満筋から啓発活動

1名無しを整える。2021/10/09(土) 16:30:41.63ID:e8eRCMdB

2名無しを整える。2021/10/10(日) 13:22:40.91ID:wS3kv9cS

3名無しを整える。2021/10/11(月) 08:37:37.18ID:UNdbu+KN

4名無しを整える。2021/10/15(金) 11:49:53.15ID:0+MC93aw

5名無しを整える。2021/10/15(金) 23:04:27.68ID:KESEBh5Q
そう

6名無しを整える。2021/10/29(金) 13:48:36.96ID:tDl2bloX
「奥さん、そんなに溜まってたのかい?」
「あっ、んんう〜ん、そ、そうよ、主人が入れてくれないの」
「もっと突くぞ、もっと腰を振って」
「あ〜っ、だめ〜、あーっ、あーっ、あ〜ん、すごいの〜」
「いやらしい音がしてきたぞ、クチャクチャ言ってるぞ」
「あ〜ん、も、もう、そ、そんなこと言わないで〜っ」
そして私は上半身を起こし、彼女を寝かせ、そのまま正上位になり、さらにピストンを加速させていくと、
「あ〜っ、だめ〜っ、こ、これもいい〜っ、あなたすごいわーっ」
「あーっ、あああああ〜っ、もうだめっ、もうだめっ、いきそうっ」
「あっ、あっ、あっ、いくっいくっいっちゃうーっ、あーっ」
奥さんは悲鳴に近い声を出し、イってしまいました。

7名無しを整える。2021/11/06(土) 16:42:55.02ID:A+bAl4cI
広美はイチモツが挿入された感覚に、イヤらしい声をあげ反応した。
太田はイチモツを奥までいれると、一旦それを入り口付近まで戻し、再度奥までゆっくりと押し込んだ。

「あっ、あん、ふん、はっ、あっ」
「だめぇー、変なところに当たってるのー」
「はんっ、ぅえん」

太田は構わず、ゆっくりとピストンを開始する。

ヌチャ、ヌチャ

「どうだ初めてのバックは?気持ちいいだろ」

太田は広美の反応を楽しむ。

「ふっ、あんっ、あっ」
「い、嫌だ、いやよこんな格好、はぁんっ、あんっ」
「いやー、ダメダメ、刺激が強すぎるってばー」

初めてのバックに、今まで刺激された事のない部分がイチモツにより掻き回され、広美は未知の感覚に戸惑う。

「広美ちゃんバック派か?」
「まだゆっくりピストンしてるだけだぞ」
「もっと激しくなるから楽しみにしとけよ」

そういうと太田は広美の尻をしっかり掴み、徐々にピストンを早めていく。

「はっ、は、はんっ、あっ」
「だ、だめっ、あんっ、はっ、うん、うっ」
「は、はげしい、だめぇ、いやっ、あっ」

8名無しを整える。2021/11/16(火) 07:48:31.89ID:wWxiRBZp

新着レスの表示
レスを投稿する