!!」



璃奈「……っ!?」



璃奈「……」

46名無しで叶える物語(ふく)2020/06/13(土) 22:26:30.28ID:tmmRjiag
璃奈「……😊」ニコッ


果林「なっ……にを……笑って……っ!?」


璃奈「それを聞いて安心した」

果林「!?」

璃奈「つまり―――」


璃奈『その技を使った後、果林さんは戦闘不能になる』


果林「そっ!?そうよっ!!だから、私の輝きが潰える前に、あなたの輝きを潰やすのっ!!」

果林「行くわよっ!!私の輝きの全てを―――」


璃奈『璃奈ちゃんボード……』


果林「なっ……!?ビームの攻撃を止めて……!?」



璃奈『―――楽ッッ!!』キュイーン



果林「バッ……バリアッ……!?!?」

璃奈「攻撃用のエネルギーを、全て、防御用のエネルギーに変換した」



璃奈「つまり……私の勝ち」



果林「――――――ッッ!!!!」






RINA「戦闘終了。果林さんの戦闘不能により……」

1回戦第1試合 ●果林05 vs. 〇璃奈83

RINA「勝者、璃奈」

47名無しで叶える物語(茸)2020/06/13(土) 22:40:44.92ID:sj7QmN2v
わかりまぁす

48名無しで叶える物語(茸)2020/06/13(土) 22:58:15.49ID:yMfeNS50
アホだな

49名無しで叶える物語(もこりん)2020/06/13(土) 23:09:23.09ID:BRXysKoV
続いててありがたい

50名無しで叶える物語(ふく)2020/06/13(土) 23:58:00.11ID:tmmRjiag
なんでバリアは壊れないんだよってセルフツッコミしたくなるほどアホになって書いてるんですけど楽しいです
戦闘描写が伝わってるか不安です

51名無しで叶える物語(しうまい)2020/06/14(日) 07:01:23.59ID:jzxw5TSB
伝わってるというかこっちが正しく理解できてるか分からないけど雰囲気と勢いで楽しめてるから大丈夫

52名無しで叶える物語(茸)2020/06/14(日) 07:27:42.26ID:erEp25PY
SSは真面目に読むタイプの物と多少のツッコミは勢いで誤魔化していくタイプの物があると思ってるけど、後者だから大丈夫だろう

53名無しで叶える物語(ふく)2020/06/14(日) 15:08:43.21ID:592YV8jm
果林「私が……負けたっ……!?」

璃奈「ごめんね果林さん。白星は私のもの」

果林「くっ……悔しいっ!!こっ……壊れてるんじゃないのっ!?このシオリコシステムがっ!?」

栞子「うーん、否定はできませんね……」

璃奈「確かに」

果林「じゃ……!?じゃあ再戦をっ……!!」

栞子「なんせ“輝き”は示強性ですので……足したり掛けたりして増幅できる代物ではありません」

栞子「今日のコンディション、パフォーマンスの順番、“共演相手”との相性……こういった、常に変動し続けている無数の変数の総合評価として、輝きを算出しているので……」


栞子「その結果は“神のみぞ知る”としか……」


果林「じゃあ、今日の私は運が悪かった、ということ!?」


栞子「そうですね、そのフォローが正しいです」

果林「ぐぬぬ……」


栞子「ですが、これからの試合の解説役を務めていただくということは……あなたは“裏主人公”のポジションに座する、ということではないでしょうか?」


果林「裏主人公……!!」


栞子「えぇ。ですので、よろしくお願いします、朝香さん」

トーナメント表-->http://s.kota2.net/1592114515.png

54名無しで叶える物語(ふく)2020/06/14(日) 15:12:29.43ID:592YV8jm
栞子「では、2回戦第1試合のマッチングを行いたいと思います」

栞子「今から私がこの箱から“玉”を抽出しますので……」


栞子【名前がピックアップされた先着2名が、2回戦第1試合の対戦カードになります】

55名無しで叶える物語(なっとう)2020/06/14(日) 15:14:52.45ID:H3TRgqK1
せつ菜で

56名無しで叶える物語(八つ橋)2020/06/14(日) 15:24:19.67ID:6jQ+utjT
エマちゃん!

57名無しで叶える物語(ふく)2020/06/14(日) 16:32:11.39ID:592YV8jm
2回戦第1試合 せつ菜 vs. エマ

せつ菜「初めからクライマックスですッ!!大技を叩き込んで《刹那》に決めますよッ!!」

エマ「……っ!?くるっ……!?」



せつ菜『天地創造の神々、我に力を給えッ!黄金に輝く太陽が沈む刻、暗闇を奪い去りし天光の使者ッ!右手に必貫のトライデントッ!左手に―――』



エマ「えーい!!エマパーンチ!!」ドゴォ



せつ菜「なッ……!?」ズサァァァ

せつ菜「なんて重い一撃ッ……!?」

せつ菜「私の、生徒会長のお話《パーフェスト・アリア》がいとも簡単に突破されたッ……!?」






栞子『お話が長いですね。もっと簡潔に述べましょう』

果林『それにしても、エマパンチはすごいわね……!!せつ菜が30mくらい吹っ飛ばされたわ……!!』

58名無しで叶える物語(ふく)2020/06/14(日) 16:51:43.62ID:592YV8jm
エマ「じゃあ私の攻撃、いっくよ〜♪」



エマ「どこまでも広がっている、エヴァーグリーンと―――空ッ♪」ギューーーン



せつ菜「なっ……!?空の“色”が変化していくッ……!?」

せつ菜「青色から……徐々に“緑色”に変わってッ……!?」

エマ「うふふ〜♪早く手を打たないと、私の勝利が確定しちゃうよ〜♪」

せつ菜「何を言ってッ……!?」



エマ「【勝利条件】を変えたの♪相手を戦闘不能にしたら勝ち、じゃなくて……」



エマ「【この空の色を自分の色に染め上げたら勝ち】だよっ♪」



せつ菜「どういうッ……!?」


エマ「相手に与えたダメージが、空の色に反映されるよ♪」

エマ「今は私がせつ菜ちゃんにダメージを与えたから、私の《グラデーション・フェイズ》だよ♪」

エマ「せつ菜ちゃんは“何色”で《宣言》するのかな……?」

せつ菜「ぐっ……!!」



せつ菜「せつ菜☆スカーレットストーーームッ!!!」

59名無しで叶える物語(ふく)2020/06/14(日) 22:47:43.57ID:592YV8jm
せつ菜「行っけええええぇぇぇぇええええ!!!!」


せつ菜☆スカーレットストーム「ギューンッッッッ!!!!」ギューン



栞子『中川さんの放った一撃が、ヴェルデさん一直線です!』

果林『エマはどうするつもりなのかしらっ!?微動だにしないけれど……!?』



エマ「……」スッ

せつ菜「なっ……!?目を“瞑”ってッ……!?」



エマ『目を閉じれば思い出す……故郷の―――景色ッ♪』ピカーン

エマ「“視”えたよっ!この攻撃の《対処法》っ♪」



果林『……っ!?どういうことっ!?』

栞子『おそらく、故郷で遭遇したあらゆる困難……それら経験則を反芻することで、中川さんの攻撃を防ぐつもりでしょう……』

栞子『まるで……走馬灯のようにっ!!』



エマ「ええーい!!エマパンーーチっ!!」ドゴォオ

せつ菜☆スカーレットストーム「うわああああぁぁぁぁああああ!!!!」シュワシュワシュワ…


せつ菜「そんなっ……!?私の渾身の一撃が……ただの“拳”に掻き消されたッ!?」

60名無しで叶える物語(ふく)2020/06/14(日) 23:07:25.47ID:592YV8jm
せつ菜「そ、そんな……」

エマ「うふふ♪じゃあ次は私の攻撃―――」


せつ菜「……とッ!!!!見せ掛けておいてッ!!!!」


エマ「えっ……!?」


せつ菜「見てくださいっ!!あの空をッ!!」

エマ「こっ……これはっ……!?」



せつ菜「せつ菜☆スカーレットストームの《追加効果》ですっ!!」



せつ菜「この攻撃は、高いダメージと邪悪スレイヤー効果を持ちますが……!!」

せつ菜「天候操作能力もあるんですっ!!その名の通り、“嵐”を巻き起こしますッ!!」

エマ「そんなっ……!私のエヴァーグリーンの空が……!!」

せつ菜「これで物理的にこの空を赤色に染め上げますよッ!!」






せつ菜(……と、エマさんは【勝利条件】を変更したと言っていましたが……)

せつ菜(その本質は変わってません……自分の与ダメージが空の色に反映されるということは……)

せつ菜(相手を戦闘不能にすることで、空を自分の色に染め上げられるということッ!!)

せつ菜(戦術を練り直す必要はありませんっ!!全力攻撃ですっ!!)

61名無しで叶える物語(ふく)2020/06/14(日) 23:43:24.30ID:592YV8jm
せつ菜「行きますよッ!!私の全力攻撃―――」


エマ「……👏」パンパンパン…


せつ菜「なっ……にをっ……!?」



果林『エマ……これは……!?』

栞子『小気味いい手拍子と、リズミカルなステップですね……!?』



せつ菜「一体……何をしようと―――」



\\\\|||||////
>>>>>>🌞<<<<<<
////|||||\\\\



せつ菜「……っ!?この輝きは……“太陽”ッ!?」

せつ菜「そんなッ……!?空はスカーレットストームで埋め尽くした筈なのにッ!?」

せつ菜「私が発生させた嵐を“掻い潜る”ように、太陽の光が突き刺さってくるッ……!?」



エマ『―――降り注ぐ太陽』



エマ「この“ステップ”はね、豊穣祈願の踊りだよ♪」


せつ菜「ほうじょう……きがん……だとッ……!?」


エマ「うふふ♪そんな“あっけにとられた”顔をしないでっ♪」



エマ『抱きしめてあげるよっ♪あなたの―――心もッ!!』ギュッ



せつ菜「むぎゅうッッ!?」

62名無しで叶える物語(なっとう)2020/06/14(日) 23:57:31.46ID:H3TRgqK1
貴重な組み合わせだな…

63名無しで叶える物語(SIM)2020/06/15(月) 22:08:51.27ID:vHuwLGff
わくわく

64名無しで叶える物語(もこりん)2020/06/16(火) 17:10:42.57ID:WnWi+1G8
保守グリーン

65名無しで叶える物語(茸)2020/06/17(水) 07:00:06.50ID:yJZG9Km7
エマちゃんつよ

66名無しで叶える物語(ふく)2020/06/17(水) 23:20:46.12ID:x81SMxmf
エマ「むぎゅ〜〜〜〜ッッッッ♪♪♪♪」ムギュッ



せつ菜(エマさんの……物理的“抱擁”ッ……!!)ジタバタ



エマ「うふふっ♪せつ菜ちゃんの身体……意外と小さいねっ♪」

せつ菜(1.3倍もの体格差ッ……!!アルプス山脈ッ……!!)

せつ菜(同じ近接戦闘系の相手として、この上ないほどに分が悪いッ……!!)

エマ「うふふっ♪」ニコッ

せつ菜(身動きが……執れないッ!!)

せつ菜「くっ……!!このままではッ……!!」


エマ「ねぇ、せつ菜ちゃん……」



エマ「《降参》しても……いいんだよ―――?」



せつ菜「なっ!?何をッ……!?」


エマ「私はせつ菜ちゃんを傷つけたくないし、私は、せつ菜ちゃんが傷つく姿を見たくないよ」

67名無しで叶える物語(ふく)2020/06/17(水) 23:22:53.56ID:x81SMxmf
せつ菜「なっ……にをっ……いって……!?」

エマ「だから、降参しても―――」



せつ菜「何を……“甘いこと”言ってるんですかッ……!?」



エマ「えっ……!?」

せつ菜「この世界は弱肉強食……戦わなければ生き残れないッ……!!」

せつ菜「あらゆる競争において、『戦いたくない』という宣言は……敗北と同義ですッ!!」

エマ「……そうだね。弱肉強食」

エマ「私は、故郷の大自然で、そういう正しくも残酷な《摂理》を、何度も見届けてきた」

せつ菜「だったら何故ッ……!?」

エマ「うん。だからこそ解かるの」



エマ「せつ菜ちゃんは、私に勝てない」



せつ菜「なっ――――――」

エマ「そもそも『戦い』とは、不確定な優劣を決定するための手段だよ」

エマ「私たちの《それ》は、火を見るよりも明らかだよね……♪」



エマ「ライオンに牙をむく……子猫ちゃん♪」ギュッ



せつ菜「――――――ッッッッ!!!!」


エマ「うふふっ♪もう休んでもいいんだよ……♪」ナデナデ


せつ菜「〜〜〜〜〜〜ッッッッッッ!!!!!!」

68名無しで叶える物語(ふく)2020/06/17(水) 23:24:52.29ID:x81SMxmf
せつ菜(これがッ……《癒し》の力ッ……!?)

せつ菜(物理的に“支配”され……精神的に“慈愛”を施され……)

せつ菜(頭を愛撫され……『戦わなくてもいい』という安心感を与えられ……)


せつ菜(…………でも…………!!!!)



せつ菜(……最高に……心地いい……♡♡)






せつ菜(もう……このまま諦めても――――――)






??『あなたはそれでいいんですか―――?』






せつ菜「……っ!?この《声》はッ……!?」

69名無しで叶える物語(ふく)2020/06/17(水) 23:25:57.49ID:x81SMxmf
菜々「こうして《対話》するのは久しぶりですね、【優木せつ菜】」



せつ菜「もう一人の……【私】ッ……!?」



菜々『【私】なら、降参しているかもしれませんね』

菜々「私は合理主義ですから。為す術もなく、負けしか択べないこの状況」

菜々「私なら、敗者に相応しい“散り方”を模索し始めるでしょうね」


せつ菜「……ッ!!」


菜々「……でもッ……【あなた】は違うッ……!!」



菜々「優木せつ菜ッ……!!」



菜々「あなたの《大好き》は、その程度の代物ですか―――?」

70名無しで叶える物語(ふく)2020/06/17(水) 23:28:19.77ID:x81SMxmf
栞子『ヴェルデさんにホールドを決められたまま、中川さんが動きませんね』

栞子『戦闘不能……もしくは戦意喪失と判断し、決着を―――』


果林『……っ!?待って!!せつ菜がッ……!?』



せつ菜「……いいんですか、エマさん……?私を抱擁し続けて……」

エマ「……っ!?」



せつ菜「走り抜けた思いが、心を染めて―――『まっかっか』ッッ!!」ドヒューン



果林『せつ菜がッ……!?まるで燃えているような“赤い”オーラを放って……!?』



エマ「あッ……!?灼いッ……!?」

せつ菜「ふふ、ゼロ距離で私と接触し続けていたら……」


せつ菜「私の《赤》で、エマさんの《緑》を【上書き】してしまうかもしれませんね……♪」


エマ「ッ!?まずいッ!?」バッ



栞子『ヴェルデさんが中川さんを解放し、距離を取って……これはッ!?』

果林『エマの身体の一部が……赤色に染まって……!?』



せつ菜「―――そして、反撃開始です」



せつ菜「エマさんの猛攻によって、空の色は《オールグリーン》寸前でしたが……」


エマ「……ッ!?空に桃色の“兆し”がッ……!?春はあけぼのッ……!?」

71名無しで叶える物語(SIM)2020/06/18(木) 18:52:23.06ID:shQ/k2+a
わくわく

72名無しで叶える物語(SIM)2020/06/19(金) 16:58:24.83ID:oinZH2gE
保守

73名無しで叶える物語(関東地方)2020/06/19(金) 22:39:23.69ID:hv0w7YAC
おちないで

74名無しで叶える物語(SIM)2020/06/20(土) 22:17:43.32ID:seEzH6ob
保守

75名無しで叶える物語(なっとう)2020/06/21(日) 18:49:17.29ID:rN7cLAey
保守

76名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/22(月) 01:58:20.56ID:8q0v1Fbf
おとせない

77名無しで叶える物語(茸)2020/06/22(月) 02:22:52.87ID:S1fxrxP7
まーたエタった


最近のSS体感半分くらいエタってる気がする
ほんと勘弁してくれよ

78名無しで叶える物語(SIM)2020/06/23(火) 01:57:57.01ID:MoOjN/8H
保守

79名無しで叶える物語(ふく)2020/06/23(火) 19:43:49.97ID:CvBFIbCY
せつ菜「……!!!!」シュインシュインシュイン



エマ「せつ菜ちゃん……!?その“輝き”はッ……!?」

せつ菜「今の私は、せつ菜☆スカーレットストームを、自らに照射《エンチャント》していますッ……!!」

エマ「どういう……ことッ……!?」



せつ菜「せつ菜☆スカーレットストームの本来の追加効果、それは邪悪を退ける能力《チカラ》―――『大好き』を否定する有象無象を浄化すること―――ですが……」


せつ菜「その“記述”を変更しましたッ……!!」




栞子『なっ!?ヴェルデさんの眼の色、服の色がッ……!?』

果林『エマの“配色”がッ……!?緑が赤に変わっていく……!?』




せつ菜「この攻撃が退ける対象を、“邪悪”から“緑色”に変更しました……!!」

エマ「なっ……!?」


せつ菜「つまり……この攻撃の―――NEOせつ菜☆スカーレットストームの追加効果は……」




せつ菜「あらゆる緑色を、全て赤色に変換する能力《スキル》ッ……!!」




エマ「いやっ……!?私の故郷の記憶が……上書きされていくッ……!?」

エマ「針葉樹林で埋め尽くされたスイスの景色が……落葉広葉樹林に生え変わっていくッ……!?」



せつ菜「この攻撃を身に纏った私に触れた・ということは、紛れもなくエマさんも、この追加効果の影響下ですッ!!」




せつ菜「―――つまり、今の私たちは……肉を食べることでビタミンCを摂取することができるッ!!」

エマ「!?!?!??!!?」

80名無しで叶える物語(ふく)2020/06/23(火) 20:23:41.98ID:CvBFIbCY
せつ菜「―――行きますッ!!!!」ドヒューン

エマ「せつ菜ちゃんが……空に飛び立ってッ……!?」



せつ菜「私自身がせつ菜☆スカーレットストームになる・ということですッ!!」



せつ菜「このまま……空の境界線《ホライズン》に激突しますッ!!」

エマ「Che……succedeッ……!?」

せつ菜「今の私は、緑を赤に変えることができる存在ッ!!」

せつ菜「つまり、エマさんが提示した勝利条件《空を自分の色に埋め尽くす》を完遂しますッ!!」



エマ「そんな……私が……負けるッ……!?」



せつ菜「そういうことですッ!!エマ・ヴェルデさん……いえ、EMMA ROSSOさんッ!!」


エマ・ロッソ「なっ!?私の名前がッ……!?《VERDE》までもが赤にッ……!?」





栞子『万事休すですね、中川さんが第一宇宙速度に到達するのも時間の問題―――』

果林『待って!!大地がッ……震えてるわッ!!』





エマ「せつ菜ちゃんが“空”に居る・ということは……“大地”は私が独り占めできるッ!!」ゴゴゴゴ


エマ「母なる大地ッ!!私に呼応してッ!!」ゴゴゴゴゴゴゴゴ





エマ『―――エヴァーグリーンッ!!』ポワーオ

81名無しで叶える物語(ふく)2020/06/23(火) 21:20:10.00ID:CvBFIbCY
エマ・ヴェルデ「……ふぅ!せつ菜ちゃんが私に掛けた“赤”は解毒できたッ……!」


せつ菜「だとしてもッ!!もう遅いですッ!!」ギューン



エマ「させないッ……!!」キュインキュインキュイン…

エマ『Uno per tutti, tutti per uno……Collega la tua voceッ!!』キュイーン



エマ「エマビームッッ!!!!」キュワワワ



エマビーム「キュワワワ」

エマ「いっけええええぇぇぇぇええええ!!!!」



せつ菜「疾いッ!?追い着かれるッ……!?だけどッ!!」

せつ菜『強く願い込めた歌を……あの空までッ!!』ドヒューン






エマ「繋がれええええぇぇぇぇええええ!!!!」
せつ菜「届けええええぇぇぇぇええええ!!!!」







RINA「戦闘終了の気配を察知。輝きの計測を開始……」ピポパポ…

Shioriko「……計測終了。中川菜々さんの輝きは>>83、エマ・ヴェルデさんの輝きは>>84です」

82名無しで叶える物語(八つ橋)2020/06/23(火) 22:30:36.57ID:qm2lhYwA
落葉広葉樹林で草

83名無しで叶える物語(茸)2020/06/23(火) 22:31:48.21ID:20au5tYj

84名無しで叶える物語(もこりん)2020/06/23(火) 23:32:44.00ID:Rmq580Xz
💡

85名無しで叶える物語(茸)2020/06/24(水) 00:07:51.61ID:lAhAf5kW
ゴミじゃん

86名無しで叶える物語(茸)2020/06/24(水) 00:49:37.78ID:2fAmlH0V
00って0なのか100なのかどっちなんだ?w

87名無しで叶える物語(ふく)2020/06/24(水) 22:39:26.52ID:i3jfgBZ/
00は0です(>>11
ーーーーーーー
エマビーム「キュワワワ」ギューン

せつ菜「エマビームがすぐそこまで……!!こうなったら……!!」




せつ菜『走り出した!思いは強くするよ―――CHASE!ッ!!』ドヒューン




せつ菜「《何人に追い着ける》というCHASE!の哲学特性を反転させますッ!!」キューン

せつ菜「何人たりとも……私に追い着かせませんッ!!」


エマ「……うふふっ♪」


せつ菜「……ッ!?何を笑って―――!?」




エマ「それはとってもエモエモで―――『草』だねッ♪」




せつ菜「こっ……これはッ……!?」

せつ菜「無数の“草”がッ!?私の進路を妨害して……!?」

せつ菜「せつ菜☆スカーレットストームの出力が落ちて……!?何故ッ!?」

エマ「これは《草を生やす》能力だよ♪」


エマ「せつ菜ちゃんなら、この意味が理解できるよね―――?」


せつ菜「草を……生やす……ですって……!?」


エマ「うん♪つまり……“草が生える”能力だよっ♪」

せつ菜「なっ……!?wwwwwwww」

88名無しで叶える物語(ふく)2020/06/24(水) 22:41:22.73ID:i3jfgBZ/
せつ菜「この《口調》は……!?wwww」


エマ「笑って幸せになろう♪笑顔でLa La La La La〜……♪」


せつ菜「私の戦意がwwww削がれていく……!?wwww」

エマ「うふふ♪戦線離脱してもいいんだよ♪」

せつ菜「くっwwwwそれならwwww草を食べる動物に変身しますwwww」




せつ菜『わくわくアニマルwwww―――パンダッ!!』ボワワーン




エマ「かっ……可愛いッ♪♪」

せつ菜「私を抑制する筈の無数の草は、全て私の推進力に変換されますッ!!」ムシャムシャ

エマ「なっ……!?」


せつ菜「そしてッ!!《この姿》限定の必殺技を放ちますッ……!!」


せつ菜『―――せつ菜☆バンブーサンダーッ!!』

89名無しで叶える物語(ふく)2020/06/24(水) 22:45:17.65ID:i3jfgBZ/
栞子『上空に……無数の“竹”が生えてッ!?』

果林『まさかッ!?あれを“稲妻のように”落すつもりッ!?』




せつ菜「行きますよッ……!!エマさんッ……!!」

エマ「……ッ!!」




せつ菜「降り注げ―――」




エマ「ロン」




せつ菜「ゑっ……?」




エマ「役満、緑一色だよ……♪」




せつ菜「なん……ですって……!?」




栞子『鉛直方向に生えていた無数の竹の“切先”がッ……!?』

果林『全てッ……!?せつ菜の“方角”を剥いていくッ……!?』




エマ「緑を……もっぱら“竹”を揃えることで完成する、私の必殺技だよ♪」

エマ「全ての緑の《主導権》は……私のものッ!!」

90名無しで叶える物語(ふく)2020/06/24(水) 22:49:01.97ID:i3jfgBZ/
せつ菜「――――――ッッ!?!?!??!!?」グサグサグサ…




栞子『あ……竹の直撃を受けて……』




せつ菜「…………」ヒューン




果林『せつ菜が……落下していく……』




せつ菜「……………………!!」ドサッ

エマ「……ごめんね、せつ菜ちゃん……」

せつ菜「……い……たい……」ボソッ




エマ「……っ!?」

エマ(何ッ……!?このッ……!?“違和感”はッ……!?)




果林『……せつ菜の戦闘不能によって、勝者は―――』

エマ「待って!!」

栞子・果林『……っ!?』




せつ菜?「……ふふ……」




エマ「これは……“せつ菜ちゃん”では……ないッ!!!!」

栞子・果林『ッッ!?!?!??!!?』

せつ菜?「一体……」




菜々「一体いつから、私が【優木せつ菜】であると錯覚していたんですか―――?」

91名無しで叶える物語(ふく)2020/06/24(水) 22:53:10.47ID:i3jfgBZ/
エマ「せつ菜ちゃん……!?その姿は……!?」

菜々「私は優木せつ菜の輝きが生み出した《分身》です」

エマ「どういう……ことッ……!?」




菜々「生徒会長のお話《パーフェクト・アリア》です」




エマ「この戦いの開幕で……私がエマパンチで突破した術式……!!」

菜々「えぇ。この能力には、詠唱守護の効果があります」

菜々「ですが、これは使用者が“生徒会長”である場合に限ります」

菜々「ですので、生徒会長でない“優木せつ菜”がこの能力を遣った・ということは」

菜々「まるで録音した生徒会長のお話を聞かせるような効果―――《催眠》の効果を発揮します」




菜々「つまり、あなたは途中から【中川菜々】と戦っていました」

92名無しで叶える物語(ふく)2020/06/24(水) 22:53:33.83ID:i3jfgBZ/
エマ「どういうッ……!?」


せつ菜『そういうことです』


エマ「……ッ!?空からせつ菜ちゃんの声がッ!?何処ッ!?」

せつ菜「私は《空の色が塗られている場所》に到達しています」

エマ「みっ……見えないッ……!!」




せつ菜「―――そして、試合終了です」




エマ「あっ……」







せつ菜『せつ菜☆スカーレットストーム――――――』








果林『空の色が、赤一色に……』

栞子『ヴェルデさんが提示した勝利条件に基づいて、勝者は―――』


2回戦第1試合 ○せつ菜21 vs. ●エマ0


RINA「勝者、せつ菜」

93名無しで叶える物語(四国地方)2020/06/25(木) 04:52:34.94ID:zhgHls97
分身すれば強いっ

94名無しで叶える物語(なっとう)2020/06/25(木) 23:41:03.51ID:dvKBFXhJ
全て塗り替えた感があるスコアで良いね

95名無しで叶える物語(なっとう)2020/06/26(金) 22:05:11.75ID:hOi9atzT
保守します

96名無しで叶える物語(四国地方)2020/06/27(土) 07:05:33.52ID:4SgVt+am
保守

97名無しで叶える物語(ふく)2020/06/27(土) 12:50:40.44ID:ESWwQWuC
エマ「負けちゃった……」

せつ菜「勝ちました!!……とはいえ」

せつ菜「単純な近接戦闘では私に分がありませんでしたから……」

せつ菜「ワンサイドゲームを回避する“配慮”をしていただき、ありがとうございました!!」

エマ「ん〜?なんのこと〜?」

エマ「それより、次の試合もがんばってね!」

せつ菜「はい!!」


エマ「えっと、せつ菜ちゃんの次の対戦相手は―――」

栞子「2回戦第4試合……つまり天王寺さんとその対戦相手の勝者ですね」





栞子「さて、2回戦第2試合のマッチングを行いたいと思います」

栞子「今から私がこの箱から“玉”を抽出しますので……」


栞子【名前がピックアップされた先着2名が、2回戦第2試合の対戦カードになります】


果林「候補は―――歩夢、しずくちゃん、彼方、かすみちゃん、愛―――この5人ね」

98名無しで叶える物語(なっとう)2020/06/27(土) 14:44:50.24ID:ynUhSsGs
愛さん頼む

99名無しで叶える物語(ふく)2020/06/27(土) 22:51:26.20ID:ESWwQWuC
0-24で歩夢 25-49でしずく 50-74で彼方 75-99でかすみ

100名無しで叶える物語(ふく)2020/06/27(土) 22:55:42.28ID:ESWwQWuC

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています