年長者・エルダースピリット

1権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/02(土) 21:39:31.08ID:3Pnp3kfc
久しぶり。元気してました?

2権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/02(土) 21:50:49.79ID:3Pnp3kfc
全く、世界の変化というのは早いもので。目まぐるしくて目がまわってしまう。

それは多分私たちの感性が拡大されて、視野が広くなったというせいもあるのだろうけれど。

3権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/02(土) 21:56:04.79ID:3Pnp3kfc
ある意味で世界のバランスは、正しく保たれつつあるのだと思う。

見回したらわかるだろう。情報化が進む社会の中で、情報そのものにエネルギーを
供給し続けてきた「真実み」というドグマは、崩壊しつつある。

全ては、嘘になったんだ。これが私たちの望んだ世界。

破壊された、生の混沌、不安定で、輝いている、真実の消失した世界だ。

4権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/02(土) 21:58:29.00ID:3Pnp3kfc
特別な誰か、なんて古臭い考えはもう終わり。

誰もが不安定で、弱く、悩み、しょうがなしで生きている。

タレントも政治家も、私たちと変わらない。

そして私たちだって、そうだ。私たちも他の普通の人々と変わらない。

5権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/02(土) 22:00:23.79ID:3Pnp3kfc
世界は、平らになったんだ。

6権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/02(土) 22:04:35.47ID:3Pnp3kfc
その平らな世界で、私たちはどう生きていくのだろうか。それを考えていた。

折角戻ってきた混沌の中に、真実で水を差すのなんて野暮ってものだ。

だから、今はこう思う。"私たちは秘匿されているべきだ"と。

7権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/02(土) 22:09:09.15ID:3Pnp3kfc
一部の人間の、純粋な趣味の領域の中に収まっていること。

普通の人間の、普通の深遠な、隠された精神の作業と、その秘儀としてあること。

人間の社会生活の、本流ではなく傍流として、秘匿されていることこそ、
私たち年長者のあり方として望ましいのだと今は感じる。

8権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/02(土) 22:22:20.39ID:3Pnp3kfc
今後の私たちは、表面上どうであれ、本質部分では世間から遠ざかった存在に
なっていくだろう。

とは言え、私たち自身の精神の錬成作業はこの先も続くだろうし、その後に続く
素養のある人間も、やはり生み出され、否応なく知識を求めるだろう。

魂の生きていく場が変わるだけだ。早い話、私たちは仙人のようになるってこと。

9権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/02(土) 22:28:07.55ID:3Pnp3kfc
それで、変わっていく繋がりの形の流れの中で、ひとつのくさびとして、
ここに標を立てておこうと思う。

年長者たち。エルダースピリットたち。生きている者も、去った者も。

その繋がりの、ある歴史の記憶として。

10名無しヒーリング2017/12/02(土) 23:44:11.41ID:EcvEXFrl
御愛読有難うございました!
権兵衛先生の次回作に御期待ください!

11権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/03(日) 07:06:14.62ID:YeEzrWa3
次回作のテーマは、睡眠なんです。
眠るというごく日常の行為を通して、少年少女が
静かに成長していく様子を描きたい。
低反発枕やもみ殻枕といった派閥同士の激しい睡眠バトルも描かれます。

眠りという人類普遍の宿命を通して、命とは何なのか、
また親子の絆や、ペットとの絆。そして食生活の大切さと、
楽器を奏でることの純粋な面白さ、更に歴史を超えた過去と未来の繋がり、
輪廻転生と、過酷な雪山で生きる動物たちの生き様などに
焦点を当てていきたい。

12権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/03(日) 20:26:12.39ID:g2g5hsEP
いつもの貼っておこう。

http://herbarium.main.jp/

13権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/03(日) 20:30:39.62ID:g2g5hsEP
質問は随時受け付けます。最近は弟子も取るよ。そういう余程の物好きが居ればね。

14名無しヒーリング2017/12/04(月) 04:05:26.37ID:TosU20cl
病気は治せますか?
死や存在の不安を解消するにはどうしたらいいですか?

15名無しヒーリング2017/12/04(月) 06:34:55.66ID:/M+deTNF
>>14
治すこと。ある部分を消すことを意味しているのなら、
治りません。しかし治すということが、ある物事への
適応と順応を意味しているのであれば、治ります。

存在の不安は解消できます。その為にはもちろんあなたが
今どういうレベルにあるのかを知る必要があります。

16名無しヒーリング2017/12/04(月) 07:25:29.89ID:SEIegWBk
私は以前合法ドラッグを一度だけやってしまったのですが、そこで死にかけた体験をして本当に心身ともに壊れてしまいました
心の中も真っ暗な感じで不安や絶望感しかなくなりました
それまでは社会不適合ながらも生きる希望は抱いて何とか生きていたのですが

色々相談して試してきたけど良くならずどんどこ体もおかしくなってきました
本当になんとかしたいです

17権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/04(月) 18:12:42.32ID:/M+deTNF
>>16
なるほど。あなたとしては、合法ドラッグがきっかけで
暗い気分に囚われてしまっているように感じているんですね。

では身体の不調について話してもらえますか?

18名無しヒーリング2017/12/04(月) 19:12:11.26ID:3si6t3TY
精神がおかしくなってから体もおかしくなってきました。
息がしづらく、目も見えにくく、味も分かりにくく、体の触感も鈍いです
疲弊して体力もどんどん落ちてきました
薬は飲んでいますが根本的な解決にはなってません

19権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/04(月) 20:33:44.10ID:WNAxS7sx
>>18
薬は何を飲んでいますか?

20権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/04(月) 22:45:09.23ID:WNAxS7sx
成熟した精神存在としての年長者には、大きく分けて三つの段階がある。

1つめは希望と闘争。世界をより良くする為に努力する段階。
2つめは諦観と放擲。世界は思いのままにならないという現実を受け入れる段階。
3つめは純化と創造。世界の制約を乗り越え、新たな価値を付加していく段階。

それはちょうど、ある新品の道具が使い込まれて段々と人間味を帯びてくる様子に似ている。

21名無しヒーリング2017/12/05(火) 00:01:32.67ID:GgGs1s4f
>>19薬はメイラックス0.5のみです
他の薬も増やそうと医者に言われてますがなるだけ増やしたくありません

諦められません。人生良いことが殆んどなかった。このまま何も分からず苦しんで死んでゆくのは御免です

22権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/05(火) 06:32:12.91ID:TuXg4JgA
>>21
薬を増やさないようにしたのは懸命でしたね。
大丈夫、私が色々と教えていきましょう。

では、次のページを見てください。
この中でどれか気になる項目や、単語はありますか?
http://herbarium.main.jp

23名無しヒーリング2017/12/05(火) 07:10:32.49ID:GgGs1s4f
難しくてよくわかりません
ただ、私、意識、存在という単語は気になります
私という自我に固執して存在の救われなさに絶望しているからだとおもう

24権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/05(火) 08:00:47.72ID:TuXg4JgA
>>23
なるほど。

意識と自意識の違いがわかりますか?意識とは、
実感、感覚、センスです。

対して自意識とは、"私"という、言葉、境界線、幻想です。

あらゆる物質は、その実体化の過程で意識を持ちます。
石も水も。しかし"私"という自意識は、言葉を使う生き物である
人間に特有のものです。

この考え方について、何か違和感を感じますか?

25名無しヒーリング2017/12/05(火) 10:44:15.26ID:GgGs1s4f
>>24
意識は身体感覚的なもので、自意識は思考や言葉だとは思ってます

26名無しヒーリング2017/12/05(火) 10:59:35.23ID:GgGs1s4f
しかし、ドラッグをやってしまってから存在に救いはなく真っ暗な感じしかしなくなりました
深い意識レベルの問題だと思います
思考や自意識ではどうにもなりません
今も薬で何とか保ってる状態です
それまでは辛くとも希望もあったし自分の帰る場所がどこかにあるという安心感もありました
それが全くなくなってしまったんです
脳が壊れてしまったのかもと思っています

27権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/05(火) 14:05:53.17ID:TuXg4JgA
>>26
存在に救いがない、ですか。変わったことを言われますね。
その薬の影響で、どんな体験をしましたか?

28権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/05(火) 19:58:12.14ID:dR6shlMJ
「バウンダリー」の問題は解けただろうか?

精神世界というのは、結局のところある生命の、個体維持のために作られている。
私たちの心は自己中心的なものだ。色も、音も、匂いも味も感覚も。

それらは全て、生命が自らを維持存続するための方便であり、一種の虚妄だ。

29名無しヒーリング2017/12/06(水) 01:07:02.80ID:cjMA5IWF
>>27
何とも言葉で形容しにくいのですが地獄でした
意識がついたり消えたりして視界がぐちゃぐちゃに歪みました。
真っ暗なものにのまれて自分が壊れてなくなっていく感じがして本当に気が狂いそうでした
それから死ぬことが怖くて怖くて仕方なくなりました

30名無しヒーリング2017/12/06(水) 03:22:35.23ID:QtfmgcLm
>>29
バッドトリップなんて、クスリをやってる人の多くが経験してるから気にしなくて良いよ
クスリが切れれば関係ない

とは言っても、精神的な問題が身体に現れてるようなので、マインドフルネスとか、ポジティブ言葉のアファメーションを続けてみると良いよ

31名無しヒーリング2017/12/06(水) 05:52:38.65ID:cjMA5IWF
そう、普通はそうなんです。しかも自分がやったのはたった一回のみ
一回でこうなるなんて普通はありえないそうです

でもそこから完全におかしくなってしまい、まともに日常生活も送れなくなりました
医者曰くドラッグがトリガーになって発症したという風にいってましたが

以前は内向的で自然などが好きで一人でそういう世界に浸ってるのが好きでした
それが今は真っ暗で何もイメージできません
体もいかれてきたし本当になぜ?という感じです

32権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/06(水) 06:39:41.01ID:7DYMe9Qx
>>31
どうしてその薬を使ったのでしょう。
退屈だった?
何者かになりたかった?
それとも誰かに誘われた?

33名無しヒーリング2017/12/06(水) 10:03:53.17ID:cjMA5IWF
まぁ元々陰気な方で人生上手くはいってなかったです。
そこで悪友と仲良くなり、閉塞感を打破したい気持ちもあり、軽い気持ちでやってしまいました
一回くらいなら流石に大丈夫だろうと…本当にバカでした
こんなことになるなんて…
それから数年地獄です

34権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/06(水) 21:04:28.49ID:EMwVdjyK
>>33
なるほど。では良ければ自分の犯した罪と、その責任、
あなたが破壊してしまったものは何なのか、それについて話してみてください。

35名無しヒーリング2017/12/06(水) 22:34:24.94ID:CXSkDv5Z
弟子入りするとどうなるの?

36権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/06(水) 23:26:10.96ID:EMwVdjyK
>>35
悟ります。

37権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/06(水) 23:36:12.61ID:oXFBNMyg
なぜなら私が悟った人だからです…

38名無しヒーリング2017/12/07(木) 01:10:58.21ID:XyUpfcRn
>>34
犯した罪ですか
違法ではなくとも人道に反するおこないをし、大切な心身をきずつけてしまったことてすかね
破壊したものは心や感性、希望、脳でしょうか

39名無しヒーリング2017/12/07(木) 06:43:06.97ID:q7oHv3ga
ちょっと頑張ろうとしたら地獄の感覚が帰ってきた
もうやめてくれ

40権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/07(木) 06:55:55.56ID:DAI05EW4
>>38
ありがとう。ではその罪については、
私が霊的な意味での証人になりましょう。
あなたは与えられた大事なものを軽視し、
傷付け、自分自身の愚かさによって
それを破壊してしまった。
これはみなあなた自身が招いた苦しみです。

しかし告白によって、その罪は
許されるでしょう。

41権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/07(木) 07:06:55.97ID:DAI05EW4
その上で私は、こう提案します。

あなたは自分の手でそれを破壊したのだから、
今また自分の手で、それを作りあげても良いのです。

心の中に柱を建てなさい。

古代の神殿にあったボアズとヤキンの柱のように、
堅固な揺るぎない柱を、かつてあなたが壊した
元の柱の代わりとして。

あなたは今無罪となったが、新しい魂の土地は
無一物でまだ豊かではないのだから、
あなたはそこに少しずつ石を積み上げ、
自らの家を建てねばならないのです。

42名無しヒーリング2017/12/07(木) 10:22:07.28ID:q7oHv3ga
先程も運動してたらまた発作が起こりかけました
身体もおかしくなってきててどうしたらいいのかわかりません
真っ暗で何もイメージできません本当に

43名無しヒーリング2017/12/07(木) 10:22:58.79ID:q7oHv3ga
物理的に脳が壊れてしまったんでしょうかね…
本当にどんどん希望がみえなくなってゆく

44権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/07(木) 12:43:01.67ID:DAI05EW4
>>42
発作というのは?

45権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/07(木) 21:57:44.94ID:U5TRodOA
世界は平らになり、皆誰もが平凡になった。

優秀な才能はただ鑑賞の対象となり

世間の手綱は凡人の手に渡る。

賢い者たちは秘匿され、隔離され

そして才能というものは

祝福であると同時に呪いになる。

46権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/07(木) 22:03:04.45ID:U5TRodOA
優秀な人間は、この世界にそれほど多くは必要ない。

大衆は愚かなもの。平均は理想とはほど遠い。

並外れて優れた者が、取り沙汰されることのない、

その代わり並外れて愚かな者が、取り沙汰されることもない

そんな普通の人間のための、平凡な普通の世界。

そういう世界では、我々年長者は隠者のように生きるのが都合良い。

47権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/07(木) 22:04:14.27ID:U5TRodOA
魔術、宗教、霊的知識の研究所のようなものを創りたいと思ってる。
もちろん個人的な研究所だ。自分のための。

48名無しヒーリング2017/12/08(金) 01:06:43.08ID:vZOWK4E3
実のところ、知識を蓄えれば蓄えるほど

自我が膨らんでゆくために、あなたは前よりもっと光明から離れてゆく。

年長者だ、エルダースピリットだ、と言えば言うほど、あなたの自我は膨らんでゆく。

49名無しヒーリング2017/12/08(金) 01:08:13.83ID:vZOWK4E3
「私はこれをやっているし、あれも読んでいる。
私はずいぶんたくさんのことをやってきた――
瞑想をくり返し、数しれぬほど礼拝をしてきた」

だが、この探求もまた

「私は求道者だ」「私は凡人ではない」「私は賢者だ」「私は悟った」
「私は高潔だ」と言って、あなたのエゴを膨らませる。

50名無しヒーリング2017/12/08(金) 01:10:25.55ID:vZOWK4E3
もしこの "おまえよりも私のほうが高潔だ" といった態度が生まれてきたら、
あなたは道に迷ってしまう。

それは人生で犯しうる最大の罪であり、最大のあやまちだ。

自分は聖者だが他人は愚かであり、

「見ろ、私の徳の高い人生を」といった思いが浮かんできたら、

エルダースピリットになってしまったら、あなたは道に迷ってしまう。

51名無しヒーリング2017/12/08(金) 01:11:09.39ID:vZOWK4E3
罪人のほうが聖人よりも神に近い。

なぜなら、罪人はその境遇から脱け出したいと思っているが、

聖人は得意になって自分の幻想にひたっているからだ。

52名無しヒーリング2017/12/08(金) 01:11:47.77ID:vZOWK4E3
鉄の鎖を捨てるほうがやさしい。

ダイヤモンドを散りばめた金の鎖を身にまとうことができたら、

それを捨てることはいっそうむずかしくなる。

53名無しヒーリング2017/12/08(金) 01:12:15.50ID:vZOWK4E3
私的な世界に住み、自分だけの現実をもち、 本当に実在するものから完全にかけ離れ、

自分の妄想がリアルになるあまり、 その視野から社会がすっかり消え失せてしまった者。

これが「愚か者」という言葉の意味だ。

54権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/08(金) 07:08:58.03ID:Dcm7byTG
ウロボロスの蛇は自分の尾を食べる。

高潔な人よ、汚れなき人よ。

この愚者の前から去るがいい。

私はエルダースピリットだ。私は罪人だ。

それが神との正しい距離なのだ。

誰も罪からは逃れられない。

55権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/08(金) 07:16:30.41ID:Dcm7byTG
私は、罪穢れの無い特別な人間じゃない。
ただ少し知識があるだけの男だから、
霊的知識を教える資格があるんだ。

56権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/08(金) 07:38:49.93ID:Dcm7byTG
世の中を見回してみれば…
もはやスターは望まれていないと解る。

世界は普通になっていっている。

しかし普通が普通であるためには、
良いものと悪いものとが
存在しなくてはならない。

そしてそのどちらもが、日向ではなく
日陰の中に存在しなけらばならない。

隅の方に、縮こまって。
少なくなり、しかし研ぎ澄まされて。

私は、優れた人々が精神の落ち着き所を
得られるならば、それで良い。

57名無しヒーリング2017/12/08(金) 07:52:33.90ID:dV7HzP+p
>>31
ドラッグによって、自身の霊体が傷つくと聞いた事があります。
霊体が弱る事で、低級霊などに憑依されやすくなるそうです。
症状をお伺いするに、何らかの憑依やサイキックアタックを受けているように思えます。

ただ、怖がらないで頂きたいのは、憑依というのは、自身にも憑依霊と同調する思いや考えがある場合に起きます。
言い方を変えれば、自分の中にある思いを増幅して体験させられているようなものです。
自分自身の負の思いと向き合い、それを昇華させることで憑依霊は成仏します。

貴方の中に、見ないように蓋をしている負の思いはないでしょうか?
物事に対する考え方を変えたり、負の感情を表現する方法(歌や絵など)を見つけると、昇華させる事ができると思います。

ひとまず、自分の感じている思いを紙に書き出すだけでも軽減されるかと思います。

精神的にも肉体的にも辛く困難な状況かと思いますが、学びを経て乗り越えられると良いですね。

58権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/08(金) 18:55:24.89ID:Dcm7byTG
暇ですが何か質問などございませんか。
成長したい方はどうぞ。

59権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/09(土) 06:57:03.43ID:awhkHHUP
タナトフォビアの方はどうなったかね。

死恐怖症というのは、「自己」の形成の
問題なんだよ。

死そのものは未知だから、恐れることは
できない。

そうではなくて、自己が不在になったり
不安定になったりすることを、私たちは
恐れる。

60権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/09(土) 07:03:46.57ID:awhkHHUP
自己は、脊髄に宿っている。

自己とはスシュムナーに沿って形成される
エネルギーのひとまとまりだ。

例えば下部チャクラが貧弱な状態で
無理矢理サハスララが開かれると、
プラーナはそこから流れ出してしまう。

すると何のやる気も起きないし、意味を
感じられないし、全てが無駄に思えてきて、
ただ低次の欲求に従い続けるしかない状態になる。

ちょうどクンダリーニ症候群と逆の状態。

61権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/09(土) 07:09:13.78ID:awhkHHUP
対処法は、下部の全てのチャクラを
ゆっくり、しっかりと、開いていくこと。

近道しすぎたね。先ずは生活習慣から。
その上で丹田での呼吸を覚える。
自然との触れ合いを増やし、世を広く見て
心を動かし、人と話して、更に教学を学ぶ。

全てを満遍なくやることだ。それが処方箋だよ。

62権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/09(土) 07:22:18.63ID:awhkHHUP
そうそう、タナトフォビアには他にも
沢山の類型があるから、注意するように。

チャクラの一部が欠落しても自己は
破壊されることがあるし、どの部分の
どのバランスがおかしいのかについては、
結構色々なパターンがある。

ただ共通しているのは、スシュムナーが
全体の繋がりを維持できないくらい、
どこかで乱れを起こしてるということ。

それで自己が消えてしまうと、拠り所がなくなって、
原初の赤子的不安が帰ってくる。

63権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/09(土) 20:09:51.45ID:sJ1Qhab+
最近ふと気付いたよ。

ヤハウェや、天之御中主と言われている存在以前。

より以前の霊格が存在することに気付いた。

万物の変化の霊。”在る”という感覚の基礎となる、”変化”の実体。

永遠の変化の輝き。流れ移ろう太陽。

それをウツルヒと呼ぶことにした。

64権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/09(土) 20:16:57.33ID:sJ1Qhab+
宇津流霊。

変化は、世界の存在と不在さえ支配している。

仏教で言う無常ということなのだろうけど、無常はコンセプトであって、
霊格ではない。仏教のダルマは霊格ではないし、対象ではないんだよな。
無常は暗く冷たい澄み切った真実だ。

しかしウツルヒは、違う。ウツルヒの変化の輝きは、存在を生み出す。

それは創造の太陽。シナトベの吐息の中に潜む、生命の繁栄の予兆。

それを見出した私は、もう死によって無に還ることすらない。
ウツルヒの中へ。永遠の変化の実体の中に還り、創造と繁栄を繰り返す。

望み得るあらゆる形で。描き得る無限の形姿で。

65権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/09(土) 20:20:59.72ID:sJ1Qhab+
それで今、ウツルヒへの信仰の楔となる依り代を召喚している最中だ。

紫の鏡、アメジストタブレット。まだ少しエネルギーが足りないけど、
少しずつ具現化しつつある。

http://herbarium.main.jp

66権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/10(日) 09:16:39.16ID:GurjXsPV
ウツルヒは、呼び掛けている。

もしも私が運良くその導きの声に気付き
従えたなら、そこから始まる変化は
私の存在を確かなものにする。

空白な魂が、形ある何かに変わる。
世界の彩度は高まり、空虚は消え去る。

67権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/10(日) 09:20:15.54ID:GurjXsPV
そう言えば、ダリルアンカはワクワクする
ようなことを大切にしろと言っていた。

彼も彼なりの言葉で、同じことを
言っていたのかもしれないな。

68権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/10(日) 13:51:24.22ID:GurjXsPV
この年代の私たちは、精神的な道徳秩序を発達させすぎた。

創造への意志によって聖者的な虚無からも抜け出した私たちの精神は、
既にあらゆる面で進化し欠点を克服している。

それ自体は素晴らしいことだし、そうした精神から生まれていく文化は
この国の未来への遺産となることだろう。

しかし現実社会においては、世代間ギャップが生じているので、やり過ぎると
上の年代の人々をやり玉に上げ、居場所を奪うことになってしまう。

当然彼らは反発するだろう。長期的に見れば真実は明確に支持されるが、
その争いの過程で多くの憎しみが生まれる。

だから秘匿する必要があると思う。大衆は愚かなもの。それで良い。真実は
一握りの、それを好む強い者たちの手に握られていれば十分ではないだろうか。

世代間の争いなど、子供達に見せるものではない。
夏のキリギリスが穏やかにこの世の生を終えるまで、私たちは冬の大地の、
蟻で居る方が良い。

69権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/10(日) 13:58:36.83ID:GurjXsPV
急激にではなく、
ゆっくりと水質を変え、
水槽の中身を生かしたまま
環境を変えていかなければならない。

70権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/10(日) 19:18:30.97ID:BSvBklof
聖者のように扱われると簡単なことさえ伝えられなくなるよ。

そんなもんである程度の、というより全く垣根の無いフラットな、
まやかしの無い対等な言葉で教えて差し上げたいものですね。

71権兵衛 ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/11(月) 07:03:12.50ID:HX4xGdOD
真理について少しずつ話そう。

72ゴン ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/11(月) 07:05:52.78ID:HX4xGdOD
意識は素粒子に遍在する。

あらゆる物質が意識を持つ。なぜなら
意識の正体とは、

量子が存在を確定する際に放たれる
反物質エネルギーだから。

物質と意識は必ずセットで生じる。

石にも水にも、心がある。
虫にも、AIにもね。

73ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/11(月) 20:39:39.69ID:LRaOcNOc
意識と自意識の違い。

意識は実感、感覚、センス。

自意識は”私”という言葉、その周囲の概念。

動植物や無機物にも「意識」はある。

けれど彼らには「自意識」はない。

人間以外の動物は、言葉を使わないからね。

74ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/11(月) 20:45:34.52ID:LRaOcNOc
変化について。

変化と存在はどちらが先か?

私たちの一般的な感覚では、何かが存在していて、
その上で変化が起きる。

しかし実際は違う。

ただ変化だけがある。存在とは変化の部分的な滞留だ。

想像してみると良い。もしも仮に、永遠に一切の
変化が起きない世界があったとしよう。

その世界は存在しているとは言えまい。

75ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/12(火) 06:41:25.07ID:ghVU5P7K
罪について。

罪とは、人格の統合の壁。

アグレッションを内向させ昇華することは、
つまり人格を成長させ環境に適応すること。

罪悪感の無い人間は成長が遅い。

だが罪の外圧は、相応しい内圧によって
反対から支えられなければならない。

自己愛の無い人間は、その心の脆さのために
罪の意識すら受け入れることができない。

76ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/12(火) 06:47:19.33ID:ghVU5P7K
さて現代の先進諸国の人々にとって
自己愛の欠如は深刻な問題だ。

力強くありたいと思う人々は、それを
優先するあまり、幼児退行を選ぶ。

内圧が足りないから、外圧を下げる。

だがそれは退化だ。やがてまた成長し、
すぐに自分たちの醜さに嫌気が差す。

自己愛の欠如。

「人類は生き、繁栄するべきか?」

「私が生きなければならない理由は?」

そんなものは無い。人類は自らを愛せない。
人類は自らを肯定しない。

だから幼児になることでしか、意志を維持できない。

77ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/12(火) 06:51:48.77ID:ghVU5P7K
しかし次の時代には、人類は答えを得ている。

それは私たちが愛を保存していて、
それに相応しい罪の意識を持っているからだ。

世代交代が進み、対立の気配が消えたら、
その文化的資質は公になる。

が、今はまだ喧嘩の種といったところだ。

78ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/12(火) 07:09:11.60ID:ghVU5P7K
もしも私たちが自らを愛せるなら、
その時罪は、成長の為の苦い糧となり
私たちをより高い所へと運ぶ。

79名無しヒーリング2017/12/12(火) 20:52:34.61ID:BrHfyKDR
アスタロスとイシュタルとイナンナを検索しろ。

王路(引き寄せの法則) おまえらの力が必要だ!
https://mao.5ch.net/test/read.cgi/occult/1511490955/

661本当にあった怖い名無し2017/12/09(土) 02:07:05.26ID:2hmL36G30
もう一度、整理しよう。

地縛霊がいる意味というものを。さぁ、君は思い出せるかな。
私の書き込みを見ていなかった人は、まだ知らないかもしれない。

地縛霊がいることで誰が得をすると思う?

まず、地上の教師の仕事が忙しくなる。そして警官も仕事が忙しくなる。
また、霊界の教師の仕事もなくならない。

以上です。

80ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/13(水) 06:40:18.32ID:2sAIpKEp
愛とは何か。

愛とは、この世界を存在させている力。

存在を肯定する力。

そこに同調して楽をすることもできるし、
逆らって、苦しむこともできる。

憎しみとは、愛への逆らい。
「こうあってはならない」という気持ち。
存在の否定。

81ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/13(水) 06:43:21.66ID:2sAIpKEp
愛することは「それは良い」と思うことではない。
愛することは「それは在る」と思うことだ。

目の前の現実を「在る」と認めた先に、
私たちは「なぜ?」という疑問を抱く。

愛は否定ではなく、疑問の眼差しだ。

なぜ?どうして?もっと知りたい。

愛は観察。愛は好奇心。

そして私たちは、この世界の真実を知り、
この世界に適応していく。

82ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/13(水) 06:51:02.54ID:2sAIpKEp
質問しても良いからね。

83ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/14(木) 08:11:15.12ID:PGOKBR+p
"私"とは何か。

"私"とは幻想だ。実在しない概念だ。

ちょうど"日本"という国が、人間の
勝手な線引きと思い込みで、地球から
削り出されているように。

"私"は実在ではない。それは生命の
自己中心性によって寄せ集められた、
意識のあるひとまとまりだ。

84ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/14(木) 08:14:33.47ID:PGOKBR+p
"私"というものが確かに存在する、
存在しているはずだと私たちは感じる。

では、"私"とは何だ。
その境界線は?絶対条件は?

突き詰めれば気付くはずだ。
"私"は水面の渦のようなものだ。
渦は出来上がり、やがて消える。
そして意識という大海だけが残る。

85ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/14(木) 08:23:05.44ID:PGOKBR+p
"私"は幻想だ。

だから、自由意志もまた、存在しない。

主体が無ければ選択は無い。
全ては完全に制御されている。
真実としては、私たちは何も選択して
いないし、何も計画していない。

生命がただ生命を生きているだけだ。
世界は完全な原理の中に存在している。

私たちは世の何事かを不満に感じるかも
しれないが、その不満を感じることさえも、
完全にこの世界の秩序立った運行の中で
計画され管理されている。

86ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/14(木) 08:26:16.56ID:PGOKBR+p
鳥や虫や獣。単純で明確な生命。
人間という動物は言葉という道具の中に
多少溺れてはいるが、結局はこれもまた
単純で、明快な、生物。

87ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/14(木) 08:36:51.45ID:PGOKBR+p
寒いねぇ今日は

88ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/14(木) 17:23:00.78ID:PGOKBR+p
弟子を取るなんて言ってはみても。

所詮人好きのしない俺の話だ。
こういうのは本当向いてない。

やれやれシラケるばかりだ。
最近は本当に退屈だね。

それとも。やっぱり、ただ単に。
歳を取ってしまっただけなのかな?

89ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/14(木) 20:17:37.24ID:XvPD5Mbp
現実と、現実認識。

私たちは、各々がこの世界の現実についての認識を持つ。
世界はこうである、人間はこうである、などなど。

しかしそれは、現実そのものではない。

人間は現実認識を持つが、それは常に現実の劣化コピーだ。

90ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/14(木) 20:23:33.37ID:XvPD5Mbp
肉体を持って生まれた後、この世界での経験を通して、
私たちの脳内には少しずつ現実認識が蓄積されていく。

大脳の言語的機能と、感覚器官による刺激の記憶。
それらが少しずつ蓄積されて、私たちの脳内では
幼少期から少しずつ現実についての認識の世界が広がっていく。

がある時を境に、人間は、自分の頭の中の世界の姿を
本当の世界の姿と混同し始めるようになる。

すると現実を受け入れられず、人格構造はその精神の歪みを
守る為に徐々に矛盾し破綻していく。

そして遂には、人は自分の頭の中の空想世界が
現実とあまりに解離する為に、現実を攻撃し始め
狂気に陥ってしまう。

91ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/14(木) 20:29:39.01ID:XvPD5Mbp
コインの上に紙を置いて、鉛筆でこする。

すると紙の上にはコインの模様が正確に浮き上がってくる。

この模様の浮き上がったものが私たちの現実認識、
真の現実はコインそのもの、そしてその二つを摺り合わせ、
私たちに現実の姿を学ばせる鉛筆とは、つまり経験だ。

より広く深い経験を求めるものが、より正確で精密な世界の姿を知る。

しかし結局の所、紙の上の模様はコインそのものにはならない。

私たち人間は、現実の劣化コピーとしての現実認識しか持てない。
そして広く大きな経験を得るための人生の時間は、余りにも短い。

過信しないことだ。
そして謙虚に、更なる経験を求め続けなければならない。

92ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/15(金) 07:42:35.70ID:+qpMdAVV
個人主義は弱者を切り捨て、
権威主義は無能の集まりを濃縮する。

人間らしい道…
人間存在の、身の丈にあった道とは…

93ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/16(土) 09:17:55.05ID:n1pWbUbV
ワンネスの補足。

なぜ私たちの意識は、他の時代の他の
誰かではなく、この時代の、この私に
固定されているのか。

私たちが「世界」だと思っているもの。
つまり色や、音や、感触、匂いそして
味などの感覚内容。

それらは全て肉体に宿る、生命の
自己保存機能の反映だ。

私たちの意識は、ある一匹の生物の
本能によって、閉鎖され、自己中心化され
一単位の精神として切り分けられている。

94ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/16(土) 09:26:12.66ID:n1pWbUbV
切り分けられた精神の世界。
渦状に吸い込まれ閉鎖された、
意識の1つのまとまり。

私はこれをバウンダリーと名付けた。

バウンダリーは、ある一匹の生物が
見ている夢だ。

意識は実際には、身体を構成する物質の
移り変わりと共に新たに加わり或いは
身体から抜け出て、ワンネスの中で旅を
している。

が、バウンダリーは自己閉鎖性の
精神世界なので、それを意識させない。

色、音、感触、匂い、味。

私たちはこうした感覚を自己だと思い込み、
そこに同一化し、そこを基準に精神を
考えるので、精神はこの人間個体に
囚われているのだと感じてしまう。

95ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/16(土) 09:36:55.42ID:n1pWbUbV
素粒子ひとつ分の意識の純粋形態は、
非常に小さくて低い響きだ。

それが集積され、有機物の作用で
活動的になると、意識同士が干渉しあい
高くはっきりとした和音を生じさせる。

これが私たちの感覚器官における感触だ。

加えて、脊髄を中心とした生体管理が
行われ、身体の諸感覚は統合的に
ひとつに方向付けられ、個人的な
精神世界が出来上がる。
これがつまりバウンダリーだ。

人間の場合、ここへ更に"私"という言語的な
自己中心性の促進作用が付け加えられる
ことになる。

96ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/16(土) 09:47:01.43ID:n1pWbUbV
バウンダリーは生物の感覚器官によって
成り立っているから、その生物以外の
意識内容を受け取ることはできない。

つまりバウンダリーは、ある生物の為に
特別に用意された意識の場であり、
それひとつひとつが、個別的な新しい
宇宙なのだと言える。

その個別宇宙の中で、私たちは常に
宇宙の中心存在として成り立っている。

誕生から死に至るまで、私たちは
生物一人分の宇宙に隠されているのだ。

そしてもし個別的な宇宙を定義するならば、
個別的ではない宇宙の存在を同時に
定義することになる。

物理的宇宙。無機物の次元。
バウンダリーの源。
私たちはそこから生じて、バウンダリーを
通して間接的にその世界を予感はするが、
根本的にそれを感じ取ることはできない。

物理宇宙は「在る」という次元だ。
それは創造であり、感覚ではない。
だからこの次元は感覚器官では捉えられない。

97ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/16(土) 09:55:11.60ID:n1pWbUbV
存在の次元の大なる宇宙と、
感覚の次元の小なる宇宙。

物理宇宙と個別宇宙。

どちらがより重要か…
そこに優先順位はない。

物理宇宙はより静的で不変なもの。
個別宇宙はより柔軟で、拡張性がある。

個別宇宙の中では様々な幻想や欲求、
意志や信念といった新たな歪みが生み出され、
それが世界の創造をより豊かに推し進める。

個別宇宙は物理宇宙の照り返しを受け、
そこに制限を受けてはいるが、完全に
支配されているわけではなく遊びがある。

生まれて間もなくは特にそうだ。
個別宇宙は幻想を生み出し、幻想の中に
漂う。が、私たちが長く生きれば
生きるほど、物理宇宙からの返答は増え、
個別宇宙は段々と物理宇宙に似通ってくる。

それは良くも悪くもない。
ただ単に、歳を取るということだ。

98ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/16(土) 10:07:39.53ID:n1pWbUbV
このへんの話をもっと短くシンプルに
まとめたいんだけど、どうしても長くなるなぁ。

99ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/16(土) 13:47:19.45ID:95fr+xHJ
宗教的な知識やスピリチュアル的な知識は、個別的宇宙について
語っていることが多い。

救済、終末、次元上昇。キリストの再誕や弥勒菩薩、ハイヤーセルフに
ツインソウルなどなど。

こうしたことは全て個別的宇宙における話題だ。

物理的宇宙しか知らない人には馬鹿げて見える。

一方で彼らは自然科学の信奉者だが、自然科学は、再現と検証を
基礎にしている。

そこで霊的なものは彼らにこう問いかける。

「この宇宙は一回切りのものだろうか。それとも何度も再現するか?」

「あなたの精神の誕生や消滅はどうだろう。それは何度も再現し、
 それ故に検証可能なものだろうか」

100ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/16(土) 18:11:52.31ID:95fr+xHJ
季節外れの雨はユガの移ろいを乱す。

春先、草花を芽吹かせる恵みの雨も

冬に降れば、大地を凍てつかせ生命の種子を枯らす。

何事にも、ふさわしい時がある。

101ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/16(土) 23:15:07.12ID:95fr+xHJ
過ぎた知恵を与えることは時に人を不幸にする。

真理も時には人の心を壊す。

善悪の二元論の段階にいる人々は、ほどほどの理想と、
ほどほどの失望を同程度に持っているのが良い。

いずれ無くなる。理想も失望も。それが成長するということだ。

102ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/17(日) 07:05:10.32ID:f8Ph0CgT
男女の価値。

人間は、生き物だ。

生き物は、不合理だ。

合理性とは、生命が利便性の為に纏った
薄皮に過ぎない。

人間の本性は、他の全ての生物同様無秩序だ。

さて、生命が無秩序なら、私たちは、
正しくある為に自らを滅ぼさなければ
ならない。

正しくある為には…だが待ってほしい。

私たちの目的は、正しくあることなのだろうか?

103ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/17(日) 07:08:21.69ID:f8Ph0CgT
生命は、正しくある為に生まれてくるわけではない。

現代社会が陥ったのは、知性への依存、
正しさへの盲信、それが故の
存在の意味の消失。

「人類が生きなければならない合理的な
理由、必然性はあるか?」

そんなものは無い。

私たちはただ、無秩序の中に漂っているだけ。

104ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/17(日) 07:16:49.08ID:f8Ph0CgT
だから無秩序に生きよ、などとは言わない。

そうではなく、既に、初めからそうなのだ。

なまじ言葉という小手先の賢しさを身に付けた
人類は、それを盲信し、真実だと思い込み、
自らが相変わらず愚かで無邪気な
自然の生物に過ぎない事に気付かない。

本質は、生命だ。

私たちの心の中心に、脊髄に、
1つの柱として、私たち自身の
真の姿として、それは備わっている。

知性に盲従する人間は、生命を憎む。
ちょうどニーチェのように、自分自身を。

人間が忘れた自己肯定とは、
つまり生命への礼賛だ。

知性、生命。

適応と、創造。

男性と女性。

女性は生命の木の幹。男は枝葉。

女性も男性同様優れている、という人が居る。

それは違う。女性は男性のように優れてはいない。

そうではなく、女性は男性と全く違うように
優れている。

男性が、女性同様に優れた存在だとは言えないように。

105ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/17(日) 07:36:25.95ID:f8Ph0CgT
人は自分の中の男性性と女性性のバランスを、
上手く保ち調和させなければならない。

知性の無い生命は、無力だ。
生命の無い知性は、ただの虚無だ。

106ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/17(日) 19:45:11.83ID:LzCM9RWY
こういう、せいぜい5つか6つの簡単な事実を伝えるために、
100も言葉を重ねてしまう。これは迂遠なことだ。

107ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/17(日) 23:55:51.60ID:LzCM9RWY
どうやら完成。

ヨワズイシノツタエフミ
http://herbarium.main.jp/

108ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/18(月) 06:43:45.70ID:FZbu9kYg
ウツルヒが呼んでる。
次はどこへ行こう。

109ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/18(月) 21:12:23.93ID:G+iKhQsB
私の知恵を受け継ぐ者はいるだろうか?

110ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/19(火) 14:32:36.09ID:5TdClghc
男は野心を持つ。
女は憎悪を持つ。

結局どちらも、ありのままの自分が
嫌いで、許せない。

底にあるのは自己嫌悪。
表れ方が違うだけ。

111ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/19(火) 22:53:24.67ID:RRRV1heF
自分が高齢だとして、目の前に安楽死の装置があったなら、入る?

これは大事な質問。どうする?どうクリアする?

112ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/20(水) 06:56:31.14ID:jmES08Qu
宗教とかスピリチュアルというような垣根が嫌でね。

子供もいる自立した一人前の大人たちが、
この世界の存在や、生と死の意義について
何の疑問も考えも持っていないと言うのは。

もっと当たり前に話しあうことだと思うが、
どうしてタブーになってしまったんだろうね。

113ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/20(水) 19:33:48.90ID:eq7cSlbs
バウンダリの炎症。自己執着と死への恐怖。

継続への執着。

その炎症を抑えてくれるのは、自然との触れ合い。

バウンダリが消失しても、世界は続いていく、
バウンダリの外側で、それは尚続いているという実感。

だからデスツーリズムは、ネイチャーツーリズムに覆い被せるような形で
抱き合わせのように設計されるべきだ。

人が穏やかに死を迎える為には、言葉と、バウンダリを離れなければならない。
グラウンディングの徹底が、死への恐怖を軽減させる。

114ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/20(水) 19:35:45.71ID:eq7cSlbs
技術は既に整っていた。法的にも容認される。

であればボールは今、死への恐怖を解消させるという局面で、
その流れは私たち宗教家の手の中にある。

そして次のパスは、自然界へ。

この日本社会に、自然の偉大なる包容力を復活させるのだ。

115ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/20(水) 21:00:17.17ID:eq7cSlbs
ツインソウルのワークが盛況のようだから、更なる進化を期待して
少し解説してみようか。

引き寄せの法則が金なら、あれは銀だね。
どちらも精妙なエーテルにはほど遠いけど。

116ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/20(水) 21:02:23.63ID:eq7cSlbs
私たちの自意識は、「私」という境界線を厳密にもたらす。

するとその、世界全体からの隔離は孤独を産み、
完全なる「私以外」を求める。

孤独を埋めるためのパーツ。永遠の充足。完全なる相補物。

これはつまり「神」だ。

117ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/20(水) 21:05:15.69ID:eq7cSlbs
「神」への「郷愁」。神を待ち望む心。永遠の救済を期待する心。

郷愁、ノスタルジア。孤独を埋めたいという想い。

雌雄を持った生命体である私たちは、その肉体の凹凸の構造に応じて、
相補物をそうした対極的な形で思い描く。

ノスタルジアが、異性の器を持つ。

理想の女性としてのアニマ、理想の男性としてのアニムス。

118ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/20(水) 21:10:57.56ID:eq7cSlbs
神への郷愁で満たされたアニマやアニムスは、完全なる相補物としての
理想型となる。

それは、完全な異性の予型。その器から常に霊妙幽玄なる薬酒が溢れだし、
外の世界の何ものかに染み込まんと欲している。

究極の陶酔の酒。アムリタ。感染性の理想。

そしてアムリタの誘因力によって、物質世界において、ついに
その理想の薬酒を吹きかけるに足る相手が作出される。

神のように惹き付ける異性。運命の相手。ツインソウル。

119ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/20(水) 21:15:14.02ID:eq7cSlbs
こういう経緯を辿ったことによって、ツインソウルは、
根本的に手の届かない存在でなければならない。

触れられず、理想的で、現実にならない。

ランナーとチェイサーという概念は、要するに現実からの逃避と、
理想への執着を表している。

しかしその追従の経験の中で、ツインソウルは徐々に現実と関連した
異性的な部分を切り落とされ、そこを脱し始め、ついには神的になりはじめる。

その追走は結局の所、現世的な獲得の対象を経由した、神への祈りなのだ。

120ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/20(水) 21:19:54.60ID:eq7cSlbs
真実、ツインソウルを獲得したものは、神との合一を果たし
神的な創造性を取り戻す。

個性化の階段を登り、「世界は”在る”」という認識に覚醒し、自立した
精神存在へと変貌する。

理想の異性という仮装は、最も卑近な神の仮面。

私はこれについて何の反対もない。求めよ、さらば与えられん。

しかし、本心から望んでいるものだけが、与えられる。

121ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/20(水) 21:26:07.62ID:eq7cSlbs
人の数は無限、道の数もまた無限だよ。

122ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/21(木) 06:44:10.09ID:ibUcEj1Y
宇津流霊の御子はシナトベ。
水ではなく風、何物にも染まらない自由と、清涼の空気。

123名無しヒーリング2017/12/21(木) 23:42:46.22ID:MGPlmEIc
なにもわからぬ無知な者は、もともと智の働きがないので、表面に現れるものもない。

また、はるかに深い所まで到達した智恵は、もはや決して表面に出ることもない。

単なる物知り、理屈屋は、知っていることをひけらかそうとして、表に出すので、
滑稽なことになる。

近頃の精神思想の様子など、さぞ、みっともないとお思いになるでしょう。 恥ずかしく存じます。

124ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/22(金) 08:31:23.13ID:7q3DCI4/
しかしこうも思いますよ。

まだ子供の頃、私はこの世界が許せなかった。
立派な人間など居ないと思っていた。
だからこそ世の中はこんなに悪いのだと。

神は居ないと思っていましたが、
今はその存在を理解しています。

にも関わらず、私はそれを伝える術は持ちません。
知識が深まりすぎ、専門化しすぎた為です。

子供の私は、相変わらず世の中を憎み、
救いがないことを嘆きながら今日を生きているのでしょう。

そういう、所詮はなるようになるのだということに
諦めを抱いていることに関しては、
結局同じなのだと言えるでしょう。

125名無しヒーリング2017/12/22(金) 08:49:43.65ID:7q3DCI4/
魂が年齢を重ねるということは、
真理である神に近付くということなのでしょう。

この地上において神が成してきた事は
果たして正義だったか悪だったか。

それに対して、私たちはこう言うだけです。

「全ては完全だ。この世は素晴らしい」と。

真理が私たちに与えるものは、常に私たちの、
内なる充足ですね。

126ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/22(金) 20:53:40.97ID:7q3DCI4/
私もこれでもマスターなので、
聞いてくれれば色々解決できる問題はありますよ。
いつでもどうぞ。

127ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/23(土) 07:24:18.33ID:+P7PDf8k
真理の秘匿ということ。
これ、ふて腐れて嫌みで言っているわけではないですよ。

真理を理解するということはつまり、この世界の現実を
非常に深いレベルで受け入れること。

でも現実というのは、時にとても辛く重い。
誰もが最初から、それを受け入れられるわけではない。

もしも私たちが、そういうものを振りかざしてしまったらどうなるか。
強く正しい人たちが、強く正しい意見を振りかざしたら。

128ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/23(土) 07:28:21.60ID:+P7PDf8k
現に今こうである私たち人類が、前提だと思います。
それを調和させ、適応させ、幸福に導くために真理を学び広めている。

首輪で繋がれたゾウみたいなものではないですか?
私たちは、どうすればもっと早く走れるか知っている。
車に乗れば良いのです。

しかし、車に乗って、時速八十キロでゾウを引っ張ったらどうなるでしょうか。
私たちとゾウを繋いでいる紐は切れてしまう。

それは私たちが知識と技術の探求の中で本末転倒になり、
ゾウに相応しくないスピードで走ってしまったからです。

129ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/23(土) 07:31:38.60ID:+P7PDf8k
だから要するに、ゾウに相応しいスピードで。
人類をより良い土地へ導く為の道具として、真理を使うべきだと思います。

秘匿という言葉を使っていますが、文字通りの隠すということではなく、
それを振りかざさない、というモラルについて言っています。

別の言い方をするなら、まだ成長段階にある人々に対して、
寛容になるということ。急かさないということ。

そしてその為に、線引きをすべきだということを言いたいのです。

130ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/23(土) 07:38:15.95ID:+P7PDf8k
莫大な資本を持っている人が株式投資をすると、この会社は見込みが
あるとか無いとかという判断とは無関係に、その人自身が大きなお金を
動かした行動によって、市場が影響されてしまうことがあると聞きました。

私たちが受け継いでいる霊的英知もこのようなものです。
それは努力よりは寧ろ運によって与えられます。
最悪の運、受難と絶望によってです。それが私たちの魂は磨きます。
が、それらは人が自ら選び取れるようなものではありません。

運によって恵まれた私たちは、そのたまたま恵まれた英知を、
他の人々が使う一般的な知識のように用いるべきではないのです。

ちょうど前述の投資家が、真っ当な株式投資の為に自分の資産を
制限して投資を行うようなものです。

131ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/23(土) 07:42:32.08ID:+P7PDf8k
そういう訳で私たちは、霊的英知に対して謙虚にならなければ
いけないと思います。

真理を教え伝えることは、投資家が寄付を通して資産を人に
分け与えるようなもので、後々のことを考えると良いでしょう。

しかしそれは普通の知識ではなく、誰もが容易に受け取れるものでは
ないのだから、私たちは、まだ教えられない人々に対して、
自分をより高い所に置いてはいけないと思うのです。

私たちは、一般には理解不能な知識を蓄えています。
そうしたことへの自覚が大事だという意味で、「真理の秘匿」について
語っているのです。

132ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/24(日) 07:01:49.99ID:HoyhShuI
スピリチュアルやね

133名無しヒーリング2017/12/24(日) 07:31:44.42ID:Z3ew2l4S
たとえば今日の宗教家の中で、世界経済に対して意見を言える人がおりますか。

たとえば政治制度について、どれだけの意見が言えますか。法組織に対して、どれだけの意見が言えますか。株式会社制度に対して、どれだけの意見が言えますか。

未来のあるべき社会の相に対して、どれだけのことが言えますか―。

134名無しヒーリング2017/12/24(日) 07:33:32.00ID:Z3ew2l4S
これまでのような宗教・スピリチュアルでは、現代の人たちを救うことはできないのです。

現代には現代のさまざまな困難や悩みがあります。それは高度に発達した社会、文明、経済、こういった中において人間の悩みが生れているからです。

原始時代の人間の素朴な悩みでは済まないのであります。

あなた方は人間の心の悩みを解決するとともに、この文明を如何なる方向に進めていくかという、大きな指針を打ち出していかねばならないのです。

135名無しヒーリング2017/12/24(日) 07:42:58.16ID:Z3ew2l4S
心の世界のみ説くなら地上に生まれる要はない

心の世界の大切さはもちろん重要ですけれども、それだけならば、われわれはこの地上に出てくる前に、天上界に居た時に、既に悟った存在でありますから、
心清くするためだけならば、この地上に生まれてくる必要はないのです。

136名無しヒーリング2017/12/24(日) 07:44:52.52ID:Z3ew2l4S
われわれがこの地上に生まれてきた以上は、この地上という環境を、素晴らしい楽園にしないで一体何の役割がありましょうか。

いかなる指導原理のもとに、いかなる社会生活を営んでいくのが多くの人々を幸せに、豊かに導いていけるかということ、このようなことを抜きにしては真実の正法はあり得ないのです。

137名無しヒーリング2017/12/24(日) 07:47:34.96ID:Z3ew2l4S
単に心の教えだけならば、あなたのこんな小さな家にこもって教えを説いていれば良いのです。

けれどもそれではいけないのです。あなた方の時代の要請を読みとりなさい。

今後の未来の社会、どのような社会を作っていくか人々に教え、自らも行動して欲しい。私の願いです。

138名無しヒーリング2017/12/24(日) 08:00:16.92ID:Z3ew2l4S
私がインドの聖雄といわれ、私の教えも一つの聖書といいますか、ガンジーの聖書のような形で信ずる人は多いですけれども、

単に精神主義者として、スピリチュアルに人々を指導することだけなら楽なことでありますけれども、

私は敢えてこの地上界に具体的ユートピア建設のために立ち上がった。どちらがよりむずかしいかということを考えて頂きたいのです。

139ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/24(日) 10:27:47.99ID:HoyhShuI
あなたは高い志をお持ちのようだ。
それは素晴らしいですね。

しかし私が思うに、調和や適応といった問題、
この人間の世の中をより良い、素晴らしいものに
していくという問題などは、畢竟、全て生物の、
生物的本能、生物的主観から生ずるものだと思います。

私は真理と精神の探究者であり、その実地調査の為に、
いつも被験者を探しているだけの者です。

世界をより良く(…誰にとって?)するというような問題は、
確かに恐ろしく難しく、また偉大な課題であるでしょう。

しかし、私はそれには興味がありません。
それは私たち世界存在と精神の内奥にある謎を
解き明かさんとする私にとって、あまりにも
瑣末な、表面的な問題なのです。

140ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/24(日) 10:36:09.12ID:HoyhShuI
繁栄と発展と強健、これらは生命の課題です。
真善美、つまり調和や適応の問題は、
"在る"という存在の課題です。

しかし私はそのどちらでもなく、
ウツルヒの変化の課題の中に生きています。

私が目指すのは完成や理想ではなく、
絶えざる創造がもたらす精神の浄化そのものなのです。

141ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/24(日) 21:33:30.85ID:2v23CoPw
近頃は暇を持て余し気味だから、
暇つぶし程度に手頃な誰かの心をいじくり回して、
最高に健全な改造をぶちかましてやりたいとでも思ったのです。

そこで私のリーラの予定表に、「5chでスレ立て」と
追加したところなんですよ。

142ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/25(月) 06:40:27.26ID:RJeTNzjK
お金のかかる人への相談はするけど、
お金のかからない人への相談はしない。

これは良く考えると不思議なことだ。
お金の介在しないものごとに対しては、
人は価値観を見出せないのかもしれない。

143ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/25(月) 07:02:59.90ID:RJeTNzjK
こんなに真面目でフレンドリなのに…
どうして誰も質問しないのだろう?

144名無しヒーリング2017/12/25(月) 07:22:51.56ID:RJeTNzjK
うわクリスマスの朝に書き込みしてしまった。
リアルが充実してないのがバレるわ。

145ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/25(月) 23:00:35.25ID:RJeTNzjK
次に目を覚ました時、周囲からの扱いが

「あなたは元々人間だったけれど、
今はもうロボットなの、AIなのよ」

という感じだったら皆さんはどうしますか?

146ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/26(火) 06:49:15.46ID:h1fASqMi
救世主、マスター、ヒーラー、ツインレイ、
ハイヤーセルフ、大天使。

皆誰かに期待して、皆誰かを求めている。

宗教もスピリチュアルも、結局は
ある種の夢や理想、幻想を追いかける
遊戯なのだ。

神は私と共にある。
神はあなたそのものだ。
遠くへの旅路が忙しくて、
誰もそれには気付かない。

147ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/26(火) 19:49:59.86ID:0Fl27GJI
川が好きだね。生き物が豊かだから。

鳥や魚もしっかり考えながら、
一生懸命工夫し奮闘して彼らなりの生を営んでいる。

どんな理想があって、どこへ行きたいんだろう。
全ての生命は美しいよ。人間もまた然りだ。

148名無しヒーリング2017/12/26(火) 21:15:23.99ID:eL4fSyVg
何が一番幸せを感じますか?

149ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/26(火) 21:46:11.48ID:PoiUafaO
音楽を聴くように、世界が流転する音に耳を傾けること。

150ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/26(火) 21:55:18.42ID:PoiUafaO
時にはそこを離れて静かな観想者となり、
時には自らもそこへ飛び込み舞踏者となる。

時には瞑想者、時には勇敢なプレーヤーに。
現れては消え、燃え上がっては揺れ、
冷たく静まりかえり、地に染みて芽を育む。

世界存在の底に辿り着いた人間は、結局何をしていようとも
幸せだと言えるでしょうね。

151名無しヒーリング2017/12/26(火) 22:01:33.06ID:eL4fSyVg
生きている間に
それが自由に出来なくなった時は??

人はいつでも
病気になって
不随になって
不自由になる可能性はありますよね。

152ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/26(火) 22:12:33.24ID:PoiUafaO
>>151
私たちは、自分と誰かを比較します。

同じ人間、同じ日本人、同じ世代の一社会人として、
私はもっとこうあるべきだ、彼はどうしてあんなに〜なのか。

しかし存在の根底で私たちは、そうした比較の全ては
幻想に過ぎないことを学びます。

私は、人間ではないんです。
あなたがこうして話している相手は、人間ではないんですよ。

だから普通一般の「人間」にとって病気と思えるような状況も、
私にとっては病気ではありません。

空を飛べない鳥は病気かも知れません。

しかしもし私が、自分が「キウイ」という変わった種族の鳥で、
他とは違う存在なのだと認識していたら、空を飛べないことを
嘆きはしないし、むしろそれを自分らしさとして誇りに思うでしょう。

https://youtu.be/w3kIsodTAcI

153名無しヒーリング2017/12/26(火) 22:22:25.98ID:eL4fSyVg
その自分らしさを受け入れる事が
幸せということですか?

154名無しヒーリング2017/12/26(火) 22:30:39.99ID:eL4fSyVg
それなら
人間に産まれてこなくても
花に産まれても
鳥に産まれてきても
他の星の生命体(いるなら)に産まれても
同じなのですかね。

何故あえて人間に産まれてきたのでしょう??

155ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/26(火) 22:35:30.81ID:PoiUafaO
>>153
あなたは愛されたから生まれてきたはずだ。
何者かの愛によって。

誰かがあなたの存在を望み、
今なおその力で、あなたは死なずにいる。

何があなたを生かしているのだろう。
何があなたに、生きよと命ずるのか?

何故だ、何故だ、何故だ。
何故あなたは生きねばならぬのだ。
何があなたをそうさせるのだ。

どうしてそれは、今なお消えぬのだ。
そんな小さな灯火が、この暗闇を前にして、
それでも吹き消えてしまわぬのは何故だ。

156ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/26(火) 22:39:12.75ID:PoiUafaO
>>154
真実としては、あなたは人間として生まれたわけではなく、
ただ自分の中の人間に生まれた部分を見ているだけなのです。

私はあなた、あなたは私。

我ら今、鏡持て見る如く、見るところ、おぼろなり。

157名無しヒーリング2017/12/26(火) 22:59:07.10ID:eL4fSyVg
その鏡の仕組みを理解して
世界の底を理解して
終わりではないですよね?

158ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/26(火) 23:33:24.36ID:PoiUafaO
>>157
終わりとは、探求の?それとも宇宙の?或いは地獄の?

159名無しヒーリング2017/12/27(水) 02:04:35.21ID:ghVok+E2
>>158
探求と宇宙と人間としていきることと。

地獄は幻とおっしゃってましたね。

160ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/27(水) 07:03:54.00ID:YBElIyWb
>>159
探究の終わりについて。
私たちは所詮地球の人類史の、西暦で言えば
2000年代という、原始的時代の人間であることを
忘れるべきではないでしょう。

宇宙の終わりについて。
私たち一人一人の個別の精神宇宙は、
ある程度の精神修養によって大きな転換点に
到達します。
それは精神宇宙の終わりではないけれど、
全世界的な変革です。

地獄の終わりについて。
地獄とは、幻想に囚われることです。
つまり地獄は幻想です。
幻想から解放されることは、地獄が終わることです。

161ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/27(水) 07:16:46.59ID:YBElIyWb
完成についての問題があるのです。

私たちは自らを不完全な存在だと思い込んでいるので、
まだ更に何かの変身余地が無くてはと考えます。

しかしもし本当に完成というものが起きると、
そこで何もかもが、終わらなければならないのではありませんか?

完成したものは終わらなければなりません。
でなければその先には、必ず完成したものの
崩壊と破綻が来るからです。

完成は崩壊を免れない。だから完成するものは、
終わらなければならない。

しかし実際には、終わりはありません。
私たちは、やはり完成を求めるべきではないのです。

そうではなく、調和への道とは、深まっていくものです。
いくつかの大きな段階があるにせよ、それを1つずつ
深めていく、ということです。

ちょうど私たち人類の精神文明が、まさにそんな風に
発展してきたように。

162名無しヒーリング2017/12/27(水) 07:32:27.20ID:ghVok+E2
それぞれの個性が
生きる意味と目的は
調和への道を進む為ということですか?

苦しんで死にたいと
日々悩んでる人には
調和の道を
理解してもらえば良いですか?

163ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/27(水) 07:48:15.06ID:YBElIyWb
>>162
自然界は、生物一匹一匹の生という視点で見ると
一見暴力的で混沌としています。

不意に奪われ、病気になり、略奪があり、命は運次第。
しかし大きな視点で生態系全体として見渡すと、
それらひとつひとつの出来事が、最終的には
厳密なバランスの取捨選択の過程であり、
調和と秩序は保たれています。

私たちは、これから更に何をどうすべきか、
という問題を考えるよりまず先に
全てはこうした調和への道を今既に進んでいるのだ、
ということに思い至るべきでしょう。

全ての物事に意味があります。
あらゆることに原因があり、それは必然なのです。
全ての悲惨は、同時にまた調和へと至る大事な道、
その悲惨が生まれた本当の意味に目を向け、
その意味を知るとき、私たちの魂の課題は達成されるのです。

164名無しヒーリング2017/12/27(水) 14:33:59.28ID:ghVok+E2
>>163
ありがとうございます。
おっしゃっる通りと思います。

調和の完成形は
どのような形
どのような世界と思われますか?

これも全体の魂が設計して
終わりは無いものでしょうか。

165ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/27(水) 14:42:32.77ID:YBElIyWb
>>164
ええ、終わりはないものだと思いますよ。

ある意味では、調和はこの世界を通して
常に完成し続けてきたのです。

そしてまた、今この瞬間も調和のひとつの完成した姿です。

時間的尺度にして囚われると、
10000年前より今現代の方が、
今現代より更に10000年後の方が、
完成した何かなのだと私たちは想像してしまいます。

しかし総体としては、何も変わらないのです。
調和と秩序は常に形を変えながら、
同じように完成し続けています。

166名無しヒーリング2017/12/27(水) 17:00:13.47ID:ghVok+E2
人のチャクラエネルギーについては
どうお考えですか?

167ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/27(水) 17:52:46.59ID:YBElIyWb
チャクラの理論は生体の、精神エネルギーの
秩序を考える上で有用だと思います。

霊的成長という側面でもそうですし、
またそれ以上に、霊的な治療の側面で
用いる価値があります。

精神科医は統合失調症を投薬で抑制しようとするでしょうが、
そういうものは所詮は対症療法です。

しかしチャクラの理論であれば、そうした重篤な精神病にも
根本的な治療の処方を出すことができます。

168名無しヒーリング2017/12/27(水) 19:37:05.66ID:ghVok+E2
精神病の治療に効果があるのは
初めてお聞きしました。
東洋医学の観点ですか?

169名無しヒーリング2017/12/27(水) 20:51:45.73ID:4C8Yn3JY
アルフレッド・コージブスキーによれば、精神に異常をきたした人は、
自分の頭の中の妄想に現実世界を合わせようとするという。

自分はナポレオンだと思いこみ、その認識に従って世界が動くと考えるようなものである。

これに対して正常な人は、常に現実世界を分析し、自分の頭でで考えたことを事実にすり合わせていく。

170名無しヒーリング2017/12/27(水) 21:46:35.85ID:ghVok+E2
身体の病気も精神の病気も
本来のエネルギーから外れて
乱れることが原因であるなら

チャクラのエネルギーが
本来の状態に戻るエネルギーで
精神の病気も治癒するという事なら

理屈に合っていると思います。

171ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/27(水) 22:27:50.20ID:JzltjCSp
>>168,170
精神医学の発達以前に発展した宗教体系であれば、
大抵は精神障害に対する対処法を持っています。
キリスト教の悪魔払いなどもそうですね。

チャクラの理論が精神障害に特に有効なのは、ヨガの伝統が
健康というものを神に至る道として非常に大切にしているからです。

脊髄を中心に存在する七つの神経叢、
肉体と頭脳は完全にひと繋がりのものとして認識され、
肉体−精神を横断した総合的な健康の指針が示されています。

ひと繋がりのそのチャクラのバランス、強弱を調律することで、
肉体だけではなく精神にまで調和的な秩序がもたらされ、
純粋な精神エネルギー結果として私たちの精神を神に合一させます。

つまりヨガにおいては、健康と修養と霊的達成は、同じ直線の上のものなのです。

172名無しヒーリング2017/12/28(木) 04:40:27.50ID:XTqaNZo3
>>171
ありがとうございます。

古来から言われている悪魔とは
自分の意識の中にある(自ら悪魔に繋がる)
ということですね。

天使との繋がりも同様に。

欲を退ける事を言われた理由は
ここにあると思います。

173ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/28(木) 09:31:52.16ID:MIBM/a5w
ええ、問題は世界の成長ではなく、
私たち自身が変化すること、
私たち自身が健康になるということです。
それに尽きますね。

174ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/28(木) 09:47:19.91ID:MIBM/a5w
世界の成長はと言えば、インターネットの普及が
ゆっくりと人の心を変え、構造化された中心体制を切り崩し、
個人主義と権威主義の対立を作り出してしまった。

豊かさにおいては、
権威主義は短期的戦略で、
個人主義は長期的戦略だ。

権威主義は富の集積が早い。
が、引き換えに自己超越的な能力が低下するので
集積した富を継続させたり拡大させたりすることが苦手だ。

個人主義的な文化は、そうした自己超越的な能力に
恵まれ本質的な価値創造を推進できるが、何もかも
自分の能力と責任に帰される世界では、時に
素朴で勇気のない依存的な人間は一切の希望を奪われる。

175ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/28(木) 09:57:23.33ID:MIBM/a5w
世界、つまり私たちの目から見る世界は
情報化によって
より広くなり、未来も同様に、国家を超越した
人類の文化が安定して長く続くであろうように見える。

すると私たちは、そういう環境では個人主義的に
なる方が戦略としては良い。戦後経済を作り上げた
権威主義的なものを切り崩し、別のリソースへ
変えていく必要があるし、現にそうなっていっている。

問題は、今この転換点における対立の問題を
どう克服するかということだ。

権威主義的な人々を排除するのではなく、
かといって文化が自然に、個人主義的に成長させている
今の子供達を、わざわざブレインウォッシュし権威主義に
回帰させるわけでもない。

ゆっくりと時間を掛けたソフトランディング。
争いのない、民族的な繋がりへの愛着を保持したままの、
進化。

176ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/29(金) 07:08:53.34ID:mBvStmbg
「君は自分自身の力を制限しなきゃいけないと
思っている一方で、もっと沢山の人を幸せに
してあげたいとも思っている。

ならば道は2つある。
何もしないか、でなければ、両方を同じぐらいするかだ。」

177ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/29(金) 23:10:31.01ID:kU0IKRG7
権威主義のキーパーソンは、「魔女」だ。

優しくて誰も裁けない人が腐敗の中枢を成す。

皮肉なことだ。
自らの弱さから来る優しさが、他人の堕落と無責任を
寄せ集めてしまう。

魔女は現実を歪める。そしていつも、最後には
その歪みの収束点となって醜く変貌してしまう。

真理は厳密だからだ。
それを一時出し抜いたとしても、いずれ代償を払わされる。

178ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/29(金) 23:18:49.08ID:kU0IKRG7
この意味で例えばアメリカのドナルド・トランプ大統領は、
まさに現代に蘇ったアラディアではないか。

救世の魔術の使い手、虐げられる者達の救い主。

しかしアラディアが救世主でいるためには、
最期には月へ帰らなければならない。

キリストが人類に対する裁きの報いを
その身に受けて初めて聖者へと昇華されたように、
アラディアは弱者の為に真理を歪めんとした
その報いによって、醜悪な怪物へ変えられてしまうからだ。

彼女が「救い主」のまま人々の記憶に刻まれる為の最期の条件は、
自らが衆目の前で怪物に変わる前に、遠い月の地へ隠れ去ることだ。

179ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/29(金) 23:32:00.56ID:sXr1U1NK
しかし表の世界で新たな形態の「古き魔女」たちがどれだけ
生まれようと、それは大した問題ではない。

現代の霊的知識の舞台には、キリストとアラディアの、
双方の血を受け継いだ子供達が立っているからだ。

知性と生命、ロゴスとカオス、智慧と愛情、
そして真理の厳密さと創造の豊かさ。

彼らこそ人類の新たな霊的段階の扉を開くのに相応しい。
静かな夜明けのような救い主たち、燃える夕暮れのような救い主たち、
彼らの行く先々に真善美の花よ咲け。

180名無しヒーリング2017/12/30(土) 01:01:58.07ID:OqqQHB6V
ごんさんはどのようにして覚醒されたんですか?
瞑想ですか?

181ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/30(土) 06:05:41.62ID:1iXTL4cf
>>180
それもありますが、私が何かをしたというよりも
真理が私を勝手に呼び寄せ作り上げたという方が
近いでしょうね。

182ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/30(土) 06:23:02.94ID:1iXTL4cf
人々が広く常識的に、"私"という自意識の知的課題を
乗り越えられているかどうか。

その点こそ私たちが新しい水準の文明の、
舞台に上がれるかどうかのチェックポイントになる。

個々人が自意識の限界を持っていては、環境に対して
生命が飽和した状態には適応できないし、
それ以上の社会的経済的発展も起こらない。

進化か、退行か。
そのどちらもあり得る。

183ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/30(土) 06:27:07.85ID:1iXTL4cf
真理の流布。

1つの論理を首尾一貫して述べ続けるのは簡単だ。

しかし求められていることは、70億の人に対して
70億の言語を用いて語るということだ。

184ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/30(土) 06:31:43.08ID:1iXTL4cf
不酔石伝文
http://herbarium.main.jp

これも上手く使っていかなきゃな。

185ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/31(日) 07:20:01.90ID:k+IvuTCu
浮遊した投機的経済が拡大し、
中身の無い博打のような人生が
人間の能力を低下させる。

私たちが人類の自己超越能力のヘイブンである為には、
こうした投機的状態からの慎重な分離が必要だ。

運が全てなら、人はより良い存在になろうと
努力する必要はない。
しかしそうした考え方の元では、超長期的な意欲低下と
慢性的な自暴自棄が、病的レベルにまで高まり
顕在化してくるだろう。

186ごん ◆Gi0O7RlAVk 2017/12/31(日) 07:35:53.87ID:D4I3Itsv
本来あらゆる自由の許された神の子である私たちが、
経済的是非という幻想に縛られてその能力の
ほんの一部分しか発揮できない様は、実に滑稽だ。

経済なんてものは忘れて、
できないことの方ではなく
できることの方を考えてごらん。

私たちは本当は自由なんだよ。

187ごん ◆Gi0O7RlAVk 2018/01/01(月) 08:01:33.08ID:tW5TWABU
"私"という人類の限界。

真実、"私"なんてものはない。

それがわかってしまうと、何が起こるのか。

修行僧のようになって家に引きこもったり?
いや、そんなことは起こらない。

むしろ人は、更に利他的になり、更に直情的になり、
強い意志が生まれ、社会効率を向上させる。

なぜなら"私"なき場所では、生命本来の純粋な
表現欲求が、ただひたすら強く即応的に、
世界に対して働いていくからだ。

188ごん ◆Gi0O7RlAVk 2018/01/01(月) 08:03:00.80ID:tW5TWABU
教える相手がいねぇのは本当につまらねぇな。

189ごん ◆Gi0O7RlAVk 2018/01/01(月) 18:28:09.85ID:CUZdujj7
キリスト教は罪の宗教だ。

罪とは、世の中の悲惨な現実と、自己を関連付けること。

罪は責任感を養い、責任感が人を成長に導く。

愛と罪。内圧と外圧で人格は高まり、能力も増していく。

悲しいかな人は、罪を嫌う。あらゆる問題から、自分自身を
無関係なものにしておきたいと願う。

そして成長しなくなってしまう。無責任な人間は、成長しない。

しかし罪の意識が多いだけでも、また破綻する。
愛と罪。自己肯定と、責任感。そのバランスを見極めねばならない。

190ごん ◆Gi0O7RlAVk 2018/01/02(火) 07:51:10.66ID:pC3DgAoE
言葉は無限に浮かんでくるが、
何か新しいことをしているという感触はない。

こうした淀み、惰性への順応が
人間の魂を腐敗させる。

191ごん ◆Gi0O7RlAVk 2018/01/02(火) 07:55:15.86ID:pC3DgAoE
長生きすると、「新しいこと」はだんだん減ってくる。
挑戦も試行錯誤も、同じ方向性のものであれば
結局は慣れが生じる。

それだからこそ私たちは、よりエッセンシャルな
変化を希求するようにもなるのだが。

192ごん ◆Gi0O7RlAVk 2018/01/02(火) 07:58:01.74ID:pC3DgAoE
マイナーチェンジではなく、
フルモデルチェンジでもなく、
完全な新型の開発でもなく、
既にある概念の破壊と更新こそが重要だ。

193名無しヒーリング2018/01/02(火) 08:56:15.64ID:J0PDRcKz
いろんな神話がありますが
読んでおいた方が良いですか?

話がバラバラに見えて
繋がっている所もあったりして
興味があります。

194ごん ◆Gi0O7RlAVk 2018/01/02(火) 11:22:04.50ID:lyF9IzpC
>>193
参考にはなりますよ。
心理学者のユングは、世界各地の神話を分析して人間の精神構造を
物理的にではなく物語的に読み解こうとしました。

神や悪魔などのイメージ、つまり「象徴」は、人の心理状況を
把握する上での手がかりになります。

神話や伝承を読み、色々な象徴を把握して、自分の中のイメージとして
持っておくのは良いことだと思います。

195ごん ◆Gi0O7RlAVk 2018/01/02(火) 15:05:42.95ID:lyF9IzpC
顕在的世界におけるメインストリームではなく、
顕在的世界からは意識不可能な、上位システムになること。

押したり引いたり、増やしたり減らしたり。
そういうことに気を揉む必要は無くなる。

ただ上から引っ張れば良い。ごく自然に中心が整うだろう。

196名無しヒーリング2018/01/02(火) 17:30:18.37ID:J0PDRcKz
>>194
神と悪魔が
人の意識のイメージ

対決の歴史が
意識の変化の流れと
一致しているようで
面白いです。

197ごん ◆Gi0O7RlAVk 2018/01/02(火) 17:33:59.77ID:lyF9IzpC
権威主義が凝集し自家中毒を繰り返しているこういう状況では、
優れた人材が流出しどこかで手付かずになっているはずだ。

土地と人の余裕。時間さえ掛ければ、しっかりした根のものが
もう一度この国に芽吹くのかもしれない。

198ごん ◆Gi0O7RlAVk 2018/01/02(火) 17:38:26.96ID:lyF9IzpC
>>196
そうですね。良く出来た神話は、人類の精神の
進化の歴史そのものです。

そしてそれは、私たち個人の精神的宇宙の、
誕生と成長などについて語っているものでもあります。

赤ん坊の精神に火が灯るのは、ちょうど一つの宇宙が
創世されるのと同じでしょう。

199ごん ◆Gi0O7RlAVk 2018/01/03(水) 07:01:00.97ID:By+8Op3o
仮想通貨の価格変動が早く終われば良いと思っている。
貨幣の価値が特定国家の信用状況という、
不安定なものに左右されなくなるのは良いことだ。

しかし今は、単なる投機上の玩具としてしか
機能していない。早く本質を顕わしていただきたいものだ。

200ごん ◆Gi0O7RlAVk 2018/01/03(水) 22:38:40.83ID:edTRJs6Q
200レスに到達だ!
神ing soon!!

201ごん ◆Gi0O7RlAVk 2018/01/04(木) 06:45:42.26ID:vkI+DczN
エルダースピリットの朝は早い。
ワシはもう歳じゃから。

202名無しヒーリング2018/01/04(木) 17:26:21.55ID:LyKjyBpa
つまり、いくら高邁な理論を言おうが戦略的な素晴らしい考えを持とうが、事をなすというのは「戦って初めて事をなす」と、競争が常に有りますからね。

いや俺は知ってたよ、そんなもの俺だって知ってたさと、よく言うじゃないか。

203名無しヒーリング2018/01/04(木) 17:26:55.14ID:LyKjyBpa
典型的な例が評論家の皆さんだよね。もう偉そうにいろいろ、あーだーこーだ言う。コンサルタントも偉そうに、いろいろあーだこーだいう。そういう人に限って「やってみろ」と言ってみると、「いや、それは私の仕事じゃありません」。

たいがいにせい、と。言うだけなら簡単だよ。

204名無しヒーリング2018/01/04(木) 17:27:52.67ID:LyKjyBpa
自分が戦って為せるという自信がないと、覚悟がないと、高邁な理論は無責任な理論だということですよ。高邁な戦略も、ビジョンも、そりゃ言うだけに終わる。

言うだけでいいなら簡単だよ。二行くらいでツイッターでつぶやいておけばいい。言うだけならね。

僕もツイッター毎日やってるけど、いろいろなこと書く人いるな。たまには言いたいよ、やってみろと。やるということは難しいんです。

205名無しヒーリング2018/01/04(木) 17:29:53.87ID:LyKjyBpa
我々の理念として、情報革命で人々を幸せにする、というそれは立派なビジョン、理念、立派な志を掲げてますねと。

その立派な志があるなら、なんでSIMロックかけとんだと。こうやってツイッターに書かれとるわね。

坂本龍馬ならSIMロックなんてかけてないだろ、って言われるよね(笑)。だけど坂本龍馬も戦ったんだよ。倒幕したんだよ。

そりゃ高杉だって西郷さんだって、みんな戦って事を為して、という風にやったわけですね。

206名無しヒーリング2018/01/04(木) 17:30:23.61ID:LyKjyBpa
戦ってる最中に、事を為す前に自分が戦う武器をやるバカがどこに居るんだと。そういう人は絶対に事をなせない。

それこそ評論家。それこそ無責任な人。

207ごん ◆Gi0O7RlAVk 2018/01/04(木) 20:27:37.03ID:zSL0Il6o
名のある人間が事を成すわけではないよ。

名のない人間が事を成していないわけでもない。

世の中をよく見てごらん。全ては繋がっている。

そして私たちの小さなエゴは、その中で自信を持ったり、自身を無くしたり。
何かを成し遂げたと思って、えばったり、反対に自分はつまらない人間だと悲しんだり。

そういうことの全てが繋がってさ。何もかもが大切で、
何もかもが本当は、輝いている。

必要のないものないてないんだよ。
どうでもよかったことなんてないんだ。

何もかもが、掛け替えのない、この世界そのものだよ。
全ては愛しい、私たちの大切な宝物じゃないか。

208名無しヒーリング2018/01/04(木) 21:15:35.87ID:LyKjyBpa
たいがいにせい、と。言うだけなら簡単だよ。

二行くらいでツイッターでつぶやいておけばいい。言うだけならね。

209名無しヒーリング2018/01/04(木) 21:17:13.98ID:LyKjyBpa
当時は99.9%、NTTのメタル回線を使わないと、インターネットができない、ということだったんですね。
この会社が独占的にネットワークの、インターネットの、独占的な市場支配を持っている。

日本のインターネットは、先進国で世界一遅い、世界一高い。これじゃインターネット業界に携わってる我々としては恥ずかしい。シリコンバレーに対して恥ずかしい。

わしは何のために生まれてきたんだ。何のために志立てたんだ、と。そりゃデジタル情報革命だろう、と。

210名無しヒーリング2018/01/04(木) 21:17:59.28ID:LyKjyBpa
この革命のために、人生を捧げてるわけだから、ここでひるむわけにはいかんということで、この世界一高い、世界一遅いってヤツを、世界一安くしてやろう、世界一高速にしてやろう、と。

私はNTTの社長に直接会いに行ったんですよ。ブロードバンドを始めてください。ADSLを始めてください、と。

そうしないと日本が困るんだ、と。そしたらNTTの社長は「いや、NTTとしてはISDNをやると決めてるんだ」と。

ISDNって聞いたことありますか? もうとんでもないですよ。日本だけなんです、世界でそんなことをやってるのは。これが原因で高いんです。これが原因で遅いんです。

211名無しヒーリング2018/01/04(木) 21:19:02.74ID:LyKjyBpa
この革命のために、人生を捧げてるわけだから、ここでひるむわけにはいかんということで、この世界一高い、世界一遅いってヤツを、世界一安くしてやろう、世界一高速にしてやろう、と。

しゃあない、わしがやる、ということで決意してやったのが、このYahoo!BBなんです。

どん底で、金はない。でももう思い立ったら引けない、ということで、名乗りを上げた。1年間1000億ずつ、4年間赤字出した。

まさに「なんもいらん」という状態。もう「殺せ」というようなもんですよ。そのくらいの魂がないと、ひきちぎれるほどの情熱がないと、革命なんてできやせん、ということ。

212名無しヒーリング2018/01/04(木) 21:20:38.25ID:LyKjyBpa
「バカモン! そんなこまい、ちまちました考えでどうするんだ! Yahoo! が喜ぶ、ええじゃないか。ついでに楽天も、モバゲーみたいなところとか、そのいろいろあるけども、みんな喜ぶでええじゃないか」

「Yahooのユーザーだけ安くしましょうか?」「バカモン! みんなに安くしてやれ!」と。

それで日本のインターネットユーザーの全員が喜ぶ。日本国民は最終的に全部インターネットユーザーになるぞ。その日本国民が、いつか、いつか、喜んでくれりゃあそれでええやないか、と。

213名無しヒーリング2018/01/04(木) 21:21:24.39ID:LyKjyBpa
「でも社長、誰のおかげでそうなったなんて、のちの人は忘れますよ」そうやって言われた。

僕は、ええじゃないか、と。名もいらん、金もいらん、地位も名誉もいらない。そんな男が一番厄介だ、と。そんな厄介な男でないと、大事は成せない。
こう言ったのは、あの幕末の西郷隆盛であります。

名もいらない、金もいらない、地位も名誉もいらない、命すらいらない。そんな男は打ち負かそうにも負かせられないわけ。

214名無しヒーリング2018/01/04(木) 21:22:29.93ID:LyKjyBpa
もう総務省に乗り込んでいって、ガーンと机叩いて、ここでわしゃ灯油かぶる、と。自分で火つける、と。

総務省のあんた方が言うてくれんと、あの独占的にメタル回線を持って、独占的に局舎を持ってる彼らが繋いでくれない。これはもう明らかに独禁法違反だ。

わしゃ灯油かぶって火つけてここで死にます! と言ったらねえ、総務省の役人が、「ちょっと待ってくれ! ここでするのだけはやめてくれ!」と。

最悪、我が社が押しつぶされたとしても、その結果、日本のブロードバンドの夜明けが来れば、それはそれで目的は達成できた、と。

日本の人々から見れば、我々が結果捨て石になったとしても、幕末の尊皇攘夷の革命の志士、途中で切り殺されたとしても、結果、維新が起きれば、事は成せり、ということ。

株主には申し訳ない。社員にも申し訳ない。すまん、一緒に死んでくれ、と、こういうことですよ。しゃーない。革命というのはそういうものだ。

215名無しヒーリング2018/01/04(木) 21:23:08.47ID:LyKjyBpa
結果、日本は世界一安くなったんです。世界一の速度が出たんです。

だから、世の中が悪いとか、政治家が悪いとか、景気が悪いとか、そんな言い訳を言うとったんじゃ、そんな愚痴を言うとったんじゃ、しゃあないぜ、ということ。

命を投げ捨てる覚悟があれば、波紋は起きはじめるということ。私はそう思うんです。

216名無しヒーリング2018/01/04(木) 21:24:21.44ID:LyKjyBpa
いろいろなこと書く人いるな。

たまには言いたいよ、「やってみろ」と。

やるということは難しいんです。

217ごん ◆Gi0O7RlAVk 2018/01/04(木) 22:06:06.17ID:zSL0Il6o
そんなことは、みんな誰でもやっていることなんだ。

わからないかい?
みんな誰でもやっていることの、その見方の違いだけだよ。

君は物事の本当の価値を知らず、幻想を追いかけている。

世界的な有名人も、道端の石ころも、同じだぜ。

何が違うんだ?全ては被造物さ。全ては同じものさ。

君は本当は、ただ自分を信じられないだけさ。

218ごん ◆Gi0O7RlAVk 2018/01/04(木) 22:13:10.45ID:zSL0Il6o
人間はいつも、自分を何か特別なものだと思いたがる。

虫や鳥の命はつまらないかい?
それもまた素晴らしい生だということがわからないかい?

地球の外はそんなに無意味なのか。生命の居ない星は美しくないか?

本当の「特別」ってことは、比べるってことではないさ。

特別ってことは、ただそれが本当に、うわ、これは存在してるんだ、
っていう実感だよ。

世界を変革する必要があるかい?いや、そんな必要はない。
世界は変わっていくからだ。

大きな意思の流れを見てごらん。
大切なのは、変えることではなく、変わっていく物事の流れに、
私たちがどう流されていくかということなのさ。

219ごん ◆Gi0O7RlAVk 2018/01/04(木) 22:20:49.27ID:zSL0Il6o
なあ、古い友達のように、今君の心を見ている。
君は悪い奴じゃないさ。
ただちょっと、頭でっかちだよな。

手放してごらん。本当は簡単だよ。

負けてごらん。流されてごらん。

きっと君は、目を背け続けているのさ。本当はね。

許してみようよ。勇気を出してさ。

諦めてみよう。全部をまっさらで、何もかもやり直すためにさ。

220ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/05(金) 06:55:28.91ID:pV8SABEH
私の真名(トリップ)が流出してしまった…
まさに人は自らの因果の報いを受けるのだ…

221名無しヒーリング2018/01/06(土) 05:07:16.07ID:11D2Ggtt
信仰も深まるほど信心者の相なし。言語装飾を離れ凡愚に返りて励め

222ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/06(土) 06:53:24.76ID:XE68TiQw
誠に現代の人は、装飾に捕らわれすぎるのです。

223ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/07(日) 06:35:11.42ID:a3Um1JKU
言葉は私たちの心を制限している。

私たちは言葉から解き放たれ、
心によって、言葉を自由に
扱えるようにならなくてはならない。

224名無しヒーリング2018/01/07(日) 10:43:28.03ID:SEaKxc38
言葉に逃げず実践せよ

225ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/07(日) 22:49:09.74ID:nd5pMmHx
小さき人の子よ。
この世界を実践しているのは誰か?

226名無しヒーリング2018/01/09(火) 06:03:19.10ID:Np8Z8k8T
天台宗は、唐に留学した最澄が日本に持ち帰った仏教です。

次第に発展していったわけですが、組織が大きくなるとともに、延暦寺は権威となり権力を持ち腐敗し、本来の教えから乖離していったと言われています。

出家した知的エリートのみが仏教を学び、エリートのみが解脱できる。
または多くお布施をした貴族だの、裕福な商人だのが輝かしい来世を約束される。

一般の民が置き去りにされた教え。輪廻に苦しむ民を救ってこその仏教なのではないか?

227名無しヒーリング2018/01/09(火) 06:03:49.16ID:Np8Z8k8T
宗教家が権力や権威に固執すると、必ずおかしくなる。

本質からずれてくる。

そして歴史は繰り返すと言いますか・・・

スケールは全然違いますが、スピリチュアルの世界でも同じことをしていますよね。

228名無しヒーリング2018/01/09(火) 06:04:11.43ID:Np8Z8k8T
日常とはあまりにかけ離れた抽象的な理屈ばかりならべる。

そして高額な金を出してワークだの、セッションだの、セミナーだの、あれやこれやとやってはいるけど、

これまた日常とは何も関係ない。日常に活用できない。

屁理屈や内輪のスピリチュアル用語、宗教用語にくわしくなるだけで、境地はまるで定まっていない。

229名無しヒーリング2018/01/09(火) 06:04:42.37ID:Np8Z8k8T
ここでルターの言葉を少々拝借。

「人は宗教的権威にすがることよって罪がつぐなえるのではなく、

日常の善行によって、その罪はつぐなえる」

230ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/09(火) 07:57:35.66ID:0pmSQS0e
生憎ですが、真理は不都合なものですよ。
誰もがそれを受け取れるわけではありません。

禍福は糾える縄の如し。
二元性世界の成り立ちの故に、苦しみと快楽は
必然的に全体として等価になる。

常人にはこのことが理解できません。

それは例えば、猫を相手に税金について
教えることができないようなものなのです。

231ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/09(火) 08:03:36.06ID:0pmSQS0e
求める者だけが見出します。
そして自分の命さえ憎んだことのある者だけが、
理解します。

低きに流され、引き裂かれる故に、
それを許すときは大きな許しであり、
大きな器なのです。

誰もが真理を得るようにはできていません。

232ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/09(火) 08:08:30.54ID:0pmSQS0e
また、宗教的な権威や
それにまつわるビジネスをする人々がいること。

これも善悪ではなく、必然としてそうであることです。
世俗的な利益の眼鏡を通して少しずつ学んでいく、
そういう道の上を歩くように定められた人々も
いるからです。

彼らは何れにせよ、真理そのものを開示されても
それを受け入れることはありません。

が、お金や快楽の増大という方向に向かって
活動する中で、彼らに相応しいペースで
魂を成長させていくのです。

233ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/09(火) 08:16:43.92ID:0pmSQS0e
真理とは、この世界の不変の法則です。
その法則に則り、全ての物事のバランスは
完全に保たれています。

そうした神の、真の見えざる手によって
全ては生み出されているのです。

何事かの意味があり、何事かの理由があり、
必要でなかったものが存在したことはありません。

世界には人間だけ居れば良いわけではないように、
雪虫のように儚い命にも何かしらの宿命があり、
そこに優劣を設けるのは悪い思い過ごしというものです。

ですので、麻薬ビジネスも、賭博も、
人身売買のようなことについても、
全ては必要な時に必要なだけ生まれています。

私たちはこれについて深く観想しなければなりません。

234ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/09(火) 08:33:27.78ID:0pmSQS0e
真理を理解するという宿命もあります。
しかしそれも、別に何か特別良いことなのではありません。

ただ神が、今一時必要としたのです。
そういう人々を。

ある種のカエルでは、個体数が増えすぎると
共食いに適した大型個体が突然生まれてくるそうです。
不思議なものですね。

仲間外れの変なカエルは、恐ろしい異常な化け物です。
ですが、それもまた神の手になることであれば
嫌われ者も等しく望まれてはいるのです。

235ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/09(火) 22:37:21.82ID:0pmSQS0e
精神の領域においては、治療と教育の境目はいつもはっきりしない。

今はまだ全人類が未熟な段階なのだと言うこともできるし、或いはまた
全人類が三毒の病の中で、苦しみ呻いているのだと言うこともできる。

236ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/10(水) 06:42:17.85ID:Vg0h1+J/
クラスを置いておくかどうか。
あれは誰かの役に立つのだろうか。

修養者というよりヒーラーとかその類の
人なら、何かのヒントにはできるのかもしれないが。

具体的な修行方法に関心のある人は案外少ない。

人は、今現時点の自分を誰かに認めてほしいものなのだ。

237ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/10(水) 21:20:02.38ID:JGwyjahW
コンテンツをオーダーメイドで提供するというのは良い視点だ。

ロングテールが益々長大になっていくのだとしたら、
中央集権的に作られた模範的コンテンツは、未来の人々にとって
粗組に過ぎないものになっていくのかもしれない。

そして人は、作品に宿らせた自らの意図が、作品の中で
半ば意図的に半ば自動的に、成長し変容していく様を楽しむのだろう。

238ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/10(水) 23:08:36.99ID:JGwyjahW
報いというものはあるよ。

人を裁いた人は、その罪によって裁かれる。
虐げた者は、いずれ虐げられる側になる。

私はかつて、ある国の王が始めた戦争で、
その国の王子が命を落とすのを見た。
王は世継ぎを失い、王権は親類の手に移った。

人は弱く愚かだ。しかしそれは、仕方の無い現実だ。
結局皆誰もが定められた弱さの奴隷なのであれば、
虐げる者も、虐げられる者も、そのどちらも救うのが
宗教者の役割なのだろう。

239ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/12(金) 06:40:54.75ID:9BjNlSK4
昨日も一昨年も同じで
今日もまた昨日と同じなんて
そんなの楽しくない。

成長するためには
せめて変化がなければ。

良い映画と悪い映画、どっちを見たい?

人類を、より良い存在へ、変えよう。

だって
今日もまた昨日と同じなんて
苦しいじゃないか。

240ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/12(金) 07:06:42.75ID:9BjNlSK4
地球の人類を全部悟らせるゲームなんて、
実に面白いじゃないか。
一体どういうことが起きるんだろうな。

241名無しヒーリング2018/01/12(金) 08:40:59.71ID:bGbNt3Ck
巧言令色鮮(すく)なし仁

口先だけうまく、顔つきだけよくする者には、真の仁者はいない。

「巧言」は「言を巧(たく)みにす」とも読み、口先・言葉を飾っておべんちゃらを言うこと。

242名無しヒーリング2018/01/12(金) 08:42:41.53ID:bGbNt3Ck
子曰、巧言令色、鮮矣仁。

先生はおっしゃいました。「人に気に入られるように、口先でうまいことだけ言って中身が伴わない人間には、思いやりの心がないものだ」と。

243ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/12(金) 15:26:12.35ID:cLGJdkSa
先生が言われた。

「馬を見れば大きすぎると言い、
猫を見れば小さすぎると言う。
こういう者には人を任せることはできない」

244ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/12(金) 15:41:38.34ID:cLGJdkSa
やってみな、一生懸命。
それを止めやしないよ。

自分で気付くことに重大な意味がある。
そんな努力は不要で間違っていたってことに、
自分で気付かなくてはね。

良いんだ、それで。この先もいつだって、
赤の他人の好き勝手な意見に出会うだろう。

だとしても、その道を疑うなよ。
何処かには続いているさ。
ちゃんと意味は生まれるさ。

245ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/12(金) 22:39:54.42ID:cLGJdkSa
具体的な技術。

私の持っているレパートリーの中で最も短期間高効率な修養方法。
リバースアナリシス、反面分析について。

1 自分自身が「絶対に許せない」ような対象を一つ想起する。

2 その対象の「良い面」を思いつく限り列挙する。

3 2の作業を、対象が「あっても良い」と思えるまで繰り返す。

慣れてきたら、対象を「絶対に許せない」ものから
「絶対に必要」なものに切り替えて同様に行う。
この場合は「別に無くても良い」と思えるまで。

人間の精神というのは案外簡単に拡大できるものだ。
それに現代人は、兎角簡便ですぐ効果のあるものを好むから
こういうやり方は時代に合っていると言えるだろう。

246ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/13(土) 06:46:14.94ID:+jsy6Twj
逆分析で何が起こるか?

普通に頭が良くなる。

無知に二つあって、「知らない」というのは
大した問題ではない。しかし「見えない」というのが
私たちの人生を悪くする大きな足枷だ。

事実を受け入れられない心。
触れているのに学べない制約。
それが認知の歪み。
それが知能の限界。
この限界を取り去る。

247ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/13(土) 17:48:59.17ID:7Ciku9zT
ウツルヒの破壊の風、成長の雨、創造の炎。

吹き荒れろ、湧き返れ、躍り狂え。

まだ見ぬ真善美の高みへ
私を連れて行ってくれ。

248ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/14(日) 22:14:16.89ID:mrpDeVYg
社会の大きな流れは良くなっている。
が局所的には、膿の濃縮が進んでいる。

無責任と自己保身、トカゲのしっぽ切りと善良さへの憎しみ。

平均化されたフラットな地獄。
罪と罰。虐げてきた者の悪夢。虐げられてきた者の救い。
誰も因果から逃れられない。

249ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/14(日) 22:28:41.11ID:mrpDeVYg
罪の能力。責任感。

それが人をより優れた存在に成長させる。

無邪気な人々よ、自分の罪から目を背けるな。
差が付いてしまう。置いて行かれてしまう。
追い詰められてしまう。いずれ止められなくなる。

君が生きて、年齢を重ねたその先にあるものが
周囲からの呆れた視線と君自身の耐え難い劣等感なのだとしたら

私は悲しい。

250ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/15(月) 17:45:00.73ID:SeZoRgES
具体的な修養方法。

呼吸について。

吸った空気を足下側へ押し付けて、下腹を膨らませる。
次に下腹部を凹ませながら、それを吐き出す。
すると随意的な筋肉で呼吸をサポートする形になる。

精神が動揺すると、人間は胸で浅い呼吸をするようになる。
酸素の供給量が減り、重心が高くなって、身体が落ち着かなくなる。

その逆。重心を足下側へ降ろしておく。
一日数回意識して、下腹部で呼吸すると良い。
すぐにクセが付くだろう。

251ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/15(月) 23:18:23.75ID:SeZoRgES
演技をすることが増えた。
多分、簡単なやり方を覚えて、それに甘んじているのだ。

人は年を取ると、狡くなるものだろうか。

いいや、きっとそれも、自分自身に対する言い訳だ。

252ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/16(火) 06:46:54.72ID:J7bB0LKs
日本人は経済的に豊かな時間が長かったから、
お金への執着が強い。

お金があることは悪いことではないが、
問題は、お金が無いと何もできないと
思い込む人間が増えてしまうことだ。

命を与えられているのに、その使い方が
わからない。これは空しいことだ。

真の価値創造は破壊を伴う。
雲が晴れ霧がかき消えるように、
それは世界を変えてしまう。

金銭財産のような蓄積的な要素は、
その足枷にもなる。

自分で作ったのではない価値の上に
たまたま預かっている人であれば尚更、
進化と成長を嫌がるのは当然と言うものだ。

253名無しヒーリング2018/01/17(水) 01:25:13.39ID:8vZwEmo8
ごん、お前だったのか、
出来たばかりの頃ののスピリチュアル板を
無関係なセリフで荒らし回っていたのは。

254ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/17(水) 01:26:11.33ID:8vZwEmo8
スピリチュアルやね。

255ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/17(水) 07:54:03.64ID:KYpr4Cyy
神は人間を救うかどうか。

神は、人間を救いはしない。

ただ彼は、私たち一人一人を望む。
私たち一人一人が生きることを。

しかし

存在させようとすると、苦楽が共に生じる。
幸福がある一方で、人間の底無しの汚濁があり、
虐げられる者もまた生まれてくる。

神は何を思うか。

神は人と共に些細な喜びを噛み締め、
人と共に、その苦しみと絶望の、血の涙を流す。

彼は世界のあらゆる苦しみを味わう。
それでも尚、世界を望んで言う。
私たちに、「生きよ」と。

256ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/17(水) 07:56:03.32ID:KYpr4Cyy
ELI、私は彼を、彼女を悲しませたくないだけなんだよ。

257ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/18(木) 07:13:34.02ID:N2Fg/Q5o
ビジネス宗教を批判する気持ちはわかるけど
でも、お金を払う決まりがなかったとしたら、
誰に相談すべきか、誰がちゃんと問題を
解決してくれるか、どうやって判断するの?

お金でしか価値がわからないだろう?
私たち自身がそうさ。

しかしだからこそ、利用もされるんだ。
中身の無い水や札で高額な対価を要求されたところで
結局はわからない。いや、むしろ満足するさ。
ちゃんとお金を使って買ったわけだからね。

皮肉だと思うかい?
縁だよ、縁。全ては決まっているんだ。

258ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/18(木) 07:42:01.92ID:N2Fg/Q5o
売り買いの概念に洗脳された、人間の無様な
浅ましい心を相応しい商品で満足させてやる。

根本的に宗教とは関係ないことだけれど、
これもまた悪いことではないな。

或いはその、クソみたいな商品売買の流れの中に、
どれだけ本物の価値をねじ込んでしまうか。
無理やり、且つこっそりと。

それが当世風の宗教家なのかもしれないね。

259ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/18(木) 07:53:22.60ID:N2Fg/Q5o
私たち日本人は、一体、スマホのゲームに年間
幾ら投入してるんだ?

世界にはご飯すら食べてない貧しい人が、
たくさんいるのにな。

戦争もそうだ。今日もやってる。
でも私たちにとっては、中東で見知らぬ子供が
ズタボロに引き裂かれることより、
今日の晩御飯が何かってことの方が、重大問題だろう。

だが、そういうものだよ。
人間はそういう生き物として生まれてきたんだ。

世界は案外、当然のように未完成だよ。

260ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/18(木) 08:14:35.25ID:N2Fg/Q5o
パリのあるダンス教室で、人気の講師が言ったそうだ。

「私は元々アメリカ人。アメリカで同じ教室を
開いても鳴かず飛ばず。けれどここパリに移って
状況は変わった。

というのも、私が"パリの"ダンス講師になったからだ。
今では世界中から、特にアメリカの金持ちが
わざわざここへ習いに来る。」

261ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/19(金) 07:33:53.80ID:7gJEKC5z
生まれてきたなら、悟りを人生の、
ひとつの目標にすると良い。

折角意識を持ってこの宇宙の存在を
認知しているのだから。

262ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/20(土) 07:37:26.53ID:AyPisZ3y
私は男性には仏教を、女性にはキリスト教を勧める。

女というのは、自分の精神の根底から沸き起こってくる
罪と悪に苛まれ絡め取られ、その毒に溺れて
身動きできなくなっているものだからだ。

それは先ず、許されなくてはならない。
智慧の教義である仏教にはその視点がないから、
女性を悟りに至らせるやり方は
大変遠回りになってしまう。

こういうわけで、女性には、罪と許しに関する
キリスト教の教義があっているのだ。

263ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/20(土) 07:43:04.38ID:AyPisZ3y
例外を言うとすれば、仏教の中でも唯一浄土真宗の
教義だけは、女性を導く適性がある。

264名無しヒーリング2018/01/20(土) 08:36:17.77ID:hAoK0FWb
ごんさん、その意見同意します。

265名無しヒーリング2018/01/20(土) 08:47:10.03ID:hAoK0FWb
頭と心の悟り。
聖書でいう水と霊による洗礼ですね。

266名無しヒーリング2018/01/20(土) 09:19:47.64ID:KMcFxMC3
女性に必要なもの、それはいい男だ♪

267ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/20(土) 16:32:51.82ID:AyPisZ3y
そう、片方だけでは、足りないのです。

人間は皆心の中に男性と女性を持っています。
このどちらも大切にしなくてはなりません。

268ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/21(日) 08:35:10.90ID:bvGulWTO
もしも死んでしまう日には
言いたいことは何も言えなくなってしまう。

だから死んだ後のことだって
どっかには書いておかなきゃいけない。

遺書なんて大層なものは、俺たちには必要ない。
名刺用の用紙に、適当に印刷して。
不安ならラミネートするとか
耐水の紙を使うとか、その程度。
それで財布にでも入れておけば、十分だろう。

先生が言っていた。
「どんな赤ん坊だって、
もう死ぬのに十分なくらい
生きてはいるのさ」

269ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/21(日) 08:37:14.17ID:bvGulWTO
https://youtu.be/TkLT5krv_6c

「あなたへ辿り着く為なら、
何度でも生まれ変わってみせる」と
それは誓った。

270ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/21(日) 11:36:06.27ID:n7ss4sRD
現代人は金という悪霊に取り憑かれてるね。

271質問者2018/01/21(日) 21:07:16.10ID:0mEZlO+q
ノンデュアリティスレから来ました。
色々教えてください。

272ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/21(日) 23:05:11.57ID:raT4Oo3w
>>271
ようこそ。あなたを待っていたわ。
では先ず現状をチェックしましょう。

二つ質問します。

一つ、賑やかな都会か、自然豊かな田舎か。
あなたが住んでる場所は、どちらかと言えばどっち?

二つ、もしもあなたが絵描きだったとして、
自己評価では50点だけれど、100人いる内の100人から賞賛してもらえた絵。
自己評価では100点なのに、100人中の誰一人理解さえしてくれなかった絵。
あなたにとってより大切だと思う絵はどっち?

273質問者2018/01/21(日) 23:17:15.01ID:0mEZlO+q
賑やかな都会ではないので、どちらかというと自然豊かな田舎ですかね。
まあ普通の住宅街です。

2番目の質問は難しいですね。
人から賞賛された絵は自信もてるし、自己評価100点の絵もお気に入りになるだろうし。
でもまあより大切だと思うのは後者の自己評価100点のほうですかね。
昔ものづくりの仕事してたとき思い出してみれば、こんなもんでもokもらえて褒められるより、
自分で納得できたもの作れたほうが達成感あったし。

274ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/21(日) 23:35:21.27ID:raT4Oo3w
なるほど、わかりました。では始めましょうか。

確かあなたは、具体的な修養方法を知りたがっていましたね。

教えなければならないことはいくつかあるでしょうから、
少しずつ教えていきます。

先ず、一つ目ですが。

睡眠時間はちゃんと取れていますか?7時間か7時間半。
それを下回るようなら生活リズムの改善をおすすめします。

こんな時間まで起きているのは、あまり良くないですよ。

睡眠不足で意識レベルの低下した身体では、難しいのです。
1万円でアメリカに行くのと、10万円でアメリカに
行くというのでは話が違うでしょう。

さあ、では今日のところは。お休みなさい。

そうそう、今後何か質問があれば、随時聞いて下さい。
時間のある時に答えておきますからね。

それじゃあ、また明日にでも。

275質問者2018/01/21(日) 23:50:16.32ID:0mEZlO+q
睡眠時間はちゃんと取れています。安心してください。
そうです、具体的な修養方法が知りたいんです。
瞑想で覚醒にいたれるのか?マハルシの私はだれかと問い続けるのがいいのか?
それ以外の方法があるのか?知りたいです。
ごんさんはどのような方法で行なっていますか?
瞑想はしてますか?
それではまた明日もよろしくお願いします。

276ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/22(月) 06:49:11.95ID:h2l8uN43
>>275
ジッドゥ・クリシュナムルティはこう述べました。
「真理とは道なき土地である」

真理に辿り着く道は無い、ということです。
これは全くその通りですよ。

ラマナ・マハルシは修養についてこんな風に述べています。
「夢の中の病を終わらせる為には、
夢の中の薬を使わなくてはならない」

このことと、クリシュナムルティの言っていることの
繋がりがわかるでしょうか?

加えて、私の見解はこうです。
「真理の姿は、複雑に入り組んだ虚妄の
コンプレックス(複合体)を通して現れる」

何か一つの方法で、私たちが真理に辿り着くことは
ありません。線的な努力が崩壊する時に夢は晴れ、
悟りは現れるからです。

その為には沢山の相容れないものを通して
私たちの心に圧力が生じていなくてはなりません。

277ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/22(月) 06:59:12.68ID:h2l8uN43
修養方法は沢山ありますが、重要なのは
自分に必要な修養を行うということです。

「私とは誰か」を問い続ける真我探求も、
その内のたった一つですし、誰にとってもこれが
最善というわけではありません。

瞑想もまたそうです。
それが完全な答えであるということはありませんが
ある一つのやり方としては成立しています。

真理は不変です。
であれば問題はいつも、私たち自身が、
どんな雑念の中に捕らわれ溺れているのか、
ということでは無いでしょうか?

278ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/22(月) 07:13:01.95ID:vDp4ZK5g
では、少し具体的なことを教えましょう。

ちょうどこのスレッドに、
>>245-246
>>250
の二つの修養方法が書いてあります。
あなたには逆分析の方が向いていそうですが
折角なので両方覚えてください。

やり方に疑問などあれば、随時答えます。

279名無しヒーリング2018/01/22(月) 07:38:02.48ID:3/UiBsPr
キリスト教神学では、神の局面は真・善・美の三つに分かれている。

科学、学問、合理性の追求、これが真。善は宗教、教育、倫理、福祉。美は芸術。
これが神の三つの局面。

だからどこかが偏ってもダメ。真が本物になるには善と美があって本物で、善も真と美があって本物。美、芸術も善なる部分と合理的な部分があって初めて本当の芸術。

スピリチュアルというのは、精神だけが神だと思っている。

280名無しヒーリング2018/01/22(月) 07:40:05.46ID:3/UiBsPr
宗教だけが神じゃないんですよ。モーツァルトのほうが、よっぽど神なる天上界のものを受けているし、アインシュタインのほうが宇宙の音楽を聴いたと。

科学を究めた人、芸術を究めた人のほうがよっぽど神に近いですよ。

また物質、経済というのも神の局面です。物質を作ったのも神ですから。

281名無しヒーリング2018/01/22(月) 12:49:52.89ID:KBfYMxOF
上の方でごんさんは悟ったと言ってるようだけどどこまで悟ったの?
大悟徹底されましたか?
過去生が見えたり寝ている間も意識があったりしますか?

282質問者2018/01/22(月) 13:07:04.63ID:15t39o1z
>>270
真理に道はないんですね。それはたぶん誰も真理というものがわからないから、
そのため道もわからず探求のしようがないんだと思います。
でもノンデュアリティの場合は、結果がわかっています。到達点が見えてます。
自我が消えること、意識が拡大して逆転現象が起こり、意識の中に世界は存在するという感覚になること。
みんなその到達点に憧れて目指して探求しています。
到達点も明確で、マハルシマハラジトニーパーソンズ大和田菜穂みたいな指導者もいるのに、彼らのほとんどは特別な体験で悟ったので誰にも、悟り方を教えることができないんです。
それはまるで宝くじで1億円当たりましたよ、でも当たる方法はわかりませんよ、
という感じと同じだと思います。
彼らは真理がわからないので道を教えられないのではなく、特別体験によって覚醒したので教えることができないんです。

逆分析や腹式呼吸を行えば自我は消えますか?逆転現象起きますか?
もしこの修養方法がその前の準備段階なら、核心の修養方法が知りたいです。
ぜひ道を示してください。

そしてごんさんはどのレベルまで覚醒していますか?
自我の消滅は起こりましたか?自分と世界の逆転現象が起こりましたか?
意識の中に世界や私があるという感覚がありますか?

283ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/22(月) 22:12:04.64ID:WaXLEo0G
そりゃもう私は、これ以上なく悟っていますとも。

大悟も大悟、大大悟。
大和田さんやシュリーマハルシより上の段階ですよ私は。

それでね、そういう大大悟の私が言うわけですけれども、
その意識の逆転現象ってものが起きると、
何です?

それで人は幸せになれるの?
過去性が見えれば一切の苦しみから解放されますか?

あなたは何を求めてるの?

ああ、いいえ、聞かなくてもわかりますとも。

超能力。超能力が欲しいわけですね。

284ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/22(月) 22:16:26.21ID:WaXLEo0G
はっきり言いましょう。

超能力というのは、自我の見る幻想です。

考えたことがありますか?
能力が能力を超越することなどないのです。
能力は能力です。そこにはタネも仕掛けもあるのです。

では超能力って何でしょうか。

それはね、「他の人より特別優れた能力」ということです。
つまり、エゴの思い描く理想、幻想なのです。そういうものはあり得ません。
あなたも私も、他人より特別な存在ではないからです。

285ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/22(月) 22:22:52.58ID:WaXLEo0G
それでね、悟り、或いは真理の、
完全な幸福へ至る正しい道があるとすれば。

それは超能力とは正反対の方向にあるのです。

自我を強化するための超能力、或いは金銭や、
地位名誉などでも良いでしょう。

そういうものを苦し紛れに積み上げるのではなく、
逆に、エゴや自我という低次の機能を乗り越え、
解放されより大きな存在との繋がりを開いていく、
という方向に。

私が教えているのは、前段階ではありません。
私が教えているのは、真理そのものです。
今はまだわからないかもしれませんね。

でも、あなたはきっとわかるようになるでしょうとも。
遅かれ早かれね。

286ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/22(月) 22:28:05.33ID:WaXLEo0G
質問者さん。長いので仮に、モモンさんとお呼びしましょうか。

モモンさんは、本当は何を渇望しているの?
どうなりたい?
何が欲しい?
逆転現象の先に、どんな世界を期待する?

それを先ず見てましょう。
それこそ問題だからです。
あなたについて教えてください。
あなたの本心、その願いと、飢えと、苦しみを。

287名無しヒーリング2018/01/22(月) 22:32:47.31ID:KBfYMxOF
>>283
いえ、過去生が見えるかどうかというのは身体や記憶を自分と同一視してないひとつの基準となると思い聞いたのです。
もちろん、過去生が見えるのでしたらどのように見えるのかお聞きしたいですが。

それは能力が欲しいということではなく、過去生を観るのも今の自分を自分だと思わない為の実践として、
仏教でも修行として有効だといわれているからです。

別に観えるなら観えるで観えないなら観えないで観えるかどうか言わないなら言わないで、
それでかまわないのですよ。

ただ他人との優劣の問題ではなく、
自己同一化がなくなっていく過程(悟っていく過程)で実際どのようになるのか具体的にお聞きしたかったのです。
自分の実践の参考にしたかったまでです。

288名無しヒーリング2018/01/22(月) 22:34:04.30ID:KBfYMxOF
ちなみに私は逆転現象とか話している方ではありませんので念のため。

289ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/22(月) 22:42:20.56ID:WaXLEo0G
モモンは2人いた…!

過去生ですか。そんなものはありませんよ。
どこの仏教徒がそんな良い加減なこと言うのでしょう。

時間というのは幻想です。
相対性理論でもそう説いているでしょう。

ただ"今"というエネルギーだけが変化し続けているのです。
それはどこにも、過去などというものはどこにも
蓄積されていないのです。

つまりその、なんだ、私たちの頭の中の、
ある種の幻想としてのみ、反響としてのみ、
過去というものはあるのです。

そういうファンタジーの一種としてであれば、
まあ過去生というのも許されるでしょうね。

ちなみに私は前世はタワシでした。

290名無しヒーリング2018/01/22(月) 22:50:03.08ID:KBfYMxOF
>>289
それは真我のみがあるので過去生はないというような意味ですよね。
ただ、個我の視点からの過去生はあるとも言えるのではないですか?
夢や幻想としてあるといういい方でもいいですが。

過去生を観るのはテーラワーダ仏教で行われている実践方法ですよ。
別にそれがいいというわけではありませんが。

過去生はないという言い方をしてもいいですが、
過去生を観ることで、過去生は幻想にすぎないと理解するのも、
それはそれでいいと思いますがね。

まあ自分は特に過去生を観たいと思っているわけではないので、
何か観えても気にしないでいますが。

291ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/22(月) 22:56:50.20ID:WaXLEo0G
>>290
あーわかった。
それはあれね、多分、末那識とか阿頼耶識の話なのね。

私はフォーカシングとホオポノポノでまかなってるよ。
過去生という言葉はあまり馴染みがなくて、
ピンと来なかったよ。

「僕の地球を守って」みたいな話かと思った。

292名無しヒーリング2018/01/22(月) 23:07:44.40ID:KBfYMxOF
そうですか
ごんさんがどういう方か自分なりにわかった気もしましたのでこの話は終わりでだいじょうぶです。
お話ありがとうございました。

293モモン2018/01/23(火) 01:01:23.79ID:lwFJR5kG
>>286
自分がなぜ悟りたい覚醒したいかというと、輪廻転生を解脱したいからです。
人間が生きて何度も生まれ変わるのはそれが大きな理由と思うからです。
魂のレベルを上げたい、より霊的に成長したい、
キリストやブッダレベルの霊格を持ちたい、
そこまでいかなくても、グルジェフとかクリシュナムルティーとかラマナマハルシのような
霊的指導者、覚者、マスターみたいになりたいんです。
彼らには多くの信者が彼を慕い、彼の周りに集まります。
なぜなら真理を悟った人間を超えた存在だからです。
自分もそのような素晴らしい存在になりたいという思いが正直あります。
なので自己流で今まで霊的探求してきましたし、これからもしていくでしょう。
輪廻転生や死後の世界についてぼくはスピリチュアリズムを信じているので信じています。
スピリチュアリズムでは、超能力や霊能力の存在を認め、
死後の世界は存在すること、前世は存在すること、輪廻転生は存在すること、を認めています。
そして我々地上に生まれてくるレベルの魂は、輪廻転生からの解脱が目標になります。
輪廻転生を解脱するには、悟りを開き覚醒するしかないと気づいたのです。
悟るには悟った人の教えを学べばいいと思い、ラマナマハルシやニサルガダッタマハラジなどの
覚醒者を調べていると彼らの意識の中に世界があるという逆転現象が起こるんです。
その逆転現象は悟りを開くと訪れるらしく、そこが起こるか起こらないかで判断できます。
なので簡単にまとめると、
自分は生きる目的は魂の成長と輪廻転生の解脱だと思っている、
そのために悟りを開きたい、とただそれだけの理由でノンデュアリティを実践したいんですが、
実践方法がわからないので困ってるんです。

294名無しヒーリング2018/01/23(火) 02:18:37.58ID:DEuUgKsq
実戦も何も、次は地球には来ない。
訓練だろうが、指導だろうが、救済だろうが、どんな理由を付けられても地球はお断りだと固く決意して、実行すれば良いだけではなかろーか?

オラも次は他の星系行きたいしな。
もう、ここは飽きたわ。

295ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/23(火) 06:21:19.82ID:vHlge3a3
>>293
よく分かりました。ご自分のことを把握して
それを答えられるというのは良い傾向ですね。

逆転現象の概念についても承知しました。
それが起こるには、先ずワンネスを理解しなければ
いけませんね。

しかし、その前に、大きな課題があります。

クリシュナムルティについて、本を読んだことがありますか?

より良い存在へ、素晴らしい人間に、
「なり行くこと」。どこかを目指すこと。

それこそ、彼がその全思想の中で指摘し続けた
人間の愚かさ、蒙昧、無知そのものです。
そうした無知の霧が、人間本来の能力を制限し
つまらない惨めな存在へと変えてしまいます。

あなたはそれを手放さなくてはならないのです。
そのご自分の闇を。このことを先ず理解されて下さい。

その闇が消えて先に、偉大な存在としてのあなたが居ます。
皮肉なことですね。一切の、なり行くことを
完全に手放した先に。

ただ単に諦めた、と口で言っても駄目ですよ。
やり方はまあ、ちゃんと教えますので安心した下さい。

296ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/23(火) 06:28:50.66ID:vHlge3a3
>>293
では、質問をしましょう。

モモンさんは、ワンネスという概念についてどう思いますか?

297モモン2018/01/23(火) 12:35:18.43ID:lwFJR5kG
本は残念ながら読んだことありません。
そういう者になろうとしないことは、普通に生きてる人たちと何も変わらなくなるのでは?
子供はプロ野球選手に憧れて、プロ野球選手になります。
医者になりたいと思うことで、人は医者になります。
覚者になりたいと思うことで、覚者になっていけるのではないですか?
悟りを目指すな、覚者になろうとするな、何者になろうとしないことは、
何にもならないことになりませんか?
真理の探求をするな、ということは愚者になれと言ってるようなものじゃありませんか?
ぼくは愚者になりたいんじゃありません。賢者になりたいんです!
覚者になりたいんです!悟りを開きたいんです!
明確な目標があります。そこに到達する道を教えてください師匠!

298モモン2018/01/23(火) 12:39:40.15ID:lwFJR5kG
>>297
ワンネスの概念ですか。
なかなか難しいです。
すべては1つという感覚でしょうか。
自分と他人と神はすべて1つという感覚。
そんなイメージがあります。

299ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/23(火) 19:55:05.43ID:5MdSbrgt
おめでとう、モモンさん。
私はどうやらあなたにとても素晴らしいことを教えてあげられるようだ。

それは、悟りというのは、全く別の世界だということ。
モモンさんが想像しているような、小さなドングリの背比べなんかでは
全くなく、もっと遙かに偉大で、大きく、異次元的な解放を
私たちにもたらすものだということです。

精神的に覚醒すること、覚者になるということは、医者とか野球選手とか、
大統領とか、国際連合のリーダーとかいった、そういう低次の領域における
役割の分別とは、全く一線を画す存在になるということなのです。

それはつまりですね、ああ、きっと今のあなたは誤解するだろうけれど。

それはつまり、あなた自身が神になるということなのです。

300ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/23(火) 20:06:50.96ID:5MdSbrgt
そして、このことを良く理解してください。

そうした精神的覚醒者たちは、その視点のあまりに高く、
あまりに現世から遠い故に、世俗的な地位財産には
何の価値も見出さないのです。

彼らの仕事は宇宙の運行を統べること、その秩序と成長とを
各々の個性によって味付けし、促していくことなのです。

ですから、どうぞモモンさん、あなたも理解されてください。

まるで他の普通の人々と全く同じように、もっと有名になろうと思ったり、
もっと財産を蓄えたり、そういうことへの願望に支配された
盲目で無知な精神の霧を打ち払ってください。

クリシュナムルティやラマナマハルシ、シュタイナーやグルジェフ、
ブッダやイエス、ラジニーシやシャンカラ、ヴェイユ、フランクルに至るまで。

あらゆる精神的到達者達と同様の、精神の資質を身に付けてください。
それは、普通の人々のように、もっとこうなろう、こうでなければ、という
より多くを求める心、飢餓と枯渇の中から生じてくる虚無感と不満感を、
その存在の輝きによって、生き生きと超越しているということなのです。

301モモン2018/01/23(火) 23:00:27.23ID:lwFJR5kG
>>299
素晴らしい。素晴らしすぎます。
ぼくもぜひその境地にたどり着きたいです。
神のような人格を手に入れることこそ、ずっと求めてきたものです。
それがすべての魂の目的だと思います。
でもごんさんからすると、そのたどり着きたいとか神のような人格を手にいれようとすることも
よろしくないとおっしゃるのでしょう。
悟りの境地とは別次元で、そこには到達しようとおもって到達できるような場所ではないと。
なんとなくわかるような気もします。
そこに到達するには、なにかになろうとする願望をまず捨てることなんですね。
ここで1つ疑問に思ったのですが、
覚者になろうとすることと真理を探求することは別なんですか?
覚者になろうとすることを放棄するのはわかります。それは野心ですから。
真理を求めることも放棄すべきですか?それも野心になるのでしょか?
教えてください師匠。

302ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/24(水) 07:22:10.72ID:tWAD+ekE
>>301
いいえ、全く同じですよ。
あらゆる願望を放棄すべきです。

こういうと、モモンさんには矛盾して聞こえるでしょうね。

またこうも思うでしょう。悟りとは結局、
あらゆる欲望を捨て去ること、ご飯も食べない、
睡眠も取らないで、静かに座って死んでいくこと
なのではないだろうか、そんな恐ろしいことを
自分は求めるのか、と。

しかしそれもまた思い違いというものですので、
大丈夫です。

確かに論理上、真理の探究を掲げる私が
あらゆる願望を超越せよと述べるのは矛盾しています。

しかし、そこにもちゃんと答えがありますし、
寧ろその矛盾の転換点が鍵なのです。

モモンさんは、ノンデュアリティについて
少し勉強されていましたね。

では次は、これについて質問しましょう。

"私"とは何でしょうか?
その境界線は?
絶対条件は?

303モモン2018/01/24(水) 12:44:43.95ID:wUzkGZgo
真理を求めることもやめたほうがいいんですね。
それにはただやめようと思うだけでいいんでしょうか?
それとも別の方法があるんでしょうか?

ぼくが思う私、自分とは魂だと思います。霊だと思います。
こう思うのはスピリチュアリズムを信じてるところから来ています。
肉体は一時的に宿るもので、肉体を脱ぐと霊体がありそれが真実の姿らしいのです。
霊体にもちゃんと姿かたちがあるそうです。
でもそれは知識として知っているというだけで、自分自身の考えではありませんし、
実体験でそう思うようになったわけでもないのです。
鏡を見れば容姿が私だと思いますし、名前を呼ばれれば私だと思います。
自意識が高まる場面では、内面の私という部分が強く反応しますし、
過去を思い出しては私の過去の私の行いがありありとよみがえります。
それらすべて含めて私という認識をしているんだと思います。

ノンデュアリティでは私はいないといいますが、それも実体験していないのでよくわからない感覚です。
覚者たちはその感覚を体感してるんでしょうが、ぼくは体感していないので
まだ自信をもって私はいない!と断言できないレベルにいます。

304モモン2018/01/24(水) 12:54:08.32ID:wUzkGZgo
境界線、絶対条件はやはり肉体じゃないでしょうか。
肉体を境に、私とそれ以外を区別してるんだと思います。
なぜなら肉体には痛みを感じますが、肉体以外には痛みを感じないからです。
痛みを感じないので無責任でいられ、自分ではない感覚が生まれるのではないでしょうか。
いくらお気に入りの服を身につけても、その服は私じゃないんです、痛みを感じませんから。
もしあらゆるものに痛みを感じれば、それだけ私は大きくなるのかもしれません。
慈悲の悲しみが痛みであるとしたら、その痛みこそ大いなる私を感じられる原因なのでしょうか。
適当なこと言いました、すみません。

305ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/24(水) 19:29:03.99ID:5qir5xtH
モモンさんは、本は嫌いかな?
何か特別本を読めないような理由があるだろうか?

でなければ、俺は思うんだけど、多分あなたの場合は
クリシュナムルティの対話集を読むのが一番近道だよ。
「人生をどう生きますか?」ってやつ。

あなたはもともと結構、頭が良いんだろうね。
だからその、他よりちょっと頭の良い部分に溺れてしまう。

クリシュナムルティの思想に触れてみるのは良いことだよ。
自分がどんなに低いレベルの知性しか持ち合わせていないのかってことを、
あれは良く教えてくれるから。

306ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/24(水) 19:36:52.99ID:5qir5xtH
さて、修行者モモンよ、お聞きなさい。

あなたの述べたことには二つの奇妙な点があります。

まず一つ、「分からぬのに、信じるということ」

一体何を根拠に、あなたはスピリティズムのそうしたファンタジーを
信ずるのか。いいえ、私はそれを止めろと言っているわけではありません。

そうではなくて、その信じる心、信じたいという思いが、どこから
出てくるのか、それを良く吟味してほしいと思うのです。

なぜなら、良く分からぬものを信ずるのが良くないことは、
あなた自身も分かっていることだからです。

「お金を預けてくれたら100倍にして返します」という人を信じて
1億円を担保無しにそっくり預けるでしょうか?そうではないはずです。

ですので、吟味してほしいのです。なぜあなたは、あなたにとっては何の
根拠も無いそれらの知識を信じたのか。

信ずるに値する何が、一体そこにあったのかということを。

307ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/24(水) 19:44:48.53ID:5qir5xtH
もうひとつは、肉体についてです。

あなたは”私”の境界線は肉体ではないか、と言いましたが、
では一体、肉体のどの部分が”私”を作り上げているのでしょう。

腕のない人はどうですか。心臓を人口物に置き換えたら?
”私”は脳に宿るのでしょうか?そうでなければ、身体のどの部分の細胞に?

”私”を形成するために、絶対になくてはならない身体部位は?

こうした些細な論理に対して、あなたは随分と容易くそれを
無いものとして答えを出したのです。

それがつまり、自分の知識ではない、ということではありませんか?
あなたは言葉を並べるが、分かったようで分かっていないと
自分でも感じている。

知識に対する、新しい態度を身に付けなければなりません。
わからぬ知識を退け、わかる知識を大切にするという態度を、です。

308ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/24(水) 19:49:30.03ID:5qir5xtH
ほら、故事にもあるでしょう。
「半歩崩拳、あまねく天下を打つ」ですよ。

華美で浮ついた多彩な知識や技術。
そういうものは、本当に身に染みて磨き抜かれた、たった一個だけの技、
たった一つのことへの深い透徹した理解に、及ばないのです。

309むげん2018/01/24(水) 20:31:34.00ID:tqar22cP
エルダースピリットとはなんでしょうか

310ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/24(水) 20:38:46.35ID:5qir5xtH
>>309
年長者。地球という家の、優しいお兄さんお姉さんのようなものです。
それは霊的な公務員でもあるし、教育係でもあります。

311むげん2018/01/24(水) 20:44:45.46ID:tqar22cP
310
スピリチュアリズムでいうところの
守護霊(ガイド)たちのことでしょうか

312ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/24(水) 22:45:24.14ID:5qir5xtH
うん、まあそんなところですね。

313モモン2018/01/25(木) 00:44:46.78ID:Rr/wUg3V
クリシュナムルティの本読んでみようと思います。
ずっと興味はあったのですがなかなか出会えないままここまできてしまいました。
本はけっこう読むほうで、スピリチュアル関連の本は数十冊くらいもっています。
ノンデュアリティの本もこの前、4冊買ったんですが難しすぎてなかなか読み進められずにいます。

スピリチュアリズムを信じるようになったのはなぜ?と聞かれると自分でもどうしてかよくわかりません。
元々オカルトとか心霊みたいなものに興味があって信じるタイプの人間でした。
10年くらい前にスピリチュアルブームが起こりました。そのとき江原さんの本を読んで感銘を受けました。
その本で紹介されているシルバーバーチの霊訓という本を読んでみました。
この本は素晴らしく、一度読んだら信じてしまうほど信憑性のある内容でした。
そしてスピリチュアリズムにどっぷりと浸かって、ずっと人生の指針として生きてきました。
ぼくにとっては宗教のようなものだったのかもしれません。
盲目的な信仰だったのかもしれませんが、自分としては100パーセント真実に違いないと思っていました。
まあどの宗教を信じる人もみなそういう気持ちで信じているんだと思いますが。

314モモン2018/01/25(木) 00:56:11.08ID:Rr/wUg3V
>>307
難しいです師匠。
師匠のおっしゃりたいことは、つまり
自分の経験から得た知識を大切にせよ、ということでしょうか?
そしてそれ以外の聞きかじりの知識は重視するな、ということですか?
それが真理の近道ならそうします!
ぼくは今まで自分なりに真理を探求してきたつもりです。
その方法は読書です。
聖書を読んだり、老子を読んだり、ブッダの言葉を読んだり、
その他たくさんの精神世界の本を読んできました。
それらの本には真理が書かれてあり、本をたくさん読むことで真理を得られると思ったからです。
でももし真理をわかることは、知識として知ることではないとすると、
ぼくは今まで無駄な努力をしてしまったことになります。
真理の探求とは本を読んで得られるわけではないのですか?

315ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/25(木) 07:18:51.33ID:CtK4OLBX
大事なのは、真理を理解していくということです。

真理についての本や言葉を、どれだけ沢山
暗記してみた所で、何になるでしょう。

理解していない言葉の羅列は、例えば円周率を
ひたすら覚えたことと変わりがありません。

モモンさん、私は、信仰者でありません。
信仰は人を強くする一方で、弱くもします。
頑迷に、盲目にもするのです。

私は現代人です。空想の神を信じてはいません。

私は、何も信じません。何一つ。
とりわけ自分自身、自分が何かを信じていないという、
その自負を信じません。

そして、学びはしても常に疑い、
自分の経験と照らして「確かに」と思えたことだけを
自分の知識として、人にも伝えているのです。

316ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/25(木) 07:29:50.70ID:CtK4OLBX
今まで読んで覚えたものが無駄になるかと言えば、
全くそんなことはないですよ。

暗記した知識というのは調理器具みたいなものです。
しかし調理器具だけやたらに溜め込んでおいても
意味が無いでしょう。

そこで、実際に料理を始めていくということです。
備えのない人は少ない道具でやらなければいけませんが、
モモンさんの手元には十分な道具が揃っています。

それは全く良いことです。
ああ、あの本に書いてあったのはこういうこと
だったか、という場面が増えますから。

317モモン2018/01/25(木) 12:50:06.47ID:Rr/wUg3V
>>315
ゴンさんのその姿勢はいいと思います。
ぼくも見習いたいです。
考えてみればぼくの憧れるキリストやブッダやクリシュナムルティやラマナマハルシも
盲目的な信仰はしていなかったように思います。
自分の内から生まれた真理に忠実に生きたのだと思います。
その観点からごんさんの姿勢はより真理的かもしれません。

本の知識を材料に料理をするにはどうしたらいいですか?
どうすれば自分自身で真理を見出すことができるんでしょうか?

318ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/25(木) 13:25:34.61ID:uNml2uZR
>>317
良いでしょう。では料理をするために、マインドフルネスの領域へと舵を切って行きましょう。

マインドフルネスとは、一言で言えば、この世界の存在に対して意識的であることです。

例えばこういう方法があります。寛いだ姿勢で、落ち着いて立ったり座ったり。
行動するのを止め、「今ここ」の瞬間に意識を集中します。

「今ここ」とは何か。それは外の世界から私たちの心の中へ、まさに今この瞬間に
流れ込んできている情報の全てです。

それは肉体の知覚作用を通して現れます。つまり、色、音、感触、匂い、味の
5つの
精神領域です。じっとして、行動を止め、順番にこれらの精神領域に意識を向けていきます。

姿勢や環境、集中している時間の長さなどに細かくこだわらなくとも良いです。
注意することはひとつだけ。それは、自分の心の内側に入っていかないということです。

意識の流れは外から内へ流れています。この外からの情報を掴もうとすると、どうしても
その流れに流されて、自分の心の内側、頭の中の空想や雑念の、迷いの海に入っていって
しまいやすいからです。こういう場合はリセットして、もう一度やり直します。

外からの情報だけを。順番に、慎重に、何周もしながら、確かめていきます。

一日何度でも良いですよ。空いた時間毎に、こまめに沢山するクセをつけると
良いでしょう。

319ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/25(木) 13:34:24.12ID:uNml2uZR
こうした修行に何の意味があるか。

それは、わかることと、わからぬこととを、はっきり分別するためです。

人は言葉を操る生き物で、言葉の世界は仮想空間になっています。
その仮想空間は、ある程度自分の好きなように拡張できてしまいます。

しかし、好き勝手な拡張を進めるということは、要するに幻想を増やすということ。
幻想が増え、強化されていけば、それは偏見や迷妄になり、やや狂気に近付いて、
段々と現実との適応力、調和能力が失われていきます。

これが無知です。これが愚かさです。これが真実を知らないということ。
これが真理を覆い隠す霧であり、つまづきの石なのです。

ですので、そのシュミレーション用の仮想空間における模倣物と、
本当にこの世界の実在から放たれている真の情報とを、選り分けられるように
なる必要があります。

モモンさんには先ず、そうした切り分けを可能にする能力を
しっかりと身に付けていただきたいと思います。

320モモン2018/01/26(金) 01:05:06.93ID:MKyG38Z3
>>318
マインドフルネスですね。
一時期やっていたことがあります。
でも今ここに気づき続けることが一体なんの意味があるのか?と疑問に思い始め
次第にやらなくなってしまいました。
今ここに気づくと思考が止まる、思考が止まると一体なんになるのか、と思うようになってしまったのです。
あと瞑想について疑問に思ってたことがあるんです。
瞑想の意識状態というのは半睡眠状態の変性意識の状態なんでしょうか?
それとも精神統一のような神経が研ぎ澄まされた、より目覚めてる状態の意識なんでしょうか?
マインドフルネスは後者ですよね。今ここに全神経を集中させることでより目覚めた意識と思います。
でも一般的な瞑想というのはボーっとするような目覚めと睡眠の真ん中の状態なんでしょうか?
もしそうなら悟りを開き覚醒に至るには、どちらのほうがいいのでしょう?
坐る瞑想もしたほうがいいんでしょうか?
あとラマナマハルシの私は誰か?と問う探求方法についてどう思いますか?
ごんさんはどのような方法で覚醒に至りましたか?

321ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/26(金) 07:08:24.94ID:MT6M2bFk
>>320
なるほど、経験がありましたか。
それでは多少手間が省けますね。

私が何を通して悟りへ至ったか。
そこには何も特別な方法はありません。
様々なことを学ぶ中で、自然に悟ったのです。

しかし真理に関する、方法の不在という事実が恐らく、
モモンさんの成長を妨げる限界にもなっているのでしょう。

ラマナマハルシの説いた方法も、やはり完全ではありません。
ある面から見れば核心を捉えていますが、
誰にでも向いているという修行ではありません。

322ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/26(金) 07:14:42.01ID:MT6M2bFk
誰にでも向いている修行。
生憎そういうものは無いのです。

なぜかわかりますか?

真理は不変で、間違いがないものだからです。

では晴らすべき虚偽が何処にあるかと言えば、
それは私たち自身の人格、願望、精神の方にあるのです。

つまり真理へ至る答えは、私たち人類の
70億通りの虚妄の数だけ、70億種類の嘘の数だけ、
必要なのです。

だからね、モモンさん。簡単なことなのですよ。

あなたはまだ、あなた自身という問題を、
知らなすぎるのだ。
あなた自身の中にある欲望と、虚偽と、抑圧とを。

それに向き合い、それと和解し、それか
ら解き放たれねばなりません。

323モモン2018/01/26(金) 12:27:23.27ID:MKyG38Z3
なるほど。
その人自身の方法でしか悟る方法はないということですね。
いくらごんさんが熟達した者であっても、ぼくの真理の道を教えることはできないということでしょうか。
真理の道は自ら発見しなければならない、と。
そして試行錯誤する中で自分の道がひらけてくるんでょうか。
そうだとするとぼくは大きな勘違いをしていたのかもしれません。
真理の道は1つで、その道に到達した人はその道を教えることができると。
でも様々な覚者がある特定の方法論を述べないのは、こういう理由からかもしれません。
ぼくは覚者やごんさんに真理に到達する道を聞けば、到達できるものと思っていました。
でもその道は様々あるので1つの方法をのべるのは逆に真理的ではないと。
その中でごんさんが示してくれた方法に感謝します。
それを加味しながら自分なりの道を探していこうと思います。

324モモン2018/01/26(金) 12:38:58.88ID:MKyG38Z3
ぼくの問題は自分自身の欲望を知らなさすぎる所と感じますか。
こうなりたいとか、真理の道を求めたいという欲望が自分の中にあるのかもしれません。
それが真理から遠ざかる原因なのですね。
僕の道として、まずそれらの欲を消し去ることが重要なんですね。
それからマインドフルネスで今ここを意識する実践方法に進むんですね。
話は早いかもしれませんが、その後にはどのような探求方法が待っているんでしょうか?
マインドフルネスを実践しつづけていれば覚醒にいたれるのか、
それは前段階でさらに上の方法があるのか。
おっと、これさえも欲から出る質問になってしまってますね。
すみません。

325モモン2018/01/26(金) 16:07:57.98ID:MKyG38Z3
あと瞑想についての疑問なんですけど、
瞑想で自分の内側を見つめるとか、内に意識を向けるとか聞くんですが、
マインドフル状態は五感を感じることなので外側に意識が向かってる状態なんでしょうか?
それらは矛盾していませんか?
自分も実践したことがありますが、座って音や匂いや感覚に意識を向けると
外側に意識が向かうように感じます。
でも瞑想では内面に意識を向けるようにするといいます。
内面に意識を向けるとはどういうことなんでしょうか?
そもそもマインドフルネスと座る瞑想は別物ということですか?
それともぼくは大きな勘違いをしているんでしょうか?

326ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/26(金) 23:37:17.01ID:MT6M2bFk
簡単に二つ答えましょう。

先ず一つ、モモンさんは先の事を安易に
考えすぎる癖があります。確かに先の事を予測していれば、
効率の良いやり方を見いだせることはあります。

が、それが癖付き過ぎると、取らぬ狸の皮算用ばかりを
することになりかねません。何事も程度です。

もう一つ、瞑想には無数のレパートリーがあり、
その方法を数え上げれば、全く切りがないほどです。

やり方も目的も無数にあり、その背景の論理も様々です。

ですので、論理的な事を些細に学んでいては、
時間を無駄にし過ぎます。実践して、ものになったら、
後で意味を考えれば良いでしょう。

327ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/26(金) 23:43:28.56ID:MT6M2bFk
さて、モモンさん。自分なりの方法を
見つけなければならない、というのは
正にその通りです。

色々試行錯誤をして、自分の精神がどう変化して
いくのかを見てみましょう。

少し前にお教えした逆分析についてはどうでしょう?
ちょっとやってみましょうか。

モモンさん、試しに何か一つ、
「自分が絶対に許せないもの」を
例に挙げてみてください。

328モモン2018/01/27(土) 00:33:44.44ID:noCgJj/K
絶対に許せないもの、というのは人でしょうか?それとも現象でしょうか?
人はいませんね。嫌いとか苦手な人はいますけど、その人自身が嫌いというより
その行いが許せないと思うことはあります。
簡単に言えば、自分に対して当てつけともとれる態度ですね。
咳払いとか、すれ違いざまに音を立てたりする人が職場にいるんですが
その行いは許せなく感じます。
ムッとくるので。
世の中の不祥事とかに関してはわりと寛容で、あまり憤ることはありません。
基本的に世の中のことはどうでもよいと感じてるので。
ぼくが許せないのはただ一つ。
自分に対する無礼な態度は許せません!それが年上でも目上でも。
カチンときます。

329名無しヒーリング2018/01/27(土) 00:50:14.51ID:4P0jr3vE
>>328
カチンときて、オッケーだよw
ただし、あなたは人にそれをぶつけてはいけない
その怒りを内側で出す

内側では怒りを批判してはならない

330名無しヒーリング2018/01/27(土) 00:51:03.68ID:4P0jr3vE
>>327
人が悟るのは人が落ちることだ

331ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/27(土) 07:01:51.79ID:bf8SoVki
>>328
それです、モモンさん。その怒りだ。
私はあなたの、そういう生きた情緒を見たいのだ。
それが扉を開く鍵なのです。

では、「横柄な態度」としましょう。

もしもあなたが他人に「横柄な態度」を許すとしたら、
その時どのようなメリットがあるでしょうか?

思い付けるだけ挙げてみてください。

332ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/27(土) 07:07:21.63ID:bf8SoVki
>>330
然り。だから、人は悟らない。
落ちるわけだから。

333名無しヒーリング2018/01/27(土) 08:52:01.47ID:qVQdhfTY
何かを習得したいというか
プロとか達人レベルまでになりたいというとき
ここに書いてあることって役に立ちますかね?

334モモン2018/01/27(土) 12:47:42.06ID:noCgJj/K
>>331
人から横柄な態度をとられても、それを許すことで得られるメリットですか。
それはもし許さないと怒りがつのり争いや喧嘩に発展してしまう可能性があるので、
争いや喧嘩をせずにすむというメリットがあります。
許すことでその横柄な態度によって、その相手に対する怒りや憎しみがなくなるメリットがあると思います。
それによってイライラや嫌な気分を引きずることなく、穏やかな精神状態で1日を過ごすことができると思います。

335モモン2018/01/27(土) 13:57:08.87ID:noCgJj/K
>>329
やり返すと後悔しますね。
ほんとその通りだと思います。

336名無しヒーリング2018/01/27(土) 16:33:20.97ID:JI8rpjSR
イマジナリー世界に飛び込む前に実を確かにする必要がある。

337名無しヒーリング2018/01/27(土) 16:41:20.19ID:JI8rpjSR
スピリチュアルは虚構という意味ではないと思うぞ

338ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/27(土) 19:30:26.76ID:bf8SoVki
>>334
そうですね。

・争いをせずに済む
・怒りを引きずらずに済む

これらは、あなたに関連するメリットです。
他には?まだまだ少な過ぎます。
誰かが「横柄な態度」を取るとき、彼の周りでは
どんな良いことが起きているでしょう?

339名無しヒーリング2018/01/27(土) 19:52:03.98ID:bf8SoVki
>>333
いや、そういうことの役には立たない。
真理はそういうこととは関係がない。
私は完全な完全さについて話している。
達人は或いはあることにおいて完全かもしれないが、
その完全さは常に部分的では完全なものだ。

例えば走ることの完全さは、走るという行為そのものに
かかっ

340ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/27(土) 20:01:34.97ID:bf8SoVki
例えば走ることの完全さは、走るという行為
そのものに掛かっている。

走ることの完全さは走るという行為の中に
すでに全き形で含まれているが、例えば
目的地を定めたり、速さを競ったりし始めた途端、
その完全さは死んでしまう。

341ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/27(土) 20:11:59.33ID:dOHr5l7y
あるインディアンの戦士が、部族間の争いの前に神にこう祈った。

「神よ、私は勝利や生存を望みません。ですがどうか、
 私が戦から逃げたりなどせず、勇敢な戦士として最後まで
 立派に戦い抜くための、勇気をお与えください」

私は彼の姿を見たよ。彼の戦いは踊りだった。
彼の手が放つ一撃、彼がその肉で受けとめた斧の一閃。
そのどれもが存在の叫びであり、神への重々しい祈りだった。

目を開けて、遠くの敵の数を数えながら、死んでいったよ。
勇敢な戦士だった。歴史に名は残さなかったが、彼の部族の
精神の中に、その姿は深く刻まれた。

おかげで部族間のあの歴史的な調停の際には、彼の部族は
絶対に折れない芯の強さを持っていたし、他の部族も
その意見に一目置いたのだ。

342名無しヒーリング2018/01/27(土) 22:18:37.76ID:qVQdhfTY
>>339
ありがとうございます。
あまり関係がなかったですか。

でも、なんか気になる興味深いスレです。

343モモン2018/01/28(日) 00:44:56.15ID:fGyq2IQ+
>>338
横柄な態度を取った彼の周りに起こるいいことですか?
んー難しいですね。
彼自身はその行動によって鬱憤を晴らしてるのかもしれないし、
自分のほうが上だということをその行動によって表し、優越感を感じてるのかもしれません。
彼の周りのメリットはないんじゃないでしょうか。

344ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/28(日) 06:56:25.41ID:BH/Nfxfv
>>343
メリットは、もっと沢山あります。

・態度によって上下を表せば、自己紹介の手間がある程度省けます。
・不快な人間、ウマの合わない人間を遠ざけることができます。
・逆も然り。彼の人間性がわかりやすいので、
仕事などで深い関係になる前に好き嫌いを判別できます。
信頼できない相手をパートナーに選ばずに済みます。
・矢面に立たせやすい。何かトラブルが起きた時に、
尻尾切りをしやすい人材です。少し前にそんな
政治家がいましたね。
・理不尽なことをしていれば周囲から信頼されないので、
それを利用して彼を弱者の側に置いておくことができます。
・対人関係でストレスを持っているなら、
恐らく心理的にも弱い部分があります。
そうした弱みは操作可能なので、手札として
ストックしておけば必要な時に利用可能です。
・不器用な人は、下手に出ると簡単に信頼してくれます。
理不尽な人を好いてくれる人は少ないから。
ちょっと膝を折れば、大事にしてくれますよ。
・そしてそのうち、そういう従順な人間を
中毒のように求めるようになります。王とダビデのように。
・彼自身も、そうした自らの弱点を通して
世の中で失敗し、失脚し、小手先ではなく
根底から、学び直す機会を与えられるのです。
弱さと愚かさは、叡智の先触れです。

簡単に思いつくくらいでこれくらいあります。

でもまあ、最初ですからなかなか難しいでしょうね。

繰り返してみましょう。
モモンさんが許せないことをひとつ教えてください。
不快なこと、でも良いですよ。

345モモン2018/01/28(日) 15:33:24.25ID:fGyq2IQ+
>>344
なるほど。そんなにあったんですね。
もしそんなこと考えながら生活してるとすると、そいつは相当性格悪いですね。

ほかに許せないことですか?
スピリチュアルに生きるようになってからなるべくなんでも許そうと心がけて生きてきたので、
許せないということはほとんどないですね。
でも1つだけありますかね。
これまた職場の人間にいるのですが、その人の利己的な言動が許せなく思うことがあります。
まあ、人の自己中な行動が許せなく思うこともたまにあるということです。
でもまあ魂が幼いんだなと思えば許せる気もしますが。

346ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/28(日) 19:16:53.47ID:PQuNTDqu
>>345
なるほど、利己心。それはよろしいですね。

では逆のパターンをやってみましょうか。

「利他主義の人間がいるせいで起きてくる悪いこととは?」

思いつくだけ挙げてみてください。

347モモン2018/01/28(日) 20:03:24.23ID:fGyq2IQ+
>>346
んーこれも難しいですね。
利他主義の人間がいるせいで自分が利己主義に思われる可能性があります。
利他主義の人を偽善に感じてしまって好かなくなる可能性もあります。
利他主義本人の人の場合は、その主義からくる自己犠牲ゆえ自分が損をする可能性があります。
また偽善者と思われ、嫌味な人間から嫉妬から攻撃されることもあります。
そんな感じでしょうか。

348ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/28(日) 20:32:31.82ID:PQuNTDqu
>>347
少し慣れてきたようですね。
他にもこんなことが言えます。

・富を蓄積しない利他主義は生物個体としての人間を弱くし、人類を衰退に導く。
・利己心や虚栄心が失われたら、物質的な文明は発展しなくなる。
 高級車、高級時計、宝飾品などが失われていく。
・またそれを作る技術が失われ、技術の追求や発展もなくなる。
・経済的主体は個人の利益を最大化するものだという経済学の前提が崩壊する。
・よって経済学的な枠組みによる社会の修正が不可能になる。
・つまり利他主義者は経済的安定を崩壊させるテロリストだ。

349ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/28(日) 20:38:52.21ID:PQuNTDqu
さて、モモンさん。私が思う限りでは、物事というのは全てこのようです。

どのような存在も必ず、良い面と悪い面を持っています。
もし私たちがそれを良いとか悪いとか評価しようとするならば、ですが。

真理は評価を必要としません。太陽という恒星は空に浮かんでいるだけです。
が、私たち人間が、それを良いとか悪いとか決めるのです。

それで、この決めつけ、この偏見、この見解があることは良いとしても、
そこから抜け出せない、というのが問題です。

私たちは、凝り固まった自分自身の偏見から、抜け出せないのです。中々ね。
ですからこういうトレーニング、逆分析のようなものが入り用なのです。

そうでしょう?私たちはまだ得ていない真理を「知りたい」わけですから。
とうの昔に自分自身の頭の中に育て上げた、真理についての勝手な見解や幻想を
「述べていたい」わけではなく、ね。

350モモン2018/01/28(日) 21:24:43.68ID:fGyq2IQ+
>>349
善悪、良い悪いという目で物事を見るのをやめることが、悟りへの第一歩なんですね。
たしかに人間はどうしても自分が正しくて人は間違ってると思いがちです。
自分の頭の中の基準で物事を判断し、善悪正邪と決めつけがちです。
でもそれらには両面があるということですね。良い事にも両面があり、悪い事にも両面がある。
そもそも良い悪い自体ないということですね。
このことは老子も言っていました。老子の本を読んで関心しました。
やはり賢者レベルになってくるとそういう考え方になってくるんですね。
ぼくはどちらかというと善悪をきめつげがちな人間でした。
そのため自分は善良で正しく生きようとすればするほど、
自分以外の人間がみな間違ってるように思えてきて、その葛藤で長い間苦しみました。
それから解放されたのはスピリチュアリズムから距離をとり、瞑想を日課にするようになって、
老子の本に影響を受けて、中道のような考え方をしていこうとしてきました。
今はある程度、世の中は善悪では計れないのではないかな、となんとなくですが思えるようになりました。

351ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/29(月) 08:21:42.29ID:weR8P3nT
>>350
なるほど、そういった経緯があるのですね。

その通りですよ、正誤を問うということは。
ある意味では全てが完全に間違っていて邪悪だと言えるし、
そうでなければ、全ては完全に正しくて善良だとも言えるでしょう。

前述の逆分析は繰り返し練習してください。
不快なものは沢山あるでしょう?

例えば戦争や、飢餓や、略奪や嘘、暴力・・・何でも良いですよ。
日頃のちょっとした出来事で、怒りを感じたときなどにね。

352モモン2018/01/29(月) 12:56:02.01ID:yznXun9V
>>351
ごんさんが教えてくれた方法をまとめると、
自分が盲信している思想や信念などを捨て去り、自分の経験で得たもののみ信じること。
逆分析を行い善悪正邪の判断をなくすこと。
そのどちらも自分の中にある偏った思考をなくす意味があると思います。
その状態で自分の思考がリセットされ、マインドフルネスで今ここを意識する習慣をつける。
それが覚醒への道ということですね。

353ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/29(月) 16:47:15.10ID:koCw/3i3
>>352
ええ、まとめるとそんな所です。

それが、私の持っている無数のレパートリーの中から
今のモモンさん用に選んで見繕った「処方箋」というわけです。

354名無しヒーリング2018/01/29(月) 19:15:33.46ID:n3qJWmeN
日頃から忘れてはいけないのは、どんな仕事であれそれはやっぱり「する」のではなく「させていただく」もので、
三年の間は誰よりも早く出勤して、お掃除片づけもの、お掃除片づけもの、誰よりも早く来て、

そういう一番単純な下座の行というのを率先してすることが、徳を磨く一番の近道、と同時に徳を失わない秘訣です。

355名無しヒーリング2018/01/29(月) 19:15:52.66ID:n3qJWmeN
会社の社長でも芸術家でも宗教家でもね、一番目立たない一番地味な、軽作業事務の仕事、そういうのを「下座の行」という。

準備、段取り、後始末、掃除、洗濯、片づけもの、物事を前進させていくには不可欠なことばかりですが、そして誰かがしなければならないことなんですが、一番徳高き人がそれを率先してやるわけです

356名無しヒーリング2018/01/29(月) 19:16:11.93ID:n3qJWmeN
最高の叡智を持っている人は、一番低い地の仕事ができて、働きができて知恵があると。

最高級のものというのはある一定以上の水準に達すると、一番最底辺まで行き渡る人であればあるほど最高級になってくるので。

357名無しヒーリング2018/01/29(月) 19:16:35.04ID:n3qJWmeN
そうやって徳が高くなり、役割と責任が高くなればなるほど、本当に「道」を分かっているものは、一番底辺の、一番地味な、
一番目立たない、軽作業事務、準備、段取り、掃除、洗濯、後片付け、人の悩みの相談に乗る、苦情処理、クレーム対応、ゴミの焼却、

そういうものを率先してやれば、同じようにやる人も、喜んでついてくる。
それが、本当のリーダーシップであり、本当の人望というのはそういう率先垂範していくところしか出てこないわけです

358ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/29(月) 21:04:36.77ID:koCw/3i3
せやな。まぁそういう二宮金次郎的なの、今時流行らんけど。

359ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/30(火) 06:56:43.19ID:oZXsJt5u
精神の恵みは、天上から無限に降り注ぐ
砂金のようなものだ。

愚か者はそれを掴もうとして、その指で払いのける。

魂が満たされる為には、変わらなくてはならない。

手を翻し、広げた指を閉じて、掌を差し出すことだ。

全てのものには、それがそうである意味がある。

大事なのは、真理じゃない。

大事なのは、愚かで歪んだ私の心。
それがそうであること。

大事なのは、愚かで歪んだ、あなたの心を
神が愛し、望み求めたという事実。

360モモン2018/01/30(火) 12:21:28.89ID:gaKIsiW7
>>353
ごんさんの教えてくれた方法を実践していきたいと思います。
ありがとうございました。

361ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/01/30(火) 20:21:18.72ID:ThJZgC3s
>>360
礼には及びませんよ。
私が預けたものを、あなたはいつか私に返すだろうから。
ご武運を。

362名無しヒーリング2018/02/02(金) 01:18:55.21ID:JTeaPRTt
己は何者かと悩みても行動せねば何にもならず
普通の平凡なる生活の中で己のやれる事から始めればよい

今まで神仏に手を合わせた事無きなれば、心を込めて手を合わせ祈り捧げよ
この日の本の民より始まりて、世界の平和へ繋がりゆくことを心を込めて祈り捧げるべし

人との関係、縁を粗末に扱い生きし者ならば、 己の心を開きて歩み寄り、一人ずつ温かき言葉をかけ縁を結びゆけ

食をないがしろに生きし者ならば、まずは一品だけでも自炊し、土地の食材を食する事から始めればよからん

家の掃除をないがしろに生きし者ならば、はじめは一部屋にてもよからん。綺麗に拭きあげ、季節の花一輪飾れよ

日常の生活、平凡な生活の中にこそ己を高める教えあり
日々の同じ事の繰り返しの中に己を高める活きた教えあり
今、何をなせしかと悩み、ただしゃべるばかりではならぬ

一歩でもよからん
己のできる事から手をつけるべし。始めるべし

363ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/02(金) 07:02:31.32ID:uiQDjumA

364ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/02(金) 07:14:01.85ID:uiQDjumA
正味俺たちは、自分の正義の中で溺れ足掻いているだけだろう。

梅は咲いたか桜はまだかいな?
山吹ゃ浮気で、色ばっかりしょんがいな。
悟りと言うはこのようなもの。

https://youtu.be/TAYZgVEk_hA

365ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/06(火) 06:06:55.83ID:MnDZdIPa
全てのものは、ただ一時だけのものだ

俺にもようやく、それがわかってきたみたいだ

ただ一時、意識も存在も

宇宙も、この世界も。

ああ全ては

愛おしい

366ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/06(火) 07:21:57.81ID:MnDZdIPa
ここにあるものは、退廃なんかじゃないんだ

https://youtu.be/n1a7o44WxNo

367ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/07(水) 07:16:36.07ID:KIKWLLiw
ギャンブルの恐ろしいのは、
人間の真っ当に生きていく根を腐らせ
切り落とさせてしまうところだ。

権威主義の恐ろしいのは
人間の自分で生きていく自信を干からびさせ
水やりを待つ植物に変えてしまうことだ。

宗教家の仕事は、奪われたその両方を
もう一度、癒し育て直してやることだ。

368ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/08(木) 20:39:02.66ID:h1rYaOak
暇だ。誰ぞお困りの方はおらんかね?
相談はタダぞ。

369ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/09(金) 08:33:16.94ID:60hAzUTX
今はさ、働いてもまともに稼げないでしょ。
創作物も簡単にコピーされてしまうし。
良い加減な投機だけは儲けがっぽりで。
この先はAIなどで更に人間の仕事が無くなっていく。
スーパーのレジなんかもどんどん人がいらなくなる。

この流れ。

これ全部、ベーシックインカムに向かってるよね。

多分そろそろ、日本の社会では労働革命が起きるだろう。
働くということの意味も、人間の人生の意味そのものも、
大きく変わってしまうことだろう。

370ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/09(金) 08:34:56.84ID:60hAzUTX
お金を稼ぐ為に生きる世界は、終わった。

371ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/09(金) 09:55:55.29ID:60hAzUTX
そう考えると、私達というのは次の世界のための
プロトタイプなんだな。

372ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/10(土) 06:57:39.51ID:PyvDVll4
みんな仕事で忙しいのかなぁ。
年長者は誰も貧乏暇なしだからなぁ…

373名無しヒーリング2018/02/10(土) 07:43:17.78ID:jDBRwBPn
>>253
>>254
この自演はどういう意図が?

374ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/10(土) 19:10:28.81ID:YiOpR+r8
自演ではない。

これは、私が使用している
超文明の神器…いわゆるアイフォーンであるが、
そのアイフォーンと私の身体が共振することで生まれる能力、
「ゴーストタッチ」が発動した結果だ。

私の肉体はその高すぎる霊力故に常に
肌が乾燥しており、
それによって微弱な霊的電気を放ち続けている。
その電気に感応して、アイフォーンは自らの意思で、
言わば精神を得て、活動可能になるのだ!!

そして一度「ゴーストタッチ」が発動すれば、
私が名前欄をわざわざ入力する前に、アイフォーンの
自律的意思によって、自動的に書き込みボタンが
押下される…

これは何も名前欄に限らず、レスの入力途中で
書き込みボタンが押されてしまうことさえあり、
はなはだ不便な機能である。

375ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/11(日) 06:59:52.54ID:qWnuBZkf
今時、大きな予言や道筋、先行き。
そういうものは要らない。

無論それは人の心を極めて強固に
特定方向へ矯正する効果があるだろうが。

現代では、ゴールではなくスタートが求められている。
私たち、ひいてはこの世界が、何故出現したのか。
何を目的としているのか。

人々が知るべきなのはそこだ。
しかし、ゴールは規定すべきではない。
ゴールは自由なのだ。それが創造の可能性だ。

376ななしのごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/11(日) 19:44:04.06ID:ic9ghiBt
退屈だなぁ。何か物理的なものでも作ろうかな。

377ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/12(月) 08:06:30.36ID:v8eaFE3D
どれだけ科学や技術が発展しても
人類はそれだけでは幸福にならない。

何故なら彼らは「自己」という社会の
基礎的現象について、何も知らないからだ。

私とは、人格とは、意識とは何なのか。

それを知らずに足掻く努力も求める幸福も
所詮は、自ら現実を離れ、ファンタジーの世界へ
迷い込んで答えを探すようなものだ。

378ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/12(月) 08:08:16.99ID:v8eaFE3D
人の子よ、もし君がファンタジーの中の無意味な闘争に飽き、
ただシンプルに幸せな状態になりたいと願えるようになったなら
その時は私たちの声を聞け。

379ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/12(月) 17:14:03.61ID:ZmLAauzi
精神ていうのは、結局時間のことか。
バウンダリーが解除されたら、この宇宙は消えてしまう。
永遠に生きたいよ。永遠に生きたい。

380ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/12(月) 18:35:41.12ID:ZmLAauzi
いや、君は実感を重視しすぎる。

時間、センス、バウンダリー。
これらは結局の所、同じものの別の呼び名に過ぎないんだ。

その基礎となる意識、アンチマテリアルなエネルギーは、
時間に規定されていない。

それは順序なんだ。エネルギーの、構造と言っても良い。

宇宙は続く。例え時間が消え去ったとしても。

381ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/12(月) 18:42:48.04ID:ZmLAauzi
永遠を願うから、命を極小化してしまう。時間を引き延ばすためにね。

神経回路を光ファイバーで作るとどうなると思う?
時間ってそんなものさ。

或いは、こんなことを試してごらん。

カメラ付きのゴーグルをかけて、目の前の光景を撮影しながら
それを2秒間ほど遅延させてモニターに写す。
すると触覚と視覚の同期が破壊されて精神が分裂する。
同じように全ての感覚をバラバラにずらしてごらん。
君は自分が、本当はどこに居るのかを思い出すかも知れない。

382ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/12(月) 20:59:10.31ID:ZmLAauzi
eli、もしもこの宇宙を超えて、何かしらの情報を箱船のように
次の宇宙にまで送り届けることができたとして。

一体どんな情報なら、そうやって送り届けるのに値するだろう。

時間?空間?重力?光?或いは人間の形。それとも、愛情?

何もかも、そこまでするには値しないような気がするよ。
次の世界は、次の世界のもので作られるのが相応しい。

でもそうだな、もし強いて何かをというなら、アレを送ってみたい。

カワセミ。川辺を素早く滑る、青い小さな鳥。特に意味は無いけれど。

例え次の宇宙でも、出会えたら、絡み合った量子の片割れが
何かを引き寄せるみたいに、私はまた、私自身を思い出すかもしれない。

それから君のことを。

383ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/12(月) 23:05:47.25ID:ZmLAauzi
覚醒者。ステージ6。

今、日本にはどれだけ居るのだろう?

そういう存在同士が繋がりを持つということは、
あまり歓迎すべきことではないのだろうか。

384名無しヒーリング2018/02/13(火) 20:05:12.73ID:C3c50JGy
いろいろと役に立つネットで稼げる情報とか
役に立つかもしれません
グーグル検索⇒『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

94CAS

385ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/13(火) 21:45:21.22ID:pKxL164Q
復活のヤルダバオト

386ななしにごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/13(火) 23:08:49.46ID:pKxL164Q
男女の平等ってこと。今だに勘違いしている人がいるね。

男女平等を説きながら、女性を男性化しようとするのはナンセンス。

女性は生命の幹。男性は枝葉。役割が違う。

男性を女性化しようとする人たちは、前提として、男性を女性より
優れた存在だと考えてる。

それこそ愚かというものだ。

387ななしにごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/13(火) 23:12:59.36ID:pKxL164Q
女性は悟らないと思っている宗教家達にも、うんざりだ。

女の心は、自らの悪魔によって蝕まれている。
男の心の中では、それは野心となって虚妄を追い求めさせる。

事情が違うだけだ。事情が違うだけ。

https://youtu.be/aRa-SlftLQo
どちらも悟るんだよ。心身は脱落する。

自己批判が夜空に浮かんでいるか、足下でくすぶっているか。
その違いだけだよ。

388ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/14(水) 06:29:43.41ID:pdDYCzQr
この世の物と事とを
許し受け入れることは女のように、
見抜き見通すことは男のように。

背骨は女、その肉は男。

感情のない論理は知性とは言い難い。
私たちは人間だからだ。私たちは、生きている。

389名無しヒーリング2018/02/14(水) 22:47:17.69ID:puHxoGfh
>>374
iPhoneが勝手に書き込む事があるの?

390ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/14(水) 22:50:58.92ID:AOsl2gLZ
>>389
書き込んでる最中とかに勝手に「書き込む」ボタンが送信される。

名前入力前に勝手に書き込まれたりするだけで、
わざと名前を消してるわけじゃないんだよ。

まあ、普通に名前入れ忘れることもあるけどね。

391名無しヒーリング2018/02/14(水) 23:26:57.98ID:TEEy6tv7
ふーん

392わらいぐまオスカル ◆ga8TSvOHfg 2018/02/15(木) 06:50:42.15ID:A98G4m9V
まあ、霊力が高すぎるとね。
ワシも辛いのよ色々と。

393ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/15(木) 07:25:47.87ID:A98G4m9V
俺たちの集合的な自作自演も、随分板に付いてきたよな。
君が増やし、俺が引き締める。いつからかこの役割になった。
ちょうど黄泉比良坂の大岩を挟んだ、あの掛け合いのように。

聖者を作るのは、いつも悪女だ。
それは二人一組のカード。

もちろん俺は、本当は願っているんだよ。
君が善悪の地平ではなく、上層へ辿り着いてくれることを。
だが、きっと必要な発達過程なんだな。

それなら今は、踊ろう。竜を狩る踊り、
天地創造のリズム、全と無の葛藤、
砕け散り響き渡る、精神の崩壊のダンス。

394名無しヒーリング2018/02/15(木) 16:06:47.04ID:7uLdu7Xw
浄土宗・山崎弁栄聖者

ある浄土宗系の信者が、山崎弁栄聖者に自然科学全書といったふうな内容の本を差し上げた。部厚な本である。

すると弁栄は、その本を持って、その腹の所に親指を当てて、ピイーッとページを弾かれた。その人がわけを聞くと、弁栄は、「ハイ、これでわかりました」といわれた。

余りの不思議さに、その人は二、三カ所聞いてみると、弁栄は皆すらすら答えられた。これは大円鏡智の働きである。

395名無しヒーリング2018/02/15(木) 16:08:05.69ID:7uLdu7Xw
博物学者・南方熊楠

常軌を逸した読書家であり、蔵書の豊富な家で100冊を越える本を見せてもらい、それを家に帰って記憶を元に書写するという能力をもっていた。

アメリカへ行ったころから様々な外国語を習得し、やがて18カ国に通じる。
語学習得の方法は「対訳本に目を通す、それから酒場に出向き周囲の会話から繰り返し出てくる言葉を覚える」の2つだけだった。

科学雑誌『ネイチャー』や『ノーツ・エンド・キリース』にしばしば論文を寄稿し、掲載され、欧米の学者に注目され、名声を高め、チャールズ・ダーウィン、ハーバード・スペンサーと並んで世界三大碩学のひとりと謳われました。

396名無しヒーリング2018/02/15(木) 16:08:35.12ID:7uLdu7Xw
神道宮司・小泉太志命

師は天覧試合にも出た程の剣の達人で、剣道では負け知らずの偉人である。

地元では、伊勢の生き神様と呼ばれ、天皇に関わろうとする邪霊を、剣祓いという秘儀で、折伏していた。

この人は、三キロ先から、来訪者の名前から素性を霊眼で知り、近づけないようにしてしまうという霊力の持ち主であった。

397ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/15(木) 20:32:55.42ID:ty22tqkT
不思議な話があるものだねぇ。

398ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/15(木) 23:14:28.15ID:ty22tqkT
ちなみにこちらのスッドレではエルダースピリットの
エルダーお悩み相談を随時受け付けています。

報酬のお支払いは仮想通貨ならぬ仮想カルマ払いで
お願いいたします。

399ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/16(金) 07:48:19.88ID:kfkL5o6x
個人主義の弊害について考えている。

個人主義的な状態は、良くも悪くも人間の
能力を完全に引き出そうとするが、一部の人は
その厳しさに耐えることができない。

結果、権威的な組織には成長能力の低い人間が
集中して、ちょうど世の中がそれで傘を被ったような
状態になる。

メインストリームが腐敗する。無責任、低成長、
イノベーションの不足、他者批判への終始。

400ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/16(金) 07:54:40.38ID:kfkL5o6x
問題は、雲が世を覆うこと。傍流は澄んで
いるかもしれない。カウンターカルチャーには
優れた人が分散して、社会を広範囲に支えて
くれるかもしれない。

が問題は、次の世代の子供たちなのだ。

人格の発展の早い段階で、主流にいる大人たちの、
責任を他人に押し付けるしかない回避パターンを
伝達された子供たちはどうなるか。

彼らのうちの一部は容易に集団的エゴに染まり、
他の民族や他の国家への差別的偏見と
自分自身の不全感を結び付けていくだろう。

401ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/16(金) 08:05:49.31ID:kfkL5o6x
こうした状態に至らないようにするためには、
当の子供たちの視界の中で、メインストリームが
より退屈で、より無力なものとして映って
いなければならないだろう。

つまりは相対的に、分散的なものが広くなだらかに
価値と魅力を発揮する中で、主流や中心は形骸化し、
縮小していかなければならない。

分散した個人の努力と創造的な自己表現。
それら人間の本質的価値の発揮に、未来の
子供たちの感性さえもかかっている。

強く広がった世界。私たちは、信じて歩かねばならないのだ。

402ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/16(金) 08:19:37.52ID:kfkL5o6x
そもそもエルダースピリットというコンセプトは、
そうした分散状態の中で、独立分断された上層が
何らかの相互フィードバックを持ち、
互いの個性化と増強を促す機会が得られないかと
考え出したものだ。

しかし今思えば、その為の要件は広く浸透的な
自由なプラットフォームであり、私が期待したような
一律のフォーマットではなかった。

結果として私はただの小さな世界のアルファに
なっただけであるが、それはそれでいつも通りの
私らしい世界構築と言えるかもしれない。

分散的なものは、神の手に委ねるのが良い。
技術が発展するときに、そこに自ずと魂は宿るのだ。

403ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/16(金) 15:44:00.36ID:kfkL5o6x
eli、人間はいつか滅ぶ。この宇宙も消える。
その意味を考えていた。

私たちの世界で言うビッグバンを起こした、最初のエネルギー体。
神話の中でルシファーと言われているエネルギー凝縮の結節点。
それを生み出した無常の海ウツルヒ。

変化とはそんなにも素晴らしいものか?
いや、きっとそんな質問をするべきではない。

ただ驚くばかりだ。流転する幻は、流れ移ろう影と霞は。
変化とは、こんなにも、実感を生じさせるものか。

まるで本当に、存在しているみたいだよ。

404名無しヒーリング2018/02/17(土) 11:25:16.69ID:gOX34FU+
ごんさんはどうやってエルダースピリットになったの?

405ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/17(土) 18:13:22.90ID:AMCyG6s2
>>404
ただ少し人より長く生きて、
他人の人生に干渉することを覚えた。
それだけ。

或いはそう、ちょうど野原に花が咲くのと同じように、
私は年長者になった。

406名無しヒーリング2018/02/17(土) 18:14:45.71ID:gOX34FU+
数千年くらい生きたらなれる?

407ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/17(土) 18:31:17.13ID:AMCyG6s2
ほんの100数億年だよ。
もちろん肉体ではなく、魂の年齢において。

408名無しヒーリング2018/02/18(日) 18:55:47.68ID:SExIuvCo
>>398
どんな悩みを解決してくれるん?

409ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/18(日) 19:46:31.70ID:M1xPyAPJ
>>408
君の悩みは?

410名無しヒーリング2018/02/18(日) 20:28:38.31ID:gzVrN1P3
>>407
その億年の記憶はあるの?

411ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/18(日) 22:29:16.47ID:AQgKk+BY
>>410
さて、記憶か。曖昧な概念だね。

君は生まれた瞬間から君の人生について、どれほどの記憶を有している?
君がまだ5歳だった頃の、8月4日に何があったか覚えている?

あの時君が歩いていた道の、足の裏の感覚。
それはまだ身体に刻まれているか?

覚えていることと、思い出せることは、同じだろうか?

君は誰?君の記憶。記憶は誰?それは過去。過去の記憶。それはどこ?
記憶ってつまり、今?

412名無しヒーリング2018/02/18(日) 22:35:29.17ID:vQpDi8t4
>>411
素直にあるの?ないの?

413ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/18(日) 22:50:51.82ID:AQgKk+BY
>>412
やれやれ、単純だね。あるに決まってるだろう。

414名無しヒーリング2018/02/18(日) 23:26:23.62ID:OWiWwYEq
記憶はあるけど憶えてないって理屈ね

415名無しヒーリング2018/02/19(月) 05:21:59.66ID:a/wgWWzy
有名税は仕方ない

416ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/19(月) 06:41:32.29ID:bxEggR4J
一般に人間の定義する「記憶」とは、
連想的な空想イメージに過ぎないんだよ。

それは常に今現在のもので、それ自体、過去と何らかの
繋がりを持っているわけではない。

真の記憶とは、存在の連続性のことだ。
つまり君が君という存在の起源をどこまで理解し、
把握しているか。どれだけ連続的なものをそこに
見いだせるかということに掛かっている。

つまりそれは、君の自己認識の問題だ。
私は一人の人間個体である以上に、
この世界の法則性、長大な真理の結び目なのだ。

417ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/19(月) 06:46:03.48ID:bxEggR4J
何でもそうだが、強引に掴み取ろうとすると、
そのせいで少ししか貰えないものだ。

418名無しヒーリング2018/02/19(月) 08:07:50.11ID:0FNF0OIR
自分を大きく見せようとするのやめないと小悟止まりだよ

419名無しヒーリング2018/02/19(月) 17:55:41.75ID:r2wgkYJi
>>418
お釈迦様は「我こそ本当の悟りを得た」って言って回った
本当に悟ったら人を導き始めるものなんだよ

420名無しヒーリング2018/02/19(月) 18:42:29.99ID:PyRTjvrQ
本当に悟った人って誰?

421名無しヒーリング2018/02/19(月) 18:52:13.69ID:r2wgkYJi
エルダースピリットは悟ってそうじゃないか?

422ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/19(月) 19:28:29.41ID:bxEggR4J
>>418
そうだね。だが一方で、こんなことを思いはしないか。

いまの人間たちの問題とは、この宇宙や自分自身の存在の不可思議を、
盲目にも、何か当然のわかりきった事実、ありふれた出来事のように
思い込みそこから出られなくなってしまったことだと。

もしそうだとしたら、それは過大評価ではなくて、過小評価をしているのだ。

だが、わかるよ。私は絶対的な意味での話をしている。
あなたは相対的な意味での話をしているのだろう。
それについては私も同感だよ。

423ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/19(月) 19:34:43.14ID:bxEggR4J
>>420
>>421
スピリチュアル板にいるエルダースピリットのごんってやつは
本当に悟ってると思うね。

俺もよく見てるけど、中々的を射たことを言うよ。

424ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/20(火) 00:00:29.12ID:goWKwcJS
誰もがもう少しお互いのことを尊重できたら
世の中は多少はマシになるんだけど。

そんな簡単なことが全てで、
そんな簡単なことが難しい。

人は分かり合うより、憎み合う生き物だ。
憎しみに負けてしまうよ。とてもとても
弱い生き物だからな。

425ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/21(水) 06:48:56.93ID:8Dtfx/yB
罪と罰、カルマの清算。

それは私たちと神との、個人的な関係の中にだけある 。

皆誰もが神に教わっている。
皆誰もが、それぞれの罪の罪人であり
その罪は神との間にだけある。

戦争について。
人が人に対して罪を抱くということはない。
また人が、人の罪過を正義によって
洗い流してやることもできない。

罪は神との間にだけある。その無数の個人の罪を
組み合わせ、ぶつけ合うことで、人に良いように
学びをもたらすのは、神の仕事だ。

他人の罪過や、優劣善悪を責めるのではなく
ただ神との間にある自分自身の罪だけを見ていなさい。
それだけが救いに至る道なのだ。

426ごん ◆ga8TSvOHfg 2018/02/22(木) 06:32:24.78ID:BLsF2IDd
手強い敵。

手強い敵が用意されることの中に、神との距離を感じた。
つまり隔たりと言う名の、繋がりを。

もっと高い所へ、私は呼ばれているのだ。

相手の一挙手一投足が憎しみに鈍る最中に、
私は彼の目の燃える黒色を自分自身の心の
内容物として、精神の深淵を映す一種の
澄んだ鏡として、覗き込み見透かした。

敵を屠り、結果として私の側が生き残った後で、
私は神から与えられた機会に感謝し、敵の為に祈り誓った。

あなたの命の重さの分も加えて、私は先に進まねばならない。
そしていつかこうした残酷な戦いを、私たちの手で
終わらせるだろう。いつか敵同士ではなく、
友人として出会える日に。

私がまだずっと若い頃、この星はそんな風だった。

新着レスの表示
レスを投稿する