ルビィ「お姉ちゃんの部屋で」

1名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 00:01:31.04ID:l6NOpP2Y
コンコン


ダイヤ「はい、どうぞ」


ルビィ「お姉ちゃん?今ちょっといーい?」


ダイヤ「あらルビィ。どうしましたの?」


ルビィ「あのね、この間お姉ちゃんが1年生の時に使ってた参考書貸してくれるって言ってたでしょ?借りたいなぁと思って…」


ダイヤ「ふふ、いいですわよ。ルビィは本当に頑張り屋さんね」


ルビィ「そ、そんなことないよぉ…!」


ダイヤ「ただし!あまり頑張りすぎないようにするのですよ?」


ルビィ「うんっ!ありがとう、お姉ちゃん!」


ダイヤ「…っと、そういえば参考書はこの間まとめてしまったのでしたわ。とってきますわね。ルビィはここでゆっくりしてなさい」


ルビィ「うん、わかった!まってるねっ」

2名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 00:03:53.80ID:l6NOpP2Y
ルビィ「(えへへ…お姉ちゃんの部屋でこんなふうにゆっくりするの久しぶり…)」

ルビィ「うれしいな……」

ルビィ「………」

ルビィ「ちょ、ちょっとだけなら…いいよね?」


ごろん


ルビィ「えへへ…お姉ちゃんのお布団に寝転んじゃった。お姉ちゃんのにおい……」

ルビィ「…?んん?なんか枕に違和感が……なんだろ?」

ルビィ「漫画?なんで枕の下に?」

ルビィ「(お姉ちゃんまだ戻ってこなそう…)」

ルビィ「ちょっとだけ読んでみよう…」

3名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 00:05:36.24ID:l6NOpP2Y
【少女以上の恋がしたい】

??『もうイヤ!イヤなの、こんな、ただ普通の会話じゃつまんないよ…』

??『ひとりだけじゃできないことを、あなたと“したい”っていけないこと?』

??『ホンキでわたしのこと見てよ、傷つけたっていいから…』





ルビィ「(ひぇ…す、すごい大人な展開…っ)」


ペラ


ルビィ「(え?ホテル…?なんで?え?裸?えっ?)」


ペラ


ルビィ「っ!!?!ぴ…っ」



ガチャッ!

4名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 00:08:49.29ID:l6NOpP2Y
ダイヤ「お待たせ致しましたわ!」

ルビィ「!!!!ぴぎぃ!?」


サササッ


ダイヤ「?枕がどうしたんですの?」

ルビィ「な、なんでもないよっ!!参考書、これ!?」

ダイヤ「え、えぇ…」

ルビィ「ありがとう!借りるねっ!」

ダイヤ「構いませんわ。それより何かありましたの?」

ルビィ「う、ううんっ!何にも!!ルビィ部屋に戻るね!」

ダイヤ「わ、わかりましたわ。また何かあれば遠慮なく言ってくださいね」

ルビィ「うん!ありがとう、お姉ちゃんっ!」



バタン


ルビィ「はぁ、はぁ…なに、あの漫画…」

ルビィ「あんな、え、えっちな漫画、お姉ちゃん読むんだ…」

ルビィ「ルビィには…早すぎるよぉ…」


ルビィ「(でも、なんでだろう。心臓が、鳴り止まない…)」

5名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 00:10:48.61ID:l6NOpP2Y
【翌日】


ルビィ「なんか…ドキドキして眠れなかった…」

ルビィ「今日はAqoursの練習もお休みだし、何しようかなぁ…あれ?」

ルビィ「(お姉ちゃんの部屋から話し声が聞こえる)」

ルビィ「お客さんかな?お茶出さないとっ」

6名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 00:12:05.15ID:l6NOpP2Y
《ダイヤ部屋前》


ルビィ「…?(なんか、やけに静かな気が…)」


??「だーかーらー、本当に強情だなダイヤは」

ルビィ「(果南ちゃんかな?)」


ダイヤ「駄目なものは駄目ですっ、だいたいルビィがいますのよ!?」

ルビィ「(えっ、ルビィ?)」

果南「別にいいじゃん、聞かせてあげれば」

ダイヤ「何を言ってますの!ルビィはまだ純粋なんですから……って話聞いてますの!?」

ルビィ「(え?なに?なんの話し…?)」

果南「あーもー!ダイヤ雰囲気ぶちこわし…せっかく2人きりになれたのにさ」

ダイヤ「そ、それは…」

果南「ね、いいでしょ?」

ダイヤ「んっ…ぁっ、まっ、果南さん!」


ルビィ「(えっ!?待って、なに、なにしてるの?お姉ちゃ…)」

果南「だめ。もう待てない。どんだけ我慢したと思ってんの?」

ダイヤ「そ、それは、ひゃっ!まっ、…っあ!あっ、そ、そんなとこっ」


ルビィ「(……っ、お姉ちゃ)」


ダッ

7名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 00:23:00.91ID:l6NOpP2Y
《公園》


ルビィ「はぁ…」

ルビィ「(なんで、逃げてきちゃったんだろう)」

ルビィ「(なんだかすごくショックで…、でもルビィは何がこんなにショックなんだろう…)」

ルビィ「(お姉ちゃんがえっちな漫画読んでたこと?果南ちゃんとえっちなことしてたこと?……どっちも違う気がする…)」

ルビィ「あんな、お姉ちゃんの声、きいたことない…」

ルビィ「…っ、ぅぇ…」




鞠莉「ルビィ?」

ルビィ「…!ま、鞠莉ちゃん」

鞠莉「oh!やっぱりルビィだわ♪こんなところでどうしたの?…あら?」

ルビィ「……ぐす」

鞠莉「……何かあったの?」

ルビィ「う、ううん…大丈夫…」

鞠莉「じゃ、ないわよね!よしっルビィ!今からマリーについてきて!」

ルビィ「えっ!?ま、鞠莉ちゃん!?」

8名無しで叶える物語(らっかせい)2020/06/24(水) 00:27:20.09ID:PlR7gxEo
きたい

9名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 00:28:41.54ID:l6NOpP2Y
《ホテルの一室》


鞠莉「それで?一体何があったの?」

ルビィ「ほ、本当に大丈夫だから…」

鞠莉「うーそ。顔に書いてあるわよ?大丈夫じゃない〜って」

ルビィ「そ、そんなことないもん…」

鞠莉「大丈夫、誰にも言わないわ。だから話してみて?」

ルビィ「……」

鞠莉「…」

ルビィ「昨日、お姉ちゃんの部屋でーーー…」

10名無しで叶える物語(えびふりゃー)2020/06/24(水) 00:34:04.71ID:lQ5+guvD
ほう…期待

11名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 00:39:37.83ID:l6NOpP2Y
ーーーーーー


鞠莉「……なるほど」

ルビィ「る、ルビィも…よくわからなくて、なんでこんな気持ちになっちゃうのかなって」

ルビィ「でもなんかお姉ちゃんが、すっごく遠くに行っちゃった気がして」

ルビィ「悲しくて…」

鞠莉「そうねぇ…うーん…別にルビィが悩む必要は全くないのよ?」

ルビィ「わかってるっ、わかってるけどっ」

鞠莉「ルビィ…」

ルビィ「ごめんね、鞠莉ちゃん、やっぱりこんなこと話したら迷惑だったよね…」

鞠莉「No!そんなわけないわ!大事な人が悩んでるのに迷惑なもんですか!」

ルビィ「ありがとう…………ねぇ、鞠莉ちゃん?」

鞠莉「なぁに?」

ルビィ「鞠莉ちゃんも、お姉ちゃんと果南ちゃんがしてたようなこと…したことあるの?」

12名無しで叶える物語(こんにゃく)2020/06/24(水) 00:45:09.60ID:ZpPzImg5
ほぅ…かなダイですか
大したものですね

13名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 00:46:45.41ID:l6NOpP2Y
鞠莉「ーー……」

ルビィ「…鞠莉ちゃん?」

鞠莉「っあ、ああ…Sorry…そ、そうね…少しくらいは」…

ルビィ「……も、して」

鞠莉「えっ?」

ルビィ「ルビィにも、して?」

ルビィ「大人になりたいの…お姉ちゃんより、ずっと」

ルビィ「(じゃないと、このままだと、お姉ちゃんはルビィのこと……)」

鞠莉「す、Stop!ルビィ落ち着いて!?ね?」

ルビィ「落ち着いてる!」

鞠莉「っ!」

ルビィ「お姉ちゃんに追いつきたいのっ!ルビィは純粋だからって遠ざけられるのは嫌なのっ!」

鞠莉「ルビィ……」

ルビィ「だから、お願い鞠莉ちゃん…ルビィを、大人にして…こんなこと、鞠莉ちゃんにしか…」

鞠莉「………」

鞠莉「…わかったわ」

14名無しで叶える物語(SIM)2020/06/24(水) 00:48:48.54ID:Bn0d73gM
貴重な真面目系鞠莉ちゃん

15名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 00:53:28.22ID:sm7UZDfw
ルビまり…だと…

16名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 00:54:34.64ID:l6NOpP2Y
《ベッド上》


鞠莉「……もう一度聞くけど」

ルビィ「…」

鞠莉「本当にいいのね?」

ルビィ「…」コクン



鞠莉「……」フゥ

鞠莉「ルビィ、これだけは言わせて」

鞠莉「経験の早い遅い、多い少ないで大人だとか子どもだとかそんなこと考えなくていいのよ?」

鞠莉「ルビィには、ルビィのいいところがたくさんあるんだから」

鞠莉「きっとダイヤも同じ…ううん、私以上にルビィを大切に思ってるダイヤは、そんなこと気にしないはずよ」

鞠莉「純粋も、ルビィのいい所なの」

鞠莉「それだけは覚えておいてくれる?」



ルビィ「…うん、…わかった」




鞠莉「…気持ちは変わらない?」

ルビィ「変わらないよ」

鞠莉「…OK、じゃあ始めましょ。嫌だったらちゃんと言うのよ?」

ルビィ「…っ、うん」

17名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 01:01:52.62ID:l6NOpP2Y
ギシッ…


ルビィ「…っ」

鞠莉「(こんなに震えてるのに…どうして、そこまでしてルビィは経験したいのかしら)」

ルビィ「…ま、りちゃん」

鞠莉「…ごめんね。優しくするわ」

ルビィ「…っぅ、うん」


鞠莉「まずは服を脱ぎましょうか」

ルビィ「じ、自分で」

鞠莉「だーめ。ルビィはマリーに全部任せて」

ルビィ「…」コクン





ルビィ「(ボタンを外しているだけなのに…心臓がうるさいぐらい鳴ってる…)」

ルビィ「(鞠莉ちゃんに聞こえちゃうよ…)」

ルビィ「(恥ずかしい、ライブの時より、ずっと)」

ルビィ「(お姉ちゃんは、恥ずかしくなかったの?普通に果南ちゃんと、会話してて…)」



ルビィ「(やっぱりルビィは…“子ども”なんだ…)」

18名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 01:07:22.65ID:l6NOpP2Y
鞠莉「…下も脱がすわね」

ルビィ「…っ!」

ルビィ「(あっという間に下着姿になっちゃった)」

ルビィ「(鞠莉ちゃんはしっかり服きてるのに、ルビィだけこんな格好…)」



チュッ



ルビィ「ひぅ!?」ビクッ

ルビィ「(首にキスされた…!?)」



鞠莉「……」

鞠莉「(まずいわ…ルビィの反応…)」

鞠莉「(止まらなくなりそう…)」



ルビィ「…っ」



鞠莉「(…理性、保てるかしら)」

19名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 01:15:15.66ID:l6NOpP2Y
鞠莉「…ルビィ」

ルビィ「…?」

鞠莉「もし、どうしても嫌になったり止めて欲しい時はStopって言って」

ルビィ「すとっぷ…?わ、わかった…」

鞠莉「それ以外の言葉じゃマリーは止まらないから」

ルビィ「う、うん…!」



鞠莉「キス…してもいいかしら?」

ルビィ「…っ!いい、よ」

鞠莉「ふふ、ありがとう」



チュ…


ルビィ「(鞠莉ちゃんのキス、優し…)」

ルビィ「(…っー?!)」


チュッ…クチュ


ルビィ「っ!?んんっ!ぁ…っは…!まっ、ん…っ!」



ルビィ「(な、なに!?舌が、吸われ、て…!)」

ルビィ「(頭が、ぼーっとする…クラクラして、でも、なんか)」

20名無しで叶える物語(こんにゃく)2020/06/24(水) 01:17:04.05ID:XZVF7LO0
いいねぇ

21名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 01:23:21.38ID:l6NOpP2Y
鞠莉「…気持ちいい?」

ルビィ「…!」

ルビィ「(気持ちいい?これが?これが気持ちいいってこと?)」



鞠莉「まぁ時間はたーっぷりあるから」


チュッ


ルビィ「ふ、ぁ…っ!?やっ、」

鞠莉「ルビィ、耳弱いのね?」

ルビィ「や、やだっまりちゃ、」


くちゅっ、ちゅぱ


ルビィ「やぁ…っ!やっ、そこ、そこっやだぁ…っ」

ルビィ「(背中がゾクゾクする…っ、何これ!?こんなの知らない…!耳ばっかりおかしくなりそう…!)」

ルビィ「ま、まりちゃ…!も…っそこ、やっ」



ちゅる…ちゅっ、くちゅ



ルビィ「ーーっ!?あぁ…っ!…っ!?」

ルビィ「(何今の声…っ!?やだぁ、こんなの!こんな声恥ずかし…っ)」



鞠莉「ーーールビィ」

22名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 01:32:25.41ID:l6NOpP2Y
鞠莉「手、どけて?」

ルビィ「…っま、まりちゃ」フルフル

鞠莉「ルビィの可愛い声、聞きたいわ」

ルビィ「だ、だめなの、このままじゃ、ルビィおかしくなっちゃう…!」

鞠莉「大丈夫よ。今はマリーしかルビィのこと見てないから。たくさんおかしくなって?」

ルビィ「で、でも」

鞠莉「大丈夫。マリーを信じて。たくさん気持ちよくなって」




ルビィ「(強ばった体から力が抜けていくのが分かる)」

ルビィ「(怖いけど、それ以上に体が熱くて)」

ルビィ「(熱くて、何も考えられなくなりそう…)」





ルビィ「ーーーっ!っあ!」ビクンッ

ルビィ「(胸に、鞠莉ちゃの手が)」

ルビィ「んっ、んんっ……ぅ」

ルビィ「(だめ、やっぱり声がっ)」



ルビィ「…っぅあ!あっ!や…っ!」

ルビィ「(そんな、キスで口こじ開けられたら…!)」

ルビィ「ふぅ…っ!は、ぁっ、や!ぁっ!」

ルビィ「(声、出ちゃ…っ)」

23名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 01:40:21.05ID:l6NOpP2Y
くちゅ…くちゅっ


ルビィ「あっ…!あっ、や…ぁっ…!」

ルビィ「(鞠莉ちゃんの舌で口のなかを掻き回されながら胸を優しく触られて)」

ルビィ「(もう頭の中が何も考えられないぐらい熱い)」



チュッ


ルビィ「…は、はっ…はぁっ…」


ぴちゃっ


ルビィ「ま、鞠莉ちゃ…?えっ?や!ひあ…!」


ルビィ「(胸の先端、舐められただけで…こんな、電気走ったみたいに…っ)」


ルビィ「まっ、まって!まりちゃん!や、あっ…!だめ!っあぁ!」


ルビィ「(どうしよう…っ!なんか変!やだっなにこれ!?)」

24名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 01:50:03.65ID:l6NOpP2Y
鞠莉「(イきそうかしらね…)」

鞠莉「(それにしても本当に敏感ね、ここまで感度が高い子なかなかいないわよ…?)」

鞠莉「(めちゃくちゃにしてしまいたくなる…けど、そんなことしたら怖がらせてしまうわ)」



ルビィ「やっ、やなの!…っも、やだ、へんっ、なる!それ…っあ!ぁっ!!」


鞠莉「(片方の胸の先端は口で転がして、もう片方は摘んだり転がしたり)」


鞠莉「(必死に声を抑えようとしてる姿が、ほんとに…)」


鞠莉「可愛いわね、…ルビィ」


カリッ
ピンッ


ルビィ「んんっ!!あぁっ!?」ビクッビクッ



鞠莉「(先端を軽く噛んで弾いただけで軽くイッたわ)」

鞠莉「(もっと気持ちよくさせてあげたい…!)」

25名無しで叶える物語(黒酢)2020/06/24(水) 01:51:24.61ID:JsUzSGGw
ほう、ルビまりですか
大したものですね

26名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 01:59:37.74ID:l6NOpP2Y
ルビィ「(体の内側から何かが弾けたような気がした)」

ルビィ「(なのに楽になるどころか、次から次へと抱えきれない感覚が広がって)」

ルビィ「(どんどん、どんどん、追い詰められていく)」

ルビィ「(こわい……こわい、はず、なのに)」

ルビィ「(このフワフワした感覚に全部飲まれそう)」

ルビィ「(もっと…)」





ルビィ「…っと」


鞠莉「?どうし」


ルビィ「もっと、…して、ほし…」


鞠莉「ーーーーっ!」


ルビィ「(ーーーもっと…頭の中、めちゃくちゃにされたい)」

27名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 02:01:34.26ID:jXgDIOiU
んまーっ!

28名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 02:06:10.95ID:l6NOpP2Y
鞠莉「…後悔してもしらないわよ?」

ルビィ「うゅ…大丈夫、鞠莉ちゃんだから…」

鞠莉「…っ!…あんまり煽らないで」

ルビィ「…?」




鞠莉「嫌だったら、絶対Stopって言うのよ」

ルビィ「うん!」

鞠莉「先に言っておくわ。優しく出来ないかもしれないから覚悟して」

ルビィ「わ、わかった…」



チュッ


ルビィ「んんっ」

鞠莉「忘れられない日にしてあげる」

29名無しで叶える物語(たこやき)2020/06/24(水) 02:19:16.08ID:C+Rij+VA
ええやん
続きはよ

30名無しで叶える物語(もなむす)2020/06/24(水) 02:21:44.71ID:oZHQ7AK5
鞠莉調子乗ってんな

もっとやれ!!

31名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 04:26:42.87ID:EepMlm7H
ストッピィ?止まらないわよ!Go!Go!

32名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 06:04:52.10ID:eL5EXRKT
ほぅ、おねロリですか

33名無しで叶える物語(家)2020/06/24(水) 06:55:53.39ID:bsdbShqZ
まだSTOPって言ってないよ!

34名無しで叶える物語(しうまい)2020/06/24(水) 07:29:07.07ID:L9sqaVVu
|c||^.- ^||んまーっ!破廉恥ですわ!

35名無しで叶える物語(SB-iPhone)2020/06/24(水) 07:51:11.46ID:ofKgA4h2
|c||^.- ^|| んまー!なんてこと!ルビィが破廉恥に

36名無しで叶える物語(茸)2020/06/24(水) 07:51:58.70ID:fL9ZcCU9
オマエが原因だろ

37名無しで叶える物語(庭)2020/06/24(水) 08:33:22.29ID:tKRkvLpg
マッサージ落ちかと思ったらこれは予想外

38名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 09:37:48.68ID:l6NOpP2Y
ルビィ「(なんてこと言っちゃったんだろう…“もっとしてほしい”なんて…)」

ルビィ「(ルビィ、こんなにえっちな子だったんだ…)」

ルビィ「(ルビィが知らないお姉ちゃんがいたように、お姉ちゃんかが知らないルビィがいる…なんでもお互い知ってると思ってたのに)」

ルビィ「(寂しい…お姉ちゃんのこと、なんでも知りたい…ルビィのことも…知って欲しい…)」

ルビィ「(そっか…ルビィは……自分が知らないお姉ちゃんがいた事が、)」

ルビィ「(ショックで、悔しくて、苦しくて、悲しくて)」

ルビィ「(それ以上に、そんなお姉ちゃんを知ってる果南ちゃんが)」

ルビィ「(すごく憎くなったんだ……)」

39名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 09:50:23.10ID:l6NOpP2Y
鞠莉「ルビィ?」

ルビィ「っ!」ハッ

鞠莉「何か考え事?やめる?」

ルビィ「や、やめない…!」

鞠莉「…そう。じゃあ続けるわね」



チュッ


ルビィ「ん…」

ルビィ「(おでこにキス……鞠莉ちゃんのキスは、優しい…)」

ルビィ「(お姉ちゃんもよくしてくれた…)」



チュッ…チュッ…



ルビィ「ぁ…」

ルビィ「(おでこから首筋、腕、胸元…)」

ルビィ「(鞠莉ちゃんの唇が、ルビィのからだを熱くする)」

ルビィ「(なのに、…なのに、なんで?)」




鞠莉「…足りない?」

ルビィ「ーーっ!」

40名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 10:04:08.21ID:l6NOpP2Y
ルビィ「そ、そんな、こと」

鞠莉「…足りないのね?ふふ、ルビィはエッチね〜」

ルビィ「な…っ!そ、そんなことないもん…っ!」

鞠莉「ん〜?じゃあやめる?」

ルビィ「…う」

鞠莉「ん〜?」

ルビィ「…ゃ、やめない…で…」

鞠莉「ふふっ、よくできました」

ルビィ「〜っ、鞠莉ちゃん、いじわる…」

鞠莉「ルビィが可愛いのがいけないのよ?」

ルビィ「る、ルビィは、可愛くなんて」

鞠莉「こーら、ルビィは可愛いのよ?ほら、もう集中して」

ルビィ「う、うん…」

41名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 10:11:37.64ID:l6NOpP2Y
ルビィ「…っ!あっ」

ルビィ「(やっぱり、胸、さわられると、だめ…!)」


ルビィ「まっ、まりちゃ、待って」

鞠莉「なぁに?」

ルビィ「ルビィ、おかしいの、…そこ、さわられると頭へんになっちゃいそうで」

鞠莉「……」

ルビィ「自分が自分じゃなくなりそうで…」

鞠莉「…ルビィ」

ルビィ「ご、ごめんなさい、ルビィのからだおかしいのかも…っ」



ぎゅっ


鞠莉「……大丈夫」

ルビィ「ま、鞠莉ちゃん?」

鞠莉「ルビィのその感覚は、ルビィの身体が“気持ちいい”って言ってるのよ」

ルビィ「えっ…?」

ルビィ「(この感覚が…気持ちいい…?)」

鞠莉「だから安心して気持ちよくなって?全部私に任せて」

鞠莉「余計なこと考えないで、今は頭の中マリーでいっぱいにして?」

42名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 10:32:12.92ID:l6NOpP2Y
クチュ


ルビィ「っあ……!ぁっ、ゃっ!」




鞠莉「(胸を舐めただけで、この反応)」

鞠莉「(それにしても…)」

鞠莉「(気持ちいいから、だめ…って、本当煽るわね)」

鞠莉「(本人に自覚がないから尚更タチが悪いわ)」



ピチャ…クチュ



ルビィ「あっ、あっ、ゃあ…っ!ま、りちゃ…っひぁ!」




鞠莉「(顔を真っ赤にして、上目遣いで涙いっぱいためて、手で抑えた口からは可愛い声が漏れてる)」

鞠莉「(…抑えろって方が無理よ、こんなの)」

43名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 10:32:42.78ID:l6NOpP2Y
ルビィ「ま、まりちゃ!んっ…なんか、へん、っ!きちゃう、ゃっ…」

鞠莉「ふふ、イきそう?いいわよ」


クチュクチュ…ピチャ
コリッ


ルビィ「い、いく…って?…っ!?やぁっ!まっ…」ビクンッ

ルビィ「(そ、そんな激しくされたら…っ!!)」



ルビィ「や、やっ…だ!ぁっ…!あぅ…!」

鞠莉「我慢しないで、ルビィ、大丈夫だから」

ルビィ「や、やだ!こわい!…んんっ!?ん!ふ…ぅっ!」

ルビィ「(い、息ができない…!キス、苦しいはずなのに、なんでこんなに気持ちがいいの…?)」

ルビィ「ん!んんっ!!ぁ…!!」

ルビィ「(だめ!もうっ…だめ…!)」

ルビィ「…っぁ!んんんっ!!!!」ビクンッビクンッ





ルビィ「…っは、はぁ、はぁ…っ、っ」

鞠莉「うん、上手にイケたわね」

ルビィ「(い、いまのが…いく…ってこと?)」

ルビィ「(ジェットコースターに乗ってるみたいだった…)」



鞠莉「大丈夫?じゃあ続きしましょうか」

ルビィ「…え?」

44名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 10:40:21.34ID:l6NOpP2Y
鞠莉「え?って…まだこんなの序の口よ?」

ルビィ「で、でもルビィ、」

鞠莉「だいじょーぶっ」


ドサッ


ルビィ「ぴゃ…!」

鞠莉「もっと気持ちよくさせてあげる」





チュッ


ルビィ「っ!」ビクッ

ルビィ「ゃ!まりちゃん!おなか、くすぐった…っ」


チュッ…チュッ


ルビィ「えっ、まっ…まって!そっちは!」

45名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 11:09:50.13ID:koYoqUfF
エロスギでしょ

46名無しで叶える物語(光)2020/06/24(水) 11:29:48.48ID:oW7j/0LI
勘違いコントみたいな展開かと思いきやガチだった
いいぞもっとやれ

47名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 11:49:03.89ID:l6NOpP2Y
クチュ…


ルビィ「……っ!〜っ!!」

鞠莉「ふふ、もうこんなに濡れてる…」

ルビィ「やぁ…!い、言わないで…!」


クチュクチュ


鞠莉「下着、もう意味無いかもしれないけど脱ぎましょうか」


スル…


ルビィ「〜〜っ!!!」

ルビィ「(恥ずかしい!恥ずかしい…っ!みんなで千歌ちゃんのお家のお風呂に入ったことあるのに、なんでこんなに恥ずかしいの…!?)」

ルビィ「ぁ…あんまり、見ちゃ、やだぁ」

鞠莉「…っ!…無理よ、とっても綺麗だもの」

ルビィ「きれい…?ルビィが…?」

鞠莉「ええ。髪も肌も身体も、…ここも」


クチュ


ルビィ「っあ…!」ビクンッ

鞠莉「全部綺麗よ」

48名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 11:58:37.50ID:l6NOpP2Y
鞠莉「でも、ちゃんと慣らさないとね」

ルビィ「慣らす…?」


スッ…



ルビィ「え?ま、まって、鞠莉ちゃ…なに、を…っあぁっ!?」ビクンッ


ピチャ…ジュル


ルビィ「や!やだぁ!そんなとこ、きたないよぉ…っ!やめ…っひぁあっ」ビクッ

鞠莉「汚くなんてないわ、ルビィのここ、本当に綺麗」

ルビィ「やぁあ!そこでしゃべっちゃ…!!んぅっ…ふぁああ!」


ルビィ「(ルビィの、足の間に、ありえないところに鞠莉ちゃんの頭が見える)」

ルビィ「(ありえない光景に余計頭がおかしくなりそう…!)」


ルビィ「あっ…あぁ!やぁっ!!んぁ…あぁっ!」ビクンッ


ルビィ「(からだが勝手に跳ねる、声も抑えたいのに抑えられない)」

ルビィ「(こんなところ、舐められるなんて、)」

ルビィ「(こんなところ、舐められて気持ちいいなんて…)」

49名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 12:14:06.72ID:l6NOpP2Y
ルビィ「あっ、あ…っ、まり、ちゃ…んぅっ…」

鞠莉「……」


カリッ


ルビィ「ーーーーーっ!?!?」

ルビィ「ひあぁぁっ!っあああっ!!」ビクンッビクンッ

ルビィ「やぁあ…っ!!な…にっ!?」ビクッ


ジュル…チュパ


ルビィ「や…っ!やめ!やらっ、そこ…っそこ、や…っ!」



ルビィ「(なにこれ、なにこれ!?さっきまでのと全然違う!)」

ルビィ「(からだも頭もビリビリする…!)」



ルビィ「ぅあっ!ああっ!やぁ…っ、も!もう!ああぁっ!」ビクンッ

鞠莉「……ハァ」スッ

ルビィ「…っは、はー…ぁ……ふぁ…」

鞠莉「…本当、可愛い」



グチュッ

50名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 12:22:05.72ID:l6NOpP2Y
ルビィ「ーーーーっ!?やぁあああ!!!」ビクンッ


ルビィ「(鞠莉ちゃんの指が…!?)」


ルビィ「まっ…て!まっ…!いま、いった、ばっかりなのぉ…!まり、ちゃ!っあ、あぁ!お願…っ」

鞠莉「そのお願いはきけないわ。言ったでしょ?優しく出来ないかもって」


グチュッ グチュッ


ルビィ「そ、な…!ふあぁあっ!あっ、ぁあっ!!」ビクンッ

鞠莉「ルビィがいけないのよ?」

ルビィ「ぇ…っ!?」

鞠莉「そんな可愛い顔して、そんな声で煽るから」

ルビィ「そ、そんな、わかんないよ…!まりちゃ…あぁっ!」

鞠莉「だいぶほぐれてきたわね。指、2本に増やしてみましょうか」

ルビィ「……っ!?ま、まっ」



ズズッ…



ルビィ「ーーっふぁああ!!ぃや…っ!あっあ、あぁっ!!」

51名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 12:33:26.52ID:l6NOpP2Y
鞠莉「ふふ…すごいわね、こんなに濡らして」



鞠莉「(さすがにクリトリスは刺激が強すぎたかしら…)」

鞠莉「(でも…)」

鞠莉「(必死で枕を掴んで快感に耐える姿…)」


鞠莉「〜っ!」ゾクゾクッ




ルビィ「はっ、はっ…ま、まりちゃ…!」ガクガク

鞠莉「なぁに?」

ルビィ「そこ…っ、やなの!へんなかんじする…!」

鞠莉「…ここ?」


ググッ


ルビィ「あっ、あああっいやあぁあッ!!」ビクンッ

鞠莉「ふぅん、ルビィはここが弱いのね」

ルビィ「やっ…やぁあ!やめてっ、やあぁあ!!」

鞠莉「ルビィのここ、もうぐっちゃぐちゃよ?初めてでこんなに濡らすなんて…」

ルビィ「ご、ごめんなひゃ…あぁあ!ごめん、なさ、ぁ…!」

鞠莉「…っ」ゾクゾクッ

52名無しで叶える物語(たこやき)2020/06/24(水) 12:46:58.34ID:T1yo50E2
なんだこれは
えっちじゃないか

53名無しで叶える物語(SB-iPhone)2020/06/24(水) 15:24:25.09ID:T8m4WTRi
保守

54名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 15:25:35.48ID:l6NOpP2Y
ルビィ「(ちかちかする)」

ルビィ「(目を閉じていても開けていても星が弾けているような、)」

ルビィ「(今のルビィ…きっと酷い格好してる)」

ルビィ「(何度も何度もベッドでからだが跳ねて髪はボサボサだし)」

ルビィ「(口からはよだれが溢れてる)」

ルビィ「(自分すら知らないルビィの姿を鞠莉ちゃんは見てるんだ…)」ゾクゾクッ



ルビィ「ま、りちゃ」

鞠莉「……」チュッ

ルビィ「んぅ…ぁ…して」

鞠莉「?」

ルビィ「もっと、いっぱい、して…きもちいいの、いっぱい…」

鞠莉「…!」



グチュッ!



ルビィ「っ…あぁっ!!!」

鞠莉「ルビィのここ、指…3本も飲み込んじゃったわ」

ルビィ「んぁっ!あぁッ、あっ!ひぁっ」

55名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 15:26:15.89ID:l6NOpP2Y
ルビィ「(何も考えられない)」

ルビィ「(ただただ気持ちいい)」

ルビィ「(この息苦しさも跳ねる熱い体も)」


ルビィ「き、もちぃっ…あぁっ!!きもちいぃよぉ…っ!」

鞠莉「…っ」

ルビィ「まり、ちゃ…ふぁああ!!す、きっ…すきぃ…!っ!?んぅっ!!んんん!」


チュッ…クチュ



鞠莉「(…好きなんて、言わないでよ)」


ルビィ「ふぁ…!!んぅっ!んっ!ゃぁ!はぁっ…!ま、りちゃ…!」

鞠莉「ん?イきそう?」

ルビィ「ん…!う、んっ!も、いっちゃ…!」

鞠莉「いいわよ、イッて?」

ルビィ「ぅあっ!だ、め…くるっ、なんかきちゃ…!!ぅあ…!っあぁあああッ!!!」ビクンッ




ルビィ「っは…は、ぁ……」

鞠莉「…」


ぎゅっ…


ルビィ「えへ……まり、ちゃん、すき…」カクン

鞠莉「…ルビィ?」



鞠莉「(気、失ってる…)」

鞠莉「嘘つきなルビィ…私のことなんて好きじゃないくせに…」

56名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 15:31:21.23ID:l6NOpP2Y
ーーーーーー


ルビィ「んぅ………」

ルビィ「……?」



鞠莉「あら、目覚めた?」

ルビィ「ぴぎ…!」

鞠莉「もう、何驚いてるの?」

ルビィ「ご、ごめん…」



ルビィ「(からだが、だるい)」

ルビィ「(鞠莉ちゃんとあんなことしたあとなのに…)」

ルビィ「…」チラッ


鞠莉「?」

ルビィ「…むぅ」

ルビィ「(なんで鞠莉ちゃんは平気な顔してるの?)」

鞠莉「なぁに?言いたいことがあるならきくわよ?」

ルビィ「……なんで、そんなに平気そうなの?」

鞠莉「え?」

57名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 15:37:52.64ID:l6NOpP2Y
ルビィ「る、ルビィと…あんな、え、えっちなこと、したあとなのに」

鞠莉「……平気なわけないわ」

ルビィ「…え?」


グイッ

チュ



ルビィ「んっ!」

鞠莉「抑えてないと大変なのよ“いろいろ”」

ルビィ「が、がまんしてるってこと…?」

鞠莉「Yes!マリーは大人なので♪」

ルビィ「…むぅ」

鞠莉「心配しないで、私もすごくドキドキしたし、今でもしてるの、ほら」

ルビィ「………ほんとだ」

ルビィ「(鞠莉ちゃんの胸に当てた手が、耳が、鞠莉ちゃんの早くなった鼓動を伝えてきた)」

ルビィ「ルビィだけじゃなかったんだ」

鞠莉「あったりまえでしょう!…さ、そろそろいい時間だし、送っていくわ。まだ体も辛いでしょ?」

ルビィ「う、うん、ありがとう」

58名無しで叶える物語(庭)2020/06/24(水) 16:14:05.05ID:850RL08b
良いわゾ〜コレ

59名無しで叶える物語(しうまい)2020/06/24(水) 18:34:15.42ID:QxD7E3oq
昼間からなんてことを…

60名無しで叶える物語(えびふりゃー)2020/06/24(水) 20:17:37.80ID:lQ5+guvD
姉妹編はよはよ

61名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 20:24:40.83ID:l6NOpP2Y
《黒澤家》


ルビィ「送ってくれてありがとう、鞠莉ちゃん」

鞠莉「No problem!気にしないで」

ルビィ「うゅ…」

鞠莉「ルビィ?」

ルビィ「ま、また…してくれる…?」

鞠莉「……ええ」

ルビィ「…!」パァア

鞠莉「…」ズキッ

ルビィ「えへへ…今日は本当にありがとう、鞠莉ちゃんっ、また明日学校でね」

鞠莉「え、えぇ。また明日、今日はゆっくり休みなさい?」

ルビィ「うんっ」








ダイヤ「…………」

62名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 20:36:13.16ID:l6NOpP2Y
ガララ…


ルビィ「た、ただいま…」

ダイヤ「遅かったですわね」

ルビィ「ぴゃっ!!」ビクッ

ダイヤ「一体どちらに行っていたのですか?こんな遅くまで連絡もせずに!」

ルビィ「ご、ごめんなさい…ちょっと…」

ダイヤ「ちょっと?ちょっととは?」

ルビィ「うぅ…」

ダイヤ「ハァ」

ダイヤ「一体鞠莉さんとなにをしていたのですか?」

ルビィ「…っ!」カァァ

ダイヤ「(…は?)」

ルビィ「な、なにもしてないよっ!一緒にお買い物してただけ!ルビィお風呂入る!」

ダイヤ「…………」

63名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 21:06:49.75ID:l6NOpP2Y
ダイヤ「お待ちなさい」

ルビィ「ぴぎぃ!?」

ダイヤ「その首筋の痕はなんです?」

ルビィ「く、首筋…?」

ダイヤ「こちらの鏡でご覧なさい」


ルビィ「ーーっ!」カァァ

ルビィ「(玄関の鏡で見たルビィの姿)」

ルビィ「(その首筋には、…赤黒い痕がくっきりと残っていた)」

ルビィ「こっ、これは、そのぉ…」

ダイヤ「あなた、まさか鞠莉さんと…」

ルビィ「えっ!?ち、ちが!ちがうよぉ!」

ダイヤ「絶対に許しませんわよ!そんな破廉恥なこと!」

ルビィ「…っ!」




ルビィ「……って」

ダイヤ「何ですの?文句があるなら、」

ルビィ「お姉ちゃんだって、“そういうこと”果南ちゃんとしてるじゃん!なんでお姉ちゃんはよくてルビィはだめなの?!」

ダイヤ「る、るび」

ルビィ「ルビィそんなにお子様じゃないもん!鞠莉ちゃんとのえっちだって、気持ちよかったもん…っ!お姉ちゃんのばかっ!!」


ダダッ ガラッ
バタン!


ダイヤ「ルビィ!!」

ダイヤ「ま、まさか本当に鞠莉さんと…!?」

64名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 21:48:19.37ID:l6NOpP2Y
《鞠莉宅》


〜♪


【着信:ダイヤ】



鞠莉「…はぁ、やっぱりきたか」


ピッ


鞠莉「Hello」

ダイヤ『鞠莉さん!一体どういうことですの!?』

鞠莉「どういうことって?」

ダイヤ『とぼけないで!ルビィに何をしたのか聞いてるの!』

鞠莉「…その前に自分がしたことをよーく考えた方がいいんじゃない?」

ダイヤ『なっ…』

鞠莉「ルビィ、泣いてたわよ」

ダイヤ『だからといってルビィに手を出していい理由はありませんわ!』

鞠莉「はぁ……ダイヤ、ルビィは小さい子供じゃないのよ?いろんな経験させてあげないと」

ダイヤ『…ルビィにはそんな経験必要ありませんわ!いいですか鞠莉さん、次もしルビィに手を出してみなさい?ただでは済ましませんわよ』


プツッ

ツーツーツー



鞠莉「……誘ってきたのはルビィなんだけどね」

鞠莉「まぁいいわ、次なんてないだろうし」

鞠莉「はーあ、シスコンも度が過ぎると病気ね。嫌になっちゃうわ」

鞠莉「大事にするのと閉じ込めることは違うわよ、ダイヤ…」

65名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 22:15:20.87ID:S58ivXZv
修羅場

66名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 22:28:01.31ID:l6NOpP2Y
《黒澤家 浴室》


ルビィ「はぁ……」

ルビィ「(今日…いろんなことがあったな……)」

ルビィ「(お姉ちゃんに、バレちゃった)」

ルビィ「(あんなに、怒らなくてもいいじゃん)」

ルビィ「(お姉ちゃんだって、果南ちゃんと同じことしてたんだし)」

ルビィ「(なんでルビィだけ怒られるの?)」



ルビィ「…でもまさか、こんなところにキスマークつけてたなんて…」

ルビィ「…もぉ鞠莉ちゃんてば」



ブクブク…


ルビィ「(気持ちよかったな…)」

ルビィ「(鞠莉ちゃん、またさわってくれるかな…ここに…)」



ルビィ「…っん」ピクン



ルビィ「(だめ、思い出すだけで、からだ熱くなっちゃう)」

ルビィ「(自分でさわるのは…まだ恥ずかしいな…)」



ルビィ「…えへへ、早くあいたいな」

ルビィ「鞠莉ちゃん…」

67名無しで叶える物語(光)2020/06/24(水) 22:33:51.24ID:5/ZRCP6+
ルビまりはいいぞ

68名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/24(水) 23:16:58.88ID:l6NOpP2Y
《ダイヤ 自室》


??『なるほどね〜そんなことになってたんだ』

ダイヤ「はぁ…私は一体どうしたら…」

??『まぁまぁ、いいじゃん。ルビィにもいろんな経験させたら?』

ダイヤ「果南さんまで鞠莉さんと同じこと言いますの?!」


果南『えー…だってさあ、ダイヤちょっとルビィに対しての過保護ぶりが異常っていうか…』

ダイヤ「どっっこもおかしくありませんわ!ルビィには破廉恥なことは何一つ!経験して欲しくないのです」

果南『でもそれじゃあ、ルビィは結婚とか、赤ちゃん産んだりとか出来なくない?』

ダイヤ「…ルビィにはそんな人生、必要ありませんわ」

果南『……そっか、まあいいんじゃない?ルビィが納得してるなら』

ダイヤ「納得しなそうなので困ってるのですが?今日の鞠莉さんとの行為だって“気持ちよかった”と言っていましたし…」

果南『ふーん…じゃあさ、そんなこと二度としたいと思えないぐらいのことするしかないんじゃない?』

ダイヤ「そ、そんなことできますの?」

果南『多少…っていうか、かなり手荒くなるけど、それでもいいなら』

ダイヤ「…快楽に溺れるよりはマシですわ」

果南『わかった。準備しとく。…あ、一応鞠莉には内緒ね』

ダイヤ「わかりましたわ。よろしくお願いします」



プツッ
ツーツーツー…

69名無しで叶える物語(あゆ)2020/06/25(木) 03:31:56.55ID:YpJi7exR
不穏ですわね

70名無しで叶える物語(四国地方)2020/06/25(木) 04:38:29.69ID:zhgHls97
黒澤家 浴室というだけでアレだ

71名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/25(木) 11:59:41.46ID:ppQMj/JL
【翌日】《校内 部室前》



ルビィ「えへへ、なんか落ち着かなくて早めにきちゃったぁ」

ルビィ「お姉ちゃんは生徒会の仕事があるってルビィよりも早く行っちゃったけど…」

ルビィ「さすがにまだ誰もいないよね」


ガラッ


鞠莉「あら、ルビィ早いのね!Good morning♪」

ルビィ「ま、鞠莉ちゃん!おはよぉ」

鞠莉「こんなに早く来るなんてどうしたの?」

ルビィ「な、なんか落ち着かなくて…えへ」

鞠莉「…昨日のこと?」

ルビィ「う、うん…あ、そういえば…あの」モジ…

鞠莉「…ダイヤにバレちゃったんですって?」

ルビィ「…っ!お、お姉ちゃんからきいたの?」

鞠莉「ダイヤ、カンカンになって電話かけてきたわよ〜?」

ルビィ「そ、そうなんだ…ごめんね、鞠莉ちゃん…」

鞠莉「想定内だから気にしないで、それより体は大丈夫?」

ルビィ「ぁ…うん」

鞠莉「そう、よかった。練習に響いたりしたら大変だものね」

ルビィ「…でも」

鞠莉「?」

ルビィ「鞠莉ちゃんと話してたら、なんか、からだ熱くなってきちゃった…」

72名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/25(木) 12:11:24.31ID:ppQMj/JL
鞠莉「……っ」

鞠莉「(ええ…何この子…恐ろしいんだけど…どこで覚えてきたの?天然でこれなの?)」



ルビィ「鞠莉ちゃん…?」

鞠莉「あ、ご、ごめんなさいね、えーと…」

ルビィ「鞠莉ちゃん…キス、しよ…?」

鞠莉「こ、ここで?えーと、それはちょっとどうなのかなぁ…」

ルビィ「集合時間までまだ全然あるから大丈夫だよお、ね、お願い」

鞠莉「んー…練習終わってからじゃダメ?」

ルビィ「今がいいのっ…ちょっと、だけでいいから…」

鞠莉「……分かったわ」



鞠莉「(はぁあ…私甘すぎじゃない?いやいや、でも、こんなの断れるわけがないっていうか…)」

73名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/25(木) 12:12:14.57ID:ppQMj/JL
チュッ


ルビィ「んっ」

鞠莉「はい、これで大丈夫?」

ルビィ「やだぁ、もっと…」

鞠莉「……(抑えろ、抑えなさいマリー)」


チュッ…クチュ


ルビィ「ふぁ…ん、んっ…ぁ…」

ルビィ「(鞠莉ちゃんのキス、やっぱり気持ちいい…)」

ルビィ「(頭の中がふわふわして…しあわせな気持ちになる)」


チュッ


鞠莉「…ルビィ、これ以上は」

ルビィ「う、うん…ごめんね…?また、してくれる…?」

鞠莉「ええ、今度はゆっくり、ね」

ルビィ「…!うんっ、鞠莉ちゃんだいすきっ」









果南「ふーん…なるほどねぇ…あれはちょっと厄介かな…」

74名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/25(木) 12:25:03.00ID:ppQMj/JL
《屋上》


ルビィ「(えへへ、練習が終わったら鞠莉ちゃんのお家っ)」

ルビィ「(鞠莉ちゃんはルビィのこと大切にしてくれる。知らないこと優しく教えてくれる…)」

ルビィ「(お姉ちゃんには、果南ちゃんがいるんだし…ルビィが何か言うのも間違ってる)」

ルビィ「(お姉ちゃんとあんなことできる果南ちゃんが本当は羨ましい…)」

ルビィ「(お姉ちゃんは、えっちの時どんな顔をするんだろう。どんな声を出すんだろう…)」

ルビィ「(ルビィが知ることは、出来ないんだけど)」





花丸「ルビィちゃん」

ルビィ「…花丸ちゃん?どうしたの?」

花丸「ううん。何か考え事してるみたいだったから…悩み事?」

ルビィ「ううんっ、何もないよ!ごめんね、ぼーっとしてた」

花丸「それならいいんだけど…何かあったら、相談してね?マルじゃ頼りにならないかもしれないけど…」

ルビィ「そんなことないよ、ありがとう花丸ちゃん」

花丸「どういたしまして。ねぇ、ルビィちゃん今日一緒に帰らない?」

ルビィ「…ごめんね、今日は用事があって」

花丸「そうなんだ」

ルビィ「うんっ、鞠莉ちゃんのお家に行くの」

花丸「鞠莉ちゃんの?」

75名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/25(木) 12:37:01.11ID:Ihrj743y
破滅の香りがする

76名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/25(木) 12:46:22.07ID:ppQMj/JL
花丸「鞠莉ちゃんのお家で何かするの?」

ルビィ「んー…内緒っ」

花丸「えっ?」

ルビィ「えへ」ニコニコ

花丸「そ、そっか」

花丸「(聞くなってこと…だよね)」

花丸「(こんな返し初めてされたから戸惑っちゃったずら…)」


善子「ルビィ、ずら丸〜休憩終わるわよ〜」

ルビィ・花丸「はーい!」





花丸「(なんだろう…)」

花丸「(一瞬、ルビィちゃんが知らない子に見えちゃった)」

花丸「(そんなわけ、ないのに)」

花丸「……」



ルビィ「(えへへ、内緒って言っちゃった)」

ルビィ「(だって鞠莉ちゃんとルビィだけの秘密だもんね)」

ルビィ「〜♪」






ダイヤ「……」

果南「……」

77名無しで叶える物語(しまむら)2020/06/25(木) 12:48:12.12ID:HYPrQNDk
|c||^.- ^||

78名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/25(木) 12:53:33.04ID:ppQMj/JL
ーーーーーー


《鞠莉 自宅》


ルビィ「えへへっ、お邪魔しまぁすっ」

鞠莉「どうぞ〜適当にくつろいでちょうだい」

ルビィ「うんっ」



ぎゅっ



鞠莉「あらあら、ルビィは甘えんぼうね〜」

ルビィ「……鞠莉ちゃんにだけだもん、…いや?」

鞠莉「そんなことないわ、嬉しい」

ルビィ「ほんと?」

鞠莉「ええ」

ルビィ「…えへへ」


ぎゅーっ



ルビィ「……」チラッ

鞠莉「…」



チュッ…クチュ…



ルビィ「んんっ…ふ…ぁ…んっ…」

鞠莉「…」


ツゥ…


ルビィ「ふぁっ…!?」ビクンッ

79名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/25(木) 13:00:00.37ID:ppQMj/JL
鞠莉「ふぅん、ルビィは背中も敏感なのね♪」

ルビィ「…っ!」

鞠莉「本当にルビィはエッチね〜」

ルビィ「そ、そんなことっ、」

鞠莉「顔真っ赤にしても説得力ないわよ?それにほら、」



クチュ…



ルビィ「んんっ!」

鞠莉「…一体いつからこんなに濡らしてたの?」

ルビィ「ま、鞠莉ちゃんと、朝キスした時から…」

鞠莉「そう、キスだけでこんなに…」

ルビィ「…っ」

鞠莉「脱いで?」

ルビィ「え…っ?」

鞠莉「全部脱いで、マリーの前に座って?」

ルビィ「じ、じぶんで?」

鞠莉「当たり前じゃない」

ルビィ「で、でんき」

鞠莉「だめよ、このまま」

ルビィ「…っ!」

80名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/25(木) 13:06:57.12ID:ppQMj/JL
ルビィ「は、恥ずかしいよ…」

鞠莉「ならやめる?それでもいいわよ?」

ルビィ「…っ、や、やだ」



スル…パサッ



ルビィ「…っ」

ルビィ「(鞠莉ちゃんが、見てる)」

ルビィ「(ルビィが、服を脱ぐのをただ見てる…)」

ルビィ「(見られてることが、こんなにドキドキするなんて)」

ルビィ「…脱いだ、よ…」



鞠莉「下着も」

ルビィ「!」

鞠莉「“全部”って言ったはずよ?」

ルビィ「…ぅ」


スル…


ルビィ「…っ、〜っ!」

ルビィ「(こんな明るいところで鞠莉ちゃんの目の前で、ルビィは裸になってる…)」

ルビィ「(非日常的な感覚にからだが焼けるように熱い)」



パサ…



鞠莉「綺麗よ、ルビィ」

ルビィ「…っ」

鞠莉「さ、ここに座って」

ルビィ「…う、うん」

81名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/25(木) 14:58:01.88ID:ppQMj/JL
鞠莉「No」

ルビィ「えっ?」

鞠莉「あっちを向いて座って?」

ルビィ「え?う、うん…」クルッ

ルビィ「…っ!や!やだ!鏡っ…」

鞠莉「ほら、足開いて?」

ルビィ「…っ!む、むりっ…恥ずかしいよぉ…っ」

鞠莉「…」


グイッ


ルビィ「ひっ…」

鞠莉「ほら、よーく見えるわ、ルビィのこ・こ」


クチュ


ルビィ「んぁ…っ!や、やだぁっ!」

鞠莉「そのまま足開いてるのよ?ルビィはいい子だから出来るわよね?」

ルビィ「…っぅ、」

82名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/25(木) 14:58:31.24ID:ppQMj/JL
グチュッ…ピチャ



ルビィ「あっ!あッ!!んぅっ…ぁ、んんっ!!」

鞠莉「こーら、口塞がないの。」

ルビィ「だ、だっ…て…!こんな…!!あぁッ!」

鞠莉「よく見て?ルビィが今どういう表情をしてるのか」

ルビィ「〜〜っ!!」カァァ

ルビィ「や、ヤダ、見たくな…っ」プイッ

鞠莉「…」



グチュッ!!カリッ



ルビィ「ーーッ!?やぁあああ!!!あっ!やっ、!やだ!それ!やぁあッ!!」ビクンッビクンッ


ルビィ「(ルビィのなかに、鞠莉ちゃんの指が2本も入ってるのに…!なのにそんな、1番敏感なところに爪立てられたら…っ)」


ルビィ「んっ…んんっ!!や、やぁ!!も、いっちゃ…!やめ…っ」

鞠莉「うん、いいわよ、自分がどんな姿でイクのかちゃんと見てイキなさい」

ルビィ「そ、そんな、の、やらぁっ!!あっ!ああッ!!…だ、め…っもう…!あぁあああッッ!!!」ビクンッ

83名無しで叶える物語(SB-Android)2020/06/25(木) 16:58:24.05ID:QTI4ozHy
|c||^.- ^||

84名無しで叶える物語(家)2020/06/25(木) 17:33:16.78ID:8oaZRSQQ
鏡の前でするの良いよね

85名無しで叶える物語(はんぺん)2020/06/25(木) 20:06:07.86ID:dLecbpS2
|c||^.-^||「最高ですわ」

86名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/25(木) 21:05:57.04ID:ppQMj/JL
ルビィ「はぁっ、はぁっ…」グテッ

鞠莉「Sorry、ちょっと刺激強すぎたかしら」

ルビィ「だ、いじょうぶ…」

鞠莉「そう?でも今日はここまでにしましょ?時間も時間だし」

ルビィ「うん…」

ルビィ「(鞠莉ちゃんと離れたくない…)」

ルビィ「また、遊びに来てもいい?」

鞠莉「もちろん♪ダイヤに怒られない範囲でね」

ルビィ「……お姉ちゃんには、果南ちゃんがいるもん」

鞠莉「ルビィ…」

ルビィ「でも今のルビィには鞠莉ちゃんがいるから大丈夫!」

鞠莉「そう思ってくれるなら嬉しいわ」

ルビィ「えへへ」

ルビィ「鞠莉ちゃん、だいすき」

鞠莉「…わたしも、ルビィのことが大好きよ」

87名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/25(木) 21:17:17.36ID:ppQMj/JL
ーーーーーー

《通学路》


ダイヤ「いったいルビィはどこに行ったんですの?!」

果南「…鞠莉もいないけど」

ダイヤ「まさかまたいかがわしいことを!?」

果南「どうだろうねぇ、なんかルビィめちゃくちゃ鞠莉に懐いてるみたいだし……ん?」



花丸「あ…」

ダイヤ「あ、花丸さんちょうどいいところに!ルビィがどこに居るがご存知ではなくて?」

花丸「ルビィちゃん…?」

ダイヤ「連絡もなくどこかに行っているようで…心配なのですわ」

花丸「ルビィちゃんなら、鞠莉ちゃんの家に行くって言ってたけど…」


ダイヤ「……!」

果南「ほらやっぱり」


花丸「?」

果南「ルビィ、鞠莉と何かするって言ってた?」

花丸「ま、マルもそれ聞いたんだけど、内緒って言われちゃったずら…」

果南「内緒…ねぇ」

ダイヤ「……」

果南「ダイヤ、これはアウトなんじゃない?」

花丸「(なんの話しずら…?)」


ダイヤ「ありがとうございます、花丸さん、お礼はまた後日」ニコッ

花丸「へ?お、お礼なんていいよ!」

ダイヤ「では私たちはここで、ルビィを迎えに行ってまいりますわ」

花丸「う、うん、また明日…」

88名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/25(木) 21:28:49.84ID:ppQMj/JL
果南「さーて、どうする?ダイヤ」

ダイヤ「昨日話した通りですわ」

果南「本当にいいの?ルビィ外に出られなくなるかもしれないよ?」

ダイヤ「その時は家でたっぷり可愛がって差し上げますわ」

果南「はー、本当、ダイヤのルビィへの感情は異常だよね」

ダイヤ「そんなことありませんわ!普通です、普通!」

果南「普通なわけないじゃん…いろいろ…」

ダイヤ「んんっ、まぁとにかく!果南さん頼みますわよ」

果南「はいはいっと…」



ダイヤ「ただし!くれぐれも!ルビィの身体に傷はつけないように!」

果南「無茶言うなあ…まぁ善処するよ」

ダイヤ「善処ではなく絶対ですわ!」

果南「はいはい」

果南「じゃあ行ってくるよ」

ダイヤ「ええ。よろしくお願いしますわ」

89名無しで叶える物語(たこやき)2020/06/26(金) 02:21:39.39ID:txvn5PK1
続きあくあく

90名無しで叶える物語(たまごやき)2020/06/26(金) 08:25:26.33ID:vAZBDZTS
あくあくあくあですわ

91名無しで叶える物語(SB-iPhone)2020/06/26(金) 19:51:44.72ID:JICvQCCN
保守

92名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/26(金) 20:05:48.16ID:eqWvSMyT
《鞠莉 自宅前》


鞠莉「本当に送らなくて大丈夫?」

ルビィ「へーきだよぉ、そんなに遠くないしまだ少し明るいし」

鞠莉「せめてダイヤに迎えに来てもらったほうが…」

ルビィ「ううん、大丈夫。いつまでもお姉ちゃんに甘えていられないもん」

鞠莉「そう……でもやっぱり心配だから、家に着いたらすぐ連絡して?」

ルビィ「うん!わかったっ」

鞠莉「いい子ね」ヨシヨシ

ルビィ「えへへ…じゃあね、鞠莉ちゃん、また明日」

鞠莉「ええ、また明日」



鞠莉「(胸騒ぎがする…)」

鞠莉「(ダイヤから何の連絡もないし、…心配のしすぎ?)」

鞠莉「はぁ、ルビィのことになると私本当にだめね。ちょっと休みましょ」

93名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/26(金) 20:15:27.92ID:eqWvSMyT
ーーーーーー

ルビィ「〜♪」

ルビィ「やっぱり鞠莉ちゃんといると安心する…」

ルビィ「鞠莉ちゃんにさわってもらうの…きもちいいし」

ルビィ「…あ」



果南「あ、ルビィ」

ルビィ「か、果南ちゃん…こっちの方にいるなんて珍しいね?」

果南「うん、ちょっとダイヤに用があってさ」

ルビィ「…」ピクッ

ルビィ「……用事?」

果南「大した用じゃないんだけどね」

ルビィ「…ふぅん」

果南「……」


果南「あ、そういえばさ、ダイヤがルビィに来て欲しいところがあるって言ってて」

ルビィ「えっ?お姉ちゃんが?」

果南「そうそう、それでちょっとルビィを探してたの」

ルビィ「あ、だからこっちに…」

果南「迷うといけないし、私についてきてくれる?」

ルビィ「う、うん」

ルビィ「(鞠莉ちゃんに連絡…ちょっと遅くなっちゃうけど、大丈夫だよね?)」

94名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/26(金) 22:15:40.44ID:eqWvSMyT
《??? 》


ルビィ「こ、ここ…?」

ルビィ「(なんか、倉庫?みたいなところだけど…)」

ルビィ「(こんなところにお姉ちゃんがいるの?本当に?)」

ルビィ「…」チラッ


果南「…あ、もしもし、ダイヤ?うん、今着いたよ」

ルビィ「(でも、嘘じゃないっぽいし…)」

果南「わかってるって、任せてよ。うん、また後で連絡するから」




果南「…っと、ごめんね、じゃあ行こうか」

ルビィ「う、うん…」







ガシャン

95名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/26(金) 22:40:05.68ID:eqWvSMyT
ルビィ「………え?」

果南「本当に可愛いなあ、ルビィは」

ルビィ「か、果南ちゃん?お姉ちゃんは…?」

果南「ん?ここにはいないよ?」

ルビィ「え…?」

果南「さて、まずは何からしよっか」ニコッ


ルビィ「…!」ゾクッ

ルビィ「(本能的に危険だとわかった)」

ルビィ「(逃げなきゃ、逃げなきゃなのに、足が震えて…)」

ブブッ


ルビィ「…!」

ルビィ「(多分鞠莉ちゃんからの連絡だ!)」

ルビィ「(上手く操作できないけど、何かしらのサインは送れるはず…!)」



果南「こーら」

ギリッ


ルビィ「いっ…!腕痛いよ果南ちゃん!!」


ゴトッ!

ルビィ「(携帯が…!)」

果南「だって今鞠莉に連絡しようとしてたでしょ?ダメだよ」

ルビィ「な、なん…」

果南「なんで知ってるのかって?見たからねー、朝」

ルビィ「っ!!」

果南「さっきまで鞠莉の家で何してたの?ん?」ギリッ

ルビィ「い、痛いっ、痛いよ!やめて!」

果南「まぁいいや。んーこれでいいかな」ギュッギュッ


ルビィ「え?なに、なに…待って、なんで」

ルビィ「なんで腕縛るの…?」

96名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/26(金) 23:00:37.23ID:eqWvSMyT
ルビィ「か、果南ちゃ」

果南「ねー、気持ちよかった?鞠莉から触られるの」

ルビィ「…っ?!」

果南「ダメだよルビィ、ダイヤショック受けてるよ?」

ルビィ「お、お姉ちゃん…たすけ…」ガクガク

果南「言っとくけど今からすることダイヤから頼まれたことだから、あんまり私の事恨まないでね」

ルビィ「お姉ちゃん、に…?」


果南「よし、腕も縛ったしはじめよっか」

ルビィ「な、なに、なにを…」

果南「もう二度とエッチなんてしたくないって思わせてあげる!どれだけ叫んでもここには人なんて来ないから思う存分叫んで大丈夫だよ」

ルビィ「(なにそれ…どういうこと…!?)」



果南「服は…このままでいっか」

果南「ね、ルビィはバイブって知ってる?」

ルビィ「ばいぶ…?」

果南「やっぱ知らないか、こういうのだよ」


ガサッ


ルビィ「ーーーー!!!」

ルビィ「(まともに見たこともない男の人の“それ”)」

ルビィ「(何に使うのかも分からない…)」

ルビィ「(まさか…ううん…違うよね…?)」


果南「ま、最初は痛いと思うけど、頑張ってね」

ルビィ「えっ!?やだ、待って!?」



グググッ


ルビィ「ーーーーーーッ!!」

97名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/26(金) 23:28:07.12ID:fq99r3IH
ヒエッ…

98名無しで叶える物語(たこやき)2020/06/27(土) 02:22:45.01ID:HaeD5vo9
😨😨😨

99名無しで叶える物語(しまむら)2020/06/27(土) 06:04:18.40ID:seRb7EM6
久しぶりに
助けてレズレイプ!

100名無しで叶える物語(もんじゃ)2020/06/27(土) 06:39:10.53ID:6Ja6WGsq
(アカン)

新着レスの表示
レスを投稿する