唐澤貢洋弁護士とひろゆきの共演 本日9時〜

1今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった2018/10/30(火) 20:47:32.54ID:55lIKtG9
【今夜9時〜】ひろゆき氏と唐澤貴洋弁護士がAbemaTV生出演!「嘘を嘘と見抜ける人でないと難しい」を改めて考える
https://abematimes.com/posts/5099645

2今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった2018/10/30(火) 20:47:48.10ID:55lIKtG9
なんJが落ちた時の避難所や

3今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった2018/10/30(火) 20:47:58.87ID:55lIKtG9
ほんま楽しみや

4今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった2018/10/30(火) 20:48:13.61ID:55lIKtG9
下手したら5chごと落ちるかもしらん

5今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった2018/10/30(火) 20:48:17.94ID:55lIKtG9

6今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった2018/10/30(火) 20:48:57.66ID:55lIKtG9

7今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった2018/10/30(火) 20:49:34.44ID:55lIKtG9

8今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった2018/10/30(火) 20:49:59.02ID:55lIKtG9

9今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった2018/10/30(火) 20:50:02.88ID:55lIKtG9

10今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった2018/10/30(火) 20:50:12.68ID:55lIKtG9

11今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった2018/10/30(火) 20:50:16.23ID:55lIKtG9

12今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった2018/10/30(火) 20:50:26.53ID:55lIKtG9

13今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった2018/10/30(火) 20:50:30.03ID:55lIKtG9

14今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった2018/10/30(火) 20:50:40.16ID:55lIKtG9

15今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった2018/10/30(火) 20:50:43.63ID:55lIKtG9

16今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった2018/10/30(火) 20:50:53.57ID:55lIKtG9

17今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった2018/10/30(火) 20:50:57.67ID:55lIKtG9

18今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった2018/10/30(火) 20:51:09.12ID:55lIKtG9

19今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった2018/10/30(火) 20:51:11.99ID:55lIKtG9

20今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった2018/10/30(火) 20:51:23.26ID:55lIKtG9
ほい

21今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった2018/10/30(火) 22:10:28.51ID:i1fcChxY
なんJ真っ赤っかや
https://i.imgur.com/OmERn2U.png

22今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった2018/11/12(月) 15:46:35.10ID:xe+zqtvL
炎上弁護士ナリットマン
ナリットマーン♪ブリブリクソブリブリ糞して〜ワーン、
親が何時も泣いているよ〜♪チャンス!何時もネタを忘れないぜ〜もしも誰かが邪魔をしても怯えないでもう奴は一人!ナリットマーン♪糞漏らせばオモチャになれるよ♪ナリットマーン突抜れよ炎上の扉を!どこまでも〜炎上超人〜♪ナリットマーン♪
ブリブリクソして〜ナリットマーン♪クソブリブリナリットマーン♪

23風吹けば名無し2018/11/14(水) 15:47:38.72ID:LWlXZ7dN
ちょっとした新事実に気づいてしまったんや……
放送中にひろゆきのテロップで、著書「無能力」って出てくるんやけど…
この本の発売日と放送日が同じやったんや…
まさか唐澤弁護士は本の宣伝に使われたのか……?

ちなみに無能力買ったけど、普通におもろかったで。唐澤弁護士を論破した方法とか書いてあった。

24風吹けば名無し2018/11/14(水) 15:49:40.66ID:LWlXZ7dN
↑について
すまん普通に間違った
「無能力」だったわ。
ひろゆきさんすいませんでした。

25今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった2018/11/14(水) 15:50:15.82ID:LWlXZ7dN
論破

26今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった2018/11/14(水) 15:50:36.87ID:LWlXZ7dN
無能力やろ


28風吹けば名無し2018/11/14(水) 20:25:55.29ID:LWlXZ7dN
尊師は本を売るためにダシに使われた可能性が微レ存……?

29今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった2018/11/14(水) 21:26:59.95ID:LWlXZ7dN
「ろんぱりょく」 って打ち込んで書き込むと
「無能力」に変換されるのはなんでやw

30今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった2018/11/27(火) 00:36:48.25ID:2vbltBwQ

ろんぱりょく

無能力

33今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった2018/12/10(月) 09:10:46.44ID:Fyp+C0I9
無能の思考

。「袋をもって、楼へ来て」 楼へ登った。ヒメは下を指して云った。「三ツ又の池のほとりにバケモノのホコラがあるでしょう。ホコラにすがりついて死んでいる人の姿が見えるでしょう。お婆さんよ。あそこまで辿り
ついてちょッと拝んでいたと思うと、にわかに立ち上ってキリキリ舞いをはじめたのよ。それからヨタヨタ這いまわって、やっとホコラに手をかけたと思うと動かなくなってしまったわ」 ヒメの目はそこにそそがれて動
かなかった。さらにヒメは下界の諸方に目を転じて飽かず眺めふけった。そして、呟いた。「野良にでて働く人の姿が多いわ。ホーソーの時には野良にでている人の姿が見られなかったものでしたのに。バケモノのホコラ

押されてはいるかも知れぬが、押し返さねばならぬという不安な戦いはない。ヒメの笑顔が押してくるままの力を、オレのノミが素直に表すことができればよいという芸本来の三昧境にひたっているだけのことだ。 いま
のオレは素直な心に立っているから、いま造りかけのミロクにもわが身の拙さを嘆く思いは絶えるまもないが、バケモノが腑抜けに見えたほど見るも無慚な嘆きはなかった。バケモノを刻むノミの跡は、ヒメの笑顔に押さ
れては、すべてがムダなものにしか見えなかったものであった。 いまのオレはともかく心に安らぎを得て、素直に芸と戦っているから、去年のオレも今年のオレも変りがないように思っていたが、大そう変っているらし

釜はオレの七ツ兄だった。彼の父のフル釜も病気と称して倅を代りに差し向けたが、取沙汰では仮病であったと云われていた。使者のアナマロが一番おそく彼を迎えにでかけたので腹を立てたのだそうだ。しかし、チイサ
釜が父に劣らぬタクミであるということはすでに評判があったから、オレの場合のように意外な身代りではなかったのである。 チイサ釜は腕によほどの覚えがあるのか、青ガサの高慢を眉の毛の一筋すらも動かすことな
く聞きながした。そして、青ガサにも、またオレにも、同じように鄭重《ていちょう》に挨拶した。ひどく落附いた奴だと思って薄気味がわるかったが、その後だんだん見ていると、奴はオハヨウ、コンチハ、コンバンハ

また前の年の今ごろも、オレはこの山で蛇をとったが、となつかしんだが、そのときオレはふと気がついた。 去年の今ごろも、そのまた前の年の今ごろも、オレが蛇とりにこの山をうろついていたのは、ヒメの笑顔に押
されてひるむ心をかきたてようと悪戦苦闘しながらであった。ヒメの笑顔に押されたときには、オレの造りかけのバケモノが腑抜けのように見えた。ノミの跡の全てがムダにしか見えなかった。そして腑抜けのバケモノを
再びマトモに見直す勇気が湧くまでには、この山の蛇の生き血を飲みほしても足りないのではないかと怯えつづけていたものだった。 そのころに比べると、いまのオレはヒメの笑顔に押されるということがない。イヤ、

しる鶴の一声が。 オレは茫然とヒメの顔を見つめた。冴えた無邪気な笑顔を。ツブラな澄みきった目を。そしてオレは放心した。このようにしているうちに順を追うてオレの耳が斬り落されるのをオレはみんな知ってい
たが、オレの目はヒメの顔を見つめたままどうすることもできなかったし、オレの心は目にこもる放心が全部であった。オレは耳をそぎ落されたのちも、ヒメをボンヤリ仰ぎ見ていた。 オレの耳がそがれたとき、オレは
ヒメのツブラな目が生き生きとまるく大きく冴えるのを見た。ヒメの頬にやや赤みがさした。軽い満足があらわれて、すぐさま消えた。すると笑いも消えていた。ひどく真剣な顔だった。考え深そうな顔でもあった。なん

は執拗につづいた。オレは食物を運んできた女中だと思ったから、「うるさいな。いつものように、だまって外へ置いて行け。オレには新年も元日もありやしねえ。ここだけは娑婆がちがうということをオレが口をすッぱ
くして言って聞かせてあるのが、三年たってもまだ分らないのか」「目がさめたら、戸をおあけ」「きいた風なことを言うな。オレが戸を開けるのは目がさめた時じゃアねえや」「では、いつ、あける?」「外に人が居な
い時だ」「それは、ほんとね?」 オレはそれをきいたとき、忘れることのできない特徴のあるヒメの抑揚をききつけて、声の主はヒメその人だと直覚した。にわかにオレの全身が恐怖のために凍ったように思った。どう

怖ろしい物を造ろうとしていつもヒメの笑顔に押されていたオレは、分らぬながらも心の一部にそれを感じていたのかも知れない。真に怖ろしいものを造るためなら、この笑顔に押されるのは当り前の話であろう。真に怖
ろしいものは、この笑顔にまさるものはないのだから。 今生の思い出に、この笑顔を刻み残して殺されたいとオレは考えた。オレにとっては、ヒメがオレを殺すことはもはや疑う余地がなかった。それも、今日、風呂か
らあがって奥の間へみちびかれて匆々《そうそう》にヒメはオレを殺すであろう。蛇のようにオレを裂いて逆さに吊すかも知れないと思った。そう思うと恐怖に息の根がとまりかけて、オレは思わず必死に合掌の一念であ

るチョコや、蛇を天井へ吊るすための道具を運びあげて、袋の蛇を一匹ずつ裂いて生き血をしぼり、順に天井へ吊るした。 オレはまさかと思っていたが、ヒメはたじろぐ色もなく、ニッコリと無邪気に笑って、生き血を
一息にのみほした。それを見るまではさほどのこととは思わなかったが、その時からはあまりの怖ろしさに、蛇をさく馴れた手までが狂いがちであった。 オレも三年の間、数の知れない蛇を裂いて生き血をのみ死体を天
井に逆吊りにしたが、オレが自分ですることだから怖ろしいとも異様とも思わなかった。 ヒメは蛇の生き血をのみ、蛇体を高楼に逆吊りにして、何をするつもりなのだろう。目的の善悪がどうあろうとも、高楼にのぼり

ずれた。それを軽く手で払ったが、落ちた物には目もくれなかった。一ツ一ツが珍しくて、一ツの物に長くこだわっていられない様子に見えた。「こんなことを思いついたのは、誰なの? ヒダのタクミの仕事場がみんな
こうなの? それとも、お前の仕事場だけのこと?」「たぶん、オレの小屋だけのことでしょう」 ヒメはうなずきもしなかったが、やがて満足のために笑顔は冴えかがやいた。三年昔、オレが見納めにしたヒメの顔は、
にわかに真剣にひきしまって退屈しきった顔であったが、オレの小屋では笑顔の絶えることがなかった。「火をつけなくてよかったね。燃してしまうと、これを見ることができなかったわ」 ヒメは全てを見終ると満足し

タクミじゃアありません。だが、この小屋で仕事だけはさせていただきましょう。食うぐらいは自分でやれるから、一切お世話にはなりませんし、一文もいただく必要はありません。オレが勝手に三ヵ年仕事をする分には
差支えありますまい」「待て。待て。お主はカン違いしているようだ。誰もお主が未熟だから追出そうとは言っておらぬぞ」「斧だけ持って出て行けと云われるからにゃア、ほかに考え様がありますまい」「さ。そのこと
だ」 アナマロはオレの両肩に手をかけて、変にシミジミとオレを見つめた。そして云った。「オレの言い方がまずかった。斧だけ持って一しょに参れと申したのは御主人様の言いつけだ。しかし、斧をもって一しょに参

なったと思うと、ほら、あすこの野良にも一人倒れているでしょう。あの人がキリキリ舞いをはじめたのよ。そして、今しがたまで這ってうごめいていたのに」 ヒメの目はそこにジッとそそがれていた。まだうごめきや
しないかと期待しているのかも知れなかった。 オレはヒメの言葉をきいているうちに汗がジットリ浮んできた。怖れとも悲しみともつかない大きなものがこみあげて、オレはどうしてよいのか分らなくなってしまった。
オレの胸にカタマリがつかえて、ただハアハアとあえいだ。 そのときヒメの冴えわたる声がオレによびかけた。「耳男よ。ごらん! あすこに、ほら! キリキリ舞いをしはじめた人がいてよ。ほら、キリキリと舞って

レは山に入って日に一袋の蛇をとった。 小屋の天井は吊るした蛇の死体で一パイになった。ウジがたかり、ムンムンと臭気がたちこめ、風にゆれ、冬がくるとカサカサと風に鳴った。 吊るした蛇がいッせいに襲いかか
ってくるような幻を見ると、オレはかえって力がわいた。蛇の怨霊がオレにこもって、オレが蛇の化身となって生れ変った気がしたからだ。そして、こうしなければ、オレは仕事をつづけることができなかったのだ。 オ
レはヒメの笑顔を押し返すほど力のこもったモノノケの姿を造りだす自信がなかったのだ。オレの力だけでは足りないことをさとっていた。それと戦う苦しさに、いッそ気が違ってしまえばよいと思ったほどだ。オレの心

コはオレの鼻先で懐剣のサヤを払い、オレの耳の尖《さき》をつまんだ。 オレは他の全てを忘れて、ヒメを見た。ヒメの言葉がある筈だ。エナコに与えるヒメの言葉が。あの冴え冴えと澄んだ童女の笑顔から当然ほとば
しる鶴の一声が。 オレは茫然とヒメの顔を見つめた。冴えた無邪気な笑顔を。ツブラな澄みきった目を。そしてオレは放心した。このようにしているうちに順を追うてオレの耳が斬り落されるのをオレはみんな知ってい
たが、オレの目はヒメの顔を見つめたままどうすることもできなかったし、オレの心は目にこもる放心が全部であった。オレは耳をそぎ落されたのちも、ヒメをボンヤリ仰ぎ見ていた。 オレの耳がそがれたとき、オレは

面に雑草が生え繁り、蛇やクモの棲み家であるから、人々は怖れて近づかぬ場所であった。「なるほど。馬小屋をたてるとすれば、まずこの場所だが、ちと陽当りがわるくはないか」 アナマロがブラリと姿を現して、か
らかった。「馬はカンが強いから、人の姿が近づくと仕事に身が入りません。小屋がけが終って仕事にかかって後は、一切仕事場に立ち入らぬように願います」 オレは高窓を二重造りに仕掛け、戸口にも特別の仕掛けを
施して、仕事場をのぞくことができないように工夫しなければならないのだ。オレの仕事はできあがるまで秘密にしなければならなかった。「ときに馬耳よ。長者とヒメがお召しであるから、斧を持って、おれについてく

らずに、ただ今すぐにここから逃げよと申すのは、オレだけの言葉だ。イヤ、オレだけではなく、長者も実は内々それを望んでおられる。じゃによって、この一袋の黄金をオレに手渡して、お主を逃がせ、とさとされてい
るのだ。それと申すのが、もしもお主がオレと一しょに斧をもって長者の前へまかりでると、お主のために良からぬことが起るからだ。長者はお主の身のためを考えておられる」 思わせぶりな言葉が、いっそうオレをい
らだたせた。「オレの身のためを思うなら、そのワケをザックバランに言ってもらおうじゃありませんか」「それを言ってやりたいが、言ったが最後タダではすまぬ言葉というものもあるものだ。だが、先程から申す通り

さしくヒメの言われる通り、いま造っているミロクなんぞはただのチッポケな人間だな。ヒメはこの青空と同じぐらい大きいような気がするな」 あんまり怖ろしいものを見てしまったとオレは思った。こんな物を見てお
いて、この先なにを支えに仕事をつづけて行けるだろうかとオレは嘆かずにいられなかった。 二度目の袋を背負って戻ると、ヒメの頬も目もかがやきに燃えてオレを迎えた。ヒメはオレにニッコリと笑いかけながら小さ
く叫んだ。「すばらしい!」 ヒメは指して云った。「ほら、あすこの野良に一人死んでいるでしょう。つい今しがたよ。クワを空高くかざしたと思うと取り落してキリキリ舞いをはじめたのよ。そしてあの人が動かなく

た。 ミロクにヒメの笑顔をうつして持仏を刻んでいるときいてヒメは一応満足の風ではあったが、実はオレの仕事を気にかけている様子はなかった。ヒメはオレの仕事のはかどりを見に来たことはついぞなかった。小屋
に姿を現すのは、死者を森へすてに行く人群れを見かけたときにきまっていた。特にオレを選んでそれをきかせに来るのではなく、邸内の一人々々にもれなく聞かせてまわるのがヒメのたのしみの様子であった。「今日も
死んだ人があるのよ」 それをきかせるときも、ニコニコとたのしそうであった。ついでに仏像の出来ぐあいを見て行くようなことはなかった。それには一目もくれなかった。そして長くはとどまらなかった。 オレはヒ

ろんぱりょく

新着レスの表示
レスを投稿する