千歌「ねぇ善子ちゃん、すっごい可愛いって言われない?」←これってもはや告白★2.5

1名無しで叶える物語(茸)2018/12/01(土) 22:25:43.92ID:lYeOT07H

339名無しで叶える物語(庭)2018/12/14(金) 19:29:24.77ID:8t47NxFh
>>322
まさか本当に書いてくれるとは……
ありがとやで

340名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/12/14(金) 20:32:15.16ID:KlqnLLCH
かわいい

341名無しで叶える物語(庭)2018/12/15(土) 14:04:09.55ID:vU3NtgM3
`¶cリ˘ヮ˚)|

342名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/12/15(土) 20:16:42.39ID:jdbZTHD0
仮面ライダーWパロ、きゃんヨハで変身させてヒロインに千歌ちゃんを持ってくるの、割とかなりアリじゃない?
以下は我ながら微妙かなとも思う即興の一幕。誰かが上手い具合に書き改めてくれると信じてる


「ーーーAqoursと、千歌と出会ったこの街の波を止めるわけにはいかないわね。行くわよ、愛香」

『はいはーい。っと、その前に検索結果ね。〜〜〜』

「ヨハネちゃーん?早くしないと行っちゃうよー?」

「え、ちょっと!千歌は来なくていいって」

「むぅ、チカも戦うもん!変身できなくたってこの街を守りたいのは同じだよ!……それに、うかうかしてると愛香さんに取られちゃいそうだし」

「たく、私が好きなのは千歌よ。愛香はただの相棒よ」

『そうそう、私はヨハちゃんが幸せなのを見ていられればそれでいいからねー』

「ぐぬぬ、なんかヨユーを感じるのだ。あ、善子ちゃん、これ!」

「これは?」

「花丸ちゃんと鞠莉ちゃんの2人に協力してもらって作った無害な人工メモリ『Master』。これならきっとファングを抑えられるはずだよ!」

『作れるものなの!?そんなの私聞いてないんだけど!』

「ふっふっふ、普通怪獣を甘く見ちゃいけないよ!」

「(普通ってなんだったかしら?) まぁありがと。それじゃあ行ってくるわね」

「はーい、いってらっしゃーい!……うー、いつかベルトも作ってやるー!」

343名無しで叶える物語(たこやき)2018/12/15(土) 22:36:15.26ID:uO6tUK6b
そうして生まれたのがアクセル……?

344名無しで叶える物語(たこやき)2018/12/16(日) 00:48:18.18ID:rLBQrCS2
善子「え、クリスマスを二人で?」

千歌「うん。Aqoursのクリスマスパーティは25日だから、24日に二人だけで」

千歌「もし予定がなかったら、なんだけど……やっぱり、はじめて好きな人と迎えるクリスマスだからさ」

千歌「二人で、一緒にいたくて」

千歌「……だめ、かな?」

善子「……」

千歌「善子ちゃん……?」

千歌「……照れてる?」

善子「う、うるさいわよ……///」

千歌「じゃあ……二人で、過ごせる?」

善子「も……もちろんよ! 私が千歌の誘いを断るわけ、ないじゃない……///」

千歌「善子ちゃん……♡」

善子「フフン」

千歌「それじゃあ……当日楽しみにしてるね♡」

善子「……う、うん///」

千歌「それと」

善子「?」

千歌「夜は……ホテル、行くから」ボソッ

善子「……」

善子「!!!??!?!!??」

千歌「えへへ!うちのお客さんの伝手でね♡ ……一室貸してもらえるんだ」

千歌「……だから、いっぱい精力つけてきてね♡」


`¶cリ˘ヮ˚)|「性夜の千歌」

345名無しで叶える物語(家)2018/12/16(日) 01:13:27.58ID:yTbSODCf
ちか「よしこおねーちゃん!」

善子「ヨハネよヨ・ハ・ネ!もう、なに?」

ちか「えへへー、ちかね、おねーちゃんとけっこんするの!」

善子「はいはいおつかれ。悪いけど堕天使に人の子は不要よ。早急に立ち去りなさい」

ちか「むーぅーっ!へんなこといわないのー!」

善子「フフフ、より魔力を溜め込んだら、その時は相手をしてあげるわ」

ちか「……?よくわかんないけどがんばる!ちか、ぜったいよしこおねーちゃんとけっこんしたいもん!」

善子(懐かしいわね、この頃は結婚なんかどういう意味かもわからないのに大口叩いちゃって)ナデナデ

ちか「おねーちゃーん!」バタバタ

善子「フフ、可愛い私のリトルデーモン。まだあなたの器は小さいから、今より大きくなって、まだ私との契約が残っていたら、その時こそ饗宴の日よ」チュッ

ちか「うー……やくそくだよ?」

善子「ええ。私とあなたの盟約よ」

346名無しで叶える物語(家)2018/12/16(日) 01:13:57.40ID:yTbSODCf
善子「あー、つ、か、れ、た……」

善子(今日も残業、明日もどうせ残業。残業残業残業。はあ、何も考えないでいる日が懐かしいわ……)

善子「そういえばあの子、元気にしてるかしら……」

善子「まさか約束した次の日に引っ越すなんて考えなかったし、お別れも満足に出来なかったわね」

善子「そう考えると……バチでも当たったのかしらね」

善子「はぁ、もうあの子も私のことなんか忘れて……」

千歌「善子お姉ちゃん!」

善子「…………え?」

347名無しで叶える物語(家)2018/12/16(日) 01:14:34.27ID:yTbSODCf
千歌「お姉ちゃん!お迎えに来たよ!」

善子「…………ぁ」

千歌「えへへ、10年経ったけど、約束したよね!大きくなったら結婚するって!」

善子「……………ぁぁ」

千歌「ずっと探してたんだ。善子お姉ちゃん、急にいなくなっちゃって寂しかったけど、あの約束のおかげで忘れないでいられたんだ!」

善子「…………う、うぅ」

千歌「え?善子お姉ちゃん泣いてる!?どうしたの?どこか苦しいの!?」

善子「違うの、嬉しくて、胸が、苦しいの」

千歌「……そう、そっか。お姉ちゃんも私のこと忘れないでいてくれたんだね。嬉しい!」

善子「千歌、私なんかと一緒にいてくれる?」

千歌「うん!善子お姉ちゃんがいいって言ってくれるなら、ずーーーーーーっと一緒にいたい!」

善子「……フフ、流石は私のリトルデーモンね」

千歌「えへへ、あなたのリトルデーモン、高海千歌!いつまでもそばにいます!」

善子「それと、これは……お願い。これからはお姉ちゃんじゃなくて、善子って呼んで?」

千歌「…………!」

千歌「うん!……善子ちゃん!」

348名無しで叶える物語(笑)2018/12/16(日) 01:19:58.66ID:/jsfFqwR
保守よりssのほうが多い
神スレになってて泣いてる

349名無しで叶える物語(笑)2018/12/16(日) 01:26:22.86ID:Zh2dM2F/
それ膨らませたら神SSになるのでは……?

350名無しで叶える物語(たこやき)2018/12/16(日) 01:34:58.73ID:rLBQrCS2
今書いてるのが終わったらちかよし書きたいと思ってます

351名無しで叶える物語(家)2018/12/16(日) 01:35:06.73ID:yTbSODCf
渋に上げる

352名無しで叶える物語(笑)2018/12/16(日) 01:41:41.10ID:Zh2dM2F/
やったぜ

353名無しで叶える物語(たこやき)2018/12/16(日) 01:42:02.18ID:rLBQrCS2
渋は見ないからなぁ……ぐぬぬ
見てみるか

354名無しで叶える物語(笑)2018/12/16(日) 01:45:31.39ID:Zh2dM2F/
渋は結構ちかよし名作あるぞ

355名無しで叶える物語(たこやき)2018/12/16(日) 01:50:15.21ID:rLBQrCS2
マジか
ちょっと検索してみる

もしオススメあったら教えていただけると嬉しい

356名無しで叶える物語(アラビア)2018/12/16(日) 01:56:15.85ID:hMouQQ5n
タイトルなんだったかな
善子ちゃんが水の入ったバケツ頭から被っちゃうやつ
普通怪獣は堕天使に云々てやつだったっけ?

357名無しで叶える物語(たこやき)2018/12/16(日) 01:56:55.61ID:rLBQrCS2
調べてくる
ありがとう

358名無しで叶える物語(たこやき)2018/12/16(日) 01:59:08.74ID:rLBQrCS2
見つけた読む
ありがとう

359名無しで叶える物語(庭)2018/12/16(日) 02:01:52.85ID:nPTnDY4a
おねロリ逆verも来てて嬉しいですわ

渋の名作は前スレとかにも挙がってた気がする

360名無しで叶える物語(たこやき)2018/12/16(日) 02:05:00.81ID:rLBQrCS2
`¶cリ˘ヮ˚)|いいものを読むと書きたい欲が湧き溢れてくるわ

361名無しで叶える物語(茸)2018/12/16(日) 02:13:53.40ID:SK0Bxr1O
いろんなちかよしが見れて嬉しい

362名無しで叶える物語(たこやき)2018/12/16(日) 03:53:28.04ID:rLBQrCS2
`¶cリ˘ヮ˚)|「私が生えてるえっちなやつよ」


「はぁ、は……ぁ、っ……」

息を切らしながら、ベッドに身体を預ける。

ぼふりと倒れ込んだシーツは、どちらとも分からない体液でぐしょぐしょに湿っていて。

どれほどの長い時間を、交わっていたのかを体感させられる。

「千歌……まだ、できるでしょ……?」

「まっ、て……よしこちゃ、っんんぅぁ……ッ♡♡♡」

ぐぐぐ、と善子ちゃんの肉棒が挿入されていく。

ごつごつとした突起が私の肉襞を擦りあげるたび、私の身体に電流のような快感が突き抜け弾け飛ぶ。

もう、何度めの挿入だろう。

善子ちゃんの肉棒はいつまでも硬くて。

何度も何度も私の中で果てて、もう膣内に精液は入らなくて溢れ切ってるというのに。

まだ、まだできちゃうんだ♡

「ぁ、っあ♡ すご……ぃよ♡ よしこ、ちゃんの……いつまでも、できるの……っ♡」

ひと突きされるたびに、突き抜けた電流で私の頭がスパークを起こす。

目の前がチカチカして、必死に腰を振る善子ちゃんの顔が見えなくなっちゃう。

「ぁあ♡ あっ♡ やッ……ぉく、おかしくなっ……ひ、ぃぁっ♡」

でも、その快感が、私の身体が善子ちゃんのモノにされているんだという気持ちでいっぱいにしてくれる。

いつも優しくてカッコよくてステキな善子ちゃんが、私の身体をこんなにも乱暴に求めてくれてる。

それが、たまらなく嬉しくて♡

私も、善子ちゃんを求めちゃう♡

363名無しで叶える物語(たこやき)2018/12/16(日) 03:54:03.07ID:rLBQrCS2
「千歌っ……ごめん、また、出る……っ」

「いいよ……っあ♡ もっと、もっといっぱい出して……っ♡」

善子ちゃんの腰の動きが早くなる。

おちんちんがどんどん千歌の膣内で大きく膨らんで……もう、すぐにでも射精しそうなくらいパンパン♡

乱暴に突いてた動きが、千歌の中の1番深いところでその動きを止める。

子宮を押しつぶすくらい、子宮の口を突き破るんじゃないかってくらい、力強く1番深いところまで入ってきたおちんちんから────

どろり、と。

また、溢れ出しちゃうくらいの濃くて臭い精液♡

すごいんだ……善子ちゃんの♡

こんなに出してるのに……こんなに動いてるのに、まだ止まらないんだ♡

その姿が、とっても可愛くて♡

私も、まだまだ全然おさまんないの♡

「ねえ、次は私が上になっていい? 朝までまだまだあるでしょ? ねえ、もっと……もっと愛し合おうよ♡」

「はあ、はあっ……ちか、エロすぎ」

えっちな子なのかな、私♡

でも……いいよね? 愛しい人との交わりだもの♡

もっと私で気持ちよくなって♡

もっと善子ちゃんで気持ちよくならせて♡

ねえ、次は先にイったら負けなゲームしようよ♡

ゲーム好きでしょ? だよね♡

もし負けたら? そうだなあ……負けたらもっとセックス……しよ♡


从c*・ヮ・§「ね♡」

364名無しで叶える物語(禿)2018/12/16(日) 07:08:05.36ID:MotY+Ku7
|c||^.-^||b

365名無しで叶える物語(笑)2018/12/16(日) 08:39:06.05ID:Zh2dM2F/
最高すぎる

366名無しで叶える物語(家)2018/12/16(日) 08:52:36.19ID:Gb+lbDHV

367名無しで叶える物語(香港)2018/12/16(日) 10:22:42.13ID:ajmEGqIq
えっろ

368名無しで叶える物語(たこやき)2018/12/16(日) 12:51:55.67ID:rLBQrCS2
千歌「おはよしこちゃーん!」ガバッ

善子「ひぎゃあっ!?」ビクッ

千歌「あ、ごめん驚かせちゃった?」

善子「べ、別に驚いてなんかないわよ……」ドキドキバクバク

千歌「ほんと? ケータイ落としちゃってるけど」ヒョイ

善子「……どうも」

千歌「ほんとにごめんね? ひとりだったから反射的に」

善子「あなたは反射的に後ろからいきなり抱きつくの……?」

千歌「え、うん」

善子「……そういや曜センパイもやってきてたわ」

千歌「果南ちゃんも昔はよくしてきたよ?」

善子「そこの繋がりか……っ!」

千歌「というわけで、学校に着くまでモフるね」ムギュー

善子「な、なんでよお……///」

千歌「だめ?」

善子「っ、ん……すきに、すれば」

千歌「わーい♡」ギュウッ

善子「……苦しいんだけど」

千歌「じゃあ離れる?」

善子「なくても、いいけど」

千歌「そっか♡」スリスリ

善子「……あったかいわね、リーダー」

千歌「ふっふっふ、体温には自信があるよ? 海から出てきた曜ちゃん果南ちゃんは必ず私で暖をとるから」

善子「ふうん」

369名無しで叶える物語(たこやき)2018/12/16(日) 12:52:42.91ID:rLBQrCS2
千歌「善子ちゃんも千歌であったまってね♡」

善子「……機会があればね」

千歌「いつでもウェルカムだよ?」

善子「だれにでも?」

千歌「好きな人限定だけど」

善子「好きな人」

千歌「Aqoursのみんなとか、友達とか」

善子「なるほどね」

千歌「だから善子ちゃんも好きな時に千歌を使っていいよ?」

善子「……別にいい」

千歌「え、なんで!?」

善子「なんか、ずるい気がする」

千歌「ずるいのはそっちじゃん」

善子「なんでよ」

千歌「こんないい匂いなのに、抱きつかせてくれないんだもん」スンスン

善子「!? は、はなれて!」グイッ

千歌「やーだ! 千歌の身体好きにしていいからこっちにも好きにさせてよ!」ムギューグリグリ

善子「い・や・よ! まさか私の匂い嗅ぐ口実に色々言ってたわね!?」

千歌「いいじゃん匂いくらい! 好きなんだもん善子ちゃんの匂い! 甘くてふわふわしてて、頭がクラクラしちゃうんだよ!? 私、この感覚好きなんだよ……♡」

善子「や、やめろーーー!///」

千歌「ね! だから千歌の身体、好きに使っていいから!」

善子「い、嫌だってば!」

千歌「なんで!? じゃあ善子ちゃんも千歌の匂い嗅いでいいし、抱きついていいし、触ってもいいから!」

善子「なんでそこまでして私に抱きつきたいのよーーー!!///」


`¶cリ˘ヮ˚)|「この人、匂いフェチだといいなって」

370名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/12/16(日) 13:48:03.72ID:kC8SoTNl
いいぞ、いいぞ…

371名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/12/16(日) 13:57:08.29ID:kC8SoTNl
普通怪獣は堕天使に不幸を誓う | 夏星 https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8871622

あるあの日 | きびだんご https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8904170

今日までの私に祝福を | 桜駄十夜 https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8439626

妹体験記 | まんじゅ https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=9508741

千歌「善子ちゃんは普通が嫌い?」 | hj略 https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=9548366

どっちもどっち | みのじ https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=10455476


渋のはこの辺オススメ

372名無しで叶える物語(庭)2018/12/16(日) 15:34:02.71ID:4z4oIyXj
堕天使ヨハネと普通少女の物語 1話『邂逅』 https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=7312277

私の不運なハッピーメーカー https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8037610

君に愛を教えようか https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=7757879

赤を結べば。 https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=9708757


後はこの辺もいいぞ

373名無しで叶える物語(やわらか銀行)2018/12/16(日) 15:40:55.73ID:vv/w7ydU
🇸🇪🇽

374名無しで叶える物語(アラビア)2018/12/16(日) 17:24:28.99ID:hMouQQ5n
やっぱおねロリは最高ですわ!

375名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/12/16(日) 19:01:50.05ID:kC8SoTNl
ちかよし 「あの感触が唇から消えない......///」 | スター・ロード https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=10491230

【C95サンプル】ふたりぼっち【歪海千歌合同】 | 黒楼 https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=10493305

タグ検索したら新作来てた、わーい!
サンプルのほう続き読みたいけど、自分のサイフが冬コミ行けないどころか合同誌の一冊を買う余裕もないから、ツラツラのツラ

376名無しで叶える物語(庭)2018/12/16(日) 19:14:08.35ID:z1rlgMfo
ちかよし合同誌誰か企画してください(懇願)

377名無しで叶える物語(たこやき)2018/12/16(日) 19:14:14.55ID:rLBQrCS2
>>371
とりあえずここまで全部読んだ
ありがとう

378名無しで叶える物語(庭)2018/12/16(日) 19:16:16.50ID:mA96qj/e
>>376
合同あるよ
委託もされてたと思う
表紙は正直微妙だと思ったけど中はそれなりに良かったよ

379名無しで叶える物語(禿)2018/12/16(日) 19:39:40.39ID:MotY+Ku7
>>375
!?

380名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/12/16(日) 21:02:23.77ID:kC8SoTNl
>>376
某サラダニキ主催でツイの界隈が今夏やってたはずよ

>>379

381名無しで叶える物語(たこやき)2018/12/16(日) 22:06:32.49ID:rLBQrCS2
>>372
よんだ
ありがとう

382名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/12/16(日) 22:08:56.02ID:kC8SoTNl
千歌「善子ちゃん、よしこちゃん、ヨハネちゃん、善子ちゃん、よしこちゃん」

善子「さっきからどうしたのよ」

千歌「んー?えへへー、なんかね、呼びたくなったんだぁ」

善子「はぁ、よくわからないわね」

千歌「……だめ、だった?」

善子「あ、いや別に、ダメってことはないけど…。むしろ嬉しいし」

千歌「よーしこー!」

善子「いや、だからヨハネよっ!」

千歌「あれー?嬉しいんじゃないのー?」

善子「き、聞こえてたの!?というかそれだって名前を呼ばれるのが嬉しいだけであって、善子と呼ばれたいわけではないというかなんというか…」

千歌「んー、よくわかんないけどさ、善子ちゃんの名前、好きだよぉ」

善子「え、ぁ、う、ありがと…」

千歌「あ、善子ちゃんもチカのこと呼んでみてよ」

善子「え、えぇ。千歌、さん…?」

千歌「んふふ〜、もっかい」

善子「千歌」

千歌「んー、もっかい!」

善子「…千歌ちゃん」

千歌「えへへ、なぁに?善子ちゃん」

善子「え、千歌が名前呼べって言ったんじゃない」

千歌「まぁねー。でも確かに名前呼んでもらうと嬉しいね。なんでだろ…?」

善子「さぁ?

383名無しで叶える物語(もんじゃ)2018/12/16(日) 22:14:14.14ID:kC8SoTNl
もうちょいのところで、途中送信んんんんん


善子「さぁ?そういうものなんじゃない?」


鞠莉「ちょっとー、なんか空気がすっごくスイートなんだけどー。ダイヤ、にがぁいほうの抹茶ちょーだぁい」ウヘェ

ダイヤ「あげたいところですが、持ってきていませんわ…」ゲンナリ

384名無しで叶える物語(笑)2018/12/17(月) 00:37:06.16ID:BmODBxaQ
4th帰り一個だけ買ったアイス開封したら運命だろコレェ!
https://i.imgur.com/AwR0pHM.jpg

385名無しで叶える物語(庭)2018/12/17(月) 00:49:45.41ID:oK4HrcSH
千歌「やっと見つけた。堕天使ヨハネ……世界の破壊者」

善子「っ……あんたは、その私を殺しにきた刺客ってとこかしら」

千歌「わざわざ確認する必要もないでしょ? 私はただ、命令されたことを遂行するだけ」

善子「……いいのかしら。私を殺せば、あなたは我々の世界から標的にされる。地獄の業火があなたをどこまでも追い詰めるわよ」

千歌「はは、それは怖いね。でも……もう決めたから」

善子「……そう」

千歌「……信じたくはなかったよ。善子ちゃんが私たちみんなの敵だったなんて」

善子「私も、あなたにだけはバレたくはなかったわ。好きだったのよ、あなたのこと────こんなことになるなら、ずっと前に伝えておけばよかったわ」

千歌「そっか」

千歌「でも、もうそれも無理なお話だね。私はヨハネを殺さなくちゃいけないんだから」

善子「なら……迷わず一撃で殺しなさい。仕留め損なったら、私が逆にあなたを破壊してしまうかもね。千歌」

千歌「もう戻る気はないんだね」

善子「バレたからには、どこまでも逃げ続けるしかないわね。私にあなたたち全員と戦って生き残れるほどの能力はないもの」

善子「それに、愛する人に殺されるなら本望だわ」

千歌「……そっか」

千歌「じゃあ、さよなら。ヨハネちゃん」ジャキッ

────ズガン!! ズガン!!

386名無しで叶える物語(庭)2018/12/17(月) 00:50:30.73ID:oK4HrcSH
善子「…………は?」

千歌「……堕天使ヨハネ、死亡確認」

善子「ま、待って……なにしてるの? あなた、私を……」

千歌「堕天使ヨハネは今、ここで死んだ。堕天使としての力の8割を奪ったから」

善子「え……?」

千歌「善子ちゃんは今、ちょっと強いだけのただの人間。堕天使ヨハネじゃないんだ」

善子「……」

千歌「それでもあなたはみんなから狙われるだろうし、平穏に暮らすことはできないと思う」

千歌「でも……私と一緒に居るなら、守ってあげる。ヨハネちゃんは死んだから任務違反にはなってないしね」

善子「……私の、力は」

千歌「あなたの力は今、私の持つボトルに封印してある。これを私から奪って破壊すれば、力は戻る」

千歌「私を殺して奪う?」

善子「……」

千歌「ほら、これ」シャカシャカ

善子「わ、わたしの……!」

千歌「ダメだよ善子ちゃん。あなたはもうただの人間なんだよ? ……私にすら勝てないよ」

善子「っ……」

千歌「どうする? 私と来るか、1人で死ぬか」

善子「……なんで、助けたの」

千歌「……分かんないの?」

善子「分からないから聞いてるのよ」

千歌「ほんとに、本当に分かんないの?」

善子「なによ……」

387名無しで叶える物語(たこやき)2018/12/17(月) 00:50:54.46ID:JzKZIlSI
千歌「……私も善子ちゃんのこと、好きなんだよ?」

善子「……は?」

千歌「私も、善子ちゃんが好き。大好きなの」

千歌「だから殺したくなくて、力を奪うだけにした。善子ちゃんは殺してないけど、ヨハネとしてのあなたは死んだ」

千歌「私は堕天使ヨハネを殺せって言われたから、何も違反してないよね?」

善子「……あんた、頭おかしいんじゃないの……」

千歌「なんで!? 私、あなたを守ろうと必死に考えて考えてこうしたのに!」

善子「…………ほんと、ばか」

千歌「ひどーい!」

善子「……ふふ、行くわ。あなたと」

千歌「!」

善子「そもそも、千歌のそういうところが好きになったんだしね。私」

千歌「えへへ〜」

善子「……ったく。Aqours連中から狙われても知らないわよ」

千歌「大丈夫! 千歌、強いから」

善子「知ってるけど……心配だわ」

千歌「ふふ、じゃあ行こう! 私たちの光輝く将来のために!」

善子「どうあがいても地獄、だけどね」

千歌「住めば都だよっ」

善子「……ふん。だといいけど」


`¶cリ˘ヮ˚)|「こんな感じのやつ、好きなのよね」

388名無しで叶える物語(笑)2018/12/17(月) 00:55:05.95ID:Rg6+Z3Fm
すき

389名無しで叶える物語(笑)2018/12/17(月) 01:05:21.41ID:iP7e5fqa
そう言えば、
千歌「夢はポケモンマスターになることです!」
ってやつもちかよし要素あるよ
千歌と善子の熱いバトルは最高だった

新着レスの表示
レスを投稿する