鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ 2

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1名無しを整える。2018/01/02(火) 17:24:50.70ID:1i8Yd2u9
前スレ; 鬼和尚の仏教勉強会 講読ゼミ

481名無しを整える。2018/05/27(日) 08:26:58.95ID:iyR1IOoH
>>479
うむ。今回の質問者には、マハラジの方から質問して、到達度チェックをしてるみたいでありますね。
(´・(ェ)・`)つ

482名無しを整える。2018/05/27(日) 20:54:32.40ID:0RH9WJlP
日下亜季 くさい 北順佑 失踪 日本後援会 訴訟準備中 デヴィ夫人 汚い アトレク
日下亜季 左足壊死ニキの息子 左足壊死ニキ 詐欺 裁判 東京アトレク放送局 ホームレス 芸能詐欺 北順佑氏
日下亜季 逮捕 北順佑 あやしい パワハラ プリンス 嘘 いじめ 異臭
日下亜季 唐澤貴洋 セクハラ ストーカー 警察沙汰 臭い 不潔 借金 佐藤暁
日下亜季 北順佑 日本後援会 悪臭 くさい 失踪 訴訟準備中 汚い アトレク
日下亜季 左足壊死ニキ デヴィ夫人 詐欺 裁判 左足壊死ニキの息子 ホームレス 芸能詐欺 北順佑
日下亜季 逮捕 東京アトレク放送局 あやしい パワハラ プリンス 北順佑氏 いじめ 唐澤貴洋
日下亜季 ストーカー 異臭 セクハラ 警察沙汰 嘘 臭い 借金 佐藤暁
日下亜季 日本後援会 北順佑 くさい 訴訟準備中 悪臭 アトレク 失踪 不潔
日下亜季 デヴィ夫人 左足壊死ニキ 汚い 詐欺 ホームレス 左足壊死ニキの息子 裁判 北順佑

483鬼和尚 ◆GBl7rog7bM 2018/05/27(日) 21:54:48.37ID:s1SNOBeC
↑↑そのようじゃ。
ダグラス・ハーディングという者も知らなかったのう。
死んでいたとは惜しいことじゃ。

484名無しを整える。2018/05/27(日) 22:00:33.78ID:iyR1IOoH
>>483
ダグラス・ハーディング でググると、彼が開発したらしい、色々な訓練方法が紹介されていて、興味深いのであります。
(´・(ェ)・`)つ

485名無しを整える。2018/05/27(日) 23:19:37.77ID:iyR1IOoH
湯上がり
   | ̄ ̄ ̄|
   |バスルーム|
   |//  |
   |  //|
___|___|____
  ?  。
 テクテク… 。   
     。 ♪
  ∧_∧
   (´(ェ)`)
   (つ )つ
   ΘーJ

明日は、1時間遅く出て、直行直帰である。
2カ所訪問で2時間ドライブである。
気を付けるのである。

486名無しを整える。2018/05/27(日) 23:20:47.96ID:iyR1IOoH
>>485
誤爆でありました。
(´・(ェ)・`)つ

487名無しを整える。2018/05/28(月) 07:57:55.84ID:m0c9Qy22
>>480
『I AM THAT 私は在る』
【28 すべての苦しみは欲望から生まれる】(つづき)

 質問者 愛とは何でしょうか?
 マハラジ
 区別と分離の感覚が不在なときを愛と呼ぶがいい。
 質問者 なぜ男と女の愛がそれほど強調されるのでしょうか?
 マハラジ
 なぜなら、幸福の要素がそのなかに顕著だからだ。
 質問者 すべての愛がそうではないのでしょうか?
 マハラジ
 かならずしもそうではない。
 愛は苦痛の原因となる。
 そのとき、あなたはそれを慈悲と呼ぶのだ。
 質問者 幸福とは何でしょうか?
 マハラジ
 内側と外側の調和が幸福だ。
 一方、外側との自己同一化が不幸の原因となる。
 質問者 自己同一化はどのようにして起こるのでしょうか?
 マハラジ
 自我はその本性として、それ自身だけを知っている。
 それは経験に欠けるために何であれ知覚したものを自己だと受け取ってしま
 うのだ。
 痛めつけられて、それは注意すること(ヴィヴェーカ)を学び、独りで生き
 るようになる(ヴァイラーギャ)。
 正しい行為(ウパラーティ)が自然のものとなったとき、内なる強烈な衝動
 (ムクシュトヴァ)がその源を探し求めるように駆りたてる。
 身体のロウソクに火がともされたとき、すべては明らかに輝きだす(アート
 マプラカーシュ)。
 質問者 苦しみの真の原因とは何でしょうか?
 マハラジ
 かぎりあるもの(ヴィヤクティートヴァ)との自己同一化だ
 感覚のようなものは、いくら強烈であっても苦しみの原因にはならない。
 マインドが誤った観念にうろたえて、「私はこれだ、私はあれだ」と考える
 ことにふけるようになる。
 それが失うことを恐れ、得ることを熱望し、挫折したとき苦しむのだ。
(´・(ェ)・`)
(つづく)

488鬼和尚 ◆GBl7rog7bM 2018/05/28(月) 22:05:38.74ID:dKUiM+As
>>484 実践してみるとよいのじゃ。

苦は自己同一化から起こる故に観察によって自己同一化がなくなれば滅するのじゃ。
全ての目覚めた者は同じことを語っているのじゃ。

489名無しを整える。2018/05/28(月) 22:23:45.46ID:m0c9Qy22
>>488
そうでありますね。鬼和尚はいつも、何でもやってみるのじゃ!とおっしゃってますね。
(´・(ェ)・`)つ

490名無しを整える。2018/05/29(火) 06:55:59.48ID:P5tHBspj
>>487
『I AM THAT 私は在る』
【28 すべての苦しみは欲望から生まれる】(つづき)

 質問者 私の友人は、毎晩毎晩恐ろしい夢を見たものでした。眠りにつくこ
 とが彼を恐れさせたのです。何ひとつ、彼を助けることはできませ
 んでした。
 マハラジ
 サットサン、真理との交わりが彼の助けとなる。
 質問者 人生そのものが悪夢なのです。
 マハラジ
 サットサンは身体的、精神的、すべての病気にとって至上の治癒法だ。
 質問者 たいてい、そのような交友を見いだすことはできません。
 マハラジ
 内面を探しなさい。
 あなたの自己があなたの最良の友だ。
 質問者 なぜ人生はこうも矛盾ばかりなのでしょうか?
 マハラジ
 それが精神的な自尊心を打ち破るのを助けるからだ。
 私たちはいかに弱く、無力であるかを悟らなければならない。
 自分自身はこう在り、知り、行為すると想像し、惑わされているかぎりは、
 私たちは悲しくも苦境にいるのだ。
 ただ、完全な自己否定のなかにのみ、私たちの真我を発見するチャンスがあ
 る。
 質問者 なぜそれほどまで自己否定が強調されるのでしょうか?
 マハラジ
 真我の実現におけるかぎり、真我が見いだされる前に、偽りの自己は捨て去
 らなければならない。
 質問者 あなたが偽りと呼ぶ自己こそ、私にとっては痛ましいほど本物なの
 です。それが私の知る唯一の自己です。あなたのいわゆる真我は単
 なる概念、言葉の言い回し、マインドの産物、魅力的な幻にすぎま
 せん。私の自己は美しいものではありません。それは認めます。し
 かし、それは私自身のものであり、唯一の自己です。あなたは、私
 はもうひとつの自己だ、あるいは自己をもっていると言います。あ
 なたにはそれが見えますか? それはあなたにとって現実のもので
 しょうか? それともあなたは自分が見ないものを私に信じろと言
 うのでしょうか?
 マハラジ
 急いで結論に飛びついてはならない。
 具体的なものが本物であり、想像されたことが偽物である必要はない。
 感覚をもとにし、記憶によって形づくられた知覚は、知覚する人を暗に示唆
 している。
 あなたはその知覚する人の本性をけっして調べようとしてこなかった。
 充分な注意をもって、愛情ある心遣いとともにそれを調べてみるがいい。
 あなた自身のちっぽけな自己イメージに没頭するばかりに、夢にも見なかっ
 たような存在の高みと深遠さを発見することだろう。
(´・(ェ)・`)
(つづく)

491鬼和尚 ◆GBl7rog7bM 2018/05/29(火) 22:52:46.35ID:y4cZ2M/k
自ら実践しなければ目覚めた者の教えはわからないのじゃ。
本物の自分というものこそ観察によって消え去る観念なのじゃ。
実践によって気づくこともできるのじゃ。

492名無しを整える。2018/05/30(水) 06:35:31.55ID:v3ZGKV+d
>>490
『I AM THAT 私は在る』
【28 すべての苦しみは欲望から生まれる】(つづき)

 質問者 私自身を調べるには正しい心もちでなければならないでしょう。
 マハラジ
 真剣に、集中し、誠実に関心をもたなければならない。
 あなたはあなた自身に対する善意に満ちていなければならない。
 質問者 私はまったく利己的です。
 マハラジ
 いいや、あなたは違う。
 あなたはずっと奇妙な、有害で偽物の神々に仕えてきたために、あなた自身
 を破壊してきたのだ。
 まったく利己的になるがいい。
 あなた自身によかれと願いなさい。
 あなたにとって良いことをしなさい。
 あなたと幸福の間に立ちはだかるものすべてを破壊しなさい。
 すべてで在りなさい。
 幸福でありなさい。
 楽しくありなさい。
 幸福よりも偉大なものはない。
 質問者 なぜそれほど愛の中に苦しみがあるのでしょうか?
 マハラジ
 すべての苦しみは欲望から生まれる。
 真の愛はけっして挫折しない。
 どうして統合の感覚が挫折をもたらすことができるだろうか?
 表現のための欲望は挫折しうる。
 そのような欲望はマインドのものだ。
 精神的なものすべてにとって、挫折は避けられない。
 質問者 愛のなかでセックスはどう位置づけられるのでしょうか?
 マハラジ
 愛は存在の状態だ。
 セックスはエネルギーだ。
 愛は賢く、セックスは盲目だ。 ひとたび愛とセックスの本質が理解されたならば、混乱や葛藤はなくなるだ
 ろう。
 質問者 愛のないセックスがあまりにも多いのです。
 マハラジ
 愛なしにはすべてが悪だ。
 生命自体、愛がなければ有害となる。
 質問者 何が私を愛させるのでしょうか?
 マハラジ
 あなたが恐れないとき、あなたは愛そのものなのだ。
 * 訳注 ダグラス・E・ハーディング Douglas E. Harding(1909)
 英国東部サフォーク州生まれ。霊的教師、哲学者。主な訳書に『真
 贋を得る』(図書出版)、『今ここに、死と不死を見る』『顔があ
 るもの顔がないもの』(以上、マホロバアート)などがある。
(´・(ェ)・`)
(おわり)

493鬼和尚 ◆GBl7rog7bM 2018/05/30(水) 21:43:27.76ID:xvzLoew7
真の愛には苦はないのじゃ。
執着によって苦になるのじゃ。
執着せずにありのままに愛することが出来れば安楽なのじゃ。

494名無しを整える。2018/05/31(木) 00:17:31.32ID:v/d0RWUT
>>493
自他の別がなく、ひとつであれざ、二元の中で言われるところの愛しかないでありますよね。
(´・(ェ)・`)つ

495名無しを整える。2018/05/31(木) 06:24:04.62ID:v/d0RWUT
『I AM THAT 私は在る』
【29 生きることが生命の唯一の目的だ】

 質問者 ヨーガにおける失敗とはどういう意味でしょうか? ヨーガにおけ
 る敗北者(ヨーガブラシュタ)とは誰のことでしょうか?
 マハラジ
 それはただ未完成という問題だ。
 彼自身のヨーガを完成できなかった人がヨーガにおいて失敗したと言えるだ
 ろう。
 そのような失敗は一時的なものだ。
 なぜならヨーガにおいて、敗北というものはないからだ。
 この闘いはつねに勝利する。
 なぜなら、それは真実と偽りの間の闘いだからだ。
 偽りにチャンスはない。
 質問者 誰が失敗するのでしょうか? 個人(ヴィアクティ)でしょうか、
 それとも自己(ヴィアクタ)でしょうか?
 マハラジ
 質問自体が間違っている。
 失敗という問題はあてはまらないのだ。
 長期であっても、短期であっても。
 それは見知らぬ異国の長く険しい道を旅するようなものだ。
 数知れない一歩一歩のなかでも、あなたを目的地に到着させるのは最後の一
 歩だけだ。
 それでも、あなたはそれ以前に歩んできた一歩一歩のすべてを失敗とは思わ
 ないだろう。
 障害を避けるために脇道にそれたときでさえ、そのそれぞれがあなたを目的
 地へと導いたのだ。
 実際には、各一歩があなたをゴールへと導いてきた。
 なぜならいつも進み、学び、発見し、明らかにしていくことがあなたの永遠
 の運命だからだ。
 生きることが生命の唯一の目的だ。
 自己は成功や失敗と同一化しない。
 あれやこれになろうとすることなど問題外だ。
 自己は、成功と失敗が相対的に関係し合う人生の縦糸と横糸にすぎないと理
 解しているからだ。
 その両方から学ぶがいい。
 もし学んでいないのなら、くり返すがいい。
 質問者 何を学ぶべきなのでしょうか?
 マハラジ
 利己的な感心なしに生きることだ。
 そのためには真我(スワルーパ)が屈服せず、恐れを知らず、つねに勝利す
 るものだと知らねばならない。
 ひとたびあなたの想像以外は何も困難をもたらすことができない、と絶対の
 確信を持って知るなら、あなたは欲望や恐れ、概念や見解に注意を払わず、
 真実とともにのみ生きるだろう。
(´・(ェ)・`)
(つづく)

496鬼和尚 ◆GBl7rog7bM 2018/05/31(木) 23:08:11.90ID:sPI5f4Zz
>>494 悟りを得ていない者も慈悲によって一時的に真実の世界を感じられるのじゃ。

 常に諦めなければ失敗は無いのじゃ。
 成功するまで実践する者だけが成功するのじゃ。

497名無しを整える。2018/06/01(金) 06:46:31.00ID:Lp+4hyEf
>>495
『I AM THAT 私は在る』
【29 生きることが生命の唯一の目的だ】(つづき)

 質問者 ヨーガにおいてある人は失敗し、ある人は成功するその理由は何で
 しょうか? それは運命でしょうか、それとも性格、あるいはただ
 の偶然なのでしょうか?
 マハラジ
 誰もヨーガにおいて失敗する人はいない。
 それはみな、進歩の度合いの問題だ。
 それは、はじめはゆっくりで、終わりには急速になる。
 人が完全に成熟したとき、真我の実現は爆発的になる。
 それは自発的に、あるいはほんのわずかなきっかけで起こりうる。
 速いほうが遅いよりも良いというわけではない。
 遅い成熟と、速い開花は交互にやってくる。
 どちらも自然であり、正しいのだ。
 しかし、これらすべてがそうあるのはマインドのなかだけのことだ。
 私の見るかぎりでは、何もこのようなことはない。
 意識の大いなる鏡のなかで、イメージが立ち現れては消えていき、記憶だけ
 がそれらに継続性を与える。
 そして記憶とは壊れやすく、はかなく、一時的なものだ。
 そんな薄っぺらな土台の上に、私たちはあいまいで、断続的で、夢のような
 個人という存在の感覚を築くのだ。
 この「私はあれやこれだ」というあいまいな確信が、純粋な気づきの不変の
 状態を覆い隠してしまう。
 そしてそれが、私たちは苦しみ、死ぬために生まれてきたのだと信じさせる
 のだ。
 質問者 子供がひとりでに成長していくように、人は自然に後押しされて進
 歩していきます。なぜ努力するのでしょうか? ヨーガの必要がど
 こにあるのでしょうか?
 マハラジ
 いつのときも進歩はある。
 すべてが進歩に貢献しているのだ。
 しかし、これは無知の進歩だ。
 無知の輪はつねに広がりつづけていくかもしれない。
 それでも、それは相変わらず束縛のなかにとどまったままだ。
 やがてグル(師)が現れ、私たちに真我を探求するように教え励ます。
 そして成熟のときを迎え、その結果として永劫の無知の夜は、智慧の日の出
 とともに溶け去るのだ。
 しかし実際には、何も起こってはいない。
 太陽はいつもそこにあったし、夜もなかった。
 マインドが幻想の糸で果てしなく紡ぎだす「私は身体だ」という観念によっ
 て盲目になっていただけなのだ。
(´・(ェ)・`)
(つづく)

498鬼和尚 ◆GBl7rog7bM 2018/06/01(金) 22:19:41.24ID:Qr3EByyU
子供は自然に育つと言う事は無いのじゃ。
悪いことを教えれば悪いものに育つのじゃ。
善い事を教えれば善い者に育つのじゃ。
自らの努力と教えが必要なのじゃ。

499名無しを整える。2018/06/02(土) 15:26:21.93ID:CzO8jH/v
>>497
『I AM THAT 私は在る』
【29 生きることが生命の唯一の目的だ】(つづき)

 質問者 もしすべてが自然な過程なら、なぜ努力が必要なのでしょうか?
 マハラジ
 努力でさえ自然の一部なのだ。
 無知が頑固で手に負えないものになると、性格はゆがみ、努力とそれにとも
 なう痛みは避けられないものとなる。
 自然への完全な服従のなかに努力はない。
 霊的生命の種子は、約束されたときが来るまで、沈黙と暗黒のなかで成長す
 るのだ。
 質問者 私たちは何人かの偉大な人物に出会いますが、年老いてから、その
 人たちは子供っぽく、狭量で、口論好きで、意地悪になってしまい
 ます。なぜ彼らはそれほどまでに堕落してしまうのでしょう?
 マハラジ
 彼らは身体を完全に抑制した完全なヨーギではなかったのだ。
 あるいは彼らは自然に衰えていくことから身を守ろうとする気にならなかっ
 たのかもしれない。
 すべての要因を理解せずに結論を引き出すべきではない。
 その上、特に人が優れているか、劣っているかを裁いてはならない。
 若さとは智慧(ジニャーナ)よりも活力(プラーナ)の問題だ。
 質問者 人は年老いていくかもしれませんが、なぜ注意力や分別まで失って
 しまうのでしょう?
 マハラジ
 意識と無意識は、身体のなかにあるかぎり脳の状態にも依存するのだ。
 しかし、自己はそのどちらも超えている。
 脳も、マインドも超えている。
 道具の欠陥が使用する人を反映しているわけではない。
 質問者 賢者はけっして不体裁なことはせず、つねに手本となるような行為
 をすると聞いています。
 マハラジ
 誰が手本を示しただろうか?
 なぜ解脱した人が社会の慣例にしたがう必要があるのだろうか?
 予測可能な人となった瞬間、彼はもはや自由ではないのだ。
 状況の必要性にしたがい、その瞬間の必要性を満たすことのできる自由があ
 るということのなかに彼の自由がある。
 好きなことをする自由とは実は束縛であり、正しいこと、するべきことをす
 る自由のあることが真の自由だ。
(´・(ェ)・`)
(つづく)

500鬼和尚 ◆GBl7rog7bM 2018/06/02(土) 23:01:33.15ID:HQkyiH0N
なぜか目覚めた者が未だ目覚めていない者より能力が無いと想う者が多いのじゃ。
目覚めても何か能力が失われるのではないのじゃ。
普通のものと同じことが目覚めた者にもできるのじゃ。
意味が無いから欲を追うことはやらないだけなのじゃ。

501名無しを整える。2018/06/03(日) 01:19:09.90ID:XiDyLQ01
>>500
>なぜか目覚めた者が未だ目覚めていない者より能力が無いと想う者が多いのじゃ。
えっ。
そんなことが言われてるのでありますか? 欲がないので、お人好しとか、やる気がなさそうに見えたりするのでありましょうか?
(´・(ェ)・`)つ

502名無しを整える。2018/06/03(日) 15:48:45.58ID:2eAJNOMA
>>499
『I AM THAT 私は在る』
【29 生きることが生命の唯一の目的だ】(つづき)

 質問者 それでも、誰が真我を実現し、誰がしていないかを見分ける方法が
 あるはずです。もしほかと区別することができないのなら、彼は何
 の役に立つというのでしょうか?
 マハラジ
 真我を知る者は、自分に何の疑いも持っていない。
 また、彼の状態を他者が認めるかどうか気にかけたりはしない。
 自分の悟りを公に表す賢者は極めてまれであり、彼を見いだした人たちは幸
 運なのだ。
 なぜなら、彼はその人たちの永遠の幸福のためにそうするからだ。
 質問者 周りを見回せば、あまりにも無益な苦しみばかりでぞっとするほど
 です。助けられるべき人たちが助けられていないのですから。大き
 な病院の病室に不治の病気の人たちが、うめきあい、のたうちまわ
 っているのを想像してください。あなたは彼らの苦しみを終わらす
 ために、皆を殺す権利を与えられたなら、そうはしませんか?
 マハラジ
 私は彼らの決定にまかせる。
 質問者 しかし、もし彼らの運命が苦しむためのものだとしたらどうでしょ
 う? どうやってあなたは運命に干渉することができるのでしょう
 か?
 マハラジ
 起こること、それが彼らの運命だ。
 運命を妨げるということはない。
 あなたはすべての人の運命が誕生時に完全に決定されていると言いたいのか
 ね?
 何と奇妙な考えだろう。
 もしそうならば、その決定をする力が誰も苦しまないようにするだろう。
 質問者 原因と結果についてはどうでしょう?
 マハラジ
 それぞれの習慣が過去全体を含み、未来全体をつくり出すのだ。
 質問者 ですが、過去と未来は存在するのでしょうか?
 マハラジ
 マインドのなかにだけだ。
 時間はマインドのなかに在る。
 空間はマインドのなかに在る。
 因果律もまた、ひとつの考え方なのだ。。
 実際には、すべては今ここに在り、すべてはひとつなのだ。
 多様性や多彩性もマインドのなかにのみ在る。
(´・(ェ)・`)
(つづく)

503鬼和尚 ◆GBl7rog7bM 2018/06/03(日) 22:23:39.41ID:8vmzTImu
>>501 分別がなくなるから日常生活ができなくなるとか想う者もいるのじゃ。
 むしろうまくできるようになるものじゃ。

 時間も空間も観念でしかないのじゃ。
 在ると言えるものは意識だけなのじゃ。

504名無しを整える。2018/06/04(月) 07:45:05.13ID:9/CgzFXX
>>502
『I AM THAT 私は在る』
【29 生きることが生命の唯一の目的だ】(つづき)

 質問者 それでも、あなたは苦しみを解放することを選びます、たとえ不治
 の病の身体を破壊するとしても。
 マハラジ
 またしてもあなたは外側から見ている。
 私は内側から見ているのだ。
 私は苦しむ人を見てはいない。
 私が苦しむ人なのだ。
 私は彼を内面から知っている。
 そして自発的に、努力を要せず正しいことをするのだ。
 何の規則にもしたがわず、何の規則も定めない。
 誠実に、そして抵抗できないまま生命の流れとともに在るのだ。
 質問者 それでも、あなたはとても実際的で、あなたの周囲の環境を完全に
 コントロールしているように見えますよ。
 マハラジ
 私にほかの何であって欲しいのかね?
 不適格者かね?
 質問者 それでも、あなたは他の人たちをそれほど助けることはできないで
 しょう。
 マハラジ
 もちろん、助けることができる。
 あなたもまた助けることができるのだ。
 誰もがそうできる。
 しかし、苦しみはつねに新たにつくり出されている。
 本人だけが苦しみの根本を破壊できる。
 ほかの者は彼を苦痛から救うことはできても、人類の底なしの愚かさである
 その原因から救い出すことはできないのだ。
 質問者 この愚かさに終焉(しゅうえん)はやってくるのでしょうか?
 マハラジ
 人においては――もちろんやってくる。
 いかなる瞬間にでも。
 人類においては――周知のように――長い年月の末にやってくる。
 創造においては――けっしてありえない。
 なぜなら、創造自体が無知の根本だからだ。
 物質自体が無知だ。
 知ろうとしないこと、そして知らないということを知ろうとしないこと、そ
 れがかぎりない苦しみの原因なのだ。
(´・(ェ)・`)
(つづく)

505名無しを整える。2018/06/04(月) 07:56:58.31ID:9/CgzFXX
>>503
ふむふむ。
あるがままに気づき続ける状態でありましょうかね。
時間とか空間とかは、観念に過ぎないとしても、それにもまた気付き続けるのでありましょうかね。
(´・(ェ)・`)つ

506鬼和尚 ◆GBl7rog7bM 2018/06/04(月) 22:07:27.19ID:S8YtFCnD
↑そのようなものじゃ。

自ら観察して自らを救うことが出来るのじゃ。
他人には救えないのじゃ。
助けになるだけなのじゃ。

507名無しを整える。2018/06/05(火) 21:06:39.72ID:GkdvA0aw
>>504
『I AM THAT 私は在る』
【29 生きることが生命の唯一の目的だ】(つづき)

 質問者 私たちは偉大なアヴァターラ、世界の救済者たちについて聞きまし
 た。
 マハラジ
 彼らは救っただろうか?
 彼らは来ては去っていった。
 そして世界はまだとぼとぼ歩きを続けている。
 もちろん、彼らには大きな達成もあり、人類の精神に新たな次元を切り開い
 た。
 だが、世界の救済を語ることは誇張だ。
 質問者 世界の救済はないのでしょうか?
 マハラジ
 どの世界をあなたは救いたいのだね?
 あなた自身が投影した世界だろうか?
 それは自分で救うがいい。
 私の世界?
 私の世界を見せてくれるというならば、私がなんとかしよう。
 救おうと、救うまいと、私は私から分離した世界になど気づいてはいない。
 世界を救うなど、大きなお世話ではないか。
 世界が必要としていることは、あなたからの救済なのかね?
 一度頭を冷やして、そこに救うべき何かがあるのかどうかよく見てみるとい
 い。
 質問者 どうやら、あなたがいなければ世界は存在せず、それゆえあなたに
 できることはただショーの舞台を引きあげることだけだ、というの
 があなたの強調する点のようです。しかし、これでは解決法になっ
 ていません。たとえ世界が私自身の創造だとしても、この知識では
 救うことはできません。ただ説明しているだけです。なぜ私はこの
 ような惨(みじ)めな世界をつくり出してしまったのか、どうすれ
 ば変えられるのかという質問は残ります。あなたは、忘れてしまい
 なさい、そして自分の栄光を讃えるがいい、と言っているかのよう
 です。もちろん、あなたはそういうつもりで言っているのではあり
 ません。しかし、病気とその原因の記述がそれを治癒することはな
 いのです。私たちが必要なのは、適切な薬です。
 マハラジ
 原因とその記述は、愚鈍さによる病気のための治療法なのだ。
 欠乏症が欠如している栄養素を補うことによって癒されるように、人生の病
 も知的な識別(ヴィヴェーカ)と無執着(ヴァイラーギャ)という薬によっ
 て治療できるのだ。
(´・(ェ)・`)
(つづく)
 

508名無しを整える。2018/06/05(火) 21:12:34.10ID:GkdvA0aw
>>507
*アヴァターラとは、
>ヒンドゥー教において、アヴァターラ(サンスクリット語: , Avatra)とは、不死の存在、または究極に至上な存在の「化身」「権現」(肉体の現れ)である。
これはサンスクリットで「低下、転落、降下」を意味し、通例特別な目的の為に死のある者への意図的な転落を意味する。ヒンドゥー教ではこの語を主に救済の神ヴィシュヌの化身へ使う。
ダシャーヴァターラ(下述)はヴィシュヌの特に偉大な10の化身である。

だそうであります。

昨日の、
>物質自体が無知だ。
とは、何を言おうとしてるのでありましょうか?
(´・(ェ)・`)つ

509鬼和尚 ◆GBl7rog7bM 2018/06/05(火) 21:24:52.25ID:6EtRwIr/
識別とは観察によるものなのじゃ。
詳細に観察する事で無執着にも至るのじゃ。
それが最も強く確かな目覚めのための法なのじゃ。

510名無しを整える。2018/06/05(火) 22:08:25.39ID:GkdvA0aw
>>509
鬼和尚、ありがとうであります。
その点も、ちょぴっと解りにくかったところであります。
>>508の質問は、>>504の一番最後の文章であります。
>物質自体が無知だ。
(´・(ェ)・`)つ

511鬼和尚 ◆GBl7rog7bM 2018/06/06(水) 22:14:12.91ID:Tj3lAO31
↑ それは人は目覚めることが出来るが物質は目覚めることがないというのじゃ。
 無知であり、気づくことがないからなのじゃ。
 気づくことができる人間だけが目覚めることも出来るのじゃ。
 人として産まれて気付く事が出来ないのは愚かで哀れなことなのじゃ。

512名無しを整える。2018/06/06(水) 23:17:45.19ID:87MIDGct
>>511
鬼和尚、ありがとうであります。
くまでもわかる解説をありがとうであります。
くまも、何とかおろかなくまのまま終わらぬように、夢から覚めたいと思うであります。
(´・(ェ)・`)つ

513名無しを整える。2018/06/06(水) 23:26:55.04ID:87MIDGct
>>507
『I AM THAT 私は在る』
【29 生きることが生命の唯一の目的だ】(つづき)

 質問者 完全性を教え説くことで世界を救うことはできません。人びとはそ
 のままなのです。彼らは苦しまなければならないのでしょうか?
 マハラジ
 彼らが彼らのままであるかぎり、苦しみをまぬがれない。
 分離の感覚を取り去りなさい。
 そうすれば矛盾はなくなるだろう。
 質問者 印刷されたメッセージは、神とインクにすぎません。問題なのは文
 章です。世界を要素と性質に分析することで、私たちはもっとも重
 要なこと、その意味を見失ってしまいます。すべてを夢として格下
 げしてしまうあなたの扱い方は、昆虫の見る夢と、詩人の見る夢と
 の違いを無視することです。たとえすべてが夢だとしても、すべて
 の夢が等しいわけではありません。
 マハラジ
 夢は同じではない。
 だが、夢見る人はひとりだ。
 夢のなかでは、私が昆虫であり、私が詩人なのだ。
 私は光だ。
 その光のなかで、すべての夢が現れては消える。
 私は夢の内側と外側だ。
 頭痛もちの人がその痛みを知り、また自分がその痛みではないことを知って
 いるように、私も夢を知り、私自身が夢を見、また見ないことを同時に知っ
 ている。
 私は私で在る。
 夢の前も、夢の間も、夢の後も。
 だが、私が夢のなかで見ることは、私ではないのだ。
 質問者 それはすべて想像の問題です。ある人は夢を見ていると想像し、あ
 る人は見ていないと想像します。どちらも同じことではありません
 か?
 マハラジ
 同じとも、同じではないとも言える。
 二つの夢の間にあるために、夢を見ていないというならば、それはもちろん、
 夢の一部分だ。
 もし夢を見ていないということが、実在のなかに揺るぎなく確立しているこ
 とを意味するならば、それは夢とは何の関係もない。
 その意味では、私はけっして夢は見なかったし、見ることはない。
(´・(ェ)・`)
(つづく)

514名無しを整える。2018/06/07(木) 20:04:48.61ID:JDkfFiA6
>>513
『I AM THAT 私は在る』
【29 生きることが生命の唯一の目的だ】(つづき)

 質問者 もし夢と夢からの逃避がともに想像なら、それからの出口はどこに
 あるのでしょうか?
 マハラジ
 出口の必要はないのだ!
 出口もまた夢の一部分だということがわからないのだろうか?
 あなたがするべきことは、夢を夢として見ることなのだ。
 質問者 すべてを夢として忘れ去るという訓練をはじめることが、私をどこ
 に導くのでしょうか?
 マハラジ
 どこであろうと、それが導くところ、それは夢だ。
 夢を超えていこうとする考えそのものが幻想なのだ。
 なぜどこかへ行かなければならないのか?
 あなたはただ世界という夢を見ているのだ、ということを悟りなさい。
 そして、出口を探すのはやめなさい。
 夢があなたの問題なのではない。
 問題は、あなたが夢のなかのある部分が好きで、別の部分が嫌いだというこ
 とだ。
 すべてを愛すがいい。
 あるいは何も愛さないことだ。
 そして不平を言うのはやめなさい。
 あなたが夢を夢として見たとき、為(な)すべきことはすべて為し終えたの
 だ。
 質問者 夢は考えることによって起こるのでしょうか?
 マハラジ
 すべては観念の戯(たわむれ)れだ。
 観念化から自由になった状態(ニルヴィカルパ・サマーディ)のなかでは、
 何も知覚されはしない。
 その根本となる観念が「私は在る」だ。
 それが純粋意識の状態を打ち破る。
 すると無数の感覚、知覚、感情、観念がその後に続いていく。
 それらの全体性が神であり、その世界なのだ。
 「私は在る」は観照者として残る。
 しかし、すべては神の意志で起こるのだ。
 質問者 私の意志で、ではないのでしょうか?
 マハラジ
 またしても、あなたはあなた自身を神と観照者に分割した。
 それらはひとつなのだ。
(´・(ェ)・`)
(おわり)

515名無しを整える。2018/06/07(木) 20:09:39.00ID:JDkfFiA6
>>514
29章のやりとりはたいへん緊迫したものでありました。
> 夢を超えていこうとする考えそのものが幻想なのだ。
 なぜどこかへ行かなければならないのか?
 あなたはただ世界という夢を見ているのだ、ということを悟りなさい。
 そして、出口を探すのはやめなさい。
 夢があなたの問題なのではない。
 問題は、あなたが夢のなかのある部分が好きで、別の部分が嫌いだというこ
 とだ。
 すべてを愛すがいい。
 あるいは何も愛さないことだ。
 そして不平を言うのはやめなさい。
 あなたが夢を夢として見たとき、為(な)すべきことはすべて為し終えたの
 だ。

> あなた自身を神と観照者・・・ それらはひとつなのだ。

ふむふむ(´・(ェ)・`)つ

516鬼和尚 ◆GBl7rog7bM 2018/06/07(木) 22:51:32.84ID:T4bgZeUm
>>512 そうじゃ、実践あるのみなのじゃ。

自らを追求し観察することでのみ夢から覚めるのじゃ。
別の何かをすすること自体が逃避になるだけなのじゃ。

517名無しを整える。2018/06/08(金) 23:53:11.27ID:MDfTp7Jq
『I AM THAT 私は在る』
【30 たった今、あなたは自由だ】

 質問者 人間と宇宙に関して数多くの理論があります。創造の理論、幻想の
 理論、夢見の理論等々、数えきれません。どれが本物なのでしょう
 か?
 マハラジ
 すべて本物で、すべて偽物だ。
 どれでもあなたの好きなものを選ぶがいい。
 質問者 あなたは夢の理論を好んでいるようですが。
 マハラジ
 それらはみな言葉をつなぎ合わせたものだ。
 ある人はある理論を好み、ほかの人は別のものを好む。
 理論は正しくも間違ってもいない。
 それらはただ説明不可能なことを説明しようと試みたものだ。
 理論が問題なのではなく、それがどのように試されるかが問題なのだ。
 理論を試すことがそれを価値あるものにする。
 あなたの好きなどの理論でも実験してみるといい。
 もし誠実で真剣であれば、実在の達成はあなたのものとなろう。
 ひとりの生きる存在として、あなたは苦痛に満ちた、やりきれない状況のな
 かにいる。
 そして解決法を探している。
 あなたのいる牢獄のいくつか異なった地図があなたに渡された。
 どれも本物とは言えない。
 だが、それらはみないくらかの価値をもってはいる。
 だが、あなたが本当に真剣ならば、理論ではなく、あなたの真剣さが解放へ
 と導くのだ。
 質問者 理論は迷わせるかもしれず、真剣さは盲目にさせるかもしれません。
 マハラジ
 あなたの誠実さがあなたを導くだろう。
 自由と完成への献身が、あなたにすべての理論やシステムを放棄させるだろ
 う。
 そしてあなたは智慧(ちえ)と知性、そして愛とともに生きはじめる。
 理論は出発点としては良いが、いずれ放棄されなければならないものだ。
 早ければ早いほどいい。
(´・(ェ)・`)
(つづく)

518名無しを整える。2018/06/08(金) 23:56:25.17ID:MDfTp7Jq
>>516

うむ。心の観察以外は全て逃避でありますね。
ありがとうであります。
>>517
> 理論は出発点としては良いが、いずれ放棄されなければならないものだ。
 早ければ早いほどいい。

あるがままの観察でありますね!
(´・(ェ)・`)つ

519名無しを整える。2018/06/09(土) 17:51:38.43ID:+0PjTfYu
>>517
『I AM THAT 私は在る』
【30 たった今、あなたは自由だ】(つづき)

 質問者 真我の実現のためには、ヨーガの八段階の修練は必要なく、意志の
 力のみで充分だと説くヨーギがいます。純粋な意志の力への完全な
 確信をもって目的に集中するならば、ほかの者たちが何十年もかけ
 て到達することも、努力なしに急速に達成すると言います。
 マハラジ
 集中力、絶対の確信、純粋な意志!
 そのような財産があれば、疑いなく瞬時に達成するだろう。
 このヨーギの説く意志は、ひとつを除いたすべての欲望をぬぐい去った成熟
 した探求者にとってはいいだろう。
 つまるところ、意志とは安定したハートとマインドのことなのだ。
 そのような不動の姿勢で臨めば、達成できないものなど何もない。
 質問者 ヨーギが意味していたのは、単に絶え間ない追求と勉学への不動の
 意志を意味していたのではないと私は感じています。目的への意志
 が確固であれば、どのような勉学も、研究も必要ないということで
 す。単に意志を持っているという事実が、対象を引きつけるのです。
 マハラジ
 あなたが意志、決心、一途(いちず)な心、何という名でそれを呼ぼうと、
 つまりは真剣さ、誠実さ、正直さに戻ってくる。
 死ぬほど真剣なとき、あなたはあらゆる出来事、あらゆる人生の瞬間を本来
 の目的に結びつける。
 ほかのことであなたの時間とエネルギーを浪費したりはしない。
 あなたは目的に完全に献身する。
 意志、愛、あるいは誠実さと呼んでもいい。
 私たちは複雑な存在で、内側でも外側でも争っている。
 昨日の仕事を今日取り消し、つねに自分自身に矛盾している。
 身動きがとれなくなるのも無理はない。
 ほんのわずかな誠実さが大きな違いを生み出すのだ。
(´・(ェ)・`)
(つづく)

520鬼和尚 ◆GBl7rog7bM 2018/06/09(土) 22:29:37.72ID:aBKQxzSa
>>518 そうじゃ、実践あるのみなのじゃ。

マハリシも何の方法も段階も無く悟りを得たのじゃ。
それも強い意志があったからなのじゃ。
悟りを求める修行者は最後の段階まで自分が本当に悟りを求めているのか自らに問うべきなのじゃ。

521名無しを整える。2018/06/10(日) 05:59:42.10ID:hmELA2tT
>>519
『I AM THAT 私は在る』
【30 たった今、あなたは自由だ】(つづき)

 質問者 欲望と運命、どちらがより強力なのでしょうか?
 マハラジ
 欲望が運命を形づくる。
 質問者 そして運命が欲望を形づくります。私の欲望は遺伝と環境、チャン
 スと偶然、いわゆる運命によって条件づけされているのです。
 マハラジ
 あなたの言うとおりだろう。
 質問者 いつ私は望む自由をもてるのでしょうか?
 マハラジ
 たった今、あなたは自由なのだ。
 あなたが望むことは何だろう?
 それを望むがいい。
 質問者 もちろん、望むことは自由ですが、それに働きかけることは自由で
 はありません。ほかのものへの衝動が、私を迷わせるのです。たと
 え私が容認したものでも、私の欲望は充分強くありません。私が容
 認しない欲望のほうが強いのです。
 マハラジ
 おそらく、あなたはあなた自身を偽っているのだろう。
 たぶんあなたが容認する欲望は体裁を保つため表面にとどめておいて、本当
 の欲望には表現の機会を与えていないのだろう。
 質問者 あなたの言うとおりかも知れません。しかし、それもまた別の理論
 です。事実は、私はすべきだと想うことを自由に望めないと感じ、
 正しく望んでいるように見えるときには、それにしたがって行為を
 しないのです。
 マハラジ
 それはみな精神的弱さと、不完全な脳によるものだ。
 マインドを落ち着け、強化しなさい。
 そうすればあなたの思考、感情、言葉、行為は、あなたの意志の方向に沿う
 ようになるだろう。
 質問者 マインドを統合し、強化することはたやすい仕事ではありません。
 いったいどのようにはじめればいいのでしょうか?
 マハラジ
 あなたはあなたがいるところからはじめることができる。
 あなたは今ここに在る。
 今ここを離れることはできないのだ。
 質問者 ですが、今ここで私は何ができるのでしょうか?
 マハラジ
 あなたはあなたの存在に気づくことができる。
 今ここで。
 質問者 それだけですか?
 マハラジ
 それだけだ。
 それ以上何もありはしない。
(´・(ェ)・`)
(つづく)

522鬼和尚 ◆GBl7rog7bM 2018/06/10(日) 22:13:30.31ID:QKYhHIx4
悟りは今ここで自分というものに気づけばやってくるのじゃ。
恐れも逃避も乗り越える強い決意さえあればあればよいのじゃ。
直ぐにそれが出来無い者のために集中の行もあるのじゃ。
全ての恐れと不安と欺瞞を乗り越えて実践あるのみなのじゃ。

523名無しを整える。2018/06/11(月) 07:51:40.24ID:jvqlfeow
>>521
『I AM THAT 私は在る』【30 たった今、あなたは自由だ】(つづき)

 質問者 夢見の状態と目覚めの状態で、いつも私は自分を意識しています。
 それは大した助けにはなってはいません。
 マハラジ
 あなたは考えることや、感じること、することに気づいていた。
 だが、あなたはあなたの存在に気づいていないのだ。
 質問者 どのような新しい要因をもちこめばいいのでしょうか?
 マハラジ
 出来事に巻きこまれることなく見守る、純粋な観照の姿勢だ。
 質問者 それが私に何をするのでしょうか?
 マハラジ
 弱いマインドは知性と理解の欠如から起こる。
 それはまた不注意の結果でもある。
 気づきのために努力することによって、あなたはマインドをひとつにし、そ
 れを強力にするのだ。
 質問者 私は何が起こっているかには完全に気づいているかも知れませんが、
 それに影響を与えることはまったく不可能なのです。
 マハラジ
 そうではない。
 何が起こっているかは、あなたのマインドの投影なのだ。
 それゆえ、あなたのマインドとその投影に気づいていなさい。
 弱いマインドにはそれ自身の投影を制御することができない。
 あなたはあなたが知らないことを制御できないのだ。
 一方、知識が力を与える。
 その訓練はとてもシンプルなものだ。
 自己を制御するために、自己を知りなさい。
 質問者 おそらく、私は自分を制御できるようにはなるかもしれません。し
 かし、世界の混乱を扱うことができるようになるでしょうか?
 マハラジ
 あなたのマインドがつくり出した混乱以外に世界の混乱というものはない。
 それは自己がほかのものと異なり、分離してあるものだという誤った考えを
 中心に自己創造されるのだ。
 実際には、あなたはあるものではなく、分離もしていない。
 あなたは無限の潜在力、無尽蔵の可能性だ。
 あなたが在るから、すべてが在ることができるのだ。
 宇宙はあなたの成るという無限の能力の部分的な現れにすぎないのだ。
(´・(ェ)・`)
(つづく)

524鬼和尚 ◆GBl7rog7bM 2018/06/11(月) 21:44:04.46ID:pfGcB49E
自分を観察して気付くことで全ては制御できるのじゃ。
全ては心が作っているので在るから、心が制御できれば全てが制御できるのじゃ。
世界も宇宙も心の現われなのじゃ。
全ての問題は自らの心の中にのみあるのじゃ。 

525名無しを整える。2018/06/12(火) 21:08:22.87ID:goFxa2CO
>>523
30の2『I AM THAT 私は在る』
【30 たった今、あなたは自由だ】(つづき)

 質問者 私は自分が喜びへの欲望と苦痛への恐れによって、完全に動機づけ
 されていることを見いだしました。いかに私の欲望が高尚であり、
 恐れが正当化されたとしても、喜びと苦痛は、その間で私の人生が
 振動する、二つの極なのです。
 マハラジ
 苦痛と喜び、恐れと欲望、その両方の源へと行きなさい。
 観察し、調査し、理解することを試みなさい。
 質問者 欲望も恐れも身体的、精神的要因によって起こる感情です。それら
 はそこにあり、たやすく観察できます。しかし、なぜそれらはそこ
 にあるのでしょうか? なぜ私は喜びを望み、苦痛を恐れるのでし
 ょうか?
 マハラジ
 そこに身体と身体を守るマインドが存在するかぎり、好感と反感は作用する
 だろう。
 それらが出来事のなかに現れても、あなたに影響することはない。
 あなたの留意の焦点は別の場にあり、それに迷わされることはないのだ。
 質問者 それでも、それらはそこにあるでしょう。完全に自由になることは
 不可能なのでしょうか?
 マハラジ
 あなたはたった今でさえ、完全に自由だ。
 あなたが運命(カルマ)と呼ぶものは、あなた自身の生きようとする意志の
 結果なのだ。
 普遍的な死の恐怖から見れば、この意志がどれほど強力なものかわかるだろ
 う。
 質問者 しばしば、人びとは自らの意志で死にます。
 マハラジ
 選択が死より一層悪いときにかぎってだ。
 しかし、そのような死ぬ用意も生きる意志と同じ源から流れてくる。
 その源は生命そのものよりも深いものだ。
 生きる存在として在るということは、究極の状態ではない。
 そこには彼方にある、何かはるかに素晴らしい、存在でも非存在でもなく、
 生命でも非生命でもないものがある。
 それが時間と空間の限界を超えた純粋な覚醒だ。
 ひとたびこの「身体―精神」が自己だという幻想が放棄されたならば、死は
 その恐怖を失い、それは生きることの一部となるのだ。
(´・(ェ)・`)
(おわり)

526名無しを整える。2018/06/12(火) 21:11:24.84ID:goFxa2CO
>>525
> 生きる存在として在るということは、究極の状態ではない。
 そこには彼方にある、何かはるかに素晴らしい、存在でも非存在でもなく、
 生命でも非生命でもないものがある。
 それが時間と空間の限界を超えた純粋な覚醒だ。
 ひとたびこの「身体―精神」が自己だという幻想が放棄されたならば、死は
 その恐怖を失い、それは生きることの一部となるのだ。

↑これはくまが今までの読んだことない、「覚醒」、「悟り」についての表現であります。
(´・(ェ)・`)つ

527鬼和尚 ◆GBl7rog7bM 2018/06/12(火) 22:21:07.23ID:B7kExeSR
生きるということもまた観念であるからのう。
生きることは在るがそれを善いものとして観念化すれば死は悪いものとなるのじゃ。
実はそれさえも悟りを得て観念から抜け出せば祝福となるのじゃ。
もはや肉体に縛られることも無い安らぎに還ることであるからのう。

528名無しを整える。2018/06/13(水) 03:18:48.08ID:dc4SN5Aw
>>527
鬼和尚、私はその境地に達したことがあります。
2回目のサティで死後の世界を体験しました。

>もはや肉体に縛られることも無い安らぎに還ることであるからのう。

まさに、その通りでした。
でも、それは10年ほど前のことで、以来その境地に達したことはありません。
毎日、座禅をしているのですが、残念ながら達することができません。

サティを経験したのは、母親が認知症になって、だんだん弱っていくのが
辛くて悲しくて、何年もそのことばかり考えていました。
そんな時にサティを経験したのです。
これは、ずっと以前に別スレで鬼和尚に報告しました。
その時、鬼和尚は、

「おぬしは一瞬、その悟りを見たようじゃ。
 しかし、完全には行かず、戻ってしまったようじゃ。
 原因はいろいろ考えられる。
 自我が無くなるという恐怖や、執着する者の存在など。
 そかし、それで良かったのじゃ。
 今のおぬしにとっては、一瞬そのような境地があると見えただけで、良かった
 のじゃ。何故ならおぬしには未だ、愛する者や守らねばならぬ者がある。
 
 全てを捨てるには早過ぎるのじゃろう。
 心とは賢く、正直なものじゃ。
 往くべき時にならなければ、往く事は無いと判断したのじゃろう。

 それでいい。
 毎日、大地を耕し、母に詣でるのも立派な修行じゃ。
 今はその修業を全うする事だけを考えれば良いのじゃ。
 それだけでも答えが既に在ると判っているならば、生活の全ては喜びでは
 ないか。

 それでもいつかは真の悟りが得たいというなら、>>2から読んで修行すると
 良かろう。
 本当に往くべき時が来たなら、速やかに悟りに往くじゃろう」

 と答えてくれました。本当だと思います。ありがとうございました。

529名無しを整える。2018/06/13(水) 06:24:19.89ID:IxFP/K6C
『I AM THAT 私は在る』
【31 注意を過小評価してはならない】

 質問者 私が見るかぎり、あなたはわずかばかりの資産をもち、あらゆる貧
 困と老いの問題に直面している、誰とも変わらない、ただの貧しい
 人のようです。
 マハラジ
 私が大金持ちだとしたら、どんな違いをもたらすというのかね?
 私は私だ。
 ほかの何になれるというのだろう?
 私は貧しくもなく、金持ちでもない。
 私は私自身だ。
 質問者 それでも、あなたは喜びと苦痛を体験しています。
 マハラジ
 私はそれらを意識のなかで体験している。
 しかし、私は意識でもなければ、その中身でもない。
 質問者 あなたは、実存において私たちと等しいと言われました。どうして
 あなたの体験は、私たちのものとこうも違うのでしょうか?
 マハラジ
 私の実際の体験は何も違わない。
 違いは私の評価と態度にある。
 私もあなたと同じ世界を見ている。
 だが、同じように見てはいない。
 何も神秘的なことはないのだ。
 誰もが世界をその人自身の観念を通してみている。
 あなたが自分自身をこのようにあると考えるように、世界もあなたが考える
 ようにあるのだ。
 もし自分自身が世界から分離していると考えるならば、世界もあなたから分
 離して現れる。
 そしてあなたは欲望と恐れを体験するだろう。
 私は世界を私から分離したものとして見てはいない。
 だから望むものも恐れるものも、私にはないのだ。
 質問者 あなたは世界のなかの光の点です。誰もがそうではありません。
 マハラジ
 私が私自身を私だと知っていること以外、私と他者の間にはどんな違いも絶
 対にない。
 私はすべてだ。
 私は確実にそれを知り、あなたは知らないのだ。
 質問者 ですから、私たちはまったく違うのです。
 マハラジ
 いいや、そうではない。
 違いはマインドのなかにだけある。
 それも一時的なものだ。
 私もあなたのようだった。
 あなたも私のようになる。
 質問者 神はもっとも多様な世界を創造しました。
 マハラジ
 多様性はあなたのなかだけにある。
 あなた自身をあるがままに見なさい。
 そうすれば、あなたは世界をひと塊(かたまり)の実在、分割不可能な、描
 写不可能なものとしてあるがままに見るだろう。
 あなた自身の創造的力が画像をその上に投影したのだ。
 あなたの質問はみな、その画像に関係するものだ。
(´・(ェ)・`)
(つづく)

530鬼和尚 ◆GBl7rog7bM 2018/06/13(水) 22:18:52.50ID:gWqgaXFv
>>528 善かったのじゃ。
 更に精進あるのみなのじゃ。
 またおいでなさい。

>>529 世界とか自分とかを分けているのは分別によるものなのじゃ。
 それがなければ全て一つと気づくのじや。
 

531名無しを整える。2018/06/13(水) 22:21:32.54ID:pyl8FG2t
>>527鬼和尚 ◆GBl7rog7bM 2018/06/12(火) 22:21:07.23ID:B7kExeSR>>528
生きるということもまた観念であるからのう。
生きることは在るがそれを善いものとして観念化すれば死は悪いものとなるのじゃ。
実はそれさえも悟りを得て観念から抜け出せば祝福となるのじゃ。
もはや肉体に縛られることも無い安らぎに還ることであるからのう。 /////



皆さんご用心。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています