クリスチャンだけどたくさん不思議な体験したよ [無断転載禁止]©2ch.net

1ラル@転載は禁止2015/12/20(日) 22:23:31.57ID:VHqiyOZD
内容的にはややオカルトに通づるものもあるとは思うけど
クリスチャンなのにオカルトはさすがにまずいだろと思い、こちらに来ました。

不思議体験のスレッドを見てて、
「クリスチャンの間で聞く不思議体験て、
ここにあるものと遜色ないものいっぱいしてきたし聞いてきたよな。
なんで2ちゃんでほとんど見かけないんだろう?」と思い、
試しに自分のを書き込んでみようと思いました。

…まあ、「偶然だろ」「気のせいだよ」で片付けられなくもないんだけど…
「そういうこともあるのかな」「自分もそれで救われるかな」とか、
似たような境遇の人には、なんか希望になったりするかも、と思って書いてみます。

…スレッド立てたことないけど、うまくいくかな…

スペック
30代男性
20歳の頃イエス・キリストを主として受け入れる。
プロテスタント。主にバプテスト。
あとちょこっとハウスチャーチ、セルチャーチ、カリスマ。
10年くらい前に燃え尽き
東日本住み

2ラル@転載は禁止2015/12/20(日) 22:26:44.25ID:VHqiyOZD
まず、身体の癒しの体験からいくつか

日曜日はいつも教会に行ってるわけだけど
持病?の突発性腹痛が土曜日の夜に発症。
一度始まると痛くてのたうちまわる。ぐはあああ。
で、日曜日の朝になってもまだ痛くて、到底無理だと判断。
教会に電話して、今日はいけない旨を伝えた。

そしたら電話に出た教会の人が牧師さんに代わってくれて、
牧師さんお祈りしてくれたんだ。
「イエス様の血潮によって、ラルさんの身体が
完全に癒されるように…!」とかそんな感じで祈ってくれた。

そしたら、電話を切って5分もしないうちに、
本当に治っちゃったの!びびった。普通は一度発症すると、
丸一日は痛いし苦しいし、治ると言ってもぐったりして
尾をひく感じだった。一度は夜通し痛くて、救急車呼んだ
ことも2度ほど。それが、本当に文字通り一瞬で治っちゃった。

さっきまで腰を曲げてしか歩けなかった俺が
ズダダダダダと勢いよく階段を降りて
「今から教会行ってくるー!」とか俺が言ったもんで、
両親がびっくりして「今日は止めとけ」とと言い、
一応それに従って教会に行くのは自粛したんだが、
あれはびっくりした。

(この腹痛は後に腸閉塞&盲腸炎だと分かる。
痛くなってもなんとなく治ってしまっていたため、
後に盲腸破裂してしまうまで原因不明だった)

3ラル@転載は禁止2015/12/20(日) 22:28:21.45ID:VHqiyOZD
胃下垂の癒し

昔から胃下垂だったんだ。満腹になると
ヘソの下あたりを押さえて「食った食ったー」って言ってた。

あるクリスチャンの大会に行った時、牧師が
「ここに胃に関する病気を持った人、いませんか?」
と言ってた。そこには確か100人前後いたと思うけど、
前に進み出る人は誰もいなかった。
俺、その時は気づかなかったけれど、後から
「あ、そういえば俺、胃下垂あったっけ」と気づいて
牧師に話に行った。

牧師さんは満面の笑みで
「ああー、よかったよかった。今日、胃に不具合がある人が
来るって神さまから教えられてたんだ。」と言って
祈ってくれた。その時は特に何も起こらなかった。

それから1年くらいして、ふと気づいた。満腹になった時に
手で押さえる位置が、ヘソの下から上になってる!?
いつの間に?!?自分で胃下垂の改善とか治療とか、
全く何もしていなかったので…いつの間に癒されたんだろう?

あれから12年くらい経つけれど、胃下垂はそれ以来
癒されたままです。感謝ー!

(…ちなみに俺はもともと痩せ型で、胃下垂が癒された後も
痩せ型なのはちっとも変わらずwあれー?w 
…でも、他に何か良い影響あるかもしれないから、いいか。)

あと、そういうちょっと奇跡チックなやつじゃなくて、
祈ったらその後の回復が早かった、とか、
よく効く薬や治療法を思いついたり教えてもらったりした、
ってのはたくさんあります。でも、たぶん「偶然だろ」の
一言で済まされそうだし、書いてもあんまり
不思議でないっぽいから、割愛。

4ラル@転載は禁止2015/12/20(日) 22:30:37.56ID:VHqiyOZD
目に見えない神さま(たぶん聖霊さま)に抱きしめられた体験

スペックに書いたように、10年ほど前に燃え尽きた。
3年勤めた会社に、ある朝突然行けなくなった。

休職期限は1年。それで復帰できなければ退職だった。
1年間、なんとか治そうと必死だったけれど、
あんまり上手くいかなかった。その時の状態は、
びっくりするほど体力がなくなって、
しかも自分の意思に反して身体が動いてくれない、って感じだった。

車に例えて言えば、「軽自動車なのにガソリン5リッターしか
タンクに入らないリミッターが付いた」感じ。
いとも簡単にガス欠を起こす。
「タイヤもエンジンもハンドルも、走る機構には故障はないのに、
ギアだけ壊れてる。ニュートラルがデフォルトで、
1速とか2速しか入らない。ドライブ(D)とか無理。
しかも、時々勝手に1速とかニュートラルに戻る。」
そんな感じで、一般企業で8時ー5時働くとか絶望的な状況だった。

で、復職期限までとうとうあと1週間くらいの所で、
こりゃ本気で無理だと思って神さまに祈った。
祈ったというか、半分以上文句や不安を並べ立てただけだった
かもしれん(汗)

そしたら、斜め上の方から、神さまが身を乗り出して
自分を抱きしめてくれた感覚があったんだ。

もちろん、物理的に何かあったわけじゃない。
何か見えたわけじゃない。
ただ、霊的な感覚って言うのかな、二本の腕で抱きしめて
もらえたのを感じたんだ。それで大泣きした。
嬉しくて、安心した。

その体験の後、初めて「会社に戻ろう」って気持ちになれたんだ。
それまでは戻りたくなくてどうしようもなかったのに、
不思議な気持ちの変化だった。

5ラル@転載は禁止2015/12/20(日) 22:32:04.08ID:VHqiyOZD
(その後…ちょっとおまけ。)

会社に復帰しても、大変ではあった。
就業時間中にガス欠起こしたり、やるべきことができなかったりした。
半日出社から始めても、なかなか…だった。

ある時は朝出社できず、午後から出社しようとして、
なんだか怒られそうで怖くて、会社のすぐそばの公園で
グズグズしてた事も何度かあった。

定時で退社する時は、定時でなんておよそ帰れない
同じフロアの人々にすまなくて、心が折れそうになる事もあった。

そんな時、帰り道を自転車で走る道端に、
オレンジ色の花(コスモス?)が束になって咲いているのが見えた。
すると、なんだかその花が「がんばって!」と自分に向かって
エールを送っているような感覚がして、じんわりと励まされたりした。
今思うと、天使さんたちが花の後ろから
応援してくれてたのかもな、とも思う。

「人の歩みは【主】によって確かにされる。
主はその人の道を喜ばれる。
その人は倒れてもまっさかさまに倒されはしない。
【主】がその手をささえておられるからだ。」
詩篇37章23−24節

「まことに主は、あなたのために、御使いたちに命じて、
すべての道で、あなたを守るようにされる。
彼らは、その手で、あなたをささえ、
あなたの足が石に打ち当たることのないようにする。」
詩篇91章11−12節

自転車でこけそうになったり、ヒヤッとする目にあった時はいつも、
この聖句を思い出して、「守ってくれたんだ」と密かに感謝したりしていた。

6ラル@転載は禁止2015/12/20(日) 22:35:15.68ID:VHqiyOZD
神さまからの励まし…虹、鳩、彩雲など

回復のためにカウンセリングも受けてたんだけれど、
2人の牧師さんにカウンセリング受けてみて、
どうも彼らには無理っぽいってことになって、
彼らを指導してた、関東に住む心理学者の所に行く事になった。
これがまた大変で、当時住んでた東海地方からは交通費はかかるわ
治療費はかかるわ丸一日つぶれるわで、本当に大変だった。
しかも治療が辛くて、カウンセリング受けても落ち込んで帰る日も
少なくなかった。

ある時どうしても辛くて、でもどうしようもなくて、
死にたいよー逃げたいよー助けてーーーって心の中で溺れそうになった時、
なんかコッテコテな情景を神さまは見せてくれた。

帰りのバスに乗ろうとバス停まで歩いていた道すがら、
大きくてはっきりとした2重の虹が出ていて、
しかもその虹の橋をくぐるように、鳩が一羽飛んで行ったんだ。

(聖書では虹は特別なシンボル。
ノアの箱船の洪水の後に神さまが
「もう洪水でこの地を滅ぼさないよ。約束する。これがそのしるしだよ」
って新たに創造してくれたものが虹だった。)

(鳩は三位一体の神の第三位格である聖霊なる神の一つのシンボル)

なんか、コッテコテだな…と思いながら、
フラッフラの心に少しだけ希望と慰めをもらった。
神さまが「わたしが見てるよ。わたしがついているよ。
心配しないで。大丈夫。この道のりは辛いけれど、希望があるんだよ。」
そう言ってくれてるように感じた。

ちなみにその虹、俺が見える位置を歩いている間ははっきりと見えていて、
俺が虹があまりよく見えない位置に来た途端に急に消えていった。
まるで俺に見てもらうためだけに出ていたかのように…。
不思議だった。

まあ、そんで自殺もせずに、無事こうして生きているわけだ。ありがたい。

あと、本当に辛い時期に、彩雲もよく見せてもらった。
彩雲って、太陽に近い雲がエメラルドグリーンとか赤紫とかに染まって、
すごくきれいなの。
1週間に2−3回みた週もあったと思う。
少なくとも1ヶ月に4−5回はみてたと思う。
まあ、時間がありすぎて空ばっか見て歩いてた、ってのも
あるとは思うけれど…それにしても、見すぎじゃね?!ってくらい
見てた。自分的には、これも「契約の虹」の一部として捉えてて、
「たぶん神さまが俺に
 『見てるよー^^一緒にいるよー。一人じゃないよー。大丈夫だよー。』
って言ってるんだろうなあ」と思って励まされてた。

7ラル@転載は禁止2015/12/20(日) 22:36:26.23ID:VHqiyOZD
…だれか見てるかな…

(・ωl チラッ

8名無しヒーリング@転載は禁止2015/12/20(日) 22:44:34.92ID:Hhb3cMEC
ほぉ

9ラル@転載は禁止2015/12/20(日) 22:45:41.24ID:VHqiyOZD
神さまが収入やら衣食住やら養ってくれるという話(マジ)

結局、まともに働けない日々が続いて、
金銭的にかなりの不安を抱えてた。
そんな俺にとって、聖書の神の約束はもはや絵空事ではなくて
切実な命綱になってきていた。

ちょっと長いけれど、以下に引用。マタイによる福音書6章24〜34節より。

24 だれも二人の主人に同時に仕えることはできません。
一方を憎んで他方を愛したり、一方を重んじて他方を軽んじたりするからです。
あなたがたは、神様と富とに同時に仕えることはできません。
25 ですから、よく聞いておいてください。あなたがたは、
何を食べようか、何を飲もうかと、自分の命のことを心配したり、
また何を着ようかと、自分の体のことを心配してはいけません。
命は食べ物よりもはるかに大切ですし、体は着る物よりも
はるかに大切なのではありませんか。
26 空の鳥を見なさい。種を蒔くこともしないし、刈り入れも、
倉に納めることもしません。それなのに、天にいらっしゃる
あなたがたのお父様はそれを養っておられるでしょう。
あなたがたは、鳥よりもはるかにすばらしいものなのではありませんか。
27 あなたがたの中で、だれが心配したからと言って、
自分の寿命を少しでも延ばすことができますか。
28 どうして着る物のことなどを心配するのですか。
野の花がどのようにして育つのか、考えてみなさい。
働きもしないし、自分のために服を作りもしません。
29 そして、確かに栄華を窮めたソロモンでさえ、
この一つの花ほど美しい服を持っていたとは言えません。
30 今日は咲いていても、明日は炉に投げ込まれてしまう野の草でさえ、
神様はこれほど美しい装いをお与えになっておられるのですから、
まして、人間であるあなたがたに、それ以上のことを
してくださらないわけがあるでしょうか。
ああ、なんと小さな信仰なのか。
31 ですから、何を食べようか、何を飲もうか、何を着ようか、
などと言って、心配するのはやめなさい。
32 こういうものは皆、神様を知らない人たちが一生懸命に
求めているものです。けれども、天にいらっしゃるあなたがたのお父様は、
衣食住があなたがたに必要なことぐらいはよくご存じです。
33 ですから、神様の事を、いつも第一にしなさい。
そうすれば、衣食住は、天にいらっしゃるお父様が
必ず面倒を見てくださいます。
34 こういうわけで、明日のことを心配する必要はありません。
いつでもその日その日を精一杯生きればよいのです。

特に33節。神を第一に求める時、
肉体的&物質的必要、精神的&霊的必要は満たしてもらえる、
という約束だった。これにかけるしかねえ、と思った。
で、そのことをひたすら意識して過ごした1年もあったほどだった。

つづく。

10ラル@転載は禁止2015/12/20(日) 22:46:12.49ID:VHqiyOZD
つづき。

2010年末、とうとう一人暮らしも金銭的に限界に来て、
実家の父親と話して、
「もう実家に撤退するしかないな」という事になった。

11月末に、祈っていると主から語りかけがあった。

「あなたを東北に遣わす。」

…ん???「遣わす」?…派遣???
選択肢なく、スゴスゴと戻る、じゃないのか?
遣わされるってことは…何か、目的と意味があるってことか。
そしたら、全然意味が違ってくるな。希望が持てるな。なんだろう。

2011年2月半ばに実家の東北に引っ越した。
当初は仕事もなく、実家にいてもなんとなく居場所がなくて
しんどかった。働けないことでセルフイメージも低くなってたし、
かなりキツかった。

ここでちょっと話を12月に戻す。
引っ越し間近ではあったが、年末ということで一時帰省をしていた時のこと。

父が通うジムで教会のクリスマスに誘われたというのだ。
父は別にクリスチャンではないし、
父は教会はなんとなく避けていたのでびっくりした。

ネットで調べてみると
父「ああ、この人だよ。」
俺「この人…牧師さんじゃね?!?」
それがきっかけで、実家から比較的近かった事もあって、
それまで通っていた車で40分かかる教会からそちらに通うようになった。

そして、俺が実家に引っ越してすぐ、教会にも行ってみた。
教会のお昼ご飯で隣に座った青年がいた。
話していると、なんか高校の同期に似てる。苗字も珍しいからわかる。
聞くと、俺の同期の弟だと言う。すぐに連絡先を交換した。

つづく。

11ラル@転載は禁止2015/12/20(日) 22:47:24.51ID:VHqiyOZD
つづき。これでこの回は完結。

そして、3月11日、震災ーーーーー

俺の地域は揺れの被害だけで済んだけど、まあまあ大変は大変だった。
そしてまだ混乱の続く3月の末に、同期の弟から連絡が入った。

「あのー、ウチが今関わってる支援団体が、人を探しているんすよ。
クリスチャンでー、男性でー、バイリンガルでー、2ヶ月空いてる人。
…ラルさんしか思いつかないんすよね…。」

俺は海外の大学を出てるのでバイリンガルだったが…
確かにそんな条件で検索したら、人数は限られるだろうな…。
ああ、神さまが俺を「遣わした」って、こういうことか…?
父のジム通い、牧師の誘い、教会の変更、同期の弟との出会い…
一つ一つの細い連鎖がどこかで切れていたら、
こうはならなかっただろうなと思うと、本当に不思議。

ほんで、当時はまだまだ元気がなかったので、試しに半日ボランティア。
参加する前に、責任者の人に正直にこう言った。

「自分は前に燃え尽きてから、元気が出ないし、
きっちり仕事できるかどうかわからない。
どうにもメンタルエネルギーが足りないんです。」

そう言うと彼は考えるような仕草をした後で、俺を見つめてニヤッとして言った。
「メンタルエネルギーか…?ここにはたくさんあるぞ。」

その言葉の通り、海外や国内から来たクリスチャンボランティアの
明るさとバイタリティは半端なかった。常に喜びと感謝にあふれていて、
深刻な状況の中でもユーモアや笑顔を忘れず、かつ着実に仕事をこなしていた。
すんげーよ彼ら。何者だよ?!
そんな笑顔と感謝、善意と喜びあふれる環境の中で、
俺はずいぶん励まされ癒されていった。

1ヶ月ほどボランティアを続けた5月の頭、
俺は何とはなしに家でこうつぶやいた。
「ああー、あの団体が俺を(有償で)雇ってくれたらいいのになー。」

その次の日、ボランティアに行くと、本部からかなり偉い人
(だけど笑顔のなんとも優しい人。言われなかったら
地位の高い人だってわかんなかった)が来てた。
彼は俺を呼び止め、こう言ってくれた。
「よかったら、私たちと一緒に働いてくれないかい?」

えっ…あの…その…まじっすか?!?いいの???

つづく。

12名無しヒーリング@転載は禁止2015/12/20(日) 22:48:19.27ID:VHqiyOZD
つづき。

ってなわけで、それから12年末まで約1年半、
有償スタッフとしてお世話になったんだ。
そこのスタッフたちは明るくて、メチャ仕事ができて、
感謝と笑顔と神さまの愛にあふれたすばらしい人たちで、
毎日仕事に行ってるのか教会に行ってるのかわからない感じだった。
とってもとっても幸せな日々だった。

こういう言い方をしたら被災されて今なお苦しみの中にある人たちには
申し訳ないけれど…結果的にこの雇用を通して、自分の多くの必要は
一気に満たされたんだ。人との交わり、収入、
意味のある尊い仕事をしているという感覚、仕事をするリハビリ、
通訳や翻訳、電話対応などいろんなスキルを磨く機会…。

マタイ6章33節の約束、やっぱ本当だよぅ。
神さまイエスさまを第一にする人は、本当に全ての必要を満たしてもらえるんだーーー。
たとえ燃え尽きてまともに動けなくなってたとしても…。

読んでくれてありがとうございました。

13ラル@転載は禁止2015/12/20(日) 22:49:35.92ID:VHqiyOZD
あれ。最後だけ名前変わっちゃった。なぜ?

14ラル@転載は禁止2015/12/20(日) 22:51:45.43ID:VHqiyOZD
ついでに、>>11 で「この回は完結」とか言いながら、つづいてる…w
文字数?改行?が多すぎたみたいです。もうひと分割してやっと書き込み終了。

>>8 読んでくれてありがとうございます〜。ちょっとほっとした。誰の目にも止まってないかとw

15ラル@転載は禁止2015/12/20(日) 23:01:05.14ID:VHqiyOZD
もうちょっと書き足し中。書きためてからまた投下します。しばしお待ちを〜

16ラル@転載は禁止2015/12/20(日) 23:01:30.73ID:VHqiyOZD
ってか、こういうの需要あるのかな…

17ラル@転載は禁止2015/12/20(日) 23:07:32.77ID:VHqiyOZD
不思議な幻を見た体験 1

自分、神さまの語りかけを、【画像】で受け取ることが多いの。
一番多いのが【言葉】というか印象というか…
「こういう風に神さまが語ってくれてる気がする」って感じかなあ。
肉声とかでは聞いたことない。聞いたことあるクリスチャンも
中にはいるみたいだけど。

さて、ある日
自分の部屋で目を閉じて祈ろうとした。
特に何か特別気合い入れて祈ろうとかしたわけじゃないんだけれど、
突然、目の前にボロ雑巾みたいな人の体があった。
自分の目線の高さで十字架につけられていたその体を、下から上へ、眺めた。

観察したところ、もう既に死んでいるようだった。
ピクリとも動かない。生命がある、という感じが一切しなかった。
汚れているためか、ほとんど真っ黒に近くて、
人であるってのもちょっと注意しないと気づかないくらい。

もう死んだと思っていたそれの頭が、動いた!
血みどろで、ぐしゃぐしゃだった。
かろうじて目と鼻と口が認識できた。

その顔が、俺に向かって微笑んだんだ。
ここまで衰弱して、おそらく暴行によって死ぬ寸前のイエスが
俺に向かって、微笑んだんだ。

これだけ聞くと結構ホラーだって思われるかもしれないなぁ…。
でも、それを見た俺は急に号泣しだしたんだ。
自分が痛くて苦しくて、限界の限界にいるって言うのに
その人は、俺を思いやって笑顔になったんだって、分かったから。
俺のことを、自分の限界の限界の中で、それでも優先してくれたってわかったから。
そんな愛、ないよ。聞いたことも見たこともないよ。

「神は愛で、俺たちを愛している」って、それまで聞いてはいたけれど
なんとなくピンとこなかった自分がいたんだ。
でも、十字架で瀕死なのに微笑みをくれたイエスの、あの幻を思うたびに、
ああ、俺って愛されてるんだな…って、
理屈抜きで少しわかるようになったんだ。

18ラル@転載は禁止2015/12/20(日) 23:16:49.23ID:VHqiyOZD
不思議な幻を見た体験 2

その日も、なんか行き詰まってたと記憶してる。
自分としては珍しいんだけど、部屋を真っ暗にして、
iPodでクリスチャンの音楽を聞いてたんだ。

そしたら急に見えた光景、というか幻。
三位一体の神の、天の父が
十字架で死なれたイエスの後ろ(天)に大きくいて、
笑顔で俺に向かって両手を差し出してるの。

父なる神の顔からは光が放たれてるんだけど
その光が、十字架のイエスを通して自分に注がれているの。

それを見て、ようやく理解した。
ああ、俺、本当に受け入れられてるんだ、って。

聖書の教えで、「イエス・キリストが十字架上で私たちの罪を背負って
身代わりで死んでくれたから、イエスを信じた私たちは全ての罪を赦されて
父なる神のふところに息子・娘として抱かれることができる。」
って教えられてはきたけれど、今いちピンと来てなかった。

でも、満面の笑みの父なる神を見て、その光が十字架のイエスを通して
注がれている光景(幻)を見て、やっと腑に落ちた。
俺、ほんとに愛されてるんだ、って。


神はその独り子であられるイエス・キリストをこの世に遣わされ、
十字架上で私たちの罪の身代りとして死なせるほどに、
私たちを愛してくださった。それは、イエス・キリストを信じる人が
だれであろうと、滅びることがなく、救われるためである。
神が御子イエス・キリストをこの世に遣わされたのは、
この世を裁くためではなく、御子によって世の人々が救われるためであった。
御子を信じる人は、決して裁かれない。
ヨハネによる福音書 3章16節〜18節

19ラル@転載は禁止2015/12/20(日) 23:28:34.67ID:VHqiyOZD
次のを書いてます。質問とかあったらどうぞ〜

20ラル@転載は禁止2015/12/20(日) 23:48:02.82ID:VHqiyOZD
神さまの声を聞いた体験

神さまの声というのを初めて聞いたのは、信じてすぐのクリスマスだった。
海外の大学に留学した先でイエスに出会い、信じたんだけど
初めての【本物の】クリスマスになったわけだ。
(それまでは「聖書」「イエス」「クリスマス」が関係してる事すら知らなかったほどの無知っぷり)

日本人教会の礼拝に、たぶんその時初めて出たんだけど
その前に、友人宅で一泊させてもらったの。

一緒に一泊した、マークさんという宣教師さんがいた。
日本にも宣教師としていたことがあり、日本語も流暢だった。
明日は日本語で礼拝のメッセージをするという。

マークさんは、体つきもがっしりとしているし、
神学校を卒業していたし、
何より笑顔が本当に素敵な人で
クリスチャンなりたてホヤホヤの俺からしたら、
何ていうか、「こんなクリスチャンになれたらいいなぁー」
って思うような存在だった。

寝る前に、彼がこう言った。
「明日の礼拝のメッセージ、緊張してます。」
え、こんな人でも緊張するのか…とちょっと驚き。
しかし続く言葉は、もっと驚きだった。

「でも大丈夫。神さまは弱い人を好んで用いられますから。」

え?
なに、それ?
どういう意味?
弱い人って、俺かなり弱いけど???
なんかそれ、俺に関係ある???

彼の言葉の意味は、次の日の彼のメッセージで知る事になる。

つづく。

21ラル@転載は禁止2015/12/20(日) 23:49:16.59ID:VHqiyOZD
コリント人への手紙 第一 1章
26 信者の皆さん。あなたがたが救いに入れられた時のことを考えてみるがよい。
人間的には、知恵のある者は多くはなく、有力者も多くはなく、身分の高い者も多くはない。
27 それは、神が知恵のある者を辱めるために、この世の余り賢くない者を選び、
強い者を辱めるために、この世の弱い者を選ばれた。
28 また、神はこの世における有力者を無に等しい者とするために、
この世では取るに足りない者や軽んじられている者を、あえて選ばれた。
29 それは、神の御前では、だれ一人誇ることができないためである。
30 ところで、あなたがたがキリスト・イエスを信じているのは、
神によるのであり、神はこのキリストを私たちのために、
神の知恵である救い主として用意してくださった。
そして、キリストにより、私たちを、神の御前に正しい者とし、
聖め、救いを完成してくださったのである。
31 だから、「誇る者は救ってくださった主を誇れ」と旧約聖書のエレミヤの預言に
記されている通りである。


つづく。

22ラル@転載は禁止2015/12/20(日) 23:51:47.55ID:VHqiyOZD
マークさん:
「みなさん、クリスマスですね。
クリスマスは、この宇宙と地球、世界を創られた神の御子が
地上にお生まれになったすばらしい出来事です!
王の王、主の主であるお方が、人間になって私たちを訪れてくださいました!

みなさん、王様や、偉い人が来る時は、どんな人たちを迎えに出しますか?
偉い人や、権威のある人、賢い人、お金持ちの人などですね。
しかし、聖書を見ると、神さまはこの世とは逆の人の選び方をするようです。

イエス・キリストという創造主なる神のひとり子がこの地上に来られる時、
そのニュースを最初に聞いたのは、処女マリヤと、大工のヨセフでした。
マリヤさんは、ティーンの女の子です。みなさん、ティーンの女の子は
身分の高い人でしょうか?違いますね。どちらかといえば、
世間ではそんなに身分は高くないですね。

では大工さんはどうでしょうか?どちらかと言えば、身分は高くない方ですね。

天使たちの救い主の誕生を祝う天的コーラスを聞いた羊飼いたちはどうでしょう?
彼らは、当時の社会では見下されていた人たちでした。
羊飼いは常習的に盗みをし、信用ならない職業だということで、
裁判での証言能力を認めてもらえませんでした。
野宿をして羊の番をする、人々からは忘れられた存在だったのです。

しかし、創造主である神さまは、この世では見下されている人や、
無学な人や、弱い人や、無力な人たちを好んで選ばれます。
それは、強い人も弱い人も、賢い人も賢くない人も、
権力のある人もない人も、神の御前で誇ることがなく、
へりくだるように、との神さまの優しいご意思からでした。」

だいたい、こんな感じの内容だったと思う。
聞きながら俺は、あることを思い出していた。

俺は、人の役に立って、人から必要とされたかった。
でも同時に、「人の役に立てない。誰も俺を必要としていない」という
絶望感を心の底にいつも感じていたのだ、とこの時気付いた。

すると、心の中に響くように、一つの声を聞いた。

「わたしがあなたを必要としているよ」

その優しい声に、俺は号泣した。
自分は誰にも必要とされないと思ってきたんだ、ということを認める悲しみの涙と、
こんなに大いなるお方に自分が必要としてもらえるという希望と慰め
それがごっちゃになって、激しく泣いた。

23名無しヒーリング@転載は禁止2015/12/20(日) 23:52:20.13ID:VHqiyOZD
…余談だけど、その日の夜に、神を信じようかどうしようか迷っている
女の子がいて、その子と話し、俺は知っている知識をフル活用して、
熱心にその子に信じるよう勧め、また祈った。

しばらくすると、彼女が誰かと祈り、ハグしあっているのを見た。
もしかしてと思って後で聞くと、その日イエス・キリストを
信じたそうだ。それを聞いてものすっごく嬉しかったのを覚えている。
まるで自分が彼女を信仰に導いたかのように。

まあ、そうじゃないんだけどさ。
それまでに多くの人が彼女のため祈り、支え、
愛を持って接した結果なんだけど。
それでも、嬉しかったんだよね。神さまが俺のことも用いてくれたーって。

ともかく、神さまの「わたしはおまえを必要としているよ」って言葉は
そのあと何度も俺を励まし慰め導いてくれたんだ。

おわり。

24ラル@転載は禁止2015/12/20(日) 23:57:13.05ID:VHqiyOZD
「もっと読みたい」って需要があったら、また思い出しながら書いてみます〜

25メロンパン菜 ◆5m18GD4M5g @転載は禁止2015/12/21(月) 15:53:43.06ID:fSI9rpC3
もっと聞きたいです
あなたは確実にあなたの主に使われていると思いますよ

現に僕自身がまずは神第一だということを思い出せました

僕はこの時点でクリスチャンではありませんが、イエス・キリストは世界の天子様だと思います。王の王、主の主です

26メロンパン菜 ◆5m18GD4M5g @転載は禁止2015/12/21(月) 16:02:54.41ID:82Z8X10Y
僕なんか苦に参って神様を使おうとしていた
そんなもの真の信仰じゃないのにですよ
ちょうどもうどうしたらいいか混乱していた時にラルの書き込みで目を覚まさせてもらいました。感謝です

27ラル@転載は禁止2015/12/21(月) 18:26:14.05ID:2V5RGrEH
>>25 メロンパン菜さん

おおおおお
読んでもらえてうれしいですーーーーー

He chooses people just like me and you. Who are willing to do as He commands.
神さまは、喜んでみことばに従う普通の人たちを選んで
ご自身の驚くべきわざを行われる…

信じてすぐの頃出会った歌の歌詞の一部です。レーナ・マリアさんのCDだったな、確か。
(Youtubeあった。 https://www.youtube.com/watch?v=dNOZwk5mHrg )
「あー、そーなんだー。じゃあ俺でもいいのかぁ。」
素直にそう思って、ちまちまと歩んできました。

メロンパン菜さんが神さまを第一とすること、思い起こすきっかけになって、
本当によかったです。
どんな時でも、どんなことでもいいから、
イエスさまのお名前で神さまに助けを求めてください。
きっと、なんらかの形で答え助けてくれると思います。

28ラル@転載は禁止2015/12/21(月) 18:30:22.38ID:2V5RGrEH
>>26
>苦に参って神様を使おうとしていた
>そんなもの真の信仰じゃないのにですよ

わかります…
人はみんな、そうしてしまうものみたいです。
自分も、信じて数年してやっと、
まさにそうしていた自分に気づかされて愕然としましたし
特に苦しかった時期は、
誰が主人なんだかわかんないような祈りと叫びばっかりでした。

詩篇73章
21 私の心が苦しみ、私の内なる思いが突き刺されたとき、
22 私は、愚かで、わきまえもなく、あなたの前で獣のようでした。
23 しかし私は絶えずあなたとともにいました。あなたは私の右の手をしっかりつかまえられました。
24 あなたは、私をさとして導き、後には栄光のうちに受け入れてくださいましょう。

うん、ちょうどこの詩篇みたいな感じでした。(今もか…?)
苦しくて、愚かで、わきまえもない、ちょうど手負いの獣みたいに。
でも、主はその間ずっと俺を手放さず
かえって右手をしっかりとつかんで離さなかった。
一つずつ教え、一歩ずつ導き、栄光の光の中へと進ませてくれる…
その一つ一つに、自分も必死についていこうともがく日々…

ああ、しんどかった(;;)
でも、通り抜けることができて、本当によかった。
そのおかげで、苦しむ人に今は、前よりは寄り添うことができるようになったから…。

リクエスト、ありがとうございます。
また、書き溜めてアップしていきますね。

29ラル@転載は禁止2015/12/21(月) 18:57:17.21ID:2V5RGrEH
【神さまの声を聞いた体験 2】

>>20 に書いたとおり、初めて神さまの声を聞いたけれど
その後は、「意図的に神さまの声を聞こう」としなかったので、
はっきりと聞こえる体験はほとんどしてこなかった。

だって、最初に通ってた教会で、こう教わったんだもん。
「神さまは、旧約聖書では人々に直接語られました。
 でも現代において神さまは、このように直接は語られません。
 私たちには完成した「聖書」がありますから
 神さまはこの聖書を通して私たちに語りかけられるのです。」

へー、そうなのかー。
クリスチャン歴も長くて、聖書も知ってて、
尊敬している人たちの言うことなので
そりゃ素直に信じましたよ。(←つまり、自分の体験はすっかり忘れてた)

つづく。

30ラル@転載は禁止2015/12/21(月) 19:21:51.44ID:2V5RGrEH
数年経ったある時、森本春子という女性の牧師が話すのを聞く機会があった。
この人は、山谷という日雇い労働者がホームレスになって流れ着く街で
イエス・キリストの福音を宣べ伝えている人だった。
話を聞くと、それはそれは壮絶だったが
それ以上に、彼女が「聖霊さまの声を敏感に聞き分けている」ことに
びっくりした。

ある時、下着の寄付が大量にあったので、
みんなを列に並ばせて一組ずつ配布していたところ
ある男性が目の前に来た時、聖霊さまが彼女に
「この人は一度もらっている」と教えてくれたので
「こらっ!あんた一度もらってるでしょう!」と叱りつけたら
「ひえええっ!どうしてわかったんだ?」
「人の目はごまかせても、神さまとあたしの目はごまかせないよっ!!!」

とか、そういうちょっと信じられないような話がてんこ盛り。

それを聞いて、また素直に思った。
「あ、神さまの声って、今も聞こえるんだ。」
それから自分も、意識的に神さまの声を聞く練習を
自分なりに始めてみたの。

つづく。

31ラル@転載は禁止2015/12/21(月) 19:36:42.98ID:2V5RGrEH
それから何週間か経った頃かな。
特に理由もないのに突然、「クリスチャンブックストアに行った方がいい気がする」
そう感じたの。

え…でも…
家から電車と徒歩で片道1時間くらいかかるし…
もし行って何もなかったら、どうしよう…ムダだしバカみたいだし…
…ただの聞き間違いだったら、どうしよう…

と、15分ほどうじゃうじゃと悩んだけど
「いーや。聞き間違いで、行って何も無くても
 別に大損するわけでなし。」
そう思い、出発。

ブックストアに着くと、いろいろ物色。
そしたら、探してた本があった!
パスカル・ズィーウィーの「リッコシェー(水切り遊び)」って本。
父に当たった石が、子にも当たる、みたいに
父の得意や良い点、問題などが世代連鎖する、ということを書いた本。

その「まえがき」を読んでいたら
ある部分に来た時、お店の中だけど涙が止まらなくなったの。

「…往々にして、子どもとは親に愛されていることがわからないようです。」
その一文で、わかった。
自分は、父親に愛されていたんだ。
ただ、わからなかっただけなんだ。
そして、涙が出て仕方なかった。
神さま、この本に出会わせたくて、ブックストアに来させたのかな…?

これが、意識的に神さまの声を聴き始めて初めてした体験だった。

その後、聞こえたと思っていろいろやってみて、
「…あ、違った。神さまじゃなかった…」
という間違いや失敗を繰り返しながら
神さまの声を聞き分ける訓練を、今も続けてる。
聴き間違うことは、今でもあるー。
けど、できるだけ間違わないように気をつけながらやってる感じ。

32ラル@転載は禁止2015/12/21(月) 20:05:11.66ID:2V5RGrEH
ここでひと段落ー。

「じゃ、どうやって神さまの声聞くの?」ってのは、需要あるのかな…。

33名無しヒーリング@転載は禁止2015/12/22(火) 01:59:52.96ID:aEOctTjT
>>32
もち

34名無しヒーリング@転載は禁止2015/12/22(火) 12:53:28.31ID:YtxnqPim
>>2
交感神経だろうなあ
でも怖いな無事で良かった
>>3
腹筋や背筋、筋トレすると良くなるぞ
牧師さん面白いな
今は終わりの時で聖霊が宿る人が増えてるから牧師さんはそうかも
>>5
そう思うよ 俺もクリスチャン

35名無しヒーリング@転載は禁止2015/12/22(火) 14:54:27.71ID:Ks97zr1q
>>32
私は日本の神様が大好きだけど、ラルの体験をもっと聞いてみたい。

36名無しヒーリング@転載は禁止2015/12/22(火) 22:30:02.32ID:95N6OQot
面白い
お前みたいな子を知ってるので
似たようなこと言ってた

37ラル@転載は禁止2015/12/22(火) 23:34:16.96ID:IuxxV+i8
みんなやさしい…

>>33 あれからちょっと考えて
ここであんまりポンポン書くことじゃないなー…と思った(汗)
もうちょっと考えさせてー。

いちおう、本だけ紹介しておきまっす。

「神の声」シンディー・ジェイコブズ著
http://www.amazon.co.jp/神の声-シンディ・ジェイコブス-y/dp/4872071662
これまぢおすすめ☆良書っ。

38ラル@転載は禁止2015/12/22(火) 23:41:41.84ID:IuxxV+i8
>>34
おおお、なんかいろいろ読んでくれたのね。感謝ー。

交換神経だろうなあ。ストレス多い生き方してきたから…。
HSP(highly sensitive person)みたいっす、自分。
前よりずいぶんマシになってきましたよ。だいぶ。
ふぅ。

腹筋背筋、筋トレ…まじっすか!今ジムでやってますよー。ぼちぼちだけどね。
うん、牧師さん面白い人だったよ。
しばらく前に癌で天に帰っちゃった。
また会えるの楽しみー♪
そうそう、その人もバプテスト教会だった割には、
世界中と繋がっていろんな影響受けてた人だった。
悪霊の追い出し、癒し、カウンセリングが得意だった人。

おお、きりすとのお弟子さん…。
2ちゃんまとめは今まで読んできたけど、こうして書き込むのは初めてなんです。
うれしいー。あと共感もうれしいー☆

39ラル@転載は禁止2015/12/22(火) 23:46:57.39ID:IuxxV+i8
>>35
そう言ってもらえてうれしいー。

日本の神さまたちはアジアと中東が起源っぽいよ。
大黒とか毘沙門天あたりはヒンズー教で
神道はユダヤ教がルーツみたい。調べていくと、まあ似てること似てること。

仏教はインド発祥で…&中国の土着の死者崇拝がプラスされて日本に伝わって
日本独自の発展を遂げたね。

イエスさまも実は中東出身、人種的にはアラブ系だったり。
西洋で発展して、すっかり西洋文化とごっちゃになっちゃったけれど
元々はアジア寄りなんだよー。

また読みに来てー☆質問やコメントも、答えられる範囲で答えるよ。

40ラル@転載は禁止2015/12/22(火) 23:47:45.20ID:IuxxV+i8
>>36
そうなんだー。
似たような人いるのかな。
…知り合いだったりして(笑)

41ラル@転載は禁止2015/12/22(火) 23:58:40.63ID:IuxxV+i8
閑話休題。

クリスチャンが運営する、その名も「預言CAFE」
http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13092149/

コーヒーを頼むと、希望する人には神さまの声を聞いて伝えてもらえるみたいです。
高田馬場にあるらしい。自分は行ったことないけど、同じ系列教会の人を俺知ってるの。
(とっても尊敬している人です。)
怪しいとこじゃないので、興味があれば訪れてみてくださいなー。

42ラル@転載は禁止2015/12/23(水) 00:32:43.28ID:gQaoUSge
それにしても右側の広告…なんとかならんか(汗)

43名無しヒーリング@転載は禁止2015/12/26(土) 03:29:46.71ID:A35nI6v8
だんだんコツをつかんできたでしょ

44名無しヒーリング@転載は禁止2015/12/26(土) 03:33:05.99ID:A35nI6v8
以外に知られていないけど

こういう経験は

クリスチャンの周りで

けっこう起こってるね。

ただ、気付ける人はほんの一部だな。

クリスチャンもあまりそれを強調しないだろうし。

45名無しヒーリング@転載は禁止2015/12/27(日) 20:12:34.85ID:3auLWlRb
>>44
そういう経験が当たり前になって神に感謝するから、彼らにとって特別な事じゃないんじゃないかな

46ラル@転載は禁止2015/12/28(月) 17:23:47.98ID:LNwTETtJ
>>43
ありがとう。えーと、2ちゃんの使い方のコツ、かな?今んとこ、合ってるのかな…

>>44
うんうん、同意同意。
教会で「証」って言って、(あかし、と読む。キリスト業界用語。
意味は「自分はこういう体験をしました」と証言するので、証。)
よく聞くの。でも、なんでか「不思議体験」や「スピリチュアル」系の掲示板には
あまり見かけないん気がして…スレッド立ててみました。

>>45
あーそうかも。
自分なんかはイエス様に弟子入りして、もう18年くらいたつけど
「6ヶ月で全宇宙と地球を創造できるお方なら、何できたって不思議じゃねーべ」
って所、あるなあ…。ちょっと感覚が鈍ってるというか、ズレてきてるかも…

でも死人が蘇るとか(ガチ死人。医者の死亡判定書あり)、
そういうのを目の当たりにしたら、さすがにびっくりすると思う。

47ラル@転載は禁止2015/12/28(月) 17:37:57.41ID:LNwTETtJ
閑話休題。

聖書のスゴさというか、すさまじさ。

古文書が現代まで残るケースは少なくないけれど
聖書はちょっと異常と言っていいレベル。

以下、
1:文献名 2:原典の執筆年代 3:最古の写本 4:原典と写本の時間的隔たり 5:現存する写本の数
の順で書いてます。


1:ヘロドトス 2:紀元前488〜428年 3:900年 4:1300年 5:8

1:ツキディデス 2:紀元前460〜400年 3:900年 4:1300年 5:8

1:タキトゥス 2:AD100年 3:1100年 4:1000年 5:20

1:カエサルのガリア戦記 2:紀元前58〜50年 3:900年 4:950年 5:9〜10

1:リウィウスのローマ建国史 2:紀元前59〜AD17年 3:900年 4:900年 5:20

1:新約聖書 2:AD40〜100年 3:AD130年(全文だと350年) 4:30〜310年 
5:ギリシャ語5000以上、ラテン語10000、その他9300。


原典と写本(コピー)の隔たりが他の物と桁違いに短い上、
現存する写本数も文字通りケタが3つくらい違う…



「人は皆草のようで、その栄華はすべて草の花のようだ。
主が荒野に熱風を送られると、草は枯れ、花はしぼむ。
確かに、人は草のようだ。草は枯れ、花はしぼむ。
しかし、主の御言葉は、とこしえに残る。」
旧約聖書 イザヤ書40章6−8節

48名無しヒーリング@転載は禁止2015/12/28(月) 19:54:11.03ID:gjtJnDUB
うちの旦那を生き返らせて
もう火葬しちゃったけど…

49名無しヒーリング@転載は禁止2015/12/29(火) 01:33:41.02ID:KZgwkqo0
>>46
「証」なんだ、素敵だね
私の先生も自分のそういう経験をシェアしてっていうよ。
人の経験聞くと、自分に似たような事が起きたときにもしかしてって思って、気持ちがそっちに向かうよ。
今までで一番のそういう話ある???

50名無しヒーリング@転載は禁止2015/12/29(火) 19:42:12.46ID:nbWWHku4
>>49
死ね

51ラル@転載は禁止2015/12/30(水) 18:12:25.40ID:OGdNrEJj
>>48
つらいねぇ…

>>49
神さまって、「隠れて、さりげなく」祈りに答えたりする方が好みみたいで
意識してないと、気づかずに通り過ぎちゃうことも。

最近、お祈りしたことをノートに書き留め始めたの。
そしたら、そのうちのいくつかは、祈ってすぐに答えが来始めてたの。
ノート取らなかったら、気づかなかったかも…。

人生で一番の、かあ。
一つの出来事、というよりは、すべて次に繋がってたりするから
「これが一番」ってのは、決めにくいかなあ…。

しかも、「自分にとっては」そうでも
人に話して聞かせると、分かりにくかったり、
「それただの偶然じゃね?」で片付けられそうだったりして
意外と、わかりやすい話って多くない気がするよ。

またぼちぼち書いていこうと思いますー。

52ラル@転載は禁止2015/12/30(水) 18:12:50.71ID:OGdNrEJj
>>51
生きて

53ラル@転載は禁止2015/12/30(水) 18:34:09.11ID:OGdNrEJj
【「ギターください」って祈ったらほんとにギターをもらったという話】

大学2年生くらいのこと
イエスさまに出会って、たぶん1年ちょっと。
自分、歌が好きで、合唱とかサイコーに好き。
あのハーモニーがきれいにそろった時なんか、ゾクゾクっとくる。
生きてるって感じがする。

で、「なんか楽器もひけたらいいなー。なにかないかなー。」
そう考えていたら
その時通ってた教会の友達が、こうすすめてくれた。

「ラルくん、ギターいいよ。励まされるし、慰められるしね。
 ギターお勧めだよ。いいよギター。」

そんな感じで熱烈にプッシュしてくれたの。
「そっかー」って思って、アパートに帰って
いつもお祈りしてるポジションに座って、こう祈ったの。

「天のお父さん。
御心にかなうなら、ギターをください!
イエスさまのお名前で祈ります。アーメン!」
(天のお父さん=神さまのこと。イエス様を信じると「神さまの息子(娘)にしてもらえるのです。)

1週間後、
友達の、友達の、友達が
ギターを誰かに譲ることにしたらしい。
自分の友達が「誰かギターほしい人、知らないかな?」
「はいっっっっっっ!!!!!!ほしい!!!!!ほしいです!!!」
聞かれた瞬間にゲットした(笑)

「これからは、わたし(イエス)の名前によって求めることです。そうすれば必ず与えられます。そして、あなたがたの喜びは満ちあふれるでしょう。」
新約聖書 ヨハネによる福音書16章24節

この言葉どおり、すっかり喜びに満たされて帰途につき
その日から、見よう見まねでガリガリとギターを練習し出したの。
ある賛美歌を歌いたくて、その一心で続けいった。

もちろん、お願いした全てが叶えられたわけじゃないけれど
これはわかりやすかったな、というケースでした。

54ラル@転載は禁止2015/12/30(水) 18:37:00.51ID:OGdNrEJj
〜後日談〜


このギターには、ケースに赤いソングブックが入ってて
クリスチャンの歌がいっぱい入ってたの。

友達と泊まりのキャンプなんかした時は
夜中まで、本の端から端まで知ってる歌を歌いまくったっけなあ。

そして、それから1年くらいして知り合ったクリスチャンの友達に
「この赤いソングブック、どこで手に入れたの?」
と聞かれたので経緯を話すと
「これは俺が編集・製本した本だよ。
昔はカセットテープとセットで販売もしてたんだ。
なつかしいなあ。」

なにそれ!まじか!なんて出会い!

その人にも、ずいっぶん、お世話になったっけなあ…



そのまま、暇さえあれば神さまを賛美していったんだけれど
特に誰かから習った、というわけではないんだよ。
でも、ただ神さまを見上げて心込めて賛美する中で
突然、今までやったことのないテクニックが突然出てくるの。
ストロークの刻み方とか、ピッキングのやりかた等。
それで、どんどん上達していったの。
自分は、神さまが教えてくれた、と思ってる。


今週、今年の振り返りをしていたの。
今年1年、人前でどのくらい歌って引いてきたのかなー、と数えてみたら
毎週のもの、小さいものも合わせると、100回近い?!
3.3日に1回くらいのペース?

リハーサルとか練習も合わせると、170回…
2日に1度のペース…
まさかそんなにとは思ってなかったので、びっくりした。
いつの間にか、そういう事をたくさんするようになってたんだなあ…

やっぱり、ギターは御心だったんだなあ、と
あれから17年くらい経つけれど、改めて思う。

55名無しヒーリング@転載は禁止2015/12/30(水) 19:09:33.55ID:vKoOfh9K
もっとおはなしきかせてよ!

56ラル@転載は禁止2015/12/30(水) 20:06:18.88ID:OGdNrEJj

歌に関することで、もう一つ。
賛美を重ねる中で、主の臨在(神さまがその場所に臨んでくださってる、って感覚。
肌がピリピリしたり、ちょっと表現しにくいけど、感じることがある)
が濃くなっていく時、
よく、自分の声に
自分のものじゃない、力や響きが「乗る」ことがあるの。
ある時は、自分の高音域が広がることがある。普段出ない高い音も出せたりするの。

そういう時って、「聖霊なる神が自分の内に本当に住んでいて、
自分を通して力を現してくれてるんだな」って素直に思う。

そういうのが抜けた後、すぐにまた同じことをやろうとしても、できなかったりするの。

57ラル@転載は禁止2015/12/30(水) 20:19:56.68ID:OGdNrEJj
>>55
ありがとう。
思い出し思い出し、書いてくよー。

58ラル@転載は禁止2015/12/30(水) 21:07:22.41ID:OGdNrEJj
自分の話の他に、人の話も入れていきますよー。

「臨死・そして与えられた2度目の人生−Howard Storm "My Descent into Death"」
https://www.youtube.com/watch?v=4xgmZQe9DlE

これは感動した…。
彼が体験した臨死体験、そこで出会った圧倒的な愛を語るところで
自分も鳥肌というか、肌がピリピリする感覚。




「ストリッパーがイエス・キリストを知ってから」
https://www.youtube.com/watch?v=3aof1rpwSP4

これも感動…
恥じていた自分自身の存在や生き方を丸ごと包み込む、大きな大きな愛。
体験したら、語らずにはおれないのだろうな…

59ラル@転載は禁止2015/12/30(水) 21:20:32.65ID:OGdNrEJj
「天国は本当にある」
https://www.youtube.com/watch?v=fPGs5zst9O8

2014年12月13日日本公開映画「天国は、ほんとうにある」の
元となった少­年の体験を証したビデオです。
映画も観てみたいな…

臨死体験の中で天国に行き、イエスさまや両親の親戚などに出会って色々な話をしてきて…
それで、両親もだんだんと理解し始めた。この子は、本当に天国に行ったんだ、と。

60名無しヒーリング@転載は禁止2015/12/30(水) 21:49:55.68ID:NA27Lq17
お話ありがとう。
またのんびり楽しみにしているね!

61ラル@転載は禁止2015/12/30(水) 22:15:08.37ID:OGdNrEJj
イエスの12弟子達のうち、数人が漁師だったんだ。
で、漁師たちとイエスとの出会いが、こんな感じ。

新約聖書 ルカによる福音書 5章
1 群衆が神の言葉を聞こうとして押し寄せて来た時、
イエスはガリラヤ湖の岸辺に立っておられたが、
2 そこに、二そうの小舟があるのをご覧になった。
漁師たちは、舟から下りて、網を洗っていた。
3 そのうちの一そうはシモンの舟であったので、
イエスはそれに乗り、シモンに頼んで、岸から少し漕ぎ出させ、
座って、舟の中から岸にいる群衆に教えられた。
4 話が終わると、シモンに、「沖へ漕ぎ出し、
投網を打って漁をしてみなさい」と言われた。
5 シモンは答えて言った。「先生。私たちは、
夜通し働きましたが、何も捕れませんでした。
それでも、お言葉に従い、投網を打ってみましょう。」
6 そして、その通りにすると、数えきれないほどの魚が捕れ、
網は破れそうになった。
7 そこで、もう一そうの舟にいた仲間たちに、
助けに来てくれるように合図をしたので、彼らが来て、
魚を両方の舟一杯に入れた。そのため、二そうとも舟は沈みそうになった。
8 これを見たシモン・ペテロは、イエスの足下にひれ伏して、
「主イエス様。私のような者から離れてください。
私は罪深い人間でございます」と言った。
9 それは、彼も一緒にいた者たちも皆、大漁のため驚いたからである。
10 シモンの仲間であったゼベダイの子ヤコブとヨハネも同様であった。
イエスはシモンにこう言われた。「恐れることはない。
これからは、魚を捕るのではなく、人間を捕る漁師にしてあげよう。」
11 そこで、彼らは舟を陸に引き上げ、何もかも捨てて、イエスに従った。


漁師さんには、漁師に通じる方法でアプローチされるイエス様。
しかし、やっぱすげーな…。

さて、自分のお世話になってる教会は
津波被災地にほぼ毎週赴いて
被災地の教会で一緒に礼拝したり、
仮設住宅とか行ってイベントとかしてるの。
そこで実際に起こった話をいくつか。


ある船頭さんがイエスさまを信じたの。
だけどその船頭さん、船の故障や天候不順のせいで
今年に入ってちっとも漁に出られなかったし、
出ても不漁だったらしい。

このあいだ、俺も一緒について行った時
「明日、やっと漁に出れるから、大量を祈って欲しい。」とのこと。
俺は「おおー。リアル漁師さんだー。
イエス様の御名でのリアル大漁祈願だー。聖書みたいー。」
とか思って、牧師さんたちが彼のために祈る様子を見てた。←疲れてた

次の日、船頭さんから連絡が。
何でもものすごい大漁で、お礼をしたいとのこと。
でっかいタラが3枚におろされて送られてきた。
たぶん、10kg超の巨大タラ。1m近くあった。
(切り身以外、初めて見た…)
お陰で、いつも教会で週半ばに集まっている会では
美味しいおいしいタラ鍋が振舞われました♪うまかったー。

62ラル@転載は禁止2015/12/30(水) 22:17:39.08ID:OGdNrEJj

仮設住宅に行き、イベントとかをやったりしてきて
最近は、聖書の話をしたり、実際に祈ったり、ということもできるようになってきたらしい。
(そういうのって、仮設によるみたい。
 オープンな所もあるし、ダメな所もある。
 単にキリスト教お断りって所もあれば
 変な人たちが来て、勧誘とか強引にされてやな思いしたから、
 とかもあるのかも。)

で、牧師さんが
「病気や怪我、不眠など、イエス様は癒してくださいますよ」
そう呼びかけたら、Aさんという方がお祈りを求めてきた。
個人が特定されないよう、詳細はぼかすけれど
津波が来た時、自分の眼の前で流されて助からなかった人
(助けられなかった人)がいたらしく
その時の夢を毎晩見てうなされて、不眠症らしい。
また、タバコ中毒気味で、やめたいとも言っていた。

牧師さんたちが祈ると、その晩からぴたりと悪夢が止まり、
安眠できるようになったらしい。
また、タバコもそれ以来吸いたいと思わなくなったそうだ。

それに驚いたAさんは、教会に顔を出すようになった。
仮設から車で10分以上ある教会まで、自転車をこいで。



クリスマスパーティを仮設でした時
牧師さんがイエス様のことを話し、
イエス様が病気や怪我を癒されたことを話した。

祈ってほしい人はぜひ前に来てください、と呼びかけると
集会が終わった後に、一人のおばあさんが祈りを求めてきた。

ひざが痛くて、あまり曲げられないそうだ。
その時は自分もいたので、イエス様のお名前でみんなで一緒にお祈りした。
祈り終わると、おばあさんが「あれっ?!」と、ひざを曲げて
「…痛くない!90度、曲げられる!!!」
ぱあっと、驚きと喜びのまじった素敵な笑顔をしていたのが印象的だった。

ちなみにひざの癒しはこの前にもう1件あったらしいけれど、
俺はそこにいなかったし詳しくは知らない…。



イザヤ書 53:5
しかし、彼は、私たちのそむきの罪のために刺し通され、
私たちの咎のために砕かれた。彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、
彼の打ち傷によって、私たちはいやされた。

マタイ 4:24 イエスのうわさはシリヤ全体に広まった。
それで人々は、さまざまな病気や痛みに苦しむ病人、
悪霊につかれた人、てんかんの人、中風の人などをみな、
みもとに連れて来た。イエスは彼らをいやされた。

マタイ 9:35 それから、イエスは、すべての町や村を巡って、
会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、あらゆる病気、
あらゆるわずらいをいやされた。

63ラル@転載は禁止2015/12/30(水) 22:23:50.23ID:OGdNrEJj
>>60
おお、コメントありがとうー。
読まれてるの、励みになりまっす。

64名無しヒーリング@転載は禁止2015/12/30(水) 22:49:16.75ID:NA27Lq17
>>62
みんなで祈るってすごいよね
一人一人のエネルギーは小さくても集まると大きくて
ドラゴンボールの元気玉みたい

65ラル@転載は禁止2015/12/30(水) 23:52:09.59ID:OGdNrEJj
>>64
うん、みんなで祈ると、やっぱ違うよー。
なんかあったら教会に行って祈ってもらうといいと思うー。

マタイ 18:19-20
まことに、あなたがたにもう一度、告げます。
もし、あなたがたのうちふたりが、どんな事でも、地上で心を一つにして祈るなら、
天におられるわたしの父は、それをかなえてくださいます。
ふたりでも三人でも、わたしの名において集まる所には、わたしもその中にいるからです。

ヨハネの手紙 第一 5:14
何事でも神のみこころにかなう願いをするなら、
神はその願いを聞いてくださるということ、これこそ神に対する私たちの確信です。

神さまは、俺たちが愛で一致するのを何より喜ばれるみたい。
そして、神さまの心が喜ぶような、御心に沿ったお祈りは間違いなく聞かれるって。

66ラル@転載は禁止2015/12/31(木) 00:22:53.83ID:Y/cAKAGi
【悪霊が炙り出された件】
クリスチャンは悪霊払いもします。(あと、しない人たちもいます。)
と言ってもエクソシストとかの映画で見るような
オドロオドロしたのではなく、
本人による罪の告白、悪霊との契約の断ち切り、傷の癒しなどを通して
それらに巣食ってた汚れた霊どもを、イエスさまの御名の権威で追い出すの。

これはちょっとオチというか結論なし、な話なんだけど
自分が直接関わったので、話してみようと思う。

昔行ってた教会で、リーダーがメッセージをした。
その時、教会に来始めてまだ数回の男性がいたの。

メッセージの後、3人くらいの小グループに分かれて祈り合う時間になったのだけれど
その男性と、もう一人女性が俺と一緒だった。

その男性は、なぜかうつむいてブルブル震えてて
俺が「メッセージ、どうだった?」と聞くと
「語られてたこと全部、当てはまった…」と。…ふうん??

よくわからんけど、ともかく祈り始めて
どういう流れでそうなったかは忘れたけど、俺が
「イエスの血潮で、悪いもの出てけぇ!!」的なことを祈った途端
震えていた男性は「うわぁっ!」と叫び声を上げて
後ろ向きに倒れるような形で、祈りの輪から外れた。
明らかに彼自身にはコントロール不能な感じだった。
何が起こったかわからず、あっけに取られて俺びっくり。

その瞬間、教会中の人たちが、彼に手を置いて(もしくは向けて)
一斉に祈り始めた。(俺もみんなと一緒にした。)そうしたら彼はあばれるのを止めた。

その後、彼のためにカウンセリングみたいに時間を取って
教会のリーダーたちが話を聞いたのだけれど
どうも彼の家系は、非常に強力な契約を悪魔と交わしたらしい。
非常に成功し、お金持ちになるのだけれど
どの人も若くして死んでしまうという、
割に合わない恐ろしいものらしい。(なんでそんな契約したのだ?騙されたのか?)

こういう風に、神さまの聖なるご臨在が強くなった時や、
聖書の言葉がはっきり語られる時、
人の内側に巣食ってる汚れた霊があぶり出されることも
たまにあるみたい。

で、結局、教会のリーダーたちのカウンセリングと悪霊追い出しによって
彼自身はその契約と悪霊から解放されたっぽい。

(っぽい、ってのは、自分自身が直接関わってなくて、
関節的にちょこっと又聞きしただけだから、
その後どうなったかちゃんと知らないの。ごめんー。
でも悪霊は出て行ったらしいから、めでたしめでたし。)



ちなみに、こういうのはクリスチャンの間では
悪霊現象(demon manifestation)とか呼ばれてます。たぶん。
(違う呼び方してる人たちもいるかもしれないので…「たぶん。」)

67名無しヒーリング@転載は禁止2015/12/31(木) 00:23:56.33ID:Y/cAKAGi
おまけ:

以下、聖書に出てくる、それっぽいシーン。

マルコによる福音書 1章
21 それから、イエスの一行はカペナウムの町に入られた。
そして、早速、次の安息日には、会堂に入って教え始められた。
22 それを聞いた人々は、その教えに非常に驚いた。というのは、
イエスが律法学者たちのようにただいろいろな教えを説明するのではなく、
権威あるお方として教えられたからである。
23 すると、その会堂に、悪霊につかれた人がいて、大声で叫んで、
24 言った。「ナザレのイエス。一体おれたちに何の用があるのだ。
あなたは、おれたちを滅ぼしに来たのだろう。
おれは、あなたがだれなのか、よく知っている。あなたは、神から遣わされた方だ。」
25 イエスは、彼をしかって、「黙れ。この人から出て行け」と言われた。
26 悪霊は彼をひきつけさせ、大声を上げて、その人から出て行った。
27 すると、そこにいた人々は皆驚いてしまい、互いにこう言った。
「これは一体何事だろう。権威のある新しい教えだ。
悪霊さえも、命令されると、従ってしまった。」
28 こうして、イエスの評判は、たちまちガリラヤ全地にあまねく広まった。

イエスさま強ぇー。

68ラル@転載は禁止2015/12/31(木) 00:25:33.46ID:Y/cAKAGi
ああ、そう。その男性はその後、自分が行ってた教会に来なくなっちゃったんだよね。
それもあってその後の詳細、俺よく知らないの。

69名無しヒーリング@転載は禁止2015/12/31(木) 02:38:25.98ID:yQP6Ht6M
おはなしありがとう

無理のないペースでもっとおはなしきかせてよ!

70名無しヒーリング@転載は禁止2015/12/31(木) 03:08:00.45ID:sqDT98HV
東北は寒いべ
被災地の人達に寄り添ってくれてありがとう。

71名無しヒーリング@転載は禁止2015/12/31(木) 08:59:14.72ID:/g5pnoAh
スレ主さんは神社参拝をどう思われますか?
自分はどうも‥神社は 自分にはよくわからないものを祀っているのかな?という気もしています。

72名無しヒーリング@転載は禁止2015/12/31(木) 14:59:50.58ID:5eZZH6cr
このスレ面白い>>1から全部読んだ。
やっぱり、こういうことってあるんだね。

73名無しヒーリング@転載は禁止2015/12/31(木) 15:50:27.11ID:womPV8aM
自分は>>1でもクリスチャンでもないけど、キリスト教の教会とかにはホントに色々と助けられてる。
便乗して、ちょっとだけ語っていい?

74ラル@転載は禁止2015/12/31(木) 16:34:07.63ID:GKC4MJPV
>>69
ありがとうー。
マイペースでやるよー。

>>70
いえいえ、とんでもない…。
未だに仮設に住んでいる方々の明るさや忍耐には、
こちらが励まされることもしばしばです…

75ラル@転載は禁止2015/12/31(木) 16:49:29.67ID:GKC4MJPV
>>71
おー。興味深いテーマ…。
後でじっくり返信するね。

>>72
うん、いっぱいあるのよ〜。
周りにクリスチャンいたら聞いてみると面白いかも。

>>73
きゃーーー。そういう便乗、うれしいー☆ぜひぜひー!

76メロンパン菜 ◆5m18GD4M5g @転載は禁止2016/01/01(金) 00:20:02.76ID:nyjlHsIa
僕は神社参拝して氏神様の愛情深さを感じたり、自分じゃどうにもならない時に助け船を頂いたりで、良くしてもらってはいる

イエスキリストが神だと思ったのも氏神様のような愛情深さを>>1の話から感じたからで。神様には人に真似できないくらいの徳の深さがあるから

だが、だからこそ、僕はどうしたもんかと思っています
イエスキリストに帰依しながらも氏神信仰をするという選択肢はありなのだろうかと

まずは創造主とその実子に仕えるのが筋だろうが、
それで今まで親しく可愛がってくれたり、
時に厳しいメッセージもあったけど噛み締めていると不思議と勇気が出てきてありがたさを感じたり、
そういう付き合いをさせていただいていたからこそ……天の父は僕が慕う二つの神社の氏神様方の信仰を許してくださるだろうか、と……

ふたつのうち一方の氏神様はお父さんって感じがしました
個人的に近所の親戚のおっちゃん的なポジションでもある感じです。仕えるとかそういうノリではないのですが、この神様の役に立てたらきっと嬉しい

ハッピーニューイヤー!

77メロンパン菜 ◆5m18GD4M5g @転載は禁止2016/01/01(金) 00:24:27.31ID:dGRpiaNb
>>76追記します

厳密には氏神様は近所の神社にある神様です
もうひとつは僕が縁の深さから勝手に氏神様認定させていただいている

前者は鎮守様的な意味で氏神様で、後者は氏族的な(と根拠もなく勝手に感じている)意味で氏神様

78メロンパン菜 ◆5m18GD4M5g @転載は禁止2016/01/01(金) 00:32:31.34ID:nyjlHsIa
>>77
イエスキリストは主です
ですけれど、僕を苦しみから助けていただいたり、軽くしてもらったりは氏神様のおかげなのです

ただ個人的に氏神様は慕っていて一時は恋に似た感情さえ芽生えたくらいなのですが、また愛されている感が氏神様から凄く伝わってきてその気持ちに惚れたりもしたこともあったのですが

関係としては主従よりは血縁みたいな感じが近いのです
もちろん氏神様が親ですが。それ故に仕えようという方向に意識が向かないと言いますか……。父親と殿様とでは関わり方も変わってきます

79メロンパン菜 ◆5m18GD4M5g @転載は禁止2016/01/01(金) 01:12:11.33ID:TVI3xSDz
>>78追伸です
創造主たる天の父とその実子であるイエスキリストに仕えるということは、他の神様との付き合いを放棄しなければならないことになるのでしょうか?

個人的には天の父を神様とお呼びすることは個人的に不適切で無礼なことかもしれないと個人的に思っているのですが……神様だって創造された側ですので。天の父は創造した側なので神様という次元を越えたお方ですし……

80名無しヒーリング@転載は禁止2016/01/01(金) 05:56:38.62ID:2Hsj+/7j
◆ 初日の出放送
http://urx.b lue/qbEc

81名無しヒーリング@転載は禁止2016/01/01(金) 06:59:26.95ID:Y17twlDt
人は二人の主人に仕える事はできない
私は嫉妬深い

82名無しヒーリング@転載は禁止2016/01/01(金) 13:05:43.12ID:C3sdmQhv
嫉妬したり妬んだりなんて、人間が持ってる感情だよ。
神様はそんなに小さくない。
罰が当たったと思うなら、自分がそう思う原因があるだけ。
それすらも罰かどうかなんて人間の価値観じゃわからないよ。

83ラル@転載は禁止2016/01/01(金) 16:44:13.41ID:Y2nQIRS1
あにゃー。
なんか、真剣な相談をありがとう、メロンパン菜さん。
昨日から、すごく考えさせられてる。

今実家で過ごしてて、ちょっとまとまった時間取りにくいので、
しっかり考えてお返事するね。
もうちょっと、待っててね。

84ラル@転載は禁止2016/01/01(金) 21:25:40.41ID:GTY6ZM3k
「スレ主さんは神社参拝をどう思われますか?
 自分はどうも‥神社は 自分にはよくわからないものを祀っているのかな?
 という気もしています。 」

>>71
えっと、自分は神道は、たぶん平均的日本人くらいの理解しかないと思うので
その程度の自分があれこれ言うのもアレかなーと思うので
まず、そこら辺をめっちゃ調べてくれた人のHPを紹介します。

http://www2.biglobe.ne.jp/remnant/091shintou.htm

「神道に流れる基本的なものはすべて、もともとは古代イスラエル宗教から来たと、言ってよいように思えます。私たちは、神道内に流れる本流のルーツを、古代イスラエル宗教に見ることができるのです。」
(本文より抜粋)

それで、上のページを少しでも読んでくれたと仮定して、
以下、答えますね。

もし、上記HPの言う通りに
「神道の元々の源流であるユダヤ教の【形だけ】が残り、
 その礼拝対象であるヤハウェという聖書の神の【本質】を見失って」しまい、
その結果、本来のものとは別のものを神道が社に据えて礼拝しているとしたら
 >>71 さんが仰る通り、「よくわからないもの」として映るのは
ある意味、自然なことなのかもしれません。

以上、限られた知識ですが、自分は今はそう思います。


そんで以下、補足。
ユダヤ教(&キリスト教)に描かれる聖書の創造主は
「わたしはこういう存在だよ」と
自らを人に現されるお方です。(これを「啓示」と言います)

ヤハウェはどんなお方か、何を愛し、何を憎むのか
何を喜び、何に悲しむのか
どんな性格(神格?)なのか、どんな目的があるのか、
人の様々な態度や行動に、どのように応答されるのか、されないのか…
それらを、聖書から知る事ができます。
そして、人と愛し合う関係を結ぶ事を願っておられるお方です。
だから、聖書に書かれているお方を
実生活の中で実際に体験して知っていくことができるお方なんです。

すごく、愛でいっぱいの方です♡
すごすぎる、このお方…。

85ラル@転載は禁止2016/01/01(金) 21:48:29.27ID:GTY6ZM3k
〜閑話休題〜 有名人の聖書観

聖書はこれまでに神がくださった最上のギフトであると、わたしは信じている。
世界の救い主から発する一切の良きものは、この書を通して我々に伝達される。(アブラハム・リンカーン 第19代 アメリカ合衆国大統領)

わたしはこの時代に、偉人と呼ばれる95人の人を知っている。
うち87人は、聖書を奉ずる人であった。
聖書の特徴はその特異性にあり、他のあらゆる書物を、
無限に引き離している。(W・E・グラッドストン 19世紀イギリスの大政治家)

私たちは、確信を持って、聖書という、“ゆるがない岩”の上に憩うのである。
(ウィストン・チャーチル イギリス首相)

青年よ、あなたへのわたしの忠告は、聖書を知れ、
そして聖書を堅く信ぜよ、ということである。
(ベンジャミン・フランクリン 
 18世紀アメリカの政治家、科学者、著述家、避雷針の発明者)

人間のための書物としての聖書の存在は、人類がかつて経験した中で
最大の恵みである。
その価値を減らそうとのいかなる企ても、人類への罪悪となる。
(インマヌエル・カント 18世紀ドイツ 大哲学者)

いかなる世俗の歴史におけるよりも、聖書の中には、より確かな真理が存在する。
(アイザック・ニュートン 
 17〜18世紀イギリス 大物理学者 万有引力の法則)

人間の発見はすべて、ただ、聖書に含まれる真理を確証するのに
役立つものであると思われる。
(ウィリアム・ハーシェル
 18〜19世紀イギリス 大天文学者 天王星の発見者)

聖書の記述中、問題となっている大きな点は、全部歴史的であることが証明されている。
(W・F・オルブライト 20世紀 考古学者)

人類の知的文化が進歩し、自然科学が進んでその広さ深さを加え、
またいかに人類の心が望むままに広くなろうと、
福音書から輝き出るキリストの高潔さと、道徳的修練を
超えていくことはないであろう。
(ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテ 18〜19世紀 ドイツの詩人)

つづく

86ラル@転載は禁止2016/01/01(金) 21:49:28.21ID:GTY6ZM3k
>>85 のつづき

私の生涯に最も深い影響を与えた書物は、新約聖書である。
(マハトマ・ガンジー
 20世紀 インドの大政治家 インドを独立国家へ導いた人)

私の著作したことに何か功績があるとすれば、それはひとえにわたしが幼かった時、
母が日毎に聖書のある箇所を読み聞かせ、暗唱させてくれたおかげである。
(ジョン・ラスキン 19世紀イギリス 美術評論家・社会評論家)

聖書を読むこと、それが教育である。
(アルフレッド・テニスン 19世紀イギリス 有名な詩人)

新約聖書は、この世界でいまだかつてなかった、
また、今後もあろうとは思えぬ最善最良の書である。
(チャールズ・ディケンズ
 19世紀イギリス 小説家 クリスマスキャロルなど)

聖書は世界無二、宇宙第一の書物である。
(山室軍平 明治時代「救世軍」日本支部総司令官として伝道に従事)

聖書は、貧しい者、しいたげられたものの大憲章である。
人類は聖書をすてえる立場にない。
(トマス・ハックスリー 19世紀イギリス 生物学者 進化論者)

聖書はただの書物ではない。
それに反対するすべてのものを征服する力を持つ生き物である。
(ナポレオン・ボナペルト 19世紀イギリス フランス軍人、政治家)

引用元: http://www5e.biglobe.ne.jp/~mcc/seishokan.htm

87名無しヒーリング@転載は禁止2016/01/01(金) 21:54:23.48ID:ZnOtrHsQ
>>82
バイブルにありますよ

88ラル@転載は禁止2016/01/01(金) 22:52:56.52ID:GTY6ZM3k
うおおおおおお???

「明治天皇は『日本は神道である。しかし神道は本来ユダヤ教である」と語られたそうです。」
http://www.historyjp.com/article.asp?kiji=181

89名無しヒーリング@転載は禁止2016/01/02(土) 00:43:10.85ID:Scmx+I6N
>>84
神社参拝について質問した者です。
ご回答と参考サイトを、ありがとうございます。

90名無しヒーリング@転載は禁止2016/01/02(土) 09:41:41.43ID:iUK3XG8L
>>88
明治天皇は在日で乗っ取った人

9173@転載は禁止2016/01/02(土) 13:12:09.25ID:WDZ+IhjK
>>75
>>73です。レスありがとうございます。
今ちょっと忙しくなってしまって、まとめている暇が無くなってしまったので、
落ち着いたら語らせてください。。

>>88
伊勢神宮に祭られている神様は、実はキリスト教・ユダヤ教・イスラム教の神様、ヤハウェだ、
って言った超能力者もいるらしいです。

92ラル@転載は禁止2016/01/02(土) 14:33:28.45ID:8PDSP5vF
>>76
メロンパン菜さん

もうちょっと待ってねー。
どう答えようか、時間かけて悩んでます…。

>>80
初日の出放送なんてあるんだー。見なかったけど、教えてくれてありがとう。

93ラル@転載は禁止2016/01/02(土) 15:06:15.83ID:8PDSP5vF
>>89
いえいえー。
…なんか、もう少し対話をしていけばよかったかなあ、とも今思ってます(汗)

>>90
そうなんですね。

>>91
年末年始っていろいろありますからね。
ゆっくりしてくださいね。

伊勢神宮の由来は「イエス(ヤソ)神宮」だとか、何とか…
そういう系の話は、どこまでが本当なのかさっぱりわかりませんが
「1549広まるキリスト教」以前から、
シルクロードを通して日本に影響はかなりあったみたいですね。

まあ、その辺の詳しいことは他のスレッドやサイトに譲ります。
(↑自分で持ち込んでおいて何ですが…)
ここは「クリスチャンがした不思議体験の板」でいきましょうー。
不思議な体験の話って、やっぱワクワクするじゃないですか。

94メロンパン菜 ◆5m18GD4M5g @転載は禁止2016/01/02(土) 21:09:46.28ID:2okQZD+u
ラルさん了解! ゆっくり待ってます

神様仏様の前では僕は本心を隠さないで誠実に向き合っていたい気持ちにさせられます
頑張ってもなかなか不信心で苦しみのあまり神仏を使おうとしてしまうような僕でも懐深く受け入れてくださったのです

ましてや神仏以上である天の父、イエスキリストに心を向けたらなおのことかと思うのです

95メロンパン菜 ◆5m18GD4M5g @転載は禁止2016/01/02(土) 21:32:12.37ID:XjRImUoP
ただ、僕が心配することは神仏を信仰しつつ天の父やイエスキリストを信仰させていただく……
そういうことはある意味天の父やイエスキリストに対しての裏切り行為みたいになるのでは、ということなのです!
これでは心を向けても誠心誠意心を向けきれません。それを心苦しく思っていたところでこのスレを見かけたのです

96名無しヒーリング@転載は禁止2016/01/03(日) 01:41:33.36ID:3i1JpX9A
宗教の話するなら宗教板でどうぞ。

97名無しヒーリング@転載は禁止2016/01/03(日) 05:15:21.84ID:PPfxv4ww
ラルさんに聞いてもらいたいことならここに書いて良いと思う
お互い知識が深まるのはとても有意義だし、スレチがいやならラルさんが言うんじゃない

98名無しヒーリング@転載は禁止2016/01/05(火) 00:03:45.16ID:HJX/DrhV
☆ 日本の核武装は早急に必須ですわ。☆
総務省の『憲法改正国民投票法』、でググってみてください。
日本国民の皆様方、7月の『第24回 参議院選挙』で、日本人の悲願である
改憲の成就が決まります。皆様方、必ず投票に自ら足を運んでください。お願い致します。

99名無しヒーリング@転載は禁止2016/01/05(火) 05:45:55.53ID:oXo9ltc+
やっぱりちょっとスレ違いだなー。

もし宗教上の事を書くなら
別にスレを立てたほうがイイよ。

ここは不思議な体験を書いていこう。

100名無しヒーリング@転載は禁止2016/01/05(火) 05:56:46.02ID:oXo9ltc+
不思議な体験と言っても
怖い体験じゃないよ。

むしろ気持ちいいというか心地いい体験なんだ。

興味本位で聞いている人もいるかもしれないけど
聞いてばかりいないで
実際、聖書読んでご覧よ。
そして純粋な気持ちで神様に祈ってご覧よ。

そうするとおたくにも
「2001年宇宙の旅」でいう「something wonderful」みたいなことが
起こると思うよ。

問題は気持ちが純粋であればあるほど
そういった現象ははっきりと起こるんじゃないかと思うけど
気持ちが純粋すぎてその事に気づきにくいかもしれないかな。

今年30年ぶりくらいに日本語聖書「新共同訳」の改訂版が出るよ。

新着レスの表示
レスを投稿する