雪女

1名無し百物語2018/01/17(水) 01:19:57.69ID:BPotJ5h8
ぴゅうう

2少年の守護霊2018/01/18(木) 05:17:30.42ID:fU14AEaM
「ぴゅうう」…………鈴のように冷たい声がささやき、少年は視界を上げる。
 目の前に映し出されたのは透き通った白い肌の少女。
 美しい銀色の髪をたなびかせ、赤い瞳をそっと覗かせる。

「君は……だれ?」

 凍えるような雪風と共に、少年はその声を漏らした。

 真っ白な霧に覆われた雪山の中。
 冷たい氷が渦巻き、オオカミの遠吠えが聴覚を照らす。
 落ち着いた呼吸は寒さを感じることもなく、少年はただ心を奪われていた。

3少年の守護霊2018/01/18(木) 05:43:09.42ID:fU14AEaM
「ぴゅうう……私はユキだよ。
 こんなところで寝てたら寒いよ、凍えちゃうよぉ……」

 華やかな着物を揺らす少女。
 美しさに見とれる表情もそのまま、少年は青ざめた腕で身体を起こす。
 緊張しているのかも分からないまま、落ち着いた声で少年は話した。

「あの……ボクは織田信長です、どうも」
「信長くん……覚えたよぉ」

 宝石を見ているかのように好個な体つきの少女。
 その姿は言葉に表せる美しさをも超えており、少年の血液は熱く煮えたぎっていた。

4名無し百物語2018/01/18(木) 06:05:39.00ID:fU14AEaM
 民家にたどり着いたのはそれからしばらくのことだ。

「ここが、ユキさんの家ですか?」

 肌寒い針葉樹林を抜けて見えてきた景色。
 そこにあるのはみすぼらしい古家と、ボロボロに崩れ落ちた井戸。
 あられや吹雪などに傷つけられた痕跡が残され、その被害は道中の木々にも見られた。

「っ……、この雪山って自然災害とかの被害が大きいんですか?」
「ぴゅうう……そうなの。だから将来はあったかいところに住みたいの」

 目をそむけるような表情を見ていると、少年もなんだか悲しい気持ちになった。

5少年の守護霊2018/01/18(木) 06:24:21.22ID:fU14AEaM
>>4名前変え忘れた。

 しかしそんな悲しさはすべて過去のものとなる。
 玄関の戸を開いた瞬間、悲しさよりもおおきな感情が少年に胸に押し寄せた。

「なんだ……これは!」

 とんでもない勢いで爆発する恐怖と混乱の感情。
 廊下にびっしりと立て掛けられた凶器、そして残虐な血の色に染められた鎧兜!。
 包丁や釘バットなんていうちゃちいものでは無く、完成された武器そのもの!。

「なんなんだ?!、なんなんだこれはあああああああああ?!」

6少年の守護霊2018/01/18(木) 06:43:53.43ID:fU14AEaM
 心臓がバクバクと響くのを言葉で表したような叫び。
 指先から足の先まで絶え間無い震えが止まらず、少年は確実な死を覚悟する。

「ピュウウ……どうしたのォ……?」

 後ろから聞こえてくるのは殺気ただよう少女の声。
 少年の背中にのしかかる重みは恋などではなく、恐怖と狂気の混沌の極み。
 その圧迫された感情に逆らうことなく、少年は静かに目を閉ざした。

 そして、ひたすらに涙を流し続けた。

7名無し百物語2018/01/18(木) 07:01:45.22ID:fU14AEaM
「ねぇ?、ぴゅううぴゅうう!!。なんで泣いてるのぉ?」

 それでも少女は話しかける。
 特に危害を加えることもなく、突如泣き出した少年を心配していた。

「殺すなら……殺せ……!」

 少年の苦し紛れの一言。
 長く短かった人生に終止符を打ち滅びゆくその一言。

「ぴゅうう……殺さないよぉ、なんでそんなこと言うのぉ?」

 少年の行動を不可解に思う少女。
 彼女の心には少しも殺したいなどという感情は無く、澄んだ瞳で少年を眺める。
 だが、だからこそ少女はおかしい。

「じゃあなんなんだこのぶっそうな武器はあ?!」

 少年が言うように。

8少年の守護霊2018/01/18(木) 07:34:38.83ID:fU14AEaM
 そんな理解しがたい現状はそのままに、少女は平然と答えた。

「ぴゅうう……?それは「妖怪ぶっ殺シアム」に使う殺傷能力に特化した武器だよぉ?」

 か弱そうな少女の口から出た言葉は、やっぱりぶっそうだった。

「ようかいぶっコロシアム……?」

 少年も謎の単語に対し疑問を抱き、少女はその質問に答える。

「全国の妖怪が一ヶ所に集まって、最強の座を奪うためにみんなで殺し合う大会だよぉ。
 その大会の優勝商品としてトコナツのハワイに暮らしたいのぉ……ぴゅうう〜」

 発言と方法はデンジャラスなものがあるが、理由自体は些細なものだった。

「ああ……うん。だけどそんな危ない方法で大丈夫なんですか?」

9少年の守護霊2018/01/18(木) 08:11:58.65ID:fU14AEaM
 心配する彼の表情は苦いものがあり、少女も味の濃ゆい発言を続ける。

「ぴゅうう……仕方ないの、私雪女だから十億円くらいのテクノロジーを詰め込んだ高性能の器具みたいなのとか着けないとあったかいところで溶けちゃうのぉ……ぴゅううぴゅうう」
「そんな!、十億円もあればわざわざ現実世界で南国に行かなくてもVRの世界でウハウハじゃないですか!」

 少年はびっくりしたように反論するが、雪女は聞く耳を持たない。

「ぴゅううぅぅぅぅ!!現実で暮らしたいのぉ!、リアルなの!、リア充になるのぉ!」

 その流れるように飛び出した発言はこの世界の闇を表し、影に生きる者たちを無差別に呪う。
 当然その対象は少年にも当てはまり、瞬く間にもがき苦しんだ。

「やめろ……リア○なんて言葉を口に……出すなっ……んがぁ?!」

 おぞましい色の血ヘドを嘔吐し、少年のトラウマが脳天をつらぬく。
 すべては灰色に燃え尽きたゴミクズのような生活。
 自分を変えるために雪山の頂上を目指し、現実から逃げるために都会から離れた。

 しかしその決意すら突き通せずに途中で下山した記憶。
 そしてすべてに絶望し、この山で凍え死のうとした記憶。
 目を覚ますと、その少女がそこに居た記憶……

 そして少年は、情けない勇気を振り絞り……ハッとなにかを決意した。

「そうだ……リア充になろう……!」

10少年の守護霊2018/01/18(木) 08:35:48.74ID:fU14AEaM
 突如としてひらめきそして見つけ出した唯一の希望。
 リア充になれないのが遺伝子レベルの性格に基づいた原因であるのならば、発想自体を変えよう。
 性格なんかどうでもいい、無理矢理リア充になる!。

 そしてそれが可能となる方法をこの時すでに見つけ出していた!。

「妖怪ぶっ殺シアムで優勝すれば……リア充のプァウァーをこの手に宿せるんじゃないか?!」

 血迷ったかのような判断と決断。
 もともと捨てようと思った命に今更悔いなどない、そう言っているかのごとし表情。
 すべては奇跡の連続が巻き起こした人生最大のチャンス。

 ここで逃してはならない!、ここで挑戦しなければならない!。

 そんな燃え盛る思いが少年の心を突き動かし、身に秘める力が溢れ出すようだった。

11少年の守護霊2018/01/18(木) 09:36:45.45ID:fU14AEaM
〜〜 第二幕「妖怪になるには……」 〜〜

ーー揺るがない決意を信念の奥深くに刻んだあの日、ボクは一人の戦士となった。
 失うものを持たない、ただ得るもののみを探し求める一匹の狼。
 その手に掴む勝利と報酬だけを望み、そのためだけに労力を費やす。

「つまり、ボクを妖怪にしてくれる呪術師が「サムスギの樹林」にいるんですね?」

 凍えるような吹雪が相変わらず冷たい山景色。
 歩きづらい地面を踏みしめながら前進し、先頭に見える少女に話しかける。

「ぴゅうう……そうなのぉ、呪術師がその森にいるのぉ」

 冷たい鈴が音を鳴らす。

 普段着とは印象の違う分厚く硬い防具とつるぎ。
 その装備を着用するのは寒さをしのぐためなどでは無く、はびこる魔獣を倒すため。
 少年も同様だ。

「それにしてもこの鎧兜重くないですか?、重いですよね、つーかマジキッツ」

 素直なくらい本音をこぼす少年。
 しかしこれも優勝に向けての特訓、そう考えると簡単に我慢できた。

12少年の守護霊2018/01/18(木) 10:09:49.85ID:fU14AEaM
 しばらくして見えてきたのはトゲを尖らす深い樹林。
 イバラとツララが無造作に生え渡る景色を目の前にし、少年はわずかに恐怖を感じた。

「ほう……なかなかに芸術的ですね」

 強気な言葉を放ち、恐怖を紛らわそうと頑張る。
 怯えているのが本心だが、そんなことで決意を失いたくなかった。

「ぴゅうう……ノブくん(信長くん)、こっちだよぉ?」

 そんなへなちょこノブくんを置き去りにさっさと進む少女。
 少年もハッとなって後を急ぎ、さっそうと「サムスギの樹林」へ潜った。

13少年の守護霊2018/01/18(木) 11:01:51.55ID:fU14AEaM
「ここがサムスギの樹林か……寒すぎ」

 静かな空気が調和された風景。
 小さな虫たちが歌を奏で、大きな樹木が光をふさぐ。

「ぴゅうう……奴らの気配がするよぉ……?。
 近くに数匹、数十匹……いや、この数は……ぴゅううぅぅぅう!」

 何かを察知しあわてふためく少女。
 嵐の前の予兆……何かが起こる前兆……少年ですらそれを感じ取り、窮地に備える。

「なんだ……なんなんだこの感じは……?!」

 周りを見渡し身構える少年。
 チカチカと光るホタル、水の滴るツララ、華麗に渦巻くイバラに、すべてを覆う樹林。
 その気迫は何処からくるのか、一体何が現れるのか。

「ぴゅうう!ノブくん危ない!」

 そう叫んで少年をかばうように飛び出す。
 目の前に映るのはいつもの白銀ではない、真っ赤に染まった少女……。
 吹き出したのはトマト色のイチゴジャム……そして、肉片だけがポトンと落ちた。

「え……っ……ぁ”…………  」

 言葉を失い、叫ぶ。

「あ……ああああああああああああああああああああああああああああああ!!!」

 絶望と憎悪に支配される感情。
 バラバラに砕け散ったその死体の呆気なさに言葉を失い、ただ叫ぶことしかままならなくなっていた。
 考えられることは破滅のみ。すべてを破壊し、地獄に落としたい願望。

 少年の心は収縮し、邪悪なものに支配されてしまった。

「やめろ……やめろよ……、やめてくれ!。ボクは……んぐっ……ぐっ……グロいものが苦手なんだああああああああああああああああああああああああああああああ」

 少年は、グロいものが苦手だった。

14少年の守護霊2018/01/18(木) 11:30:05.67ID:fU14AEaM
 だから怒り狂う。

「許さねえ……ぞ。てめえら絶対許さねえぞ……っ、グロいもの見せやがって……グロいもの見せやがって……クソが……許さねえぞおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」

 少女に怪我を負わせた行為、そしてグロいものを見せられたことに対する怒りがみなぎる。
 見違えるほどに戦闘力が上昇していき、秘めたるパワーをその身に放つ。
 今の彼は少年であるのか?、織田信長であるのか?。

 否、今の彼は限界をも超越した真なる力の使者、言うなれば……スーパー織田信長……!。
 覚醒した織田信長である少年のパワーに、一体どれだけ勝てる者がいるのか?。

「ふ……かかってこいよ、オレが相手してやる」

 イケメンモードとなった少年の姿に、どれだけ勝てる者がいるのか?。

15少年の守護霊2018/01/18(木) 12:43:21.79ID:fU14AEaM
「なんだこいつ……どんどん戦闘力が上昇しやがる?!」
「こいつただ者じゃないでありシャス、まずいっすよ兄者!」

 姿を現したのは二人の鬼。
 兄者と呼ばれてる奴は赤黒い肌で体格が良く、付き添いの奴は紫色の少女。
 たった一撃でユキを致命傷に追い込んだことから分かるが、奴らは相当の手練れだ。

「お前らどうした?、びびって戦えねえのか?」

 織田信長も挑発を駆使しており、鬼たちが反応する。

「あ?、なんだとてめえ?!」
「ちょっと驚いただけだから!、全然びびってないでありシャス!」

 赤黒い鬼はギスギスした目で睨み返し、紫の少女は意地を張って怒る。
 その言葉を待っていたかのように信長も話し出した。

「ふーん……厨二病モードのオレに勝てるってんならやってみろよ?」

 余裕ぶちかます程の表情でさげすみ、かろうじて嘲笑う声を見せる。
 それを見て鬼が動き出す。

「お言葉に甘えてぇ!」ーー叫び声を上げ織田信長に突撃したのは赤鬼。
 何処からともなく取り出した長刀を握り、鎧兜の隙間を的確に狙う。
 その後ろで弓矢を放つのが紫の鬼。

 二人で連携して戦う姿は見習うべきものがあり、しかし信長には通用しない。

「ふっ……遅い遅い!!その程度の動きで厨二病に勝てるとでも!?」

 赤鬼の腹部を勢い良く蹴り飛ばし、奴の胃袋がズタズタに崩壊する。
 地面はケチャップ色に染まり、しかしそのことに関して目もくれない信長。

「ふふはははは!ふふははははは!、グロいものを見せた罰だ!、これが貴様に与えるべきオレからの罰!」

 織田信長の感情に優しさなど残されておらず、すべての思考が狂ってしまった。
 彼をこうまでさせたのはグロテスクな演出なのか?、本当にそれが原因だというのか?。
 否、彼の真実の怒りはそんなことでは動かない。

 彼が怒っているのはパートナーを傷付けられたからだ、仲間を傷付けられたからだ!。

「今ここで貴様を殺す!、オレの仲間を傷付けた貴様を……殺す!」

 少年の奥深くに閉ざされた人格。
 それはすなわち、紛れもないヤンデレであったのだ。

16少年の守護霊2018/01/18(木) 13:59:38.45ID:fU14AEaM
 そんな光景を見て紫の鬼が叫ぶ。

「やめてっ!、兄者を……殺さないで欲しいでありシャ  ……!

 殺した。

 自分の慕う兄を目の前で殺された紫の少女、紫色の……鬼。
 その鬼にとって兄者とやらがどんな存在だったかは知らないが、仲間を傷付けた相手に慈悲をかけてやるほど優しくはなかった。
 だって怒りって……そういうものだろ?。

「あーあ……死んじゃったよ。一人殺したら、なんかすっきりしたな」

 まるでどうでも良くなったかのように振る舞う少年。
 瞳の奥には憎しみの感情が残っているが、それは兄分を殺されたあの鬼も同様。
 同じ苦しみを味あわせたことに対し、少年はいさぎよく納得したのかも知れない。

「なあ……えっと、ごめんね。ちょっとやり過ぎたと思ってる」

 鬼に対し悲しそうに謝る少年。
 ごめんで許されるわけのない世の中、しかしそれが当てはまるのは力無き平民のみ。
 圧倒的実力差を見せつけた少年に対し、紫の少女に成すすべなどなかった。

「待って……私は死んでない、私は生きてる…………私は今……生きてる……」

 突如としてその鬼は立ち上がる。
 彼女に出来る事は目の前の現実を受け入れることのみ。
 それ意外に選択の余地などなく、だからこそ少年と同じ決断に迫った。

「私は殺されてない……私はまだ……殺されてない…………私は……だから戦って!、私を殺すまで戦えでありシャス!」

 勝算などひとかけらも存在しない勝負。
 すべてを奇跡に託すことすらしない挑戦、名誉と誇りだけをかけた敗北への道。
 死に様だけは美しくあろうとする意気込みは熱く、その鬼の瞳は美しい。

 そんな生き方を見ていると、少年は自分のほうが劣っているのだと感じる。
 そんな素晴らしい信念を見ていると、自分がくだらない人間であるのだと感じる。

 怒りでも悲しみでもない、もっと深いなにか。

 その欠けてしまったなにかを手にした時、少年は本当の意味で強くなれるのかも知れない。

「今はまだ……勝負にならない、次会う機会があったら全力で戦うよ」

 互いに万全の状態で戦おう。
 そう言い残し、少年は立ち去った。

17少年の守護霊2018/01/18(木) 14:10:03.27ID:fU14AEaM
〜〜続きは後で書くかな〜〜

18名無し百物語2018/01/18(木) 22:59:57.25ID:tWxcM00B
【苫米地英人】 宇宙人の存在は明らか <世界教師 マイトLーヤ> ビリーバーって怖いわ 【上念司】
https://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1516240795/l50

19テンプレ 創価学会による住民組織の掌握問題2018/01/25(木) 21:17:31.45ID:phtQsCj8
下記活動の結果、多くの地域で住民組織の役員に創価学会員が就任し
住民組織が創価学会の間接支配を受けるに至りました

■創価学会 地域貢献活動
島田裕巳は創価学会員が「広布即地域貢献」として団地自治会長やPTA、商店街役員などに積極的に就任し、
それらの組織を折伏の足場にしようとしていると述べている。
一般の人は仕事などに追われてそれらの役員には就きたがらないが、
創価学会はそうした状況を利用して地域で主導権を握ろうとしている、としている。
ソース:島田裕巳 『創価学会』(新潮社、2004年6月20日)

■創価学会が“住民組織握れ”2003年2月5日(水)「しんぶん赤旗」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-02-05/14_01.html
町内会やPTAの役員になろう――創価学会がこんな“運動”を展開しています。
名づけて「地域友好」。役員就任のすすめとも言うべき部内文書もあります。

『今後の地域部のあり方』。

創価学会の地域本部が作成した、総県長会議資料です。
地域本部は会員の職業や役職に対応する学会のタテ線組織の一つ。一九九九年に発足し、地域・団地・農村・離島の各部で構成、
地域社会で「『友好活動』を広範囲に推進する」(聖教新聞九九年七月六日)ことが任務です。

同文書は「地域部員は以下の地域役職を有する人で、圏(区)地域部長が認定した人」とし、
町会・自治会、商店会、老人会、PTAの三役クラス、民生委員・保護司・家裁調停委員、
消防団、青少年・交通安全・体育各委員をそれぞれ「地光会」「盛光会」など七つの専門部会に配置。

その「体験・取り組み・工夫を交換・共有」して「メンバーの育成に資する」としています。
また、地域本部に「マンション委員会」(管理組合理事やマンション管理士を掌握)と
「福祉委員会」(介護福祉士など有資格者を掌握)の設置を指示しています。
最近は団地自治会やPTAの役員選挙にいっせいに立候補するという例が各地で目立っています。

学会元職員はこれを「住民の情報はもちろん、選挙では相手陣営の動静を逐一報告する。
地域に張りめぐらせた情報集中システムであり、住民組織をこの手に握れという
学会の“天下取り”戦略だ」と言います。

20名無し百物語2018/01/30(火) 20:32:27.00ID:E/QgBXte
【ほら吹きマネク】マイトLーヤ「太陽凝視は危険」
http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/esp/1517129538/l50

新着レスの表示
レスを投稿する