クソスレ

1名無し百物語2018/08/20(月) 14:09:36.62ID:JPj1b5mG
べろべろ

2名無し百物語2020/08/03(月) 14:10:35.66ID:NbtBm4yd
田韓まりかは都内のある賃貸マンションに居た。
所有者名義は所属の芸能事務所の役員の兄妹名義になってはいるが、実の所は特別な接待の
部屋だった。その部屋の噂は聞いた事はあったが、まさかそんな部屋に自分が来るとは思っ
てもいなかった。

3名無し百物語2020/08/03(月) 14:16:31.95ID:NbtBm4yd
12帖のLDKのワンルームが一つと、まりかが今寝室にしてる6帖間。そしてその隣の
8帖間が”プレイルーム”と呼ばれる醜悪なモノが憑り付いた少し気色の違う部屋である。
そんな所に5月の連休明けすぐから移り、今も監視の目を受けつつ泊っていた。
晴れた日には、その前に居た内房の海が見える古びた一軒家の事をまりかは思い出す。そ
こには3月半ばから居た。実家に雰囲気が似ており居心地も良かったのだが、都内ナンバ
ーの車が頻繁に出入りするので、地元の人間に怪しまれつつあり出ていく事にした。

4名無し百物語2020/08/03(月) 14:22:09.19ID:NbtBm4yd
一軒家の前は某大手遊園地施設の併設高級ホテルに居た。
プライベート保護の為、外の世界との完全隔絶が徹底なされ、外には出れなかったがルーム
サービス等のサービスの質は最高だったのを覚えている。
がコロナの影響で遊園地自体が休業となり、ホテルも休業となったので、そこから出て内房
の海が見える一軒家へと移ったのであった。

5名無し百物語2020/08/03(月) 14:29:34.92ID:NbtBm4yd
「…Vainglory blossoms. but never bears fluit. ねえエリカって名前の花があるんだ。
そのエリカの主な花言葉って裏切り、孤独、寂しさ……もうキミに似合い過ぎてて、ねえ
怖いとしか言えないよ」
とは昨年の秋頃に撮ったが未だ未公開の映画『血がトモダチ』の中の台詞の一つだった。
まりかはその中でも2番目に大事な主演であった。
今、思えばあの時から違和感が影の様に付き添っていたのかもしれない…。

6名無し百物語2020/08/03(月) 14:41:01.57ID:NbtBm4yd
そして、あの週刊誌の報道を迎えた。
その事はまりかには、ほとんど何も聞かされてはいなかった。まりかが仕事の事で聞かされて
いたのは…2月からの単発ドラマの件で、脚本家に原案を提示してくれ。映画公開は未定にな
った事、今収録しているドラマの役はオリキャラなのでセリフは少ない…などであった。
逆に2月以降の仕事の事を担当マネージャーに聞いたが返事は無く、チーフマネが電話口で、
「もしかすると…少し長めの間隔あけるかもしれない…」
「体は動かし続けるように…」
「例の外国語はマスターしておけよ」 というものであった。

7名無し百物語2020/08/03(月) 14:58:07.91ID:NbtBm4yd
まりかは、その高級ホテルに行く前に韓国へ一時的に身を置いていた。
オンライン報道の前夜には、既に彼女は身代わりとなるデビュー前の後輩タレントと交代し、
高速道路を一路、福岡に向け南下していた。
福岡からは船で韓国の釜山へと渡れる。その後は陸路を使いソウルまで行き、提携している
芸能事務所の庇護下に置かれる手はずになっていた。

8名無し百物語2020/08/03(月) 15:14:17.32ID:NbtBm4yd
しかし釜山で予定外な計画変更と、足止めを食ったのであった。
「…あなた方は、この先ソオルには行ってはいけません。ここ釜山に残るか、自国へ戻って
ください」と韓国防疫局を名乗る人物からの指示であった。
そうなるとビザの関係で、最悪最長間でも2週間足らずで日本へと戻る事になる。ここ韓国
で最低2ヶ月間やり過ごし、その間に反撃を試みるという計画が水泡に帰す…事になのであ
った。

9名無し百物語2020/08/03(月) 15:22:20.57ID:NbtBm4yd
『この人、本乳か偽乳かよくわからなかったんだけど。違和感しかない偽乳だね。
赤ん坊に吸わせるための乳首が上向きにつくなんて事はまずないよ』
「…ねえ、あんたさあ。こんなセリフを天下のカンヌ女優に言わせてもいいわけ?」
とまりかは担当マネージャーになったばかりの新人、坂木あづみに言い放った。幸か不幸か
坂木とまりかの年齢はほぼ同じであった。

10名無し百物語2020/08/03(月) 15:26:55.35ID:NbtBm4yd
防疫局の彼の話だと。
北朝鮮との海洋国境近くのある地域には昔から地元、熱を伴った特有の風土病があった。
ここ数年は大人しかったのだが、まりかの報道がなされた前後から漁師ら数人が感染し始めて
いた。それらの感染症が流行するのを防止する為、更に予防の為、防疫局が動き初めていた。
それ故、国外から来たまりから一行を国外退去か、隔離を申し出ていた。
結果4、5日の釜山逗留の後、まりか一行は新潟経由で都内へと戻って来たのであった。

11名無し百物語2020/08/04(火) 09:50:48.02ID:tkx5vfUE
カンヌと言っても、レセプション用に招待されただけの話であって、興行的にも、話題的にも
箸にも棒にも掛からぬレベルの映画であった。
実際、版元は赤字も赤字、大赤字だった為次回作の予定などは白紙だったし、それ以降のまりか
の役所もパっとしないものばかり。
最近ではほぼ同期にあたる女優、浜中夏穂のバーター役か悪女役ばかりで、まりか自体ですら
腐っていたが、彼女の演技力では至極当然の事だった。

12名無し百物語2020/08/04(火) 10:01:25.67ID:tkx5vfUE
そんな状態での帰国後、彼女の機嫌を取る為に事務所側は都内近郊にあるリゾート併設の
某高級ホテルを用意したのであった。
無論、坂木付でだが。坂木は元々は浜中のマネージャーであったが仕事に幅が出てきた浜
中の方にチーフマネ直系の女性上司が付く事になり。その代りに数ヶ月前から田韓専属に
なったのだった。

13名無し百物語2020/08/04(火) 13:23:24.37ID:Qn4mBn8R

14名無し百物語2020/08/04(火) 14:03:41.74ID:tkx5vfUE
『純愛…男の思ってる純愛ってばオナニーみたいなモンさ。女の方からの純愛ってのは小説、
ドラマ、ファンタジーの中だけの話で現実味は無い。男女供にお互い様でいつも、いつも…
打算的な感情が優先になる。笑っちゃう程、おかしい純愛病っていう心の病…』
と青子は雨の中、その言葉を呪文の様に繰り返した。
とその青子を見つめる麦人は、ただじっと…雨に打たれていた。
【夢かうつつか】 村崎智花 より抜粋。

15名無し百物語2020/08/04(火) 19:00:26.85ID:tkx5vfUE
「…青子は自由奔放な振る舞いではありますが、心根は幼い頃からの実母の強烈な躾けに
より内面にもう一人の人格、緑子を作りだしています」とそう田韓まりかは台本のセリフ
を流暢に、読みこなした。
「はい、じゃあ次」監督である諸田が渋い声を出した。
「…青子の精神は麦人と会った事で緑子を、消してもいいと思うわせるぐらいの…」
まりかの声が少し震えた。
「どうしたの、田韓くん」少し諸田の声が強くなった。
「あっ、す、すいません。急に鼻が詰まってしまって…」まりかの声がまた少し震えた。
諸田は助監の天井に目配せした「はーい休憩。15分間休憩入りまーす」
助監督が声を上げ、本読みは一旦休憩に入ったのだった。

16名無し百物語2020/08/05(水) 18:38:11.97ID:lsmjA6En
「なあ田韓くん。青子の内面…と緑子の虚像。そこ、そこが大事ですよ、ねえ!田韓まりか
さん!いいですね!!!」
と…あの時監督である諸田が本読みが終わった後に熱っぽく語りかけ、まりかに熱心な指導
を授けていたのを坂木は印象強く覚えている。
やがて本格派女優への向かわせる事になる浜中の教育の為という事で、こっそり見学に行っ
たあの日の事だった。

17名無し百物語2020/08/07(金) 14:19:20.59ID:z/hlEtSn
【こいつはもうヤルしかない…】と彼女に背中を強く蹴られた時に、そう思った。
業務用のフードプロセッサーは大手通販から購入した。
それは一度、自宅に配送してもらうので一時的に彼女の事を別の人に依頼する事になるのだ
が、彼女事体は摂食障害用の睡眠薬が効いているので2、3時間程度なら問題は無い。
目覚めればまた豹変するかもしれないだろうが。少しぐらいは私の今の現状を事務所にも知
ってもらう為にも…だ。…韓国から戻って来てすぐ時は“堕す、堕す”と豪語してた割には酔
って階段から滑り落ちての流産は、自己責任なのになあと思った。
酒の量と薬の量は増えたし、左手にはリストカットの跡が頻繁な位に出来ていた。キラキラ
として写真に写っていた頃の姿は僅かしか残っていない。
”田韓現場日誌”なんていうツイートが懐かしく思えた…
明後日には包丁などを購入する為に、また抜ける予定だ。その時も誰かに頼もう…

18名無し百物語2020/08/07(金) 14:30:58.65ID:z/hlEtSn
その後でまりかに先輩面というか、斜め上からの強めの視線と含みを夏穂と共に感じた。
その読み合わせを見学した帰り道、狛江のあるバス停まで二人でコンビニで買ったアイス
を食べながら向かった、その時の事だった。
「坂木さんいや、えっちゃん。私あの人(田韓)嫌いだわ、であの人を倒す。で踏み超え
るよ、わたし!」と夏穂が言い出した。
「ダメだよ、夏ちゃん。そんな事言っちゃあ…」
「うん、だからえっちゃんにだけ、あとの誰にも絶対に言わない。それと私頑張る!
もっともっと頑張って、主役いっぱい取って、女優さんって言われる存在になるの」
彼女はその後実行に移し、僅か1年でその言葉を実現させたのだった。

19名無し百物語2020/08/11(火) 14:02:49.40ID:3IIA5FYX
田韓まりかは、事務所中では珍しいスカウト組(4名、うち3名退社又は移籍)の子だった。
元々はモデルを目指していたという事で170cm程の身長と細身の体。それと日々の美白サプリ
のお陰で…白い肌が売りになっていた。
JK時代の写真をみたが今とはまったく別人であり、まりかの並々ならぬ執念を感じた。
元々はベテランや、売れっ子中心の第1チーフマネの班で、モデル関係のスカウトをしていた男性
マネージャーが遊びに行ったとある遊園地で、バイトしていた彼女をスカウトっていう設定だった。
が実際は渋谷の繁華街でスカウトされ、その素性の余り良くないスカウト事務所から押し付けられて
来たというのが本当の所だった。なので女優としての技量は未知数だった。
いいや現実には無いも同然だった
(男性マネと彼女との嫌な下の噂も契約時に飛びかったが、握りつぶされた)

20名無し百物語2020/08/16(日) 14:30:13.97ID:S1REGK0K
それを事務所の上の人らが知った時にはスカウトしてきた張本人の男性マネは、別の事務所へ
移っていた。あとの祭りというか、ジタバタした割に別のモノを拾ったなあと花井は思ったの
だった。
その時、第2チーフ班の花井の手元には田韓と年が1つ違いだが、同期・ライバルになる松田
智恵理が居た。彼女は高校の時から演劇役者を志し、しっかりとした基礎が身に付いていたが、
関西弁のイントネーションが、なかなか抜けずオーディションには落ち続けていた。
そんな彼女を花井はサポートしつつ、成長させようと努力していた時に田韓のマネジメントま
でも行わなければならなくなった。

21名無し百物語2020/08/16(日) 14:48:26.35ID:S1REGK0K
この時の事を田韓は後にあるインタビュー記事こう答えている。
「…二十歳になる迄に売れなかったら、私事務所も芸能人も辞めます!って社長さんに啖呵
切ったんですよ」と。
無論これも演出だ。バックも何も無い彼女の答えには真実なんて一つも無い。
みんな虚飾な言葉、虚言ばかりだったのだ。田韓まりか専属マネージャー=お世話係になっ
てからよ〜くそれを身を持って知った。
〈また寝室でまりかがタバコを吸っているのだと思った、が違った。マリファナだった…〉

22名無し百物語2020/08/16(日) 14:56:23.28ID:S1REGK0K
頭、左右の腕と、脚。胴体は臍の辺りから2つに別けた。普段は貴金属類をはめていなかった
のが注意すべき点を少なくしてくれた。そこは素直に感謝しよう。
少しだけ温もりの残っていたそれらをフードプロセッサーの置いてある浴室へと運んだ。
さあ分解と分別だ。と念じた。
一旦、寝室を片付けベッドを元に戻し、消臭スプレーを念入りに撒き、その後で芳香スプレー
を吹きかけその匂いを誤魔化していった。

23名無し百物語2020/08/16(日) 15:02:41.16ID:S1REGK0K
胸骨も、あばら骨もノコギリ(新たに購入した)もので切って細かくしたうえ、水を加えながら
粉々にした。ガリガリ、ゴリゴリという音が耳の奥の方に残った。
そして浴室に残ったのは、あの男か別人か繰り返し愛撫をうけただろう乳房と下半身と。
その始末に今まで以上に手こずりそうと思えた頭部であった。
時間が来たので一旦解体の手を止めると、まりかの携帯を使いまりかの家族宛にラインを送った。
数分後に返事が返って来るが、今回も母親からの返事は無かった。

24名無し百物語2020/08/16(日) 15:16:37.59ID:S1REGK0K
胴体を分けた時、思ってた以上に脂肪が出てきたのには参った。何度か包丁の刃から油分を拭き取る
これが余計な時間がかかった。それと汚物の処理である…
胴体は、まずは乳房をえぐり取り、切った箇所から内臓を掻き出す。先に内臓をフードプロセッサー
で粉々にした。乳房はCカップ程度しかなかったが、それでも脂肪分が出てきてツルツルして気持ち
悪かった。
この乳首にあの俳優を含めた男らが口づけ、吸い、嬲ったのかと思うと少し寒気がした。
数日前に命令されて毛を剃らされた下半身も同様だった、が臭気と惨状の中で、吐き気を抑えつつ
作業は続いていた。

25名無し百物語2020/08/16(日) 15:33:04.93ID:S1REGK0K
途中、時間が来たので一旦止めると。まりかの携帯を使い、まりかの家族宛にラインを送った。
幸いすぐには返事は来なかったし、例の母親からも来なかった。正直ほっとした。
モノ言わぬフードプロセッサーは1日半かけて、男性批評家らの評判の良い顔が付いていた頭部
も含め彼女を完全にドロドロにしてくれた。
そうして粉砕し液体化した「元彼女」を浴室の排水口に流した。
詰まりそうかな?と思ったので20数回程に分け、なお10回ほど流しては掃除用の発泡洗剤を
使用し流した。それでもまだ残っていたので今度はトイレに流した。
それらが終ると浴室とトイレを洗剤、洗浄剤で丹念に洗い流し、掃除をした。

26名無し百物語2020/08/16(日) 15:39:21.93ID:S1REGK0K
空気の入替の為に4時間程、部屋を開けた。
久しぶりの自由な時間だと思った。駅前通りにある本屋に入りながら、まりかの携帯から家族宛
にラインを送った。「…さよなら、もう探さないで好きな人と暮らします」と書いた。
返事が返って来るが、今回も母親からの返事は無かったをの確認し電源を落とした。
携帯はトイレの水を使いショートさせた、そして落として、踏んでから粗大ゴミ置き場にあった
ビデオデッキの中に突っ込んだ。
事務所には、薬を盛られ朦朧としてる間に、頭を殴られ逃げられたと報告しよう…後は勝手に筋
書を考えてくれて実行してくれるだろう…

27名無し百物語2020/08/16(日) 15:53:25.02ID:S1REGK0K
暫くはステマ記事、観測記事、提灯記事に見せかけた記事などが並び、ネット、書き込みスレッド
にも適当なスレがあがる事だろう…やがて消えていくのだ。
”重要なのは、その存在が確認出来得るかどうかと、相手と周囲に信じさせる事であって
彼女自体の現実の生死は大きな問題にはならない”

28名無し百物語2020/08/16(日) 15:56:19.08ID:S1REGK0K
………もう田韓まりかって人はいない。
それを知っているのは当事者であり、唯一の被害者である私だけでいいのだ。
ケガを理由に少し長めの休みをもらって休む。そして来月半ば過ぎには浜中夏穂のサブマネか、
松田智恵理の担当サブへと戻れる事になるだろう。
もうモンスターの調教師は懲り懲りだと…そう思ってコーヒーを飲み終えカフェの席を立った。 
(*全てフィクションです)

29名無し百物語2020/08/27(木) 10:29:48.41ID:kzQi/g+M
世間じゃこういう清楚系女子に騙されてる男が多いよね。
「俺、清楚系の女が好き!!」って答える男の人ほど、逆に女性経験が浅いか、乏しい。
女性なら(誰でも)『清楚系ヤバい』って知っている事だから男性諸君はお気をつけあそばせ!
と書いてあるページを左手人差し指でスクロールで流しつつ、伏し目がちに顔を俯けながら、
ずれそうなマスクを右手で直した。
都内のおしゃれカフェの店内はコロナの影響で人もまばらだったので、多少安心出来る。

30名無し百物語2020/08/27(木) 10:32:39.28ID:kzQi/g+M
スクロールした先には騒動勃発まで、約2年専属契約していた雑誌のネット版だ。
あの報道不倫の後で私が着ていた洋服のモデルは皆ソールドアウト扱いになっている。
が実際には返品の山だ。返品率はメーカー始まって以来の過去最高になってる。
違約金は私が芸能人生、数年間の年収の3倍以上になってる。他の仕事の違約金も合わせる
と、やはり事務所内でも…看板女優の本宮さんの時を抜き、最高額となった。
その額は千葉の実家と土地。それと祖父、祖母名義の農地と山林と合わせても、まだまだ足
りない額だった。

31名無し百物語2020/08/27(木) 10:48:22.91ID:kzQi/g+M
バッグ2つと、リュックサック1つに身の回り品を詰めて移動を開始したのが1月の末の
頃の話だった。
まず契約してる病院→ ホテル暮らし→ 貸し別荘暮らし→ 貸しコテージ暮らし→ 
シティホテル→ 知り合いの家…と変遷し、今は現在は本宮さんのダンナさんが経営する
環境団体の宿泊施設に、安く住まわさせてもらっている。
小3頃川崎のボロアパートからDVパパの手の中から夜逃げしたのをちょっと思い出した。

32名無し百物語2020/08/27(木) 11:00:28.84ID:kzQi/g+M
変わった事。
スマホが変わった、いや変えさせられたんだよね。
元々芸能界に知り合いも仲の良い友達も少ないから気にはしてないが、それでも自由に、自
分が好きな時に繋がれないって苦痛だね。
そう監視が付いたんだ、今も目の前にその人(女性)は座っている。もと防犯会社社員で、
この人も不倫で会社を辞めたって話だった。その人と一緒に住んでたウィークリーマンショ
ンで灯りも着けずに暗闇の中で荷物をまとめた。

33名無し百物語2020/08/27(木) 11:14:26.94ID:kzQi/g+M
現在、私の住所は実家の住所になってはいるが、実家にはもう2年以上も戻っていないんだ
なあ私、笑。あとは素朴で、気さくで、気弱な友達みたいなY形出身の専属担当の女子マネ
のクビは2月半ばにはぶっ飛んだ。
(「まゆちゃん。ホントごめんねー」)
騒動後すぐにチーフマネ(男)は余所の事務所に逃げた。50代の統括マネージャーは先輩
女優の蓑田りかさんの担当を外れもらい事態の収拾に務めてはもらったがマスコミの対応ま
では手が回らなかったのは事実だった。

34名無し百物語2020/08/27(木) 11:15:56.85ID:kzQi/g+M
なので一番上の姉が、ネチネチとカマをかけてきた雑誌記者に対して、余計でアホな事を言
ってしまい、累積で私も統括に怒られた。
姉のバーカ(後日、またこの姉の何気ない発言でネットが軽く炎上したが)
また速報がスマホに速報入ってきた、私の復帰についての半分以上憶測の記事だった。
「ちっ、バカじゃね。違げぇよ」と小さく嘯いた。
監視の人…板垣さんと言う、彼女の眉が上がって下がった。

35名無し百物語2020/08/27(木) 11:24:29.24ID:kzQi/g+M
JK時代のギャル語は簡単に抜けるもんではない。顔や肌は美白出来ても心の底や、頭の
中までは美白出来ないもんだと、22才で実感したわ。
が今の私は売れない時代に覚えた得意の化粧で化けている。ヴァンサンカン越えのOLの
休日風っての装っているのだ。
で施設を抜け出してカフェの片隅で深海魚の様にこっそりと息ぬきをしている。
そうでもしないとマスコミの取材、借金関係、AVの誘い。そして施設では毎日、毎日公
園の清掃作業と植物の種とかを袋詰めする作業とかばかりで息がつまりそうなのだ。

36名無し百物語2020/08/27(木) 11:27:18.18ID:kzQi/g+M
「で、(この後)どうする?」と板垣さんは飲んでたアイスコーヒーを置き、私に聞いて
きた。私は首を横に振って両手でバツを作った「(とくに無いよー)」という意味だ。
声に特徴がある私が、簡単に声を出すとどこでバレるか解らないからだった。
特に予定は無いのだがすぐに戻る気にもなれない。
施設に戻れば幼稚、保育園用のベゴニアの種の袋詰め、小学校配布用のひまわりの種の袋
詰めから逃げてきたのだから。

37名無し百物語2020/08/27(木) 11:31:48.08ID:kzQi/g+M
しっかしこの現状には参っている。
復帰の目途が立つまでの間とは解っていても事務所からの連絡も途切れ、途切れに
なりつつあるのは事実だったし、ほぼ同期のあいつ…松金風香の仕事が順調なのも
正直、面白くは無かった。
心根では参ってはいるのだが、あの週刊誌にあの人との3年もの不倫のネタをばら
したのは、この私だったのだ。

この壮大な復讐計画のまず始まりは、昨年の暑い夏の夜から…だった。

38名無し百物語2020/09/16(水) 18:34:35.90ID:L0QDABYe
5月26日
私は中学生の頃からFMと深夜ラジオにハマっていた。
今とは違い、日に焼けていたJK時代にも何か所経験したバイト先の海の家やスタンドでも、
よくFMは流れていた。地元千葉のFM局のあるパーソナリティーの渋めの声も好きだった。
多分、父の記憶が姉らに比べ少ない私にとっては大事な仮父の声だったのだと思う。
同級生らには黙ってその人への応援メールを送った事もあった。…でもそのメールは読み上げ
られなくなくて、今はほっとしている。勿論恥ずかしいから…だ。

…彼からの連絡が少し遅れただけで、ちょっぴり不安になった。
深夜の明日になる少し前になって彼が部屋に来てくれた。今日は泊っていけるみたいだ。
明日は私も休みだし少し甘えてもいいだろう…

39名無し百物語2020/09/16(水) 18:42:53.71ID:L0QDABYe
6月6日
姉2人がいるのに訳あってシングルマザーとなった我が家ではTVは2台しかない。
ご飯を食べるLDKに1つと。祖父、祖母の寝室の2台だった。
体格差の結果として私が多少諦める事の方が多かった、あともう一つが祖母の指導もあったか
らである。なぜか祖母は私だけに色々と小言という傾向にあり。芸能界入りも最後まで反対し
たのは祖母だった。
ラジオは買ってもらったミニCDコンポなどで聞けるので、夜遅くまでも聞いていた。
最初はAM局のアイドル系番組からスタートし、半年ほど経つとFM放送へと変わっていった。
企業提供の日曜夕方のラジオドラマは好きで、当時はいつかこんな仕事をしてみたいと思った
ものだった。

〈今日、彼が「来る」と言っていてて突然のキャンセル。少し悲しかった、夜空に浮かぶ月が、
悲しげに見えた〉

40名無し百物語2020/09/16(水) 18:43:30.72ID:L0QDABYe
6月17日
そんなこんなで私は中学生の頃からラジオが耳に馴染んでいたものだから、学年が上がるとつ
いに、こっそりと投稿職人になっていた。
最初は読まれなかったが、やがて読まれ始めるとRN(ラジオネーム)“カリノタカラ”からの
投稿って聞こえるだけでも刺激的だった。
そんな思い出もあるFMを聞きながら、今の私はあの人の男性の部分を口と手を使ってせっせ
とご奉仕を続けていた。
それから数十秒程後には私の口の中で精を弾き出し、私は枕下にあるティッシュを手に取り、
それを見えないよう、そっとゴミ箱へと捨てると曖昧に笑ってみせた。
〈今日、本当なら彼が「来る」と言っていた。来られなくなった、少し悲しかった〉

41名無し百物語2020/09/16(水) 18:43:54.48ID:L0QDABYe
6月19日
最初はあの人が喜んでくれるのが嬉しかった。
ただそれだけなのに、今は辛い気持ちが出てきているのも事実だった…
最近だと態度も悪くなってきている。ご奉仕プレイ中突然、下から突き上げる様な動き出した
ので「んぐ」と少しむせそうになったのを、私は必至になってガマンして堪えた。
二人とも背中を向けて眠る事が当たり前になってきていた。
「…明日、早いから起さないで帰る」とぼそりと言った。
「うん」としか私は言わなかった。
〈明日から泊りがけでドラマロケが入っていたので、それからの私は素っ気なく背を向けて眠
りについた〉

42名無し百物語2020/09/16(水) 18:45:01.71ID:L0QDABYe
6月26日
その時の私の部屋では、もうすぐ始まるラグビーワールドカップ試合の日程などがFMラジオ
から流れていた。
今日もまた私はあの人のを口と手を使い、せっせとご奉仕を続けていた。
咥えている時、突然下から突き上げる様な動き出したので「んぐ」と少しむせそうになったの
を、私は必至になってまたガマンした。
それから二十秒程後には私の口の中で精を弾き出した。その日のあの人は一方的に性欲処理の
ようなエッチが終わると「じゃもう行くわ、あとで連絡するから」と言い残し、シャワーも浴
びずに出て行った。

43名無し百物語2020/09/16(水) 18:53:07.82ID:L0QDABYe
7月9日
その日はあの人が酷く酔っ払っていて、連絡も無しに夜遅く私の部屋にやって来たの
だった。
「…あの…ね明日、ロケ…えっと栃木の那須塩原なんで早いんだけど」
「いいから出る前には帰るから」と言い押し切る様に部屋に入って来た。お酒の匂い
が部屋の中に充満しそうだった。
「シャワー浴びさせてくれ」というと服とTシャツを1度に脱ぎ、わずか数歩でバス
ルームの前までには全裸になっていた。

先に寝ている私の上にあの人は押しかかって来た。力を込めているのか抵抗すら許さ
ないって感じだった。20cm程ある身長差がこうもキツいとはと頭の中で思った。
〈正直、レイ○されるってこんな感じなのか?〉って思った。
いつもだと私の胸を軽くいじる事から始まるのだが、今日は先にパンツの方から手を
かけ、一気に下げた。
あの人の要望でアンダーヘアは処理してある。押し込むように指が私を触れる
「んん…ごめん、そこ今日は痛いです」と私は切ない声を出した。
「大丈夫、もう少しで濡れてくるから…」というとあの人は覆いかぶさる様に口づけ
をしてきた、口腔いっぱいにお酒の匂いとすっぱい味が広がった。

それから十数分後には中に出された…
…あの人とは初めてでもないから驚かないが、私の気持ちも考えて欲しいと思った。
真夜中に目覚めた時、隣で鼾をかいて眠るあの人の顔を、ついひっぱたきたい気持ち
になった。

44名無し百物語2020/09/16(水) 18:56:08.37ID:L0QDABYe
7月23日
(久しぶりの投稿だった。即、読み上げられ、嬉しかった。
祖父の仕事が農業なので自宅脇の小屋に併設された1坪ほど事務所には回線別のFAX
があり、ネタが出来た場合にはこっそりとそこから送った。
やがては場数を踏むと読み上げられた事も何度かあった。。。)

だが、そんな思い出もあるFM放送を聞きながら、今という現実に引き戻されると今日
もまた私は彼のを口に入れ、手を使いせっせとご奉仕を続けていた。
その日の彼は、その後エッチが終わると「じゃもう行くわ」と言い残すと泊らずに出て
行った。切なくて、悲しくなり冷蔵庫から冷えた缶チューハイを取り出して、生理痛の
痛み止と飲み干した、そして泥の様に眠った。

45名無し百物語2020/09/16(水) 19:00:32.51ID:L0QDABYe
8月5日
今日はあの人の機嫌がめっちゃ良かった。
お土産も買ってきてくれたし、いつにもなく優しくタッチしてくれた。
あの映画の後で秘かなお付き合いを初めてからすぐの頃にフェラの最中に我慢しきれずに
咽た所、顔には手を出されはしなかったが、頭を両手で持たれグラグラとゆらされ気持ち
悪くなってつい吐いてしまった。
それが更にあの人の怒りに油を注いだ結果になった。

「…おい、どうした気持ちよくなったのか?」
と言いつつも横に寝たままで左手で私の胸を触り、続いて性器をいじり始めていた。
缶酎ハイの度数の高いのを5本ほど入れているので顔は赤く、語気は荒かった。
(本音は力加減が少し痛かった)
「うん気持ちいいよ」とその場は答えておいた。
ゆっくりとあの人は肉食獣が獲物の内臓を食うように体を乗せてくると、まだまだ準備不
足の私の隙間に強引に入れ、自分勝手に、そして長くは持たずに果てたのだった

46名無し百物語2020/09/18(金) 17:28:34.65ID:y09bJRMO
8月18日
お盆の間、休息も兼ねて一時的に実家に戻っていた。
故郷の海を見るのが心には一番の栄養になる。それと来ない月のモノへ対しての不安予防にも
なった。防波堤の際を歩いてるとスマホが鳴った、彼からだった。
「なにしてる?」
「え、いいえ…別に。お姉ちゃんと散歩中でーす」(嘘だが)
「ん…じゃあ切ろうか?」
「もう少しの間なら大丈夫だよ」
「あ、ごめん。こっちにお客さんが来たみたい」
〈その後の無音のスマホに一抹の寂しさを感じた〉


8月19日
「なにしてるんだ?」
夜の海を見ながら防波堤の際を歩いてるとスマホが鳴った、あの人からだった。
「え、いいえ…別に。はい姉と散歩中です」
つい敬語になる。あの映画で出会った頃は「敬語じゃなくても、もっとフランクに」と言って
いたのだが関係を持ち、更に一度間を置いて距離を取った後再び体を重ねる様になると、
「…もっとさ敬う言葉って大事だと思うんだよね」と言い、なるべくは敬語の様な言葉を使う
ように指示された。
「何っこんな時間に?」
「うん、コンビニまでアイス買いに行こうって事で…姉と…」
「あ、あそう。じゃあ切るからな」
「………あ、はい」
〈正直な気持ちとしては、ほっとした〉


8月29日 遅れてはいたが、アレが来た〈正直、ほっとした〉

47名無し百物語2020/09/18(金) 17:33:32.44ID:y09bJRMO
9月4日
彼が海外(欧州方面の某映画祭)に仕事行く前に寄ってくれた。
彼が私の部屋に居れたのは正味30分間程度だったのでエッチな事は無った。
「あの時(映画祭)以来のヨーロッパなんだね」と言ったら「お土産いるか?」って聞かれた
ので「うん」と素直に頷いた。
3日後に彼から小包郵便が来た。
開けてみたらカメラだった。嬉しかった。カメラを携帯のカメラで撮った。
ずっと大事にしよう…と思った。
〈よし!今度のマネさんとの小旅行にも持って行こう!〉

48名無し百物語2020/09/18(金) 17:36:00.15ID:y09bJRMO
9月17日
彼が私の誕生日を祝ってくれた!
家族と一緒に行ってるというちょっとリーズナブルでお洒落な鉄板焼き屋さんでだ!!
その時プレゼントももらった。
シルバーのピアスセットだった。耳、鼻、舌、へそ、そして性器…
それは内心はちょっとはひいた…
「冗談だよ。それは友達のだ。じゃあ返して。この前のカメラとこれお前の誕生日のプレゼ
ントな」と言われて出て来たのが、アンティークのチェーンリングだった。
その場で付けてみようとは思わなかった。一応、芸能人だ。他人の目は気にしていたから…
「ありがとう…」って素直に言った。
小声で彼に聞いた。
「…今日はするの?」
「逆にお前からもらわないとフェアじゃないだろ?」
「…い言われたとおり、ぴ、ピルはずっと飲んでるよ」
「うふふ!」と互いに笑った。
〈明日の単発ドラマロケの際には生理用ナプキンは必須だなあと内心思った〉

49名無し百物語2020/09/18(金) 17:37:50.22ID:y09bJRMO
9月30日
あの人とは4週間ぶりに会った。
「…また私の部屋でぇ!?」
「あ、お前の部屋居心地いいのかも?」
またも、いやいつも通りに私の部屋の中でした。一度、着信があり。あの人が奥さんに連絡
していた。ラジオのボリュームを小さくした。
…最近はあの人とはご無沙汰だったのでなんとく(下半身に)違和感が残った。
でもあの人は「今日のお前締まってていい感じだわ」と言った。何も答えたくなくて、うん
としか言わなかった。
ダルさと、厭さが残ったのだが、明日のドラマのバーター役の際には生理用ナプキンは必須
だなあと内心思つつも、これまでの女優業で身に付けた〈ペルソナ笑顔〉を貼り付けた。

50名無し百物語2020/09/18(金) 17:45:33.03ID:y09bJRMO
10月9日
なぜだろう…彼と連絡が取りづらくなって来た。
「事務所がねえ」とか「うん、今仕事がさあ」とか言ってくる様になった。
(前はそんな事言わなかったのに…)
日を重ねる毎に気分がブルーを越えてブラックになっていった。
でも明日は、お笑いの大物司会者さんのAさんと初めて一緒にお仕事するバラティの仕事だ。
緊張もしてるが、ここでチャンスを掴みたい!!よし、がんばろー!!!
〈あれぇアレが遅れてるのかなあ?〉

51名無し百物語2020/09/18(金) 17:50:08.39ID:y09bJRMO
10月17日
お婆ちゃんが倒れたって連絡が母から来た。
でマネさんに送ってもらい実家に一旦戻った。急いで地元の総合病院に行った所、夏疲れによ
る過労との事だった。
上の姉の結婚式以来の家族全員集合だった。しばらく病室にみんなで残っていた。じじが背伸
びして個室を取ったのが良かったんだと思う。
お婆ちゃんの顔に明るい色が戻った感じがしたので泊らずに戻った(下の姉が残った)
実家に寄り、荷物を取ると高速バスの最終便に飛び乗った。
〈明日は前々から予定していた彼とのズーラシ〇デートの日だ。いっぱい楽しむぞぉ!!!〉

52名無し百物語2020/09/18(金) 17:51:59.25ID:y09bJRMO
10月31日
アレが来てない、遅れてる。
この前のデートは彼の方から突然、行けないって言われ「ごめん」って言われた後は彼からの
返事も少なくなって、そして来なくもなった。
あの人は以前、同じ様に連絡を寄越すが正直、うざい…消えて欲しい…
〈打合せ中です〉って返している。
マジでアレが来ないのがキツいわい、、、わしゃ来月頭からはドラマの打合せと撮影が始まるの
にと思った。

53名無し百物語2020/09/18(金) 18:06:10.20ID:y09bJRMO
11月4日
彼との連絡がつかなくなった。あの番組が放送されたから…
「もう、またほら!浮気するぅぅ!!」
なんで「あんな事言うの?」って私は思ったけれど…相手が大物芸能人すぎた…
チーフマネさんも「気にするなよ」っては言ってくれてはいるが…内心どうだろう?
私の心としては憎い!という一点しか無い!
私に関しての何か悪い噂でも、あの大物司会者の耳には入っているのだろか?
こんな時に限ってまた、あの人から連絡が来てた…
無視していたら1時間に4件も入れてて正直、困った。他に女の人とも遊んでいるのも解
っているのに…〈今、撮影中です〉と返信を送り返した。
やっと来なくなった…

54名無し百物語2020/09/18(金) 18:24:41.17ID:y09bJRMO
11月12日
彼と大喧嘩をした。
>事務所に、バレて反対されたからとかさ。今は仕事が大事だからとかさ。
>そんなのって私だって同じだし、私だって同じ芸能人なんだよ!
>そんな事よりも好きだから!!!
>好きになっちゃったんだから…
>嫌な事も、変なクセも全部ひっくるめて付き合いたかった!!
>めちゃくそに愛情注いでくれないって…ムリって解り切ってる。
>だから…

あの放送以来、互いに連絡しあう事も、会う事も出来ない状況下だったので、色々と心の
澱が溜まっていた、それと同時に復讐って言葉が心の底のどこかから浮かび上がって来て
いた。あと彼の事は〈きれいさっぱりにする為〉にも彼と会おうと決心した。

11月13日
その言葉を言われた時は私の部屋の中ではラグビーワールドカップ試合中継がFMから流
れていた。
それがその突然の予想外の言葉の暴力で私の頭の中では「キーン」と耳鳴りの様な音が鳴
り響いた。
が途切れそうな意識の中で、あと数日でワールドカップがフィナーレになるのだけはなん
とか解った。
気がつくと、あの人が私の部屋から出ていったのですら解らなかった。
もう何度目の大ゲンカだろう…と冷めた頭で思った。
それと同時に〈復讐〉って言葉が心の底から浮かび上がって来ていた。
そしてしっかりと証拠と資料を用意しようと思った。

55名無し百物語2020/09/18(金) 18:26:33.70ID:y09bJRMO
11月25日
彼が私の部屋から出ていったのですら、解らなかった。
『この子は、この子は…またやっぱり死んでしまうんだ』ってと思うと、ただただ涙が流れた。
泣き終わってから気が付いたが未使用のピンクのゴムがベッドのそばに落ちていた。
「もう別れよう」って心の底から決めていたから、切なくなった。
ワールドカップのテーマ曲を歌う歌手の別のヒット曲がラジオから流れてきた。人気ドラマの
主題歌だった、あとは涙が後から後から出て来るだけだった・・・

56名無し百物語2020/09/18(金) 18:31:34.66ID:y09bJRMO
12月3日
正式に彼に別れを告げた…彼も解ってくれた…あの指輪とカメラはファンのフリをして事務所
宛に送り返した。
・・・だったけれどカメラは返された「お前の写真好きだから、これだけ持っててくれ」
って連絡が来た。涙が出た、振り向かずにそっと別々に歩き出し、今までの事、二人の思い出
は無かった事にした。
私の吐いた息が白くなっていき、あぁ…もう冬なんだなぁと感じた。
ソシテ、ワタシハワタシノオナカヲサスッタノダッタ………

57名無し百物語2020/09/18(金) 18:34:32.20ID:y09bJRMO
12月11日
色々な話を聞いた、ネットでも調べた。
そしてやっと見つけた芸能人でも特別の方御用達の某産婦人科に「宿泊」の方で手術をしてもらっ
た。勿論、全部一人で準備・段取をした上でだ。
相手は…あの人って事にしたので、著名な有名人でも、推し推されのタレントでもなかったのに。
隠さなきゃならない秘密を持った若手タレントとして、気をつかいこっそりと病院側が処理をして
くれた事だった。
あの人は今頃は見た目だけの安心家族…子供たちへのプレゼントの事を考えるので、精一杯みたい
だったと。奥様がラジオから言っていた。

12月24日(火)
たった一人のクリスマス…サイレントナイト、ホーリーナイト…部屋の灯りは暗く、またたく星の光も
弱いように感じた…

58名無し百物語2020/09/18(金) 18:41:10.15ID:y09bJRMO
2019年の12月25日は水曜日だった…
その日、私は始めてあの人の奥さんの携帯に電話を入れた。
というか奥様=異性の配偶者っていう社会的な役割の人に初めて電話をした事になる。
その日は休みを取るというの彼から聞いており、知っていたからだった。コール音が続く、
7度目で出た。
先日ラジオで聞き、TVのビールのCMでも聞いた事のある、あの声だった。
「あの…お世話になって…」
と私は重い声で言つつ身構えた。
「ええ、大体の事は…解ってるわよ」
思っていた以上に優しい声だった。
「えっとなんて言えばいいのか…ごめんなさい」
素直に「ごめんなさい」の言葉が出た。
「そうね、そんな謝罪をって柄でもないし彼は来ないわ。どうよこれから鍋パーティするの
よ、うち来ない?」
その大胆さにあっけに取られて声も出なかった。

59名無し百物語2020/09/18(金) 18:46:59.50ID:y09bJRMO
〈で運命の2020年1月30日を迎えた…〉
…しっかし、この現状には参っている。
とは2019年年末の時点での私は少しも思わなかった。なぜってこの復讐計画はX‘Masの時
から大きく動いたから、がそこが彼女と私の甘さの違いなのだろうか…?

60名無し百物語2020/09/18(金) 18:57:06.45ID:y09bJRMO
2月11日
まず変装用に髪の毛を切った。
その部屋には裁ちばさみしか無くて、ずっと宣材用のロングの髪をボブぐらいしかならなかっ
たけれど自分で髪型を決めれて、嬉しかった。
買ってきてもらってた髪染め(ベージュ系)を使って髪を染めた。鏡に写った姿を見て高一の
頃を思い出した。コロナの影響でマスクを着けるのが当たり前になってきたので、益々一人で
出歩ける機会が増えてる気がする。
新人のAちゃん担当のマネが何か持って来たみたいだった…

2月14日
事務所が用意してくれてた部屋がネットの噂のせいでダメになり、こっそりと彼女に助けをお
願いした。で一日後には彼女から連絡が来た。
都内近郊のある街にあるファミリー向けの物件を用意しておくので使ってとの事だった。
こっそりとホテルから移動し、そこに入った。その手早さに手伝いにきてた新人のAちゃん担
当のマネも驚いていたが気にしてはいられなかった。

61名無し百物語2020/09/18(金) 18:57:56.84ID:y09bJRMO
2月17日
彼女から連絡が来た。
お金も同封されてて、助かった。
お小遣いがなくなって来た頃だったから、助かった。あと家族とLINEでちょっとだけ会話した。

2月29日
4年1度の2月の29日。わたしは少しだけこの日が好きだ。
あぶれもんっていうか、半端な感じなのにでも日としては認められている。
ちょっとうれしくなり、こっそりと近くのコンビニに行った。
髪の毛切り、眼鏡とマスクしていれば解らないものなのかって思うとバレなかったのが嬉しい。
がでも悲しくなった…
出版社が私をキャラに推しててくれたバッグが売っていた、でもチープに見えてきた………

62名無し百物語2020/09/18(金) 19:00:59.85ID:y09bJRMO
3月5日
彼女から連絡が来た。
お金も同封されてて、助かった。
あと上の姉とLINEでちょっとだけ会話した。祖母が心労が溜まり入院したって事を言ってた。
下の姉が急性腸炎で入院したのも、その時初めて知った。
それと上の…が離婚したのを、その時初めて知った。〈…ごめんなさい…〉と心の中で謝った。

3月10日
心ない書き込みに胸が痛んだ。なぜって姉がそれを書き込んだんだろうって予想出来たから………

3月12日
あと家族とLINEでちょっとだけ会話した、すぐ上の姉が、「あの記事、捏造だからね。
そんな事言ってないよ」って言っていたのがおかしかったが笑い堪えた。
大丈夫だよ、あんたの事信じてないからさあ…って思ったが「うん、わかったよ。お姉ちゃん」
と返事をした。〈私まだまだ女優としてイケれんじゃん!〉って思った。

63名無し百物語2020/09/18(金) 19:06:03.30ID:y09bJRMO
3月14日
変装ってレベルにする為(?)にボブからショートにした。
色もベージュから「ミントアッシュ」染め変えた。鏡に写る私の姿を見ると別の伊達メガネ
の事もあって、もう昔の私だと思う人はいない?って思えた。
借りてたこの部屋を掃除しようと思いたった。そうしたら手荷物の中から彼から、もらった
あのカメラが出てきた。こっそりと出て〈女子カメラ〉して来た。

3月16日
またカメラを持ち、女子カメラしてきた。
なぜだかここ2,3日は事務所からはマネさんも、連絡も来なくて不思議だった。同時に気
持ちも楽になってるのも事実だった。
戻ったら彼女から連絡が来ていた。集合の場所と日時が連絡されていた。
破ってからトイレで流した。

64名無し百物語2020/09/18(金) 19:11:50.62ID:y09bJRMO
2020年3月、
寒の戻り、真冬のような寒い日…。「へっ」と我ながら間抜けな声だった。
そう声を出したあと、何かで後頭部を2度殴られ意識を失った。それが私という女の
人生劇場の最後のセリフとなった。
私は二度と意識が戻る事はなかった…
「…ごめんねぇ、お口がいっぱいあるとねぇ、後々で色々と面倒になるの」
と言って彼女は私の首にロープをかけぐぃと引っ張った(もうとっくに意識は無いのに)
「色々と役に立ってくれてありがとう、でもここでお別れねえ」
と言って彼女は私の首にロープをかけ、「そして、さようなら」と言いつつしっかりと
また私にトドメをさした。
「さてと」といい小さなハサミを取り出した。それで私が着て来たコート、ジャケット
ブラウス、下着類、パンツ、パンストを切り裂き私を真っ裸にした。
そこからは別に呼び出されていたあの人の出番だった。

65名無し百物語2020/09/18(金) 19:12:14.00ID:y09bJRMO
「ねえ、あんたがちょっとでも好きになって、熱心に愛撫した体だし。最後ぐらいは…
手だししたいでしょ」
あの人はただ黙っているだけだった…
「まったくバカよ、大バカ!こんな小娘に二股かけられて、気が付いてなくって証拠の
資料取られて、脅されて、挙句どっちの子供か解らないのに堕胎の費用の借用書!」
またうなだれた。
「この金額!!!どこのハリウッドスターが行く病院よ!ここ日本だからね!!」
「これ!誰が代りに払ってあげたの?あんたの母親!?」
「違うでしょ!!!」
「ほら、とっととやってしまいなよ」
続いてキャンプ用の小型のバーナーで小型のフライパンを熱すると、私の両手の指紋と
掌紋を焼き始めた。焦げた匂いが当りに漂い始めるが、振り出した雪によって消し去ら
れていった…

66名無し百物語2020/09/18(金) 19:15:01.52ID:y09bJRMO
左手の人差し指から始まり、最後は右手の親指だった。
「…事務所には〈失踪〉でケリつけてとくから」
まだうなだれたままだった。
「…互いに一生言えないよね、この件は…」とあの人がぼそりっと言ったが、彼女の耳
には届いてはいなかった。
あの人は私の顔に毛布をかけると、金属ではない固いゴムのハンマーを使い歯を折り始
めた。私の顔は金属製のハンマーで潰された。
次にあの人がナイフとピックを使い胸骨の下辺りに5cm程の孔が2つ、おへその辺り
に3cm程の孔が3つ開けられた。
腐敗が始まった時そこからガスが抜ける様にする為なんだと言っていた。

67名無し百物語2020/09/18(金) 19:20:56.96ID:y09bJRMO
なんだぁバレてたのか私が二股かけてった事。
そしてあのインスタ裏垢も、画像も、みんな彼との思い出写真を加工したものだって事も
「…重要なのは、その存在がこっちの手の中にあるんだって事を信じさせる事。こいつの
生死は…たいして問題にはならない!」
って彼女はそれが私だったモノを指さして言ったんだ。
シロイユキガ、ワタシト、カノジョト、アノヒトノ上に重ねて降り続いていく…
「…とにかく、互いの事務所にはケリつけてとくからね」
そう彼女は怒った声を出した。それからの私はシートに厳重にグルグルにくるまれ、しっ
かりとロープを何重にも巻かれ、重石をつけられて…あの人とあの人の元奥さんの手で、
農業用貯水池の一番深い所へと〈ドボン〉と落とされた。
もう体も無い幽霊なのに直感でこの水は寒いなあと思った。雪は次の日まで降っていた。

(彼女の23回目の誕生日に捧ぐ *これはフィクションです)

新着レスの表示
レスを投稿する