【原作:田中芳樹】銀河英雄伝説 #84【漫画:藤崎竜】

公式
http://youngjump.jp/manga/gineiden/
第1〜3話試し読み
http://tonarinoyj.jp/manga/yj_mj/
とある作家秘書の日常 
http://a-hiro.cocolog-nifty.com/diary/

前スレ 【原作:田中芳樹】銀河英雄伝説 #83【漫画:藤崎竜】
http://fate.5ch.net/test/read.cgi/comic/1537964626/

批判議論自由な漫画サロン板の別館スレ
【フジリュー版】銀河英雄伝説 #14【別館】
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/csaloon/1537870982/

※次スレは>>970を踏んだ人が立てて下さい。無理ならば、報告と次の指定を。
SLIPとして本文1行目に下記を入れてください。
!extend:checked:vvvvv:1000:512

運命の出逢いが織り成す。銀河の覇権を懸けたSF英雄譚―――
日本SF史にその名を刻む、かの一大宇宙叙事詩が新解釈にて蘇る!
田中芳樹×藤崎竜、週刊ヤングジャンプ(集英社)にて連載中の『銀河英雄伝説』について語りましょう。
※連載版のネタバレは公式発売日の午前0時まで禁止とします。
※荒らしは構うと喜ぶのでスルー。
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

仏教の外道とかキリスト教の異端の認定とか、
なんで国家神道なんてのが発明されて廃仏毀釈が行われたか?とか、
最高権威者が何故親政しないのか?とか、
そういうの権力者の都合だけで決められたとか考えて深く考えたことがないのかな?

ID:CtOCS1ofd [5/5]
宗教板にいけよ ?多すぎ

キルヒアイスが死んだらもう脱落だわ…
本編も2巻までと外伝しか読まない
ゴリラだろうと辛すぎる

正直見切り時かなとは思ってる

同じく

キルヒアイスの遺書が見付かって
姉弟二人でそれを読む そこには
アンネローゼに対する思いと
ラインハルトに対する親友としての言葉と戦友としての宇宙統一の願いが書き綴られてた

くらい欲しいよな

ケッセルリンクと工作員の密会を見つけておきながら金髪に報告しなかった義眼も卑劣だな
洗いざらい説明していれば、金髪も他人に赤毛との争いを誘発されたと思考して
全て元通りとはいかずとも、赤毛に対する憤りもいくらか収まったろうに
二人の関係を完全な主従にしてしまえる良いチャンスと黙認してしまった

キルヒアイスなんてラインハルトに取って代わるような野心は一欠片もないのになぁ
関係性も少しずつ変化していくし
ラインハルトがどうかなったら
一緒に死ぬか、墓守しつつ農夫として暮らしそうなのに

>>611
キルヒアイスもここで死ぬつもりは無かっただろうよw

トップに匹敵する人望と能力があるってのが問題なわけで...
それだけ揃ってれば本人の意思に関わらず反乱の御輿には十分だから

フジリュー版はキルヒが死ななければ
フェザーンは対立煽って内戦寸前状態にできるという陰謀かな

>>612
義眼は赤毛排除したいし赤毛も義眼排除したいしで和解させてやる理由が無いのよね
揉めたのだって結局フェザーンに騙されたからじゃなく今までの不満が噴出したきっかけでしかない

他の提督と同列に扱えというだけでで排除しろとは言ってない
ラインハルトに「粛清しろとか追放しろとか申し上げているわけではありません」とも言ってるし

>>617
参謀遠ざけたら参謀にならんじゃないか

でもナンバー2がいないってのは、組織論的には間違いなんだよな。
でないと、ナンバー1が突然死したときに組織が動かなくなる。
もし赤毛が生きていたら、ヤンが対ラグナロック作戦で採った戦法も使えなかっただろう。
金髪が死んでもそのまま赤毛が同盟政府に白旗を揚げさせただろうし。

ああ赤毛のほうね
喧嘩でもしないと特別な地位から叩き出して同列にしなかったんだから
結局仲直りさせる理由はやはり無い

>>619
でもキルヒアイスに他の提督が従順に従うかというと疑問
結局ラインハルトありきで忠誠誓ってる奴らだし
少なくともビッテンフェルトとロイエンタールがキルヒアイス相手にお利口にしてるとは思えない

前も言った覚えあるけど、オーベルのナンバーツー不要論ってラインハルト体制への特殊論だと思う

皇帝即位してから結婚をすすめて
「皇太子が生まれたら卿が忌むナンバーツーになるのでは?」
「それはいいんです、体制の存続を保障するものになりますから」
とか言ってるしな

足利幕府は尊氏のときにはほぼ同格のNo.2同士が争って幕府がぐだぐたになったし
将軍独裁をすすめた足利義教は暗殺されたあとNo.2がいないせいで幕府がぐだぐたになったし
政権運営って難しいんだなあ

徳川幕府みたいに、跡継ぎがちゃんといて家臣団が団結してうまくいった例は稀だし

リッテンハイムとリッテンホーム
…セキスイか!

さすがに皇太子は別でしょ
もう1人産まれていたら、なにかあったときのために殺しはしなくとも
序列は厳格にしろとか言ってたかもしれないけど

独裁は否定しない、ルドルフ主義に陥らず人心を安定させればいいのだ、という点に限れば
オーベルシュタインとシェーンコップの意見は一致してるんだよな

>>596
 おいおい、唯一神(嗤)と比較したら貧乏神に甚だ無礼だぞ? 便所の神様に至っては「お前馬鹿?」レベル。
 身近で我々をたすけてくださる神々を軽視するのは不遜なことだね

>>612
 ガキじゃないんだからさ…… あの万物不感症男が神サマに何さなりたくない以上、そこまで親切にする理由こそ明示してほしいね

この漫画の描き方だと有害なナンバー2だけどな

>>625
無能がトップになるのだとしても長男が相続しろ、が家康の方針だからね。
そして、外様を作ることで統一してませんよとアピールし大名の面子を保ち、外様の存在で旗本がまとまると言う。
予備に御三家まで作る用意周到ぶり。
知れば知るほど感心する。
ホント良くできたシステムやで。

>>623
嫌、ひたすら高度成長高度成長でその為なら戦乱謀叛オールOKな室町幕府と安定安定ひたすら安定土地は独占な江戸幕府ではナンバーツー不要論以前に経済状況が違いすぎて困る

将軍も安定期には天皇化してるからね。
人間が象徴として存在するならあれが最適解なんだろうね。
権威者がミスったら権威を損なわないためにミスを認めない形になるけど、権威者と権力者が別で権威者が名目上でも任免権があれば権力者がミスっても権威そのものは損なわずにすむ。

皮肉にも、これを成し遂げてたのはラインハルトが嫌いなフリードリヒ4世と言う皮肉。

アルスラーン戦記のラジェンドラみたくあまり突出した人材は重用しなければよいのだ

>>596
>>627
悔い改めの前の盛大な前降りやな。
僕は20年以上キリスト教アンチしてたが、今はこうや。

ユダヤ人のルーツのひとつのエジプトの神話を見ればわかる。
民族的な征服が起きた場合、神話も書き変わる。
神話が書き変わるなら宗教的な義務が変わり、それらが保証してた社会保障も、経済すら書き変わる。
政権交代が起きた場合に備えて、それらは神のみこころと言う風にしておけばそれらを変更せずにすむ。
儒教でもそういうシステムあるやろ。

で、儒教とキリスト教を比較した場合キリスト教の方がマシでしょ。
論語を読んだが、マジつまんなかったし。
浄土真宗の経典も、殺人者も強盗も極楽浄土に行くならそれをしたもん勝ちになるやろ。
で、プロテスタントは「カトリックの腐敗に反対して」と教科書で教わるが、あれは原理主義的なんだよ。
そして、古くさい伝統を大事にするカトリックを調べてみれば結構今風になってたってオチ。

懐かしくて久しぶりに読み返してみたら色々腑に落ちない点が出てくるな

イゼルローン陥落で同盟に傾きすぎたバランスを戻すためにフェザーンが
遠征作戦をリークして今度は帝国に勝たせようとしたら勝ち過ぎてしまい
帝・同ずっと傷つけあわせてフェザーンの安泰を図る戦略が破綻してしまったのは
予想した以上に金髪が有能、フォークが無能が無能だったってことで
ルビンスキーのどこらへんが策士やねんと思った

あとラスト近くでトリューニヒトが帝国下で初めての立憲政治家になるため
政官界にいろいろコネや影響力を広げていた、ってあったけど
旧弊一掃・綱紀粛正して平均的に清廉実直な人間ばっかりな新帝国で
好んでトリューニヒトなんかと手を組みたがる官吏なんかそんなにいたのかね?
カイザーに知られたら即不興を買って将来がなくなるのに

伝統ってのはあれやで。字面的には古くさいイメージあるけど、要は状況や時代に反映してやり方を改善していきますよ。
でも、実は今まで通りですよ、という統一と革新を意味する言葉だったんだよね。
漸進主義なんだよ。
革新革新言ってたらいつの間にか君らの嫌いな勢力が天下取る羽目になるぞ。

描かれてない部分だから推測するほかはないけど
新年会で皇帝を称える挨拶か何かをしなかった人間がペナルティくらうとかの出来事に
ラインハルトが不快感を示すシーンがあったから最高幹部より下はいくらでもつけこむ隙はありそう

札束がいまだに存在する2000年以上未来の世界www

人類は噛み以上の記録媒体をつい二発銘できなかったんだよ。
じんるいはかみいじょうのきろくばいたいをついにはつめいできなかったんだよ。

50年100年の長期保存が必要な分野だと
対応機器が次々と入れ替わって耐久性も未確認なメディアよりは紙の方が信頼できるかも

金属板へのエッチングが一番長期保存が効くと聞いた
ボイジャーのメッセージは実際金板に刻まれてるんじゃなかった?

超大規模停電の時に現金の大切さと電子マネーの脆さは話題になったな

電子撹乱等の発達で
AIやロボットが使えなかったり、伝書鳩が使われたりするような時代なんだろ

現在の延長に必ず未来があると考えるほうが視野が狭いわな
超未来には、デジタルの改竄制・脆弱性が看過し得ないものとなり
ある分野ではアナログ回帰が起こっていたとしても不自然とはいえない

むしろスマホをそのまま出したほうがゲンナリするほどの違和感受けたわ

電子マネーは大規模フレアでクラッシュして痛い目にあったことがあったりw

それは違うよ。
現代人はお金の大半は銀行に預けてる。
銀行に預けてるってことは帳簿上のお金ってことで、
つまりデータでしかない。
まさか銀行が札束って形で保管してるわけはないからね。
どうしてそうなるかと言えば経済が巨大過ぎて
データとして扱わないと不便で仕方ないからだ。
銀行を信用出来ないからと、
預金をすべておろして持ち歩くヤツはごくわずかだろ。

例えるなら、全部一円玉で買い物するようなもん。
確認もめんどくさいしね。
これだけのことして、貰えるのは札束で数えられる程度か、的な感想を抱く人もいるかもしれないね。
まあ、しょせんファンタジーだし。

>>647
そういうのな

>>638
トリューニヒトが新帝国でやろうとしてた施策は、後にユリアンがラインハルトに提案したのと同じだぞ。
新帝国憲法を制定し、新帝国議会を開く。
それを理路整然と説明し、新帝国のため、新帝国臣民のためとトリューニヒトが説いたら、カール・ブラッケ、オイゲン・リヒターあたりは、速攻で丸め込まれるわ。

ある意味、帝国に一番深く侵攻してたのはトリューニヒトだったよな

作者の意図を超えて独り歩きするキャラ、それがトリューニヒトさん。

こ〜んなもんまで持ってやがった
今じゃケツをふく紙にもなりゃしねえってのによぉ!

衆愚から人類を[解放]した銀河帝国が人類史上最悪?の衆愚政治家に乗っ取られかかるとかひどい皮肉

ヒトラーのしっぽだな。

新着レスの表示
レスを投稿する