劇場版クレヨンしんちゃんで泣ける奴っておめでたいよね [無断転載禁止]©2ch.net

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
語れ

なのアマゾン税逃れ租税条約に抜け穴
米国企業アマゾンのネット通販事業が日本での課税を逃れられるのは租税条約に抜け穴があるからです。
 外国企業が日本国内で事業を行う場合、日本国内に支店や事業所などの恒久的施設がなければ事業利得に課税されません。
保管や引き渡しのみを行う倉庫は、日米租税条約では恒久的施設とみなされません。
アマゾンは、日本に設置したネット通販事業用の物流センターが単なる倉庫だと主張し、課税を逃れているとみられます。
中略世界ではアマゾンなどの税逃れを念頭に租税条約の改正が進んでいす。
恒久的施設の定義を拡張するなど、従来の抜け穴をふさぐ多国間条約が2016年に合意され、日本を含む78カ国・地域が署名しています(18年3月22日現在)。
しかし肝心の米国は署名しておらず、「署名の意思があるかわからない」(財務省主税局)状況です。
 同じ小売業に従事しても、租税条約の抜け穴を使って税逃れできるのは外国企業だけです。
事実上の特別待遇となっています。
世界四大会計事務所の一つで税務マネジャーを務める専門家は、この状況を放置すると悪貨が良貨を駆逐する結果を招くと話します。
 「アマゾンが日本での課税を逃れれば、日本国内で納税する日本企業は競争上、不利になります。
アマゾンが税逃れから得た巨額資金を投資に回してサービスを向上させ、消費者がアマゾンの利用を拡大すると、日本で納税する企業は圧迫されて市場から排除されます。
日本の税収はますます少なくなります」
 不公平な競争で経済の構造がすっかり変わってしまう前に、公正な課税を実現する必要があります。(杉本恒如)
「壊せ」の解釈が食い違った?義理・人情・礼節を重んじた日大アメフト部で起きた「悪質タックル」
6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起こった危険行為の問題。映像には、
パスを出した後のクオーターバックに対し、ルールで禁止されている「レイトタックル」をする姿がはっきりと映っていた。
 関学アメフト部の鳥内秀晃監督は「指導者を長いことやっているが初めて見たし、あってはならないプレー。
スポーツの範疇を超えている。明らかに我々のクオーターバックを狙い撃ちしている形に見える」と話した。
関学は日大に抗議文を送付、14日に日大のコーチが回答文を持参した。
関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、当該選手に対外試合の出場禁止、日大の指導者に厳重注意の処分を下した。
また、日大と対戦を予定していた東京大学、法政大学、立教大学は試合をキャンセルしている。
■発言をめぐって、選手と日大で食い違う認識
 タックルを受けた選手と同じクオーターバックのポジションだという大学生選手は映像を見て
「パスを投げたと分かっていると思うので、さすがに意図的だなと思った」と話す。
今回、悪質タックルを行った3年生の選手は1年生の時から主力メンバーで、アンダー19の日本代表に選ばれた実力者だったという。
ところが今年に入り出場機会が激減。日大アメフト部の関係者によると、周囲に「監督から試合前に"ワンシリーズで相手の
クオーターバックを壊して来い"と指示されていたからやってしまった。そうしないと試合に出られないと思った」と話しているという。
 日大アメフト部OBで、共同通信記者の宍戸博明氏も「私が関係者から聞いた話では、関学のクオーターバックを"壊せ"、
つまりケガをさせろと。当該選手は最近、試合から干されていたという状況があったようで、試合に出たいのであればそういうことをしろ、
という指示があったと関係者から聞いている」と証言した。
 一方、日刊スポーツは試合直後の内田正人監督の「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。
あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」という発言を報じている。
橋下徹@hashimoto_lo
@懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。
しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき
非行事実にあたるとみなすことも可能、
Aそもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に
一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか。
明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか。
 山梨県読売会と読売新聞東京本社が主催する「読売山梨セミナー」(読売タスク協力)が15日。甲府市湯村の常磐ホテルで開かれた?
 ジャーナリストの田原総一朗さん(84)が「時代


、、

なのアマゾン税逃れ租税条約に抜け穴
米国企業アマゾンのネット通販事業が日本での課税を逃れられるのは租税条約に抜け穴があるからです。
 外国企業が日本国内で事業を行う場合、日本国内に支店や事業所などの恒久的施設がなければ事業利得に課税されません。
保管や引き渡しのみを行う倉庫は、日米租税条約では恒久的施設とみなされません。
アマゾンは、日本に設置したネット通販事業用の物流センターが単なる倉庫だと主張し、課税を逃れているとみられます。
中略世界ではアマゾンなどの税逃れを念頭に租税条約の改正が進んでいす。
恒久的施設の定義を拡張するなど、従来の抜け穴をふさぐ多国間条約が2016年に合意され、日本を含む78カ国・地域が署名しています(18年3月22日現在)。
しかし肝心の米国は署名しておらず、「署名の意思があるかわからない」(財務省主税局)状況です。
 同じ小売業に従事しても、租税条約の抜け穴を使って税逃れできるのは外国企業だけです。
事実上の特別待遇となっています。
世界四大会計事務所の一つで税務マネジャーを務める専門家は、この状況を放置すると悪貨が良貨を駆逐する結果を招くと話します。
 「アマゾンが日本での課税を逃れれば、日本国内で納税する日本企業は競争上、不利になります。
アマゾンが税逃れから得た巨額資金を投資に回してサービスを向上させ、消費者がアマゾンの利用を拡大すると、日本で納税する企業は圧迫されて市場から排除されます。
日本の税収はますます少なくなります」
 不公平な競争で経済の構造がすっかり変わってしまう前に、公正な課税を実現する必要があります。(杉本恒如)
「壊せ」の解釈が食い違った?義理・人情・礼節を重んじた日大アメフト部で起きた「悪質タックル」
6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起こった危険行為の問題。映像には、
パスを出した後のクオーターバックに対し、ルールで禁止されている「レイトタックル」をする姿がはっきりと映っていた。
 関学アメフト部の鳥内秀晃監督は「指導者を長いことやっているが初めて見たし、あってはならないプレー。
スポーツの範疇を超えている。明らかに我々のクオーターバックを狙い撃ちしている形に見える」と話した。
関学は日大に抗議文を送付、14日に日大のコーチが回答文を持参した。
関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、当該選手に対外試合の出場禁止、日大の指導者に厳重注意の処分を下した。
また、日大と対戦を予定していた東京大学、法政大学、立教大学は試合をキャンセルしている。
■発言をめぐって、選手と日大で食い違う認識
 タックルを受けた選手と同じクオーターバックのポジションだという大学生選手は映像を見て
「パスを投げたと分かっていると思うので、さすがに意図的だなと思った」と話す。
今回、悪質タックルを行った3年生の選手は1年生の時から主力メンバーで、アンダー19の日本代表に選ばれた実力者だったという。
ところが今年に入り出場機会が激減。日大アメフト部の関係者によると、周囲に「監督から試合前に"ワンシリーズで相手の
クオーターバックを壊して来い"と指示されていたからやってしまった。そうしないと試合に出られないと思った」と話しているという。
 日大アメフト部OBで、共同通信記者の宍戸博明氏も「私が関係者から聞いた話では、関学のクオーターバックを"壊せ"、
つまりケガをさせろと。当該選手は最近、試合から干されていたという状況があったようで、試合に出たいのであればそういうことをしろ、
という指示があったと関係者から聞いている」と証言した。
 一方、日刊スポーツは試合直後の内田正人監督の「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。
あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」という発言を報じている。
橋下徹@hashimoto_lo
@懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。
しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき
非行事実にあたるとみなすことも可能、
Aそもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に
一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか。
明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか。
 山梨県読売会と読売新聞東京本社が主催する「読売山梨セミナー」(読売タスク協力)が15日!甲府市湯村の常磐ホテルで開かれた!
 ジャーナリストの田原総一朗さん(84)が「時代

なのアマゾン税逃れ租税条約に抜け穴
米国企業アマゾンのネット通販事業が日本での課税を逃れられるのは租税条約に抜け穴があるからです。
 外国企業が日本国内で事業を行う場合、日本国内に支店や事業所などの恒久的施設がなければ事業利得に課税されません。
保管や引き渡しのみを行う倉庫は、日米租税条約では恒久的施設とみなされません。
アマゾンは、日本に設置したネット通販事業用の物流センターが単なる倉庫だと主張し、課税を逃れているとみられます。
中略世界ではアマゾンなどの税逃れを念頭に租税条約の改正が進んでいす。
恒久的施設の定義を拡張するなど、従来の抜け穴をふさぐ多国間条約が2016年に合意され、日本を含む78カ国・地域が署名しています(18年3月22日現在)。
しかし肝心の米国は署名しておらず、「署名の意思があるかわからない」(財務省主税局)状況です。
 同じ小売業に従事しても、租税条約の抜け穴を使って税逃れできるのは外国企業だけです。
事実上の特別待遇となっています。
世界四大会計事務所の一つで税務マネジャーを務める専門家は、この状況を放置すると悪貨が良貨を駆逐する結果を招くと話します。
 「アマゾンが日本での課税を逃れれば、日本国内で納税する日本企業は競争上、不利になります。
アマゾンが税逃れから得た巨額資金を投資に回してサービスを向上させ、消費者がアマゾンの利用を拡大すると、日本で納税する企業は圧迫されて市場から排除されます。
日本の税収はますます少なくなります」
 不公平な競争で経済の構造がすっかり変わってしまう前に、公正な課税を実現する必要があります。(杉本恒如)
「壊せ」の解釈が食い違った?義理・人情・礼節を重んじた日大アメフト部で起きた「悪質タックル」
6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起こった危険行為の問題。映像には、
パスを出した後のクオーターバックに対し、ルールで禁止されている「レイトタックル」をする姿がはっきりと映っていた。
 関学アメフト部の鳥内秀晃監督は「指導者を長いことやっているが初めて見たし、あってはならないプレー。
スポーツの範疇を超えている。明らかに我々のクオーターバックを狙い撃ちしている形に見える」と話した。
関学は日大に抗議文を送付、14日に日大のコーチが回答文を持参した。
関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、当該選手に対外試合の出場禁止、日大の指導者に厳重注意の処分を下した。
また、日大と対戦を予定していた東京大学、法政大学、立教大学は試合をキャンセルしている。
■発言をめぐって、選手と日大で食い違う認識
 タックルを受けた選手と同じクオーターバックのポジションだという大学生選手は映像を見て
「パスを投げたと分かっていると思うので、さすがに意図的だなと思った」と話す。
今回、悪質タックルを行った3年生の選手は1年生の時から主力メンバーで、アンダー19の日本代表に選ばれた実力者だったという。
ところが今年に入り出場機会が激減。日大アメフト部の関係者によると、周囲に「監督から試合前に"ワンシリーズで相手の
クオーターバックを壊して来い"と指示されていたからやってしまった。そうしないと試合に出られないと思った」と話しているという。
 日大アメフト部OBで、共同通信記者の宍戸博明氏も「私が関係者から聞いた話では、関学のクオーターバックを"壊せ"、
つまりケガをさせろと。当該選手は最近、試合から干されていたという状況があったようで、試合に出たいのであればそういうことをしろ、
という指示があったと関係者から聞いている」と証言した。
 一方、日刊スポーツは試合直後の内田正人監督の「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。
あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」という発言を報じている。
橋下徹@hashimoto_lo
@懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。
しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき
非行事実にあたるとみなすことも可能、
Aそもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に
一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか。
明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか。
 山梨県読売会と読売新聞東京本社が主催する「読売山梨セミナー」(読売タスク協力)が15日!甲府市湯村の常磐ホテルで開かれた、
 ジャーナリストの田原総一朗さん(84)が「時代

なのアマゾン税逃れ租税条約に抜け穴
米国企業アマゾンのネット通販事業が日本での課税を逃れられるのは租税条約に抜け穴があるからです、
 外国企業が日本国内で事業を行う場合、日本国内に支店や事業所などの恒久的施設がなければ事業利得に課税されません。
保管や引き渡しのみを行う倉庫は、日米租税条約では恒久的施設とみなされません。
アマゾンは、日本に設置したネット通販事業用の物流センターが単なる倉庫だと主張し、課税を逃れているとみられます。
中略世界ではアマゾンなどの税逃れを念頭に租税条約の改正が進んでいす。
恒久的施設の定義を拡張するなど、従来の抜け穴をふさぐ多国間条約が2016年に合意され、日本を含む78カ国・地域が署名しています(18年3月22日現在)。
しかし肝心の米国は署名しておらず、「署名の意思があるかわからない」(財務省主税局)状況です。
 同じ小売業に従事しても、租税条約の抜け穴を使って税逃れできるのは外国企業だけです。
事実上の特別待遇となっています。
世界四大会計事務所の一つで税務マネジャーを務める専門家は、この状況を放置すると悪貨が良貨を駆逐する結果を招くと話します。
 「アマゾンが日本での課税を逃れれば、日本国内で納税する日本企業は競争上、不利になります。
アマゾンが税逃れから得た巨額資金を投資に回してサービスを向上させ、消費者がアマゾンの利用を拡大すると、日本で納税する企業は圧迫されて市場から排除されます。
日本の税収はますます少なくなります」
 不公平な競争で経済の構造がすっかり変わってしまう前に、公正な課税を実現する必要があります。(杉本恒如)
「壊せ」の解釈が食い違った?義理・人情・礼節を重んじた日大アメフト部で起きた「悪質タックル」
6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起こった危険行為の問題。映像には、
パスを出した後のクオーターバックに対し、ルールで禁止されている「レイトタックル」をする姿がはっきりと映っていた。
 関学アメフト部の鳥内秀晃監督は「指導者を長いことやっているが初めて見たし、あってはならないプレー。
スポーツの範疇を超えている。明らかに我々のクオーターバックを狙い撃ちしている形に見える」と話した。
関学は日大に抗議文を送付、14日に日大のコーチが回答文を持参した。
関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、当該選手に対外試合の出場禁止、日大の指導者に厳重注意の処分を下した。
また、日大と対戦を予定していた東京大学、法政大学、立教大学は試合をキャンセルしている。
■発言をめぐって、選手と日大で食い違う認識
 タックルを受けた選手と同じクオーターバックのポジションだという大学生選手は映像を見て
「パスを投げたと分かっていると思うので、さすがに意図的だなと思った」と話す。
今回、悪質タックルを行った3年生の選手は1年生の時から主力メンバーで、アンダー19の日本代表に選ばれた実力者だったという。
ところが今年に入り出場機会が激減。日大アメフト部の関係者によると、周囲に「監督から試合前に"ワンシリーズで相手の
クオーターバックを壊して来い"と指示されていたからやってしまった。そうしないと試合に出られないと思った」と話しているという。
 日大アメフト部OBで、共同通信記者の宍戸博明氏も「私が関係者から聞いた話では、関学のクオーターバックを"壊せ"、
つまりケガをさせろと。当該選手は最近、試合から干されていたという状況があったようで、試合に出たいのであればそういうことをしろ、
という指示があったと関係者から聞いている」と証言した。
 一方、日刊スポーツは試合直後の内田正人監督の「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。
あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」という発言を報じている。
橋下徹@hashimoto_lo
@懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。
しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき
非行事実にあたるとみなすことも可能、
Aそもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に
一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか。
明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか。
 山梨県読売会と読売新聞東京本社が主催する「読売山梨セミナー」(読売タスク協力)が15日!甲府市湯村の常磐ホテルで開かれた、
 ジャーナリストの田原総一朗さん(84)が「時代

なのアマゾン税逃れ租税条約に抜け穴
米国企業アマゾンのネット通販事業が日本での課税を逃れられるのは租税条約に抜け穴があるからです!
 外国企業が日本国内で事業を行う場合、日本国内に支店や事業所などの恒久的施設がなければ事業利得に課税されません。
保管や引き渡しのみを行う倉庫は、日米租税条約では恒久的施設とみなされません。
アマゾンは、日本に設置したネット通販事業用の物流センターが単なる倉庫だと主張し、課税を逃れているとみられます。
中略世界ではアマゾンなどの税逃れを念頭に租税条約の改正が進んでいす。
恒久的施設の定義を拡張するなど、従来の抜け穴をふさぐ多国間条約が2016年に合意され、日本を含む78カ国・地域が署名しています(18年3月22日現在)。
しかし肝心の米国は署名しておらず、「署名の意思があるかわからない」(財務省主税局)状況です。
 同じ小売業に従事しても、租税条約の抜け穴を使って税逃れできるのは外国企業だけです。
事実上の特別待遇となっています。
世界四大会計事務所の一つで税務マネジャーを務める専門家は、この状況を放置すると悪貨が良貨を駆逐する結果を招くと話します。
 「アマゾンが日本での課税を逃れれば、日本国内で納税する日本企業は競争上、不利になります。
アマゾンが税逃れから得た巨額資金を投資に回してサービスを向上させ、消費者がアマゾンの利用を拡大すると、日本で納税する企業は圧迫されて市場から排除されます。
日本の税収はますます少なくなります」
 不公平な競争で経済の構造がすっかり変わってしまう前に、公正な課税を実現する必要があります。(杉本恒如)
「壊せ」の解釈が食い違った?義理・人情・礼節を重んじた日大アメフト部で起きた「悪質タックル」
6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起こった危険行為の問題。映像には、
パスを出した後のクオーターバックに対し、ルールで禁止されている「レイトタックル」をする姿がはっきりと映っていた。
 関学アメフト部の鳥内秀晃監督は「指導者を長いことやっているが初めて見たし、あってはならないプレー。
スポーツの範疇を超えている。明らかに我々のクオーターバックを狙い撃ちしている形に見える」と話した。
関学は日大に抗議文を送付、14日に日大のコーチが回答文を持参した。
関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、当該選手に対外試合の出場禁止、日大の指導者に厳重注意の処分を下した。
また、日大と対戦を予定していた東京大学、法政大学、立教大学は試合をキャンセルしている。
■発言をめぐって、選手と日大で食い違う認識
 タックルを受けた選手と同じクオーターバックのポジションだという大学生選手は映像を見て
「パスを投げたと分かっていると思うので、さすがに意図的だなと思った」と話す。
今回、悪質タックルを行った3年生の選手は1年生の時から主力メンバーで、アンダー19の日本代表に選ばれた実力者だったという。
ところが今年に入り出場機会が激減。日大アメフト部の関係者によると、周囲に「監督から試合前に"ワンシリーズで相手の
クオーターバックを壊して来い"と指示されていたからやってしまった。そうしないと試合に出られないと思った」と話しているという。
 日大アメフト部OBで、共同通信記者の宍戸博明氏も「私が関係者から聞いた話では、関学のクオーターバックを"壊せ"、
つまりケガをさせろと。当該選手は最近、試合から干されていたという状況があったようで、試合に出たいのであればそういうことをしろ、
という指示があったと関係者から聞いている」と証言した。
 一方、日刊スポーツは試合直後の内田正人監督の「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。
あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」という発言を報じている。
橋下徹@hashimoto_lo
@懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。
しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき
非行事実にあたるとみなすことも可能、
Aそもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に
一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか。
明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか。
 山梨県読売会と読売新聞東京本社が主催する「読売山梨セミナー」(読売タスク協力)が15日!甲府市湯村の常磐ホテルで開かれた、
 ジャーナリストの田原総一朗さん(84)が「時代

なのアマゾン税逃れ租税条約に抜け穴
米国企業アマゾンのネット通販事業が日本での課税を逃れられるのは租税条約に抜け穴があるからです、
 外国企業が日本国内で事業を行う場合、日本国内に支店や事業所などの恒久的施設がなければ事業利得に課税されません。
保管や引き渡しのみを行う倉庫は、日米租税条約では恒久的施設とみなされません。
アマゾンは、日本に設置したネット通販事業用の物流センターが単なる倉庫だと主張し、課税を逃れているとみられます。
中略世界ではアマゾンなどの税逃れを念頭に租税条約の改正が進んでいす。
恒久的施設の定義を拡張するなど、従来の抜け穴をふさぐ多国間条約が2016年に合意され、日本を含む78カ国・地域が署名しています(18年3月22日現在)。
しかし肝心の米国は署名しておらず、「署名の意思があるかわからない」(財務省主税局)状況です。
 同じ小売業に従事しても、租税条約の抜け穴を使って税逃れできるのは外国企業だけです。
事実上の特別待遇となっています。
世界四大会計事務所の一つで税務マネジャーを務める専門家は、この状況を放置すると悪貨が良貨を駆逐する結果を招くと話します。
 「アマゾンが日本での課税を逃れれば、日本国内で納税する日本企業は競争上、不利になります。
アマゾンが税逃れから得た巨額資金を投資に回してサービスを向上させ、消費者がアマゾンの利用を拡大すると、日本で納税する企業は圧迫されて市場から排除されます。
日本の税収はますます少なくなります」
 不公平な競争で経済の構造がすっかり変わってしまう前に、公正な課税を実現する必要があります。(杉本恒如)
「壊せ」の解釈が食い違った?義理・人情・礼節を重んじた日大アメフト部で起きた「悪質タックル」
6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起こった危険行為の問題。映像には、
パスを出した後のクオーターバックに対し、ルールで禁止されている「レイトタックル」をする姿がはっきりと映っていた。
 関学アメフト部の鳥内秀晃監督は「指導者を長いことやっているが初めて見たし、あってはならないプレー。
スポーツの範疇を超えている。明らかに我々のクオーターバックを狙い撃ちしている形に見える」と話した。
関学は日大に抗議文を送付、14日に日大のコーチが回答文を持参した。
関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、当該選手に対外試合の出場禁止、日大の指導者に厳重注意の処分を下した。
また、日大と対戦を予定していた東京大学、法政大学、立教大学は試合をキャンセルしている。
■発言をめぐって、選手と日大で食い違う認識
 タックルを受けた選手と同じクオーターバックのポジションだという大学生選手は映像を見て
「パスを投げたと分かっていると思うので、さすがに意図的だなと思った」と話す。
今回、悪質タックルを行った3年生の選手は1年生の時から主力メンバーで、アンダー19の日本代表に選ばれた実力者だったという。
ところが今年に入り出場機会が激減。日大アメフト部の関係者によると、周囲に「監督から試合前に"ワンシリーズで相手の
クオーターバックを壊して来い"と指示されていたからやってしまった。そうしないと試合に出られないと思った」と話しているという。
 日大アメフト部OBで、共同通信記者の宍戸博明氏も「私が関係者から聞いた話では、関学のクオーターバックを"壊せ"、
つまりケガをさせろと。当該選手は最近、試合から干されていたという状況があったようで、試合に出たいのであればそういうことをしろ、
という指示があったと関係者から聞いている」と証言した。
 一方、日刊スポーツは試合直後の内田正人監督の「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。
あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」という発言を報じている。
橋下徹@hashimoto_lo
@懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。
しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき
非行事実にあたるとみなすことも可能、
Aそもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に
一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか。
明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか?
 山梨県読売会と読売新聞東京本社が主催する「読売山梨セミナー」(読売タスク協力)が15日!甲府市湯村の常磐ホテルで開かれた、
 ジャーナリストの田原総一朗さん(84)が「時代

なのアマゾン税逃れ租税条約に抜け穴
米国企業アマゾンのネット通販事業が日本での課税を逃れられるのは租税条約に抜け穴があるからです、
 外国企業が日本国内で事業を行う場合、日本国内に支店や事業所などの恒久的施設がなければ事業利得に課税されません、
保管や引き渡しのみを行う倉庫は、日米租税条約では恒久的施設とみなされません。
アマゾンは、日本に設置したネット通販事業用の物流センターが単なる倉庫だと主張し、課税を逃れているとみられます。
中略世界ではアマゾンなどの税逃れを念頭に租税条約の改正が進んでいす。
恒久的施設の定義を拡張するなど、従来の抜け穴をふさぐ多国間条約が2016年に合意され、日本を含む78カ国・地域が署名しています(18年3月22日現在)。
しかし肝心の米国は署名しておらず、「署名の意思があるかわからない」(財務省主税局)状況です。
 同じ小売業に従事しても、租税条約の抜け穴を使って税逃れできるのは外国企業だけです。
事実上の特別待遇となっています。
世界四大会計事務所の一つで税務マネジャーを務める専門家は、この状況を放置すると悪貨が良貨を駆逐する結果を招くと話します。
 「アマゾンが日本での課税を逃れれば、日本国内で納税する日本企業は競争上、不利になります。
アマゾンが税逃れから得た巨額資金を投資に回してサービスを向上させ、消費者がアマゾンの利用を拡大すると、日本で納税する企業は圧迫されて市場から排除されます。
日本の税収はますます少なくなります」
 不公平な競争で経済の構造がすっかり変わってしまう前に、公正な課税を実現する必要があります。(杉本恒如)
「壊せ」の解釈が食い違った?義理・人情・礼節を重んじた日大アメフト部で起きた「悪質タックル」
6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起こった危険行為の問題。映像には、
パスを出した後のクオーターバックに対し、ルールで禁止されている「レイトタックル」をする姿がはっきりと映っていた。
 関学アメフト部の鳥内秀晃監督は「指導者を長いことやっているが初めて見たし、あってはならないプレー。
スポーツの範疇を超えている。明らかに我々のクオーターバックを狙い撃ちしている形に見える」と話した。
関学は日大に抗議文を送付、14日に日大のコーチが回答文を持参した。
関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、当該選手に対外試合の出場禁止、日大の指導者に厳重注意の処分を下した。
また、日大と対戦を予定していた東京大学、法政大学、立教大学は試合をキャンセルしている。
■発言をめぐって、選手と日大で食い違う認識
 タックルを受けた選手と同じクオーターバックのポジションだという大学生選手は映像を見て
「パスを投げたと分かっていると思うので、さすがに意図的だなと思った」と話す。
今回、悪質タックルを行った3年生の選手は1年生の時から主力メンバーで、アンダー19の日本代表に選ばれた実力者だったという。
ところが今年に入り出場機会が激減。日大アメフト部の関係者によると、周囲に「監督から試合前に"ワンシリーズで相手の
クオーターバックを壊して来い"と指示されていたからやってしまった。そうしないと試合に出られないと思った」と話しているという。
 日大アメフト部OBで、共同通信記者の宍戸博明氏も「私が関係者から聞いた話では、関学のクオーターバックを"壊せ"、
つまりケガをさせろと。当該選手は最近、試合から干されていたという状況があったようで、試合に出たいのであればそういうことをしろ、
という指示があったと関係者から聞いている」と証言した。
 一方、日刊スポーツは試合直後の内田正人監督の「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。
あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」という発言を報じている。
橋下徹@hashimoto_lo
@懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。
しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき
非行事実にあたるとみなすことも可能、
Aそもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に
一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか。
明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか?
 山梨県読売会と読売新聞東京本社が主催する「読売山梨セミナー」(読売タスク協力)が15日!甲府市湯村の常磐ホテルで開かれた、
 ジャーナリストの田原総一朗さん(84)が「時代

、、、、、、

!?!

なのアマゾン税逃れ租税条約に抜け穴
米国企業アマゾンのネット通販事業が日本での課税を逃れられるのは租税条約に抜け穴があるからです、
 外国企業が日本国内で事業を行う場合、日本国内に支店や事業所などの恒久的施設がなければ事業利得に課税されません、
保管や引き渡しのみを行う倉庫は、日米租税条約では恒久的施設とみなされません。
アマゾンは、日本に設置したネット通販事業用の物流センターが単なる倉庫だと主張し、課税を逃れているとみられます。
中略世界ではアマゾンなどの税逃れを念頭に租税条約の改正が進んでいす。
恒久的施設の定義を拡張するなど、従来の抜け穴をふさぐ多国間条約が2016年に合意され、日本を含む78カ国・地域が署名しています(18年3月22日現在)。
しかし肝心の米国は署名しておらず、「署名の意思があるかわからない」(財務省主税局)状況です。
 同じ小売業に従事しても、租税条約の抜け穴を使って税逃れできるのは外国企業だけです。
事実上の特別待遇となっています。
世界四大会計事務所の一つで税務マネジャーを務める専門家は、この状況を放置すると悪貨が良貨を駆逐する結果を招くと話します。
 「アマゾンが日本での課税を逃れれば、日本国内で納税する日本企業は競争上、不利になります。
アマゾンが税逃れから得た巨額資金を投資に回してサービスを向上させ、消費者がアマゾンの利用を拡大すると、日本で納税する企業は圧迫されて市場から排除されます。
日本の税収はますます少なくなります」
 不公平な競争で経済の構造がすっかり変わってしまう前に、公正な課税を実現する必要があります。(杉本恒如)
「壊せ」の解釈が食い違った?義理・人情・礼節を重んじた日大アメフト部で起きた「悪質タックル」
6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起こった危険行為の問題。映像には、
パスを出した後のクオーターバックに対し、ルールで禁止されている「レイトタックル」をする姿がはっきりと映っていた。
 関学アメフト部の鳥内秀晃監督は「指導者を長いことやっているが初めて見たし、あってはならないプレー。
スポーツの範疇を超えている。明らかに我々のクオーターバックを狙い撃ちしている形に見える」と話した。
関学は日大に抗議文を送付、14日に日大のコーチが回答文を持参した。
関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、当該選手に対外試合の出場禁止、日大の指導者に厳重注意の処分を下した。
また、日大と対戦を予定していた東京大学、法政大学、立教大学は試合をキャンセルしている。
■発言をめぐって、選手と日大で食い違う認識
 タックルを受けた選手と同じクオーターバックのポジションだという大学生選手は映像を見て
「パスを投げたと分かっていると思うので、さすがに意図的だなと思った」と話す。
今回、悪質タックルを行った3年生の選手は1年生の時から主力メンバーで、アンダー19の日本代表に選ばれた実力者だったという。
ところが今年に入り出場機会が激減。日大アメフト部の関係者によると、周囲に「監督から試合前に"ワンシリーズで相手の
クオーターバックを壊して来い"と指示されていたからやってしまった。そうしないと試合に出られないと思った」と話しているという。
 日大アメフト部OBで、共同通信記者の宍戸博明氏も「私が関係者から聞いた話では、関学のクオーターバックを"壊せ"、
つまりケガをさせろと。当該選手は最近、試合から干されていたという状況があったようで、試合に出たいのであればそういうことをしろ、
という指示があったと関係者から聞いている」と証言した。
 一方、日刊スポーツは試合直後の内田正人監督の「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。
あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」という発言を報じている。
橋下徹@hashimoto_lo
@懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。
しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき
非行事実にあたるとみなすことも可能、
Aそもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に
一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか。
明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか?
 山梨県読売会と読売新聞東京本社が主催する「読売山梨セミナー」(読売タスク協力)が15日!甲府市湯村の常磐ホテルで開かれた×
 ジャーナリストの田原総一朗さん(84)が「時代

なのアマゾン税逃れ租税条約に抜け穴
米国企業アマゾンのネット通販事業が日本での課税を逃れられるのは租税条約に抜け穴があるからです、
 外国企業が日本国内で事業を行う場合、日本国内に支店や事業所などの恒久的施設がなければ事業利得に課税されません、
保管や引き渡しのみを行う倉庫は、日米租税条約では恒久的施設とみなされません。
アマゾンは、日本に設置したネット通販事業用の物流センターが単なる倉庫だと主張し、課税を逃れているとみられます。
中略世界ではアマゾンなどの税逃れを念頭に租税条約の改正が進んでいす。
恒久的施設の定義を拡張するなど、従来の抜け穴をふさぐ多国間条約が2016年に合意され、日本を含む78カ国・地域が署名しています(18年3月22日現在)。
しかし肝心の米国は署名しておらず、「署名の意思があるかわからない」(財務省主税局)状況です。
 同じ小売業に従事しても、租税条約の抜け穴を使って税逃れできるのは外国企業だけです。
事実上の特別待遇となっています。
世界四大会計事務所の一つで税務マネジャーを務める専門家は、この状況を放置すると悪貨が良貨を駆逐する結果を招くと話します。
 「アマゾンが日本での課税を逃れれば、日本国内で納税する日本企業は競争上、不利になります。
アマゾンが税逃れから得た巨額資金を投資に回してサービスを向上させ、消費者がアマゾンの利用を拡大すると、日本で納税する企業は圧迫されて市場から排除されます。
日本の税収はますます少なくなります」
 不公平な競争で経済の構造がすっかり変わってしまう前に、公正な課税を実現する必要があります。(杉本恒如)
「壊せ」の解釈が食い違った?義理・人情・礼節を重んじた日大アメフト部で起きた「悪質タックル」
6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起こった危険行為の問題。映像には、
パスを出した後のクオーターバックに対し、ルールで禁止されている「レイトタックル」をする姿がはっきりと映っていた。
 関学アメフト部の鳥内秀晃監督は「指導者を長いことやっているが初めて見たし、あってはならないプレー。
スポーツの範疇を超えている。明らかに我々のクオーターバックを狙い撃ちしている形に見える」と話した。
関学は日大に抗議文を送付、14日に日大のコーチが回答文を持参した。
関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、当該選手に対外試合の出場禁止、日大の指導者に厳重注意の処分を下した。
また、日大と対戦を予定していた東京大学、法政大学、立教大学は試合をキャンセルしている。
■発言をめぐって、選手と日大で食い違う認識
 タックルを受けた選手と同じクオーターバックのポジションだという大学生選手は映像を見て
「パスを投げたと分かっていると思うので、さすがに意図的だなと思った」と話す。
今回、悪質タックルを行った3年生の選手は1年生の時から主力メンバーで、アンダー19の日本代表に選ばれた実力者だったという。
ところが今年に入り出場機会が激減。日大アメフト部の関係者によると、周囲に「監督から試合前に"ワンシリーズで相手の
クオーターバックを壊して来い"と指示されていたからやってしまった。そうしないと試合に出られないと思った」と話しているという。
 日大アメフト部OBで、共同通信記者の宍戸博明氏も「私が関係者から聞いた話では、関学のクオーターバックを"壊せ"、
つまりケガをさせろと。当該選手は最近、試合から干されていたという状況があったようで、試合に出たいのであればそういうことをしろ、
という指示があったと関係者から聞いている」と証言した。
 一方、日刊スポーツは試合直後の内田正人監督の「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。
あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」という発言を報じている。
橋下徹@hashimoto_lo
@懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。
しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき
非行事実にあたるとみなすことも可能、
Aそもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に
一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか。
明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか!
 山梨県読売会と読売新聞東京本社が主催する「読売山梨セミナー」(読売タスク協力)が15日!甲府市湯村の常磐ホテルで開かれた
 ジャーナリストの田原総一朗さん(84)が「時代

なのアマゾン税逃れ租税条約に抜け穴
米国企業アマゾンのネット通販事業が日本での課税を逃れられるのは租税条約に抜け穴があるからです、
 外国企業が日本国内で事業を行う場合、日本国内に支店や事業所などの恒久的施設がなければ事業利得に課税されません、
保管や引き渡しのみを行う倉庫は、日米租税条約では恒久的施設とみなされません。
アマゾンは、日本に設置したネット通販事業用の物流センターが単なる倉庫だと主張し、課税を逃れているとみられます。
中略世界ではアマゾンなどの税逃れを念頭に租税条約の改正が進んでいす。
恒久的施設の定義を拡張するなど、従来の抜け穴をふさぐ多国間条約が2016年に合意され、日本を含む78カ国・地域が署名しています(18年3月22日現在)。
しかし肝心の米国は署名しておらず、「署名の意思があるかわからない」(財務省主税局)状況です。
 同じ小売業に従事しても、租税条約の抜け穴を使って税逃れできるのは外国企業だけです。
事実上の特別待遇となっています。
世界四大会計事務所の一つで税務マネジャーを務める専門家は、この状況を放置すると悪貨が良貨を駆逐する結果を招くと話します。
 「アマゾンが日本での課税を逃れれば、日本国内で納税する日本企業は競争上、不利になります。
アマゾンが税逃れから得た巨額資金を投資に回してサービスを向上させ、消費者がアマゾンの利用を拡大すると、日本で納税する企業は圧迫されて市場から排除されます。
日本の税収はますます少なくなります」
 不公平な競争で経済の構造がすっかり変わってしまう前に、公正な課税を実現する必要があります。(杉本恒如)
「壊せ」の解釈が食い違った?義理・人情・礼節を重んじた日大アメフト部で起きた「悪質タックル」
6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起こった危険行為の問題。映像には、
パスを出した後のクオーターバックに対し、ルールで禁止されている「レイトタックル」をする姿がはっきりと映っていた。
 関学アメフト部の鳥内秀晃監督は「指導者を長いことやっているが初めて見たし、あってはならないプレー。
スポーツの範疇を超えている。明らかに我々のクオーターバックを狙い撃ちしている形に見える」と話した。
関学は日大に抗議文を送付、14日に日大のコーチが回答文を持参した。
関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、当該選手に対外試合の出場禁止、日大の指導者に厳重注意の処分を下した。
また、日大と対戦を予定していた東京大学、法政大学、立教大学は試合をキャンセルしている。
■発言をめぐって、選手と日大で食い違う認識
 タックルを受けた選手と同じクオーターバックのポジションだという大学生選手は映像を見て
「パスを投げたと分かっていると思うので、さすがに意図的だなと思った」と話す。
今回、悪質タックルを行った3年生の選手は1年生の時から主力メンバーで、アンダー19の日本代表に選ばれた実力者だったという。
ところが今年に入り出場機会が激減。日大アメフト部の関係者によると、周囲に「監督から試合前に"ワンシリーズで相手の
クオーターバックを壊して来い"と指示されていたからやってしまった。そうしないと試合に出られないと思った」と話しているという。
 日大アメフト部OBで、共同通信記者の宍戸博明氏も「私が関係者から聞いた話では、関学のクオーターバックを"壊せ"、
つまりケガをさせろと。当該選手は最近、試合から干されていたという状況があったようで、試合に出たいのであればそういうことをしろ、
という指示があったと関係者から聞いている」と証言した。
 一方、日刊スポーツは試合直後の内田正人監督の「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。
あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」という発言を報じている。
橋下徹@hashimoto_lo
@懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。
しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき
非行事実にあたるとみなすことも可能、
Aそもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に
一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか!
明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか!
 山梨県読売会と読売新聞東京本社が主催する「読売山梨セミナー」(読売タスク協力)が15日!甲府市湯村の常磐ホテルで開かれた
 ジャーナリストの田原総一朗さん(84)が「時代

、、、、


なのアマゾン税逃れ租税条約に抜け穴
米国企業アマゾンのネット通販事業が日本での課税を逃れられるのは租税条約に抜け穴があるからです、
 外国企業が日本国内で事業を行う場合、日本国内に支店や事業所などの恒久的施設がなければ事業利得に課税されません、
保管や引き渡しのみを行う倉庫は、日米租税条約では恒久的施設とみなされません。
アマゾンは、日本に設置したネット通販事業用の物流センターが単なる倉庫だと主張し、課税を逃れているとみられます。
中略世界ではアマゾンなどの税逃れを念頭に租税条約の改正が進んでいす。
恒久的施設の定義を拡張するなど、従来の抜け穴をふさぐ多国間条約が2016年に合意され、日本を含む78カ国・地域が署名しています(18年3月22日現在)。
しかし肝心の米国は署名しておらず、「署名の意思があるかわからない」(財務省主税局)状況です。
 同じ小売業に従事しても、租税条約の抜け穴を使って税逃れできるのは外国企業だけです。
事実上の特別待遇となっています。
世界四大会計事務所の一つで税務マネジャーを務める専門家は、この状況を放置すると悪貨が良貨を駆逐する結果を招くと話します。
 「アマゾンが日本での課税を逃れれば、日本国内で納税する日本企業は競争上、不利になります。
アマゾンが税逃れから得た巨額資金を投資に回してサービスを向上させ、消費者がアマゾンの利用を拡大すると、日本で納税する企業は圧迫されて市場から排除されます。
日本の税収はますます少なくなります」
 不公平な競争で経済の構造がすっかり変わってしまう前に、公正な課税を実現する必要があります。(杉本恒如)
「壊せ」の解釈が食い違った?義理・人情・礼節を重んじた日大アメフト部で起きた「悪質タックル」
6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起こった危険行為の問題。映像には、
パスを出した後のクオーターバックに対し、ルールで禁止されている「レイトタックル」をする姿がはっきりと映っていた。
 関学アメフト部の鳥内秀晃監督は「指導者を長いことやっているが初めて見たし、あってはならないプレー。
スポーツの範疇を超えている。明らかに我々のクオーターバックを狙い撃ちしている形に見える」と話した。
関学は日大に抗議文を送付、14日に日大のコーチが回答文を持参した。
関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、当該選手に対外試合の出場禁止、日大の指導者に厳重注意の処分を下した。
また、日大と対戦を予定していた東京大学、法政大学、立教大学は試合をキャンセルしている。
■発言をめぐって、選手と日大で食い違う認識
 タックルを受けた選手と同じクオーターバックのポジションだという大学生選手は映像を見て
「パスを投げたと分かっていると思うので、さすがに意図的だなと思った」と話す。
今回、悪質タックルを行った3年生の選手は1年生の時から主力メンバーで、アンダー19の日本代表に選ばれた実力者だったという。
ところが今年に入り出場機会が激減。日大アメフト部の関係者によると、周囲に「監督から試合前に"ワンシリーズで相手の
クオーターバックを壊して来い"と指示されていたからやってしまった。そうしないと試合に出られないと思った」と話しているという。
 日大アメフト部OBで、共同通信記者の宍戸博明氏も「私が関係者から聞いた話では、関学のクオーターバックを"壊せ"、
つまりケガをさせろと。当該選手は最近、試合から干されていたという状況があったようで、試合に出たいのであればそういうことをしろ、
という指示があったと関係者から聞いている」と証言した。
 一方、日刊スポーツは試合直後の内田正人監督の「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。
あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」という発言を報じている。
橋下徹@hashimoto_lo
@懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。
しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき
非行事実にあたるとみなすことも可能、
Aそもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に
一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか!
明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか、
 山梨県読売会と読売新聞東京本社が主催する「読売山梨セミナー」(読売タスク協力)が15日!甲府市湯村の常磐ホテルで開かれた
 ジャーナリストの田原総一朗さん(84)が「時代

なのアマゾン税逃れ租税条約に抜け穴
米国企業アマゾンのネット通販事業が日本での課税を逃れられるのは租税条約に抜け穴があるからです、
 外国企業が日本国内で事業を行う場合、日本国内に支店や事業所などの恒久的施設がなければ事業利得に課税されません!
保管や引き渡しのみを行う倉庫は、日米租税条約では恒久的施設とみなされません。
アマゾンは、日本に設置したネット通販事業用の物流センターが単なる倉庫だと主張し、課税を逃れているとみられます。
中略世界ではアマゾンなどの税逃れを念頭に租税条約の改正が進んでいす。
恒久的施設の定義を拡張するなど、従来の抜け穴をふさぐ多国間条約が2016年に合意され、日本を含む78カ国・地域が署名しています(18年3月22日現在)。
しかし肝心の米国は署名しておらず、「署名の意思があるかわからない」(財務省主税局)状況です。
 同じ小売業に従事しても、租税条約の抜け穴を使って税逃れできるのは外国企業だけです。
事実上の特別待遇となっています。
世界四大会計事務所の一つで税務マネジャーを務める専門家は、この状況を放置すると悪貨が良貨を駆逐する結果を招くと話します。
 「アマゾンが日本での課税を逃れれば、日本国内で納税する日本企業は競争上、不利になります。
アマゾンが税逃れから得た巨額資金を投資に回してサービスを向上させ、消費者がアマゾンの利用を拡大すると、日本で納税する企業は圧迫されて市場から排除されます。
日本の税収はますます少なくなります」
 不公平な競争で経済の構造がすっかり変わってしまう前に、公正な課税を実現する必要があります。(杉本恒如)
「壊せ」の解釈が食い違った?義理・人情・礼節を重んじた日大アメフト部で起きた「悪質タックル」
6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起こった危険行為の問題。映像には、
パスを出した後のクオーターバックに対し、ルールで禁止されている「レイトタックル」をする姿がはっきりと映っていた。
 関学アメフト部の鳥内秀晃監督は「指導者を長いことやっているが初めて見たし、あってはならないプレー。
スポーツの範疇を超えている。明らかに我々のクオーターバックを狙い撃ちしている形に見える」と話した。
関学は日大に抗議文を送付、14日に日大のコーチが回答文を持参した。
関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、当該選手に対外試合の出場禁止、日大の指導者に厳重注意の処分を下した。
また、日大と対戦を予定していた東京大学、法政大学、立教大学は試合をキャンセルしている。
■発言をめぐって、選手と日大で食い違う認識
 タックルを受けた選手と同じクオーターバックのポジションだという大学生選手は映像を見て
「パスを投げたと分かっていると思うので、さすがに意図的だなと思った」と話す。
今回、悪質タックルを行った3年生の選手は1年生の時から主力メンバーで、アンダー19の日本代表に選ばれた実力者だったという。
ところが今年に入り出場機会が激減。日大アメフト部の関係者によると、周囲に「監督から試合前に"ワンシリーズで相手の
クオーターバックを壊して来い"と指示されていたからやってしまった。そうしないと試合に出られないと思った」と話しているという。
 日大アメフト部OBで、共同通信記者の宍戸博明氏も「私が関係者から聞いた話では、関学のクオーターバックを"壊せ"、
つまりケガをさせろと。当該選手は最近、試合から干されていたという状況があったようで、試合に出たいのであればそういうことをしろ、
という指示があったと関係者から聞いている」と証言した。
 一方、日刊スポーツは試合直後の内田正人監督の「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。
あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」という発言を報じている。
橋下徹@hashimoto_lo
@懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。
しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき
非行事実にあたるとみなすことも可能、
Aそもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に
一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか!
明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか、
 山梨県読売会と読売新聞東京本社が主催する「読売山梨セミナー」(読売タスク協力)が15日!甲府市湯村の常磐ホテルで開かれた
 ジャーナリストの田原総一朗さん(84)が「時代

!?!!

、?

なのアマゾン税逃れ租税条約に抜け穴
米国企業アマゾンのネット通販事業が日本での課税を逃れられるのは租税条約に抜け穴があるからです、
 外国企業が日本国内で事業を行う場合、日本国内に支店や事業所などの恒久的施設がなければ事業利得に課税されません、
保管や引き渡しのみを行う倉庫は、日米租税条約では恒久的施設とみなされません。
アマゾンは、日本に設置したネット通販事業用の物流センターが単なる倉庫だと主張し、課税を逃れているとみられます。
中略世界ではアマゾンなどの税逃れを念頭に租税条約の改正が進んでいす。
恒久的施設の定義を拡張するなど、従来の抜け穴をふさぐ多国間条約が2016年に合意され、日本を含む78カ国・地域が署名しています(18年3月22日現在)。
しかし肝心の米国は署名しておらず、「署名の意思があるかわからない」(財務省主税局)状況です。
 同じ小売業に従事しても、租税条約の抜け穴を使って税逃れできるのは外国企業だけです。
事実上の特別待遇となっています。
世界四大会計事務所の一つで税務マネジャーを務める専門家は、この状況を放置すると悪貨が良貨を駆逐する結果を招くと話します。
 「アマゾンが日本での課税を逃れれば、日本国内で納税する日本企業は競争上、不利になります。
アマゾンが税逃れから得た巨額資金を投資に回してサービスを向上させ、消費者がアマゾンの利用を拡大すると、日本で納税する企業は圧迫されて市場から排除されます。
日本の税収はますます少なくなります」
 不公平な競争で経済の構造がすっかり変わってしまう前に、公正な課税を実現する必要があります。(杉本恒如)
「壊せ」の解釈が食い違った?義理・人情・礼節を重んじた日大アメフト部で起きた「悪質タックル」
6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起こった危険行為の問題。映像には、
パスを出した後のクオーターバックに対し、ルールで禁止されている「レイトタックル」をする姿がはっきりと映っていた。
 関学アメフト部の鳥内秀晃監督は「指導者を長いことやっているが初めて見たし、あってはならないプレー、
スポーツの範疇を超えている。明らかに我々のクオーターバックを狙い撃ちしている形に見える」と話した。
関学は日大に抗議文を送付、14日に日大のコーチが回答文を持参した。
関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、当該選手に対外試合の出場禁止、日

なのアマゾン税逃れ租税条約に抜け穴
米国企業アマゾンのネット通販事業が日本での課税を逃れられるのは租税条約に抜け穴があるからです、
 外国企業が日本国内で事業を行う場合、日本国内に支店や事業所などの恒久的施設がなければ事業利得に課税されません、
保管や引き渡しのみを行う倉庫は、日米租税条約では恒久的施設とみなされません。
アマゾンは、日本に設置したネット通販事業用の物流センターが単なる倉庫だと主張し、課税を逃れているとみられます。
中略世界ではアマゾンなどの税逃れを念頭に租税条約の改正が進んでいす。
恒久的施設の定義を拡張するなど、従来の抜け穴をふさぐ多国間条約が2016年に合意され、日本を含む78カ国・地域が署名しています(18年3月22日現在)。
しかし肝心の米国は署名しておらず、「署名の意思があるかわからない」(財務省主税局)状況です。
 同じ小売業に従事しても、租税条約の抜け穴を使って税逃れできるのは外国企業だけです。
事実上の特別待遇となっています。
世界四大会計事務所の一つで税務マネジャーを務める専門家は、この状況を放置すると悪貨が良貨を駆逐する結果を招くと話します。
 「アマゾンが日本での課税を逃れれば、日本国内で納税する日本企業は競争上、不利になります。
アマゾンが税逃れから得た巨額資金を投資に回してサービスを向上させ、消費者がアマゾンの利用を拡大すると、日本で納税する企業は圧迫されて市場から排除されます。
日本の税収はますます少なくなります」
 不公平な競争で経済の構造がすっかり変わってしまう前に、公正な課税を実現する必要があります。(杉本恒如)
「壊せ」の解釈が食い違った?義理・人情・礼節を重んじた日大アメフト部で起きた「悪質タックル」
6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起こった危険行為の問題。映像には、
パスを出した後のクオーターバックに対し、ルールで禁止されている「レイトタックル」をする姿がはっきりと映っていた。
 関学アメフト部の鳥内秀晃監督は「指導者を長いことやっているが初めて見たし、あってはならないプレー。
スポーツの範疇を超えている。明らかに我々のクオーターバックを狙い撃ちしている形に見える」と話した。
関学は日大に抗議文を送付、14日に日大のコーチが回答文を持参した。
関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、当該選手に対外試合の出場禁止、日大の指導者に厳重注意の処分を下した。
また、日大と対戦を予定していた東京大学、法政大学、立教大学は試合をキャンセルしている。
■発言をめぐって、選手と日大で食い違う認識
 タックルを受けた選手と同じクオーターバックのポジションだという大学生選手は映像を見て
「パスを投げたと分かっていると思うので、さすがに意図的だなと思った」と話す。
今回、悪質タックルを行った3年生の選手は1年生の時から主力メンバーで、アンダー19の日本代表に選ばれた実力者だったという。
ところが今年に入り出場機会が激減。日大アメフト部の関係者によると、周囲に「監督から試合前に"ワンシリーズで相手の
クオーターバックを壊して来い"と指示されていたからやってしまった。そうしないと試合に出られないと思った」と話しているという。
 日大アメフト部OBで、共同通信記者の宍戸博明氏も「私が関係者から聞いた話では、関学のクオーターバックを"壊せ"、
つまりケガをさせろと。当該選手は最近、試合から干されていたという状況があったようで、試合に出たいのであればそういうことをしろ、
という指示があったと関係者から聞いている」と証言した。
 一方、日刊スポーツは試合直後の内田正人監督の「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。
あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」という発言を報じている。
橋下徹@hashimoto_lo
@懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。
しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき
非行事実にあたるとみなすことも可能、
Aそもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に
一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか?
明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか?
 山梨県読売会と読売新聞東京本社が主催する「読売山梨セミナー」(読売タスク協力)が15日!甲府市湯村の常磐ホテルで開かれた
 ジャーナリストの田原総一朗さん(84)が「時代


>>424
( ´,_ゝ`)

なのアマゾン税逃れ租税条約に抜け穴
米国企業アマゾンのネット通販事業が日本での課税を逃れられるのは租税条約に抜け穴があるからです!
 外国企業が日本国内で事業を行う場合、日本国内に支店や事業所などの恒久的施設がなければ事業利得に課税されません、
保管や引き渡しのみを行う倉庫は、日米租税条約では恒久的施設とみなされません。
アマゾンは、日本に設置したネット通販事業用の物流センターが単なる倉庫だと主張し、課税を逃れているとみられます。
中略世界ではアマゾンなどの税逃れを念頭に租税条約の改正が進んでいす。
恒久的施設の定義を拡張するなど、従来の抜け穴をふさぐ多国間条約が2016年に合意され、日本を含む78カ国・地域が署名しています(18年3月22日現在)。
しかし肝心の米国は署名しておらず、「署名の意思があるかわからない」(財務省主税局)状況です。
 同じ小売業に従事しても、租税条約の抜け穴を使って税逃れできるのは外国企業だけです。
事実上の特別待遇となっています。
世界四大会計事務所の一つで税務マネジャーを務める専門家は、この状況を放置すると悪貨が良貨を駆逐する結果を招くと話します。
 「アマゾンが日本での課税を逃れれば、日本国内で納税する日本企業は競争上、不利になります。
アマゾンが税逃れから得た巨額資金を投資に回してサービスを向上させ、消費者がアマゾンの利用を拡大すると、日本で納税する企業は圧迫されて市場から排除されます。
日本の税収はますます少なくなります」
 不公平な競争で経済の構造がすっかり変わってしまう前に、公正な課税を実現する必要があります。(杉本恒如)
「壊せ」の解釈が食い違った?義理・人情・礼節を重んじた日大アメフト部で起きた「悪質タックル」
6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起こった危険行為の問題。映像には、
パスを出した後のクオーターバックに対し、ルールで禁止されている「レイトタックル」をする姿がはっきりと映っていた。
 関学アメフト部の鳥内秀晃監督は「指導者を長いことやっているが初めて見たし、あってはならないプレー。
スポーツの範疇を超えている。明らかに我々のクオーターバックを狙い撃ちしている形に見える」と話した。
関学は日大に抗議文を送付、14日に日大のコーチが回答文を持参した。
関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、当該選手に対外試合の出場禁止、日大の指導者に厳重注意の処分を下した。
また、日大と対戦を予定していた東京大学、法政大学、立教大学は試合をキャンセルしている。
■発言をめぐって、選手と日大で食い違う認識
 タックルを受けた選手と同じクオーターバックのポジションだという大学生選手は映像を見て
「パスを投げたと分かっていると思うので、さすがに意図的だなと思った」と話す。
今回、悪質タックルを行った3年生の選手は1年生の時から主力メンバーで、アンダー19の日本代表に選ばれた実力者だったという。
ところが今年に入り出場機会が激減。日大アメフト部の関係者によると、周囲に「監督から試合前に"ワンシリーズで相手の
クオーターバックを壊して来い"と指示されていたからやってしまった。そうしないと試合に出られないと思った」と話しているという。
 日大アメフト部OBで、共同通信記者の宍戸博明氏も「私が関係者から聞いた話では、関学のクオーターバックを"壊せ"、
つまりケガをさせろと。当該選手は最近、試合から干されていたという状況があったようで、試合に出たいのであればそういうことをしろ、
という指示があったと関係者から聞いている」と証言した。
 一方、日刊スポーツは試合直後の内田正人監督の「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。
あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」という発言を報じている。
橋下徹@hashimoto_lo
@懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。
しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき
非行事実にあたるとみなすことも可能、
Aそもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に
一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか?
明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか?
 山梨県読売会と読売新聞東京本社が主催する「読売山梨セミナー」(読売タスク協力)が15日!甲府市湯村の常磐ホテルで開かれた
 ジャーナリストの田原総一朗さん(84)が「時代

なのアマゾン税逃れ租税条約に抜け穴
米国企業アマゾンのネット通販事業が日本での課税を逃れられるのは租税条約に抜け穴があるからです、
 外国企業が日本国内で事業を行う場合、日本国内に支店や事業所などの恒久的施設がなければ事業利得に課税されません、
保管や引き渡しのみを行う倉庫は、日米租税条約では恒久的施設とみなされません。
アマゾンは、日本に設置したネット通販事業用の物流センターが単なる倉庫だと主張し、課税を逃れているとみられます。
中略世界ではアマゾンなどの税逃れを念頭に租税条約の改正が進んでいす。
恒久的施設の定義を拡張するなど、従来の抜け穴をふさぐ多国間条約が2016年に合意され、日本を含む78カ国・地域が署名しています(18年3月22日現在)。
しかし肝心の米国は署名しておらず、「署名の意思があるかわからない」(財務省主税局)状況です。
 同じ小売業に従事しても、租税条約の抜け穴を使って税逃れできるのは外国企業だけです。
事実上の特別待遇となっています。
世界四大会計事務所の一つで税務マネジャーを務める専門家は、この状況を放置すると悪貨が良貨を駆逐する結果を招くと話します。
 「アマゾンが日本での課税を逃れれば、日本国内で納税する日本企業は競争上、不利になります。
アマゾンが税逃れから得た巨額資金を投資に回してサービスを向上させ、消費者がアマゾンの利用を拡大すると、日本で納税する企業は圧迫されて市場から排除されます。
日本の税収はますます少なくなります」
 不公平な競争で経済の構造がすっかり変わってしまう前に、公正な課税を実現する必要があります。(杉本恒如)
「壊せ」の解釈が食い違った?義理・人情・礼節を重んじた日大アメフト部で起きた「悪質タックル」
6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起こった危険行為の問題。映像には、
パスを出した後のクオーターバックに対し、ルールで禁止されている「レイトタックル」をする姿がはっきりと映っていた。
 関学アメフト部の鳥内秀晃監督は「指導者を長いことやっているが初めて見たし、あってはならないプレー。
スポーツの範疇を超えている。明らかに我々のクオーターバックを狙い撃ちしている形に見える」と話した。
関学は日大に抗議文を送付、14日に日大のコーチが回答文を持参した。
関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、当該選手に対外試合の出場禁止、日大の指導者に厳重注意の処分を下した。
また、日大と対戦を予定していた東京大学、法政大学、立教大学は試合をキャンセルしている。
■発言をめぐって、選手と日大で食い違う認識
 タックルを受けた選手と同じクオーターバックのポジションだという大学生選手は映像を見て
「パスを投げたと分かっていると思うので、さすがに意図的だなと思った」と話す。
今回、悪質タックルを行った3年生の選手は1年生の時から主力メンバーで、アンダー19の日本代表に選ばれた実力者だったという。
ところが今年に入り出場機会が激減。日大アメフト部の関係者によると、周囲に「監督から試合前に"ワンシリーズで相手の
クオーターバックを壊して来い"と指示されていたからやってしまった。そうしないと試合に出られないと思った」と話しているという。
 日大アメフト部OBで、共同通信記者の宍戸博明氏も「私が関係者から聞いた話では、関学のクオーターバックを"壊せ"、
つまりケガをさせろと。当該選手は最近、試合から干されていたという状況があったようで、試合に出たいのであればそういうことをしろ、
という指示があったと関係者から聞いている」と証言した。
 一方、日刊スポーツは試合直後の内田正人監督の「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。
あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」という発言を報じている。
橋下徹@hashimoto_lo
@懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。
しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき
非行事実にあたるとみなすことも可能、
Aそもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に
一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか?
明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか●
 山梨県読売会と読売新聞東京本社が主催する「読売山梨セミナー」(読売タスク協力)が15日!甲府市湯村の常磐ホテルで開かれた
 ジャーナリストの田原総一朗さん(84)が「時代

なのアマゾン税逃れ租税条約に抜け穴
米国企業アマゾンのネット通販事業が日本での課税を逃れられるのは租税条約に抜け穴があるからです、
 外国企業が日本国内で事業を行う場合、日本国内に支店や事業所などの恒久的施設がなければ事業利得に課税されません、
保管や引き渡しのみを行う倉庫は、日米租税条約では恒久的施設とみなされません。
アマゾンは、日本に設置したネット通販事業用の物流センターが単なる倉庫だと主張し、課税を逃れているとみられます。
中略世界ではアマゾンなどの税逃れを念頭に租税条約の改正が進んでいす。
恒久的施設の定義を拡張するなど、従来の抜け穴をふさぐ多国間条約が2016年に合意され、日本を含む78カ国・地域が署名しています(18年3月22日現在)。
しかし肝心の米国は署名しておらず、「署名の意思があるかわからない」(財務省主税局)状況です。
 同じ小売業に従事しても、租税条約の抜け穴を使って税逃れできるのは外国企業だけです。
事実上の特別待遇となっています。
世界四大会計事務所の一つで税務マネジャーを務める専門家は、この状況を放置すると悪貨が良貨を駆逐する結果を招くと話します。
 「アマゾンが日本での課税を逃れれば、日本国内で納税する日本企業は競争上、不利になります。
アマゾンが税逃れから得た巨額資金を投資に回してサービスを向上させ、消費者がアマゾンの利用を拡大すると、日本で納税する企業は圧迫されて市場から排除されます。
日本の税収はますます少なくなります」
 不公平な競争で経済の構造がすっかり変わってしまう前に、公正な課税を実現する必要があります。(杉本恒如)
「壊せ」の解釈が食い違った?義理・人情・礼節を重んじた日大アメフト部で起きた「悪質タックル」
6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起こった危険行為の問題。映像には、
パスを出した後のクオーターバックに対し、ルールで禁止されている「レイトタックル」をする姿がはっきりと映っていた。
 関学アメフト部の鳥内秀晃監督は「指導者を長いことやっているが初めて見たし、あってはならないプレー。
スポーツの範疇を超えている。明らかに我々のクオーターバックを狙い撃ちしている形に見える」と話した。
関学は日大に抗議文を送付、14日に日大のコーチが回答文を持参した。
関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、当該選手に対外試合の出場禁止、日大の指導者に厳重注意の処分を下した。
また、日大と対戦を予定していた東京大学、法政大学、立教大学は試合をキャンセルしている。
■発言をめぐって、選手と日大で食い違う認識
 タックルを受けた選手と同じクオーターバックのポジションだという大学生選手は映像を見て
「パスを投げたと分かっていると思うので、さすがに意図的だなと思った」と話す。
今回、悪質タックルを行った3年生の選手は1年生の時から主力メンバーで、アンダー19の日本代表に選ばれた実力者だったという。
ところが今年に入り出場機会が激減。日大アメフト部の関係者によると、周囲に「監督から試合前に"ワンシリーズで相手の
クオーターバックを壊して来い"と指示されていたからやってしまった。そうしないと試合に出られないと思った」と話しているという。
 日大アメフト部OBで、共同通信記者の宍戸博明氏も「私が関係者から聞いた話では、関学のクオーターバックを"壊せ"、
つまりケガをさせろと。当該選手は最近、試合から干されていたという状況があったようで、試合に出たいのであればそういうことをしろ、
という指示があったと関係者から聞いている」と証言した。
 一方、日刊スポーツは試合直後の内田正人監督の「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。
あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」という発言を報じている。
橋下徹@hashimoto_lo
@懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。
しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき
非行事実にあたるとみなすことも可能、
Aそもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に
一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか、
明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか!
 山梨県読売会と読売新聞東京本社が主催する「読売山梨セミナー」(読売タスク協力)が15日!甲府市湯村の常磐ホテルで開かれた
 ジャーナリストの田原総一朗さん(84)が「時代

なのアマゾン税逃れ租税条約に抜け穴
米国企業アマゾンのネット通販事業が日本での課税を逃れられるのは租税条約に抜け穴があるからです?
 外国企業が日本国内で事業を行う場合、日本国内に支店や事業所などの恒久的施設がなければ事業利得に課税されません、
保管や引き渡しのみを行う倉庫は、日米租税条約では恒久的施設とみなされません。
アマゾンは、日本に設置したネット通販事業用の物流センターが単なる倉庫だと主張し、課税を逃れているとみられます。
中略世界ではアマゾンなどの税逃れを念頭に租税条約の改正が進んでいす。
恒久的施設の定義を拡張するなど、従来の抜け穴をふさぐ多国間条約が2016年に合意され、日本を含む78カ国・地域が署名しています(18年3月22日現在)。
しかし肝心の米国は署名しておらず、「署名の意思があるかわからない」(財務省主税局)状況です。
 同じ小売業に従事しても、租税条約の抜け穴を使って税逃れできるのは外国企業だけです。
事実上の特別待遇となっています。
世界四大会計事務所の一つで税務マネジャーを務める専門家は、この状況を放置すると悪貨が良貨を駆逐する結果を招くと話します。
 「アマゾンが日本での課税を逃れれば、日本国内で納税する日本企業は競争上、不利になります。
アマゾンが税逃れから得た巨額資金を投資に回してサービスを向上させ、消費者がアマゾンの利用を拡大すると、日本で納税する企業は圧迫されて市場から排除されます。
日本の税収はますます少なくなります」
 不公平な競争で経済の構造がすっかり変わってしまう前に、公正な課税を実現する必要があります。(杉本恒如)
「壊せ」の解釈が食い違った?義理・人情・礼節を重んじた日大アメフト部で起きた「悪質タックル」
6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起こった危険行為の問題。映像には、
パスを出した後のクオーターバックに対し、ルールで禁止されている「レイトタックル」をする姿がはっきりと映っていた。
 関学アメフト部の鳥内秀晃監督は「指導者を長いことやっているが初めて見たし、あってはならないプレー。
スポーツの範疇を超えている。明らかに我々のクオーターバックを狙い撃ちしている形に見える」と話した。
関学は日大に抗議文を送付、14日に日大のコーチが回答文を持参した。
関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、当該選手に対外試合の出場禁止、日大の指導者に厳重注意の処分を下した。
また、日大と対戦を予定していた東京大学、法政大学、立教大学は試合をキャンセルしている。
■発言をめぐって、選手と日大で食い違う認識
 タックルを受けた選手と同じクオーターバックのポジションだという大学生選手は映像を見て
「パスを投げたと分かっていると思うので、さすがに意図的だなと思った」と話す。
今回、悪質タックルを行った3年生の選手は1年生の時から主力メンバーで、アンダー19の日本代表に選ばれた実力者だったという。
ところが今年に入り出場機会が激減。日大アメフト部の関係者によると、周囲に「監督から試合前に"ワンシリーズで相手の
クオーターバックを壊して来い"と指示されていたからやってしまった。そうしないと試合に出られないと思った」と話しているという。
 日大アメフト部OBで、共同通信記者の宍戸博明氏も「私が関係者から聞いた話では、関学のクオーターバックを"壊せ"、
つまりケガをさせろと。当該選手は最近、試合から干されていたという状況があったようで、試合に出たいのであればそういうことをしろ、
という指示があったと関係者から聞いている」と証言した。
 一方、日刊スポーツは試合直後の内田正人監督の「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。
あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」という発言を報じている。
橋下徹@hashimoto_lo
@懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。
しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき
非行事実にあたるとみなすことも可能、
Aそもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に
一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか?
明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか?
 山梨県読売会と読売新聞東京本社が主催する「読売山梨セミナー」(読売タスク協力)が15日!甲府市湯村の常磐ホテルで開かれた
 ジャーナリストの田原総一朗さん(84)が「時代

!?

>>424
アホ

なのアマゾン税逃れ租税条約に抜け穴
米国企業アマゾンのネット通販事業が日本での課税を逃れられるのは租税条約に抜け穴があるからです」
 外国企業が日本国内で事業を行う場合、日本国内に支店や事業所などの恒久的施設がなければ事業利得に課税されません、
保管や引き渡しのみを行う倉庫は、日米租税条約では恒久的施設とみなされません。
アマゾンは、日本に設置したネット通販事業用の物流センターが単なる倉庫だと主張し、課税を逃れているとみられます。
中略世界ではアマゾンなどの税逃れを念頭に租税条約の改正が進んでいす。
恒久的施設の定義を拡張するなど、従来の抜け穴をふさぐ多国間条約が2016年に合意され、日本を含む78カ国・地域が署名しています(18年3月22日現在)。
しかし肝心の米国は署名しておらず、「署名の意思があるかわからない」(財務省主税局)状況です。
 同じ小売業に従事しても、租税条約の抜け穴を使って税逃れできるのは外国企業だけです。
事実上の特別待遇となっています。
世界四大会計事務所の一つで税務マネジャーを務める専門家は、この状況を放置すると悪貨が良貨を駆逐する結果を招くと話します。
 「アマゾンが日本での課税を逃れれば、日本国内で納税する日本企業は競争上、不利になります。
アマゾンが税逃れから得た巨額資金を投資に回してサービスを向上させ、消費者がアマゾンの利用を拡大すると、日本で納税する企業は圧迫されて市場から排除されます。
日本の税収はますます少なくなります」
 不公平な競争で経済の構造がすっかり変わってしまう前に、公正な課税を実現する必要があります。(杉本恒如)
「壊せ」の解釈が食い違った?義理・人情・礼節を重んじた日大アメフト部で起きた「悪質タックル」
6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起こった危険行為の問題。映像には、
パスを出した後のクオーターバックに対し、ルールで禁止されている「レイトタックル」をする姿がはっきりと映っていた。
 関学アメフト部の鳥内秀晃監督は「指導者を長いことやっているが初めて見たし、あってはならないプレー。
スポーツの範疇を超えている。明らかに我々のクオーターバックを狙い撃ちしている形に見える」と話した。
関学は日大に抗議文を送付、14日に日大のコーチが回答文を持参した。
関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、当該選手に対外試合の出場禁止、日大の指導者に厳重注意の処分を下した。
また、日大と対戦を予定していた東京大学、法政大学、立教大学は試合をキャンセルしている。
■発言をめぐって、選手と日大で食い違う認識
 タックルを受けた選手と同じクオーターバックのポジションだという大学生選手は映像を見て
「パスを投げたと分かっていると思うので、さすがに意図的だなと思った」と話す。
今回、悪質タックルを行った3年生の選手は1年生の時から主力メンバーで、アンダー19の日本代表に選ばれた実力者だったという。
ところが今年に入り出場機会が激減。日大アメフト部の関係者によると、周囲に「監督から試合前に"ワンシリーズで相手の
クオーターバックを壊して来い"と指示されていたからやってしまった。そうしないと試合に出られないと思った」と話しているという。
 日大アメフト部OBで、共同通信記者の宍戸博明氏も「私が関係者から聞いた話では、関学のクオーターバックを"壊せ"、
つまりケガをさせろと。当該選手は最近、試合から干されていたという状況があったようで、試合に出たいのであればそういうことをしろ、
という指示があったと関係者から聞いている」と証言した。
 一方、日刊スポーツは試合直後の内田正人監督の「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。
あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」という発言を報じている。
橋下徹@hashimoto_lo
@懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。
しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき
非行事実にあたるとみなすことも可能、
Aそもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に
一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか?
明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか?
 山梨県読売会と読売新聞東京本社が主催する「読売山梨セミナー」(読売タスク協力)が15日!甲府市湯村の常磐ホテルで開かれた
 ジャーナリストの田原総一朗さん(84)が「時代

なのアマゾン税逃れ租税条約に抜け穴
米国企業アマゾンのネット通販事業が日本での課税を逃れられるのは租税条約に抜け穴があるからです」
 外国企業が日本国内で事業を行う場合、日本国内に支店や事業所などの恒久的施設がなければ事業利得に課税されません、
保管や引き渡しのみを行う倉庫は、日米租税条約では恒久的施設とみなされません。
アマゾンは、日本に設置したネット通販事業用の物流センターが単なる倉庫だと主張し、課税を逃れているとみられます。
中略世界ではアマゾンなどの税逃れを念頭に租税条約の改正が進んでいす。
恒久的施設の定義を拡張するなど、従来の抜け穴をふさぐ多国間条約が2016年に合意され、日本を含む78カ国・地域が署名しています(18年3月22日現在)。
しかし肝心の米国は署名しておらず、「署名の意思があるかわからない」(財務省主税局)状況です。
 同じ小売業に従事しても、租税条約の抜け穴を使って税逃れできるのは外国企業だけです。
事実上の特別待遇となっています。
世界四大会計事務所の一つで税務マネジャーを務める専門家は、この状況を放置すると悪貨が良貨を駆逐する結果を招くと話します。
 「アマゾンが日本での課税を逃れれば、日本国内で納税する日本企業は競争上、不利になります。
アマゾンが税逃れから得た巨額資金を投資に回してサービスを向上させ、消費者がアマゾンの利用を拡大すると、日本で納税する企業は圧迫されて市場から排除されます。
日本の税収はますます少なくなります」
 不公平な競争で経済の構造がすっかり変わってしまう前に、公正な課税を実現する必要があります。(杉本恒如)
「壊せ」の解釈が食い違った?義理・人情・礼節を重んじた日大アメフト部で起きた「悪質タックル」
6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起こった危険行為の問題。映像には、
パスを出した後のクオーターバックに対し、ルールで禁止されている「レイトタックル」をする姿がはっきりと映っていた。
 関学アメフト部の鳥内秀晃監督は「指導者を長いことやっているが初めて見たし、あってはならないプレー。
スポーツの範疇を超えている。明らかに我々のクオーターバックを狙い撃ちしている形に見える」と話した。
関学は日大に抗議文を送付、14日に日大のコーチが回答文を持参した。
関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、当該選手に対外試合の出場禁止、日大の指導者に厳重注意の処分を下した。
また、日大と対戦を予定していた東京大学、法政大学、立教大学は試合をキャンセルしている。
■発言をめぐって、選手と日大で食い違う認識
 タックルを受けた選手と同じクオーターバックのポジションだという大学生選手は映像を見て
「パスを投げたと分かっていると思うので、さすがに意図的だなと思った」と話す。
今回、悪質タックルを行った3年生の選手は1年生の時から主力メンバーで、アンダー19の日本代表に選ばれた実力者だったという。
ところが今年に入り出場機会が激減。日大アメフト部の関係者によると、周囲に「監督から試合前に"ワンシリーズで相手の
クオーターバックを壊して来い"と指示されていたからやってしまった。そうしないと試合に出られないと思った」と話しているという。
 日大アメフト部OBで、共同通信記者の宍戸博明氏も「私が関係者から聞いた話では、関学のクオーターバックを"壊せ"、
つまりケガをさせろと。当該選手は最近、試合から干されていたという状況があったようで、試合に出たいのであればそういうことをしろ、
という指示があったと関係者から聞いている」と証言した。
 一方、日刊スポーツは試合直後の内田正人監督の「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。
あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」という発言を報じている。
橋下徹@hashimoto_lo
@懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。
しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき
非行事実にあたるとみなすことも可能、
Aそもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に
一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか?
明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか?
 山梨県読売会と読売新聞東京本社が主催する「読売山梨セミナー」(読売タスク協力)が15日!甲府市湯村の常磐ホテルで開かれた?
 ジャーナリストの田原総一朗さん(84)が「時代

なのアマゾン税逃れ租税条約に抜け穴
米国企業アマゾンのネット通販事業が日本での課税を逃れられるのは租税条約に抜け穴があるからです」
 外国企業が日本国内で事業を行う場合、日本国内に支店や事業所などの恒久的施設がなければ事業利得に課税されません、
保管や引き渡しのみを行う倉庫は、日米租税条約では恒久的施設とみなされません。
アマゾンは、日本に設置したネット通販事業用の物流センターが単なる倉庫だと主張し、課税を逃れているとみられます。
中略世界ではアマゾンなどの税逃れを念頭に租税条約の改正が進んでいす。
恒久的施設の定義を拡張するなど、従来の抜け穴をふさぐ多国間条約が2016年に合意され、日本を含む78カ国・地域が署名しています(18年3月22日現在)。
しかし肝心の米国は署名しておらず、「署名の意思があるかわからない」(財務省主税局)状況です。
 同じ小売業に従事しても、租税条約の抜け穴を使って税逃れできるのは外国企業だけです。
事実上の特別待遇となっています。
世界四大会計事務所の一つで税務マネジャーを務める専門家は、この状況を放置すると悪貨が良貨を駆逐する結果を招くと話します。
 「アマゾンが日本での課税を逃れれば、日本国内で納税する日本企業は競争上、不利になります。
アマゾンが税逃れから得た巨額資金を投資に回してサービスを向上させ、消費者がアマゾンの利用を拡大すると、日本で納税する企業は圧迫されて市場から排除されます。
日本の税収はますます少なくなります」
 不公平な競争で経済の構造がすっかり変わってしまう前に、公正な課税を実現する必要があります。(杉本恒如)
「壊せ」の解釈が食い違った?義理・人情・礼節を重んじた日大アメフト部で起きた「悪質タックル」
6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起こった危険行為の問題。映像には、
パスを出した後のクオーターバックに対し、ルールで禁止されている「レイトタックル」をする姿がはっきりと映っていた。
 関学アメフト部の鳥内秀晃監督は「指導者を長いことやっているが初めて見たし、あってはならないプレー。
スポーツの範疇を超えている。明らかに我々のクオーターバックを狙い撃ちしている形に見える」と話した。
関学は日大に抗議文を送付、14日に日大のコーチが回答文を持参した。
関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、当該選手に対外試合の出場禁止、日大の指導者に厳重注意の処分を下した。
また、日大と対戦を予定していた東京大学、法政大学、立教大学は試合をキャンセルしている。
■発言をめぐって、選手と日大で食い違う認識
 タックルを受けた選手と同じクオーターバックのポジションだという大学生選手は映像を見て
「パスを投げたと分かっていると思うので、さすがに意図的だなと思った」と話す。
今回、悪質タックルを行った3年生の選手は1年生の時から主力メンバーで、アンダー19の日本代表に選ばれた実力者だったという。
ところが今年に入り出場機会が激減。日大アメフト部の関係者によると、周囲に「監督から試合前に"ワンシリーズで相手の
クオーターバックを壊して来い"と指示されていたからやってしまった。そうしないと試合に出られないと思った」と話しているという。
 日大アメフト部OBで、共同通信記者の宍戸博明氏も「私が関係者から聞いた話では、関学のクオーターバックを"壊せ"、
つまりケガをさせろと。当該選手は最近、試合から干されていたという状況があったようで、試合に出たいのであればそういうことをしろ、
という指示があったと関係者から聞いている」と証言した。
 一方、日刊スポーツは試合直後の内田正人監督の「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。
あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」という発言を報じている。
橋下徹@hashimoto_lo
@懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。
しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき
非行事実にあたるとみなすことも可能、
Aそもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に
一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか?
明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか?
 山梨県読売会と読売新聞東京本社が主催する「読売山梨セミナー」(読売タスク協力)が15日!甲府市湯村の常磐ホテルで開かれた!
 ジャーナリストの田原総一朗さん(84)が「時代

なのアマゾン税逃れ租税条約に抜け穴
米国企業アマゾンのネット通販事業が日本での課税を逃れられるのは租税条約に抜け穴があるからです」
 外国企業が日本国内で事業を行う場合、日本国内に支店や事業所などの恒久的施設がなければ事業利得に課税されません、
保管や引き渡しのみを行う倉庫は、日米租税条約では恒久的施設とみなされません。
アマゾンは、日本に設置したネット通販事業用の物流センターが単なる倉庫だと主張し、課税を逃れているとみられます。
中略世界ではアマゾンなどの税逃れを念頭に租税条約の改正が進んでいす。
恒久的施設の定義を拡張するなど、従来の抜け穴をふさぐ多国間条約が2016年に合意され、日本を含む78カ国・地域が署名しています(18年3月22日現在)。
しかし肝心の米国は署名しておらず、「署名の意思があるかわからない」(財務省主税局)状況です。
 同じ小売業に従事しても、租税条約の抜け穴を使って税逃れできるのは外国企業だけです。
事実上の特別待遇となっています。
世界四大会計事務所の一つで税務マネジャーを務める専門家は、この状況を放置すると悪貨が良貨を駆逐する結果を招くと話します。
 「アマゾンが日本での課税を逃れれば、日本国内で納税する日本企業は競争上、不利になります。
アマゾンが税逃れから得た巨額資金を投資に回してサービスを向上させ、消費者がアマゾンの利用を拡大すると、日本で納税する企業は圧迫されて市場から排除されます。
日本の税収はますます少なくなります」
 不公平な競争で経済の構造がすっかり変わってしまう前に、公正な課税を実現する必要があります。(杉本恒如)
「壊せ」の解釈が食い違った?義理・人情・礼節を重んじた日大アメフト部で起きた「悪質タックル」
6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起こった危険行為の問題。映像には、
パスを出した後のクオーターバックに対し、ルールで禁止されている「レイトタックル」をする姿がはっきりと映っていた。
 関学アメフト部の鳥内秀晃監督は「指導者を長いことやっているが初めて見たし、あってはならないプレー。
スポーツの範疇を超えている。明らかに我々のクオーターバックを狙い撃ちしている形に見える」と話した。
関学は日大に抗議文を送付、14日に日大のコーチが回答文を持参した。
関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、当該選手に対外試合の出場禁止、日大の指導者に厳重注意の処分を下した。
また、日大と対戦を予定していた東京大学、法政大学、立教大学は試合をキャンセルしている。
■発言をめぐって、選手と日大で食い違う認識
 タックルを受けた選手と同じクオーターバックのポジションだという大学生選手は映像を見て
「パスを投げたと分かっていると思うので、さすがに意図的だなと思った」と話す。
今回、悪質タックルを行った3年生の選手は1年生の時から主力メンバーで、アンダー19の日本代表に選ばれた実力者だったという。
ところが今年に入り出場機会が激減。日大アメフト部の関係者によると、周囲に「監督から試合前に"ワンシリーズで相手の
クオーターバックを壊して来い"と指示されていたからやってしまった。そうしないと試合に出られないと思った」と話しているという。
 日大アメフト部OBで、共同通信記者の宍戸博明氏も「私が関係者から聞いた話では、関学のクオーターバックを"壊せ"、
つまりケガをさせろと。当該選手は最近、試合から干されていたという状況があったようで、試合に出たいのであればそういうことをしろ、
という指示があったと関係者から聞いている」と証言した。
 一方、日刊スポーツは試合直後の内田正人監督の「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。
あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」という発言を報じている。
橋下徹@hashimoto_lo
@懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。
しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき
非行事実にあたるとみなすことも可能、
Aそもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に
一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか?
明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか?
 山梨県読売会と読売新聞東京本社が主催する「読売山梨セミナー」(読売タスク協力)が15日!甲府市湯村の常磐ホテルで開かれた?
 ジャーナリストの田原総一朗さん(84)が「時代

なのアマゾン税逃れ租税条約に抜け穴
米国企業アマゾンのネット通販事業が日本での課税を逃れられるのは租税条約に抜け穴があるからです」
 外国企業が日本国内で事業を行う場合、日本国内に支店や事業所などの恒久的施設がなければ事業利得に課税されません、
保管や引き渡しのみを行う倉庫は、日米租税条約では恒久的施設とみなされません。
アマゾンは、日本に設置したネット通販事業用の物流センターが単なる倉庫だと主張し、課税を逃れているとみられます。
中略世界ではアマゾンなどの税逃れを念頭に租税条約の改正が進んでいす。
恒久的施設の定義を拡張するなど、従来の抜け穴をふさぐ多国間条約が2016年に合意され、日本を含む78カ国・地域が署名しています(18年3月22日現在)。
しかし肝心の米国は署名しておらず、「署名の意思があるかわからない」(財務省主税局)状況です。
 同じ小売業に従事しても、租税条約の抜け穴を使って税逃れできるのは外国企業だけです。
事実上の特別待遇となっています。
世界四大会計事務所の一つで税務マネジャーを務める専門家は、この状況を放置すると悪貨が良貨を駆逐する結果を招くと話します。
 「アマゾンが日本での課税を逃れれば、日本国内で納税する日本企業は競争上、不利になります。
アマゾンが税逃れから得た巨額資金を投資に回してサービスを向上させ、消費者がアマゾンの利用を拡大すると、日本で納税する企業は圧迫されて市場から排除されます。
日本の税収はますます少なくなります」
 不公平な競争で経済の構造がすっかり変わってしまう前に、公正な課税を実現する必要があります。(杉本恒如)
「壊せ」の解釈が食い違った?義理・人情・礼節を重んじた日大アメフト部で起きた「悪質タックル」
6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起こった危険行為の問題。映像には、
パスを出した後のクオーターバックに対し、ルールで禁止されている「レイトタックル」をする姿がはっきりと映っていた。
 関学アメフト部の鳥内秀晃監督は「指導者を長いことやっているが初めて見たし、あってはならないプレー。
スポーツの範疇を超えている。明らかに我々のクオーターバックを狙い撃ちしている形に見える」と話した。
関学は日大に抗議文を送付、14日に日大のコーチが回答文を持参した。
関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、当該選手に対外試合の出場禁止、日大の指導者に厳重注意の処分を下した。
また、日大と対戦を予定していた東京大学、法政大学、立教大学は試合をキャンセルしている。
■発言をめぐって、選手と日大で食い違う認識
 タックルを受けた選手と同じクオーターバックのポジションだという大学生選手は映像を見て
「パスを投げたと分かっていると思うので、さすがに意図的だなと思った」と話す。
今回、悪質タックルを行った3年生の選手は1年生の時から主力メンバーで、アンダー19の日本代表に選ばれた実力者だったという。
ところが今年に入り出場機会が激減。日大アメフト部の関係者によると、周囲に「監督から試合前に"ワンシリーズで相手の
クオーターバックを壊して来い"と指示されていたからやってしまった。そうしないと試合に出られないと思った」と話しているという。
 日大アメフト部OBで、共同通信記者の宍戸博明氏も「私が関係者から聞いた話では、関学のクオーターバックを"壊せ"、
つまりケガをさせろと。当該選手は最近、試合から干されていたという状況があったようで、試合に出たいのであればそういうことをしろ、
という指示があったと関係者から聞いている」と証言した。
 一方、日刊スポーツは試合直後の内田正人監督の「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。
あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」という発言を報じている。
橋下徹@hashimoto_lo
@懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。
しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき
非行事実にあたるとみなすことも可能、
Aそもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に
一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか?
明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか!
 山梨県読売会と読売新聞東京本社が主催する「読売山梨セミナー」(読売タスク協力)が15日!甲府市湯村の常磐ホテルで開かれた!
 ジャーナリストの田原総一朗さん(84)が「時代

なのアマゾン税逃れ租税条約に抜け穴
米国企業アマゾンのネット通販事業が日本での課税を逃れられるのは租税条約に抜け穴があるからです」
 外国企業が日本国内で事業を行う場合、日本国内に支店や事業所などの恒久的施設がなければ事業利得に課税されません、
保管や引き渡しのみを行う倉庫は、日米租税条約では恒久的施設とみなされません。
アマゾンは、日本に設置したネット通販事業用の物流センターが単なる倉庫だと主張し、課税を逃れているとみられます。
中略世界ではアマゾンなどの税逃れを念頭に租税条約の改正が進んでいす。
恒久的施設の定義を拡張するなど、従来の抜け穴をふさぐ多国間条約が2016年に合意され、日本を含む78カ国・地域が署名しています(18年3月22日現在)。
しかし肝心の米国は署名しておらず、「署名の意思があるかわからない」(財務省主税局)状況です。
 同じ小売業に従事しても、租税条約の抜け穴を使って税逃れできるのは外国企業だけです。
事実上の特別待遇となっています。
世界四大会計事務所の一つで税務マネジャーを務める専門家は、この状況を放置すると悪貨が良貨を駆逐する結果を招くと話します。
 「アマゾンが日本での課税を逃れれば、日本国内で納税する日本企業は競争上、不利になります。
アマゾンが税逃れから得た巨額資金を投資に回してサービスを向上させ、消費者がアマゾンの利用を拡大すると、日本で納税する企業は圧迫されて市場から排除されます。
日本の税収はますます少なくなります」
 不公平な競争で経済の構造がすっかり変わってしまう前に、公正な課税を実現する必要があります。(杉本恒如)
「壊せ」の解釈が食い違った?義理・人情・礼節を重んじた日大アメフト部で起きた「悪質タックル」
6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起こった危険行為の問題。映像には、
パスを出した後のクオーターバックに対し、ルールで禁止されている「レイトタックル」をする姿がはっきりと映っていた。
 関学アメフト部の鳥内秀晃監督は「指導者を長いことやっているが初めて見たし、あってはならないプレー。
スポーツの範疇を超えている。明らかに我々のクオーターバックを狙い撃ちしている形に見える」と話した。
関学は日大に抗議文を送付、14日に日大のコーチが回答文を持参した。
関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、当該選手に対外試合の出場禁止、日大の指導者に厳重注意の処分を下した。
また、日大と対戦を予定していた東京大学、法政大学、立教大学は試合をキャンセルしている。
■発言をめぐって、選手と日大で食い違う認識
 タックルを受けた選手と同じクオーターバックのポジションだという大学生選手は映像を見て
「パスを投げたと分かっていると思うので、さすがに意図的だなと思った」と話す。
今回、悪質タックルを行った3年生の選手は1年生の時から主力メンバーで、アンダー19の日本代表に選ばれた実力者だったという。
ところが今年に入り出場機会が激減。日大アメフト部の関係者によると、周囲に「監督から試合前に"ワンシリーズで相手の
クオーターバックを壊して来い"と指示されていたからやってしまった。そうしないと試合に出られないと思った」と話しているという。
 日大アメフト部OBで、共同通信記者の宍戸博明氏も「私が関係者から聞いた話では、関学のクオーターバックを"壊せ"、
つまりケガをさせろと。当該選手は最近、試合から干されていたという状況があったようで、試合に出たいのであればそういうことをしろ、
という指示があったと関係者から聞いている」と証言した。
 一方、日刊スポーツは試合直後の内田正人監督の「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。
あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」という発言を報じている。
橋下徹@hashimoto_lo
@懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。
しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき
非行事実にあたるとみなすことも可能、
Aそもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に
一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか?
明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか?
 山梨県読売会と読売新聞東京本社が主催する「読売山梨セミナー」(読売タスク協力)が15日!甲府市湯村の常磐ホテルで開かれた?
 ジャーナリストの田原総一朗さん(84)が「時代

>>424
アホアホ

>>424
おバカ

なのアマゾン税逃れ租税条約に抜け穴
米国企業アマゾンのネット通販事業が日本での課税を逃れられるのは租税条約に抜け穴があるからです」
 外国企業が日本国内で事業を行う場合、日本国内に支店や事業所などの恒久的施設がなければ事業利得に課税されません、
保管や引き渡しのみを行う倉庫は、日米租税条約では恒久的施設とみなされません。
アマゾンは、日本に設置したネット通販事業用の物流センターが単なる倉庫だと主張し、課税を逃れているとみられます。
中略世界ではアマゾンなどの税逃れを念頭に租税条約の改正が進んでいす。
恒久的施設の定義を拡張するなど、従来の抜け穴をふさぐ多国間条約が2016年に合意され、日本を含む78カ国・地域が署名しています(18年3月22日現在)。
しかし肝心の米国は署名しておらず、「署名の意思があるかわからない」(財務省主税局)状況です。
 同じ小売業に従事しても、租税条約の抜け穴を使って税逃れできるのは外国企業だけです。
事実上の特別待遇となっています。
世界四大会計事務所の一つで税務マネジャーを務める専門家は、この状況を放置すると悪貨が良貨を駆逐する結果を招くと話します。
 「アマゾンが日本での課税を逃れれば、日本国内で納税する日本企業は競争上、不利になります。
アマゾンが税逃れから得た巨額資金を投資に回してサービスを向上させ、消費者がアマゾンの利用を拡大すると、日本で納税する企業は圧迫されて市場から排除されます。
日本の税収はますます少なくなります」
 不公平な競争で経済の構造がすっかり変わってしまう前に、公正な課税を実現する必要があります。(杉本恒如)
「壊せ」の解釈が食い違った?義理・人情・礼節を重んじた日大アメフト部で起きた「悪質タックル」
6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起こった危険行為の問題。映像には、
パスを出した後のクオーターバックに対し、ルールで禁止されている「レイトタックル」をする姿がはっきりと映っていた。
 関学アメフト部の鳥内秀晃監督は「指導者を長いことやっているが初めて見たし、あってはならないプレー。
スポーツの範疇を超えている。明らかに我々のクオーターバックを狙い撃ちしている形に見える」と話した。
関学は日大に抗議文を送付、14日に日大のコーチが回答文を持参した。
関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、当該選手に対外試合の出場禁止、日大の指導者に厳重注意の処分を下した。
また、日大と対戦を予定していた東京大学、法政大学、立教大学は試合をキャンセルしている。
■発言をめぐって、選手と日大で食い違う認識
 タックルを受けた選手と同じクオーターバックのポジションだという大学生選手は映像を見て
「パスを投げたと分かっていると思うので、さすがに意図的だなと思った」と話す。
今回、悪質タックルを行った3年生の選手は1年生の時から主力メンバーで、アンダー19の日本代表に選ばれた実力者だったという。
ところが今年に入り出場機会が激減。日大アメフト部の関係者によると、周囲に「監督から試合前に"ワンシリーズで相手の
クオーターバックを壊して来い"と指示されていたからやってしまった。そうしないと試合に出られないと思った」と話しているという。
 日大アメフト部OBで、共同通信記者の宍戸博明氏も「私が関係者から聞いた話では、関学のクオーターバックを"壊せ"、
つまりケガをさせろと。当該選手は最近、試合から干されていたという状況があったようで、試合に出たいのであればそういうことをしろ、
という指示があったと関係者から聞いている」と証言した。
 一方、日刊スポーツは試合直後の内田正人監督の「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。
あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」という発言を報じている。
橋下徹@hashimoto_lo
@懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。
しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき
非行事実にあたるとみなすことも可能、
Aそもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に
一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか?
明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか!
 山梨県読売会と読売新聞東京本社が主催する「読売山梨セミナー」(読売タスク協力)が15日!甲府市湯村の常磐ホテルで開かれた?
 ジャーナリストの田原総一朗さん(84)が「時代

なのアマゾン税逃れ租税条約に抜け穴
米国企業アマゾンのネット通販事業が日本での課税を逃れられるのは租税条約に抜け穴があるからです」
 外国企業が日本国内で事業を行う場合、日本国内に支店や事業所などの恒久的施設がなければ事業利得に課税されません、
保管や引き渡しのみを行う倉庫は、日米租税条約では恒久的施設とみなされません。
アマゾンは、日本に設置したネット通販事業用の物流センターが単なる倉庫だと主張し、課税を逃れているとみられます。
中略世界ではアマゾンなどの税逃れを念頭に租税条約の改正が進んでいす。
恒久的施設の定義を拡張するなど、従来の抜け穴をふさぐ多国間条約が2016年に合意され、日本を含む78カ国・地域が署名しています(18年3月22日現在)。
しかし肝心の米国は署名しておらず、「署名の意思があるかわからない」(財務省主税局)状況です。
 同じ小売業に従事しても、租税条約の抜け穴を使って税逃れできるのは外国企業だけです。
事実上の特別待遇となっています。
世界四大会計事務所の一つで税務マネジャーを務める専門家は、この状況を放置すると悪貨が良貨を駆逐する結果を招くと話します。
 「アマゾンが日本での課税を逃れれば、日本国内で納税する日本企業は競争上、不利になります。
アマゾンが税逃れから得た巨額資金を投資に回してサービスを向上させ、消費者がアマゾンの利用を拡大すると、日本で納税する企業は圧迫されて市場から排除されます。
日本の税収はますます少なくなります」
 不公平な競争で経済の構造がすっかり変わってしまう前に、公正な課税を実現する必要があります。(杉本恒如)
「壊せ」の解釈が食い違った?義理・人情・礼節を重んじた日大アメフト部で起きた「悪質タックル」
6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起こった危険行為の問題。映像には、
パスを出した後のクオーターバックに対し、ルールで禁止されている「レイトタックル」をする姿がはっきりと映っていた。
 関学アメフト部の鳥内秀晃監督は「指導者を長いことやっているが初めて見たし、あってはならないプレー。
スポーツの範疇を超えている。明らかに我々のクオーターバックを狙い撃ちしている形に見える」と話した。
関学は日大に抗議文を送付、14日に日大のコーチが回答文を持参した。
関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、当該選手に対外試合の出場禁止、日大の指導者に厳重注意の処分を下した。
また、日大と対戦を予定していた東京大学、法政大学、立教大学は試合をキャンセルしている。
■発言をめぐって、選手と日大で食い違う認識
 タックルを受けた選手と同じクオーターバックのポジションだという大学生選手は映像を見て
「パスを投げたと分かっていると思うので、さすがに意図的だなと思った」と話す。
今回、悪質タックルを行った3年生の選手は1年生の時から主力メンバーで、アンダー19の日本代表に選ばれた実力者だったという。
ところが今年に入り出場機会が激減。日大アメフト部の関係者によると、周囲に「監督から試合前に"ワンシリーズで相手の
クオーターバックを壊して来い"と指示されていたからやってしまった。そうしないと試合に出られないと思った」と話しているという。
 日大アメフト部OBで、共同通信記者の宍戸博明氏も「私が関係者から聞いた話では、関学のクオーターバックを"壊せ"、
つまりケガをさせろと。当該選手は最近、試合から干されていたという状況があったようで、試合に出たいのであればそういうことをしろ、
という指示があったと関係者から聞いている」と証言した。
 一方、日刊スポーツは試合直後の内田正人監督の「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。
あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」という発言を報じている。
橋下徹@hashimoto_lo
@懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。
しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき
非行事実にあたるとみなすことも可能、
Aそもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に
一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか?
明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか?
 山梨県読売会と読売新聞東京本社が主催する「読売山梨セミナー」(読売タスク協力)が15日!甲府市湯村の常磐ホテルで開かれた?
 ジャーナリストの田原総一朗さん(84)が「時代

なのアマゾン税逃れ租税条約に抜け穴
米国企業アマゾンのネット通販事業が日本での課税を逃れられるのは租税条約に抜け穴があるからです!
 外国企業が日本国内で事業を行う場合、日本国内に支店や事業所などの恒久的施設がなければ事業利得に課税されません、
保管や引き渡しのみを行う倉庫は、日米租税条約では恒久的施設とみなされません。
アマゾンは、日本に設置したネット通販事業用の物流センターが単なる倉庫だと主張し、課税を逃れているとみられます。
中略世界ではアマゾンなどの税逃れを念頭に租税条約の改正が進んでいす。
恒久的施設の定義を拡張するなど、従来の抜け穴をふさぐ多国間条約が2016年に合意され、日本を含む78カ国・地域が署名しています(18年3月22日現在)。
しかし肝心の米国は署名しておらず、「署名の意思があるかわからない」(財務省主税局)状況です。
 同じ小売業に従事しても、租税条約の抜け穴を使って税逃れできるのは外国企業だけです。
事実上の特別待遇となっています。
世界四大会計事務所の一つで税務マネジャーを務める専門家は、この状況を放置すると悪貨が良貨を駆逐する結果を招くと話します。
 「アマゾンが日本での課税を逃れれば、日本国内で納税する日本企業は競争上、不利になります。
アマゾンが税逃れから得た巨額資金を投資に回してサービスを向上させ、消費者がアマゾンの利用を拡大すると、日本で納税する企業は圧迫されて市場から排除されます。
日本の税収はますます少なくなります」
 不公平な競争で経済の構造がすっかり変わってしまう前に、公正な課税を実現する必要があります。(杉本恒如)
「壊せ」の解釈が食い違った?義理・人情・礼節を重んじた日大アメフト部で起きた「悪質タックル」
6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起こった危険行為の問題。映像には、
パスを出した後のクオーターバックに対し、ルールで禁止されている「レイトタックル」をする姿がはっきりと映っていた。
 関学アメフト部の鳥内秀晃監督は「指導者を長いことやっているが初めて見たし、あってはならないプレー。
スポーツの範疇を超えている。明らかに我々のクオーターバックを狙い撃ちしている形に見える」と話した。
関学は日大に抗議文を送付、14日に日大のコーチが回答文を持参した。
関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、当該選手に対外試合の出場禁止、日大の指導者に厳重注意の処分を下した。
また、日大と対戦を予定していた東京大学、法政大学、立教大学は試合をキャンセルしている。
■発言をめぐって、選手と日大で食い違う認識
 タックルを受けた選手と同じクオーターバックのポジションだという大学生選手は映像を見て
「パスを投げたと分かっていると思うので、さすがに意図的だなと思った」と話す。
今回、悪質タックルを行った3年生の選手は1年生の時から主力メンバーで、アンダー19の日本代表に選ばれた実力者だったという。
ところが今年に入り出場機会が激減。日大アメフト部の関係者によると、周囲に「監督から試合前に"ワンシリーズで相手の
クオーターバックを壊して来い"と指示されていたからやってしまった。そうしないと試合に出られないと思った」と話しているという。
 日大アメフト部OBで、共同通信記者の宍戸博明氏も「私が関係者から聞いた話では、関学のクオーターバックを"壊せ"、
つまりケガをさせろと。当該選手は最近、試合から干されていたという状況があったようで、試合に出たいのであればそういうことをしろ、
という指示があったと関係者から聞いている」と証言した。
 一方、日刊スポーツは試合直後の内田正人監督の「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。
あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」という発言を報じている。
橋下徹@hashimoto_lo
@懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。
しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき
非行事実にあたるとみなすことも可能、
Aそもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に
一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか?
明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか?
 山梨県読売会と読売新聞東京本社が主催する「読売山梨セミナー」(読売タスク協力)が15日!甲府市湯村の常磐ホテルで開かれた?
 ジャーナリストの田原総一朗さん(84)が「時代

500

なのアマゾン税逃れ租税条約に抜け穴
米国企業アマゾンのネット通販事業が日本での課税を逃れられるのは租税条約に抜け穴があるからです」
 外国企業が日本国内で事業を行う場合、日本国内に支店や事業所などの恒久的施設がなければ事業利得に課税されません、
保管や引き渡しのみを行う倉庫は、日米租税条約では恒久的施設とみなされません。
アマゾンは、日本に設置したネット通販事業用の物流センターが単なる倉庫だと主張し、課税を逃れているとみられます。
中略世界ではアマゾンなどの税逃れを念頭に租税条約の改正が進んでいす。
恒久的施設の定義を拡張するなど、従来の抜け穴をふさぐ多国間条約が2016年に合意され、日本を含む78カ国・地域が署名しています(18年3月22日現在)。
しかし肝心の米国は署名しておらず、「署名の意思があるかわからない」(財務省主税局)状況です。
 同じ小売業に従事しても、租税条約の抜け穴を使って税逃れできるのは外国企業だけです。
事実上の特別待遇となっています。
世界四大会計事務所の一つで税務マネジャーを務める専門家は、この状況を放置すると悪貨が良貨を駆逐する結果を招くと話します。
 「アマゾンが日本での課税を逃れれば、日本国内で納税する日本企業は競争上、不利になります。
アマゾンが税逃れから得た巨額資金を投資に回してサービスを向上させ、消費者がアマゾンの利用を拡大すると、日本で納税する企業は圧迫されて市場から排除されます。
日本の税収はますます少なくなります」
 不公平な競争で経済の構造がすっかり変わってしまう前に、公正な課税を実現する必要があります。(杉本恒如)
「壊せ」の解釈が食い違った?義理・人情・礼節を重んじた日大アメフト部で起きた「悪質タックル」
6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起こった危険行為の問題。映像には、
パスを出した後のクオーターバックに対し、ルールで禁止されている「レイトタックル」をする姿がはっきりと映っていた。
 関学アメフト部の鳥内秀晃監督は「指導者を長いことやっているが初めて見たし、あってはならないプレー。
スポーツの範疇を超えている。明らかに我々のクオーターバックを狙い撃ちしている形に見える」と話した。
関学は日大に抗議文を送付、14日に日大のコーチが回答文を持参した。
関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、当該選手に対外試合の出場禁止、日大の指導者に厳重注意の処分を下した。
また、日大と対戦を予定していた東京大学、法政大学、立教大学は試合をキャンセルしている。
■発言をめぐって、選手と日大で食い違う認識
 タックルを受けた選手と同じクオーターバックのポジションだという大学生選手は映像を見て
「パスを投げたと分かっていると思うので、さすがに意図的だなと思った」と話す。
今回、悪質タックルを行った3年生の選手は1年生の時から主力メンバーで、アンダー19の日本代表に選ばれた実力者だったという。
ところが今年に入り出場機会が激減。日大アメフト部の関係者によると、周囲に「監督から試合前に"ワンシリーズで相手の
クオーターバックを壊して来い"と指示されていたからやってしまった。そうしないと試合に出られないと思った」と話しているという。
 日大アメフト部OBで、共同通信記者の宍戸博明氏も「私が関係者から聞いた話では、関学のクオーターバックを"壊せ"、
つまりケガをさせろと。当該選手は最近、試合から干されていたという状況があったようで、試合に出たいのであればそういうことをしろ、
という指示があったと関係者から聞いている」と証言した。
 一方、日刊スポーツは試合直後の内田正人監督の「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。
あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」という発言を報じている。
橋下徹@hashimoto_lo
@懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。
しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき
非行事実にあたるとみなすことも可能、
Aそもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に
一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか?
明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか!
 山梨県読売会と読売新聞東京本社が主催する「読売山梨セミナー」(読売タスク協力)が15日!甲府市湯村の常磐ホテルで開かれた?
 ジャーナリストの田原総一朗さん(84)が「時代

なのアマゾン税逃れ租税条約に抜け穴
米国企業アマゾンのネット通販事業が日本での課税を逃れられるのは租税条約に抜け穴があるからです」
 外国企業が日本国内で事業を行う場合、日本国内に支店や事業所などの恒久的施設がなければ事業利得に課税されません!
保管や引き渡しのみを行う倉庫は、日米租税条約では恒久的施設とみなされません。
アマゾンは、日本に設置したネット通販事業用の物流センターが単なる倉庫だと主張し、課税を逃れているとみられます。
中略世界ではアマゾンなどの税逃れを念頭に租税条約の改正が進んでいす。
恒久的施設の定義を拡張するなど、従来の抜け穴をふさぐ多国間条約が2016年に合意され、日本を含む78カ国・地域が署名しています(18年3月22日現在)。
しかし肝心の米国は署名しておらず、「署名の意思があるかわからない」(財務省主税局)状況です。
 同じ小売業に従事しても、租税条約の抜け穴を使って税逃れできるのは外国企業だけです。
事実上の特別待遇となっています。
世界四大会計事務所の一つで税務マネジャーを務める専門家は、この状況を放置すると悪貨が良貨を駆逐する結果を招くと話します。
 「アマゾンが日本での課税を逃れれば、日本国内で納税する日本企業は競争上、不利になります。
アマゾンが税逃れから得た巨額資金を投資に回してサービスを向上させ、消費者がアマゾンの利用を拡大すると、日本で納税する企業は圧迫されて市場から排除されます。
日本の税収はますます少なくなります」
 不公平な競争で経済の構造がすっかり変わってしまう前に、公正な課税を実現する必要があります。(杉本恒如)
「壊せ」の解釈が食い違った?義理・人情・礼節を重んじた日大アメフト部で起きた「悪質タックル」
6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起こった危険行為の問題。映像には、
パスを出した後のクオーターバックに対し、ルールで禁止されている「レイトタックル」をする姿がはっきりと映っていた。
 関学アメフト部の鳥内秀晃監督は「指導者を長いことやっているが初めて見たし、あってはならないプレー。
スポーツの範疇を超えている。明らかに我々のクオーターバックを狙い撃ちしている形に見える」と話した。
関学は日大に抗議文を送付、14日に日大のコーチが回答文を持参した。
関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、当該選手に対外試合の出場禁止、日大の指導者に厳重注意の処分を下した。
また、日大と対戦を予定していた東京大学、法政大学、立教大学は試合をキャンセルしている。
■発言をめぐって、選手と日大で食い違う認識
 タックルを受けた選手と同じクオーターバックのポジションだという大学生選手は映像を見て
「パスを投げたと分かっていると思うので、さすがに意図的だなと思った」と話す。
今回、悪質タックルを行った3年生の選手は1年生の時から主力メンバーで、アンダー19の日本代表に選ばれた実力者だったという。
ところが今年に入り出場機会が激減。日大アメフト部の関係者によると、周囲に「監督から試合前に"ワンシリーズで相手の
クオーターバックを壊して来い"と指示されていたからやってしまった。そうしないと試合に出られないと思った」と話しているという。
 日大アメフト部OBで、共同通信記者の宍戸博明氏も「私が関係者から聞いた話では、関学のクオーターバックを"壊せ"、
つまりケガをさせろと。当該選手は最近、試合から干されていたという状況があったようで、試合に出たいのであればそういうことをしろ、
という指示があったと関係者から聞いている」と証言した。
 一方、日刊スポーツは試合直後の内田正人監督の「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。
あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」という発言を報じている。
橋下徹@hashimoto_lo
@懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。
しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき
非行事実にあたるとみなすことも可能、
Aそもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に
一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか?
明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか!
 山梨県読売会と読売新聞東京本社が主催する「読売山梨セミナー」(読売タスク協力)が15日!甲府市湯村の常磐ホテルで開かれた?
 ジャーナリストの田原総一朗さん(84)が「時代

なのアマゾン税逃れ租税条約に抜け穴
米国企業アマゾンのネット通販事業が日本での課税を逃れられるのは租税条約に抜け穴があるからです」
 外国企業が日本国内で事業を行う場合、日本国内に支店や事業所などの恒久的施設がなければ事業利得に課税されません?
保管や引き渡しのみを行う倉庫は、日米租税条約では恒久的施設とみなされません。
アマゾンは、日本に設置したネット通販事業用の物流センターが単なる倉庫だと主張し、課税を逃れているとみられます。
中略世界ではアマゾンなどの税逃れを念頭に租税条約の改正が進んでいす。
恒久的施設の定義を拡張するなど、従来の抜け穴をふさぐ多国間条約が2016年に合意され、日本を含む78カ国・地域が署名しています(18年3月22日現在)。
しかし肝心の米国は署名しておらず、「署名の意思があるかわからない」(財務省主税局)状況です。
 同じ小売業に従事しても、租税条約の抜け穴を使って税逃れできるのは外国企業だけです。
事実上の特別待遇となっています。
世界四大会計事務所の一つで税務マネジャーを務める専門家は、この状況を放置すると悪貨が良貨を駆逐する結果を招くと話します。
 「アマゾンが日本での課税を逃れれば、日本国内で納税する日本企業は競争上、不利になります。
アマゾンが税逃れから得た巨額資金を投資に回してサービスを向上させ、消費者がアマゾンの利用を拡大すると、日本で納税する企業は圧迫されて市場から排除されます。
日本の税収はますます少なくなります」
 不公平な競争で経済の構造がすっかり変わってしまう前に、公正な課税を実現する必要があります。(杉本恒如)
「壊せ」の解釈が食い違った?義理・人情・礼節を重んじた日大アメフト部で起きた「悪質タックル」
6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起こった危険行為の問題。映像には、
パスを出した後のクオーターバックに対し、ルールで禁止されている「レイトタックル」をする姿がはっきりと映っていた。
 関学アメフト部の鳥内秀晃監督は「指導者を長いことやっているが初めて見たし、あってはならないプレー。
スポーツの範疇を超えている。明らかに我々のクオーターバックを狙い撃ちしている形に見える」と話した。
関学は日大に抗議文を送付、14日に日大のコーチが回答文を持参した。
関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、当該選手に対外試合の出場禁止、日大の指導者に厳重注意の処分を下した。
また、日大と対戦を予定していた東京大学、法政大学、立教大学は試合をキャンセルしている。
■発言をめぐって、選手と日大で食い違う認識
 タックルを受けた選手と同じクオーターバックのポジションだという大学生選手は映像を見て
「パスを投げたと分かっていると思うので、さすがに意図的だなと思った」と話す。
今回、悪質タックルを行った3年生の選手は1年生の時から主力メンバーで、アンダー19の日本代表に選ばれた実力者だったという。
ところが今年に入り出場機会が激減。日大アメフト部の関係者によると、周囲に「監督から試合前に"ワンシリーズで相手の
クオーターバックを壊して来い"と指示されていたからやってしまった。そうしないと試合に出られないと思った」と話しているという。
 日大アメフト部OBで、共同通信記者の宍戸博明氏も「私が関係者から聞いた話では、関学のクオーターバックを"壊せ"、
つまりケガをさせろと。当該選手は最近、試合から干されていたという状況があったようで、試合に出たいのであればそういうことをしろ、
という指示があったと関係者から聞いている」と証言した。
 一方、日刊スポーツは試合直後の内田正人監督の「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。
あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」という発言を報じている。
橋下徹@hashimoto_lo
@懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。
しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき
非行事実にあたるとみなすことも可能、
Aそもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に
一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか?
明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか!
 山梨県読売会と読売新聞東京本社が主催する「読売山梨セミナー」(読売タスク協力)が15日!甲府市湯村の常磐ホテルで開かれた?
 ジャーナリストの田原総一朗さん(84)が「時代

、、

、、

なのアマゾン税逃れ租税条約に抜け穴
米国企業アマゾンのネット通販事業が日本での課税を逃れられるのは租税条約に抜け穴があるからです」
 外国企業が日本国内で事業を行う場合、日本国内に支店や事業所などの恒久的施設がなければ事業利得に課税されません、
保管や引き渡しのみを行う倉庫は、日米租税条約では恒久的施設とみなされません。
アマゾンは、日本に設置したネット通販事業用の物流センターが単なる倉庫だと主張し、課税を逃れているとみられます。
中略世界ではアマゾンなどの税逃れを念頭に租税条約の改正が進んでいす。
恒久的施設の定義を拡張するなど、従来の抜け穴をふさぐ多国間条約が2016年に合意され、日本を含む78カ国・地域が署名しています(18年3月22日現在)。
しかし肝心の米国は署名しておらず、「署名の意思があるかわからない」(財務省主税局)状況です。
 同じ小売業に従事しても、租税条約の抜け穴を使って税逃れできるのは外国企業だけです。
事実上の特別待遇となっています。
世界四大会計事務所の一つで税務マネジャーを務める専門家は、この状況を放置すると悪貨が良貨を駆逐する結果を招くと話します。
 「アマゾンが日本での課税を逃れれば、日本国内で納税する日本企業は競争上、不利になります。
アマゾンが税逃れから得た巨額資金を投資に回してサービスを向上させ、消費者がアマゾンの利用を拡大すると、日本で納税する企業は圧迫されて市場から排除されます。
日本の税収はますます少なくなります」
 不公平な競争で経済の構造がすっかり変わってしまう前に、公正な課税を実現する必要があります。(杉本恒如)
「壊せ」の解釈が食い違った?義理・人情・礼節を重んじた日大アメフト部で起きた「悪質タックル」
6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起こった危険行為の問題。映像には、
パスを出した後のクオーターバックに対し、ルールで禁止されている「レイトタックル」をする姿がはっきりと映っていた。
 関学アメフト部の鳥内秀晃監督は「指導者を長いことやっているが初めて見たし、あってはならないプレー。
スポーツの範疇を超えている。明らかに我々のクオーターバックを狙い撃ちしている形に見える」と話した。
関学は日大に抗議文を送付、14日に日大のコーチが回答文を持参した。
関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、当該選手に対外試合の出場禁止、日大の指導者に厳重注意の処分を下した。
また、日大と対戦を予定していた東京大学、法政大学、立教大学は試合をキャンセルしている。
■発言をめぐって、選手と日大で食い違う認識
 タックルを受けた選手と同じクオーターバックのポジションだという大学生選手は映像を見て
「パスを投げたと分かっていると思うので、さすがに意図的だなと思った」と話す。
今回、悪質タックルを行った3年生の選手は1年生の時から主力メンバーで、アンダー19の日本代表に選ばれた実力者だったという。
ところが今年に入り出場機会が激減。日大アメフト部の関係者によると、周囲に「監督から試合前に"ワンシリーズで相手の
クオーターバックを壊して来い"と指示されていたからやってしまった。そうしないと試合に出られないと思った」と話しているという。
 日大アメフト部OBで、共同通信記者の宍戸博明氏も「私が関係者から聞いた話では、関学のクオーターバックを"壊せ"、
つまりケガをさせろと。当該選手は最近、試合から干されていたという状況があったようで、試合に出たいのであればそういうことをしろ、
という指示があったと関係者から聞いている」と証言した。
 一方、日刊スポーツは試合直後の内田正人監督の「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。
あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」という発言を報じている。
橋下徹@hashimoto_lo
@懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。
しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき
非行事実にあたるとみなすことも可能、
Aそもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に
一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか?
明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか?
 山梨県読売会と読売新聞東京本社が主催する「読売山梨セミナー」(読売タスク協力)が15日!甲府市湯村の常磐ホテルで開かれた?
 ジャーナリストの田原総一朗さん(84)が「時代

なのアマゾン税逃れ租税条約に抜け穴
米国企業アマゾンのネット通販事業が日本での課税を逃れられるのは租税条約に抜け穴があるからです。
 外国企業が日本国内で事業を行う場合、日本国内に支店や事業所などの恒久的施設がなければ事業利得に課税されません。
保管や引き渡しのみを行う倉庫は、日米租税条約では恒久的施設とみなされません。
アマゾンは、日本に設置したネット通販事業用の物流センターが単なる倉庫だと主張し、課税を逃れているとみられます。
中略世界ではアマゾンなどの税逃れを念頭に租税条約の改正が進んでいす。
恒久的施設の定義を拡張するなど、従来の抜け穴をふさぐ多国間条約が2016年に合意され、日本を含む78カ国・地域が署名しています(18年3月22日現在)。
しかし肝心の米国は署名しておらず、「署名の意思があるかわからない」(財務省主税局)状況です。
 同じ小売業に従事しても、租税条約の抜け穴を使って税逃れできるのは外国企業だけです。
事実上の特別待遇となっています。
世界四大会計事務所の一つで税務マネジャーを務める専門家は、この状況を放置すると悪貨が良貨を駆逐する結果を招くと話します。
 「アマゾンが日本での課税を逃れれば、日本国内で納税する日本企業は競争上、不利になります。
アマゾンが税逃れから得た巨額資金を投資に回してサービスを向上させ、消費者がアマゾンの利用を拡大すると、日本で納税する企業は圧迫されて市場から排除されます。
日本の税収はますます少なくなります」
 不公平な競争で経済の構造がすっかり変わってしまう前に、公正な課税を実現する必要があります。(杉本恒如)
「壊せ」の解釈が食い違った?義理・人情・礼節を重んじた日大アメフト部で起きた「悪質タックル」
6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起こった危険行為の問題。映像には、
パスを出した後のクオーターバックに対し、ルールで禁止されている「レイトタックル」をする姿がはっきりと映っていた。
 関学アメフト部の鳥内秀晃監督は「指導者を長いことやっているが初めて見たし、あってはならないプレー。
スポーツの範疇を超えている。明らかに我々のクオーターバックを狙い撃ちしている形に見える」と話した。
関学は日大に抗議文を送付、14日に日大のコーチが回答文を持参した。
関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、当該選手に対外試合の出場禁止、日大の指導者に厳重注意の処分を下した。
また、日大と対戦を予定していた東京大学、法政大学、立教大学は試合をキャンセルしている。
■発言をめぐって、選手と日大で食い違う認識
 タックルを受けた選手と同じクオーターバックのポジションだという大学生選手は映像を見て
「パスを投げたと分かっていると思うので、さすがに意図的だなと思った」と話す。
今回、悪質タックルを行った3年生の選手は1年生の時から主力メンバーで、アンダー19の日本代表に選ばれた実力者だったという。
ところが今年に入り出場機会が激減。日大アメフト部の関係者によると、周囲に「監督から試合前に"ワンシリーズで相手の
クオーターバックを壊して来い"と指示されていたからやってしまった。そうしないと試合に出られないと思った」と話しているという。
 日大アメフト部OBで、共同通信記者の宍戸博明氏も「私が関係者から聞いた話では、関学のクオーターバックを"壊せ"、
つまりケガをさせろと。当該選手は最近、試合から干されていたという状況があったようで、試合に出たいのであればそういうことをしろ、
という指示があったと関係者から聞いている」と証言した。
 一方、日刊スポーツは試合直後の内田正人監督の「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。
あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」という発言を報じている。
橋下徹@hashimoto_lo
@懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。
しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき
非行事実にあたるとみなすことも可能、
Aそもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に
一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか。
明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか、
 山梨県読売会と読売新聞東京本社が主催する「読売山梨セミナー」(読売タスク協力)が15日!甲府市湯村の常磐ホテルで開かれた!
 ジャーナリストの田原総一朗さん(84)が「時代

なのアマゾン税逃れ租税条約に抜け穴
米国企業アマゾンのネット通販事業が日本での課税を逃れられるのは租税条約に抜け穴があるからです。
 外国企業が日本国内で事業を行う場合、日本国内に支店や事業所などの恒久的施設がなければ事業利得に課税されません。
保管や引き渡しのみを行う倉庫は、日米租税条約では恒久的施設とみなされません。
アマゾンは、日本に設置したネット通販事業用の物流センターが単なる倉庫だと主張し、課税を逃れているとみられます。
中略世界ではアマゾンなどの税逃れを念頭に租税条約の改正が進んでいす。
恒久的施設の定義を拡張するなど、従来の抜け穴をふさぐ多国間条約が2016年に合意され、日本を含む78カ国・地域が署名しています(18年3月22日現在)。
しかし肝心の米国は署名しておらず、「署名の意思があるかわからない」(財務省主税局)状況です。
 同じ小売業に従事しても、租税条約の抜け穴を使って税逃れできるのは外国企業だけです。
事実上の特別待遇となっています。
世界四大会計事務所の一つで税務マネジャーを務める専門家は、この状況を放置すると悪貨が良貨を駆逐する結果を招くと話します。
 「アマゾンが日本での課税を逃れれば、日本国内で納税する日本企業は競争上、不利になります。
アマゾンが税逃れから得た巨額資金を投資に回してサービスを向上させ、消費者がアマゾンの利用を拡大すると、日本で納税する企業は圧迫されて市場から排除されます。
日本の税収はますます少なくなります」
 不公平な競争で経済の構造がすっかり変わってしまう前に、公正な課税を実現する必要があります。(杉本恒如)
「壊せ」の解釈が食い違った?義理・人情・礼節を重んじた日大アメフト部で起きた「悪質タックル」
6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起こった危険行為の問題。映像には、
パスを出した後のクオーターバックに対し、ルールで禁止されている「レイトタックル」をする姿がはっきりと映っていた。
 関学アメフト部の鳥内秀晃監督は「指導者を長いことやっているが初めて見たし、あってはならないプレー。
スポーツの範疇を超えている。明らかに我々のクオーターバックを狙い撃ちしている形に見える」と話した。
関学は日大に抗議文を送付、14日に日大のコーチが回答文を持参した。
関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、当該選手に対外試合の出場禁止、日大の指導者に厳重注意の処分を下した。
また、日大と対戦を予定していた東京大学、法政大学、立教大学は試合をキャンセルしている。
■発言をめぐって、選手と日大で食い違う認識
 タックルを受けた選手と同じクオーターバックのポジションだという大学生選手は映像を見て
「パスを投げたと分かっていると思うので、さすがに意図的だなと思った」と話す。
今回、悪質タックルを行った3年生の選手は1年生の時から主力メンバーで、アンダー19の日本代表に選ばれた実力者だったという。
ところが今年に入り出場機会が激減。日大アメフト部の関係者によると、周囲に「監督から試合前に"ワンシリーズで相手の
クオーターバックを壊して来い"と指示されていたからやってしまった。そうしないと試合に出られないと思った」と話しているという。
 日大アメフト部OBで、共同通信記者の宍戸博明氏も「私が関係者から聞いた話では、関学のクオーターバックを"壊せ"、
つまりケガをさせろと。当該選手は最近、試合から干されていたという状況があったようで、試合に出たいのであればそういうことをしろ、
という指示があったと関係者から聞いている」と証言した。
 一方、日刊スポーツは試合直後の内田正人監督の「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。
あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」という発言を報じている。
橋下徹@hashimoto_lo
@懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。
しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき
非行事実にあたるとみなすことも可能、
Aそもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に
一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか。
明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか。
 山梨県読売会と読売新聞東京本社が主催する「読売山梨セミナー」(読売タスク協力)が15日!甲府市湯村の常磐ホテルで開かれた!
 ジャーナリストの田原総一朗さん(84)が「時代

なのアマゾン税逃れ租税条約に抜け穴
米国企業アマゾンのネット通販事業が日本での課税を逃れられるのは租税条約に抜け穴があるからです。
 外国企業が日本国内で事業を行う場合、日本国内に支店や事業所などの恒久的施設がなければ事業利得に課税されません。
保管や引き渡しのみを行う倉庫は、日米租税条約では恒久的施設とみなされません。
アマゾンは、日本に設置したネット通販事業用の物流センターが単なる倉庫だと主張し、課税を逃れているとみられます。
中略世界ではアマゾンなどの税逃れを念頭に租税条約の改正が進んでいす。
恒久的施設の定義を拡張するなど、従来の抜け穴をふさぐ多国間条約が2016年に合意され、日本を含む78カ国・地域が署名しています(18年3月22日現在)。
しかし肝心の米国は署名しておらず、「署名の意思があるかわからない」(財務省主税局)状況です。
 同じ小売業に従事しても、租税条約の抜け穴を使って税逃れできるのは外国企業だけです。
事実上の特別待遇となっています。
世界四大会計事務所の一つで税務マネジャーを務める専門家は、この状況を放置すると悪貨が良貨を駆逐する結果を招くと話します。
 「アマゾンが日本での課税を逃れれば、日本国内で納税する日本企業は競争上、不利になります、
アマゾンが税逃れから得た巨額資金を投資に回してサービスを向上させ、消費者がアマゾンの利用を拡大すると、日本で納税する企業は圧迫されて市場から排除されます。
日本の税収はますます少なくなります」
 不公平な競争で経済の構造がすっかり変わってしまう前に、公正な課税を実現する必要があります。(杉本恒如)
「壊せ」の解釈が食い違った?義理・人情・礼節を重んじた日大アメフト部で起きた「悪質タックル」
6日に行われた日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で起こった危険行為の問題。映像には、
パスを出した後のクオーターバックに対し、ルールで禁止されている「レイトタックル」をする姿がはっきりと映っていた。
 関学アメフト部の鳥内秀晃監督は「指導者を長いことやっているが初めて見たし、あってはならないプレー。
スポーツの範疇を超えている。明らかに我々のクオーターバックを狙い撃ちしている形に見える」と話した。
関学は日大に抗議文を送付、14日に日大のコーチが回答文を持参した。
関東学生アメリカンフットボール連盟は10日、当該選手に対外試合の出場禁止、日大の指導者に厳重注意の処分を下した。
また、日大と対戦を予定していた東京大学、法政大学、立教大学は試合をキャンセルしている。
■発言をめぐって、選手と日大で食い違う認識
 タックルを受けた選手と同じクオーターバックのポジションだという大学生選手は映像を見て
「パスを投げたと分かっていると思うので、さすがに意図的だなと思った」と話す。
今回、悪質タックルを行った3年生の選手は1年生の時から主力メンバーで、アンダー19の日本代表に選ばれた実力者だったという。
ところが今年に入り出場機会が激減。日大アメフト部の関係者によると、周囲に「監督から試合前に"ワンシリーズで相手の
クオーターバックを壊して来い"と指示されていたからやってしまった。そうしないと試合に出られないと思った」と話しているという。
 日大アメフト部OBで、共同通信記者の宍戸博明氏も「私が関係者から聞いた話では、関学のクオーターバックを"壊せ"、
つまりケガをさせろと。当該選手は最近、試合から干されていたという状況があったようで、試合に出たいのであればそういうことをしろ、
という指示があったと関係者から聞いている」と証言した。
 一方、日刊スポーツは試合直後の内田正人監督の「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。
あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」という発言を報じている。
橋下徹@hashimoto_lo
@懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。
しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき
非行事実にあたるとみなすことも可能、
Aそもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に
一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか。
明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか。
 山梨県読売会と読売新聞東京本社が主催する「読売山梨セミナー」(読売タスク協力)が15日!甲府市湯村の常磐ホテルで開かれた!
 ジャーナリストの田原総一朗さん(84)が「時代

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています