【乙嫁語り】森薫総合スレッド-120-【エマ・シャーリー】

年10回(1月と9月を除いた毎月15日頃)刊行の「harta(ハルタ)」(エンターブレイン刊)にて
19世紀・中央ユーラシアが舞台のブライド・ストーリー『乙嫁語り』を連載する森薫さんの総合スレです。
かつての掲載誌である隔月発刊のFellows!は、2013年2月に誌名を「harta(ハルタ)」と改めリニューアルしました。

-単行本など-
『乙嫁語り』
 1〜10巻、以下続刊
 全米図書館協会の10代向けグラフィックノベルのベスト10
 アングレーム国際漫画祭において、”PRIX INTERGENERATIONS”(世代間賞)を受賞
 「マンガ大賞2014」大賞を受賞
 エンターブレインムック【乙嫁と婿花】編(2016/12/31発行)セブン・イレブン各店で販売中
『森薫拾遺集』
 「モードリン・ベイカー」「すみれの花」「見えるようになったこと」「昔買った水着」「ブカちゃん」
 「お屋敷へようこそ旦那様!」「巣穴紳士倶楽部」など収録
 ※要はFellows!付属の小冊子に描かれた短編が中心の本
 ※短編集はおおよそ半分、後はサイン会ペーパーや、各種メディアに掲載したイラスト、ラフなど
『エマ』
 コミックス全10巻、副読本『エマ・ヴィクトリアンガイド』(共著・村上リコ)
 小説『エマ』vol.1・2(原作・森薫、著・久美沙織)
『シャーリー』
 1〜2巻、以下続刊
『Quarterly pixiv vol.07』
 付録『森薫印 マンガ用画材の選び方』、インタビューなど
 ※harta最新刊付属の小冊子にメイドのリリー秀才。

次スレは>>970が立てて下さい。
スレ立て時は>>1の本文一行目に「!extend:checked:vvvvv:1000:512」を入れて下さいね。
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

143名無しんぼ@お腹いっぱい (ワッチョイ f9f8-rs4L)2018/09/22(土) 17:27:22.00ID:DfG/d7LU0
昭和の頃とかでも学生服を半年クリーニングしないとかザラだっただろう

学生服ってクリーニングするもんだったの?

3年間いちどもクリーニング出さなかったな

スーツも考えてみりゃ毎日着て毎日汗かくことを強いられてるのに、綺麗にするためにはクリーニング出さなきゃならんの異常だよな
はよアロハシャツとかにしろ

>>145
3年間成長しなかったのか?

>>144
うちは衣替えの季節ごとに母がクリーニング出してくれてた
それでもシーズン終わりにはにおいとか気になったわ
若いと汗もたくさんかくし3年洗わないとかくっさそう

今時分は制服の素材とか洗濯機の進化でクリーニングに出さずとも
家で洗えるというコトかもよ?

>>147
中学校入学の時に3年間使えるように大きめの買ったからね

みんなブカちゃん

想定外の成長する人もいるからないとは言わないけど
女子はそこまで伸びない子が多いし男子は大きめの買うから途中で制服買い直す方が珍しいよな

成長ブカちゃんはペコポン人スーツみたいな違和感が

今の制服は洗濯機で洗えるの多いよ

そもそも頻繁な洗濯を前提に作っていない服だよねあれ
少なくとも大量に刺繍されてる部分は洗うことを前提としていない

学生服に刺繍?
昔のヤンキー?

学校によっては校章とかラインとか、そういうのを刺繍にするところはあるだろう
裏地にびっしり刺繍とか、それこそいつの時代だよw

いや多分刺繍は乙嫁内の話だと思うのだが

子どものうちは、お守兼ねて全身に刺繍とか作中にあったけど、子どもってすぐ服を汚しそうなんだが

湯水を湯水のように使うのは多雨の日本みたいな特殊な気象条件の地域だけだからなー
水が貴重になるような地域では雑菌が繁殖しにくいのもあるだろうし

>>160
土埃をパンパンと落として終わりかも
エマでもチャリで転んだ汚れはマーサ婆ちゃんが乾かして土を落としたらいい
みたいなこと言ってた

菌という概念がないから汚れてるかどうか、臭いかどうかしか判断基準なくね?

砂漠では砂で洗うらしいぞ
砂漠じゃないけど乙嫁の舞台は

>>162
雑菌繁殖ニアリーイコール臭いだから
水をざぶざぶ使えるとこでは衣類はすぐ臭くなり水が貴重なとこではあまり臭くならないのだと思う
肌着は時々洗ってるだろうけど、おばあさんが川へ洗濯に行けるようなところでもなさそうだ
>>163の言うように高温殺菌とか紫外線殺菌かねえ

連休なので「焼き飯」作ってみたい・・・

>>164
なるほど水か

>>155だけど>>158が正解
流れに乗れてなかったごめん

本邦のように水が豊富な土地では
菌の繁殖も激しいけど洗濯が容易
ざぶざぶ洗えるほど水が豊かじゃない土地では
菌も繁殖しないからそもそも悪臭がたちにくい
うまくできてるもんだ

>>163
そういえば、砂に埋めて洗濯すると聞いたことあるわ
これで匂いを取るんだって

別の人の漫画だけど、世の中には垢の濃さで美人度が決まる部族?もあるという
水が少量な国はそれはそれで常識が違う

つまり体臭フェチか

171名無しんぼ@お腹いっぱい (ワッチョイ c2a2-LgAV)2018/09/24(月) 02:14:29.53ID:K5w6Wcsy0
確かに最近は腋臭ブームだけど

サニラさんに布地を貰った時に洗濯してたから何年かに一回洗うような感じなんだろうな。

最も暑いときは日に3回Tシャツ替えてたな 今年の暑さはすごかった

旅行に行った際、ホテルでロッカー型の簡易クリーニング機を使ったら、布が塩吹いた

一方で、砂漠を走る車の窓は閉めるのが当然という国もある
冷房などなきに等しいが、それでも窓を閉めた方がマシというほど熱風がすごいらしい
窓を開けていると吹きつける熱風で死ぬそうな
世界って拾い

有吉がヒッチハイクの昔話で言ってたね
おっさんぎゅうぎゅうの車で窓開けたら焼ける様な熱風が来たって

多治見や名古屋の話はそこまでだ
炎天下の駐車のあと、窓開けたら死ぬかと思った

それはまた別の話だw
熱波で死者が出る国って大概高温多湿だものな
完全に乾燥しきった国の感覚は島国民には想像つかんわ

エジプトの砂漠なんかだと人間の顔の穴から出る水蒸気を求めて蠅が群がるんだっけ

シリアにいったことあるけど、気温34度なのに湿度カラッカラだから結構涼しく感じた。
45度を越えた日中は、日本と違い溶けそうではなく焦げそうだと思った。
エジプトは冬に行ったけどわりと湿度があって朝もやや朝露で庭がびしょ濡れだった。

お盆休みにウズベキスタン行ったけどブハラ40℃超えで辛かった
乾燥していようが日差しが痛い
定番観光地だとブハラが一番キツいとガイドさんに言われたわ
サマルカンドやヒワも暑かったけどまだブハラよかマシ

10年位前の夏場にシリア・ヨルダンに行った時
現地の宗教に伴う女性の服装規範を鑑みて、露出最低限にしていたら涼しかった

直射日光を浴びると暑く感じるけど、布一枚でも遮断すれば良し
チャドルは気候に適した服装ではないかと感じたよ

ホンマでっかだったかな
35度以上なら半袖より風通しのいい長袖のほうがいいって言ってた

キートンの真似して砂漠にスーツ着てったらかなり快適だったって記事あったな

マスターキートンナツカシス

原作者付きの浦沢直樹に外れ無し
森さんの原作付きはすみれの花だけだっけ
ちょっと毛色が違って新鮮だった

アフガニスタンの民兵もジャケット着てたっていうし乾燥地帯にはけっこう向いてるのかもね

>>186
原作者なしの浦沢直樹ははずれのみ

原作者がいない浦沢作品なんてあったっけ?
こいつずっと長崎尚志のお絵かき奴隷のような

190名無しんぼ@お腹いっぱい (スップ Sdc2-WDkk)2018/09/25(火) 08:00:55.72ID:3m7LBha1d
>>183
湿度が低くて暑いところは、直射日光を避けるだけで快適になるんやで。
スイカとか冷やすのも、井戸水に浸けるより、水を振りかけて天日干しして気化熱で冷却のほうが冷えるんやで。

陰干しならそうかもだけど直接日光に晒す天日干しは駄目だろ

>>189
20世紀少年は違うの?

本邦でも冷房効いた社内で強烈な直射日光受けてると
軽く擬似体感できるなこの手の状態
刺すような暑さと言うか痛いぐらいの熱線なのに
実際布一枚で暑さ遮断できるから驚く

新着レスの表示
レスを投稿する