WHY@DOLL Part8 [無断転載禁止]©2ch.net

レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。
1ファンクラブ会員番号7742017/01/27(金) 23:58:13.08ID:k4DaTqn4
北海道札幌出身で現在は関東を中心に活動するオーガニックガールズユニットWHY@DOLLを応援するスレです
■公式サイト
http://www.versionmusic.net/whydoll/
■メンバー
青木千春
ニックネーム:ちはるん
生年月日:1993年1月21日
公式ブログ:http://ameblo.jp/chihapon-0121/
twitterアカウント:@aokichiharu

浦谷はるな
ニックネーム:はーちゃん
生年月日:1995年4月1日
公式ブログ:http://ameblo.jp/hum-hum-mofy/
twitterアカウント:@humhum0401
■スタッフtwitterアカウント
@WHYDOLL2014
■showroom 
https://www.showroom-live.com/WHYDOLL
■WHY@DOLL(ホワイドール) 日々これ日常(CDでーた連載)
https://www.cddata-mag.com/whydoll/
前スレ
WHY@DOLL Part7
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1481639071/

2ファンクラブ会員番号7742017/01/28(土) 00:08:55.49ID:u1N/5DjW
>>1

3ファンクラブ会員番号7742017/01/28(土) 00:18:26.43ID:ARdUna4H
>>1
重複ですので
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

4ファンクラブ会員番号7742017/01/28(土) 00:25:29.79ID:KQNgODh6
こ、これは>>1乙じゃなくて
桜通線なんだから
変な勘違いしないでよね!

         久
     名  屋
     古  大
     _屋__通__
   /:○: : : ○ : : : :ヽ 名古屋⇔徳重
    ̄ 今池フ ○ : /     35分
       /: : : :/
 御器所/: :○: :/
     /: : : : : /
    ,': : : : : :/   鳴  相  神  徳
新瑞橋: ○ : { 野 子  生
    {: : : : : :丶並__北_山_沢_重
     '.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
     \: : : : :○: :□: : :□: : □: : :□ )
       \ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ノ
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

5ファンクラブ会員番号7742017/01/28(土) 00:48:46.64ID:LNxlfTJV

6ファンクラブ会員番号7742017/01/28(土) 01:17:23.09ID:0qYjVEeK
重複です
移動してください


http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483987951/

7ファンクラブ会員番号7742017/01/28(土) 02:02:44.70ID:OVez503m
俺は人類最強の新聞配達員というコピーに引かれ
人類最強になるためにはどうすればよいのか考えた
人類最強なのだからどんなこともできる
手始めに全裸でバイクにまたがり朝もやの立ちこもる町を走り出す
新聞を取り出し、天声人語を精読し、署名を自分の名前に書き換える
ゴミ収集車のおじさんが呆然としながら見ているが人類最強なので気にしない
村田兆治の生霊が乗り移ったかのようなフォームでポストに新聞を次々と投げ入れて行く
おじさんはマサカリ投法に感動して収集車に乗り走り去る
だがまだ最強には不十分
次は女性会社員(23)に「アサヒがサンサン、アサヒがサンサン」と叫びながら近づく
女性会社員(23)は帰宅の途中だったが人類最強なので無視
バイクの上に全裸で逆立ちをしながら
「中国に配慮しろ!!韓国に補償しろ!!」と絶叫
女性会社員(23)は大泣きで退散
確実に人類最強に近づく
冷えて来たのでとりあえず下着だけ身につけ帰宅
見事な自分の仕事ぶりに満足し、日課のグアバ茶を一気飲みする
ふと外を見るとをパトカーの大群を発見
女性会社員(23)の通報を受けた警官達を発見
俺は泣いた

8ファンクラブ会員番号7742017/01/28(土) 02:44:54.46ID:wBzAImBM
日本最初の天皇神武帝は八百万の神々の住む高天原の主神アマテラス(天照大神)の直系の子孫である。
  
神武帝は即位前の45歳のときに天孫降臨の地タカチホから日本統一を目指してヤマトへ出立した(神武東征)が、5年の歳月を経て奈良盆地に入ろうといたとき先住民の豪族ナガスネヒコの抵抗にあって敗退した。

これは日の神の皇子が太陽(東上)に向かって進軍したためだと反省,海路で熊野川河口に下り、太陽を背にして北上することにした。

この十津川進軍は難航したが、高天原から様子を見ていたアマテラスは八咫烏(ヤタガラス)を遣わして道案内をさせて進軍を支援、奈良盆地到着後は再びナガスネヒコと対峙した。

しかし、神武帝の弓にアマテラスが遣わした黄金色のトビ(金鵄)がとまって眩惑(上写真)したためナガスネヒコの軍は背走、BC660年2月11日ヤマトを平定した神武帝(51歳)は橿原神宮で天皇に即位したといわれる。

ところで神武帝を道案内した八咫烏は太陽の化身とされる三本足の烏で、現在はサッカー日本代表のエンブレム(写真@)として使用されている。又、金鵄は旧憲法下で軍功のあった軍人のみに授与された金鵄勲章で知られるが、戦後は無論廃止されている。

以上は古事記・日本書紀の神話に基づく伝承であるが,両書は8世紀初頭に天武帝によって編纂(創作)された天皇由来記である。

ちなみに、645年の大化改新以前にはアマテラス(天照大神)の記述は無く、天孫降臨の神話は日本と関係深い朝鮮南部の伽耶(任那日本府所在地)の建国神話と酷似していることから、神武東征も大陸から渡来した天皇族がヤマトを平定して建国したという説もある。

一方、BC660年の根拠は干支で記された日本書紀の神武帝即位年「辛酉年春正月」を明治6年(1873年)にグレゴリオ暦採用後算出したもので、2月11日の紀元節(建国記念日)も同年から始まったものである。

したがって江戸時代までは天皇やその宗教である神社神道への関心は薄く、天皇が神聖化され国家神道が国教とされたのはいずれも1867年の明治維新(王政復古)後のことで、、日本最初の皇居とされる橿原神宮(写真A)が建立されたのは明治23年(1890年)である。

9ファンクラブ会員番号7742017/01/28(土) 03:52:30.20ID:cyR0wi5V
                

   
       ,ィ´ ̄ ̄`i 、
       i .|    .:|::|
       | :|    .:::|::|
       .| `ー-一´:::|
       |      :::|
        | ............:::::::|
        .|     ::::|
        |     ::::|
        .|     ::::|    __,-─‐-、
         |      :::|─┬´     .\
         |   .....::::::::|-‐´_      `、
         .| .....:::::::::: ::::| ̄  `ヽ、,::::....  ヽ
         | : ...::::::.....::::|:::::    ヾ:::::::...  `、
     _-─‐-_| ..:::::::::::::::::..:|:::     ヾ::::::::   ヽ
    ./    :::|:...   ...::: :|::.      i::::::  ...:::|
    |     :::| :::::::::::::::  :|::       ヾ:: ..::::::/
   .,イ     ::::|       :|:        |::.::::::::/
  / |      ::::|       :|:        |:::::::::/
  i  :|      ::リ       :ト、         :/
 .|  |:::::::...    :::::::::::    |        :::: .::|
  |:::. |:::::::::    ::::::::::::    ;;::::::::     ::;;;:::::::|
  |::::  ::::::::::   :::::::::::::::   :::::::::::::.......,,,;;;;;;;;;;:::::イ
  .|:::  ::::::::::::.......:::::::::::::::::.. :::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::`ヽ、

10ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 16:59:50.36ID:FnJBduAB
新曲ってもう披露されたのですか?

11ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 17:04:07.53ID:Trl33Y+2
>>10
まだ披露されてません

なおここは重複スレですので
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

12ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 18:48:20.75ID:QHHc/6GQ
>>11
そのスレはワッチョイID付きなので行きません

13ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 18:57:21.10ID:/5ijsBI/
やましいところがあるから
ワッチョイダメなんでしょうな
兎に角ここは重複なんで書き込まないように

14ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 18:58:08.01ID:/5ijsBI/
ここは重複スレですので
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

15ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 19:36:09.66ID:X7uS7sz1
 
1 名前:ファンクラブ会員番号774 転載ダメ©2ch.net (ワッチョイ df71-8xKb [219.111.164.217])[] 投稿日:2017/01/09(月) 19:38:43.96 ID:IFPP3s2a0
北海道札幌出身で現在は関東を中心に活動するオーガニックガールズユニットWHY@DOLLを応援するスレです


102 名前:ファンクラブ会員番号774 (ワッチョイ df71-8xKb [111.216.91.254])[] 投稿日:2017/01/04(水) 21:28:44.76 ID:P1WwTPja0
麻里ちゃんのうんこ食べたい



IP変わっててもワッチョイ一緒(^Д^)ギャハ
そのスレ変体が立てた変体スレじゃん

16ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 20:14:39.48ID:/5ijsBI/
ここは重複スレですので
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

17ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 20:14:51.36ID:/5ijsBI/
ここは重複スレですので
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

18ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 21:12:49.42ID:z+EwIfFz
どこが本スレだか分からなかったけど荒らされてるからここが本スレですね

19ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 21:47:33.57ID:/5ijsBI/
ここは重複スレですので
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

20ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 21:57:57.93ID:lD6Rp6r2
そのスレって2人しか書き込んでないじゃん

って思ったが1人じゃんかw

たぶん自分の立てたスレを使わせようとしてこのスレ荒らしてるんだろなぁ〜

21ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 21:59:01.64ID:/5ijsBI/
ここは重複スレですので
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

22ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 21:59:16.01ID:/5ijsBI/
ここは重複スレですので
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

23ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 21:59:23.67ID:/5ijsBI/
ここは重複スレですので
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

24ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 22:00:01.46ID:/5ijsBI/
普通に規約違反だぞ

25ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 22:00:10.07ID:/5ijsBI/
ここは重複スレですので
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

26ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 22:01:00.21ID:/5ijsBI/
ここは重複スレですので
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

27ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 22:01:07.77ID:/5ijsBI/
ここは重複スレですので
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

28ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 22:01:35.08ID:/5ijsBI/
ここは重複スレですので
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

29ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 22:01:42.48ID:/5ijsBI/
ここは重複スレですので
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

30ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 22:03:36.98ID:/5ijsBI/
ここは重複スレですので
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

31ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 22:04:59.62ID:/5ijsBI/
重複スレですので
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

素直にIPとワッチョイ受け入れろ

32ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 22:05:47.97ID:/5ijsBI/
重複スレですので
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

素直にIPとワッチョイ受け入れろ

33ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 22:06:06.60ID:/5ijsBI/
重複スレですので
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

素直にIPとワッチョイ受け入れろ

34ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 22:08:43.71ID:/5ijsBI/
重複スレですので
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

素直にIPとワッチョイ受け入れろ

35ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 22:08:53.50ID:/5ijsBI/
重複スレですので
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

素直にIPとワッチョイ受け入れろ

36ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 22:10:41.37ID:/5ijsBI/
重複スレです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

37ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 22:11:09.55ID:/5ijsBI/
重複スレです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

38ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 22:14:59.87ID:/5ijsBI/
重複スレです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

39ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 22:16:14.38ID:/5ijsBI/
重複スレです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

40ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 22:18:30.60ID:/5ijsBI/
重複スレです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

41ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 22:19:05.39ID:/5ijsBI/
こちらが本スレです
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

42ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 22:21:52.10ID:/5ijsBI/
こちらが本スレです
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

43ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 22:21:58.59ID:/5ijsBI/
こちらが本スレです
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

44ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 22:25:54.41ID:/5ijsBI/
こちらが本スレです
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

45ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 22:30:23.73ID:/5ijsBI/
こちらが本スレです
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

46ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 22:30:54.38ID:/5ijsBI/
こちらが本スレです
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

47ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 22:39:07.68ID:OynwGEpj
>>15
これは酷いwwwww

48ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 22:41:40.43ID:/5ijsBI/
こちらが本スレです
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

49ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 22:43:32.00ID:/5ijsBI/
こちらが本スレです
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

50ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 22:52:49.37ID:/5ijsBI/
こちらが本スレです
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

51ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 23:01:57.59ID:NWtMY2Ze
 
1 名前:ファンクラブ会員番号774 転載ダメ©2ch.net (ワッチョイ df71-8xKb [219.111.164.217])[] 投稿日:2017/01/09(月) 19:38:43.96 ID:IFPP3s2a0
北海道札幌出身で現在は関東を中心に活動するオーガニックガールズユニットWHY@DOLLを応援するスレです


102 名前:ファンクラブ会員番号774 (ワッチョイ df71-8xKb [111.216.91.254])[] 投稿日:2017/01/04(水) 21:28:44.76 ID:P1WwTPja0
麻里ちゃんのうんこ食べたい

52ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 23:16:41.52ID:OynwGEpj
>>51


IPアドレス 219.111.164.217
ホスト名 pdb6fa4d9.sitmnt01.ap.so-net.ne.jp
IPアドレス割当てエリア
国 日本
都道府県(CF値) 埼玉 ( 95 )
市区町村(CF値) さいたま市 ( 55 )




IPアドレス 111.216.91.254
ホスト名 p6fd85bfe.sitmnt01.ap.so-net.ne.jp
IPアドレス割当てエリア
国 日本
都道府県(CF値) 埼玉 ( 95 )
市区町村(CF値) さいたま市 ( 55 )



ワッチョイ df71-8xKbは同じ

53ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 23:20:58.70ID:GKZO5Pan
変態が建てたにしろ
あっちのほうが先に立ってるから
ワッチョイスレ使えよ

54ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 23:26:12.64ID:ImdzqZwP
こっちのスレも荒らしが建てたんだよな
荒らしvs.スカトロマニアの闘いやな

55ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 23:27:29.84ID:ImdzqZwP
 直譯なるもの及び之れと密接の關係ある不完全なる和譯英字書の譯語を其儘に用うるの弊害世に知られて、
英學界の呪詛となりたれども、單に代名詞、助動詞等の譯し振りを變じたるのみにして、種々の事情より此弊未だ一掃せられず、
此形式的譯法は原文の意義を發揮するに於て甚だ不完全のみならず、諸子一度此習癖に染まば修學上の害測り知るべからざるものあらん。
又之れと全く反對の自由なる意譯法は、單に譯文として見る時は兎に角、諸子が修學の助けとして遺憾甚だ多し。著者等は原文の成句成文を單位として其意義を十分に譯出し、
邦語の語法の許す限りは原文の一語をも忽かせにせざらんことを努め、且つ譯文中に屡々原文を
(「插」でつくりの縦棒が下に突き抜けている、第4水準2-13-28)入して譯文との關係を示し、又其※(「插」でつくりの縦棒が下に突き抜けている、第4水準2-13-28)
の原文は直ちに和文英譯の參考たらんことに意を用ゐたり。盖し是れ至難の業、茲には著者等の意のある所を一言し、如何に之れに成功したるかは諸子の判斷に委せんとす。
 最後に諸子の注意を促さんに、原文と譯文とを對照して其意義を解したるのみに放擲せば、諸子の惱中に留まるは恐らく譯文にして原文にあらざらん、
是れ英文を讀むと稱するも其實邦文を讀みたるものなり。著者等は諸子に切言す、相對照して其意義を明かにしたる後更に原文のみを數回音讀して其印象を得られんことを、
且つ譯文によりて和文英譯を試みられなば頗る有益の練習となり、著者等が此微々たる盡力を最大に利益に應用するものと云ふべし。
譯註者識

        ――――――
          注意
 譯解の都合上原書の一パラグラフを幾段にも分つの必要を生ぜり、但し段落の初行を一字劃右に寄せたるが原書に於けるパラグラフの始めと知るべし。
[#改丁]

本篇緒言

 譯者は本叢書第六篇『無人島日記』の緒言に於て、『ロビンソン、クルーソー漂流記』は冐險的、商業的、實際的なるアングロサキソンの特性を具體にしたるものなることを云へり。
然れども是等の特色は未だ以て偉大なる國民を形成するに足らず、更に個人の品性を堅實にし、國民の理想を高遠ならしむる、道徳的、靈性的勢力の大なるものあるを要す。譯者は茲に本篇『アーサー王物語』に於て、
アングロサキソン人種をして眞に偉大なる國民たらしめたる、更に重要にして根本的なる其性格理想の幾分を諸子に紹介するの機を得たるを悦ぶ。
 アーサー王圓卓士の物語は、五世紀の半

56ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 23:27:45.47ID:ImdzqZwP
 直譯なるもの及び之れと密接の關係ある不完全なる和譯英字書の譯語を其儘に用うるの弊害世に知られて、
英學界の呪詛となりたれども、單に代名詞、助動詞等の譯し振りを變じたるのみにして、種々の事情より此弊未だ一掃せられず、
此形式的譯法は原文の意義を發揮するに於て甚だ不完全のみならず、諸子一度此習癖に染まば修學上の害測り知るべからざるものあらん。
又之れと全く反對の自由なる意譯法は、單に譯文として見る時は兎に角、諸子が修學の助けとして遺憾甚だ多し。著者等は原文の成句成文を單位として其意義を十分に譯出し、
邦語の語法の許す限りは原文の一語をも忽かせにせざらんことを努め、且つ譯文中に屡々原文を
(「插」でつくりの縦棒が下に突き抜けている、第4水準2-13-28)入して譯文との關係を示し、又其※(「插」でつくりの縦棒が下に突き抜けている、第4水準2-13-28)
の原文は直ちに和文英譯の參考たらんことに意を用ゐたり。盖し是れ至難の業、茲には著者等の意のある所を一言し、如何に之れに成功したるかは諸子の判斷に委せんとす。
 最後に諸子の注意を促さんに、原文と譯文とを對照して其意義を解したるのみに放擲せば、諸子の惱中に留まるは恐らく譯文にして原文にあらざらん、
是れ英文を讀むと稱するも其實邦文を讀みたるものなり。著者等は諸子に切言す、相對照して其意義を明かにしたる後更に原文のみを數回音讀して其印象を得られんことを、
且つ譯文によりて和文英譯を試みられなば頗る有益の練習となり、著者等が此微々たる盡力を最大に利益に應用するものと云ふべし。
譯註者識

        ――――――
          注意
 譯解の都合上原書の一パラグラフを幾段にも分つの必要を生ぜり、但し段落の初行を一字劃右に寄せたるが原書に於けるパラグラフの始めと知るべし。
[#改丁]

本篇緒言

 譯者は本叢書第六篇『無人島日記』の緒言に於て、『ロビンソン、クルーソー漂流記』は冐險的、商業的、實際的なるアングロサキソンの特性を具體にしたるものなることを云へり。
然れども是等の特色は未だ以て偉大なる國民を形成するに足らず、更に個人の品性を堅實にし、國民の理想を高遠ならしむる、道徳的、靈性的勢力の大なるものあるを要す。譯者は茲に本篇『アーサー王物語』に於て、
アングロサキソン人種をして眞に偉大なる國民たらしめたる、更に重要にして根本的なる其性格理想の幾分を諸子に紹介するの機を得たるを悦ぶ。
 アーサー王圓卓士の物語は、五世紀の半

57ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 23:29:45.66ID:uOOtfi9m
前スレでID赤くして一人で埋め立てしてたのは埼玉野郎だったのか
気に入らない書き込みは埋め立てでスレを流す
人間クズとし言いようがない

58ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 23:38:27.10ID:ImdzqZwP
 直譯なるもの及び之れと密接の關係ある不完全なる和譯英字書の譯語を其儘に用うるの弊害世に知られて、
英學界の呪詛となりたれども、單に代名詞、助動詞等の譯し振りを變じたるのみにして、種々の事情より此弊未だ一掃せられず、
此形式的譯法は原文の意義を發揮するに於て甚だ不完全のみならず、諸子一度此習癖に染まば修學上の害測り知るべからざるものあらん。
又之れと全く反對の自由なる意譯法は、單に譯文として見る時は兎に角、諸子が修學の助けとして遺憾甚だ多し。著者等は原文の成句成文を單位として其意義を十分に譯出し、
邦語の語法の許す限りは原文の一語をも忽かせにせざらんことを努め、且つ譯文中に屡々原文を
(「插」でつくりの縦棒が下に突き抜けている、第4水準2-13-28)入して譯文との關係を示し、又其※(「插」でつくりの縦棒が下に突き抜けている、第4水準2-13-28)
の原文は直ちに和文英譯の參考たらんことに意を用ゐたり。盖し是れ至難の業、茲には著者等の意のある所を一言し、如何に之れに成功したるかは諸子の判斷に委せんとす。
 最後に諸子の注意を促さんに、原文と譯文とを對照して其意義を解したるのみに放擲せば、諸子の惱中に留まるは恐らく譯文にして原文にあらざらん、
是れ英文を讀むと稱するも其實邦文を讀みたるものなり。著者等は諸子に切言す、相對照して其意義を明かにしたる後更に原文のみを數回音讀して其印象を得られんことを、
且つ譯文によりて和文英譯を試みられなば頗る有益の練習となり、著者等が此微々たる盡力を最大に利益に應用するものと云ふべし。
譯註者識

        ――――――
          注意
 譯解の都合上原書の一パラグラフを幾段にも分つの必要を生ぜり、但し段落の初行を一字劃右に寄せたるが原書に於けるパラグラフの始めと知るべし。
[#改丁]

本篇緒言

 譯者は本叢書第六篇『無人島日記』の緒言に於て、『ロビンソン、クルーソー漂流記』は冐險的、商業的、實際的なるアングロサキソンの特性を具體にしたるものなることを云へり。
然れども是等の特色は未だ以て偉大なる國民を形成するに足らず、更に個人の品性を堅實にし、國民の理想を高遠ならしむる、道徳的、靈性的勢力の大なるものあるを要す。譯者は茲に本篇『アーサー王物語』に於て、
アングロサキソン人種をして眞に偉大なる國民たらしめたる、更に重要にして根本的なる其性格理想の幾分を諸子に紹介するの機を得たるを悦ぶ。
 アーサー王圓卓士の物語は、五世紀の半

59ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 23:38:49.55ID:ImdzqZwP
 直譯なるもの及び之れと密接の關係ある不完全なる和譯英字書の譯語を其儘に用うるの弊害世に知られて、
英學界の呪詛となりたれども、單に代名詞、助動詞等の譯し振りを變じたるのみにして、種々の事情より此弊未だ一掃せられず、
此形式的譯法は原文の意義を發揮するに於て甚だ不完全のみならず、諸子一度此習癖に染まば修學上の害測り知るべからざるものあらん。
又之れと全く反對の自由なる意譯法は、單に譯文として見る時は兎に角、諸子が修學の助けとして遺憾甚だ多し。著者等は原文の成句成文を單位として其意義を十分に譯出し、
邦語の語法の許す限りは原文の一語をも忽かせにせざらんことを努め、且つ譯文中に屡々原文を
(「插」でつくりの縦棒が下に突き抜けている、第4水準2-13-28)入して譯文との關係を示し、又其※(「插」でつくりの縦棒が下に突き抜けている、第4水準2-13-28)
の原文は直ちに和文英譯の參考たらんことに意を用ゐたり。盖し是れ至難の業、茲には著者等の意のある所を一言し、如何に之れに成功したるかは諸子の判斷に委せんとす。
 最後に諸子の注意を促さんに、原文と譯文とを對照して其意義を解したるのみに放擲せば、諸子の惱中に留まるは恐らく譯文にして原文にあらざらん、
是れ英文を讀むと稱するも其實邦文を讀みたるものなり。著者等は諸子に切言す、相對照して其意義を明かにしたる後更に原文のみを數回音讀して其印象を得られんことを、
且つ譯文によりて和文英譯を試みられなば頗る有益の練習となり、著者等が此微々たる盡力を最大に利益に應用するものと云ふべし。
譯註者識

        ――――――
          注意
 譯解の都合上原書の一パラグラフを幾段にも分つの必要を生ぜり、但し段落の初行を一字劃右に寄せたるが原書に於けるパラグラフの始めと知るべし。
[#改丁]

本篇緒言

 譯者は本叢書第六篇『無人島日記』の緒言に於て、『ロビンソン、クルーソー漂流記』は冐險的、商業的、實際的なるアングロサキソンの特性を具體にしたるものなることを云へり。
然れども是等の特色は未だ以て偉大なる國民を形成するに足らず、更に個人の品性を堅實にし、國民の理想を高遠ならしむる、道徳的、靈性的勢力の大なるものあるを要す。譯者は茲に本篇『アーサー王物語』に於て、
アングロサキソン人種をして眞に偉大なる國民たらしめたる、更に重要にして根本的なる其性格理想の幾分を諸子に紹介するの機を得たるを悦ぶ。
 アーサー王圓卓士の物語は、五世紀の半

60ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 23:39:10.19ID:ImdzqZwP
 直譯なるもの及び之れと密接の關係ある不完全なる和譯英字書の譯語を其儘に用うるの弊害世に知られて、
英學界の呪詛となりたれども、單に代名詞、助動詞等の譯し振りを變じたるのみにして、種々の事情より此弊未だ一掃せられず、
此形式的譯法は原文の意義を發揮するに於て甚だ不完全のみならず、諸子一度此習癖に染まば修學上の害測り知るべからざるものあらん。
又之れと全く反對の自由なる意譯法は、單に譯文として見る時は兎に角、諸子が修學の助けとして遺憾甚だ多し。著者等は原文の成句成文を單位として其意義を十分に譯出し、
邦語の語法の許す限りは原文の一語をも忽かせにせざらんことを努め、且つ譯文中に屡々原文を
(「插」でつくりの縦棒が下に突き抜けている、第4水準2-13-28)入して譯文との關係を示し、又其※(「插」でつくりの縦棒が下に突き抜けている、第4水準2-13-28)
の原文は直ちに和文英譯の參考たらんことに意を用ゐたり。盖し是れ至難の業、茲には著者等の意のある所を一言し、如何に之れに成功したるかは諸子の判斷に委せんとす。
 最後に諸子の注意を促さんに、原文と譯文とを對照して其意義を解したるのみに放擲せば、諸子の惱中に留まるは恐らく譯文にして原文にあらざらん、
是れ英文を讀むと稱するも其實邦文を讀みたるものなり。著者等は諸子に切言す、相對照して其意義を明かにしたる後更に原文のみを數回音讀して其印象を得られんことを、
且つ譯文によりて和文英譯を試みられなば頗る有益の練習となり、著者等が此微々たる盡力を最大に利益に應用するものと云ふべし。
譯註者識

        ――――――
          注意
 譯解の都合上原書の一パラグラフを幾段にも分つの必要を生ぜり、但し段落の初行を一字劃右に寄せたるが原書に於けるパラグラフの始めと知るべし。
[#改丁]

本篇緒言

 譯者は本叢書第六篇『無人島日記』の緒言に於て、『ロビンソン、クルーソー漂流記』は冐險的、商業的、實際的なるアングロサキソンの特性を具體にしたるものなることを云へり。
然れども是等の特色は未だ以て偉大なる國民を形成するに足らず、更に個人の品性を堅實にし、國民の理想を高遠ならしむる、道徳的、靈性的勢力の大なるものあるを要す。譯者は茲に本篇『アーサー王物語』に於て、
アングロサキソン人種をして眞に偉大なる國民たらしめたる、更に重要にして根本的なる其性格理想の幾分を諸子に紹介するの機を得たるを悦ぶ。
 アーサー王圓卓士の物語は、五世紀の半

61ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 23:49:09.63ID:9fvkNIA7
>>57
散々くだらない荒らしし続けてよくいうわw

62ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 23:55:06.68ID:faERVspQ
般若心経は始め「仏説」からはじまるんですよ
正しくはこうなるハズ
 仏説摩訶般若波羅蜜多心経
観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 
度一切苦厄 舎利子 色不異空 空不異色 色即是空 
空即是色 受想行識亦復如是 舎利子 是諸法空相 
不生不滅 不垢不浄 不増不減 是故空中 
無色 無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法 
無眼界 乃至無意識界 無無明亦 無無明尽 
乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得 
以無所得故 菩提薩埵 依般若波羅蜜多故 
心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想 
究竟涅槃 三世諸仏 依般若波羅蜜多故 
得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多 
是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪 
能除一切苦 真実不虚 故説般若波羅蜜多呪 
即説呪日 羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 
菩提薩婆訶 般若心経 

63ファンクラブ会員番号7742017/02/04(土) 23:55:45.14ID:faERVspQ
般若心経は始め「仏説」からはじまるんですよ
正しくはこうなるハズ
 仏説摩訶般若波羅蜜多心経
観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 
度一切苦厄 舎利子 色不異空 空不異色 色即是空 
空即是色 受想行識亦復如是 舎利子 是諸法空相 
不生不滅 不垢不浄 不増不減 是故空中 
無色 無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法 
無眼界 乃至無意識界 無無明亦 無無明尽 
乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得 
以無所得故 菩提薩埵 依般若波羅蜜多故 
心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想 
究竟涅槃 三世諸仏 依般若波羅蜜多故 
得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多 
是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪 
能除一切苦 真実不虚 故説般若波羅蜜多呪 
即説呪日 羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 
菩提薩婆訶 般若心経 
般若心経は始め「仏説」からはじまるんですよ
正しくはこうなるハズ
 仏説摩訶般若波羅蜜多心経
観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 
度一切苦厄 舎利子 色不異空 空不異色 色即是空 
空即是色 受想行識亦復如是 舎利子 是諸法空相 
不生不滅 不垢不浄 不増不減 是故空中 
無色 無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法 
無眼界 乃至無意識界 無無明亦 無無明尽 
乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得 
以無所得故 菩提薩埵 依般若波羅蜜多故 
心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想 
究竟涅槃 三世諸仏 依般若波羅蜜多故 
得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多 
是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪 
能除一切苦 真実不虚 故説般若波羅蜜多呪 
即説呪日 羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 
菩提薩婆訶 般若心経  👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)

64ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:00:44.36ID:BZ51aHsu
 そのころ、東京中の町という町、家という家では、ふたり以上の人が顔をあわせさえすれば、
まるでお天気のあいさつでもするように、怪人「二十面相」のうわさをしていました。
「二十面相」というのは、毎日毎日、新聞記事をにぎわしている、ふしぎな盗賊とうぞくのあだ名です。
その賊は二十のまったくちがった顔を持っているといわれていました。つまり、変装へんそうがとびきりじょうずなのです。
 どんなに明るい場所で、どんなに近よってながめても、少しも変装とはわからない、まるでちがった人に見えるのだそうです。
老人にも若者にも、富豪ふごうにも乞食こじきにも、学者にも無頼漢ぶらいかんにも、いや、女にさえも、まったくその人になりきってしまうことができるといいます。
 では、その賊のほんとうの年はいくつで、どんな顔をしているのかというと、それは、だれひとり見たことがありません。
二十種もの顔を持っているけれど、そのうちの、どれがほんとうの顔なのだか、だれも知らない。いや、賊自身でも、ほんとうの顔をわすれてしまっているのかもしれません。それほど、たえずちがった顔、ちがった姿で、人の前にあらわれるのです。
 そういう変装の天才みたいな賊だものですから、警察でもこまってしまいました。いったい、どの顔を目あてに捜索したらいいのか、まるで見当がつかないからです。
 ただ、せめてものしあわせは、この盗賊は、宝石だとか、美術品だとか、美しくてめずらしくて、ひじょうに高価な品物をぬすむばかりで、現金にはあまり興味を持たないようですし、
それに、人を傷つけたり殺したりする、ざんこくなふるまいは、一度もしたことがありません。血がきらいなのです。
 しかし、いくら血がきらいだからといって、悪いことをするやつのことですから、自分の身があぶないとなれば、それをのがれるためには、何をするかわかったものではありません。
東京中の人が「二十面相」のうわさばかりしているというのも、じつは、こわくてしかたがないからです。
 ことに、日本にいくつという貴重な品物を持っている富豪などは、ふるえあがってこわがっていました。
今までのようすで見ますと、いくら警察へたのんでも、ふせぎようのない、おそろしい賊なのですから。
 この「二十面相」には、一つのみょうなくせがありました。何かこれという貴重な品物をねらいますと、かならず前もって、いついく日にはそれをちょうだいに参上するという、予告状を送ることです。
賊ながらも、不公平なたたかいはしたくないと心がけているのかもしれません。
それともまた、いくら用心しても、ちゃんと取ってみせるぞ、おれの腕まえは、こんなものだと、ほこりたいのかもしれません。
いずれにしても、大胆不敵だいたんふてき、傍若無人ぼうじゃくぶじんの怪盗かいとうといわねばなりません。

65ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:01:17.72ID:BZ51aHsu
 そのころ、東京中の町という町、家という家では、ふたり以上の人が顔をあわせさえすれば、
まるでお天気のあいさつでもするように、怪人「二十面相」のうわさをしていました。
「二十面相」というのは、毎日毎日、新聞記事をにぎわしている、ふしぎな盗賊とうぞくのあだ名です。
その賊は二十のまったくちがった顔を持っているといわれていました。つまり、変装へんそうがとびきりじょうずなのです。
 どんなに明るい場所で、どんなに近よってながめても、少しも変装とはわからない、まるでちがった人に見えるのだそうです。
老人にも若者にも、富豪ふごうにも乞食こじきにも、学者にも無頼漢ぶらいかんにも、いや、女にさえも、まったくその人になりきってしまうことができるといいます。
 では、その賊のほんとうの年はいくつで、どんな顔をしているのかというと、それは、だれひとり見たことがありません。
二十種もの顔を持っているけれど、そのうちの、どれがほんとうの顔なのだか、だれも知らない。いや、賊自身でも、ほんとうの顔をわすれてしまっているのかもしれません。それほど、たえずちがった顔、ちがった姿で、人の前にあらわれるのです。
 そういう変装の天才みたいな賊だものですから、警察でもこまってしまいました。いったい、どの顔を目あてに捜索したらいいのか、まるで見当がつかないからです。
 ただ、せめてものしあわせは、この盗賊は、宝石だとか、美術品だとか、美しくてめずらしくて、ひじょうに高価な品物をぬすむばかりで、現金にはあまり興味を持たないようですし、
それに、人を傷つけたり殺したりする、ざんこくなふるまいは、一度もしたことがありません。血がきらいなのです。
 しかし、いくら血がきらいだからといって、悪いことをするやつのことですから、自分の身があぶないとなれば、それをのがれるためには、何をするかわかったものではありません。
東京中の人が「二十面相」のうわさばかりしているというのも、じつは、こわくてしかたがないからです。
 ことに、日本にいくつという貴重な品物を持っている富豪などは、ふるえあがってこわがっていました。
今までのようすで見ますと、いくら警察へたのんでも、ふせぎようのない、おそろしい賊なのですから。
 この「二十面相」には、一つのみょうなくせがありました。何かこれという貴重な品物をねらいますと、かならず前もって、いついく日にはそれをちょうだいに参上するという、予告状を送ることです。
賊ながらも、不公平なたたかいはしたくないと心がけているのかもしれません。
それともまた、いくら用心しても、ちゃんと取ってみせるぞ、おれの腕まえは、こんなものだと、ほこりたいのかもしれません。
いずれにしても、大胆不敵だいたんふてき、傍若無人ぼうじゃくぶじんの怪盗かいとうといわねばなりません。

66ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:03:06.37ID:BZ51aHsu
 そのころ、東京中の町という町、家という家では、ふたり以上の人が顔をあわせさえすれば、
まるでお天気のあいさつでもするように、怪人「二十面相」のうわさをしていました。
「二十面相」というのは、毎日毎日、新聞記事をにぎわしている、ふしぎな盗賊とうぞくのあだ名です。
その賊は二十のまったくちがった顔を持っているといわれていました。つまり、変装へんそうがとびきりじょうずなのです。
 どんなに明るい場所で、どんなに近よってながめても、少しも変装とはわからない、まるでちがった人に見えるのだそうです。
老人にも若者にも、富豪ふごうにも乞食こじきにも、学者にも無頼漢ぶらいかんにも、いや、女にさえも、まったくその人になりきってしまうことができるといいます。
 では、その賊のほんとうの年はいくつで、どんな顔をしているのかというと、それは、だれひとり見たことがありません。
二十種もの顔を持っているけれど、そのうちの、どれがほんとうの顔なのだか、だれも知らない。いや、賊自身でも、ほんとうの顔をわすれてしまっているのかもしれません。それほど、たえずちがった顔、ちがった姿で、人の前にあらわれるのです。
 そういう変装の天才みたいな賊だものですから、警察でもこまってしまいました。いったい、どの顔を目あてに捜索したらいいのか、まるで見当がつかないからです。
 ただ、せめてものしあわせは、この盗賊は、宝石だとか、美術品だとか、美しくてめずらしくて、ひじょうに高価な品物をぬすむばかりで、現金にはあまり興味を持たないようですし、
それに、人を傷つけたり殺したりする、ざんこくなふるまいは、一度もしたことがありません。血がきらいなのです。
 しかし、いくら血がきらいだからといって、悪いことをするやつのことですから、自分の身があぶないとなれば、それをのがれるためには、何をするかわかったものではありません。
東京中の人が「二十面相」のうわさばかりしているというのも、じつは、こわくてしかたがないからです。
 ことに、日本にいくつという貴重な品物を持っている富豪などは、ふるえあがってこわがっていました。
今までのようすで見ますと、いくら警察へたのんでも、ふせぎようのない、おそろしい賊なのですから。
 この「二十面相」には、一つのみょうなくせがありました。何かこれという貴重な品物をねらいますと、かならず前もって、いついく日にはそれをちょうだいに参上するという、予告状を送ることです。
賊ながらも、不公平なたたかいはしたくないと心がけているのかもしれません。
それともまた、いくら用心しても、ちゃんと取ってみせるぞ、おれの腕まえは、こんなものだと、ほこりたいのかもしれません。
いずれにしても、大胆不敵だいたんふてき、傍若無人ぼうじゃくぶじんの怪盗かいとうといわねばなりません。

67ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:03:54.86ID:BZ51aHsu
 そのころ、東京中の町という町、家という家では、ふたり以上の人が顔をあわせさえすれば、
まるでお天気のあいさつでもするように、怪人「二十面相」のうわさをしていました。
「二十面相」というのは、毎日毎日、新聞記事をにぎわしている、ふしぎな盗賊とうぞくのあだ名です。
その賊は二十のまったくちがった顔を持っているといわれていました。つまり、変装へんそうがとびきりじょうずなのです。
 どんなに明るい場所で、どんなに近よってながめても、少しも変装とはわからない、まるでちがった人に見えるのだそうです。
老人にも若者にも、富豪ふごうにも乞食こじきにも、学者にも無頼漢ぶらいかんにも、いや、女にさえも、まったくその人になりきってしまうことができるといいます。
 では、その賊のほんとうの年はいくつで、どんな顔をしているのかというと、それは、だれひとり見たことがありません。
二十種もの顔を持っているけれど、そのうちの、どれがほんとうの顔なのだか、だれも知らない。いや、賊自身でも、ほんとうの顔をわすれてしまっているのかもしれません。それほど、たえずちがった顔、ちがった姿で、人の前にあらわれるのです。
 そういう変装の天才みたいな賊だものですから、警察でもこまってしまいました。いったい、どの顔を目あてに捜索したらいいのか、まるで見当がつかないからです。
 ただ、せめてものしあわせは、この盗賊は、宝石だとか、美術品だとか、美しくてめずらしくて、ひじょうに高価な品物をぬすむばかりで、現金にはあまり興味を持たないようですし、
それに、人を傷つけたり殺したりする、ざんこくなふるまいは、一度もしたことがありません。血がきらいなのです。
 しかし、いくら血がきらいだからといって、悪いことをするやつのことですから、自分の身があぶないとなれば、それをのがれるためには、何をするかわかったものではありません。
東京中の人が「二十面相」のうわさばかりしているというのも、じつは、こわくてしかたがないからです。
 ことに、日本にいくつという貴重な品物を持っている富豪などは、ふるえあがってこわがっていました。
今までのようすで見ますと、いくら警察へたのんでも、ふせぎようのない、おそろしい賊なのですから。
 この「二十面相」には、一つのみょうなくせがありました。何かこれという貴重な品物をねらいますと、かならず前もって、いついく日にはそれをちょうだいに参上するという、予告状を送ることです。
賊ながらも、不公平なたたかいはしたくないと心がけているのかもしれません。
それともまた、いくら用心しても、ちゃんと取ってみせるぞ、おれの腕まえは、こんなものだと、ほこりたいのかもしれません。
いずれにしても、大胆不敵だいたんふてき、傍若無人ぼうじゃくぶじんの怪盗かいとうといわねばなりません。

68ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:04:12.99ID:BZ51aHsu
 そのころ、東京中の町という町、家という家では、ふたり以上の人が顔をあわせさえすれば、
まるでお天気のあいさつでもするように、怪人「二十面相」のうわさをしていました。
「二十面相」というのは、毎日毎日、新聞記事をにぎわしている、ふしぎな盗賊とうぞくのあだ名です。
その賊は二十のまったくちがった顔を持っているといわれていました。つまり、変装へんそうがとびきりじょうずなのです。
 どんなに明るい場所で、どんなに近よってながめても、少しも変装とはわからない、まるでちがった人に見えるのだそうです。
老人にも若者にも、富豪ふごうにも乞食こじきにも、学者にも無頼漢ぶらいかんにも、いや、女にさえも、まったくその人になりきってしまうことができるといいます。
 では、その賊のほんとうの年はいくつで、どんな顔をしているのかというと、それは、だれひとり見たことがありません。
二十種もの顔を持っているけれど、そのうちの、どれがほんとうの顔なのだか、だれも知らない。いや、賊自身でも、ほんとうの顔をわすれてしまっているのかもしれません。それほど、たえずちがった顔、ちがった姿で、人の前にあらわれるのです。
 そういう変装の天才みたいな賊だものですから、警察でもこまってしまいました。いったい、どの顔を目あてに捜索したらいいのか、まるで見当がつかないからです。
 ただ、せめてものしあわせは、この盗賊は、宝石だとか、美術品だとか、美しくてめずらしくて、ひじょうに高価な品物をぬすむばかりで、現金にはあまり興味を持たないようですし、
それに、人を傷つけたり殺したりする、ざんこくなふるまいは、一度もしたことがありません。血がきらいなのです。
 しかし、いくら血がきらいだからといって、悪いことをするやつのことですから、自分の身があぶないとなれば、それをのがれるためには、何をするかわかったものではありません。
東京中の人が「二十面相」のうわさばかりしているというのも、じつは、こわくてしかたがないからです。
 ことに、日本にいくつという貴重な品物を持っている富豪などは、ふるえあがってこわがっていました。
今までのようすで見ますと、いくら警察へたのんでも、ふせぎようのない、おそろしい賊なのですから。
 この「二十面相」には、一つのみょうなくせがありました。何かこれという貴重な品物をねらいますと、かならず前もって、いついく日にはそれをちょうだいに参上するという、予告状を送ることです。
賊ながらも、不公平なたたかいはしたくないと心がけているのかもしれません。
それともまた、いくら用心しても、ちゃんと取ってみせるぞ、おれの腕まえは、こんなものだと、ほこりたいのかもしれません。
いずれにしても、大胆不敵だいたんふてき、傍若無人ぼうじゃくぶじんの怪盗かいとうといわねばなりません。

69ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:04:34.63ID:/BwAiLDL
 そのころ、東京中の町という町、家という家では、ふたり以上の人が顔をあわせさえすれば、
まるでお天気のあいさつでもするように、怪人「二十面相」のうわさをしていました。
「二十面相」というのは、毎日毎日、新聞記事をにぎわしている、ふしぎな盗賊とうぞくのあだ名です。
その賊は二十のまったくちがった顔を持っているといわれていました。つまり、変装へんそうがとびきりじょうずなのです。
 どんなに明るい場所で、どんなに近よってながめても、少しも変装とはわからない、まるでちがった人に見えるのだそうです。
老人にも若者にも、富豪ふごうにも乞食こじきにも、学者にも無頼漢ぶらいかんにも、いや、女にさえも、まったくその人になりきってしまうことができるといいます。
 では、その賊のほんとうの年はいくつで、どんな顔をしているのかというと、それは、だれひとり見たことがありません。
二十種もの顔を持っているけれど、そのうちの、どれがほんとうの顔なのだか、だれも知らない。いや、賊自身でも、ほんとうの顔をわすれてしまっているのかもしれません。それほど、たえずちがった顔、ちがった姿で、人の前にあらわれるのです。
 そういう変装の天才みたいな賊だものですから、警察でもこまってしまいました。いったい、どの顔を目あてに捜索したらいいのか、まるで見当がつかないからです。
 ただ、せめてものしあわせは、この盗賊は、宝石だとか、美術品だとか、美しくてめずらしくて、ひじょうに高価な品物をぬすむばかりで、現金にはあまり興味を持たないようですし、
それに、人を傷つけたり殺したりする、ざんこくなふるまいは、一度もしたことがありません。血がきらいなのです。
 しかし、いくら血がきらいだからといって、悪いことをするやつのことですから、自分の身があぶないとなれば、それをのがれるためには、何をするかわかったものではありません。
東京中の人が「二十面相」のうわさばかりしているというのも、じつは、こわくてしかたがないからです。
 ことに、日本にいくつという貴重な品物を持っている富豪などは、ふるえあがってこわがっていました。
今までのようすで見ますと、いくら警察へたのんでも、ふせぎようのない、おそろしい賊なのですから。
 この「二十面相」には、一つのみょうなくせがありました。何かこれという貴重な品物をねらいますと、かならず前もって、いついく日にはそれをちょうだいに参上するという、予告状を送ることです。
賊ながらも、不公平なたたかいはしたくないと心がけているのかもしれません。
それともまた、いくら用心しても、ちゃんと取ってみせるぞ、おれの腕まえは、こんなものだと、ほこりたいのかもしれません。
いずれにしても、大胆不敵だいたんふてき、傍若無人ぼうじゃくぶじんの怪盗かいとうといわねばなりません。

70ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:05:20.68ID:/BwAiLDL
 そのころ、東京中の町という町、家という家では、ふたり以上の人が顔をあわせさえすれば、
まるでお天気のあいさつでもするように、怪人「二十面相」のうわさをしていました。
「二十面相」というのは、毎日毎日、新聞記事をにぎわしている、ふしぎな盗賊とうぞくのあだ名です。
その賊は二十のまったくちがった顔を持っているといわれていました。つまり、変装へんそうがとびきりじょうずなのです。
 どんなに明るい場所で、どんなに近よってながめても、少しも変装とはわからない、まるでちがった人に見えるのだそうです。
老人にも若者にも、富豪ふごうにも乞食こじきにも、学者にも無頼漢ぶらいかんにも、いや、女にさえも、まったくその人になりきってしまうことができるといいます。
 では、その賊のほんとうの年はいくつで、どんな顔をしているのかというと、それは、だれひとり見たことがありません。
二十種もの顔を持っているけれど、そのうちの、どれがほんとうの顔なのだか、だれも知らない。いや、賊自身でも、ほんとうの顔をわすれてしまっているのかもしれません。それほど、たえずちがった顔、ちがった姿で、人の前にあらわれるのです。
 そういう変装の天才みたいな賊だものですから、警察でもこまってしまいました。いったい、どの顔を目あてに捜索したらいいのか、まるで見当がつかないからです。
 ただ、せめてものしあわせは、この盗賊は、宝石だとか、美術品だとか、美しくてめずらしくて、ひじょうに高価な品物をぬすむばかりで、現金にはあまり興味を持たないようですし、
それに、人を傷つけたり殺したりする、ざんこくなふるまいは、一度もしたことがありません。血がきらいなのです。
 しかし、いくら血がきらいだからといって、悪いことをするやつのことですから、自分の身があぶないとなれば、それをのがれるためには、何をするかわかったものではありません。
東京中の人が「二十面相」のうわさばかりしているというのも、じつは、こわくてしかたがないからです。
 ことに、日本にいくつという貴重な品物を持っている富豪などは、ふるえあがってこわがっていました。
今までのようすで見ますと、いくら警察へたのんでも、ふせぎようのない、おそろしい賊なのですから。
 この「二十面相」には、一つのみょうなくせがありました。何かこれという貴重な品物をねらいますと、かならず前もって、いついく日にはそれをちょうだいに参上するという、予告状を送ることです。
賊ながらも、不公平なたたかいはしたくないと心がけているのかもしれません。
それともまた、いくら用心しても、ちゃんと取ってみせるぞ、おれの腕まえは、こんなものだと、ほこりたいのかもしれません。
いずれにしても、大胆不敵だいたんふてき、傍若無人ぼうじゃくぶじんの怪盗かいとうといわねばなりません。

71ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:08:54.89ID:/BwAiLDL
 佳子よしこは、毎朝、夫の登庁とうちょうを見送って了しまうと、それはいつも十時を過ぎるのだが、やっと自分のからだになって、洋館の方の、夫と共用の書斎へ、
とじ籠こもるのが例になっていた。そこで、彼女は今、K雑誌のこの夏の増大号にのせる為の、長い創作にとりかかっているのだった。
 美しい閨秀けいしゅう作家としての彼女は、此この頃ごろでは、外務省書記官である夫君の影を薄く思わせる程も、有名になっていた。
彼女の所へは、毎日の様に未知の崇拝者達からの手紙が、幾通となくやって来た。
 今朝けさとても、彼女は、書斎の机の前に坐ると、仕事にとりかかる前に、先まず、それらの未知の人々からの手紙に、目を通さねばならなかった。
 それは何いずれも、極きまり切った様に、つまらぬ文句のものばかりであったが、彼女は、女の優しい心遣こころづかいから、どの様な手紙であろうとも、自分に宛あてられたものは、兎とも角かくも、一通りは読んで見ることにしていた。
 簡単なものから先にして、二通の封書と、一葉のはがきとを見て了うと、あとにはかさ高い原稿らしい一通が残った。
別段通知の手紙は貰もらっていないけれど、そうして、突然原稿を送って来る例は、これまでにしても、よくあることだった。
それは、多くの場合、長々しく退屈極る代物であったけれど、彼女は兎も角も、表題丈だけでも見て置こうと、封を切って、中の紙束を取出して見た。
 それは、思った通り、原稿用紙を綴とじたものであった。が、どうしたことか、表題も署名もなく、突然「奥様」という、呼びかけの言葉で始まっているのだった。
ハテナ、では、やっぱり手紙なのかしら、そう思って、何気なく二行三行と目を走らせて行く内に、
彼女は、そこから、何となく異常な、妙に気味悪いものを予感した。そして、持前もちまえの好奇心が、彼女をして、ぐんぐん、先を読ませて行くのであった。

 奥様、
 奥様の方では、少しも御存じのない男から、突然、此様このような無躾ぶしつけな御手紙を、差上げます罪を、幾重いくえにもお許し下さいませ。
 こんなことを申上げますと、奥様は、さぞかしびっくりなさる事で御座いましょうが、私は今、
あなたの前に、私の犯して来ました、世にも不思議な罪悪を、告白しようとしているのでございます。
 私は数ヶ月の間、全く人間界から姿を隠して、本当に、悪魔の様な生活を続けて参りました。勿論もちろん、広い世界に誰一人、私の所業を知るものはありません。
若もし、何事もなければ、私は、このまま永久に、人間界に立帰ることはなかったかも知れないのでございます。
 ところが、近頃になりまして、私の心にある不思議な変化が起りました。
そして、どうしても、この、私の因果な身の上を、懺悔ざんげしないではいられなくなりました。
ただ、かように申しましたばかりでは、色々御不審ごふしんに思召おぼしめす点もございましょうが、どうか、兎も角も、この手紙を終りまで御読み下さいませ。
そうすれば、何故なぜ、私がそんな気持になったのか。又何故、この告白を、殊更ことさら奥様に聞いて頂かねばならぬのか、それらのことが、悉ことごとく明白になるでございましょう。
 さて、何から書き初めたらいいのか、余りに人間離れのした、奇怪千万な事実なので、こうした、人間世界で使われる、手紙という様な方法では、妙に面おもはゆくて、筆の鈍るのを覚えます。で
でも、迷っていても仕方がございません。兎も角も、事の起りから、順を追って、書いて行くことに致しましょう。
 私は生れつき、世にも醜い容貌の持主でございます。
これをどうか、はっきりと、お覚えなすっていて下さいませ。そうでないと、若し、あなたが、この無躾な願いを容いれて、私にお逢あい下さいました場合、たださえ醜い私の顔が、長い月日の不健康な生活の為ために、二ふた目と見られぬ、
ひどい姿になっているのを、何の予備知識もなしに、あなたに見られるのは、私としては、堪たえ難がたいことでございます。

72ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:09:34.75ID:/BwAiLDL
 佳子よしこは、毎朝、夫の登庁とうちょうを見送って了しまうと、それはいつも十時を過ぎるのだが、やっと自分のからだになって、洋館の方の、夫と共用の書斎へ、
とじ籠こもるのが例になっていた。そこで、彼女は今、K雑誌のこの夏の増大号にのせる為の、長い創作にとりかかっているのだった。
 美しい閨秀けいしゅう作家としての彼女は、此この頃ごろでは、外務省書記官である夫君の影を薄く思わせる程も、有名になっていた。
彼女の所へは、毎日の様に未知の崇拝者達からの手紙が、幾通となくやって来た。
 今朝けさとても、彼女は、書斎の机の前に坐ると、仕事にとりかかる前に、先まず、それらの未知の人々からの手紙に、目を通さねばならなかった。
 それは何いずれも、極きまり切った様に、つまらぬ文句のものばかりであったが、彼女は、女の優しい心遣こころづかいから、どの様な手紙であろうとも、自分に宛あてられたものは、兎とも角かくも、一通りは読んで見ることにしていた。
 簡単なものから先にして、二通の封書と、一葉のはがきとを見て了うと、あとにはかさ高い原稿らしい一通が残った。
別段通知の手紙は貰もらっていないけれど、そうして、突然原稿を送って来る例は、これまでにしても、よくあることだった。
それは、多くの場合、長々しく退屈極る代物であったけれど、彼女は兎も角も、表題丈だけでも見て置こうと、封を切って、中の紙束を取出して見た。
 それは、思った通り、原稿用紙を綴とじたものであった。が、どうしたことか、表題も署名もなく、突然「奥様」という、呼びかけの言葉で始まっているのだった。
ハテナ、では、やっぱり手紙なのかしら、そう思って、何気なく二行三行と目を走らせて行く内に、
彼女は、そこから、何となく異常な、妙に気味悪いものを予感した。そして、持前もちまえの好奇心が、彼女をして、ぐんぐん、先を読ませて行くのであった。

 奥様、
 奥様の方では、少しも御存じのない男から、突然、此様このような無躾ぶしつけな御手紙を、差上げます罪を、幾重いくえにもお許し下さいませ。
 こんなことを申上げますと、奥様は、さぞかしびっくりなさる事で御座いましょうが、私は今、
あなたの前に、私の犯して来ました、世にも不思議な罪悪を、告白しようとしているのでございます。
 私は数ヶ月の間、全く人間界から姿を隠して、本当に、悪魔の様な生活を続けて参りました。勿論もちろん、広い世界に誰一人、私の所業を知るものはありません。
若もし、何事もなければ、私は、このまま永久に、人間界に立帰ることはなかったかも知れないのでございます。
 ところが、近頃になりまして、私の心にある不思議な変化が起りました。
そして、どうしても、この、私の因果な身の上を、懺悔ざんげしないではいられなくなりました。
ただ、かように申しましたばかりでは、色々御不審ごふしんに思召おぼしめす点もございましょうが、どうか、兎も角も、この手紙を終りまで御読み下さいませ。
そうすれば、何故なぜ、私がそんな気持になったのか。又何故、この告白を、殊更ことさら奥様に聞いて頂かねばならぬのか、それらのことが、悉ことごとく明白になるでございましょう。
 さて、何から書き初めたらいいのか、余りに人間離れのした、奇怪千万な事実なので、こうした、人間世界で使われる、手紙という様な方法では、妙に面おもはゆくて、筆の鈍るのを覚えます。で
でも、迷っていても仕方がございません。兎も角も、事の起りから、順を追って、書いて行くことに致しましょう。
 私は生れつき、世にも醜い容貌の持主でございます。
これをどうか、はっきりと、お覚えなすっていて下さいませ。そうでないと、若し、あなたが、この無躾な願いを容いれて、私にお逢あい下さいました場合、たださえ醜い私の顔が、長い月日の不健康な生活の為ために、二ふた目と見られぬ、
ひどい姿になっているのを、何の予備知識もなしに、あなたに見られるのは、私としては、堪たえ難がたいことでございます。

73ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:10:17.70ID:/BwAiLDL
 佳子よしこは、毎朝、夫の登庁とうちょうを見送って了しまうと、それはいつも十時を過ぎるのだが、やっと自分のからだになって、洋館の方の、夫と共用の書斎へ、
とじ籠こもるのが例になっていた。そこで、彼女は今、K雑誌のこの夏の増大号にのせる為の、長い創作にとりかかっているのだった。
 美しい閨秀けいしゅう作家としての彼女は、此この頃ごろでは、外務省書記官である夫君の影を薄く思わせる程も、有名になっていた。
彼女の所へは、毎日の様に未知の崇拝者達からの手紙が、幾通となくやって来た。
 今朝けさとても、彼女は、書斎の机の前に坐ると、仕事にとりかかる前に、先まず、それらの未知の人々からの手紙に、目を通さねばならなかった。
 それは何いずれも、極きまり切った様に、つまらぬ文句のものばかりであったが、彼女は、女の優しい心遣こころづかいから、どの様な手紙であろうとも、自分に宛あてられたものは、兎とも角かくも、一通りは読んで見ることにしていた。
 簡単なものから先にして、二通の封書と、一葉のはがきとを見て了うと、あとにはかさ高い原稿らしい一通が残った。
別段通知の手紙は貰もらっていないけれど、そうして、突然原稿を送って来る例は、これまでにしても、よくあることだった。
それは、多くの場合、長々しく退屈極る代物であったけれど、彼女は兎も角も、表題丈だけでも見て置こうと、封を切って、中の紙束を取出して見た。
 それは、思った通り、原稿用紙を綴とじたものであった。が、どうしたことか、表題も署名もなく、突然「奥様」という、呼びかけの言葉で始まっているのだった。
ハテナ、では、やっぱり手紙なのかしら、そう思って、何気なく二行三行と目を走らせて行く内に、
彼女は、そこから、何となく異常な、妙に気味悪いものを予感した。そして、持前もちまえの好奇心が、彼女をして、ぐんぐん、先を読ませて行くのであった。

 奥様、
 奥様の方では、少しも御存じのない男から、突然、此様このような無躾ぶしつけな御手紙を、差上げます罪を、幾重いくえにもお許し下さいませ。
 こんなことを申上げますと、奥様は、さぞかしびっくりなさる事で御座いましょうが、私は今、
あなたの前に、私の犯して来ました、世にも不思議な罪悪を、告白しようとしているのでございます。
 私は数ヶ月の間、全く人間界から姿を隠して、本当に、悪魔の様な生活を続けて参りました。勿論もちろん、広い世界に誰一人、私の所業を知るものはありません。
若もし、何事もなければ、私は、このまま永久に、人間界に立帰ることはなかったかも知れないのでございます。
 ところが、近頃になりまして、私の心にある不思議な変化が起りました。
そして、どうしても、この、私の因果な身の上を、懺悔ざんげしないではいられなくなりました。
ただ、かように申しましたばかりでは、色々御不審ごふしんに思召おぼしめす点もございましょうが、どうか、兎も角も、この手紙を終りまで御読み下さいませ。
そうすれば、何故なぜ、私がそんな気持になったのか。又何故、この告白を、殊更ことさら奥様に聞いて頂かねばならぬのか、それらのことが、悉ことごとく明白になるでございましょう。
 さて、何から書き初めたらいいのか、余りに人間離れのした、奇怪千万な事実なので、こうした、人間世界で使われる、手紙という様な方法では、妙に面おもはゆくて、筆の鈍るのを覚えます。で
でも、迷っていても仕方がございません。兎も角も、事の起りから、順を追って、書いて行くことに致しましょう。
 私は生れつき、世にも醜い容貌の持主でございます。
これをどうか、はっきりと、お覚えなすっていて下さいませ。そうでないと、若し、あなたが、この無躾な願いを容いれて、私にお逢あい下さいました場合、たださえ醜い私の顔が、長い月日の不健康な生活の為ために、二ふた目と見られぬ、
ひどい姿になっているのを、何の予備知識もなしに、あなたに見られるのは、私としては、堪たえ難がたいことでございます。

74ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:11:32.89ID:/BwAiLDL
 佳子よしこは、毎朝、夫の登庁とうちょうを見送って了しまうと、それはいつも十時を過ぎるのだが、やっと自分のからだになって、洋館の方の、夫と共用の書斎へ、
とじ籠こもるのが例になっていた。そこで、彼女は今、K雑誌のこの夏の増大号にのせる為の、長い創作にとりかかっているのだった。
 美しい閨秀けいしゅう作家としての彼女は、此この頃ごろでは、外務省書記官である夫君の影を薄く思わせる程も、有名になっていた。
彼女の所へは、毎日の様に未知の崇拝者達からの手紙が、幾通となくやって来た。
 今朝けさとても、彼女は、書斎の机の前に坐ると、仕事にとりかかる前に、先まず、それらの未知の人々からの手紙に、目を通さねばならなかった。
 それは何いずれも、極きまり切った様に、つまらぬ文句のものばかりであったが、彼女は、女の優しい心遣こころづかいから、どの様な手紙であろうとも、自分に宛あてられたものは、兎とも角かくも、一通りは読んで見ることにしていた。
 簡単なものから先にして、二通の封書と、一葉のはがきとを見て了うと、あとにはかさ高い原稿らしい一通が残った。
別段通知の手紙は貰もらっていないけれど、そうして、突然原稿を送って来る例は、これまでにしても、よくあることだった。
それは、多くの場合、長々しく退屈極る代物であったけれど、彼女は兎も角も、表題丈だけでも見て置こうと、封を切って、中の紙束を取出して見た。
 それは、思った通り、原稿用紙を綴とじたものであった。が、どうしたことか、表題も署名もなく、突然「奥様」という、呼びかけの言葉で始まっているのだった。
ハテナ、では、やっぱり手紙なのかしら、そう思って、何気なく二行三行と目を走らせて行く内に、
彼女は、そこから、何となく異常な、妙に気味悪いものを予感した。そして、持前もちまえの好奇心が、彼女をして、ぐんぐん、先を読ませて行くのであった。

 奥様、
 奥様の方では、少しも御存じのない男から、突然、此様このような無躾ぶしつけな御手紙を、差上げます罪を、幾重いくえにもお許し下さいませ。
 こんなことを申上げますと、奥様は、さぞかしびっくりなさる事で御座いましょうが、私は今、
あなたの前に、私の犯して来ました、世にも不思議な罪悪を、告白しようとしているのでございます。
 私は数ヶ月の間、全く人間界から姿を隠して、本当に、悪魔の様な生活を続けて参りました。勿論もちろん、広い世界に誰一人、私の所業を知るものはありません。
若もし、何事もなければ、私は、このまま永久に、人間界に立帰ることはなかったかも知れないのでございます。
 ところが、近頃になりまして、私の心にある不思議な変化が起りました。
そして、どうしても、この、私の因果な身の上を、懺悔ざんげしないではいられなくなりました。
ただ、かように申しましたばかりでは、色々御不審ごふしんに思召おぼしめす点もございましょうが、どうか、兎も角も、この手紙を終りまで御読み下さいませ。
そうすれば、何故なぜ、私がそんな気持になったのか。又何故、この告白を、殊更ことさら奥様に聞いて頂かねばならぬのか、それらのことが、悉ことごとく明白になるでございましょう。
 さて、何から書き初めたらいいのか、余りに人間離れのした、奇怪千万な事実なので、こうした、人間世界で使われる、手紙という様な方法では、妙に面おもはゆくて、筆の鈍るのを覚えます。で
でも、迷っていても仕方がございません。兎も角も、事の起りから、順を追って、書いて行くことに致しましょう。
 私は生れつき、世にも醜い容貌の持主でございます。
これをどうか、はっきりと、お覚えなすっていて下さいませ。そうでないと、若し、あなたが、この無躾な願いを容いれて、私にお逢あい下さいました場合、たださえ醜い私の顔が、長い月日の不健康な生活の為ために、二ふた目と見られぬ、
ひどい姿になっているのを、何の予備知識もなしに、あなたに見られるのは、私としては、堪たえ難がたいことでございます。

75ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:13:13.77ID:/BwAiLDL
 佳子よしこは、毎朝、夫の登庁とうちょうを見送って了しまうと、それはいつも十時を過ぎるのだが、やっと自分のからだになって、洋館の方の、夫と共用の書斎へ、
とじ籠こもるのが例になっていた。そこで、彼女は今、K雑誌のこの夏の増大号にのせる為の、長い創作にとりかかっているのだった。
 美しい閨秀けいしゅう作家としての彼女は、此この頃ごろでは、外務省書記官である夫君の影を薄く思わせる程も、有名になっていた。
彼女の所へは、毎日の様に未知の崇拝者達からの手紙が、幾通となくやって来た。
 今朝けさとても、彼女は、書斎の机の前に坐ると、仕事にとりかかる前に、先まず、それらの未知の人々からの手紙に、目を通さねばならなかった。
 それは何いずれも、極きまり切った様に、つまらぬ文句のものばかりであったが、彼女は、女の優しい心遣こころづかいから、どの様な手紙であろうとも、自分に宛あてられたものは、兎とも角かくも、一通りは読んで見ることにしていた。
 簡単なものから先にして、二通の封書と、一葉のはがきとを見て了うと、あとにはかさ高い原稿らしい一通が残った。
別段通知の手紙は貰もらっていないけれど、そうして、突然原稿を送って来る例は、これまでにしても、よくあることだった。
それは、多くの場合、長々しく退屈極る代物であったけれど、彼女は兎も角も、表題丈だけでも見て置こうと、封を切って、中の紙束を取出して見た。
 それは、思った通り、原稿用紙を綴とじたものであった。が、どうしたことか、表題も署名もなく、突然「奥様」という、呼びかけの言葉で始まっているのだった。
ハテナ、では、やっぱり手紙なのかしら、そう思って、何気なく二行三行と目を走らせて行く内に、
彼女は、そこから、何となく異常な、妙に気味悪いものを予感した。そして、持前もちまえの好奇心が、彼女をして、ぐんぐん、先を読ませて行くのであった。

 奥様、
 奥様の方では、少しも御存じのない男から、突然、此様このような無躾ぶしつけな御手紙を、差上げます罪を、幾重いくえにもお許し下さいませ。
 こんなことを申上げますと、奥様は、さぞかしびっくりなさる事で御座いましょうが、私は今、
あなたの前に、私の犯して来ました、世にも不思議な罪悪を、告白しようとしているのでございます。
 私は数ヶ月の間、全く人間界から姿を隠して、本当に、悪魔の様な生活を続けて参りました。勿論もちろん、広い世界に誰一人、私の所業を知るものはありません。
若もし、何事もなければ、私は、このまま永久に、人間界に立帰ることはなかったかも知れないのでございます。
 ところが、近頃になりまして、私の心にある不思議な変化が起りました。
そして、どうしても、この、私の因果な身の上を、懺悔ざんげしないではいられなくなりました。
ただ、かように申しましたばかりでは、色々御不審ごふしんに思召おぼしめす点もございましょうが、どうか、兎も角も、この手紙を終りまで御読み下さいませ。
そうすれば、何故なぜ、私がそんな気持になったのか。又何故、この告白を、殊更ことさら奥様に聞いて頂かねばならぬのか、それらのことが、悉ことごとく明白になるでございましょう。
 さて、何から書き初めたらいいのか、余りに人間離れのした、奇怪千万な事実なので、こうした、人間世界で使われる、手紙という様な方法では、妙に面おもはゆくて、筆の鈍るのを覚えます。で
でも、迷っていても仕方がございません。兎も角も、事の起りから、順を追って、書いて行くことに致しましょう。
 私は生れつき、世にも醜い容貌の持主でございます。
これをどうか、はっきりと、お覚えなすっていて下さいませ。そうでないと、若し、あなたが、この無躾な願いを容いれて、私にお逢あい下さいました場合、たださえ醜い私の顔が、長い月日の不健康な生活の為ために、二ふた目と見られぬ、
ひどい姿になっているのを、何の予備知識もなしに、あなたに見られるのは、私としては、堪たえ難がたいことでございます。

76ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:13:52.06ID:/BwAiLDL
 佳子よしこは、毎朝、夫の登庁とうちょうを見送って了しまうと、それはいつも十時を過ぎるのだが、やっと自分のからだになって、洋館の方の、夫と共用の書斎へ、
とじ籠こもるのが例になっていた。そこで、彼女は今、K雑誌のこの夏の増大号にのせる為の、長い創作にとりかかっているのだった。
 美しい閨秀けいしゅう作家としての彼女は、此この頃ごろでは、外務省書記官である夫君の影を薄く思わせる程も、有名になっていた。
彼女の所へは、毎日の様に未知の崇拝者達からの手紙が、幾通となくやって来た。
 今朝けさとても、彼女は、書斎の机の前に坐ると、仕事にとりかかる前に、先まず、それらの未知の人々からの手紙に、目を通さねばならなかった。
 それは何いずれも、極きまり切った様に、つまらぬ文句のものばかりであったが、彼女は、女の優しい心遣こころづかいから、どの様な手紙であろうとも、自分に宛あてられたものは、兎とも角かくも、一通りは読んで見ることにしていた。
 簡単なものから先にして、二通の封書と、一葉のはがきとを見て了うと、あとにはかさ高い原稿らしい一通が残った。
別段通知の手紙は貰もらっていないけれど、そうして、突然原稿を送って来る例は、これまでにしても、よくあることだった。
それは、多くの場合、長々しく退屈極る代物であったけれど、彼女は兎も角も、表題丈だけでも見て置こうと、封を切って、中の紙束を取出して見た。
 それは、思った通り、原稿用紙を綴とじたものであった。が、どうしたことか、表題も署名もなく、突然「奥様」という、呼びかけの言葉で始まっているのだった。
ハテナ、では、やっぱり手紙なのかしら、そう思って、何気なく二行三行と目を走らせて行く内に、
彼女は、そこから、何となく異常な、妙に気味悪いものを予感した。そして、持前もちまえの好奇心が、彼女をして、ぐんぐん、先を読ませて行くのであった。

 奥様、
 奥様の方では、少しも御存じのない男から、突然、此様このような無躾ぶしつけな御手紙を、差上げます罪を、幾重いくえにもお許し下さいませ。
 こんなことを申上げますと、奥様は、さぞかしびっくりなさる事で御座いましょうが、私は今、
あなたの前に、私の犯して来ました、世にも不思議な罪悪を、告白しようとしているのでございます。
 私は数ヶ月の間、全く人間界から姿を隠して、本当に、悪魔の様な生活を続けて参りました。勿論もちろん、広い世界に誰一人、私の所業を知るものはありません。
若もし、何事もなければ、私は、このまま永久に、人間界に立帰ることはなかったかも知れないのでございます。
 ところが、近頃になりまして、私の心にある不思議な変化が起りました。
そして、どうしても、この、私の因果な身の上を、懺悔ざんげしないではいられなくなりました。
ただ、かように申しましたばかりでは、色々御不審ごふしんに思召おぼしめす点もございましょうが、どうか、兎も角も、この手紙を終りまで御読み下さいませ。
そうすれば、何故なぜ、私がそんな気持になったのか。又何故、この告白を、殊更ことさら奥様に聞いて頂かねばならぬのか、それらのことが、悉ことごとく明白になるでございましょう。
 さて、何から書き初めたらいいのか、余りに人間離れのした、奇怪千万な事実なので、こうした、人間世界で使われる、手紙という様な方法では、妙に面おもはゆくて、筆の鈍るのを覚えます。で
でも、迷っていても仕方がございません。兎も角も、事の起りから、順を追って、書いて行くことに致しましょう。
 私は生れつき、世にも醜い容貌の持主でございます。
これをどうか、はっきりと、お覚えなすっていて下さいませ。そうでないと、若し、あなたが、この無躾な願いを容いれて、私にお逢あい下さいました場合、たださえ醜い私の顔が、長い月日の不健康な生活の為ために、二ふた目と見られぬ、
ひどい姿になっているのを、何の予備知識もなしに、あなたに見られるのは、私としては、堪たえ難がたいことでございます。

77ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:14:38.70ID:/BwAiLDL
 佳子よしこは、毎朝、夫の登庁とうちょうを見送って了しまうと、それはいつも十時を過ぎるのだが、やっと自分のからだになって、洋館の方の、夫と共用の書斎へ、
とじ籠こもるのが例になっていた。そこで、彼女は今、K雑誌のこの夏の増大号にのせる為の、長い創作にとりかかっているのだった。
 美しい閨秀けいしゅう作家としての彼女は、此この頃ごろでは、外務省書記官である夫君の影を薄く思わせる程も、有名になっていた。
彼女の所へは、毎日の様に未知の崇拝者達からの手紙が、幾通となくやって来た。
 今朝けさとても、彼女は、書斎の机の前に坐ると、仕事にとりかかる前に、先まず、それらの未知の人々からの手紙に、目を通さねばならなかった。
 それは何いずれも、極きまり切った様に、つまらぬ文句のものばかりであったが、彼女は、女の優しい心遣こころづかいから、どの様な手紙であろうとも、自分に宛あてられたものは、兎とも角かくも、一通りは読んで見ることにしていた。
 簡単なものから先にして、二通の封書と、一葉のはがきとを見て了うと、あとにはかさ高い原稿らしい一通が残った。
別段通知の手紙は貰もらっていないけれど、そうして、突然原稿を送って来る例は、これまでにしても、よくあることだった。
それは、多くの場合、長々しく退屈極る代物であったけれど、彼女は兎も角も、表題丈だけでも見て置こうと、封を切って、中の紙束を取出して見た。
 それは、思った通り、原稿用紙を綴とじたものであった。が、どうしたことか、表題も署名もなく、突然「奥様」という、呼びかけの言葉で始まっているのだった。
ハテナ、では、やっぱり手紙なのかしら、そう思って、何気なく二行三行と目を走らせて行く内に、
彼女は、そこから、何となく異常な、妙に気味悪いものを予感した。そして、持前もちまえの好奇心が、彼女をして、ぐんぐん、先を読ませて行くのであった。

 奥様、
 奥様の方では、少しも御存じのない男から、突然、此様このような無躾ぶしつけな御手紙を、差上げます罪を、幾重いくえにもお許し下さいませ。
 こんなことを申上げますと、奥様は、さぞかしびっくりなさる事で御座いましょうが、私は今、
あなたの前に、私の犯して来ました、世にも不思議な罪悪を、告白しようとしているのでございます。
 私は数ヶ月の間、全く人間界から姿を隠して、本当に、悪魔の様な生活を続けて参りました。勿論もちろん、広い世界に誰一人、私の所業を知るものはありません。
若もし、何事もなければ、私は、このまま永久に、人間界に立帰ることはなかったかも知れないのでございます。
 ところが、近頃になりまして、私の心にある不思議な変化が起りました。
そして、どうしても、この、私の因果な身の上を、懺悔ざんげしないではいられなくなりました。
ただ、かように申しましたばかりでは、色々御不審ごふしんに思召おぼしめす点もございましょうが、どうか、兎も角も、この手紙を終りまで御読み下さいませ。
そうすれば、何故なぜ、私がそんな気持になったのか。又何故、この告白を、殊更ことさら奥様に聞いて頂かねばならぬのか、それらのことが、悉ことごとく明白になるでございましょう。
 さて、何から書き初めたらいいのか、余りに人間離れのした、奇怪千万な事実なので、こうした、人間世界で使われる、手紙という様な方法では、妙に面おもはゆくて、筆の鈍るのを覚えます。で
でも、迷っていても仕方がございません。兎も角も、事の起りから、順を追って、書いて行くことに致しましょう。
 私は生れつき、世にも醜い容貌の持主でございます。
これをどうか、はっきりと、お覚えなすっていて下さいませ。そうでないと、若し、あなたが、この無躾な願いを容いれて、私にお逢あい下さいました場合、たださえ醜い私の顔が、長い月日の不健康な生活の為ために、二ふた目と見られぬ、
ひどい姿になっているのを、何の予備知識もなしに、あなたに見られるのは、私としては、堪たえ難がたいことでございます。

78ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:15:11.31ID:/BwAiLDL
 佳子よしこは、毎朝、夫の登庁とうちょうを見送って了しまうと、それはいつも十時を過ぎるのだが、やっと自分のからだになって、洋館の方の、夫と共用の書斎へ、
とじ籠こもるのが例になっていた。そこで、彼女は今、K雑誌のこの夏の増大号にのせる為の、長い創作にとりかかっているのだった。
 美しい閨秀けいしゅう作家としての彼女は、此この頃ごろでは、外務省書記官である夫君の影を薄く思わせる程も、有名になっていた。
彼女の所へは、毎日の様に未知の崇拝者達からの手紙が、幾通となくやって来た。
 今朝けさとても、彼女は、書斎の机の前に坐ると、仕事にとりかかる前に、先まず、それらの未知の人々からの手紙に、目を通さねばならなかった。
 それは何いずれも、極きまり切った様に、つまらぬ文句のものばかりであったが、彼女は、女の優しい心遣こころづかいから、どの様な手紙であろうとも、自分に宛あてられたものは、兎とも角かくも、一通りは読んで見ることにしていた。
 簡単なものから先にして、二通の封書と、一葉のはがきとを見て了うと、あとにはかさ高い原稿らしい一通が残った。
別段通知の手紙は貰もらっていないけれど、そうして、突然原稿を送って来る例は、これまでにしても、よくあることだった。
それは、多くの場合、長々しく退屈極る代物であったけれど、彼女は兎も角も、表題丈だけでも見て置こうと、封を切って、中の紙束を取出して見た。
 それは、思った通り、原稿用紙を綴とじたものであった。が、どうしたことか、表題も署名もなく、突然「奥様」という、呼びかけの言葉で始まっているのだった。
ハテナ、では、やっぱり手紙なのかしら、そう思って、何気なく二行三行と目を走らせて行く内に、
彼女は、そこから、何となく異常な、妙に気味悪いものを予感した。そして、持前もちまえの好奇心が、彼女をして、ぐんぐん、先を読ませて行くのであった。

 奥様、
 奥様の方では、少しも御存じのない男から、突然、此様このような無躾ぶしつけな御手紙を、差上げます罪を、幾重いくえにもお許し下さいませ。
 こんなことを申上げますと、奥様は、さぞかしびっくりなさる事で御座いましょうが、私は今、
あなたの前に、私の犯して来ました、世にも不思議な罪悪を、告白しようとしているのでございます。
 私は数ヶ月の間、全く人間界から姿を隠して、本当に、悪魔の様な生活を続けて参りました。勿論もちろん、広い世界に誰一人、私の所業を知るものはありません。
若もし、何事もなければ、私は、このまま永久に、人間界に立帰ることはなかったかも知れないのでございます。
 ところが、近頃になりまして、私の心にある不思議な変化が起りました。
そして、どうしても、この、私の因果な身の上を、懺悔ざんげしないではいられなくなりました。
ただ、かように申しましたばかりでは、色々御不審ごふしんに思召おぼしめす点もございましょうが、どうか、兎も角も、この手紙を終りまで御読み下さいませ。
そうすれば、何故なぜ、私がそんな気持になったのか。又何故、この告白を、殊更ことさら奥様に聞いて頂かねばならぬのか、それらのことが、悉ことごとく明白になるでございましょう。
 さて、何から書き初めたらいいのか、余りに人間離れのした、奇怪千万な事実なので、こうした、人間世界で使われる、手紙という様な方法では、妙に面おもはゆくて、筆の鈍るのを覚えます。で
でも、迷っていても仕方がございません。兎も角も、事の起りから、順を追って、書いて行くことに致しましょう。
 私は生れつき、世にも醜い容貌の持主でございます。
これをどうか、はっきりと、お覚えなすっていて下さいませ。そうでないと、若し、あなたが、この無躾な願いを容いれて、私にお逢あい下さいました場合、たださえ醜い私の顔が、長い月日の不健康な生活の為ために、二ふた目と見られぬ、
ひどい姿になっているのを、何の予備知識もなしに、あなたに見られるのは、私としては、堪たえ難がたいことでございます。

79ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:15:41.78ID:/BwAiLDL
 佳子よしこは、毎朝、夫の登庁とうちょうを見送って了しまうと、それはいつも十時を過ぎるのだが、やっと自分のからだになって、洋館の方の、夫と共用の書斎へ、
とじ籠こもるのが例になっていた。そこで、彼女は今、K雑誌のこの夏の増大号にのせる為の、長い創作にとりかかっているのだった。
 美しい閨秀けいしゅう作家としての彼女は、此この頃ごろでは、外務省書記官である夫君の影を薄く思わせる程も、有名になっていた。
彼女の所へは、毎日の様に未知の崇拝者達からの手紙が、幾通となくやって来た。
 今朝けさとても、彼女は、書斎の机の前に坐ると、仕事にとりかかる前に、先まず、それらの未知の人々からの手紙に、目を通さねばならなかった。
 それは何いずれも、極きまり切った様に、つまらぬ文句のものばかりであったが、彼女は、女の優しい心遣こころづかいから、どの様な手紙であろうとも、自分に宛あてられたものは、兎とも角かくも、一通りは読んで見ることにしていた。
 簡単なものから先にして、二通の封書と、一葉のはがきとを見て了うと、あとにはかさ高い原稿らしい一通が残った。
別段通知の手紙は貰もらっていないけれど、そうして、突然原稿を送って来る例は、これまでにしても、よくあることだった。
それは、多くの場合、長々しく退屈極る代物であったけれど、彼女は兎も角も、表題丈だけでも見て置こうと、封を切って、中の紙束を取出して見た。
 それは、思った通り、原稿用紙を綴とじたものであった。が、どうしたことか、表題も署名もなく、突然「奥様」という、呼びかけの言葉で始まっているのだった。
ハテナ、では、やっぱり手紙なのかしら、そう思って、何気なく二行三行と目を走らせて行く内に、
彼女は、そこから、何となく異常な、妙に気味悪いものを予感した。そして、持前もちまえの好奇心が、彼女をして、ぐんぐん、先を読ませて行くのであった。

 奥様、
 奥様の方では、少しも御存じのない男から、突然、此様このような無躾ぶしつけな御手紙を、差上げます罪を、幾重いくえにもお許し下さいませ。
 こんなことを申上げますと、奥様は、さぞかしびっくりなさる事で御座いましょうが、私は今、
あなたの前に、私の犯して来ました、世にも不思議な罪悪を、告白しようとしているのでございます。
 私は数ヶ月の間、全く人間界から姿を隠して、本当に、悪魔の様な生活を続けて参りました。勿論もちろん、広い世界に誰一人、私の所業を知るものはありません。
若もし、何事もなければ、私は、このまま永久に、人間界に立帰ることはなかったかも知れないのでございます。
 ところが、近頃になりまして、私の心にある不思議な変化が起りました。
そして、どうしても、この、私の因果な身の上を、懺悔ざんげしないではいられなくなりました。
ただ、かように申しましたばかりでは、色々御不審ごふしんに思召おぼしめす点もございましょうが、どうか、兎も角も、この手紙を終りまで御読み下さいませ。
そうすれば、何故なぜ、私がそんな気持になったのか。又何故、この告白を、殊更ことさら奥様に聞いて頂かねばならぬのか、それらのことが、悉ことごとく明白になるでございましょう。
 さて、何から書き初めたらいいのか、余りに人間離れのした、奇怪千万な事実なので、こうした、人間世界で使われる、手紙という様な方法では、妙に面おもはゆくて、筆の鈍るのを覚えます。で
でも、迷っていても仕方がございません。兎も角も、事の起りから、順を追って、書いて行くことに致しましょう。
 私は生れつき、世にも醜い容貌の持主でございます。
これをどうか、はっきりと、お覚えなすっていて下さいませ。そうでないと、若し、あなたが、この無躾な願いを容いれて、私にお逢あい下さいました場合、たださえ醜い私の顔が、長い月日の不健康な生活の為ために、二ふた目と見られぬ、
ひどい姿になっているのを、何の予備知識もなしに、あなたに見られるのは、私としては、堪たえ難がたいことでございます。

80ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:16:03.85ID:dXaEeMVq
 佳子よしこは、毎朝、夫の登庁とうちょうを見送って了しまうと、それはいつも十時を過ぎるのだが、やっと自分のからだになって、洋館の方の、夫と共用の書斎へ、
とじ籠こもるのが例になっていた。そこで、彼女は今、K雑誌のこの夏の増大号にのせる為の、長い創作にとりかかっているのだった。
 美しい閨秀けいしゅう作家としての彼女は、此この頃ごろでは、外務省書記官である夫君の影を薄く思わせる程も、有名になっていた。
彼女の所へは、毎日の様に未知の崇拝者達からの手紙が、幾通となくやって来た。
 今朝けさとても、彼女は、書斎の机の前に坐ると、仕事にとりかかる前に、先まず、それらの未知の人々からの手紙に、目を通さねばならなかった。
 それは何いずれも、極きまり切った様に、つまらぬ文句のものばかりであったが、彼女は、女の優しい心遣こころづかいから、どの様な手紙であろうとも、自分に宛あてられたものは、兎とも角かくも、一通りは読んで見ることにしていた。
 簡単なものから先にして、二通の封書と、一葉のはがきとを見て了うと、あとにはかさ高い原稿らしい一通が残った。
別段通知の手紙は貰もらっていないけれど、そうして、突然原稿を送って来る例は、これまでにしても、よくあることだった。
それは、多くの場合、長々しく退屈極る代物であったけれど、彼女は兎も角も、表題丈だけでも見て置こうと、封を切って、中の紙束を取出して見た。
 それは、思った通り、原稿用紙を綴とじたものであった。が、どうしたことか、表題も署名もなく、突然「奥様」という、呼びかけの言葉で始まっているのだった。
ハテナ、では、やっぱり手紙なのかしら、そう思って、何気なく二行三行と目を走らせて行く内に、
彼女は、そこから、何となく異常な、妙に気味悪いものを予感した。そして、持前もちまえの好奇心が、彼女をして、ぐんぐん、先を読ませて行くのであった。

 奥様、
 奥様の方では、少しも御存じのない男から、突然、此様このような無躾ぶしつけな御手紙を、差上げます罪を、幾重いくえにもお許し下さいませ。
 こんなことを申上げますと、奥様は、さぞかしびっくりなさる事で御座いましょうが、私は今、
あなたの前に、私の犯して来ました、世にも不思議な罪悪を、告白しようとしているのでございます。
 私は数ヶ月の間、全く人間界から姿を隠して、本当に、悪魔の様な生活を続けて参りました。勿論もちろん、広い世界に誰一人、私の所業を知るものはありません。
若もし、何事もなければ、私は、このまま永久に、人間界に立帰ることはなかったかも知れないのでございます。
 ところが、近頃になりまして、私の心にある不思議な変化が起りました。
そして、どうしても、この、私の因果な身の上を、懺悔ざんげしないではいられなくなりました。
ただ、かように申しましたばかりでは、色々御不審ごふしんに思召おぼしめす点もございましょうが、どうか、兎も角も、この手紙を終りまで御読み下さいませ。
そうすれば、何故なぜ、私がそんな気持になったのか。又何故、この告白を、殊更ことさら奥様に聞いて頂かねばならぬのか、それらのことが、悉ことごとく明白になるでございましょう。
 さて、何から書き初めたらいいのか、余りに人間離れのした、奇怪千万な事実なので、こうした、人間世界で使われる、手紙という様な方法では、妙に面おもはゆくて、筆の鈍るのを覚えます。で
でも、迷っていても仕方がございません。兎も角も、事の起りから、順を追って、書いて行くことに致しましょう。
 私は生れつき、世にも醜い容貌の持主でございます。
これをどうか、はっきりと、お覚えなすっていて下さいませ。そうでないと、若し、あなたが、この無躾な願いを容いれて、私にお逢あい下さいました場合、たださえ醜い私の顔が、長い月日の不健康な生活の為ために、二ふた目と見られぬ、
ひどい姿になっているのを、何の予備知識もなしに、あなたに見られるのは、私としては、堪たえ難がたいことでございます。

81ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:16:53.45ID:dXaEeMVq
 佳子よしこは、毎朝、夫の登庁とうちょうを見送って了しまうと、それはいつも十時を過ぎるのだが、やっと自分のからだになって、洋館の方の、夫と共用の書斎へ、
とじ籠こもるのが例になっていた。そこで、彼女は今、K雑誌のこの夏の増大号にのせる為の、長い創作にとりかかっているのだった。
 美しい閨秀けいしゅう作家としての彼女は、此この頃ごろでは、外務省書記官である夫君の影を薄く思わせる程も、有名になっていた。
彼女の所へは、毎日の様に未知の崇拝者達からの手紙が、幾通となくやって来た。
 今朝けさとても、彼女は、書斎の机の前に坐ると、仕事にとりかかる前に、先まず、それらの未知の人々からの手紙に、目を通さねばならなかった。
 それは何いずれも、極きまり切った様に、つまらぬ文句のものばかりであったが、彼女は、女の優しい心遣こころづかいから、どの様な手紙であろうとも、自分に宛あてられたものは、兎とも角かくも、一通りは読んで見ることにしていた。
 簡単なものから先にして、二通の封書と、一葉のはがきとを見て了うと、あとにはかさ高い原稿らしい一通が残った。
別段通知の手紙は貰もらっていないけれど、そうして、突然原稿を送って来る例は、これまでにしても、よくあることだった。
それは、多くの場合、長々しく退屈極る代物であったけれど、彼女は兎も角も、表題丈だけでも見て置こうと、封を切って、中の紙束を取出して見た。
 それは、思った通り、原稿用紙を綴とじたものであった。が、どうしたことか、表題も署名もなく、突然「奥様」という、呼びかけの言葉で始まっているのだった。
ハテナ、では、やっぱり手紙なのかしら、そう思って、何気なく二行三行と目を走らせて行く内に、
彼女は、そこから、何となく異常な、妙に気味悪いものを予感した。そして、持前もちまえの好奇心が、彼女をして、ぐんぐん、先を読ませて行くのであった。

 奥様、
 奥様の方では、少しも御存じのない男から、突然、此様このような無躾ぶしつけな御手紙を、差上げます罪を、幾重いくえにもお許し下さいませ。
 こんなことを申上げますと、奥様は、さぞかしびっくりなさる事で御座いましょうが、私は今、
あなたの前に、私の犯して来ました、世にも不思議な罪悪を、告白しようとしているのでございます。
 私は数ヶ月の間、全く人間界から姿を隠して、本当に、悪魔の様な生活を続けて参りました。勿論もちろん、広い世界に誰一人、私の所業を知るものはありません。
若もし、何事もなければ、私は、このまま永久に、人間界に立帰ることはなかったかも知れないのでございます。
 ところが、近頃になりまして、私の心にある不思議な変化が起りました。
そして、どうしても、この、私の因果な身の上を、懺悔ざんげしないではいられなくなりました。
ただ、かように申しましたばかりでは、色々御不審ごふしんに思召おぼしめす点もございましょうが、どうか、兎も角も、この手紙を終りまで御読み下さいませ。
そうすれば、何故なぜ、私がそんな気持になったのか。又何故、この告白を、殊更ことさら奥様に聞いて頂かねばならぬのか、それらのことが、悉ことごとく明白になるでございましょう。
 さて、何から書き初めたらいいのか、余りに人間離れのした、奇怪千万な事実なので、こうした、人間世界で使われる、手紙という様な方法では、妙に面おもはゆくて、筆の鈍るのを覚えます。で
でも、迷っていても仕方がございません。兎も角も、事の起りから、順を追って、書いて行くことに致しましょう。
 私は生れつき、世にも醜い容貌の持主でございます。
これをどうか、はっきりと、お覚えなすっていて下さいませ。そうでないと、若し、あなたが、この無躾な願いを容いれて、私にお逢あい下さいました場合、たださえ醜い私の顔が、長い月日の不健康な生活の為ために、二ふた目と見られぬ、
ひどい姿になっているのを、何の予備知識もなしに、あなたに見られるのは、私としては、堪たえ難がたいことでございます。

82ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:17:17.66ID:dXaEeMVq
 佳子よしこは、毎朝、夫の登庁とうちょうを見送って了しまうと、それはいつも十時を過ぎるのだが、やっと自分のからだになって、洋館の方の、夫と共用の書斎へ、
とじ籠こもるのが例になっていた。そこで、彼女は今、K雑誌のこの夏の増大号にのせる為の、長い創作にとりかかっているのだった。
 美しい閨秀けいしゅう作家としての彼女は、此この頃ごろでは、外務省書記官である夫君の影を薄く思わせる程も、有名になっていた。
彼女の所へは、毎日の様に未知の崇拝者達からの手紙が、幾通となくやって来た。
 今朝けさとても、彼女は、書斎の机の前に坐ると、仕事にとりかかる前に、先まず、それらの未知の人々からの手紙に、目を通さねばならなかった。
 それは何いずれも、極きまり切った様に、つまらぬ文句のものばかりであったが、彼女は、女の優しい心遣こころづかいから、どの様な手紙であろうとも、自分に宛あてられたものは、兎とも角かくも、一通りは読んで見ることにしていた。
 簡単なものから先にして、二通の封書と、一葉のはがきとを見て了うと、あとにはかさ高い原稿らしい一通が残った。
別段通知の手紙は貰もらっていないけれど、そうして、突然原稿を送って来る例は、これまでにしても、よくあることだった。
それは、多くの場合、長々しく退屈極る代物であったけれど、彼女は兎も角も、表題丈だけでも見て置こうと、封を切って、中の紙束を取出して見た。
 それは、思った通り、原稿用紙を綴とじたものであった。が、どうしたことか、表題も署名もなく、突然「奥様」という、呼びかけの言葉で始まっているのだった。
ハテナ、では、やっぱり手紙なのかしら、そう思って、何気なく二行三行と目を走らせて行く内に、
彼女は、そこから、何となく異常な、妙に気味悪いものを予感した。そして、持前もちまえの好奇心が、彼女をして、ぐんぐん、先を読ませて行くのであった。

 奥様、
 奥様の方では、少しも御存じのない男から、突然、此様このような無躾ぶしつけな御手紙を、差上げます罪を、幾重いくえにもお許し下さいませ。
 こんなことを申上げますと、奥様は、さぞかしびっくりなさる事で御座いましょうが、私は今、
あなたの前に、私の犯して来ました、世にも不思議な罪悪を、告白しようとしているのでございます。
 私は数ヶ月の間、全く人間界から姿を隠して、本当に、悪魔の様な生活を続けて参りました。勿論もちろん、広い世界に誰一人、私の所業を知るものはありません。
若もし、何事もなければ、私は、このまま永久に、人間界に立帰ることはなかったかも知れないのでございます。
 ところが、近頃になりまして、私の心にある不思議な変化が起りました。
そして、どうしても、この、私の因果な身の上を、懺悔ざんげしないではいられなくなりました。
ただ、かように申しましたばかりでは、色々御不審ごふしんに思召おぼしめす点もございましょうが、どうか、兎も角も、この手紙を終りまで御読み下さいませ。
そうすれば、何故なぜ、私がそんな気持になったのか。又何故、この告白を、殊更ことさら奥様に聞いて頂かねばならぬのか、それらのことが、悉ことごとく明白になるでございましょう。
 さて、何から書き初めたらいいのか、余りに人間離れのした、奇怪千万な事実なので、こうした、人間世界で使われる、手紙という様な方法では、妙に面おもはゆくて、筆の鈍るのを覚えます。で
でも、迷っていても仕方がございません。兎も角も、事の起りから、順を追って、書いて行くことに致しましょう。
 私は生れつき、世にも醜い容貌の持主でございます。
これをどうか、はっきりと、お覚えなすっていて下さいませ。そうでないと、若し、あなたが、この無躾な願いを容いれて、私にお逢あい下さいました場合、たださえ醜い私の顔が、長い月日の不健康な生活の為ために、二ふた目と見られぬ、
ひどい姿になっているのを、何の予備知識もなしに、あなたに見られるのは、私としては、堪たえ難がたいことでございます。

83ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:17:42.26ID:dXaEeMVq
 佳子よしこは、毎朝、夫の登庁とうちょうを見送って了しまうと、それはいつも十時を過ぎるのだが、やっと自分のからだになって、洋館の方の、夫と共用の書斎へ、
とじ籠こもるのが例になっていた。そこで、彼女は今、K雑誌のこの夏の増大号にのせる為の、長い創作にとりかかっているのだった。
 美しい閨秀けいしゅう作家としての彼女は、此この頃ごろでは、外務省書記官である夫君の影を薄く思わせる程も、有名になっていた。
彼女の所へは、毎日の様に未知の崇拝者達からの手紙が、幾通となくやって来た。
 今朝けさとても、彼女は、書斎の机の前に坐ると、仕事にとりかかる前に、先まず、それらの未知の人々からの手紙に、目を通さねばならなかった。
 それは何いずれも、極きまり切った様に、つまらぬ文句のものばかりであったが、彼女は、女の優しい心遣こころづかいから、どの様な手紙であろうとも、自分に宛あてられたものは、兎とも角かくも、一通りは読んで見ることにしていた。
 簡単なものから先にして、二通の封書と、一葉のはがきとを見て了うと、あとにはかさ高い原稿らしい一通が残った。
別段通知の手紙は貰もらっていないけれど、そうして、突然原稿を送って来る例は、これまでにしても、よくあることだった。
それは、多くの場合、長々しく退屈極る代物であったけれど、彼女は兎も角も、表題丈だけでも見て置こうと、封を切って、中の紙束を取出して見た。
 それは、思った通り、原稿用紙を綴とじたものであった。が、どうしたことか、表題も署名もなく、突然「奥様」という、呼びかけの言葉で始まっているのだった。
ハテナ、では、やっぱり手紙なのかしら、そう思って、何気なく二行三行と目を走らせて行く内に、
彼女は、そこから、何となく異常な、妙に気味悪いものを予感した。そして、持前もちまえの好奇心が、彼女をして、ぐんぐん、先を読ませて行くのであった。

 奥様、
 奥様の方では、少しも御存じのない男から、突然、此様このような無躾ぶしつけな御手紙を、差上げます罪を、幾重いくえにもお許し下さいませ。
 こんなことを申上げますと、奥様は、さぞかしびっくりなさる事で御座いましょうが、私は今、
あなたの前に、私の犯して来ました、世にも不思議な罪悪を、告白しようとしているのでございます。
 私は数ヶ月の間、全く人間界から姿を隠して、本当に、悪魔の様な生活を続けて参りました。勿論もちろん、広い世界に誰一人、私の所業を知るものはありません。
若もし、何事もなければ、私は、このまま永久に、人間界に立帰ることはなかったかも知れないのでございます。
 ところが、近頃になりまして、私の心にある不思議な変化が起りました。
そして、どうしても、この、私の因果な身の上を、懺悔ざんげしないではいられなくなりました。
ただ、かように申しましたばかりでは、色々御不審ごふしんに思召おぼしめす点もございましょうが、どうか、兎も角も、この手紙を終りまで御読み下さいませ。
そうすれば、何故なぜ、私がそんな気持になったのか。又何故、この告白を、殊更ことさら奥様に聞いて頂かねばならぬのか、それらのことが、悉ことごとく明白になるでございましょう。
 さて、何から書き初めたらいいのか、余りに人間離れのした、奇怪千万な事実なので、こうした、人間世界で使われる、手紙という様な方法では、妙に面おもはゆくて、筆の鈍るのを覚えます。で
でも、迷っていても仕方がございません。兎も角も、事の起りから、順を追って、書いて行くことに致しましょう。
 私は生れつき、世にも醜い容貌の持主でございます。
これをどうか、はっきりと、お覚えなすっていて下さいませ。そうでないと、若し、あなたが、この無躾な願いを容いれて、私にお逢あい下さいました場合、たださえ醜い私の顔が、長い月日の不健康な生活の為ために、二ふた目と見られぬ、
ひどい姿になっているのを、何の予備知識もなしに、あなたに見られるのは、私としては、堪たえ難がたいことでございます。

84ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:17:48.96ID:dXaEeMVq
 佳子よしこは、毎朝、夫の登庁とうちょうを見送って了しまうと、それはいつも十時を過ぎるのだが、やっと自分のからだになって、洋館の方の、夫と共用の書斎へ、
とじ籠こもるのが例になっていた。そこで、彼女は今、K雑誌のこの夏の増大号にのせる為の、長い創作にとりかかっているのだった。
 美しい閨秀けいしゅう作家としての彼女は、此この頃ごろでは、外務省書記官である夫君の影を薄く思わせる程も、有名になっていた。
彼女の所へは、毎日の様に未知の崇拝者達からの手紙が、幾通となくやって来た。
 今朝けさとても、彼女は、書斎の机の前に坐ると、仕事にとりかかる前に、先まず、それらの未知の人々からの手紙に、目を通さねばならなかった。
 それは何いずれも、極きまり切った様に、つまらぬ文句のものばかりであったが、彼女は、女の優しい心遣こころづかいから、どの様な手紙であろうとも、自分に宛あてられたものは、兎とも角かくも、一通りは読んで見ることにしていた。
 簡単なものから先にして、二通の封書と、一葉のはがきとを見て了うと、あとにはかさ高い原稿らしい一通が残った。
別段通知の手紙は貰もらっていないけれど、そうして、突然原稿を送って来る例は、これまでにしても、よくあることだった。
それは、多くの場合、長々しく退屈極る代物であったけれど、彼女は兎も角も、表題丈だけでも見て置こうと、封を切って、中の紙束を取出して見た。
 それは、思った通り、原稿用紙を綴とじたものであった。が、どうしたことか、表題も署名もなく、突然「奥様」という、呼びかけの言葉で始まっているのだった。
ハテナ、では、やっぱり手紙なのかしら、そう思って、何気なく二行三行と目を走らせて行く内に、
彼女は、そこから、何となく異常な、妙に気味悪いものを予感した。そして、持前もちまえの好奇心が、彼女をして、ぐんぐん、先を読ませて行くのであった。

 奥様、
 奥様の方では、少しも御存じのない男から、突然、此様このような無躾ぶしつけな御手紙を、差上げます罪を、幾重いくえにもお許し下さいませ。
 こんなことを申上げますと、奥様は、さぞかしびっくりなさる事で御座いましょうが、私は今、
あなたの前に、私の犯して来ました、世にも不思議な罪悪を、告白しようとしているのでございます。
 私は数ヶ月の間、全く人間界から姿を隠して、本当に、悪魔の様な生活を続けて参りました。勿論もちろん、広い世界に誰一人、私の所業を知るものはありません。
若もし、何事もなければ、私は、このまま永久に、人間界に立帰ることはなかったかも知れないのでございます。
 ところが、近頃になりまして、私の心にある不思議な変化が起りました。
そして、どうしても、この、私の因果な身の上を、懺悔ざんげしないではいられなくなりました。
ただ、かように申しましたばかりでは、色々御不審ごふしんに思召おぼしめす点もございましょうが、どうか、兎も角も、この手紙を終りまで御読み下さいませ。
そうすれば、何故なぜ、私がそんな気持になったのか。又何故、この告白を、殊更ことさら奥様に聞いて頂かねばならぬのか、それらのことが、悉ことごとく明白になるでございましょう。
 さて、何から書き初めたらいいのか、余りに人間離れのした、奇怪千万な事実なので、こうした、人間世界で使われる、手紙という様な方法では、妙に面おもはゆくて、筆の鈍るのを覚えます。で
でも、迷っていても仕方がございません。兎も角も、事の起りから、順を追って、書いて行くことに致しましょう。
 私は生れつき、世にも醜い容貌の持主でございます。
これをどうか、はっきりと、お覚えなすっていて下さいませ。そうでないと、若し、あなたが、この無躾な願いを容いれて、私にお逢あい下さいました場合、たださえ醜い私の顔が、長い月日の不健康な生活の為ために、二ふた目と見られぬ、
ひどい姿になっているのを、何の予備知識もなしに、あなたに見られるのは、私としては、堪たえ難がたいことでございます。

85ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:18:46.23ID:dXaEeMVq
 佳子よしこは、毎朝、夫の登庁とうちょうを見送って了しまうと、それはいつも十時を過ぎるのだが、やっと自分のからだになって、洋館の方の、夫と共用の書斎へ、
とじ籠こもるのが例になっていた。そこで、彼女は今、K雑誌のこの夏の増大号にのせる為の、長い創作にとりかかっているのだった。
 美しい閨秀けいしゅう作家としての彼女は、此この頃ごろでは、外務省書記官である夫君の影を薄く思わせる程も、有名になっていた。
彼女の所へは、毎日の様に未知の崇拝者達からの手紙が、幾通となくやって来た。
 今朝けさとても、彼女は、書斎の机の前に坐ると、仕事にとりかかる前に、先まず、それらの未知の人々からの手紙に、目を通さねばならなかった。
 それは何いずれも、極きまり切った様に、つまらぬ文句のものばかりであったが、彼女は、女の優しい心遣こころづかいから、どの様な手紙であろうとも、自分に宛あてられたものは、兎とも角かくも、一通りは読んで見ることにしていた。
 簡単なものから先にして、二通の封書と、一葉のはがきとを見て了うと、あとにはかさ高い原稿らしい一通が残った。
別段通知の手紙は貰もらっていないけれど、そうして、突然原稿を送って来る例は、これまでにしても、よくあることだった。
それは、多くの場合、長々しく退屈極る代物であったけれど、彼女は兎も角も、表題丈だけでも見て置こうと、封を切って、中の紙束を取出して見た。
 それは、思った通り、原稿用紙を綴とじたものであった。が、どうしたことか、表題も署名もなく、突然「奥様」という、呼びかけの言葉で始まっているのだった。
ハテナ、では、やっぱり手紙なのかしら、そう思って、何気なく二行三行と目を走らせて行く内に、
彼女は、そこから、何となく異常な、妙に気味悪いものを予感した。そして、持前もちまえの好奇心が、彼女をして、ぐんぐん、先を読ませて行くのであった。

 奥様、
 奥様の方では、少しも御存じのない男から、突然、此様このような無躾ぶしつけな御手紙を、差上げます罪を、幾重いくえにもお許し下さいませ。
 こんなことを申上げますと、奥様は、さぞかしびっくりなさる事で御座いましょうが、私は今、
あなたの前に、私の犯して来ました、世にも不思議な罪悪を、告白しようとしているのでございます。
 私は数ヶ月の間、全く人間界から姿を隠して、本当に、悪魔の様な生活を続けて参りました。勿論もちろん、広い世界に誰一人、私の所業を知るものはありません。
若もし、何事もなければ、私は、このまま永久に、人間界に立帰ることはなかったかも知れないのでございます。
 ところが、近頃になりまして、私の心にある不思議な変化が起りました。
そして、どうしても、この、私の因果な身の上を、懺悔ざんげしないではいられなくなりました。
ただ、かように申しましたばかりでは、色々御不審ごふしんに思召おぼしめす点もございましょうが、どうか、兎も角も、この手紙を終りまで御読み下さいませ。
そうすれば、何故なぜ、私がそんな気持になったのか。又何故、この告白を、殊更ことさら奥様に聞いて頂かねばならぬのか、それらのことが、悉ことごとく明白になるでございましょう。
 さて、何から書き初めたらいいのか、余りに人間離れのした、奇怪千万な事実なので、こうした、人間世界で使われる、手紙という様な方法では、妙に面おもはゆくて、筆の鈍るのを覚えます。で
でも、迷っていても仕方がございません。兎も角も、事の起りから、順を追って、書いて行くことに致しましょう。
 私は生れつき、世にも醜い容貌の持主でございます。
これをどうか、はっきりと、お覚えなすっていて下さいませ。そうでないと、若し、あなたが、この無躾な願いを容いれて、私にお逢あい下さいました場合、たださえ醜い私の顔が、長い月日の不健康な生活の為ために、二ふた目と見られぬ、
ひどい姿になっているのを、何の予備知識もなしに、あなたに見られるのは、私としては、堪たえ難がたいことでございます。

86ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:19:04.66ID:dXaEeMVq
 佳子よしこは、毎朝、夫の登庁とうちょうを見送って了しまうと、それはいつも十時を過ぎるのだが、やっと自分のからだになって、洋館の方の、夫と共用の書斎へ、
とじ籠こもるのが例になっていた。そこで、彼女は今、K雑誌のこの夏の増大号にのせる為の、長い創作にとりかかっているのだった。
 美しい閨秀けいしゅう作家としての彼女は、此この頃ごろでは、外務省書記官である夫君の影を薄く思わせる程も、有名になっていた。
彼女の所へは、毎日の様に未知の崇拝者達からの手紙が、幾通となくやって来た。
 今朝けさとても、彼女は、書斎の机の前に坐ると、仕事にとりかかる前に、先まず、それらの未知の人々からの手紙に、目を通さねばならなかった。
 それは何いずれも、極きまり切った様に、つまらぬ文句のものばかりであったが、彼女は、女の優しい心遣こころづかいから、どの様な手紙であろうとも、自分に宛あてられたものは、兎とも角かくも、一通りは読んで見ることにしていた。
 簡単なものから先にして、二通の封書と、一葉のはがきとを見て了うと、あとにはかさ高い原稿らしい一通が残った。
別段通知の手紙は貰もらっていないけれど、そうして、突然原稿を送って来る例は、これまでにしても、よくあることだった。
それは、多くの場合、長々しく退屈極る代物であったけれど、彼女は兎も角も、表題丈だけでも見て置こうと、封を切って、中の紙束を取出して見た。
 それは、思った通り、原稿用紙を綴とじたものであった。が、どうしたことか、表題も署名もなく、突然「奥様」という、呼びかけの言葉で始まっているのだった。
ハテナ、では、やっぱり手紙なのかしら、そう思って、何気なく二行三行と目を走らせて行く内に、
彼女は、そこから、何となく異常な、妙に気味悪いものを予感した。そして、持前もちまえの好奇心が、彼女をして、ぐんぐん、先を読ませて行くのであった。

 奥様、
 奥様の方では、少しも御存じのない男から、突然、此様このような無躾ぶしつけな御手紙を、差上げます罪を、幾重いくえにもお許し下さいませ。
 こんなことを申上げますと、奥様は、さぞかしびっくりなさる事で御座いましょうが、私は今、
あなたの前に、私の犯して来ました、世にも不思議な罪悪を、告白しようとしているのでございます。
 私は数ヶ月の間、全く人間界から姿を隠して、本当に、悪魔の様な生活を続けて参りました。勿論もちろん、広い世界に誰一人、私の所業を知るものはありません。
若もし、何事もなければ、私は、このまま永久に、人間界に立帰ることはなかったかも知れないのでございます。
 ところが、近頃になりまして、私の心にある不思議な変化が起りました。
そして、どうしても、この、私の因果な身の上を、懺悔ざんげしないではいられなくなりました。
ただ、かように申しましたばかりでは、色々御不審ごふしんに思召おぼしめす点もございましょうが、どうか、兎も角も、この手紙を終りまで御読み下さいませ。
そうすれば、何故なぜ、私がそんな気持になったのか。又何故、この告白を、殊更ことさら奥様に聞いて頂かねばならぬのか、それらのことが、悉ことごとく明白になるでございましょう。
 さて、何から書き初めたらいいのか、余りに人間離れのした、奇怪千万な事実なので、こうした、人間世界で使われる、手紙という様な方法では、妙に面おもはゆくて、筆の鈍るのを覚えます。で
でも、迷っていても仕方がございません。兎も角も、事の起りから、順を追って、書いて行くことに致しましょう。
 私は生れつき、世にも醜い容貌の持主でございます。
これをどうか、はっきりと、お覚えなすっていて下さいませ。そうでないと、若し、あなたが、この無躾な願いを容いれて、私にお逢あい下さいました場合、たださえ醜い私の顔が、長い月日の不健康な生活の為ために、二ふた目と見られぬ、
ひどい姿になっているのを、何の予備知識もなしに、あなたに見られるのは、私としては、堪たえ難がたいことでございます。

87ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:19:33.93ID:dXaEeMVq
 佳子よしこは、毎朝、夫の登庁とうちょうを見送って了しまうと、それはいつも十時を過ぎるのだが、やっと自分のからだになって、洋館の方の、夫と共用の書斎へ、
とじ籠こもるのが例になっていた。そこで、彼女は今、K雑誌のこの夏の増大号にのせる為の、長い創作にとりかかっているのだった。
 美しい閨秀けいしゅう作家としての彼女は、此この頃ごろでは、外務省書記官である夫君の影を薄く思わせる程も、有名になっていた。
彼女の所へは、毎日の様に未知の崇拝者達からの手紙が、幾通となくやって来た。
 今朝けさとても、彼女は、書斎の机の前に坐ると、仕事にとりかかる前に、先まず、それらの未知の人々からの手紙に、目を通さねばならなかった。
 それは何いずれも、極きまり切った様に、つまらぬ文句のものばかりであったが、彼女は、女の優しい心遣こころづかいから、どの様な手紙であろうとも、自分に宛あてられたものは、兎とも角かくも、一通りは読んで見ることにしていた。
 簡単なものから先にして、二通の封書と、一葉のはがきとを見て了うと、あとにはかさ高い原稿らしい一通が残った。
別段通知の手紙は貰もらっていないけれど、そうして、突然原稿を送って来る例は、これまでにしても、よくあることだった。
それは、多くの場合、長々しく退屈極る代物であったけれど、彼女は兎も角も、表題丈だけでも見て置こうと、封を切って、中の紙束を取出して見た。
 それは、思った通り、原稿用紙を綴とじたものであった。が、どうしたことか、表題も署名もなく、突然「奥様」という、呼びかけの言葉で始まっているのだった。
ハテナ、では、やっぱり手紙なのかしら、そう思って、何気なく二行三行と目を走らせて行く内に、
彼女は、そこから、何となく異常な、妙に気味悪いものを予感した。そして、持前もちまえの好奇心が、彼女をして、ぐんぐん、先を読ませて行くのであった。

 奥様、
 奥様の方では、少しも御存じのない男から、突然、此様このような無躾ぶしつけな御手紙を、差上げます罪を、幾重いくえにもお許し下さいませ。
 こんなことを申上げますと、奥様は、さぞかしびっくりなさる事で御座いましょうが、私は今、
あなたの前に、私の犯して来ました、世にも不思議な罪悪を、告白しようとしているのでございます。
 私は数ヶ月の間、全く人間界から姿を隠して、本当に、悪魔の様な生活を続けて参りました。勿論もちろん、広い世界に誰一人、私の所業を知るものはありません。
若もし、何事もなければ、私は、このまま永久に、人間界に立帰ることはなかったかも知れないのでございます。
 ところが、近頃になりまして、私の心にある不思議な変化が起りました。
そして、どうしても、この、私の因果な身の上を、懺悔ざんげしないではいられなくなりました。
ただ、かように申しましたばかりでは、色々御不審ごふしんに思召おぼしめす点もございましょうが、どうか、兎も角も、この手紙を終りまで御読み下さいませ。
そうすれば、何故なぜ、私がそんな気持になったのか。又何故、この告白を、殊更ことさら奥様に聞いて頂かねばならぬのか、それらのことが、悉ことごとく明白になるでございましょう。
 さて、何から書き初めたらいいのか、余りに人間離れのした、奇怪千万な事実なので、こうした、人間世界で使われる、手紙という様な方法では、妙に面おもはゆくて、筆の鈍るのを覚えます。で
でも、迷っていても仕方がございません。兎も角も、事の起りから、順を追って、書いて行くことに致しましょう。
 私は生れつき、世にも醜い容貌の持主でございます。
これをどうか、はっきりと、お覚えなすっていて下さいませ。そうでないと、若し、あなたが、この無躾な願いを容いれて、私にお逢あい下さいました場合、たださえ醜い私の顔が、長い月日の不健康な生活の為ために、二ふた目と見られぬ、
ひどい姿になっているのを、何の予備知識もなしに、あなたに見られるのは、私としては、堪たえ難がたいことでございます。

88ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:19:52.42ID:dXaEeMVq
 佳子よしこは、毎朝、夫の登庁とうちょうを見送って了しまうと、それはいつも十時を過ぎるのだが、やっと自分のからだになって、洋館の方の、夫と共用の書斎へ、
とじ籠こもるのが例になっていた。そこで、彼女は今、K雑誌のこの夏の増大号にのせる為の、長い創作にとりかかっているのだった。
 美しい閨秀けいしゅう作家としての彼女は、此この頃ごろでは、外務省書記官である夫君の影を薄く思わせる程も、有名になっていた。
彼女の所へは、毎日の様に未知の崇拝者達からの手紙が、幾通となくやって来た。
 今朝けさとても、彼女は、書斎の机の前に坐ると、仕事にとりかかる前に、先まず、それらの未知の人々からの手紙に、目を通さねばならなかった。
 それは何いずれも、極きまり切った様に、つまらぬ文句のものばかりであったが、彼女は、女の優しい心遣こころづかいから、どの様な手紙であろうとも、自分に宛あてられたものは、兎とも角かくも、一通りは読んで見ることにしていた。
 簡単なものから先にして、二通の封書と、一葉のはがきとを見て了うと、あとにはかさ高い原稿らしい一通が残った。
別段通知の手紙は貰もらっていないけれど、そうして、突然原稿を送って来る例は、これまでにしても、よくあることだった。
それは、多くの場合、長々しく退屈極る代物であったけれど、彼女は兎も角も、表題丈だけでも見て置こうと、封を切って、中の紙束を取出して見た。
 それは、思った通り、原稿用紙を綴とじたものであった。が、どうしたことか、表題も署名もなく、突然「奥様」という、呼びかけの言葉で始まっているのだった。
ハテナ、では、やっぱり手紙なのかしら、そう思って、何気なく二行三行と目を走らせて行く内に、
彼女は、そこから、何となく異常な、妙に気味悪いものを予感した。そして、持前もちまえの好奇心が、彼女をして、ぐんぐん、先を読ませて行くのであった。

 奥様、
 奥様の方では、少しも御存じのない男から、突然、此様このような無躾ぶしつけな御手紙を、差上げます罪を、幾重いくえにもお許し下さいませ。
 こんなことを申上げますと、奥様は、さぞかしびっくりなさる事で御座いましょうが、私は今、
あなたの前に、私の犯して来ました、世にも不思議な罪悪を、告白しようとしているのでございます。
 私は数ヶ月の間、全く人間界から姿を隠して、本当に、悪魔の様な生活を続けて参りました。勿論もちろん、広い世界に誰一人、私の所業を知るものはありません。
若もし、何事もなければ、私は、このまま永久に、人間界に立帰ることはなかったかも知れないのでございます。
 ところが、近頃になりまして、私の心にある不思議な変化が起りました。
そして、どうしても、この、私の因果な身の上を、懺悔ざんげしないではいられなくなりました。
ただ、かように申しましたばかりでは、色々御不審ごふしんに思召おぼしめす点もございましょうが、どうか、兎も角も、この手紙を終りまで御読み下さいませ。
そうすれば、何故なぜ、私がそんな気持になったのか。又何故、この告白を、殊更ことさら奥様に聞いて頂かねばならぬのか、それらのことが、悉ことごとく明白になるでございましょう。
 さて、何から書き初めたらいいのか、余りに人間離れのした、奇怪千万な事実なので、こうした、人間世界で使われる、手紙という様な方法では、妙に面おもはゆくて、筆の鈍るのを覚えます。で
でも、迷っていても仕方がございません。兎も角も、事の起りから、順を追って、書いて行くことに致しましょう。
 私は生れつき、世にも醜い容貌の持主でございます。
これをどうか、はっきりと、お覚えなすっていて下さいませ。そうでないと、若し、あなたが、この無躾な願いを容いれて、私にお逢あい下さいました場合、たださえ醜い私の顔が、長い月日の不健康な生活の為ために、二ふた目と見られぬ、
ひどい姿になっているのを、何の予備知識もなしに、あなたに見られるのは、私としては、堪たえ難がたいことでございます。

89ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:20:10.13ID:dXaEeMVq
 佳子よしこは、毎朝、夫の登庁とうちょうを見送って了しまうと、それはいつも十時を過ぎるのだが、やっと自分のからだになって、洋館の方の、夫と共用の書斎へ、
とじ籠こもるのが例になっていた。そこで、彼女は今、K雑誌のこの夏の増大号にのせる為の、長い創作にとりかかっているのだった。
 美しい閨秀けいしゅう作家としての彼女は、此この頃ごろでは、外務省書記官である夫君の影を薄く思わせる程も、有名になっていた。
彼女の所へは、毎日の様に未知の崇拝者達からの手紙が、幾通となくやって来た。
 今朝けさとても、彼女は、書斎の机の前に坐ると、仕事にとりかかる前に、先まず、それらの未知の人々からの手紙に、目を通さねばならなかった。
 それは何いずれも、極きまり切った様に、つまらぬ文句のものばかりであったが、彼女は、女の優しい心遣こころづかいから、どの様な手紙であろうとも、自分に宛あてられたものは、兎とも角かくも、一通りは読んで見ることにしていた。
 簡単なものから先にして、二通の封書と、一葉のはがきとを見て了うと、あとにはかさ高い原稿らしい一通が残った。
別段通知の手紙は貰もらっていないけれど、そうして、突然原稿を送って来る例は、これまでにしても、よくあることだった。
それは、多くの場合、長々しく退屈極る代物であったけれど、彼女は兎も角も、表題丈だけでも見て置こうと、封を切って、中の紙束を取出して見た。
 それは、思った通り、原稿用紙を綴とじたものであった。が、どうしたことか、表題も署名もなく、突然「奥様」という、呼びかけの言葉で始まっているのだった。
ハテナ、では、やっぱり手紙なのかしら、そう思って、何気なく二行三行と目を走らせて行く内に、
彼女は、そこから、何となく異常な、妙に気味悪いものを予感した。そして、持前もちまえの好奇心が、彼女をして、ぐんぐん、先を読ませて行くのであった。

 奥様、
 奥様の方では、少しも御存じのない男から、突然、此様このような無躾ぶしつけな御手紙を、差上げます罪を、幾重いくえにもお許し下さいませ。
 こんなことを申上げますと、奥様は、さぞかしびっくりなさる事で御座いましょうが、私は今、
あなたの前に、私の犯して来ました、世にも不思議な罪悪を、告白しようとしているのでございます。
 私は数ヶ月の間、全く人間界から姿を隠して、本当に、悪魔の様な生活を続けて参りました。勿論もちろん、広い世界に誰一人、私の所業を知るものはありません。
若もし、何事もなければ、私は、このまま永久に、人間界に立帰ることはなかったかも知れないのでございます。
 ところが、近頃になりまして、私の心にある不思議な変化が起りました。
そして、どうしても、この、私の因果な身の上を、懺悔ざんげしないではいられなくなりました。
ただ、かように申しましたばかりでは、色々御不審ごふしんに思召おぼしめす点もございましょうが、どうか、兎も角も、この手紙を終りまで御読み下さいませ。
そうすれば、何故なぜ、私がそんな気持になったのか。又何故、この告白を、殊更ことさら奥様に聞いて頂かねばならぬのか、それらのことが、悉ことごとく明白になるでございましょう。
 さて、何から書き初めたらいいのか、余りに人間離れのした、奇怪千万な事実なので、こうした、人間世界で使われる、手紙という様な方法では、妙に面おもはゆくて、筆の鈍るのを覚えます。で
でも、迷っていても仕方がございません。兎も角も、事の起りから、順を追って、書いて行くことに致しましょう。
 私は生れつき、世にも醜い容貌の持主でございます。
これをどうか、はっきりと、お覚えなすっていて下さいませ。そうでないと、若し、あなたが、この無躾な願いを容いれて、私にお逢あい下さいました場合、たださえ醜い私の顔が、長い月日の不健康な生活の為ために、二ふた目と見られぬ、
ひどい姿になっているのを、何の予備知識もなしに、あなたに見られるのは、私としては、堪たえ難がたいことでございます。

90ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:21:11.08ID:dXaEeMVq
 佳子よしこは、毎朝、夫の登庁とうちょうを見送って了しまうと、それはいつも十時を過ぎるのだが、やっと自分のからだになって、洋館の方の、夫と共用の書斎へ、
とじ籠こもるのが例になっていた。そこで、彼女は今、K雑誌のこの夏の増大号にのせる為の、長い創作にとりかかっているのだった。
 美しい閨秀けいしゅう作家としての彼女は、此この頃ごろでは、外務省書記官である夫君の影を薄く思わせる程も、有名になっていた。
彼女の所へは、毎日の様に未知の崇拝者達からの手紙が、幾通となくやって来た。
 今朝けさとても、彼女は、書斎の机の前に坐ると、仕事にとりかかる前に、先まず、それらの未知の人々からの手紙に、目を通さねばならなかった。
 それは何いずれも、極きまり切った様に、つまらぬ文句のものばかりであったが、彼女は、女の優しい心遣こころづかいから、どの様な手紙であろうとも、自分に宛あてられたものは、兎とも角かくも、一通りは読んで見ることにしていた。
 簡単なものから先にして、二通の封書と、一葉のはがきとを見て了うと、あとにはかさ高い原稿らしい一通が残った。
別段通知の手紙は貰もらっていないけれど、そうして、突然原稿を送って来る例は、これまでにしても、よくあることだった。
それは、多くの場合、長々しく退屈極る代物であったけれど、彼女は兎も角も、表題丈だけでも見て置こうと、封を切って、中の紙束を取出して見た。
 それは、思った通り、原稿用紙を綴とじたものであった。が、どうしたことか、表題も署名もなく、突然「奥様」という、呼びかけの言葉で始まっているのだった。
ハテナ、では、やっぱり手紙なのかしら、そう思って、何気なく二行三行と目を走らせて行く内に、
彼女は、そこから、何となく異常な、妙に気味悪いものを予感した。そして、持前もちまえの好奇心が、彼女をして、ぐんぐん、先を読ませて行くのであった。

 奥様、
 奥様の方では、少しも御存じのない男から、突然、此様このような無躾ぶしつけな御手紙を、差上げます罪を、幾重いくえにもお許し下さいませ。
 こんなことを申上げますと、奥様は、さぞかしびっくりなさる事で御座いましょうが、私は今、
あなたの前に、私の犯して来ました、世にも不思議な罪悪を、告白しようとしているのでございます。
 私は数ヶ月の間、全く人間界から姿を隠して、本当に、悪魔の様な生活を続けて参りました。勿論もちろん、広い世界に誰一人、私の所業を知るものはありません。
若もし、何事もなければ、私は、このまま永久に、人間界に立帰ることはなかったかも知れないのでございます。
 ところが、近頃になりまして、私の心にある不思議な変化が起りました。
そして、どうしても、この、私の因果な身の上を、懺悔ざんげしないではいられなくなりました。
ただ、かように申しましたばかりでは、色々御不審ごふしんに思召おぼしめす点もございましょうが、どうか、兎も角も、この手紙を終りまで御読み下さいませ。
そうすれば、何故なぜ、私がそんな気持になったのか。又何故、この告白を、殊更ことさら奥様に聞いて頂かねばならぬのか、それらのことが、悉ことごとく明白になるでございましょう。
 さて、何から書き初めたらいいのか、余りに人間離れのした、奇怪千万な事実なので、こうした、人間世界で使われる、手紙という様な方法では、妙に面おもはゆくて、筆の鈍るのを覚えます。で
でも、迷っていても仕方がございません。兎も角も、事の起りから、順を追って、書いて行くことに致しましょう。
 私は生れつき、世にも醜い容貌の持主でございます。
これをどうか、はっきりと、お覚えなすっていて下さいませ。そうでないと、若し、あなたが、この無躾な願いを容いれて、私にお逢あい下さいました場合、たださえ醜い私の顔が、長い月日の不健康な生活の為ために、二ふた目と見られぬ、
ひどい姿になっているのを、何の予備知識もなしに、あなたに見られるのは、私としては、堪たえ難がたいことでございます。

91ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:22:28.68ID:dXaEeMVq
 佳子よしこは、毎朝、夫の登庁とうちょうを見送って了しまうと、それはいつも十時を過ぎるのだが、やっと自分のからだになって、洋館の方の、夫と共用の書斎へ、
とじ籠こもるのが例になっていた。そこで、彼女は今、K雑誌のこの夏の増大号にのせる為の、長い創作にとりかかっているのだった。
 美しい閨秀けいしゅう作家としての彼女は、此この頃ごろでは、外務省書記官である夫君の影を薄く思わせる程も、有名になっていた。
彼女の所へは、毎日の様に未知の崇拝者達からの手紙が、幾通となくやって来た。
 今朝けさとても、彼女は、書斎の机の前に坐ると、仕事にとりかかる前に、先まず、それらの未知の人々からの手紙に、目を通さねばならなかった。
 それは何いずれも、極きまり切った様に、つまらぬ文句のものばかりであったが、彼女は、女の優しい心遣こころづかいから、どの様な手紙であろうとも、自分に宛あてられたものは、兎とも角かくも、一通りは読んで見ることにしていた。
 簡単なものから先にして、二通の封書と、一葉のはがきとを見て了うと、あとにはかさ高い原稿らしい一通が残った。
別段通知の手紙は貰もらっていないけれど、そうして、突然原稿を送って来る例は、これまでにしても、よくあることだった。
それは、多くの場合、長々しく退屈極る代物であったけれど、彼女は兎も角も、表題丈だけでも見て置こうと、封を切って、中の紙束を取出して見た。
 それは、思った通り、原稿用紙を綴とじたものであった。が、どうしたことか、表題も署名もなく、突然「奥様」という、呼びかけの言葉で始まっているのだった。
ハテナ、では、やっぱり手紙なのかしら、そう思って、何気なく二行三行と目を走らせて行く内に、
彼女は、そこから、何となく異常な、妙に気味悪いものを予感した。そして、持前もちまえの好奇心が、彼女をして、ぐんぐん、先を読ませて行くのであった。

 奥様、
 奥様の方では、少しも御存じのない男から、突然、此様このような無躾ぶしつけな御手紙を、差上げます罪を、幾重いくえにもお許し下さいませ。
 こんなことを申上げますと、奥様は、さぞかしびっくりなさる事で御座いましょうが、私は今、
あなたの前に、私の犯して来ました、世にも不思議な罪悪を、告白しようとしているのでございます。
 私は数ヶ月の間、全く人間界から姿を隠して、本当に、悪魔の様な生活を続けて参りました。勿論もちろん、広い世界に誰一人、私の所業を知るものはありません。
若もし、何事もなければ、私は、このまま永久に、人間界に立帰ることはなかったかも知れないのでございます。
 ところが、近頃になりまして、私の心にある不思議な変化が起りました。
そして、どうしても、この、私の因果な身の上を、懺悔ざんげしないではいられなくなりました。
ただ、かように申しましたばかりでは、色々御不審ごふしんに思召おぼしめす点もございましょうが、どうか、兎も角も、この手紙を終りまで御読み下さいませ。
そうすれば、何故なぜ、私がそんな気持になったのか。又何故、この告白を、殊更ことさら奥様に聞いて頂かねばならぬのか、それらのことが、悉ことごとく明白になるでございましょう。
 さて、何から書き初めたらいいのか、余りに人間離れのした、奇怪千万な事実なので、こうした、人間世界で使われる、手紙という様な方法では、妙に面おもはゆくて、筆の鈍るのを覚えます。で
でも、迷っていても仕方がございません。兎も角も、事の起りから、順を追って、書いて行くことに致しましょう。
 私は生れつき、世にも醜い容貌の持主でございます。
これをどうか、はっきりと、お覚えなすっていて下さいませ。そうでないと、若し、あなたが、この無躾な願いを容いれて、私にお逢あい下さいました場合、たださえ醜い私の顔が、長い月日の不健康な生活の為ために、二ふた目と見られぬ、
ひどい姿になっているのを、何の予備知識もなしに、あなたに見られるのは、私としては、堪たえ難がたいことでございます。

92ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:29:27.31ID:dXaEeMVq
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、
それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、
むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。
たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、
それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。
今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、
いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩いた。

93ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:31:51.63ID:AG5ocMSf
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

94ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:32:31.64ID:AG5ocMSf
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

95ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:33:04.52ID:AG5ocMSf
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

96ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:33:43.90ID:AG5ocMSf
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

97ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:35:14.15ID:AG5ocMSf
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

98ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:35:59.34ID:AG5ocMSf
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

99ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:36:43.71ID:G6A209B0
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

100ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:37:09.15ID:G6A209B0
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

101ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:37:56.70ID:G6A209B0
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

102ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:38:44.27ID:G6A209B0
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

103ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:39:42.02ID:G6A209B0
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

104ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:47:36.57ID:G6A209B0
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

105ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 00:48:26.48ID:G6A209B0
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

106ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 01:04:20.15ID:G6A209B0
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

107ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 01:06:47.89ID:G6A209B0
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

108ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 01:08:32.47ID:G6A209B0
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

109ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 01:10:52.29ID:EvaDWnP9
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

110ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 01:13:55.23ID:EvaDWnP9
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

111ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 01:14:10.39ID:EvaDWnP9
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

112ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 01:16:15.94ID:EvaDWnP9
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

113ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 01:19:39.22ID:EvaDWnP9
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

114ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 01:25:09.85ID:EvaDWnP9
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

115ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 01:25:39.09ID:EvaDWnP9
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

116ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 01:29:27.29ID:EvaDWnP9
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

117ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 01:32:50.49ID:EvaDWnP9
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

118ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 01:33:19.60ID:EvaDWnP9
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

119ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 01:36:10.95ID:8tRVjw0m
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

120ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 01:43:25.23ID:fq5wlp7y
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

121ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 01:43:47.35ID:fq5wlp7y
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

122ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 01:45:19.54ID:fq5wlp7y
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

123ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 01:47:28.28ID:fq5wlp7y
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

124ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 01:48:26.17ID:yI2wCnUw
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

125ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 01:50:29.32ID:yI2wCnUw
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

126ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 01:51:34.33ID:yI2wCnUw
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

127ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 01:52:39.76ID:yI2wCnUw
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

128ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 01:54:00.60ID:yI2wCnUw
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

129ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 01:54:19.84ID:yI2wCnUw
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

130ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 01:54:49.55ID:yI2wCnUw
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

131ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 01:55:23.17ID:yI2wCnUw
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

132ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 01:56:19.40ID:yI2wCnUw
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

133ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 01:57:17.81ID:yI2wCnUw
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

134ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 02:00:35.77ID:Dvg/VymB
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

135ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 02:01:05.02ID:Dvg/VymB
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

136ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 02:01:47.47ID:Dvg/VymB
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

137ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 02:02:02.10ID:Dvg/VymB
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

138ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 02:03:32.37ID:Dvg/VymB
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

139ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 02:04:33.17ID:Dvg/VymB
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

140ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 02:05:15.41ID:Dvg/VymB
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

141ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 02:05:42.06ID:Dvg/VymB
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

142ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 02:06:15.85ID:Dvg/VymB
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

143ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 02:06:39.52ID:Dvg/VymB
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

144ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 02:07:39.50ID:tFpMuZAP
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

145ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 02:08:22.16ID:tFpMuZAP
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

146ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 02:08:54.19ID:tFpMuZAP
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

147ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 02:09:25.80ID:tFpMuZAP
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

148ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 02:10:54.29ID:tFpMuZAP
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

149ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 02:11:29.39ID:tFpMuZAP
 この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
 帝都最大の殷賑いんしん地帯、ネオン・ライトの闇夜の虹が、幾万の通行者を五色にそめるG街、その表通りを一歩裏へ入ると、そこにこの都の暗黒街が横たわっている。
 G街の方は、午後十一時ともなれば、夜の人種にとってはまことにあっけなく、しかし帝都の代表街にふさわしい行儀よさで、
ほとんど人通りがとだえてしまうのだが、それと引き違いに、背中合わせの暗黒街がにぎわい始め、午前二時三時頃までも、
男女のあくなき享楽児どもが、窓をとざした建物の薄くらがりの中に、ウヨウヨとうごめきつづける。
 今もいうあるクリスマス・イヴの午前一時頃、その暗黒街のとある巨大な建物、外部から見たのではまるで空家のようなまっ暗な建物の中に、
けたはずれな、狂気めいた大夜会が、今、最高潮に達していた。
 ナイトクラブの広々としたフロアに、数十人の男女が、或る者は盃をあげてブラボーを叫び、或る者はだんだら染めのの尖とんがり帽子を横っちょにして踊りくるい、
或る者はにげまどう小女をゴリラの恰好かっこうで追いまわし、或る者は泣きわめき、或る者は怒りくるっている上を、
五色の粉紙が雪と舞い、五色のテープが滝と落ち、数知れぬ青赤の風船玉が、むせかえる煙草たばこのけむりの雲の中を、とまどいをしてみだれ飛んでいた。
「やあ、ダーク・エンジェルだ。ダーク・エンジェルだ」
「黒天使の御入来だぞ」
「ブラボー、女王様ばんざい!」
 口々にわめく酔いどれの声々が混乱して、たちまち急霰きゅうさんの拍手が起こった。
 自然に開かれた人垣の中を、浮き浮きとステップをふむようにして、室の中央に進みでる一人の婦人。
まっ黒なイブニング・ドレスに、まっ黒な帽子、まっ黒な手袋、まっ黒な靴下、まっ黒な靴、黒ずくめの中に、かがやくばかりの美貌が、ドキドキと上気して、赤いばらのように咲きほこっている。
「諸君、御機嫌よう。僕はもう酔っぱらってるんです。しかし、飲みましょう。そして、踊りましょう」
 美しい婦人は、右手をヒラヒラと頭上に打ち振りながら、可愛らしい巻舌で叫んだ。
「飲みましょう。そして、踊りましょう。ダーク・エンジェルばんざい!」
「オーイ、ボーイさん、シャンパンだ、シャンパンだ」
 やがて、ポン、ポンと花やかな小銃が鳴りひびいて、コルクの弾丸が五色の風船玉をぬって昇天した。そこにも、ここにも、カチカチとグラスのふれる音、そして、またしても、
「ブラボー、ダーク・エンジェル!」
 の合唱だ。
 暗黒街の女王のこの人気は、一体どこからわいて出たのか。たとえ彼女の素性は少しもわからなくても、その美貌、
そのズバぬけたふるまい、底知れぬ贅沢ぜいたく、おびただしい宝石の装身具、それらのどの一つを取っても、女王の資格は十分すぎるほどであったが、
彼女はさらにもっともっとすばらしい魅力をそなえていた。
彼女は大胆不敵なエキジビショニストであったのだ。
「黒天使、いつもの宝石踊りを所望します!」
 だれかが口を切ると、ワーッというドヨメキ、そして一せいの拍手。
 片隅のバンドが音楽を始めた。わいせつなサキソフォンが、異様に人々の耳をくすぐった。
 人々の円陣の中央には、もう宝石踊りが始まっていた。黒天使は今や白天使と変じた。彼女の美しく上気した全肉体をおおうものは、
二筋の大粒な首飾りと、見事な翡翠ひすいの耳飾りと、無数のダイヤモンドをちりばめた左右の腕環と、三箇の指環のほかには、一本の糸、一枚の布切れさえもなかった。
 彼女は今、チカチカと光りかがやく、桃色の一肉塊にすぎなかった。それが肩をゆすり、足をあげて、エジプト宮廷の、なまめかしき舞踊を、たくみにも踊りつづけているのだ。
「オイ、見ろ、黒トカゲが這はい始めたぜ。なんてすばらしいんだろ」
「ウン、ほんとうに、あの小さな虫が、生きて動きだすんだからね」
 意気なタキシードの青年がささやき交わした。
 美しい女の左の腕に、一匹の真黒に見えるトカゲが這っていた。
それが彼女の腕のゆらぎにつれて、吸盤のある足をヨタヨタと動かして、這い出したように見えるのだ。今にもそれが、肩から頸くび、頸から顎あご、
そして彼女の真赤なヌメヌメとした、唇までも、這いあがって行きそうに見えながら、いつまでも同じ腕にうごめいている。
真にせまった一匹のトカゲの入墨いれずみであった。
 さすがにこの恥知らずの舞踊は四、五分しかつづかなかったが、それが終ると、
感激した酔いどれ紳士たちが、ドッと押し寄せて、何か口々に激情の叫びをあげながら、いきなり裸美人らびじんを胴上げにして、お御輿みこしのかけ声勇ましく、室内をグルグルと廻り歩

150ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 03:34:20.58ID:dBXdJt3o
       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        (  2ゲットだね・・・
   。o ○\____________/
  .∧∧ヘヘ      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  (  ノ  ) 。o○(  うん・・・
  ./  |  \   \_________/
 (___ノ(___ノ
/       \

151ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 17:17:24.90ID:W1ke1gp9
>>13
結局お前もこのスレ荒らしているじゃんか?

152ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 18:48:25.15ID:OJ9iEFAg
前々から連投で埋め立てをしてたのもそいつでしょw

153ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 22:34:00.44ID:ydo9MkaN
で、このスレを使うの?(´・ω・`)

154ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 22:49:18.64ID:NgzplxP4
IPさらすと荒らせねーってか
ハゲw
2ちゃん荒らすのだけが生きがいのギョウ虫死ね

155ファンクラブ会員番号7742017/02/05(日) 23:59:11.24ID:PxH1pMSe
ここが伸びてるからここが本スレだね

156ファンクラブ会員番号7742017/02/06(月) 00:00:02.67ID:vdwOVcFv
本スレage

157ファンクラブ会員番号7742017/02/06(月) 00:03:24.32ID:EmL4J3hP
この長文だれや!

頭悪い奴が面白がるだけだな

内容のないつまらんコピペするやつは死ね

158ファンクラブ会員番号7742017/02/06(月) 11:07:30.25ID:Wpv76Pp5
荒らしは無視して先に立ったこちらを使いましょう
ルール無視すると立てられなくなる
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/
削除依頼お願いします

159ファンクラブ会員番号7742017/02/07(火) 00:08:49.99ID:X+aq8ek6
いよいよ新曲が聴ける
菫路線からGemini方向へ戻ってくること希望する

160ファンクラブ会員番号7742017/02/07(火) 00:14:42.74ID:AKAwAy0i
あさっての方向に行くんじゃないかと思うよ

161ファンクラブ会員番号7742017/02/07(火) 00:32:14.76ID:yxbnjGuh
重複スレですので移動してください

【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】 http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

162ファンクラブ会員番号7742017/02/07(火) 01:05:00.24ID:X+aq8ek6
そうなったら益々足が遠のくことになるな

163ファンクラブ会員番号7742017/02/07(火) 01:27:16.82ID:iMghU88l
ここは重複スレ

【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】 http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

164ファンクラブ会員番号7742017/02/07(火) 18:34:05.49ID:B7WDGCxg
エソラ池袋って狭いですか?
ギリギリに行っても見られますかね?

165ファンクラブ会員番号7742017/02/07(火) 22:21:41.52ID:kJ9NIibn
今日は人多かったねえ
特典会残らず帰った人も多かったけど

166ファンクラブ会員番号7742017/02/08(水) 23:04:47.98ID:k2q5FdCA
正直言ってガッカリだ

167ファンクラブ会員番号7742017/02/09(木) 08:39:52.54ID:MmW2VXqi
楽曲派は手厳しいですな

168ファンクラブ会員番号7742017/02/10(金) 00:08:12.02ID:tUFR0FzZ
WHY@DOLL新曲MV完成、テーマは「恋人に会うまで」 - 音楽ナタリー
http://natalie.mu/music/news/220168

169ファンクラブ会員番号7742017/02/10(金) 01:49:46.54ID:GlSX0/rW
WHY@DOLL「キミはSteady」MV

https://www.youtube.com/watch?v=wd8gc6ZvYHU

170ファンクラブ会員番号7742017/02/10(金) 15:51:16.35ID:hTfyXyPW
>>169
竹内電気、イイ仕事してるなw

171ファンクラブ会員番号7742017/02/11(土) 00:46:49.25ID:jxW6dI8o
Victor時代の路線には戻らないって解釈していいのかな

172ファンクラブ会員番号7742017/02/11(土) 12:29:15.87ID:VrSCM6lc
無理でしょ

173ファンクラブ会員番号7742017/02/11(土) 12:35:03.38ID:veyRzior
君はsteadyはこれまでにない曲調だが
何をもってビクター路線って言ってるのか意味不明
前作のアイオライトはdiscoテイストで継続性あったし
カップリングのあなただけ〜も曖昧に続くスティービーワンダーオマージュだっただろ

174ファンクラブ会員番号7742017/02/12(日) 14:37:07.29ID:xlhXWfTj

175ファンクラブ会員番号7742017/02/16(木) 21:41:21.95ID:zwdcRdLc
今日も多く見積もって40人程度か

176ファンクラブ会員番号7742017/02/26(日) 00:26:28.50ID:Xg/3ddP1
ツアー衣装いいね

177ファンクラブ会員番号7742017/03/01(水) 00:04:13.53ID:Dmgren/g
月末だったけど渋谷Gladは人集まった?

178ファンクラブ会員番号7742017/03/08(水) 20:33:07.04ID:x2/GjkNY
4 19,686 フェアリーズ
5 19,345 SILENT SIREN
9 10,480 HR
11 7,464 エラバレシ
12 7,056 エルフロート
16 3,752 J☆Dee'Z
22 2,891 東京女子流
29 2,577 G☆Girls
43 1,902 WHY☆DOLL
68 967 A応P

179ファンクラブ会員番号7742017/03/18(土) 12:05:22.35ID:hiq8JrDI
ポカリンとは? (o・e・)

・機種関係無し安売り情報スレに2008年頃から住み着いているアイドル女優ヲタ
・ほぼ毎日同じ時間帯に現れレスをしている (お昼〜午後11時)
・オットセイと他の住人全てに嫌われている禿げ
・恋愛経験皆無のパチンコに依存している童貞
・安売りスレが機能しなくなった元凶
・年齢は40代中盤

11/03(火)
http://hissi.org/read.php/famicom/20151103/N1JCdFluYi8.html
11/04(水)
http://hissi.org/read.php/famicom/20151104/NzRWOUJoWm0.html
11/05(木)
http://hissi.org/read.php/famicom/20151105/VGRhWHlJQmE.html
11/06(金)
http://hissi.org/read.php/famicom/20151106/M2grdmp3eFA.html
2016/05/17(火) ポカリンの敗北
http://hissi.org/read.php/famicom/20160517/a1l6U0pBRXU.html

プレミア12での日韓戦での在日発言
http://hissi.org/read.php/famicom/20151119/Mm40TWJqL2Q.html

180ファンクラブ会員番号7742017/03/18(土) 12:05:38.25ID:hiq8JrDI
ポカリンとは? (o・e・)

・機種関係無し安売り情報スレに2008年頃から住み着いているアイドル女優ヲタ
・ほぼ毎日同じ時間帯に現れレスをしている (お昼〜午後11時)
・オットセイと他の住人全てに嫌われている禿げ
・恋愛経験皆無のパチンコに依存している童貞
・安売りスレが機能しなくなった元凶
・年齢は40代中盤

11/03(火)
http://hissi.org/read.php/famicom/20151103/N1JCdFluYi8.html
11/04(水)
http://hissi.org/read.php/famicom/20151104/NzRWOUJoWm0.html
11/05(木)
http://hissi.org/read.php/famicom/20151105/VGRhWHlJQmE.html
11/06(金)
http://hissi.org/read.php/famicom/20151106/M2grdmp3eFA.html
2016/05/17(火) ポカリンの敗北
http://hissi.org/read.php/famicom/20160517/a1l6U0pBRXU.html

プレミア12での日韓戦での在日発言
http://hissi.org/read.php/famicom/20151119/Mm40TWJqL2Q.html

181ファンクラブ会員番号7742017/03/30(木) 14:15:14.43ID:kAPiCB4k
このタイミングで繋がりキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

182ファンクラブ会員番号7742017/04/27(木) 22:34:22.43ID:l0BF+mjt
5月20日(土) 開催決定!! 『 IDOL CONTENT EXPO @ イオンモール幕張新都心
お知らせ
『 IDOL CONTENT EXPO @ イオンモール幕張新都心 supported by ダイキサウンド
〜初夏の大無銭祭〜』
【日程】 2017年5月20日(土)
【題名】 『 IDOL CONTENT EXPO @ イオンモール幕張新都心 supported by ダイキサウンド 〜初夏の大無銭祭〜』
【時間】 開演11:00 終演20:30(予定)
【価格】  無銭 (入場無料)
【会場】 千葉・イオンモール幕張新都心 グランドモール 1階グランドスクエア
【出演】 PASSPO☆ / predia /
放課後プリンセス / アフィリア・サーガ / 仮面女子:アリス十番 / 仮面女子:アーマーガールズ / 愛乙女☆DOLL / エラバレシ /
マジカル・パンチライン /
アイドルカレッジTeamD /
アイドルカレッジTeamC / FES☆TIVE /
Chu-Z / 桜エビ〜ず / palet / つりビット / drop / ワンダーウィード / 閃光ロードショー / ぷちぱすぽ☆ / La PomPon / SiAM&POPTUNe / パンダみっく /
東京CuteCute / イケてるハーツ / じぇるの! / カプ式会社ハイパーモチベーション
/ CoverGirls / 上野優華 / ベボガ!
(虹のコンキスタドール黄組)/
きゃわふるTORNAD / Dolly Kiss /
夏芽優李 / SHiNY SHiNY ...etc
■公式サイト:http://www.daiki-sound.jp/news/md-detail/id-145
■公式Twitter:http://twitter.com/ic_expo
■主催:IDOL CONTENT EXPO / ダイキサウンド株式会社
■協力:イオンモール幕張新都心 / ヴィレッジヴァンガードイオンモール幕張新都心店

183ファンクラブ会員番号7742017/04/29(土) 13:49:46.12ID:mUF3UtKo
天晴れ!原宿、READY TO KISS、エルフロート、KATA☆CHU、notall、SAY-LA、
さきどり発信局、仮面ライダーGIRLS、dela(名古屋)、P.IDL、ダイヤモンドルフィー、CoverGirls、mi-na、
上月せれな、ユメオイ少女、花言葉はイノセンス、KAMOがネギをしょってくるッ!!!、うりゃおい!JAPAN、
Jewel*Mariee、Purpure☆(京都)、エモクルスコップ、永遠少女症候群 ゆゆ、病んでる私とヤまない雨、
ぷれ☆すく、サムライ×オトメ、FOR-Z/爆団マーメイド、AMAZONIGHT、CLUSTAR.、BANQUET

184ファンクラブ会員番号7742017/04/29(土) 13:51:56.57ID:mUF3UtKo
アフィリア・サーガ/愛乙女☆DOLL/Chu-Z/READY TO KISS/ベボガ!(虹のコンキスタ ドール)/SAY-LA/ぷちぱすぽ☆/イケてるハーツ/KNU/アイドル諜報機関 LEVEL7/Chu☆Oh!Dolly/原宿物語/東京 CuteCute/仮面ライダー GIRLS...and more

185ファンクラブ会員番号7742017/04/29(土) 17:43:41.32ID:mibOWClx
ここは重複スレ 移動願います

【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】 http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

186ファンクラブ会員番号7742017/04/29(土) 21:31:10.45ID:F5cHwpqe
チャオ ベッラ チンクエッティ/Chu-Z/FES☆TIVE/マジカル・パンチライン/ぷちぱすぽ☆/イケてるハーツ/Pimm’s/天晴れ!原宿/東京CuteCute/WenDee

187ファンクラブ会員番号7742017/04/29(土) 21:31:43.01ID:F5cHwpqe
愛乙女☆DOLL/アフィリア・サーカ?/Chu-Z/READY TO KISS/ヘ?ホ?カ?!(虹のコンキスタ ト?ール)/SAY-LA/ふ?ちは?すほ?☆/イケてるハーツ/KNU/アイト?ル諜報機関 LEVEL7/Chu☆Oh!Dolly/原宿物語/東京CuteCute/仮面ライタ?ー GIRLS/WenDee

188ファンクラブ会員番号7742017/04/29(土) 23:41:37.64ID:NqAGZSEz
はーちゃんで妄想AV

189ファンクラブ会員番号7742017/05/01(月) 17:23:24.76ID:xBl+ZkHO
新星堂サンシャインシティアルタ店。’17 @ssd_alta
【Road to 噴水広場】
当店でイベント開催のアイドル様を、噴水広場へご招待!
インストアイベントにて月間売上No.1となったアイドル様へ、翌月のiPopMonthlyFes出演権をプレゼント!
エントリーは随時受付中!
#roadto噴水広場


ほわどるに恥かかせたらお前らヲタ失格な

190ファンクラブ会員番号7742017/05/01(月) 17:45:31.33ID:DgKApWqX
>>189

ここは重複スレ 移動願います

【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】 http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

191ファンクラブ会員番号7742017/05/02(火) 00:02:53.60ID:6P7tZcN5

192ファンクラブ会員番号7742017/05/02(火) 11:18:14.29ID:9b4+I/e6
児嶋ージュw

193ファンクラブ会員番号7742017/05/02(火) 11:24:25.48ID:9b4+I/e6
児嶋ージュw

194ファンクラブ会員番号7742017/05/02(火) 11:27:53.10ID:9b4+I/e6
児嶋ージュw

195ファンクラブ会員番号7742017/05/02(火) 11:32:36.97ID:9b4+I/e6
児嶋ージュw

196ファンクラブ会員番号7742017/05/02(火) 11:41:45.89ID:9b4+I/e6
児嶋ージュw

197ファンクラブ会員番号7742017/05/02(火) 11:51:06.95ID:9b4+I/e6
児嶋ージュw

198ファンクラブ会員番号7742017/05/02(火) 12:01:22.49ID:9b4+I/e6
児嶋ージュw

199ファンクラブ会員番号7742017/05/02(火) 12:04:57.79ID:9b4+I/e6
児嶋ージュw

200ファンクラブ会員番号7742017/05/02(火) 12:06:57.78ID:9b4+I/e6
阻止っとこw

201ファンクラブ会員番号7742017/05/03(水) 03:59:50.14ID:0ZhI6mgU
[GIRLS]
チャオベッラチンクエッティ / Chu-Z / FES☆TIVE / マジカル・パンチライン / ぷちぱすぽ☆ / イケてるハーツ / Pimm's / 全力少女R / 天晴れ!原宿 / 東京CuteCute / 閃光ロードショー / Checkmate / WenDee / さきどり配信局

202ファンクラブ会員番号7742017/05/05(金) 02:49:52.22ID:cGlG81QJ

203ファンクラブ会員番号7742017/05/06(土) 02:36:30.92ID:Gbc7gAZv
TIF2017出演者 第4弾発表!
天晴れ!原宿
amiinA
Ange☆Reve
上野優華
エラバレシ
さんみゅ〜
SiAM&POPTUNe
Task have Fun
東京パフォーマンスドール
DREAMING MONSTER
Party Rockets GT
バクステ外神田一丁目
はっちゃけ隊 from PASSPO☆
ばってん少女隊
原宿物語
パンダみっく
放課後プリンセス
WHY@DOLL
RIOT BABY
La PomPon
(五十音順)

204ファンクラブ会員番号7742017/05/06(土) 23:37:00.92ID:XZiN6Fsr
児嶋ッチョw

205ファンクラブ会員番号7742017/05/06(土) 23:39:52.80ID:XZiN6Fsr
児嶋ッチョw

206ファンクラブ会員番号7742017/05/06(土) 23:42:27.85ID:XZiN6Fsr
児嶋ッチョw

207ファンクラブ会員番号7742017/05/06(土) 23:45:08.24ID:XZiN6Fsr
児嶋ッチョw

208ファンクラブ会員番号7742017/05/06(土) 23:48:58.45ID:XZiN6Fsr
児嶋ッチョw

209ファンクラブ会員番号7742017/05/06(土) 23:52:05.59ID:XZiN6Fsr
児嶋ッチョw

210ファンクラブ会員番号7742017/05/06(土) 23:55:16.42ID:XZiN6Fsr
児嶋ッチョw

211ファンクラブ会員番号7742017/05/07(日) 05:07:44.00ID:nCD+YBrf
児嶋ッチョw

212ファンクラブ会員番号7742017/05/07(日) 05:11:40.45ID:nCD+YBrf
児嶋ッチョw

213ファンクラブ会員番号7742017/05/07(日) 05:15:45.23ID:nCD+YBrf
児嶋ッチョw

214ファンクラブ会員番号7742017/05/07(日) 05:20:15.28ID:nCD+YBrf
児嶋ッチョw

215ファンクラブ会員番号7742017/05/07(日) 05:24:23.01ID:nCD+YBrf
児嶋ッチョw

216ファンクラブ会員番号7742017/05/08(月) 23:42:50.09ID:d6bV2Y6M
『 IDOL CONTENT EXPO @ イオンモール幕張新都心 supported by ダイキサウンド
〜初夏の大無銭祭〜』
【日程】 2017年5月20日(土)
【題名】 『 IDOL CONTENT EXPO @ イオンモール幕張新都心 supported by ダイキサウンド 〜初夏の大無銭祭〜』
【時間】 開演11:00 終演20:30(予定)
【価格】  無銭 (入場無料)
【会場】 千葉・イオンモール幕張新都心 グランドモール 1階グランドスクエア
【出演】 PASSPO☆ / predia /
放課後プリンセス / アフィリア・サーガ / 仮面女子:アリス十番 / 仮面女子:アーマーガールズ / 愛乙女☆DOLL / エラバレシ /
マジカル・パンチライン /
アイドルカレッジTeamD /
アイドルカレッジTeamC / FES☆TIVE /
Chu-Z / 桜エビ〜ず / palet / つりビット / drop / ワンダーウィード / 閃光ロードショー / ぷちぱすぽ☆ / La PomPon / SiAM&POPTUNe / パンダみっく /
東京CuteCute / イケてるハーツ / じぇるの! / カプ式会社ハイパーモチベーション
/ CoverGirls / 上野優華 / ベボガ!
(虹のコンキスタドール黄組)/
きゃわふるTORNAD / Dolly Kiss /
夏芽優李 / SHiNY SHiNY ...etc
■公式サイト:http://www.daiki-sound.jp/news/md-detail/id-145
■公式Twitter:http://twitter.com/ic_expo
■主催:IDOL CONTENT EXPO / ダイキサウンド株式会社
■協力:イオンモール幕張新都心 / ヴィレッジヴァンガードイオンモール幕張新都心店

217ファンクラブ会員番号7742017/05/09(火) 11:47:00.98ID:bykHB4iC
児嶋〜にゃ!

218ファンクラブ会員番号7742017/05/09(火) 12:08:07.73ID:bykHB4iC
児嶋〜にゃ!

219ファンクラブ会員番号7742017/05/09(火) 12:11:57.13ID:bykHB4iC
児嶋〜にゃ!

220ファンクラブ会員番号7742017/05/09(火) 12:13:38.27ID:a/Rc6Y9B
『 IDOL CONTENT EXPO @ イオンモール幕張新都心 supported by ダイキサウンド
〜初夏の大無銭祭〜』
【日程】 2017年5月20日(土)
【題名】 『 IDOL CONTENT EXPO @ イオンモール幕張新都心 supported by ダイキサウンド 〜初夏の大無銭祭〜』
【時間】 開演11:00 終演20:30(予定)
【価格】  無銭 (入場無料)
【会場】 千葉・イオンモール幕張新都心 グランドモール 1階グランドスクエア
【出演】 PASSPO☆ / predia /
放課後プリンセス / アフィリア・サーガ / 仮面女子:アリス十番 / 仮面女子:アーマーガールズ / 愛乙女☆DOLL / エラバレシ /
マジカル・パンチライン /
アイドルカレッジTeamD /
アイドルカレッジTeamC / FES☆TIVE /
Chu-Z / 桜エビ〜ず / palet / つりビット / drop / ワンダーウィード / 閃光ロードショー / ぷちぱすぽ☆ / La PomPon / SiAM&POPTUNe / パンダみっく /
東京CuteCute / イケてるハーツ / じぇるの! / カプ式会社ハイパーモチベーション
/ CoverGirls / 上野優華 / ベボガ!
(虹のコンキスタドール黄組)/
きゃわふるTORNAD / Dolly Kiss /
夏芽優李 / SHiNY SHiNY ...etc
■公式サイト:http://www.daiki-sound.jp/news/md-detail/id-145
■公式Twitter:http://twitter.com/ic_expo
■主催:IDOL CONTENT EXPO / ダイキサウンド株式会社
■協力:イオンモール幕張新都心 / ヴィレッジヴァンガードイオンモール幕張新都心店

221ファンクラブ会員番号7742017/05/09(火) 12:14:06.70ID:KcZuzEtq
『 IDOL CONTENT EXPO @ イオンモール幕張新都心 supported by ダイキサウンド
〜初夏の大無銭祭〜』
【日程】 2017年5月20日(土)
【題名】 『 IDOL CONTENT EXPO @ イオンモール幕張新都心 supported by ダイキサウンド 〜初夏の大無銭祭〜』
【時間】 開演11:00 終演20:30(予定)
【価格】  無銭 (入場無料)
【会場】 千葉・イオンモール幕張新都心 グランドモール 1階グランドスクエア
【出演】 PASSPO☆ / predia /
放課後プリンセス / アフィリア・サーガ / 仮面女子:アリス十番 / 仮面女子:アーマーガールズ / 愛乙女☆DOLL / エラバレシ /
マジカル・パンチライン /
アイドルカレッジTeamD /
アイドルカレッジTeamC / FES☆TIVE /
Chu-Z / 桜エビ〜ず / palet / つりビット / drop / ワンダーウィード / 閃光ロードショー / ぷちぱすぽ☆ / La PomPon / SiAM&POPTUNe / パンダみっく /
東京CuteCute / イケてるハーツ / じぇるの! / カプ式会社ハイパーモチベーション
/ CoverGirls / 上野優華 / ベボガ!
(虹のコンキスタドール黄組)/
きゃわふるTORNAD / Dolly Kiss /
夏芽優李 / SHiNY SHiNY ...etc
■公式サイト:http://www.daiki-sound.jp/news/md-detail/id-145
■公式Twitter:http://twitter.com/ic_expo
■主催:IDOL CONTENT EXPO / ダイキサウンド株式会社
■協力:イオンモール幕張新都心 / ヴィレッジヴァンガードイオンモール幕張新都心店

222ファンクラブ会員番号7742017/05/09(火) 12:14:19.50ID:r32w55Vf
『 IDOL CONTENT EXPO @ イオンモール幕張新都心 supported by ダイキサウンド
〜初夏の大無銭祭〜』
【日程】 2017年5月20日(土)
【題名】 『 IDOL CONTENT EXPO @ イオンモール幕張新都心 supported by ダイキサウンド 〜初夏の大無銭祭〜』
【時間】 開演11:00 終演20:30(予定)
【価格】  無銭 (入場無料)
【会場】 千葉・イオンモール幕張新都心 グランドモール 1階グランドスクエア
【出演】 PASSPO☆ / predia /
放課後プリンセス / アフィリア・サーガ / 仮面女子:アリス十番 / 仮面女子:アーマーガールズ / 愛乙女☆DOLL / エラバレシ /
マジカル・パンチライン /
アイドルカレッジTeamD /
アイドルカレッジTeamC / FES☆TIVE /
Chu-Z / 桜エビ〜ず / palet / つりビット / drop / ワンダーウィード / 閃光ロードショー / ぷちぱすぽ☆ / La PomPon / SiAM&POPTUNe / パンダみっく /
東京CuteCute / イケてるハーツ / じぇるの! / カプ式会社ハイパーモチベーション
/ CoverGirls / 上野優華 / ベボガ!
(虹のコンキスタドール黄組)/
きゃわふるTORNAD / Dolly Kiss /
夏芽優李 / SHiNY SHiNY ...etc
■公式サイト:http://www.daiki-sound.jp/news/md-detail/id-145
■公式Twitter:http://twitter.com/ic_expo
■主催:IDOL CONTENT EXPO / ダイキサウンド株式会社
■協力:イオンモール幕張新都心 / ヴィレッジヴァンガードイオンモール幕張新都心店

223ファンクラブ会員番号7742017/05/30(火) 23:59:15.97ID:3RDfwPEP
2人してCHEERZのイベントに参加って意味が分からない
1人で出ても厳しいこと予想されるのに

224ファンクラブ会員番号7742017/06/15(木) 17:29:22.68ID:9h6oUu+5
 

225ファンクラブ会員番号7742017/08/11(金) 21:08:49.62ID:atJK6JVq
人形の?

226ファンクラブ会員番号7742017/09/17(日) 14:49:34.09ID:oI1xCbVM
【題名】『 IDOL CONTENT EXPO@イオンモール幕張新都心 supported by ダイキサウンド 〜秋の大無銭祭〜 』
【時間】開演 11:00 / 終演 21:00(予定)
【価格】無銭(入場無料)
【会場】千葉・イオンモール幕張新都心 グランドモール 1階グランドスクエア
  http://makuharishintoshin-aeonmall.com/static/detail/eventspace#sp01

【出演】純情のアフィリア / 放課後プリンセス / マジカル・パンチライン /仮面女子:アリス十番 / 仮面女子:スチームガールズ /ワンダーウィード / エラバレシ / Chu-Z / FES☆TIVE / drop
/ Ange☆Reve / じぇるの!/ G☆Girls / KissBee / 天晴れ!原宿 / さきどり発進局 / SiAM&POPTUNe / CY8ER / 青SHUN学園 / WHY@DOLL / ピュアリーモンスター / イケてるハーツ /

仮面女子候補生 / 閃光ロードショー / Chu☆Oh!Dolly / Stella☆Beats / SAY-LA / パンダみっく/ むすびズム /
CoverGirls / きゃわふるTORNADO / それでも時代はまわってます。/ カプ式会社ハイパーモチベーション / 恥じらいレスキューJPN / KAMOがネギをしょってくるッ!!!...etc

■公式サイト:http://www.daiki-sound.jp/news/md-detail/id-159
■公式Twitter:http://twitter.com/ic_expo
■主催:IDOL CONTENT EXPO / ダイキサウンド株式会社
■協力:イオンモール幕張新都心 / ヴィレッジヴァンガードイオンモール幕張新都心店 / The 1/3rd Cafe & Bar

227ファンクラブ会員番号7742017/09/27(水) 08:18:04.10ID:NNAwlAQv
北海道だったのか

228ファンクラブ会員番号7742017/09/27(水) 21:04:00.41ID:Qfvj3gSr
はるなくんと相思相愛のおれ

229ファンクラブ会員番号7742017/09/28(木) 05:57:31.70ID:SSELGNGf
親方はタヒね

230ファンクラブ会員番号7742017/09/28(木) 17:05:30.64ID:XEXFHC9R
はーちゃんの素敵な画像ください

231ファンクラブ会員番号7742017/09/30(土) 19:40:05.71ID:2aL8ibxB
ライブまとめ

10/2 TSUTAYA 池袋AKビル店(無料)
7 渋谷クアトロ(4thワンマン!!!)
9 下北沢GARDEN
12 渋谷duo
20 O-nest(CF支援者限定)
11/5 早稲田祭
21 タワレコ新宿(無料)
22 アルバム発売日??

232ファンクラブ会員番号7742017/09/30(土) 22:14:41.49ID:57W0JRW4
大阪にも来て!

233ファンクラブ会員番号7742017/10/01(日) 22:35:22.17ID:U1EYr2L8
この間行っただろ
しかも2回

234ファンクラブ会員番号7742017/10/09(月) 01:49:04.23ID:gIGkBbPc
 アキシブproject/FES☆TIVE/愛乙女★DOLL/絶対直球女子!プレイボールズ/
カプ式会社ハイパーモチベーション/Luce Twinkle Wink☆/Ange☆Reve/ワンダーウィード/
CoverGirls/アイドルカレッジ/Dear L mana/dora☆dora/フリカケ≠ぱにっく/
虹色幻想曲?プリズム?ファンタジア?
/あそびダンジョン/DREAMING MONSTER/2o Love to Sweet Bullet/Needs

235ファンクラブ会員番号7742017/10/11(水) 21:21:56.79ID:cS28KsOU

236ファンクラブ会員番号7742017/10/19(木) 16:24:26.83ID:4q2AxL+V
@「アイドルフェスティバル2017 1部」
10月29日(日) 12時00分?19時00分予定 
出演予定グループ
FES☆TIVE、Chu-Z、Jewel☆Neige(exじぇるの!)、さんみゅ?、LaPomPon、、青SHUN学園、桃色革命、強がりセンセーション、Pimm’s、CoverGirls、DREAMING MONSTER、天晴れ!原宿、SiAM&POPTUNe、キャンディzoo、Maria、Chubbiness、全力少女R
(出演グループが変更する場合も有ります)

A「アイドルフェスティバル2017 2部」
11月4日(土)  12時00分?19時00分予定
出演予定グループ
Ange☆Reve、Jewel☆Neige(exじぇるの!)、Stella☆Beats、ワンダーウィード、KNU、煌めき☆アンフォレント、KissBee、桃色革命、キャンディzoo、KATA☆CHU、Cupitron、パンダみっく、くる?ずCRUiSE!、IDO★HOLIC、それでも時代はまわってます。、Chubbiness、、全力少女R

237ファンクラブ会員番号7742017/10/21(土) 07:07:03.29ID:pvIp7xEN

238ファンクラブ会員番号7742017/10/23(月) 22:42:56.74ID:578HIF3L
その日、人類は思い出した。
奴らに支配されていた恐怖を。
鳥かごの中に囚われていた屈辱を。

というわけで
11/26 フィロソフィーのダンス定期公演に出演!
みんなの巨人が今鮮やかに蘇るよ!!

239ファンクラブ会員番号7742017/11/01(水) 20:24:19.61ID:5iINUsBb
数十人しか居ないヲタが内ゲバ繰り返してて香ばしい

240ファンクラブ会員番号7742017/11/01(水) 23:39:31.14ID:afjknjh5
はるなくんと一線越えたい

241ファンクラブ会員番号7742017/11/02(木) 14:50:40.86ID:N4WyL8Uo
【警告】
重複です
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

242ファンクラブ会員番号7742017/11/08(水) 13:38:01.46ID:+BDBh+jJ
ちはるんはいい女になったな

243ファンクラブ会員番号7742017/11/13(月) 01:02:06.22ID:cfvXFSd6
ここに限らずだけど
排他的なヲタが
貧乏なのに必死こいてお強さ発揮
課金イベで搾取されまくって
何だかなあとしか思えんわ

244ファンクラブ会員番号7742017/11/15(水) 22:23:20.96ID:84ivq8iq
勝手に思ってればいいじゃん

245ファンクラブ会員番号7742017/11/15(水) 22:35:20.30ID:cnylJn1V
はるなくん良い女

246ファンクラブ会員番号7742017/11/16(木) 21:26:31.17ID:a1OHa5a8
見た目はね

247ファンクラブ会員番号7742017/11/18(土) 08:57:50.84ID:LAl4D/wE
ちはるんはキャリアが長くなってもすれた感じがしないねえ

248ファンクラブ会員番号7742017/12/11(月) 20:43:47.57ID:9K9xHFgM
ビラ配りで48系のピンチケに泣かされてたのと
とにかくヲタクがクソだった記憶しかない

249ファンクラブ会員番号7742017/12/13(水) 15:34:36.18ID:6aIJSDIC
>>248
48のピンチケに泣かされた事があるの?

250ファンクラブ会員番号7742017/12/13(水) 18:41:14.96ID:dHU9scdW
>>249
メジャーデビューの為にビラまきしたろ?
ドームの前でビラまきしたんだよ
2日目に昨日も俺にあったろ?覚えてないのか?とからんで泣かせてた

251ファンクラブ会員番号7742017/12/13(水) 19:04:53.37ID:6aIJSDIC
>>250
いやつい最近界隈にやって来たばかりだからメジャーデビュー前の事は知らないんだ
ビラ貰った奴の顔なんかいちいち覚えてられるかって話しだな馬鹿だなそいつw

252ファンクラブ会員番号7742017/12/13(水) 22:20:06.74ID:BukQooU9
【警告】
重複です
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

253ファンクラブ会員番号7742017/12/18(月) 08:52:13.05ID:vRqhuBmW
音楽面のブレインであるレコード会社の担当者が辞めるという
twitterでは本音を吐き出しにくいネタを語るために
2ちゃんだか5ちゃんだかの痰壷は存在してるんじゃなかったのかよ?
個人的にはアルバムがラスト音源だと思ってたんで
シングル1枚出るだけでも有難いけど

254ファンクラブ会員番号7742017/12/24(日) 22:07:41.71ID:4bX3I9pm
ちはるんにお小遣いあげたい

255ファンクラブ会員番号7742017/12/26(火) 01:29:42.67ID:qdFRdOH2
はるなくんにお年玉貢ぎたい

256ファンクラブ会員番号7742017/12/29(金) 22:59:28.76ID:9sfHdBQO
家族会議の時間持たせたのかな?

257ファンクラブ会員番号7742017/12/30(土) 01:09:41.43ID:Zl574WkQ
はいはいあんた考え過ぎ

258ファンクラブ会員番号7742017/12/30(土) 02:23:22.40ID:pQZFx2GD
年明けで上京5年目に突入し
青木さんは次の生誕でアラサーになるが
全く売れる気配も無い
さらにレコード会社の担当が退社
このままほわどるが続くとはとても思えない

259ファンクラブ会員番号7742017/12/31(日) 02:17:34.80ID:R32fwyey
はいはいあんた考え過ぎ

260ファンクラブ会員番号7742017/12/31(日) 09:24:58.97ID:MfM3g3/c
【警告】
重複です
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

261ファンクラブ会員番号7742017/12/31(日) 12:48:41.01ID:NKWMOY3e
ちはるんの妹結婚したんでしょ
そろそろちはるんも表立って恋愛したいでしょうね

262ファンクラブ会員番号7742017/12/31(日) 18:20:16.86ID:4F4SX8c+
はるなくんと恋愛したい

263ファンクラブ会員番号7742017/12/31(日) 20:58:29.09ID:SW//AGiQ
解散したら恋愛出来るぞ

264ファンクラブ会員番号7742017/12/31(日) 21:20:39.77ID:4F4SX8c+
やだ
ステージで輝いているはるなくんが好きなの

265ファンクラブ会員番号7742017/12/31(日) 21:32:03.51ID:R/adsWgW
アイドルやめたら何したい?って質問に『好きな人に告白する』って答えたアイドルさんがいてだな

266ファンクラブ会員番号7742017/12/31(日) 23:07:15.82ID:DuGV6Hgc
解散したら恋愛は自由だからね

267ファンクラブ会員番号7742018/01/01(月) 22:05:11.65ID:7tc718yo
ここのヲタって
対バン相手や他ヲタにtwitterで罵詈雑言浴びせる腐った輩多いな

268ファンクラブ会員番号7742018/01/02(火) 10:26:41.84ID:F1V2wCZY
【警告】
重複です
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

269ファンクラブ会員番号7742018/01/02(火) 17:24:10.83ID:9DVtnR/K
ちはるんとデートしたい

270ファンクラブ会員番号7742018/01/02(火) 19:18:32.85ID:/KKbRxZZ
はーちゃんに添い寝してほしいの

271ファンクラブ会員番号7742018/01/03(水) 21:06:11.40ID:/FsYcsKw
じゃあちはるんに膝枕をお願い

272ファンクラブ会員番号7742018/01/03(水) 23:48:37.20ID:FZD+eZEh
わかったわ

273ファンクラブ会員番号7742018/01/11(木) 21:56:50.04ID:1O1BuDc5
新曲の衣装見てどっかで見たことあると思ったらPEACH JOHNやないけ

274ファンクラブ会員番号7742018/01/15(月) 12:42:07.23ID:FTh907mU
a

275ファンクラブ会員番号7742018/01/17(水) 22:53:29.93ID:kn5raswa
突然のショウルーム出演取りやめ
もしインフルだと
生誕も中止になる可能性あるけど
大丈夫なんかな?

276ファンクラブ会員番号7742018/01/19(金) 08:39:33.24ID:mrxfGeEA
「今年は中止でもまた来年祝えば良い」とは言えない状況だもんな

277ファンクラブ会員番号7742018/01/19(金) 08:45:36.44ID:EB/49L/h
バンドライブ楽しみです

278ファンクラブ会員番号7742018/01/20(土) 11:17:42.92ID:bjLI4cWt
【再警告】
重複です
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

279ファンクラブ会員番号7742018/01/21(日) 03:02:37.05ID:zp6LfcE8
ちはるんも25歳か

280ファンクラブ会員番号7742018/01/22(月) 00:32:56.97ID:8VMylRx0

281ファンクラブ会員番号7742018/01/22(月) 00:46:07.72ID:m3p1L/PS
これでも定期公演の何倍もいるぞ

282ファンクラブ会員番号7742018/01/22(月) 08:16:16.89ID:K/Sz/KoE
【警告】 【厳重注意】
重複です
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

283ファンクラブ会員番号7742018/01/22(月) 08:37:17.41ID:gSz62TLZ
去年の6月から書き込みないで
まずはお前が書き込め

284ファンクラブ会員番号7742018/01/22(月) 08:41:25.24ID:lBVqGzQ9
バンドライブ楽しみ
仕事入らないでね

285ファンクラブ会員番号7742018/01/22(月) 13:55:41.80ID:rrauPCjR
>>280
七年弱やってて
日祝日開催の生誕で
300人も居ないってのは…
pay出来てるのかな
スポンサーが居てその資金でやれてるのかな

286ファンクラブ会員番号7742018/01/22(月) 13:58:49.07ID:m3p1L/PS
そもそも300人なんて一度も集まったことないだろ

287ファンクラブ会員番号7742018/01/22(月) 14:12:37.88ID:O2VLj5ZD
ヲタって常に入れ替わるものだけどたまに現場行くと古参の人いなくなったなって思うわ

288ファンクラブ会員番号7742018/01/22(月) 14:34:11.69ID:rrauPCjR
>>286
昔BLAZEでワンマンやった時350だったような
キャパ800で半分以下ってのがアレだったけど
そう言えばその後の最大動員ってどれくらいなの?
代官山UNITの600って埋まったのかな
一枚で二人入れるとかドーピングしてた気がするけど
某グループはファーストでUNIT即日SOだったな

289ファンクラブ会員番号7742018/01/22(月) 18:54:38.51ID:kTYbn7FW
UNITは地下一階やバースペースの前なども埋まった場合のクラブとして使った場合のキャパだから
ライブ会場としてはそんなに入らないよ
ほわどるのも多くみて200くらいでしょ

290ファンクラブ会員番号7742018/01/22(月) 19:04:56.43ID:JwvJjUQ+
>>289
上に掲げた某グループの時は600売ったみたいで実際詰めてもフロアに入りきれなかったんだよね
200って酷いな
TFMとかアキカルすら埋まらんじゃん

291ファンクラブ会員番号7742018/01/22(月) 20:51:51.00ID:kTYbn7FW
>>290
埋まらないよ
だから何だ?
現場来たことねーんだろうから
余計な心配すんな
消えろ

292ファンクラブ会員番号7742018/01/22(月) 23:27:15.70ID:6v1QjSnr
【警告】
重複です
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

293ファンクラブ会員番号7742018/01/23(火) 01:50:58.52ID:Pagc+Nbx
ヲタ数十人しか居ないのに
IPアドレス晒せるかよ
もう一時期荒らしまくってた中坊とか言う奴も消えたし
コッチ使うぞ

294ファンクラブ会員番号7742018/01/23(火) 12:39:24.36ID:U8S7kupN
今日のGlad無銭だよねえ
流石に100人は集まるかな

295ファンクラブ会員番号7742018/01/23(火) 23:40:40.00ID:7K2GHK2E
【警告】
重複です
複数スレ立ては禁止です
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

296ファンクラブ会員番号7742018/01/24(水) 22:17:11.75ID:IA3E5p+t
今日も人少なかったなあ

297ファンクラブ会員番号7742018/01/25(木) 02:15:53.70ID:udtfG8zJ
もう何やっても売れないんだから
各々が思い思いのやり方で楽しめばいいし
ぶっちゃけ人が少ないから「俺が支えてる」って勘違い出来るわけでしょ
表向き否定するだろうけど排他的なヲタしか残ってない

298ファンクラブ会員番号7742018/01/25(木) 20:09:41.27ID:IEwmiuLe
支えてるって
単に接触したいから物販で物買ってるだけだよな 恩着せがましい
CDたくさん買って配布しているもん!→実態は不要物の処分&商売妨害
誰かが言ってたよな CDたくさん買うくらいなら人連れてきてって
CD配るんじゃなくてワンマンのチケット毎回何十枚も配ってドリンク代も持ってやれるのなら支えてるって胸張って言えるかもな
これじゃ特典券付かないからやらないんだろうけど

299ファンクラブ会員番号7742018/01/26(金) 11:36:56.62ID:24oNqfv3
シングルCD1000円の行方

小売店(CDショップ)の取り分……25〜30%--300円

アーティスト印税……1%--10円

JASRACから支払われる印税……6%--60円 このうち約半分が事務所の取り分で、残った30円を作詞家と作曲家が等分して15円ずつ。

原盤印税(ポップス系の楽曲の場合)……12〜15%--150円

残りの480円から販売費とCD問屋さんの取り分として10〜15%--120円。

CDの容器代、ブックレットの紙代、印刷代、デザイン料、カメラマン、スタイリスト、ヘアーメイクへの支払い、撮影スタジオ代、ロケバス代などもろもろ、音以外のCD制作費として10%かかったとすると100円。

宣伝費はレコード会社次第ですが、10%前後が適当−−100円。

840円かかった残り 160円がレコード会社の利益ですが、制作費や宣伝費はたいがい赤字になるので、ここで埋め合わせをします。

だってよ
CD1000枚売れても二人には5000円ずつ 事務所やタワレコは儲からないだろうな
CD買って「支える」ならせめてもう一桁くらい積まないとな
あと買ったCD配布して商売の邪魔をしないようにしないとな

300ファンクラブ会員番号7742018/01/27(土) 21:18:01.21ID:gUNPgPoI
支えてるつもりの奴、何枚くらい積んでるんだろうな
偉そうなこと言ってるなら1万枚買っても高々1000万だしそれくらい積んでやれよと思う
特典券が消費できないなんてのは言い訳にならん
それじゃ結局テメェの欲望の為に買ってることになるし
つうかここのオタクの連中はファン減らすようなことするなよと思うわ
新規に人が来ても離れていくのはそういう事だろ
支えてるどころか妨げになってるんだよなぁ

301ファンクラブ会員番号7742018/01/27(土) 22:22:40.77ID:eFPpDatL
今日横浜で見たけど結構人が集まってたな

302ファンクラブ会員番号7742018/01/27(土) 22:58:32.03ID:EVbQe317
>>300
そんな事より金銭的に余裕あるわけでもなさそうなのに
無理して積んだり配信で課金しまくっているのを見ていると色々と考えさせられるな

303ファンクラブ会員番号7742018/01/27(土) 23:12:08.63ID:2HEP/xVN
おれはお金を掛けずにスマートに楽しむよ
大阪堀江、品川は行きます

304ファンクラブ会員番号7742018/01/28(日) 01:10:06.75ID:OyxNfN1Z
カード使い放題の社長令嬢が積んでたのと違って
生活にさほど余裕なさそうなオッさん同士が課金競争やってるの見ると
ツラいもんある

305ファンクラブ会員番号7742018/01/28(日) 07:57:44.85ID:DUsrAjyH
承認欲求と接触欲求の賜物
全ては自分のために

俺の千春
これがネタじゃなくてガチだからな
だから新規は排除
推し被り敵視
お前だよお前

306ファンクラブ会員番号7742018/01/28(日) 15:28:52.69ID:tzmGVHKu
「ガチ恋古参ヲタが閉鎖的だから新規が付かない!」
「最前振りコピヲタが気持ち悪いから新規が付かない!」
「ビンボー人が必死に課金競争してて怖いから新規が付かない!」


一見もっともらしいけど
ガチ恋おじさんや振りコピ勢や課金バトラーが居なくなっても今さら新規なんて来ませんよ


だから皆んな好きにしたらいいと思う

307ファンクラブ会員番号7742018/01/28(日) 18:09:47.42ID:GboRpm2C
新規は来てる
でもライト層で止まって逃げる

308ファンクラブ会員番号7742018/01/28(日) 20:38:59.36ID:OR6klNGQ

309ファンクラブ会員番号7742018/01/28(日) 23:24:24.56ID:GboRpm2C
大盛況だったな
こりゃ今年は武道館2daysあるかもな

310ファンクラブ会員番号7742018/01/29(月) 00:55:08.66ID:A1R8+reb
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

重複スレッドは禁止です
詳しくはガイドラインをお読みください

311ファンクラブ会員番号7742018/01/29(月) 01:06:58.39ID:lSh1uoa9
>>310
なら
このスレ削除するように
申請出して来いw

312ファンクラブ会員番号7742018/02/05(月) 15:46:23.68ID:Jefx2rTe
課金勢 課金頑張ったな
実を結んで良かったな
2位以下だったらただのcheerz運営丸儲けだったからな

313ファンクラブ会員番号7742018/02/05(月) 19:24:24.95ID:biYB5r9F
実を結ぶ??
課金競争で消耗するだけで
ヲタ同士もギスギス
よくわからん雑誌の買取ページに掲載されて
何かはーちゃんの将来に結びつくとか
本気で思ってるのか?

314ファンクラブ会員番号7742018/02/06(火) 08:47:54.50ID:feV5/5Xb
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

このスレッドは削除対象です
移動してください

315ファンクラブ会員番号7742018/02/06(火) 12:46:27.07ID:giq5i2jb
警告されても罰則ないんだから削除依頼出してくればいいじゃん

316ファンクラブ会員番号7742018/02/08(木) 07:07:25.11ID:WdAQdvqT
数人の強ヲタが課金イベで必死こいて疲弊するとか
何年遅れのことやってるんだw
万札シュレッダーに突っ込んでるのと変わらんのに
信者が集まらんカルト宗教そのもの

317ファンクラブ会員番号7742018/02/08(木) 07:21:28.84ID:JWuqA+Li
ressentiment

318ファンクラブ会員番号7742018/02/09(金) 09:02:09.35ID:QXhylfBd
>>305
誰のことさしてるからわかるだけに
これを書いてるのが既に他界したヲタであることを願う
表面上仲良くしてて陰口叩いてるパターンあり得るんで

319ファンクラブ会員番号7742018/02/09(金) 09:05:27.05ID:QXhylfBd
ドルヲタなんて
承認欲求も接触欲求も独占欲も持ってて当たり前だと思うんだわ
ましてやほわどるみたいなど地下なら尚更

320ファンクラブ会員番号7742018/02/09(金) 16:12:09.58ID:eaU9tRAE
話しかけられたら話はするし
こっちから話しかけることもあるけど
お前のことは病人とか危ない人っていう認識
俺の周りも同じ認識
お前には言わないけどさ

321ファンクラブ会員番号7742018/02/09(金) 16:21:19.41ID:eaU9tRAE
お前 自覚ある本人だろ
他人のふりしてるけどさ
自分が標準 一般的
自分の思い通りにならない周りがおかしい
そう言いたげだな

あと随分周りのことを気にしてるけど
その割に全然周りが見えてないよな

322ファンクラブ会員番号7742018/02/09(金) 23:37:31.99ID:ohKjXoF1
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

このスレッドは削除対象されます
移動してください

323ファンクラブ会員番号7742018/02/10(土) 02:49:54.11ID:Yata+h8+
ガチ恋おじさん1匹程度で潰されるなら
所詮最初からその程度のポテンシャルってこと

324ファンクラブ会員番号7742018/02/10(土) 12:10:01.45ID:bTC5z2tK
まあ勢いあるところは埋もれちゃうからね
大阪のあの人は論外として

325ファンクラブ会員番号7742018/02/21(水) 05:54:05.66ID:fg+KrAPW
「ツアー前にみんなで一致結束しましょう!」
って2人が呼びかける定期公演の後
速攻で気にくわないヲタをdisるTO()

326ファンクラブ会員番号7742018/02/21(水) 05:59:59.67ID:fs8zQ5uV
本気でファン増やしたいと思ってるなら
積んだり課金したり拡散リツイートするより
他ヲタへの攻撃控えるのがいちばんだぞ

327ファンクラブ会員番号7742018/02/21(水) 07:35:33.02ID:74HbZXE8
独占したいんだからそんなことするわけないだろ
会場に来るやつに嫌な思いさせてファンをやめさせるためにやってるんだし
>>305
だよ

328ファンクラブ会員番号7742018/02/21(水) 13:34:35.82ID:fg+KrAPW
偽村上春樹さんの話じゃないよ

329ファンクラブ会員番号7742018/02/22(木) 03:04:59.29ID:Moo1exqp
ショールームの感じからして
ツアーのチケット全然売れてないんだろうな
悲壮感見せられるの辛い

330ファンクラブ会員番号7742018/02/22(木) 04:40:11.80ID:mTYQrWxL
まあ ここのヲタクが
来るもの拒み
去る者は追っ払う
を続けた結果だよね
もうさ 背伸びして大箱でやらずに
身の丈にあった箱でやって
客数少ない分 客単価上げればいいんじゃ
チケ代3倍くらいにするとかさ
ここの老人会の連中なら払えるだろ

331ファンクラブ会員番号7742018/02/22(木) 08:26:00.17ID:XvLMeZ6L
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

このスレッドは削除されます
すみやかに移動してください

332ファンクラブ会員番号7742018/02/22(木) 08:52:22.68ID:nNYRQYa4
確かに自分含めて閉鎖的で気持ち悪いヲタしか残ってないけど
6年7年やって売れないんだから
本人たちの責任でしょ
というか自分で自分の売り方わかってないアイドルは
どんな優秀なスタッフがつこうが売れないと思う

333ファンクラブ会員番号7742018/02/22(木) 09:08:53.71ID:rYcSmddO
こうやったら売れる!
みたいな的外れなプロモート方法を素人に考えさせる機会与えちゃダメだとは思った

334ファンクラブ会員番号7742018/02/22(木) 11:15:49.18ID:mTYQrWxL
>>332
これ見て暴走族の溜まり場になってしまって一般客が寄り付かなくなって(行くと車蹴られたり喧嘩ふっかけられたりするので)客数も売り上げも減ってしまったファミレスの話を思い出した

明らかに客のせいなのにそれを店のせいにしてる感じだな

335ファンクラブ会員番号7742018/02/22(木) 11:32:29.57ID:OFCB4kwP
ガチ恋オッさん多いだけで
別に荒れてないだろ
客少ないからフツーに最前で観られるし
ヲタ仲間とか別にいらんから
周り気にならん

336ファンクラブ会員番号7742018/02/22(木) 12:25:08.33ID:Z1F8A85P
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

規約に従って利用してください
移動してください

337ファンクラブ会員番号7742018/02/22(木) 21:19:42.56ID:PbA/aKbC
前々からやってるけど
高校生無料って
常連のあの娘くらいしかきてないし
意味ないからやめりゃいいのに
仮に実際JK来たらおっさんたちが醜くヲタヲタするだけだし

338ファンクラブ会員番号7742018/02/23(金) 00:25:26.19ID:t/VYWQ7U
高校生がただでも来たくない空間だからねぇ
来ても嫌な思いするのにわざわざ時間割いて来ないよね

339ファンクラブ会員番号7742018/02/23(金) 01:33:52.91ID:YYpyWsmJ
ほわどるちゃんに会いたい

340ファンクラブ会員番号7742018/02/23(金) 01:59:49.44ID:WXdbQy87
全てが後手後手で
ビクター何やってるんだよと思うけど
あの事務所じゃなかったら売上悪いからとっくにクビ切られてるだろうし

341ファンクラブ会員番号7742018/02/23(金) 16:47:08.92ID:4W9+pPwq
大箱でやる意味
新規が来る料金じゃないしね

342ファンクラブ会員番号7742018/02/23(金) 19:45:47.57ID:DGVB793f
二人の事が好きだし、ヲタがネガティブな事言ったらオシマイなんだけど
どう贔屓目に見ても一日に500人動員×2ステージっていう目標設定に無理があり過ぎるし
多分チケットの売り上げが芳しくないからだろうけど
ツアー始まる直前になって今さらどうやったら売れる?とかきかないで欲しかった
歌う事や踊る事同様にそれを考えるのは二人自身の仕事なわけじゃん
25歳と近々23歳になる大人の女性なんだから
販売戦略についてスタッフに提言出来る機会いくらでもあるでしょ

343ファンクラブ会員番号7742018/02/23(金) 20:34:52.70ID:p678nvjo
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

344ファンクラブ会員番号7742018/02/24(土) 00:45:36.29ID:4X1rDpyo
ファイナルツアーになるかもね

345ファンクラブ会員番号7742018/02/24(土) 01:16:14.20ID:P5mC/zsm
四月以降のスケジュールが出てホッとした
反面絶対売れないのに続けてどうすんだろう?とも思った

346ファンクラブ会員番号7742018/02/24(土) 10:18:20.93ID:461/AS6R
あの満員御礼の代官山unitをもう一度

347ファンクラブ会員番号7742018/02/24(土) 11:46:59.64ID:P5mC/zsm
あれ全然満員じゃないよ
無料のお友達入場分含めても
各回200も入ってない
500ってのがいかに無謀な目標かって話

348ファンクラブ会員番号7742018/02/24(土) 21:13:39.47ID:lCiq9Qwy
上京して5年目
今のスタッフ体制になってからだって数年経ってて
今さら直前も直前になって「ツアー全然埋まらない、どうすれば良いの?」
って泣かれても
計画性なさすぎとしか思えないし
そもそも結成7年でアラサーのメンバーもいるのに
まだ500程度の中規模の箱ですら勝負出来ない状況って
残念だけど撤退するしかない

349ファンクラブ会員番号7742018/02/24(土) 21:54:53.77ID:cy2layvp
毎回パンチラすれば客は来ます

350ファンクラブ会員番号7742018/02/24(土) 23:34:38.58ID:krgtXTp1
最初っからキャパ二千の箱で
百人ちょっとしか客入ってない爆死ワンマンでスタートしてるから
良くも悪くもスカスカでも心が折れないんだろうな
https://youtu.be/TzXafTECkPc

351ファンクラブ会員番号7742018/02/25(日) 01:54:00.57ID:hECo0/wh
500人ずつ入らないと解散なんだろうから
5、6人の強ヲタがチケット100枚くらいずつ買って配布すりゃ良いんだよ
下らない改革案を偉そうにツイートするよりずっとまし
ほわどるのための50万くらい
貯金崩すとかカード枠やサラ金使えばそんな難しくないだろ?

352ファンクラブ会員番号7742018/02/25(日) 06:42:15.19ID:+4m9TgHE
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

このスレッドは削除されます
移動してください

353ファンクラブ会員番号7742018/02/25(日) 10:27:45.92ID:BE5ve2EO

354ファンクラブ会員番号7742018/02/28(水) 21:13:34.55ID:hlfy4rqq
初日終わっても
まだまだツアー残ってるし
ファイナル埋める目標もあるはずなのに
告知活動中休み?

355ファンクラブ会員番号7742018/02/28(水) 22:32:00.02ID:LGv3lvsc
>>308
帽子かぶってる人が多いのははげを見られたくない為?

356ファンクラブ会員番号7742018/03/01(木) 15:50:41.82ID:yVAA88uu
晒してるよりはいいだろう
若い女の子の現場なんだし

357ファンクラブ会員番号7742018/03/03(土) 08:15:13.55ID:8i8F+Pyy
Negiccoの戦略を真似しろ!
フィロのスの戦略を真似しろ!
とか言い出してるヲタいて絶句
どっちも別に売れてないし
ふてりともアイドルの定年はとっくに超えてる状況で
今更頑張ってあの程度しか売れないなら
もう辞めた方が良いじゃん

358ファンクラブ会員番号7742018/03/03(土) 08:47:05.83ID:k0SScphL
ネギは熊さんがいたから熊さんを慕って人が集まって上手く行ったと思う
あの人は神みたいなもんだ

359ファンクラブ会員番号7742018/03/03(土) 11:26:17.68ID:uUv05nkq
明日は一年ぶりのワンマンいくでよ

360ファンクラブ会員番号7742018/03/03(土) 17:50:27.15ID:CtfPVEOQ
あの程度でも観客100倍いるけどなw

361ファンクラブ会員番号7742018/03/04(日) 13:14:47.56ID:lNgZl4kc
さてさて堀江にやってきましたよ

362ファンクラブ会員番号7742018/03/04(日) 20:01:16.02ID:W7Oju5x4
ちはるんはーちゃん可愛かったね

363ファンクラブ会員番号7742018/03/06(火) 12:51:41.76ID:7B6DwnOn
ユニークで個性的な副業情報ドットコム
時間がある方はみてもいいかもしれません
グーグル検索⇒『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

Z1VLF

364ファンクラブ会員番号7742018/03/17(土) 07:31:59.78ID:EwuDqmQl
俺ダンスのことよく分からんのだけど
2人のダンスがほとんどシンクロしてないのはOKなの?

365ファンクラブ会員番号7742018/03/17(土) 19:24:18.53ID:zSGOyVl/
>>364
世の中にはシンクロしてなくて問題ないダンスなんかいくらでもあるんだが

366ファンクラブ会員番号7742018/03/17(土) 21:01:24.85ID:aby7fwZm
そりゃそうだが
二人組なんだから
ピタッとシンクロするかシンメになった方が上手く見えるのは確か
まだ二人組だったときのドロシーとの2マンとか圧倒的にドロシーの方がダンス綺麗だった

367ファンクラブ会員番号7742018/03/17(土) 23:27:03.82ID:3MvMNzsv
週末の東京ファイナル楽しみすぎる
グリーン車とホテルも予約したよ

368ファンクラブ会員番号7742018/03/18(日) 09:48:38.13ID:puElnmf1
ブルジョアええのう

369ファンクラブ会員番号7742018/03/18(日) 11:52:54.50ID:aD45Aqoj
新幹線とホテルのパックで3万円だから別々で取るよりかなりお得
年に一度のお祭り気分
代官山unitの感動をもう一度…

370ファンクラブ会員番号7742018/03/18(日) 22:11:25.71ID:+wI1L396
>>336
あそこと比べたらかわいそうだ
あそこはキッズの頃から厳しいレッスン積んでたんだよ

371ファンクラブ会員番号7742018/03/19(月) 00:27:27.65ID:UAoUPRR+
ダンスも歌も他と差別化測れるほどは上手くなく
可愛いけど橋本環奈みたいに傑出した美少女ってわけでもなく
曲が良いといっても彼女たちが作ってるわけでもなくふたりの趣味が反映されてるわけでもなく
トークもそれなりにこなせるけどバラエティの戦場に赴けるレベルには全く及ばないし
要はベテランだからそれなりに何事もこなせるけど
それが逆にフレッシュ感がなく成長過程を楽しむ要素を奪ってる
結果結成7年でたかだか500の動員に四苦八苦
ここから浮上するチャンス絶望的では?


俺は好きだけどね

372ファンクラブ会員番号7742018/03/19(月) 10:44:20.91ID:uT1tEeRp
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

規約に従い移動してください

373ファンクラブ会員番号7742018/03/21(水) 20:24:46.04ID:x5OtF0Pg
白金高輪台はガラガラだろうなあ

374ファンクラブ会員番号7742018/03/21(水) 22:40:11.48ID:r18OD304
セレネホール遠いなぁ
遠征楽しみすぎる

375ファンクラブ会員番号7742018/03/22(木) 00:50:02.71ID:2I263yxB
白金は絶対成功して欲しいよなぁ

376ファンクラブ会員番号7742018/03/22(木) 00:57:26.96ID:kn/p5rxp
あと一週間なんだから
もうある程度動員の結果は見えてるでしょ

377ファンクラブ会員番号7742018/03/22(木) 11:30:07.38ID:Ln2bWjwb
3分の2埋まったらいいかな
あそこは後ろからだと見づらい

378ファンクラブ会員番号7742018/03/23(金) 22:58:36.79ID:FcsEMtsC
明日はるなくんに会えるの楽しみすぐる

379ファンクラブ会員番号7742018/03/23(金) 23:05:22.58ID:+K4/GJVz
支えてる薄らハゲが友達200人連れてくってよ

380ファンクラブ会員番号7742018/03/23(金) 23:16:42.28ID:PTXst88Y
あのハゲ友達200人いるんだ〜
マジリスペクトや!

381ファンクラブ会員番号7742018/03/23(金) 23:23:38.19ID:FcsEMtsC
実ははるなくんと相思相愛

382ファンクラブ会員番号7742018/03/23(金) 23:33:51.81ID:PTXst88Y
>>381
幸せにしてあげてくださーーい

383ファンクラブ会員番号7742018/03/24(土) 01:00:25.60ID:mUTol0r6
>>381
奇遇だな俺もだぜ(^o^)b

384ファンクラブ会員番号7742018/03/24(土) 10:27:02.08ID:vDHeiuJ4
はるなさん
東京に向かっていますよ

385ファンクラブ会員番号7742018/03/24(土) 10:35:35.72ID:8r0V+904
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

ルールを守って利用してください
移動してください

386ファンクラブ会員番号7742018/03/24(土) 10:44:24.58ID:vDHeiuJ4
はるなさん
車窓を眺めながらのプレミアムモルツと柿の葉寿司が旨いです

387ファンクラブ会員番号7742018/03/25(日) 09:17:04.73ID:cgVTMYqL
はるなさん
余韻に浸りながら春の東京を散歩です
このまま帰りたくない

388ファンクラブ会員番号7742018/03/25(日) 11:19:01.78ID:MaX2n5Wc

389ファンクラブ会員番号7742018/03/25(日) 12:49:16.25ID:Es5uSypX
後ろカメラのスペースでがっつり潰してて
一部が150〜200
二部が300から400くらい
目標の半分くらいだけど
心が折れない程度には入ったんでは?
ライブ内容は良かっただけに
ダブルアンコールのグダグダトークは要らなかったね(苦笑

390ファンクラブ会員番号7742018/03/25(日) 12:53:44.63ID:Wed+VpxB
マクラーレン先輩すご

391ファンクラブ会員番号7742018/03/25(日) 13:03:59.05ID:nKZwaQPJ
やめんかww

392ファンクラブ会員番号7742018/03/25(日) 13:11:17.88ID:Wed+VpxB
マクラーレン先輩とはるなくん片思いオヤジのおかげ?

393ファンクラブ会員番号7742018/03/25(日) 17:16:35.28ID:z8caV0C4
実は密かにみーちゃん推してる

394ファンクラブ会員番号7742018/03/25(日) 18:23:17.74ID:zHDQnvF2
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

このスレッドは利用できません
速やかに移動してください

395ファンクラブ会員番号7742018/03/28(水) 07:56:07.13ID:iYynXrzb
動員目標ネタでヲタをざわつかせたんだから
なにがしかのコメントはして欲しい

396ファンクラブ会員番号7742018/03/28(水) 08:30:23.17ID:xIXUiDhl
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

このスレッドは削除されます
コメントは移動先でしてください

397ファンクラブ会員番号7742018/03/30(金) 23:44:15.67ID:GX58W1Je
ここはガチで排他的な現場
ひたすら他ヲタを罵倒し続けるメンヘラじみた奴が
課金トップで生誕とかも仕切ってる

398ファンクラブ会員番号7742018/03/31(土) 08:09:53.96ID:2uwDUh5U
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】

重複スレッドへの書き込みは禁止されています
移動してください

399ファンクラブ会員番号7742018/03/31(土) 10:24:00.88ID:p0O6oeSR
料理店に例えるなら
いい料理出すけど
話したくもないのに話しかけて来て
他人の食べ方から趣味から何から何まで口出ししてくる
クソな常連が常駐してて
足が遠のくやつ

400ファンクラブ会員番号7742018/03/31(土) 10:39:08.75ID:Y8FpKdXv
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

重複スレッドへの書き込みは禁止されています
すみやかに移動してください

401ファンクラブ会員番号7742018/03/31(土) 11:16:14.73ID:PzYMSvhT
ホワドルの現場もジャージャーあるの?

402ファンクラブ会員番号7742018/03/31(土) 11:27:06.27ID:H55ROtZ9
今はMIX入るの
初恋キラーチューンとサンライズだけ

403ファンクラブ会員番号7742018/03/31(土) 11:39:20.15ID:Sxq5RDSK
MIXは無いほうがいいよ
コールはOK

404ファンクラブ会員番号7742018/03/31(土) 12:08:12.65ID:PzYMSvhT
>>402
あるのかー、まぁ叫んでるフリすればいいだけだけどね
俺みたいな静かに観たい派はMix入るとワチャワチャした現場かな?とか参考にしたりする

405ファンクラブ会員番号7742018/03/31(土) 12:43:14.50ID:1yGlh+xQ
そこまでMIX嫌うハロヲタみたいなじんしゅが生存してることに驚くが
そもそもいま初恋とサンライズ殆どやらないし
ヲタもその二曲の時はある種の伝統としてMIX入れてるだけ
基本的には振りコピとクラップ中心
悪く言えば葬式現場

406ファンクラブ会員番号7742018/03/31(土) 13:18:52.54ID:NtVbMAgg
俺の好きな女性歌手、アイドル、グループ

Juice=Juice
WHY@DOLL
Especia
GALETTe
Negicco
東京女子流
SUPER☆GiRLS
GEM
アイドルネッサンス
Tomato n'Pine
西恵利香
仮谷せいら
荻野目洋子
中島美嘉
加藤ミリヤ
古内東子
吉川友

407ファンクラブ会員番号7742018/03/31(土) 13:51:16.97ID:RkIWWXOb
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

このスレッドは削除されます
移動してください

408ファンクラブ会員番号7742018/03/31(土) 19:07:37.04ID:gnXnxkAC
オールナイトミュージックで見かけたがそのPVは検索しても見かけないかな

409ファンクラブ会員番号7742018/03/31(土) 19:14:32.24ID:gnXnxkAC
>>408
ウィキで新しい曲探して動画探したらあった

410ファンクラブ会員番号7742018/03/31(土) 23:10:14.19ID:ZRux1ywh
WHY@DOLL/見せて聴かせて踊らせるヴォーカル・デュオ!
ツアーファイナル第2部ではジャズ界+ロック界の凄腕ミュージシャンと共に、
これまでの集大成といっても過言ではない圧巻のステージで魅了

http://www.stereosound.co.jp/column/idollove/article/2018/03/30/66553.html

4111302018/04/04(水) 05:48:17.47ID:I7pvNozl
こないだのライブのDVD出る?

412ファンクラブ会員番号7742018/04/04(水) 07:57:30.34ID:oBV8RwJD
たぶんでるよ!

413ファンクラブ会員番号7742018/04/04(水) 08:26:04.22ID:b+2+S5CG
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

このスレッドは削除されます
移動してください

414ファンクラブ会員番号7742018/04/04(水) 08:39:54.36ID:oBV8RwJD
はるなくんに片思い

415ファンクラブ会員番号7742018/04/09(月) 09:19:49.42ID:b5f8pNnw
ニット衣装は目のやり場に困るなw

416ファンクラブ会員番号7742018/04/09(月) 12:29:31.48ID:evBdlMdx
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

このスレッドは削除されます
移動してください

417ファンクラブ会員番号7742018/04/10(火) 01:14:20.11ID:xVTZJMKU
おpガン見でいいじゃん
相手も子供じゃないどころか お姉さんって年でも無くなってきたし おばちゃん手前だし

418ファンクラブ会員番号7742018/04/10(火) 05:33:32.05ID:trx0VPFF
まだまだお姉さんだよ

419ファンクラブ会員番号7742018/04/16(月) 00:12:30.06ID:5fdN2Rqd
なでしこの長谷川唯ちゃん
ちはるんに似てる

420ファンクラブ会員番号7742018/04/28(土) 12:34:08.42ID:L+uMeBjy
排他敵なメンヘラ系おっさんヲタしか居なくて2人が可哀想と思うけど
新規獲得の努力をほぼ何もしてない運営と2人自身にも問題ある
いつまでもダラダラと夢にすがるの時間の無駄だよ

421ファンクラブ会員番号7742018/04/28(土) 17:23:57.76ID:wLro0YBr
スマートフォンデュ見た
ジジババばっかりのゲストの中でやけに可愛く見えた

422ファンクラブ会員番号7742018/05/13(日) 02:11:01.16ID:tJjjxrO/
公演日 2018年6月9日(土)
会場 日比谷公園 にれのき広場ステージ
時間 開場:10:00(予定) 開演:11:00(予定)
※変更の可能性ございます
料金 観覧無料
出演者 GANG PARADE / 純情のアフィリア / READY TO KISS / DEAR KISS / Chu-Z / 天晴れ!原宿 / イケてるハーツ / バクステ外神田一丁目 / SAY-LA / 東京CuteCute / monogatari / 先どり発信局 / HOT DOG CAT / NEO JAPONISM / uijin / VICTORIA SQUAD etc
公演日 2018年6月10日(日)
会場 日比谷公園 にれのき広場ステージ
時間 開場:10:00(予定) 開演:11:40(予定)
※変更の可能性ございます
料金 観覧無料
出演者 純情のアフィリア / FES☆TIVE / Luce Twinkle Wink☆ / Chu☆Oh!Dolly / READY TO KISS / Chu-Z / バクステ外神田一丁目 / 東京CuteCute / SAY-LA / Jewel☆Neige / Jewel☆Rouge / イケてるハーツ et

423ファンクラブ会員番号7742018/05/14(月) 02:41:03.59ID:oL8nFL/b
テスト

424ファンクラブ会員番号7742018/05/24(木) 00:52:56.57ID:rJSsD6uY
FES/放プリ/まねケチャ/ナナランド/ワンウィ/カバガ /天晴れ/ドリモン /
ハイスピ/プレボ/monogatari/あんじゅれ/キャンゴー/アイホリ/われプワ/
フリぱに/それまる/きゅーと2/神激/放プリユース/P.IDL/LEVEL7/
Jewel☆Neige/sherbet/インキー/はっぴっぴ/トスパリ/KAGUYA

425ファンクラブ会員番号7742018/05/26(土) 11:04:00.48ID:kzhCeUWC
動員て伸びてるの?

426ファンクラブ会員番号7742018/05/26(土) 12:35:55.93ID:pY+AYIQJ
定期公演もリリイベも明らかに減ってるよ

427ファンクラブ会員番号7742018/05/26(土) 13:38:41.77ID:47/U2k0k
red ink

428ファンクラブ会員番号7742018/05/26(土) 21:32:23.28ID:UJUo0LZm
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

429ファンクラブ会員番号7742018/05/26(土) 21:32:46.45ID:UJUo0LZm
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

430ファンクラブ会員番号7742018/05/27(日) 15:15:11.93ID:cNXpe1uv
ヲタ少なくても回ってるうちは大丈夫
よくこんなんで成立するなってグループはたくさんある

431ファンクラブ会員番号7742018/05/27(日) 16:32:47.06ID:M0QtKOic
そこまでして続ける意味あるのか?
年齢的に2人とも夢を諦めて
別の道進むという岐路に立ってるだろ

432ファンクラブ会員番号7742018/05/27(日) 18:31:35.66ID:wj3923QA
まぁ昨日お台場で久しぶりに見たけどフレッシュ感はゼロだったな
もちろん本人達も今更そこをポイントにはおいてないんだろうが

433ファンクラブ会員番号7742018/05/27(日) 23:15:22.72ID:OLnDePdq

434ファンクラブ会員番号7742018/05/29(火) 09:56:38.42ID:T6NHHZ5u
嫁の貰い手はいるから大丈夫

435ファンクラブ会員番号7742018/05/29(火) 14:18:56.00ID:hjq4Pon2
追加定期公演てなんだろ

436ファンクラブ会員番号7742018/05/29(火) 16:13:53.02ID:1QypHvZx
予定になかったのを
急遽追加したというニュアンス

437ファンクラブ会員番号7742018/05/29(火) 16:42:50.67ID:dRbzyjwY
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

438ファンクラブ会員番号7742018/05/29(火) 22:57:06.40ID:1QypHvZx
もう定期に来るレベルのヲタにはおなじみのノンストップとかやんなくても良くね?
それよりニューシングルの刺さらなさにまいってるわ

439ファンクラブ会員番号7742018/06/06(水) 14:07:47.93ID:v7QYniXs
事務所スタッフさらにほわどる二人自身
まとまりがなく初見のヲタが見聞きして面白いと感じるはずもないMCを
彼女たちの人柄を伝える武器だとでも思っているのだろうか?

440ファンクラブ会員番号7742018/06/08(金) 06:06:18.66ID:JJap7tCF
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

441ファンクラブ会員番号7742018/06/14(木) 06:28:25.56ID:s3kyX8fg
久しぶりにshowroom見たら青木さんがブサくなってた

442ファンクラブ会員番号7742018/06/17(日) 21:05:07.01ID:jRKtGYdh
アイオライト衣装また着てほしい

443ファンクラブ会員番号7742018/06/17(日) 23:35:02.76ID:2BYV1iap
>>442
当人たちがあの衣装嫌ってるから仕方ない

444ファンクラブ会員番号7742018/06/17(日) 23:44:52.98ID:OQtmPNtl
真夏にクローバー衣装着て欲しい

445ファンクラブ会員番号7742018/06/18(月) 19:33:42.27ID:8BXtn+E3
えっちな衣装がいいです

446ファンクラブ会員番号7742018/06/19(火) 00:31:38.15ID:7QXsnyyS
6/30ららぽーと柏の葉
まさか野外のスペースじゃないよな?
伝説のガラガライベになりそうで怖い

447ファンクラブ会員番号7742018/06/19(火) 18:59:14.51ID:q1fub0f1
そのまさかでしょ
あそこ以外にステージが無い

448ファンクラブ会員番号7742018/06/21(木) 09:05:14.76ID:doI1qSrx
本スレはこちら
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/
このスレは削除されます

449ファンクラブ会員番号7742018/06/22(金) 19:57:59.12ID:sgsLssWq
POSMEってなに?

450ファンクラブ会員番号7742018/06/22(金) 23:50:45.62ID:juItgMPx
それにしても凄い数のリリイベだな
おまけに今まで行ったことのないドサ周りツアー

451ファンクラブ会員番号7742018/06/23(土) 00:21:40.58ID:Ji60t08S
サンライズやMMのときに比べたら
全然少ないし
どうせおまいつが積むだけ

452ファンクラブ会員番号7742018/06/23(土) 01:29:42.50ID:unPWjoTC
18.6.23 WHY@DOLL レギュラー公演〜番外編〜in 金沢
18.6.23 WHY@DOLLニューシングル「Sweet Vinegar」発売記念予約イベント@イオンモールかほく
18.6.24 WHY@DOLL ニューシングル「Sweet Vinegar」発売記念予約イベント@タワーレコード上田店
18.6.25 ニューシングル「Sweet Vinegar」発売記念イベント@タワーレコード新宿
18.6.26 ニューシングル「Sweet Vinegar」発売記念イベント@新宿マルイメン屋上
18.6.27 ニューシングル発売記念イベント@ 新星堂サンシャインシティアルタ店
18.6.28 WHY@DOLL主催『2マンLIVE〜 WHY@DOLL×さんみゅ〜 〜』
18.6.29 ニューシングル発売記念イベント@とらのあな秋葉原店 NEW
18.6.30 ニューシングル『Sweet Vinegar』発売記念イベント@ららぽーと柏の葉
18.7.1 ニューシングル発売記念イベント@タワーレコード渋谷店B1F「CUTUP STUDIO」
18.7.1 ニューシングル「Sweet Vinegar」発売記念イベント@タワー新宿
18.7.3 WHY@DOLLレギュラー公演〜はる色に染めて〜vol.48
18.7.7 WHY@DOLLレギュラー公演〜番外編〜in 札幌

453ファンクラブ会員番号7742018/06/29(金) 00:59:42.07ID:eZG9J99h
2マン楽しかったけど二つのユニットのファンでもGladに入りきるのは少ないな

454ファンクラブ会員番号7742018/06/29(金) 12:08:00.20ID:Gro3Pg4x
柏の葉が恐すぎる

455ファンクラブ会員番号7742018/06/29(金) 13:15:43.85ID:ANACs/zi
オワコンxオワコン

456ファンクラブ会員番号7742018/06/29(金) 14:32:27.57ID:C4/IIYSs
はじまってないからオワコンにもならん
どっちも売り方違えば一線に立てるポテンシャルあっただけに勿体ない

457ファンクラブ会員番号7742018/06/30(土) 21:04:48.74ID:HZ/w/93x
柏の葉なんてド田舎なんだから撮影可にすりゃいいのに
丸井屋上より撮りやすいだろ

458ファンクラブ会員番号7742018/07/01(日) 13:27:05.02ID:GncxQMML
スカスカの観覧エリアがインターネットに晒されてしまう

459ファンクラブ会員番号7742018/07/01(日) 22:54:45.58ID:TxUflEmO
ちはるん、グラビアやってくんないかな

460ファンクラブ会員番号7742018/07/02(月) 18:23:33.56ID:iuUGfWTV
CD売れたの?

461ファンクラブ会員番号7742018/07/03(火) 15:48:25.34ID:p+DZGcut
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

462ファンクラブ会員番号7742018/07/03(火) 23:27:48.29ID:ywsTbr6l
Cさん えらくブサくなっててアレ
ここからビジュアル取ったら何が残るの

463ファンクラブ会員番号7742018/07/06(金) 01:07:57.97ID:FYALx11r
なんでここのヲタは排他的なメンヘラばっかなんだ?

464ファンクラブ会員番号7742018/07/07(土) 02:53:29.31ID:bJEhAy6m
40歳、童貞、無職、呆けた親の介護
フォーカードヲタ

465ファンクラブ会員番号7742018/07/13(金) 22:46:22.27ID:Wrft+yd8
前日の116.5万人から約45万人減り、38%ものフォロワーを失っている。仮面女子ではグループの公式アカウントや他の一部のメンバーでも大きくフォロワーが減少した。
フォロワーは1人当り1円ほどで購入できるが相場によって変動はある。
アカウントロックの条件は使っていない事や不正に取得したものとされている、
後、自動的にフォローするツールなど、
人気の下落などそんなに落ちているわけではないので神谷えりなが
少なくとも70万ほどと時間をかけてフォロワーを増やしたかの疑いは持たれている。

466ファンクラブ会員番号7742018/07/21(土) 20:44:54.84ID:JgtCknx9
近いうちに地元で見られるんだけど
このグループも撮影禁止?
と聞きに来たら画像が1枚も貼られてないから
つまり駄目か・・・カメラ持ってくのやめる

467ファンクラブ会員番号7742018/07/26(木) 12:21:01.89ID:qyamHmkH
排他的なメンヘラ

行ってないのにハッシュタグ付けて「行きたかったー」って言うだけならまだしも
行った人の画像を無断転載して呟くような奴

ゴミなのはわかるけどそれ何回目だよって言う

468ファンクラブ会員番号7742018/07/26(木) 20:00:39.16ID:k+QRKUSW
ちはるん…(´・ω・`

469ファンクラブ会員番号7742018/07/26(木) 20:05:14.57ID:k+QRKUSW
ナイトプール…浦谷さん…背中…

470ファンクラブ会員番号7742018/07/26(木) 20:12:21.34ID:k+QRKUSW
ハードスケジュールだしね。神様がくれたお休みだと思ってゆっくり休もう( ˇωˇ)

471ファンクラブ会員番号7742018/07/27(金) 12:17:07.81ID:Ft4OCQal
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

472ファンクラブ会員番号7742018/07/27(金) 18:34:32.87ID:nubdCzz8
うわああああああん夜勤終わったもおおおおおおん

473ファンクラブ会員番号7742018/07/28(土) 02:36:04.50ID:/Y32yS1H
ドルヲタなんてだいたい病んでるけど
その人はあまりにも攻撃的すぎる
自分の不必要なツイート閉鎖的な空気作ってること
わかってないのかな?

474ファンクラブ会員番号7742018/07/31(火) 09:48:32.19ID:aOt5F2qp
TOになりたい人っていうか、TOになれば現場を自分の思い通りにできるって思ってて、そのために気に入らない奴を潰してTOになろうとしてる奴はたぶんそいつが仕切り出したらきっと崩壊のカウントダウンだよ。
だってそんな奴が仕切ってる現場行きたないもん

475ファンクラブ会員番号7742018/07/31(火) 09:49:38.63ID:aOt5F2qp
自分からTOになりたいとか言うやつは大抵がまともなやつではないです。
自分も何人もそう言うやつ見てきてるので。

476ファンクラブ会員番号7742018/07/31(火) 09:55:26.88ID:aOt5F2qp
もう何やっても売れないんだから
各々が思い思いのやり方で楽しめばいいし
ぶっちゃけ人が少ないから「俺が支えてる」って勘違い出来るわけでしょ
表向き否定するだろうけど排他的なヲタしか残ってない

477ファンクラブ会員番号7742018/07/31(火) 09:55:48.55ID:aOt5F2qp
支えてるって
単に接触したいから物販で物買ってるだけだよな 恩着せがましい
CDたくさん買って配布しているもん!→実態は不要物の処分&商売妨害
誰かが言ってたよな CDたくさん買うくらいなら人連れてきてって
CD配るんじゃなくてワンマンのチケット毎回何十枚も配ってドリンク代も持ってやれるのなら支えてるって胸張って言えるかもな
これじゃ特典券付かないからやらないんだろうけど

478ファンクラブ会員番号7742018/07/31(火) 09:56:16.59ID:aOt5F2qp
シングルCD1000円の行方

小売店(CDショップ)の取り分……25〜30%--300円

アーティスト印税……1%--10円

JASRACから支払われる印税……6%--60円 このうち約半分が事務所の取り分で、残った30円を作詞家と作曲家が等分して15円ずつ。

原盤印税(ポップス系の楽曲の場合)……12〜15%--150円

残りの480円から販売費とCD問屋さんの取り分として10〜15%--120円。

CDの容器代、ブックレットの紙代、印刷代、デザイン料、カメラマン、スタイリスト、ヘアーメイクへの支払い、撮影スタジオ代、ロケバス代などもろもろ、音以外のCD制作費として10%かかったとすると100円。

宣伝費はレコード会社次第ですが、10%前後が適当−−100円。

840円かかった残り 160円がレコード会社の利益ですが、制作費や宣伝費はたいがい赤字になるので、ここで埋め合わせをします。

だってよ
CD1000枚売れても二人には5000円ずつ 事務所やタワレコは儲からないだろうな
CD買って「支える」ならせめてもう一桁くらい積まないとな
あと買ったCD配布して商売の邪魔をしないようにしないとな

479ファンクラブ会員番号7742018/07/31(火) 09:56:41.45ID:aOt5F2qp
支えてるつもりの奴、何枚くらい積んでるんだろうな
偉そうなこと言ってるなら1万枚買っても高々1000万だしそれくらい積んでやれよと思う
特典券が消費できないなんてのは言い訳にならん
それじゃ結局テメェの欲望の為に買ってることになるし
つうかここのオタクの連中はファン減らすようなことするなよと思うわ
新規に人が来ても離れていくのはそういう事だろ
支えてるどころか妨げになってるんだよなぁ

480ファンクラブ会員番号7742018/07/31(火) 09:57:03.98ID:aOt5F2qp
承認欲求と接触欲求の賜物
全ては自分のために

俺の千春
これがネタじゃなくてガチだからな
だから新規は排除
推し被り敵視
お前だよお前

481ファンクラブ会員番号7742018/08/21(火) 01:09:26.93ID:m/FQ72zs
すまん
いつから8月21日をアニバーサリーとして
祝う習慣になったの?
三、四年前特に何かやった記憶ないんだけど

482ファンクラブ会員番号7742018/08/21(火) 03:58:53.53ID:JtJMUdzB
>>478
アイドル音楽業界全体にいえるが、アイドルが食えるのは物販があるから
CDで食えてるアイドルなんていない、あとは地方イベントやマスコミ媒体の仕事
特に地方イベントは実入りがいい、推測だがほわどる二人呼んで2時間くらいの
催し物に呼んでライブやってだとおそらく2,30万くらい、もちろん交通費等の経費別で
だからイベント仕事増えてほしいと思う今日この頃
あとグラッドのライブって儲け出てるんだろうか

483ファンクラブ会員番号7742018/08/21(火) 08:30:31.23ID:aLjeYrUr
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

484ファンクラブ会員番号7742018/08/22(水) 00:51:57.80ID:OnazgKBM
2011.8.21 1stライブ Link's
2012.8.21 1周年記念公演 Link's
2013.8.21 ふわぱリリイベ 新星堂アルパ
2014.8.21 MM5リリイベ タワーミニ八重洲口
2015.8.21
2016.8.21 音道 万代、桃源郷
2017.8.21 BBQイベ
2018.8.21 7周年記念ライブ Glad


リアルTOのツイートから判定するに
やっぱり8月21日をアニバーサリーとして
祝う風習なんてなかったんだな

恵方巻きとか初詣でとかハロウィンみたいなもんか

485ファンクラブ会員番号7742018/08/22(水) 00:54:47.91ID:OnazgKBM
最近の浦谷さんの泣き芸って
本当の感動屋さんなのか
ヲタを釣るため身につけたプロ根性なのか
売れなさ過ぎてメンタル来ちゃってるのか
判断に迷うよね

486ファンクラブ会員番号7742018/08/27(月) 19:06:07.76ID:dS+1orzQ
7kのDVDですが、ファンのコールとか入ってますか?
誰か教えてください!

487ファンクラブ会員番号7742018/10/29(月) 08:15:46.52ID:tzg8LOxI
表のオマエラ

はーちゃんおめでとう!

本音

https://i.imgur.com/td8igvD.jpg
https://i.imgur.com/RrC3rLz.jpg

488ファンクラブ会員番号7742018/10/29(月) 08:36:04.96ID:GKUB1cwo
駅に広告出したい課金レースに使う金を広告費に回した方が早いな

489ファンクラブ会員番号7742018/10/29(月) 12:06:50.26ID:1cnWSK7n
ホワドルの本スレってどこにあるの?

490ファンクラブ会員番号7742018/11/09(金) 00:21:56.83ID:DwlPSIA0
ちょっと前ならホワドル、WINKの再来なんて看板で
馬鹿売れしてもおかしくないと思うけど
事務所に力がないと売れない時代なんだな

491ファンクラブ会員番号7742018/11/09(金) 08:07:43.50ID:XP/S6WSs
ツアーファイナルは盛り上がるよね

492ファンクラブ会員番号7742018/11/09(金) 09:43:20.30ID:HzSdLFOC
定期とかに慣れてるとツアーファイナルの人の多さにビビるわw
あの人たち普段は何してるの?

493ファンクラブ会員番号7742018/11/09(金) 19:08:57.49ID:XP/S6WSs
定期はコア過ぎてね…
普段はハロプロ・脇田もなり界隈にいますよ

494ファンクラブ会員番号7742018/11/09(金) 21:55:18.13ID:TFWoeTm0
ツアーファイナル全然入ってないでしょ
一番多かったブレイズでも300ちょいとかくらい
アレで人多いって
普段どんなド地下行ってるんだよ

495ファンクラブ会員番号7742018/11/10(土) 09:31:02.48ID:rzEOcDvK
だから普段はほわどる定期です

496ファンクラブ会員番号7742018/11/10(土) 09:43:01.59ID:5ce8g5TD
代官山ユニット良かったわぁ

497ファンクラブ会員番号7742018/11/10(土) 12:11:49.88ID:VkV9ohSG
最近の地下アイドルのもめ事見てると
ほわどるはヲタクに守られてるなって思う、運営がブラックかどうかわからんけど

498ファンクラブ会員番号7742018/11/12(月) 02:16:08.69ID:cOM7L34o
正直バンドよりカラオケのほうがいいね

499ファンクラブ会員番号7742018/11/12(月) 09:32:15.81ID:F/FfISCq
いちばんの魅力はダンス(振り付け)だからね

500ファンクラブ会員番号7742018/11/12(月) 21:33:54.84ID:RF/j8fdk
そして二人の可愛らしさ

501ファンクラブ会員番号7742018/11/12(月) 22:01:30.45ID:waHcyl9y
石井さんいない編成の時のアレンジが単調すぎて眠りそうになった
アンケートにあまり良くなかったと書きそうになったけど
もちろん良いことしか書かなかった(苦笑

502ファンクラブ会員番号7742018/11/12(月) 23:15:19.60ID:XKiYq3fb
上半身しか見えないようなライブがいちばんきつい
ちゃんと足元まで見えるホール的な会場で見たいアイドル

503ファンクラブ会員番号7742018/11/13(火) 15:17:43.26ID:se5JmJdm
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

504ファンクラブ会員番号7742018/11/27(火) 10:25:33.28ID:myhIhrBB
嫌いなオタが生誕委員やってるから千春生誕行くのやめる

505ファンクラブ会員番号7742018/11/27(火) 13:19:33.33ID:Pkop6xrI
あいつ嫌いでここ離れた友人や顔見知りの人
30人くらいいるんだよな…

506ファンクラブ会員番号7742018/11/27(火) 13:40:41.31ID:sR4U9Lo9
札幌の街ヲタに嫌われてるのは知ってるけど
そんな知名度ある?
アプガヲタかな

507ファンクラブ会員番号7742018/11/28(水) 18:42:40.56ID:0h/bbkJY
>>504
あれだけ北海道の古参disりまくってた頭のおかしいやつが生誕仕切ってるとか
完全終わってるな

508ファンクラブ会員番号7742018/11/28(水) 19:41:01.38ID:/j068PY5
ファンがファンを減らす典型
いくら物販で金使っても
支えにならず妨げになってるという
そもそもそれだって接触目的だしな

509ファンクラブ会員番号7742018/11/28(水) 20:07:51.28ID:Y/MbpM+D
ディスられてた●方は
あの人はあの人で相当頭おかしい人だからフォロー出来ないけど
楽曲派ブロガーに粘着して叩き続けたのとか
下手糞な写真使われて激怒したのとか
精神病んでるの確実っしよ

510ファンクラブ会員番号7742018/11/28(水) 20:39:45.94ID:RY8RMOzJ
チアーズで少ない貯金崩して他ヲタ潰したり
下手な写真アップして出席率の高さをアピったり
ライブ後のヲタ飲み写真アップして派閥アピったり
彼はヲタの鑑ですよ

511ファンクラブ会員番号7742018/11/29(木) 09:12:13.27ID:dB2zidT7
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

512ファンクラブ会員番号7742018/11/30(金) 21:56:46.93ID:vOGRg3os
さらなる内部分裂勃発
ほんとほわどるファミリー(笑)って
しょうもねえな

513ファンクラブ会員番号7742018/11/30(金) 22:47:27.26ID:YUvMxTaC
TO vs GO
もっと揉めて〜

514ファンクラブ会員番号7742018/12/01(土) 09:52:33.62ID:IUxi3GcQ
たいしてファンもいないのに
くそみたいなやつ同士
トップヲタ争いだかなんだか知らんが
ゴミみたいな争い
うんざりだわ
しょうもないよ
ねぇ

515ファンクラブ会員番号7742018/12/01(土) 12:22:55.43ID:5qw4X4/1
ヲタのせいで売れないんじゃないよ
2人に魅力がないからだよ

516ファンクラブ会員番号7742018/12/01(土) 16:18:00.74ID:UaQKKJGf
2人時代より以前からのヲタってどれくらい残ってる?

517ファンクラブ会員番号7742018/12/01(土) 16:21:46.43ID:AGPEUUOv
札幌は知らんけど
東京は2、3人

518ファンクラブ会員番号7742018/12/01(土) 17:57:38.31ID:AGPEUUOv
というかサンライズで増えたヲタもMM5で増えたヲタも殆ど消えた
今イキってる層はクローバー(ブレイズワンマン)あたりからのヲタ

519ファンクラブ会員番号7742018/12/01(土) 18:45:39.75ID:Vy/k262y
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

520ファンクラブ会員番号7742018/12/02(日) 03:13:15.33ID:EHaMyXXG
>>513
ふたりとも嫌い

521ファンクラブ会員番号7742018/12/02(日) 08:13:08.13ID:qSdRzVa3
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/
このスレッドは削除されます
移動してください

522ファンクラブ会員番号7742018/12/03(月) 00:52:12.87ID:FwQn76LC
>>514




523ファンクラブ会員番号7742018/12/03(月) 23:38:07.70ID:w6wG9b4p
>>514
縦読みの仕込みの出来はいいけど
今回GOが発狂してる相手は
ガチTOじゃなくて
まみりTOだぞ

524ファンクラブ会員番号7742018/12/04(火) 08:04:18.62ID:hENL49r4
この前現場にYouTuberのけみお居たけどどっちかの知り合いとかなの?
どこまでいっても渋谷は日本の東京
コラボとかやんのかな
JK増えるかもね

525ファンクラブ会員番号7742018/12/04(火) 12:46:54.49ID:ygZ5/HXp
>>524
マジかよYoutuberって
俺の千春に変な虫つかないで欲しいな

526ファンクラブ会員番号7742018/12/04(火) 12:50:33.03ID:A6B2S4FO
地下アイドルなんてYouTuberの肉便器がお似合いだよなw

527ファンクラブ会員番号7742018/12/04(火) 14:41:23.87ID:2WO+kkpI
ちはるんもけっこういい齢になってきたし…

528ファンクラブ会員番号7742018/12/04(火) 16:57:13.05ID:6S5FQZDS
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

529ファンクラブ会員番号7742018/12/06(木) 08:03:22.35ID:jcQKX6Xi

530ファンクラブ会員番号7742018/12/06(木) 08:04:06.25ID:jcQKX6Xi

531ファンクラブ会員番号7742018/12/06(木) 08:41:55.07ID:PFEmoK6L
画像には生成した環境の情報が残る
本スレに書き込む勇気もないクソのくせに馬鹿なのか?
わざわざ消したツイートスクショして貼るとかお前陰湿なやつなんだな
なぁ◯◯さん

532ファンクラブ会員番号7742018/12/06(木) 09:18:49.56ID:tmpZIuSI
陰湿??
散々ヲタ潰しといてどの口で物言ってるんだよw

533ファンクラブ会員番号7742018/12/06(木) 10:59:58.48ID:03mRwCnj
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/
こちらが本スレです
移動してください

534ファンクラブ会員番号7742018/12/08(土) 23:36:28.93ID:Xdp2fwhs
ほんと
ほんとほんと
ほんとほんとほんと
ここまで大袈裟に絶賛したら提灯としか捉えられないなぁ

535ファンクラブ会員番号7742018/12/24(月) 01:01:40.89ID:bPlP3neS
はーちゃんとちはるんは共同生活してるの?

536ファンクラブ会員番号7742018/12/24(月) 16:58:18.45ID:SGcjADmc
え?そこから?

537ファンクラブ会員番号7742018/12/25(火) 00:52:42.45ID:BlcWStAJ
そうだよ、だって最近Twitter見始めたばかりだもの

538ファンクラブ会員番号7742018/12/25(火) 06:16:54.94ID:YQORqzA/
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/
こちらが本スレです
移動してください

539ファンクラブ会員番号7742018/12/25(火) 22:05:29.13ID:f0wdWL6F
ジーオーがまた発狂してて
いい加減新しいお薬処方して貰え
お前の不愉快なツイートが原因で足が遠のいたヲタ多いの自覚しろや
って思いました

540ファンクラブ会員番号7742018/12/25(火) 23:40:43.84ID:lIWXQaz7
だれのこと?

541ファンクラブ会員番号7742018/12/26(水) 01:35:34.35ID:eo0tX3iR
>>539
おれの知り合いだけでも10人や20人じゃ効かないからなぁ

542ファンクラブ会員番号7742018/12/26(水) 12:06:20.14ID:PzqGTa5p
頭のおかしい人がブツブツ怒り狂ってるの見たくないなら
リムーブなりミュートすればよいだろと思ってたけど
千春生誕があいつ仕切りとなると
twitterだけの問題じゃなくなるな

543ファンクラブ会員番号7742018/12/26(水) 18:56:53.99ID:ZSQNYkk2
>>514
この2人 キツイよな…
話しかけられたら返してはいるけど
関わりたくないのが本音
この2人 社会的にどうなんだろう
好感持てる人いるのかな

544ファンクラブ会員番号7742018/12/26(水) 20:39:58.93ID:gDHJsEAN
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

545ファンクラブ会員番号7742018/12/28(金) 09:32:26.84ID:WMVGe/Oo
せっかくの生誕イベも
不快な空気が支配することになりそうね
残念

546ファンクラブ会員番号7742018/12/28(金) 13:58:23.01ID:WMVGe/Oo

547ファンクラブ会員番号7742018/12/28(金) 19:28:00.80ID:1vmXITN2
生誕委員なんて
今回に限らず
またほわどるに限らず
癖のある独占欲の強いヲタしかやらんだろ

548ファンクラブ会員番号7742018/12/28(金) 20:10:05.92ID:tsSvUDfr
やりたくもないのに他にやる人がいないからやらざるを得ない事もある

549ファンクラブ会員番号7742018/12/28(金) 20:29:15.14ID:1vmXITN2
どっちにしろ
26歳の誕生日なんて
全くめでたくない単なる死刑宣告だから
行かねー

550ファンクラブ会員番号7742018/12/29(土) 10:02:19.20ID:yxZeGsJV
排他的ガチ恋のなんと多いところか
ここほどヲタが新規の定着を阻んでるところ無いよな

551ファンクラブ会員番号7742018/12/29(土) 11:58:53.75ID:uYFUgVF6
アイドル現場全体がそうでしょ
同じような話あちこちのスレで見るような気がするが

552ファンクラブ会員番号7742018/12/29(土) 17:28:46.99ID:XJeD/9ht
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

553ファンクラブ会員番号7742018/12/30(日) 12:12:59.88ID:Cc7togtB
>>546
排他的TOの項
金づるとは思われても
いいファンとは
運営にもアイドルにも他のファンにも思われてないよね
薄らてっぺんハゲことTが
おれは信頼されてる(キリッ
とか抜かしてたけど

554ファンクラブ会員番号7742018/12/30(日) 21:13:14.39ID:W8KalwWl
本スレに書き込む勇気もないやつがよくまあしゃあしゃあとそんなことが書けたもんだな
少なくともお前よりは信頼されてるだろうよ
本スレで書いてみろ

555ファンクラブ会員番号7742018/12/30(日) 21:21:13.68ID:/J82DuJz
個人的にtaku氏に
不快な思いさせられたことない
ガチ恋ってて気持ち悪いとは思うけどw
go氏も現場で話すぶんには普通の人だけどね

556ファンクラブ会員番号7742018/12/31(月) 13:23:13.96ID:VqI9V0Nw
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/
こちらが本スレです
移動してください

557ファンクラブ会員番号7742019/01/01(火) 23:38:00.26ID:oQuRmcTI
>>554
薄らてっぺんハゲ乙
周りにどう思われてるか考えた方がいいよ
ってもう遅いか
周り気にしてる割に全然周り見えてないよね

558ファンクラブ会員番号7742019/01/02(水) 13:15:59.29ID:nCop5Opd
まー狂信者
嫌だと思っても下手に刺激したら
何しでかすかわからんしな
腫れ物に触るように扱うだろ
粘着質で気持ち悪いのには 他の誰よりも多く晒されてるわけだし

559ファンクラブ会員番号7742019/01/03(木) 10:10:55.78ID:VoWKU8mr
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/
直ちに移動してください
このスレッドへの書き込みは禁止です

560ファンクラブ会員番号7742019/01/03(木) 12:53:22.54ID:iEc8pFfR
きれいに撮ってくれててうれし〜

https://popnroll.tv/articles/1132

561ファンクラブ会員番号7742019/01/04(金) 23:41:35.76ID:2UP5sbIm
薄らてっぺんハゲは明日大阪来るの?
後ろから見たら初日の出みてーだな
縁起悪そうだけどw

562ファンクラブ会員番号7742019/01/06(日) 19:28:49.41ID:2ctbE2i+
新規に塩対応なこのユニットははっきり言って売れない

563ファンクラブ会員番号7742019/01/06(日) 20:43:05.14ID:ZYsiUgqJ
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

564ファンクラブ会員番号7742019/01/06(日) 20:50:07.01ID:81mOaNtj
>>562
新規に塩とまでは思わないけど
常連客に優しすぎるから
疎外感持つだろうな
MCもおまいつに向けた馴れ合いのトークだし
自分もその馴れ合ってるおまいつの一人で
二人の対応に心地良さを感じる一方
閉鎖的な現場になってる一因は二人にもあるとも感じている

565ファンクラブ会員番号7742019/01/06(日) 22:20:56.62ID:+Ts3C9vn
そうかな初めて来た人にもやさしいよ、そりゃ毎回来る人は
顔も名前も覚えるから会話もはずむさ

566ファンクラブ会員番号7742019/01/06(日) 22:39:17.58ID:XGInytix
初見だったけどわりかし雰囲気いいよ

567ファンクラブ会員番号7742019/01/07(月) 06:07:45.85ID:+S2XUML7
>>564
冷静な分析

568ファンクラブ会員番号7742019/01/07(月) 06:54:39.11ID:9HB3IhHA
既存のファンと内輪で仲良くやってなさいよ
って感じてワンマン1回見て行くのやめました

569ファンクラブ会員番号7742019/01/07(月) 08:25:15.80ID:aKT/Hnk0
対バン後物販でスタッフが忙しくてゆるゆるな時におまいつが無銭で話し掛けるのやめてほしいわ
応じちゃう方もアレだけど
それも新規にとっては疎外感を感じるのでは

570ファンクラブ会員番号7742019/01/07(月) 16:13:13.17ID:Vx7Zm1lz
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/
移動してください

571ファンクラブ会員番号7742019/01/07(月) 20:29:52.05ID:AfH7DDi4
>>568
SELENE のワンマン
ライブ自体は悪くなかったけど
最後のグダグダMCが完全にいつも来ている皆さん向けで
ああいうのnghmさん注意しろよとは思ったけど俺はいつも来ている皆さんの一員だから
結局こんなこといつまでもやってる限り絶対売れないよっていう憤りよりも
贔屓されて嬉しい気持ちの方が優っちゃうんだよね
GLADの定期も完全に数十人の常連客相手の
インナーイベント化してて
自分は常連客の一人だからそれはそれで勿論楽しいんだけど
まあこんな内輪向けのライブ何百回やろうが
横浜アリーナや武道館はもちろん
リキッドルームのリベンジすら無理だろうな
と冷めた気持ちにもなる

572ファンクラブ会員番号7742019/01/07(月) 21:45:10.86ID:LNH6BgZQ
大阪から代官山とセレネ行ったけどライブ自体は良かった
代官山は良かった

573ファンクラブ会員番号7742019/01/08(火) 00:49:52.66ID:j2KPJdZi
もう300も集まらんだろ
お宝くじとかで集客できそうな時に悉く
ハゲとかが排除したからな
結果あちこちの土壌にアピールして食いついてきたファンが嫌気が差して背を向けることに
独占したいハゲからしたら望む結果なんだよな

574ファンクラブ会員番号7742019/01/08(火) 00:58:58.47ID:4yyiAwVN
ほわどる好き、大好き、歌もうまい、曲もいい,踊りもかわいい
そしてなにより二人とも、信じられないくらい可愛い
異次元のかわいさ、なのになんで売れないんだろ・・・

575ファンクラブ会員番号7742019/01/08(火) 00:59:37.07ID:j2KPJdZi
ファンを増やしたいと言いつつ やってきたことはこれ
CD積んで配る
→ただ接触したいだけ かつ 自分のゴミ処分 なのに恩着せがましくばら撒くことによって商機を奪う 配らなきゃ買う人も多少なりとも居るだろうに
ファン増やしたいのならたくさんチケット買ってドリンク代も出して知り合い呼んで来いって
どうせ接触も付かないし
そもそもファン増やしたくないからやらないんだろうけど

576ファンクラブ会員番号7742019/01/08(火) 07:02:31.72ID:L0TBQ7zx
>>575
アンタは知らんかもしれんが
リキッドルームや新宿の狭い箱(k4だったかな?)のワンマンの時は
流石にドリンク代までは払ってねーけど相当な枚数をヲタが買ってタダで知人に配ってるよ
それでリピーターになった人は知らんけどな(w
配ってたヲタはアンタが顔真っ赤になって叩いてる男と当時のTOだったネーチャンとかな

ってかなんでCD配るのは商機を奪う!と熱弁してる癖に
チケット配るのはOKなんだよ
同じだろ

ユニットのワンマンの友達無料サービスだってその後金払って来る新規獲得の契機になってないし
そんなもんだよ

577ファンクラブ会員番号7742019/01/08(火) 07:37:49.42ID:UnSxofiJ
芸能の世界で売れる売れないは「運」がほぼすべて
ファンにできることなんてない

578ファンクラブ会員番号7742019/01/08(火) 08:01:58.12ID:/FLWYDCf
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/
このスレッドは削除されます
移動してください

579ファンクラブ会員番号7742019/01/08(火) 10:57:53.16ID:4yyiAwVN
アイドルのCDなんて、リリース前後くらいしかまともに売れないでしょ
あとはイベント特典会で地味に売っていくしかない、とつぜんほわどるにはまって
新規の人がCD買ってく数なんてしれいる、それなら布教活動で配る方がまだまし

580ファンクラブ会員番号7742019/01/08(火) 10:58:50.63ID:4yyiAwVN
>>577
ヲタクがアイドルを売れるようにするなんておこがましいよね
できることはCD買ってライブ行ってイベント参加してお金落とすことだけ

581ファンクラブ会員番号7742019/01/08(火) 12:23:14.23ID:5hTIUd4+
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/
すみやかに移動してください

582ファンクラブ会員番号7742019/01/08(火) 12:45:06.62ID:GHqlO8AV
ぶっちゃけ俺は今が楽しければいいと思ってるし
売れる売れないなんて正直興味ない
売れて遠い存在になっても素直におめでとうと思えるし
売れなくても今の居心地が続くだけ

583ファンクラブ会員番号7742019/01/08(火) 15:16:27.96ID:k1wzFvNA
ももクロきっかけでアイドル好きになったから
徐々に会場が大きくなっていく
物語の併走感求めちゃう

584ファンクラブ会員番号7742019/01/08(火) 15:39:00.91ID:4yyiAwVN
>>583
ももくろの走れやパヒュームのポリリズムみたいな
ヒット曲出たら、化けると思うんだけどなー

585ファンクラブ会員番号7742019/01/08(火) 17:31:29.88ID:MOOAkwOT
>>584
そんな夢物語前澤の100万当たるより
可能性低い

586ファンクラブ会員番号7742019/01/08(火) 23:20:25.81ID:NmBm2i+d
>>571
リキッド動員何人位だったん?

587ファンクラブ会員番号7742019/01/08(火) 23:22:31.88ID:tiCCVAU5
120〜150くらいかな

588ファンクラブ会員番号7742019/01/08(火) 23:30:14.13ID:4yyiAwVN
>>587
もっといただろ、少なくともフロアーの半分くらいは埋まってた
400人くらいはいたはず

589ファンクラブ会員番号7742019/01/08(火) 23:49:29.15ID:tiCCVAU5
>>588

何言ってるの??

590ファンクラブ会員番号7742019/01/09(水) 07:06:18.89ID:ABPO+cb+
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/
こちらへはこれ以上書き込まないでください
移動してください

591ファンクラブ会員番号7742019/01/09(水) 21:52:09.21ID:inQr/J4c
>>587
リキッドでその数字は怖いね
小桃音さんソロ卒業公演で300位だったと思うけどそれでも空いてる印象だった

592ファンクラブ会員番号7742019/01/09(水) 22:18:34.02ID:9qFJcHb+
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/
このスレッドへの書き込みは禁止です
リンク先へ移動してください

593ファンクラブ会員番号7742019/01/09(水) 22:52:56.49ID:0ESf1R/a
もう旬は過ぎたの?

594ファンクラブ会員番号7742019/01/09(水) 22:55:11.03ID:mp0Mc5Tb
旬なんて一度もないでしょ

595ファンクラブ会員番号7742019/01/10(木) 01:53:50.67ID:JvpeQ9ie
生誕までにフロアの空気が良くなればいいなあ
なるかなあ
ならねえだろうなあ
いい歳こいたハゲたおっさんとかニキビ面のチビとかが
推し被り敵視とか
常に他人を気にしてイラついてたり
終わってるな

596ファンクラブ会員番号7742019/01/10(木) 08:23:30.18ID:f0ahgSN6
お前が消えれば空気が良くなると思うよ

597ファンクラブ会員番号7742019/01/10(木) 10:15:24.23ID:wZ0plLvm
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

598ファンクラブ会員番号7742019/01/10(木) 22:19:35.81ID:nrBSjU1k
空気が重いのは
ヲタじゃなくてほわどるの2人と
運営の責任

599ファンクラブ会員番号7742019/01/10(木) 22:20:26.31ID:nrBSjU1k
売れないのはヲタの責任ではなく
2人に才能がないからだよ
いい加減認めようぜ

600ファンクラブ会員番号7742019/01/12(土) 06:34:06.65ID:Wot8FeUQ
曲は良いとおもう
でも以前フィロのスの定期でたとき
フィロのスの曲欲しいって言ってた

601ファンクラブ会員番号7742019/01/12(土) 07:29:30.35ID:sZKvfcKt
素敵なお姉さんユニット

602ファンクラブ会員番号7742019/01/12(土) 09:10:44.60ID:VnrY5L1y
3年前くらいにフィロのスにヲタクいっぱい取られたもんな
そういえばごうもそうだったな
ほわどるで積んだCDフィロのスに配って処分してたけど
あっちでカースト上がれずにこっちに出戻り
戻って来てくれてありがとうとか言われてるけど
振られた女が復縁喜んでいるように見えてみっともないな
男の方もこういう奴が周りにどう思われてるかはお察し

603ファンクラブ会員番号7742019/01/12(土) 09:16:29.35ID:bRQuG3bR
ってか殆どDDだよ
単推しなんて5人くらいしか居ない

604ファンクラブ会員番号7742019/01/12(土) 10:02:05.73ID:SgMaQrJS
>>602
話作ってまで
他人貶して楽しいか?
カス

605ファンクラブ会員番号7742019/01/12(土) 10:20:34.55ID:2dnoc4N6
たくやごうやもねやパパや×××や〜がいるせいで空気が悪くなってヲタが減った
ある面当たってるだろう

でも仮にそいつらが居なかったとしても
今40人のヲタが70人になったくらいの誤差
7年8年やってワンマンでキャパ500程度の会場も埋められないのは
2人に魅力がないから

606ファンクラブ会員番号7742019/01/12(土) 22:00:20.94ID:tHCdH0PG
>>588 みたいに歴史を修正するイカレた人間か
ガチ恋系キチガイか
誰にでもカラむ異常者か
絶えず泥酔している屑か
アイドルにすがるしかツマラナイ人生をやり過ごせない滓しか居ない現場

607ファンクラブ会員番号7742019/01/13(日) 00:21:47.79ID:pJOicgT+
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

608ファンクラブ会員番号7742019/01/13(日) 09:22:09.35ID:UYfca4MI
@
「この現場に行きたいけどファンが嫌で迷っちゃう……」というのに対して「本当に好きなら周りなんて関係ないでしょwww」っていきがるオタク、お前だよお前みてぇなのがいるからだよってわりと思う

609ファンクラブ会員番号7742019/01/14(月) 08:20:37.45ID:BOonuyHG
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

610ファンクラブ会員番号7742019/01/14(月) 09:12:56.55ID:1NEBQKjD
相互フォローしている以上避けられないのかもしれないけど
一部ヲタとのDMのやり取りは禁止してほしいもんですわ

611ファンクラブ会員番号7742019/01/14(月) 12:49:36.85ID:OHScyMnn
DMやりとりしてるんだー
アウトでしょそんなアイドル

612ファンクラブ会員番号7742019/01/15(火) 13:45:23.42ID:kdxtCbXG
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/
このスレッドへの書き込みは禁止です
移動してください

613ファンクラブ会員番号7742019/01/15(火) 17:23:03.94ID:x3VHIgz4
鳥の巣みたいな頭の上に卵乗せて
後ろから叩き割りたい

614ファンクラブ会員番号7742019/01/17(木) 22:46:31.27ID:DF5IkaoK
https://twitter.com/ssd_alta/status/1085887578337767424?s=21

放射能でも漏れてるの?
なんでこんなに皆んな髪が抜けてるの?
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

615ファンクラブ会員番号7742019/01/17(木) 23:12:15.16ID:Fjm+mEZJ
たくリスペクトでてっぺんハゲ真似てんだろwww
そのうちMINAH@GELL
ミナハゲールwwwww

616ファンクラブ会員番号7742019/01/18(金) 20:53:43.67ID:eg80E4h4
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

617ファンクラブ会員番号7742019/01/20(日) 22:21:48.14ID:L0+CCQZD
明日は生誕委員の自慰に付き合わされる日か…
ウゼェなぁ
運営に仕切ってほしいわ

618ファンクラブ会員番号7742019/01/21(月) 12:33:32.26ID:x3WCAIbW
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

619ファンクラブ会員番号7742019/01/21(月) 19:06:54.65ID:X5L1MRvn
ここに吐き出すくらいに悶々としてるなら行かなきゃいいだけなのに

620ファンクラブ会員番号7742019/01/21(月) 20:48:58.45ID:oKOvQtyJ
これなんだよなぁ
クソなオタクのせいで行きたくなくなる
そうやって離れていった人の多さと言ったら

621ファンクラブ会員番号7742019/01/21(月) 22:16:21.60ID:eWwrNt8D
あの下品な格好をしたあの二人連れをどうにかしてくれや

622ファンクラブ会員番号7742019/01/21(月) 22:50:16.87ID:FXDsqI2Y
ほわどるは好きだけど、最前管理がだるかったな。
人の分取るとかやめて欲しいわ。
そんなのばっか見て嫌に気持ちになるなら、もう行きたくねーな。

623ファンクラブ会員番号7742019/01/22(火) 00:54:21.74ID:9LULPeXJ
残念なオタクがいる限りGlad sold outは難しいな
生誕でこんだけしか集まらんとかな

624ファンクラブ会員番号7742019/01/22(火) 01:26:41.76ID:A9SW8GXO
グラッドの最前場所取りかw
荷物置いて他所行くのはマナー的にどうよ?

625ファンクラブ会員番号7742019/01/22(火) 07:35:50.06ID:m0Ho8q1v
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/
このスレッドへの書き込みは禁止です
書き込みは移動先にしてください

626ファンクラブ会員番号7742019/01/22(火) 07:50:43.68ID:aESiMepP
てかライブに来るのに荷物がなんであんなにデカイんだ?という人多いよね
これはほわどるの現場に限らない話だが

627ファンクラブ会員番号7742019/01/22(火) 13:23:19.26ID:pVIv2b1r
いくら平日とは言え
あの客入りはちはるんも心折れるだろ
一昨年の初台も平日だったけども
こんな少なくなかった
正直もうアイドル辞めた方が幸せになれるチャンスあるよ

628ファンクラブ会員番号7742019/01/22(火) 15:26:18.85ID:crjfsghp
おおよそどんくらいの集客だったにかね??

629ファンクラブ会員番号7742019/01/22(火) 16:26:32.78ID:UyEzYajJ
http://s.kota2.net/1548141886.jpg
数えれられるぞ

630ファンクラブ会員番号7742019/01/22(火) 18:56:28.50ID:llyBe/zn
ビクターという名の知れたレコード会社&事務所からお誘いあったからこそ
北の大地・北海道から上京しただろう2人が
単なる底辺地下アイドルとして
終わりの見えぬ修行期間に耐えているモチベってなんなんだろ?

631ファンクラブ会員番号7742019/01/22(火) 21:09:57.05ID:Vx5FUeJf
>>629
いつもの定期+アルファくらいか

632ファンクラブ会員番号7742019/01/22(火) 21:24:06.10ID:NOQeZvdy
+アルファあるかどうか

633ファンクラブ会員番号7742019/01/23(水) 01:14:05.49ID:3Z7ePbgk
5年以上やってて生誕で100人ぎりぎり
よそは500とか800とか売り切れてるのにな
3、4年前に色んなところに出て知名度上げたのに
そこで来た新規をてっぺんハゲ筆頭に古参が追い出したからな
集客減も必然だわ
どんな商売でもそうだけど
一度嫌な思いをしたところに誰が再び目を向けるか

634ファンクラブ会員番号7742019/01/23(水) 07:26:45.21ID:R9tLCgFV
この写真数えれば100人近くいるんだけどパッと見30〜40人しかいないように見えるのが問題

635ファンクラブ会員番号7742019/01/23(水) 19:09:43.63ID:z3MbrIus
散々他ヲタの悪口ツイート連投してた生誕委員様が
最前管理かますとか
頭おかしすぎるだろ

636ファンクラブ会員番号7742019/01/23(水) 19:33:24.63ID:79+zr9lT
生誕委員と最前管理を兼ねるのは相当な見識と胆力が無いとできない所業だね

637ファンクラブ会員番号7742019/01/23(水) 19:41:33.33ID:vK87ZkWx
いい加減自分が最低の自己中心的な人間だって認めた方が楽になれるのに
あの人俺が怒ってるのはふたりの為だ
って本気で思ってるからな

638ファンクラブ会員番号7742019/01/23(水) 21:24:03.26ID:XOaL08u/
しばらく行ってないから現状が分からんのだが
その諸悪の根源みたいな奴は>>629に写ってるの?

639ファンクラブ会員番号7742019/01/23(水) 22:13:00.80ID:R6/IMt9O
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

640ファンクラブ会員番号7742019/01/23(水) 22:26:40.14ID:RZqQL5LV
>>629
人多すぎw

641ファンクラブ会員番号7742019/01/23(水) 22:31:04.33ID:1cJ/b03G
>>629
なかなか盛況だね

642ファンクラブ会員番号7742019/01/24(木) 00:57:50.22ID:sWpoMygD
たくとごうってこれ?
https://i.imgur.com/IkLoMmn.jpg

643ファンクラブ会員番号7742019/01/24(木) 09:16:35.45ID:qBJy7UrA
>>642
むかついてるからって
そこまでする必要あるのか?
ふたりもどうかと思うけど
周りも陰湿な輩ばかりで
本当に掃き溜めみたいな現場だな

644ファンクラブ会員番号7742019/01/24(木) 09:36:22.53ID:xV8KO0oJ
おいやめろ
最前管理しようが悪口書こうが鬼ループしようがお前に迷惑かかってないだろ
文句があるなら本スレに書き込みしてみろヘタレが
こんなことしてるお前のが終わってるぞ

645ファンクラブ会員番号7742019/01/24(木) 10:01:31.83ID:Voj8qKRl
>>629
どこもヲタなんて入れ替わるもんだけど
3年前くらいのヲタが殆ど残ってないってのは凄いな
一部の排他的な人間のせいにしてるけど
元TOの社長令嬢居なくなって
女ヲタヲタがごっそり減ったってのも
衰退の要因だなw
可愛い女ヲタがひとりでも来れば
客足増えるぞwww

646ファンクラブ会員番号7742019/01/24(木) 13:51:39.85ID:lJjxFa6v
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/
本スレはこちらです
移動してください

647ファンクラブ会員番号7742019/01/24(木) 22:39:16.98ID:0Bi9AMU1
昔は女ヲタの派閥あるくらい女ヲタ多かったてホントなの?

648ファンクラブ会員番号7742019/01/25(金) 00:31:08.91ID:XfT5bJmI
>>643
吐き溜めの間違いじゃね?

クソ
吐瀉物
ゴミ

しょんべん みんな混ぜたらこんな感じだよ
ねぇ?

649ファンクラブ会員番号7742019/01/26(土) 00:38:56.85ID:75haS35g
78人

650ファンクラブ会員番号7742019/01/26(土) 14:59:07.54ID:1Q8GECY0
辞めどき逃して
人生無駄にしてるな

651ファンクラブ会員番号7742019/01/26(土) 15:04:59.02ID:ugJoKA0k
ここからV字回復や!

652ファンクラブ会員番号7742019/01/26(土) 22:09:44.47ID:C5f/jSmB
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

653ファンクラブ会員番号7742019/01/26(土) 22:20:56.21ID:ZESQRlDU
本当に自分が見えてないんだな
周りを気にしてるのに
周りからどう見られてるのか
運営やメンバーから本当はどう思われてるのか
わからないのか 目を逸らしてるのか
信頼されてるとか本気で思ってるんかな

654ファンクラブ会員番号7742019/01/26(土) 23:22:17.35ID:UqL6EYZY
タクさんアンチなんて今現場にいるの?
あの人もあの人のももう他界してるやん
俺は特に何もされてないから
なんでそこまで叩くのか分からん

655ファンクラブ会員番号7742019/01/27(日) 00:22:30.34ID:cgsr/oxR
たくとごうってこれ?
https://i.imgur.com/IkLoMmn.jpg

656ファンクラブ会員番号7742019/01/27(日) 10:00:34.90ID:tyKiWjkW
>>653
ループうざいのはわかるけど個人の自由だし問題ないだろ
叩く意味がわからない
本スレに書き込む勇気もなくこんなとこに書き込んでるお前よりは信頼されてるんじゃねーの

>>655
おいやめろ

657ファンクラブ会員番号7742019/01/27(日) 16:27:59.59ID:a1V4RQYH
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/
本スレはこちらです

658ファンクラブ会員番号7742019/01/28(月) 11:39:38.65ID:CJAeDV3D
たくとごうってこれ?
https://i.imgur.com/IkLoMmn.jpg

659ファンクラブ会員番号7742019/01/29(火) 08:23:31.27ID:HoBq6z/J
てかアホみたいにgladの最前必死に確保する意味わかんね
むしろ後ろの方が全然見やすいのに
メリットはGAMEの手紙もらえることぐらいじゃね

660ファンクラブ会員番号7742019/01/29(火) 09:25:20.95ID:EG2VYyOf
背が低いと前に人がいたら見えないってことじゃね

661ファンクラブ会員番号7742019/01/29(火) 10:04:41.06ID:4XDwtthg
gladのステージの高さで?

662ファンクラブ会員番号7742019/01/29(火) 14:58:33.84ID:9K8qkOAG
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

663ファンクラブ会員番号7742019/01/29(火) 18:05:30.03ID:jfgDZ9ez
>>659
特大ラブレターの人とかイキってたニキビチビを思い出すわ
名前なんて言ったっけかな

664ファンクラブ会員番号7742019/01/29(火) 18:45:15.58ID:fRX20RSD
分かってて書いてるだろw

665ファンクラブ会員番号7742019/01/29(火) 19:47:12.69ID:Tem3rrTf
ええとね…

666ファンクラブ会員番号7742019/01/29(火) 21:29:37.69ID:fzp/03WY
悪くはないんだけど
三曲も鬼瓦に頼まなくても良いだろ
だったらいっそ筑田さんとか
まだ業界にいるのか分からんけど横山佑輝とか
それこそコニーさんに頼んだ方がまだ
他のヲタ引っ張ってこれる可能性あるじゃん

って今さらヲタなんてなにやっても増えねーか(溜息

667ファンクラブ会員番号7742019/01/30(水) 07:03:13.06ID:L74sOAtD
それより宇多丸に「ほわいあっとどーる」「北海道拠点に活動中」と言われたことをなんとかすべき

668ファンクラブ会員番号7742019/01/30(水) 11:54:03.10ID:j157zI7P
>>666
増やしても
薄らハゲとかが減らしたのが
今の姿

669ファンクラブ会員番号7742019/01/30(水) 13:31:09.74ID:XJUJO5su
最近はどのアイドルも楽曲がいいから、ほわどるは楽曲がいいで
評判になりにくくなってる、さらなる展開が必要だ

670ファンクラブ会員番号7742019/01/30(水) 13:58:48.34ID:WMhev0MW
グラビアでもやるか

671ファンクラブ会員番号7742019/01/30(水) 15:47:56.01ID:dWWub1v0
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/
このスレッドは使用できません
すみやかに移動してください

672ファンクラブ会員番号7742019/01/30(水) 16:02:18.59ID:vGPJk024
ワッチョイ付きなんか要らないよ

673ファンクラブ会員番号7742019/01/30(水) 21:17:05.76ID:S/+LQG6W
>>669
さらなる展開って
7、8年やってダメなんだから
もう打つ手なんてねーよ
だって売れない最大の要因は2人に才能が無いからだぞ

674ファンクラブ会員番号7742019/01/30(水) 22:12:38.29ID:sm03biUt
愛嬌ならあるぞ

675ファンクラブ会員番号7742019/01/30(水) 22:30:14.90ID:dWWub1v0
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/
規約を守って利用してください
移動してください

676ファンクラブ会員番号7742019/01/30(水) 23:36:08.77ID:kyHmuYqH
薄らハゲ必死だな薄らてっぺんハゲ

677ファンクラブ会員番号7742019/01/31(木) 03:52:24.23ID:CJelOmVM
二人で水着グラビアは良いかもね

678ファンクラブ会員番号7742019/01/31(木) 07:18:34.40ID:BzdxxOv2
いくら新規を増やしても
薄らてっぺんハゲらが排除し続けてきて
新規を獲得する畑を食い尽くしたのが現状
焼け野原なんだよなぁ
畑を焼くより中の害虫駆除しろよと
オメーだよオメー

679ファンクラブ会員番号7742019/01/31(木) 08:23:28.76ID:p9HqkzeH
>>677
https://tr.twipple.jp/imgp/22/f91568.jpg

こんな感じで頼もうか

680ファンクラブ会員番号7742019/01/31(木) 12:47:19.43ID:Al1dSOrM
いい歳こいてワッチョイに怯えてここにつらつらと私怨書いてるとか笑えるな
どんなクソだよ
たくさんのこと恨んでるのお前だけだぞ
面と向かって堂々と言えねーならチラシの裏にでも書いてろや意気地なし

681ファンクラブ会員番号7742019/01/31(木) 15:14:03.36ID:kx7dT5sr
ここがチラシの裏だろ

682ファンクラブ会員番号7742019/01/31(木) 15:38:02.16ID:c3aixhcO
あいつのこと嫌いなのは一人ってことは絶対ないわ
周りを気にしてる割に周りが全然見えてないのは前からずっとそうだし今後も変わらないんだろうけど
あいつ こっちのこと仲間とか友達とか思ってるかもしれないけど
こっちは関わりたく無いのに
他人がしてる話に割って入ってきたり
人の話に耳そばだててたりうざい
かといってあいつニチャニチャ粘着質だし
そうやってここ去ったのも知ってるだけで数十人居るしな
直接言ったら関わらないでくれるんかよ

683ファンクラブ会員番号7742019/01/31(木) 16:35:29.26ID:humYrnD0
あの人関連で消えたの車屋のJJさんくらいしか知らんわ

684ファンクラブ会員番号7742019/01/31(木) 23:32:29.67ID:j56Vx+sR
被害妄想激しいしワッチョイ怖いしやべーやつだな
直接言えば?
言えねーからワッチョイ付きに書けねーんだろーけど
情けねーなお前

685ファンクラブ会員番号7742019/01/31(木) 23:51:50.34ID:WqkL9oF1
本スレに書き込む勇気もない可哀想なやつ…
自信がないんだろうね
推し被り敵視なのかな?
哀れ…

686ファンクラブ会員番号7742019/02/01(金) 00:27:14.46ID:nCQa4dZM

687ファンクラブ会員番号7742019/02/01(金) 00:41:42.12ID:rG7lLRiG
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/
こちらが本スレです
移動してください

688ファンクラブ会員番号7742019/02/02(土) 05:47:15.94ID:yH/w/J0D
>>684-685
ID変えてまで必死だなハゲ
そのスレ見たけど去年の8月から誰も書き込みしてないし機能してないだろ
勇気だの何だのほざいてるけど
twitterで複数垢使ってる上に捨て垢作って他人にいちゃもんつけてるお前が 何言ってるんだよ
お前のやってることちはるんに話してもあまり驚かれなかったから ちはるんも既に知ってたんだろうな

689ファンクラブ会員番号7742019/02/02(土) 05:57:18.30ID:yH/w/J0D
あとさ 周り気にしてる割に全然周り見えてないの 何とかした方がいいぞ
直接言えとか抜かしてるけどお前本気で喋りたくない・関わりたくない奴に会ったことないだろ
お前とは関わりたくないんだわ
頼むからさ こっちから言わなくても嫌がられてることを察して近寄ってきたり話しかけてきたりしないでくれ
誰に嫌がられてるかわからないなら 相手から話しかけられた時だけ会話に参加すればいいと思うよ

690ファンクラブ会員番号7742019/02/02(土) 07:54:42.11ID:oM4tTNsP
684でも685でもないけど重複スレは最初に立った方使うってルールがある
そいつの肩持つわけじゃないけど使ってるかどうかは関係なく移動して先に立った方埋めないといけないのはそう

691ファンクラブ会員番号7742019/02/02(土) 08:05:11.03ID:yH/w/J0D
@
不正行為ってアイドルからしたら
かなり「ダサすぎる」んだよなぁ…
なんで分かんないかなぁ😢

692ファンクラブ会員番号7742019/02/02(土) 08:05:59.42ID:yH/w/J0D
@
不正行為ってどこかで誰かが損してることになるのでやめたほうが良い。
協力プレイって聞こえの良い横入りだったり割り込みはやられるとイラっとしてしまいます。。。。

693ファンクラブ会員番号7742019/02/02(土) 08:12:34.11ID:yH/w/J0D
本人言われないとわからないんだろうけど
アイドルもお前のやってることわかってるから
お前に直接言わないのは 逆上してナイフでも持ちだしそうな基地外だから注意して扱ってるだけだよ
信頼とかないから
お前に対してあるのは警戒だから

694ファンクラブ会員番号7742019/02/02(土) 09:03:21.80ID:vlO/YboF
粘着連投怖いっす
刺しそうなのチミのほうだじょ~

695ファンクラブ会員番号7742019/02/02(土) 09:20:52.08ID:Is1cVNAW
まぁどっちもどっちだな

696ファンクラブ会員番号7742019/02/02(土) 10:48:30.67ID:3xp3msZO
>>688
怖くないなら移動しようぜ
ルールはルールだしあいつにグチグチ言われるのムカつくから向こうでやろうぜ
向こうならID変えて書き込んでも分かるから嫌ってるのはお前1人じゃないってこと証明してやろうぜ

697ファンクラブ会員番号7742019/02/02(土) 11:46:39.23ID:rKPNiau+
粘着キメーー
現場で直接やれや
アホくさ

698ファンクラブ会員番号7742019/02/02(土) 11:53:00.90ID:CBCme8AG
>>696
どうぞお先に!

699ファンクラブ会員番号7742019/02/02(土) 14:07:09.84ID:yH/w/J0D
>>696
わかった!すぐ行く!
だから先に待ってて!

700ファンクラブ会員番号7742019/02/02(土) 17:27:09.24ID:H0yxcjIG
>>699
なんだビビってんじゃんw
ところで転女って楽しい?

701ファンクラブ会員番号7742019/02/02(土) 21:30:24.53ID:KVfNF2st
なぜ兼ヲタ4、5人のうち1人を犯人扱い?

702ファンクラブ会員番号7742019/02/02(土) 22:06:50.68ID:plIiY7ZR
>>701
ワッチョイなんてなくたって5chは特定できるよ
知らないで書き込んでるのか?
たくとごうの写真を執拗に貼ってるやつはフィロのスのヲタクだよ

703ファンクラブ会員番号7742019/02/02(土) 22:53:24.13ID:hIJMf5ML
フィロのスとの兼ヲタ何人いたっけな
今数えるから待ってて

704ファンクラブ会員番号7742019/02/02(土) 23:02:29.06ID:lGch2iX1
ちなみにほわどると転女とフィロのス
全部の兼ヲタってなるとある特定の人物になっちゃうけど
恨み買うような人じゃないけどなあ
マジでタク氏と揉めて
今も現場に残ってる人知らんわ
軽く陰口くらいは言ってるけどw

705ファンクラブ会員番号7742019/02/03(日) 08:29:33.60ID:weyn6Z7s
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/
移動してください

706ファンクラブ会員番号7742019/02/03(日) 09:05:38.92ID:1T7LHHxO
関係ないとは思いますけど
転女ヲタに対する嫌味をわざわざ生誕のグループラインでお書きになってた人物がいらっしゃいましたね
関係ないとは思いますけど
その方は結構ヘビーな2ちゃんユーザーですよね
関係ないとは思いますけど
しょっちゅうTwitterでもエアリプで他ヲタや運営に対する嫌味をお書きになる方ですよね
関係ないとは思いますけど
ここで一方的に攻撃されている方はその人物が対バン相手(新潟の某グループ)に対する罵詈雑言エアリプをしつこくお書きになる件に対してお怒りでしたので二人の仲はよろしくないと思います

関係ないとは思いますので
忘れてください

707ファンクラブ会員番号7742019/02/04(月) 11:11:09.07ID:xxP9dRnT
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

708ファンクラブ会員番号7742019/02/04(月) 20:24:14.64ID:TABrhBVp
>>706
誰だかわかったわ
あいつも癖強くて嫌なやつだな

709ファンクラブ会員番号7742019/02/05(火) 22:39:56.25ID:5uuq4vF/
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

710ファンクラブ会員番号7742019/02/06(水) 00:12:56.87ID:kiSL2ZsK

711ファンクラブ会員番号7742019/02/07(木) 17:07:47.15ID:USjqIg5I
オメーだけ巣に帰れよハゲ

712ファンクラブ会員番号7742019/02/07(木) 20:06:11.58ID:wvOPffyq

713ファンクラブ会員番号7742019/02/08(金) 00:26:24.00ID:jGbrmbEi
承認欲求と接触欲求の賜物
全ては自分のために

俺の千春
これがネタじゃなくてガチだからな
だから新規は排除
推し被り敵視
お前だよお前

714ファンクラブ会員番号7742019/02/08(金) 00:27:07.55ID:jGbrmbEi
ここはガチで排他的な現場
ひたすら他ヲタを罵倒し続けるメンヘラじみた奴が
課金トップで生誕とかも仕切ってる

715ファンクラブ会員番号7742019/02/08(金) 00:27:39.75ID:jGbrmbEi
料理店に例えるなら
いい料理出すけど
話したくもないのに話しかけて来て
他人の食べ方から趣味から何から何まで口出ししてくる
クソな常連が常駐してて
足が遠のくやつ

716ファンクラブ会員番号7742019/02/08(金) 00:30:52.18ID:jGbrmbEi
支えてるって
単に接触したいから物販で物買ってるだけだよな 恩着せがましい
CDたくさん買って配布しているもん!→実態は不要物の処分&商売妨害
誰かが言ってたよな CDたくさん買うくらいなら人連れてきてって
CD配るんじゃなくてワンマンのチケット毎回何十枚も配ってドリンク代も持ってやれるのなら支えてるって胸張って言えるかもな
これじゃ特典券付かないからやらないんだろうけど

717ファンクラブ会員番号7742019/02/08(金) 00:31:20.70ID:jGbrmbEi
シングルCD1000円の行方

小売店(CDショップ)の取り分……25〜30%--300円

アーティスト印税……1%--10円

JASRACから支払われる印税……6%--60円 このうち約半分が事務所の取り分で、残った30円を作詞家と作曲家が等分して15円ずつ。

原盤印税(ポップス系の楽曲の場合)……12〜15%--150円

残りの480円から販売費とCD問屋さんの取り分として10〜15%--120円。

CDの容器代、ブックレットの紙代、印刷代、デザイン料、カメラマン、スタイリスト、ヘアーメイクへの支払い、撮影スタジオ代、ロケバス代などもろもろ、音以外のCD制作費として10%かかったとすると100円。

宣伝費はレコード会社次第ですが、10%前後が適当−−100円。

840円かかった残り 160円がレコード会社の利益ですが、制作費や宣伝費はたいがい赤字になるので、ここで埋め合わせをします。

だってよ
CD1000枚売れても二人には5000円ずつ 事務所やタワレコは儲からないだろうな
CD買って「支える」ならせめてもう一桁くらい積まないとな
あと買ったCD配布して商売の邪魔をしないようにしないとな

718ファンクラブ会員番号7742019/02/08(金) 00:31:48.96ID:jGbrmbEi
支えてるつもりの奴、何枚くらい積んでるんだろうな
偉そうなこと言ってるなら1万枚買っても高々1000万だしそれくらい積んでやれよと思う
特典券が消費できないなんてのは言い訳にならん
それじゃ結局テメェの欲望の為に買ってることになるし
つうかここのオタクの連中はファン減らすようなことするなよと思うわ
新規に人が来ても離れていくのはそういう事だろ
支えてるどころか妨げになってるんだよなぁ

719ファンクラブ会員番号7742019/02/08(金) 00:32:49.82ID:jGbrmbEi
さらなる内部分裂勃発
ほんとほわどるファミリー(笑)って
しょうもねえな

720ファンクラブ会員番号7742019/02/08(金) 00:33:09.73ID:jGbrmbEi
たいしてファンもいないのに
くそみたいなやつ同士
トップヲタ争いだかなんだか知らんが
ゴミみたいな争い
うんざりだわ
しょうもないよ
ねぇ

721ファンクラブ会員番号7742019/02/08(金) 00:39:19.18ID:jGbrmbEi
ファンを増やしたいと言いつつ やってきたことはこれ
CD積んで配る
→ただ接触したいだけ かつ 自分のゴミ処分 なのに恩着せがましくばら撒くことによって商機を奪う 配らなきゃ買う人も多少なりとも居るだろうに
ファン増やしたいのならたくさんチケット買ってドリンク代も出して知り合い呼んで来いって
どうせ接触も付かないし
そもそもファン増やしたくないからやらないんだろうけど

722ファンクラブ会員番号7742019/02/08(金) 00:44:07.99ID:jGbrmbEi
オメーが減らしたファンの数だけでも責任とって毎回チケット買っておともだち(居ねーだろうから人雇ってでも)入場させて客席埋めろよって思う
足引っ張ってるんだからさ

723ファンクラブ会員番号7742019/02/08(金) 08:19:21.59ID:2Pjb9CFq
今や聴こうと思えばサブスクで聴けるんだからCD配る意味はいよいよ低下してるよな

724ファンクラブ会員番号7742019/02/09(土) 12:35:44.43ID:S0+bFbwm

725ファンクラブ会員番号7742019/02/10(日) 09:57:57.51ID:4cbiaW+Q
ちはるんの足、いつごろ治りそうとか言ってた?

726ファンクラブ会員番号7742019/02/10(日) 20:37:18.72ID:YfGUxQK6
撮影タイム?前のやつは座るなり屈むなりしないのか

727ファンクラブ会員番号7742019/02/12(火) 18:27:58.26ID:XElA391i
@taku_0528_0817🔒
鍵かけてるwwwww
複数垢な上に捨て垢使ってる癖に鍵w
卑怯者にも程があるな

728ファンクラブ会員番号7742019/02/12(火) 20:26:31.24ID:s9ftSZAZ
>>727
そこまで執拗に叩かれるようなこと
少なくとも俺はされてないから
あんたの方が気持ち悪いんだわ
マジで
あと仲良く酒飲んでる中に
あの人叩き続けてる粘着野郎が居る可能性あるから
もう現場事態が萎えちゃう

729ファンクラブ会員番号7742019/02/13(水) 22:59:03.12ID:r4s8ERcn
>>727
>>685
勇気だなんだほざいてる癖にてめーは鍵
言ってることとやってることが逆だろうが
お前社会的に信用ある?
>>728
>>619
だってよ

730ファンクラブ会員番号7742019/02/14(木) 08:28:54.29ID:VmGmrmBg
前々回のシングルくらいから顕著だし
ほわどるに限った話じゃないのかもしれんが
もう新しいCDの発売って
新規ファン獲得の為の一大イベントじゃなくなっちゃったんだな
発売週につまらん対バンとか休みとか
考えられない
大手事務所でかつレコード会社系だから儲け出なくて今後も売れる可能性皆無でもCD出せて
ダラダラ続けられるってだけ
それが彼女たちにとって本当に幸せなのか

731ファンクラブ会員番号7742019/02/14(木) 08:53:39.04ID:vTUfKUmB
発売週に休みなんてあったっけ?

732ファンクラブ会員番号7742019/02/14(木) 10:14:15.05ID:ETRwWiMM
Tパレだから普通にレコード会社に所属してるより利益率が高いのだけが救いだね

733ファンクラブ会員番号7742019/02/14(木) 12:04:51.00ID:2WW6n02B
メンバーとスタッフが懸命に新規獲得のために動いても
その新規を排除して努力を無駄にするハゲ
なのに当の本人は 支えてる 信頼されてる などと抜かしている始末

734ファンクラブ会員番号7742019/02/14(木) 12:14:02.53ID:2WW6n02B
>>684
>被害妄想激しいしワッチョイ怖いしやべーやつだな
>直接言えば?
>言えねーからワッチョイ付きに書けねーんだろーけど
>情けねーなお前
>>685
>本スレに書き込む勇気もない可哀想なやつ…
>自信がないんだろうね
>推し被り敵視なのかな?
>哀れ…
などと言いつつてめーは
複数垢
捨て垢
鍵垢
本スレとやらにも書かない

周りを気にするあまり自分が見えてないし
それだけ周りを気にしてても周りも見えてないし
どうしようもないな

735ファンクラブ会員番号7742019/02/14(木) 14:03:19.03ID:vvGHLMI3
定期公演にヲタが50人程度しか集まらんのは
排他的なヲタがいるせいだけじゃないだろ
逆にtkやらgoやkzkを過大評価してるも同然w
所詮2人にその程度のポテンシャルしかないんだよ

736ファンクラブ会員番号7742019/02/14(木) 16:15:40.31ID:eAZT1A/b
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/
こちらは書き込み禁止です
本スレに書き込んでください

737ファンクラブ会員番号7742019/02/14(木) 23:02:18.71ID:2WW6n02B
↑ハゲ専用隔離病棟
おめーはそこから出てくんな!
さっさと巣に帰れ!

738ファンクラブ会員番号7742019/02/14(木) 23:16:23.45ID:2WW6n02B
二人の話はしてねーんだよ!
おめーがいるせいで客が逃げてるって言ってんだよ!

739ファンクラブ会員番号7742019/02/14(木) 23:45:43.22ID:SwtxY67E
タクさんはジュンジュンさんが揉めて他界した件
すごい反省してたけどね

740ファンクラブ会員番号7742019/02/15(金) 00:55:17.73ID:xML9aaDT
>>732
逆だ
Tパレのほうが利益率低い

741ファンクラブ会員番号7742019/02/15(金) 10:58:41.56ID:ms3GKvoi
>>740
誰の利益かで違ってくる

742ファンクラブ会員番号7742019/02/15(金) 20:56:24.25ID:qMeGBr2E
ハゲ口臭せーから話しかけてくんなよ
つーか口開けんなよ
つーか息すんなよ
つーかワンドリンクの代わりにリステリン飲めよ
つーか近づいて来んなよ!

743ファンクラブ会員番号7742019/02/16(土) 11:02:09.42ID:FFxpyvVy
3/24のチケット、各プレイガイドの並列?

744ファンクラブ会員番号7742019/02/16(土) 22:53:19.83ID:Qsubtxcu
┏どうぐ━━━┓
┃→ちはるん ┃
┃┏━すてる━━━━━━━┓
┗┃  まいく           ┃
  ┃  いしょう          ┃
  ┃  ひかるぼう.      ┏━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃  ままのかれー..    ┃.かっぱのさら をすてますか? ┃
  ┃→かっぱのさら...    ┃→  はい..                ┃
  ┗━━━━━━━━━ ┃   いいえ..            ┃
                 ┗━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃かっぱのさら を すてられなかった!         ┃
┃.        .         .               .┃
┃ちはるん は のろわれてしまった!...          .┃
┃.        .         .               .┃
┃                        ▼.         ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

745ファンクラブ会員番号7742019/02/16(土) 23:33:00.61ID:Qsubtxcu
かっぱのさら
こうか
のろわれる
ふぁん が へる
ふあん が ふえる
くじょう が ふえる
らいぶ でえられる おかね と けいけんち が へる

746ファンクラブ会員番号7742019/02/19(火) 17:55:43.48ID:BwYF77KN

747ファンクラブ会員番号7742019/02/20(水) 20:16:25.57ID:JAsANKAv
>>595
どうも
ニキビ面のチビです
推し被り歓迎ですよ
一部を除いて

748ファンクラブ会員番号7742019/02/20(水) 20:18:31.92ID:JAsANKAv
>>602
カースト上がる気は更々無かったですけどね
運営に嫌気がさして他界

749ファンクラブ会員番号7742019/02/20(水) 20:33:13.27ID:JAsANKAv
>>635
すいませんでしたm(_ _)m

750ファンクラブ会員番号7742019/02/20(水) 20:34:49.39ID:JAsANKAv
>>636
反省しています
申し訳ありません

751ファンクラブ会員番号7742019/02/20(水) 20:41:42.46ID:JAsANKAv
>>637
確かに自分は最低の自己中心的な人間ですが
「二人の為に怒ってる」なんて思ったことないですよw
自分が頭来たから怒ってるだけです
まあどっちにしろ見てる人には不快でしかないでしょうけどね

752ファンクラブ会員番号7742019/02/20(水) 20:51:38.25ID:JAsANKAv
>>663
わかってて言ってますよねw
そりゃあイキりますよあんなん

753ファンクラブ会員番号7742019/02/20(水) 20:55:53.81ID:JAsANKAv
>>702
結構な人数が思い当たるw

754ファンクラブ会員番号7742019/02/20(水) 21:03:24.37ID:JAsANKAv
連投失礼しましたm(_ _)m

755ファンクラブ会員番号7742019/02/20(水) 22:08:35.25ID:i/+h96US
>>751
成りすましかもしれないけど
ご本人なら貴方多分攻撃性鬱だと思う
心療内科等行って
ご自愛ください

756ファンクラブ会員番号7742019/02/20(水) 22:40:57.77ID:JAsANKAv
>>755
ありがとうございます
嘘臭いですけど本人ですw
攻撃性鬱ですか…
精神病院に勤めている友人がいるので当たってみます

757ファンクラブ会員番号7742019/02/22(金) 08:41:54.85ID:XWRj8fiF
ホワドルのライブに初めて行くのに何か知っといた方が良い事ってある?

758ファンクラブ会員番号7742019/02/22(金) 09:34:53.63ID:ZGqV5skE
>>757
特にない
ココで色々個人攻撃起こってるけど
どこも問題あるヲタなんているし
ここで叩かれてる人もそんなたいした問題
起こしてるわけじゃない
基本的に40代50代の疲れたおじさんがメイン客層の
穏やかで加齢臭キツめの現場
酒臭いオッサンと煙草臭いオッサンも多いので
臭いに敏感な人はマスクでもしてくれば良い

759ファンクラブ会員番号7742019/02/22(金) 20:24:42.90ID:uG4VPA3a
最後の一文だけで行く気無くすわ

760ファンクラブ会員番号7742019/02/22(金) 22:27:32.51ID:UO4W7y8Q
>>757
特にない
ココで色々個人攻撃起こってるけど(他人のフリ)
どこも問題あるヲタなんているし(自分を底辺と比べてせめてもの優越感に浸る)
ここで叩かれてる人もそんなたいした問題
起こしてるわけじゃない(オレに比べればマシ)
基本的に40代50代の疲れたおじさんがメイン客層の
穏やかで加齢臭キツめの現場(自己紹介)
酒臭いオッサンと煙草臭いオッサンも(オレを筆頭に)多いので
臭いに敏感な人はマスクでもしてくれば良い(オレが消えろとみんな思ってるけどそうはいかねぇw)

ハゲの心の声足しといたわ

761ファンクラブ会員番号7742019/02/22(金) 22:34:19.02ID:UO4W7y8Q
カッパハゲの皿にイガグリ置いてハンマーでぶっ叩きたい
イガが折れて植毛したみたいになるから泣いて喜ばれそう

762ファンクラブ会員番号7742019/02/23(土) 00:21:53.82ID:akLDpIcg
https://youtu.be/9BZq34guYOo
https://i.imgur.com/fJh3g8B.jpg
ちはるんに
このハゲーーーーーー!!!!!
って言って欲しかった
ちはるんに言われたらハゲ絶頂
てっぺんハゲだけに

763ファンクラブ会員番号7742019/02/23(土) 00:50:27.94ID:gG5VNZm6
>>758
ありがとう
TIFの時に楽曲が良さげだったのでワンマンに行ってみたいと思ってたんだ
気軽に行ってみるよ

764ファンクラブ会員番号7742019/02/23(土) 09:04:50.21ID:MnVbFTe1
>>763
結構楽しいよ

765ファンクラブ会員番号7742019/02/24(日) 10:17:55.86ID:W2l+RCiF
ほわどるがCMすべき商品じゃね?
http://pbs.twimg.com/media/D0HxHM5UwAA7d-X.jpg

766ファンクラブ会員番号7742019/02/24(日) 11:08:06.95ID:yCR0WSqF
今日はホワドルワンマンだ〜
Selene以来だから楽しみ

767ファンクラブ会員番号7742019/02/24(日) 12:02:17.34ID:o1RvxkYA
>>766
大阪盛り上げていこう

768ファンクラブ会員番号7742019/02/24(日) 12:25:05.83ID:uqWGGi5A
あいつ居なきゃテンション上げられるんだけどなぁ
何で来るんだよ…

769ファンクラブ会員番号7742019/02/24(日) 13:55:48.75ID:tSCGMgOR
>>768
他人の存在にテンション左右されるなんてアホらしいし損だぞ
どうぞ楽しんでくれ

770ファンクラブ会員番号7742019/02/24(日) 14:36:58.32ID:yAA9jVzO
ケセラセラのSAXいいね

771ファンクラブ会員番号7742019/02/24(日) 20:17:19.15ID:FQacT28b
新曲聴いてファンになってしまい、頭から曲が離れません。ダンスライブとバンドライブの違いって何ですか?

772ファンクラブ会員番号7742019/02/24(日) 20:52:53.40ID:eA9mzmS2
>>771
ダンスライブはオケ音源でのパフォーマンスでダンスあり、バンドライブは完全にフルバンドのライブでダンスはあまりしない感じですがハモりとかもその場でリアルタイムで聴かせる感じです
どちらもそれぞれ見どころかありますが今回のツアーは特にバンドライブがお勧めできる感じだと思います

773ファンクラブ会員番号7742019/02/24(日) 21:18:34.41ID:MLIsHnwv
>>772
いや初参加なら
間違いなくオケを使ったダンスライブでしょ
バンドはクオリティ低いし
音源とのイメージが違いすぎる
金あるなら両方行けば良いけど
どちらか片方なら
絶対にダンスの方だよ

774ファンクラブ会員番号7742019/02/24(日) 22:19:49.58ID:o1RvxkYA
ほわどるはダンス(ていうか振り付け)が最大の武器だもんな

775ファンクラブ会員番号7742019/02/24(日) 22:41:37.74ID:c6tYr6g4
なんだかんだで大阪良かった

776ファンクラブ会員番号7742019/02/25(月) 00:23:27.28ID:OU+qLXca
いや今回のツアーバンドは演奏凄く良いしちはるんの怪我が完治してないと完全なダンス見れないじゃない
まあ実際のところ昼も夜も両方観るのがベストだけど

777ファンクラブ会員番号7742019/02/25(月) 07:37:22.38ID:E0K4S1/Q
んだ
両方見て違いを楽しむのも良し
片方だけでもそれはそれで十分楽しめるし
基本ハズレは無いよ

778ファンクラブ会員番号7742019/02/25(月) 08:41:26.09ID:OeS4NSjH
>>776
北海道大阪行ってないので
知らなかったけど
バンドメンバー変えたんだ
ギターの人も??

779ファンクラブ会員番号7742019/02/25(月) 11:23:12.34ID:FyJoZOGw
>>776
ちはるんのケガを考慮するとそうともいえるな
下北沢までには治るかな?

780ファンクラブ会員番号7742019/02/25(月) 13:41:10.77ID:tuQy/OF/
大阪で行った方のSNS見ると、バンドライブ良かったってあるので、初心者にはどちらでも楽しめそうです。先ずは渋谷のイベントで生歌聞かなきゃ。

781ファンクラブ会員番号7742019/02/25(月) 15:11:57.50ID:OU+qLXca
とりあえず明日も定期公演あるし

782ファンクラブ会員番号7742019/02/25(月) 20:05:20.75ID:H8j3vqiY
ツイッターでの礼賛はあてにならんよー
自分は前回のgladでのバンドライブ聞くに耐えないと思ったけど
表では褒めたよw

783ファンクラブ会員番号7742019/02/25(月) 20:22:36.48ID:1Vic8ojd
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

784ファンクラブ会員番号7742019/02/25(月) 21:46:21.52ID:BYQPOgQV
ラブストーリーは週末に大好き

785ファンクラブ会員番号7742019/02/26(火) 06:26:52.77ID:88bkFMw9
>>783
てっぺんハゲ隔離スレ
ハゲはこっち来んな!
巣に帰れ!

786ファンクラブ会員番号7742019/02/26(火) 22:50:45.66ID:GXeNGZmM
カッパの皿を後ろから撃ちたい
クレー射撃みたいに
目障りなんだもん

787ファンクラブ会員番号7742019/02/26(火) 22:52:52.32ID:GXeNGZmM
>>768
気持ち分かるぞ
嫌なことされた悪い思い出は消えないからな
ほんと駆除したい

788ファンクラブ会員番号7742019/02/26(火) 23:07:56.30ID:L+BjLp9f
ちはるんと渋谷でデートしたいな

789ファンクラブ会員番号7742019/02/27(水) 01:03:05.14ID:FRA1jBmU
フロアが残念な公演だったな
クソが

790ファンクラブ会員番号7742019/02/27(水) 01:54:58.26ID:PNptagRI
あらそう?
普通に盛り上がって楽しかったけど

791ファンクラブ会員番号7742019/02/27(水) 09:58:25.91ID:XM0ggStz
定期公演の場所が職場の近くだったので、初めて行きました。ノリのいい曲ばかりで良かったです。帰ってから気づいたのですが、 チケットにDRINKって書いたあったのですが何に引換えできたんですか?

792ファンクラブ会員番号7742019/02/27(水) 12:50:30.28ID:t6ZYkSvQ
>>791
上にあるカウンターでお酒やソフドリと替えられますよ

793ファンクラブ会員番号7742019/02/27(水) 13:42:45.94ID:07EB0mFF
あら、ライブハウス自体が初めてだったのかしら?

794ファンクラブ会員番号7742019/02/27(水) 16:55:54.96ID:QmdiECsS
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/
本スレはこちらです
移動してください

795ファンクラブ会員番号7742019/02/27(水) 17:19:37.25ID:FRA1jBmU
↑ハゲ専用隔離病棟
おめーはそこから出てくんな!
さっさと巣に帰れ!

796ファンクラブ会員番号7742019/02/27(水) 19:56:48.41ID:XM0ggStz
ドリンク代別途ってあったので、入場後に購入するもんだと思ってました。チケット代にドリンク代込みの値段が書いてあったらわかりやすかったけど。

797ファンクラブ会員番号7742019/02/27(水) 21:54:40.42ID:IEh3k+gP
あらら
またきてね

798ファンクラブ会員番号7742019/03/01(金) 12:34:45.20ID:8qoQF/AH
>>684
>被害妄想激しいしワッチョイ怖いしやべーやつだな
>直接言えば?
>言えねーからワッチョイ付きに書けねーんだろーけど
>情けねーなお前
>>685
>本スレに書き込む勇気もない可哀想なやつ…
>自信がないんだろうね
>推し被り敵視なのかな?
>哀れ…
などと言いつつてめーは
複数垢
捨て垢
鍵垢
本スレとやらにも書かない

勇気だなんだほざいてる癖にてめーは鍵
ハゲの巣に写真貼られてもハゲ出てこねーし
ハゲさぁ 全部ブーメランじゃん
みっともなさすぎるぞ
周りにあれこれ文句つける前に
てめーの行動正せよ!
周りを気にする前に
てめーを気にしろよ!
どうやって生きてきたらこんな大人になったんだよ!
親の製造物責任を問いたいわ
こんなもん作るんじゃねーよ!

799ファンクラブ会員番号7742019/03/02(土) 00:18:03.87ID:CWxqO9qt
次の生誕が発表されたな
今度は1月みたいに嫌な思いせずに済んだらいいな
チケット買ってもいいけど 会場には来ないで欲しいな

800ファンクラブ会員番号7742019/03/02(土) 17:25:44.42ID:LcSohDxo
はーちゃん自虐ネタ話していたけどちはるんより人気無いの?
信じられない

801ファンクラブ会員番号7742019/03/02(土) 18:01:20.19ID:pQn4mvdi
ちはるん愛嬌あるからね

802ファンクラブ会員番号7742019/03/02(土) 18:32:33.09ID:Mrc0B8AP
そういや、、夜、大阪のライブいったけど、学生エリアあるってあいてあったのに、、
なかったw  狭かったからしょうがないか

803ファンクラブ会員番号7742019/03/02(土) 19:48:22.19ID:dFHldPmZ
学生さん?お得でいいね

804ファンクラブ会員番号7742019/03/02(土) 21:03:51.22ID:tHgqxT6m
>>800
ヲタの割合は9対1らしいよ

805ファンクラブ会員番号7742019/03/02(土) 21:38:51.53ID:RpqQVpbL
>>804-805
美人過ぎて塩対応なのかな?
数回しか見たことないけどこのまま埋もれさせちゃ可哀想

806ファンクラブ会員番号7742019/03/02(土) 21:42:05.83ID:bi+rnRet
自分も学生の頃は1万円のエロゲーを買うのも躊躇するくらいお金なかった

807ファンクラブ会員番号7742019/03/02(土) 21:56:10.99ID:l9jept5W
いつもはーちゃん列が早く切れちゃうのが忍びない…
俺は平等に行ってるから手助けできんけど

808ファンクラブ会員番号7742019/03/03(日) 01:45:59.44ID:Ckx7gNsM
最近は少なくとも都内だとはーちゃんの人気がちはるんを凌ぐ時もあるよ
可愛いと美人で結構人気は均衡してるイメージだよ

809ファンクラブ会員番号7742019/03/03(日) 02:39:41.33ID:eFwv1WnB
はーちゃんは放置されてる時の挙動が面白いからみんなが干してると思ってたw

810ファンクラブ会員番号7742019/03/03(日) 03:50:31.03ID:rSwd1263
@taku_0528_0817
この数字の意味教えて

811ファンクラブ会員番号7742019/03/03(日) 05:21:01.79ID:gNnad9+M
東南海地震の発生→富士山噴火

812ファンクラブ会員番号7742019/03/03(日) 07:11:11.07ID:tf6Gzbkv
はーちゃんは
ヲタの顔と名前の覚えがわるい
という地下アイドルにとって
致命的な短所がある

813ファンクラブ会員番号7742019/03/03(日) 09:21:21.80ID:K3bjkPdJ
ハゲ カフカくんって何?
カッパハゲのおっさんが くんって恥ずかしくない?
まあ周りが見えてないから恥ずかしくないんだろうな
厚顔無恥は無敵だな
その割に鍵かけてるけど

814ファンクラブ会員番号7742019/03/03(日) 09:24:15.21ID:K3bjkPdJ
あとshowroomとかtwitterのサブ垢?捨て垢?のレモンとかライムとかって何だよ
ドリアンみてーな臭気放ってるくせに

815ファンクラブ会員番号7742019/03/03(日) 09:42:55.68ID:bm2zeecZ
鍵垢やサブ垢まで追いかけてるとかヲタ

816ファンクラブ会員番号7742019/03/03(日) 09:43:59.30ID:bm2zeecZ
ストーカー丸出しで気持ち悪い

817ファンクラブ会員番号7742019/03/03(日) 17:38:48.46ID:WgMR0eaQ
初めて見た時ははーちゃんの方が美人だと思ったわ
5年くらい前だけど

818ファンクラブ会員番号7742019/03/03(日) 18:26:35.52ID:/DqF416l
他のアイドルちゃんからほわどるさんは綺麗とか都会っぽいって言われるのは
はーちゃんの存在が大きいかと

819ファンクラブ会員番号7742019/03/03(日) 19:52:11.04ID:vLIYQ0Gm
札幌は都会だしね

洗練されてる

820ファンクラブ会員番号7742019/03/03(日) 21:32:21.41ID:gNnad9+M
浦谷が美人であってるだろ

821ファンクラブ会員番号7742019/03/03(日) 22:20:14.84ID:0aJO+UEa
はーちゃんが新規引っ張ってきてちはるんが囲う
総括するとこんな感じ?

822ファンクラブ会員番号7742019/03/03(日) 22:40:32.85ID:31iRd/9I
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

823ファンクラブ会員番号7742019/03/03(日) 22:50:44.46ID:x4TqIIVE
↑ハゲ専用隔離病棟
おめーはそこから出てくんな!
さっさと巣に帰れ!

824ファンクラブ会員番号7742019/03/04(月) 06:34:54.12ID:uqJjGarn
■逮捕必至!!!極悪芸能界を裏で仕切る犯罪者達と付け込まれては弄ばれ食い物にされて売り飛ばされるアイドル達■ https://www.club-xxx.net/user/detail/96370/
A○B最終選考まで残った【芸能事務所所属】販売してます
カテゴリ:ソフトヌード年代:20〜24歳
閲覧数:1033マイリスト数:3レス数:3
どうも。芸能関係です。
今回の動画は【スマホ撮影】
A○B最終選考まで残った売れないタレント女性です。身長150cmくらいで体重は43キロです。まずムチムチな体のムチっとしたマンコをガシガシと手マンをしてから小さな口に
極太マラを突っ込み、その上シマりの良いマンコにもぶち込みました。
ひーひー言わして満足しました。生きてて良かったと純粋に思いました。 是非ご購入宜しくお願い致します。
私のスペック 長さ16 太さ15.5
先日の 現役アイドル ヨガインストラクター 元女子プロレスラー 春高バレー出場身長177 フ〇テレビ新入社員 陸上インターハイ出場身長173
上記の動画ご購入頂きありがとうございました。

【芸能事務所所属】新垣○衣似枕営業169cm
カテゴリ:ハメ撮り年代:25〜29歳
閲覧数:760マイリスト数:0レス数:3
どうも芸能関係です。
今回の動画は芸能事務所所属にしてる美人さんとのセックスです。是非お願いします。と事務所から紹介されました。雑誌グラビアの仕事を紹介するだけでこの女性と対戦できた事に感謝です。
愛想もよく美人でスタイルもシマリも良い完璧に近い女性だと個人的に思いました。まずは恥ずかしいポーズをさせてシコリました。
その後太マラをしゃぶらせてマンコの奥までぶち込んであげました。感度良好でした。
気に入りましたら是非ご購入宜しくお願い致します。他の動画も販売していますので是非ご購入宜しくお願い致します。仲間の英会話教室勤務の動画も宜しくお願い致します。

モデル事務所紹介【現役女子大生】171cm
カテゴリ:ハメ撮り年代:20〜24歳
閲覧数:1234マイリスト数:4レス数:6
どうも芸能関係です。今日は現役女子大生モデルさんとのセックスでございます。
今時モデルじゃ食べれないのでこうゆう仕事も必要なんです。仕方ないです。皆有名なモデルもタレントも女優も同じ道を通ってきたのです。
まずやらしいポーズをさせてシコりました。その後デカマラで奥までぶち込んであげました。
気に入りましたら是非ご購入宜しくお願い致します。他の動画も販売していますので是非ご購入宜しくお願い致します。

次世代スタータレント。レベルが違います。
カテゴリ:ハメ撮り年代:20〜24歳
閲覧数:1492マイリスト数:4レス数:2
どうも。芸能関係です。
今回の動画なんですが、 レベルが違う感じですね。
某大手芸能事務所からの紹介です。
今はダレ○ガレやホ○ンがハーフタレントの中で売れてると思うのですが、次かその次あたりに
この子が売れてと思います。動画写りも凄く良いのですが、間近で観るとヤバいですね。個人的には本○翼とトリ○ドルを足して二で割ったような感じだと思いました。生きてて良かったです。
身長は163で体重は48キロらしいです。
痩せ過ぎてない所が良いです。
とりあえず簡単なポーズを一通りやらせた後に
太マラをしゃぶらせてから奥までマンコにぶち込んで最後は腹の上に発射させて頂きました。
ハーフだからガバガバかと思いきやシマリが半端じゃなかったです。経験人数が1人しかいないそうなので、それが理由だと思います。
とにかく今まで色々な女を抱いてきましたがその中でも断トツに最高の女性でした。
皆さんも是非動画を購入して頂き興奮を味わって頂きたいです。

【貴重】現役アイドル研修生マグロ営業中出し
カテゴリ:ハメ撮り年代:20〜24歳
閲覧数:1229マイリスト数:3レス数:4
どうも芸能関係です。
今回の動画は現役アイドル研修生とのセックスです。プロデューサーからの紹介です。 まず全裸にして、直視しながらシコリました。
その後フェラしてって言ったら、すいません、無理です…と言われました。ちょっと頭に来て奥までぶち込んでヒーヒー言わしてやろうと思い、ぜんぎも無しにいきなりぶち込んでやりました。
そしたらなんとずぶ濡れでした。この子は感情を表に出すのが苦手なようでした。そんなウブな子を喘がしたいと思い色々な体位で攻めました。ですが終始マグロでした。でもずぶ濡れでした。
私は意外とマグロに興奮すると自覚しました。リアルなマグロ営業が観れる動画です。気に入りましたら是非ご購入宜しくお願い致します。他の動画も販売してますので是非ご購入宜しくお願い致します。
仲間の英会話教室勤務の動画も宜しくお願い致します。

825ファンクラブ会員番号7742019/03/04(月) 22:53:33.17ID:VBF/MDiL
結局CDどれくらい売れたんよ?
支えてるとか抜かしてる奴は何枚積んだんだよ?

826ファンクラブ会員番号7742019/03/04(月) 22:54:25.30ID:VBF/MDiL
支えてるって
単に接触したいから物販で物買ってるだけだよな 恩着せがましい
CDたくさん買って配布しているもん!→実態は不要物の処分&商売妨害
誰かが言ってたよな CDたくさん買うくらいなら人連れてきてって
CD配るんじゃなくてワンマンのチケット毎回何十枚も配ってドリンク代も持ってやれるのなら支えてるって胸張って言えるかもな
これじゃ特典券付かないからやらないんだろうけど

827ファンクラブ会員番号7742019/03/04(月) 22:55:12.55ID:VBF/MDiL
シングルCD1000円の行方

小売店(CDショップ)の取り分……25〜30%--300円

アーティスト印税……1%--10円

JASRACから支払われる印税……6%--60円 このうち約半分が事務所の取り分で、残った30円を作詞家と作曲家が等分して15円ずつ。

原盤印税(ポップス系の楽曲の場合)……12〜15%--150円

残りの480円から販売費とCD問屋さんの取り分として10〜15%--120円。

CDの容器代、ブックレットの紙代、印刷代、デザイン料、カメラマン、スタイリスト、ヘアーメイクへの支払い、撮影スタジオ代、ロケバス代などもろもろ、音以外のCD制作費として10%かかったとすると100円。

宣伝費はレコード会社次第ですが、10%前後が適当−−100円。

840円かかった残り 160円がレコード会社の利益ですが、制作費や宣伝費はたいがい赤字になるので、ここで埋め合わせをします。

だってよ
CD1000枚売れても二人には5000円ずつ 事務所やタワレコは儲からないだろうな
CD買って「支える」ならせめてもう一桁くらい積まないとな
あと買ったCD配布して商売の邪魔をしないようにしないとな

828ファンクラブ会員番号7742019/03/04(月) 22:55:35.19ID:VBF/MDiL
支えてるつもりの奴、何枚くらい積んでるんだろうな
偉そうなこと言ってるなら1万枚買っても高々1000万だしそれくらい積んでやれよと思う
特典券が消費できないなんてのは言い訳にならん
それじゃ結局テメェの欲望の為に買ってることになるし
つうかここのオタクの連中はファン減らすようなことするなよと思うわ
新規に人が来ても離れていくのはそういう事だろ
支えてるどころか妨げになってるんだよなぁ

829ファンクラブ会員番号7742019/03/04(月) 22:56:25.11ID:VBF/MDiL
ファンを増やしたいと言いつつ やってきたことはこれ
CD積んで配る
→ただ接触したいだけ かつ 自分のゴミ処分 なのに恩着せがましくばら撒くことによって商機を奪う 配らなきゃ買う人も多少なりとも居るだろうに
ファン増やしたいのならたくさんチケット買ってドリンク代も出して知り合い呼んで来いって
どうせ接触も付かないし
そもそもファン増やしたくないからやらないんだろうけど

830ファンクラブ会員番号7742019/03/04(月) 22:56:50.21ID:VBF/MDiL
オメーが減らしたファンの数だけでも責任とって毎回チケット買っておともだち(居ねーだろうから人雇ってでも)入場させて客席埋めろよって思う
足引っ張ってるんだからさ

831ファンクラブ会員番号7742019/03/04(月) 23:01:44.43ID:VBF/MDiL
>>576
継続的に来そうなのを散々排除して芽を摘んで来たんだから責任持ってサクラでも何でも毎回連れて来いよって話

832ファンクラブ会員番号7742019/03/04(月) 23:22:39.22ID:eub+XaP7
>>831
粘着質でキメー
リアル他界しろや

833ファンクラブ会員番号7742019/03/05(火) 00:36:14.12ID:9ZrRIOcN
ID:VBF/MDiL 必死だな…

834ファンクラブ会員番号7742019/03/05(火) 02:21:50.50ID:e+cnRd0L
マジックモーションNo5の住宅地みたいな場所はどこかわかる?多摩地区とか横浜方向?

835ファンクラブ会員番号7742019/03/05(火) 08:45:44.31ID:j1jxh5tx
>>831
転女に帰れ

836ファンクラブ会員番号7742019/03/05(火) 11:43:44.55ID:4ol7YTqV
>>831
新規排除とはどのようなことをしてきたのでしょうか?

837ファンクラブ会員番号7742019/03/05(火) 14:46:50.53ID:V+1FfZpD
ずっとココでたくさんに粘着してる人
具体的なこと何も書いてないから
同感できないのよ
何されたのか書いてよ
それで貴兄が特定されるリスクはあるにせよ
今だとただでさえ少ないヲタが
内部抗争してるの見せつけてるだけで
何も良いことない

838ファンクラブ会員番号7742019/03/05(火) 14:49:26.45ID:V+1FfZpD
あともう一人たたかれてる
ごうさんは
まああれだけツイッターで
色々吐き出せば
敵視する人もいますよ
イライラする時は人間誰しもあるけど
胸に貯めることも必要ですよ
気をつけましょ

839ファンクラブ会員番号7742019/03/08(金) 00:39:48.19ID:jQ9PtbWZ

840ファンクラブ会員番号7742019/03/08(金) 00:46:56.97ID:jQ9PtbWZ

841ファンクラブ会員番号7742019/03/08(金) 01:22:18.02ID:jQ9PtbWZ

842ファンクラブ会員番号7742019/03/08(金) 01:23:49.88ID:jQ9PtbWZ
ハゲ カフカくんって何?
カッパハゲのおっさんが くんって恥ずかしくない?
まあ周りが見えてないから恥ずかしくないんだろうな
厚顔無恥は無敵だな
その割に鍵かけてるけど

843ファンクラブ会員番号7742019/03/08(金) 01:24:06.37ID:jQ9PtbWZ
@taku_0528_0817
この数字の意味教えて

844ファンクラブ会員番号7742019/03/08(金) 09:35:00.93ID:oDZO/zh4
今回の新譜悪くはないんだけど
それ程良くもない曲ばっかだな
前作のオーサムなんとかのシングルもイマイチだったし
最大の売りだったはずの楽曲が
あの程度の出来って
終わりじゃね?

845ファンクラブ会員番号7742019/03/08(金) 09:44:25.28ID:uEpW8mMv
ライブ映えとは要するに「沸き曲」ってことだよね
自分も「沸き」よりも「ノリノリ」の方が好き

846ファンクラブ会員番号7742019/03/08(金) 21:30:48.64ID:ib+Sp111
ケ・セラ・セラは
ppphとかコール入れやすい
ど真ん中のアイドルソングなんだけど

今さらこんな曲やったからって
消えたサンライズの頃のヲタが戻って来るわけでもないし
新規のヲタがつくわけでもないし

吉田哲人さん的には「やっとオレも普通のアイドルソングの因数分解が解けた!」って感じなんだろうけど
それこそ彼のルーツである渋谷系の香りがする曲書いてくれりゃ
まだネギヲタとか行き場を無くしたバニビヲタとかフェイントスターやエスペシアヲタあたりが
引っかかった可能性有るのに


とか思ってしまったけど
そんな事ツイッターで吐き出すと
ふたりもテットもnghmさんもイラッとするだけだと思うので

ココで吐き出させていただきます

847ファンクラブ会員番号7742019/03/08(金) 22:10:23.13ID:uEpW8mMv
「ネギヲタとか行き場を無くしたバニビヲタとかフェイントスターやエスペシアヲタあたり」

狙うのはそこだよな〜

848ファンクラブ会員番号7742019/03/08(金) 23:00:18.01ID:ib+Sp111
それこそ
nghmさんルートで
アイドルファンク作りの名作曲家・寺田光男先生に
曲書いて貰って
吉田哲人がアレンジすれば良いのに
とか妄想しますわ

849ファンクラブ会員番号7742019/03/09(土) 00:28:47.28ID:fkbgZGZG

850ファンクラブ会員番号7742019/03/09(土) 00:29:10.66ID:fkbgZGZG
ハゲ カフカくんって何?
カッパハゲのおっさんが くんって恥ずかしくない?
まあ周りが見えてないから恥ずかしくないんだろうな
厚顔無恥は無敵だな
その割に鍵かけてるけど

851ファンクラブ会員番号7742019/03/09(土) 00:29:25.72ID:fkbgZGZG
@taku_0528_0817
この数字の意味教えて

852ファンクラブ会員番号7742019/03/09(土) 00:30:27.01ID:fkbgZGZG
>>684
>被害妄想激しいしワッチョイ怖いしやべーやつだな
>直接言えば?
>言えねーからワッチョイ付きに書けねーんだろーけど
>情けねーなお前
>>685
>本スレに書き込む勇気もない可哀想なやつ…
>自信がないんだろうね
>推し被り敵視なのかな?
>哀れ…
などと言いつつてめーは
複数垢
捨て垢
鍵垢
本スレとやらにも書かない

勇気だなんだほざいてる癖にてめーは鍵
ハゲの巣に写真貼られてもハゲ出てこねーし
ハゲさぁ 全部ブーメランじゃん
みっともなさすぎるぞ
周りにあれこれ文句つける前に
てめーの行動正せよ!
周りを気にする前に
てめーを気にしろよ!
どうやって生きてきたらこんな大人になったんだよ!
親の製造物責任を問いたいわ
こんなもん作るんじゃねーよ!

853ファンクラブ会員番号7742019/03/10(日) 08:26:00.18ID:FZKB+t1p
はーちゃん基本的に殆どファボらないコで
ファボる場合も「ほわどる」「WHY@DOLL」のキーワードが含まれているツイートのみなんだけど
2年ほど前に新卒で就職し地方勤務が要因で他界したイケメンヲタだけは特にそれらのワードがなくてもファボる

まあそりゃそうだよなw

854ファンクラブ会員番号7742019/03/11(月) 23:57:25.17ID:JPfYgpmv
>>846
多少の集客のために渋谷系にするより、ほわどるとスタッフの好きな音楽を追求するほうがいいと思う
予算とか現実的な壁はあるだろうけど、今さら誰かの二番煎じをやってもねー

855ファンクラブ会員番号7742019/03/12(火) 00:00:06.29ID:6NQz6BWB
そうだそうだ

856ファンクラブ会員番号7742019/03/12(火) 00:38:57.77ID:QzkltzCs
ほわどるの二人が好きな路線だと
パヒュームみたいなテクノか
Kポップってことだぞ
それこそ三番煎じ四番煎じだわ

857ファンクラブ会員番号7742019/03/12(火) 00:52:35.99ID:5U4eVtWN
カッパの巣から出てきたハゲかな?

858ファンクラブ会員番号7742019/03/12(火) 00:52:52.52ID:5U4eVtWN

859ファンクラブ会員番号7742019/03/12(火) 15:47:19.85ID:5U4eVtWN
合羽ゴミに出したい

860ファンクラブ会員番号7742019/03/12(火) 15:48:10.64ID:VrHuBnm+
まもなく日本から世界経済が崩壊し、世界教師マYトレーヤとUFOが出てくる。
それからベーシックインカムがはじまるので、20年間ヒキコモリの人でも死にはしない。
むしろ、心配するなら被曝のほう。

【メルトダウンA級戦犯】 『非常用発電機』安倍が放置  『非常用空冷回路』小泉が撤去  死刑求刑
https://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1552357792/l50

861ファンクラブ会員番号7742019/03/12(火) 16:13:59.22ID:a1jvSYAQ
経済が崩壊するのにベーシックインカムの財源はどこにあるんだ?

862ファンクラブ会員番号7742019/03/12(火) 17:09:29.20ID:PwyURDhC
>>861
今あるあらゆる社会保障をベーシックインカムに一本化する
それら現行社会保障を管轄・運営していた行政機構をすべて廃止する
ベーシックインカムは全員一律に同一金額を支給するだけだから運営は超簡素化できる

863ファンクラブ会員番号7742019/03/15(金) 01:36:25.36ID:H1ASL3jV
生誕グッズのTシャツ 5XLまであるな
またニキビチビが喧嘩吹っかけそう
しかし吹っかけられた喧嘩買ってやればいいのにって思う
ぶん殴れば一発だと思うんだが
チビだし
もしアレなら加勢してやってもいいけどアレと1対1で負けるやつ居ないだろうしな

864ファンクラブ会員番号7742019/03/15(金) 01:42:24.35ID:H1ASL3jV
今度の生誕も1月に続いて残念な気持ちになるのかな
生誕委員()のオナニーに付き合わされたり
最前管理からの割り込みに開演前からテンション下げられたり
4月はチケット代だけ払って来ないで欲しいな
つーか運営が生誕仕切れよ
限られたファン()の私物じゃねーんだし
このファン()の姿勢がブレイクを妨げてるんだよな

865ファンクラブ会員番号7742019/03/15(金) 08:54:45.25ID:WaDr2BEP
彼は千春生誕しか参加してないよ
この板のクソみたいな書き込みに正体晒してわざわざ謝罪の返信してるやつといつまでもネチネチと匿名で叩いてるやつどっちが終わってるんだろうな
謝ってるやつ叩き続けるとかお前人としての心あるのか

866ファンクラブ会員番号7742019/03/15(金) 11:18:38.04ID:Yxy/ggRJ
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】

このスレッドはまもなく削除されます
移動してください

867ファンクラブ会員番号7742019/03/15(金) 11:19:51.63ID:Yxy/ggRJ

868ファンクラブ会員番号7742019/03/15(金) 11:45:00.31ID:H1ASL3jV
↑ハゲ専用隔離病棟
おめーはそこから出てくんな!
さっさと巣に帰れ!

869ファンクラブ会員番号7742019/03/15(金) 11:45:41.39ID:H1ASL3jV

870ファンクラブ会員番号7742019/03/15(金) 13:01:35.53ID:mjAhT322
>>865
あの人twitterで気狂いじみた他ヲタ攻撃してたの
一度や二度じゃないぞ
いつまでもネチネチ叩かれても仕方ないよ

871ファンクラブ会員番号7742019/03/16(土) 10:39:43.26ID:nREvBJWx
まあ散々悪いことをしたヤツがゴメンやめますって言ったところでそれまでの悪事も 嫌な思い出も消えることはないからな
不正行為の害を被った方にとっては 同じ空間に居るだけで不快だし迷惑
二度と視界に入って欲しくないし
消えてもらいたい
そう思ってるんじゃないかな

872ファンクラブ会員番号7742019/03/16(土) 21:42:22.28ID:Yu0ypica
>>863
5xlのボーダーっぽい巨漢
生誕来ないでしょ
金なさそうだし

まあ「行かない」「行けません」「他界しました」「病みました」
とかって言いながらしれっと来るタイプではあるけどw

873ファンクラブ会員番号7742019/03/16(土) 21:47:58.89ID:Yu0ypica
結局
たった1人のうるせーヲタの為に他に誰も買うはずないサイズの生誕Tシャツ作ったり
たった1人のうるせーヲタがその時間は遠征の飛行機乗ってるからチケット買えないって
アピっただけでイキナリ発売時間変更したり
たった1人のうるせーヲタが「その時間は流石に仕事してるから顔出せない」って言ったら
リリイベの時間変更したりする
どこまでも太客の欲求には従順な地方のスナックみたいな運営っていうか二人だよね

874ファンクラブ会員番号7742019/03/17(日) 02:32:56.02ID:Ane4ykIX
あんたの会社はお客様の声って大切にしないのか?
そいつ1人のことって思ってる時点で思考が短絡過ぎるんだよ
ヲタクの声はキッカケにすぎない
そういう意見拾い上げて企業として考えた結果、対策を講じる方が得策と企業として判断したんだろ
それもできないような運営が多い中機動力高くて評価できると思うけどな

875ファンクラブ会員番号7742019/03/17(日) 02:45:25.89ID:Ane4ykIX
短絡思考くんは勘違いして読みそうだからわかりやすく補足しとくな
1人が言ったことに対して他の人も同じ需要がある、不都合が発生していると判断して総合的に考えた結果、企業としてプラスになるように動いたってことな
真裏の人気ライブの時間避けて時間変更きたこともあったよな
よくリサーチして動いてると俺は思うぞ

876ファンクラブ会員番号7742019/03/17(日) 02:52:33.53ID:Ane4ykIX
謝ったのにまたやったら叩けばいいんじゃねーの
頻繁に見てないから知らないけど謝ってからはやってないなら反省してるんじゃないのか
肩持つわけじゃないけど
これまでよりこれからが大事だろ

877ファンクラブ会員番号7742019/03/17(日) 06:33:47.04ID:75BVAOd+
>>874
5XLの服なんて
UNIQLOやZARAのような
世界規模のファストファッションブランドでも用意されてない極めて特殊なサイズだよ
完全にたった一人の声の大きなヲタの威圧に屈して用意されてるだけ
あと一部のヲタを優遇するような
チケットの販売時間変更やら
リリイベのスタート時間変更なんて
他の多くのヲタにとっては不快な依怙贔屓でしかない
つまり既存顧客のニーズに応えようとするあまり
新規参入を妨げる閉鎖的な空気を作っているに過ぎない
極少数の高額所得者の顧客相手に商売するジャンルならわかるけど
アイドル稼業って広い層に受け入れられる事が使命の商売じゃないんですかね?
二人のことは勿論好きだし
今の長濱さんも以前の山本さん鈴木さんも良い方だと思うけど
上京して5年以上たって数十人しか定期公演に集まらない現状が全てだと思う

878ファンクラブ会員番号7742019/03/17(日) 07:50:37.60ID:Euieplli
糞なヲタクを擁護してるのって
結局加害者の身勝手な論理なんだよな
被害者の人権は無視して
加害者の人権には過剰な配慮
悪貨は良貨を駆逐するとはよく言ったもので

879ファンクラブ会員番号7742019/03/17(日) 09:51:38.77ID:uQ4T3x69
>>877
お前の理論上都合のいい条件ばかり集めすぎなんだよ
他のライブのこと考えて開演時間ずらすのは専ヲタにとっては関係ないし不愉快なことでしかないけどライト層取り込むために変更してる
需要があるかどうかはマネージャーさんは他のヲタクにも意見聞いたりしてるぞ
断片的にしか見えてこない都合のいいことだけ拾わずに全部考えてものを言えよ

880ファンクラブ会員番号7742019/03/17(日) 10:19:22.62ID:75BVAOd+
>>879
全部考えてモノ言うと
ビクターという大手事務所に所属して五年も経って定期公演が50人前後
ワンマンに300人程度しか集まらないって結果が全てなんでは?
あと全然こちらの書いた事とレスが噛み合ってない
理論上都合の良いことだけしか見てないのそっちでは
まあ私も勿論都合の良いことしか見てないっすけどね

881ファンクラブ会員番号7742019/03/17(日) 10:25:08.63ID:CqWD/DRo
ここのヲタクは掲示板だと元気だね

882ファンクラブ会員番号7742019/03/17(日) 10:25:25.64ID:CcwDrn37
995 名無し募集中。。。 2019/03/17(日) 08:16:39.95 0
ほわどるちゃんは年1〜2回くらいは見るけど
ライブでの集合写真の限界集落的な客層と助成アイドル板のスレの
泥沼っぷりを見ていたら新規が行きたくなるとは思えない

883ファンクラブ会員番号7742019/03/17(日) 10:50:25.36ID:5GDKRKyR
今からでもいいから出禁にすればいいのに
実際こいつらが嫌で来なくなった者が何人も居るんだし

884ファンクラブ会員番号7742019/03/17(日) 11:33:07.40ID:olNJmdUI

885ファンクラブ会員番号7742019/03/20(水) 11:17:35.02ID:zSWKVZAy
24日のライブのチケットって各プレイガイド並列?

886ファンクラブ会員番号7742019/03/20(水) 20:00:39.24ID:lhgv5XaC
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

887ファンクラブ会員番号7742019/03/20(水) 21:03:25.59ID:QqRfKBJm
↑ハゲ専用隔離病棟
おめーはそこから出てくんな!
さっさと巣に帰れ!

888ファンクラブ会員番号7742019/03/22(金) 14:26:37.95ID:xmdtbDo6
はーちゃん生誕10日前だけど
TとG来ないで欲しいな
居るだけで不快だし
マジ駆除して欲しいわ

889ファンクラブ会員番号7742019/03/22(金) 21:42:56.14ID:Hoq9+fUw
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

890ファンクラブ会員番号7742019/03/23(土) 06:16:12.12ID:KGy/Swn1
↑ハゲ専用隔離病棟
おめーはそこから出てくんな!
さっさと巣に帰れ!

891ファンクラブ会員番号7742019/03/23(土) 06:19:36.04ID:KGy/Swn1
>>883
>>888
同意
そうだよな
めっちゃわかる

892ファンクラブ会員番号7742019/03/23(土) 06:26:58.20ID:KGy/Swn1
>>870
>>871
>>878
わかる

893ファンクラブ会員番号7742019/03/23(土) 06:29:15.07ID:KGy/Swn1
ハゲ カフカくんって何?
カッパハゲのおっさんが くんって恥ずかしくない?
まあ周りが見えてないから恥ずかしくないんだろうな
厚顔無恥は無敵だな
その割に鍵かけてるけど

894ファンクラブ会員番号7742019/03/23(土) 06:29:37.02ID:KGy/Swn1
@taku_0528_0817
この数字の意味教えて

895ファンクラブ会員番号7742019/03/23(土) 06:30:09.21ID:KGy/Swn1
>>684
>被害妄想激しいしワッチョイ怖いしやべーやつだな
>直接言えば?
>言えねーからワッチョイ付きに書けねーんだろーけど
>情けねーなお前
>>685
>本スレに書き込む勇気もない可哀想なやつ…
>自信がないんだろうね
>推し被り敵視なのかな?
>哀れ…
などと言いつつてめーは
複数垢
捨て垢
鍵垢
本スレとやらにも書かない

勇気だなんだほざいてる癖にてめーは鍵
ハゲの巣に写真貼られてもハゲ出てこねーし
ハゲさぁ 全部ブーメランじゃん
みっともなさすぎるぞ
周りにあれこれ文句つける前に
てめーの行動正せよ!
周りを気にする前に
てめーを気にしろよ!
どうやって生きてきたらこんな大人になったんだよ!
親の製造物責任を問いたいわ
こんなもん作るんじゃねーよ!

896ファンクラブ会員番号7742019/03/23(土) 06:33:06.57ID:KGy/Swn1
カッパ害獣だよね
カッパの巣
燃やしたいよね
カッパの巣に火炎瓶投げ込みたい

897ファンクラブ会員番号7742019/03/24(日) 21:10:53.37ID:q7lxilsM
なんか一部も二部も盛り上がりに欠けて
イマイチなツアーファイナルだった
単に自分が飽きただけなんだろうけど

898ファンクラブ会員番号7742019/03/25(月) 08:36:22.66ID:Zz+mnTo/
ダサみが強すぎるshun楽曲をやらなかった点だけは評価

899ファンクラブ会員番号7742019/03/26(火) 02:14:04.83ID:l4Kai1Rn
それよくわかるわーw
まあTパレ以降の曲もみんなパクリだらけの偽ダンスポップで
ダサみ強すぎるけど

900ファンクラブ会員番号7742019/03/26(火) 17:04:07.77ID:zRn2gB1D
ワンマン前は散々書き込みあったのに
肝心のワンマンの後は静かだな
要するにココで煽ってるヤツ
単なる在宅なんだろ?
ショールームみてYouTubeで曲聴いて
一銭も落とさない

901ファンクラブ会員番号7742019/03/26(火) 17:36:37.95ID:BTDlpK+W
ワンマン後に書き込みが少なくなる事と在宅か否かの関係性が全く分からないんだけど

902ファンクラブ会員番号7742019/03/26(火) 23:25:41.84ID:QR4FFbBI
ワンマンよかったよ

903ファンクラブ会員番号7742019/03/26(火) 23:34:59.84ID:02QI3Abe
なあワンマンすごくよかったよな?

904ファンクラブ会員番号7742019/03/26(火) 23:39:08.45ID:omd7Jq1c
リクアワよかったよ

905ファンクラブ会員番号7742019/03/27(水) 00:00:27.48ID:On6pBXUn
@
自分の推しのファンが増えれば嬉しいのは当たり前。自分よりも頻繁にライブに足を運んだり、物販で金使ったりするオタが現れてたときも嬉しいと感じるかどうかで、自分が厄介になってるかどうかが分かる。

906ファンクラブ会員番号7742019/03/27(水) 09:33:49.21ID:0wwyTetd
>>898
100%同意

907ファンクラブ会員番号7742019/03/28(木) 00:44:00.17ID:PV3iNf11
>>905
これここの病人どもに訊きたいわ
おいカッパハゲどうなんだよ!
代表して答えろや

908ファンクラブ会員番号7742019/03/28(木) 01:41:01.38ID:uJNpYJFQ
新しいネタもなくカッパハゲとやらにずっと粘着してる >>907 みたいなキモいヲタクがいるからほわどるちょっと行きたくないなあ

909ファンクラブ会員番号7742019/03/29(金) 14:07:38.98ID:lWIMaPr9
https://youtu.be/_IuTJ9BnjUc
これ見てるとまんまGじゃんって思うわ
>>229とかさ
カッパハゲ?
とやりあって共倒れになればいいのにね

910ファンクラブ会員番号7742019/03/29(金) 14:30:29.64ID:nqiMf4AB
親方は40代で童貞だし
多分自己愛性人格障害か境界性人格障害で
転職と引越し繰り返して
暴飲暴食抑えられなくて体重120キロオーバーだし
他人との距離感がおかしいし
躁鬱の波が激しくて
豪さんとかカズキさんだけじゃなく数多くのヲタと軋轢起こして陰でメチャ嫌われてたし
はーちゃんへのポエムリプは
普通の人間なら病むレベルの気持ち悪さだったけど
悪い人じゃないし
死ねとか言っちゃいけないと思います

911ファンクラブ会員番号7742019/03/30(土) 19:18:00.86ID:MGL+Z3rC
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

912ファンクラブ会員番号7742019/03/30(土) 20:20:29.61ID:g1C8MlYb
↑ハゲ専用隔離病棟
おめーはそこから出てくんな!
さっさと巣に帰れっつってんだろーがこのクソハゲ!

913ファンクラブ会員番号7742019/03/31(日) 21:53:25.08ID:EjrmpYsj
>>888
>はーちゃん生誕10日前だけど
>TとG来ないで欲しいな
>居るだけで不快だし
>マジ駆除して欲しいわ
同意
しねとは言わないけど
せめて明日だけでも
出来れば明日以降ずっと消えて欲しい
チケット買うのは止めないけど
入場はもちろんだが来場も控えてくれ

914ファンクラブ会員番号7742019/04/02(火) 06:49:20.66ID:snq8yngK
https://i.imgur.com/1jK5hww.jpg
いくら平日
しかも年度始めでリーマンが休みにくい日
とは言っても
生誕でこの客入りは終わり過ぎだろ

915ファンクラブ会員番号7742019/04/02(火) 11:28:41.03ID:Q6nJ9bao
来週の定期2部のチケット
10時半ころは買える状態になってたけど、買った人いるのかな?
今はページ表示されないけど。

916ファンクラブ会員番号7742019/04/02(火) 13:26:57.02ID:/aOUV6SM
>>915
また最前取れないとゴネだす
関西在住の元ま●りTOに対する忖度発動?

917ファンクラブ会員番号7742019/04/02(火) 19:23:30.81ID:atvn4GvN
>>915
お前来週特定されるぞ

918ファンクラブ会員番号7742019/04/03(水) 08:36:15.66ID:/NCpWWN/
婚活中のハゲに捧ぐ!【女の本音】友人に薄毛男子を紹介した実話
https://s8000.works/archives/

多くの女性がハゲを気にしない」なんて嘘だ!
実際にハゲを紹介された時の女性のテンション
今回紹介した女性5人
どんなに見てみぬふりしても、ハゲを払拭する事ができない
ハゲ=恋愛対象外
ハゲとはキスできない!
一般人+ハゲ+彼女いない=それが答え
後日談:ハゲが原因で振られたと確信した出来事
多分毛を生やすのが1番簡単な婚活手段

919ファンクラブ会員番号7742019/04/04(木) 00:51:49.96ID:SjcBcsos

920ファンクラブ会員番号7742019/04/05(金) 09:59:19.88ID:ybkQPBpj
はわどるに限った話じゃないけど
三年前くらいから応援してる
表面的には熱くなって支えているようにみえる層が
実は惰性で来てるだけで
ライブ終わりのヲタ飲みがメインになってんだよな

921ファンクラブ会員番号7742019/04/05(金) 12:09:48.76ID:SfyOyYts
ヲタとつるむのが楽しくて通い続けてくれる間にメンバーや運営が新たな魅力を見せないとな
ヲタを悪く言う必要はない

922ファンクラブ会員番号7742019/04/05(金) 17:15:18.24ID:Q2Q6n3Xs
飲みながら話してるのは他のアイドルの話ばかりだけどな

923ファンクラブ会員番号7742019/04/05(金) 18:08:58.94ID:tgI3V2iM
阪神の福留みたいなカッパ禿げなんだが
https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1554443805/
お前よその板まで行って何やってんだよ

924ファンクラブ会員番号7742019/04/07(日) 10:46:00.53ID:L1NwzjLz
https://twitter.com/elfloat_maaya/status/1114542162908078081?s=21
https://i.imgur.com/bDtam8x.jpg
二人もずっとこういう思いでいるんだよなぁ
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

925ファンクラブ会員番号7742019/04/08(月) 08:08:23.06ID:652nws3w
SNSで年余に渡り他人を攻撃しまくっている上に生誕委員と最前管理で開演前から生誕公演をぶち壊したごう
同じく年余に渡りSNSでも会場でも他人を普通に攻撃しまくるだけでは飽き足らず複数垢 捨て垢まで使って攻撃 そして本垢は鍵かけているカッパハゲ

お前らのことだよ!

926ファンクラブ会員番号7742019/04/08(月) 14:40:02.41ID:9yEhyd+9
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

927ファンクラブ会員番号7742019/04/09(火) 12:16:33.47ID:HNPz+tRi
↑ハゲ専用隔離病棟
おめーはくせーし迷惑だからそこから出てくんな!
さっさと巣に帰れっつってんだろーがこのクソハゲ!
巣に籠って一人でシコってろ!

928ファンクラブ会員番号7742019/04/09(火) 12:24:25.58ID:HNPz+tRi
@
「この現場に行きたいけどファンが嫌で迷っちゃう……」というのに対して「本当に好きなら周りなんて関係ないでしょwww」っていきがるオタク、お前だよお前みてぇなのがいるからだよってわりと思う

929ファンクラブ会員番号7742019/04/09(火) 12:25:23.24ID:HNPz+tRi
ここに吐き出すくらいに悶々としてるなら行かなきゃいいだけなのに

930ファンクラブ会員番号7742019/04/09(火) 12:25:40.14ID:HNPz+tRi
これなんだよなぁ
クソなオタクのせいで行きたくなくなる
そうやって離れていった人の多さと言ったら

931ファンクラブ会員番号7742019/04/09(火) 12:25:56.63ID:HNPz+tRi
ほわどるは好きだけど、最前管理がだるかったな。
人の分取るとかやめて欲しいわ。
そんなのばっか見て嫌に気持ちになるなら、もう行きたくねーな。

932ファンクラブ会員番号7742019/04/09(火) 12:26:18.63ID:HNPz+tRi
残念なオタクがいる限りGlad sold outは難しいな
生誕でこんだけしか集まらんとかな

933ファンクラブ会員番号7742019/04/09(火) 12:26:46.60ID:HNPz+tRi
5年以上やってて生誕で100人ぎりぎり
よそは500とか800とか売り切れてるのにな
3、4年前に色んなところに出て知名度上げたのに
そこで来た新規をてっぺんハゲ筆頭に古参が追い出したからな
集客減も必然だわ
どんな商売でもそうだけど
一度嫌な思いをしたところに誰が再び目を向けるか

934ファンクラブ会員番号7742019/04/09(火) 12:27:01.32ID:HNPz+tRi
散々他ヲタの悪口ツイート連投してた生誕委員様が
最前管理かますとか
頭おかしすぎるだろ

935ファンクラブ会員番号7742019/04/09(火) 12:27:53.01ID:HNPz+tRi
@
不正行為ってアイドルからしたら
かなり「ダサすぎる」んだよなぁ…
なんで分かんないかなぁ😢

936ファンクラブ会員番号7742019/04/09(火) 12:28:26.42ID:HNPz+tRi
@
不正行為ってどこかで誰かが損してることになるのでやめたほうが良い。
協力プレイって聞こえの良い横入りだったり割り込みはやられるとイラっとしてしまいます。。。。

937ファンクラブ会員番号7742019/04/09(火) 12:29:37.82ID:HNPz+tRi
┏どうぐ━━━┓
┃→ちはるん ┃
┃┏━すてる━━━━━━━┓
┗┃  まいく           ┃
  ┃  いしょう          ┃
  ┃  ひかるぼう.      ┏━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃  ままのかれー..    ┃.かっぱのさら をすてますか? ┃
  ┃→かっぱのさら...    ┃→  はい..                ┃
  ┗━━━━━━━━━ ┃   いいえ..            ┃
                 ┗━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃かっぱのさら を すてられなかった!         ┃
┃.        .         .               .┃
┃ちはるん は のろわれてしまった!...          .┃
┃.        .         .               .┃
┃                        ▼.         ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

938ファンクラブ会員番号7742019/04/09(火) 12:30:24.92ID:HNPz+tRi
かっぱのさら
こうか
のろわれる
ふぁん が へる
ふあん が ふえる
くじょう が ふえる
らいぶ でえられる おかね と けいけんち が へる

939ファンクラブ会員番号7742019/04/09(火) 12:33:07.09ID:HNPz+tRi
まあ散々悪いことをしたヤツがゴメンやめますって言ったところでそれまでの悪事も 嫌な思い出も消えることはないからな
不正行為の害を被った方にとっては 同じ空間に居るだけで不快だし迷惑
二度と視界に入って欲しくないし
消えてもらいたい
そう思ってるんじゃないかな

940ファンクラブ会員番号7742019/04/09(火) 12:33:37.96ID:HNPz+tRi
今からでもいいから出禁にすればいいのに
実際こいつらが嫌で来なくなった者が何人も居るんだし

941ファンクラブ会員番号7742019/04/09(火) 12:35:22.31ID:HNPz+tRi
https://i.imgur.com/1jK5hww.jpg
いくら平日
しかも年度始めでリーマンが休みにくい日
とは言っても
生誕でこの客入りは終わり過ぎだろ

942ファンクラブ会員番号7742019/04/09(火) 14:12:57.52ID:CiwSnp8a
おまえ必死だな

943ファンクラブ会員番号7742019/04/09(火) 15:20:14.40ID:R5FUFvZL
Gladでこれだけ集まればフロアの感覚としては満員じゃね?

944ファンクラブ会員番号7742019/04/09(火) 15:33:00.73ID:xhufZVoh
連投クンの狂気に震えが止まらない

945ファンクラブ会員番号7742019/04/09(火) 23:21:59.90ID:Js7R+x7v
ふたりで生きてゆければっていつからあんなにダサくなった?
あれならSHUN曲の方がまだマシなレベル

946ファンクラブ会員番号7742019/04/10(水) 05:49:08.65ID:rW5U/sKZ
>>945
何言ってんだてめー
MIX最高じゃねーか
ライヴ映えなんだろ?

947ファンクラブ会員番号7742019/04/10(水) 13:11:06.71ID:fBYQix+m

948ファンクラブ会員番号7742019/04/11(木) 12:54:08.69ID:b8BzAR0O
カッパの皿に
虫ピン千本刺したいな
植毛みたいになって
カッパも泣いて喜ぶだろ
ついでに電流流したら刺激で毛も生えてきそう

949ファンクラブ会員番号7742019/04/12(金) 21:56:08.47ID:8DsJuezH
本音が語れる便所の壁なので
ツイッターとかで吐き出せないこと書くけど
定期のバンド公演とか要らないわ
下手くそなキャバレーバンドみたいな演奏聞かされるのしんどい

950ファンクラブ会員番号7742019/04/15(月) 07:52:47.37ID:W38QtcJz
ここはたくとごうの話か路線批判しか話題が無いんかよ
まともな話題で盛り上げようってやつは一人もいないんかよ

951ファンクラブ会員番号7742019/04/15(月) 10:29:03.21ID:N/jgRDOO
>>949
バンド公演の入りが明らかに悪けりゃ考えるだろ
やる方もファンが喜ぶと思ってやってんだから「喜んでないの?」となったら変えてくるに決まってる

952ファンクラブ会員番号7742019/04/15(月) 11:07:01.93ID:iRL6t608
バンド
ふたりはアーティストっぽいことやってるっていう満足感ありそうなんで
表立って文句言えんよ

953ファンクラブ会員番号7742019/04/15(月) 12:27:02.71ID:63o/XFNq
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/
このスレッドは使用禁止です
移動して書き込んでください

954ファンクラブ会員番号7742019/04/15(月) 19:25:02.12ID:fpekbGbh
↑ハゲ隔離病棟の入り口貼ってるハゲ
子供の頃誕生日会にクラスメイト招待しても
誰も来なかっただろ
https://i.imgur.com/E6fd1JS.jpg
誰にも相手にされないのも可哀想だから
オレが相手してやるわ
病棟内は病気が蔓延してるから入らねーけどな

955ファンクラブ会員番号7742019/04/15(月) 19:45:23.13ID:fpekbGbh
ハゲさぁ
現実社会できっと誰にも相手にされなくて
寂しさからハゲちゃったんだろうけど
ここ来たら(金出せば短時間でも)相手にしてもらえるから
気持ち悪いループ芸かましてるんだよね
でも金で得た歓心(相手からしたら本当は気持ち悪いから業務上の義務であって歓心ですら無いんだけど)じゃ寂しさは紛れないのかハゲ治んないね
周りのオタクに気持ち悪がられてるのに気づいてそのストレスでハゲてるのかな?とも思ったけどオメーは周り見えてねーしそれはねーか
そのくせ鍵かけてるけど
勇気だ何だとほざいてるのにてめーは鍵
せっかくだから家に鍵かけて出てこない方がいいよ

956ファンクラブ会員番号7742019/04/15(月) 19:51:05.99ID:fpekbGbh
あとハゲさぁ
何度も言ってるけど
俺が他人と話ししてるのを耳そばだてて盗み聞きして話に割って入ってくるのやめてくれよ
つーか話しかけて来るんじゃねーよ
つーか近づいて来るんじゃねーよ
タバコとドリアンが混ざったような臭気とニチャニチャ粘着質な面が耐えられない
マジきつ過ぎるんだよ!
ちはるんも大変だな 毎回この苦行だからな…

957ファンクラブ会員番号7742019/04/15(月) 21:52:29.54ID:BkUP3ftc
>>952
表だって文句言う必要なんてない
その日だけスルーすりゃいいだけ

958ファンクラブ会員番号7742019/04/16(火) 07:32:42.74ID:Gl0DdDkj
>>951
ゆっふぃーのバンド公演は需要あるの?

959ファンクラブ会員番号7742019/04/18(木) 18:02:49.24ID:yCnyg5R9
【イベント名称】
みなとみらいヴィレヴァンふぇす!!in 日本丸メモリアルパーク ?G.Wスペシャル?

【イベント日時】
2019年4月30日(火)
11:30開場 / 12:00開演
12:00 愛乙女☆DOLL LIVE
13:00 狂い咲けセンターロード LIVE
13:30 KOTO LIVE
14:30 愛乙女☆DOLL LIVE
15:00 さんみゅ〜 LIVE

【会場】
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1
日本丸メモリアルパーク内特設ステージ(JR桜木町駅から徒歩3分)

960ファンクラブ会員番号7742019/04/24(水) 14:28:42.06ID:roNKcYNZ
アコースティック嫌ってやるなよと思う

961ファンクラブ会員番号7742019/04/24(水) 14:38:27.09ID:C9SFJlUa
アコースティックじゃない時のバンドライブと比べると目に見えて集客落ちてたな

962ファンクラブ会員番号7742019/04/24(水) 22:55:40.60ID:ackwpHYA
定期一部の過疎っぷりは
ネタに出来ないレベル

963ファンクラブ会員番号7742019/04/25(木) 12:17:24.54ID:DNQGsayh
>>961
ゆっふぃーはアコースティックの時も多いの?

964ファンクラブ会員番号7742019/04/25(木) 12:47:55.65ID:31JqG/rn
ゆっふぃーはバンドライブをしないだろ

965ファンクラブ会員番号7742019/04/25(木) 14:24:14.73ID:bW+Nel8t
なんでいきなり由芙さんの話題?

966ファンクラブ会員番号7742019/04/25(木) 14:47:29.84ID:DNQGsayh
961がゆふぃすとだから
5chは特定可能だと何度言えばいいのか

967ファンクラブ会員番号7742019/04/25(木) 14:58:01.49ID:sO1ZvEw5
961は否定的?なレスをしたからアンチだ→特定してやる
のロジックなのかな

968ファンクラブ会員番号7742019/04/25(木) 15:22:05.99ID:BTI3NTHU
こんなんだから皆に煙たがられるんだよバーカ
4ねや

969ファンクラブ会員番号7742019/04/25(木) 16:59:36.12ID:0+0wwR+W
w

970ファンクラブ会員番号7742019/04/25(木) 22:16:37.44ID:67Zqj4Rn
はるなさんにガチ恋してるんだが、どうやったらつながれるかな

971ファンクラブ会員番号7742019/04/25(木) 23:44:25.42ID:AA6PDfC+
>>968
転女スレで悪口書いてんじゃねーよ

972ファンクラブ会員番号7742019/04/26(金) 00:43:53.03ID:+a9StKpd
>>968
お前だったのかwww

973ファンクラブ会員番号7742019/04/26(金) 20:15:36.04ID:RtOhlzwg
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

974ファンクラブ会員番号7742019/04/27(土) 07:09:42.52ID:IQX4eVIk
↑ハゲ隔離病棟の入り口貼ってるハゲ
子供の頃誕生日会にクラスメイト招待しても
誰も来なかっただろ
https://i.imgur.com/E6fd1JS.jpg
みんな嫌がってるんだよ!
おめーはくせーし迷惑だからそこから出てくんな!
さっさと巣に帰れっつってんだろーがこのクソハゲ!
巣に籠って一人でシコってろ!

975ファンクラブ会員番号7742019/04/28(日) 10:24:56.90ID:NZ/TTSWd
@
オタクはアイドルの券を交換できてもアイドルはオタクを交換できない。アイドルに「ハズレ引いた」と思われないオタクでありたい。

976ファンクラブ会員番号7742019/04/28(日) 10:25:35.94ID:NZ/TTSWd
┏どうぐ━━━┓
┃→ちはるん ┃
┃┏━すてる━━━━━━━┓
┗┃  まいく           ┃
  ┃  いしょう          ┃
  ┃  ひかるぼう.      ┏━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃  ままのかれー..    ┃.かっぱのさら をすてますか? ┃
  ┃→かっぱのさら...    ┃→  はい..                ┃
  ┗━━━━━━━━━ ┃   いいえ..            ┃
                 ┗━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃かっぱのさら を すてられなかった!         ┃
┃.        .         .               .┃
┃ちはるん は のろわれてしまった!...          .┃
┃.        .         .               .┃
┃                        ▼.         ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

977ファンクラブ会員番号7742019/04/28(日) 10:26:58.51ID:NZ/TTSWd
かっぱのさら
こうか
のろわれる
ふぁん が へる
ふあん が ふえる
くじょう が ふえる
らいぶ でえられる おかね と けいけんち が へる

ちはるん呪われてて可哀想

978ファンクラブ会員番号7742019/04/28(日) 11:49:29.78ID:Lpd1PKis
>>970
はるなさんはこるみヲタの弟()にお熱だから無理だよ
ファボ欄見て出直して来な

979ファンクラブ会員番号7742019/04/28(日) 13:17:30.51ID:LqOtL/A2
仙台昼の対バン運営予約見るからに俺だけだったんだか

980ファンクラブ会員番号7742019/05/02(木) 13:31:53.19ID:jhJ4ioPP
落ちぶれても大丈夫
はるなくんは俺に任せとけ

981ファンクラブ会員番号7742019/05/05(日) 11:44:41.71ID:ATAYf+uT

982ファンクラブ会員番号7742019/05/05(日) 11:46:33.38ID:ATAYf+uT

983ファンクラブ会員番号7742019/05/05(日) 11:51:22.98ID:ATAYf+uT
カッパの皿に
キンブレ折って先端尖らせてから
10000回突き刺したい
そしたら刺激で毛も生えてくるだろうし
泣いて喜ばれそう

984ファンクラブ会員番号7742019/05/06(月) 00:25:51.74ID:Xi2Cw1+Y
ここでタクさんゴーさんに粘着している基地外いるけど
現場は全く荒れてないしヲタ同士の対立も無くなったね
だって今となっては誰もほわどるが売れると思ってないから
売れないのヲタのせいじゃないって皆んな分かってるから
他ヲタ責めるの意味ないって
理解してるから
対立関係成立しないのよ

985ファンクラブ会員番号7742019/05/06(月) 00:32:28.96ID:Xi2Cw1+Y
他ヲタを責めて他界させるってことは
それでヲタが増えるなんてことは全くなくて
単に40人くらいしか居ないヲタの数を
39人にするだけなのよ
だから喧嘩無意味っす

986ファンクラブ会員番号7742019/05/06(月) 12:31:54.07ID:0Aq0Nim0
たくもごうも
散々オタクに悪口言ったり自分の価値観押し付けたり攻撃したりで人追い出して来たもんな
たくに至っては捨て垢まで使ってSNSで攻撃
二人もそのこと知ってるし
二人ももうずっとこんな気持ちなんだろうな
https://i.imgur.com/5za3KwG.jpg

987ファンクラブ会員番号7742019/05/06(月) 12:38:07.29ID:0Aq0Nim0
今年の生誕では
生誕委員にして最前管理
せっかくの慶事を開演前に既に台無しにするし

二人が上京して以降 もしこの二人が居なかったらファンの数 今より全然多かったんだろうな

988ファンクラブ会員番号7742019/05/06(月) 13:24:52.51ID:v+CuDKge
【警告】
重複スレッドです
最初に立ったこちらを利用してください
【北海道札幌出身】WHY@DOLL Part8【ほわどる】
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/

989ファンクラブ会員番号7742019/05/07(火) 07:05:30.75ID:5Jz1fYQ8
>>986
お前みたいなキモい粘着野郎も同類だろw

990ファンクラブ会員番号7742019/05/08(水) 15:50:17.16ID:eoKOYqpK
>>986-987
これだけのことをしてて何年も居座られてたらこれまでどんなに金積んでても二人には居なくなって欲しいと思われてるな
仕事とは言っても接触の時いつも嫌だろうな

991ファンクラブ会員番号7742019/05/09(木) 07:29:48.28ID:AJsLio72
>>990
自分にレスして楽しいですか?

992ファンクラブ会員番号7742019/05/12(日) 11:47:37.50ID:jp1dci44
いろいろ重複スレ立っててそちらを有効活用すべきか
迷ったけど
最近はここが一番伸びてるしそろそろ落ちるので新スレ立てた
https://fate.5ch.net/test/read.cgi/idol/1557628938/

993ファンクラブ会員番号7742019/05/12(日) 12:50:45.03ID:ovNy3j41
ちはるん、彼氏と江の島行ったん?

994ファンクラブ会員番号7742019/05/12(日) 13:08:45.46ID:GA2XPFwG
うん、楽しかったよ

995ファンクラブ会員番号7742019/05/12(日) 13:21:01.18ID:2kKV072Q
>>992
前スレ埋めてから建てろよ
ルールも守れないのかよ
そんなヲタクばっかだから売れないんだよ

996ファンクラブ会員番号7742019/05/12(日) 13:48:41.45ID:d6HtxY4T
>>995
まあ待てよ。Part8埋めればルール通りだろ?
992が責任持って埋めればいいだけ。
頼んだぞ。

997ファンクラブ会員番号7742019/05/12(日) 14:18:23.68ID:3H3jYUkD
>>980
超えてから立てるのが普通だから
>>992は何も間違ってない

998ファンクラブ会員番号7742019/05/12(日) 15:05:58.48ID:85SOCzQ1
>>997
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/idol/1483958323/
これが埋まってないって意味だろ
埋めてから建てるのがルールは正しい

999ファンクラブ会員番号7742019/05/12(日) 18:13:08.37ID:G9Cbmoyv
今日で3年経つのにお休み?

1000ファンクラブ会員番号7742019/05/13(月) 18:11:28.81ID:CHBUZkkG
おまんこ

10011001Over 1000Thread
このスレッドは1000を超えました。
新しいスレッドを立ててください。
life time: 835日 18時間 13分 16秒

10021002Over 1000Thread
5ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 5ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 5ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
https://premium.5ch.net/

▼ 浪人ログインはこちら ▼
https://login.5ch.net/login.php

レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。