俺も今日からサイバーパンク始めるわ

1CYBERPUNK2018/01/08(月) 17:18:06.64ID:EvEAOiAC
なんかアドバイスとかあれば頼む

2CYBERPUNK2018/01/08(月) 17:21:02.71ID:2koeoBxb
まず技術を50年くらい進歩させます

3CYBERPUNK2018/01/08(月) 17:25:59.53ID:xhmU/g2+
>>1
これ以上クソスレ立てない事
↓でやってくれ

今日からサイバーパンクな男を目指すスレ
http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cyberpunk/1404623966/l50

4CYBERPUNK2018/01/08(月) 18:19:01.53ID:4OPjTOfc
>>1
そのIDならもう立派なサイバーパンカー

5CYBERPUNK2018/01/14(日) 21:23:36.57ID:GkbUXH0I
あーぁやっちゃったw

6CYBERPUNK2018/01/27(土) 03:11:02.88ID:kW/UjdgE
じゃあ俺も

7CYBERPUNK2018/02/13(火) 19:13:37.57ID:1qp9tdVk
友達から教えてもらった副業情報ドットコム
一応書いておきます
グーグル検索⇒『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

GTA0N

8CYBERPUNK2018/02/27(火) 01:25:08.93ID:sk38ggxW
今日から俺は

9CYBERPUNK2018/02/27(火) 15:06:31.93ID:7YWPKVs8
とりあえずバーコードのタトゥー彫ってくる

10CYBERPUNK2018/06/23(土) 16:25:23.14ID:KWJZxLuJ
木村「あっ斉藤くんやっと来たよ」

丹羽「おーいこっちだ!斉藤!…あいつどこ見てんの」

木「斉藤くん!ここだよー!」

平戸「ちょっと声抑えよう他の客に迷惑だぜ」

木「あぁごめんね…斉藤くーん」フリフリ

丹「やっと気がついた寝ぼけてんのかアイツ」

斉「おいすー遅れたわスマンスマン」

丹「主役か?主役きどりか?」

平「なに斉藤ジャーマン2本も食うの?」

斉「昼食ってないから」

木「でももう6時だよ?どこ行くか決めたらすぐ移動するよ?」

斉「ゆっくり決めたらいいじゃん」

木・丹・平「………」

11CYBERPUNK2018/06/23(土) 18:06:25.29ID:KWJZxLuJ
斉藤「で?何にするか決めた?」モグモグ

平戸「はあ!?」

丹羽「一分前に『ゆっくり決めたら』って言ったのお前だから!」

木村「まあまあ…決めてないよ斉藤くん勝手に決めたら怒るでしょ」

斉「怒らないよ?」

平「まあなんとなくバーミで話まとまりかけてたけど」

斉「ほらやっぱり決めてんじゃん俺抜きで」

丹「お前が!待ち合わせに!遅!れた!か!ら!な!」

平「ちょっ…丹羽さん声」

平「じゃあさ斉藤なに食いたいの」

斉「俺何でもいい」

平「何でもいいが一番困る」

丹「お母さんか」

12CYBERPUNK2018/06/24(日) 04:20:35.36ID:0TeYuMTq
木村「じゃバーミで決定でいいかな?」

斉藤「えっちょっと待ってちょっと待ってどうしようかなー」

丹羽「めんどくせっ!」

平戸「何でもいいって…食いたいもの思い付

斉藤「そういやさっき俺やばいバイク見たわ」

平「…」

木「バイク?どんなの?」

斉「赤白のランブレッタなんだけどさミラーが20個ぐらい付いてた」

斉「俺がこの店入ってすぐにそこの国道走って行ったぞ?誰も見てなかった?」

丹「気付かなかったな…てかモッズ族ってまだいるんだな」

斉「何モッズ族って」

丹「知らない?イタリア製のスーツ着てさフランス軍のパラシュ

斉「トイレ行く」スタスタ

丹「ヴェアアアァ!!」

13CYBERPUNK2018/06/25(月) 02:21:36.29ID:bzpurb0e
丹羽「キムが甘やかすから」

木村「急に何」

丹「斉藤の王子様モード加速してんじゃねーの!」

木「変わらないよ」

平戸「あんなもんだよ元々」

木「ヘーちゃんはシェアハウスしてたから斉藤くんの事はよく分かってるよね」

丹「本当分かってるか?免疫付いちまってるだけじゃね?」

平「それは無い…丹羽さんそれブレンドだっけ」

丹「お?おう」

平「おかわり注いでくるから一緒に注いでこようか」

丹「それやっちゃダメらしいわ前に店員に注意された」

木「ヘーちゃん僕のもよろしく」

丹「お前ら俺の話聞けよ…聞いてよ…」

斉藤「そろそろどこ行くか決まった?」フキフキ

木・丹・平「「「まだだよ」」」

14CYBERPUNK2018/06/26(火) 23:46:46.22ID:fj/2vTkJ
斉藤「木村君は何食べたい?」

木村「僕は天ぷら」

斉「じゃバーミ誰推し?」

丹羽「俺よ、ガッツリ中華の気分」

斉「ガッツリ中華の気分でバーミヤンかよ」

丹「俺とバーミヤンにあやまって」

斉「ヘーちゃんは?」

平戸「何か麺類、んでバーミの流れになった訳」

斉「なんだよじゃあ天ぷら料理ある中華の店行けばいい話じゃん」

平「知ってるのか?」

斉「知らないよ」

平「だろうな…ggろう」

丹「斉藤?謝って?」

木「そんな店あったら面白いねー」

平「………あるわ」

丹「マジか見せて」

木「……あー………」

丹「……2時間?はかからないか?…」

斉「…乗り継ぎも2回あるね」

平「ラストオーダー9時…」

斉「木村君本当は天ぷらなんか食べたくないでしょ?」

木「食べたい」

平「そんな事ないだろよく考えろ」

丹「もう一回きくぞ?天ぷら食べたくないよな?」

木「君らひどいよ」

15CYBERPUNK2018/07/05(木) 00:46:46.53ID:1MrzJOQt
丹羽「なあ、さっきから気になってんだけど隣のテーブルのそれ」

木村「えっ眼鏡」

平戸「忘れ物か」

丹「眼鏡って忘れるもんか」

平「むしろ何で眼鏡は忘れないと思うんだよ」

丹「いつもより視界が悪くなったら気付くだろ?」

斉藤「突然視力が回復したとか」

木「度が入ってないんじゃない?」

平「…いや普通に度入りの眼鏡だな」

平「字を読む時だけ掛ける人だって居るし、普通に忘れる物だよ」

丹「そんなもんかね」

平「そういえば眼鏡で思い出した…ちょっとこの写真見ろよ」ポチポチ

木「おー眼鏡率100%!」

丹「なんだこの写真面白れぇ」

平「先週友達の結婚式に行ったらさ横の円卓のグループ6人全部眼鏡」

斉「結婚式の写真?これ?何で6人とも不機嫌そうなの?」

平「分からん、俺が『眼鏡ボーイズ写真撮らせて』って言ったからかな」

丹「」

16CYBERPUNK2018/07/06(金) 02:41:12.36ID:iPFxgHyY
木村「僕も最近視力落ちてる」

丹羽「へぇ…道向かいの…ほら、あの看板読めるか?」

木「ムラサキスポーツ」

丹「読めるじゃん」

木「知ってるから」

丹「そういう事じゃなくて純粋に読めるかって」

木「でも知ってたら脳内補正で読めてる気になるよ」

平戸「じゃああのマツキヨの看板は?」

丹「マツキヨって言っちゃったよこの人」

木「マツモトキヨシ」

丹「キムも答えなくて良いから」

斉藤「背中に指で文字書くから当ててね」

丹「視力の話どこ行った」

木「……?……!『ね』!『ね』だよね?」

斉「惜しい、正解は仏像の『仏』」

丹「惜しくないわ」

17CYBERPUNK2018/07/13(金) 23:57:05.22ID:CMeRHW8I
木村「オリンピックあっという間に終わっちゃったね」

平戸「?うん」

木「ボートの競技場に架かってた橋は移設するんだって」

斉藤「えっ、この前完成したばっかりなのに」

木「移設の方法が凄いんだよ、台座の付いたフロートを橋の両端と真ん中に浮かべてさ」

木「橋をジャッキアップして台座に載せたらフロートをタグボートで押して湾の奥まで700メートル移動させるんだって」

丹羽「ほー」

木「でも次に架ける場所の両岸は前に架かってた所とは当然高さも違うし距離も違うんだよね」

平「うん」

木「どうやって架けると思う?」

平「ん?」

斉「…?」

丹「さあ?」

18CYBERPUNK2018/07/14(土) 00:19:07.30ID:8/f9fMMH
木村「護岸の方を改修するんだよ、埋め立てて、かさ上げして、橋に合うように」

平戸「なるほど」

木「橋はもう完成品だよね、形も簡単には変えられないし」

木「でも利用する価値があるものだし需要もある」

木「せっかく作った橋なんだから使おう、そのために変えやすい護岸の方を変えよう、って」

丹羽「…うん」

斉藤「…」

平「…」

木「…」

丹「………ちょっとトイレに

木「丹羽君の中華ってざっくりしてるよね」

丹「…」

木「へーちゃんの麺類も、麺類って色々あるし」

平「…」

木「僕は天ぷらが食べたいな」

平「…」

木「…」

丹・斉・平「…(例え話下っ手くそ)」

19CYBERPUNK2018/07/14(土) 19:46:24.07ID:P+Y8/6QE
もしかしてsecondVIPのゴタゴタをサイバーパンク風のパロディ小説にした人か?

20CYBERPUNK2018/07/14(土) 23:32:00.62ID:esnLnVce
>>19 ちがいますよー

21CYBERPUNK2018/07/23(月) 02:48:11.47ID:fTf6Rm6P
丹羽「いいこと思いついたわ」

斉藤「思いついてない」

平戸「思いつくわけ無い」

丹「………」

丹「…聞きたいか?」

斉「聞きたくない」

木村「なになに?」

平「言わなくていい」

丹「逆にさ、特に今食べたいわけでもないものにするってのどうよ?」

平「ぇ」

丹「中華麺類天ぷらは外して、嫌いじゃないけど思い付かなかったものを敢えて挙げてみたら案外意見が一致するかもよ」

木「聞いて損した」

斉「本当ロクでもない事しか思い付かないな(…シンガポール料理)」

木「却下(シンガポール料理かな)」

丹「お前ら年長者を敬う事を知らんのか(シンガポール料理とか)」

平「年長者らしいまともなアイディア出してから言えよ(…回転寿司?)」

平「コーヒーおかわりしてくる(いや、シンガポール料理だな)」スタスタ

22CYBERPUNK2018/07/29(日) 04:29:36.21ID:n6IZpjUY
何でsageてんの

23CYBERPUNK2018/08/03(金) 23:50:30.77ID:mCOiXLHR
>>22
わくわく4板にしか伝わらない内輪ネタですから
初めて来た人に閉鎖的な乗りの板と思われたくないのでなるべく目立たないようにとsageてます

24CYBERPUNK2018/08/12(日) 04:18:26.15ID:Q4/QHFOk
平戸「この紙ストローってのまだ慣れない」チウー

木村「最近どこ行っても紙だよね」

丹羽「コンビニのビニール袋も消えたしな」

平「唇に張り付く感触が嫌なんだよ」

平「紙の繊維も一緒に飲んでるような気になるし」

木「それはないと思うけど」

丹「てか何飲んでんだ?ブレンドおかわりしに行ったんじゃないのか」

斉藤「あー、もう7時回ったのか」

丹「?」

斉「へーちゃん10月までは7時以降アイスコーヒー飲むんだ」

丹「なんだそれ!」

平「いいだろ俺の勝手だろ」

斉「10月から2月まではホットオンリー」

斉「6月7月8月はアイスオンリー」

斉「345と今の9月は7時で変わる」

丹「何のこだわりだよ怖えぇよ」

木「例外は無し?」

平「カレー食べるときは絶対ホットコーヒー」

丹・木「分かる」

新着レスの表示
レスを投稿する