怖い話について語り合わないか?

1名無し百物語2018/07/21(土) 22:17:05.17ID:L4gus1Qj
2chで名作って言われる話とかについて語らないか?

2名無し百物語2018/07/21(土) 22:18:49.70ID:L4gus1Qj
やっぱりワイ的にはコトリバコとか地下の丸穴とか村が一つ消えた話をするがお気に入り

3名無し百物語2018/07/22(日) 11:08:30.83ID:y42WCtnG
危険な好奇心・ハッピータッチ これやろ

4名無し百物語2018/07/22(日) 15:13:04.29ID:hdkaMwn0
>>3ハッピータッチってなんや
聞いてくるンゴゴゴゴ

5名無し百物語2018/07/28(土) 18:24:12.78ID:4haKBT/L
【皇室】秋篠宮妃“紀子さま”と“美智子さま”の『異常性』〔心理学悪用編:小室眞子さま〕★2

ICU大学時代、山守さんも小室さんも同じスキー部員だったとの話。
そのスキー部に眞子様もいた事実。
少ない人数のスキー部内で男を、とっかえひっかえの眞子様。
しかも小室さんに乗り換えた後、山守さんも居るスキー部で活動継続。

小室さんに騙されたとかいう風潮は、あまりにもおかしい。
2012年の留学中に英国で知り合ったアジア人や日本人とも関係を持って・・・(以下略)

詳細は、以下のスレッドでどうぞ!!

〔2chのスレッド〕:https://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1532735877/
〔記事元〕:http://www.laf.im/yahoo_co_jp-news-20180703

6名無し百物語2018/07/29(日) 01:52:53.50ID:vtaFWsAs
2chといえばきさらぎ駅じゃないか?

7名無し百物語2018/07/29(日) 12:27:37.17ID:3aXACac1

8名無し百物語2018/07/29(日) 12:50:29.58ID:nQNj+MNP
susucoin:SXjq2idTq8gqCWsWbhTQt3eLGLrZGgw8xX

9キリスト教関係者の命がけの証言!!2018/08/22(水) 15:35:25.68ID:EFyxWgzF
キリスト教関係者の命をかけた証言

「「アメリカ」で、「子供をレイプしている聖職者」(神父・司祭)の数は、
「3000人以上存在します!!!!」
「オーストラリア」で、「子供をレイプしている聖職者」(神父・司祭)
の数は、「3000人以上!!」存在します!!
「命をかけて、告発します!!」

他にも「麻薬の密売をしている聖職者」や、「女性をレイプしている神父」
なども存在します!!
「ローマ法王」は、「事件の報告」をうけて情報を知っていますが、
「知らないふり」をしています!!
「キリスト教の神父」の「性犯罪」は
「ゆるされるべきではないもの」です!
すべての事件を調べて、「ネット」や「テレビ」で公表してください!!

「神父が、子供を次々に「レイプ」しているなんて、
絶対にゆるされないことです!!
「私は「キリスト教を汚した神父たち」が「ゆるせません」!!」
どうか、みなさまの力で事件を、あばき、
公表してください!!お願いします!!お願いします!!
「どうか「世界中の子供たち」を「お救い」ください!!」
                 キリスト教関係者

10名無し百物語2018/08/30(木) 09:32:38.48ID:PKHfmI+M
自己責任好きだなあ
文章があまり上手でないところがリアリティあった
ネット怪談ならでは

11名無し百物語2018/09/19(水) 02:06:18.02ID:r7KrPFOB
ンギー

12名無し百物語2019/03/17(日) 05:42:45.48ID:PGEtwg97
「要因」って話はまごうことなき実話(爆)
実写映画化すべしべしべしベジタリアン

13宇野壽倫の連絡先:葛飾区青戸6-23-21ハイツニュー青戸2022019/03/28(木) 07:40:19.63ID:fs/u+6Z2
【超悪質!盗聴盗撮・つきまとい嫌がらせ犯罪者の実名と住所を公開】
@高添・沼田(東京都葛飾区青戸6−26−6)
※盗聴盗撮・嫌がらせつきまとい犯罪者のリーダー的存在/犯罪組織の一員で様々な犯罪行為に手を染めている
 老義父は息子の嫁の痴態をオカズに自慰行為をし毎晩狂ったように射精をしている/息子の嫁をいつもいやらしい目で見ているエロ老義父なのであった
A井口・千明(東京都葛飾区青戸6−23−16)
※犯罪首謀者高添・沼田の子分/いつも逆らえずに言いなりになっている金魚のフン/親子孫一族そろって低能
 低学歴で醜いほどの学歴コンプレックスの塊/超変態で食糞愛好家である/醜悪で不気味な顔つきが特徴的である
B宇野壽倫(東京都葛飾区青戸6−23−21ハイツニュー青戸202)
※色黒で醜く太っている醜悪黒豚宇野壽倫/低学歴で人間性が醜いだけでなく今後の人生でもう二度と女とセックスをすることができないほど容姿が醜悪である
 異臭を流し込んでくるなどの嫌がらせを何度も繰り返ししつこく行ってくる嫌がらせ犯罪者である
C色川高志(東京都葛飾区青戸6−23−21ハイツニュー青戸103)
※色川高志はyoutubeの視聴回数を勝手に短時間に何百何千時には何万回と増やしたり高評価・低評価の数字を一人でいくつも増やしたり減らしたりなどの
 youtubeの正常な運営を脅かし信頼性を損なわせるような犯罪的業務妨害行為を行っています
※色川高志は現在、生活保護を不正に受給している犯罪者です/どんどん警察や役所に通報・密告してやってください

【通報先】
◎葛飾区福祉事務所(西生活課)
〒124−8555
東京都葛飾区立石5−13−1
рO3−3695−1111

D清水(東京都葛飾区青戸6−23−19)
※低学歴脱糞老女:清水婆婆 ☆☆低学歴脱糞老女・清水婆婆は高学歴家系を一方的に憎悪している☆☆
 清水婆婆はコンプレックスの塊でとにかく底意地が悪い/醜悪な形相で嫌がらせを楽しんでいるまさに悪魔のような老婆である
E高橋(東京都葛飾区青戸6−23−23)
※高橋母は夫婦の夜の営み亀甲縛り食い込み緊縛プレイの最中に高橋親父にどさくさに紛れて首を絞められて殺されそうになったことがある
F長木義明(東京都葛飾区青戸6−23−20)

14名無し百物語2019/04/05(金) 00:16:45.35ID:Y+/d3fqw
悪魔の体験がいちばん怖かったよ!寝ている時つのはえた真っ黒の悪魔その物が顔のまうえにすごく怖い顔でキスできるくらいの距離だった!

15名無し百物語2019/04/05(金) 00:21:52.98ID:Y+/d3fqw
そしたら真っ黒の悪魔みたいなつのはえた大きな怖いのがナイフで胸元をすごく力で切られた!感覚忘れられないくらい怖かったよ!そしたら真っ黒のそれがむわって立ち上がってすごく全身巨大化して消えた!

16名無し百物語2019/04/17(水) 01:52:45.58ID:GCMtDX6f
恐怖のドライブインの続編が欲しい。
誰か二次創作で書いて欲しい、漫画化してもいい。
今度は前回の主役のずっこけ男子3人組を騙そうとして失敗して逃げた女子短大生の姉ちゃん3人組主人公の視点で・・。
化け物サイドの主役の怪談もたまには良いと思う。

17名無し百物語2019/04/17(水) 12:51:40.21ID:WtdRV6fd

18高山犬子の激白【連絡先:葛飾区青と6−23−18】2019/06/06(木) 20:23:19.90ID:9t1KRYSY
【超悪質!盗聴盗撮・つきまとい嫌がらせ犯罪者の実名と住所を公開】
@高添・沼田(東京都葛飾区青と6−26−6)
※盗聴盗撮・嫌がらせつきまとい犯罪者のリーダー的存在/犯罪組織の一員で様々な犯罪行為に手を染めている
 老義父は息子の嫁の痴態をオカズに自慰行為をし毎晩狂ったように射精をしている/息子の嫁をいつもいやらしい目で見ているエロ老義父なのであった
A井口・千明(東京都葛飾区青と6−23−16)
※犯罪首謀者高添・沼田の子分/いつも逆らえずに言いなりになっている金魚のフン/親子孫一族そろって低能
 低学歴で醜いほどの学歴コンプレックスの塊/超変態で食糞愛好家である/醜悪で不気味な顔つきが特徴的である
B宇野壽倫(東京都葛飾区青と6−23−21ハイツニュー青戸202)
※色黒で醜く太っている醜悪黒豚宇野壽倫/低学歴で人間性が醜いだけでなく今後の人生でもう二度と女とセックスをすることができないほど容姿が醜悪である
 異臭を流し込んでくるなどの嫌がらせを何度も繰り返ししつこく行ってくる嫌がらせ犯罪者である
C色川高志(東京都葛飾区青と6−23−21ハイツニュー青戸103)
※色川高志はyoutubeの視聴回数を勝手に短時間に何百何千時には何万回と増やしたり高評価・低評価の数字を一人でいくつも増やしたり減らしたりなどの
 youtubeの正常な運営を脅かし信頼性を損なわせるような犯罪的業務妨害行為を行っています
※色川高志は現在、生活保護を不正に受給している犯罪者です/どんどん警察や役所に通報・密告してやってください

【通報先】
◎葛飾区福祉事務所(西生活課)
〒124−8555
東京都葛飾区立石5−13−1
рO3−3695−1111

D清水(東京都葛飾区青と6−23−19)
※低学歴脱糞老女:清水婆婆 ☆☆低学歴脱糞老女・清水婆婆は高学歴家系を一方的に憎悪している☆☆
 清水婆婆はコンプレックスの塊でとにかく底意地が悪い/醜悪な形相で嫌がらせを楽しんでいるまさに悪魔のような老婆である
E高橋(東京都葛飾区青と6−23−23)
※高橋母は夫婦の夜の営み亀甲縛り食い込み緊縛プレイの最中に高橋親父にどさくさに紛れて首を絞められて殺されそうになったことがある
F長木義明(東京都葛飾区青と6−23−20)

19名無し百物語2019/07/07(日) 00:58:19.50ID:Dst2z17D
『一冊の本』 1/2
それは真っ黒な表紙のかなり傷んだ古い本だった。
彼が八歳の時に、父親の書斎にある本棚の上段で見つけたものだった。
外は夜の闇に沈み、大人たちが眠りにつく頃を見計らって彼は布団を抜け出し、
父の書斎から本を持ち出しては、自室の布団に戻り懐中電灯の小さな明かりでその本を読むのだった。
それはいいつけに背く行為で、両親は別部屋で寝ているから、まず気づかれることもないのだが、
幼い彼には、そのことが小さな緊張を伴う冒険でもあった。
そのとき、彼の神経は研ぎ澄まされ、生き生きと目覚めるのだ。
階下の掛け時計のコチコチと時を刻む音。遠くを走る車のエンジン音。そして自分の心臓の鼓動。
森の獣たちが木の枝が触れる音にびくつくように、街灯にあつまる蛾の柔らかな羽音さえも、彼の耳に鋭くとらえられた。
もっとも、まだ幼い子供だった彼には、物語の筋のほとんどは理解できないでいた。
しかし、その本は彼を引き付ける不思議な魔力を秘めていた。
少し読み進めると一枚の挿絵があった。
彼はそれを直視することができなかった。おそろしかったのである。
想像力はあっても、臆病な子供ではなかった。
その絵がなぜ恐ろしいのかは、彼にもわからなかった。
いつも、その挿絵は見ないようにして飛ばして読んでしまうのだ。
実際、その絵は怖いものは何も描かれてはいなかった。
その絵は、ある駅のホームの先、薄明りの電灯の下に一人の黒っぽい男が立っている。
その男の視線は線路の先にあるトンネルのほうに向けられていて顔は見えない。
男が見つめるトンネルの中は黒く塗りつぶされて描かれているだけだった。
なぜか、そのトンネルの闇が、幼い彼には恐怖を感じさせていたのだ。
その挿絵の先に差し掛かると、階下の玄関の扉をドンドンと叩く音がしだした。
両親が起きだす気配もなく、仕方なく、彼は布団を抜け出して自室から出ると、
階段をゆっくり降りて行き玄関の前に立つが、ドンドンと叩かれるドアの向こうが怖くて鍵を開けられないでいた。

20名無し百物語2019/07/07(日) 00:58:52.71ID:Dst2z17D
2/2
やがて成人して彼は本のことも挿絵のことも、すっかり忘れ去ってしまっていた。
人生半ばを超えて彼は疲れ切っていた。人生は思うようにいかないもので、
坂を転がるごとく、彼もまた、やること成すことすべてが悪いほうに進むばかりで、もう何もかも終わらせたいと、ため息をつく辛い日々を送っていた。

そんなある日、彼はたまたま夜遅くに電車を乗り間違えて、乗換駅の寂れたホームで電車を待つことになった。
ふと見ると、おぼろに続くホームの先の電灯の下に、どこか見覚えのある一人の黒っぽい男が立っている。
彼の顔は線路の先に続く漆黒のトンネルの穴の先に向けられていた。
その光景を見て、長い夢から覚めた如く、思い出したのである。
まだ幼かった少年の頃の記憶がよみがえり、耳を澄ませ、緊張し、そして怯えた。
それは、あのときのあの本の挿絵と全く同じ光景だったからだ。
そして、おもわず声をあげてしまった彼に気付いたのか、ホームの先に立っていた男の顔が振り向いた。
その彼の顔を見て青ざめた。目はひどく落ち込んでいて、青白くやつれた顔、それは彼自身の顔だったのだ。
恐怖の波が押し寄せ体を駆け抜けた。彼は向きを変え、よろめきながら改札口を抜け、足音を響かせ、その場から逃げるように走った。
駅裏に続く一本道はなぜか街灯もなく人気も全くない。
孤独な世界を際立たせるかのように、月の明かりがスポットライトのように彼を照らし出す。
彼は足を止めてしばらく耳を澄ませた。
背後の改札口で木の床を鳴らしながら、よろめく足音が追いかけてくる。
彼は恐怖に怯え、また走り出した。
一本道の両脇の木々がゆらゆらとうなずき合って、逃げる彼に迫ってくる。
どこまでも背後の足音が彼を追ってきていた。
早くもなく、でも確実に、その足取りは後ろについてきていた。
今にも追いつかれそうに感じながら走り続ける彼は、数キロも走ったあたりで、白い小さな一軒の家を見つけた。
灯のともっていない二階の窓と戸口が人の顔に見え、どこか懐かしくさえ感じられた。
息を切らせ逃げ込むようにその玄関先のポーチに着いたとき、執念深い背後の足音はまだかなり後ろのほうにあった。
鍵のかかった玄関のノブをがたつかせ、ドンドンと扉を激しく叩く。
永遠の時が経ったかのように思われたその時、家の中から、ゆっくりとだが階段を下りてくる音がした。
しばらくの間が続いたが、やがて鍵は開けられ、ドアは開いた。
ドアの向こうには見覚えのある少年の顔があった。
互いに一言も交わさなかったが、彼はすべての記憶をよみがえらせ、確信し、そして悟った。
彼は、ゆっくりと目の前の少年の首に手をかけた。すべてを終わらせたくて。
この先の辛いすべてを幼い少年に経験させたくなくて。
こうするしかなかったんだと彼の手に力がこもる。おもわず彼の目に涙があふれる。
その間、少年はじっとしていて、彼の目を見つめていた。
涙で煙る先に少年の目があった。その目は、今の彼とは違い、希望に満ちあふれていた。
おもわず首にかけていた力が抜け、手を離した。
その瞬間、彼の意識は少年の中に移り、目の前にいた黒っぽい男は消えていた。
彼は何事もなかったかのように、二階に駆け上がると自室の布団に潜り込み、
いつものように懐中電灯の明かりで例の本を読みだす。
それは一人の男の物語。少年がある本を見つけた。
その本には恐ろしい挿絵があった。
大人になるにつれ、彼は本のことも挿絵のこともすっかり忘れるが、
ある夜、寂れた駅のホームに立ち、トンネルの闇を見つめ続ける自分をみつける。
それがあの挿絵そのものの場所だったことだと思い出す。
でも挿絵に目をやると、いつもと少し変わっていた。
線路のレールの先は二つに別れ、一つはトンネルの中へ、
そしてもう一つはトンネルとは違う方向に続いている。
その挿絵を見ても彼はもうおそろしいとは感じなかった。
そしてページをめくると、そこにはこう書かれていた。

ーそうして、レールは切り替えられた。(了)

21名無し百物語2019/07/08(月) 17:19:44.58ID:WsGmVm7r
おや?
創作怪談板に投稿とは珍しい
これは自作?コピペ?

世にも奇妙みたいで良かったよ
怪談ぽくはないけど

22名無し百物語2019/08/19(月) 23:00:56.23ID:ogkFDgBA
がんだむがおもしろいお

23名無し百物語2019/08/22(木) 09:06:51.19ID:94SaTlAh
オリジンの事?

24太上天君2019/10/02(水) 20:26:24.14ID:Jh8sC7rU
樋口君という紅顔の美少年がいた。
ある日樋口君がトイレの入り口に倒れていた。
よく見ると尻の肉をえぐり取られていた。

25太上天君2019/10/04(金) 20:06:08.73ID:kdLkrFUb
樋口君という紅顔の美少年がいた。
ある日紅顔の美少年樋口君はファミレスのトイレの前に倒れていた。
よく見ると尻の肉をえぐり取られていた。

新着レスの表示
レスを投稿する