仮想通貨 おもしろためになる集

1承認済み名無しさん2018/05/19(土) 14:59:03.90ID:4yIArNnW
仮想通貨 おもしろためになる集

84承認済み名無しさん2018/05/30(水) 21:51:47.79ID:SahPU36k
イタリア経済とビットコイン価格の関係性
イタリアの政局混乱からユーロやイタリア国債を売る動きが強まっている中、5月29日から30日にかけてビットコインの買いが増し、価格は急激な上昇を見せました。法定通貨のような中央銀行を持たない分散型の仮想通貨の強みが買われたのです。
     
有事のビットコイン買い
以前、ベネズエラで、ハイパーインフレ、食糧危機、政府の機能不全により、国内の通貨の価格が暴落した際に、ビットコインが大量に買われました。今までは、有事の際には日本円などの安定した通貨が買われましたが、現在、ビットコインが買いの対象になっています。

85承認済み名無しさん2018/05/30(水) 21:52:41.46ID:SahPU36k
イタリア経済とビットコイン価格の関係性
5月29日から30日にかけての仮想通貨の価格が急激に回復した要因を探っていると、中央集権化政府の機能が深く関わっていることがわかります。

最近、ギリシャに続きイタリアの経済危機が懸念され始めました。

2009年頃にギリシャの財政赤字の隠蔽が発覚し、ギリシャは経済破綻の瀬戸際まで追い込まれてしまいました。

これに続き、イタリアやスペインの政局混乱が止まらなくなっています。

金融市場では、ユーロやイタリア国債を売る動きが広がってきていました。

ユーロは、一時、ドルに対して10ヶ月ぶりの安値をつけ、1ユーロ=1.151ドルまで落ち込みました。

それに伴い、リスク回避により円の価格はG10の中で最大の上昇を見せました。

「有事の円買い」が行われたのです。

ギリシャの10倍の経済規模を持つイタリアの経済への影響力はギリシャの比になりません。

このように世界の金融市場が影響を受ける中、ビットコインの価格は上昇を見せています。

市場分析家の一人は5月29日から30日にかけてのビットコインの価格の急激な回復はイタリアの政局の混乱が金融市場を襲った時と同時に起こったと指摘しています。

ユーロにとっての潜在的脅威がビットコインのような仮想通貨の利点を際立たせてくれているのかもしれません。

86承認済み名無しさん2018/05/30(水) 21:53:25.41ID:SahPU36k
ベネズエラでも以前同じようなことが起きました。

ベネズエラで、ハイパーインフレーションが起き、食糧危機、そして政府が機能しなくなった時、最終的に通貨の価値が暴落しました。

結果的に、ベネズエラの通貨は記録的速度でビットコインに交換されました。

毎日1億円以上の通貨がビットコインへと変えられていきました。

今回の価格上昇はビットコインのみならず、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコインは2-4%の上昇、カルダノは10%近くの上昇を見せました。

中央銀行ではなく民衆によってコントロールされる仮想通貨の利点が再認識されました。

これからは、「有事のビットコイン買い」が進んでいくかもしれません。

87承認済み名無しさん2018/05/30(水) 21:53:51.63ID:SahPU36k
マカフィー氏が独自仮想通貨の発行へ
仮想通貨市場への影響力で度々話題になっている「ジョン・マカフィー」氏は5月29日、仮想通貨に裏付けられた独自紙幣「マカフィーコイン」が、26日以内にデビューすると電撃発表を行いました。
マカフィー砲とは
世界的に有名なセキュリティソフト開発会社の創始者「John Mcafee」氏がTwitter上で行う、仮想通貨価格に大きな影響を及ぼすツイート群のこと。 同氏が取り上げた直後に急騰する仮想通貨が多いことから、”砲撃の威力”に準えて呼称される。

88承認済み名無しさん2018/05/31(木) 02:45:56.67ID:qCwoHX44
Spencer Bogart氏:BTCに対して強気発言

ブロックチェーンベンチャーキャピタルのパートナーであるSpencer Bogart氏はCNBNのインタビューで、BTCに対して強気を隠さず、ビットコインは巨大な投資オプションであると述べている。

ビットコインの制度化は間違いなく起きる。

私はニューヨークのブロックチェーンウィーク中に動いている人なら誰でも明白だったと思う。

あらゆる主要銀行は、この分野での活動を模索している。

銀行はビットコインを顧客に提供するか、保管プラットフォームに取り組み始めるか、または取引デスクを開くことになるだろう。それはもちろんこの分野を取りに来ている。

89承認済み名無しさん2018/05/31(木) 21:55:50.00ID:qCwoHX44
三菱UFJ・三井住友・みずほのメガバンク3行、決済事業の大手メタップスと提携へ

三菱UFJ、三井住友、みずほのメガバンク3行は、オンライン決済事業を手がけるメタップスが提供するスマホ決済システムを活用することで合意。近日中に詳細を発表するそうです。

子会社のメタップスプラスはCardano(カルダノ/ADA)と提携


三菱UFJ・三井住友・みずほのメガバンク3行、決済事業の大手メタップスと提携へ 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:1341adc37120578f18dba9451e6c8c3b)

90承認済み名無しさん2018/05/31(木) 22:00:26.66ID:qCwoHX44
ビットコインが金融危機への新たな資産逃避先と市場恐怖指数として需要拡大か

CNBCに対し、Stutland氏は、以下のように主張しました。

「VIX指数と30取引日前のビットコイン価格には、大きな相関性が見られ、市場の信用リスクを測る指針になっています。

それが仮想通貨の新たな使い道となっているのです。

そして、銀行業界の信用リスクを抑える役割も担っています。」

CBOEの公式サイトでも、ビットコイン及び、VIX指数には相関関係が見られることが以下の図を用いて説明されています。

91承認済み名無しさん2018/05/31(木) 22:00:59.07ID:qCwoHX44
新たな資産先としてのビットコイン

昨日イタリア経済の動きに対して、ビットコインの買いが強まったことが報道されました。

現在イタリアの政局混乱により、経済危機が懸念され、ユーロや国債を売る動きが強まっています。

イタリア経済はギリシャの10倍近い経済規模となることから、影響力が多大です。

この様な状況の中、市場分析家は、ビットコインの急激な価格回復は、イタリア政局の混乱が金融市場に影響を及ぼしたと同時に起こったと指摘。

国に縛られないビットコインが、金など有事の際の資金避難先として注目される動きも強まっているかもしれません。

92承認済み名無しさん2018/05/31(木) 22:42:49.74ID:qCwoHX44
5/31(木)|下落続く仮想通貨市場の中、6月1日が相場転換期となる可能性

93承認済み名無しさん2018/05/31(木) 22:43:17.59ID:qCwoHX44
仮想通貨市場は、29日を境に価格が上昇する通貨が目立ち始めています。

BTC/JPYは、29日の20時に77万円から81万円台まで大きな反発を見せましたが、それに次ぐ形で、本日31日13時に80万円から82.5万台まで価格を戻しました。

CoinCheckのチャートでは83万円台も確認されており、大きな動きがなければ約1週間ぶりの83万円台回復となります。

94承認済み名無しさん2018/05/31(木) 22:43:58.92ID:qCwoHX44
また、下落相場時に現れやすいビットコインドミナンスの上昇は、5月の下落相場を受け、36%から一時40%弱まで上昇したものの、再度38%台まで下落。市場の活気を示すアルトコインへの資金流入も見受けられる状況になってきました。

現在ビットコインを中心に、イタリアの経済危機が懸念されており、ユーロや国債を売る動きが強まっている状況があり、有事の際の資産逃避先としての需要増加によるビットコインの価格上昇が指摘されています。

また、投資家の恐怖指数を示すVIX指数より早く市場全体の信用リスクを推し量る”新たな指針”としての動きも関心を集めており、銀行業界の信用リスクを抑える役割としての見方が強まる可能性も出てきました。

95承認済み名無しさん2018/06/01(金) 09:55:59.60ID:s80tgjQJ
仮想通貨ユーチューバーがビットコインは年末までに5万ドルに到達と予想

96承認済み名無しさん2018/06/01(金) 09:56:32.99ID:s80tgjQJ
30万人以上の登録者を抱えるユーチューバーのNichlas Merten氏は、自身の仮想通貨市場に対する見解や考察を投稿して人気を博しています。同氏はこの度ビット
コイン(BTC)の価格について言及し、今年の年末までにビットコインはATH(All Time High)を超えて5万ドル(約550万円)に到達するとしました。

97承認済み名無しさん2018/06/01(金) 17:41:15.60ID:s80tgjQJ
米大手取引所「Bittrex」が銀行と提携:仮想通貨市場の信頼性向上でメインストリームへ

5月31日に、アメリカ・シアトルの大手仮想通貨取引所であるBittrexは、アメリカ・ニューヨークにあるフルサービスの商業銀行「Signature Bank」との提携によって、
一部の法人顧客に対し、米ドル預金の受領を開始、ドルとの取引ペア公開を認可したことを明らかにしました。

98承認済み名無しさん2018/06/01(金) 17:42:53.05ID:s80tgjQJ
ホーム仮想通貨情報
スペイン議会はブロックチェーン技術と仮想通貨に有利な規制草案を満場一致で支持

スペインで仮想通貨とブロックチェーンに関する規制の見直し
スペイン議会は、満場一致で、技術革新と仮想通貨の基盤であるブロックチェーン技術を優遇する規制の作成を求め、
下院の財務公共機能委員会の出席者全員の支持を得ました。

スペインで仮想通貨とブロックチェーンに関する規制の見直し
スペインEuropa Press紙の報道によると、5月30日、スペイン議会は、満場一致で、技術革新と仮想通貨の基盤であるブロックチェーン技術を優遇する規制の作成を求めました。

与党である国民党の賛同を集め提案された草案は、下院の財務公共機能委員会の出席者全員の支持を得たことになります。

99承認済み名無しさん2018/06/01(金) 19:51:42.84ID:BJVNvFbW
中国:仮想通貨規制緩和の兆候?習近平国家主席がブロックチェーン技術の重要性に言及

中国の国家主席がブロックチェーンの重要性に言及
昨年9月から仮想通貨取引を禁止している中国ですが、国家主席の習近平氏は5月29日、中国科学院の年次総会にて、ブロックチェーンの重要性について言及しました。さらに、中国の国務院も5月にブロックチェーン技術の発展、商業化を促進するよう行動を起こしています。
中国の規制緩和の必要性
中国では、ブロックチェーン技術を重要なものであると認識する一方で、世界有数のマイニング企業や仮想通貨取引所が中国国外に流出するなどしており、国際間での競争激化も考えられることから、仮想通貨に関する規制緩和の必要性に迫られています。
ブロックチェーンとは
非中央集権の分散型台帳技術、または分散型ネットワークのこと。 事実上改ざん不可能で信頼性が高いため、仮想通貨のみならず、煩雑な契約の自動化など幅広い用途での活用が期待されている。

100承認済み名無しさん2018/06/01(金) 20:36:06.91ID:BJVNvFbW
さらに5月には、中国の最高国家行政機関である国務院も、地域金融機関や政府系研究機関に対して、「ブロックチェーン技術の発展及び、商業化を加速させるよう」最高位の命令を出しています。

中国東部の杭州市では、すでにブロックチェーン工業団地が開設されており、4月9日に行われた開設式では、中国の地元政府が30%を出資した、100億元(約1700億円)規模のスタートアップ向けブロックチェーン・ファンドの設立を発表しています。

このように、中国全体でブロックチェーン技術の発展が推進されていることからも、中国政府の関心が一層高まってきていると言えるでしょう。

中国のニュースを英語で発信する地方紙のGlobal Timesは、「中国は経済的な優位性を保つために、規則や規制を考慮すべきである。」と主張、以下のように記述しました。

「中国は、将来のデジタル通貨の牽引役を担うために、規制の基礎作りを行うべきだ。」
現在の中国は、厳格かつ過剰な規制の影響で、有力な仮想通貨取引所やマイニング企業を始めとする、多くの仮想通貨関連企業が国外に流出している現状があります。

ブロックチェーン技術は、すでに世界的にも注目されており、今後も国際間競争が高まっていくと予想されており、中国が次世代テクノロジー産業で遅れを取らないためにも、時代に合った規制緩和が求められていると言えるでしょう。

しかし、CoinPostが取材を行ったある情報筋の話では、規制緩和については現段階ではまだ噂レベルとなっており、定かではありません。

とは言え、中国が公の場でブロックチェーンについて前向きな発言をしたことは、中国の仮想通貨関連産業における現状を踏まえても示唆に富んでおり、規制緩和の期待につながるポジティブな材料であることは間違いないでしょう。

101承認済み名無しさん2018/06/01(金) 20:37:23.61ID:BJVNvFbW
マスターカード:クーポン偽造を防ぐ用途でブロックチェーンに目を向けている
Mastercardの新特許申請で、顧客のクーポンが本物かどうか証明するための1つの方法として、ブロックチェーンに目を向けていることが分かった。

ブロックチェーン技術を介し、クーポンを認証するシステムの申請は、5月31日に米国特許商標庁(USPTO)より新たな特許が公開された。

このシステムを使用することで、クーポンの偽造を防ぐ事で特定の顧客に対してより効果的に割引を行うことが可能で、クーポン詐欺を半減させることができるとのこと。

技術を使用したサービスが出てくるかどうかは、現時点では定かではないが、認証システムに焦点を当てることは、偽造IDの使用を防ぐメリットにも関係する。

102承認済み名無しさん2018/06/02(土) 00:53:57.70ID:CyLpj8Y6
 カナダのケベック州政府が、仮想通貨のマイナーに対する電力販売の停止措置を解除する。モントリオールの新聞が30日に情報筋の話と
して伝えた。ケベック州は仮想通貨の「船に乗り遅れることを避けたい」意向で、一時停止措置の解除に踏み切る。

103承認済み名無しさん2018/06/02(土) 00:54:58.50ID:CyLpj8Y6
 国際通貨基金(IMF)の高官は、5月31日に発表された記事の中で、中央銀行は「デジタル時代に向けて」法定通貨を「より魅力的なものにする」必要があると提言した。IMF金融資本市場局の副局長である何東氏(ヘー・ドン氏)は、
中央銀行に対する仮想通貨による潜在的な競争に立ち向かうための三つの対応方法を提案した。

104承認済み名無しさん2018/06/02(土) 17:12:34.96ID:CyLpj8Y6
iPhoneの標準アプリ『株価』がCardano(カルダノ/ADA)に対応!
iPhoneの標準アプリ『株価』で仮想通貨「Cardano(カルダノ/ADA)」の価格をチェックできるようになりました。

105承認済み名無しさん2018/06/02(土) 17:21:53.28ID:CyLpj8Y6
北海道大学の学園祭「北大祭」が本日6月1日(金)から3日間行われます。その中で、仮想通貨をテーマにした「Bitcoin cafe(ビットコインカフェ)」が開かれているようです。

飲食だけでなく仮想通貨グッズも
マグカップやコースター、クリアファイル、バッジ、ステッカーなど、さまざまな仮想通貨グッズも用意されています。

106承認済み名無しさん2018/06/02(土) 17:22:58.76ID:CyLpj8Y6
イギリスのプリペイドカード「UPayCard」がBitcoin Cash(ビットコインキャッシュ/BCH)を導入。これにより、「UPayCard」を利用したビットコインキャッシュ決済が可能になりました。

107承認済み名無しさん2018/06/02(土) 21:26:02.81ID:CyLpj8Y6
仮想通貨マーケットレポート:強まるビットコインの買い圧力…6月には好材料が控え相場回復の兆しも

ビットコイン(BTC)は、2日午前7時過ぎから上昇し82万3000円前後で推移。現在の取引価格は83万5000円で前日から0.90%上昇した(記事執筆時)。

イーサリアム(ETH)は、6万4000円で0.53%上昇。ビットコインキャッシュ(BCH)は、11万1839円で1.55%上昇。リップル(XRP)は、69.12円と2.75%上昇した。


はてなブックマーク
LINE
送る
送る
仮想通貨マーケットレポート:強まるビットコインの買い圧力…6月には好材料が控え相場回復の兆しも
仮想通貨マーケットレポート

ビットコイン(BTC)は、2日午前7時過ぎから上昇し82万3000円前後で推移。現在の取引価格は83万5000円で前日から0.90%上昇した(記事執筆時)。

イーサリアム(ETH)は、6万4000円で0.53%上昇。ビットコインキャッシュ(BCH)は、11万1839円で1.55%上昇。リップル(XRP)は、69.12円と2.75%上昇した。



仮想通貨市場は、先月末までの韓国の確定申告の期限による売り圧も落ち着きも見せ、徐々に回復傾向。本日も82万円台前半をキープしている。

5月26日以来、この1週間でビットコインは78万円から83万円のレンジ相場で取引されている。

この日注目すべきニュースは、大手取引所Binanceが10億ドルを投じて仮想通貨とブロックチェーン専門の投資ファンドを設立したことだろう。
Binanceは主力の取引所以外にもその業務の幅を広げており、着実にその存在感が増している。 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:1341adc37120578f18dba9451e6c8c3b)

108承認済み名無しさん2018/06/04(月) 13:23:58.30ID:EeOeV8Vr
ホーム仮想通貨ビットコイン
ビットコインは既に底値であり価格回復が見込める状況|Fundstratアナリストが分析

Fundstrat Global Advisorsでテクニカル戦略責任者を務めるRobert Sluymer氏(以下、Sluymer氏)は、5月31日に、CNBCの”Futures Now”という番組に電話出演して、ビットコインが底値に達し、今後価格の回復が見込めるという展望を語りました。

「私達は、ビットコイン価格において、7000ドル(約76万円)付近で強力な下支えがあると考えており、この価格から回復に向かっていくのではないかと予想しています。」

109承認済み名無しさん2018/06/04(月) 13:29:48.20ID:EeOeV8Vr
Sluymer氏は、ビットコインが、底値を更新し続けていると主張されている中で、ビットコイン価格は支持線によって支えられていることを主張しました。

彼は、チャートを用いて、その支持線が、2017年第四四半期から始まり、2018年の2月と4月によって形成されていると語り、5月最終週にも、その価格が、この支持線にまで到達していることから、底値に見られる適切な調整が行われていると言及しました。

さらに、特定期間内の値動きの強弱を示すRelative Strength Index(RSI)に関しても、過剰な売却が見られ、その値が底に近づいていることもビットコイン価格の底値を示唆していると語りました。

110承認済み名無しさん2018/06/04(月) 13:34:56.45ID:EeOeV8Vr
Sluymer氏は、以前から、同じくFundtrat Global Advisorで研究責任者を務めるTom Lee氏(以下、Lee氏)と共に、ビットコイン及び、アルトコインに関する市場予測を発表していました。

彼らは、アルトコイン市場の下落トレンドは、150日~175日間続き、2018年の4~6月にかけて価格の下落がピークとなり、その後8月中旬以降に強気市場に
転換すると2018年3月時点で予想しており、そのアルトコイン市場が上昇する前の7月頃にビットコイン価格も強い上昇トレンドに転換するのではないかと推測していました。

さらに、Lee氏は、既述の予想を出した同月3月に、ビットコイン価格が2020年3月までに、91,000ドル(約998万円)に到達すると予想しています。

よって、もし今回の底値が確かであり、今後、ビットコイン価格が上昇トレンドに切り替わっていくのであれば、彼らのシナリオ通りに事が進んでいると言えるでしょう。

111承認済み名無しさん2018/06/04(月) 14:33:22.18ID:EeOeV8Vr
EMURGO(エマーゴ)は、Cardano(カルダノ)の仮想通貨ADA(エイダ)が株式会社メタップスの子会社である韓国最大手のモバイル決済プラットフォームの
一つであるメタップスプラスと提携することを発表。これにより、仮想通貨ADAはメタップスプラスのモバイルマーケティングとモバイル決済プラットフォームに
おいて取り扱いが開始されることとなる。仮想通貨ADAは、2018年第三四半期までに、33,000店以上のメタップスプラスのパートナーである店舗での決済や、
店舗との提携プロモーションで使用されることを予定している。

112承認済み名無しさん2018/06/05(火) 17:09:12.42ID:FVQlIBUR
二つの壮大な実験
なぜ新興国や債務国経済が重要なのかについて話す前に、今、金融の世界では壮大な実験が二つ行われているのはご存知でしょうか。

一つはもちろん「仮想通貨(ビットコイン)」で、もう一つは「金融の正常化」です。

リーマンショックが起こり、世界経済を立て直す為に米国、欧州、日本各国の政府と中央銀行は大規模な金融政策と財政政策、とりわけ量的緩和政策、金利引き下げ政策を行い、歴史上最も大規模的に世界中にお金をばらまきました。

この大規模な金融緩和政策の恩恵は、先進国のみならず、新興国にも波及。高い利回りを求めたマネーの動きが新興国債券にまで及んだわけです。

それから約10年。ようやく世界経済は回復していると言えるところまできて、米国FRBは利上げを含む金融の正常化をはじめ、欧州ECBも出口戦略を意識した発言が出始めている他、日本でも出口戦略が一部マスコミ等でも報道されるようになってきました。

しかし、これだけの金融緩和を行った後に出口戦略を取る中で、先進国の金融政策の恩恵を受けてきた新興国の経済はどうなるのかといった懸念があります。世界のマネーの流れが逆回転し、新興国からマネーの流出が起こるのではといった懸念があります。

このマネー流出によって、新興国の経済、そして政治の不安が起こり、急速なインフレーションに今後苦しむ国が出てくる可能性があり、自国の通貨が不安定なものとなった時、ここで一つの解決策が出てきます。

それこそが「仮想通貨(ビットコイン)」なのです。

113承認済み名無しさん2018/06/06(水) 17:29:19.99ID:ymAl+pad
ビットコインATMの設置数が3,000台を超える

通貨名 台数
ビットコイン(BTC) 3128台(99.9%)
アルトコイン(altcoin) 1584台(50.6%)
ライトコイン(LTC) 1494台(47.8%)
イーサリアム(ETH) 878台(28.1%)
ビットコインキャッシュ(BCH) 290台(9.3%)
ダッシュ(DASH) 43台(1.4%)
ジーキャッシュ(ZEC) 38台(1.2%)
モネロ(XMR) 24台(0.8%)

114承認済み名無しさん2018/06/09(土) 19:14:13.74ID:cZnW1n1y
ロスチャイルド財閥
ヨーロッパ最大のユダヤ系の世界的大財閥。

ロックフェラー財閥同様、世界中の名だたる企業を傘下に収めており、財閥の総資産額はもはや天文学的数字となる数千兆円〜数京円規模という情報も。

英ロスチャイルド家のジェイコブ・ロスチャイルド氏率いる「RIT Capital Partners plc」は、ロンドン証券取引所に上場している投資信託であり、純資産は推定で約19億ポンド(約3000億円)とされています。

2011年には、優れた業績が認められ、投資信託ジャーナルから「最優秀トラスト賞」を受賞しました。

またロスチャイルド財閥は、2017年には「ビットコイン投資信託(GBTC)」を通じて、約21万ドル分の仮想通貨を購入したと報じられており、最近も仮想通貨市場で再び名が挙がっています。

115承認済み名無しさん2018/06/09(土) 19:23:50.95ID:cZnW1n1y
BTC価格上昇への高まる期待
2018年、仮想通貨市場の価格が低迷を続けていますが、2017年下半期の上昇劇が再来する事を夢見て、多くの投資家たちが価格上昇への期待感を募らせています。

仮想通貨の投資家として有名なDabid Hanson氏は、イギリスの大手日刊紙であるインデペンデント紙の取材に対し、

ビットコインの価格はここ数週間の間も6500ドルから8500ドル間で推移していくでしょう。

しかし、中長期的な目線で考えれば、ビットコインの価格は跳ね上がると考えています。

大規模な投資機関が今後も仮想通貨投資へ参入していき、市場が活性化していくことでしょう。

と述べました。

投資家、アナリストによる数々の強気な価格予想は、昨年下半期から今年初旬にかけて多く見られましたが、依然多くの予想家がその姿勢を貫いています。

投資機関の参入が好材料の主要因として考えられており、今年中に市場に活気が戻るだろうという希望的観測はこれまでにも多くのアナリストから指摘されている通りです。

彼らは皆、ビットコインが数ヶ月のうちに10000ドルへ返り咲くだろうと信じています。

投資プラットフォームeToroの取締役を務めるIqbal Gandham氏もその一人であり、インデペンデント紙に価格予想に関する自身の見解を述べています。

2018年の上半期は、仮想通貨が大きな価格上昇を遂げるための準備期間であり、跳ね上がる機会を見計らっていたとも捉えられます。

その転換期がまさに間近に迫っているかもしれません。

116承認済み名無しさん2018/06/09(土) 19:26:17.29ID:cZnW1n1y
BTC価格:最高値更新までの期間が直近2年で最長
とある分析によると、ビットコインの価格は最高値を更新しなかった期間が173日(6/7現在)と、この2年間のうちで最長であることが明らかにされています。

117承認済み名無しさん2018/06/09(土) 19:29:07.97ID:cZnW1n1y
ビットコインは有価証券に該当せず規制の対象ではない|米SEC委員長が言及

SECが規制しない仮想通貨
Clayton氏は、議論される有価証券に対する意見は通すことを明言していますが、本質的に通貨としてトランザクションに用いられる、つまりビットコインのような仮想通貨は、SECの元では有価証券としての規制対象ではない、と明確に述べました。

「仮想通貨とは、ドル、ユーロや円のような法定通貨に取って代わる『ビットコイン』の類。つまり、有価証券ではない」と言及しています。

118承認済み名無しさん2018/06/09(土) 20:10:38.95ID:cZnW1n1y
Dan Morehead氏「仮想通貨は今が買い時、年末BTC価格は200万円超える」

2003年に創業、仮想通貨やフィンテック関連に注力している投資ファンド、Pantera Capital。

ボラティリティが高く不安材料が多い仮想通貨業界において、常に強気な発言をしてきたことで知られます。

そうした中2018年4月18日に行われたCNBC誌の企画「Fast money」内にて、CEOである、Dan Morehead氏が大胆な発言をし、話題になっています。

同氏はビットコインの弱気市場の底は6,500ドル(約70万円)で、年末には2万ドル(約215万円)になると述べました。

もしあなたが2万ドル(約215万円)のものを7,000ドル(約75万円)で買うことが出来たなら、恐らくそれは良い取引と言えるでしょう。

Dan Morehead氏とは
Dan Morehead氏は、元々は金融大手ゴールドマンサックスなど、名だたる金融機関にて執行部を歴任していました。

彼は2003年に投資ファンドPantera Captalを創業します。

Pantera capitalはもともとはグローバルなヘッジファンド投資に力を注いでいましたが、仮想通貨業界の急成長を受け2014年ビットコインの取り扱いを経て、本格的に市場に参入しました。

現在は仮想通貨関連の投資ファンドとしては最も大きいもの一つになり、その動向には常に注目が集まっています。

CEOであるDan Morehead氏は仮想通貨に好意的な投資家として有名で、単純にビットコインやその他仮想通貨の将来性に関して強気な発言をしていることで知られています。

以前、仮想通貨業界で最も市場価値の高いビットコインについて言及し、仮にビットコインが消滅するような事態になっても、仮想通貨へ投資を行っておけば、採取的なリターンは大きい、と語ったことで物議をかもしました。

119承認済み名無しさん2018/06/09(土) 20:11:22.65ID:cZnW1n1y
Dan Morehead氏「仮想通貨は今が買い時である」
そんなDan Morehead氏は2018年4月18日、再度注目を集める発言を残しました。

彼は2万ドル(約215万円)という高値から一時三分の一近くまで落ち込んだビットコイン価格に関して、現在は底であり「今が買い時である」と語ったのです。

彼の根拠の一つが、Pantera capitalでの仮想通貨の取引履歴の流れにあります。

データによれば、ここ5年間の間で仮想通貨産業は年率165%の成長率で成長を続けています。

この流れを見れば、今後もビットコインに限らず、仮想通貨は上昇を続けていくだろうと予想しているのです。

Morehead氏が提示する条件はこれだけではありません。

現時点で、一般市場の機関投資家による、資産の流入が仮想通貨市場には起こっておらず、依然として過小評価されている段階だと彼は語ります。

長期的な視座を持たず、資産規模の小さい投機目的のユーザーで50億ドル近い仮想通貨市場が保有されているような状態であるとしました。

また、今後この市場に大口の機関投資家たちが流入すると、その価値は数倍にも跳ね上がると彼は予想しているのです。

Morehead氏とPantera capitalは4月にも顧客宛てのニュースレターにて、こうした現状を踏まえ、2018年中にビットコインは少なくとも2万ドル(約215万円)までその価格を上げるだろうと伝えています。

120承認済み名無しさん2018/06/09(土) 20:11:53.68ID:cZnW1n1y
その他専門家の声
Danmorehead氏に限らず、ビットコインや仮想通貨の現状は底だと考えている投資家、アナリストは多数存在しています。

その一人が、Tom lee氏です。ウォーストリートに拠点を置く、リサーチプロバイダーFundstrat Global Advisorsのアナリストであり、仮想通貨関連の情報発信を行っていることで有名です。

彼は米国の経済学者Arthur M. Okunが、考案した悲惨指数という概念を用い、ビットコインの将来性を算出し、2020年までに91000ドル(約980万円)まで価値が上がるだろうと発言しています。

また、ビットコインや仮想通貨価格が急落した2018年初頭には、この要因がアメリカの確定申告期間(1月27日〜4月17日まで)が影響していると語りました。

こうした専門家の声はあくまで予測です。実際のところ仮想通貨は実際に現実世界で使われてこそ、その本質価値が問われるものですが、現段階では依然としてその多くが試験段階です。

まだ価値を策定できるレベルではないとする専門家も存在しています。

121承認済み名無しさん2018/06/09(土) 20:36:24.14ID:cZnW1n1y
 中国の検索エンジン百度(バイドゥ)は「度宇宙」(ザ・ユニバース)というブロックチェーンベースのゲームを制作した。そのゲームでは、
ブロックチェーンの機能を使ってユーザーが自分の惑星を作るための「元素」を受け取る内容だ。コインデスクが8日に報じた。

 ウェブサイトでは、このゲームを「あらゆる種類の希少元素で作られた魔法の世界」と説明しながら「オープンブロックチェーンの惑星間旅行」だと
説明している。このゲームのユーザーはそれぞれ探索可能な「独自の惑星」を持つことができる。

 サイトの説明では、ゲームが立ち上げられると各ユーザーはエアドロップでランダムに100の元素を受け取る。ユーザーが持つ元素が多いほど、
惑星はより大きく成長する。それにより引力が増し、「神秘的な機能 」を利用可能にするより多くの元素を獲得できるようになる。

 今週初め、百度はマイニングで生じるエネルギー消費を削減するためのブロックチェーンプロトコルを発表した。
「スーパーチェーン」と呼ばれるものだ。4月には既に、百度は著作権で保護された画像の権利侵害を防ぐブロックチェーンベースの画像権利プラットフォームをリリースしている。

 ブロックチェーンベースのゲームは仮想通貨空間にとって新しいものではない。イーサリアムのクリプトキティーズは、子猫を集めるデジタルゲームで、
昨年12月に1200万ドル以上の売上をあげている。

122承認済み名無しさん2018/06/14(木) 09:06:12.86ID:J045COyD
世界最大の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)が、ジャージー島のデジタル産業を代表する独立系組織 Digital Jersey(デジタル・ジャージー)と
覚書を締結したことが明らかになりました。両者は、覚書に沿ってジャージー島のコンプライアンス基盤を整備し、仮想通貨取引所の開設を目指すとしています。

123承認済み名無しさん2018/06/14(木) 09:10:05.00ID:J045COyD
Binanceの法定通貨取り扱い
世界有数の仮想通貨取引所であるBinanceのCEOを務めるChangpeng Zhao氏(以下、CZ氏)は、6月6日にマルタでの銀行口座の開設に成功したことを明かし、法定通貨での取引への大きな一歩を踏み出したことを明らかにしました。

そして先日6月11日に、今年中に法定通貨ユーロと仮想通貨との取引ペアを提供することを発表し、大きな話題となっています。

Binanceは、2018年3月に仮想通貨および、ブロックチェーン技術に寛容であるマルタへの移転を発表しました。

さらに、Bloombergによると、仮想通貨市場が停滞しているにも関わらず、その利用ユーザー数は、2018年1月の200万人ほどから現時点で900万人ほどにまで増加している記述され、プラットフォームの着実な成長が示唆されました。

今回発表された、法定通貨ユーロとの取引ペアが新たに追加され、仮想通貨と法定通貨のペアを提供する業界内でも数少ない仮想通貨取引所の一員となることで、Binanceは、さらなる成長を遂げると考えられています。

Binanceの代表者によると、ユーザーはそう遠くない内に、仮想通貨から法定通貨に換金できると主張する一方で、”Binance.comは、仮想通貨と仮想通貨のペアに焦点を当て”、仮想通貨と法定通貨のペアは、あくまでも
”マルタ基盤で新たに開設される別のプラットフォームで提供”されると言及しています。

124承認済み名無しさん2018/06/14(木) 09:10:43.70ID:J045COyD
今後の展開
バイナンスCEOのCZ氏は、近いうちにイギリスとフランスの間に位置する、チャンネル諸島のジャージー代官管轄区でも、「取引所ライセンス」を取得し、100人規模のオフィスを構える計画を発表しており、台湾の当局や、銀行とも話し合いを進めていることを明らかにしています。

ジャージーは、イギリス国王をその君主とし、イギリスの国内法上はUKには含まれないイギリス王室属領として位置づけられている。

そしてCZ氏は、仮想通貨と法定通貨の取引をウガンダやアジアでも展開したいと考えていることを明かし、詳しくは言及しなかったものの、「ユーロ以外の法定通貨の追加も検討」していることを示唆しました。

さらにBinanceは、6月1日に、独自発行通貨であるバイナンスコイン(BNB)を使用して出資を行う10億ドル(約1,000億円)規模のファンドの設立を発表しており、仮想通貨プロジェクトへの積極的な投資が行われる予定です。

このようにBinanceが、ユーロを始めとする複数の法定通貨での取引を実現させ、数多くの仮想通貨プロジェクトを取り込んでいくことで、
その影響力はさらに広がっていき、プラットフォームとして、さらに規模を拡大させていくことが見込まれています。

125承認済み名無しさん2018/06/14(木) 09:43:44.41ID:1i318Caf
    ____
    r、/  ⌒ ⌒ \
    |.l1 (● ) (● )ヽ  はい?
   .|^ )  (__人__)  |
  .ノ ソ、_ ヽノ _/ ̄`!
  /  イ         イ7 _/
  {__/\        ヽ {

126承認済み名無しさん2018/06/14(木) 15:59:50.51ID:Pj0FKH0r
900万すげー

127承認済み名無しさん2018/06/15(金) 15:17:58.85ID:Q8aNgqQX
ここで18ドル分のAirdrop貰えるらしいぞ
https://www.kimcoincryptocurrency.com/blank

128承認済み名無しさん2018/06/20(水) 12:22:41.44ID:+KqtGTxf
Square社がビットライセンス取得
6月18日に、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)は、アメリカのモバイル決済企業Square社に対し、アンチ資金洗浄、資本、消費者保護、セキュリティなどあらゆる側面を精査した上で、「ビットライセンス」を発行することを発表しました。

Square社は、2009年にTwitter社のCEOも務めるJack Dorsey氏(以下、Dorsey氏)および、アメリカの起業家であるJim McKelvey氏によって創業され、モバイル決済ネットワークを提供しています。

そして、2018年2月には、同社が提供するアプリCash Appにて、ビットコインの取り扱いも開始しています。

ビットライセンスとは、ニューヨーク州での仮想通貨取引業を可能にするライセンスです。

審査基準が厳格であることから、数多くの仮想通貨関連事業はライセンスを取得できず、米ニューヨーク州でサービス提供を行うことができていません。

現在までにビットライセンスを取得している他企業は、以下の6社です。

BitFlyer USA(日本企業の海外子会社)
Coinbase(大手仮想通貨取引所)
Xapo(仮想通貨ウォレット企業)
Genesis Global Trading(機関投資家向けの仮想通貨取引)
XRP II(米リップル子会社)
Circle(仮想通貨決済サービスを提供)

129承認済み名無しさん2018/06/20(水) 22:32:14.41ID:+KqtGTxf
世界の富裕層の内55.9%が仮想通貨投資に関心|日本の富裕層は関心薄

130承認済み名無しさん2018/06/20(水) 22:35:30.96ID:+KqtGTxf
World Wealth Report 2018
フランスで、世界40カ国以上にて事業展開を行うコンサルティング企業のCapgeminiは6月19日、アメリカ、ヨーロッパ、アジアにおける富裕層2,600人を対象とした調査「World Wealth Report 2018」を公開しました。

WWR2018によると、富裕層(株式や債券を始めとする資産を1億円以上保有する個人)の数は2017年から160万人増加し、資産総額も過去最高の70兆ドル(約7700兆円)の壁を突破し、昨年から10.6%の増加を記録しました。

注目すべきは、WWR2018が仮想通貨についても言及し、データを公開したことでしょう。

そのデータでは、ラテンアメリカ、日本を除くアジア太平洋地域、ヨーロッパ、北アメリカ、日本、世界の各富裕層の仮想通貨への関心の強さが表示されています。

データによると、2018年第一四半期において、世界中の富裕層の内29.0%が仮想通貨の購入・保有に高い関心を持ち、26.9%がある程度の関心を持っていることから、世界中の富裕層の内、半数以上が仮想通貨への関心を示していることが明らかにされました。

特に、メキシコ以南を指すラテンアメリカや、日本を除くアジア太平洋地域において、関心度が非常に高い一方で、日本では、高い関心を持つ富裕層の比率がデータ内で最下位になっており、先進国が多く含まれるヨーロッパや、北アメリカの関心比率も低くなっています。

これは、40歳以下の富裕層と60歳以上の富裕層の仮想通貨の情報重要性調査にて50%以上の開きがあることからも、年齢による差が関係していると見られ、主に仮想通貨に関心を持っているのは、富裕層の中でも比較的若い層であると考えられています。

131承認済み名無しさん2018/06/20(水) 22:36:33.54ID:+KqtGTxf
不足するアドバイザー
仮想通貨市場は、国際的な規制も不完全で、未だ多くの詐欺プロジェクトが問題視されてしており、ハッキング被害も度々起こっていることから、資産管理企業は、積極的に足を踏み入れることができていないのが現状であると言えます。

報告書の中で、Capgeminiの金融サービス国際戦略部門の責任者を務めるAnirban Bose氏は、富裕層の半数近い人々が、資産管理マネージャーとうまく関係を築くことができていないと記述され、資産管理企業はある種のチャンスに直面していることを主張しました。

さらに、同社のアジア資産管理部門を統括するDavid Wilson氏も、仮想通貨分野のプライベートバンクについて以下のように強調しています。

民間銀行は、商品提供やアドバイスを必ずしも行う必要はないが、仮想通貨に関する世間話などで議題が上がった際に、意見を述べられるよう備えておくべきだ。
さもなくば、次世代の顧客は仮想通貨の話題ができる人に取られてしまいかねない。

と強調しています。

さらにWWR2018では、40歳以下の富裕層の88%が、GoogleやAmazonなどのテクノロジー企業に資産管理業務を提供してほしいと語っていることから、資産管理分野とテクノロジーは
もはや切り離せない密接な関係にある一方で、既存の資産管理企業の危機を示唆しました。

132承認済み名無しさん2018/06/20(水) 22:39:56.63ID:+KqtGTxf
米ゴールドマンサックスCEOが仮想通貨の可能性を語る
ゴールドマンサックスのCEO、Lloyd Blankfein氏は、「私にはビットコインは必要ないが、初期は懐疑的に見られていた携帯電話が生活必需品レベルまで普及した例もあり、数年間で確立される資産クラスとなる可能性はある。」と肯定的な発言を行った。
Lloyd Blankfein氏とは
Lloyd Blankfein氏は、ウォール街の中で最もベテランの1人で、米投資銀行ゴールドマンサックスを12年間に渡って牽引してきた大物。2018年12月の年次会食にて、同社を去るのではないかと報じられている。

133承認済み名無しさん2018/06/21(木) 01:01:52.70ID:Wgd++3+5
ゴールドマンサックス
基本的な土台が 確立しないうちは、戦略を採用しないとしていた反面、先日仮想通貨による取引を検討しているとの見通しを発表しました。
JP モルガン・チェース
CEOのJamie Dimonの発言「ビットコインは詐欺」が有名ですが、銀行としてはビットコイン関連企業の買収に動いています。
モーガン・スタンレー
最高経営責任者のJames Gorman氏は仮想通貨に慎重な姿勢を取りつつも、Overstock.com(OSTK)の株式11.4%を買収を行っています。

134承認済み名無しさん2018/06/21(木) 08:44:39.36ID:sve84NFJ

新着レスの表示
レスを投稿する