曜「ずじゅうかん」

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1名無しで叶える物語(らっかせい)2020/10/29(木) 21:41:37.96ID:q3AY3Veb
ようまり。

2名無しで叶える物語(らっかせい)2020/10/29(木) 21:42:21.04ID:q3AY3Veb
鞠莉「うーん…」

曜「鞠莉ちゃん、どうかしたの?」

鞠莉「なんだか今日は頭がズーンってして…」

曜「大丈夫?ちょっとおでこを失礼」

鞠莉「ん…」

曜「うーん、どうやら熱は無いみたいだね」

3名無しで叶える物語(らっかせい)2020/10/29(木) 21:42:48.68ID:q3AY3Veb
鞠莉「この痛み…きっと気圧のせいね。台風が来てるっていうし」

曜「あー、わかるわかる。ずじゅうかんがするよね」

鞠莉「?」

曜「ずじゅうかんだよ、ずじゅうかん」

鞠莉「えっと…ずじゅう、かん?」

曜「知らない?『頭が重い感じ』って書いて、ずじゅうかん」

4名無しで叶える物語(らっかせい)2020/10/29(木) 21:43:35.94ID:q3AY3Veb
鞠莉「あ、あー。そうね、そういう感じかも」

曜「結構辛いんだよね。私も気圧変化には敏感な方だからわかるよ」

鞠莉「そういう割には、曜は大丈夫そうじゃない?」

曜「こういうときは、意識的に体を動かすことにしてるんだ。気圧の影響で体の流れが悪くなることが、頭痛の原因らしいからね」

鞠莉「詳しいのね。言われてみれば、最近は日課のヨガが出来てなかったかも」

5名無しで叶える物語(らっかせい)2020/10/29(木) 21:44:35.08ID:q3AY3Veb
曜「毎日忙しそうにしてるから、きっと疲れも溜まってるんだよ。ちゃんと休めてる?」

鞠莉「大丈夫よ、無理はしてないつもりだから」

曜「本当?鞠莉ちゃんの言う無理って、よっぽどのことだからなぁ」

鞠莉「心配しすぎだってば」

曜「小さなことだって、積み重なったら大きなストレスになるんだよ。体にも、心にもね」

鞠莉「ふふ、まるで専属トレーナーね。でも、本当に大丈夫だから」

6名無しで叶える物語(らっかせい)2020/10/29(木) 21:44:51.95ID:q3AY3Veb
曜「ならいいけど。無理は禁物だよ」

鞠莉「はーい、先生」

曜「よろしい。後は、そうだなぁ。体を温めるために、お風呂にゆっくり入るとか。って、これはきっとやってるよね」

鞠莉「もちろん!バスタイムはリラックスとリフレッシュの源よ」

曜「一番落ち着ける時間だって言ってたもんね。気持ち良過ぎて、お風呂で寝ちゃったりはしないの?」

鞠莉「んー。寝たりはしないけど、長い時間入ってると、ついウトウトしちゃう時があるのよね」

7名無しで叶える物語(らっかせい)2020/10/29(木) 21:45:33.61ID:q3AY3Veb
曜「あるある。寝落ちしそうになって、『危ない危ない、ここはお風呂だった』って慌てたり」

鞠莉「そうそう。で、気が付くといつの間にか指先がしわしわになってたりとか」

曜「お湯でふやけちゃうんだよねー。って、私ったらごめんね、頭が痛いのにずっと話しかけちゃった」

鞠莉「謝らないで。楽しくて気も紛れるし、もっとお話ししましょう」

曜「えへへ、じゃあそうする。話は戻るけど、さっき言ったみたいに頭痛は体の流れが滞ることで起きるから、ときどき腕や首をぐるぐるーって回すといいんだって」

鞠莉「こう?ぐるぐるー…いたっ!」

8名無しで叶える物語(らっかせい)2020/10/29(木) 21:46:10.06ID:q3AY3Veb
曜「鞠莉ちゃん!?」

鞠莉「なんか今、首筋がビシって…」

曜「大丈夫?ちょっと触るよ」

鞠莉「んっ…!」

曜「わ、だいぶ固まってる。ほらこれ、すごいよ」

鞠莉「ひゃあっ…!」

曜「ああ、動かないでって」

9名無しで叶える物語(らっかせい)2020/10/29(木) 21:46:27.74ID:q3AY3Veb
鞠莉「いきなりグッてするから…それに、首筋ってこそばゆいし」

曜「触るよって言ったでしょ。マッサージしてあげるから座り直して」

鞠莉「けど…」

曜「このまま放っておいたら、ますますダメージになっちゃう。今のうちにケアしておかなきゃ、ね?」

鞠莉「うー…そうよね、そうだと思う…」

曜「なら、こっちに背を向けて座って」

10名無しで叶える物語(らっかせい)2020/10/29(木) 21:47:10.15ID:q3AY3Veb
鞠莉「座るけど…でも、優しくお願いね?」

曜「お任せでありますっ。それじゃ、いくよー」

鞠莉「んんっ…」

曜「やっぱり。首だけじゃなくて、肩とその周りも凝っててカチカチだ」

鞠莉「んっ、そんなに…?」

曜「頭が痛くなるわけだよ、辛かったね。このくらいの力加減なら大丈夫?」

11名無しで叶える物語(らっかせい)2020/10/29(木) 21:47:49.22ID:q3AY3Veb
鞠莉「ええ、平気…んぅ…」

曜「よし。まずは肩からやっていくね。軽くぐりぐりっとして、凝りの中心を見つけていくよ」

鞠莉「ひゃっ!?」

曜「お、早速発見。これをゆっくり揉んでほぐしちゃおう」

鞠莉「あっ、やっ」

曜「こーら、動いちゃダメって言ってるのに」

鞠莉「む、無理よ。そこを触られると、背中がぞわぞわってするんだもの」

12名無しで叶える物語(らっかせい)2020/10/29(木) 21:48:44.10ID:q3AY3Veb
曜「肩凝りのモトに直接効いてる証拠だよ。我慢してね」

鞠莉「んっ、よ、曜がいじめる…んんっ!」

曜「いじめてないって。今は辛いけど、だんだんと楽になってくるはずだから」

鞠莉「あっ、く、ぅ…!」

曜「ここをやっつけたら、首の方に移っていくからね」

鞠莉「う、ううー…!」

曜「我慢、我慢だよー」

鞠莉「んん、んーっ!」

13名無しで叶える物語(らっかせい)2020/10/29(木) 21:49:08.43ID:q3AY3Veb
……………………………………

鞠莉「はぁ、はぁ…」

曜「落ち着いた?」

鞠莉「え、ええ。なんとか…」

曜「鞠莉ちゃんったら変な声出すんだもん。事情を知らない人が聞いたら誤解しちゃうよ」

鞠莉「誰のせいよ、もうっ」

曜「でも、じっと耐えた甲斐はあったみたいだね」

14名無しで叶える物語(らっかせい)2020/10/29(木) 21:49:32.78ID:q3AY3Veb
鞠莉「そうね。ずじゅうかん、だっけ?が、だいぶ楽になった気がする」

曜「ここまで来たらあと一息。凝りもかなり取れてきたから、もうぞわぞわってなることもないはずだよ」

鞠莉「ほっ。もうあんな目に合うのは懲り懲りデース」

曜「上手いね、肩凝りだけに?」

鞠莉「違いマース!」

15名無しで叶える物語(らっかせい)2020/10/29(木) 21:50:11.06ID:q3AY3Veb
曜「あははっ。さ、ほのぼのしたところで、最後の仕上げをしちゃおうか」

鞠莉「はーい。それにしても…ふふっ」

曜「ん、どうかした?」

鞠莉「いえ、私も人から肩を揉んでもらうような年齢になったのかなーって」

曜「高校生が何しみじみしちゃってるの。それに、年齢は関係ないでしょ、頭が痛いのも、肩が凝るのも」

鞠莉「そうかなぁ」

16名無しで叶える物語(らっかせい)2020/10/29(木) 21:51:04.83ID:q3AY3Veb
曜「鞠莉ちゃんが頑張ってるって証拠だよ。いつもお疲れさまです」

鞠莉「そう言ってもらえると嬉しいわ。って、なんだかますます年季が入った会話になってるじゃない」

曜「あはは、ほんとだ」

鞠莉「曜のせいよ?うふふっ」

曜「鞠莉ちゃん、やっと笑ってくれるようになったね」

鞠莉「え、私?」

17名無しで叶える物語(らっかせい)2020/10/29(木) 21:51:32.26ID:q3AY3Veb
曜「うん。今日は朝からなんとなく元気なさそうだったから」

鞠莉「もしかして、ずっと心配してくれたの?」

曜「まあね。鞠莉ちゃんにはやっぱり、元気な笑顔の方が似合ってるから」

鞠莉「曜…ハグしてもいい?」

曜「だーめー」

鞠莉「どうして?この胸がきゅんってなるエモーションは、言葉では表現できないのに」

18名無しで叶える物語(らっかせい)2020/10/29(木) 21:52:21.86ID:q3AY3Veb
曜「まずはしつこい肩凝りを退治するのが先決だよ。集中集中」

鞠莉「むぅ、曜のいじわるぅ」

曜「いじわるじゃありません」

鞠莉「いけずぅ」

曜「いけずでもありません。いけずって」

鞠莉「あんまりつれないと、マリー泣いちゃうわよ?」

曜「笑顔を人質にとらないの。って話をしてる間に、そろそろかな」

鞠莉「え、もう終わっちゃう?」

曜「一通りのことはやってみたからね。具合はどう?」

鞠莉「どれどれ…あっ、だいぶ楽になったわ。首も腕もほら、ぐるぐるーって!」

19名無しで叶える物語(らっかせい)2020/10/29(木) 21:53:07.52ID:q3AY3Veb
曜「良かった!だけど、まだちょっとぎこちないね」

鞠莉「肩のこの辺にまだ居座ってる気がするの。今日の低気圧はなかなか手強いみたい」

曜「これ以上やったら揉み返しになっちゃうから、体を動かすストレッチとかの方がいいかもね」

鞠莉「それなら、練習が始まる前に軽くほぐしておこうかしら」

曜「付き合うよ。ペアでやった方が効果があるだろうしね」

20名無しで叶える物語(らっかせい)2020/10/29(木) 21:53:36.02ID:q3AY3Veb
鞠莉「そう言ってくれると思ったわ。よろしくね、可愛いトレーナーさん」

曜「えへへ、了解であります!」

鞠莉「終わったらお礼を目一杯させてもらうからね、感謝と愛情たっぷりの大きなハグで!」

曜「と言うわけで、私たちは一足先に屋上に行ってるから、みんなが来たら伝えてね」

鞠莉「それまでごゆっくり。チャオー!」

善子「あ、ええ…」

花丸「ちゃ、ちゃおー」

ルビィ「ま、またねー」

21名無しで叶える物語(らっかせい)2020/10/29(木) 21:54:24.24ID:q3AY3Veb
善子「…」

花丸「…」

ルビィ「…」

善子「えっと、ずら丸もルビィも、なにか反応しなさいよ」

ルビィ「あはは…あまりにもナチュラルに二人の世界に入ってたから」

花丸「むしろ、一緒に部室にいたマルたちを認識していたことの方に驚きずら」

22名無しで叶える物語(らっかせい)2020/10/29(木) 21:54:58.34ID:q3AY3Veb
善子「人に聞かれたらどうとか、自分たちで言っておいてあの様子じゃあね」

花丸「いわゆる灯台下暗し」

ルビィ「または、なんとかは盲目ってことなのかも」

善子「それは用法が違う気がするけど…まあ、なんて言うか、いいわよね、ああいうの」

ルビィ「うんうん、とってもいいと思う!」

花丸「仲良きことは美しきこと、ずら」

23名無しで叶える物語(らっかせい)2020/10/29(木) 21:55:35.97ID:q3AY3Veb
善子「あれだけ見せつけておいて、まだくっついてないっていうんだから驚きよ」

ルビィ「お姉ちゃんが言ってたよ。鞠莉ちゃんも曜ちゃんも朴念仁で困っちゃうって」

花丸「これを鈍感と見るか、純情と見るか、ずら」

善子「あなたたち、さっきから結構言うわね」

ルビィ「え、そう?」

花丸「この初々しさもまた、良きものずらよ」

善子「なんか達観してるし…まあ、いいわ」

24名無しで叶える物語(らっかせい)2020/10/29(木) 21:56:26.26ID:q3AY3Veb
善子「ところで、どうして誰も訂正しなかったの?」

花丸「訂正?」

ルビィ「訂正って、何を?」

善子「頭が重い感じ、の読み方よ。ずじゅうかんじゃなくて、ずおもかんだって」

花丸「なにいってるの、善子ちゃん。読みは、ずじゅうかん、であってるずら」

善子「えっ」

ルビィ「えっ、ずちょうかん、じゃないの?」

善子「ええっ」

花丸「ええっ」

よしまるびぃ「んんん???」



終わり

25名無しで叶える物語(らっかせい)2020/10/29(木) 21:56:55.69ID:q3AY3Veb
全弾撃ち尽くしました。低気圧ようまりでした。頭重感の読み方は諸説入り乱れてるということでひとつ。

↓は前に書いたものです。よろしければ併せてお願いします。

曜「鞠莉ちゃんってねこだよね」
https://fate.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1603107610/

ありがとうございました。

26名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/10/29(木) 22:06:42.93ID:GjQIIWp3
おつ
非常に共感できる内容

27名無しで叶える物語(SIM)2020/10/29(木) 23:11:53.68ID:NWbG4rQH
低気圧ほんとうに辛い

28名無しで叶える物語(しうまい)2020/10/30(金) 11:46:09.92ID:LgxLzyGb

毎秒全弾撃ち尽くして…

29名無しで叶える物語(えびふりゃー)2020/10/31(土) 05:04:24.52ID:cDJ4yxGs
素敵なようまりだった
低気圧でしんどいとき身体を労わってくれる相手がいるのが羨ましい……

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています